明治28年

上方落語史料集成 明治28年(1895)1月~3月

明治2811日 扶桑新聞

◇市内初春興行(名古屋)

▲新守座 本重町新守座は蓑助、雀蔵、駒太郎、猪三郎、橘蝶等の一座 ▲寶生座 大須境内同座は三枡他人、中村翫笑、中村玉三郎、中村扇三郎、尾上民之丞等一座▲千歳座 南桑名町千歳座は嵐林十郎、中村歌女蔵一座 ▲弘法座 橘町弘法座は女俳優琴冶、豊吉一座 ▲音羽座 南伏見町音羽座は名古屋素人男女混合子供連▲末廣座 末廣町末廣座は四ヵ年以上大当りを占めたる松永幸太郎一座の面芝居▲京枡座 竪代官町京枡座は女俳優岡本勝冶一座にて説教芝居 ▲笑福座 橋詰町笑福座は女俳優岡本美代冶一座にて説教芝居 ▲正福座 宮出町正福座は夕刻より豊竹小靭太夫、三味線鶴澤豊三一座の大阪浄瑠璃▲寿座 久屋町寿亭は女俳優岡本美住都女一座にて説教芝居 ▲富本席 富澤町富本席は夕刻より竹本照吉一座の女浄瑠璃 ▲盛豊座 下園町盛豊座は夕刻より音女、数尾、勇雛、鐘吉等一座の女浄瑠璃▲若松座 旭廓常盤町若松座も同上掛持 ▲杉本席 杉の町杉本席は高田伯龍の講談 ▲旭亭 旭廓花園町旭亭は曽呂利一座に三遊亭遊志、同志遊合併にて落語の夜席 ▲橋又座巾下外田町橋又座は夕刻より都小圓冶一座にて浮れ節 ▲桔梗座 大須門前桔梗座は浪花家辰丸一座にて前同團 ▲開慶座 橋詰町開慶座は吉川小竹一座同上 ▲梅本座 東芳野町梅本座は女太夫都金時一座にて同上▲其外いろいろ 大須境内五明座は日清事件パノラマ様絵切抜人形を。

〈編者註〉三遊亭遊志、三遊亭志遊は三遊亭円遊(ステテコの円遊)の弟子。詳細不祥。

明治28118日 岐阜日日新聞

◇関本座 当市今小町関本座にて大入を取りし東京落語柳亭左楽。これに大坂の滑亭新右、名古屋の桂小福、それから常磐津女太夫柳家美都吉などを添えての一座は、昨夜にて同席を打ち上げ、今晩より金津廓寿座にて一層陽気に御機嫌を伺うという。

〈編者註〉柳亭左楽は名古屋の左楽。東京の四代目柳亭左楽(明治26年襲名)とは初代談洲楼燕枝門下の時の兄弟弟子。四代目左楽が東京で襲名したのち、名古屋で自ら左楽を名乗ったようだ。名古屋の正三と同様、名古屋だけで名乗ることを認められたのであろうか。この後も名古屋の新聞にこの左楽の名前が散見される。滑亭新右は曽呂利の弟子。名古屋方面でも興行では滑亭(骨亭が正しい)を名乗っている。名古屋の桂小福は不詳。

明治28130日 日出新聞

◇新京極興行案内 

幾代席 藤兵衛一座の落語、宝集家金之助常盤津。

笑福亭 笑福亭松鶴円三一座の落語

〈編者註〉宝集家金之助は美音の常磐津と達者な三味線曲弾きで人気を取り、立花家橘之助、東家小満之助らと並び称せられた。はじめ司馬龍生と結婚したが、のち新古亭眞生と再婚し、夫婦揃って上方で活躍した。円三は東京の噺家で、四代目円生門人で橘家円三。この頃から京都に在住し、笑福亭を根城とした。のち五代目橘家円太郎となり、一時期笑福亭の席主となった。

明治2821日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲楠公社前の大黒座は市川瀧之助の一座にて芝居▲相生町の相生座は市川重太郎の一座▲楠社内湊亭は桂可祝、笑福亭福太郎、曾呂利新左衛門、桂南枝、林家しん鏡、笑福亭小福、桂文昇、桂昇馬、桂團輔の一座にて落語▲同社内菊の亭は竹本廣冶、豊竹柳枝、同湊菊、岡本三津亀、竹本奈良菊、豊竹湊重の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の家亭は廣澤虎冶、廣澤定冶、姉川安冶の一座にて浮れ節▲三の宮社内朝日座は嵐守太郎、片岡荒市、三枡源童、市川瀧太郎、中村駒若、片岡嶋枡、中村藤松の一座にて芝居▲多聞通り裁判所前日の出座は桂扇枝改め桂文三、桂談枝、林家小菊丸、笑福亭松右衛門、三笑亭芝太郎、林家正之助、桂梅丸、林家菊丸の一座にて落語▲楠社横手旭亭は玉田玉智、玉田玉勇の一座にて軍談講釈▲楠社西門筋馬力亭は竹本多聞太夫、同泉太夫、同友太夫の一座にて浄瑠璃▲同福井座は中村駒榮、実川小松、中村駒菊の一座にて身振り狂言▲兵庫湊町の湊虎亭は正月堂玉海、同南玉の一座にて軍談講釈▲同西出町日本座は休み▲同南逆瀬川町の松鶴座は落語と二輪加なり。

〈編者註〉

桂可祝は桂かしく又は文の家かしくで、のち二代目桂文之助を襲名する。福太郎の実父。

笑福亭福太郎は笑福亭福松門人で、文の家かしくの実子。のち二代目かしくとなり、戦後三代目福松を襲名し

た。

桂南枝は二代目文昇門下で文八から二代目南光門で桂南枝となる。本名日下部清吉。神戸を中心に活躍した。

林家しん鏡は五代目正三の弟子で、後の六代目正楽。本名織田徳治郎。五代目松鶴の義父。

笑福亭小福は初代笑福亭福松門人。

桂文昇は二代目。俗にホヤの文昇とよばれ、二十五年ころから活動の拠点を神戸に移している。

桂昇馬は二代目桂文昇門人で、師と共に主に神戸で活動した。のち笑福亭福松門人となって二代目笑福亭福我と改名、大正の初めに三代目桂文昇を襲名した。

桂団輔二代目桂文団治門人で、東京の寄席恵智十席元の養子となり戦後五代目文吾と称した冨士村彦次郎の

実父。

桂文三は三代目。昨年十二月、桂扇枝から文三を襲名した。

桂談枝は二代目文枝門人で、初代談枝。

林家小菊丸は、二代目菊丸の倅。明治五年生れ。菊二蝶(或いは菊蝶)から銀吾、玉福を経て小菊丸を名乗
 る。明治三十四年三月十九日若死した。

笑福亭松右衛門は二代目笑福亭松鶴門人で軽口の名手。桂文屋の父。

三笑亭芝太郎は京都の三笑亭芝楽(原田熊次郎)門人。のち笑福亭福松門人福三となる。

林家正之助は四代目林家正三門人。

桂梅丸は初代桂文枝門人。かなり古い噺家で明治13年の番付(楳の都陽気賑ひ)の西前頭三枚目に名がある。明治26年の番付(大阪落語人名録)では林家菊丸とともに行司欄に納まっている。この頃は神戸にいたようだ。のち団九郎と改名する。

林家菊丸は初代林家菊丸の実子で二代目菊丸。明治13年の番付(楳の都陽気賑ひ)の東前頭四枚目に名がある。盲人。文才に恵まれ「後家馬子」「猿廻し」等の新作を作った。小菊丸の父。

明治2825日 扶桑新聞

◇東京人情噺 近日中富本旭亭掛持にて久々に東京人情噺三遊亭一座乗込み中にも、駒之助、右鶴等がタップリ御常連に御機嫌を伺うとの評判。

明治2827 大阪毎日新聞

◇改名披露の大寄 当地にて人気のある俄師宇楽は今度二代目市丸と改名せしより、披露のため今七日の夜より三日間、北区老松町の老松座にて諸芸人の大寄をなすよし。俄師にては団十郎、団九郎、東蝶、宝楽、尾半、小半、双蝶、たにし、正宝、新宝などが出席し、落語家では文都、南光、福松、かしく、文三、小文枝などが出席し、猶ほ京阪神間の芸人ズラリツと顔を並べ、市丸は得意の吃平を演るとの事。

〈編者註〉三友派からは月亭文都、笑福亭福松、文の家かしくが、桂派からは桂南光、桂文三(三代目)、桂小文枝(後の三代目文枝)が出席している。

明治2828日 扶桑新聞

◇東京人情音曲噺 三遊亭遊橋一座が明八日夜より富本旭亭へ出勤する由。

〈編者註〉三遊亭遊橋は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。のち花円蔵となる。本名川崎仙太郎。

明治28210 日出新聞

◇(前略)御存じの如く、一昨年の秋頃から新京極は笑福亭の席へ参り込みまして、一本の扇で額のおでこと膝を等分に敲きわけ、上顎と下顎のブツかり放題、根のない事を申しあげて、得意の「ないかね節」を以て御愛顧をとります三遊亭名人円生の高弟立花家円三と申しまするは、高座へあがつて莞爾〳〵と笑ひまする愛嬌ひとつでも木戸銭は沢山だと仰しやられる御見物もあります事で、愛嬌のありまする事は溢るゝ様で御座りまして、毎日の楽屋入には廊下へ愛嬌を溢しまして、此頃も二三人其愛嬌に辷つて転んで頭上へ踏ぬき踵で疝気を発したといふ大騒ぎがありまする程で、水茶屋の女中は毎日雑巾で拭廻つて居りまする。(後略)

明治28213日 日出新聞

○紀元節前夜の声曲 木仏居士 (前略)日出新聞万歳の声、洋々たらしめたる社員諸氏を饗せんとて、主筆蝶夢散史は、紀元節の前夜を以て、洛東有楽館に一場の祝宴を開きたり、会するもの四十余名、皆是れ一大鐺にものくふ連中なり。(中略:余興に)御目見せしは東京のぼり、常盤津浄瑠璃の一流宝集家金之助、本朝廿四孝狐火みだれの一曲の口上につれて、弾出す三絲の清調、語り出す開閉の美音、検校が歌より始て、此処みだれ、となりては、数百の燐火空中に燃舞り、水に映じ灼々燦々、法性の兜七姫が手に在り、風に吹れて戦々揺々、蹴かへす裳、振ちらす袖、一場の舞台は三絲中より現じ来る、何等の妙、何等の霊、飛が如くに急ぎ行くの段切となり。一旦杯盤は納められ、更に一汁一肴の小膳据るや否や、幾代席の藤朝、一笑談の後は、嬰児の泣声、犬の遠吠、漢訳の大津絵に喝采を博すと。変りあひましたが今抜昔亭しん生[新古亭眞生]、大きなヅウ体を荷厄介にした口から、軽く出たる日清事件の阿呆陀羅経、交戦の始末歴々口端にのぼり来りて夫屋の新聞社員を瞠若たらしめ、喝采拍手場を動かす。(此経余白を得て掲載せん習ふ人は随意)。次で大きなズウ体を其侭、支那人が因州因幡、幾代席の招牌通りで一座は恐悦。大切として再度見台に向ふ金之助、浄瑠璃を端折て櫓の秘曲、雲井に響く太鼓の音、遠近浮沈高低細大、自由自在の撥加減、果は其撥を捨て指端の弾奏、斯く迄に手の廻るものかと呆気にとられし人もあり、お負として鈴、琵琶の擬音、会者は胸のおどるが如く、口説に酔ひ、耳亦酔ふ、たまるべけんや、玉山倒るゝもの一二三四、電灯正に消る時刻とは、主客ともに呆れ果たる長ツ尻、宵から二時まで飲ミ続けも、杯盤狼藉の不体裁なく、日出新聞万歳声裡に門外へ出れば、宵の余波の雨瀟々。

〈編者註〉藤朝は桂藤兵衛に弟子。詳細不詳。短いが、この記事は彼の芸風を伝えた唯一のもの。しん生は新古亭眞生。江戸生まれのいわゆる壮士の出身で、このころ宝集家金之助(音曲師)と夫婦で上方に現れ、以後多く当地で活躍した。よく肥えた体で満身に愛嬌が溢れ、風貌が大山元帥に似ているので大山大将と綽名された。当初は珍芸で売ったが、晩年は落語にも精進している。新古亭真生の日清事件の阿呆陀羅経は215日の紙面に掲載(省略)された。

明治28214日 大阪朝日新聞

◇文団治の立腹 二三日前の夜、堀江の寄席賑江亭にて桂文団治といふ落語家が、噺の冒頭(まくら)に盗賊(どろぼう)の注釈を滑稽的になし、斯く申せばとて自分は盗賊に知己(ちかづき)もなく、自身も左様な不埒を働らく者ではござらぬと戯れしに、客の内より戯れに否々お前は盗賊面(どろぼうづら)をして居ると云しに、文団治赫と怒り、これは怪しからぬ事を仰せられます、自身は賎しい家業はして居れど人さまの物塵一つ盗んだ覚えはないと、額に青筋を立て、其客に高座へ上れ議論すると喝(どな)るを、見物のうちに顔利の者ありて、文団治に対(むか)ひ、お前も人気商売の癖にそんな野暮を云ふには当ぬぢやないかと諭したるに、成ほど左様でござりますと首肯(うなづ)いて其まゝ云止みしといふ。

〈編者註〉二代目文団治(のち七代目文治)の傲岸な性格がよくでたエピソード。

明治28222日 扶桑新聞

◇盛豊座 名古屋上園町の同座は今晩より東京落語三遊亭遊橋一連にて音曲昔噺手踊怪談等種々取雑ぜ面白可笑く開場するとの事。

明治28223日 扶桑新聞

◇名古屋末廣町の同座は前号に風聴せし通り明二十四日より三遊亭遊橋一座に大坂愛知の鼻鹿連を繰雑ぜ音曲噺、手踊、俄狂言鞘当膝栗毛朝鮮飴売等にて面白く大入するよし皆さん顎の用心してお出掛けお出掛け。

明治2831 日出新聞

◇興行案内 

幾代席 藤兵衛、真生等一座の落語。

笑福亭 円篤、円三等の落語にて壮士俳優たりし青柳捨三郎の滑稽演説。

〈編者註〉円篤は笑福亭円篤。東京で岡本美佐亀と名乗り音曲師として人気を博していたが、後二代目松鶴の一門に入り、京都に居住した。いまは笑福亭の真打を勤めている。青柳捨三郎は尾道で東西屋をしていたのを巡業にきた曽呂利新左衛門が弟子にした。川上音二郎の壮士芝居の旗挙げに参加したが、のちに離脱し、この年は笑福亭を根城として滑稽演説をやっている。

明治2831日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲相生町相生座は市川重五郎一座にて芝居▲楠社前大黒座は荒太郎、瀧之助の一座▲三の宮町の朝日座は嵐守太郎、片岡島之助、三枡源童、市川荒若、中村駒若等の一座▲同社内三寶座は豊竹小登喜、三笑亭芝太郎、竹本愛吉、岡本三津亀、豊竹数千賀、林家小菊丸の一座にて落語と仁輪加▲多聞通り裁判所前日の出座は翁家三馬、林伯猿[桂柏枝]、同梅枝、同梅丸、林家小菊丸、林家正之助、三笑亭芝太郎の一座にて落語楠社内湊亭は笑福亭福太郎、林[桂]文我、林家しん鏡、曾呂利新吾、林[桂]米團冶、林[桂]文昇、林[桂]團輔、林[桂]昇馬の一座にて落語▲同社内菊の亭は竹本廣次、豊竹柳枝、同湊菊、岡本三津亀、竹本奈良菊、豊竹湊重等の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の家亭は廣澤虎冶、廣澤定冶、姉川安冶の一座にて浮れ節▲楠社横手旭亭は神田伯猿、同伯鱗の一座にて軍談講釈▲楠社西門筋馬力亭は市川廣松、実川君松、篠塚力丸、中村小昇の一座にて女手踊り▲同福井座は市川市松、中村小玉、澤村小糸、中村駒菊の一座にて女手踊り▲同福原口鏡亭は岡本鶴吉、同鶴次の一座にて浮れ節▲兵庫弁天座は休み▲同日向社内の日本座も休み▲同南逆瀬川町の松鶴座は落語と二輪加なり▲同湊町の湊虎亭は正月堂玉海、同南玉の一座にて軍談講釈

〈編者註〉翁家さん馬は五代目。桂柏枝は二代目文枝門人で、玉助(輔)、玉団治から柏枝に改名した。のち三代目桂文都。梅枝はオッペケペーの桂梅枝。文我は初代桂文我。曽呂利新吾は東京の人で、春風亭柳鼠、土橋亭里ん馬を経て曽呂利新吾(新語)となり、のち翁千歳或は式亭三馬と名乗った。米団治は後の三代目桂文団治。

明治2835日 大阪朝日新聞

◇常磐津を以て名ある東京の宝集家金之助は、此頃京都より来りて幾代、金沢の両席に出るといふ。

明治28312日 扶桑新聞

◇旭廓旭亭 名古屋旭廓の同亭にて本夜より三遊亭遊橋一座に曽呂利、圓光等の落語。

〈編者註〉笑福亭円光は三代目松鶴門人。最初、初代梅枝(後の二代目藤兵衛)に入門して、梅寿(又は梅々)から藤鶴。二代目文昇門で文舎(文車)、更に三代目松鶴門で円光から明治37年に梅香を襲名した。俗に「呑んだの梅香」と言われ大酒飲みであった。晩年は、互楽派に加入している。

明治28313日 扶桑新聞

◇橋又座 人情噺三遊亭遊橋一座に大坂人情噺柳亭朝枝の一座が音曲入にて今晩より。

〈編者註〉柳家朝枝は初代柳亭(談洲楼)燕枝門人。かっぽれや松尽くしの踊りで売った。「花色木綿」を得意としていたので泥棒朝枝などと呼ばれた。

明治28321日 大阪朝日新聞/322 大阪毎日新聞

◇鶴賀若辰 盲女でこそあれ美音の評判東京中に隠れなき新内語鶴賀若辰が来阪し、来る廿五日の夜より北堀江の賑江亭に出勤するよし。(朝日)

◇つる賀若辰 盲目ながら東京で有名なるつる賀若辰は今度三遊派の遊八などゝ来阪し、来る二十五日より法善寺の今嘉、堀江の賑江亭、内平野町の神明亭の三席へ掛持で出勤し例の妙音を発するよし。(毎日)

〈編者註〉鶴賀若辰は新内。「女芸人として容色には恵まれなかったが、声のよさと節回しの婀娜っぽさで高い人気を得た」(文之助系図解説)。遊八は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。

明治28324 大阪毎日新聞

◇松王丸、曽呂利と堕落(おち)た 一昨々日朝日座の昼狂言の終(おわり)まへ、同座の裏を通るとドツと笑ふ声は何事かと聞いて見ると、此日同座へ落語家の曽呂利新左衛門が遊びに行き、松王邸の場にて紫金のお千代と又五郎の小太郎が舞台で愁嘆の間、時蔵が部家で休息中の処へ曽呂利が遊びに出かけ、種々話しの折から出のキツカケとなり、トチツてはならぬと時蔵が立かゝると新左衛門も心注き、オヽ是は迂りとお邪魔を致しましたと立上り、二人が一時に二階の部家を出で人足先きへ曽呂利が段梯子を降りる後より時蔵の松王が降来る機み、心急くまゝ梯子を踏外して曽呂利の上へ落かゝりし其重量に新左衛門も堪らず二人が一所に堕落る、下にはかほるの御台所が居て慌て逃げるなどの大騒ぎにて楽家中は大笑かしでありしとの事。

明治28327日 扶桑新聞

◇名古屋富澤町富本席は近日東京にて日の出の柳家つばめ改め春の家柳寿[舛]一座の音曲噺しを興行する由。尤も同一座は名古屋へは初目見にて連中は左の如し。春風[亭]柳寿斎(曲引)桂文若、春風升三、柳亭琴柳(以上三名はなし)及び春の家柳寿[舛]。

〈編者註〉柳家つばめは初代柳亭燕枝門人初代つばめ。明治二十七年つばめから春の家柳舛(この記事では柳寿となっているが誤記)と改名したが、同二十九年二月につばめに復名した(「落語家事典」)。春風亭柳寿斎は盲目の音曲師。このころ上方に現れ、三味線曲弾などを得意とした。桂文若は六代目桂文治門人(杉山音松)。 春風升三、柳亭琴柳はつばめの弟子であろうが、不詳。

明治28328 大阪毎日新聞

◇文三片袖を持て迷ふ 当時落語家中で好男子と囃される桂文三すなはち旧の扇枝は、ちよい〳〵情婦の関係から猜まれる事があれど、之も好男子にうまれた罪と扇で膝たゝいて好い諦めを付ていたが、一昨夜新町の瓢亭へ顔を出し、例の愛嬌を高座から振まき聴衆をドツト笑はせての帰り道、爾も新町の通りにて二三人の男が前後を囲み、囲碁で言へば扇枝詰といふ様にして横面を毀り付たるより、扇枝の文三は驚きながら左右に交して空を撃せ、その暇に一人を捕へ矢声と共に大地へ投付けやうと仕たが、残念な事には柔術といふ物を心得てないうへ、力と来ては色男の本分余りない方ゆゑ漸(やっ)との事で取押へた。夫と見るより外の二人は雲を霞と逃出し、また捕へられし男も無理に振はらふて迯出す機、片袖がちぎれて文三の手に残つたに気もとめず其まゝ逃て仕まふたが、文三は残つた袖を有がたい片袖ない之さへあれば敵が知れやうと押いたゞいて宅へ持かへり、縞柄を見ると唐桟まがへの千筋にて何やら見覚えがある様に思へば、彼か之かと敵を当て迷ふているといふが、殴れたは恋の遺讎か物の怨みか、相手を捕へねば確と知れねど、文三は媾和使を狙撃する様な(編者註:日清戦争講和談判使節李鴻章が狙撃された事件をさす)馬鹿ものさへある世の中、我々を殴るものがあるのも無理でなけれど、去とては好男子といふ者は辛いものぢやと鏡に対ひながら飜しているとか。

明治28331日 扶桑新聞

◇明一日より富本席にて東京音曲はなし家つばめ改名春の家柳升の興行ある筈。


上方落語史料集成 明治28年(1895)4月~6月

明治2841日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

裁判所前日の出座は明学、桂梅丸、林家小菊丸、同正之助、三笑亭芝太郎、笑福亭松右衛門、桂可昇、橘家圓三郎、桂菊丸(林家の誤記?)の一座にて落語としん内▲三ノ宮社内三宝座は岡本宮里、鶴賀八重松、岡本宮光、竹本小登喜、桂茂兵衛、浪花勝丸、三笑亭芝太郎、竹本愛吉、林家小菊丸、岡本美津亀の一座にて新内浄瑠璃▲楠社内菊の亭は竹本廣次、豊竹柳枝、同湊菊、竹本なら菊の一座にて人形入り女浄瑠璃▲楠社内菊の家亭は廣澤虎冶、同定冶、姉川安治の一座にてうかれ節▲楠社横手旭亭は神田伯麟、神田伯龍の一座にて軍談講釈▲楠社西門馬力亭は堀井女仙助、篠塚力丸、中村小昇、市川藤松の一座にて女手踊り▲同福井座は市川市松、澤村小糸の一座にて女手踊り▲同福原口鏡亭は京山光丸、京山辰丸、吉田久冶の一座にうかれ節▲兵庫弁天座は中村仲七、尾上勇松、中村登女冶、西川小鶴、中村仲冶、中村小糸、実川玉榮、中村小玉、中村里丸の一座にて芝居▲同日向社内日本座は休み▲同南逆瀬川町の能福寺松鶴座は落語▲同湊町の湊虎亭は前月通り正月堂玉海、同南玉の一座にて軍談講釈

〈編者註〉桂可昇は二代目文昇門人。のち桂扇枝(三代目文三)の門人となり二代目文若より二代目扇枝となる。可昇時代は神戸で活動している。橘家円三郎は三遊亭円朝門人二代目三遊亭円三郎から橘家円三郎となる。円馬の実弟。後の橘ノ円。

明治2842 日出新聞

◇清国帰朝の講談師 時世講談師と自ら討て出たる東京の松林若円は三月中盛京省へ渡航して戦場の実地を目撃したるまゝ四月一日より新京極幾代席の高座に於て桂藤兵衛等と倶に雄弁を振ふとぞ。

明治2842日 神戸又新日報

◇楠社内の湊亭 旅行者通過の為暫く休みの姿なりしが、昨晩より桂文團冶、曾呂利新吾、桂文我の連中にて例の如く興行。

明治2842日 扶桑新聞

◇うかれ節 小辰丸改め吉川善鶴、女義太夫吉川鶴松の一座は、諸方の贔屓に招かれて旅興行中の所、名古屋名残りとして、盛豊座に於て今二日より四日間興行するよし。

明治2846日 扶桑新聞

◇名古屋橋詰町笑福座に於て、今六日午後五時より、遊喬[遊橋]、朝枝、宝遊一座の落語芝居を大入興行。芸題は「七重八重匂九重」「切られお富」「小猿七之助引抜かっぽれ踊」にして、幕間は落語、軽口、皿まわし、手品等にてつなぐよし。

〈編者註〉宝遊は三遊亭宝遊。本名小林勝太郎。

明治28413日 扶桑新聞

◇名古屋橋詰町の笑福座にて興行中なりし落語家連は、這回熱田の蓮座へ乗込み。

明治28430 日出新聞

◇新京極興行物案内 

幾代席 藤兵衛、三遊亭円笑一座の落語

笑福亭 青柳捨三郎、円三等一座の落語と岡本美や吉の新内節。

〈編者註〉三遊亭円笑は不詳。

明治2851日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲楠社前大黒座は矢張り福井一座にて六日迄日延べ▲相生町の相生座は中村福雀、尾上多見太郎、浅尾与作、中村紋三郎等の一座にて芝居▲裁判所前日の出座は桂[林家]花丸、林家笑楽[正楽]、三遊亭圓馬、桂談猿[談枝]、桂梅丸、林家小菊丸、林家正之助、三笑亭芝太郎、笑福亭松右衛門の一座にて落語楠公社内湊亭は月亭文都、桂文我、林家しん鏡、桂南枝、曾呂利新作、桂文昇、桂昇馬、曾呂利新語の一座にて落語▲同社内菊の亭は竹本二見太夫、竹本廣冶、竹本照玉、竹本房吉、豊竹湊菊の一座にて人形入り女浄瑠璃▲同社内菊の家亭は東川圓龍、同小龍、京山恭安斎の一座にてうかれ節▲橘通楠社西門横手旭亭は玉田玉昇、玉田玉燕の一座にて軍談講釈▲楠社西門筋馬力亭は堀井女仙助、篠塚力丸、中村小昇、市川廣松、篠塚力代の一座にて女手踊り▲同福井座は阪東のし冶、実川君松、中村駒江、豊澤松太郎、竹本歌雀、竹本重登太夫の一座にて女手踊り▲同福原口鏡亭は荒川綱冶の一座にてうかれ節▲兵庫湊町の湊虎亭は玉田玉智、玉田燕人の一座にて軍談講釈▲同日向社内の日本座は仁輪加▲同能福寺の松鶴座は同じく仁輪加なり。

〈編者註〉林家花丸は初代林家菊丸の実子で、兄が二代目林家菊丸。史料は少ないが、明治二十六年の番付では西前頭三枚目(二代目桂文団治の次)に位置し、かなりの実力者であったことが推測できる。噺のなかに漢語を多く入れたという。曽呂利新作は初め文都門人で都作といい、曽呂利の弟子となって新作と名乗った。のち三代目文字助となる。林家正楽は五代目、のち五代目正三となる。

明治28515日 扶桑新聞

◇富本席の落語 三遊派中実のある話に懸けては一方の大将株たる三遊亭圓喬[円橘]は、久々にて名古屋に来り、同時に新内と来ては女でこそあれ盲目でこそあれ寄席へ懸かって二とつき人の無き鶴賀若辰が合併しての初見参、明夜より大入とのこと。

〈編者註〉三遊亭円橘は三遊亭円朝門人で、二代目三遊亭円橘。円朝門下の四天王として名高い。

明治28516日 神戸又新日報

◇東京初下り 新古亭真生、寶集家金之助の一座は相生町の日の出座へ乗込み昨日より音曲入りの話し手踊りを興行。

明治28519日 京都日出新聞

◇三遊亭円生 大博覧会をヨイ見物とて来京したる東京落語家の巨擘株三遊亭円生を幾代席の頤無朝臣が引とらへて是非一席をといふので腰を据へ再昨夜より幾代席に於て人情談粟田口を弁じ出したるが毎夜席中は立錐の地もなしと其前講は幾代の定連と円太、円雀[円若]、円之助など円生門人も上下の顋をぶつける由。

〈編者註〉三遊亭円生は三遊亭円朝門人四代目三遊亭円生。円朝門下四天王の一人。円太、円雀、円之助は円生の弟子。このうち円雀は円若の誤記と思われる。円生が帰京したあとも円若はこのまま上方に残り、三十一年十一月、福松の門人となって笑福亭円若と名乗った(福松死後復命)。美声の音曲師として知られる。

明治28525日 京都日出新聞

◇玉翁の名披露 俄師にて名ある粟亭東玉は今度玉翁と改名するに付き其披露の為め一昨日より三日間新京極坂井座に於て大寄を催ふし大坂より団十郎尾半なども来り京坂俄師の大一座にて太()と景気宜しき由。

明治28526日 扶桑新聞

◇旭亭の落語 予て富本席に於て興行せし東京落語家鶴賀若辰三遊亭圓橘の一座を招き今二十六日より興行する由。

明治28527 大阪毎日新聞

◇母恩寺再建寄付演芸会 東成郡都嶋村母恩寺再建の為め明二十八日午後一時より西区新町遊廓婦徳会場に於て寄付演芸会の催しある由。出席者は以下の通り。桂三遊(御祝儀)、立花家若橘(清元六歌仙)、桂南光(子別れ)、三遊亭円馬(天災)、桂文枝(吹寄)

〈編者註〉桂三遊は桂南光門人で今年南楽より三遊と改名した。共楽会ではずっと前座を勤めている。立花家若橘は立花家橘之助の弟子で音曲師。本名内藤あか。清元を得意とした。

明治28528日 扶桑新聞

◇富本席の後興行 名古屋富澤町の同席は三遊亭圓橘及び鶴賀若辰の合併一座にて夜々大入を取り居るが、今回更に梅の家臥龍と称する壮士的講釈師一名を差加え、来月一日の夜まで日延興行を為す事となり。旭廓旭亭と掛持つ事となりたるが、追って圓橘若辰一座の済み次第彼の東京睦派の大将神田伯龍が乗込んで奇抜の講談を開演の予定。

明治28529 日出新聞

◇嚶々会 例会は去る廿六日の夜鳥居本にて開かれ…出席者三十名あまりにて、余興には桂藤誠が皿廻しに落語を前座として、三遊亭円生がみいら取の一談には座中顋をかゝへて興がりしとぞ。

〈編者註〉桂藤誠ははじめ六代目桂文団治門人で文如、のち桂藤兵衛門人となり、昨年五月、藤誠と改名した。

明治28531日 大阪朝日新聞

◇落語家の新顔 堀江賑江亭を始め三友派組合の席へ明夜より東京の音曲噺柳家つばめ、長唄曲引春風亭柳寿斎春の家米升、三遊亭花遊等の新顔が現れるよし。

〈編者註〉柳家つばめは春の家柳舛と改名しているが、京都、大阪の新聞は馴染みがないのか多くは「柳家つばめ」の旧名で載せている。また実際翌年つばめに復している。春の家米升は柳舛の弟子。下記の神戸の記事では「米昇」となっている。三遊亭花遊は三遊亭円遊(ステテコの円遊)で花遊を名乗る。一時吉原で幇間をしていたが、このころ舞戻ってきた。明治三十一年に花円遊で真打になった。綽名を「舶来の馬」という。本名佐々木安太郎。

明治28531 日出新聞

◇興行案内 

幾代席 藤兵衛の一座に東京の講釈師伯知、知鶴、三遊亭花遊等加はり、伯知は東京土産江戸ツ子気質、日清戦争余談殺人犯を講ずると云ふ。

笑福亭 松鶴、美や吉の一座。

明治2861 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

 ▲相生町相生座は浅尾与作、多見太郎、福雀等の一座にて芝居▲楠公前大黒座は卯三郎、徳三郎の一座にて芝居▲三の宮社内朝日座は守太郎、源童の一座にて芝居▲同社内三寶座は岡本宮重、鶴賀八重子、鶴賀八重松、岡本宮光、豊竹小登記の一座にて新内▲同社内横手三楽亭は三省亭馬瓢、同瓢馬の一座にて軍談講釈▲裁判所前日の出座は桂談枝、橘家圓三郎、林家小菊丸一座の落語▲楠社内寄席は軍隊通過の為暫く休み▲楠社内横手旭亭は旭堂團龍、同南花の一座にて軍談講釈▲同西門筋馬力亭は蜘蛛男の手踊り▲福原口鏡亭は荒川綱冶の一座にてうかれ節▲楠社西横手には虎と大蛇の見世物ありて仏人アテートといえるが虎と相撲を取る▲兵庫弁天座は未定▲湊町の湊虎亭は燕玉、伯猿の一座にて軍談講釈▲能福寺内松鶴座は仁輪加等なり。 

明治2862日 神戸又新日報

◇楠社内の興行物 前号に軍隊凱旋中同社内の興行物及び出し店等は一切休業のよしを記せしが右が誤聞にて平素の通り興行もあれば出し店もして居れり序でに記す同湊亭にては福松、吾竹および女太夫常盤津葉玉等の一座にて昨日より興行。

◇姫路の六月興行 同市に於ては昨一日より五日間、凱旋祝賀のため射楯兵主神社に於て臨時大祭を執行するとの事はかつて記し置きしが、夫れらを當て込みてや西二階町の七福座へは先きに好評を受けたる名古屋役者古川歌右衛門、中村右角等の一座が明石より乗込みて、今二日より興行。また竪町林利席はうかれ節、坂元町の福榮座は身振りなり。

〈編者註〉笑福亭吾竹は最初初代桂文団治門人で歌団治となり、二代目文団治襲名問題で敗れて笑福亭の門下に入り五代目吾竹を襲名した。

明治2867日 凱旋祝賀軍隊歓迎会

〈編者註〉六月七日、中之島公園をメイン会場として凱旋祝賀軍隊歓迎会が行われた。桂派の連中は鎧武者の姿で行列し、三友派の連中は東京の柳家つばめが音頭をとり、三十名ほどで東京風の木遣り姿で行列した。のち神楽獅子舞、ヒヨツトコ踊りを演じ、大喝采であった。

明治28613日 大阪朝日新聞

◇伯円来阪 東京の講談師松林伯円来阪して昨十二日より七日間座摩境内吉田席に出演す。

〈編者註〉大入りにつき二十日より読物を取り替えて二十八日まで日延べする。

明治28620日 大阪朝日新聞

◇へら〳〵坊の一周年忌 愛嬌を以て落語家社会に名を得たりし東京のへら〳〵坊万橘本名岸田長右衛門は、昨年五月廿日、四十八を一期として死去したるが、同人は先年当地へ出稼ぎせし縁ある故、同業の桂文枝発起となり、今二十日南地法善寺に於て一周年法会を修する由にて、京阪神間の同業者何れも花やかに参詣し、又玉株連中はへら〳〵に寄せる即席発句及一口噺しを霊前に供へるとぞ。

明治28625日 扶桑新聞

◇江州大津町末広座に興行中の名古屋源氏節岡本美狭鶴一座は以外の大人気にて、去二十一日より芸題を「和国橋髪結藤冶」「由良港浅間長者」等に取替えたるが、毎夜九時半頃に至れば大入札留を為す程なり。

明治28629 日出新聞

◇新京極興行案内 

幾代席 藤兵衛の一座に大坂の妙鶴が加はるゝ由

笑福亭 円篤、捨三郎一座の滑稽裁判及び落語

〈編者註〉妙鶴は明学の誤記。大変な間違いだが、「明学」は「めいがく」ではなく「みょうがく」と読むということを教えてくれている。のちこの二人は「藤明派」を旗揚げする。

明治28630日 大阪朝日新聞

◇明一日より南区法善寺境内今嘉席へ松林伯円出勤して、一世一代として切られお富を演じ、他に毎夜二席づゝ演ずる由。


上方落語史料集成 明治28年(1895)7月~9月

明治2872日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲大黒座は中村雀右衛門、中村福助、中村雁次郎、中村芝雀、中村政次郎等にて五日より開場▲相生町の相生座は浅尾与作、尾上多見太郎、中村福雀、中山紋三郎一座にて芝居▲三の宮町の三楽亭は三省社馬瓢、同圓昇の一座にて軍談講釈▲生田神社前梅ケ枝亭は花山、島芳、米玉、八重定の一座にて貝祭文▲三ノ宮社内の昌栄座は岡本宮重、鶴賀屋八重子、岡本富光、豊竹小登喜、三笑亭芝太郎、岡本三津亀、竹本愛吉、豊竹数千賀の一座にて昔ばなし、しん内、浄瑠璃、二輪加▲裁判所前日の出座は本月より普請に取掛かるをもって向こう三ヶ月程休み▲楠社内湊亭は東京初下りの柳家つばめ、春の家米昇、春風亭柳寿斎にこれまでの桂團輔、林家しん鏡、桂南枝、曾呂利新作、笑福亭小福、桂文昇、桂昇馬、笑福亭梅鶴等の一座にて落語としん内▲同社内菊の亭は豊竹柳枝、同水朝、同数千賀、同万玉、同小松、同湊重、同小玉、同浅榮、三味線鶴賀庄三の一座にて人形入り女浄瑠璃▲同社内菊の家亭は吾妻竹蔵、京山恭一、吾妻竹次の一座にてうかれ節▲橘通り楠社横手の旭亭は笹井圓玉、松月堂大海の一座にて軍談講釈▲楠社内西門筋の馬力亭は猫鼠の軽業▲同西門筋の福井座は此の月より普請を初むるにつき當分の内休み▲同福原口鏡亭は中川小伊勢の一座にてうかれ節▲多聞通り榮亭は直山、八重定、光菊、島芳、米玉の一座にて貝祭文▲兵庫算所町の弁天座は尾上いろは、嵐角十郎、片岡久我十郎、嵐喜昇、浅尾竹三郎の一座▲湊町の湊虎亭は魯山の一座にて軍談講釈▲同湊川中橋下中道亭は呑山の一座にて軍談講釈▲日向神社日本座は吉田政吉、吉田なら江、吉田松鶴の一座にてうかれ節▲能福寺内の松鶴座は荒川綱冶の一座にて浮れ節等なるが目下コレラ病流行に付き芝居は勿論各寄席に於ても飲食物は充分に注意するとの事なり。

〈編者註〉笑福亭梅鶴は二代目笑福亭松鶴の門人で近眼の二代目梅鶴。明治三十年頃、梅鶴から勝鶴となる。東京の落語家で、塩鯛や三代目梅鶴(梅左)の師匠。

明治28714 大阪毎日新聞

◇明十五日の夜より北堀江の賑江亭へ出席する松林伯円の講談は楠公記、天保河内山と余興には新聞ものを一席づゝ演ずると云ふ。

◇南地法善寺境内の今嘉席は明十五日より文太夫、綾太夫、越太夫等の浄瑠璃にて開場。

〈編者註〉三友派では東京から神田伯円を買い、本来なら最初に賑江亭に出席させるのが順序であるが、隣の桂派の金沢席に押させて成績不振な今嘉席へ先に出してやった。しかし十五日の出番替わりに落語ではなく勝手に浄瑠璃をかけたので、皆の反感をかい、大問題となった。桂文我も「出席控」に「今嘉十五日よりかわる所きうにいやく[違約]して浄るりとかわり、組合席元連中みな〳〵大りつぷく。今嘉みたいなわかなぬものハない」と書いている。こののちも今嘉席は落語よりも新内、女浄瑠璃などをかける事が多かったが、挽回できず、明治三十一年に閉場した。原田ムメがこれを買い、同年八月、紅梅亭として開場した。

明治28722日 神戸又新日報

<雀右衛門、神戸にて死す>

◇中村雀右衛門死す 目下大黒座へ出勤して妹背山に大判事、五大力に三五兵衛を勤め、流石は大坂の老優、東京にても大評判なりし程あつて実に旨い事なりと大喝采でありし中村雀右衛門こと実名中島保平(五十五)は、一昨日大入りの中に役々立派に勤めて先づ今晩はの打出し後、昨日午前一時半ごろ元気よく同座を出て、止宿所なる相生町二丁目の武力屋橋本利助方へ立戻り、ヤレ草臥れしと枕に就きたる間もなく午前三時に、俄然烈しき吐写にかかりたれば、付添ひの人々大いに驚き、時節折若しや悪疫にかかりしにはあらざるかと、夫れへ手を尽くして介抱したれど容体兎角に宜しからざれば、夜の明けるを待兼医師を迎えて診察を受けしに純然たるコレラ病なりとの事に、人々二度吃驚り、早速座主及び一座の俳優は元より大坂なる家許へも電報にて其のよしを通知し置き、只管治療に手を尽せしも其の甲斐なく、午前十一時ごろにはハヤ危篤に陥り、検疫官が出張して例規に依り避病院へ送らんとせしうち、哀れや遂に息絶えたれば其のままにして引取りしという、時に零時三十分なり。さて忰の芝雀はツヒ近傍へ別に止宿し居しが、父なる雀右衛門の急病と聞きうち驚いて直ちに駆付けんとせしも、萬一悪疫にでもある時は伝染の程気遣いはしければと付添いの者さまざまにいい宥めて堅く止めしより、芝雀は始終人をして父の容態を聞きに遣りいたく心配して居り、遂に死亡せしと聞きたる其の時の如きはほとんど気絶せんばかりなりしとは然もあるべくなん。さて又大坂なる家許にては(女房はなし)本年七十二回になるお種といえる老母が、忰の急病と聞くが否や驚きは元より直ちに出入りの医師を伴いて見舞いに来りしも、汽車時間の都合あしく神戸へ着きたる時は雀右衛門既に故人となりし後なれば、其の落胆愁傷は目も當れられぬ程なりしと。朝の紅顔、夕べの白骨定めなき世の習いとはいえ、僅か十時間と経たざるうちに可惜老優を失いしは、この道の為め悲しむべき事にこそ。

明治28731 日出新聞

◇新京極興行案内 

幾代席 桂藤兵衛、明学坊一座の落語研究会 

笑福亭 神田伯龍、青柳捨三郎等の落語穴さがし

明治2881日 扶桑新聞

◇戦死者追善興行と追忌法会 富本席に於いて来る六日より三日間、昼夜大芸大興行を為し其揚り金にて来る十一日午後一時より、東門前町西蓮寺に於いて名古屋の浄土宗総体を請じて、征清戦死者の為め大法会を修する由。

明治2888日 大阪朝日新聞

◇松林伯円 伯円は避暑と材料蒐集のため来月下旬まで中国四国の温泉廻りをなし、秋風戦ぐ頃再び当地に戻りて新古の講談を演ずるよし。 

明治2888日 扶桑新聞

◇富本席は今度大奮発にて大阪より上等の昔し話し家笑福亭福松を招き来る十日頃より久々お目見への昔し話しを聴かせる由。又福松と共に初のお目見へをするのは三代目笑福亭の松鶴

明治2889日 扶桑新聞

◇富本席 明十日夜より久々にて贔屓のお方に御見見へ申す笑福亭福松又十八年ぶりの三代目笑福亭松鶴一座の大坂落語連が出席して顎をはずさせると云う其顔ぶれは、笑福亭光雀、桂昇馬、同南枝、笑福亭福丸、桂圑助、三笑亭芝楽(東京但し大坂より帰りみち)笑福亭福松、同松鶴

〈編者註〉笑福亭光雀は松光(かんやん)門人。のち政右衛門となる。三笑亭芝楽は三笑亭可楽を自称していた原田熊次郎で、芝楽と改名した。京都の芝楽(辻村藤三郎)とは無関係。辻村の芝楽はこの頃東京へ行っている。息子は佃屋白魚と名乗っていたが、京都で笑福亭福松の門に入り笑福亭福丸と改名した。(明治2641日の註釈参照)。

明治28810日 岐阜日日新聞

<岐阜寄席都座開場>

◇当市米屋町伊奈波角・寄席都座(此のほどまで岐阜県物産販売所を設けありし家屋の二階)は、昨日を以て小屋開きを為し、同夜より東京娘義太夫豊竹小緑一座の浄瑠璃を興行せり。

明治28813日 岐阜日日新聞

◇一昨十一日の夜より当市今小町関本座に於て、元土佐太夫事播磨翁一座の浄瑠璃を興行せり。

明治28816日 大阪朝日新聞

<コレラ大流行>

◇諸興行物休止 目下虎列拉病蔓延するに付、下府全管内にある各劇場寄席観物等の諸興行ものは昨日より当分の内昼夜とも休業すべき旨各興行主へ諭達したるに孰れも休業することゝなれり。

〈編者註〉この年もコレラが流行し、大阪、京都、神戸、堺の寄席が次々に興行停止となった。七月二十日、大黒座で公演中の中村雀右衛門がコレラで死亡したが、寄席関係では堺天神席元金田辰蔵、大阪神明席元娘とら、笑福亭福松の父六兵衛、京都笑福亭頭取ひげ岩、天満亀の池林家席元婦人が死亡している。「桂文我出席控」に「十月十七日福松殿の父本そうに附、西京神戸堺連中みな〳〵白い上下ニておくる事」とある。なお解停は大阪は九月二十六日。

明治28820日 扶桑新聞

◇戦死者の追忌法会 去る十一日名古屋富澤町の富本席主塩谷春次郎が施主となり、昼夜三日間諸芸を興行し其揚り金を以て名古屋出身戦死者の追忌法会を修したるが、其収支計算は左の如し。

三日間揚り金並寄付金 六十四円九十四銭/法会費並諸人費 五十六円七十七銭九厘/残金愛知育児院へ寄付 八円十七銭一厘

明治28822日 扶桑新聞

◇橋又座 既記の二○賀は今晩にて楽とし明晩よりは大阪の笑福亭一座と東京の三笑亭芝楽合併の昔噺しあるよし。

明治28910日 扶桑新聞

◇京都大阪合併大一座の仁和賀 小屋と芸筋の清涼のが呼物となつて近年になき大人気、誰も彼も南伏見町音羽座にて十七日間打続けた大阪一等仁和賀鶴家圑十郎、圑九郎等の一座は、這回又そろ名古屋へ乗込む事に約束の整いたる。例の京都大虎座の大仁和賀諸君先刻御承知の東寿、馬鹿八事弥次郎兵衛等の大一座と合併し、太夫元は不相変の当り家兼吉にて、来る十四五日頃末廣座は又は新守座の両座の内にて何れとか決定次第大入開場との評判なるが、何しろ虎龍一つに束ねた大々一座の事なれば、コリア一段と面白可笑しい仁和賀なるべし。諸君お臍に閉門を厳命してお待ち遊ばせ。

明治28925日 大阪朝日新聞

◇[広告]道頓堀播重ノ女浄るり 法善寺今嘉席へ十月一日より支席仕候間、賑々敷御来席之程奉願上候はり重

明治28926 大阪毎日新聞

◇南地法善寺境内金沢席は桂文枝の一座へ今度新古亭真正、宝集家金之助が加はり昨日より開場。

◇西区北堀江の賑江亭へは東京より三遊亭円若と云ふが来り今までの一座に加はると云ふ。

明治28926日 日出新聞

◇諸興行案内 久しく停止を命ぜられたる諸興行物も愈よ一昨日より解停と為りたれば各興行席は其筋の示達に従ひ消毒予防の準備を整へ打揃ふて開場せんと勇み居れり例に依つて左に案内を掲ぐ。

幾代席 桂藤兵衛の一座にて昨日より。

笑福亭 東京初下り柳家つばめ、外に二三の新顔を加へ円篤一座にて昨日より開場。

明治28927 大阪毎日新聞

◇南地法善寺境内の今嘉席にては来る十月一日より晴雨とも一年三百六十五日一日も休日なしに播重一座の女浄るりを興行する由。

◇北区曾根崎橋南詰の幾代席では壮士連中青柳春之助山本輝国其他の一座にて改良仁輪加を去る廿五日の夜より興行せしと云ふ。

明治28927日 神戸又新日報

◇興行物解停について 本県下の興行物及び祭礼は前号にも記せし通り昨二十六日より解停になりしに付き、兼て今日か明日かと解停を待居なる芝居寄席は吾れ先きにと出願し、相生座は切られ与三郎の通し狂言、役者は例の福雀、多見太郎、芳かく、紋三郎等にて、三の宮朝日座と同様昨日より興行をはじめ、其他西門筋のヘラヘラ、猿芝居又は身振などドンチャン俄に陽気づきたれば見物も定めて多かるべきが、市内の警察署にては之等の出願者に対して解停後五日間は興行時間を午後十時までとなし、場内にて売り捌く飲食物には尤も注意を要し、便所の如きは一日数回消毒の為め石炭酸若くは生石灰等を散布すべしと、厚く訓授せしという。

明治28928日 神戸又新日報

◇姫路の興行物 同地も待ちに待ちたる解停の沙汰に接したる事なれば、七福座は更なり福榮座、林利席其他何れも昨二十七日より興行をはじめしが、林利席にては壮士俳優と仁輪加師が打ち混じたる万歳仁輪加というをはじめ、七福座にては姫路座の女子芝居を差向き三日間興行し、引続いて来る一日より大坂俳優の福枡、右三郎、雀美之亟、鶴太郎等の一座で前が宮本左門之助、切りが稲妻おみつを演ずる筈なりと。


上方落語史料集成 明治28年(1895)10月~12月

明治28101日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲相生町相生座は紋三郎、多見太郎、栄次郎、芳汪其他の一座にて興行▲楠社前大黒座は福助、鴈次郎、政次郎、珊瑚郎、芝雀の一座にて興行の筈なれども開場の期日は未定▲三の宮神社内の朝日座は若松、守太郎、寿見之亟、玉五郎の一座にて▲三の宮町三楽亭は東京下り神田伯龍及び旭堂南花の一座にて軍談講釈▲三ノ宮社内昌栄座は鶴賀八重松、豊竹小登喜、富士松小若、岡本亀鶴、岡本美津亀、竹本房吉、信濃屋蝶子、同蝶貴、三笑亭芝太郎、大門亭歌笑、桂南枝、初春亭寿玉の一座にて新内、浄瑠璃、仁輪加▲楠社内湊亭は三遊亭花雀、三遊亭芝楽、笑福亭福丸、笑福亭万歳、笑福亭野笑、林家しん鏡、曾呂利新作、桂文昇、桂昇馬、桂團輔の一座にて落語▲同社内菊の亭は照玉、房吉、朝栄、小玉、小里、湊重、小松、数千加、千代登、美朝、柳子等の一座にて人形入り女浄瑠璃▲同社内菊の家亭は東小竹、同竹蔵、京山恭一の一座にてうかれ節▲楠社横手旭亭は松月堂呑山の一座にて軍談講釈▲楠社西門筋馬力亭は活人形の見世物▲同福井座は阪東松丸、澤村小糸、実川若松の一座にて身振狂言▲福原口鏡亭は京山大教の一座にてうかれ節▲生田神社梅ケ枝席は花川小善山、玉村八重定、大崎光菊、有吉花園の一座にて貝祭文▲兵庫明治座は我當、多見之助、みんし、當若、當之助、當十郎の一座▲同湊町の湊虎亭は玉田玉圓、玉田照玉の一座にて軍談講釈▲同中橋通り中道亭は三省亭馬調、玉武琴玉の一座にて軍談講釈▲日向神社内日本座は壮士仁輪加等なり。

〈編者註〉三遊亭花雀は不詳。 笑福亭万歳は後の四代目笑福亭松鶴。日清戦争凱旋後、一時「日清戦争の勝利」で神戸で万歳を名乗った。笑福亭野笑は本名日比野豊太郎。尺八の曲引。旅芸人で、笑福亭(又は喜竹亭)桃枝、鳴竹亭松秀(当ブログ「明治31年・芸苑落葉籠」の項参照)、西国坊明竹等様々な名で各地を巡業していたが、上京して一睡軒花堂と改名した。

明治281013 大阪毎日新聞

◇真生の八当り 法善寺の金沢と淡路町の幾代を懸持にして高座にも置余らんばかりの大兵肥満に有丈の愛嬌を振蒔きながら得意の都々一に咽を聞して見物を唸らし居る新古亭真生は、一昨々夜九郎衛門町の貸座敷梅よし方へ乗込みしお客が真生召せとの御意に応じて大きな身体を二階の根太の抜ぬやうソツとお座敷へ持出して、客も浮かし自分も浮かれて上腮と下腮のぶつかり次第頻りにお客の御機嫌を取結んで居るうち(中略:芸妓二人とケンカになり、言い負かされ、女に手を出すわけにもいかず座を辞して)真生はぶつぶつ口小言を云ひながら宗右衛門のわが家へかへると、折から来合はして居た宝集や金之助が何か一言云ひしが気にさはつたとて、今までの堪忍袋一時に破れて突然金之助にくつてかゝつたので、何にも知らぬ金之助は大に迷惑して居る処へ、仕立屋の江戸田と云ふ男が飛込で、両人とも待ちなせへと仲裁したので真生の立腹もおさまり一笑ひして事済みとなつたとは余り愛嬌がこぼれ過ぎたやうだ。

明治281015日 日出新聞

◇嚶々会の例会 一昨夜鳥居本に於て嚶々会の例会は開かれ宮川和三郎氏入会あり。酒宴の上の余興には目下笑福亭に演じつゝある落語家柳屋つばめが葉手奈の茶碗に古道具好を諷する落語を演じ、次に柳屋小やなが清元の北州一くさりありて、再たびつばめが音曲入りの落語、清元の稽古屋は其妙音に感ぜしめ、其滑稽に腹をかゝへさせ、殊に仕事師親分が木遣まがひの清元節には大喝采にて会員の耳を新たにしたり。午後九時退散。

〈編者註〉柳家小やなは女流の音曲師。清元浮世節。立花家喬之助の実妹で、本名太田キヲ。のち南地伊丹幸で芸妓となり八七八と名乗ったが、大正三年に三十歳の若さで早世した。

明治281018 大阪毎日新聞

◇ブラツク眼色より顔色青し ブラツクといへば何やらのらのら遊び暮している男のやうなれど、兎も角席へ出て人情話に日本の情を穿ち、偖て変り合ました目の色に愛嬌添へている三遊派の人気取即ちブラツクは、一時正院のお雇ひとまでなりし故英国人ブラツク氏の長子にて、永らく日本に在留し上下の事情に通ずる所から、何時とはなく落語家の仲間へ入り、今日びでは英国の籍を脱して日本へ帰化し、爾も東京浅草区の或る家へ養子に行き、私しポツケツトに三合の小糠ありませんから養子になりました等といふて居れど、其実中々小糠三合どころか桝で銀貨量るほどの福々さ、好でこそ寄席など稼いでいるものゝ、否じやと思へば何日何時止うが退うが嚢中に影響ず謂ば半芸人半紳士といふ身上にて、現に弟ブラツクは横浜居留地廿七番舘の通ひ番頭、又た妹のミツス・ブラツクといふは英語の教師をして華族縉紳のお邸へ出入り令夫人や令嬢に英語を教へいる耳か、叔父に当る某といふも今英国にて名に聞えし財産家ゆゑブラツクは是等の人より多くの扶助を受け何不足なく暮し来りしに、先ごろ叔父はブラツクが日本芸人の中でも余り等級高からぬ落語家となりて寄席を稼ぎいる由を聞き、畢竟日本人となるは当人の希望ゆゑ勝手なれども、然る芸人と迄なり下りて我等の顔を汚す事他聞にならず、断然落語社会を脱すれば宜し、爾もなき時は今後扶助の途を絶つべしと弟ブラツクを以て厳談せしめしより、ブラツクもおどろきやしたので以後は決して寄席へ出る事でごだりやせんと言葉を誓ひて帰したれど、好な道は捨られぬかブラツク猶ほ其後も寄席へ出て例の愛嬌を振散きいたるを、弟が早くも聞き込み、此ほど出京してブラツクが今しも高座へ上り青い眼でヂロリヂロリと客座を見廻す所へヌーツと現れ、その不都合を叱責したうへ、此の始末を叔父の許へ言送ると言はれて、ブラツク洋服の隠しで顔かくしたいほど弱り、其のまゝ高座をすべり下て再三再四弟へ詫入り、漸く叔父の許へ言ひ送る事だけは免して貰ひ、当日から当分休業する事になツたといふが、ブラツクどの忘れても叔父の来ぬ間に話のお古い所を洗濯いたしやせうなどゝコツソリ寄席へ出て洒落る事勿れ。

明治281022日 大阪朝日新聞

◇明学和尚琵琶を揮て人を打 花の色も知らず、月の光も余所にして、飾り衒ふ浮世を見るの目は盲ゐたれど、音曲十八番好める道に魂を入れて心の月胸の花を楽しみて殊更琵琶の上手、されど世の人心下里巴調に荒みて陽春白雪の味を知らねばにや、世に拗ね自らも拗て名を西国坊明学と称し、毎夜技を寄席に売りて流泉啄木を歌はず、微妙き音色を都々一追分節の馬糞に汚すこそ口惜しけれ。二三日前の午後には曾根崎新地の席を勤めんとて六尺ゆたかの体を人力車に載せ、淀屋橋筋を南より今橋筋へ急がす折こそあれ(後略:前から来た車とぶつかり、喧嘩となり、元来短気な明学が琵琶でなぐりかかった話)。

明治281029日 日出新聞

◇新京極興行案内 

 幾代席 桂藤兵衛の一座に橘家[三遊亭]円橘、同円子の二枚加はる由。

笑福亭 落語家円三柳家つばめの一座。

〈編者註〉橘家円橘は三遊亭円橘の誤記。円子は円橘の娘。明治二十五年にも父親と一緒に上方に来ている。

明治28111日 日出新聞

◇西陣地方の興行 中竹座は桂藤兵衛一座の落語。

明治28111日 大阪朝日新聞

◇寄席取締の励行 卑猥なることを云ひ卑猥なる歌を謡ねば客が来ぬとは芸人共の詫言(いいまえ)にて、畢竟芸の鈍(にぶさ)が故なり。然るに此卑陋(びろう)なる演芸、今も府内の寄席一般に行はれて風俗を紊す事少からねば、其筋にては規則に依りて厳重に取締り、初め一度は説諭して免(ゆる)せど再度卑猥の言行あらば直ちに糺して科料若くは拘留する筈にて、一昨夜南地法善寺境内東の席にて桂文里が姦通噺といふを弁ぜしに、其節猥褻に渉りて中止の上、席主金沢利助を南署に呼出して科料金壱円に処し、また日本橋筋三丁目の毘沙門席にて新内語岡本小みねが猥褻の大津絵ぶしを唄ひしとて是また科料金壱円に処せられたりと。

〈編者註〉桂文里は名前をころころ変えているので時期の特定が難しいが、父の前名を継いだ二代目笑福亭木鶴の息子だと思われる。父親の木鶴は息子には芝居噺は無理と思ったのか、文我の息子の徳太郎を養子にとって芝居噺を教えている。しかし二人とも大成しなかったようだ。

明治28113日 神戸又新日報

◇菊水亭の俄 市内多聞通り菊水亭(元井筒太席)の尾半(小半改め)東蝶一座の俄は一昨夜の初日早々大入り見物人の頤いをとかしめをれりと。

〈編者註〉菊水亭は、以前は桂派の落語定席日の出座。

明治28112日 大阪朝日新聞

◇千日前石田席のヘラ〳〵踊にて一昨夜若い女が四人、書生姿で踊りしに、其中に猥褻の所為あるを認められ、踊りは中止の上、興行人桜井利八を呼出して訊問せり。また同夜難波新地五番町の藤石出来にても浮れぶしの畑山末吉が唄のうちに猥褻の文句を交へ、不都合なる手振をしたるため興行人藤村民三を警察署に呼出し訊問の上科料金壱円に処せられたりとぞ。

明治28113日 大阪朝日新聞

◇風紀取締の励行 又々一昨一日、東区内平野町二丁目神明の寄席にて落語家円若事高木嘉兵衛が演芸猥褻に渉りしより、席主東清水町平岡甚三郎は過料金壱円に処せられ、一昨夜千日前の柴田席二輪加にても同所吉田席神楽踊にても同断猥褻の為に席主柴田新三郎并に吉田太吉郎は警察署に呼出されて各科料金壱円に処せらる。

〈編者註〉「落語家事典」では三遊亭円若の本名は斎藤安兵衛となっている。別人か。

明治28113日 大阪朝日新聞

<大阪の寄席の風俗>

◇風俗取締 大阪の風俗いと乱れて浅ましくも猥(みだり)がはしきは今に始まらぬことなるべけれど、去迚(さりとて)は日に月に進みゆく文明の世にはいとも疎ましや。悪声巷(ちまた)に満ちて耳を掩はず、悪色市にあまりて目を閉ぢず、習ひ〳〵て性と為りては、厳めしき紳士の席にも下部(しもざま)の物語は呀え、貴夫人の袂になまめかしき文を見ざるなく、果は十歳余の子女にして女人の美醜を判じ、俳優の姣否を評するなんど、見るも聞くも憂(うた)てき限なり。斯る風俗の市井には子を持ちたらん人々の住むまじき事にて、心あるもの孟母が三遷を学びたらんには、さしも賑ふ大阪市の衰頽ともなりなん。

 扨其風俗の由来する所を尋ぬるに、花街の市井に散在すること、随うて家庭教育の厳ならぬことなんど其原因数多あるべけれど、芝居、寄席なんどの俗に媚びて淫猥狎邪の事を演じ、只管(ひたすら)匹夫匹婦の笑を買ふぞ風俗壊乱の源なる、観客聴衆にして悪声悪色に耳目を掩ひなば俳優、落語家如何に無学にして陋劣(ろうれつ)なりとも、稍(やや)其賤芸を戒むべければ、客之を喜び、芸人之に媚びて淫猥の習を成す、客の軽佻は之を父兄に責むるの外なし。興業場の取締に至りては警察の責なり。新聞雑誌の風俗壊乱は停止数日に及び、独り芝居、寄席の取締に寛(ゆる)うせば、争(いか)でか社会の風紀を正さん。去れば此節警察部内にては微行の巡査を派して風俗を偵察せしめ、見聞くに随ひひし〳〵引捕へて処分すと聞くぞうれしき。願くば猛烈に寧ろ厳峻苛酷に取締の励行あらまほし。而して当業者も亦此に鑑みて大阪市の体面と風紀とを持せんことこそ望ましけれ。

明治28116日 大阪朝日新聞

◇講談師と新内語の科料金 一昨夜また土佐堀通二丁目の寄席一瓢亭に出勤の講談師が誉の旗上といふ講談中に猥褻に渉りし事を云しとて席主池田万助を西署に召喚して取調の上科料金壱円、また同夜松島花園町の八千代席にて新内語が大津絵を謡ひたる中に猥褻の文句を交へたるを以て、是また席主吉田力松を召喚して科料金壱円に処する旨昨日申渡されたりと。

明治28118日 大阪朝日新聞

◇一昨夜東区谷町四丁目の虎の家席にて貝祭文語り義山といふが祭文中に猥褻の語ありしより席主勝田六兵衛は金一円の過料。

明治28118日 大阪朝日新聞

◇浮気風呂 近頃我を知る良伯楽なしと変に気取りて旅また旅を稼ぎまはる落語家の曽呂利新左衛門、播州竜野の興行近年にない大当りを取り、骸骨に笑顔作りて一座の松右衛門を伴い二三日前梅田へ着きしが、「懐中(ふところ)は温かなり、時候はよし、此まゝ家(うち)へ帰るのも曲がない」といえば、松右衛門心得て、「万事は私にお任せなされ」と、難波新地の一現屋へ登楼(あが)り、顔のさゝぬホヤ〳〵出を二まい呼んで、二個(ふたり)は淋しう昼遊び、旅着の袖に余香をとゞめて程遠からぬ九郎右衛門町の自宅へかへれば、女房のお蝶が歓びて、「もう松茸でもあるまいが河内のお客さまから貰ひたてのが此処にある、兎もかくも一杯お飲(あが)りなされ、其暇に一寸流して」と、おかつといふ七歳の女引伴れ洗湯(ふろ)へ出かけたるうしろ姿、松右衛門見送りて笑つぼに入り、「亭主の顔見て風呂へ行くとはさて〳〵師匠もあやかりものかな」と背中をポンと叩きければ、新左衛門有らん限りの歯をさらけ出して、「阿呆らしい、それはずんど昔の事、サア飲んだり」と台所酒始めし所へ、火のやうな顔して立還(たちかえ)りしはお蝶なり。逆上(のぼせ)るほどの長風呂でもないのに何とした顔の色ぞ、「ヘン先ほどはお楽しみ」と濡手拭打ちつけて、つんと曲たる様子、只事ならずと見てとり、「オイ〳〵お蝶どうしたものだ、久々で戻ツた亭主の前で箱屋とは何事ぞ」といふを、「白々と何をお言ひなさる、今風呂の洗ひ場でのツぺりとした色白の女郎(こども)衆二人、若い方なのが『お前(ま)はんの出(で)ゑた親父(おやっ)さんは軽口の松右衛門、今一人の毛毬(いがぐり)はお蝶はんとこの師匠はんに違ひない』と、現在女房が聞かされて面白いとお思ひか、旅の浮気は覚悟の前ながら鼻のさきの悪性遊びは気が知れません」と素破ぬかれ、新左衛門は目を白黒して、「イヤ其狂言には乗らぬぞ」といふ横合から「お母(かん)の云ふのが本真(ほんま)や」と小供正直、お勝に云はれて二人は思はず顔見合せて「悪いことは出来ぬなア」。

明治28119日 大阪朝日新聞

◇淡路町五丁目の席栄楽軒にてニ○カ師蝶枝が猥褻の言を吐き席主は一円の科料。

明治281110日 大阪朝日新聞

◇一昨九日も又々西区新町通一丁目落語寄席瓢亭にて落語中猥褻の廉ありとて、席主梅本福松西署へ呼出され金壱円の科料。

明治281110日 商業資料(第二巻第九号)

●大阪の寄席

 大阪の寄席と東京の寄席とは遥かに其趣きを異にせり。大阪には二輪加の寄席多けれども、東京には一もこれあらず。東京には人形入りの上るり席あれども、大阪には文楽、稲荷の二座これを抑へ、偶(た)まにこれあるものは影絵使用の女太夫のみ。大阪の寄席は木戸銭割りに高く、東京は割りに安し。東京では落語家と手品師と同席すれど、大阪では大抵別々に興行す。東京では夜昼に分ちて興行し、昼の講釈席などには昼寝の枕をも用意して川中島の合戦を聴かすれども、大阪に於ては昼席は流行らず。東京の商人は寄席を利用して種々の広告をなすものあれども、大阪の広告近来進歩したるにも拘らず、寄席を利用するもの殆どこれなしと云ふも可なり。扨て東京、大阪ともに数多き寄席の中にも、東京に於ては銀坐の金沢とか本郷の若竹とか、或は芝口、日本橋、佐久間町など其場所々々によりて客筋の異なると共に、自づから出演する芸人及び興行の種類も一様ならず、之れと同じく大阪に於ても客種の等級甚しき相違ありて、就中淡路町なる幾代亭の如きはサスが船場の中央(まんなか)にある寄席なれば、客種他に勝ぐれ、随ッてコヽに出演する芸人も大抵いつも上等の粒撰(よ)りなるが、現今興行中の落語家連名は、(下表)

28 001

 而して落語社会に於ける桂文枝の勢力は実に驚くべきものあり。故に文枝其名を掲ぐるのみにて出演せざるも、日当の割前は必らず其子分より徴す、イナ報酬せらるゝを例とせり。而して大阪人は一体に上品にノツペリとして、彼(か)の早口なる江戸ッ子弁を聞き分けるの感覚鈍ぶけれども、円馬の如き落付き払つたる東京弁にはイカナ大阪人も得心したりと見へ、聴衆中感服せざるもの稀れなり。要するに大阪の落語家は机を叩き(今は少くなりたれども)、鳴り者を入れ、大陽気に洒落ることを得意とし、聴衆イナ見物の客も、其大陽気に連れて拍手喝采すれども、如何んせん其洒落たるや舌の作用にあらずして口の作用なり、心より出づる滑稽にあらずして顔に現はる滑稽なり。換言すれば、淡泊の洒落にあらずして濃厚の洒落なり。去れば之れに少しく東京風を掻き交ぜて薄口に饒舌(しゃべ)らせるの稽古をさせなば、大阪の落語亦た必らず天下に雄飛するを得ん(ゴ大層な事)。唯だ遺憾なるは芸道修業の為めに新下りの東京芸人は多けれども、大阪の落語家中遊学の為め上京するもの少なきは何故ぞ(聴衆にくさゝるも亦た芸道を修業するの一なり)。

 尤も其コツテリとしたる体裁は芸人のみならで寄席全体も亦た然り。例へば右の幾代席の如きは舞台八畳敷、斜めに床あり、花瓶を釣り、又た久保田米僊揮毫の墨画軸物を掲げ、聴衆席と木戸口の壁上には古雅優美の油画額を掲ぐるなど、宛然たる一個の美術坐敷、東京寄席の粗雑なるものとは勿論較べものにならず。故に木戸の高きも亦た故あり。一人前五銭、下足代五厘、火鉢一銭、敷物代五厘、但(た)だ毎夜〳〵聴衆の客より同じものを注文し、落語家が舞台に出て、エヽ伺ひます(咳一咳)と口を開くや否や、ヤア三十石を遣ッて呉れ……ヤア稽古屋の方がより……ヤア紙屑屋を語(や)るがよいと、珍らしくもない古めかしき語りものばかりを注文するは、甚だ以て五月蝿(うるさき)ことなり。これは大阪人が四銭の木戸代を払ふて落語の稽古をするが為めなりと云へど、斯る素人落語家志願の下素(げす)客にアタラ一夜の娯楽を蹂躙せらるゝのみか、落語家の芸道を妨げ、随て寄席其ものゝ価値を失はしむるは惜むべし。

明治281114日 大阪朝日新聞

◇本田通三丁目寄席松田席にて三都うかれ節八重春が見物人より都々逸即席の題を解きし中に甚だしき猥褻の言(ことば)ありて、席主松田利八一円の科料。

明治281114日 扶桑新聞

◇富本席は柳亭北楽にて昨日大入の筈なりしが大道具準備の都合に依り愈々本日はじまり左様。

明治281115日 日出新聞

◇松林伯円 講談師松林伯円は門弟福円を伴ひ一昨日来京、本日より新京極幾代亭に出席し得意の弁舌を揮ふとの事。

明治281116日 日出新聞

◇笑福亭へは久々にて笑福亭福松が一昨日より出席し、例の愛嬌を振撒き居れりと。

明治281115日 神戸又新日報

◇姫路の祭典に付て 同地射楯兵主神社の秋期大祭典を十四十五十六の三日間執行の事は前号の本紙にも記載せしが、同祭典は他の例祭とは趣きを異にし屋台の如きは練り出すが規定なり・・・・・竪町林利席にては林家扇枝曾呂利新左衛門の立合噺・・・・・・。

明治281120 大阪毎日新聞

◇[広告]謝近火御見舞 南区西櫓町四十四番邸 今井嘉吉/芝居茶屋 今嘉/浪花座東隣 今嘉鮓/法善寺境内 今嘉席

〈編者註〉十八日夜十時南区阪町法祐寺(阪町の天神)より出火。今嘉席は三友派の主要な席。

明治281120日 扶桑新聞

◇橋又座 今晩より鶴賀若辰一座の新内節と三遊亭遊八、奴遊等の音曲昔話の興行ある由。

〈編者註〉奴遊は三遊亭奴遊。始め二代目三遊亭円馬門人で竹馬、のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で奴遊と名乗る。明治三十一年ごろ花遊となる。本名野村甚三郎。隻眼の音曲師。

明治281124日 大阪毎日新聞

◇狸の睾丸八畳敷 南地金沢席にて一昨夜九時頃、桂文三の落語中、「讃岐の金毘羅大権現、狸の睾丸八畳敷」と云ふや否や、猥褻と云ふ二字は忽ち査公の口より霹靂と轟きて直に南署へ引致され、五十銭の科料金に処せられたりと。此向きでは狸の睾丸は追々に狭まるなるべし。

明治281127日 日出新聞

◇新京極興行案内 

幾代亭 桂藤兵衛の一座にて松林伯円も尚滞在して出席する由。

笑福亭 円篤、福松一座の落語に岡本美登吉の新内節。

明治28121日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

楠社内湊亭は三遊亭芝楽、笑福亭福丸、笑福亭万歳、林家しん鏡、桂南枝、曾呂利新作、笑福亭小福、桂文昇、桂昇馬、笑福亭梅鶴、桂團輔、桂小文都、笑福亭松鶴の一座にて落語▲同社内菊の亭は柳子、美朝、数千賀、梶尾、小松、小里、朝榮、染勝、小久の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の家亭は旭亭京虎の一座にてうかれ節▲楠社西門筋の馬力亭は未定▲同福井座は君松、小昇の一座にて女手踊り▲同旭亭は東西亭南北、春柳亭燕柳の一座にて軍談講釈▲橘通り榮亭は花川教安、花川小善山、玉井八重定の一座にて貝祭文▲裁判所前菊水亭は尾半、東蝶の一座にて改良仁輪加▲兵庫湊町の湊虎亭は玉田玉照の一座にて軍談講釈▲三の宮社内昌栄亭は蝶枝、蝶美、蝶玉の一座にて仁輪加▲其の他、明治座、相生座、三の宮朝日座は予記の通りなり

〈編者註〉月亭小文都は月亭文都の秘蔵弟子。将来有望な若手だったが、明治35年に早逝した。

明治28121日 扶桑新聞

◇福寿亭 大須門前福寿亭は今晩より東京落語家柳亭左楽の神経夢物語にて大入開場。

明治28126日 大阪毎日新聞

◇桂かつら 今度桂小文枝の門人となりし桂かつらと名告れるは当年とつて三歳のいたいけ盛り、まはらぬ舌に唄(うた)うたふなど、とんだ愛嬌なりとて相応に人気あるよし。これは新古亭真生の伜にて金沢と幾代両席を懸持にて出勤。

明治281211日 大阪毎日新聞

◇覗いてびツくり 東京から来て半大阪ツ子になられた一通士、二三日まへ芸妓幇間の遊びにも飽たと、当時堀江の賑江亭に出ている音曲家反歯のつばめを始め、馬顔にして爾も片足の長き花遊片目にして猶ほ薄菊石ある円若などを連れ、或る料理屋へ押出し飲よ謡への大陽気。原(もと)より音曲は三人とも得意とする所、つばめが謡へば円若が喚り、花遊が都々逸と洒落ればつばめが端唄と澄し、代る代るの咽喉を聞す面白さ、(中略:座敷に来ている芸妓たちがその声につられて集まり、どんなによい男ぶりかとそっと覗けば)一人は片眼、一人は反歯、残ツた一人さへ馬の様な横短かい顔つきに……芸妓もびツくり仰天、アレマアこんな人達があんな宜い声を出す世やもの、電線がもの言ふも無理はないと呆れて見ているとも知らず、花遊、酔たまぎれに片足の長い事さへ忘れカツポレ、カツポレ、甘茶でカツポレと踊り出した容子、顔の長いのに跛で踊る(後略:芸妓たちはそれを見て驚いて座へ戻った)。

明治281215日 大阪朝日新聞

<藤原重助、此花館建築に着手>

◇此花館 寄席は都会の小楽園にて、中級人士の娯楽に供すべきものなれば、何れの都会にも其設けなきはあらねども、吾が大阪の如きは芸人の野卑なるとゝもに客種も著るく下りて、芸人の芸を重ずる心なきが如く、客にも曾て芸を尊信する心なく、多数の人の耳目を娯ましむべき場に列(つらな)りながら、私しに「何々をやつてや」など芸人に向つて注文を下すを却つて通と心得る者多く、坐席兎角に騒がしければ、少しく心ある者は先ず足を其の門に運ばぬ事となり、遂には劣等人種の専横に任せて、所謂技芸なるものゝ趣味品位も無下に賎しく成り行きたり。斯ては技芸も衰へ、中流人士の小楽園をも破らるべしとて、淡路町に幾代席を改築し、聴坐を座敷模様として客種の改善を図りたるが、是れすら今は漸くに下等種族に荒さるゝ傾きを生じ、自から中流人士の足向き薄くなり克ちなるとぞ聞く。

  帝国第二の都会にして独特の技芸もなく、格好なる小楽園もなきに至らんこと如何も嘆ずべき事なればとて、北堀江賑江亭の主人藤原重助躍起となり、東区平野町三丁目二十九番屋敷旧種智院の跡を買受け、高等の寄席を設けんとて去る十一日より板囲ひをなしたり。其の構造は御殿造りとして、之に此花館の名を命じ、専ら上中流人士の娯楽の場となし、出席の芸人は談州楼燕枝の率うる柳連睦連の一派と特約し、之に当地の三友派を交へて東京大阪の落語の粋を集め、常に交替出演する筈のよし。此建築は明年一月中旬までに落成せしめ、後くも二月一日より開場の運びになるべしとの事なり。是と同時に技芸の上進を図り、娯楽の嗜好を一新するを得ば上乗なるべし。

明治281220日 扶桑新聞

◇富本席 明二十一日夜よりは三遊亭圓橘、三遊亭圓子等の連中に、更にオホホで今売出しの春風亭南柳を一枚加えて滑稽落語の大入開場。

〈編者註〉春風亭南柳(嘉永5年~大正5年・本名佐藤金太郎)は、春風亭柏枝改め二代目柳亭燕枝の門人で、三十年代に田辺南龍門人となって講釈に転じて涛声舎千山と名乗った。軽妙な世話講談で、口癖から〝オホホの千山〟と称されたというが、このころすでに「オホホ」で売り出している。

明治281225日 大阪朝日新聞

◇風俗取締…是までは風俗を害すべき劇場、寄席に於ける言語動作に対して単に座主席主をのみ懲罰する方法なりしかど…取締規則を改正し、座主、席主の外興行主並びに芸人ともに其の責に任ぜしむる事とし、興行の所作、言語に若し猥褻の事あれば容赦なく懲罰即ち科料拘留に処する事に一決したりといふ。

〈編者註〉「寄席取締規則」第十四条「寄席に関する一切の事は席主其責に任ずべし。但興行の所作言語に就ては興行主及芸人共に其責に任ずべし」

明治281228日 扶桑新聞

◇富本亭の日延べ 目下名古屋富澤町富本席にて興行中なる春風亭南柳、三遊亭圓橘一座の落語は、年末なるに係らず非常の好人気につき、来る三十一日迄引続き興行する筈にて。圓橘は毎夜落語を一席演ずる外に、師匠圓朝が得意の読みものの「榛名の梅ケ香(安中草三郎伝)」を読み続くるよし。又明年一日より予ねてお約束の富士松魯中、同門左校其の他の美音揃いで一座を組み賑々敷開場との事。

上方落語史料集成 明治28年(1895)参考資料

【参考資料】

◇共楽会(南地演舞場)に出た噺家たち 

〈編者註〉共楽会に出演した噺家を大阪朝日新聞、大阪毎日新聞の出演予告欄より抜き出し一覧表にまとめた。実見記があるものは落語のみを書き抜いた。予告と実際が違っている場合が散見されるが、わかる限り註釈欄で補った。なお共楽会については明治26年の欄を参照されたい。

【明治28年】

第二十回(120日)

 初天神(南楽改め桂三遊)、吹替息子(桂枝雀)、清元四季三番叟(立花家若橘)、落語月並小僧と手踊り(桂おもちや)、新作落語三国青磁(三遊亭円馬)、吹寄(桂文枝)

〈編者註〉「桂三遊の落語はまだ垢ぬけはせねど面白く、桶まはしなど大喝采なりき。枝雀の落語、さすが猥褻の事は言はねど、又しても〳〵屁の糞のと尾篭なる事言ひ出(いで)しには困りたり。此会の主意に照らしても余り穢きことは言はぬやうにしたきものなり。おもちやとかいふ小供などは出さずもがな、面白くも不笑(おか)しくもなし。文枝の落語は軽妙、円馬のも又た面白かりき」(122日 大阪朝日)。「(南楽)改め(三遊)の初天神は滅法賑やかなり。枝雀の吹替息子は頗ぶる出来好く看客も面白がりしが当人も又面白さうなり。(おもちや)の月普小僧は年齢と身体に適ひて可かりし、梅の春の舞ひも十一歳の小童にしては感心の技倆。(円馬)の三国青磁は新作落語にして時節柄格別の看客の情を惹きたり、然れども子の舌になきものなればいつも程の好評はなかりしと。(文枝)の酔客、得意のものとは云ひながら如何聞いても素面とは想はれず、吐く息に酒の気のする心地せり。若橘の四季三番、うかれ節とも例もながらスラリとして好し」(122日 大阪毎日)。桂おもちゃ(手遊)は二代目桂南光門人(明治17年生)。のちの二代目桂三木助。

第二十一回(224日)

 露はらひ(桂三遊)、分捕品販売(桂文屋)、鶴のかくし羽(桂小文枝)、人情噺美人の活埋(三遊亭円

馬)、落咄ふきよせ(桂文枝)

〈編者註〉桂文枝は欠席。このあとも予告には出るが度々欠席している。「三遊の露払ひは例の愛嬌あり。此男、合の楔子に二三度も引き出され、何か一くさづゝ笑ひの種を蒔き散らして引込む調法男、共楽会の白鼠なるべし。文屋の分捕品販売は時節がら面白く出来たり、話振も嫌味なく上出来なり。小文枝の鶴のかくし羽は何日になき上出来、只話振りギゴツにて味なきは致し方なし。円馬の人情話は殊さら上出来、話の中に其人躍り出るが如くなりき」(226日 大阪朝日)。「(三遊)のマニマニ、天然の愛嬌を以て弁の不足を補へり。(文屋の)分捕品の販売、新奇と演説調にて巧みに胡麻化し去りぬ。(小文枝)の鶴のかくし羽、得意の物とて好き出来なりしが、せがれ云々の一語、やゝ耳だちて聞えぬ、此一語なかりせば間然するところ無りしに惜しきことなり、以来はかゝる語を改めんことを望む。(円馬)の美人の活埋、是は同子の本色、前回の落語に勝ること数十倍。(文枝)の病気の為め出席せざりしは遺憾なりし」228日 大阪毎日)

第二十二回(324

 御祝儀(桂三遊)、花嫁高慢(桂三五郎)、粗忽の使者(三遊亭遊八)、幇間の当込後に手踊り(新古亭真生)、鸚鵡返し(桂文枝)、常盤津戻り橋後に端歌浮世節(宝集家金之助)、美人の活埋・続(三遊亭円馬)、

〈編者註〉宝集家金之助は欠席。「桂三遊の野ざらしは円遊そツくりなりとの評判。遊八の粗忽な使者は烟の如き出来。真生の落語に手踊り、扨々愛嬌に富みたることかな。文枝の落語は相変らず軽妙。円馬の美人の活埋は大団円の事とて聞場はなかりしが旨きものなり」(326日 大阪朝日)。「(三遊)の骨釣、円遊の面影ありて愛嬌沢山。(三五郎)の花嫁高慢、大車輪。(真生)の幇間の当込御面相と共に愛嬌を以て優り、新作の因州因幡見物は拍手喝采。(遊八)の疎相の使者、話も疎相にて却て面白かりし。(文枝)の鸚鵡返し、阿爺も阿母も息子も三人共無類の出来。(円馬)の美人の活埋、例も程に聞れざりしは大団円ゆゑ是非もなし。(若辰)の明鴉、及び二上り新内、今更賞むるも管。(金之助)病気にて出席なかりしは遺憾千万」(327日 大阪毎日)。桂三五郎は三代目桂文三門人。俗にくきやという(くきやの意味不明)。桂派の中堅として活躍したが、名人上手の多い桂派の中にあってもうひとつ頭角を表わすことが出来なかった。

第二十三回(414日)

 御祝儀(桂三遊)、性は善なり(桂文屋)、音曲噺文福茶釜後に手踊支那土産(新古亭真生)、常盤津戻り橋後に端歌浮世節(宝集家金之助)、鏡ケ池操の松影・続(三遊亭円馬)、小言幸兵衛(桂文枝)

〈編者註〉「文枝の小言幸兵衛、円馬の江島屋騒動、金之助の戻り橋など大喝采なりき」(417日 大阪朝日)。「(三遊)の「吹替息子」若旦那は少し中なれど、幇間は上出来。(文屋)の「盗人も亦性は善なるもの乎」と心学講話の演題めきたる外題なれど、其実外題と反対の大滑稽なりし。(真生)の「文福茶釜」体に適ひし話とて、格別に可笑しく「日清の阿房陀羅経」は最も聴衆の感情を引けり。(金之助)の「戻り橋」生憎風邪に侵られて声を傷めをりますればと云ふ、前口上のあるに拘らず、初見参の会員は駭いて舌を巻けり。(円馬)の「操の松影」十八番の江島屋騒動、新婚の夜に花嫁の衣装の綻びるところ、尤も酸鼻の情を催さしめたり。(文枝)の「借家借り」は得意の中の一題とて其妙云ふ可らず、興に乗じて清元をうなるあたり最も可笑しかりし」(417日 大阪毎日)

第二十四回(62日)

 落語御祝儀(桂三遊)、逆さまの葬礼(桂柏枝)、おふみさま(桂小文枝)、鏡ケ池操の松影・続(三遊亭

円馬)、落語吹よせ(桂文枝)

〈編者註〉桂文枝欠席。三遊が代役を勤めて不興を買う。「柏枝の落語は嫌味のなくて好評。円馬の鏡ケ池は最も得意の出ものなりとかや、道理こそ凄い程の出来なりけれ」64日大阪朝日)。「三遊の落語は露払の御祝儀にて御苦労。次に伯枝の落語逆様の葬礼は唯達者に饒舌と云ふのみ。小文枝の落語おふみさまは度々寄席で叩き込んだものとて別に評する処もなし。円馬の人情話操の松影は前回の続きなるが何分前のざわつきし為か此処と云ふヤマもなく普通の出来なり。次ぎは文枝の出場なるも俄然の病気にて欠勤の断りを三遊が出て陳たるが、其文枝のアナへ代理として其三遊が落語を演りしがイヤハヤ実に驚いたり。其落語に付き同人なり且つ同会の為にも一言注意したき事あり。唯の寄席なればいざ知らず同会は会員諸士の中に名誉ある人々多きよしにて、殊に当日は随分紳士令嬢も見受たる位なるに如何にアナ埋にもせよ聴くさへ忌はしき姦通の落語は何事ぞ。夫のみか不鍛練なる唄を我面白にうたふなどは聴衆の迷惑思ひやられたり。かゝる事は精々注意こそ望ましけれ」(64日 大阪毎日)

第二十五回(625日)

 落語御祝儀(三遊)、音曲噺東京土産(三遊亭遊橋)、長唄鶴亀曲弾(春風亭柳寿斎)、清元稽古屋(柳家つばめ)、鏡ケ池操の松影(三遊亭円馬)、落語(桂文枝)

〈編者註〉「三遊の落語よし。柳寿斎の越後獅子曲弾は達者なもの。円馬の鏡ケ池は何日も程に行かず。つばめの清元稽古屋は品もよく、面白味もあり、最上の出来、満場大喝采なりき」(627日 大阪朝日)。「三遊の御祝儀話しは残念ながら聞洩して評なし。春風亭の曲弾の処より聴きたるが随分大車輪だけに拍手喝采でありし。円馬の操の松影は前回の続きなるが余り大入の為め場内が騒つき、余程演り苦しくは見えたれども、評者の耳には前回の処より面白く覚えたり。つばめの清元稽古屋は非常の喝采にて各種の人が稽古する清元の談分は真を写して臍を撚らせたり」(627日 大阪毎日)

第二十六回(728日)

 御祝儀(桂三遊)、落語(桂文屋)、音曲風呂(柳家つばめ)、百年目(桂小文枝)、鏡ケ池操の松影・続

(三遊亭円馬)

〈編者註〉「三遊の「御祝儀落語」、いつもの如く、文屋の「子誉め」、当人一生懸命にて好し。円馬の「鏡ケ池操の松影」、前回よりの続きにて愈佳境に入る。小文枝の「百年目」、好い話にて斯る場所には取つて付の出もの」(731日 大阪朝日)。「三遊の落語、同人は同会の忠義者とて一生懸命に勤めるだけ漸次上達はしたれど今少し落着て演る事に勉強あれ。文屋の落語子誉めは頗る手に入つた否口に適たもの。つばめの落語植木の化物と云ふは音曲話しにして面白し。円馬の操の松影は第四回まで読みつゞきしものにて殊に今回は興味ありし。小文枝の落語百年目はチトそゝつかしき様なれど大当りであつた」(730日 大阪毎日)

第二十七回(929日)

落語御祝儀(桂三遊)、落語(桂柏枝)、佐々木信濃守(桂万光)、音曲噺寄合酒(三遊亭円若)、音曲噺廐焼失(新古亭真生)、落語(桂文枝)、常磐津兜軍記阿古屋琴責の段(宝集家金之助)、鏡池操の松影・続(三遊亭円馬)

〈編者註〉「柏枝の雁風呂はやゝ可し。宝集家金之助の兜軍記は巧に出来たり。三遊亭円若の芝浜はさのみ旨からねど話が好ければ面白く聞かれぬ。円馬の操の松影は遠い所へ聞えざりしぞ恨みなりける」(101日 大阪朝日)。「(三遊、柏枝、円若の三人は聞外したり)。万光の落語佐々木信濃守は同会向きにて卑猥なる事は少しもなかりしが上出来とは云はれず。真生の落語廐焼失は之れも得意のものとは思はれず、併し後の踊りは妙々。金之助の阿古屋の琴責は誰でも三曲三曲と云ふに琴と胡弓の処のみを演じて三味線の処をヌキとせしは如何いふものか、併し演技はあざやか。円馬の人情話操の松影のつゞきは何分大入の為めと出場が点灯まへにて何となく場内が騒がしく、随つて声が届かねば当人の骨折思ひ遣れたり」(101日 大阪毎日)。桂万光は二代目桂文枝の弟子。

第二十八回(1019日)

 御祝儀(桂三遊)、鏡池操の松影・続(三遊亭円馬)落語吹寄せ(桂文枝)、あくびの稽古(柳家つばめ)

〈編者註〉桂文枝欠席。代りを桂柏枝が勤める。演目不祥。「文枝の代りは柏枝が勤める。つばめの話(あくびの稽古)チト小音なりしが跡の音曲で埋合せ。…卑猥なる落語(当日はなけれど)などは此以後成べく避けて貰ひたきものなり」(1021日 大阪毎日)

第二十九回(1110日)

 御祝儀(桂三遊)、根ほり(桂文屋)、音曲噺音曲関所(円若)、鏡ケ池操の松影・続(三遊亭円馬)、

寄(桂文枝)

〈編者註〉「桂文屋の根ほり(落語)は滑稽中に当世語(ことば)を用ひ、一種の大阪流の可笑味ありて、先(まづ)は上評なりき。三遊亭円若の音曲関所(音曲話)は有触たる趣向なれども、声のよき為め可なりに聴かれき、今少し渋皮が剥けたらばなど云ふものあり。三遊亭円馬の鏡ケ池操の松影(人情話)は相変らずの調子にて偽善人の皮骨を穿ち、話中の人物皆な活動せんばかりなりしはさすがなり」(1112日 大阪朝日)。「三遊、文屋、円若の三人は聞洩し、円馬の操の松影は場中の騒つかざりし為め能く音声の隅々まで行渡れり、また此話しも益々佳境に入りて面白し」(1112日 大阪毎日

第三十回(1222日)

 御祝儀(三遊)、浮れ旅路(文屋)、音曲噺浮れの屑より(三遊亭円若)、幇間廓の穴さがし(三遊亭花遊)、鏡ケ池操の松影・続(三遊亭円馬)、落語の吹寄せ(文枝)

〈編者註〉「文屋の落語は嫌味なく上出来、円若の音曲話、花遊の落語共に軽妙」(1224日 大阪朝日)。「三遊の落語御祝儀は稍進歩せるものゝ如く、文屋の落語もさらさらとした中に甘味あり。円若の屑選は得意の音曲にて得心させ、花遊の幇間の穴捜しは能く聴く落語なれども流石に巧手なものなり」(1224日 大阪毎日


◇偕楽
会(今宮商業倶楽部)に出た噺家たち 

〈編者註〉共楽会と同じ趣旨で今宮商業倶楽部内に開設された会。共楽会と同じく、今年度分の開催日、出演した落語家及び演目を判明した限りにおいて一括して掲げておく。出席者は共楽会と同じく桂派の連中だが、文枝は出ていない。

【明治28年】

第一回(321日) 

御祝儀(桂三遊)、音曲穴さがし(新古亭真生)、素人車(桂文屋)、革衣(三遊亭円馬)、常磐津二十四

孝狐火(宝集家金之助)  

第二回(414

  すいな狸(桂三遊)、幇間日柄の欲張り(桂柏枝)、けぶ医者、後に五本扇松尽し(桂小南)、粟田口(三遊亭円馬)

〈編者註〉「御祝儀は聴外し、小南のげふ医者、まだ嘴が青い青い。五本扇の松尽しは無難の出来。円馬の粟田口、当人の口上にも発端だから面白ないと断りしが如何にも呼吸の抜けし処ありていつも程の面白味は無し。伯枝の落語、若旦那が幇間の腹へ鍼をするまでのコソグリ軽いものなり」(416日 大阪毎日)

第三回(512日) (記録なし)

第四回(61日)

  御祝儀(桂三遊)、鮑のし(桂枝雀)、軍歌(三遊亭円三郎)、粟田口・続(三遊亭円馬)

〈編者註〉三遊亭円三郎は欠席、その代りに林家花丸が出演。演題不祥。

第五回(77日)

   御祝儀(桂三遊)、怪談牡丹燈籠・第一回(三遊亭円馬)

第六回(84日)

   御祝儀(桂三遊)、百年目(浮世しのぶ)、軍歌(三遊亭円三郎)、怪談牡丹燈籠・続(三遊亭円馬)

〈編者註〉「三遊の落語めつきり上達見えたり。(うき世信夫)の百年目あつさりとして色気もあり評よし。(円馬)の人情話はまだ佳境に及ばねども流石に甘いものなり。(円三郎)の軍歌踊りは時節柄の思ひ付き妙と云ふべく」(87日 大阪毎日)

第七回(925日)

御祝儀(桂三遊)、(音曲囃吹よせ後に手踊(新古亭真生)、(常磐津戻り橋(宝集家金之助)、(怪談牡丹燈籠・続(三遊亭円馬)

第八回(1013日)

御祝儀(桂三遊)、天下一浮れ屑選(三遊亭円若)、怪談牡丹燈籠・続(三遊亭円馬)

第九回(113日)

御祝儀(桂三遊)、淀川三十石(桂南光)、怪談牡丹燈籠・続(三遊亭円馬)

第十回(121日) 

御祝儀(桂三遊)、音曲噺三両のこし(三遊亭花遊)、怪談牡丹燈籠・続(三遊亭円馬)


◇共遊会(
新町廓婦徳会場)に出た噺家たち

〈編者註〉共楽会、偕楽会に続いて新町廓婦徳会場に於て設立された会。これも偕楽会と同じく、今年度分の開催日、出演した落語家及び演目を判明した限りにおいて一括して掲げておく。出席者は共楽会、偕楽会と同じく桂派の連中が中心である。

【明治28年】

第一回(106日)

 桂文屋、桂三遊、人癖人真似人形廻し(桂枝雀)、清元梅柳中宵月(立花家若橘)、(三遊亭円馬)、出世鏡雑穀家八兵衛(桂文三)、吹寄せ(桂文枝)

第二回(1124日)

 御祝儀(桂三遊)、大手合(笑福亭福助)、仕込の大砲(桂文三)、琵琶十六人芸(西国坊明学)、音曲噺浮世風呂(柳家つばめ)、芝浜(三遊亭円馬

第三回(1215日)

御祝儀(桂三遊)、廓の噂(桂柏枝)、湯屋の番台(三遊亭花遊)、五人裁判(桂南光)、音曲噺清元稽古屋(三遊亭円若)、糸繰獅子の曲(笑福亭梅鶴)、飛び入り曽呂利新左衛門

〈編者註〉桂派連中の中へ曽呂利が飛び入りで参加している。曽呂利は三友、桂どちらにも属さず、名古屋に定席を持って自由な身でいたのであろう。このときは「欲の熊鷹」を演じている。「此程第三回を開会したる慈善演芸共遊会にては第一回の残余金を西区部内予備後備軍人家族の極貧者へ施与し、其後第三回に至るまでの残余金は米に変へ、四区現役軍人家族の極貧者及び其他の貧民へ五百戸を限り白米五合づゝ施与する事とし、本日午前十時より西区新町廓婦徳会場にて施与すと云ふ」(1222日 大阪毎日)

 

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ