明治25年

上方落語史料集成 明治25年(1892)1月~3月

明治2511 日出新聞

◇諸興行物案内 

新京極幾代席 桂藤兵衛、桂文如、桂柏枝、朝寝坊夢助改め夢想兵衛の落語人情談に、歌沢小藤の端歌等。

新京極笑福亭 三遊亭円寿、桂米団治、橘家円太郎、都々逸坊扇歌、柳家[柳亭]朝枝等の落語人情談歌舞。

千本今出川上る千代の家 笑福亭一座の落語に橘家円太郎、都々逸坊扇歌も掛持する由。

〈編者註〉

桂藤兵衛は明治十八年に三代目桂藤兵衛を襲名した。自ら「顋無斎(しむさい)」と称したごとく、極端に顎が短かった。

桂文如は六代目桂文治門人。のち桂藤兵衛門人となり藤誠と名乗る。

桂柏枝は玉助(輔)、玉団治から伯枝に改名した。のち三代目桂文都。なお「伯枝」と「柏枝」は併用して使用されている。

朝寝坊夢助改め夢想兵衛は京都の幇間。

三遊亭円寿は本名永瀬徳久。永瀬の円喬と呼ばれて京都で活躍していたが、明治二十三年に露の五郎兵衛と改名し、昨年八月、円寿と改名した。

桂米団治は二代目。のち三代目桂文団治となる。

橘家円太郎は三遊亭円朝門人四代目橘家円太郎。俗にラッパの円太郎と呼ばれる。

都々逸坊扇歌はもと初代東家小満の助。本名志沢たけ。幼少より寄席に出、音曲にすぐれ、特に常磐津、トッチリトンを得意とした。明治十九年四月ころ四代目都々一(坊)扇歌を襲名した。

柳家[柳亭]朝枝は「文之助系図」にある初代柳亭(談洲楼)燕枝門人の柳亭朝枝と思われる。かっぽれや松尽くしの踊りで売った。「花色木綿」を得意としていたので泥棒朝枝などと呼ばれた。昨年柳家小さん(禽語楼)小さんの一座で上方へ来たが、小さんが帰京したあとも上方に残った。

明治2511日 新愛知

◇富本席 震災の為破損したる富澤町の富本は今度新築落成したれば、迎陽新玉の今晩より當市にありとあらゆる芸人にて諸芸の共進会をなす由。

明治2517日 金城新報

◇曽呂利新佐衛門丈 身は大坂に在って心は始終名古屋へ通い、客の人気をかけ持をして居る落語の隊長曽呂利新佐衛門丈は、昨秋から大坂の常小家へ出勤。身は儘ならぬ給金鳥、籠から立つにも立れぬ、お得意のお見舞いをせなかつたが心経にかかつてならず、仍つて其見舞旁(かたがた)座本は引張って放さなぬを振り切り、舊の節季を済まし、又来る春の正月より駆込み来たり。御見舞いのお詫傍々第一番に、當市旭亭へ首玉を突出し、夫より市中各座を普く廻って御機嫌を伺うから、真前顔触を畧義乍ら送って越しました。そのはしに新年を賀し、「松の内人にも鶴のあゆみかな」と一首口すさみありしは、今に始めぬ此社会中の才子です。来たら相変らず可愛がつてやつて下さい。

〈編者註〉曽呂利新左衛門は昨年から明治27年までの4年間、旭亭を定席として名古屋を中心に興行しており、たいへん人気があった。

明治2518 大阪毎日新聞

◇鹿たが無いと諦められぬ エー代り合せましてと諸方の寄席へ出て聴衆の脇の下を高座からクスグツている笑福亭松鶴の一座の鹿連は、馬でないから鈴鹿山などを越すには平気な替り、晦日の阪は大儀と見え、奈何して此の大晦日を越さうと一同気を紅葉ふみ分て席主へなき付き、漸う一月三ケ日の揚り金を抵当として金を借受け、どうやら斯やら年を越し、偖新玉の春となツては雑煮餅で支(つか)へさせた腹を笑ひ空(すか)さうとドシ〳〵お客が遣てくるので、一夜三十余円づゝの金を得、之を笑福亭の門人梅鶴と外一人が堅く預り、四日になツたら勘定して席主へ戻す筈であツたに、其の預り人の或る鹿どんが、之ほどあツたらおカラを喰はないでも今少(まっと)美味ものが喰へると思ツてか、揚り金を懐中にしたまゝ何方へか姿を隠したので、エー鹿たがないと諦めも出来ず、昨今楽屋のものが囃子立て、迷子の迷子の鹿やアーイ。

〈編者註〉笑福亭松鶴は三代目。梅鶴は二代目笑福亭梅鶴で、三代目松鶴の弟子。のち二代目勝鶴。

明治25116日 神戸日報

◇當地に花の都にて、女芸人中三味線にかけては同人の右に出づるものなしという都々一坊扇歌は、昨十五日より例の井筒太席へ出席し、清元、新内、即席都々一等を演じる。ついでながら同席へは、同夜より大坂の落語家の新顔がお目見得するとの事なれば併せて御聴吹申す、サーサー入つしゃい。

明治25116日 神戸又新日

◇湊亭と遊生 楠公社内の湊亭では、本年に入りてより桂文團冶の舊一座へ三遊亭遊生が加わり、力士雷電為右衛門の伝を読み居たる処、十三日限り読みきりと為りしに付き、更に一昨夜より明烏の実説を演じ居れるが、甚だ人気に適いしと見え、暮怱々より客足最とも繁きにぞ。席主は此の機を失さじとて、尚来月の一日より桂文都を招き加ふる筈なりと。

〈編者註〉桂文団治は二代目。後の七代目文治。三遊亭遊生は四代目三遊亭円生門人、本名加藤銀次郎か。桂文都は後の月亭文都。

明治25117 大阪毎日新聞

◇箒な心得違ひ 一昨夜の九時ごろ淡路町の吉田席で曽呂利新左衛門が例の箒屋娘と云ふ落語を饒舌つている折から、見物がワイ〳〵騒ぎ立るので、コリヤ半鐘と親類合の火事でも初まつたのかと二階にいる客も屋根にいる聴衆(オヤ変だぞ屋根にいる聴衆とは、ダガ十五日だから屋根まで出たか知れむ)も騒ぎのお相伴してワイ〳〵いふ中、漸くこの騒ぎの製造元は病気で倒れた十四五の男と分り、水よ薬よと騒ぎにいよ〳〵辵(しんにゅう)掛り、折角曽呂利が酒れ頭(しゃれこうべ)の洒落てしていた落語も中止となり、又たお客は寄てたかつて介抱する中、其男も落語を聞残して冥途へ行くは心外と思つたか、頓て息ふき返したゆゑ一同漸く胸なぜ下げ、何(どう)いふ訳かと聞て見ると、此の男は南の御堂前を西へ入つた処の箒屋の息子岡八十三といふものにて、右の箒屋話を聞てから己も其様な好男子になりたい、好男子になるには一度死なねば成まいと妙な事を考へ出したが病痾(やまい)の原因で目を眩したのだとは場所が場所だけ落し話にでも有さうな始末。

明治25117日 神戸又新日報

◇枝ちゃんの福々 井筒太席の落語家枝太郎といえば、ウム象の目かとは皆さん先刻御承知の愛嬌男。その象の目先生、近来大分福々然と構え込んでいるから、コイツ金方がなくんばあらずと段々探つて見ると、あるぞへ居留地十番館の洋妾お濱(二十二)という玉の様な美しい顔だがどうだか、兎に角旦那からの実入り澤山ありますと、現に毎夜着飾りては落語を聞きにではない象の目を拝見と出かけ、高座を下りるのを待ち兼ねては手を取つて近所のある家へ隠れ遊び、御機嫌頂戴の御祝儀も澤山と頂戴。それが為め、枝ちゃん大福々今年の様なお正月は生れて始めてだと、大よがりの大のろけ、枝ちゃん万歳との羨ましそうな投書がござつた。

〈編者註〉枝太郎は桂枝太郎。名前を随分変えた人だが、二代目文枝門人となった時に枝太郎と改名した。多く京都に住み、先斗町の枝太郎として知られる。象のように目が細かった。

明治25126日 金城新報

◇曽呂利の御年頭 兼て地震の御見舞傍々罷り出ると言つておこした落語家の大隊長曽呂利新佐衛門丈は、いよいよ舊正月の元日より新堀花園町旭亭にてヘイ御目出たいの開演をする由にて、その御目見得のお土産には、目下大坂落語家桂文楽同小文都などという新顔の売出の処を二三枚伴れて来るとの事です。早く聴きに行って年頭を受けてやって下さい。

〈編者註〉桂文楽は曽呂利新左衛門の弟子で俗に「つんぼの文楽」と呼ばれる。小文都は桂小文都。桂文都(後の月亭文都)の秘蔵弟子で、人情噺を得意とした。また学があり狂歌も一流であったという。

明治25128 大阪毎日新聞

◇ヘラ〳〵坊の熱心 ツイ此程堀江の遊廓庚申亭へ登楼(あがっ)たお客は心斎橋筋の東京屋といふ人にて、芸妓は丸三の歌吉、菊竜、油屋の若玉、種吉其他二三人を聘(しら)せてワツと騒ぎかけしが、座興がないとて近所の寄席に出て居るヘラ〳〵坊万橘に口を掛けると、早速万橘お座敷に侍り、沈んだ酒席も忽ちに浮立大騒ぎとなり、芸妓は黄な声して赤手拭の万橘を取巻き、サアヘラ〳〵と所望せられ、オツト来たりと湯呑を追とり扇子を開き、ヘラ〳〵ヘツと演りかけるを、お客は一段興に入り頻りに拍子して讃めそやすと、万橘は一生懸命自分の帯の間から時計が其処へ落たのも構はず其上を踏で踊り狂ふたので、時計は硝子は素より機械までも踏毀(くだ)きしを、傍で視て居る芸妓は気の毒がり、ソレ時計がアレ硝子がと気を注(つ)けるにも頓着せず、其侭座敷を辞し帰りしは芸人多き其中でも自己(おれ)が技芸に熱心の余り慾徳をも忘るゝ有頂天は、流石ヘラヘラ坊万橘だと此頃堀江で大評判。

明治25129 大阪毎日新聞

◇大阪文芸会の景況 一昨日午後五時より備一亭にて本年の初会を開きたる大阪文芸会は頗る盛会なりしとの事にて、同日の出席者人名は…片岡我当…中村雁治郎代、中村政治郎代、講談落語家にては松月堂呑玉、ヘラ〳〵坊万橘、桂文枝、同小文枝、同文屋等にて…盞の巡る頃ほひ例の通り大西亮太郎氏は仕舞(照君)を奏で次には狂言(八句連歌、酢はじかみ)二番を高安又太郎、今阪常次郎、杉本竹次郎の三氏にて演じ、夫より心斎橋塩町角なる新規小間物屋東京屋浅田氏の趣向にて万橘、小文枝、万寿等が身振話し(俄)の可笑さに満場の会員お臍を転居せしめ…興を尽して散会せしは十二時過ぐる頃なりしと。

〈編者註〉ヘラ〳〵坊万橘は初代三遊亭万橘。明治十三年頃、赤い手拭い、赤地の扇子を手にへらへら踊りを始めたところ大流行し、ヘラ〳〵坊万橘と呼ばれるようになった。桂文枝は二代目、後の桂文左衛門。桂小文枝は後の三代目文枝。桂文屋は二代目桂文枝門人で軽口の笑福亭松右衛門の実子。本名桂陀羅助。万寿は三遊亭万寿。東京の人。劇場の囃子方より転向して落語家になった。のち円子と改名し、二調鼓を得意としたので「鼓の円子」として知られる。

明治25130日 金城新報

◇舊正月の諸興行

▲末廣町末廣座鶴次郎河蔵の芝居 ▲大須の寶生座多賀之丞白猿松童一座の芝居 ▲橋詰町笑福座錦升一座の芝居 ▲橘町弘法座嵐三津五郎一座▲芳野町芳野座中村三津□女芝居 ▲竪代官町京枡座大川春吉女芝居一座 ▲外田橋又座竹本浪越太夫 ▲橋詰町開慶座浪花辰之助ウカレ節 ▲下園町盛豊座吉川小辰丸辰丸浮れ節▲八百屋町久松座上るり大寄身ブリ ▲富澤町富本(三十日三十一日)噺の大寄三日より京枝 ▲久屋町寿座岡本美代松身ブリ ▲杉の町杉本座竹本土佐尾上るり一座 ▲小川町正福座嵐伊六の萬歳▲常盤町若松座吉川小辰丸ウカレ節 ▲大須門前花笑亭岡本美名松説教源氏節身振り ▲正木町正木座川島可勇一座落語 ▲新堂裏桔梗座浪花辰之助ウカレ節 ▲弥宜町新柳座(新席)岡本美狭松説教源氏節身ブリ▲花園町旭亭曽呂利新佐衛門、文福の一座 ▲西批把嶋□川島座小林天山軍談 ▲熱田町(宇須賀)高田伯龍軍談 ▲同町中道蓮座中山喜楽一座 ▲同町富江町富江座岡本美代路説教源氏節

〈編者註〉文福は桂文福。本名星野藤兵衛。明治九年頃に名古屋に来て、そのまま居付いた。晩年、息子小文福に二代目文福を譲り、本人は、富本席の席主となった。

明治25131 大阪毎日新聞

都々逸坊扇歌は明一日より淡路町の幾代亭へ出勤して例の美音を発するとの事。又た落語家の曽呂利新左衛門は一昨日目をシヨボ〳〵させ乍ら東京へ上つたと云ふから好い太閤さまを捕へて亀井戸あたりの梅見物かと聞て見ると、イヤ奈何(どう)して〳〵那の書生演劇の川上一座を連帰り道頓堀で一興行させる相談なりと。但し極つた上は箒屋娘を狂言に仕組かどうだか。

明治2521 大阪毎日新聞

◇落語学校 如何いふ事を教授する学校か知らねど、今度当地を始め京都神戸其他近畿地方の落語家連が相談して、東区淡路町西村元蔵(幾代亭)が発起人となり落語学校と云ふを西村の自宅に於て設立すると云ふ。

明治2522 日出新聞

ヘラ〳〵の元祖万橘は久々にて新京極幾代席へ出る事にきまり、昨日午後七条停車場より同席へ乗り込み、桂藤兵衛を初め連中は各腕車に旗をかゝげて迎ひに出たり。同席は万橘の外に三遊亭円馬、円三郎の両人も出る由。

〈編者註〉三遊亭円馬は三遊亭円朝門人で二代目円馬。円馬は昨年十二月に大阪へ来て、そのまま定住し、二代目桂文枝一門の客将となる。円三郎は三遊亭円朝門人二代目三遊亭円三郎で、円馬の実弟。後の橘ノ円。

明治2523 日出新聞

◇笑福亭の耳と目 弊社の画工歌川国松は、落語は甚太(はなは)だ好める性質なり。一日の夜、先に新京極の笑福亭へ静枝処士に来給へ〳〵と促がす。静枝も嫌なものにあらねば耳と目を持出す事となりて、例の癖の止みがたければチヨツピリと‥‥米喬の話し口はアワテ者に歌も言葉も確かりはまる、メリケン節は重たい口なり、松尽しの浄瑠理は咽に入つたものなり。駒八女が常盤津は忠七なりしが、左団の平右と新駒のお軽で十分の骨折見ゆ。米団治が土器(かわらけ)裁判は軽く、越後獅子の替歌にて芝居の立舞は妙なり。朝枝が明(あき)夜の怪談はワングリ裂た口からして怖らしく見え、例の松尽しの扇の手にカツポレの芝居立廻りは迚も真似人(まねて)はなかるべし。円寿は例の円朝取りにて谷間の姫百合を演り初めたが、漢語が尤とも特色たり。大切(しんうち)は円太郎にて仁王の如きズウ体も莞爾つく愛嬌に隠れるとは妙なもの、都々逸の咽ころがしにて席を下ると、一日の負(まけ)分に楽屋総出の立茶番は、東京大坂をゴツチヤにした仕組で興は十分見物の腹を抱へさせたり、以上。

〈編者註〉米喬は二代目桂米喬。明治十八年二代目文団治に入門して米紫となり、今年師匠の前名を継いで米喬と改名した。

明治2529日 神戸又新日報

◇楠社内の湊亭へはお馴の文團冶の一座へ今度大坂から松光が加わり、ミツシリお機嫌頂戴というので毎夜大入り。

〈編者註〉笑福亭松光は初代笑福亭福松門人、初代松光、「かんやん」の愛称で呼ばれた。

明治25214  金城新報

◇落語と上瑠璃との更替 どちらも大当り競べをした京枝一座は明後日から新地の旭亭へ替り、同席で宇鳴らせて居た曽呂利の一座は明晩から富本にて大入。

明治25216日 金城新報

◇曽呂利の開場 京枝と入替って富本へ繰込んだ大阪落語の曽呂利新佐衛門丈の一座は、旭亭で十五日當りつづけたという腕揃いだから面白いに違いなく、中にも雷門助六は東京話しのマセ外し頤い外をす達者もので、実にお臍を西国へ汽車で走り出させると乃事、サア往らつしやい。

〈編者註〉雷門助六は四代目と思われるが不祥。

明治25221日 金城新報

◇桂文楽の来名 當時大阪で第一等、花方落語家桂文楽が名古屋へ来たり、花園町旭亭にて今二十一日の夜より開場するので、免れぬ中の曾呂利新左衛門丈は、富本の一座を引つれ助けに加わり、毎晩総一座で茶番狂言を一場つヽ演ずるとの事。定めて是れは又大當りでしょう。

明治25226 大阪毎日新聞

◇居ながら東京を見る 道頓堀の劇場へは東京俳優が追々乗込み、また寄席へは昨年来矢張東京から落語家が繰込む事となり、来る三月一日より淡路町の幾代亭へ五明楼玉輔が門弟三四名を引連れ出勤する由なる。三遊亭円朝は来月の中旬讃岐の金毘羅へ参詣の帰途当地に立寄り、何づれお目見得えをするとの事なれば居ながら東京へ往た心地。

〈編者註〉五明楼玉輔は三代目。人情噺を得意とし、円朝、柳桜(春錦亭)とともに明治中期の三名人と称えられる。

明治25227日 金城新報

◇曾呂利の上京 富本と旭亭との掛持で引張蛸の大當りをして居た曾呂利新左衛門丈は、一昨夜限りにて富本を打揚げ、昨朝一座をつれて岡崎の三名座へ乗込んだというが、同所を打上げ次第、曾呂利は東京へ赴き川上一座へ合併して一旗揚げる計画なりと聞いた。

明治25228 日出新聞

◇興行だより 落語にては幾代席へ三遊亭円橘、同円子、七笑[昇]亭花山文、笑福亭へ三遊亭円右、其他四五名何れも東京下りにて三月一日より興行する由。

〈編者註〉三遊亭円橘は三遊亭円朝門人で、二代目三遊亭円橘。円朝門下の四天王。円子(女子)は円橘の子ども。七昇亭花山文は二代目三遊亭円橘門人で千橘から四代目花山文となった。のち二代目三遊亭万橘を襲名する。三遊亭円右は二代目三遊亭円橘門人で初代円右。円朝仕込みの芝居噺や声色を得意とし、明治三十年代には四代目橘家円喬と並び称せられる名人となる。

明治2533 日出新聞

○笑福亭の出しもの 

一昨日の晩一寸往て覗いて来たものゝ話しに、真は東京の三遊亭円右の芝居懸り、助は日之下開山の幻灯、その他橘家円太郎の音曲話し、米団治の滑稽話し等にて相変らず面白し。最も一昨晩はまだ円右が東京より着かぬため、開山の幻灯を沢山見せしが、至つて奇麗にて、一々目先きの変る所飽きが来ずに興あり。又円右は仮声が上手にて其声を聴く時は面のあたり雁次郎なり、高福なり、団十、菊五、左団次なり、誰にても其人の芝居を見るやうな心持がするなり。殊に例の山寺の和尚さんがといふ一つ文句で聴かするのではなく、一々その時の狂言の文句通りにやらかすの故格別におもしろし(コレ〳〵記者先生、一昨日の晩はまだ円右が出ないといひながら全く聴たやうに書くのは訝(おか)しいではないか。ハイ〳〵御道理なお咎めで御座いますが、これは記者が東京の席で聴いて感心したもを思ひ出して筆序に書たので御座いますが、まア嘘か本統か往てお聴きなすつて御覧じませ)

○新京極片ツ端評

三日朔日から諸興行一度に始まつたれば、ソレ大黒座が開いたがモウ見たか、夷谷座の初日は覗いたか、幾代席の円橘はまだか、笑福亭の円右はドウしたと、まだ日も経ぬうちから四方八方の催促。己れ一時は孫突たれど、例の負けぬ気の江戸ツ子気象、ナニドウセ乗掛つた船、一度に遣て遣て遣り捲ろうと云ふ料簡で、飛出しはしたものゝ、能く〳〵考へれば身体は一つ(当り前サ)、中々ソウは手が廻らず、エヽまゝよと気の向た方から始めやうとキヨロつく眼先に遮つた幾代席の看板、コイツ此所だと飛んだり。所が行た時間の遅かりしと、月に二度の職人の休暇と云ふので、爪も立たぬ程の入り。隅ツ子に押付けられて見たり聞たりしたは、此が真実の片ツ端評なり。鸚鵡子述。

◎落語(幾代席)

小文吾 声自慢の吹よせ浄瑠璃。お箱と見えてお客からヤツテヤーの所望も其筈、笑はされたり。チヨボクレも手否咽喉に入つたもの、中に猥褻な文句を挿んだは聞苦し、直しては如何。何しろ年が若いから此上とも勉強次第。

 円橘(東京下り) 三遊亭円朝子の四天王にも数へらるゝ程の剛の者。相変らず澄し切ての沈んだ調子、見物の耳澄させたり。三河万歳が才造と共に国への土産に吉原見物の揚句若松楼に押登り、亀鶴、長太夫の娼妓を敵娼にして遊ぶと云ふ落語、久し振にて面白かつた。

 円子(東京下り) 名からして可愛らしい娘(円橘の実子ださうな)。衣裳を派手に京風にしての手踊り至極よろし。舞が荒ツぽいと云つてた人があつたは西京人の目から見たうへのこと。東京仕込なれば詮方なし

 柏枝 東京の落語家にもあれど同名異人。東京のりう馬と云つた質(たち)。腕ではない口達者に能く喋舌つたり。

 桃太郎(東京下り) 昔々亭といふは此頃付けた名に違ひなし。落語は無味(まず)いから都々逸で胡魔化さうと云ふ積りか、初舞台に都々逸の皮切り、夫が京都の人気に適るか知らねど余まりなり──夫も七ツ八ツ続けて──。後に時蔵の仮声も出来たとは云はれず。西京は東京とガラリ人気が違うから此後とも能く呑込むが感腎

 藤兵衛 東京の語楽ソツクリ。其年齢─其音声─肥つた工合。咄し句調かうも似たものか。極く旨いとは褒められぬが遉は軽妙(かる)し。客から題を貰つての謎─東山朝霞─桂藤兵衛など云ふ難題。大分解き憎さうな塩梅だつた。

〈編者註〉小文吾は桂小文吾。二代目文三門人で、のち三代目藤兵衛門人となり藤枝、藤茂栄から四代目桂文吾を襲名する。文吾といえば「らくだ」を始めじっくりと噺を聞かせる名人として知られるが、若いころはこうした音曲の賑やかな高座を勤めていたことがわかり、興味深い。桃太郎は昔々亭桃太郎。東京の人。詳細不明。

明治2535 日出新聞

○新京極片ツ端評

  ◆落語(笑福亭)

米団治 評判ほどあつて滑稽咄し達者なもの。オイ〳〵老爺殿の踊り、鬘を冠つたは仁和賀師じみたれど大受けなり。定九郎と与一兵衛との早替りの骨折り丈あつて大笑はせに笑はせたり。何地(どこ)も大安売でなうては成らぬと見える。

円太郎 ニコヤカな容貌と肥太つた身体、ヌツト高座に押出した計りでヤンヤと云ふは中々の人気──嚔(くさめ)を先触に二つ三つして置て例の喇叭──例の鐸(りん)──お婆さん危ないヨーの一声、見物はドヨめいたり。夫から其鐸を鳴らして京都の紙屑屋の真似。小僧が車を曳き、蒸し芋頬張りながら紙屑ア無いか〳〵ネは商売人も跣足、本職の咄しより旨い位、ドツト笑はせたり。蓮の葉に溜りし水はの座付は耳蛸なり。何しろいつも一落語聞かせられても厭倦(あき)の来ぬは愛敬タツプリの然らしむる所か。相変らず元気な男。

円右  声色と物真似ならマア己だろうと云ふ高慢なオツウ済した面付。旅の疲れ(と尤な訳)と云ふので芝居掛りは今日丈けは預り明日からとの事で二日スカを喰べて力を落した見物もあつた様子。音曲枕の落語は得意だけの事はあり。菊五郎、秀調、成福、権十郎、九蔵、寿三郎、松助、菊之助の仮声、まづ安売なり。成福、寿三郎、菊之助の三枚は真物が出たかと思ふ位いカウも似るものかと感心したり。春錦亭柳桜の物真似。半分からの見物が感腎の本人を知つて居るか覚束なし。

日下開山  エラさうな人を馬鹿にした名。併し名を売るには訝(おつ)な人の滅多に忘れない様ながいゝとの思付か底は知らず、幻灯の手際中々鮮明なり。──東京の新橋、京都の先斗町、夫から羽前の庄内、北海道の芸妓──国々の名所──ポンチ画杯凡そ数十種見せたるが、仕舞の国会議事堂の光景、夜に入つて室内に電気の輝やく工合妙なり。夫から火事が始まり火の手の上るさま、真物の火事を見る様な心地し、一同大喝采。此所(ここ)らが日下開山の価値かも知れず。大人も面白いと思ふから子供は尚更だらう。

  ◆幾代笑福聞較評

扇一本を資本に遥る〳〵東京から下つた鼻鹿に就て善い悪いを云へば、円橘の咄し一番実があつて面白し。師匠直伝、得意の人情咄し、誰の耳にもよウく分つて堪能す。次は円太郎にて、顔を出した計りで何となく賑かな気持するは徳なり。お負けに愛敬と云ふ添物、夫ゆゑの人気なるべし。円右は真を打つ丈けありて咄しは不味くはなけれど、得意の声色物真似が京都の人気に叶ふかドウだか覚束なし。ナゼならば此が京坂の俳優のならば旨いとか不味いとか大抵のお客に分れど、東京の俳優と来てはドウだか(ズツと以前は京坂俳優であつたにしろ又団十、芝翫、福助等は一度来たことあるにもしろ)お客の多くが実物を知らねばアンナかしらんと思ふ丈の話しで一向詰らず。モー沢山と云ふ気味あるは左もあるべき筈なり。併し芝居掛りで面白く見せれば、只耳で仮声を聞く計りとは違ひ、目で見る楽しみあれば先づよしか。桃太郎は評せずとものこと。
ト、兎や角(とやかく)言ふものゝ、御無理評のことなれば当にはならず。詰り当人は何でも斯でも評判を取て金をシコ玉儲けてヘイ左様ならを極込めば夫でいゝのなれば、マア其積りで喋舌するなり、仮声を遣ふなり、都々逸を呻るなり、物真似をやるなり、又は嚔をするとも、喇叭を吹くとも、鐸を振るとも、飛ぶとも、刎(はね)るとも、ドウとも勝手気侭に遣るがよかろうヨ。

明治25318日 金城新報

◇故三朝楼の追善 林屋正三、佐藤清四、清水の銀二など故三朝楼恩顧の幇間連が発起となり、同楼主の知己朋友を誘導し、明十九日大須寶生院にて追善供養を催すという。その追善の準備といえば、真言宗の僧侶三十余名を聘し、大須観音堂にて追善の誦経と、又終日五重の塔の石壇上へ呈茶場を敷席設け、有綠無綠の人を選はず誰人ても所望の人には抹茶の施行をなし、各有志者へは同地大吉楼にて茶津盛りのお齏を禁酒潔斎にて出すとぞいえりとは・・・(以下省略)。

明治25324 日出新聞

◇(新京極笑福亭)は円右一座に松[笑]福亭福松が加はりたれば一段の愛敬を添ふべし。

〈編者註〉笑福亭福松は二代目笑福亭松鶴門人初代福松。

明治25329 日出新聞

◇笑福亭の大寄 新京極の寄席笑福亭に出勤せる三遊亭円右の一座は、大入りの祝ひと贔負のお客へのお礼として今二十九日、明三十日の両日、「立咄惣掛合七夕祭星合の月」といふ滑稽の茶番めいた事をやらかすよし。其役割は牽牛が笑福亭福松、夜這ひ星が桂亭米団治、梅星が三遊亭三橘、織女が桂米喬、上使が三遊亭円右、下男が笑福亭松光、牛が橘家円太郎、娘が三遊亭円寿なりといへり。定めし臍が宿替するやうな可笑みあるべし。

〈編者註〉三遊亭三橘は三遊亭円右の弟子。

明治25330 大阪毎日新聞

◇落語家の新下り 東京で有名なる落語家桂文楽は門人の語楽、有楽等を引連れ当地に来りしが、来る四月一日より淡路町の幾代へ出勤し、文枝、円馬、万橘、円三郎等と一座すると云ふ。

〈編者註〉桂文楽は東京の文楽で、六代目桂文治門人で四代目文楽を襲名した。語楽は初め蜃気楼龍玉門人で龍蝶、四代目文楽門に移って語楽と名乗った。有楽は四代目桂文楽門人、のちブラック門に移り快柳となる。

明治25331日 大阪朝日新聞

◇落語家の乗込 アレも乗込、此れも乗込み、扨々乗込流行の世の中かな。今度淡路町五丁目の吉田席を井筒といふが買受け、井筒席と改めて新たに寄席を開業するに付き、東京より円右、円橘外十名あまりを招き寄せしが、右の落語家連中は明日梅田停車場へ着する筈なるにぞ、笑福亭一門の落語家も迎ひに出掛け、花々しく乗込みの式を行ひし上、直ぐ井筒席と法善寺西井筒席外二箇所へ出勤し、大いに舌を振ふ筈なりと。

明治25331 大阪毎日新聞

◇落語家の乗込み 東区淡路町五丁目の吉田席は今度井筒席と改称し、チヨツと普請した上明一日より東京の落語家三遊亭円右、円橘、円太郎なんど十余名の鹿連を招き花々しう興行すると云ふが、此の鹿連は法善寺の西井筒、堀江の賑江亭、平野町の神明席などへも出るので、右ぎ各席の連中初め松福亭の一座は明一日の正午梅田の停車場へ着する三遊連を迎ひに出で、着した三遊連と共に朝日新聞社及び弊社へ立寄て挨拶し、夫より堀江の旅宿へ乗込むといふが、何ぶん人を笑はすが業体(しょうばい)なる落語家の事故、各々翫弄(おもちゃ)物の屋形船でも首に掛て歩くでせう。

〈編者註〉この月左団次と菊五郎の船乗込みがあつた。

上方落語史料集成 明治25年(1892)4月~6月

明治2541 日出新聞

◇新京極の幾代席は藤兵衛一座に円橘等の東京下りの新顔連中数名加はり居りしが、今一日より東京連中が抜けて其代りに柳朝(以下読めず)。

明治2544 大阪毎日新聞

◇偖変り合ました、芸妓の落語家狂ひ 東京から乗込だ俳優に我一と狙ひ付て恋の矢文飛すが南地芸妓昨今の状況なるに、其の俳優にはトンと目も触れず(触た所が無駄だと諦めてか)桂扇枝といふ落語家に命進上と出掛た変り拍子こそ現れたり。偖変り合ました其芸妓といふはお何(十八)とて、お初の目見えから扇枝にグツと逆上(のぼせ)こみ、お座敷へ出ても扇枝、扇枝の一点張、マア彼の姐の様に如何(アア)逆上(のぼせ)てはお客が落て仕まふよと、隣の扇枝を頭痛に病でいる朋輩芸妓もあツたが、当人一向感じなしで、扇枝さんが斯いふ手付で松尽しを舞てや所は何とも云へぬと、盃洗の水を迂(うっ)かり頭から被(あび)た事もあるほどの逆上(のぼせ)方ゆゑ、風の強く吹く晩は店が案じて三味線箱へ用水桶を入さして遣るとはチト信じられぬ話なれど、お何が扇枝に熱くなツているとは正に判然掛直無しの事実なるが、所で扇枝は今度都合あツて紀州の和歌山へ出稼ぐ事になつたより、どうせう〳〵と座敷中駈廻ツた末、銭金出しても紀州へやらぬと無理に扇枝の袖を持て引留たれど、扇枝は早や行く約束して仕まふた事ゆゑ今さら何とも仕様がなく、直に帰ツて来るから待ていてと背中おポンと打(たた)いて川口からヒユー〳〵〳〵と和歌山へ行て仕まツたので、お何は富士山の山から喰べかけた焼芋落した様にガツカリしていると、悪い時には悪い事が続くもので、弗箱と尊敬(あがめたてま)ツていた船場の或る旦突(だんつく)が扇枝との訳を聞き知り、扇枝の次第あれば以後世話いたさず、万事勝手たるべしと辞令渡して鼬の道切、その鼬に何やら嗅された様に黄色くなつたり青くなツたり仕ているとは客を落し話家に掛ツた報ひ。

〈編者註〉桂扇枝は後の三代目桂文三。扇枝の頃は松尽しを得意としていた。

明治2545 日出新聞

◇新京極の笑福亭は三遊亭円右が大阪へ往た跡へ更に東京下りの富士松ぎん蝶、三遊亭小円、柳亭ぎん左、柳亭左鏡の新顔が這入り、尚ほ前より馴染の笑福亭福松、桂亭米団治、桂米喬及び幻灯にて評判高き日之下開山等が打揃ツて曲弾やら音曲話しをたツぷりとするので、いろ〳〵目先きが変り頗る面白いと覗いて来たものが話しました。

〈編者註〉三遊亭小円、柳亭ぎん左は不詳。柳亭左鏡は二代目柳亭左楽門人。

明治2548日 神戸又新日報

◇仁○賀の大入り 楠社うちの寄席湊亭にては藤川花蝶の手品に平賀、赤芋、力松等の仁○賀をはさんで興行中なるが、一昨夜より橘町の花枡殺しを又新日報の記事によつて脚色しに、殊の外の評判にて昨夜も大入でありしと。

明治25410日 扶桑新聞

◇梅本座 久しく修繕中なりし名古屋市芳野町の芳野座は、這回大改良を行ひ廻り舞台と為し座号をも梅本座と改める。

明治25413日 大阪朝日新聞

◇万橘の復讎 一昨夜千日前で復讎が有つたとの噂、しかも相手は東京下りのヘラ〳〵坊万橘なりとの事に、さてはアノ万橘敵持で有たかと仔細を聞ば大違ひ、其夜万橘は同所法善寺境内の金沢席を済し、外の席へゆくため千日前の通りに出で人力車を待つ所へ、小意気な形をした廿七八の年増女が来て…(以下省略:万吉と万橘の間違い話)。

明治25414 大阪毎日新聞

◇浪花座の中幕に米蔵が演じいる阿古屋は奇麗なと三曲の妙手とで観客の喝采を博しいるが、右の三曲は当時上京している大阪の法師徳永里朝に就きて習ひ覚えしものゆゑ三曲ともに好[巧]妙なるに、分て皷[胡]弓は一層の聞きものなりとの事に、教へた里朝も聞きたくなつたか、此ほどわざ〳〵帰り来り、三曲を聞て直にまた東上したりと。之が即ち汽車が取りもつ便──かいな。

〈編者註〉徳永里朝は盲人の音曲家。琴、三味線の名手で、明治五年頃から寄席に出演し、曲引や「米山節」「縁かいな節」で売り出した。レコードも多く残している。このころ三代目歌沢芝金の門下となり歌沢芝朝斎と称している。

明治25415日 神戸又新日報

◇仇名艸の二○賀 兵庫能福寺境内の寄席にては、先ごろの本紙上に「仇名艸(くさ)」と題して掲げた後家噺しを仁○賀に脚色み、一昨夜より興行せしに、土地に評判の仕末とて非常の人気なりと。

明治25年4月21日 岐阜日々新聞

◇座主妻科料に処せらる 當市今小町寄席関本座主小関万太郎(不在中)、妻お糸(三十二)は、去る十八日夜同座において無届にて尾半一座の二○加を興行したる科にて、一昨日十九日岐阜警察署にて科料金五十銭に処分されたり。

明治25422日 金城新報

◇富本の人情話 頃日中、大坂の女義太夫にて大当りをした富澤町の富本にては、今晩より三笑亭芝楽、三遊亭三勝、三笑亭芝子等という一座にて、音曲話を開演する事となり。

〈編者註〉三笑亭芝楽は五代目三笑亭可楽(23年死亡)の弟子。京都の笑福亭を根城としている。三遊亭三勝は初代三遊亭遊三門人か。三笑亭芝子は不詳。

明治25427 新愛知

◇旧吉川小辰丸といつた浮れ節の辰腎は、今度辰丸の跡を継で三代目となり、一昨二十五日の夜より杉の町の杉本座にて興行するが中々の大人気なり。

明治25430日 新愛知

◇富本の昼夜興行 名古屋にはトント昼夜といふものが無く、何れの寄席も夜興行のみなれば、用の無いに困つている隠居連は此永の日一日欠伸と茶で消して仕舞ふが多い。其処を一ツ退屈させない様にといふ思ひ付から、今度富澤町の富本では、来一日の正午より彼の小林天山の軍談を開演するといふ。而して初日は二枚札で木戸下足共只の一銭といふ大勉強是は法外に安いことなり。

明治2551 日出新聞

◇新京極興行案内

幾代席 藤兵衛一座、柳朝、円輔改め海立亭竜門等に十五日から東京の五明楼玉輔が加わる。

笑福亭 ぎん蝶、左鏡、ぎん左、三遊亭円橘、同円右、ラツパの円太郎、三橘、右幸、円子など。

〈編者註〉春風亭柳朝は二代目春風亭柳枝門人で、明治十三年に二代目柳朝を襲名した。三遊亭円輔は明治二十四、五年頃、四代目三遊亭円生門人となって円輔となり、昨年京都へ来てそのまま留まり、桂藤兵衛と一座した。のち藤兵衛の門人となり翌年海立亭龍門と改名、のち桂藤龍となる。

明治2551日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲楠公社前大黒座は阪東鶴之助、黒谷市蔵等の一座▲同社内菊の亭は人形浄瑠璃、竹本菊榮一座▲菊の家は浮れ節、京山恭平の一座▲多聞通り旭亭は軍談講釈、三省亭一瓢一座▲楠公西門筋馬力亭は女手踊り、浅尾朝枝、市川米丸の一座▲同福井座は女手踊り、嵐巌若、篠塚礼枝、市川市松の一座▲同福原口鏡亭は浮れ節、岡本鶴吉の一座▲多聞通り福原口日の亭は貝祭文、桜川脇丸の一座▲多聞通り井筒太席は落語、東京下り桂文楽、同語楽、同有楽の一座▲三の宮町三楽亭は軍談講釈、石川一真の一座▲三の宮社内朝日座は足芸横田三玉の一座▲同三寶座は今様手踊の中村紫佐吉一座▲同倶楽亭は諸芸大會、桂昇若の一座▲生田社内梅ケ枝亭は浮れ節、吉田岩吉の一座▲兵庫弁天座は市川蝦次郎、同家若等の一座にて芝居▲能福寺内の松鶴座は俄、東玉の一座▲湊虎亭は軍談講釈、玉海呑玉の一座▲入江亭、日本座は休業

明治2553 中外電報

◇大津丸屋町末広座にて一昨夜より円太郎一座の落語を興行したり。何にが扨て東京下りと称するだけで中々の人気なりと。

明治2553日 岐阜新聞

◇芝楽関本座にでる 東京の落語家三笑亭芝楽一座は、昨二日夜より當市今小町関本座に出席せり。同人が得意の音曲手踊等非常に喝采なりと。

明治2556 日出新聞

○菊酔爺笑福亭を見る 

至ツて出ぎらひの菊酔爺、晩酌のホロ酔ひ機嫌に三日の晩杖を新京極の笑福亭に曳けり。但し此の爺寄席は頗る好きなり。扨て少し時刻が後れしために円太郎のラツパは半分ばかりより聞かず。然し相変らず愛敬のあるお爺さんにて賑かにをもしろし。米喬の滑稽話し、顔を見ると鼻の高いので直ぐ吹出せり。米団次の落しばなし、これも面白し。三橘のブラツクの真似は陰で聞くと本物かと思はる。又ステヽコも旨し。円子の手踊、軽いものなり。これは円橘の娘にて今年僅に八歳だといふが、阿爺ちやんと阿嬢ちやんの仕込みほどありて八歳の子供芸とは思はれぬほど上手なり。円橘の人情ばなし并びに落し話、老練〳〵、師匠の円朝そツくりにて身があり。円右の芝居話し亦面白し。菊五郎、左団治は大うけ〳〵。此の人至ツて器用にして、軍談師及び仲間の笑話家の真似をするが旨いものなり。
 菊酔元来江戸児(が聞いてあきれらア)、久しぶりにて東調の話しを聞き、何だか東京へ往たやうな心持がしたり。なか
〳〵東京でも能い顔揃ひなれば、見ばゑ聞きばゑあり。亦京坂調の話しも一風変りておもしろし。されば入りも沢山ありと爺自から筆を取て讃むる。

明治2559 大阪毎日新聞

<三遊亭円馬、故文三の妻を女房にもらい、紅葉寺に文三の碑を建てる>

○文三冥府(めいど)で喜ぶ 落語家で一時評判の好かつた故文三の女房といふは築地の町芸妓であつたが、文三の女房となつた後、落語の三味線を弾き、諸方の寄席を歩き廻り、共稼ぎに稼いでいたに、文三は計らず神戸井筒太の席に出勤中冥途へ稼ぎに立たので、女房お三は落語半途(なかば)に見台取上られし心地なりしも、客のない席の前座でも勤める様な気になつて其まゝ井筒太に留まり、矢はり三味線を弾ている中、誰れ言ふとなく或る大頭の落語家と訳が出来、稼ぎの相の手に楽しんでいるとの浮説(うわさ)立ちしを、其の落語家の女房にて矢はり南地の某席で三味線を弾ているお何といふが薄すら聞き出し、弾く三味線のチン〳〵騒ぎを初め掛たを、ヘラ〳〵坊万橘が、本当にさうなら済ないよ、喧嘩が出来たら大変だよと例の大きな声を低ふして種々なだめ、三遊亭円馬が無妻なるを幸ひ、程よく取なして円馬の女房にさせ、円馬異なもの味なものと言ひ囃子たものゝ、肝心亭主の文三へ照会(かけあっ)た上といふ訳でもないから、同人が焼酎火の元入して冥土から不足を言ひに来ぬ間に石碑でも建て遣うと、今天王寺の紅葉寺へ立派な石碑を建て、一昨々日供養の法会を営みたる由。

明治25510日 伊勢新聞

◇仁和賀踊の繁昌 目下桑名町本町廓座にて興行中なる今回東京初下りの頑忍坊安楽坊の仁和賀踊は、非常の大入にて、一昨六日などは開場後わずか一時間にして木戸を打ちたる程なるが、見物人は大人のみにても六百人以上に達したりと。

明治25517 日出新聞

◇田村琴竜頓死す 新京極で山崎琴書と肩を并べて講談には有名なる田村琴竜は一昨々日近傍の湯屋へ入りしがアツトいふ一声に驚き戸を開いて見ると湯槽の中に死体は浮き居たりと。一体同人は心臓病を煩らひ居りて医師より入浴をも禁じられたるが少時はよからうと入浴せしが図らず心臓破裂にかゝりて頓死を遂げたるなりといふ。

明治25518日 伊勢新聞

◇文楽文福の落語 落語家文楽、文福は昨十六日より津市観音寺境内緑座に於て興行せるが、木戸銭二銭五厘とは少々天狗だとは興行通の取沙汰。

明治25525日 岐阜日日新聞

◇蛭子座の小屋開き 當市笹土居町慈行寺角に予ねて普請中なりし寄席蛭子座は、来六月一日より名越太夫、綱代太夫、土佐吉、仲治等一座の男女合併浄瑠璃にて小屋開きの興行をなすという。

明治25528 日出新聞[広告]

三遊亭円遊、橘家円太郎、三遊亭花山文、三遊亭遊七、三遊亭遊がほ、三遊亭三花、三遊亭遊好、三遊
 亭朝遊、桂米団治、桂米喬

右六月一日ヨリ出演仕候 京都新京極六角下ル笑福亭

〈編者註〉三遊亭円遊は三遊亭円朝門人で初代円遊。ステテコの円遊、鼻の円遊とよばれ、抜群の人気を誇った。「文之助系図」の三遊亭円遊の門人欄に三遊亭遊好、三遊亭遊がほの名がある。他もすべて円遊の門人か。「遊がほ」は新聞では「夕顔」と書かれている。

明治25528日 都新聞

◇梨園業話(しばいだより) 三遊亭圓遊は、今度京都先斗町の席亭笑福亭よりわざわざ招れたるに付、来三十日出立同地へ赴き、来月一日より十日間夜席を打ち、十八番すててこにて京都人を驚かす由。右に付き同人の為医師紳士数十名、一昨日中州の辰巳屋に於いて盛んなる送別会を催せしという。

明治25531 大阪毎日新聞

◇三遊亭円遊 ステヽコの隊長は去る三十日東京を出発し、京都新京極通り笑福亭へ出勤する事になり、何れ引続き当地の各席へも出勤の筈なるが、同人が今度東京を出発に際し兼て贔負の紳士等数十人は中州の辰巳屋に同人を招き、盛んなる送別会を開らきしと云ふ。

明治25531 日出新聞

◇明一日より新京極の笑福亭へステヽコおどりの元祖鼻の大きい三遊亭円遊が出るとて前かどより人気がドエラいといへり。此の一座には例の喇叭の円太郎も居れば定めし賑かな事なるべし。

明治2561 日出新聞

◇新京極興行案内

 幾代亭 藤兵衛一座に五明楼玉輔(人情)柳亭左竜(怪談)柳家三勝(曲引)八光堂春輔(落語)等の東京下りが加はる。

 笑福亭 ステヽコの円遊喇叭の円太郎其他東京下りの落語家が米団治、米喬に合併して御客の臍の皮を撚らせるよし。

〈編者註〉柳亭左竜は二代目柳亭左楽の門人で初代左龍。怪談師として名をなした。柳家三勝は音曲師。八光堂春輔は初代立川玉輔門人に名があるが、明治十年に亡くなっており、この春輔は二代目か。

明治2564日 大阪朝日新聞

<三遊亭円遊の来京>

◇円遊の来京 円朝の門弟中に一種斬新なる話し振を以て大人気ある三遊亭円遊、この頃京都に来て去る二日より新京極笑福亭に出勤し、毎夜客止の大入なるが、同地にて廿日ほど打つて当地に来り、三箇所ほど掛持の約束の由なるが、同人の話しに、師匠円朝のことが朝日新聞に出ましたが、三千円なれば彼是いふ処はなく、師匠が不承知でも弟子共から勧めても是非来阪させますと云ひ居りしよし。

明治2564 日出新聞

人気競市廼風評まちのひょうばん) 霞蝶楼主人 上々中吉 笑福亭落語

俳優来れば、能楽師も来り、落語家又来れり。広き東京を飛出て来る事当今実に多し。彼地は芸人底をや払はんと思へり。三遊連は落語家中ても尤も御前上等株なれば又よく臍を転宅するの手伝ぞなさん。泣く事なければ爺も婆も亦集まりて笑はん、是小楽世界の有様なりき。

「中老人」席が奇麗な所へ中へ這入る客の種類がよく成つた。錦の帛紗に玉を包むとは是だ、よく揃つた〳〵。

「よせ好人」今迄は外の興行ものゝ割合に此の落語家が一番高かつたが、斯して東京の代呂物と来ると値打が出て来た。

「粹青年」僕は此の落語家が大好物、早速行て見たが、米喬は例の鼻声ながらいつもよく笑はせる。真似目な顔して洒落るが妙処ダ。遊好の太と眉毛中〳〵味く、遊七の英国落語師ブラツクの物真似、実に再び其人の言を聞く如くよくやられたり。

「細君風人」妾し等は矢張なじみのある米団治の演劇咄しが大好き〳〵。

「息子殿」私等は今度の夕顔の浮世節の声と云ひ三味線と云ひ実に感心、堪らぬ妙あり。

「聞功者」何に三花も中々あなずれぬ代呂、物粹な女じや。品物を借り集めて即席のトツチリトンはあまり面白からず、夫れよりあの美麗な声三筋の味まさ、何ぞ無理のなひ艶物が聞きたい者だ。此女程糸を弄ぶ上手は稀ならん。

「よせ好人」イヨー滅法に御ヒイキだ。隊長の円遊はどうじや。

「聞功者」是れは落語家に生れた人じや、ステヽコ踊は無類〳〵。

「大ぜひ」ヤレ鼻形〳〵。

「通り人」牡丹鼻の模様ある揃ひゆかたダ。

「戯れ者」獅子鼻は聞た事があるが牡丹鼻の紋所とは笑はせるナ。

「書生風」国松画師が円遊を御存と見へる。

「白帯連」コレーがく屋落ちは御免候だわひ〳〵。

明治2567 日出新聞

◇同業懇親会 一昨五日大坂北区の静観楼に於て関西の新聞雑誌各社の春期同業懇親会を開きたり。主人公は大坂毎日新聞社にて斡旋周到酒は醇に肴は鮮杯盤は北地の歌妓及び中居等が周旋し、余興には東京より来り居る落語家万寿(世界面白ばなし)、文屋(これは大坂人にて大坂昔はなし)、柳朝(和歌三神)、万橘(音曲宝の入船)、円馬(明治の地ごく)が得意の口を叩き、尚ほ此の連中が宝手小金の餅搗といふ茶番狂言ありて、衆賓和気の中に歓を尽しおのがじゝ帰途に就きぬ…。

明治2567 日出新聞

○円遊の鼻 三遊亭円朝が幕下に一二と呼ばれ、一種の口吻とステヽコを以て愛嬌を売る円遊大鼻将軍は笑福亭へ出陣以来中々の人気にて、殊に土日の両曜は木戸を閉る大入となりたるが、一体十日位の出席なりしも非常の景気の為め尚一週日も日延するよし。同連の一二を聞くに、夕顔が常盤津は例の転ばす咽元うまいものにて、遊七はチト堅けれども一種の趣味あり。花山文は二代目ながら初代よりうまきは音調にありて、うかれ節は尤も妙なり。之に加はる当地の米団治は追々東京調をとり猥褻談をはなれて手軽くなり、大将円遊は大きな鼻にて愛嬌を溢し、一席ものにてよく聴者を得心させるの妙弁あり。ステヽコは一流の祖とも呼ばれたる程にてうまいものなるが、一昨夜は大切に勧進帳の茶番を出し、団十郎弁慶を其侭にやり大きに喝采を得たるが、是は円遊が東京に於てもお筥のものにて、出たらめの問答より滝流し、延年の舞に至りては其形を崩さぬ中にステヽコを交ふるは妙々といふの外なし。此練達あり円朝の股肱といふも無理にあらず。

〈編者註〉円遊一座は大入りに付、六月三十日まで日延べされた。

明治2567 大阪毎日新聞

◇関西新聞雑誌同業懇親会 同会は予記の如く一昨日午後二時より北新地静観楼に於て開会したるが…余興には落語の万寿の世界面白話し、文屋の大阪昔話し、柳朝の和歌山人、万橘の音曲宝の入船、円馬の明治の地獄、また総連中の立茶番には宝年小金の餅つきといふ趣向にて至極面白き滑稽あり。満場の諸氏何れも抱腹し乱酒となりては滑稽演説あり、例のヘラヘラ坊の十八番あり…(後略)

明治25610日 大阪朝日新聞

<円遊の鼻見見物>

◇円遊の鼻見 鼻の大きなのと談話振りの甘いに大人気を得たる京都新京極笑福亭に出勤の三遊亭円遊の評判祇園町へも知れ渡り、どんな鼻だか見たい〳〵と頻りに見たがる者多く、遂に同所の老妓春吉、与三吉、照羽、梅松などが先棒になつて鼻見連といふを組立て、近日祇園町の芸妓舞妓が総勢奮つて繰り出す事になりしよしを円遊が聞き、大鼻を一層大きくして待構へて居るとの評判ぢや〳〵。

明治25612日 伊勢新聞

◇東京大坂合併落語 明十三日夜より當市観音境内堺座にて、ヘイ今晩は、お客様には早々と、と高座にあらはるるは、東京落語家にては、お婆さん危ない危ない、の馬車の声色を以つて聞こえたる橘家圓太郎、三遊亭圓寿、大坂落語家曾呂利新左衛門の一座にて、曾呂利が例の滑稽咄で腹を撚らせるのみか、夕暮の唄に合はせて得意の絵を書がく手際などのある事なれば、定めて初日より大入ならん。

明治25614 日出新聞

◇騙児(かたり) 夜更けて鐸を振り鳴らし、あるいは太鼓打ち叩きて各辻々を売歩行く俗に夜泣蕎麦と称ふる饂飩屋が、行灯には俳優、俄師、落語家等思ひ〳〵の名を書くの習慣なれば、書て貰ひし芸人も捨ては置かれず、張替賃の寄進に付き、又は自分の印しの付きし法被等を贈ると云ふが、此頃夫を種に各劇場を始め俄の席等へ這入り込み、是迄は誰彼の行灯でしたが此頃はお前さんの評判がエロウ宜しいサカイ書替ましたと触れ込み、なにがしかの金銭を貪り取る騙児ありとぞ。妙な所から思ひ付く騙児もあればあつたもの。

明治25619 大阪毎日新聞

◇寄席の開業祝 西区北堀江の廓で有名な寄席賑江亭は、去る四日より営繕中なりしが、此頃全く落成し、今度は空気の流通其他衛生上の注意も至極行届き、其上美麗なる席となりしに付、来る二十六日頃席開きの祝として府下各新聞社員其他日頃愛顧を蒙る人々を招待し、余興には東京の落語手踊等を演ずると云ふ。

明治25620 大阪毎日新聞

◇落語家芝居 西区北堀江の明楽座にて落語家連中が演劇を催さんと目下相談中の由なるが、其顔触れは文団治、しん吾、遊輔、梅団治、遊生、春駒等にて、狂言は名古屋山三、弁天小僧なりと云ふ。

〈編者註〉これ以降記事がなく、計画だけで実際は行われなかったようである。

明治25622日 伊勢新聞

◇堺座の落語 過日来観音境内堺座に於て観客の腹(はらわた)を捻らし居たる三遊亭圓寿、橘家圓太郎、曾呂利新左衛門の東京大坂合併の落語は、昨夜にて千秋楽となし、今二十二日より宇治山田新町の寿座にて興行する由。

◇花丸一座の落語 津市観音境内に於て興行せる林家花丸一座は、一昨夜より「明治小僧小文吾の続話」を読み始めれば、一入(ひとしお)賑わうなるべし。

〈編者註〉林家花丸は初代林家菊丸の実子で、兄が二代目林家菊丸。明治二十六年の番付(大阪落語人名録)では西前頭三枚目(二代目桂文団治の次)に位置し、かなりの実力者であったことが推測できるが、林家が早く衰頽したためか、この人を伝える史料がほとんどない。

明治25625 大阪毎日新聞

◇ステヽコと岸沢ぶし 目下京都に於て興行中なるステヽコの元祖三遊亭円遊は、岸沢ぶしの夕顔を初め外五六名と共に当地へ乗込み、来月一日より淡路町の幾代と南地法善寺の金沢の二席に於て得意のおしやべりを勤むる由。

明治25628日 金城新報

◇旭亭の手品 富本の開場なると同夜の大入で花園町の旭亭へは、万國無双西洋手品明玉が真打となり座長の五明楼玉輔丈けを残し、朝枝、きん蝶初め下座丈けがスケに入り両席をかけ持になるとの事。

明治25628日 新愛知[広告]
 東京人情御伽はなし/初御目見へ
五明楼玉輔一座/當ル七月一日夜ヨリ 富澤町富本座

明治25630日 大阪朝日新聞

◇新京極の興行もの 
 幾代席 万橘、万寿、南光、明学等の落語。
 笑福亭 円遊がぬけて円橘、円馬、三代目笑福亭[松鶴]、米団次等の一座。


上方落語史料集成 明治25年(1892)7月~8月

明治2572日 京都河原町四条上ル共楽館にて慈善諸芸会を開催。

626 日出新聞

◇慈善諸芸会 山崎琴書、五明楼玉輔、三遊亭円遊等の相談にて、昨今に慈善会を起さんとせしかど、席の都合にて来月へ延す事となり、玉輔は名古屋へ、円遊は大坂へ移るにつけ、玉輔は在京覚束かなけれど、円遊は是非大坂より駈付るとの約束にて、上田、幾代、笑福の三席が大奮発を起し、来月二日河原町四条上る共楽館と席を定め、講釈には琴書、琴馬、琴勢とし、幾代席より藤兵衛、竜門、文如、柏枝、小文吾、竜三に、笑福亭より米団治、米喬、是に幾代へ一日より来る円馬(或は万橘か未定)、明覚、南光、梅枝、円三郎(万寿か未定)、夷座の中村仲吉、竹の家の八重吉、梅里、東洋奇術の好一、大坂より駈付の円遊、花山文、夕顔と一日より笑福亭へ来る一連中を加へて諸芸の大会を開き、其収入金の内より入費だけ引去り、残余は悉皆京都盲唖院へ寄付する事に決着し、目下其演しものを打合せ中なりとて、弊社の歌川、羽山、金子へ其取締を依頼し来りたるに依り、慈善事業は賛成せざるを得ず、応分の力を尽す事となしたるが、京極諸芸人にて慈善事業の最初たれば好結果を得させたきものなり。

629 中外電報

◇[広告]七月二日正午より河原町四条上る共楽館に於て京都盲唖院寄付慈善諸芸会  入場料金十銭 講釈落語女舞浄瑠理手品等出席世話人兼切符売捌処 上田席  幾代席  笑福亭/右の美挙を賛して後見となれり諸君賛助あらん事を希望す/歌川国松  羽山菊酔  金子静枝

71日 大阪朝日新聞

◇慈善諸芸会 明二日正午より京都河原町四条上る共楽舘にて新京極上田、幾代、笑福の三席が周旋し、同地に居る東京、大阪、京都の落語、講談、女舞、手品、浄瑠璃等の諸芸人を集めて表題の如き会を催し、其上り高は実費とさし引き京都盲唖院に寄付する筈なりと。

75日 大阪朝日新聞

◇慈善興行の結果 前号に掲載したる京都河原町共楽舘の諸芸慈善興行は、入場者楼中に充ちて非常の好結果なりしよし。因に記す、去る一日より淡路町の幾代と南地法善寺の金沢へ出勤して居る円遊の一座もわざわざ出京して、銘々得意の芸を一席づゝ勤めたるよし。中にも円遊の落語と大美人夕がほの常磐津は、顔に似合はぬあざやかなものと非常の喝采を得たりと。

75 日出新聞

◇慈善諸芸会の景況 再昨日河原町共楽館に於て催ほしたる慈善諸芸会は、開会時間の正午前より驟雨に雷鳴ありて来集如何と案ぜしに、暫時にして晴あがり、続々入場ありて四百余名に及び、正午より諸芸を演ぜり。其演芸は、夕立(桂米喬)、須磨名所(桂柳三)、眼鏡盗人(桂柏枝)、一休譚(山崎琴勢)、大高源吾伝(山崎琴馬)、常盤津お園六三(三遊亭夕顔)、我忘れ(桂小文吾)、東洋手品(普天楽好一)、職人の青楼行(立花家万寿)、諸芸穴探し(桂梅枝)、掛取万歳(七昇亭花山文)、浄瑠理妻八の鰻谷(竹本梅里・竹本八重吉)、地獄廻り(三遊亭円遊)、落語かぼちや(三遊亭円橘)、三味線曲引(富士松吟蝶)、芸廻し(桂文如)、西洋手品(ジヨン丸)、井上徳三郎伝(山崎琴書)、鉄漿つけならん(桂米団治)、[物真似](山寺松朝)、高砂屋(桂藤兵衛)、鶴の曲(海立亭竜門)、紀州鍛治(三遊亭万橘)、御座参り(桂南光)、琵琶尺八笛の曲引(西国坊明学)にて、千秋楽として七時過ぎ打出しとなり、此日は国松、菊酔、静枝は後見となり、旭水、小文、春斎の三子は特志を以て朝より場内を斡旋したるが、従前の慈善会は兎角飲食に流るゝ弊あるより、此会は総て禁酒とし、出席者初め一切自分弁当として冗費を省くに注意せしは美挙といふべし。尚其計算の如きは聞得て巨細に記すべし。

712 日出新聞

◇慈善諸芸会の寄付金 去る二日共楽館に於て催ほしたる慈善諸芸会は炎暑の折柄とて聴者僅かに四百余名に過ず、其収入も僅少なれば、秋冷の時を俟ちて再び大会を催ほし京都盲唖院の盛大を図らんと今より再挙の相談もあるよし。今其収支決算と寄付高を聞くに左の如し。

 一  金四十五円八十五銭  通券売上高

  一 金三円                     共楽館寄付

  一 金二円        日出新聞社寄付  

  合金五十円八十五銭

    内 金十円       共楽館席料

       金二円                    円遊、花山文、夕顔大阪・往復車賃

       金二円                    広告料

       金九十銭                通券製し代

   金二円                    税金

       金一円                    敷物五十枚借賃

       金七十銭                 紙炭釘蝋燭煎餅

       金四十五銭              荷運人足二人

       金二十銭                 人足弁当三本

       金五十銭                 舞台借賃

     合金十九円七十五銭

 差引三十一円十銭         全寄付

     外 人夫六人水場用茶炭一切、上田、幾代、笑福三席より寄付

         楽屋囃子一切 小藤太、藤弥太、喜蝶、おとみ有志 

〈編者註〉桂柳三は不詳。三代目笑福亭松鶴門人で柳三から慶士となった人と同人か。明学は十六人芸の西国坊明学。南光は桂南光、後の仁左衛門。梅枝は二代目桂梅枝、オッペケペーの梅枝。

         ※         ※          ※

明治2571 大阪毎日新聞

◇東区淡路町の吉田席を今度井筒が借受け本日の夜から大阪では文都以下数名、東京では円右其他の落語家連中にて涼み興行をすると云ふ。

円遊、花山文、夕顔、遊好、遊七、三花、朝遊の連中は本日より淡路町幾代と南地法善寺金沢の三席へ出で、お臍の宿替をさせると云ふ。

明治2572日 金城新報

◇花丸来る 當市に久しく居て、オケコを占め雛を一匹設けた後ち、何やらに閉口して逃げ出し、故郷の大阪へ去ったは此頃のようであつたが、既にもう五年を経た丈けその芸道も大阪で屈指の落語家となつた林屋花丸丈といつたら嘸(さぞ)皆んなが、オヤ花丸と仰つしやるほどの人気者が十年前来名して評判の宜かつた林屋菊丸と同道で、二三日前来名し近日から何処かの席へ出勤するとの事です。久し振り又一層の人気を占められるでありましょう。

〈編者註〉林家菊丸初代菊丸の実子で二代目菊丸。花丸の兄。盲人で、創作にすぐれ、「後家馬子」「猿廻し」等の作者である明治二十六年の番付(大阪落語人名録)では行司欄に記されている。この菊丸一座は、何か不都合があったのか、名古屋では興行しなかったようだ。記事にあるように、花丸が名古屋時代に、女性に子供をはらませたという問題が原因かも知れない。

明治2572日 岐阜日日新聞

◇三遊亭圓定一座の落語 當市笹土居町蛭子座に於いて、昨一日夜より東京の落語家三遊亭圓定、柳家左朝一座へ名古屋の富士松鍵吉婆が加わり、落語の外に例の三味線曲弾き新内常盤津等を御機嫌に伺うという。

〈編者註〉三遊亭圓定、柳家左朝は不詳。

明治2574 大阪毎日新聞

◇堀江賑江亭 堀江の演芸館即ち賑江亭は新築成て去る一日開亭式を執行し、二日夜より文都、扇歌、円右、さん馬等の落語家出勤して、偖替り合せましてと興行仕出したに、席の奇麗なと掛り物の好のとで旧に倍して頤解しに来る客が多いと。

〈編者註〉さん馬は五代目翁家さん馬。

明治2574 大阪毎日新聞

◇幾代席出鱈目評 

淡路町の幾代の席へ東京滑稽話の大隊長ステヽコの円遊が大きな鼻をおやかして、冬瓜の白あへのゆう顔と唐茄子の胡麻あへ花山文を卒(ひき)ひてテケレツパーと乗込だが、話や音曲は云ふまでも無く、三人の顔を見たゞけでも席料だけは確にあるといふ素敵滅法界の評判に浮されて、一六の夜店を冷かしかたがた初日のイヤ初晩の景況を覗いて見ると、イヤハヤ堅く云へば満員立錐の地も無し、和らかく云へば鮓をかけたやう。去年の八月立花屋橘之助の来た時と彷彿たる大入。此二三日の蒸熱いにも拘はらずイヨー是は驚きやした恐入たと円遊の口調をそのまゝ称賛の言を放ちながら、もう大入で場所がござりませんといふのを、席の禿頭爺を頼んでヤツとの思ひで一隅において貰ひ、謹みかしこみて聴聞したその内の重なるものゝみを摘採(かいつま)んで出鱈目評を試みんに、

小文枝)の「天下一(かみくずや)」、例の溢(こぼ)るゝ如き愛敬と燃る如き熱心にてお得意の話をせしなれば、例(いつも)よりは又一段と面白く、殊に踏舞(とことん)は十八番なれば鬼に鉄棒、非常の喝采を博せしは当然、添物の合羽屋と喜撰は格別の勉強。
ゆう顔)の「三世相の土手場」、節といひ、声といひ、三絃も達者にて看客をして色の黒きを忘れしめたり。嗚呼此人にして此芸あり、芸の徳、貴いかな。
扇枝)の「大岡政談一両損」、畳屋三右衛門と建具屋左兵衛の両人が愚直の状況(ありさま)なか
〳〵能く写したり。例の大車輪故──少しうるさき所はありたれども──頗る聴衆を喜ばせたり。添物の松づくし、久しいものと云へばいふやうなものゝ、是も亦一種の愛嬌。
花山文)の「大三十日(かけとり)」、狂歌、演劇(しばい)、ドヽ一、小歌(はうた)等の芸づくしにて、巧に懸取を逐(おい)返す調子手に入たもの、就中(とりわけ)ドヽ一、小歌は十八番。或る小女の聴衆曰く「モシお由さん、アノ人の顔のおかしいこと、丸で煙草屋の看板の達磨さん見たやうですねへ、ケレどもアノ小歌やドヽ一の巧いこと、ドコをおせばアンな意気な声が出るのでせう」お由と云はるゝ小女は真面目な顔で「彼(あ)の大きなお腹を押すと出るのでせう」。此問答を以て評に換ふ。
円遊)の「新地獄」、顔イナ鼻を見たばかりでもおかしいのに、増して況んや滑稽百出、句々頤を解き、言々臍の宿替をさせるに於てや、地獄の鬼が多くの亡者を飲み、その亡者に肺を打れ、筋を引れ、或はクサメをし、或は踊るの一段に至りては満座の聴衆、おかしさの極度に達して涙を落せしものさへあり。

大切の茶番、(ゆう顔)の「三世相の道行」につれて(円遊)のおそのの独舞台、閻魔大王をして之を見せしむるも恐く、笏を放て抱腹絶倒するならんと思はるゝ計り。打出しの総一坐のステヽコ、円遊の郭巨の釜掘り、奇々珍々妙々でげす、恐れ入りやした。

明治25716日 金城新報

三遊亭圓遊、橘屋圓太郎等の一座で明十七日の夜より富本と旭亭を掛持を始める由。

明治25716日 岐阜日日新聞

◇先年久しく当市に在りて贔屓を蒙りし竹本小土佐は、今回、屈指の別嬪揃い一隊を引率して当市に乗込み、今晩より笹土居町蛭子座に於て、滋許(ここもと)お聞きと御覧と一挙両得に達しまするとの評判にて、前以ての大人気。

明治25717日 大阪朝日新聞

◇新聞読み 京都新京極の講談師山崎琴書は、是まで東京朝日新聞を同地の朝日新聞支局より取りて、昔の太平記読みのやうに読み立て、至極上人気なりしが、四五日前より東京朝日大奮発にて其日の新聞京阪に着する事にしたるより、見物受非常によく毎夜大入のよし。

明治25721日 岐阜日日新聞

◇當市今小町の関本座に於いて、昨二十日の夜より大坂の林屋菊丸一座へ名古屋の林家花丸が差加わり音曲落語を興行せり。

明治25723日 金城新報

◇桔梗座 昨日の正午より大須門前桔梗座(元花笑亭)にて、講釈の昼興行弁士は高田伯龍、松林左圓、木村式之佐。

明治25725 大阪毎日新聞

◇噂が先廻り 曽呂利と云へば洒落骨(しゃれこうべ)、洒落骨と云へば曽呂利と、寄席通は御承知なる落語家の新左衛門が、一昨日うつぼの或る客に連られて九軒の吉田屋へ行き、選分て直踏(ねぶみ)したなら線香一本に付て二三銭が所高くならうと云ふ美拍子ばかり呼つどへ、ワツと陽気に騒いだ所から、其の陽気に伴(つれ)て例の桜が狂花(かえりざき)したほどで有たが、尚ほ一層陽気に遣むものと、新左衛門檄を飛ばして三遊亭円右を招き、似声(こわいろ)を遣ふやら、カツポレを踊るやら、甘茶でカツポレ、茶碗でガブつき、酔てコレワイサと倒れるほど騒ぎ廻つた上句(あげく)、旦州の指揮(さしず)にて両人とも上等の娼妓を当がはれ、白昼にまんた買とはチト恐れ入たりと思へど、何分旦州の指揮といひ、酔た上の事と云ひ、拠(よんどこ)ろありで一寝入した後、曽呂利は眠い目に天帝(てんとう)さま睨んでコソ〳〵新町通り一丁目の家へ帰ツて来ると、女房は突然ウフヽと噴出したから、曽呂利は例の細い目を尚ほ細くして、何を其様に笑ふのだ、顔に糞桶(こえたご)でもヘバリ付ているか、但また紅でも付ているか、紅が付ているなら別に怪しむ事はない、今帰り掛に紅屋の表で一丈もある石が下駄の裏へ挟まツて辷ツて転がツたのだと、真面目になツていふほど女房が笑ひ出すので、怪談を得意とする曽呂利も何となく気味悪くなつて、奈何(どう)いふ事かと手を合す様にして聞て見ると、女房はいよ〳〵笑ひながら、何を隠さう今風呂へ行くと、一、三人の娼妓が浴ていて、今日出たお客の噂をする中に、お前はんと円右さんと出たといふ話しを仕たから、可笑さを忍びて帰ツたのだとの話に、了得の曽呂利も答辞(あいさつ)に困り、いづれ此の分訳(いいわけ)は明晩まんた陳(もう)し上げ桝と頭を掻て退下(ひきさが)ツたとの事。

明治25727日 金城新報

◇圓遊の代りは南光 毎晩三遊亭圓遊一座でステテコに大当りを続けて居る富澤町の富本は、明二十八日夜限りにて同興行を目出度打上げ、その跡へは当時大阪で第一等の落語家の評判を轟かせて居る法善寺の定席南光一座を招聘し、目先を替へて大笑はとの大入をするという。其一座は桂南光、桂[林]家正楽、桂梅枝、林屋小正楽、桂南平、同小南、別に音曲琵琶浄瑠璃十六人芸では日本無類という西国坊明学等とは又々引続きての大入でしょう。

〈編者註〉桂[林]家正楽は五代目、のち五代目正三となる。林屋小正楽は五代目正楽門人二代目小正楽。のちの桂枝雁。桂南平、同小南は桂南光の弟子。桂南光は二代目文枝の前に五代目正楽の弟子であり、初代小正楽を名乗っていた。

明治25731 大阪毎日新聞

◇[広告]当席 暑中に付八月一日限にて二日より休席仕り九月一日より開席致候に付、相変らず御来車の程希候/せんば幾代亭 敬白

明治25731日 金城新報

◇富本 明晩より、頃日の紙上に記せし、富澤町富本席に於ける大阪一等の噺家桂南光一座の音曲入昔噺は、愈々明一日の晩より開場すればサアサア入っしゃい。

明治2583日 神戸又新日報

◇市内興行物案内 一昨日より市内における各興行物は左の如し。

 ▲楠公前大黒座は越路太夫一座の浄瑠璃▲三の宮朝日座は福岡若松、浅尾与作、市川慶十郎、市川扇女、嵐守三郎、実川圓蔵、中村吉次郎等一座の芝居▲多聞通り井筒太席は桂昇馬、桂小文枝、同延三、林家しん鏡、笑福亭福太郎、司馬龍太郎、艶文亭かしく、桂文我、林家花丸等一座の落語▲楠公社内菊の家亭は吾妻竹三の一座の浮れ節▲同菊ノ亭は竹本玉助、桐竹美之助、同文吉、吉田玉五郎、同兵枝、同みつゑ等一座の人形浄瑠璃▲楠公社内湊亭は笑福亭福松、同松光、同光朝一座の落語(但しここ三日間は故人圓笑の一周忌につき諸芸大会を為す筈なり)▲多聞通り四丁目旭亭は石川一真、自活組一仙一座の軍談講釈▲楠公西門筋馬力亭は実川君松、阪東粂三、同兼鶴一座の女手踊り▲同福井座は藤川正朝一座の錦影絵▲同福原口鏡亭は中川伊勢吉、同小伊勢、同小ふゆ一座の浮れ節▲多聞通り福原口日の亭は桜川脇丸、中村重春一座の貝祭文▲三の宮三楽亭は旭堂南陵、四海亭一天一座の軍談▲三の宮社内三寶座は楠社内菊ノ亭一座と掛け持ちの人形浄瑠璃▲生田社内梅ケ枝亭は多聞通り福原口日の亭と掛け持ちの貝祭文▲外に楠公西門筋に機械人形▲三の宮社内に猫と鼠の芸▲同社内に本日より大鷲の見世物あり。又兵庫部では▲弁天座は片岡當笑、嵐三津之助一座の芝居▲入江座は名古屋連の女芝居▲松鶴座は門楽、二蝶一座の改良二○カ▲湊虎亭は慶山、呑山一座の軍談講釈▲此の外湊川堤防の涼み小屋には岡本美名玉の新内落語二○カ浄瑠璃等の吹き寄せ▲同新橋畔の小屋は岡本常盤一座の女浄瑠璃

〈編者註〉

桂昇馬は二代目桂文昇門人で、主に神戸で活動した。のち笑福亭福松門人となって二代目笑福亭福我と改
  名、大正の初めに三代目桂文昇を襲名した。

桂延三は明治二十六年の番付(大阪落語人名録)に桂枝太郎、桂枝雀らと並んで西前頭十三枚目にその名前
  が載るが、師弟関係その他は不詳。

林家しん鏡は五代目林家正楽門人で、のち六代目正楽を襲名する。

笑福亭福太郎は笑福亭福松門人で、艶文亭かしくの実子。のち二代目かしくとなり、戦後三代目福松を襲名
  した。本名山田福太郎。

艶文亭かしくは曽呂利新左衛門門人。明治二十六年の番付(大阪落語人名録)では東前頭九枚目に位置する。のち二代目桂文之助を襲名する。福太郎の父。本名山田萬次郎。

司馬龍太郎は不詳。桂文我は初代。

この井筒太席の出演者は、非常に興味深い。桂派の定席であったこの席に、当時桂文枝配下にいなかった文我、かしく、福太郎が出演している。本来は福松の湊亭に出るべきであろうが、神戸はそこまで文枝が目を光らせていなかったのだろう。後年、井筒太席が閉場した後、桂派の枝太郎が敵陣の湊亭に出演しているが、これも神戸の寄席事情が知られて非常に面白い出来事である。

明治2585 日出新聞

◇若辰の新内節 東京の諸流派多き中にも京坂の咽にて真似の出来ぬものは鶴賀新内の一節となす。其鶴賀節の中に於ても、東京に於て各所の寄席で呼ものになつて居りし鶴賀若辰は、本月一日より笑福亭に来りて円橘一座に加はりたるが、本芸の新内はいふ迄もなけれど、二上りの一節に至りては実に夏尚寒き想ひあらしめ、清涼掬すべく、音調真似すべからずとは、若辰が咽工合なりと聴く人感に堪ゆるよし。夫に三遊亭しう雀も一座に加はりて愛嬌を添へ、毎夜大入なりといふ。

〈編者註〉鶴賀若辰は新内。「女芸人として容色には恵まれなかったが、声のよさと節回しの婀娜っぽさで高い人気を得た」(文之助系図解説)。三遊亭しう雀は初代三遊亭円遊の門人。本名鈴木芳三郎。

明治2586日 大阪朝日新聞

◇遊芸稼人の総数 当地に住居する遊芸稼人の内にて盲人を除き其総数を調査せしに都合千三百七十六人あり。之を内訳すれば相撲百六十九人、俳優五百七十九人、浄瑠璃太夫七十九人、同三味線弾八十二人、女義太夫五十四人、遊芸師匠廿八人、てりは狂言六十一人、囃子方八十四人、講釈師四十九人、噺家五十二人、にはか師三十二人、清元七人、新内祭文二十四人、浮れ節三十二人、声色遣ひ一人、尺八吹三人、手品師十七人、足芸六人、小鳥遣ひ七人と其他に種々の遊芸をなすもの百十六人なりと。

明治25817 日出新聞

◇此程より大津柴屋町梅の屋席にて落語興行中なる桂藤兵衛一座は相応の人気にて、先づニコ〳〵の方なるが、それに就き浜通りの或る大尽は非常に藤兵衛の愛嬌がお気に叶ひ、二三日前蒸気一艘を借り切ツて、柴屋町のニヤン的を上げ、別使者を立てゝ藤兵衛へ船遊を申し込みしに、生憎差閊にて出浮かず、依ツて石場の魚善亭にて料理したる鰻の蒲焼を贈りたる上、毎晩柴屋町及び稲荷新地の芸妓を連れて梅の屋へ出張せるより、其近所の者はニヤンと云ふ馬鹿げた事だろう、イヤ、オツペケペツポウペツポウ〳〵。

明治25818日 金城新報

◇富本に旭亭 来る二十一日より富澤町の富本と新地の旭亭との両席掛持で、圓遊派のステテコ連、三遊亭圓右、小圓右、富士松銀長[蝶]の曲弾が大入。

〈編者註〉小圓右は円右の弟子と思われるが詳細不詳94日の記事には「小円太」となっている。誤記か。

明治25830 日出新聞

◇夫のお馴染なるラツパの円太郎、扇の朝枝、岸沢駒八の連中が九月一日より笑福亭へかゝるよし。此の一座の賑ごとばかりなれば定めておもしろかるべし。又二上り新内で評判の高い若辰も贔負の客に今一興行せよと勧められて、円太郎達に加はり相変らず妙音を聞かせるといへり。

明治25831 大阪毎日新聞

◇曽呂利端唄で画をかく 落語家で有名な曽呂利新左衛門は今度端唄で画をかくといふ新趣向を考へ付き、先づ口開きに明一日より神戸楠公社内の港亭へ出勤して遣り初めると云ふが、今その趣向を聞くに、先づお客より端唄の注文をさせ、其の端唄を三絃に合せて謡ひながら謡の文句を即座に画くとの事。

明治25831日 大阪朝日新聞

◇京都新京極の興行物 笑福亭の噺しは是までの一座に数名新顔加はり…幾代の噺しは藤兵衛、竜門、文如、米団次、柳朝の一座。

明治25831日 金城新報

◇圓橘加わる 富本と旭亭の掛持で大当りを打ちつづけて居る三遊亭圓右の一座に、明晩より三遊亭の高弟橘家圓橘が大阪より帰京の途次乗り込み来たって一味連晩なほ面白さも加わるで芸将。

上方落語史料集成 明治25年(1892)9月~12月

明治2591日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲三の宮社内朝日座は実川紫若、三枡福若、嵐寿太郎、中村雁之助、同鶴之助、同福光の一座の芝居▲多聞通り井筒太席は東京下りヘラヘラ坊萬橘、桂文我、同枝太郎、笑福亭福太郎等の一座で落語▲楠公社内菊之家は吾妻竹三一座の浮れ節▲同社内菊之亭は人形上るり竹本玉助、吉田玉五郎、同兵枝、同みつゑの一座▲同社内湊亭は笑福亭福松、同松鶴、同松右衛門、曾呂利新左衛門一座の落語▲多聞通り楠公西門横手旭亭は松月堂呑玉、神田白梅一座の軍談▲同西門筋馬力亭は実川君松、阪東久米三、嵐花鶴、阪東兼鶴一座の女手踊り▲同福井座は篠塚礼枝、同力代、同光代、同力丸、西川春治、中村琴冶、大川米吉の女手踊り▲同福原口鏡亭は中川伊勢吉、同小伊勢、同小ふゆの一座にて浮れ節▲多聞通り福原口日の亭は藤井軒今元の一座で貝祭文▲三の宮町三楽亭は南鱗、玉清一座の軍談▲同社内の三寶座は奇術手品、喜天楽清一の一座▲生田神社前梅ケ枝亭は吾妻上るり新内節、岡本美津兼、同美津君、同美尾松、同小美尾、同美津房の一座▲北長狭通り播半座は女上るり、竹本清好、同春富、同小巴留、同梅吉、同春花、同清玉、同春玉の一座

〈編者註〉松右衛門は笑福亭松右衛門、二代目笑福亭松鶴門人。軽口の名手で、桂文屋の父。

明治2592日 神戸又新日報

◇市内興行物案内 兵庫の分は左の通り

▲湊川堤防仮小屋は豊竹常盤の女上るり▲新橋西詰湊川亭は玉照、玉芳斎の軍談▲入江町入江亭は富士川正朝の影絵▲弁天座は浅尾与作の一座にて芝居▲切戸町榮楽亭は宮川金蔵の浮れ節▲能福寺境内松鶴座は蝶鶴、小延次の一座にて狂言と俄▲佐比江町の米一亭は桂文昇の落語▲日向社うち日本座は休みなり。

〈編者註〉桂文昇は二代目。俗にホヤの文昇とよばれ、このころから活動の拠点を神戸に移している。

明治2592日 金城新報

◇旭亭の圓橘一座 三遊亭圓橘というは、ヘラヘラ坊万橘及び圓右等の師匠にて、東京での屈指の大将。その大将がシンとなり三笑亭芝楽、同圓子、同小紫等の一座にて、昨晩より新地旭亭にて大入をしましたが、殊更舊盆かけての興行又大当りでありましょう。

明治2594日 金城新報

◇豊橋の大笑はせ 當市で十分聴主の顎を落さして去った三遊亭一派、小圓太、圓右、銀蝶の一座は、帰京の途中豊橋の成田座で開場以来毎夜大入繁昌で、豊橋人のお臍をば大概西国へ出発させているとの事です。

〈編者註〉小円太は三遊亭円朝門人で三代目三遊亭小円太、後の二代目三遊亭小円朝。昨年橘家橘之助一座で来阪した。

明治2598日 金城新報

◇富本の圓橘圓右 富澤町の富本席では、此頃まで大当りをして居た東京の芝居噺し三遊亭圓右の一座へ、圓橘芝楽の二名を加え今晩から開場するという。今回の芝居噺しには道具を入れ、おまけに俳優の声色つきにて大切に見せるとの事なれば、一層見ものに聞ものでしょう。然して同席の昼席には、笑福亭八百蔵の人情講談を同日から開場。

〈編者註〉笑福亭八百蔵は初代松鶴の弟子。一時立川を名乗った。後に東京で講釈師となり、名古屋の端席で十年間以上一人で興行していた。晩年はフリの前座でいたようだ。本名加藤市松。

明治2599日 岐阜日日新聞

◇当市今小町関本座に於て、昨晩より三河家梅車一座の浮かれ節。又笹土居町蛭子座に於て、昨晩より名古屋小林天山の講談を興行す。

明治25911日 金城新報

◇熱田の興行 同町中道の蓬座では、昨日より市童猿次郎鴈之助等の一座で小芝居の大入、富江町富江座では、國定幸重一座の万歳二○加、同千窯席にて笑福亭八百蔵の人情話し。

明治25916日 神戸又新日報

◇明石の地蔵踊り付たり興行物 ドンツクドンと、夜川踊の拍子よく手振り品よく踊り廻るを年に一度しか見られぬとて、去る十四、十五の両夜明石駅前の空地へ見物に出掛けたるもの多く、為に露店も多分の儲けあり。是れも地蔵様のお蔭とも何とも云わねど、兎に角中々の賑わいなりし。又明石町のうち中町のほのぼの亭にては十四日より東京下りの曾呂利新左衛門の落語、本町三白亭にては十三日より桂文團冶の昔し噺しを何れもお喋り中。

明治25921 大阪毎日新聞

◇落語家の東上り 何でも世の中の事は斯んな理屈で東京から円朝が来て浪花座で大入を占めたからでもあるまいが、今度東京の或席主は当地に来り、落語家の桂文枝、小文枝、扇枝、南光、燕枝、小文及び前座一人といふ顔を東京へ招かんと相談せしが、文枝の一座は何でも一番東京子の腮を外させる程笑はさんとの擬勢はあれども、何分座長の文枝は多病にて当地でさへ休席の日多ければ、到底本年中は遠方へは踏出されず、来年早々の事にして下されと相談を取極し由なるが、流石大阪の落語家だけで来年の事いふてハヤ鬼を笑はせしとは妙々。

〈編者註〉燕枝は二代目桂文枝門人、初代桂燕枝。小文は二代目桂文枝門人、二代目桂小文。桂鶴之助の娘。

明治25921 日出新聞

◇涼風立たり新京極の景況いかんとブラ〳〵通りかゝるに、一昨夜の如きはチト涼味過ぎ、単衣にては肌寒といふ気味合なりしかば、人足も早く散たるが、いつも賑はふは幾代、笑福の二席にて、此夜幾代席には前座数名の後、柳三が弁舌軽々と人を笑はせたが、其次は小花女、まだ十二三四ダかどの辺かしらぬが、小ざつぱりとした東京跳りの京四季もよけれど、キヤリ節の跳りはメツタに見られぬもの。小文吾が重さうな口唇をベラ〳〵やるが一興にて、竜門が顔芸から唐人の真似カツポレいつもうまいもの。米団治が一旦廃した前机をまた持出したはどこ迄も京坂風でやる積りか。小松女、チツポケな子で清き音声やがてよく鳴るだらう。次が柳派の立者春風亭柳朝、強賊幸吉つゞき話し、チト歯から洩る所あれども貫目はドツサリ、然し妙な癖の京坂聴衆は人情話しとボツ〳〵座を立つ、此連中は落語家の顔を見る積りだらう。切前には文如が漢語たつぷりでよく人に通じさせるは感心、お負に傘と皿廻しは落語家にしてうまいものとは自身高座からの白状。大切が藤原の頤無朝臣、いつも乍ら重い口が軽く聞ゆるは妙なもの。来月も此連中で押通すといへば、夜は長し、席は暑からず、早寝して罪造らんより笑つた腹を寝酒であたゝめる時節到来。

明治25922日 岐阜新聞

◇泉座の小屋開き 再三本紙に掲載したる、當市美殿町に過日来新築普請中なる劇場泉座は、昨今に至りほぼ成功に、目下壁の上塗最中なるが、小屋開きは来十月上旬に執行する由にて、出勤の俳優は未だ判然せざるも多分大坂俳優ならんとのこと。

明治25924日 神戸又新日報

◇三芝居とも大人気 大黒座はますます大人気にて朝は七時まえに札留め、又相生座は昨日も淀檢の総見物あり、兵庫の川上芝居も毎夜一ぱいの大入とは本年しや芝居の當り年。夫れに引きかへ、上るり落語その他の興行物は大不景気、ヘラヘラ踊りの如きも一銭五厘の木戸銭を一銭に値下げしたれど尚一向客足がつかぬよし。

明治25925日 金城新報

◇新地花園町の旭亭では、今晩から東京落語三遊亭圓橘の大入、その読み物は西洋人情三人娘。

明治25927日 岐阜日日新聞

笑福亭八百蔵の講談 當市今小町関本席に於いて、昨二十六日より東京笑福亭八百蔵の講談を興行せり。其の読物は「関東七人男」と「飯田三流伝」、「奥州一の瀬の敵討」等なりという。

明治25930日 大阪朝日新聞

◇京都新京極の興行もの 
 
幾代席 藤兵衛、竜門、米団次、柳朝、文如の一座。                
 笑福亭 今の一座へ円篤、美家吉(新内)久枝(同)其他二三名加るよし。

〈編者註〉円篤は笑福亭円篤。東京で岡本美佐亀と名乗り音曲師として人気を博していたが、京都へ来て二代目松鶴の一門に入り円篤と改名した。

明治25101 日出新聞

◇笑福亭は是迄の一座に円篤(落語)、美家吉(新内)の新顔を入れて数でこなせば、幾代席は藤兵衛、米団治の馴染顔にて押通さんとす。

明治25101 神戸又新日報

◇市内興行物案内 例のよつて本日からさしかわる興行物を記すましょう。

▲三宮社内朝日座は嵐鱗若、中山紋三郎、嵐雛太郎、同寿の一座にて芝居▲多聞通井筒太席は落語家翁やさん馬、桂燕枝の一座▲楠公社内菊之家亭は浮れ節、荒川綱冶、菊川光冶、京山花丸の一座▲同社内菊の亭は人形入り浄瑠璃、竹本玉助、桐竹美之助、同文吉、吉田玉五郎、同兵枝、同みつゑの一座▲同社内湊亭は落語家曾呂利新左衛門、笑福亭福松、同松鶴、米枝、松右衛門、松竹、光鶴の一座▲多聞通り楠公西門横手の旭亭は軍談三省社一瓢、同一仙の一座▲楠公西門筋馬力亭は女手踊り実川君松、嵐花鶴、阪東久米三、同兼鶴、同小政の一座▲同福井座は大芸大寄せ即ち新内、源氏節、人情噺し、怪談、手踊り、引ぬき昔噺、岡本小美津松、同錦朝、同美津登司、桂南枝の一座▲同福原口鏡亭は浮れ節朝川藤丸一座▲多聞通り福原口日の亭は貝祭文、藤井軒今元一座▲三宮町三楽亭は軍談玉田玉鱗、同玉操の一座▲生田社内梅ケ枝亭は貝祭文(日の亭とかけもち)▲北長狭通り播半座、三宮社内三寶座は目下休業兵庫の分は、▲佐比江町の米一座は浮れ節▲弁天座は昨日まで川上芝居興行跡は未定▲日向神社うち日本座は休み▲能福寺境内松鶴座は阿波座連の女上るり▲入江座も女上るり、梅本ちゑの一座。

〈編者註〉米枝は笑福亭米枝、詳細不詳。松竹は笑福亭松竹、三代目松鶴の弟子、のち四代目松鶴を襲名する。光鶴は笑福亭光鶴、三代目松鶴の弟子。松輔から鱗史、呂鶴、大八会で梅香を継ぐ。南枝は、二代目文昇門下で文八から二代目南光門下で南枝。本名日下部清吉。

明治251015日 大阪朝日新聞

◇落語の寄付 京都の新京極いくよ席に出て居る落語家桂藤兵衛は、かねて我信ずる同地安井金毘羅神社の衰微を歎き、同社賑(にぎわい)のため毎月九十の両日、同志を募りて夜店を出さす事とし、尚自身も門人と共に社内の能舞台に出張して一齣(ひとくさり)づゝ落語の寄付をするといふ。

251026日 岐阜日々新聞

◇金津の寄席 當市金津廓大門通(焼失の跡)大富町角に普請中なる寄席(二階寄席下は住家)は近日成功を告ぐる由なり。

明治251028日 金城新報

◇東京大阪合併落語富澤町富本座にては、東京の春風亭柳朝一座と大阪の笑福亭福松の一座が、久し振りで合併興行をするとは又好評を博するならん。

明治251030日 大阪朝日新聞・日出新聞

◇新京極寄席案内 

幾代席 藤兵衛一座は柳朝が抜けて鶴亭亀助、湊屋水魚の二人が入る。

笑福亭 円太郎が抜けて、朝枝、古満之助、円篤等が入る。

〈編者註〉鶴亭亀助は明治二十六年一月の番付(大阪落語人名録)の東前頭十六枚目に名前が載る。詳細不祥。湊屋水魚は不詳。古満之助は初代東家小満の助。本名志沢たけ。幼少より寄席に出、音曲にすぐれ、特に常磐津、トッチリトンを得意とした。明治十九年四月ころ四代目都々一(坊)扇歌を襲名しているが、東家小満の助の名前も併用して使っていたのかも知れない。

明治25111日 神戸又新日報

◇市内興行物案内 例の通り本月からさしかわる興行もの及び昨日より引続き興行中のもの。

▲三の宮社内朝日座は壮士芝居にて中々の人気▲北長狭通り播半座は壮士の改良俄にて昨三十一日が初日▲楠公社内菊之家亭は浮れ節荒川綱冶、吉田奈良枝、京山大教の一座▲同社内菊之亭は人形入り浄瑠璃、竹本玉助、同小市、同廣次、同廣松の一座▲同社内湊亭は落語笑福亭福松、主眼軒榮二、笑福亭松鶴、同米枝、松竹、光鶴の一座▲多聞通り楠公西門横手の旭亭は軍談三省社一瓢、同一仙の一座▲楠公西門筋の馬力亭は女手踊り実川君松、嵐花鶴、阪東久米三、同兼鶴、同小政の一座▲同福井座は大芸大寄せ(即ち新内、源氏節、人情噺し、怪談、手踊り、引抜昔噺し)竹本光一、桂錦朝の一座▲楠公西門筋福原口鏡亭は浮れ節浅川富士丸の一座▲多聞通り福原口の日の亭は貝祭文菊川登根元、石川始の一座▲三の宮町の三楽亭は軍談松月堂呑山、同松鳳の一座▲三の宮社内三寶座は浮れ節荒川綱冶の一座にて菊之家亭と掛け持ち▲生田社内梅ケ枝亭は貝祭文▲多聞通り井筒太席は落語家差替えの都合により三日迄休み▲此の外相生座大黒座は何れも今日が初日兵庫は▲弁天座は市川市三郎、市川猿升等の一座にて芝居▲湊橋の湊虎亭は燕人、玉智の軍談▲能福寺うち松鶴座は半貴、寿玉の改良俄▲日本座、入江亭は未定

明治25115日 神戸又新日報

◇明石の興行物 明石町の内西新町の明石川原に於て、昨四日鳴見潟寅吉が興行元にて大碇、玉の矢、大海、高見龍、月の森等の宮相撲あり。又同町の内東本町の三白亭にては、大坂下りの岡本美根太夫一座の新内節、義太夫を同日より興行。

明治25118日 金城新報

◇旭亭万橘の大人気 頃日中興行し居る新地旭亭のヘラヘラ万橘一座は、非常の大人気にて客止をなす程なり。

明治251015 大阪毎日新聞

◇円朝の一座にてお馴染の立花家若橘と三遊亭円左の両人は今晩から淡路町の幾代の席へ出勤する由。また桂文団治の弟子で米朝と云ふシカどのは、秋が来たからでもあるまいが五六年前より京都で米団治と改名して見台を叩いて居たが、今度久々で帰阪し、本日の夜から堀江の賑江亭へ出るとの事なるが、余程上達して師匠や他の名人にも劣らぬ口まへになりしと云ふ。

〈編者註〉立花家若橘は立花家橘之助の弟子。本名内藤あか。三遊亭円左は三遊亭円朝門人で明治十八年頃に初代円左となる。ともに今年九月に来阪した円朝の一座に加わっている。(下掲の「三遊亭円朝の大阪行き」参照)

明治251017 大阪毎日新聞

○文枝が勢を落した話 

当地にて落語家の巨擘と称(いわ)るゝ桂文枝が、四五日以前淡路町の幾代亭の主人西村元蔵と或所で落合た所から急に相談が出来、まだ紅葉には早けれど箕面山の秋景色なかなか捨た物でなしと人車を箕面山へいそがせ、態と麓にて人車をゝり詰の弁当ブラ〳〵携(さげ)て山へ登り、我れ兼好ならば楓は紅葉しものゝみ愛るものかはと書むものをなど文枝が云ふに、主人もまた閑に保養を為て洒落を暖むるお前さんと斯して歩くのは実に久々だよと笑ひ興じて茶店に入り、サア之から下戸の世界に仕やうと塵うち払ひて座敷へ通るに、茶店の婆さん上客と見て取り煮花に菓子そへて持来り、未だ紅葉は少し早い様でいづれ見頃は来月中旬過になりませうと正直な挨拶は田舎人の本色、何をおいても田舎へ来ると此の掛直のないのが嬉しいと文枝は喜びながら蒸菓子一ツ採て半分に割と、此はそも奈何に、餡は天一の手を借ずして何千匹の虫と変じいるより、コリヤ蒸菓子でなくて本当の虫菓子ぢやと洒落た所はスツカリ得意の素話だが、元来同人は極の清潔家(かんしょやみ)にて、糞(こえ)取と物を言ツた魚屋の魚は買ぬといふほどの男ゆゑ、此の虫を見てから何一つ喰ふ事が出来ず、態々旨い物尽しで大阪から持て行た弁当さへよう喰ずに、渋茶のみガブ〳〵飲み、腹が空たといふやうな顔もせず洒落に洒落て帰ツて来たとは何となしに面白い話し。

〈編者註〉幾代亭の主人西村元蔵は極めての洒落者で、式亭三馬や十返舎一九が草葉の蔭で喉をゴロつかえるような趣向をしては楽しんでいるような人であったらしい。ある日高級馬車を借り切り、友人と二人、付け髭をして当世風の紳士となり、芸妓をそれぞれ細君に見立てて箕面に紅葉狩りに行った珍談が十一月十一日の大阪毎日新聞に出ている。

明治251120 大阪毎日新聞

◇明学の渡韓 お馴染の琵琶法師西国坊明学は今度四名の同業者を引連れ朝鮮へ渡航する相談整ひ近々同地へ出港するよし。

◇立花家若橘 三遊亭円朝の一座に加はり曩に浪花座へ出て人気の好かつた同人は当地にお尻を据ゆる気になり、今度いよ〳〵南地で家を借り清元の稽古所をオツ開くつもりなるが、容貌は兎も角アノ音声にピリ〳〵として定めて肩入連中も多かるべし。

明治251120日 金城新報

◇柳朝福松一座の移席 目下新地旭亭にて興行中なる柳朝、福松一座の音曲落語は、来二十二日より大須前福寿亭に移席してお名残興行をなす由。

◇ヘラヘラ坊の移席 頃日中當市巾下の橋又座にて大当りを為したるヘラヘラ坊万橘の一座は、今晩より熱田の蓬座へ引移りて熱田をヘラヘラと笑わすと云う。

明治251129日 大阪朝日新聞

◇電報付録の講談 京都新京極六角下る講談上田席にて講談師山崎琴書が、帝国議会に関する吾社の電報付録に依り議事の模様を講談し、国会議事堂にありて傍聴すると同様の感じを起させんと大奮発で居るといふ。

明治25121日 神戸又新日報

◇京都の興行物 

幾代席 藤兵衛、竜門、文如の一座。

 笑福亭 今の一座に朝寝坊夢楽と津本[清元の誤記]福助が入る。

〈編者註〉朝寝坊むらくは三遊亭円朝門下で五代目むらく。即席三題噺を得意とした。清元福助は婦人の音曲師で、昨年よりむらくと一座している。

明治25125日 岐阜日日新聞

◇萬橘の大受けと駒鶴の大當り 東京のヘラヘラ坊萬橘の赤い手拭と落語は笹土居の蛭子席で大受け。又浪越の駒鶴一座の女上るりは今小町の関本座にて大当り。

明治25129 大阪毎日新聞

◇道具入の落語 久しく中絶せし道具入の落語を今度淡路町幾代亭の主人が再興し、趣向もズツと目新しくせんと道具万端新調中なるが、一座は例の文枝を首にして来る十五日より開場すると。

明治251211日 金城新報

◇寶生座の新築 昨年の大須の大火にて焼失したる劇場寶生座は、其後そのままとなりしが、座主は此度同座を南伏見町に移転して新築する事となりたる事なり。

〈編者註〉開場は261012日。

明治251211日 香川新報

◇玉藻座と港席 丸亀新堀の玉藻座にては一昨十九日より芸妓の芝居、宗古町の港席にては昨日より自由国の地球亭○○一座にて改良落語、新小説続き噺、改良新聞おどけ芝居等の興行あり。同一座が町廻りの時にいずれも柿色の衣服に編笠をかぶりをたりと。

明治251212 大阪毎日新聞

◇道具入の落語 淡路町の幾代亭にて道具入の落語を演ると云ふ事は前号の紙上へ記しおきしが、道具の不揃ひと出方の来阪する都合に依り、来る二十日以後にする事としたり。

明治251212 大阪毎日新聞

◇師匠の意し 顔はドロピイとは行かねど愛嬌と腕に掛たらヨカチヨロパツパ節で鳴らした立花家橘紫は、此のヨカチヨロパツパ節を花街へスツカリ流行させ、苟くも三味線採てヨカチヨロ節を謡う芸妓は橘紫の名を知らざるもの無きほど成しかば、同人は名を遂て身を退く比喩の通り、今度奇麗に寄席を退て、来る一月二日より宗右衛門町へ清元の稽古場を開き仇つぽい所を教へるとのこと。就ては寄席のお名残りとして来る十五、十六の両日淡路町の幾代亭と法善寺の金沢亭にて美声を発するといふ。イヤ何にしても足本に目を着た行ひ方師匠殊勝。

明治251219 大阪毎日新聞

◇落語家の顔見世 堀江の賑江亭では一昨々夜より桂文都の一座が道化顔見世を為しいるが、その面白き事一方ならず、只さへ三絃の胴と綽名ある文都が例の四角な顔で女形をするなど実に年忘れには好き興行ものなりとて毎夜毎夜の大入なりと。

明治251225日 大阪朝日新聞

◇演芸共楽会の催し 今度二三有志の人々が協議の上、演芸の矯風を主として演芸共楽会なるものを設け、其発会に此たび大阪紡績会社の火災に横死せる人々を弔慰のため、今廿五日午後五時南地演舞場にて慈善演芸会を催し、入場者は総て無料にて、場中に義捐箱を設け、有志者の義捐金を仰ぎて紡績場に寄送する筈なれば、出席者も一同無謝儀にて出席するよし。其人名は豊竹相生太夫、桂文枝、同小文枝、同南光、同扇枝、橘屋若橘、三遊亭円馬、立花家円三郎、ヘラ〳〵坊万橘、桂文屋、清元順三、司馬竜太郎、松月堂呑玉、三遊亭万寿等なりと。

〈編者註〉十二月二十日午前三時、大阪紡績会社で火災がおこり、百余名が焼死した。

明治251228日 大阪朝日新聞

◇新京極興行もの 

幾代席 今の一座に藤原、桃太郎、伯枝の三名を加ふ。

笑福亭 今の一座に新顔一二枚加はるよし。

〈編者註〉藤原は三代目笑福亭松鶴門人で璃鶴から小松鶴となり、のち桂藤兵衛の身内となって桂藤原から藤原年史となった人。のち三代目笑福亭円笑を襲名する。桃太郎は昔々亭桃太郎。

明治251229日 岐阜新聞

◇関本座の初興行 當市今小町に当り外さぬ寄席関本は、来一月一日より砂川米政、竹本玉吉一座(目下興行中)の改良祭文と女浄瑠璃へ東京の柳家の小三外ニ三枚の芸人を差加え落語、怪談、手踊等の吹寄を興行するよし。

明治251231 大阪毎日新聞

◇落語家も例年より見ると余ほど景気よき方にて、東京より続々下ツて来る落語家連と一座し何日も大入を博(とる)所から思ひの外銭儲けありて、早々新年になれば好と鬼の臍にお茶を沸させて大晦日さへ平気なもの(皆が皆といふ訳ではなけれど)。

 

上方落語史料集成 明治25年(1892)付録

            三遊亭円朝の大阪行き


<大阪行きの頓挫>

明治2562日 大阪朝日新聞

◇円朝来阪の相談 浪花座の座主秋山儀四郎は、左団次演劇(しばい)の大当りから乗りが来て、今度も何か変つた事で当りを取らんとの思ひ付より、当時東京にて落語家の巨擘(おやだま)と称へらるゝ三遊亭円朝を一箇月金三千円にて買来らんと、自身に出京して円朝へ掛合ひたるに、同人は未熟なる技芸を一百円にお買ひ下さるは身に取りて結構至極なれど、私も円朝で御座候と参るには正か素手でも参られず、千や千五百の土産物は持参せねばならず、其上一人でゆく訳には参らず、何れ家内弟子等を連れ、帰りには奈良見物位はさせねばならず、左すればまた幾何(なにがし)か引て、実際手に入るは僅にて引合はず、又寄席と違つて劇場にて咄をするのは為難(しにく)いもので、此前新潟へ行て懲りました、ト云て五百や六百入る狭い処では貴方の方で割に合ひますまいから、コリヤ御勘考もので御座いますぜと、流石は名人の円朝ほどありて金に目をくれぬ挨拶に秋山も感服したるよしなるが、未だ来るや否は相談中にて極らぬよし。

明治2569日 大阪毎日新聞

◇三遊亭円朝来る 当時落語家の巨擘と称るゝ三遊亭円朝は遠ツから来ると云ふ噂があツたが、今度浪花座の座主秋山四郎氏が東京へ登ツて同人へ話し込み、いよ〳〵当地へ招く事になり、来る二十日着する都合なるが、当日は当地の各落語家を初め芸妓、幇間、同座の表方など数百輛の人車にて梅田の停車場まで迎へに出掛け、花々しく浪花座へ乗込むとの事。尤も同座にては木戸銭を極く安くしてタツプリ面白き情話を聞せる由。

明治25624日 大阪毎日新聞

◇円朝の変りに団十郎 浪花座へ東京で落語家の巨擘と言はれる三遊亭円朝が乗込み、例の人情話をして大阪の泪を種切にさすとの噂だつたから、円朝の口を酸ぱくさせるか此方の泪が尽るか一番根くらべ仕やうと耳欹てゝ聴衆が待ていた甲斐もなく、円朝は何か都合があつて秋頃まで来るのが延び、其代り団十郎が乗込むと云…(編者註:実は俄の団十郎が帰演するのだとのオチつきの記事)

〈編者註〉このとき円朝が大阪にいる愛弟子三遊亭円馬(二代目)に出した書簡が永井啓夫『三遊亭円朝』(青蛙房・昭和46年)に載っている。それによると円朝は「もはや老衰の身、殊に劇場にては音声もとどかぬ」と言って断ったが、秋山儀四郎は何度も円朝宅を訪れ、かなり強引に浪花座出演を迫ったらしい。円朝も不承不承に秋ごろならと返答した。秋山も承知し、千円の手金を置いて大阪へ戻ったが、秋とは言わずすぐ来阪せよの矢の催促、さすがの円朝も「約束を違ふ人なれば拙子も出るのがいやに成り候、千円の手金を返金して断(ことわり)候」と、このときの大阪行きは頓挫した。


<大阪行きを決意>

明治25821日 大阪朝日新聞

◇円朝の来阪 浪花座に乗込はずなる東京の落語家三遊亭円朝は、いよ〳〵来月十日ごろ来阪し、浪花座に出勤することに極り、今月末に手代両人ほど下阪のよし。右に付、東京三百五十余箇所の寄席にては円朝下阪の餞(はなむけ)に縮緬大幅五布の大幟を送らんとの相談もありしが、俳優と違ひ落語家のことなればさる華美(はで)なる事は好まずとて円朝より断りしを以て、更に何か他の贈物をせんと目下頻りに相談中のよしなるが、尚日ごろ贔屓の魚がし、大根河岸、芸妓連、俳優等より続々贈物の申込みありて、何れも支度中のよし。尚各区寄席取締連中二十名ほどは京阪見物かたがた円朝と同道したきよしを云ひ居ると云ふ。

〈編者註〉秋山の重ねての懇望についに大阪行を決意した円朝は、八月二十六日付で円馬に書簡を送り、再三辞退したが、門弟たちや後援者の勧めもあり、ついに大阪行を了承した。ついては「君は大阪の落語家と成居れば」どうか力になってほしい。逢うのを楽しみにしていると記している。九月六日、柳橋の亀清にて留別の宴が催された。

明治25910日 大阪朝日新聞

◇円朝一座の演芸 浪花座に来る三遊亭円朝が主人となり、去六日東京柳橋の亀清にて留別の宴を開き、其席にて円朝の同行者が余興として一席づつ演じたる技芸を見て、其得意とする処を見るべし。先三遊亭円花演場に登り「欠の稽古咄」といふを弁じ、頗る手に入たものとの評を得たり。次に登壇したる円左は同じく昔噺しなりしが、短かすぎて評なし。其次は婦人花子、富士松節の新内にて其美音来客を感服せしめ、大阪にては屹度受るならんとの評を得たり。此はな子と若橘の二女、浪花座に出勤の節は洋服にて出演するよし。次は遊三の落語、是れまた近来の売出にて、其話し振り何処となく愛嬌あり。次は若橘の清元四季三番、音声の鮮なること目下東京の芸人社会を圧するの勢ひありて真実の清元なり、願はくば糸の音色今少し確ならばとの評あり。次は放牛舎桃林の講談、頭の光り電気灯を欺く老練家ほどありて確かなものとの評を得(う)。さて最後に三遊亭円朝登壇して得意の読もの業平文治を一席弁じ大喝采なりしといふ。其他円遊の手踊、尾上菊之助の北州の踊り等ありしといふ。


<円朝を迎える浪花座の準備>

明治2591 大阪毎日新聞

◇浪花座へ近日乗込む三遊亭円朝は、一昨日同座へ向け五反巾の大幟(魚がし、大根がし、やまと新聞社、歌舞伎座、尾上菊五郎等より贈りしもの)数本送り越したれば、同人が乗込み前に戎橋南詰へ夫々立並ぶると云ふ。

〈編者註〉一座の写真をそのまま石版画として表に飾りつけられた。

明治2599日 大阪朝日新聞

◇浪花座にては東京より円朝の手代来りて、相談の上舞台を土間の真中へ掛け足し、後には館造りの襖を立て、上には天井を張詰め、土間の天井には多くの針金を張りて広き劇場にても能く声の聞えるやうにするとの事なるが、堂島株式連又は雑魚場連など云へる気早の連中は、二間三間程づゝ円朝興行中買切るとて前金を渡したる程なり。

明治2599 大阪毎日新聞

◇円朝の人気 来ぬ先から噂の高い三遊亭円朝はまだ看板さへ揚げぬ今日から好人気にて、芝居茶屋の川里、兵忠、近安、泉正等より興行中、場や桟敷を続きにて買切りたしとの申込みもある由なるが、右は堂嶋株式、ざこば、天満の市場等のお客を目的の筈なりと。因に云ふ、今度浪花座にては舞台の高座を平常より少し前へ出し、後は襖にて建込め、土間の天井へは前の府会議事堂の如く鉄線を充分に張詰め、音声の行届く様注意するの事。


<円朝一座、大阪へ旅立つ>

〈編者註〉円朝一行は911日午後九時五十分発の最終列車にて東京を出発。912日午後三時三十分、京都着。913日、風雨激しくして挨拶廻りを延期。914日午後五時京都発、大阪着。円朝夫婦は南区宗右衛門町の江間方に寝泊、のち日本橋北詰東入岸沢亭へ転宿。916日、堂島株式取引所をはじめ道頓堀の色茶屋、劇場、茶屋等へ挨拶廻り。917日、浪花座初日。

明治2597日 大阪朝日新聞

◇円朝来着の支度 来る十一日午後九時五十分の東京発終列車に円朝一座の者乗り込み、十二日西京に一泊の上翌十三日来着の筈なれば、浪花座にては其支度中なりと。

明治25922 大阪毎日新聞

◇鉄道蚊帳の餞別 当時浪花座にて興行中の円朝が出立の砌り、横浜の富貴楼へ立寄りたるに、同家の夫婦が夜汽車といふものは火取虫と蚊が多くて困るものゆゑ之を進ぜむとて一つの包物を与へたるより、円朝喜びながら受て見るに鉄道蚊帳と記しあるゆゑ、偖は特に拵へ呉たるものかと厚く礼を陳て納め、頓て夜汽車に乗込みたるうへ右の蚊帳を釣て見るに、形角にて幌蚊帳の如く、紅麻の縁広う取て胸の辺まで掛る様に出来たり。遊三之を見てまじめになり「蚊帳あり円朝師のみ被る亦羨ましきあらずや」と洒落たるも面白かりし。又た一行の円左は大阪へ着して写真看板の評判好を聞き「看板に奇麗な顔を並べ立て売物に先づ飾るはなし家」と口吟みしと。

明治25915日 大阪朝日新聞

◇円朝一座 一昨々日午後三時三十分、円朝の一座が西京へ着して生庄へ繰込むや、中井桜州山人待ち受けて多くの芸妓を招き、午後十二時過頃まで飲み続け、翌日は馴染の方々へ面会する予定なりしも、風雨にて心に任せず一日のばして昨日やツとのこと京都の用向を済せ、昨日午後五時京都発の汽車にて大阪へ乗込みしよしなるが、大阪の贔屓連は待ちかまへて梅田へ迎に行くは云ふまでも無く、成る丈け賑かに花々しく乗込させんと相談せるを円朝聞きて眉をひそめ、吾等は俳優と異なれば乗込などゝ云ふて歌舞伎の浪花座へ乗込むさへゑらさうにと云はれはせぬかと心苦しきに、況して花々しくされては心も心ならず、願くば首尾よく勤め終りて後乗込にも増して賑はして下されたしとの精神にて、別に乗込などはせずひツそに着阪し、来る十七日より開場し、午後四時に始め十時に終る筈なりと。

明治25915 日出新聞

◇三遊亭円朝 大坂浪花座に出勤する三遊亭円朝は、下坂の途次一昨日来京、木屋町池庄に一泊し、昨日午后五時に大坂に向け出発せり。旅宿池庄へは一昨日来続々来客ありしが、中に桜州山人をも見受けたり。京都にても一興行せんと出勤を申込たるものありし由なれど、興行席は真平なりとて一切謝絶したる趣きなるが、妙心寺管長芦匡道師は故山岡鉄舟居士の為め静岡に建立せんと計画中なる寺院の屋根瓦のみ未だ充分の寄付者なきを以て、円朝の浪花座を打上げ京都に立寄るとき、興行席外に於て恰好の場所を撰びて一席を演ぜしめ、其上り金高を右寺院の屋根瓦代に寄付せんと計画し、円朝も篤志を以て無料にて出演することを承諾したる由なれば、何れ大坂より帰途京都にて一二席を演ずることなるべしと云ふ。

明治25916 大阪毎日新聞

◇桜州山人 常に奇言奇行を以て世を瞞するは中井桜州山人なり。頃日円朝子京都を過ぎる。山人待受けて其一座を迎へ相與に携へて祇園狭斜の巷に豪遊す。席上得意の芸尽しを演ぜしめ、嬉々として余念他愛もなかりしとかや。斯の如く世を弄び了せば浮世は随分面白かるべし。

〈編者註〉中井桜州山人、本名中井弘(天保9年~明治27年)、号桜州(桜州山人)。薩摩藩士。明治政府の一奇才。翌明治26年に京都府知事となる。

明治25918 大阪毎日新聞

◇三遊亭円朝は一昨夜午後六時より南地太左衛門橋北詰の見山屋へ府下各新聞社員を招待し、今回着阪せし挨拶、且は演ものなどの相談かたがた酒宴を開きたるが、集評の上塩原多助と業平文治を一日に二席演ずる事に極まり、夫より同所の紅裙数名をして酒間を奔走させ、余興には一座中の遊三が梅にも春のステヽコ、花子は富士松節の明烏後の正夢を語り、円左の綱上意と紀伊の国などの道化舞の可笑味には賓客の臍をよらしめ、其他芸妓等が交々得意の舞曲を奏で頗る盛んなりしが、一同散会したるは午後十時過ぎなりき。因に云ふ同席上円朝が社員へ談話の中に、今度御当地へまいりて浪花座で拙なき話しをお聴せ申すさへ如何あらうかと心配なるに、私は御承知の通り殊に音声低きゆゑ劇場だからといつて大声で演る訳にはまいらず、総べて落語は中音で演るが妙味だと御存じのお客さまもあらんが、其の中音で演れば隅々まで聞えますまい。然りとて大きく演つては落語の妙味がなし、是れには私も頭を痛め居りますと語りしが、如何にも正理の事どもなり、だから落語は中音のものと思しめせと頼まれもせぬ御注意。                     


<浪花座の円朝一座>

〈編者註〉917日初日。929日、30日は休演。101日より出孫、桟敷、土間を半額にして再演。104日、円朝腹痛にて休演。109日千秋楽。

明治25916日 大阪朝日新聞

◇円朝一座の演芸番組 一昨日来着したる円朝一座が演ずる明十七日初日の出しものは御祝儀昔噺(円花)、清元寿三番叟(若橘)、滑稽三府の漫評(円左)、富士松七福神(花子)、高野長英伝(桃林)、滑稽音曲噺し遊廓七粋人(遊三)にて、心打[真打]円朝は塩原多助、牡丹灯籠、業平文治の内にて未だ決定せずとの事なり。

〈編者註〉円花は円朝門人三遊亭円花、のち四代目三遊亭新朝となる。立花家若橘は立花家橘之助の弟子。本名内藤あか。三遊亭円左は円朝門人で明治十八年頃に初代円左となる。花子は三遊亭花子。五代目司馬龍生門人、のち立花家橘之助の門人となり立花家花子。本名今井たま。桃林は放牛舎桃林、講釈師。本名島左右助。遊三は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人初代三遊亭遊三。

明治25917日 大阪朝日新聞

◇円朝の景気 落語家の来阪としては近頃評判喧しき浪花座円朝一座は、いよいよ今日午後四時より開場し、木戸銭は十銭以上と思ひの外一人前四銭とは意外の安値なり。右の開場を待兼ねたる南地五花街の芸妓は同日宗右衛門町の富田屋と中雪の両家より総行をするよし。また株式取引所にては左団次同様縮緬の旗を二本送る事になり、夜通しの大急ぎに拵へさせ、今日開場の間に合す筈なりと。

明治25917 大阪毎日新聞

◇三遊亭円朝の人気 いよいよ本日より開場する浪花座の円朝一座は時候も殆ど冷気となれば初日前から好人気なるが、宗右衛門町の中雪、富田屋等の周旋にて初日は南地五花街の美徳会が総見物ドツコイ総聴人となり東西の出孫を切落すと云ふ勢ひ。また株式取引所からは同人へ紫縮緬のフラフ一対送りし由。因に云ふ此度の興行に付き表の通券は四銭なるよし。

明治25918日 大阪朝日新聞

◇浪花座の円朝は一昨日俳優乗り込みの模(かた)に倣ひ、堂島株式を始め道頓堀の色茶屋、劇場茶屋等を廻り、いよいよ昨日より開場し、同人の出しものは贔屓先より郵便端書等にて続々注文のあるに任せ、毎日塩原多助と業平文治を一席づゝ勤める事になりしよし。此一座中花子と云る新内語りは未だ十三四の美少女の上頗る美音にて糸も達者なるよし。此花子近きころまで髪を結び居りしが、或る人戯れに花子も最早色気づいたと見えて大分めかし込むと云れたるを癪にさへ、をしや緑の黒髪根元よりプツリと切り、以後散髪にて高座を勤むる事になりし由。

明治25919 大阪毎日新聞

◇円朝一座初日の景況 一昨夜は初日の事とて其景況を見がてら出掛けしに、午後六時過ぎには割場は素より東西上下の桟敷、出孫、平場までギツシリと詰り、なか〳〵強い人気なり。御祝儀の円花は聴き洩らせしが、次の(清元寿三番叟)若橘は音声のよいので満場大喝采、殊に後で演た都々逸其他の端ものには向ふ正面の連中大ヒヤ〳〵。次に出た円左は声の低いとまじめ過ぎし為めか気の毒な程冷評を入れられ、徹頭徹尾までワヤ〳〵、如何(どう)なるかと思ひしに、最後に演つた踊り綱は上意で少しは人気を取戻せり。次の花子は流石子供と云ひ婦人と云ひ、円左程では無きも何分声が通らず、車輪で語つて居る富士松節の明烏も中程まへから徐々冷評を突出して不首尾なりし。次は桃林の講談(高野長英伝の発端)老練だけに少しはワヤ〳〵の鳴を鎮めしが、何分多数の聴衆ゆゑ、大阪風の落語も東京風の人情ものも講釈も柄杓も癇癪も其聞分けなかりしは遺憾なりし。次の遊三は目先きを早く利して首から愛嬌を見せ、場中を鎮めしは手柄〳〵、殊に士族の鰻やといふ落語は十八番と見えて大喝采、後のステヽコも大受け〳〵。終の円朝が業平文治を二席演しには流石は名人巧手とて何程小音にても隅々までよく行届き、満場賞声の外は皆水を撒たる如く、最(い)としめやかに聴かせしは感服と云ふの外なし。此容子なれば大丈夫大入は受合なるが、座主秋山が注意にて昨夜よりは向ふ正面の桟敷の欄干を境として其下より仕切り、夫より後へは聴衆を入れぬとの事なれば、ワヤ〳〵連も是れで聴えぬ事はあるまじ。併し早よ行かぬと場所がござらぬから其おつもりで‥‥。

明治25920日 大阪朝日新聞

◇円朝一座の上景気 劇場に於て落語の興行とは神武以来ない図なほたえと、余計な癪を岩永は畠水練と見なして、はなしかには縁のある秋山の計略図に当つたか外れたかは未だ断言は出来かぬれど、市中の人気は非常によく、円朝御苦労と折角の来阪、新聞紙の肖(に)ヌ顔見て埒明くべきに非ず、一肩入れて上方贅碌と昔の汚名取り返すは此時と、木戸銭四銭は安過る代りに聞えぬ処で入合せが付いて居るとも知らぬ勇み肌の連中、午後四時開場といふ新聞紙の吹聴当に二三時頃から続々詰めかけたるに、悲しや座主と茶屋との間にズンド些細な紛紜が出来て、五時過ぎても始まらず、新聞屋め欺しおつて太い奴でとむかついて居るうち、やう〳〵話しがついて五時半頃より始めたり。露払の円花と清元若橘の二席、無事に済て三番目に上りし落語の名人と近来東京寄席通の評判よき円左の音調やゝ低く、切落しまで声の通り兼るより、ジヤ〳〵が始まり、引込め止めよの声さかんに起りしを、例のステヽコ踊りに辛くしてお茶を濁して引込みたる後は、富士松新内の花子、是また声低うして蚊の啼くほどにも聞えぬと、切落しの激昂ますます甚だしく、書生風の男憤然として立ち上り、切落し諸君よ、諸君は落語家の顔見たばかりで大枚四銭の木戸賃を高いとは思ひたまはぬか、我々は断じて高いと認めるにつき席主に向つて談判をせんと思ふが諸君は御異論ありやなど高声に演説めかして論じ出した騒ぎに、一層紛擾の折柄、桃林、はな子に代りて雄弁を振ひはじめたるに、やう〳〵少し鳴を静め、其機に乗じて遊三の滑稽なる仕方噺しに紛擾全く静り、無事に演じたり。偖(さて)次は心打の円朝出席して業平文治の侠客談に一同鳴をしづめ、満場水を打たる如く粛然として聴聞し、午後十時半に打出したり。以上初日の景況なるが、二日目(一昨日)よりは座主の注意にて高座を舞台の前に突出して凸字形とし、追込も引船の際までに縮めたれば、声の行渡らぬ処なく、追込の苦情もなく、初日に勝る上景気にて大入札を掲げ、昨日も引続大入なりしと云。

明治25922 大阪毎日新聞

◇折合あしきは円朝の迷惑 目下浪花座で興行中の円朝一座は毎夜大入の好景況で言草は無い筈だが、此興行をするに付座主は前茶屋に例の通りの下金を出させんとせしも、前茶屋は演劇と違へば如何も下金を出す訳には往かぬと謝絶りしが、抑々で座主も大きに腹を立、そんなら下金を取ない換りに上等の場桟敷は本家が引抜き五の筋以下を前茶屋に取せるとの事から双方睨合と云ふ姿で、前茶屋から行く客も迷惑なら、其事情知らぬ円朝も気の毒だと昨今川竹での噂なるが、如何か円朝の円の字と滑稽の一字を取つて円滑にしては如何もの。

明治25929日 大阪朝日新聞

◇三遊亭円朝 同人が浪花座の興行幸ひ好人気にて大入なれど、場所広過る為め隅から隅までは聞えず、本人も聞えまいと思ふゆゑ有らん限りの声を張り上ぐるゆゑ、自然人情話の真価を語ることも出来ず、此れでは遺憾至極に付き、仮令(たとえ)三日でも宜(よ)ければ大阪の人気に合ふとも合はぬとも自分丈けの声にて十分の話して見たいと思へど、此れといふ場所なければ何うか斯うかと思案中、南地演舞場こそ構造と言ひ広さと言ひ最も適当なればと、贔負の紳士に頼み、小楠公へ寄付興行三日間同場を借ることに定め、今の浪花座打上次第同場にて精限り力を尽し、十分円朝の円朝たる処を聞かせ、直ちに帰京する筈なりといふ。

明治25930 大阪毎日新聞

◇円朝の一座   浪花座の東京話しは昨今の両日休業し、明日から再初日を出す筈なるが、同日よりは直段を改正し、桟敷と出孫は是までの半額に減じ、場は残らず十銭の追込みにするとの事なれば一層大入を占るならん。又円朝の演ものは引続き塩原多助と牡丹灯籠の二席なるよし。

◇[広告]当座興行、円朝一座大入に付為御礼、十月一日より桟敷、出孫共是迄の半直段、桟敷六十銭、出孫二十四銭、上場壱人に付金十銭。/怪談牡丹灯籠 塩原多助一代記(毎夜二席)円朝述毎日午後五時開場 道頓堀浪

明治25930日 大阪朝日新聞

◇浪花座の円朝一座は昨今両日休業し、明一日より出孫、桟敷とも今までの半値段、土間はいづれも早い者勝十銭に値下げし、円朝は矢張り塩原多助と牡丹灯籠を読むといふ。

明治25930日 大阪朝日新聞

◇[広告]当座興行 円朝一座大入に付為御礼十月一日より桟敷出孫共是迄の半直段桟敷六十銭出孫廿四銭上場壱人に付金拾銭/怪談牡丹灯籠 塩原多助一代記(毎夜二回)円朝述/毎日午後五時開場 道頓堀浪花座

明治25103 大阪毎日新聞

◇浪花座の円朝一座も再初日より直段を改正せし為め非常の人気にて少し遅く行くときは土間は素より桟敷も出孫も空場はない程の大入なるよし

明治25106 大阪毎日新聞

◇円朝の腹痛 一昨夜浪花座で前座の円花と次の若橘、其跡へ円左が出てペラ〳〵と御機嫌を伺つて居たが、お客の数は八十九人、処が生憎円朝は腹痛でございましたから入かけにして跡札を差上げますとの事にお客は呟きながら出て往つたが、此人数では腹痛も御正理。

◇円朝の病気全快 別項の円朝は一昨夜腹痛にて出勤せざる由を記したるが、昨日は全く快方に赴き相変らず出勤したりと云ふ。

明治25107日 大阪朝日新聞

◇三遊亭円朝 同人は来る十日前後に浪花座を打上げ、後は演舞場にて小楠公の寄付興行を二三日間催したる上直に帰京するよし。

明治25109日 大阪朝日新聞

◇浪花座の円朝一座は本日限打上げ、一両日は骨休では無い、口休として贔屓になりし市内豪商紳士の家々など巡り、四條畷神社への寄付興行は多分十四、十五の両日ならんと云ふ。

明治25109 大阪毎日新聞

◇浪花座 同座の円朝一座はいよいよ本日限りにて千秋楽にすると云ふ。

<円馬の周旋で二代目桂文枝と逢う>

明治25926 大阪毎日新聞

◇円朝と文枝 桂文枝は当地落語家の巨擘にて大体の落語家は同人の門人ゆゑ、随つて勢力もあり、吃と言て同人が号令かけると門人の落語家ステヽコの向ふ八巻に舌の剣を振廻し、瞬く間に大阪中の臍を分捕て仕舞といふほどの勢力ある事を円朝も疾より聞きいたる事ゆゑ、当地へ来る直に顔つなぎを為る筈であつたが、急に開場したので其まゝになつていた所、三遊亭円馬の周旋にて一昨夜午後四時より南地の東呉楼へ会合し、落語上の事に付き種々協議したうへ此後互ひの派の落語家が来たり往たりする時は円朝と文枝が充分世話する事にしたとのこと。


<南地演舞場で小楠公寄付興行>

明治251012 大阪毎日新聞

◇三遊亭円朝の義挙 此中浪花座で喝采を博せし三遊亭円朝は、曾て噂せし如く、今回小楠公寄付の興行を思ひ立しは、過日讃良郡甲可村なる四条畷神社へ参詣せし処、坐ろに懐旧の情を起し、追慕の念頻りなると共に、同社の工事未だ落成せざるを概き、門弟とも談合の上、此度浪花の地に来たるを幸ひ義捐の為め一興行して其収入の全額を以て造営工費中へ寄付せん事を思ひ立し由なるが、了得義侠心に富みたる義挙なりと追々賛成者もありて、其演場も浪花座の如き歌舞伎の劇場にては折角の長技も其真情を陳る事能はず、然ればとて市内の寄席にてもまた少しく障る廉あるに付き、幸ひにも南地五花街の演舞場を借受る事となり、来る十四、十五の両日間興行し、当地へ来たりて未だ満足なる音調にて演べざる処の技倆を呈はし、一つは当地お名残やらお礼の意もあれば一座大奮発にて演じる由。また席料の如きも頗る廉にして一人前五十銭、三十銭、十五銭の三等に区別て其他には一切申し請ぬとの事なれば、此際往くべし聴くべしと頼まれねども其□の御挨拶。

◇[広告]小楠公寄付興行広告 私事兼て楠公御父子の忠節を敬慕罷在候処、此度来阪仕候を幸に讃良郡甲可村四条畷神社に参詣仕り、一入懐旧追慕の情に堪ず候。然に同社の工事未だ落成せざるを慨き、此度門弟中談合仕り、義捐落語を興行し、所得金お造営工費の中に義捐仕度存立ち申候/来十四十五両日(午後正五時)南地演舞場に於て興行仕候に付、当日被申合御来臨の程奉願上候以上/十月 三遊亭円朝 啓白

明治251014日 大阪朝日新聞

◇寄付興行の賛成美人 今明の両日、三遊亭円朝の一座が南地五花街の演舞場にて小楠公の寄付興行を催すにつき、南地の芸妓中茶の湯の嗜みある江南社中の美人が、寄付興行といふを賛成し、上等場の来客へ茶を立て出すといふ。

明治251016日 大阪朝日新聞

◇円朝の寄付興行 一昨、昨の両日、南地演舞場にて催したる三遊亭円朝一座の小楠公寄付興行は、両夜とも場中一杯の大入にて、客種も中等以上の人多く、頗る上景気なりしが、浪花座と違い円朝の声よく通りて何れも大満足の様子なりしよし。初日は円朝の出しもの鏡ケ池操松影のうち一齣(ひとくさり)と、桃林、遊三の両人不参なりしため、桃林の代りに杉本佐兵衛の泣男を一席、遊三の代りに明治地獄を一席、都合三席演じたりといふ。尚此催しを賛成したる江南社連の美人十名ばかり二階の大広間に茶席を設け上等客に茶番を出したりと。

明治251017 大阪毎日新聞

◇円朝の寄付金 円朝一座は南演舞場にて二日間小楠公ヘの寄付興行をなしたるに、其上り高は百五十円なりしとて、又た円朝は兵庫県下須磨寺に何か由縁ありて参詣する筈なりしも、余日の無りしため同寺の再建費へ若干金を寄付し、同慈恵学院と孤児院の為にも一興行する積りなりしも、日取なきゆゑ之も寄付金のみなしたり。


<その後の円朝>

〈編者註〉102日、松方正義伯爵に挨拶に伺う。1016日、松方伯と岡山の後楽園へ行き、その後安芸の宮島、讃岐の金毘羅を参詣。1022日、松方伯とともに大阪に帰る。1024日、京都へ立つ。114日、近江八景に遊び、その夜石山の月を見る。115日、奈良見物。117日、京都嵐山の紅葉を愛ず。11月某日、帰京。

明治25105 大阪毎日新聞

◇円朝の名誉 三遊亭円朝は一昨々日、目下御影川崎氏の別荘に滞在中の松方伯の許に出向き御機嫌を伺ふ折から、京阪神の紳士等数十名も居合したるゆゑ、伯は夫人と供に今回円朝が大阪に来り格別に愛顧せらるゝは喜ばしき事なりと謝意を述べられたるは、円朝の身に取て此上なき名誉にて、同人は浪花座の興行打揚げし後は同伯に従ひ奈良地方に見物に出掛けると云ふ。

明治251015日 大阪朝日新聞

◇円朝の京都興行 三遊亭円朝の一座は当地の興行を終りて帰京の途次京都に立寄り、中井桜州氏の周旋にて聴衆を募り、一人につき壱円として五日間通用の切符を配布し、興行の場所は多分共楽舘のよし。尚右興行につゞき更に三日間、鉄舟寺の瓦寄進のため興行する筈なりと。

明治251016 大阪毎日新聞

◇三遊亭円朝 曾て記せし如く南地演舞場にて催したる小楠公ヘ寄付の興行も首尾よく済せ、本日は松方伯に随行して備前岡山の後楽園に行き、夫れより安芸の宮嶋、讃岐の金毘羅等へも参詣し、同伯と共に一先づ当地へ帰りたる後、京都にて故山岡鉄舟翁の為め三日間の興行と有志者の懇望に係る十日間の興行を済せて目出度帰京すると云ふ。

明治251019 日出新聞

◇三遊亭円朝は松方伯に従ひ広島に行きたるが、近日京都へ来る筈にて、其妻子、下婢等は清水の産寧坂なる或る草庵に滞在するよし。庵主は誰ぞ、秋好霊山第一峰。

明治251025 大阪毎日新聞

◇三遊亭円朝 過日来松方伯に随行して広嶋より金毘羅かけて見物巡りしていた円朝は、一昨々日当地へ帰り、昨日西京へ立つとて愛顧先へ挨拶に歩きたり。

明治251026 日出新聞

◇三遊亭円朝来る 過日来松方伯に随従して広島及金毘羅等へ赴き居たる三遊亭円朝は、一昨夜大坂より松方伯に従ひ来京し、同夜は木屋町池庄に投宿し、直ちに中井桜州山人を荒神口の邸に訪ひ、同夜は中井氏方に投宿したるが、茲に故従三位子爵山岡鉄太郎氏(鉄舟居士)は生前駿河国有渡郡富士見村(東国第一の風景)に補陀落山鉄舟禅寺を建立し、目下の住職今川貞山氏は居士の生前は勿論逝去の後も百方尽力せられ、追々諸伽藍建立中との事なるが、今度来京せし円朝は多年鉄舟居士に禅学を学び、無舌居士の号を授けられし其報恩謝徳の為め、河原町共楽館に於て講莚を開き、居士が其始め武者修行の比より一新の際徳川慶喜公恭順の旨を駿府なる大総督有栖川宮、参謀西郷隆盛へ言上、談判の末後親征を止め江戸城を引渡し、百万の町家を塗炭の中に救ひ、後宮内省へ奉職し誠直忠正を尽し致仕の後、普く諸善知識を参得し、大悟徹底し、一切経を書写し、談笑の中に往生を遂られたる一代記を残る隈なく演説し、且つ翁が得意なる塩原多助の伝記等を演じ、一切の諸入費及び聴衆諸君の奉納金等を残らず鉄舟禅寺の伽藍建築に奉納するとの事にて、特別員は金三十銭以上、通常員は金二十銭にて入場せしむるよし。其日限は未定なれども明日頃より開くなるべし。

明治251027日 大阪朝日新聞

◇円朝は京都に於て五日間座敷咄をなし、続いて鉄舟寺瓦寄進として三日間開演する筈なりしが、松方伯に随伴して岡山、広島地方に赴きなどしたるゆゑ、予定の帰期に迫り、最早余日なきを以て今回は見合すことゝなりたるよし。

明治25116日 大阪朝日新聞

◇三遊亭円朝は目下尚京都に滞在し、一昨日は近江八景を廻り、夜に入り石山の月を観て帰り、一昨日は奈良にゆき、明日頃京都にもどり、嵐山の紅葉を見たる上帰京の積りなりと。

 

 

 

 

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ