明治26年

上方落語史料集成 明治26年(1893)1月~3月

明治2611 大阪毎日新聞

◇幾代席 文枝、円馬、扇枝の落語、

◇新町瓢亭 燕枝、扇枝、梅枝の落語。

◇堀江賑江亭 文都一座の落語。…

〈編者註〉二代目桂文枝、二代目三遊亭円馬、扇枝は二代目文枝門人桂扇枝。後三代目桂文三を襲名する。俗に「めくらの文三」。燕枝は二代目文枝門人初代桂燕枝。梅枝は二代目文枝門人桂梅枝、オッペケペーの梅枝。文都は二代目桂文都、のち月亭文都。

明治2611日 京都日出新聞 

◇京都の寄席案内

幾代席 藤兵衛、柏枝、桃太郎、竜門、文如等の落語。

笑福亭 夢楽、円喬、福松、朝枝、円篤等の落語。

〈編者註〉

藤兵衛は三代目藤兵衛。この時期新京極幾代亭の真打を勤める。

柏枝は二代目文枝門人で、玉助(輔)、玉団治から伯枝に改名した。のち三代目桂文都。なお伯枝が正しい
 が、新聞は多く「柏枝」と表記されている。

桃太郎は桂枝太郎門人桂桃太郎。

竜門は四代目三遊亭円生の門人三遊亭円輔。明治二十三年に東京から円生と共に来たが、円輔はそのまま京都に留まり、桂藤兵衛の新京極幾代亭に腰を落ち着けた。のち藤兵衛の弟子となり、明治二十五年二月に海立亭龍門と改名した。藤兵衛とともに幾代亭の看板となる。翌年桂藤龍と改める。

文如桂文如。六代目桂文団治門人から桂藤兵衛門人となり、のち藤誠と名乗る。

円喬は永瀬の円喬。この時期三遊亭円寿と改名しているが、記者はいまだに旧名で載せている。

福松は二代目松鶴門人初代笑福亭福松。

朝枝は柳亭朝枝。初代柳亭(談洲楼)燕枝門人で、かっぽれや松尽くしの踊りで売った。「花色木綿」を得意としていたので泥棒朝枝などと呼ばれた。一昨年柳家小さん(禽語楼)小さんの一座で上方へ来たが、小さんが帰京したあとも上方に残った。

円篤は笑福亭円篤。東京で岡本美佐亀と名乗り音曲師として人気を博していたが、後二代目松鶴の一門に入
 り、京都に居住した。

明治2613日 京都日出新聞

◇朝寝坊夢楽 旧臘より新京極の笑福亭にかゝり講談落語を演ずる朝寝坊夢楽は、江戸の偶謡に諷はれたる可楽、夢楽は話の上手と呼れし初代よりは五代に当りて、本年六十五歳に及べるが、其の口振は一家の風ありて老年に及べど敢て衰ろへたる風は見えず、流暢の弁舌はよく当世を穿つの妙あり。生質狂歌を嗜みて松の舎の側に高足の声へもありたり。「梅が香にのつと日の出の新聞社諸国に香る筆のさきがけ」として本社へ寄たるも興あり。三題噺しは二十三、四年より口馴れたる処にて、新年よりは相変らず笑福亭の真打となり、新作ものを演じ併せて京極通りの名物を種として即席三題噺しを演ずるよし。

〈編者註〉朝寝坊夢楽は三遊亭円朝門下で五代目朝寝坊むらく。即席三題噺を得意とし、狂歌の上手として知られた。明治31426日死亡、70歳(文政12年生まれ・逆算)。芸風はあまり伝えられていないので、これをはじめ京都での記事は貴重な記録。

明治26122日 神戸又新日報

◇明石の興行 同地米澤町八雲座は大坂下り嵐雁朝一座の芝居、西新町の王西座は高村役者新蔵一座の芝居、中町のほのぼの亭は玉龍斎慶山の軍談講釈、東本町の三白亭は東京下りの柳家燕枝一座の昔噺と手品等。

〈編者註〉柳家燕枝は初代春風亭柳枝門人で、初代柳亭燕枝となり談洲楼燕枝(初代)と号した。

明治2621日 神戸又新日報

◇市内興行物の案内

▲楠公社内菊之家亭は浮れ節にて京山恭安斎、同恭一、廣澤菊丸の一座▲同社内菊之亭は人形入り浄瑠璃にて竹本小伝、同廣松、廣次、愛吉、東廣の一座▲楠公社内湊亭は落語にて笑福亭松蝶、同璃鶴、同米枝、桂枝太郎、林屋シン鏡、鶴賀金之助、加留口[軽口]松右衛門、松光、為永栄二、金蝶、東洋奇術手品アンデートロアの一座▲多聞通り楠公西門横手の旭亭は軍談にて松月堂呑山、同ラン山の一座▲楠公西門馬力亭は女手踊りにて実川君松、嵐花鶴、阪東久米三の一座▲楠公西門筋福井座は女手踊りにて岩井榮吉、松尾民江及び名古屋連の一座▲楠公西門筋福原口榮亭は人形入り女浄瑠璃にて豊竹常盤、同小登喜の一座▲同鏡亭は浮れ節して中川伊勢吉、同小伊勢、同小フユの一座▲多聞通福原口日の亭は貝祭文にて白里軒虎山、同徳山の一座▲三の宮町三楽亭は軍談にて玉田玉遊、同玉智の一座▲三の宮社内三寶座は俄かにて東玉の一座▲三の宮社内朝日座は一日二日両日間は奥村連中の舞ざらえ、三日より芝居▲生田社内梅ケ枝亭は貝祭文▲多聞通り皇國座(元井筒太席)は目下相談中にて未定▲相生座は國會演劇と唱える田熊正之一座の壮士芝居▲大黒座はこれまでの一座で六日まで日延べ▲弁天座は黒谷市蔵一座の芝居▲湊橋西詰の湊虎亭は伯海、伯龍の軍談講釈▲日向社内の日本座は赤芋一座の俄▲能福寺境内松鶴座は、へラヘラ女の手踊り

編者註〉

笑福亭松蝶は『落語系図』の初代松鶴門人に名前だけ記されているのと同人か。

璃鶴は三代目松鶴門人二代目笑福亭璃鶴(初代璃鶴は三代目笑福亭円笑・本名河合亀太郎)。のち二代目笑福亭福松を襲名。本名河合福三郎。三代目円笑の実弟。

米枝は笑福亭米枝。昨年から三代目松鶴の一座で神戸の寄席に出ているが詳細不祥。

桂枝太郎は様々に改名したあと、二代目文枝門人となった時に枝太郎と改名し、生涯この名を名乗った。目が細いので「象の眼」と綽名された。また多く京都に住み、先斗町の枝太郎として知られる。

林屋シン鏡林家新鏡。五代目正三の弟子で、後の六代目正楽。本名織田徳治郎。五代目松鶴の義父。

鶴賀金之助、金蝶は音曲師(新内)。

松右衛門笑福亭松右衛門。二代目笑福亭松鶴門人で軽口の名手。桂文屋の父。

松光笑福亭松光。初代笑福亭福松門人で初代松光、「かんやん」の愛称で呼ばれた。

明治2621 大阪毎日新聞

◇茶の湯ステヽコ 当地の落語家曽呂利新左衛門は永らく四国地方へ出稼をりしが、一昨々日漸く帰阪し、新発明の茶の湯ステヽコ手前といふ面白き趣向を土産に持帰り、幾代亭の主人と共に発起人となり、近日上の宮の倉鷺庵にて初会を催すと云ふ。

明治2622日 大阪朝日新聞

◇女藤兵衛 京都縄手通三条下る処に松葉楼といふお手軽専一の旅宿を兼ねたる料理屋ありて、近来しきりに繁盛するところ、此処(ここ)の下女おうめ(十八)といふ腮の短かうて丸い福々しい処が、全(まる)で落語家の桂藤兵衛を女にしたやうぢや、イヨ女藤兵衛、落語家の隊長と、来る客が皆藤兵衛々々々と弄(なぶ)れど、此下女山出しにて、藤兵衛を見たことなければ、どんな男か分らず、されどお客があゝ云ふてほめなさる処を見れば真更(まんざら)の男でもあるまいと、或る客に藤兵衛さんとは一体どんな男どすと聞けば、客は莞爾(にっこり)して、こんな男ぢやと造つて見せるわけにはゆかず、併し年は廿四五の当世男にて俳優の尾上多見之助と似たり寄たりの男ぢやと云へど、其多見之助も京都に来たといふ噂をきいたばかりで見たことなし、左れど芸妓連のワイ〳〵いふて大騒ぎをやる俳優に似て居る男ときいて、頻りに藤兵衛を見たくなり、二三日あとの夜、一寸宿へゆくといふて暇をもらひ、京極の幾代席へ咄をきゝにゆき、外の落語家には目をとめず、藤兵衛の出るを次か〳〵と待つうちに、心打の事とて一番仕舞に桂藤兵衛と名乗りて現はれた落語家を見れば、四十七八の色の黒い男にて、成ほど顔は丸く頤の短いところは自分に幾らか似て居るやうなれど、多見之助とやらに似てゐるとは真赤な嘘に相違なく、アレあのやうなベタ〳〵カン〳〵を謡ふ所は下手の画いた大黒さまのやうぢや、彼様(こんな)な顔に似てゐるとは情けないと、人々はをかしがつてゲラ〳〵笑ふ中で、お梅はワイ〳〵泣き出したるにぞ、高座に居たる藤兵衛胆を消し、落語が果てゝドヤ〳〵帰る中にまじり帰りかゝるお梅をよびとめて様子を聞けば、お梅はなほ泣きじやくりしながら、あんた多見之助さんに似てゝぢやおまへんじやろがなといふに、いよ〳〵呆れ、さては此奴(こいつ)気違ひかと思へば、其様な様子もなく、だん〳〵聞けば右の始末にて、全く客に弄られたを本気にして見に来たものと知れ、体よく云ひなだめ、嘘にも多見之助に似て居ると思はれた礼に藤兵衛自ら松葉楼まで送つて行たとは大笑ひ。

明治2624 大阪毎日新聞

◇京都の節分 …新京極幾代席の桂藤兵衛一座の落語家連中は赤の股引に赤花緒の下駄を穿き、赤地の手拭ひの揃ひで吉田神社へ参詣し…新京極の各興行ものは何れも大入の景況なりしと。

明治2628 大阪毎日新聞

◇橘之助の道行筋 腕ツ首へ唾を付け、三味線を抱へた日には向ふに敵なく、姫御前のあられもない三十石を唄ひこなすには、是でも婦女(おんな)かと呆れるばかり、世に阿蘭海(おらんかい)の女学生と綽号(あだな)に唱はる立花家橘之助は、开(そ)もや开(そ)も十年以前の昔し、石部の宿で三遊亭の四天王円喬に七十五日を授けてから、苟(いやしく)も気の利た男であつたら湯屋の三助、糞舟の船頭、乃至紙屑拾ひに、円太郎馬車の馬丁、何でも御出なさいと、枇杷葉湯主義を極る中に、大阪へ来た時には桂小文枝が一点張り、尤も円喬だけは特別だが、今度大阪登りの林家延治とよろしく出来合、世間の口が八ケ間敷といふお安くない訳から、お手々を取て道行筋、勿論御手のものだけに二〇賀と同様弾語りで踊りながらドロンと極たが、落行先は九州相良、なんでも大阪は寄道だらうと懇意先の各席主へ親ヂヤ人より取押へ方を頼んで来たといふ。

〈編者註〉立花家橘之助は明治十四年暮れに大阪へ来て、明治十八年秋に帰京した。明治十六年の秋にまだ三遊亭円好を名乗っていた橘家円喬が橘之助と一座している。小文枝は後の三代目文枝。林家延治は不詳。以下の新聞記事を見ると橘之助と深い仲になり名古屋へ駆け落ちしたのは永瀬の円喬(このころは三遊亭円寿と名乗っている)であり、林家延治はなにかの間違いであろう。

明治26210日 大阪朝日新聞

◇技芸会 同会は技芸に志ある者を募りて互に其技芸を研究し、知識の交換、親睦を目的とする趣きにて、今度規則を改め、年二三回の集会を開き、銘々技芸上の意見を吐露する筈にて、幹事三名を選び、其事務所を東区大手通二丁目百七十一番邸幹事長谷川文喬氏方に定めしよし。

明治26210日 岐阜日日新聞

◇当市笹土居町蛭子座にて興行中なる巴邑家園二、松林左圓合併の落しばなし、人情新聞講談は、頗る好評のよし。

明治26216日 扶桑新聞

◇旭亭の落語と清元 名古屋市旭廓花園町の旭亭に於いて明十七日夜より、清元の浄瑠璃にて立花家橘之助一座と三遊亭圓寿、曾呂利新左衛門、桂文翫智等の一座と合併にて清元と並びに落語興行との評判。

〈編者註〉桂文翫智は曽呂利新左衛門門人二代目文翫智。

明治26219日 大阪朝日新聞

◇猫に一万円 落語家、講談師などに金満家はないやうに毎度高座で吹聴すれど、さうばかりでもないと見え、京都新京極幾代席に出て居る落語家桂藤兵衛は、蛸薬師御幸町の角に立派な土蔵付の自宅があつて、近来ウンとためこんだとの噂をきいてか、一昨夜の十一時ごろ同家へ盗人が入り、土蔵の屋根をめき〳〵云はせて居ると、自宅からの注進に、藤兵衛目を廻さぬばかりに驚ろき、話しかけた落語そちのけにして裾ひつからげ駆け出すにぞ、門人の文如、龍門、桃太郎等も見て居られず、銘々棒千切引つかたげ、勢ひ込んで駆出し、門口まで行つたものゝ、さて中へ入るは薄気味わるく、お前から入れ〳〵と譲り合て埒あかずさらば、リヤンケンで先陣をきめやうと向鉢巻足袋跣のままリヤンケンをしたるに、文如がまけて、不気味ながら先に入り、サア奴盗人め何処に居くさる、こゝへ出て勝負せいと、棒にて地面叩き立つれど、賊は一向平気にて、屋根の上をかけ廻る様子に、四人は怖気立ち、警察署へ加勢を頼みに行かうとするとき、屋根でフヽヽヽウギヤアと声を立てたるより、賊にはあらで猫のいがみ合と知れたれば、俄に一同気が強くなり、サて石川五右衛門、熊坂長範なんでも来い、どんなもんぢやと、今まで慄へて居た文如天秤棒を水車の如く振り廻せば、後にひかへし主人藤兵衛、コレ嬶衆一万円の弗匣は気遣ひないかと云へば、傍から文如が気づかひない、盗人ではない猫ぢや、しかし一万円は猫が喰ふて仕舞ふた。ナニ猫が喰ふたと、それで安心ぢや、今夜から泥棒の入る気遣ひがないからと大笑ひ。

明治26224日 扶桑新聞

◇旭亭の引続興行 名古屋旭廓の旭亭にては此程より曾呂利新左衛門、立花家橘之助、三遊亭圓寿の一座が興行中、頗る大評判なるゆゑ、尚右の一座へ笑福亭圓光と云う大眼玉を加え今夜より、一層勉強の興行上の客は富本へ下の客は旭亭へ、いずれも今夜より大人気。

〈編者註〉笑福亭円光は三代目松鶴門人。最初、初代梅枝(後の二代目藤兵衛)に入門して、梅寿(又は梅々)から藤鶴。二代目文昇門で文舎(文車)、更に三代目松鶴門で円光から明治37年に梅香を襲名した。俗に「呑んだの梅香」と言われ大酒飲みであった。晩年は、互楽派に加入している。

明治2631日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲三の宮社内朝日座は芝居で嵐新昇、同福之助、同徳太郎、中村竹司、実川八百次郎、片岡我十郎、中村翫丸の一座▲多聞通り皇國座(みくに)は天爾波狂言と手踊りにて、駒川徳松改め堀井秀三郎、市川鶴松、堀井小仙、同卯之助、市川辰冶、同高松の一座にて四日が初日▲楠公社内菊之家亭は浮れ節にて京山恭安斎の一座にて三日迄▲同菊之亭は人形浄瑠璃にて竹本奈良菊、同愛吉、同鶴朝、同照玉の一座▲楠公社内湊亭は落語にて笑福亭松蝶、同璃鶴、同米枝、桂枝太郎、林屋シン鏡、鶴賀金之助、加留口[軽口]松右衛門、松光、為永栄二、金蝶、東洋奇術手品アンデートロアの一座▲多聞通り楠公西門横手旭亭は軍談にて神田伯龍、同伯鱗の一座▲楠公西門筋馬力亭は諸芸大會にて廣澤菊丸の一座▲同鏡亭は浮れ節にて中川伊勢吉、同小伊勢、同小フユの一座▲多聞通り福原口日の亭は諸芸大寄せ▲相生町相撲場は諸芸大寄せ▲三の宮町三楽亭は軍談にて松月堂松鳳、同呑山の一座▲三の宮社内三寶座は俄にて亀蝶、三好、源貴の一座▲北長狭通り播半座は目下休業中▲算所町弁天座は中村市朝の一座にて芝居▲日本座は休み▲能福寺内松鶴座は桂文團冶の昔噺▲湊橋西詰湊虎亭は軍談にて石川一口、一夢の一座▲入江町入江座は人形浄瑠璃

明治2631日 神戸又新日報

◇明石の壮士芝居と軽業 同地米澤町八雲座にては、昨日よりは國會演劇會田熊正之助の一座にて興行し、尚幕間には神戸音楽會員の奏楽あり同地にての壮士芝居はこれが初めてなれば、人気は頗る宜し但し前日即ち二月二十八日には壮士芝居一座の面々に楽隊を加えて市中を練り廻りしと。

明治2632 大阪毎日新聞

◇落語研究会 昨夜より堀江賑江亭にて落語研究会をなし聴衆人より落語の穴或は片言重言等を質問し勝たる者へ景物を出すといふ

明治2634 大阪毎日新聞

◇象と馬の鞘当 神戸楠公社内の湊亭へ出勤している桂枝太郎(二十七)といふ落語家は、目が細くて鼻が曲ツていると云ふ所から象の目との綽名を愛顧連より頂戴しているが、之ほど御面相のそろつた枝太郎ゆゑ余り女の方に縁がなかツた所ろ、蓼喰ふ虫の俚諺(たとえ)に漏ず、居留地何番舘かの洋妾(ラシャメン)おそね(二十七)といふが或る夜枝太郎の落語を聞たが恋の病根(やみつき)、どうか如何(ああいう)人を情郎にして頤を脱(はず)して見たいものだ、夫に就ても女の頭髪を撚たる綱には大象も繋ぐ事が出来るといふから、人間の象を繋ぐには女の手で取た紙幣で事足るべしと、紙幣を見せて旨々(まんま)と象を此方のものにし、コツソリ楽しんでいる中、象は明石へ出稼ぐ事となり、其の留守中におそねは朝日座へ出る中村鶴之助といふ馬の足に乗替へ、頓て象が神戸へ帰ツて来ても一向有難からぬ所から、象も此奴(こいつ)どうやら訳があり相だと段々容子を探ツて見るに、全く馬の足と出来ているからだと分ツたので、此返報はどうして仕様と細い目を人間並に開て口惜がツている相な。

明治2635 大阪毎日新聞

◇骸骨に迷ツた遊君 仏説阿呆陀羅経に今の浮世は世がさかさまでと謂たるは実に無類の名言にして、心ある者は常に木魚を叩いて感ずる所なるが、当時名古屋に出稼ぎ中の落語家曽呂利新左衛門は骸骨を綽号されるほどの美男子なれど、当人なか〳〵澄し切て、同じ骸骨でも己のは丹次郎か権八の骸骨だと言ツているが、成ほど曽呂利の骸骨は丹次郎の骸骨に違ひがないと見えて、同新地松葉屋の遊君夕顔といふ美形に思はれ、トウ〴〵嬉しい交情(なか)になツて、オホン情郎(いろおとこ)には誰がなると細い目を一層細くして大恭悦であるとの事。

明治2635日 大阪毎日新聞

◇東京から情夫(いろおとこ)の三遊亭圓寿と名古屋へ遁亡(かけおち)せしお馴染みの橘之助は、同地にて曾呂利新左衛門に出会い、同人の勧めにより当地へ来る事を促されしも、何分一昨年来てまだ間もなきとて断りしが、強いての勧めに今度愈々来る事となり、来る二十日より西区北堀江の賑江亭へ、新左衛門、圓寿等と共に出勤し、また淡路町の幾代席にも自分と圓寿は掛持するよし。

明治2635日 大阪朝日新聞

◇駆落者の出稼ぎ 長らく京阪に居て清元の美音鳴り響かせた美人橘家橘之助は、東京にて三遊亭円寿といふ鹿となれそめ、遂に二人で駆落と出かけたものゝ、二人とも葬ひの提灯、もんなしにて仕舞つかず、そこで行く先々の席へ出て路金をこしらへ、何処を当ともなくさまよひあるき、此ごろは名護屋の席を稼いで居るよしなるが、近日当地へ来て北堀江の賑江亭と淡路町の幾代へ出るはずなりと。

明治2639日 扶桑新聞

◇名古屋市内の遊芸稼人は是まで月税二十銭なりしが、来月よりはその倍にて四十銭の月税となると。又同じ芸人中でも、上手も下手も同様に四十銭を取られては困るとの苦情から、其筋に向かって等級を立てられんことを請願する筈に協議せしとぞ。

明治26312日  大阪朝日新聞

◇京都新京極幾代席の桂藤兵衛一座は平安徳義会の孤児院に寄付のため、来る十六日午後五時より慈善興行を催すよし。

明治26317日 神戸又新日報

◇贔屓に夢中、客の迷惑 楠社内の象の目事落語家桂枝太郎が居留地の洋妾お米と深い仲との事は髭旦那の他誰とて知らぬ者はないというが、そのお米一昨日夜湊亭へ出掛け枝太郎の狂乱の舞を一生懸命に見物中、あまり夢中になり過ぎ、煮立つた茶土瓶をコロリと零してあたり一面お茶だらけに、オオ熱とお客は大騒ぎ。お米は気の毒そうに、これも枝ちゃんゆゑだすさかい御免下さいとは随分のろけかな。

明治26318日 伊勢新聞

曾呂利新左衛門一座は明十九日より観音地内緑座に於て例の諧謔(かいきゃく)昔話しを開演すべし。久々の事なれば、ソロリソロリ(古い古い)と押掛けてくるなるべし。

◇当地観音境内の堺座に於ては、今十九日より東京の清元娘太夫立花家橘之助一座の興行を為すよし。同一座は立花家橘之助が清元浮世節を語り、三遊亭圓寿が人情滑稽ばなしを語り、滑亭新右落しばなしを語り、岡本小玉が説教源氏ぶしを語るとの事なれば、随分賑わう事ならむ。

〈編者註〉滑亭新右は曽呂利新左衛門の弟子、のち月亭文都の弟子となり三代目文来となる。なお新聞は以下全部「滑亭」と書かれているが、「桂文我出席控」には「骨亭」とあり、これが正しい。曽呂利は骸骨と綽名され、しゃれこうべの絵を好んで描いているので、洒落て弟子たちに「骨亭」などという亭号を付けたのであろう。下記の新聞によると「凝っては思案に能わず」の洒落も含めているらしい。但しこれは名古屋だけで、大阪では曽呂利新右と名乗っている。

明治26321日 伊勢新聞

◇堺座の立花屋と緑座の曾呂利 一昨日の日曜日は、此頃になき好天気にて、竈の霞、膾の雪、春めき渡る擂鉢の音、何となく心面白く近村落を散歩して夕景の頃、津市に帰り観音境内の堺座に入ると東京の清元娘義太夫、立花家橘之助の一座なり。最初の出語岡本小玉、松林左圓は聞き漏らしたが、新右の落語中々妙、滑亭は思案に能(あた)わずとか。矢張持前の大阪語調(ことば)で遣貫(やりとお)すも好し。次が三遊亭の人情滑稽、圓寿会釈のない処は又一層の興味あり。弥(いよい)よ出たのが、当座の本尊娘太夫の立花家、此人今度は東京各地の寄席へ出るとは打って変った大勉強で、堺席内は人の鮓漬、一杯一杯股一ぱい、狸の睾丸と来て居るものから、此の銚子なら先づ今度も橘之助ない苦情はねいと座主も大いに嬉(よろこ)ぶなるべし、扨(さて)是れからが緑座だが、これは聞いて来てからとして、明日又々ご案内。

明治26322日 伊勢新聞

◇緑座の曽呂利一座 昨日の紙上で約束した通り、緑座へ往つて聞いて来たのは一昨日の晩。最初に花山文が兵庫渡海鱶の魅入りを語り、次ぎに小しんが源氏節刈萱衣懸けを語り、次ぎに手遊が書送の手踊をやり、次に曽呂利が新作の肥料の争ひ禁酒関所を語り、次ぎに又花山文が諸国の方言関所を語り、手踊をやり、次ぎに文翫智が大晦日浮れの掛取、音曲即席都々逸を語り、一番仕舞に曽呂利が又々出て三枚起証娼妓の手管を語り、端唄の揮毫とて蝙蝠の唄を三味線入で助六の図を画いたが、花山文の滑稽落語、文翫智の頓智都々逸いづれも妙、小しんは別嬪で声が好く、手遊は天真で可愛らし、曽呂利の落語は又た格別、ソコでお客は大入り大入り。

〈編者註〉小しんは女流音曲師、亭号不明。花山文は七昇亭花山文。二代目三遊亭円橘門人で千橘から四代目花山文となった。のち二代目三遊亭万橘を襲名する。手遊は二代目桂南光門人(明治17年生)。のちの二代目桂三木助。

明治26324日 伊勢新聞

◇過日来観音境内緑座に於て興行中なる曽呂利新左衛門一座の連中は大入り大評判なれば、昨夜より日延してお饒舌づめ。

明治26329日 扶桑新聞

◇富本の大一座 東京講談中の美髯男子松林伯知出席中にて毎夜上人気なる富澤町の富本席は、伯知丈が来る三十日夜限りにて帰京するに就き、同席にては近々東京の人情噺有名の談洲楼燕枝と、大阪法善寺定席の一座なる滑稽落語家月亭文都を始め芝居噺の桂文我、月亭小文都、みやこ、春松、春駒、春の助、東華楼文鳴等の大一座にて興行すべしとの評判あれば、伯知丈同様の人気あるべし。

〈編者註〉桂文我は初代。月亭小文都は月亭文都の秘蔵弟子。師匠が「月亭」と改称したので小文都もそれに倣った。桂文都が「月亭」と改称したことを示す最初の記事。みやこ、春松、春駒、春の助はすべて月亭文都の弟子。都はのち役者になった徳川天華、春松は『落語系図』の編纂者。 


上方落語史料集成 明治26年(1893)4月~6月

明治2641日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲三の宮朝日座は芝居で片岡島之助、嵐寿太郎、黒谷市笑、若瀧改め中村扇三郎の一座▲楠公社内菊之家亭は人形浄瑠璃で竹本奈良菊、同愛吉、同鶴蔵、同照玉の一座▲同社内湊亭は落語で笑福亭松蝶、同璃鶴、同米枝、三笑亭可楽、同白魚、桂枝太郎、林家シン鏡、松光、金蝶の一座▲多聞通楠公西門横手旭亭は軍談で、神田白龍、同白鱗の一座▲楠公西門筋馬力亭は女手踊りで、実川君松、嵐花鶴、阪東久米三の一座▲同福井座は天爾波狂言で、堀井小仙、同卯之助、市川辰冶、同高松の一座▲同福原口榮亭は昔噺で、桂文太郎、同錦朝の一座▲同鏡亭は浮れ節で、姉川小定、同浅冶の一座▲多聞通福原口日の亭は貝祭文で、清月堂香の一座▲三の宮町三楽亭は軍談で、松月堂松鳳、同呑山の一座▲三の宮社内三寶座は講談で、菊川光冶の一座▲北長狭通り播半座は休業▲多聞通皇國座は休業▲弁天座は三枡梅太郎の一座にて芝居▲入江町入江座は手踊り俄の吹き寄せ▲湊虎亭は軍談にて、石川一夢、同一口の一座▲能福寺松鶴座は人形女浄瑠璃▲日本座は休業▲切戸町榮楽亭は浮れ節

〈編者註〉この三笑亭可楽は東京の可楽代々とは関係なく、又死んだ京都の可楽(原吉弥)とも無関係で、東京で佃屋白魚を名乗って声色芝居などをしていた原田熊次郎という人物である。いつごろから関西へ来て、いつごろから可楽を名乗っているかは不明だが、これが新聞に載った最初である。二年後に三笑亭芝楽と改名するが、これも京都の可楽(原吉弥)の弟子の芝楽(辻村藤三郎)とは無関係で行われている。白魚は原田熊次郎の忰で原田庄太郎。父の名を継ぎ佃屋白魚と名乗った。のち笑福亭福松の門人となり福丸と名乗り、父子ともに京都を中心に活躍した。(橋本礼一「上方で三笑亭を名乗った噺家たち」『藝能懇話』二十一号所収参照)。桂文太郎、同錦朝は大阪なのか東京なのかも不明。

明治2641 大阪毎日新聞

◇西洋人の幡随院長兵衛 一昨年の秋当地へ来り淡路町の幾代亭其他へ出勤して評判取りし英国人の落語家ブラツクは、昨年東京の春木座にて講談師連と演劇を為したる折幡随院の長兵衛に扮し、市川団十郎を真似て大当り為したれば、今度また当地の曽呂利新左衛門と一座し、道頓堀五座の中にて落語家演劇を興行し、曽呂利は権八にて鴈治郎を真似、ブラツクは同じく団十郎張りにて勤むるよし、目下その相談中なり。

〈編者註〉ブラツクは本名ヘンリー・ジェイムズ・ブラック。明治十年頃から断続的に寄席へ出はじめ、明治二十四年三月に快楽亭ブラックの看板をあげた。

明治2642日 扶桑新聞

◇今夜より旭廓の旭亭に於て笑福亭八百蔵の一座が興行すると云へば、相変らず大人気なるべし。

〈編者註〉笑福亭八百蔵は初代松鶴の弟子。後に東京で講釈師となり、名古屋の端席で十年間以上一人で興行していた。晩年はフリの前座でいたようだ。本名加藤市松。

明治2643 大阪毎日新聞

◇橘之助と曽呂利 予て記せし如く一昨一日の夜より堀江の賑江亭にて興行せる橘屋橘之助は、以前に変らぬ美音にて清元、端唄、都々一等例の通り此の人の専技とて三味の達者なる為め、孰れも聴衆を感ぜしめたり。一座に曽呂利新左衛門も加はり、此の度は子の新工夫とて高座に於て楽屋で謡ふ端唄に合はせその歌意に因める絵画を揮毫し、一昨夜は浅くともの唄にて杜若、燕、編笠を冠れる人物を認めたるなど、一寸雅味ありて面白き事なれば、昨夜の如きは大入にて非常の人気なりしと云ふ。

明治2645日 扶桑新聞

◇目下富澤町の富本席にて大人気の大阪法善寺定席一座月亭文都の連中は、近々旭廓の旭亭と兼勤の興行。

明治2646 大阪毎日新聞

◇奥田席 千日前の奥田席にては本日午後四時より立花家橘之助及び曽呂利新左衛門の一座にて賑々しく開場する由。

明治2646日 大阪朝日新聞

◇今日より千日前奥田席にて立花家橘之助、曽呂利新左衛門と一座して例の咽喉を聞かせる筈。

明治2648 大阪毎日新聞

◇新町越後町で或る割烹店の帳場を危な気もなく踏まへて居るおとよ(二十四)といふ女将軍は、(中略)近頃碁盤乗の踊りで一寸売出した三遊亭円三郎のトコトン振に素敵と参り、其所は黒人同志、手もなく出来て見ると、可愛がつたりがられたり、所謂相惚なるものを製造して、テント面白しに浮れて居るのを親達が早くも聞知り、それでは旦那に済まいツと畳を叩いて意見をすると、エツ塵が立つ、止ておくれ、譬へ旦那を失敗(しくじ)るとも、ナニお前、広い世界だ、米の飯と天道様、パンにゴツドは付て廻ると更に激しく意茶付廻(いちゃつきまわ)るはまず何でも好としても、円三郎には当時チヨツト帰京して居る若橘といふ念入の小指があるから、若しそれと聞せたら汽車なんぞは待遠く、魂だけが先に来て、是は若橘の前の生霊なりと畳の上をトンと踏み、撞木を振廻すなどは面倒と突然咽喉元に喰付だらうと、知てるものは噂とりどり。

〈編者註〉三遊亭円三郎は三遊亭円朝門人二代目円三郎で、円馬の実弟。後の橘ノ円。若橘は立花家橘之助の弟子で立花家若橘、女流音曲師。本名内藤あか。

明治2648 大阪毎日新聞

橘屋橘之助は堀江の賑江亭と千日前の奥田を掛持にして例の美音を発しいるが、今度また北地の芸妓連より勧められて昨夕から曾根崎橋の幾代席へ出る事になツたと。

明治26411日 大阪朝日新聞

◇牡丹餅ちがひ 此ごろ堀江の賑江亭にかゝつて居る清元の名人立花家橘之助は、今夜より北新地曾根崎橋の席へも出るよしなるが、同人はかねて牡丹餅といふ唄がお得意(はこ)にて、毎夜見物よりの注文多く、一昨夜も或る贔負の客、席亭のお茶子に五十銭渡し、之を橘之助にやつて牡丹餅を頼んでくれとの事に、新前のお茶子どう間違へてか、其五十銭で牡丹餅を山のごとく買ひ来り、橘之助の前に持ち込みたるに、女ながらも是はと驚ろきながら楽屋中へ振る舞ひ、やがて高座へ上り、持前の清元をうたひ、次にチヨツピリうかれ節をそへものにして唄つたぎり牡丹餅は出さず、是はどうした事と半助の祝儀(ポチ)はづんだお客、不興顔に聞きたゞせば、お茶子平気にて、牡丹餅は先刻買ふて楽屋へやつておきました。

明治26420日 扶桑新聞

◇富本席の東京人情噺 今は昔、文化元甲子年三月頃江戸上野山下の孔雀茶屋にて、昔噺と云うを初めて山笑亭可楽、朝寝坊むらく、翁家さん馬の三人が催したるより、諸国の寄席にて興行なす事となりし。其の五代目翁家さん馬が明日より富澤町富本席にて興行の一座は、さん馬の外に春風亭左柳、三遊亭遊雀、同寶遊、土橋亭りう治、竹本津賀春、津賀八、留澤津賀治等なりと云えば久々で東京噺が聴けますぞ。

〈編者註〉五代目翁家さん馬は明治十三年ころ来阪、そのまま大阪の人となった。春風亭左柳は本名千島幸七、嘉永三年生まれ、詳細不祥。三遊亭遊雀、同寶遊は玉の家梅翁(二代目五明楼玉輔)門人か。土橋亭りう治は五代目土橋亭里う馬の門人か。

明治26421 大阪毎日新聞

◇名娼の蜜柑売り 近ごろ千日前なる奥田席の近辺に筵一枚を我が住居として些少な蜜柑を販ぎいる女あり。服装こそ飾らね、縹致の好き事見世物の虎も涎流さむ計りなれば、此辺をそゞろ歩きするもの何れも顧りて只ものならじと思ひ居たるが、二三日以前目下奥田席に興行しいる曽呂利の一座でも此の噂が出で、何の斯のと言ひ合た末、蜜柑を買切て身上を問ひ糺す事になり、一日おしやべりを済せた後打つれ立て蜜柑売る所へ行き、取敢ず蜜柑を買切り、時に曽呂利が口を開き、少しお前さんに聞きたい事があるから大事なくば何方そこらまで来て下され、決してお前さんを子の年、子の日、子の刻に産れた女と見て眼薬にする、生血を取せて呉れと云ふやうな野暮は言はず直に帰すから其所までと云ふに、件の美人は是非なくてや、夫ではお供をいたしませうと店を仕まふて付て来るに、一同得たりと喜び勇み近所の或る料理屋へ行きチヨイと一盃飲初めながら(編者註:蜜柑売りなどしている訳を聞くに、京都宮川町ではちょっと知られた娼妓でしたが、酒、賭博、朝寝の三悪癖でしくじり、その罪滅ぼしにこうしているというので一同感じ入ったという話)

明治26422日 扶桑新聞

◇橋又座の文都一座 名古屋市内の上等席と言るヽ富澤町の富本席や旭廓の旭亭にて興行し居りし大阪の上等落語家月亭文都、桂文我、月亭小文都、柳亭燕枝、桂文鶴等の一座は、本日より巾下外田町の橋又座にて興行。

〈編者註〉桂文鶴は『落語系図』に初代桂文団治門人「鶴団治 後に二代目文鶴となる」とある。

明治2651日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

 ▲楠公社内湊亭は落語にて桂枝太郎、三笑亭可楽、松福亭松蝶、同璃鶴、同米枝、同白魚、林屋シン鏡、松光、金蝶の一座▲同社内菊之家亭は浮れ節にて吉田久丸、京山正平の一座▲同社内菊之亭は人形入り浄瑠璃にて竹本小伝、同奈良菊、同愛吉、同廣松、同照玉の一座▲多聞通り楠公西門横手旭亭は軍談にて中島玉松、玉田王鱗の一座▲楠公西門筋馬力席は女手踊りにて市川鯉京、実川君松、嵐花鶴、阪東久米三の一座▲同福井座は天爾波狂言にて堀井小仙、同小高、同春花、同卯之吉、市川辰冶、同高松の一座▲同福原口榮亭は昔噺にて桂文太郎の一座▲同鏡亭は浮れ節にて浅川富士丸、同小富士の一座▲多聞通り福原口日の亭は貝祭文にて花川義春の一座▲三の宮社内朝日座は芝居にて片岡島之助、澤村枡十郎、阪東三津代、実川八百次郎、中山紋三郎、黒谷一笑、嵐寿三郎の一座▲同社内三寶座は人形入り浄瑠璃にて吉田兵吉の一座▲三の宮町の三楽亭は軍談にて玉田芳斎の一座▲同生田前の集喜亭は軍談にて三省堂小瓢馬、堂瓢馬の一座▲北長狭通りの播半座は休業▲多聞通り皇國座も休業▲兵庫弁天座は芝居にて片岡秀三郎、市川瀧丸、嵐璃幸の一座▲能福寺内松鶴座は浮れ節▲入江町入江亭は西洋影絵▲日本座は休み▲湊虎亭は呑海、呑玉の軍談講釈▲今出在家町船橋亭は浮れ節

明治2651 大阪毎日新聞

◇お万の再勤付たり其の原因 元神戸の仲検で鴬啼した所か鴬にサイゴドンドン位い謡はせたお万拍子(三十四年)といふは、同市相生町の某に受出され、毎日寝やうと起やうと頭テンテンしやうと自侭な身であツたに、当人それほど有難く思はぬか、落語家中で象目との綽名ある枝太郎(二十三四)と怪しい交情(なか)になり、初めの中はコソコソ逢ていたが、段々楽しみに肉が入て胆が太くなり、時をり相合傘か何かで出掛る事があるから、「よーめ象目傘の内」などゝ地口ツている岡焼連もあツたが、遂に此事旦州の耳に入り(編者註:援助が打ち切りになり、再び芸妓に出ることになったという話)。

明治2654日 京都日出新聞

◇当地には馴染も深く東京大坂に於ては嬌音を以て人を悩ます立花家橘之助は去る一日より京極の笑福亭にかゝり、例の清元の美声と一流のうかれ節を以て毎夜の客入に大人気を取りてあり。

明治2655 大阪毎日新聞

◇曽呂利新左衛門油を取らる 落語家中老練を以て聞えたる曽呂利新左衛門は、瓢禁者の癖とて、奇麗首を有難がり、度々御自身商売的の材料を製造する事珍らしからぬが、先頃も或る席にて聴衆の中より一人の美人を見出し、お饒舌も何所へやら、啻(ただ)彼の美人を見る様な見ない様な、薮睨が蝿を追懸る如き眼付をすれば、不思議や向ふもヂツと見詰て時にニツコリと笑を送り、何やら思召のあるものに似たり。新左衛門心中大に喜び、楽屋に帰つて散々にその艶話を誇りしに、居合せたるもの忌々しく思しが、予て曽呂利を贔負にする客筋と図りて、或る楼に曽呂利を招き、談例のデレ噺に及びしに、曽呂利襟を正して曰く、実に此の間のを旦那にお見せまをしたいネ、客曰く、ウムそれでは面長な額にほくろのある尤物(ゆうぶつ)ではないか、それならば己が出雲の神を頼まれて居る、実に彼はお前に夏向の牡丹と来て居るぜ、幸ひ今日はお前に逢せる気で隣室に待してある、新左衛門思はず飛上つて嬉しさのあまりステヽコを踊る、ヂヤア失礼ですが顔を見て来ますからと隣室にいたり、何(どう)も姉さん有難い思召でと顔を見れば、こは如何に、現在自分の娘なる当時墨馬のおあい拍子、お親父(とう)さんまだ浮気は止みませんか、曽呂利曰く、テヽ娘かな、面目ない面目ない、モシヤ其所等に穴がないか、親子の由縁(よしみ)に探してくれ。(左東柳水記)

明治2656日 扶桑新聞

◇旭亭の大坂落語 大坂の落語家曾呂利新左衛門を座長とし圓光、文福、新右、龍好、福助の外に桂伯枝、滑亭新楽と云うお初お目見が加わり、近々旭廓の旭亭において興行との事。此の大一座で兼勤なしと云う評判。

〈編者註〉文福は名古屋の桂文福。明治九年頃に名古屋に来て、そのまま居付いた。晩年、息子小文福に二代目文福を譲り、本人は、富本席の席主となった。龍好、福助は不詳。滑亭(骨亭)新楽は曽呂利の弟子。

明治2657日 大阪朝日新聞

◇明石の大催し 来る十日播州明石の旧知事帰国の祝意を表するため、同日より二十一日まで連日種々の催しあり。其大略は大阪文楽座一座の浄瑠璃、大烟火、大阪力士猫又、虎林一座の相撲、大阪落語家小文枝、扇枝、枝雀、円三郎等の落語、大阪生一社中の能楽、尾半小半一座の俄踊、競馬等なりと。

明治2657日 扶桑新聞

◇曽呂利の一座 前号にも載せし旭亭に於て、曽呂利新佐衛門一座の興行は愈々明八日夜よりと云へば、大人気ならん。

明治2657日 香川新報

<香川県丸亀戎座の開場>

◇戎座の開場 丸亀南条町の新築戎座に、来る十一日頃より落成祝の芝居を興行する筈なりと云う。

戎座丸亀

〈編者註〉丸亀市南条町にある戎座跡の碑がある。碑文に「丸亀芝居小屋戎座跡(北隣) 本格的な小屋として明治二十六年一八九三)建てられ、「大黒座」に対して「戎座」と名付け、設備がよかったところから繁昌した。初代中村雁治郎、福助、実川延若などの千両役者が来演し、また政談演説会なども華々しく開催された。昭和十一年秋惜しくも姿を消す」(昭和613月吉日 丸亀市文化協会)とある。

明治2659 大阪毎日新聞

◇明学坊の朝鮮行 琵琶法師で有名な西国坊明学は今回朝鮮へ渡航する約束整ひ、門人の静学、清学及び其他二三の落語家を引率して近日釜山へ乗込み、同地でまづ二週間、仁川で一週間興行する由なるが、其語りものゝ中本社の新聞紙に昨年登載したる小説夏痩(霧島小太郎)と目下連載の続き雑報登り鯉を面白く琵琶に合して語らんと目下工夫を凝し居るよし。

〈編者註〉西国坊明学(さいこくぼうみょうがく)は盲目の音曲師。明治十三年ころから寄席に出て、琵琶、三絃その他を操る十六人芸を売り物にした。

明治26510日 神戸日報

◇枝太郎の十八番(おはこ)踊 二三日前のことなりとか、楠公社内湊亭に於て彼の象の眼と綽名さるる桂枝太郎が、高座で落語をなしたる末、何かお客さんのお望みに応じて一番踊って見せましょうと云うに、桟敷に在りし兵庫の廻漕(かいそう)店の若者が、数名口を揃えて狂乱をト所望したるが、枝太郎は、狂乱は己の十八番だから容易には見せられぬ、という了見かどうだか、狂乱は舞わずに他の活惚杯(かっぽれなど)を踊り、尚減らず口を叩いたとか叩かぬとかで、若連中は大いに立腹し、近々の内二三十人隊を組んで押掛け、妨害を試みんと目下頗(しき)りに計画中だという。サア強(えら)いこっちゃ。

明治26513日 扶桑新聞

◇富本席の西洋手品 相変わらず景気の好い富澤町の富本席において、明十四日夜より東京初お目見の西洋手品奇術の全世界正一並びに全世界正玉、外に女義太夫の全世界正若、全世界小菊、月家秋花等が興行とは面白し。

明治26514日 扶桑新聞

◇福寿亭の東京落語 東京の落語家柳亭左楽の一座は、今夜より大須門前福寿亭にて興行。

〈編者註〉柳亭左楽は三代目春風亭柳枝門人でその風貌より「オットセイ」と綽名された四代目左楽と思われるが、「古今東西落語家事典」にはその襲名は二十六年十二月とある。しかしこのときすでに「左楽」襲名が決まっており、巡業のときにはもうその名を名乗っていたのであろう。十二月は東京での正式な襲名披露だったと考えられる。

明治26517 大阪毎日新聞

◇西国坊明学投打に遇ふ 南瓜大の頭を振立て琵琶軍談を以て名高き西国坊明学が、去ぬる年熊本在なる高橋村といへる所に看板を掲げ、熊本人なる細名大四郎の伝記を語りしに、土地の事とて評判一と方ならず、イヨ七日目となり大四郎敵討の佳境にいたりしにぞ、西国坊も茲ぞと一段声張上げ天井も抜よと唸りしに、見物はヤンヤ〳〵と打囃す。明学占たりと蛎の如き眼を剥出し汗たら〳〵にて更に一ト息唸らんとせしに、こは如何に、見物より敷物、煙草盆等手当次第に高座を目掛けて投付たり。的にせらるゝ明学の迷惑さよ、宝永の地震ならなくに頭の横ツ町に宝永山形の瘤を吹出せり。流石我慢ものも遂には堪へかね、後ろさまに楽屋の裡へ辷り落ち、興行元に出逢ひ、其の迷惑筋を語りしに、興行元曰く、是れは当地の気風にて大当りを祝するものといはれしにぞ、明学がそれでは明日の晩からおめんを冠つて上らう。

明治26519日 大阪朝日新聞

◇近松門左衛門の追吊法会 明後二十一日京都寺町通本能寺にて午前八時より日本脚本会の椙杜親介氏の催しにて此会あり。同寺の宝物陳列、書画揮毫、抹茶、挿花、浄瑠璃、舞、滑稽品陳列等にて、縁起説は山崎琴書、桂藤兵衛笑福亭福松、東ン貴、馬鹿八、東寿其他数名なりと云ふ。

明治26523日 京都日出新聞

◇嚶々会例会 本月の会合は去る二十日を以て開かれぬ会場は鳥居本の筈なりしが俄に差支ありとて清々館に移されたり。…当日の余興には立花家橘之助出席の筈なりしが是も無拠故障の為め其美声に接する能はざりしも其代理として円篤、米喬、久枝、菊団治等交る〳〵得意の技芸を演じ来会者をして遺憾無らしめたるは御苦労と云ふべし。

〈編者註〉米喬は二代目桂米喬。明治十八年二代目文団治に入門して米紫、明治二十四年に師匠の前名を継いで米喬と改めた。菊団治は二代目桂文団治門人桂菊団治。「桂文我出席控」の明治二十一年七月の吉田席に名前があり、僧侶出身の菊堂聴円の菊団治の前の菊団治。

明治26524 大阪毎日新聞 

◇円朝の廃業 先ごろ当地へ来て皆さんお馴染の三遊亭円朝は、我が率ゆる所の三遊派の中に近ごろ高座に登ツて猥褻極まる事を演るもの多きを憂ひ、円生等と共にその弊風を撓むと苦心なし居たれど、何分円橘、円遊、遊三などの保守派が反対するより全派に改良を及ぼすことならず。夫ゆゑ円朝もホロをなやし、一時廃業して我れ独り屑うせんとまで決心したれど、或る人々に止められ暫らく思ひ止まりしものゝ、到底改良の見込なしとて今度断然廃業したりと。又た改良派にて重なる円生も自説の行はれざるを悲しみ、人の止むるも聞ず袂を払ツて京阪地方へ稼ぎに下りしよし。但し改良派は右の円生を初め金朝、円太郎、円左などなりと云ふ。

明治26526日 京都日出新聞

◇ブラツクの結婚 先頃京都へも来り笑福亭にて喝采を博したる英国人ブラツク(三十三年)は、其の後東京の各寄席にて相変らず愛嬌を振撒き居るが、今度東京々橋区本八丁堀三丁目七番地菓子小売商石井ミネの二女アカ(十八年)の聟養子と為り、一昨日東京府庁に出願し富田知事の面前に於て帰化の宣誓式を行ひ自今英国皇帝陛下若くは政府に勤むべき諸般の義務を誓施し、我法権に服従するは勿論我皇帝陛下に対し奉りて忠節を尽くし日本臣民たるの本分を守らんことを誓約したる由。

明治26527日 扶桑新聞

◇旭亭に出る音琴 大坂の落語家中人も知りたる曾呂利新左衛門の一座は、予ねて旭廓の旭亭に興行中なるが、毎夜の大人気に一座の歓び、然るに尚右の一座へ、初お目見の夢の家音琴という今様落語家が合併し本日より更に興行。

〈編者註〉夢の家音琴(ねごと)は本名荒野竜平。東京の芸人と思われるが、詳細不明(三遊亭円生「明治の寄席芸人」より)。

明治26527日 岐阜日日新聞

◇うかれ節 名古屋芸人吉川善鶴の一座は、此頃中、大野郡揖斐町に興行。毎夜ポツポツ言上奉るが同町民のお気に大叶い。

明治26530  大阪朝日新聞

◇堺宿院卯の日座にては来月一日より南光、扇枝の一座にて大阪朝日新聞に記したる堺の三人切、河内の十人斬其他の新報をうまく仕組んで続噺と為し、毎日饒舌つて聞かせると云ふ。

明治26531日 神戸又新日報

◇明石興行物 停車場前の空地にて二十八日より催し居る仙台屋連女大力の一座は昼夜とも大入大人気のよし、又東本町の三白亭にては宮川金蔵一座の浮れ節、西新町の王西座は新蔵一座の芝居なりと。

明治2661日 京都日出新聞

◇橘之助と円遊 先頃中より新京極笑福亭に出席して例の嬌音に京冶郎の魂魄を蕩かしたる立花家橘之助は非常の人気にて、其為に尚半月同所に打ち続ける由。尚去年遥々京都に来りて万辺無く愛嬌を振り撒き行きたる御存じの鼻男三遊亭円遊は来月早々東京を発し又候京都へ来り、橘之助の後を引受けて来月十六日より笑福亭の高座へ例の大鼻を担ぎ上ると云ふが、昨春女房を失ひてより妾を〳〵と候補を争ふ女軍の五月蝿さに一人都落と出かける積りか、それとも又天晴れ美形を後任者にせんと此本場へ買ひ出しに来る心か、其辺は未だ確と解らず。

〈編者註〉この年、三遊亭円遊(初代・鼻の円遊)が関西へ来た記録はない。

明治2661日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲大黒座は市十郎父子、紫琴、寿昇等が抜けて実川延三郎、中村高福が加わり芝居▲相生座は未定▲三の宮朝日座は阪東美津代、中村秀三郎、嵐寛若の一座にて芝居▲楠公西門筋馬力席は市川鯉京一座の芝居▲同福井座は堀井女仙助一座の女芝居▲同堀の側は一瓢の軍談講釈▲楠社内菊廼家は京山一座の浮れ節▲菊廼亭は照玉一座に奈良吉が加わりて女浄瑠璃▲同湊亭は東京下り朝枝一座の落語▲稲荷新地の榮亭は玉川吉本一座の落語▲同鏡亭は伊勢吉の浮れ節▲同福原通り入口の寄席は花川三五一座の貝祭文▲播半座は休み▲又兵庫は湊橋西詰の湊虎亭は玉海呑玉の軍談講釈▲算所町の弁天座は休み▲能福寺松鶴座は川上元次郎一座の改良俄▲入江亭は西洋影絵▲日向神社内の日本座は休業中

〈編者註〉「神戸日報」の「演芸寄席だより」の湊亭の記載は、柳亭朝枝・柳屋小さん三・桂團輔一座の落語とある。柳屋小さん三は二代目柳家(禽語楼)小さんの弟子。桂団輔は二代目桂文団治門人。東京の寄席恵智十席元の養子となり、戦後五代目文吾と称した冨士村彦次郎の父。

明治26616日 扶桑新聞

◇屡々(しばしば)掲ぐる旭廓の旭亭は、愈々今回落語家で名を知られし曾呂利新左衛門丈の一座を定席とし、京阪流に一年中追通し、他の者は出席せず曾呂利一座の大勉強にて、本日夜より滑亭、文翫知を加え、音曲噺即席都都逸浮世節もあると云えば、尚一層の面白味ならんと其辺にての評判々々。

明治26618日 京都日出新聞

◇嚶々会例会 一昨夜祇園の鳥居本に於て嚶々会の催しあり。…余興には橘之助を招けり。其前座には笑福亭福篤の餅屋問答は、古い乍ら執拗くなくやつたはよろし。次に三遊亭円寿の酢豆腐と墓場おいらんの御見立の二齣、初めは漢語で笑はせ、後は落をよくとりたり。切は立花家橘之助が清元にて〆、能色相図を車輪になりての語り方にて新鴬の谷の戸出る嬌声あれば、杜鵑の月下に叫ぶ甲調あり、軽く滑らかなるは、氷上をまろぶ霰丸の如く重く渋るは、郊野に伏せる鉄騎に似て、一座妙を賞る声絶へず聞ゆ畢つて、うかれ節の座興に例の嬌舌を飜かひし都々逸米山甚句トツチリトン、次に追かけのお好みとして、狸の曲引に席上さんざめきて羽觴をはね飛したり。

〈編者註〉笑福亭福篤は笑福亭円篤の門人。

明治26620日 大阪朝日新聞

◇酒造家懇親会 此程京都に開きたる全国酒造組合…昨十九日…網島の鮒宇楼に入り懇親会を催ほし林家花丸、桂文屋、ヘラ〳〵坊万橘等落語の余興もありて盛会なりしといふ。

〈編者註〉林家花丸は二代目林家菊丸門人で、噺はとても上手であったらしい。桂文屋は二代目桂文枝門人、初代文屋。軽口の笑福亭松右衛門の実子。本名桂陀羅助。、ヘラ〳〵坊万橘は初代三遊亭万橘。明治十三年頃、赤い手拭い、赤地の扇子を手にへらへら踊りを始めたところ大流行し、ヘラ〳〵坊万橘と呼ばれるようになった。

明治26620  扶桑新聞

◇定席たる旭廓の旭亭と富澤町の富本席に兼勤興行中の曾呂利新左衛門一座に加わり居る後家歓ばせの夢の家音琴は、大津絵節の旨味処より近々浮世亭又平と改むると。

明治26621日 大阪朝日新聞

◇桃川如燕 過日土方邸へ行幸ありし節御前にて講談を勤めたる東京の講談師桃川如燕は、今度小楠公寄付のため当地に来り、講談をしたる上り高を悉皆寄付するよしにて既に来着せり。

明治26622 大阪毎日新聞

◇小楠公神社の寄付講談 東京の講談師桃川如燕は来る二十五、六の両日、南地演舞場にて講談を口演し、其上り高を小楠公神社へ寄付する由。

明治26623日 大阪朝日新聞

◇桃川如燕の寄付講談 前号に記載したる如く、東京なる講談師桃川如燕は当今随一の名人にて、是れまで宮様方及び大臣の邸へ行幸あらせられたる際、屡(しばしば)天聴を辱うするの栄を得たる者なるが、予て小楠公の誠忠を感じ居たりしに、四条畷神社建築の挙ありしと聞き、今回態々当地に来りて、来る二十五、六両日、南地演舞場に於て講談を催し、其収入金を同社に寄付する由。其演題は西山茶話の内湊川建碑の条、木村長門守の傳、泣男杉本佐兵衛の傳、大石良雄の傳、伏見の地震、加藤清正三箇条申開きの話、清正の傳、外に三遊亭円馬、同円三郎の落語を加へて興行するといふ。

〈編者註〉開催は一日延期され、二十六、七日となった。入場券は当日演舞場にて発売。料金は上等五十銭、中等三十銭、下等十五銭。三遊亭円馬は二代目。円三郎の実兄。

明治26625日 大阪朝日新聞

◇名誉の老舌耕 明二十六日と明後二十七日の両日、南地演舞場に於て四条畷神社へ寄付の為め奉納講談を催す東京の講談師桃川如燕は、燕林のむかしより斯道の高手と仰がれ、今年七十四歳に及んでも钁鑠として更に衰へたる色なく、二十五貫の大躯を苦にもせず態々小楠公の為に長途を当地に来りしものなるが、此の読物のうち木村長門守の伝は先頃 三陛下、土方子爵の邸に臨ませられし折にはじめて雲の上の御聴に達したるのみにて、未だいづれにも口を開かざるものなりといふ。名利に走るが常なる芸人として時間と費用とを自らうち捨て、はるばる来りて此興行をなし、又円馬、円三郎等の之に加はるなどあツぱれなり、侠気といふべし。

明治26627日 大阪朝日新聞

◇同好懇親会の景況 一昨々日午後四時より網島鮒楼に於て催せる同好懇親会は、会する者四十余名、其の種類は一様ならねども各々文を好み風交を喜ぶ雅客のみなりしが、先づ文詩歌俳の類を幹事に交付して紀念の冊子の料とし、席に就くや三遊亭円馬、桂文哉[文屋]、三遊亭万橘の落語あり、桃川如燕も会に臨んで講談二条を演じて興を幇け…(以下略)。

〈編者註〉会員連名あり、上野理一、土居通夫、宇多川文海、歌川国松等の名が見られる。

明治26627日 大阪朝日新聞

◇京伎芸会 一昨二十五日京都河原町の共楽舘にて標題の如き会を催し桂藤兵衛、文如、桃太郎、朝枝の(落語)、山崎琴書の(講談)、大虎座一座の(俄踊)、鶴賀馬井助一座(新内)、竹本梅里の(浄瑠璃)、東ン貴一座の(俄踊)、光徳女の(手品)、生駒幸蝶の(足芸)、阪東文次郎一座十九名の素囃子(寿獅子)、鈴木孝道の尺八(鶴の声)、川島やな女の(三曲)及舞(八枚の扇の手)等ありて盛会なりしよし。

明治26628 大阪毎日新聞

◇四条畷神社寄付講談 …一昨日午後六時より南地の演舞場にて開きしに聴衆六百余名もあり、如燕の水戸実記、赤穂義士銘々伝、地震加藤三ケ条の申し開き、円馬の孝女お蝶の伝、いづれも身を入て読たればなか〳〵に面白く、或は泣せ、或は笑はせ、喝采の中に打出したるは十一時前なりし。


上方落語史料集成 明治26年(1893)7月~9月

明治2671日 扶桑新聞

◇曾呂利一座にさん馬加わる 旭廓の旭亭を定席として一夜も欠かさず出勤し居る曾呂利新左衛門始め文翫知、圓光、音琴、文福、新右の一座へ、今夜より東京の落語家翁家さん馬と滑亭新作の二人が加わり、大勉強にて定客へは毎夜下足賃要ず二銭の特別通券を差出すと、稼業にかけては脱漏(ぬかり)の無い連中。

〈編者註〉滑亭(骨亭)新作は初め文都門人で都作といい、曽呂利の弟子となって新作と名乗った。のち三代目文字助となる。 

明治2674日 京都日出新聞

◇貌剌屈の勧進帳 毛色変りの落語家貌剌屈は本月一日より新京極笑福亭へ出で例の愛嬌弁をふるひ居るが、先に行なひたる京都伎芸協会にては来る九日に其第二回を行なひ、此時貌剌屈も出場し、東京歌舞伎座に市川団州が演ぜる記念祭の勧進帳をよみあぐる事と定まれりとぞ。

〈編者註〉貌剌屈は快楽亭ブラックのこと。

明治2677日 京都日出新聞

◇技芸協会第二回 仝会は来る九日河原町共楽館に於て催ふす由なるが其出演曲目は左の如し。

講談浮世草(琴橋)、落語くしやみ講談(格三)、講談妹背山(東海)、新内明烏山名屋の段(三味線鶴賀馬井助他四名)、手芸指の八曲(藤原)、講談大石内蔵助伝(北海)、舞神楽万歳引抜き手踊り(蔵)、常盤津其おもかげ写沢水(万寿)、落語嘘修行(文団治)、曲芸西洋クルマン運動(時松・序考)、落語どうらん幸助(藤兵衛)・・・落語吃り大根(竜門)、講談楠の泣男(琴書)、情話西洋人情話(ブラツク)・・・。

〈編者註〉格三は誤記か。藤原は三代目笑福亭松鶴門人で璃鶴から小松鶴となり、のち桂藤兵衛の身内となって桂藤原から藤原年史となった人。のち三代目笑福亭円笑を襲名する。万寿は三遊亭万寿。後の三遊亭円子(鼓の円子)。

明治2678日 扶桑新聞

◇富本の東京落語 目下富澤町の富本席に出席中なる東京講談松林伯圓翁は、お名残惜くも来る十日限りにて一先づ帰京し、其後へは東京落語家中有名なる麗々亭柳橋(以前小柳と云いし好男子)と其父春錦亭柳桜(以前柳橋と云つて圓朝と同じ位置なりし)の父子が初めてのお目見に人情噺。此の父子と共に桂語楽、麗々亭柳若、同小柳、同柳寿など云うが近々同席にて興行との事。

〈編者註〉春錦亭柳桜はもと三代目麗々亭柳橋。長男が小柳から四代目麗々亭柳橋となり、三男が麗々亭小柳を継ぐ。のち五代目麗々亭柳橋を襲名。麗々亭柳若、同柳寿は四代目柳橋の弟子。桂語楽は初め蜃気楼龍玉門人で龍蝶、四代目文楽門に移って語楽と名乗った。

明治2679日 扶桑新聞

◇前号に記載せし東京上等の人情噺好男子の麗々亭柳橋と、ズート往昔の好男子春錦亭柳桜父子は、語楽、小柳、柳寿、柳若の若手を先陣に、いよいよ明後十一日夜より富澤町の富本席において興行。

明治26711日 大阪朝日新聞

◇京都伎芸会の第二回は一昨九日共楽舘にて催せしに前会より会員多く盛会なりしよし。出演者の重なるものは桂文団次、桂藤兵衛、英国人ブラツク、尾崎北海、山崎琴書、常磐津文字万寿、今井松江、菅野序孝、玉房毎太郎、杵屋正造一座十七名、竹本島菊太夫、野沢庄次郎等なりしと。

明治26712日 大阪朝日新聞

◇京都勧善会 京都の感化保護院は去明治廿二年に設立せしものにして其成績宜しきも資本欠しくて未だ充分の効力を見るに至らざるより、此程別に京都慈善会と云ふを設け、会員は毎月十銭、十二箇月間義捐することゝし、広く慈善家の賛助を得て同院の拡張を図ることゝなせしに、追々入会者あるに付、其祝意を表し且一層の尽力を請はんとて、一昨々日右の主唱者諸氏は市内の有志者八十名許りを花見小路の有楽舘に招きて饗応したり。当日は…余興には鈴木孝道氏の尺八其他三曲、舞及藤兵衛の落語等を催せしが就れも同会の趣旨を賛し特志を以て出演せしものなるよし。

明治26712日 大阪朝日新聞

◇鹿の狂水病 是は犬から伝染した次第にあらねば心配するに及ばず。象の眼と綽名のある当地のはな鹿桂枝太郎が昨日神戸湊川尻の海水浴場にゆき、海水を見るより忽ち癲癇病を起して倒れたは水癲癇といふ一種の病なりといふ。

明治26712 大阪毎日新聞

◇(前略)象の目事桂枝太郎と云人気落語家、一昨夕よろしくあつた後、女将軍の家を出掛けたは昨日の未明、湊川々尻の水泳場、イヨーこれはお誂へ、汗流しなどは乙でげすなと頻に泳で居たはよいが、一昨夕のお労筋か、俄に水中で癲癇を起し、七転八倒に苦しむので、水泳連が大騒ぎ、医者を吹掛ろ、水を招で来い、イヤ忙るな〳〵大勢が介抱したので漸く土左衛門は免がれたり。

明治26713日 扶桑新聞

◇柳橋の一座を聴く 名古屋初お目見として親子連の汽車来利計(くりげ)。富澤町の富本席に於いて一昨夜より興行中の東京上等人情噺麗々亭柳橋、其父なる春錦亭柳桜、其弟なる麗々亭小柳、其他柳寿、柳若、新作等の一座の出席は頗る付の好人気にて、一昨夜入道は一寸聴きに出掛けましたが、就中小柳は齢こそ若けれ此親にして此子ありで落語も達者、後面の手踊は妙手ものなり。柳桜の細川家の茶碗屋敷と得芸の四谷怪談阿岩稲荷の二席は、昔とつた杵抦(きねづか)、六十七歳の老翁麒麟も老ぬれば、駑馬と意の外達者なもの。柳橋の白菊お菊と八百蔵小僧吉五郎の発端は味にやられ、小柳の往昔は何処へやら実に若手の売出し、殊に好男子にて梅香の声色などは女客を歓ばせ、禽語楼小さん以来の好人気。納涼ながらの聴客が日日蚊では無いが殖えるでしょう。

明治26714日 大阪朝日新聞

◇万橘の舟 明日の川開式場に付随したる馬鹿囃し(神楽囃し)は、万橘の一座とて、十五名は船を艤して道頓堀を発し、西横堀北へ土佐堀東へ大川へ着する途中踊りながら漕ゆくなりといふ。

明治26717 大阪毎日新聞

◇[広告]父一瓢儀、急病ノ処、終ニ養生不相叶、昨十五日死去致候ニ付此段生前辱知諸君ニ御報申上候。但葬式ノ儀ハ来十八日午前七時自宅出棺、中寺町地蔵阪福泉寺ヘ葬送仕候。尚ホ供花放鳥ノ儀ハ依遺言御断奉申上候/西区土佐堀通三丁目四十二番屋敷 七月十六日 三省社 木村半瓢 親戚                  

明治26718 大阪毎日新聞

◇川開き(十五日)の景況 ……お神楽の舞台は川の中央に設け、余ほど舞台を高く組立たれば、何れよりも能く見え、其の舞台の上へ三重四重に紅ずりの提灯を弔し、絶ず馬鹿囃子をなし居りしが、出方は落語家中にて愛嬌ものと知られた万橘、円馬、円三郎、文屋などにて、代る〳〵面白き技芸をして見せたるが、此のお神楽は二〇加とステヽコとチヤンポンにしたものゝ如く見えたるより、当地の人は素よりお神楽を見つけた東京人の目にも面白く見えたるならむ。分てヘラ〳〵坊万橘が神子になり、鈴を打ふりつゝ舞台へ登ツた所は何とも言へぬ可笑味あツて、大川にドツと笑ひの波打たりと。 

明治26718日 大阪朝日新聞

◇納涼川開の景況 川の中央程好き処に舞台を設けて、三重五重に紅提灯を点し、其下にヘラ〳〵坊万橘等の一連、例の馬鹿囃子面白くお神楽踊るさま、得も言はれぬをかしさ、大阪の人には物珍らしき事とて舞台の辺りを舟にて取巻き、アハヽホホヽと笑ふ声、澱江の水も為めに留まらんずる気色なりき。

明治26728 大阪毎日新聞

◇女房離縁状を扇枝へ捨る  大阪の落語家中で愛嬌ものと知られた桂扇枝は、高座から振蒔く愛嬌が惚薬りとなツて女客に被ると見え、彼方からも此方からも御用をいひ付り、之や齒抜屋と間違れはすまいかと思ふほどゆゑ、時おり女房が焼いてチン〳〵喧嘩が初まり、初まる毎に出て行け出て行うといふ分れ話しになり、扇枝は直にサラ〳〵と三行半を書いて渡すといふのが極りのやうになツて居れど、元々真底から否で分れる女房でないから、一月たつか経ぬに又た呼返し、中へ入つたものは馬鹿を見るから今となつては誰あツて中へ入るものがなく、有たら按摩賃で身代限りするだらうと思ふほど肩の張る訳だが、此のあひだも又た例の喧嘩を初め、出て行け出て行うといふ話しになり、女房は手荷物まとめてサツサと出て行き、扇枝を愛顧にして呉る泉州岸和田の某方に至り容子を話して見ると、爾いふ事なら暫く当地にいるが宜と引留たものゝ、宅へおいては話が面倒と、知りあふ料理屋に仲居の欠員があるを幸ひ当分同家に預けて仲居をさせる事にしたを、扇枝が何おもツてか腹を立て、人の女房を勝手に仲居にさすとは不都合なりとの手紙を送ツたので、某も腹を立て、ひつきやう世話するといふも信切[親切]づくから何も不都合といはれる覚えはないと竹篦返しの手紙を出した所から、扇枝も弱つて今度は女房に取て掛り、亭主に答へもなく仲居などになるやうなものは女房にしておく事が出来ぬと四度目の暇状を送ツたから、女房はヘン宿六の暇状も久しいものだとクシヤ〳〵に揉んで小便桶へ捨たといふが、近い中女房が戻ツて来たなら又た例の如しだらうと近所での噂。

明治2683 大阪毎日新聞

◇女房の跣足参り (前略)神戸楠公社内の笑福亭福松と云ふ鹿どのゝ女房おはつと申ますは、以前京都の舞子で思ひに思ふて同人と夫婦になつたのでげすが、福松には其前から新内談(がた)りの鶴賀八十松と云ふ妾同様なものがありますから、おはつは表向こそ女房でも先口の八十松を姐はんと崇めて妬くなどゝ云ふ素振はこれんばかりも厶いません。すでに此頃八十松が下へ稼ぎに往つた留守中も、おはつは暑さの時分故どうか無事で居る様にと毎日々々諏訪山稲荷へ日参して居るとは以前の業体にも似合はぬ感心な女では厶いませんか。ヘイ御退屈さまさし代りまして。

明治26810日  岐阜日日新聞

◇岐阜市美殿町泉座に於て今を去る八九年前、伊奈波国豊座に来り非常に好評を受けし盲目東三光が、久しぶりにて今十日夜より浮れ節を興行する由。

明治26811 大阪毎日新聞

◇文落した出世の桟 (前略:砂糖屋の隠居が遊芸師匠おくみの宅に入り浸っている。おくには落語家の小文都を好いている)。小文都が神戸へ下り、楠内社の湊亭に出勤しているから、おくみは近々首尾して神戸へ下り、情郎と一所に須磨へ海水浴と洒落こまうと内々手順を小文都の許へ知らす手紙を書ている所へ、弟子が来たから其まゝ袂へ入れ、夏は暑いものだノ、水は冷たいものだノと詰らぬ話で胡麻化していたは至極お手際だつたが、其後旦那の隠居どのに誘はれ或る料理屋へ行き、思はず右の手紙を落したを、隠居どの窃(そっ)と拾つて読で見ると小文都へ送る艶書ゆゑ、アツと驚いて入歯を落したが、流石老人のチン〳〵も下さらぬと、落た入歯を鼻紙に包み。急に用事が出来たからと帰つたなり鼬の道切。

明治26812日 大阪朝日新聞

◇縁のそれ丸 斯うなると月下翁も少し狼狽(うろた)へ給ふべし。神戸楠公社内の寄席に立花家橘之助三遊亭円寿と共に出て居たを、一夜其近所のおつた(十八年)といふ娘が聞にゆき、円寿の男振りの凡ならぬ処が気に入りて、是非ともあの人を聟さんにと想ひそめたが、頓には云ひ得ずぐずぐずして居る其うちに、円寿はそこを打ち上げて堺へ行つたとのことに、お蔦は発狂するばかりに失望し、両親には大阪の叔母さん処へ行て来ると云ひこしらへ、早速跡を追つて堺へ行て見ると、円寿はこゝにも出て居れど、同人は橘之助と深い関係あつて、百万円の身代譲り渡されも聟養子にはゆかれぬとの事にお蔦は落胆して大浜の突出しから海へ飛び込まうとして居る処へ、気のない顔して来合せたは神戸にて顔を見知りたる島田元次郎(二十一年)といふ男なるにぞ、是はと二人は互に驚き、何してこんな処へと元次郎が問へば、貴君も何うしてとお蔦が問ふ、双方包みかねて話すを聞けば、お蔦は右の始末、また元次郎は橘之助を見初めて想ひに堪えかねこゝまで跡を追て来たれど望みを遂げることの出来ぬ本意なさに身を投げる積りとの打明話しに、二人はいよいよ奇異なることに思ひ、さういふ事なら此処で二人が身を投げて亡き後までも恥をさらさうより寧そ二人で神戸へ帰らうぢやないかと忽ち相談まとまりて打ち連れて帰神の途中、どう話しの出来たものかお蔦は円寿のこと打ち忘れ、元次郎を聟養子に貰つて欲しいと頻りに両親に迫つて居るといふ。

明治26812 大阪毎日新聞

◇返報(しかえし)は涼風の立つまで延期 神戸楠公社内の落語家しん〇は可なりいゝ男で、ヤイノを極める女も多いのに、左りとては物好な、笑福亭福松の弟子福〇の女房、人三化七の姿に打込だは縁は異なものと云はうか蓼喰ふ虫も好々と云はうか、兎角一風変つた者が飛出しませんとお話に相成ません様なわけでと高座で喋舌る奴を実地に応用したと云はぬばかりの気色で居る事、福〇薄々知らぬではなけれど、師匠の金使ひ込だ尻がわれかゝつた場合、奸夫穿議(まおとこせんぎ)所でなしと其侭ドロンとなつたから、残つた両人は開た口に牡丹餅と早速両人一所になつて八寸を四寸づゝ食ふ始末で嬉しがつて居る所へ、福〇が何処からか帰つて来て突然ぬつと飛込で、奸夫見付けたとやりかけても、両人一向平気の平左、奸通(まおとこ)事件を持出す気ならこれから師匠の処へ行きお前のこゝに居る事を知らせるが承知かと竹篦(しっぺ)がへしに、福〇グツとつまつて、えゝ覚えて居ろと捨台詞で出かけたが、兎も角も持出した金を調達して師匠の方を済ませ、両人を一も二もなく懲役にやるか但しは三人揃つて赤い衣装きるか、併し何方(どちら)にしても冷風が立つてからとは、さても〳〵悠長な男さ。

〈編者註〉しん〇、福○はだれのことか不明。

明治26816日 扶桑新聞

◇新守座の芸題替り 木同という黒幕があつて七五三太夫で懐中を肥やし、泉祐三郎の今様狂言で塊玉蔵入りしたのは向運の浅井多意好が、此度また京阪の正玉、馬鹿八、東寿、新玉、人気玉、清枝、富士寶、三升等と、名古屋の巴連正三、清四、小ゆめ、南蝶、銀二、富助等の合併俄狂言にて最う蔵入を済せしと云上、人気貳百や貳百半は必ず大吉利市の大福々寸法の旨味調子を外さず、本日より芸題を替えて左の如し(省略)。

・・・・新平喜、伯父水野(正三)八郎為朝、吹自慢中左(清四)鳥人赤助、異国人おくま(小ゆめ)大野屋勘平衛、野ばん甚蔵(南蝶)鳥人黄助(銀二)鬼婆(富助)・・・・。

明治26816日 扶桑新聞

◇富本席の圓生一座 此程の扶桑にも一寸記載せし如く、富澤町の富本席にては、東京上等の人情噺し初お目見の三遊亭圓生を始め、橘家圓三、桂南鶴、東京斎魚一、立花家若橘、三遊亭圓坊等が今十六日夜より出席。皆な名古屋始めてながら東京口調で面白い事は保請。

◇旭亭一座と圓生 本日より富澤町の富本席に出勤する三遊亭圓生が、旭廓旭亭の曽呂利一座定席に加わり、真面目におしやべりを致すと申す。

〈編者註〉三遊亭円生は三遊亭円朝門人四代目三遊亭円生。円朝門下四天王の一人。橘家円三は三遊亭円生門人で、のち五代目橘家円太郎となる斎藤徳次郎。このとき円生とともに上方へ来て、その後京都に在住した。一時期新京極笑福亭の席主となっている。桂南鶴は本名福嶋伝次郎。二代目南光(仁左衛門)の弟子で、後東京へ行き、芝楽(本名辻村藤三郎)の食客になったらしい。東京斎魚一は不詳。三遊亭円坊は四代目円生の実子。のち小円喬となるが父ほどの噺家にはなれなかったようだ。

明治26823 京都日出新聞

◇落語家芝居 角座一座は打越にて一行は本日午前の列車にて当地に来り新京極常盤座に於て明二十四日より蓋を開く由なるが、毎日正午時より始め滑稽昔話にて切狂言として本朝廿四孝四段目一幕を演じ、其役割は、武田信玄(桂文枝)八重垣姫(ヘラ〳〵坊万橘)濡きぬ(桂小文枝)勝頼(桂南光)等にて其外十余名なりと云ふ。

〈編者註〉これ以外に記事はなく、実際行われたのかどうかは不明。

明治26824日 神戸又新日報

◇上るりと身振芝居 姫路養気座の上るりは昨夜より興行。太夫は大坂文楽座の呂、相生、綾。三味線は勝鳳、勝右衛門、勝七等にて人気頗るよし。又同所林利席の身振芝居は、昨年も大人気であつた京都阪東鈴吉の美形揃いで、去る十五日より興行の処、毎晩の札止めなりしと。

明治26827日 扶桑新聞

◇曽呂利の一寸帰阪 旭廓の旭亭を定席として居る落語家曽呂利新佐衛門丈は、大坂の自宅に急用あつて去廿日帰阪し、用事を済ませ廿三日夜来名せんとしたるも、汽車は大垣迄よりしか通せぬに不得止、再び帰阪せしが、来九月一日よりは間違いなく旭亭に出勤すべしと云う。

明治26822 大阪毎日新聞

◇西区北堀江の賑江亭では東京下り柳亭朝枝、講談師燕凌等の一座で興行し、朝枝は高座で即席画を画き、聴衆の土産にすると云ふ。

明治26822 大阪毎日新聞

<三遊亭円寿、三遊亭円相と改名する>

◇博労町の彦六座で午後六時から興行している落語笑福亭福松、松光、円寿改め円相等の一座に加はつて居る立花家橘之助はいよいよ今度がお名残の由。

〈編者註〉本名永瀬徳久。明治17年ごろ三遊亭円喬を名乗って上方に現れ、明治207月、神戸で円生と改名。10月、もとの円喬に戻る。明治235月、円喬改め露の五郎兵衛となり、明治248月、円寿と改名。明治263月ごろ立花家橘之助と名古屋へ駆け落ち。そして今回、円寿を円相と改めた。このあと、明治281月に東京へ帰って全亭武生となり、31年に六代目朝寝坊むらくを襲名する。

明治26830日 京都日出新聞

◇新京極の案内

幾代席 藤兵衛、文如、竜門等の落語。

笑福亭 米喬、円三、鯉喬、木鶴等の落語。

〈編者註〉木鶴は二代目笑福亭木鶴。初め初代桂文枝門人で文里、のち二代目笑福亭松鶴門人となって二代目木鶴となる。新京極笑福亭の真打格を勤める。鯉喬は不詳。

明治2691日 九条たらちね会会報(「上方落語」昭和313月号所収)

◇明石三白亭 小文都、みやこ、都キ松、春之助、都遊、文都、はやし方石田ふじ。

上り高 一日目金一円九十五銭二日目金二円四十五銭三日目大風雨にて入かけ四日目金ニ円五日目金一円四十銭六日目金一円十銭七日目金三円二十五銭八日目金一円五十五銭九日目金一円三十九銭十日目金一円六十四銭十一日目金一円六十一銭。

〈編者註〉この記録は、三代目笑福亭福松の所持していた桂文都(月亭文都)の記録帳から田中緑紅さんが紹介されたもの。当時大阪の定席に出られない文都が、地方を転々としていた貴重な記録。都キ松は後の三代目三遊亭円馬(明治十五年生)。父は文都門人月亭都勇という噺家で、七才から高座にあがり、この頃は笑福亭木鶴の門人となって都木松を名乗っていた。都遊は都勇の誤記か。春之助の初代は桂枝太郎で、そのあとの春之助と思われる。詳細不祥。

明治2691 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲大黒座は川上一座の芝居にて引続き興行▲相生座は東京下りの一座にて明日頃開場▲橘通り五丁目鏡亭は中川伊勢吉の浮れ節▲楠公西門筋福井座は堀井仙助、嵐観玉一座の手踊り▲同馬力亭は市川鯉京、中村駒榮のヘラヘラ▲楠社内湊亭は文都、小文都、枝太郎等の落語▲同菊廼家は廣澤菊丸の浮れ節▲同菊廼亭は照玉一座の人形浄瑠璃▲播半座は大隅團平一座の浄るり▲兵庫能福寺境内松鶴座は俄▲同入江町入江亭は影絵▲弁天座は引続き芝居興行▲湊虎亭は伯芳の軍談講釈▲朝日座は芝居にて島之助、紋三郎の一座なり。

明治2691日 扶桑新聞

◇旭亭と橋又座 旭廓の旭亭を定席として久しく興行中なる曽呂利新佐衛門の一座は、本日より定席の旭亭にてグーと若返って、梅幸が阿梅拍子を外妾(てかけ)にした一件にならひでも無らうが、怪談人情噺しの道具入りを興行し、巾下外田町の橋又座へ掛持して同座にては、得意の滑稽をしゃべると云えば面白からん。

明治26920日  岐阜日日新聞

◇岐阜市西ノ町に此程都座と云う寄席を建築し、一両日前より小屋開きをして、岡本美代松一座の説教源氏節芝居を興行せり。

明治26926101日 大阪毎日新聞101 大阪朝日新聞

<浪花三友派の結成>

◇寄席の合併興行 旧老松町松鶴亭の席元なりし高橋文治郎が発起にて、今回浪花三友派と称する落語家連の一派を設立し、来る十月一日より南地法善寺境内の今嘉席主、西区北堀江賑江亭、東区内平野町の神明席等を定席として、芸人は松鶴、福松、文都、文団治、松光、米団治其他若手数名と他に、東京の左楽、柳右衛門、立花屋橘之助等を加へて興行する由。(毎日926

◇浪花三友派と称する落語家松鶴、文都、福松、文団治等の一派を組み立て、今日より南地の法善寺、堀江の賑江亭、内平野町の神明席へ出ることになりしよし。(朝日)

◇三友派の落語 曾て記載せし三友派連中の落語は内平野町神明席と堀江の賑江亭と法善寺境内の今川席の三ケ所にて、いよいよ本日(夜)より開場するといふ。(毎日101

〈編者註〉浪花三友派の設立を伝える記事。大阪落語史上画期的な出来事であるが、当時はマスコミ的にそんなに重要視されておらず、ともに簡素な記事である。二代目桂文枝一派に対抗するために三代目笑福亭松鶴、月亭文都、笑福亭福松を中心として結成された。二代目桂文団治が事務局長的な役を担ったと思われる。席亭では法善寺今嘉席の今井嘉吉、堀江賑江亭の藤原重助、内平野町神明席の原田ムメらがこれを後援した。これより二代目桂文枝一門は桂派と呼ばれるようになり、両派の競争がはじまる。

明治26926日 扶桑新聞

◇落語の研究会 旭廓の旭亭を定席として居る曾呂利新左衛門の一座に、本日より従来の一座へ二三の新顔を加え、落語中重言片言や無理の穴あつて夫れをさがした聴客には、十点より百点までの景物を出すと定めし面白い事で。

〈編者註〉浪花三友派の設立に曽呂利新左衛門がその場におらず、直接関与していないことがわかる。

明治26930日 京都日出新聞

◇新京極の案内

幾代席 藤兵衛、竜門等の落語、

笑福亭 米喬等一座の落語と末広進太郎のドウスル節。


上方落語史料集成 明治26年(1893)8月 落語家芝居

明治2681日~6日 <講談・落語合併芝居・名古屋音羽座>

明治26年8月音羽座曾呂利新左衛門

外題:【一番目】「敵討殿下茶屋叢」天王寺の場・仮宅の場・福嶋復り討の場【中幕】「本朝廿四孝」十種香の場【切幕】「碁太平記白石噺」新吉原揚屋の場・鞘当の場

【配役】

坂田庄三郎、万才左三、ぬれ衣(市川左円治=松林左円・講談)

安達弥介、非人久蔵、白須賀六郎、しのぶ、仲居おりう(市川柳橋=麗々亭柳橋)

仲間杢介、慶庵、太鼓持立花(阪東橘勇=三遊亭橘勇)

沢田庄三郎、肝煎太兵衛、京屋万助(市川伯龍=神田伯龍・講談)

大蔵、尼妙林、非人の松、原小文治、宮琴(市川新右団二=骨亭新右)

葉末(尾上栄千代―三遊亭栄朝)

東間三郎右衛門、いづつやおため、宮芝、名古屋山三(狂訓升屋為三=狂訓亭春叟・講談)

染の井、太鼓持かつら(山下志ん作=骨亭新作)

早瀬源二郎、更科、太鼓持鯰八(岩井髯升=髭の家なまづ)

奴腕介、道具や吉兵衛、関兵衛、夜廻り権介、太鼓持桂山(中村文福=桂文福)

安達元右衛門、勝頼、宮里、不波伴左衛門(中村宗呂利十郎=曽呂利新佐衛門)

早瀬伊織、遣り手、夜廻り九郎兵衛(市川円光=笑福亭円光)

神道者(中村福助=桂福助)

田舎武士、人形屋幸右衛門、謙信(嵐天山=小林天山・講談)

八重垣姫、大黒屋宗六、太鼓持松林(市川伯円=松林柏円・講談)

宮城野、太鼓持鹿二(市川小柳=麗々亭小柳)

太鼓持桂水(中村翫智雀=桂文翫智)

〈編者註〉『近代歌舞伎年表 名古屋篇』巻二より作成。上掲の番付は早稲田大学図書館所蔵のもの。この芝居に関する記事を以下に掲げる。

明治26729日 扶桑新聞

◇富本 東京方は再び八重垣姫を演らうと云ふ謀反心のある松林伯圓翁、何時聴ても忌嫌のない春錦亭柳桜老人、莚升(たかしまや)と梅莟(しんこま)の位置を合併したやうな麗々亭柳橋、娘演説で知られし狂訓亭春叟、諸方を游ぎ廻る髯の家なまづ、後面に朝日連の紅襟を迷はする麗々亭小柳、可也タンカの切る三遊亭橘勇、三太夫役の麗々亭柳寿、又大阪方には徳用の洋燈がお好の曾呂利新左衛門翁、謎と阿房蛇羅経で愛嬌のある桂文翫知、お酒が好で後家泣せの笑福亭圓光、懐ろは温かい至って堅固な桂文福、必ず倉庫を建る滑亭新右、まことに温柔な桂新作等都合十五名が一昨夜より富本席に於て大会の興行。各自に得意のおしゃべりと手踊に音曲、當時東京に居つても此位の大連は見聞が出来ぬ面白さに同席階上の涼風うけて納涼ながらの聴客は沢山。

明治2681日 扶桑新聞

◇音羽座の呼物 初(はじま)らぬ前より評判高い講談落語の合併演劇中、最も呼物となるべきは伯圓翁の八重垣姫に、曽呂新翁の安達元右衛門に、柳橋丈の志のぶならん。

明治2683 扶桑新聞

◇有繋(さすが)に興行物好の土地(厭ひな人もあらうが)だけに観客沢山、一昨日午後五時より大入と評判のありし南伏見町の音羽座にて、東京大阪の講談落語合併の演劇は頗る付の大人気にて、幟数十本、大国旗等を同座前に樹て、或ひは掲げし上景気。場内には伯円・曽呂利等の水引を引廻し、大層な勢ひ。然れば午後三時頃よりドシ〳〵押掛け、四時頃に入込みたるが、当日は二枚札を出し、五時頃に序幕を明けしに、其頃は既(は)や千百余名の観客にて、三幕目頃は千七、八百もあり、漸次に満場となりたるが、二幕目が済むと松林イヤ市川伯円丈は洋服扮飾にて滑稽交りの演説頗る大受けであつた。(中略)何にせよ、一同夢中イヤ車輪の事なれば、幕毎愛嬌あつて真俳優のより面白く、午後十一時三十分頃六幕とも演つて打出したるが…(後略)。

明治2687 大阪毎日新聞

◇伊織舞台で管を捲く 目下名古屋の音羽座で東京の伯円、柳橋、当地の曽呂利新左衛門などの連中で落語家芝居をやつて居るが、去る二日の事とか、同地に居る八百蔵並に成駒屋の門弟が見物に押出したるに、天下茶屋の伊織を勤める笑福亭円光が八百蔵をチラと見付けて、これでは素面では舞台へ出られぬとコツプで酒を七八杯引かけ其勢ひで舞台へ出たはよかつたが、肝腎のかへり打になる所で外の連中が大車輪でやるにも頓着なく、伊織はチロ〳〵眼をして、何だ篦棒め勝手な事を抜かしやアがれ、己等は己等だ、酔たがおかしいか、管捲くが不思議かなどゝ巻舌で中ツ腹を極めたるなどは、殊の外のお茶番であつたと同地から知らせ。



明治
26811日~20<落語家芝居・大阪道頓堀角劇場>

外題:「菅原伝授手習鑑」車曳より寺子屋まで/「山神祠」だんまりの場/「本朝廿四孝」御殿の場/「権
 八吉原街」鈴ヶ森の場/「吉例曾我譚」二幕

【配役】

藤原時平、吉香小三郎(桂南楽、南光門人)

舎人松王丸(桂鶴之助)

舎人梅王丸、原の三郎(林家小菊丸、二代目菊丸の門人ヵ)

舎人桜丸、飛脚早介(桂小南・子供、南光門人)

舎人杉王丸(桂小枝、南光門人、のち初代歌之助)

金棒引早太、加藤田貞光(桂南馬、南光門人ヵ)、

親白太夫、武部源蔵、大磯の虎(林家花丸、初代林家菊丸の忰、二代目菊丸の弟)

梅王丸、奴五百平、本田二郎(桂柏枝、のち三代目文都)、

桜丸、松王丸女房千代(桂文屋)

女房千代、雲介馬、曾我十郎祐成(桂小文枝、のち三代目文枝)、

女房はる、平井権八、愛甲三郎(二代目三遊亭円三郎、円馬の弟、のち橘ノ円)、

女房八重、白須賀六郎、工藤犬防丸、岡部弥三郎(初代桂枝雀)、

百姓十作、春藤玄蕃(初代桂燕枝)

菅秀才(桂文子・子供)

御台園の方(桂南若、南光門人

松王丸倅小太郎(桂扇子・子供)

下男三介、胴楽者千太、曾我五郎時致(初代桂扇枝、のち三代目文三)、

よだれくり岩松、腰元濡衣、本間六郎(笑福亭福助)、

児玉太郎、八重垣姫、雲介染、鬼王新左衛門(ヘラヘラ坊万橘)、

菅野縫之丞、御所五郎丸(六代目林家正楽)、

田舎娘お豊、仁田四郎(二代目桂梅枝、オッペケペーの梅枝)、

船頭勘吉、武田勝頼、朝比奈三郎義秀(二代目桂南光、のち桂仁左衛門)、

阿蘇の山神、幡随長兵衛(快楽亭ブラツク)

長尾鎌吉、大藤内景成、化粧阪少将(初代桂談枝)

原小文次、多子平馬之丞(桂文屋)、

雲介辰、工藤左右衛門祐経(二代目桂文枝)、

雲介権、近江小藤太(五代目翁家さん馬)、

雲介八、八幡三郎、松王丸(二代目三遊亭円馬)

臼井与市(笑福亭松竹、のち四代目松鶴)、

上等場一間に付代五十八銭 出孫同代六十八銭 東場同代一円八十八銭 通り一人前代五銭

〈編者註〉『近代歌舞伎年表 大阪篇』第二巻より作成。二代目桂文枝一門の落語家芝居で、錚々たる陣容である。南光の勝頼、万橘の八重垣姫、ブラックの幡随長兵衛などが話題となり、この落語家芝居に関する記事が異例と思えるほどひじょうに多く出た。以下に順次掲げておく。

明治2687 大阪毎日新聞

◇落語家演劇は来る十一日より角座にて興行する事となりしが、一座のブラツクは東京の贔負連より数十本の幟を貰ひしとの事。また此一座は角座打揚次第名古屋へも出掛けると云ふ。

明治2688 大阪毎日新聞

◇石井貌刺屈 お馴染は御存じの英人ヘンリー・ゼームス・ブラツク、今は日本に入籍して石井貌刺屈と名乗る同人は、今度角座に於て興行する落語家演劇へ出る為め東京より来阪し、開場の少し遅引したるに付、差向き一二ケ所の寄席に例の人情話を演じ居るよし。同人は衣服も全く日本風に改め、帷子の上に黒絽三ツ紋の羽織を着こなし、白の太紐をゆらりと胸の辺に結びて、いと洒落に挨拶する処は頓と日本人に異ならず。今度の来阪に付て円朝、団州、菊五、右団を始め処々より贈りたる幟凡そ十八本とは大した人気なり。

明治2689 大阪毎日新聞

◇南光の勝頼、八重垣姫を製造す 落語家の旗頭桂南光は、字を大煎餅と申し、頗る愛嬌のある男とは寄席通が能く御承知の事なるが、南光美男の故を以て今度角座で興行落語家演劇に勝頼といふ大役を引当られ、天晴鴈治郎に勝ツた勝頼よと南北新地の芸妓にヤンヤと言はしたいと、自分も神仏へお願を掛れば女房にも何方かへ願掛して呉れと頼めど、女房聾者(つんぼ)が天気でも見るやうにツンとして、何方の世界に亭主に亭主を女にヤレコラ言はさうとて願掛する女房があらうとのことに、南光是非なく、此上は一心になつて稽古するより外はないと、毎日法善寺の金沢席で稽古最中だが、元来同人の宅は天満の鳴尾町にて法善寺まで小一里もあり、夫も時候の好い時なら兎も角此の暑い中で爾(しか)も跛(びっこ)をひきつゝ通つて居ては、芸が充分出来るやうになつても一命(いのち)が危いと、先づ当分金沢席へ止宿する事にすると、此の近所に意気な営業をして居るお八重といふ別品が、名も其まゝ八重垣姫気取になつて未来の勝頼即ち南光に思召を付てコツソリ当つて見ると、南光そりや人違ひぢや、僕は花作の箕作であると強顔するなら勝頼の本色だが、此の勝頼なか〳〵其様四角な台詞が出ず、直に能くお出なさつたと有難い交情になり、毎日稽古が果るとお八重の所へシケ込んで巫座戯ていることを、何方から聞たか南光の女房が聞き込み、己れやれと怒つて居るとも知らず南光一昨夜久々で女房の顔見に鳴尾町へ帰つて見ると、女房突然胸元(むなぐら)とつてお前はナアといふ騒ぎに、了得(さすが)の南光も大閉口、漸の事で女房を宥め、ヤレ〳〵と井戸の端へ行き汲立の水で汗を流しながら、勝頼をするより三十石を遣ている方が命に別条がなくつて宜い。

〈編者註〉桂南光は落語「三十石」を得意とし、恰幅のよい体型から響き渡る舟歌は絶品と称された。今年数えて四十で、弟子も多く抱え、二代目文枝一門中の重鎮であった。

明治26810 大阪毎日新聞

◇角座にては明十一日午後三時より開場する落語家芝居の中幕なる山神祠暗闘の場に、英人ブラツクの山の神が幕外の大六法を見するよし。

明治26813 大阪毎日新聞

◇角座の落語家芝居は昨日より狂言出揃ひ、英人ブラツク幡随院長兵衛と山神のだんまり頗る大評判。

明治26814 大阪毎日新聞

◇落語家芝居寄合評 

角座に於ける落語家芝居、時節柄持切りの評は閉口するとて、扨こそ寄合評の始まり〳〵。抑もと云ふも仰山だが、此芝居の上出来と云ふのは、俳優らしく出来たが上出来か、但しは見物に臍の宿がへをさせるが上出来か、それは暫らく判断がいたしがたし。

扨前狂言の菅原車曳きの南楽の時平、慾目にも時平とは見えず、若しシヘイなら二十銭でがなあらう。鶴之助の松王丸、盲目が舞台へ出た気色あり。小菊丸の梅王丸、これ丈は水際立つて出来たり。小南の桜丸、男前はよけれどゝうやら猿芝居を見る心持。賀の祝に花丸の白太夫、これはチト出来すぎた位なり、尤も見た所はわる者らしいが、竹の杖の折れたにぎつくりするあたりはとんだいい爺さま。円馬の松王丸、仕草は今一と息、俳優なら小言の云ひたい所。柏枝の梅王丸はたゞざは〳〵するばかり。文屋の桜丸はイヤハヤと云ふだけの事。小文枝の千代はどう見ても色気違ひなり、手のやり端がなくてむず〳〵するなどは愛嬌も愛嬌も大愛嬌。円三郎のはる女房振は至極よし。枝雀の八重垣姫、頬のこけた案排、年紀はまず四十位と見たは僻目か。燕枝の百姓十作は矢張落語家の燕枝なり。山神祠の大だんまりはたゞ見事々々、ブラツクの山神一きはすぐれし身丈にてのそり〳〵と祠を出る処立派なり、幕外で引抜て洋服になり新聞を配つての引込み嬉しかつた。さア〳〵これからはお次の番だよ。

偖かはり合ましてオツト違つた評者代つて手習子屋(てらこや)の場、花丸の源蔵、熱心だけに動作(しぐさ)は可なりだが、顔の拵らへが悪し、其上差た刀が邪魔になるらしく思はれたり。燕枝の玄蕃はまず〳〵。文屋の戸波は花丸の源蔵と似た者女夫で、何となく味なし。小文枝のお千代、偖も前の評者が色狂人(いろきちがい)とは能く申されたり、小手の利た処を見せるつもりか、髪のある尼妙林と云ふ趣きあり、御免候へ、たわい〳〵福助の涎くりは本職から云へば今ま少こし軽るく出来さうなもの。扇枝の下男三介も誉める程ではないが、貰らひ役だから声が掛りました。南若の御台、評する事もなし。円馬の松王は頗ぶるよし、顔の拵らへ身体の動作(こなし)とも本場俳優かと思ふ程だが、台詞が小音(ひくい)だけ引立悪るし。
 廿四孝の十種香の場は一寸顔揃ろい(何の‥‥)、南光の勝頼は恰もどんぐりの如く円々として、真白に塗立た処何とも申されず、長上下の着こなしは宜いが、引込みの処、例の足イヤあしくもないが危ふし
〳〵。福助の濡衣は如何見ても四十恰好と見えたり。万橘の八重垣姫、大きいぞ〳〵、文庫結びの帯が尻垂になつた処、台詞に連れて首を振る処、余程おかしみあり、此場だけ見ても価値(ねうち)あり。談枝の謙信は、髭のある幇間が練物に出たと云ふ趣きあり。枝雀、文屋の白須賀と原は大車輪。鈴ケ森の場、小南の飛脚早助はかるいぞ〳〵。円三郎の権八は男ぶりと云ひ動作と云ひ、大層に誉れば俳優でも斯うは行くまじ、処がイヤに似声(鴈治郎のか)を遣ふだけで却つて台詞に調子が抜け聞き苦しく思はる、立廻りはあざやかのもの。ブラツク長兵衛、実に驚いたものなり、押出しは故実川八百蔵と云ふ趣きありて、動作も能く、彼れ程に俳優を真似たり。大勢の雲介いづれも感心の出来なり。跡の二幕は見ざれど、なか〳〵落語家芝居とあなどれず、暑さの時分だが、嘘と思はゞ往て御覧、此人気ならば大入は請合の粋家が見べきものなり。

明治26815日 大阪朝日新聞

◇落語家芝居の評判 

時節柄面白い催しなり。前狂言の菅原車引の場は見ず。賀の祝ひに花丸の白太夫、何処やらに一物あり気な顔付き、正直親父の風はなけれど動作はまず無難の出来。円馬の松王、稍々勢には乏しけれど落着ての動作流石なり。円三郎のお春、奇麗なこと奇麗なこと、女房振も至極好し。柏枝の梅王、伊丹屋張にて評判悪からず、顔の作りを何んとかしたらば一層人の目を引くことならん。文屋の桜丸は烟の如し。小文枝の千代は色狂ひのやうなり。枝雀の八重、味を遣るものかな。手習子屋(てらこや)の場に花丸の源蔵、真面目が却て可笑しきは妙なり。燕枝の玄蕃、台詞廻し小学生徒の唱歌でも聞くやうなり。小文枝の千代、淫乱の相面(おもて)に現はる、松王の病気故なきにあらず。福助のよだれくり、まずは無難。扇枝の下男三平大受け。円馬の松王、頗る好く、場中割るゝばかりの喝采なり。

大闇闘(おおだんまり)に万橘の児玉太郎、何日(いつ)もの顔とは大違ひで中々に立派なり。ブラツクの阿蘇の山神、立派なこと、花道にての笑ひも芝居めきて大受け、其他の役々いづれもよし。

二十四孝に南光の勝頼、万橘の八重垣姫、好い一対の花形、出来の善悪は扨置き、此れが呼びものゝ一ツとは左もあるべし。福助の濡衣は烟の如し。

鈴ヶ森は総て上出来、此一場丈け稍々芝居らしく思はれたり。円三郎の権八は男振りと言ひ動作と言ひ鹿の化身とは思はれず。ブラツクの長兵衛、何処までも団州張りにて飛んだ大きい事。大勢の雲助も感心に上出来、後の二幕は見ねば評なし。

明治26816日 大阪朝日新聞

◇命掛の勉強 角座にて興行の落語家演劇はいづれも大車輪にて、額に玉の汗を流しながら暑さうな顔もせず、中にもヘラ〳〵坊万橘の八重垣姫は例の三枚重の厚衣装に重い鬘を被ることなれば、裸体で居ても大概に暑い今日此ごろの時候、なんとも堪つたものではなく、廿四孝の幕が切れると直に舞台へ打倒れ、手舁(てがき)にして楽屋へ担ぎ込み、医者が来て着付薬を飲ませ始めて生気に返る程なれば、是で千秋楽まで出たら多分此世を出立せねばなるまいから、八重垣姫は願下にして鈴ケ森の雲助にでも出てはどうぢやとの医師の説諭に、万橘は御厚意のほど忝けなけれど、暑い位を恐れて凹んだと有ては水道の水で育つた江戸児の面汚なれば、死ぬ処まで勤ます、なアにこんなヤクザ男の一疋や二疋死んでも惜かアありませんと、引つゞき勤めては居るものゝ、時々目が眩んで見えなくなるゆゑ、其度ごとに気付薬を飲み、命掛で勤めて居るといふ。

明治26816 大阪毎日新聞

◇文屋の大愛嬌 角座の鹿芝居はいづれも愛嬌満々たる中に、菅原賀の祝ひの桜丸を勤める桂文屋と云ふ鹿どのは一寸小意気な男振でもあり、どゝ一の唸り振がおつだとか云ふ所へ目を付て、京都先斗町のお時拍子がチヨツカイを出したから、願つたり協(かな)つたりと早速嬉しい交情になり、双方とも大分逆上して居たが、此節鹿芝居に出勤する事になつたと番付を送つてやると、お時拍子も知らぬ顔は出来ず、一昨日わざ〳〵京都くんだりから鹿芝居見物に四五人づれで遣て来て、文屋へ部屋見舞として土苞物(みやげもの)を送り、イヨ色男驕るべしだなどゝ仲間の鹿どもに羨ましがらせて、美形揃ひの一行はずらりと桟敷に陣取つて文屋遅しと待て居ると、文屋は部屋の中で鼻高々と、どうだ色男は違つたものだらうと太平楽の巻物を開げて、さていよ〳〵桜丸の出になりずツと舞台へ顕はれ様、お的(てき)はいづくと見てあれば、桟敷の上に居る美形は云はずと知れたお時拍子等だから、初心にもはつと思と顔が真赤に胸どき〳〵、桜丸忽ち落語家の文屋になつて台詞もどぎまきと云ひ兼ねる体に、八重になつた枝雀は笑止がり、小声でオイどうしたのだと一本参られて正気づき、形の通り宜しくあつてお八重を膝に引布(し)き、短刀を腹に突立てやうとする時に、ひやかし半分の見物が、イヨ松嶋屋ア〳〵、大喝采をすると、文屋は面くらつて逆手に握つた短刀のやり端がなくうろ〳〵して居ると、見物が又手を拍(うっ)て、ヤア桜丸の臆病者、未練者とはやし立てたから、花丸の白太夫が見かねて、オイ刀を早く突込むのだヨと小声で指揮をされ漸く腹を切つたと云ふが、これでは未来は浮ばれまいが、芝居がハネてからお時拍子に連れられて定めて即身成仏したらうとの岡焼話。

明治26816 大阪毎日新聞

◇角座の落語家芝居は一同が車輪に演ずれど、原(もと)が落語家の事なれば、自然と滑稽に陥りて思はず可笑しみのあるが却つて観客の人気に適ひ、まだ四日目なるに非常の大入なれば、此分にては興行期日より日延を為さんと協議中なるも、同一座は来る二十二日より名古屋にて開場する予定なればと多分二十日限にて打上るといふ。

明治26817 大阪毎日新聞

◇ブラツクの艶福 ブラツクと云へば逍遥(ブラツク)なりとの故にこそ大阪三界までぶらつくは名詮(みょうせん)自称などゝ云ふは怪しからぬ悪口、毛色のかはつた長兵衛を見せて大阪人の肝ツ玉を抉りたれば、訝(おつ)だとチヨビ助連嬉しがらせんとの大願から、東海道を大六方で跨にかけ、花の浪花へ顕はれたこちの〳〵ブラツクをぼろくそに云はぬもの、憚(はばか)んながら後面(うしろ)には妾と云ふ荒神さまが付て居る、何(なに)後面へ付けば大木へ蝉が止つた様だとそんな悪口は云ひつこなし、妾だつて問はれて何の何某と名のる様な芸妓でもないが、阿波座烏は難波潟、薮鴬は京育ち、江戸での噂の花川戸、幡随院の影法師に惚れてホの字の変り者、歌菊と云ふとつ拍子サ、イヨブラツクさん持ますネ。

明治26818 大阪毎日新聞

◇角座の落語家演劇も二十日限りにて打上げの処、毎夜の大入なれば二三日の日延をせんと相談中。

明治26819 大阪毎日新聞

◇角座の落語家一座の芝居は中々の人気にて、昨今は非常の大入なるが、その人気に連れて各々持前の洒落を出したくなり、我れも〳〵と洒落連中が殖えるを、斯くては芝居にならずと、只万橘の八重垣姫がタツタ一度だけヘラ〳〵のフユエーといふ奇妙なる声を出す丈け特に許したる外は一切禁じたるも、一昨夜の如きは両桟敷へ五花街の芸妓が美しい首を並べ見物して居る上に、我童、多見之助、巌笑等の上等俳優が居るので、連中は飛立つまでに戯けたきをジツと耐(こら)へて、漸々三幕目の寺子屋の幕開きまでは無事にて、花丸の源蔵が大まじめに演じる内、小文枝の千代は源蔵の宅へ来りて「お役に立てゝ下さつたか」といふ台詞につれて花丸は刀を持たまゝで得意のステヽコを踊りしかば、一層可笑しみありて場内は破れるばかりの喝采を博し、其処で万橘の八重垣姫も堪らず一度だけの約束なるに奇妙な声で例のフユエーを二度まで出したので、見物は臍の宿替へするほど可笑がり、数千の見物が笑らふ声で角座の小屋が動き出したとはどうやら虚らしい。

明治26820 大阪毎日新聞

◇角座の落語芝居は大入に付日延の話しもありしが、名古屋より初日を急ぎ来たりし為め本日限り千秋楽のこととて、各自得意のかくし芸を出すとのこと。

明治26822 大阪毎日新聞

◇角座の落語家演劇はいよいよ一昨夜限りにて千秋楽の事とて各自得意の洒落を持出した中にも万橘の八重垣姫などは始終巫戯同士(ふざけどうし)にて姫御前のあられもないと云ふ処でヘラ〳〵を踊るなど観客の臍をよらせしと云ふ。

 

 

上方落語史料集成 明治26年(1893)10月~12月

明治26101日 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲楠社西門の鏡亭は伊勢吉の浮れ節▲西門筋福井座は堀井仙助一座のヘラヘラ▲多聞通六丁目の定席は福丸の噺▲楠社内湊亭は金之助、金蝶、枝太郎の落語▲同菊之亭は吉田玉水連の人形入り女浄瑠璃▲同桐の亭は廣澤菊丸、荒川綱冶の浮れ節▲相生座は重五郎一座にて五日間迄日延べ▲兵庫日向社内日本座は休み▲算所町弁天座は尾上瀧三郎一座にて芝居▲能福寺内松鶴座は休み▲湊橋湊虎亭は一瓢の軍談▲播半座は未定▲三の宮朝日座は芝居

明治26104 大阪毎日新聞

◇金沢利助の銅像 南地にて一時侠客の名を得たる金沢利助は、初め千日前へ小家掛して一寸したる興行物などして居りしに、仕合よくて追々儲け、終に法善寺の境内へ落語の寄席を建て、引続いて地所家屋などを買入れ、今日にては相当の財産を拵へ…昨年以来計画しいたる等身銅像の鋳成したるを幸ひ、天王寺村なる清水寺の境内へ建て、其立像式を兼て来る八日…花々しき心祝ひをなすとの事。又た鴈治郎と巌笑は右立像の前へ石の鳥居を寄付すると云。

明治26105日 大阪朝日新聞

◇慈善音曲会 京都感化保護院新築資金寄附の目的を以て…明後七日より三日間、午後四時より祇園舘にて慈善音楽会といふを催すよし…余興には清元鳴尾の清元、祇園太撥芸妓時松、小うの、小高、ゑみ助の浄瑠璃、桂藤兵衛、同竜門の落語、正玉、馬鹿八、東寿の俄踊等を催すよし。

明治26106日 扶桑新聞

◇旭亭の文我 ご存知旭廓の旭亭は、後家惚の隊長曾呂利新左衛門の一座が定席なるに、此度大阪の芝居噺しで名を知られるうばうばと云う評判のある桂文我を再び招いて加え、旭廓の猫狐隊を迷はせんとの謀反でも何でもなく、今明日の中には菊五郎の乗込よりもグーと立派にトハ行かねど如鼠々々(こそこそ)乗込をさせ、二三日中にさて□□上升と出勤させる寸法は凄いぞ凄いぞ。

明治26107日 京都日出新聞

◇音曲大会(三日間) 本日より三日間祇園館に於て感化院新築資金の為め勧善会の発起にて慈善音曲大会を催ほす…此大会は三日間とも琵琶、八雲琴、胡弓、尺八、手風琴、バイオリン及び狂言、仕舞、小舞等あり又余興として本日は清元鳴尾の式三番。桂藤兵衛一座の落語。大虎座の俄あり。…明後日は鳴尾の神田祭。藤兵衛等の落語。大坂より来れる和洋清雑曲に俄あり慈善を布て而して耳目を娯しましむ又愉快なる事ならずや。

明治261013 大阪毎日新聞

◇立花家橘之助 久しく子宮癌で引籠つて居る同人は此程全快し、来る十五日より南地法善寺の席へ出勤するよし。

明治261014 大阪毎日新聞

◇落語家僧侶に化て狐を欺す 二三日前、南地法善寺の境内金沢席に出て居る落語家桂南光、林家花丸、桂梅枝の三人が、一寸洒落の思ひ付き、今夜三人で溝の側辺の居稼貸座敷へ素見に行うかとの相談忽ちに整ひ、併し落語家と思はしては面黒くないから三人ながら僧侶と化けて一番引導を渡して遣うか、夫れも衆生済渡になるであらうと出かけた(後略:僧侶に化けた三人が女郎をからかうという珍談)。

明治261028 京都日出新聞

◇新京極興行案内

幾代席 藤兵衛、竜門一座の落語。

笑福亭 米喬、木鶴一座の落語と立川金竜の怪談。

明治261031 大阪毎日新聞

◇堀江の賑江亭 三友派の落語家連が掛つて頗ぶる評判の宜い堀江の賑江亭では、明一日より東京の左楽を加へ人情話しの面白い所を聞すとの事。

明治261031日 扶桑新聞

◇橋又座の落語 旭廓の旭亭を定席として居る曽呂利新佐衛門、桂文我、笑福亭圓光、桂文福、滑亭新右、新之助、新作等は、明日夜より巾下外田町の橋又座へ兼勤興行との事。

◇福寿亭の落語 笑福亭八百蔵という落語家が明日より大須門前の福寿亭にて興行。

〈編者註〉亭(骨亭)新之助は曽呂利の弟子。詳細不祥。

明治26111 神戸又新日報

◇市内興行物案内

▲兵庫の弁天座は黒谷市蔵、市川瀧三郎一座の芝居▲能福寺内松鶴座は寿玉一座の俄▲日向社内日本座は休み▲湊橋西詰湊虎亭は玉鱗、玉照の講釈▲神戸長狭通りの播半座は休み▲橘通り六丁目榮亭は花川利根元の貝祭文▲相生座は休み▲楠社西門筋の福井座は堀井女仙助一座の新内女手踊り▲同所馬力座は南京大曲芸▲楠社内湊亭は左楽、小さん三の昔咄し▲同菊の亭は竹本照玉の人形入り浄瑠璃▲同菊の家は荒川綱冶のうかれ節▲三の宮朝日座は多見太郎、福雀、紋三郎一座の芝居▲元町五丁目の橋本亭は呑玉、南龍の講釈▲大黒座は明二日開場なり。

明治26116 大阪毎日新聞

◇花丸の落語製造 落語家中での愛嬌もの林家花丸は此ほど新町の或る貸座敷へ登楼し、エーチト替り合した芸妓を呼たいものと考へて、見るとイヤあるぞへ〳〵、調子もお軽で文枝の門人に此の女ありと知られた桂小文(十四)が新町の某席から愛竜と名乗て芸妓に成つているから、之れ幸ひと招き寄せ、ワツサリ騒いだうへ雑候寐[雑魚寝]なし、翌朝起て見ると、愛竜は蒲団着て寐る姿や東山「大文字」になつて寐ているより、何と言つても此辺が即ち子供だと腹の中で笑ひながら、お風めすなとかい巻をと謡ふて蒲団をソツと被せかけ、其まゝ帰つた事を法善寺の金沢席でおしやべりの序に話した所ろ、或る料理屋より一寸と花丸さんにと使が来たから、ヤレ有難やと飛でゆき、お客は定めし美人であらう、芸妓か娼妓か後家か娘か、エー返事を待より二階へ登つた方が早いと衣紋つくらふて座敷へ通つて見ると、お客といふは口髯生た恐らしい人ゆゑ、之はしたりお座敷が間違つたかと退らむとするをお客は呼とめ、コレ花丸とやら、只今寄席で聞けば其方新町の愛竜と鰯寐とか、小あい雑候寐とか致したやうに申すが、奈加にもその何とか寐とやら致したに相異ないか、返事の次第に依ては只で済さぬぞと張臂しての尋問に、花丸もヘン何の事だと腹の中に笑へど其所はソレ野暮を禁物な落語家の事ゆゑチヤラ〳〵しやべり立て、ヤツと胡麻化し早々迯出したが、何か之も一席の落語種に仕たいと首捻つているとは愛嬌ありける事どもなり。

明治26118日 扶桑新聞

◇旭亭の落語混進会 本年二月以来落語の定席としたる旭廓の旭亭にては、本日夜より落語混進会と称し、おなじみの曽呂利新佐衛門、桂文我、笑福亭圓光、桂文福、滑亭新右、同じく新之助、同じく新作等の外に、東京より来りし談柳[洲]楼燕雀、柳家小はん、四山坊ふくべ等云うが合併して、日子十日間諸芸の大寄席を興行と云えば聴客は莞爾(にこにこ)満場混進快は必定。

〈編者註〉談洲楼燕雀は初代燕枝の弟子。東京の左楽も始め初代燕枝の弟子で燕多を名乗っており、燕雀とは兄弟弟子になる。燕多が四代目左楽を襲名したのち、燕雀も名古屋で柳亭左楽を名乗った。名古屋の正三と同様、名古屋だけで名乗ることを認められたのであろうか。燕雀は「きどりや」と呼ばれ、息子は、小左楽から勝太郎を経て、気取家延若と名乗り、反対派から吉本興行部に所属し、京阪で活躍した。柳家小はん、四山坊ふくべは不詳。

明治261118日 大阪朝日新聞

◇落語家ブラツクは過日来下筋へ出稼ぎして居たるが、此ほど帰阪して今夜より内平野町の神明亭と南地法善寺の席へ出るといふ。 

明治261119日 扶桑新聞

◇熱田蓬座の曽呂利新佐衛門一座は、非常の大人気にて毎晩大入との評判。

明治261122 大阪毎日新聞

◇明二十三、四の両日間、角座に於て催す慈善会は小川、中村の連中が舞、法師菊山連中の音曲、明清楽、落語にはブラツク、立花家若橘等が出勤し、其揚り高は孤児院へ寄付するとの事。

明治261122日 扶桑新聞

◇富本席の諸芸大会 来年番付新調につき今二十二日より五日間名古屋市富澤町の富本席に於て浄瑠璃、源氏節、落語、浮れ節、二○加、萬歳、常盤津、和洋手品、軍談等諸芸大会(木戸無料)を催す由なるが、毎(いつ)もの大会と異り番付新調の事なれば、在名の芸人は残らず出席との大触出し、一寸其顔を列べて娯覧に。

(落語)曽呂利新佐衛門、桂文我外十二名(浄瑠璃)花澤柳枝、竹本宮太夫外八名(常盤津)三都太夫、右字太夫、岸澤式右、式寿津、満左右(二○加)大門亭都蝶一座(源氏節)岡本美狭松、同美代松一座(和洋手品)中村一登久、東洋南鶴(軍談)小林天山、高田伯龍、旭豊勝、梅林舎南鶯等。

明治261126 神戸又新日報

◇井筒太席の改称 同席はさきに皇國(みくに)座と改称したるが、又々日の國席と改め今度は西洋大機絵(からくり)を興行するという。

明治261129日 扶桑新聞

◇落語研究会 名古屋市旭廓花園町の旭亭即ち例の曽呂新定席にて、昨廿八日夜より落語研究会を催し、穴を探した聴客へ十点から百点までの景物をどつさり出すとの評判〳〵。

明治261129 京都日出新聞

◇新京極案内

幾代席 藤兵衛、藤竜、米喬一座の落語。

笑福亭 木鶴、円三一座の落語。

明治26121 神戸又新日報

◇市内興行物案内

  ▲大黒座は光十郎一座の芝居▲播半座は休み▲井筒太改め日の出座は西洋大機械(からくり)▲楠社西門福井座は嵐璃玉一座の手踊り▲同馬力座は休み▲弁天座は浅尾朝太郎一座の芝居▲三の宮朝日座は尾上多見太郎、中山紋三郎一座の芝居▲元町五丁目榮亭は呑玉の軍談▲湊橋西詰湊虎亭は燕玉、伯猿の軍談講釈▲能福寺松鶴座は義太夫▲日本座は休み▲入江町入江亭は女浄るり▲楠社内湊亭は笑福亭[]枝太郎等の落語▲同桐[]之亭は荒川綱冶の浮れ節▲同菊亭は竹本照玉の女浄るり▲相生座は小林六太夫一座の人形浄るり

明治26123日 神戸又新日報

◇姫路の興行物 西二階町七福座は一昨日より大隅太夫、團平その他伊達太夫の連中にて大浄瑠璃の興行また竪町の林利席は荒川綱冶吉川盛丸の改良うかれ節にて何れも大人気。

明治26125 大阪朝日新聞

<桂藤兵衛の島原行き>

◇ふられ藤兵衛 わいどんの鹿児島県下にピカ〳〵の金満家と聞えて、当時京都中京辺に支店を設けたる羽田某は、商用の為め重に京都住居なるが、新京極幾代席の落語家桂藤兵衛を贔負にして、毎々同人を連て祇園及び先斗町などへ遊びにゆき、藤兵衛之が為に右左の宿醒(ふつかよい)に胃病起すことも度々なり。三四日前、例の羽田某は蛸薬師の翁亭といふ会席風の牛肉屋より藤兵衛を呼に遣り、一杯の上、時に藤兵衛、余も京都を重の住居として祇園先斗の花を見飽た事は貴さまも知る通りだが、未だ宿縁の来らざるにや、京都第一の名所島原の里はまだ踏みもみず、何(ど)うだ一ぺん徃く気はないかとの言葉に、藤兵衛短い腮をかゝへ、実は私も十年前より当地へ参り、お高庇(かげ)で追々お贔負にして下さるお客も沢山に出来、又貴卿(あなた)さまのお相伴で新地、先斗、宮川杯、凡そ花の名所といふ程の処は到らぬ隈も御座りませぬが、島原へと申してはお恥しながら。ムヽ貴さまも尚初めか、夫では何うしても徃かずばなるまい、併し通常では面白うない、何か一趣向してとの事に、藤兵衛智恵をふるひ出して、自分の衣服を羽田に着せ、羽田の衣服を自分が着て、旦那羽田某と名乗り、羽田はお出入の道具屋藤原の忠勝といふ名で押出す事に一決し、翁亭よりの案内にて頓て島原なる養花楼へと乗込み、藤兵衛の羽田某は真正面へ旦那然と座を構へ、羽田の道具屋は遥か下座に小さく坐し居りしも、島原も京極辺とは一里余も隔たりある事とて芸妓も仲居も落語家とは知らず、腮の無い変ちきな旦那と思ひながら大尽扱ひにするにぞ、藤兵衛大笑坪に入り、頻りに旦那ぶりて、何か珍らしい面白い歌を弾けと注文すれば、芸妓ども天〆を持ながら、幾代席の藤兵衛といふ落語家が此頃唄ふそうどすとヘタ〳〵カン〳〵といふを唄ひ出すに、二人は堪り兼る笑ひを忍び、そいつ妙々と手を打て興に入る処へ、太夫が二人練来りて、上の分は藤兵衛の旦那へ、次の分は羽田の道具屋の側へ坐るに、藤兵衛の旦那瞥見(しりめ)にかけ、是が今夜己のものかとホク〳〵嬉しさの笑を溢し、先づ盃をさすに、件の太夫が藤兵衛の顔一目見るより、吹出さぬばかり袖を口に当てゝ、其場にも居堪らず座を立て何処へやら影隠したり。藤兵衛少し本意なげに後姿見送りながら尚暫く飲騒て、卒(いざ)お床入といふ頃になりて仲居笑ひながら出来たり。正面の旦那に向つて唐突に藤兵衛さんといへば、藤兵衛我にもあらでヘイと返事せしより仲居は吹出し、モーお隠しやしてもあきまへんエ、最前の太夫さんが新京極の饅頭屋の娘さんで此三月から出やはりましたので、貴卿(あなた)には顔がさすとお断りどすエ、といはれ藤兵衛呆気に取られ、エヽあれが饅頭屋の娘かと、開た口閉(ふさ)がらず、終に化の皮剥がれ、一座大笑ひとなりしが、扨代りの太夫を注文すれど最早夜更とて一人も出来ず、藤兵衛自暴(やけ)腹立て、羽田が寝床に就た跡夜通し溜息ついて酒飲明したるも可笑し。

明治26128 大阪毎日新聞

◇ブラツクがぶらつく 本月一日より堺市宿院の卯の日座にては英国人ブラツク立花家橘之助の一座で落語を興行し、毎夜非常の大入と聞き、同市竜神橋の〇滝席から出て居る何吉(十八)と云ふ拍子は、予て自分が金函と尊めて居る若旦奈須与市(二十五)と云ふをせがんで卯日座へ出掛けしに、ブラツクは例の人情ものを日本語で演ずるを聞き、何吉猫は感心のまたゝびを喰つたより五臓六腑が転栗返り、アア何故また如何なに甘く日本語が使へるだらうと思ふと忽ち一種の感情が動き出し、(編者註:すっかりブラックに夢中になり、英語で手紙を書いてもらうなどの色恋顛末)

明治261210日 神戸又新日報

◇播半座の取壊し 長狭通の同座は此度取壊しに掛りしが跡は多分借家となすならんと云う。

◇日の出座の新演劇 壮士役者の座光寺秀二郎が今度落語家となつて神戸へ来り、井筒太席こと日の出座へ出勤し、明晩より風世人情咄しと社会攻撃どうする節という新作の唄ならびに滑稽演説をするという。

〈編者註〉座光寺秀二郎は本名千葉秀甫。この頃は壮士役者で、後新聞記者となる。女性落語家若柳燕嬢と夫婦の時期もあった。第一次大戦頃に亡くなったらしい。

明治261216日 扶桑新聞

◇名古屋市旭廓花園町の旭亭にて、曽呂利新佐衛門は昨十五日限り冬休みとして休席する事となり、十六日より小林天山の発起にて諸芸勉強会を催し、大切には連中総出にて掛合茶番を為すと云えば定めし面白からん。

明治261219日 扶桑新聞

◇三州渥美郡豊橋呉服町の成田座にては、一昨日より曽呂新一座の圓光、ふくべ、文福等が出勤して聴手の頤を解き居る由。

明治261223 大阪毎日新聞

◇例に依つて諸芸人の年末を記して見れば左の如し。……落語家、近来はさて替り合ましてと東京の落語家が替つた顔をせんぐり見せるので、大阪の落語家連は収入が尠うてさツぱりわやゝと見台たゝいて小言(ぼやい)ているものゝ、其の実際は悪いといふ方でもなく先づ中くらいの年の暮だと云ふが、何故夫ほど苦しうないに泣のかと聞くと、鹿はどれでもなくのが価値だと云つたは飛だ落なり。

明治261227日 神戸又新日報

◇橘之助の人気 此以前は圓喬との二枚看板ゆゑハーン夫婦お揃いかと、浮れ連の足自然に遠かりしも、今度日の出座の出勤は一本立ちなれば、橘之助の美音聴かずんばあるべからずと、我れも我れもと詰め懸けるので、同座は節季に似合わず相当の人気なりと。

〈編者註〉後日の新聞記事では、桂南光も一座に加入。

明治2712 大阪毎日新聞

◇三友派の忘年会 去年の暮の三十日には落語家三友派の連中が南地京阪楼にて忘年会を催したるが曽呂利新左衛門、文都、福松、文団治、米団治、柳左衛門を初め其他の連中は夫々余興もありて頗る盛会なりしと云ふ。

〈編者註〉柳左衛門は春風亭柳左衛門。四代目柳亭左楽門人。のち五代目七昇亭花山文となる。剣舞の源一馬の父。大声の詩吟で知られた。本名美名本七郎


【参考資料】共楽会に出演した噺家たち

共楽会は歌舞、音曲、講談、落語等の技芸の発達、矯風を目的として設立されたものである。大阪市西長堀北通一丁目百十八番屋敷に事務所を置き、会員制をとり、会費は一ケ月五十銭、月一回有名な演芸者を広く全国から招き、その技芸を競わせ、会員の品評によって褒賞を与えようというものである。第一回は三月五日、南地演舞場において行われた。この会は明治三十年九月二十六日の第四十八回まで続けられた。その全番組(一部欠)は樋口保美「明治の大衆芸能史」(『上方芸能』70号~79号・昭和564月~581月所収)に紹介されている。ここでは共楽会に出演した噺家のみを掲出する。新聞(大阪朝日・大阪毎日)には時々共楽会を実見した記事がでるが、こちらも噺家の部分のみを掲出した。

【明治26年】

第一回(35日)

 和歌三神(三遊亭円三郎)、島原八景(桂南光)、医者の付焼刃(桂文枝)、孝女お里の伝(三遊亭円馬)

〈編者註〉「桂文枝の医者の付焼なども寄席できくとは全(まる)でちがへ、猥褻気微塵もなかりしは注意な
 りし」(大阪朝日・
37日)

第二回(42日)

 守神(桂小文枝)、初奉公言葉の間違ひ(ヘラ〳〵坊万橘)、小言の幸兵衛(桂文枝)、孝女お里の伝・続(三遊亭円馬)

〈編者註〉「円馬の孝女おさと、文枝の小言幸兵衛等最も喝采を得たりと」(大阪朝日・45日)

第三回(525日)

 荒馬娘の口取(桂扇枝)、先代伽羅の駒下駄(ヘラ〳〵坊万橘)、汽車なき昔の住吉街道(桂文枝)、人情噺榛名の梅が香(三遊亭円馬)

第四回(618日)

 桜の宮浮かれの仇討(桂万光)、関取鍬形(桂文枝)、榛名の梅香・続(三遊亭円馬)

第五回(917日)

 試験の落第(林家花丸)、九段目(桂文枝)、榛名の梅ケ香・続(三遊亭円馬)、清元四季の山姥(立花家
 若橘)

第六回(1022日)

 酢豆腐(三遊亭円寿)、遊女の意気地(桂柏枝)、市助酒(桂文枝)、清元喜撰(立花家橘之助)、榛名の梅ケ香・続(三遊亭円馬)、

第七回(1119日)

 廓遊び(桂小文枝)、隠妻(ヘラ〳〵坊万橘)、背虫の住吉詣(桂文枝)、榛名の梅ケ香・続(三遊亭円馬)、清元おそめ久松猿廻し(立花家若橘)、英国土産劇場話(ブラツク)、

第八回(1217日)

 医師の遍歴(桂燕枝)、幼児の洋行(桂南光)、六尺棒(桂文枝)、榛名の梅の香・続(三遊亭円馬)、清
 元夕立(立花家若橘)

〈編者註〉「若橘の夕立碑、これまた美人イヤ顔は兎に角近頃にない上出来」(大阪朝日・1219日)

上方落語史料集成  浪花落語見立番付(明治26年1月)

          明治26年浪花落語見立番付(明治2511月印刷 落語系図より)

明治26年番付③

<行司>

西国坊明学、林家菊丸、桂梅丸、桂錦枝、林家正団治、桂柳枝、笑福亭木鶴、桂文昇、桂鶴助

<東京連>

三遊亭円馬、ヘラ〳〵坊万橘、三遊亭遊生、三遊亭円寿、橘家円三郎、桂文如、東遊亭文鶴、桂文明、笑福亭光朝、笑福亭松太郎

<子供>

桂錦三郎、桂小文、笑福亭福太郎、桂扇子、笑福亭小福、桂小都遊、桂小南、桂小文我、翁家小さん

<桂派座長>

桂文枝

<東の部>

【大関】月亭文都【関脇】笑福亭松鶴【小結】笑福亭福松【前頭】桂小文枝、桂藤兵衛、桂燕枝、桂万光、桂亭米団治、桂文我、林家正楽、桂亭篤団治、笑福亭吾竹、笑福亭福助、三笑亭芝楽、艶文亭かしく、桂伯枝、笑福亭円光、笑福亭吾鶴、鶴亭亀助、桂亭米喬、桂東方翔、笑福亭柳三、桂亭春団治、桂文屋、桂藤彌太、笑福亭松馬、笑福亭吾■、桂鶴の助、林家小菊丸、桂梅昇、桂南枝、笑福亭木蝶、笑福亭九鶴、月亭小文都、桂山吾、桂米若、桂南楽、桂鶴団治、笑福亭梅橋、桂南若、林家宝楽

<西の部>

【大関】曾呂利新左衛門【関脇】翁家さん馬【小結】桂南光【前頭】桂扇枝、桂亭文団治、林家花丸、桂談枝、笑福亭松光、桂梅枝、笑福亭梅香、桂亭梅団治、翁家扇馬、月の家菊枝、桂枝太郎、桂枝雀、月亭都遊、桂文楽、笑福亭八百蔵、桂延三、林家志ん鏡、桂小文吾、笑福亭飛雀、桂小藤太、桂志ん吾、笑福亭福雀、笑福亭吾玉、桂南鶴、桂米三、林家小正楽、桂米歌子、桂文来、笑福亭〆三、桂昇朝、笑福亭松竹、笑福亭福来、笑福亭福平、桂亭菊団治、笑福亭福笑、笑福亭福三、桂小枝、桂松団治

<前座その他>

かつら手遊、笑福亭光鶴、かつらあつま、かつら春之助、桂都之助、桂春駒、桂児団治、かつら昇之助、かつら春松、林家正之助、かつら都■、笑福亭福■、かつら■■、かつら昇馬、かつら扇太郎



プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ