明治24年

上方落語史料集成 明治24年(1891)1月~6月

明治2411日 新愛知

◇遊び場案内 ヘイ明けましてお目出鯛の潮液で屠蘇の腹愈しチョッピリ諸興行物のご案内を仕まつれ(ハッ記者イ承知仕るの先づ左を読み給ふべし)

●末廣座は、彼の有名なる竹本越路太夫豊澤廣助の一座にて来る四日開場●千歳座(南桑名町)は、阪東太郎一座●新守座(本重町)は、小福松童幸十郎右家三知鶴の一座●笑福座(橋詰町)は、市川桑冶岩井金寿阪東小米の別嬪一座●京枡座は、実川若三郎澤村関三郎の一座●芳野座は、市川市蔵一座●橘座は、中村叶平の一座●寶生座は、女俳優中村小玉大谷友助一座●新地若松座は、竹本土佐太夫綾登太夫の浄瑠璃●正木町正木座は、岡本美家太夫源氏節●大須五明座は、山本小長一座の玉乗軽業手踊●福寿亭は、都小さんの浮れ節●花笑亭は、近藤力之助の軍談富本亭は、笑福亭圓光の音曲昔噺常盤津●花車町大富座は、桂鶴團冶岡本岸松の常盤津説教昔噺久松新講談手踊手品●宮出町正福座は、吉川辰丸の浮れ節●車の町白廣座は、女太夫岸澤古新一座の手踊り●力枝の一座當市の女俳優篠塚力枝市川小光篠塚大吉一座は、岐阜豊国座に於て本日大入●橋又座は、江川端の橋又座は豊竹駒辰竹本小土佐の一座●弘法座は、源氏節演劇岡本美狭松の一座●旭亭は、新地花園町の同亭は桂文福茶釜に毛を生えそうな処の落語連中●熱田蓬座は、鉄拳大将木村武之助氏が本日より興

〈編者註〉笑福亭円光は三代目松鶴門人。最初、初代梅枝(後の二代目藤兵衛)に入門して、梅寿(又は梅々)から藤鶴。二代目文昇門で文舎(文車)、更に三代目松鶴門で円光から明治37年に梅香を襲名した。俗に「呑んだの梅香」と言われ大酒飲みであった。晩年は、互楽派に加入している。名古屋では曽呂利新左衛門の一座に入っている。なお曽呂利はこの頃から明治27年までの4年間、名古屋を中心に興行しており、名古屋の落語界はえらく活況を呈した。桂鶴團冶は初代文団治の弟子で、後文鶴と改名する。

明治2416日 金城新報
◇[広告]大坂改良はなし 笑福亭圓光、曾呂利新左衛門一座當ル一月一日夜より 富澤町富本

明治24112日 金城新報

◇曽呂利一座 同一座は車の町白廣座にて、昨晩より大入しましたが、例のように又人気がよろしいござい升。

明治24114日 金城新報

◇此頃まで新地旭亭にて大當りを仕て居し曾呂利新左衛門、笑福亭圓光の一座は、明十五日より大須二王門前福寿亭にて開演する由にて、今度曾呂利新左衛門は人形入怪談を一席演ずるとの事です。

明治24115日 新愛知

◇富本亭 當市富澤町富本亭にては明十六日の夜より、彼の荒猛者ステツキ壮士拳骨道人などの種々の名を取つた木村武之祐氏が出席する由にて、其芸題は古めかしくもお勧めに随いて芸人らしく、「日本自由華」「文人墨客噂の四君子」四回なりと、又同氏は西京の浅井学士夫氏と共に俳優を雇いて後日千歳座に押出すという。

明治24118日 金城新報

◇お化け話し 去十五日の夜から大須二王門前福寿亭にて開場した曾呂利新左衛門は、毎晩一席づつ怪談を演ずるが、そのお化けは総て芝居噺しにて毎晩芸題を替え、おコードコおコードコとやらかす怖さは思わず見物に叫換さするが、そこが怖いもの見たさで毎晩大入、今晩は四谷怪談、おきわ伊三郎の怪談でござい升。みなさんドロドロとお出かけ。

明治24122日 新愛知

◇白廣座 當市車町白廣座に於ては、過日より曾呂利新左衛門の一座にて興行中なるが、毎夜大人気にて客がソロリソロリ出掛ると。

明治24127日 金城新報

<幇間・講談師・落語家芝居 名古屋千歳座>

◇舊正月の茶番狂言 當市の幇間連及び落語家講談師並びに壮士連にて、舊正月の十日頃より南桑名町千歳座にてお茶番狂言を開場する事に相談がまとまり取極つたといふ。芸題は、前が忠臣蔵の大序より五段目迄と謙腹一幕、中が妹背山御殿場、次が天下茶屋の借宅と福島堤、切が嫗山姥の山の段等にて其重立ちし。処の役割は、
 おみわ、おかる、若狭之助「斉藤鉄之祐」
 薬師寺、弥助、金時、豆腐の御用「夢助」(朝寝坊夢助)
 判官、腕助、官女「文福」(桂文福)
 由良之助「正三」(林家正三)
 ふか七、九太夫「勝鶴」(笑福亭勝鶴)
 本蔵「天山」
 定九郎、元右衛門、山姥、官女「曾呂利」(曾呂利新左衛門)
 師直、弥作、右馬之亟「清四」
 弥作女房伊織、染の井「南蝶」
 郷右衛門、入鹿「圓光」(笑福亭圓光)
 当麻三郎右衛門「小夢」(朝寝坊小夢)
 かほる、求女、三段目勘平「銀二」(林家銀次)
 力弥、五段目勘平「小蝶」
 弥五郎、橘姫「蛍蝶」
 伴内「夢蝶」。

〈編者註〉林家正三、朝寝坊夢助、朝寝坊小夢、林家銀次郎(銀次)は元落語家で、名古屋で巴連という幇間仲間の会を結成して、時々落語会も催していた。朝寝坊夢助は京都の幇間で、小夢(朝寝坊)の師匠。文福は名古屋の桂文福。明治九年頃に名古屋に来て、そのまま居付いた。晩年、息子小文福に二代目文福を譲り、本人は、富本席の席主となった。勝鶴は笑福亭勝鶴と思われるが、晩年神戸にいた勝鶴と同一人物かどうか不明。同一人物だとすると、本名藤堂新一郎。東京の落語家で、二代目小勝の弟子で小勇(遊)と名乗ったが、下阪して三代目松鶴の弟子となり、梅鶴から勝鶴を名乗った人。しかし、二代目梅鶴から勝鶴への改名は、明治三十年頃と思われ、その前に先代がいた可能性もある。

明治24129日 新愛知

◇寄席の案内 橋詰町の開慶座にては曾呂利新左衛門の一座にて来月一日よりおしゃべり。

明治24131日 新愛知

◇滑稽にして滑稽に非ぞ 之を名づけて困魂夢の真暗じやとはチト憎まれ口かも知れないが、舊正月中旬過ぎから南桑名町の千歳座で興行する壮落幇講(無駄奉公(むだほうこう)と聞誤る勿れ)演劇と云う、壮士と落語家と幇間と講釈師が合併をして跳くるから壮落幇講(そらほうこう)だろうとは仁○加染た話しだが、其名題は、一番目が忠臣蔵大序より五段目までと弥作の鎌腹を加え、中幕が妹背山の御殿、二番目が天下茶屋、大切が嫗山姥と云うので決して滑稽なし極々決着の大真面目で、鮒だ鮒だ、竹にサア安達元右衛門様だとギツクリ遣ると云うから、舟に積なら千石舟、車に乗せたらエンヤラサと云う程の大入だろう、そこで蓋明き前に其役割を左に記す。

〈編者註〉役割は、金城新報と同じのため、省略。

明治2421日 日出新聞

◇新京極本日の諸興行

 幾代席 藤兵衛、竹我等の落語に、月世界の人がけ是れに日出新聞□喧嘩拍子と題したる宮川町春路とく悶着の□件を写し大評判。

笑福亭 川□青柳、文団治、米団治等の落語に佛蘭西人ア□ーサンが加はりをれり。

〈編者註〉藤兵衛は三代目桂藤兵衛。京都幾代席の真打株。 竹我は三代目笑福亭松鶴門人で常丸から笑福亭竹我と改名した。綽名は「ちがい棚」。竹我の代数は『落語系図』に二代目とあるが、諸説あり一定しない。文団治は二代目桂文団治、米団治は二代目文団治門人二代目桂米団治、のち三代目文団治となる。

明治2424日 大阪朝日新聞

<川上音二郎、書生芝居を旗揚げ>

◇改良演劇 堺市卯の日座に於て例の川上音次郎の一座に東京の新顔書生役者が十余名加り、矢野文雄氏著述の経国美談を斎武義士自由旗挙と題し八幕の演劇に仕組み、今四日午後四時より開場し、凡そ一週間の見込にて興行する筈なりと。

〈編者註〉これよりのち川上音二郎は演劇史の人となるため、当年表ではこれにて終了とする。

明治2428日 金城新報

◇曾呂利丈のお名残 落語の隊長大阪の曾呂利新左衛門丈は、久しく名古屋に来たり、去年の秋から當市人の笑ひ袋を綻はかし、出演毎大人気を占めて居たが、此方で面白かる噺家は大阪でも黙って他へ捨ておかず、舊年から頻つて戻れ戻れとの呼び手紙が三度処数千通来たので、當地の贔屓を捨るは惜しいけれど故郷の愛顧も忘じがたければとて、明九日から大須二王門前の花笑亭にて十五日間、一まづ御名残の興行をするとの事。當時大阪落語が下落して曾呂利氏の如き落語家は一向なし、又暫く此様によい大阪話しが聞かれないから名残りを惜しんでお聞きにお出掛け、殊更舊正月の保養にもなれば。

明治24210日 日出新聞

<俄師・落語家芝居 京都坂井座>

◇四条北座と坂井座 …来る十三日に蓋を開ける新京極坂井座の芸人芝居は前狂言鏡山故郷錦絵(花見の場と試刀打の場)次狂言復讐談天下茶屋(天神堤の場)中狂言伽羅先代萩(対決の場)後狂言双蝶廓日記(相撲場と米屋の場)切狂言鎌倉三代記(八ツ目一幕)にて役割は

岩藤。仁木弾正(文団治)、牛島主税。人形屋幸右衛門(正玉)、佐々木高綱(馬鹿八)、中老尾上。三浦之助(新玉)、召仕お初。細川勝元(米団治)、女中桐島。奴腕助。田舎武士(藤兵衛)、奴江戸平。外記左衛門。放駒長吉(木鶴)、中村求女。神道者。尼妙林(柏枝)、左枝。糸屋万助(文字助)、大姫。早瀬源次郎。渡辺民部。富田五郎(新吾)、梅の、早瀬伊織。熊井源吾(柳三)、山名宗全(米喬)、安達元右衛門。おせき。軍次兵衛(文如)東間三郎衛門。濡髪長五郎(竹我)、時姫(姫寿)、度会銀兵衛(三升)、鬼貫。おらち(馬鹿男)、母葎戸(やちんべ)

〈編者註〉

木鶴は二代目笑福亭松鶴門下の二代目笑福亭木鶴。役者出身で落語芝居では大役を独占した。本名岡田文里。

柏枝は桂伯枝。のち三代目桂文都となる。玉助(輔)、玉団治から伯枝になるのは明治二十五年十一月(落語家事典)とあるが、このときすでに改名していたようだ。

文字助は二代目桂文字助。本名杉山長造。東京の噺家で、この頃京都に来て、三代目藤兵衛の弟子となり、文
  字助と名乗った。今年の八月に廃業している。

新吾は桂しん吾。曾呂利新左衛門か二代目文枝の弟子。

米喬は二代目桂米喬。明治十八年二代目文団治に入門して米紫、今年師匠の前名を継いで米喬と改めた。

文如は桂文如。六代目桂文団治門人。のち桂藤兵衛門人となり藤誠となる。

明治24211日 新愛知

◇穴探しの景物華名(はな)寄席 當市車の町白廣座では講談師高田伯龍の正史講談穴探し研究会を催し、毎夜景物を出すので中々の大人気なりと。

明治24213日 大阪毎日新聞

◇黒付と当世の穴探しの大流行 角の劇場で六歌仙の墨付また朝日座で鏡山の墨付を演じて大当りを得りし為めか、此頃北堀江の賑江亭(落語席)では東京下りの三遊亭遊馬が三ツ合といふ唄を演り、連中が総出をして倶に謡ふとき、絶句すると墨付をするので大当り、就中鶴賀八十松女の顔に墨を塗るときは満場大笑ひを催すとの事なるが、此八十松は去月六日の本紙雑報に掲げたる当世の穴探しといふ記事を面白ろ可笑しくオツペケペーに作り替て舞台で唄ひ、毎夜大喝采を博して居るよし。

〈編者註〉三遊亭遊馬は二代目三遊亭円馬門人。 

明治24218日 新愛知

◇福寿亭の腕力大将 木村武之佐丈は當地告別として、十八日夜より晴雨を論ぜず大須福寿亭にて鳴物入腕力カンニン節、時事情談には春水鉄窓の月と泣て兄弟姉妹につぐ、連中は新地ばば猫連と津田しけ女なり。

明治24224日 金城新報

◇諸芸の大寄せ 大須門前福寿亭にては、昨晩より竹本延玉の一座、岸澤古柴一座、同古新一座、桂鶴團冶、立川三玉斎、朝寝坊小夢其他當市内の芸人一同総出にて、諸芸の大寄せを開場したが、別品は見放題、妙な顔は見放題、笑ひ放題聞き放題で、中々大入繁昌な景気でござい升とサ。

〈編者註〉立川三玉斎は名古屋の人で、二代目三玉斎の弟子で、三木蔵から四代目三光を経て、三代目三玉斎を名乗った。師匠の三玉斎や兄弟子三代目三光ほどの芸の持ち主でなかったようで、京阪の一流席に出演する事はなかった

明治2431日 新愛知

◇八百屋町の久松座は、明晩より「髭のや鯰」の人情はなし。講題はわいろ嫌疑、昨京町噂の清書。

明治2431日 日出新聞

◇新京極の興行物 

幾代席 藤兵衛、竹我一座に円坊(ことし十年)の落語、助六が新発明の写絵あり。

笑福亭 木鶴、文団治の落語。

〈編者註〉円坊は三遊亭円坊、明治24425日付「日出新聞」によると京都で急死したらしい。

明治24317日 金城新報

◇東京上等落語家なる朝寝坊むらくは、今晩より富澤町富本席にてお定例(はこ)の即席三題噺を興行するが、其一座中清元福之助[福助の上るりは流石延寿太夫の門人丈けに中々咽喉が宵いとの評判。皆さんお都合次第にサア入らしゃい・・・・・。

〈編者註〉朝寝坊むらくは三遊亭円朝門下で五代目むらく。即席三題噺を得意とした。福助は四代目清元延寿太夫の弟子。829日付「大阪毎日新聞」には婦人とある。

明治24319日 日出新聞

◇桂藤兵衛の追善 目下京極にての愛嬌落語家桂藤兵衛藤原忠勝入道顋無斎は三世に当り、其二世藤兵衛は今年十七回忌に当る由にて、来る廿一、廿二の両日新京極夷谷座に於て追悼の為め諸芸大会をなし、何か変つた趣向を見せるといふ。

明治24326日 金城新報

◇日頃中富本座にて好評を博せし朝寝坊むらく、清元延寿太夫門人今弁慶福助の一座は本日より又々新地旭亭にて興行する由。

明治2441日 金城新報

◇福寿亭に五明座 大須門前福寿亭にては、即席三題話しの元祖朝寝坊夢楽一座にて人情噺し清元浄瑠璃の大入、又同地五明座ではヘビ小僧に長崎一流籠抜けの一曲が大入、いづれも今日から。

明治2445日 日出新聞

◇道場座と幾代席 …幾代席は落語家の頭梁円朝子の幻影と呼ばれて高名なる三遊亭円橘にて毎夜円朝の株物業平格子を演ずるが、今回は読物を聴客の投票数にて定むる由。悉くは広告欄に在り。

◇[特別抗告]去る一日より東京にて円朝大人の幻影とて有名なる三遊亭円橘、同新橘の両名、従前通の桂藤兵衛一座に差加へ御目通り仕候に付、円橘の読物は投票の多数を以て相定め候間、はがきにても御注文を奉願上ます。 新京極通幾代はなし席

〈編者註〉三遊亭円橘は三遊亭円朝門人二代目三遊亭円橘。円朝門下四天王の一人。「薬研堀の師匠」とよばれる。弟子に立花家橘之助、へらへら坊万橘らがいる。新橘は二代目円橘の弟子。自作都々逸を得意とした音曲師。本名福田冨次郎。嘉永五年生れ

明治2447日 金城新報

◇福寿亭の落語 今晩から大須二王門前福寿亭にて大入をなし、一番顎を外させようとする落語の真打は、西京の上等落語初お目見得の笑福亭竹我一座へ勝鶴、福助、文福などがスケに入り滑稽競いをやらかすとの事。是りや聴きものでおましょうわな。

明治24418日 金城新報

◇富本席 大須仁王門前福寿亭にて大当りをした西京の滑稽落語五代目笑福亭竹我の一座は、明十九日より富澤町富本席にて笑わせの開場。

明治24418日 日出新聞

◇芸人大寄の寿筵 下京区烏丸通り錦小路下る呉服悉皆商早川平兵衛と云へる人は、故人中村宗十郎丈の義弟にて、広く芸人社会に名を知られたる人物の由なるが、本年六十一歳に相当するを以て、明十九日河原町二条下る常盤に、三都有名の俳優、落語家、講談師其他諸芸人二百余名を集めて、還暦の賀宴を開く由にて、東京よりは市川団十郎、三遊亭円朝、花柳寿輔、清元延寿太夫杯も招待を受けて来京するとのことなり。

明治24419日 扶桑新聞

◇白広座の落語 昨夜より當市車之町の白広座にて日本亭漫遊(伊藤固当冶)、朝寝坊夢輔が出席し落語手踊等を興行して居ます。

明治24423日 神戸又新日報

◇圓生と圓橘 東京の落語家圓生、圓橘の二丈は、琴平詣でを思い立ち、昨日當地に来り常盤方へ投宿しましたが、讃岐に渡りて後ち本月末か来月上旬には再び神戸に来り、裁判所前の井筒太席に一興行路費取りをするという。コリヤ聞きものでござろう。

〈編者註〉円生は三遊亭円朝門人四代目三遊亭円生。円朝門下四天王の一人。

明治24425日 日出新聞

<桂文鯉死亡>

◇冥土へ旅立 新京極幾代席で掛取話しの人気取りと評判された桂文鯉は此間死んだ三遊亭円坊が子供の一人旅は可愛さうぢやと、後見のため昨朝頓死して冥土へ出張したる由。ヤレ〳〵信切な。

〈編者註〉桂文鯉は曽呂利新左衛門門人。文丸から文鯉となる。本名渡辺勝次。

明治24430日 新愛知

◇一昨夜より車の町白廣座にて西京の落語師笑福亭竹我が興行を致し升。

明治2451日 日出新聞

◇新京極の興行物

幾代席 桂藤兵衛一座の落語に東京下り三遊亭円橘、新橘の人情噺。

笑福亭 文団治一座の落語、朝寝坊むらくの三題噺、福助の清元、邯鄲夢の助の手踊、今様徳治の似声。

明治2455

<二代目桂文三死亡>

二代目桂文三 001●二代目桂文三 本名未詳。万延元年生。初め三代目桂文吾門人で小文吾と名乗った。その頃から美男子で芸妓連に人気があり、「モテモテの小文吾」として新聞に何度も艶文が掲載された。人気だけなく実力もあり、特に「三枚起請」「線香の立切れ」などの茶屋噺は絶妙で、弱冠二十四歳にして中軸に看板を上げる程の腕前だった。二代目桂文枝にその力量が認められ、明治十七年十月、小文吾より二代目文枝の前名「文三」を二代目として襲名した。提灯屋の息子だったので「提灯屋の文三」と通称された。一時二代目林家木鶴の養子となって三代目林家木鶴と名乗ったこともあったが、やがて元の文三に戻り、将来を嘱望されていたが、三十二歳の若さで早逝してしまった。大阪毎日新聞(57日付)がその死を伝えている。

「◇文三エンザで死す 籍も冥府(あのよ)へ替り合ましてと、閻魔旦の御機嫌を取に行ツたは、当時飛ぶ鳥を落語家(おとしはなしか)で花形と言はれた桂文三なり。同人は此間より神戸へ出稼ぎ居りしに、昨日午後八時三十分頃、予て罹ツてゐたインフルエンザが重り、三十一歳を名残に今度は冥途へ出稼ぎに行きたり。今まで笑はされた人達チト返礼に泣て遣なさい。」

 新聞では昨日(五月六日)三十一歳で死亡したとあるが、天王寺区寿法寺(通称もみじ寺)に残る二代目桂文三の墓碑には「明治廿四年五月五日往生 行年三十二歳」とあり、これが正しいであろう。

明治2459日 大阪朝日新聞

◇追善会の落咄し 淡路町の寄席幾代亭の主人西村元蔵は亡父七年忌に当るを以て、明十日兼ての定客及び新聞社員等を招き盛なる追善会の落咄しを催すといふ。

〈編者註〉亡父の名前は不明。当日の出席者は俳優の片岡当十郎、実川延次郎、坂東寿之助、義太夫の呂太夫、清元の橘枝、講釈の呑玉、手品の正玉、二輪加の宝楽、田にし、落語の桂文枝、翁家さん馬、笑福亭松鶴、桂南光など。ついでながら、翁家さん馬は桂文都一門を離れ、このころ桂文枝一門に加入している。こののち松鶴が文枝一門から離脱するが、さん馬が自分より厚遇されたのがおもしろくなかったのも一因らしい。

明治24513日 神戸又新日報

◇播半座の二○加 同座に於て此の程より開場せる歌蝶一座の改良二○加は、本社新日報紙上に現れ出づる艶種の雑報を面白をかしく取り仕組みて、取り換え引き替え演じ居る由なるが、毎夜毎夜場内さながら酢を詰めたような大入りなりという。

明治24526日 中外電報

◇新京極幾代席にては亡席亭七回忌追善の為め本日午後四時より落語、新内、講談等の大寄せを為す趣き。

〈編者註〉幾代席主人西村元蔵は五月十日に大阪淡路町の幾代席で、二十六日に京都新京極幾代席で亡父七回忌追善を行った。

明治24531 中外電報

◇新京極の興行物

幾代席 桂藤兵衛、三遊亭円輔一座の落語。

笑福亭 芝楽、文団治の落語。

〈編者註〉三遊亭円輔は司馬龍生門人で龍門、四代目三遊亭円生門人となって円輔となり、昨年京都へ来てそのまま留まり、桂藤兵衛と一座した。のち藤兵衛の門人となり翌年海立亭龍門と改名、のち桂藤龍となる。芝楽は五代目三笑亭可楽(京の可楽)門人で笑福亭吾妻から三笑亭芝楽と改名した。

明治2461 神戸又新日報[広告]

各位 清栄賀し奉り候。偖弊席儀、従来桂文枝一座にて興行致し来り候処、今般東京なる三遊亭一座と特約を結び、毎月同演の中二名ずつ交替出席することに相成り、即ち六月一日よりは初見参として三遊亭圓橘、同新橘の両名出席仕り、連夜業平文治を読み、傍ら落語にて御機嫌窺い候。就いては従前より大人数を増加するを以て午后六時より開席仕るべく、又同九時迄(神戸日報同広告中十時とあるは誤り)に御来車の諸君へは聊か麁景呈上候間、旧に倍し陸続御光来あらんことを六月井筒太席

音曲はなし 三遊亭新橘  新作落はなし・続物業平文治三遊亭圓橘 (読み下し・編者)

明治2464日 神戸又新日報

◇井筒太席の落語 神戸第一の落語席との好評を得て、年が年中繁昌する井筒太席では、今度このたび東京三遊派の老将株たる、圓橘、新橘の師弟を聘して、去る一日より蓋を明けしが、尤も此の儀は日外の紙上にも一寸吹聴せしことあり、落語好きの方々は、待ちに待たれしこともなれば、初日より客足しげくて、席一盃の大入りを占め、圓橘はわけて得意の業平文冶を、老練なる弁にまかせて説き来り説き去つて、最も艶あり勇みある講演ぶりは、なかなか聞くに値ありて面白く、新橘の音曲ばなし、お顔に似合わぬ妙なる音声は何処からあんなに出るものか、端唄都々一の節宜いこと、憎いほど味くして、唯嘆賞の外は御座らぬ。中、西、福、柳等の芸妓たち、お座敷の隙には(お客をせぶるも亦可なり)些と出懸けて、彼の新橘の節を取りに行つては如何など、御親切にも気をもんで居た聴客をも見受けたり。サテまた圓子という九歳ばかりの少女の手踊り、東京仕込みのさま見えて、優にやさしく手振り妙なり。

其の外、同席にこげつきの落語家には枝太郎、梅香、小文吾、文昇、遊三等いづれも車輪の大勉強にて愛嬌たつぷり、其の上置きには大坂下りの梅枝あり、なかなかもつて面白きこと此の上なければ、なんと看客諸君三銭を投じて、夫婦和合の神さま(落語家自ら常にいう)を拝みに御座ツては如何。オツトまだある、追々暑中に向うので、聴客にお暑い目に掛けては済まぬとあつて、団扇を一本ツ、進呈するとは、さても氣疎い奮発なり。

〈編者註〉

枝太郎は桂枝太郎。名前を随分変えた人だが、二代目文枝門人となった時に枝太郎と改名した。多く京都に住
   み、先斗町の枝太郎として知られる。

梅香は笑福亭梅香。二代目松鶴門人九鶴から文之助(曽呂利)門下で梅香となる。のち上京して四代目円生門
  下で三遊亭海老丸。

小文吾は桂小文吾。二代目文三門人で、後三代目藤兵衛門人藤枝、藤茂栄から四代目文吾となる。

文昇は二代目桂文昇。俗にホヤの文昇(ランプのホヤのような滑稽な顔をしていた)。

遊三は桂三遊の誤記と思われる。桂派の前座で、師匠不明。

梅枝は桂梅枝。二代目桂文枝門人文喬より二代目桂梅枝となる。オッペケペーの梅枝

明治24612 金城新報

◇今度、富本席へ乗込む東京落語は、目今東京落語家番附にて上段八枚の内に居り花形と評判高い春風亭柳朝が真打で、音曲噺には三遊亭花橘と清元浄瑠璃が春の家小松、同小花、同小春などという別嬪揃いで、到着早々近日より蓋開けするとの事、定めて是れは面白かりましょう。(十三日初日)

〈編者註〉春風亭柳朝は二代目春風亭柳枝門人で、明治十三年に二代目柳朝を襲名した。春の家小松は柳朝の娘三遊亭花橘は二代目三遊亭円橘門人で、のち幇間となる。

明治24628日 大阪毎日新聞

◇東京の三遊亭円橘、同新橘は来阪して来る七月一日より淡路町幾代亭へ、又朝寐坊むらく邯鄲夢之助、清元福助は同町吉田席へ同十五日より何れも出勤すると。


上方落語史料集成 明治24年(1891)7月~8月

明治2471日 金城新報

◇富澤町の富本席では今晩から西京人情ばなし笑福亭八百蔵一座の大入。

〈編者註〉笑福亭八百蔵は初代松鶴の弟子。一時立川を名乗った。後に東京で講釈師となり、名古屋の端席で十年間以上一人で興行していた。晩年はフリの前座でいたようだ。本名加藤市松。

明治2471日 日出新聞

◇新京極の興行物

幾代席 桂藤兵衛一座に東京下り三遊亭円輔、春風亭柳生の怪談、川島可勇の音曲。

笑福亭 文団治、芝楽の落語。

編者註〉春風亭柳生は『古今東西落語家事典』のどの柳生にも該当せず不明。

明治2472日 神戸又新日報[広告]

時下炎熱厳しく候処、各位益々御清逸大賀奉り候。随て弊席に於て去月一日より出演し、永々御ひいきに預り、大喝采を博し居り候東京下り三遊亭圓橘、同新橘の義、予告の通り交代の期満ち、客月末限り御名残り惜しくも退席仕り候に就ては更に本日よりは当時東京に於て若手の売出しにてその名を知られたる三遊亭圓喬丈及び新喬、白馬の三名が御目見え致し候。

尤も右圓喬丈は今より八九年以前、橘家圓好と呼びし頃、楠公社内の落語席にて好評を博したる事これあり。その後帰京し、先輩三遊亭圓生丈の先名を受け継ぎ圓喬と相改めたるものに候えば、旁々当地には旧縁もこれある次第に付、何卒格別の御愛顧を以て続々御尊来の程待ち奉り候。尤も圓喬丈昨一日より連夜の読物は柳影朝妻情話にて、至極面白き人情小説に候えば、是亦一段の聞き物と存じ、右広告候なり。

追て当地の或席に於ても先年来三遊亭圓喬と呼べる人これあり候えども、右はこの度当席に出演せる三遊亭圓喬丈と全く同名異人に御座候間、是亦念のため広告致し置き候 井筒太席(読み下し・編者)

〈編者註〉三遊亭円喬は四代目橘家円喬。このころはまだ三遊亭を名乗っていたか。新喬は不詳。白馬は三遊亭伯馬。二代目三遊亭円馬門人、後の五代目橘家円太郎。「三遊亭圓喬と呼べる人」とはこのブログにも何度も顔を出しているが、本名永瀬徳久、政談演説家あがりの自称三遊亭円喬で、東京の円喬代々とは無関係である。現在は露の五郎兵衛と改名している。

明治24710 大阪毎日新聞

◇松鶴の東京行き 当地の落語家にて名ある三代目松鶴は、今度東京よりの招きに応じ、近々福松を連て上京するに付き、法善寺の金沢席と淡路町の幾代席に於き落語家の大集(おおよせ)をなし、予て愛顧(ひいき)になる客へは通券を出して留別の意を表すと。

〈編者註〉三代目松鶴は三代目笑福亭松鶴。福松は初代笑福亭福松。福松は東京へいかなったらしく七月から九月は名古屋各席で興行し、人気を博している。

明治24711日 神戸又新日報

◇井筒太席と圓喬丈 目今井筒太席にては、三遊亭の一門にて、去るものありと聞えたる今売出しの愛嬌男、三遊亭圓喬が東京新下りの人情話しは、甚だもつて大取け大評判の処、いよいよ去るる九日より、師匠圓朝直伝の人情話し、綠林松竹を例の得意の艶ツぽい弁舌にて講演し、時間も成る丈け長くして、たつぷりと御機嫌を伺うとの事なれば、前よりはまた幾分か面白からんと思わるるなり。

明治24719日 金城新報

◇福松一座の開席 富澤町富本へ招きを上げて人気を呼びおこした大阪第一等の落語家笑福亭福松の一座は、愈々明二十日の夜から大入。

明治24726日 金城新報

◇福松の大福〳〵 笑福亭福松とはまづ名からして福々しい、夫れに当時の若手坂府一等の落語家だから面白いなんて打出す頃には落ちた顎と頤ひが山になつていて、合札の無いのに大混雑を極めるというほど。夫れゆえ毎晩の大當り最早八時頃に往けばお臍を宿替さす寸地の空場もないとは素的滅法の大當り。

〈編者註〉福松一座は二十日より開演。出演は福松以下、松光、福梅、福平、鶴賀八十松など。

明治24726日 日出新聞

◇新京極幾代席にて四五両月間扇をパチつかせたる三遊亭円橘は、六七両月神戸大阪へ出稼ぎして居たるが、今度東京へ帰る積りなれど、京都の愛顧連に引とめられ、来月中同席に於て娘円子の手おどりを見せて、是と共に人情話しを引つゞき演ずるよし。

明治24728日 大阪毎日新聞

◇東区淡路町五丁目幾代亭は例年の通り八月中は休業し、九月一日より東京の円喬、円太郎が出勤すると云ふ。小文枝、扇枝は神戸へ、南光、梅枝は京都へ出稼ぎの筈。

◇当地で桂の親玉文枝は今度落語家連中に申合せ規則を設け、幾代、金沢の二席の他へ出席する節は必ず文枝の承諾を得る事となりしと云ふ。

〈編者註〉円太郎は三遊亭円朝門人四代目橘家円太郎。俗にラッパの円太郎と呼ばれる。小文枝は後の三代目桂文枝。扇枝は林家染丸から桂扇枝と改名した。後の三代目桂文三。南光は後の桂仁左衛門。梅枝も含め上記四人はすべて二代目桂文枝の門人。また桂の親玉文枝の規則を設けた行動は、三代目松鶴が勝手に福松を連れて上京しようとした事によるようだ。これ以降、両者の関係はギクシャクして、松鶴が桂派を離れる事になる。

明治24728日 大阪毎日新聞

◇橘屋橘之助 男姿で当地へ来て居た時分さへ咽喉の好いのと達者なる三味線の音に聞えた橘之助は、東京へ帰つた後猶さら腕も縹致(きりょう)も上げ、今では東京で一二といふ寄席の真打となり、聴衆にヤンヤト言はせていると云ふに聞き惚れ、神戸播半座の座主が態々人を登せて掛合すと、橘之助も事なく承知して今度橘楽、三玉、りん馬、夕顔、橘丸などの門弟を引連れ花々しく同地へ乗込み、明一日より奇麗な顔をみせ、すがゝきに風薫ると仇な声で謡ひ出す由なれば、何時しか花の夫ならでチリテツ頓と堪らぬと出掛る者ぞ多からむ、同人は神戸を打上た後久々にて当地へも来ると云。

〈編者註〉立花家橘之助は明治十四年暮れにはじめて上方に来て、十八年まで各地で興行して大人気をよんだ女流の音曲師。なお文中「橘楽、三玉、りん馬、夕顔、橘丸などの門弟を引連れ」とあるが、実際に来たのは「橘楽、夕顔、三玉、小円太」の四人である。橘楽は立花家橘之助門人立花家橘楽。夕顔は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人三遊亭遊がほ?。三玉は初代三遊亭遊三門人三遊亭三玉?。小円太は三遊亭円朝門人で三代目三遊亭小円太、後の二代目三遊亭小円朝か?

明治24729日 神戸又新日報[広告]

酷暑の砌、当市中各位益々御清祥なされ入り候段、恐悦至極に存じ奉り候。随て今般ある御客様の御勧めに任せ、東京人情噺春風亭柳朝、手踊り春の家小花清元春の家小松等を招き、猶本日より大坂落語桂米團治を差加え御機嫌に供し候間、何卒旧倍御愛顧あらん事を乞う七月二十八日楠公社内湊亭  (読み下し・編者)

明治24730日 神戸又新日報

◇湊亭の落語 楠社内の同席にては、目下東京より落語家には春風亭柳朝、手踊には春の家小花、清元には春の家小松の三名、まつた大坂より桂米團冶等出席して、舊来の一座に加わり、いづれも車輪の大勉強にて、小花の手踊り、小松の清元、いづれも可憐の小女子なるが、踊りの手ぶり歌の音曲、優にやさしく最と妙にして、散歩かたがた聞きにゆくには、随分其の価値あり。

明治24730日 大阪朝日新聞

◇寄席落語の取締り 此頃の官報告示欄内を見るに、絵画、雑誌等の風俗を壊乱するものと認められ、其筋より発売頒布を禁ぜらるゝもの日に多きを加ふる有様なるが、其筋に於て風俗取締向に就き従来の方針を改めしものゝ如し。其筋に於ては其事を絵画雑誌のみに止めず、寄席にも及ぼす趣なりと。寄席には夫々の取締もあれど、近来は各寄席に出席する落語家が高座に於て頗る聞苦しき猥褻の言を為し、又は身振を為し、風俗壊乱の虞尠なからざるに付き、各席へ巡査を臨監せしめ、下掛りの話などをして風俗を乱すと認むる者ある時は直ちに其落語を中止し、次第に依ては其席を解散して夫々処分するにも至るべしといふ。是は東京の話なれど、当大阪は一層甚だしきものあれば、其取締ありたきものなり。

明治2481日 大阪毎日新聞

◇縁かいな節 徳永里朝、杖に縋りてはるばる東に上りしより、縁かいな節東京に行はれ、一時中絶せしも、今や再び書生間に流行し、尺八、月琴、支那笛などに合せて謡ふよし。去れば本郷辺下宿屋の二階は右も左りも濁たる調子はり上げて、何が何とかする縁かいな。

〈編者註〉徳永里朝は盲目の音曲師。琵琶、三味線の曲引きを得意とした。

明治2481日 日出新聞

◇新京極の興行物

幾代席 桂藤兵衛、三遊亭円橘一座の昔話。

笑福亭 竹本登良吉一座の女浄るり(但し五日より露の五郎兵衛、英人ブラクの人情話に替る筈)。

編者註〉露の五郎兵衛は永瀬の円喬が改名した名前。下記にあるようにさらに又円寿と改名する。ブラクは本名ヘンリー・ジェイムズ・ブラック。明治十年頃から断続的に寄席へ出はじめ、明治二十四年三月に快楽亭ブラックの看板をあげた。

明治2481日 神戸又新日報

◇立花家橘之助 顔と芸とで先年も人気を取つた同人は、今度京坂より長崎地方漫遊イナ出稼の序で第一着に神戸へ足をとめ、北長狭通りの播半座で當る三日より久々にてお目見えをする事になつたが、今度は極真面目で稼ぎ一方、イエ決して御心配なさいますなと至極堅固に自分と受合ているというが。

明治2481日 金城新報

◇福寿亭へ福松 福へ福の八重重ねとはよい前表に、大須二王門前福寿亭の定席へソレ前夜まで富本で近来の大當りした笑福亭福松の一座が移り、今夕から笑い袋の口を開いた大入とは又一層の福々でしょう。

◇富本席 大坂落語で大當りをした跡だから一番気をかえてと目先にぬからぬ富澤町富本席では、今晩より金原亭馬生、同しら馬、同小馬丸などの一座の東京話しを開場するとは又馬々と當るであろう。

編者註〉金原亭馬生も『落語家事典』に該当者が見当たらない。

明治2488

<二代目笑福亭松鶴死亡>

二代目松鶴 002●二代目笑福亭松鶴 本名松本豊七。生年不詳。初代松鶴の弟子で、鶴松、吾竹、松橋等を名乗ったあと、初代没後(慶応二年一月・曽呂利説)まもなく二代目を襲名した。もとは紺屋の職人だが、仕事の暇なときに天満市場から桃などを買ってきて美声で売り歩いたりしたので、噺家になったあとも「桃屋」と通名で呼ばれた。明治初年の大阪落語界は初代桂文枝を中心とする桂派と林家延玉を中心とする川喜派(御池橋東詰にあった川喜席を根城としていたのでこう呼ばれた)に分かれていたが、二代目松鶴は初代林家染丸とともに川喜派の中堅として活躍した。初代同様大津絵節を得意とし、自作の大津絵をいい声で高座で唄った。また碁盤の上で一枚歯の下駄で踊る五枚扇の松尽しを考案した。前座噺の「三十石」を大ネタにしたのは初代文枝で、これを質入れした話は有名だが、二代目松鶴も「三十石」を十八番とし、尻はしょりして船頭の恰好をし、船唄を唄い、そのあとも糸繰りの唄、麦打ちの唄、牛引きの唄など次々に繰り出し、たいへん賑やかで楽しいものであったらしい。『落語系図』に載るこの写真は「三十石」を演じている時のものだといわれている。明治十三年一月、弟子の木鶴に三代目を譲り、自身は円笑と改名して講釈師になった。明治二十三年三月一日より京都新京極笑福亭で円笑復帰祝いの興行が行われているところをみると、このころから体調を崩していたのかも知れない。そしてこれが新聞に載った最後で、死亡記事も出ていない。

[参考文献]『藝能懇話』第十一号・特集=笑福亭松鶴(平成九年)

明治2488日 日出新聞

◇笑福亭のブラツク氏 京浜の間に於て社会情話に有名なる英国人ヘンリー、ゼエムス、ブラツク氏は京都へ来れり。氏は日本の事情に委しき上、其言語は日本人と豪も変る事なく音吐流暢にして、其の抑揚高低の間にはよく人をして喜怒哀楽、或ひは感じ、或ひは笑はしむるに巧みにして、日本の人情話家も三舎を避るは、既に京浜の評判にも上りし事にて、今後新京極笑福亭に於て席を開くよし。氏は先日より来着したれど、外務省より興行認可あらざる為め、日々東西の山水を尋ね居るよしなるが、其認可も今明日には達すべきよしにて、初席は九日若くは十日を以て開演するならんといふ。其読物は、昼席は流れのあか月、夜席には英国竜動劇場土産なりと。
 是に補助たるは橘家円太郎、伊藤燕凌にて、円太郎は加賀ツポの円太郎と違ひ、円太郎馬車の開山ラツパを以て有名なる東京の円太郎に、燕凌は伊藤派にてジミで聞場の多き講釈なり。同亭で長らく興行する三遊亭円喬が今後円寿と改名したる披露の出席に併せて、芝楽、米橋、米若が補助するよし。開演になりたらば中々の聞ものなるべし。

〈編者註〉米橋は二代目桂文団治門人二代目桂米喬。米若も二代目桂文団治門人。

明治2489日 大阪毎日新聞

桂文都派の連中は此ほど申合規則を設け、第一落語の改良を計り猥褻な事などは微塵も言はさぬ様にするとは宜い目論見。宜いと言へば各席主より上り高の十分の一積立て、貧民救助また義捐金等に充るとのこと。

明治2489日 大阪毎日新聞

◇堀江の賑江亭では来る九月一日より東京の落語家三遊亭遊生、清元福助、朝寐坊むらく其他文都などの一座が掛り聴衆の臍をよじらす相です。

〈編者註〉三遊亭遊生は四代目三遊亭円生門人、本名加藤銀次郎?

明治24811日 大阪朝日新聞

◇ブラツクの落語  久しく東京にて喉を鳴せし英人ブラックは今度京都新京極の笑福亭に来り、数名の落語家一座と共に興行なし居るよし。外人に似ず日本語に熟して話上手なれば聴者甚多しとぞ。

明治24811日 神戸又新日報

◇播半座と橘之助 一寸のぞいた一口評の又聞きによれば、橘之助も芸もズント渋みがのつて来て、なかなかに早や鮮やか鮮やか、なれども折々お客様おば、茶にするような風あるはお心ろやすいにあまえるつもりか、其の外夕顔の常盤津、小圓太の人情ばなし、三玉のおどけばなし、いづれも聞くに価値あり、其の内三玉最も面白し云々。

明治24812日 大阪毎日新聞

◇橘之助一座の乗込み 先日の紙上に一寸其噂を掲げし立花家橘之助は愈々来る十五日橘楽、三玉、夕顔、小円太の一座と共に神戸より当地淡路町の幾代席へ花々敷乗込み、同夜より同席に於て一週間の間興行するよし。三玉の落語手踊、夕顔の岸沢節、小円太の円朝直伝の人情噺──橘之助の清元浮世節は云ふ迄も無し──孰も妙技(うで)揃ひのうへ湊合(とりあい)も至極好ければ、大暑の折に拘はらず嘸(さ)ぞ大入を占むるならむ。

明治24812日 大阪毎日新聞[広告]

御目見得口上 立花家橘之助事久々にて上阪致し、当席に於て小円太、三玉、橘楽同行一座と共に来十五日より一周[週]間興行致候間、大暑の砌には候得共、橘之助の芸も年と共に上達したらう久し振で聞て遣うと、賑々敷御来車の程偏に希ひ奉り候 淡路町幾代亭主人 敬白

〈編者註〉八月十五日より興行を始めたが、大入り大当りで、一週間日延べし、八月二十八日まで打ち続けた。

明治24812日 金城新報

◇福松の一座 富本で流行て福寿亭で又當つた笑福亭福松の一座は、一昨日で千穐楽をし、昨晩から巾下江川町橋又座へ移り大入をしましたが、これも大當り祝つて三度おシャンおシャンと祝いましょう。

明治24814日 日出新聞

ブラツク丈京都の人情風俗を探る 新京極笑福亭に出席するブラツク丈は、流石日本にて生育たる程あつて、容貌こそ外国人なれ言語挙動はマルで日本人にて、丈が得意の人情話もナカ〳〵解り易く面白味もあるとの評判なるが、丈は今度京都に来りたるを好機として土地の人情風俗を探り、東京への土産にせんとて、先日先斗町膳所裏等の貸席に入り込み、芸娼妓、乾娘(なかい)共を相手に遊び居る由なり。

明治24814日 神戸又新日報

◇井筒太席では暑さの砌りにかかわらず、柳生の怪談客受け大によろしくして、毎夜の大繁盛に乗が来たか今度はズント趣向を転へ、日の下開山、ヘラヘラ踊りの元祖なるヘラヘラ坊萬橘を東京より招き下して、来る十五日より開場するとの事なれば、汗を拭きつつ見るべし聞くべし。

明治24816日 日出新聞

◇笑福亭の人気 新京極笑福亭のブラツク一座は非常の人気にて、ブラツクの人情話しは西洋の事蹟を能く日本人に通ずる様身振声色まで真を写す手際、ナカ〳〵感心。円太郎は例の快舌にて甘く喝采を博し、彼のプヽプーの馬車の喇叭は当地にて珍しければ大受け。燕凌の講釈もシツトリとして可なり宜しとの評判にて、此炎暑にも拘らず毎晩大入なりとのこと。

明治24817 大阪毎日新聞

幾代席橘之助一座一口評  饒舌子  

淡路町の幾代の席へ、久しぶりで橘之助が出る、おまけに好男子と能弁とを以て聞えている小円太が一座だと聞いて、音曲好談話好の饒舌子、是聞ずんばある可らずと、九十度以上の熱度をも厭はず、十五日の晩に出かけて見ると、類は友とや、饒舌子同様の好奇者も少なからぬものと見えて、まだ漸々第二席目なるに最早立錐の地もなき大入、場所の無い為に百以上もお客を断つたといふ非常な景気。饒舌子は席亭の主人と顔馴染の件を以て、折角遠方を聞きに来たものだから、何処の隅にでも置てくれと、漸くの事で二階の階子段の上り口にて聴聞したまゝを、口から出任せの一口評 

橘楽──六十許りの梅干老爺、粋の果とは想はれたれども、何分年が年ゆゑ、自然談話に水気が無くなり、やゝ興味の薄かりしが、流石は老練、亦妙処の無きにしもあらず。先代夢楽の作の白木屋お駒の落語を仕たるが、話も古く、人も古く、調も古く、今より百年の昔は此処等が人情に適ひしものかと、漫(そぞろ)に懐古の情を起しぬ。

次は夕顔──お名がお名だから「よりてこそそれかとも見め黄昏にほのぼの見ゆる花の夕顔」源氏の夕顔の巻のさまなど想出、いかなる美人にやと、垂れたる小簾を白眼へつめ、山の端に向ひて仲秋の月待いづる心地、あからめもせでいたるが、やがて一声の柝木と共に小簾サラサラ……待たる甲斐もアラ怪しや、夕顔とは只名のみにて、恰是(まるで)唐茄子(なんきん)のお化なり。アツとばかりに失望落胆、思はず嘆息する間もなく、弾出したる三絃、謡ひだしたる岸沢節、其三絃の根締の好き、其岸沢節の音調(ふし)の確かなる、宛然(あたかも)男子の如く、和佐太夫ソツクリそのまゝ。曩の失望落胆を取返して、想はず奇妙と叫ばしめたるが、不思議や、唐茄子と見えたる顔もやがて冬瓜(かもうり)ぐらいには見直しにき。語りし岸沢節は伊勢音頭の油屋の段、時候がら格別面白く聞れたり。

次は三玉──面白い顔、面白い男、面白い話風、面白狸の腹皷、打つやら舞やら跳るやら、口も八丁手も八丁、愛嬌沢山滑稽百出、饒舌子の如き木石漢(まじめおとこ)をして、思はず顋の掛金を外し、臍の宿掛をせしめたり。最后のステテコ踊、尤も看客の喝采を博したり。

次は小円太──新宿の女郎が客を欺し、又客に欺さるゝ一種の人情話をしたるが、流石三遊派の若手の利物(きけもの)とて、宿場女郎の悪婆(あばずれ)、田舎大尽の鈍痴(でれすけ)、半可通の意気過、情郎(いろおとこ)の悪性、一々其情態をつくして、宛然麻姑(まご)の手を雇ふて痒い所を掻く心地せり。強て云はば今少し沈着きたらば、猶一段の妙を添へるなるべし。併し是は餅の皮をむく栄躍の沙汰なり。

次は真打の橘之助──技倆も亦年と共に進歩して、三絃も曲節も共に繊巧を極め、天晴の芸人となりたり。夫に引返へ饒舌子は七年以前も今日も以前たる窮措大(ひんしょせい)、彼越前少将が出雲の国の歌舞を見たると同一の感慨を胸に抱き、吾のみは人の掻ぬ汗を余計に掻きたり。閑話休題、橘之助の出物は、初晩と久々お目見得の喜悦とを兼て、四季三葉草を奏でたるが、皮肉なる浄留里を皮肉に語り、頗る数奇者の耳を喜ばせたり。之を四季三葉草の文句に拠りて評せば、冷冷として落て水の月、宛然(さながら)深山の奥に分入り、滝に対して月を見るの心地、甑(こしき)に座するの熱さを忘るゝばかりなりし。然れども最も看客の喝采を博したるは、米山節とトツチリトンの瞽女節なりき。陽春白雪其調いよいよ高ければ和する者いよいよ少きの謂か、沈着といひ貫目といひ、真打の値直は確になりたれども、是々等(ここら)で「己が」を出さず、猶あくまで勉強して、名人上手の地位に進むやう心がけ玉へ、橘之助丈。

ヲヽ熱い、是でお仕舞。頼れも仕ないのに御苦労な訳サ。

明治24818日 金城新報

◇富本の京阪合併噺 盆景気を當込みに富澤町富本席では、今晩より東京落語家にて怪談の親玉という柳亭燕玉一座に、同席で大當りをした笑福亭福松が旭亭とかけ持でスケに入り、京阪合併の落語を開場するとの事だが、大阪話しを笑わして東京話しでしんみりと続ものを聞かせるとは至極面白い合併だろうと耳をほせくる。

〈編者註〉柳亭燕玉は不詳。

明治24820日 日出新聞

◇鹿に鉄炮 ヘイ替り合まして一席御機嫌を伺ひます。「日本は岩戸神楽の昔しより女ならでは夜の明けぬ国」、兎角御婦人が一枚加はらなければ万事御愛嬌が薄ひからと心付ました新京極幾代席の主人は、従前の連中へ鶴賀小馬井と云ふ別嬪を一枚入れて興行しましたが、成程万緑叢中紅一点、六歌仙の小町じやと讃め立て喜こんで居りますのは親馬鹿と下河原の周防の旦那ばかりで、楽屋連中は三十島田の万年新造も余り感心しませんネと蔭でけなして居りますが、ソコがソレ都々逸にもあります通り、口でけなして心で讃て蔭で内々デレて居るものもあります。誰であるかと申せば、新吾と云ふ連中第一等の色男、落語家には惜いもの、ナゼ俳優にならなんだか、アノ面を洗張に遣て裏返して艶打にかけたら立派なもの、恐らく見ぬ昔しの権八業平でも一寸覗たばかりで遠くエルバ島へ隠居して「ナポレオン」の飯焚にでもなるだらうと評判致す程の三十二相揃ツた男、何が不自由で小馬井に惚れましたか、五六日前木屋町三条上る処の鶏肉屋から幾代席へ手紙が届きました。宛名は小馬井で差出人は新吾で御座イますから、ハテナと封を切て読みますと、(編者註:御贔屓の某旦那が鶏肉屋の二階で待っているという。小馬井が出かけてみると新吾ひとりがおり、なんだかだと口説にかかるが、最後は小馬井に肱鉄砲をくらわされるという艶文)。

〈編者註〉新吾は桂新吾。曾呂利新左衛門か二代目文枝の弟子。『落語系図』の明治十九年頃の桂派連中の写真に写っている。

明治24821日 日出新聞

◇煎茶、打球、曲水、落語 都下の騒客優々会員中熊野陸三郎といへる人、客年死亡したり。……其一週年に相当せしを以て、之が追善を修せん為め下の森西正寺に会員相集ひ……法会畢つて会員打連れ荒神橋畔木徳亭に至り避暑会を催す……日の没したるを知り席を納め、加茂河畔の月を踏んで新京極の笑福亭に至りて落語を聞く。芝楽の米山節、相かはらず抑揚清喨耳を澄す。円寿の人情話しは流暢にして能く世事を穿つ。円太郎の放開慢語、引きりもなく出かくる言声はよくも喋喃(しゃべ)るものと感心の外なし。終席英人ブラツク氏は日本語に於て滞こふる処なく、只ラ行の仮名に至つては少しく欧州調あるのみ。敢て耳立つ程にもあらずして演する処東京落語家の口調を其侭に移し取り能く日本の事態に通ずるには感ずべく、演題は西洋の人情話にて語路よく徹り、満場の喝采を博せり。夜十二時の終演を待て会員も亦散じたり。

明治24822日 金城新報

◇富本席の合併昔噺 當市富澤町の富本にては、今晩より笑福亭福松の一座と曾呂利新左衛門の一座とが合併して大阪昔噺を興行する由にて、若し看板に揚げある人名が出席せざる時は木戸銭を払戻と云う大奮発、且つ当時大評判の二座が合併となれば聞かずばなるまい。

明治24825日 日出新聞

◇寄席と芝居 新京極笑福亭は今月限りにてブラツク、円太郎の一座神戸へ赴くに付き、後へは先年御贔負になつた橘家橘之助の一座を迎へる由。又同所幾代席も三遊亭円橘を今月限りとし、後へは春風亭柳朝(人情話)、春の家小花、同小松の清元手踊を入れて御機嫌を伺ふ筈。

明治24827日 新愛知

禽語楼小さん 仰も禽語楼てエ名は東京の大医松本順先生から拝領いたしたンでげすと云う東京の落語家禽語楼小さんは、小山田の席なんてエ駄洒落は否ません杯とノベツに饒舌る小さんは、近々當市に来り、冨澤町の富本にて金の鯱鉾を舐める位に饒舌ると云う。其連中には柳派の腕ツコキ朝枝、小きん、小ま八、小菊なんかと云いづれも北海道のをつ肭臍(オットセイ)一呑みにする連中だと云うから、寄席好きはさぞおたのしみ、記者も内々お楽しみ、久しぶりで小さんの長唄でも開くべきか。

〈編者註〉禽語楼小さんは初代談洲楼燕枝門人で二代目柳家小さん。明治二十一年に松本順に「禽語楼」の号を贈られ、禽語楼小さんと名乗った。朝枝は「文之助系図」にある初代柳亭(談洲楼)燕枝門人の柳亭朝枝と思われる。かっぽれや松尽くしの踊りで売った。「花色木綿」を得意としていたので泥棒朝枝などと呼ばれた。小ま八は東家小満八。音曲家。桂文蝶(六代目桂文治門人)の妻であったが、のち朝枝の妻となった。

明治24827日 日出新聞

<二代目桂文字助、落語家を廃業する>

◇(新京極)幾代席の若手株で人気を取つた桂文字助が落語家を廃し、散髪屋といふ堅気商売を始めるに就て、幾代席を始め各席の遊芸人集りて、其披露旁々昨今両夜大宮七条の宝家席にて大寄を興行するよし。

明治24827 大阪毎日新聞

◇石川一口は来る九月一日より京都新京極錦小路の寿亭へ出席し、目下本紙連載中の腕まもりを演述すると云ふ。

明治24828 大阪毎日新聞

◇橘屋橘之助 此ほどより淡路町の幾代席にて喝采を博しいる橘屋橘之助の一座は東京出立の際川上音次郎に依頼せられた廉のあるより、西京新京極大和席にて来る九月一日より十五日間興行なし、右打上げ次第東京へ帰るとの事ゆゑ、幾代席は今夜が千秋楽。

明治24829 大阪毎日新聞

◇此頃はドウいふ風の吹廻しか、東京の芸人が逐々くりこみ来り、円橘と橘之助一座の交退、今度は又橘之助一座と交代に東京落語家の一方の隊長と聞えたる朝寝坊夢楽は、三遊亭伯馬、清元福助(婦人)、夢之助(夢楽娘ー舞)、三升家小勝、三遊亭遊生の一隊を率ひて神戸より乗込み、来る九月一日夜より淡路町の吉田亭、堀江の賑江亭、天満天神前の吉川亭、千日前の井筒亭の四席に於て花々しく興行するといふ。

〈編者註〉三升家小勝は二代目小勝門人で三代目三升家小勝。

明治24830日 金城新報

◇愈々九月一日から予て待ちに待たせた東京の落語家禽語楼小さんは、愈々當地に乗込み九月一日より富本に於て替り合いまして替り栄をいたさせ、娯(ご)機嫌を伺うと云から、一つ清潔した東京仕入の噺しを聞て胸膈を開きたまへ。序でに記す、同人は富本の他決して他席へは出勤せぬと云う。

〈編者註〉出演は小さん、朝枝、小ま八、小蔵など。

上方落語史料集成 明治24年(1891)9月~12月

明治2491日 金城新報

◇落語の豊年 東京一等のお喋り隊長柳屋小さんの一座が富本席で今晩からというのに、又旭郭旭亭では小さんについでの人気落語家三遊亭圓橘が一座をつれての大入、どちらを聴いても面白い、ハテハテ困報な耳となつたり。

明治2491日 日出新聞

◇新京極の興行物

幾代席 藤兵衛一座に春風亭柳朝の人情話し、春の家小松(十一年)、同小春女(十三年)の清元節。

笑福亭 米団治、芝楽等の上に橘家橘之助の清元節、同小円太の人情話し。

明治2493日 日出新聞

◇橘屋橘之助 一昨日より新京極笑福亭にて久々の御目見にのぼりたる清元一流橘屋橘之助は、以前京坂地方にありて男すがたとなり車輪玉の妙音で愛顧も最も多かりしが、今度久し振りといひ、其風采も変つたらう、節調も定めて変つたらうと、初日よりドン〳〵つめかけるが、今の姿は島田髷に被布のこしらひ、清元流の一ふしは其後東京でたゝき込んだ腕前ます〳〵甘くなり、清元が終ればうかれ節の機嫌とりに愛嬌をふりまひて御機嫌をうかがふゆゑ、感服〳〵の声場内に充たりといふ。

明治2494日 日出新聞

◇幾代席の大入 新京極幾代席は以前の連中で東京連だけ交代し、新に柳朝の人情話し、春の家小春の踊、春の家小松の清元は共に好評、殊に小松が新手のあほらしいやおまへんかの流行節は調子面白しとて大喝采にて毎夜非常の大入ですと。

明治2495日 新愛知

◇柳家小さんの大人気 久し振で汐先の鯨ではなかった柳家小さんの話し、承まはらんと鳥渡一昨夜富澤町の富本に繰込んだ処が、イヤ素敵な大入。小満八の常盤津、小さんの妹では無つた姪でもなかつた柳家の麗婦(夫に非ず)人元の宮浜の手踊、相替らず若い処が不思議(でもないが)、何しろ水道の水で洗つた腕前感心、朝枝の例の大朝枝で満場をドッと笑わせた跡へ、當世の好男子松永和楓、屁でも食らえという美音を持ちながら凡て世界の人間の脇の下へ手を入れて、コチョコチョとコソグッて笑わして見たいと云大願がある為に、滑稽には一同大悦びの様子であつたり。何にしても東京の腕揃い、銀座の金沢亭にでも往つている様であつたり(落語家の評判記も可笑しいが是が名古屋の一徳だかどうだか)。

〈編者註〉松永和楓は長唄の名跡でこの和楓は三代目。

明治2495日 日出新聞

◇笑福亭と幾代席 新京極の落語席笑福亭と幾代とは、云はず語らずの内に互に競争の気味があつて、時には双方一時に同じ出物を看板に掲げて激しく客を争ふこともあるが、詰る処幾代の方はドカ儲けのない代りには定連の贔負多くして、甚しき不入の事もなく、笑福亭の方は折々不入のこともある代りに、彼の川上の時なり、ブラツクの時なり、又今度の橘之助なり、一時にドカリ〳〵と大入を占ることありて、差引勘定をすれば別に大した差違もないから、此度双方へ出勤する京坂の落語家が申合せて、以来は馬鹿な競争は止めにして、其代りに落語の大改良を施し、京坂落語の名物と云はれた例の猥褻の文句を一切抜きにし、東京風の一寸奇麗な落ちで笑取る様にしようと、昨今相談中だそうでゲス。

明治2495 大阪毎日新聞

◇改良落語 追々風俗が厳重になれば喜六、八兵衛、おきよ、おもよの猥褻落語で浮世を気楽にも過されずと感じたか、今回桂文枝は席主と協議の上一大改良を実行する由にて、まず東京風に見台を廃し、都て新作の人情ものを演ずる筈なるが、桂小文枝も目下弊社の続き雑報腕まくりを演ぜんと頻りに工夫を凝し居るよし。

明治2496日 日出新聞

◇笑福亭の橘之助 開場以来久し振と例の美声を以て人を呼ぶ新京極の笑福亭は、此残暑も厭はず毎夜大入なるよしにて、今一昨夜の出物に就て概評すれば、芝楽、米団治の馴染顔はヌキとして、式[岸]沢、夕顔がお染の土手場は音調よく整のひて一流の上手ながら、当地では以前古満之助が来りて語りしのみ、京坂に聞きなれぬ節ゆゑ聴衆もなかばの受と見ゆ。小三[三玉]がノベツの話し口は、此前の円太郎で耳なれ来り大きに受けよくなりたり。小円太の人情話しは円朝が一世の妙作塩原多助にて、此夜は多助お作不義の疑がひより庚申塚の馬の場に至り、円朝其まゝといふ処沢山あれど、惜い事は急(せき)込過ぎて上州訛りが今一呼吸喰たらず。橘之助の清元は神田祭りのキヤリ崩しにて、当地の数奇者芸妓などがサア茲だと咽をしぼる森の小がらすの切廻しには場中水を打たる如くシンとした中に細く徹りて潺々たる流泉の如く発して、乙の声と変れば岩にあたつて砕くるの思ひあり。キヤリ崩しは如何しても東京仕込にあらざれば出来ぬ咽元なり。お負には都々逸まで流行のうかれ小唄と大切は大津絵節入文句入にて、説教節から大薩摩の三味線は感心によく撥の廻つたものなり。何にしろ残暑の酷きも苦にせず大入の天窓(あたま)数はいづれも熱心と見受けられ、座中も殊更骨を折るよし。

明治24913 大阪毎日新聞

◇東区淡路町五丁目の幾代亭へ出勤の桂小文枝は目下弊社の雑報に連載せる腕まくり[三十一回連載本日大尾]を得意の巧舌を以て面白く続きばなしとして明十四日から毎夜演ずると云ふ。

明治24918日 日出新聞

◇笑福亭の橘之助 本月一日より笑福亭に咽を鳴らせる立花屋橘之助の一座は、十五日を以て一先切あげの約束も、聴衆の足并堕る事なく大入つゞきの事なれば、尚二十五日まで日延して御機嫌を伺がふ事となりたり。

明治24919日 日出新聞

◇興行席の御主人に申上候、芝居寄席等に参り居る内、雨電等降出し候程困難なるとこは無之、夏の内は多く蝙蝠傘を携帯致し候へば不便も少なく候へ共、追々寒気の時分に向ひ蝙蝠傘を携帯することも稀に相成、随て興行席などにて雨雪に出逢ひ候節は人力車夫に足許を付込れて法外高き車賃を貪ぼられ候か、左も無之候はゞぐつすり濡鼠となつて軒下を伝ひ走るより外致し方無之、是には毎度迷惑致し候者有之趣に御座候仄に承り候に、新京極幾代席の隊長桂藤兵衛藤原忠勝公は、五十本の貸傘に桂藤兵衛貸傘と筆太に書して備へ付け、雨具の用意なき客の帰宅に困るものへは貸渡すことゝ致し候由。ナカ〳〵感心の事に存じ候。何卒他の興行席に於ては貸傘を備へ置き、相当の取締法を設けて貸渡され候はゞ、看客何れも便利を感じ候事と存じ候。右自他の為め御勧め申上候。(御為筋 杞憂老人)

明治24920日 金城新報

◇富澤町の富本は、明二十一日より筆太夫の一座にて興行を、大浄瑠璃大同一座は女浄瑠璃梅寿の一座より近日中より、大須の福寿亭は岡本美名松の源氏節。

明治24923日 金城新報

曾呂利新左衛門が上置きとなる 富澤町富本席では燕花福松の上等話しの上へ阪府無類の落語の稀人彼のおなじみの曾呂利新左衛門が、圓光初め一座と供にスケに入って笑い袋をはちけさせて仕舞[数字不明]との事、オヤオヤ是れでエンマ様の抹香の値段が騰貴するでありましょう、実に本当に。

明治24930日 日出新聞

◇興行だより [原紙破損]…笑福亭は橘家橘之助が帰京して、其跡へ東京で評判の柳家小さんの一座を招き、明一日より落語やら踊りやらで賑かに御機嫌を伺ふと申すと。又同処幾代席は先月怪談で好評を博したる柳生を呼戻して、是迄の連中へ加ふる由。

明治24101日 梅の浪花津人気之魁(「あほら誌3号」明治2410月発行)

番附明治24年

(落語家の部 次第不同)

月廼家文都、桂扇枝、林家花丸、桂小文枝、桂梅団治、桂枝の助、笑福亭福助、桂文屋、桂三五郎、桂文団治、桂文我、桂南光、桂かしく、桂枝雀、笑福亭福松、桂梅枝、桂藤兵衛、桂小文、桂小文都、林家正楽、桂枝太郎、桂燕枝、笑福亭松橋、桂篤団治、林家菊丸、桂談枝、桂萬光、西国坊明学、曾呂利新左衛門、桂文枝、笑福亭松鶴、翁家三馬

明治24102 大阪毎日新聞

◇万橘と円太郎 東京の落語家にて喇叭の音に聞えた円太郎と赤い手拭に名を知られた万橘とを始め、三遊亭円寿、講談師燕凌の四人は昨日より淡路町幾代、同吉田、南地法善寺金沢、同千日前井筒、北新地裏町の五席へ出席してお饒舌をすると。

明治24107 大阪毎日新聞

◇英国人の落語 今回桂文枝、橘家円太郎、万橘等の一座に加はりたる英国人ブラツクは日本語にて落語を演り、能く日本の事情に通じ居るとの事なるが、本日より淡路町の幾代、南地法善寺の金沢、北新地裏町の席に出勤して得意の弁を弄する由。

明治24107 大阪朝日新聞

◇白皙人種の落語家 英国種の江戸育ち貌烈屈(ブラツク)といふ落語家は昨夜より文枝、円太郎、万橘等の一座に加はり、法善寺の金沢亭、北新地裏町亭、淡路町幾代亭に出席するよし。

明治24108日 日出新聞

◇笑福亭での耳 一昨夜のブラリ出に新京極の笑福亭へ耳を持て行きたる社員あり。其耳の曰く、席は東京柳派の一連に京坂の馴染顔あり。高座は下りの小蔵が掃寄軍談は、能く喋喃(しゃべり)続く、しかし音調断絶(きれぎれ)する処あり。当地の米橋の愛宕参りは猥褻の語更になくてすら〳〵好し。柳屋小満八の常盤津は咽よし、手も廻る。惜い事演題が渋過ぎて前受なし。柳屋小きんのひねりやの息子は、酢豆腐加減をよく写せど、抑揚の足らぬ処ありて可笑み少なし。次に当地の米団次なるが、目下品川風の吹き渡る処、東京ならスグ中止をくはねばならぬ冠辞(まくら)計りで、演題も十二ケ月の湯幕(ゆもじ)といふので、左右(とかく)下がゝりで耳に蓋せねばならぬ処がタントある。聴衆の女でも顔を赤くしたが幾等もある。朝枝は其菱顔形にて愛敬痘痕をドツサリ持ち、見るから賑やかだが、話説(はなし)口も賑やかに演題の臆病者で怪談のすごみに怨恨其まゝの顔付は大受なり。松尽しの扇は手軽いものだが、カツポレの芝居立廻りの踊りは騒々しくて目新らし。真打に柳屋小さん、遉(さす)がは柳派の大立者と来るだけ貫目はズツシリとして落付て、言葉がハツキリ訳(わか)りて其意味が通ずる、抑揚頓挫よりはまりて耳新たなり。但し漢語を遣ひ過る癖あれども耳だつ程もなく、是は演題によるならん。此夜は放蕩息子のはなしで古い題ながらよく笑はせたり。

〈編者註〉小蔵は不詳。柳屋(家)小きんは二代目柳家小さん門人。

明治241013 日出新聞

◇興行だより 幾代席は来る十五日より柳朝、円輔小花、小松の四人がぬけて、東京より金原亭馬生(人情話)とお馴染の文如がかへる筈。笑福亭は一両日前より東京にて一時やかましかりし岡本宮浜の別嬪がはうた手踊りに出るよし。

明治241019 大阪毎日新聞

◇禽語楼小さん 東京で有名の落語家小さんの一座柳亭小きん(音曲)、柳亭朝枝(カツポレ)等の連中は目下京都に出稼中なるが、来る十一月一日より当地淡路町幾代亭と南地法善寺内金沢の両寄席とに出勤するといふ。

明治241025 大阪毎日新聞

◇大阪文芸会の例会は一昨日午後四時より備後町備一亭に開きたり。会する者…中村雁治郎…落語家桂小文枝、清元立花家橘紫等にて、初めに桂小文枝の落語あり。(後略)

明治241031 大阪毎日新聞

◇落語家だより 
 エー一寸間の繋に落語家だよりを申し上ます。江湖(せけん)は地震で喧しい中へ気楽だなぞと思召さうが、お馴染の松福亭[笑福亭]松鶴ですが、此男は東京の落語家が追々と当地へ来るので夫が気に適(くわ)ぬとかむかつくとかで同業者と紛紜(いちゃいちゃ)が出来まして、法善寺の金沢と淡路町の幾代とへは出ぬ事にたつたさうです。
 夫れからモ一ツは予て評判(うわさ)のあつた東京の小さんです、いよいよ明日から金沢と幾代へ出勤を致しますから皆さま其お心算(つもり)さまでと頼まれもせぬ御披露ヘイ左様なら。

〈編者註〉松福亭松鶴は三代目笑福亭松鶴で、この三日後の112付「大阪毎日新聞」にこんな正誤記事が出ている。

前略申入候、本月三十一日紙上雑報欄内落語家だよりてふ項中、笑福亭松鶴不平云々、金沢、幾代両席に出勤せぬ由記載相成候処、右事情私始め呑玉の両人にて双方居合せ、自今出席可致儀相纏り候間、此段正誤相成度候也  宮崎八十八 毎日新聞社編輯部御中

しかしこれは実現しなかったらしく、下記の桂文枝一門の震災義捐金提供者一覧に松鶴の名前はない。離脱した松鶴は、明治二十六年十月に桂文都、笑福亭福松らと手を組んで浪花三友派を立ち上げ、桂文枝率いる桂派と対峙することになる。

明治24111日 大阪朝日新聞

<ヘラ〳〵坊万橘①>

◇死に鶴万橘に祟る ヘラ〳〵坊万橘と其名当地にまで知渡りたる東京の落語家本名岸田長右衛門(四十三年)は、此程中より当地に来り、彼方此方の寄席に掛り、大きに人気のよい所から、両三日前、或る席亭の主人に連れられて南地の或る貸座敷に浮れ込み、名ある芸妓を三四人呼び、サツと遊んだ其末に、迚もの事に東京への土産話しに娼妓とやらを買て見たいとの望み…(中略:やって来た娼妓に、見受けしてくれと剃刀片手に強引に迫られる)…万橘今は青くなり、左様見込まれた上かは私もヘラヘラ坊の万橘だ、此卅一日には千円余り入る金あれば、其内を二百円だけ必ず其方に進上するから短気な事をして呉るなと漸う宥めて立帰りしが、約束の日まで此地に在てはどんな難儀の出来るも知ずと翌日直に神戸へ逃延び、同地井筒太席に出勤する事に極め、ホツと息を吐きたるが、後にて聞けば其娼妓は死鶴と綽名を取た手取にて、誰に逢ふても剃刀を持出し死ぬと嚇すがお得意であると。

明治24112日 神戸又新日報

<ヘラ〳〵坊万橘②>

◇大黒座の一椿事(耶蘇信徒の中の落語家) 一昨夜神戸基督教青年會が大黒座に於て催したる震災救助幻燈會へ、圓太郎、萬橘の両落語家が出席したるが為に、一場の椿事を生じたる始末聞くに。同會の発起人たる大賀寿吉氏の如き其業務多忙にして充分準備に従事するとあたわず、幹事及び會員中有志者に委しおきたるに、多聞教會員にして青年會員たる其々二三の人々青年會の名を以て右両落語家に出席を求めたるに、両人も快く承諾したれば、其旨を一昨日の午後に至り幹事より大賀氏に通じたり。同氏は大いに其不都合を鳴らしたれ、其今更致し方無く兎角する中に、夕方となり開会せしに、圓太郎は例の鄙歌を始めたれば、人々顔見合わせて當惑の様子。やがて同人の噺終りて、大賀氏は来賓者に向い青年會の計画の決してかくの如きものにあらざるとを圓太郎も故意に之を為せしに、あらざるとを弁じたるが、続いて萬橘も圓太郎と同様にては重々の不都合なれば予め来會を断るに若かずとて、其意を同人等を周旋したる多聞教會員に通じたれば共彼是する内に萬橘も来會し、案にたがわず再び鄙歌を始めたれば、止むを得ず一旦中止を命じ、且つ遂に場内の電燈を消したるが漸く、萬橘の話しも終り幻燈も済み無事閉會を告るに至れりとぞ。

明治24113日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

●楠公前大黒座は例の壮士芝居にて昼は雪中梅夜は深川染●三宮朝日座は中村紫若の一座●相生橋井筒太席は英人ブラック、ヘラ〳〵坊萬橘の昔ばなし楠公社内の湊亭は日下開山の大幻燈桂文團治等の昔ばなし●同菊のや亭は改良講談うかれぶしにて荒川綱吉の一座●同菊之亭も人形浄瑠璃照玉の一座●居留地四十二番館には人体解剖蝋細工及び絵画展覧会●多聞通四丁目旭亭は軍談講釈にて三省社一瓢の一座●楠公西門筋鏡亭は浮れ節花川藤丸の一座●多聞通福原口日の亭は貝祭文品川武亭の一座●楠公前栄座は人形浄瑠璃竹本歌治の一座●三宮町三楽亭は軍談講釈伊東潮花の一座●同倶楽亭は昔ばなし桂錦朝の一座生田社内梅ケ枝席は昔ばなしヘラ〳〵坊萬橘の一座●北長狭通播半座は改良俄東玉の一座●楠公西門筋七福亭は猿芝居●兵庫弁天座は浅尾与作の一座にて芸題は南京ころし●同入江橋の入江亭は岡本美名王斎の昔し噺し人形手踊り新内●湊橋の湊虎亭は神田伯田、伯猿の軍談●其の他永沢町の寄席にては花山文の昔噺し、佐比江町の寄席にては竹本浪光の義太夫等なり。
〈編者註〉花山分は七昇亭花山文。二代目三遊亭円橘門人で千橘から四代目花山文となった。のち二代目三遊亭万橘を襲名する。桂錦朝は不詳。

明治24119 大阪毎日新聞

◇震災義捐金(昨八日の分)

 一金三円  淡路町幾代亭一金二円 法善寺金沢亭一金一円 新町瓢亭

 一金三円  桂文枝

 一金二円  翁家さん馬・桂南光 桂小文枝

  一金一円  桂燕枝・桂扇枝・林家花丸

  一金五十銭 桂万光・桂談枝・桂梅枝・桂枝太郎・笑福亭福助

  一金三十銭 桂枝雀・林家正楽

  一金二十銭 桂文屋・桂しん京・桂三五郎・立花家橘紫

  一金十五銭 林家小菊丸

  一金十銭  桂小文・桂南若・桂新楽・桂小正楽・桂福猿

  一金五十銭 幾代亭雇人中/一金三十五銭 金沢亭雇人中/一金三十五銭 瓢亭雇人中

〈編者註〉1028日の濃尾大震災。死者7273人の明治時代最大の地震であった。上掲の義捐金提供者は桂文枝一門の噺家で、寄付額の多寡で当時の一門内の地位を推し量ることが出来る。

明治241110 大阪毎日新聞

◇堀江賑江亭の慈善興行 一昨夜より昨晩に掛け堀江の賑江亭に於て落語家の有志者が慈善興行をなしたるが、右の揚り高は都べて濃尾の罹災者救助の為め義捐するよし。

明治241112 大阪毎日新聞

◇神戸大黒座義捐幻灯会 一昨夜大阪基督青年会并に神戸青年会の発起にて尾濃震災救恤の為め幻灯会を神戸楠公社前大黒座に開きしが、東京の落語家円太郎の一行も之に加はりしと云ふ。

明治241113 大阪毎日新聞

◇堺の慈善落語 昨夜同市宿院の千歳座にて興行せし落語の連中は三遊亭伯馬、桂文我、同文都其他数名なるが、其揚り高の金円は濃尾震害の罹災者へ義捐の為め送付するとの事。

明治241114 大阪毎日新聞

◇南地法善寺の境内にて是まで女義太夫や俄を興行せし西の席は、東の金沢席と一番競争といふ目的か、明日より西の席を更に落語の定席として曽呂利、文当[文都]、松鶴、福松を初め東京の円太郎、万橘等をも加へ、花々敷一座にて興行する由なるが、本年は初代松鶴の二十五年忌に相当するゆゑ、席開きの祝意かたがた追善の為め明日から三日間は昼夜とも無料で聴客を入るゝとの事。

〈編者註〉初代笑福亭松鶴の没年に関しては曽呂利新左衛門の談話中に「慶応二年一月」とあり、これを最有力としている。

明治241113日 神戸又新日報

◇井筒太席の慈善落語 同席にては、目今(いま)の一座と席主とが協同して、愛知県岐阜両県下の震災地方へ義捐金を為さんが為め、来る十四日一夜分の揚り高を残らず救恤(きゅうじゅつ)の途(みち)に出金する筈にて、一座こぞっての大奮発。尤も同夜の大切りには余興として、ブラック氏をはじめ一座総出の道化芝居(衣装蔓(かずら)等はすべて本物)を演ずる由にて、木戸銭は従前通り据置きとの事。

明治241115日 神戸又新日報

◇弁天座の慈善落語 弁天座の座主菊水、湊亭の座主菊野、幻燈師日の下開山、桂文團治一座、田中庄太郎、住谷儀助等の人々発起人となり、今明の両日を限り兵庫弁天座に於て、落語幻燈会を開きて、其の揚り高を残らず岐阜愛知両県下の震災地方へ義捐を為す筈にて、又同座の表方一統は、二日間田只(ただ)働きをする筈なりとか。時節柄、遖(あっぱ)れなる志ざしなり。

明治241115日 大阪朝日新聞[広告]

英国人ブラツク氏帰京ノ期切迫ス/神戸ヨリ来阪、当ル十五日ヨリ出席御名残トシテ勇奮快活ナル人情話ヲ演ゼラル/右外三府ニテ有名ナル落語家数名出席ス/千日前井筒席・淡路町西吉田席・松島千代崎橋姫松座・本町松屋町平松座

明治24121 大阪毎日新聞

◇東区淡路町幾代席へは本日より東京初下りの落語家三遊亭円馬、円三郎、円丸、寿々馬等が出席すると云ふ。

〈編者註〉三遊亭円馬は三遊亭円朝門人で二代目円馬。円馬はこのまま大阪に定住し、二代目桂文枝一門の客将となる。円三郎は三遊亭円朝門人二代目三遊亭円三郎で、円馬の実弟。後の橘ノ円。円丸は三遊亭円朝門人で三遊亭円丸。寿々馬は二代目三遊亭円馬門人で三遊亭寿々馬、のち三遊亭市馬となる。

明治24122 神戸又新日報

◇市内興行物案内(昨一日より)

●三宮朝日座は塩原多助と千本桜にて市川家若中村駒右衛門の一座●兵庫弁天座は時太夫、春子太夫一座の浄瑠璃●北長狭通播半座は團十郎一座の俄●相生橋の井筒太席は東京下り日本亭漫遊、桂文枝の一座の落語楠公社内の湊亭は日の下開山の幻燈丼びに文團治一座の落語●同菊の亭は照玉一座の人形浄瑠璃●同菊の家は廣澤菊丸一座の浮れ節●楠公前の栄座は女手踊り●西門筋の馬力亭は嵐花鶴一座の女手踊り●同福井座は浅尾浅枝一座の女手踊り●多聞通四丁目旭亭は半瓢一座の軍談●西門筋福原口鏡亭は吉川末吉一座の浮れ節●多聞通福原口日の亭は品川武亭一座の貝祭文●三宮町三楽亭は林錦東一座の軍談●生田前の梅ケ枝亭は木村武之助一座の人情噺●三宮町倶楽亭は桂延三一座の落語●兵庫佐比町の寄席にては武亭の浮れ節●同入江橋の入江亭は花澤萬蝶の錦影絵●切戸町の寄席にては京山、花丸の浮れ節●湊橋西詰の湊虎亭にては例の軍談講釈等なり。

〈編者註〉日本亭漫遊は不明。旅廻りの講釈師か。桂延三は明治二十六年の番付(大阪落語人名録)に桂枝太郎、桂枝雀らと並んで西前頭十三枚目にその名前が載るが、師弟関係その他は不詳。

明治24128日 金城新報

◇大同座は持主が替はり、座名を改め、盛豊(もりとよ)座となる。

明治241215日 金城新報

◇半潰れを丸潰れにして久しく休席して居た富澤町の富本席は、今度新築落成せしに付、来る二十日頃に席開きを為す。

明治241217日 徳島新報

◇常盤座と幻燈会 一昨夜より開会せし監獄太郎一行の幻燈会は同夜聴衆六百名余にして内国都市の景色、尾濃震災の実況、罹災者の惨状等幻燈に依りて説明し且つ滑稽落語等あり。非常の好人気なりし。

明治241223日 大阪朝日新聞[広告]

口上/諸君子様ノ御引立ニ預リ、日々繁栄ニ趣候段奉拝謝候、就テハ年末ニ際シ候ニ付、例年之通来ル二十五日限休業仕、明二十五年元旦ヨリ営業仕候間、倍旧御愛顧之程伏テ奉上候以上/東区淡路町落語舘幾代亭

明治241224 大阪毎日新聞

◇幾代亭 淡路町の同亭は来る二十五日限り休業し、一月一日より文枝、小文枝の一座へ当地に居残るへらへら万橘と円三郎が出勤する由。

明治241229 大阪毎日新聞

◇文芸会の忘年会 一昨夜備一亭にて開会せし大阪文芸会の忘年会の景況を聞くに、当日出席せしは…菊地幽芳…宇田川文海…竹柴歌女輔…俳優にて片岡我当、片岡市蔵、尾上幸蔵、沢村源平、片岡我蔵、及び中村鴈治郎の代理某、浄瑠璃語りにては竹本長尾太夫、長歌三味線引阪東小伊三、落語家にては桂文枝、三遊亭円三郎、桂小文枝、桂文屋、曽呂利新左衛門立花家橘紫須々八等五十余名にて…夫より曽呂利、円三郎、小文枝、文屋、須々八等が落語に滑稽演説に手踊りに、清元は橘紫女が糸にかけて一層意気に聴え、…(後略)

〈編者註〉文屋は二代目桂文枝門人、初代桂文屋。軽口の笑福亭松右衛門の実子。本名桂陀羅助。


プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ