明治20年

上方落語史料集成 明治20年(1887)1月~6月

明治2015 日出新聞

◇霜夜の松の講談 目下日出新聞に掲載する続物挙名興家霜夜の松を例の講談師田村琴竜が本月一日より新京極蛸薬師上る定席に於て読出したるが、例ながら高評を得て昼夜ともに聴客が場中に充満するよし。

明治20116 日出新聞

◇伏見演劇場 伏見平野町の劇場は此ほどより永らく休業しいたる所、今度柳川小蝶の手品と京都の落語家梅香小福松吾妻万丸正太郎の一座が加はり一興行するとの事

◇伏見新年宴会 明十七日伏見倶楽部に於て在伏見の諸官吏が新年宴会を催し、余興として新京極幾代席の曽呂利新左衛門を招き、且つ煙火をも打揚ぐるとか。

編者註〉梅香は笑福亭梅香、二代目松鶴門人で九鶴から文之助(後の曽呂利新左衛門)門に移り梅香(三代目ヵ)となる。のち上京して四代目三遊亭円生門人となり、三遊亭海老丸を名乗る。明治三十二年八月没。本名梅谷清兵衛。小福松は明治13年の番付「楳の都陽気賑ひ」の子供の部に桂だら助(後の文屋)らとともに出ている笑福亭小福松と思われる。『落語系図』に乗る小福松(桂団輔の忰)の前の人だと思わるが、詳細は不明。吾妻は笑福亭吾妻、三代目笑福亭吾竹門人、本年十一月、三笑亭芝楽と改名する。万丸は桂万○、川上音二郎(浮世亭○○)とは別人。正太郎は不詳。

明治2024日 山陽新報(岡山)

◇落語研究会 天瀬巴玉亭にては昨日より向う三日間、落語研究会を開く。

明治20215日 日出新聞

◇京角座の演説 明日午後七時より道場芝居にて催ふす演説者永瀬徳久といふ男は、熊本県士族にて支那へも折々渡航し、今度東京より来りて一場の演説を試みるとの触込なるが、其演題へ演劇改良の利害を論ず又日清両国水兵事件結局に感ありの二題なりと。

〈編者註〉永瀬徳久は三遊亭円喬。下記(224日・中外電報)の註釈参照。

明治20218 中外電報

◇講釈師の洋服 洋服の流行は遂に講釈師にまで及び、新京極蛸薬師上る席に興行する山崎琴昇は率先して洋服を着し、演壇に椅子卓子を置きて恰も演説会の装ひを為し、登壇するや先づ黙礼して水を飲み、手巾を出して鼻下を払ふ様は如何にも演説家の如くなれども、夫より腰を椅子に寄せては矢張ポン〳〵張扇を叩くとかや。

明治20218日 扶桑新聞(名古屋)

◇芸人の税金 当区内の内、芸人にて一等の税金を納める者は、先般東京より小川町へ寄留せし俳優市川荒五郎又た中山喜楽の二人にて、次ぎは八坂町の説教源氏節手踊人形使いの岡本美狭松及び外田町の祭文読桜川雛元の二人。其他相撲にては三ツ湊一人。又た東京より当区に寄留して居る講談師小林天山、浮れ節東三光などは、芸は相当なれど、二等なりと云う。

明治20223日 日出新聞

◇吹よせ興行 本日より昼夜三日間の間新京極道場京角座に於て下京廿組宮川筋五丁目に住み新京極笑福亭に出席せし落語家吾妻こと加藤栄太郎が催ふしにかゝる見物無料の諸芸吹寄せを興行するといふ。

〈編者註〉吾妻は笑福亭吾妻(後の三笑亭芝楽)と思われるが、本名は辻村藤三郎とされており、この記事とは合わない。

明治20224日 中外電報

◇三遊亭円喬 東京の落語家三遊亭円喬は、一昨夜より新京極幾代席に出席する由なるが、中々評判よくして意外に大入を占むると聞けり。

〈編者註〉この円喬は永瀬徳久のこと。もともと政談演説をやっていたが、川上音二郎と同じく取り締まりの目を逃れるため落語家の鑑札を得たのであろう。三遊亭円喬と名乗ったが、この年七月、神戸で三遊亭円生と改名している。もちろん東京の噺家三代目円喬(後の四代目三遊亭円生)、四代目円喬(橘家円喬)とは師弟関係はなく、あくまで自称である。ただ音二郎と違う点は、終生噺家で通したことで、京都、神戸、大阪で数年勤めたあと、最後は東京で六代目朝寝坊むらくとなっている。漢語を交えた演説口調の高座であったという。

明治20226 中外電報

◇芸人倶楽部 新京極幾代席の落語家曽呂利新左衛門外数名は、今度同席の三階に芸人倶楽部と云ふを設け、毎月一回宛諸遊芸の改良研究会を開くと云ふ。

明治2033日 日出新聞

◇諸芸吹寄せ 下京廿組宮川筋五丁目の吾妻こと加藤栄太郎が発起となり新京極道場にて催す諸芸吹寄せ会は、其後内幕に種々の捫着ありて頓と興行するに至らざりしが、愈よ昨二日より五日間同通りの大西座にて催ふす事になり、笑福亭、幾代席の落語家及び大西座の俄師等も出席するといふ。

明治20310日 日出新聞

◇曽呂新の企て 芸人社会に在て先づ芸の巧拙は措おき、兎角品行を紊し醜聞の世上に流るゝもの尠からず。毎度新聞紙のご披露にあづかる所なるが、近ごろ諸事改良の議論八釜しく着々其好結果を見るに当り、右芸人社会の風儀も亦因襲のまゝ存じおかんは宜しからざる事は今更申までもなけれど、之れを改良すると共に其肝心なる技芸も改良を計らざるべからずとて曩にも記せし如く、新京極幾代席の落語家曽呂利新左衛門が発起者となり、同席主中島清兵衛、同落語家桂藤兵衛等と計り、家業の暇ごとに品行矯正兼演芸改良会を催ふし、昨今に至りては追々賛成者も加はりて発句、狂歌、冠句付等をも催し、専ら此会の盛大を企て当分月三回づゝ開会しをるとか。

〈編者註〉桂藤兵衛は初代桂文枝門人、明治十八年に三代目桂藤兵衛を襲名した。自ら「顋無斎(しむさい)」と称したごとく、極端に顎が短かった。

明治2042日 日出新聞

◇影絵 昨一日より伏見風呂屋町高島喜助所有の芝居小屋にて富士川都正、同正九、同正蝶等の一座が、俳優似顔演劇の大仕かけ影画を興行せし処、何れも

真に迫りて至極の好評なりといふ。


上方落語史料集成 明治20年(1887)7月~12月

明治2073日 大阪日報

◇合併演舌会 神道、仏教それにはあらぬ合併演説会は、近日当地の落語家桂文枝、文都、三馬等と講談師馬琴、伯山、天山等とが催すものにて、場所は道頓堀戎座の本舞台でやるとのこと。

〈編者註〉二代目桂文枝、初代桂文都(のち月亭文都)、五代目翁家さん馬。

明治20721日 神戸又新日報

<三遊亭円喬(永瀬の円喬)、三遊亭円生と改名する>

◇三遊亭圓生 本日の広告欄にある如く、常春来楠社内定席に出勤せる東京落語家三遊亭圓喬は、此度師匠圓朝の勧告により、前人の跡を継ぎて三代目圓生と改名したるよし。同人は三遊亭連中にても若手の花形にて、前年清佛戦争の際、福州に渡りて親しく戦地を一覧し、帰路朝鮮にも立寄り、其後九州辺に久しく滞在して、修行旁腕前イヤ口前を顕し居り、當港に来たりてよりも既に半年余に及びたるを以って、来る九月頃には一応帰京のうえ改名の披露をなす積なりとか。因みに云う、同人が品行に関し此程云々の噂ありしは、別に取留もなき浮草の根無し言なりとのこと聞く、好まゝに付記す。

〈編者註〉広告は以下の通り。

「改名広告 私儀是迄楠公内噺席へ出席仕居候、然ルニ今度東京表師匠三遊亭圓朝ノ勧メニ任カセ三代目圓生ト改名仕候間、此段広告仕候也/圓喬改メ 三代目三遊亭圓生」。

上記(224日・中外電報)の註釈でのべたように、東京に三代目三遊亭円喬から四代目三遊亭円生を明治十五年に襲名した噺家がいる。この項の円生はあくまで自称で、勝手に円喬を名乗り、勝手に円生と改名し、しかも堂々と改名広告まで出している。明治二十年ころはまだ東西の交流も少なく、こうしたことが行え得たのであろう。

明治20731 日出新聞

◇落語家のお誂物 明一日より伏見平野町の定席にて、京都新京極通り笑福亭の落語家桂力造、桂菊枝の一座が、当世娘演舌と即席曲弾等をなすよし。

〈編者註〉桂力造は不詳。『落語系図』の幕末から明治初年の出番にのる力造とは別人と思われる。桂菊枝も不祥。四代目林家正三が林家菊枝を名乗っていたが、同人かは不明。

明治20814日 日出新聞

◇落語研究会 去る十一日の夜より伏見風呂屋町末広亭にて京都新京極通り幾代席の落語家曽呂利新左衛門の一座がかゝり例の判穴戯長、弁誤人等を設け落語研究会を催ふせし処頗ぶる好人気にて毎夜大当りなりと。

明治20818日 愛知絵入新聞

<桂福助死亡>

◇兼て芝居噺等を以て名の高かりし落語家桂福助は、病気にて長らく床に臥し居りし処、頃日(このごろ)、遂に冥土の旅へ出稼ぎと出掛けたるよし。

編者註〉桂福助は未詳。幕末から明治初期まで林家福助と名乗る噺家の記録があり、『落語系図』では三代目林家正三の弟子という事になっている。同人かどうかは不明。

明治20825日 大阪日報

◇南区の所得税 南区内の商人中所得税を納むる義務ある者は既に大抵届け出でたれど、俳優其の他の芸人にして未だ届け出でざる者も多き由なるが、其の届け出でを怠り居るは他の同業者の振合ひを見んが為めにして、其の所得額の三百円に達せざるが為めには非ざるよし。今其の芸人等の中にて所得税を納むべき見込ある者を聞くに、道頓堀五座の劇場中にては朝日座及び弁天座なる可く、芝居茶屋にては尾張屋、近安、俳優にては中村雀右衛門、中村福助、落語家にては桂文枝、桂文都、講談師にては永井玉枝、貸座敷業にては富田屋、大七、芸妓にては矢田席の小蝶か伊丹幸席のお千代ならんといふ。

明治20911日 金城新報(名古屋)

◇当区富沢町富本座に於て、今日より例の講談師石川一夢は大奮発にて、昨今音羽屋が興行し居る「四千両黄金の白浪」実録を講釈して、何れが一番入りを取るか競争して見んと心掛丈けの意気組にて、兎に角、聞物ならん。

明治20915日 日出新聞

<弟子が師匠を破門する>

◇サテ替り合ましてと出掛けるやうな陽気な話ではないが、京都、大坂の間で落語家の真打といへば先づ曽呂利新左衛門、桂文枝、桂文東[文都]、翁亭三馬[翁家さん馬]の四人に止まる。其内の新左衛門(四十四年)は女房おたか(四十二年)との間に長女雪松(十八年)とて、当時伊予の宇和島にて芸妓を稼ぎをる外に、長男栄次郎(十三年)、次女おあい(五年)とて都合三人の子あり。随分所帯苦しき身なるに、近頃またお千代と呼べる妾をおき、此千代に延三郎といふ連子もあり、中々落語家には似合しからぬ大暮しなるより、自然家内が不手廻りとなり、始終ゴテ〳〵してゐるを、弟子中のものが心配して種々意見すれど、痩ても枯ても曽呂利新左、未だ弟子から意見を聞くやうな耄碌はせぬと取合ぬ所より、弟子中も立腹し、師弟の因みがあればこそ斯く意見もするなるに、師匠が爾(そう)いふ気前なら、迚も末の見通しがつかぬゆえ、此上は弟子の方から師弟の因みを断んと熬(にえ)かへつてをるよし。東京では力士社会で弟子が師匠を破門する事の流行すると聞しが、其風が京都の落語家社会に吹入つたものか知らんテ。

明治20102日 金城新報

◇本年六月頃より区内の芸人と寄席亭の間に紛紜を生じたる事、其頃にも一寸揚げたるが、其紛紜は未だにとけあわずありし処、今度、当区花園通り伏見町角の鳥周(ちょうしゅう)とか云へる小間物屋が大奮発にて、千円の金をなげうって、京阪にもなき大寄席を設けんとて、先頃、区内芸人達を招き、種々相談したりという。

明治201013日 愛知絵入新聞

◇寄席と芸人の和解 當区の寄席と芸人の間には兎角扮擾絶へずとのことは曽て聞く処なるが、其筋に於いても此辺へ注意せられしや、右等の取締の為め今度芸人(興行師)の内紛を定め、取締役壱名ヅツを取極め願出ることになりし由にて、其取締役は浄瑠璃にては名越太夫、軍談にては高田伯龍、噺し家にては三玉斎等なりと聞及べり。

〈編者註〉三玉斎は三代目立川三玉斎。(当ブログ「もう一人の立川三玉斎」参照)

明治201028日 中外電報

◇円朝の門人なる円喬は今度東京より来り新京極笑福亭に出席し、改良人情続物語といへる一枚看板を掲げ、得意の滑稽人情話しをなし居れり。

〈編者註〉永瀬の円喬。七月に三代目円生と改名したが、またもとの円喬に戻っている。

明治20113日 朝日新聞

◇何も角も筋書 二〇カを興行するにも其筋書を添て警察署へ届出るやうになりし事は先号[一日に記事あり]の紙上に記したるが、猶警察署にては以来二〇カに限らず軽口、落語、錦影絵等と雖も夫々筋書を要する事となし、其中風俗を紊るが如き者ある時は之を認可せず、而して其筋書の要ぬものは只浄瑠璃のみなりといふ。

明治20115日 日出新聞

◇幾代席と笑福亭 新京極通りの落語幾代席にては過日真打の曽呂利新左衛門(桂文之助改め)が大阪へ赴きし以来、元呉竹と云ひし可楽が真打となり、外に桂藤兵衛とこれまで笑福亭に出てをりし吾妻こと改め芝楽の一座が昼夜張扇子をパチ〳〵させて勉強するゆゑ、昨今は至極評判よろしく、次に笑福亭は当時東京の円喬が人情噺しを演じをり、是亦た存外の好評なりといふ。

〈編者註〉呉竹は吾竹の誤記。吾竹は二代目笑福亭吾竹の門人で三代目吾竹(本名原吉弥)となり、明治十八年ころに東京の可楽の代々とは別に五代目三笑亭可楽を襲名し、京の可楽と呼ばれた。曽呂利が去ったあとの新京極幾代席の真打となった。吾妻は笑福亭吾妻、師匠吾竹が三笑亭可楽を襲名したとき三笑亭芝楽と改名した。芝楽も東京で代々続く名前であるが、それとは別に初代芝楽と名乗った。

明治20118日 浪華新聞

<桂文若死亡>

◇(前略:手品師大鹿由太郎の縊死の記事の続)同日同刻(十一月五日昼)ごろ、此(神戸楠公社内戎座)の向ふなる菊の席に懸って居た落語家桂文若(四十八)は、何か頻りにお饒舌(しゃべ)り中、ウンと言って反替(そりかえ)り、是れも其の儘に頓死したとは、否(いや)な話しの二幅対。

〈編者註〉『明治の演芸』(4)より孫引き。『落語系図』の初代桂文枝門人の欄に「文若」と名前だけ出ている。「桂文我出席控」をみると、明治二十年一月一日より淡路町(幾代亭)、二月十五日より新町九軒末広席に出ている。前項の方に後書きで「二月廿八日ニだッそスル 神戸ニて死ス」とある。「だッそスル」は無断で席を抜けて逃げること。金品などを盗んでいく場合も多かった。文若の頓死は文我にも伝わっていたようだ。

明治201113 大阪日報

◇改名披露の大会 当地の講釈師中にては竹の皮に小便では無いが、ばり〳〵の聞えある神田伯猿は今度二代目伯龍の名跡を継ぎ三代目伯龍と改名せしに付、其の改名を披露する為め府下の同業一同にも出席を乞ひ、来る十九日、二十日の両夜は生国魂の御旅所内なる玉旅軒、二十五日、二十六日の昼間は御霊の裏門なる金沢席、二十九日、三十日の両夜は老松町の高橋席に於て大講談会を催す由。

明治201119日 日出新聞

◇落語家の泥棒 新京極の笑福亭へ出席する落語家江州蒲生郡八幡宮田町の林米助は、去る十二日丹波国へ往き、瀬生より貴船へ越す峠にて、束髪の道具と外二品を風呂敷に包みしまゝ拾ひ取りて届け出ず、又去る十六日八坂神社へ参詣し同境内東林揚弓店浅田ふみ方のブランケツト一枚と首巻二枚を窃取したる科により、一昨日京都軽罪裁判所にて重禁固二月十五日監視六ケ月に処せられたるが、監獄では見台を叩く事も出来まいから大分藁でも叩くであらう。

〈編者註〉林米助は桂米助の誤記。『落語系図』の二代目桂文団治門人米輔のことか。

明治201121日 神戸又新日報

◇愛知岐阜震災義捐金/…金五圓 菊水某 菊野菊松 日の出開山 平野治郎右衛門、古満清七 田中庄太郎 住谷儀助

〈編者註〉平野治郎右衛門は、平野治良兵衛事二代目文団治、日の出開山は錦影絵師で、どちらも当時、神戸楠公社内の湊亭(席主は菊野菊松)に出演していた。

明治201126日 朝日新聞

<宮崎八十八逮捕される>

◇出版条例違犯の嫌疑 南警察署部内にて京都下京区三十一組鉾田町二十四番戸神崎総八の出版にかゝる□□要略とて、廿年暦に類似の者を買受し者あり。又神崎といふ名に就ても不審の廉あれば、段々取調しに、其購ひたる者は難波新地四番町三十一番地人相見業宮崎八十八たる事の知れ、早速同人を召喚、審問の末、服部警部補は八十八方へ出張して家宅を捜索せしに、二階釣天井の上と畳の下より該本四百十七冊と版木十五枚を発見せしを以て、猶同人を取調し処、右は全く購ひし者にあらずして、同人の出版にかゝる無免許の本を他人の名義を付して出版せし者の如く思はるれば、其の嫌疑により一件書類を取纏め、出版条例違犯の廉を以て昨日検事へ求刑の手順をなせりとの事。

〈編者註〉宮崎八十八は出版条例違犯で何度も拘留されながらも易断、暦の発行を続け、財をなした。のち寄席の経営にも手を染め、天満の宮崎亭を中心として大八会を組織した。

明治201211日 中外電報

◇落語師の芝居 新京極幾代席、笑福亭に出勤の落語師聯合して、来る二十日迄の中二夜四条南の芝居か又は新京極夷谷座にて(未だ確定せず)催す芝居の芸題は、切られ与三郎、伊勢騒動油屋おこん、鎌倉三代記三つ目、切狂言に手踊り景事一幕を出すよしにて、昨今稽古最中なりと。

明治201220日 日出新聞

◇落語の添へ物 歳首、歳末に祝儀とか何とか云ひて各商店より夫々添物を出す事は左のみ珍らしからねど、落語家が添物を出すとは一寸代つた趣向。新京極蛸薬師下る幾代席にては桂藤兵衛、三笑亭芝楽、同可楽の一座にて落語を興行中なるが、本年の歳暮として聴客の依頼に応じ三題宛洒落噺を添物に演ずる由。

明治201222日 金城新報

◇朝日亭 新地花園通り富岡町角に新築の寄席朝日亭は、弥々落成に付、明二十五日に席開きをするといふ。その出方は諸芸の大寄せにて、大切は大坂の女義太夫照玉が出席するとの由。又此際を機とし、暫く葛藤筋にて聘せられず、意地張って居た席主と芸人との和睦を或る人が仲裁してされらりたりと。是は宜しきお扱いなり。

明治201223日 朝日新聞

◇千日前一月の興行 同所の大紋日と為す一月の諸興行は、西側の分常磐家重尾ヘラヘラ踊、曽呂利新左衛門改良噺、たにし一座改良二輪加、桂文枝一座落語、諸芸博覧会。東側の分竹沢万作曲独楽、中村一座女手踊、桜井亀井両座合併照葉狂言、伊勢川扇女大女、大江の絨細工天神一代記の活人形、宮川松之助一座緞帳芝居なりと。

明治201224日 金城新報

◇旭亭開場 新地花園町通り富岡町角に新築の寄席朝日亭(編者註:旭亭)は、愈々落成に付き、明二十五日に席開きをするという。

〈編者註〉この旭亭は、明治26年から二年間、曾呂利新左衛門の定席となった。

 

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ