明治21年

上方落語史料集成 明治21年(1888)1月~6月

明治2111日 日出新聞

◇新年の京都の落語席

新京極幾代席 桂藤兵衛、三笑亭可楽、桂文之助の一座の昔噺。

新京極笑福亭 三遊亭円喬、福松、円光の昔噺。

上京区西堀川通り丸太町下る菊の家席 笑福亭円光、三遊亭円喬、笑福亭木鶴、かしくの昔噺。

千本通り五辻下る千代の家席 笑福亭一座の昔噺。

〈編者註〉

桂藤兵衛は初代桂文枝門人、明治十八年に三代目桂藤兵衛を襲名した。自ら「顋無斎(しむさい)」と称した

ごとく、極端に顎が短かった。

三笑亭可楽はもと二代目笑福亭吾竹の門人で三代目(四代目トモ)吾竹、明治十七年に五代目三笑亭可楽を襲名した。東京の可楽の代々には含まれず、京の可楽と呼ばれている。

桂文之助は誰のことか不明(曽呂利新左衛門の前名をまだ書いているとは思えない)。

三遊亭円喬は政談上りの落語家。本名永瀬徳久。この円喬は東京の円喬代々には数えられていない。後世、永

瀬の円喬と呼ばれ区別されている。

福松は初代笑福亭福松。

円光は笑福亭円光。最初、初代梅枝(後の二代目藤兵衛)に入門して、梅寿(又は梅々)から藤鶴。二代目文昇門で文舎(文車)、更に三代目松鶴門で円光から明治37年に梅香を襲名した。俗に「呑んだの梅香」と言われ大酒飲みであった。晩年は、互楽派に加入している。

笑福亭木鶴は二代目笑福亭松鶴門人の二代目木鶴(岡田文里)。

かしくは文の家かしく、のち二代目桂文之助となり、晩年京都高台寺門前に文之助茶屋を開いた。

〈編者註・追記〉『落語系図』は吾竹の代々について、三代目を五代目三笑亭可楽、四代目を二代目笑福亭松鶴としている。即ち「二代目吾竹門人三代目吾竹初め三笑亭歌楽と云ふ(ママ)」、「初代松鶴門人二代目松鶴初め鶴松と云ふ。後に四代目吾竹となり、後に二代目松鶴となり、其後円笑となり講談師となる」とある。しかし松鶴は明治初年に二代目松鶴を継いでおり、明治十三年に円笑と改名している。三代目吾竹が可楽を襲名するのは明治十七年で、明らかに年代が矛盾する。三代目と四代目が逆と考えるのが自然であろう。因みに五代目吾竹は二代目文団治襲名裁判で敗れた桂歌団治が継いだ。

明治2111日 金城新報

◇新年の名古屋の落語席

富澤町富本座 司馬龍生の人情話しと金之助の曲引。

〈編者註〉司馬龍生は六代目龍生。明治十九年頃宝集家金之助と駆け落ちして上方へ来た。宝集家金之助は女流音曲師。のち船遊亭志ん橋と結婚し、志ん橋とともに上方で活躍した。

明治21118日 朝日新聞

<林家木鶴改め桂文三>

[広告]今般私事故有て先名に復し候に就ては左の日を卜し聊御披露の為め大集会を相催し候間、不相換御愛顧を以て賑々敷御尊来の程奉希上候

本月廿日夜千日前千歳席、新町九軒席 同廿一日夜法善寺東噺席、曾根崎橋幾代席 同廿二日夜淡路町幾代席、天満亀の池席/林家木鶴改先名桂文三

文三 001

〈編者註〉二代目桂文三は明治十七年十月、小文吾より二代目桂文三を襲名したが、二代目林家木鶴の養子になって明治十八年末ころから三代目林家木鶴を名乗った。しかし今回もとの文三に復命することになった。「還名御披露 嘉入尽し 大都栄ぶし」という一枚摺が残っている(上図・荻田清『上方落語 流行唄の時代』より)。「嘉入尽し」は帰る尽しで、文句の最後に「木鶴は文三と先(もと)の名にかへる」とある。なお燕枝、扇枝(後の三代目文三)、梅枝(二代目・オッペケケーの梅枝)は共に二代目桂文枝の弟子である。

明治21113日 中外電報

大津の興行物 大津丸屋町の定席にて一昨夜、昨夜へかけ西今颪町山中コトの舞ざらへを興行したるが、いつもながら大入にてありし。又明十四日より両日間追分町の富士野九兵衛同林甚太郎の両人が同町廿八番屋敷にて人形浄瑠璃を興行し、昨十二日より明十四日迄毎夜上栄町五十九番屋敷にて下京廿一組山城町加賀市松が人情昔噺しを興行せり。

明治2121日 朝日新聞

弥次喜多の追善会 神田八丁堀より飛出して頓馬の名を海外に迄轟かせし彼弥次郎兵衛と喜多八の追善会は、予記の如く去る三十日午後一時より印度洋にての失敗に縁のある京都蛸薬師の西林寺にて執行せしが、当日弥次馬連イナ有志者の来会する者七十六名にて、二人の霊牌は二枚の蒲鉾板に認め各々蒲鉾に突立たり。弥次郎兵衛の法名は長途院不用煙管居士、喜多八の法名は笑門福来信士と称へ、手向の水は冷酒を以てし、滑稽院の和尚、奇妙長来師先導にて阿呆陀羅経を誦し、来会者は狂詩狂歌を詠で其霊を慰め、焼香の代りには各自酒肴を順番に飲食し、終つて弥次喜多の遺物展覧会あり、頓て二〇カ師東玉、落語家桂藤兵衛の二人、弥次喜多が遊歴中の赤坂宿の道化狂言を演じ、講談師琴昇は膝栗毛の滑稽演説をなし、会員は悲壮イナ臍を転宅せしむるの演説及び祭文を朗読する杯実に盛況を極め、午後七時何れも散会したりと。定めて弥次喜多の二人は小本の中に在て満足に思ふて居るならん。

明治2121日 日出新聞

弥治喜多の追善 下京六組裏寺町西林寺にて講談師の山崎琴昇、落語家の桂藤兵衛、二〇カ師の東玉等が、二十九日の日曜に催したる弥治喜多の追善会は、参会するもの五十余名あり、本堂の粧飾より書画の陳列、五十三駅見立景物の出品、抹茶席等すべて旅中のさまを模し、膳部も同様の趣向をなして、酒宴の席に滑稽の討論題を出し、夫より東玉の喜多八、藤兵衛が弥治郎兵衛となりて赤坂并木の茶番をなし、笑ひを以て初め笑ひを以て終つたさうですが、弥治喜多連中の喜楽会なれば嘸可笑かつたでせう。

明治2121日 朝日新聞

[広告]東京初下り人情噺司馬龍歌沢家元端歌浮世ぶし宝集家金之助女

当ル二月一日より連夜下名ノ三席ヘ出勤仕候 南地法善寺西の小泉席・淡路町御霊新道吉田席・北堀江花街賑江亭

明治21219日 中外電報

諸芸博覧会 新京極蛸薬師上る福井座に於て昨日と本日の両日間午后五時より、諸芸大博覧会といふを催し、新内は馬井助外数名、俄師は東玉、尾半、小半外数名、落語家にては幾代席より可楽、藤兵衛外数名、笑福亭より円喬、梅香其他数名、西洋手品は滝三郎外数名其他、浄瑠璃、ヘラ〳〵、足芸等の大吹寄をなすとの事。

〈編者註〉梅香は笑福亭梅香。二代目松鶴門人で九鶴から文之助(後の曽呂利新左衛門)門に移り梅香(三代目ヵ)となる。のち上京して四代目三遊亭円生門人となり、三遊亭海老丸を名乗る。明治三十二年八月没。本名梅谷清兵衛。

明治21223日 日出新聞

幾代席の人情話 新京極幾代席に於ては、此程三笑亭可楽が日の出新聞によりて、小巻市蔵[この月始めに幾代席内で逮捕された盗賊、八日他に記事あり]の伝を得意の弁にて演じたるに存外の大当りにて、日夜聴衆の充満せしかば、此機を外さず人情話を演ずるがよろしとて、自今は日々に日出新聞中の読物を演ずることに為(し)たりと。

明治21224日 朝日新聞

川上音二郎は今度曽呂利新左衛門の弟子となり浮世亭〇〇と称し落語家の社会に入りたり。

明治21226日 大阪日報

◇改名の披露 自由童子を以て名を世間に知られたる川上音次郎は兼て風俗改良の事に心を寄せ去頃より各所の寄席にて滑稽演説又は二輪加杯をなし居たるが、今度遂に落語家となり、芸名を浮世亭〇〇と称し、曽呂利新左衛門の弟分となり、今二十六日千日前井筒席、明二十七日は淡路町吉田席に於て改名の披露を為すとのこと。

〈編者註〉音二郎は昨年十二月二十一より浮世亭〇〇と名乗って神戸の寄席に出ている。これらは大阪でのデビューを伝えた記事。この改名は隠れ蓑で、落語席へ出ても演説紛いのものをやり、客と喧嘩したり、警察に中止を食ったりと、まともな落語をした気配はない。こんな厄介な弟子を引受けた曽呂利も偉いが、この時の恩義を忘れず、終生曽呂利を師と奉った音二郎も芸人として立派である。

明治21226日 日出新聞

安保舎 さて代り合まして代り栄のない落語の改良は、昨年以来世の風潮でもあるまいが、一時社会改良の談出てより、一から十まで改良の二字は免れぬほどなりしが、其中には落語家の改良も亦加はりて、彼これ奔走するものありしが、未だ其実効を奏する事を見ざるは実に遺憾の至りなるが、今度復た新京極幾代席に出ている可楽、藤兵衛等が発企して、賛成者を募り、安保社といふを組織て毎日十、二十の両日を期し定期会を開き、落語の研究改良を謀らんと、已に一昨二十四日洛東明烏に於て先づ其初会を開いたさうですが、甘くやるか知んテ。

明治21331日 日出新聞

長浜通信(廿九日発) 横町長栄座にては明三十日より落語家笑福亭勝鶴、春風亭鴬林の一座で改良ばなしを興行。

〈編者註〉『落語系図』の明治二十九年春の客からの投書に「笑福亭勝鶴 三友派の小使役、昔しは町内にはこんな下役を多く見うけし事あり。本人は御老体の上、少々お眼の悪しきに、何共早御苦労千万の事なり」とあるのがこの
人か。師弟関係不明。春風亭鴬林は不詳。春風亭鴬枝(本名藤田致義・大正七年没)の誤記かも。

明治21422日 日出新聞

大食会 新京極幾代席の落語家桂文屋(二十二年)桂枝太郎(二十四年)三笑亭芝楽(二十八年)の三人が、祇園新地末吉町の貸座敷山田しと方にて、芸妓お米(十九年)久栄(十九年)龍野(二十三年)の三人を招き、朝から陽気に散在し、正午にも成たる故去来(いざ)飯を喰に行べしとて、新京極道場の車飯屋輿(かご)亭に押上り、奥の離亭(はなれ)へ御案内をといへども、三人の落語家は一杯機嫌の酔に乗じ表の間の人中へ割込たれば、三人の芸妓は遉(さすが)祇園芸妓が車飯屋へ上つたといはれては身の恥になると思へど、客の事ゆゑ詮方なく、小さく成て居たが、委細構はぬ枝太郎が発言にて、一同大食会をヤラカサンといふ。男だけは承知したれど、芸妓はいづれも不賛成にて顔を背けるを、不同意なら退去を命ずるといふので、止を得ず芸妓等も承知して座に列なると、食物を注文せしは一人前に付飯三人前、味噌汁五杯、茶碗蒸二杯、竹の子二皿、葱の鉄砲和三皿と定め、之を無語に食畢るの約束にて、モシ食得ざるものは此場の勘定と芸妓の花代とを負担し、芸妓は花代を自分持にする事と孰れも承知して、食物を一時に各自の前へ列べてソロ〳〵喫(たべ)初めたるが、無言の食事に六人とも笑はんとして噴出し、困り切て半泣となるものありたるが、四辺(あたり)に居たる客たちも奇怪のさまに目を欹だてゝ詠めて居るうちに、第一に枝太郎、次に文屋がペロリと喫べ畢ると、夫から龍野に久栄が漸々食べ否口の中へ捻り込で大息をつき、腹を撫擦りて居ると、残るは芝楽にお米にて半分も喰べ得ず、芝楽は茲を先途と箸を廻せど、終に喰尽し得ず、両人とも箸を投出したので大食会の入費五円二十銭を芝楽が引受け、お米は自分花と約束を実行されて悄々(しおしお)となり、勘定すませて去たるが、芝楽はいかにも悔しくて堪らねば、近々に復仇(あだうち)せんと一人知恵袋の中を探して居るとか。

〈編者註〉桂文屋は軽口の笑福亭松右衛門の子供で本名桂陀羅助。本名のままで幼い時から高座に出、二代目文枝門人となって文屋となった。多芸、多趣味な人で、文化人に愛された。桂枝太郎は名前を随分変えた人だが、二代目文枝門人となった時に枝太郎と改名した。多く京都に住み、先斗町の枝太郎として知られる。三笑亭芝楽は師匠の三代目(四代目トモ)笑福亭吾竹が五代目三笑亭可楽を襲名した時、自身も笑福亭吾妻より三笑亭芝楽と改名した。

明治2152日 日出新聞

奈良特報(一昨三十日午後発) 明一日より瓦堂劇場にて山本三左衛門の操人形を興行する其浄瑠璃は、豊竹湊浜の一座なるが、其千秋楽を待て落語家曽呂利新左衛門及び自由童子こと改め浮世亭〇〇川上音次郎の一座で落語を興行する由。

明治21515日 朝日新聞

京都通信(十四日正午十二時四十五分発) 一昨夜午後十一時頃、新京極なる笑福亭の落語席にて川上音次郎事浮世亭〇〇が講談をなす折柄、書生体の男が頻に笑を催したるを見て川上は立腹し、他の聴衆の妨にもなれば退場すべしと言述たるより、忽地一場の捫擇を始め、川上は拳を挙て書生の面部を撲ち二ケ所の傷を負はしたれば、其旨警署に告訴せしに依り、遂に川上は下京警署へ拘引せられ、双方取調し処、書生は豊後国の橋本吉夫と云ふ者にて、聴衆の中にある老人が頻に禿頭を振立て異様の形容を示して聴居りしが可笑さに笑ひしなりと述べ、川上はツイ酩酊の余り右の次第に及びしと答へしが、何分吉夫は二ケ所の傷を負居れば治療を施し、川上は取調べの上昨日検事局へ送られたり。

明治21516日 中外電

大津大黒座 新築中の大津小川町劇場大黒座はいよく昨日落成したるに付、来る二十二日より一週間舞台開きの興行をなす由にて、其俳優は新京極夷谷座の一座なりと。

明治21522日 日出新聞

奈良特報(一昨廿日午后発) 落語来る二十五日より瓦堂劇場にて曽呂利新左衛門、文の家かしく、団治、文楽、福太郎等一座が落語を興行するよし。

〈編者註〉団治は桂団治、二代目桂文団治門人。桂文楽は曽呂利新左衛門門人、俗につんぼの文楽という。福太郎は文の家福太郎、文の家かしくの実子。

明治21529日 朝日新聞

大道化開帳 来る三十日より日数三十日間、南地法善寺の本堂を借受け大道化(おどけ)開帳といふを催すよし。催主は浪花座の手代某にて、出品の宝物は悉く赤穂義士四十七人の所持品に擬へ、落語家曽呂利新左衛門の一座及び俄師歌蝶の一座が縁起を説て見物人の頤を解かんとの趣向なりと。又右に付き俳優并に五花街の芸娼妓等より種々の積物をして一層景気を添る筈のよし。

明治21623日 中外電報

浮世亭〇〇 川上音治郎は一昨夜より今夜迄三日間大津丸屋の常園にて改良噺しを興行せり。


上方落語史料集成 明治21年(1888)7月~12月

明治21711日 中外電報

興行時間 京都諸興行席主の中十五名は此程集会して夜間興行時間は十二時限りとあれど、右は先年虎列刺流行の時に定められし制限なり。殊に夏の夜は短く、十二時迄は日の入りより四時間余あるに過ぎず、依て今度之れを延べ翌日午前一時三十分迄興行を許さるゝ様請願せんと協議なしたりと。

明治21713日 日出新聞

新聞物の興行 去る七日夜二条新地に於て藤野岩次外四名の者が共謀して、清水小三郎を無惨にも絞殺したる事情を本紙上に掲載せしを、はやくも新京極の講談師山崎琴昇、田村琴竜はこれを銘々の定席にて演ずれば、笑福亭の噺席に於ても円喬が恋の関噂の聞書と名付て日夜これを演じ、又尾半小半および東玉等の両俄席にても同様小三郎の事件を演じをるが、尚ほ笑福亭にては前日の日出新聞に鬼の念仏と題せし樺井達之助が監獄にてお政の菩提を吊ふところを演じ、東玉の席にては達之助の事に夢の場を二幕加へ死刑の宣告をうけて刑の執行をうける処までを演ずる両事件とも目下噂の高きものなるゆゑ中々の大入なり。

明治21713日 中外電報

伊勢四日市通信(七月十日発) 旭坐舞台開き当港中町裏に新築の劇場旭座は工事全く落成したるに付、いよ〳〵来る十五日開業式を行ひ、同廿二三日頃に舞台開きを為すよし。

明治21725日 金城新報

◇講談の披露 三遊亭圓喬(東京)、笑福亭圓光(大坂)、笑福亭木鶴(西京)以上三府講談師の初目見得にて、尚笑福亭柳橋、同木蝶、桂米か子等の前席者を添え、近日より富澤町の富本座にて開演する事なれば定めて大入を占めむるならんと云う。

〈編者註〉三遊亭圓喬は永瀬の円喬。笑福亭柳橋は三代目笑福亭松鶴門人、後に笑福亭慶士となる。木蝶は笑福亭木蝶、二代目笑福亭木鶴門人。桂米か子は桂米歌子、三代目文団治門人、のち三代目桂米団治となる。

明治21815日 朝日新聞

講談と芝居 有名なる講談師松林伯林は今回八年ぶりにて当地に来り、来る十六日夜より老松町の松鶴亭に出席し、文明東漸史、北越美人雪狂情誌、東洋義民伏見風土記、楠公三代記等を演ずるよし。

明治21815日 日出新聞

つばめのつかぬ話 新京極通り幾代席にては例の落語研究会を催すとて、戯長、戯員、弁護人など適宜に落語家中より撰み置き、来客人にして其発論中不当の廉を探し、戯員と弁護人とが其答弁に行詰りたる時は、戯長の判断にて来客へ相当の景物を出す仕組なるが、一昨夜の事とか、研究会は已に了りて落語家は適宜好みの落語を演ずる段になり、盲目の明学といふが出席(いで)て、即席を致しますからお誂への題を出して下されといふたので、兼て此席へ毎夜のやうにやつて来る吉田保三郎とてチヨイ〳〵新聞に見えたやうな姓名の男が、北手の二階に居て「つばめのつかぬ話」といふ題を出せしに、明学は盲目ながらも其声を聞知るものから、お前さんの様に毎晩来て落語の邪魔をする人の題は受ませぬから、外の人の題を貰ひましやうと、此時一(ある)客人が「雨だれ落の千石船」といふ題を出したれば、明学は抜らぬ顔にて、これは先刻「つばめのつかぬ話」といふ題を出した人の事で、何故ならば「云ふた計りで動かないではないか」と答へたので、来客は一同に拍手喝采して彼のつばめ男の顔を見やりて打興じたるにぞ、彼の男は以の外に立腹し、公然言語を以て人を侮辱したものなれば、其筋へ告訴すると怒鳴り出したので、来客は益々興に入り、嬲半分彼の男に向ひ冷評するので、流石の男も其座に居堪らず、何(いず)れ近い内に返報するから覚えていよと言葉を濁して立帰りしとは、何とも「つばめのつかぬ話」にこそ。

〈編者註〉西国坊明学(さいこくぼうみょうがく)は盲目の音曲師。明治十三年ころから寄席に出て、琵琶、三絃その他を操る十六人芸を売り物にした。また即席謎解きも得意芸のひとつであった。短気で喧嘩早いのが芸人仲間でも有名だったらしい。

明治21818日 中外電報

磐梯山噴火遭難者救助金 昨日本社へ送付方委嘱ありし分左の通り。

金壱円五拾銭

新京極幾代席桂藤兵衛事元川伝吉、西国坊明覚事長野明学、三笑亭可楽事原吉弥、笑福亭常丸事花村常次郎、桂文鯉事渡辺勝次、桂文如事大久保甲子造、桂枝太郎事岩本宗太郎、三笑亭芝楽事辻村藤三郎、桂文字助事杉山長造、桂文斎事桂多羅助、桂シン吾事椎木勝次郎、初春亭初春事岩田鶴吉、はやし方原まさ、同席興行人金井由松

岐阜県洪水遭難者救助金 昨日本社へ送付方委嘱の分左の通り。

金二円五拾銭

新京極幾代席にて三笑亭可楽事原吉弥、桂藤兵衛事元川伝吉、笑福亭常丸事花村常次郎、西国坊明覚事長野明学、桂文鯉事渡辺勝次、桂文如事大久保甲子造、桂枝太郎事岩本宗太郎、三笑亭芝楽事辻村藤三郎、桂文字助事杉山長造、桂文斎事桂多羅助、桂シン吾事椎木勝次郎、初春亭初春事岩田鶴吉、はやし方原まさ、同席興行人金井由松

〈編者註〉磐梯山の大噴火は七月十五日、死者四七七人。岐阜県大洪水は七月二十九日、死者五三人。

笑福亭常丸 三代目笑福亭松鶴門人、後二代目笑福亭竹我を襲名する。綽名は「ちがい棚」。

桂文鯉   曽呂利新左衛門門人。文丸から文鯉となる。

桂文如   六代目桂文団治門人。のち桂藤兵衛門人となり藤誠と名乗る。

桂文字助  桂藤兵衛門人、二代目文字助。

桂文斎   本名が桂多羅助とあるので、後の桂文屋。文斎を名乗っていたのは初見。

桂シン吾  『落語系図』明治十九年頃の桂派連中の写真にある「新吾」がこの人か。師弟関係不明。

明治2192日 中外電報

幾代席は昨日より東京下り桂文明が出席し藤兵衛、可楽、常丸等と共に興行。

〈編者註〉桂文明は明治二十三年一月に桂藤喬(藤京トモ)」と改名する。藤兵衛の門下となって改名したと思われる。

明治211017日 朝日新聞

京都通信(十六日午後零時四十五分発)講談師山崎琴昇は去る十二日より新京極の鶴の家席に於て疏水有功論と云へる題にて疏水に関する講談をなし大に喝采を得て居りしが、昨夜例の如く席に出で、山科御陵野近傍なる運河工事に関する事を講ずる折柄、下京警署より突然席主を召喚し、自今其席に於て該件にかゝる講談をなすべからずとて先に与へたる許可の指令を取消す旨を達し、且講談の中止を命じたりといふ。

明治211023日 中外電報

京都株式取引所の祝宴 同祝宴を一昨日午后三時より花見小路大市座にて執行酒酣なる比より舞台に於て常の家重尾一座のへら〳〵手踊、東玉、馬鹿八の道化、軽口松右衛門の足芸等の演技あり。

〈編者註〉松右衛門は笑福亭松右衛門、二代目笑福亭松鶴門人。軽口の名手で、桂文屋の父。

明治211025日 山陽新報

◇西中島町常盤座にて、噺物真似を興行するよし、前号に記したるが、都太夫外六名の新内節興行なりという。

明治211030日 山陽新報

◇西中島町常盤座にては本日より三日間、浮世亭○○(川上音二郎)というが改良落語というを始めるよし。

明治211111日 日出新聞

新京極通り六角角の落語席笑福亭にては、此程より落語の討論会といふを催し、何日ながら好人気なりしが、今度又自由亭風丸といふが一名加り、一層落語に勉強する由。同じ通りの幾代席にても、亦一座の勉強人気を失はざる処へ、これも今度東京下りとの触込にて橘屋遊三郎、三遊亭遊馬の両名が加り、一当々るよし。

〈編者註〉橘屋遊三郎は不詳。三遊亭遊馬は二代目三遊亭円馬門人(或はまったくの別人かも)。

明治211127日 日出新聞
芝居と落語 新京極六角下る笑福亭にては木鶴、円喬の外に、今度東京初下りとかいふ三遊亭梅生、富士和歌丸の両名が加はりしよし。又同通りの講釈師山崎琴昇は夜の部にて日出新聞の続きもの砂中の黄金を一席づゝ演じをりし処、殊に外喝采を博したるに付、今度また二人大名を読初めるよし。

〈編者註〉三遊亭梅生は四代目三遊亭円生門人、富士和歌丸は富士松和歌丸の誤記。音曲師。

明治21125日 新愛知

◇當区橘町引弘法座にて昨日より新内常盤津手踊の女太夫富士松鍵吉、堀川小静の一座にて興行する由。

明治21127日 朝日新聞

[広告]本月九日ヨリ北区老松町松鶴亭ニ於テ開講ス諸君御来席ヲ乞フ/東京講釈師猫遊軒伯知

明治211211日 新愛知

◇當区富澤町富本座にて新古倭講談の朝日堂勝は新地若松座と掛持にて去八日より演じ、又大須門前福寿亭にては人情はなし三遊亭遊生は今夜より演じるが中々の評判なり。

〈編者註〉三遊亭遊生は初代三遊亭円遊門人で初代遊生。

明治201214日より一週間<俄師と落語家合併芝居・天満天神の芝居

外題:(前狂言)「姫競双葉絵草紙」大序より大切まで (切狂言)「近江源氏先陣館」八つ目

【配役】

小栗判官・女房小ふじ・妻篝火 実川宇楽(俄師)

漁師浪七実ハ水戸小次郎・ぬ目田順才・最上八郎 片岡福松(初代笑福亭福松)

横山太郎・娘おこま・竹の下孫八 大谷福助(笑福亭福助、初代福松門人)

照手姫・下女小萩・妻早瀬 嵐飛三丸(俄師)

小栗郡領・鬼瓦銅八・片岡三木の頭・母微妙 市川文我(初代桂文我)

腰元かほよ・弟弥吉・下女おうの 尾上円太郎(笑福亭円太郎)

横山大膳・雲天坊・古郡新左衛門 嵐歌笑(俄師)

妻浅香・庄屋杢兵衛・婆おくま 中村富丸(俄師)

風間八郎・不寝兵衛・佐々木盛綱 嵐歌蝶(俄師)

………………………………………………………………………………

駄々の勘兵衛実ハ七里源内・後家おまき・本多中務 坂東梅団治(桂梅団治、二代目文団治門人、軽口)

横山次郎・とつてき三太・早見藤太 中村鶴松(俄師)

横井新吾実ハ楠田主水・杉本丹蔵 市川福雀(笑福亭福雀、初代福松門人)

茶道珍才・黒晒源八 市川菊団治(初代桂菊団治、二代目文団治門人)

照日の前・ぜゝの四郎蔵・寺内源蔵・榊原式部 片岡松光(笑福亭松光、初代福松門人)

星川運八・関口伴蔵・盤会十郎 市川米三(桂米三、二代目文団治門人ヵ)

伊貝佐平次・在原屋成平実ハ田中徳平・人買常陸 中村篤団治(桂篤団治、二代目文団治門人、軽口)

非人の政実ハ細川政元・矢橋うな蔵・和田兵衛秀盛 市川文団治(二代目桂文団治)

奴三千介・瀬田の橋蔵・池の庄司・北条時政 沢村文都(桂文都、後の月亭文都)

〈編者註〉『近代歌舞伎年表 大阪篇』巻二より作成。(  )は編者。「桂文我出席控」第二冊・六十四丁裏~六十六丁表にこの番付が筆写されているが、出演者はすべて一致している。但し日付は「十二月十三日より天満天神芝居して七日之間」とあり、朝日新聞の「昨十四日より一週間開場する天神舟大工町の芝居」と一日ずれている。ここでは朝日新聞の方を採用した。

明治211220日 日出新聞

諸芸吹寄せ 年末の煤払ひにと昨日より明廿一日まで三日間、新京極福井座にて、諸芸の吹寄を興行する。番組は柳川二代目喜龍散花芳、英一蝶の手品と曲芸。馬鹿八、光玉、清枝の二○か。松竹、柳喬の噺。柳川喜代丸、一龍斎天花の西洋手品。三遊亭梅生の人情話。富士松和歌吉の東京はうた。円子、桂米歌子の軽口。鶴賀馬蝶、馬井助の新内。三遊亭円枝の人情噺し。田村琴竜の講釈。養老滝五郎の手品。東家力松の玉のりと手踊。笑福亭松朝の三都俳優ものまね。吉川都蝶のかげ絵。桂家[林家]花丸、笑福亭木鶴のはなし。桂国団治、笑福亭円光の昔ばなしなりと。

〈編者註〉松竹は笑福亭松竹(四代目松鶴の前の松竹)、詳細不祥。三遊亭梅生は四代目三遊亭円生門人、のち円七と改名する。円子は亭号その他不祥(鼓の円子とは別人)。三遊亭円枝は不祥。東家力松は後の末広屋扇蝶。笑福亭松朝は本名花房義太郎。素人落語家で笑福亭を名乗っていた。桂家花丸は林家花丸の誤記と思われる。この頃名古屋から帰ってきた。二代目林家菊丸門人で、噺はとても上手であったらしい。桂国団治は不詳。初代桂文団治門人団々治の誤記か。

明治211223日 新愛知

◇大寄せ 當区富澤町富本座と大須福寿亭を掛持にて昨日より諸芸人給金定大会を各席の取持にて興行する。芸目は浄瑠璃、常盤津、新内、祭文、萬歳、浮れ節、阿法多羅、昔噺、物まね等の興行を催す由なれば定めて大當りならん。

明治211227日 朝日新聞

法善寺境内西の落語席は今度小屋を改築し、同じく一日より義太夫の玉株を集めて人形浄瑠璃を興行するといふ。

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ