明治29年

上方落語史料集成 明治29年(1896)1月~2月

明治2911 大阪朝日新聞

◇来年の興行物

淡路町幾代席   桂文枝、三遊亭円馬、翁家さん馬、明楽

法善寺幾代席    桂文枝、宝集家金之助、円馬、明学

新町瓢亭       桂文枝、同万光、三遊亭円馬

北新地裏町席  桂小文枝、円馬、金之助、南光

堀江賑江亭    月の家文都、曽呂利新左衛門、三遊亭花遊

千日前相生亭  曽呂利新左衛門、松鶴

平野町常盤亭  文都、三遊亭円若、同花遊、吾竹

〈編者註〉三遊亭花遊は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。一時吉原で幇間をしていたが、このころ舞戻ってきた。明治三十一年に花円遊で真打になった。綽名を「舶来の馬」という。本名佐々木安太郎。三遊亭円若は四代目三遊亭円生の門人。昨年円生とともに上方へ来たが、円生帰京後も上方に残り、美声の音曲師として活躍した。「槍錆」は絶品といわれた。三十一年十一月、笑福亭福松の門人となって笑福亭円若と名乗った(福松死後三遊亭に復命)。吾竹は笑福亭吾竹。最初初代桂文団治門人で歌団治となり、二代目文団治襲名問題で敗れて笑福亭の門下に入り五代目吾竹を襲名した。 

〈編者註・追加〉「桂文我出席控」に「会長松鶴氏申一月一日夜だけつとめ跡休日ニ附、松鶴氏会長ヲ引し跡の会長文都、後見文団治ニ成。新左衛門客分ニては入」とある。三代目笑福亭松鶴は初め桂文枝一門にいたが意見が合わず離脱、月亭文都の一派に入り、三友派の旗挙げに参加、会長となっていたようだが、またここも離脱。以後十年余、桂派にも三友派していない。のち竹山人と称して講釈師としても活動した。松鶴の離脱をうけ、月亭文都が会長となった。また曽呂利新左衛門が客分として三友派に加入した。

明治2911日 京都日出新聞

◇一月興行案内

幾代席 桂藤兵衛の一座に東京初下り春風亭南柳が加入。

笑福亭 福松、円三の一座に三笑亭芝楽、笑福亭松竹が加入

〈編者註〉春風亭南柳(嘉永5年~大正5年・本名佐藤金太郎)は、春風亭柏枝改め二代目柳亭燕枝の門人で、三十年代に田辺南龍門人となって講釈に転じて涛声舎千山と名乗った。軽妙な世話講談で、口癖から〝オホホの千山〟と称された。円三は東京の噺家で、四代目三遊亭円生門人で橘家円三を名乗った。数年前から京都に在住し、笑福亭を根城とした。今年十一月に五代目橘家小円太と改名する。のち円太郎となり、京都では相当の実力者となった。一時期笑福亭の席主となっている。三笑亭芝楽は三笑亭可楽を自称していた原田熊次郎で、芝楽と改名した。京都の芝楽(辻村藤三郎)とは無関係。京都の芝楽は明治二十五年ごろから東京へ行っている。(明治2641日の註釈参照)。笑福亭松竹は三代目松鶴門人で、のち四代目松鶴を襲名する。

明治2911 神戸又新日報

◇一月興行案内 (神戸)

▲楠公前大黒座は我當、駒之助、珊瑚助、珊瑚郎、市蔵等の一座にて▲相生町の相生座は福雀、紋三郎の一座にて▲楠社内湊亭は桂文昇、昇馬、團輔、南枝、林家しん鏡、曾呂利新吾、三遊亭燕雀[圓若]、吾妻長四郎[東長次郎]、松鶴[笑福]亭松光の一座にて落語▲同社内菊の亭は房吉、花綠、萬玉、初綠、新國、澤勝、小石、柳糸、小綠、小國、廣次、照玉の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の屋は東小竹、松の家小延、東竹造、三味線東秀丸の一座にて浮れ節▲多聞通菊水亭は尾半、東蝶の一座にて改良仁輪加▲楠社西門筋馬力亭は東洋奇術▲同福井座は市川小高、中村小昇、澤村小糸、実川小松の一座にて身振り狂言▲福原口鏡亭は京山大教の一座にてうかれ節▲兵庫明治座は伝五郎、鬼丸、かほる、當若の一座にて▲湊町湊虎亭は神田伯猿、笹村燕玉の一座にて軍談講釈▲新川浮橋の三福亭は旭亭京虎、松の家小延の一座にてうかれ節▲日向社内の日本座は國守義男、浪花一丸の一座にて壮士仁輪加▲兵庫大仏の松鶴座は京山龍丸の一座にてうかれ節▲三の宮町の朝日座は獅漢、玉五郎、島之助、守太郎、鶴之助の一座▲同社内松榮亭は八重松、小芳、若蝶、小時、湊菊、芝太郎の一座にてしん内、浄瑠璃、仁輪加▲生田神社前梅ケ枝席は八重山、島芳、小梅の一座にて貝祭文▲三の宮町三楽亭は美名本國枝、旭亭南龍の一座にて軍談講釈▲元町天神社内橋本亭は豊竹小市、小里、湊重、小松、数近、松登、美國、一造等の一座にて女浄瑠璃▲小野共進亭は都亭三楽、春川京屋、京屋小伝次、京亭三八の一座にてうかれ節

〈編者註〉桂文昇(二代目)、桂昇馬、桂団輔、桂南枝、林家しん鏡はこのころずっと神戸で活躍している。詳細は明治2821日付「神戸又新日報」の註釈参照。曽呂利新吾は東京の人で、春風亭柳鼠、土橋亭里ん馬を経て曽呂利新吾(新語)となり、のち翁千歳或は式亭三馬と名乗った。吾妻長四郎は東長次郎の誤記。芝笛の名手。具体的な芸内容は319日付「京都日出新聞」に詳しい。七月、東奴と改名している。笑福亭松光は初代笑福亭福松門人、初代松光、「かんやん」の愛称で呼ばれた。

明治2911日 扶桑新聞

◇大須桔梗座は三代目辰丸の浮れ節。富澤町富本亭は富士松魯中、同左校一座の落語と新内。

明治2912 大阪毎日新聞

◇曽呂利の初焼れ 旅から旅へ笑はせ廻ツて居た落語家の曽呂利新左衛門、新年早々から又た初笑はせに旅へ出掛る積りであつたが、爾(さて)国々へ行て女の相場狂はすは罪なり、兎も角二十九の春は当地で暮し、産れ故郷の女へもチト世辞の年玉呉れて遣るべしと脊中たゝかれて其気になり、三友派の席へ出る事になつたから、興行中出来合ふた和歌山の旅宿の娘ふく(二十)へその事いふて遣り、十日戎の景気を見がてら是非とも大阪へ遊びに来るべし、宅の番地は斯々(こうこう)といふて遣たところ(後略:おふくがすぐにやって来て、女房のお蝶が初やきもちという話)。

明治29111日 扶桑新聞

◇橋又座 名古屋外田町の橋又座にては今晩より文福、宝遊、圓玉一座の落語に加えて鶴賀升太夫の新内浄瑠璃を興行する由。

〈編者註〉文福は名古屋の桂文福。明治九年頃に名古屋に来て、そのまま居付いた。宝遊は玉ノ家梅翁門人で三遊亭宝遊。本名小林勝太郎。円玉ははじめ五代目朝寝坊夢楽門人で夢朝、四代目三遊亭円生門人となって三遊亭円玉となる。

明治29119日 大阪朝日新聞

◇風俗取締の励行 南堀江下通四丁目の日吉席にて吉田由松といふ落語家、淫猥聞くに忍びざる事を出来し顔に口走りて、席主とゝもに科料金一円の罰を受け、本田町通二丁目の松田席にて貝祭文の村上茂雄が一休一代記の題目の下に淫語を洩して是れも席主とゝもに一円づゝの科料を受けたり。仮借せずミシ〳〵とまん励行すべし。

明治29125日 扶桑新聞

◇盛豊座 今晩より福集亭當枡の一座にて明晩より音曲人情ばなし、怪談足おどり等の興行。

〈編者註〉福集亭當枡は大阪の噺家らしいが不祥。

明治29128日 扶桑新聞

◇福寿亭 本月一日以来興行中なる伯龍は殊の外の人気なるにつき、三十一日迄読み上げ、二月一日よりは小辰丸並に正徳の追善興行として、三代目吉川辰丸が例の浮れ節を打つ筈。

◇新守座 春風柳寿斎、鶴賀升太夫、富士松魯中、同左校等の合併にて大車輪となり本日午後五時より大入する由。

〈編者註〉春風亭柳寿斎は盲目の音曲師。このころ上方に現れ、三味線曲弾などを得意とした。

明治29129日 京都日出新聞

◇新京極興行案内

幾代席 桂藤兵衛一座に東京初下り清元の君蝶が加入。

笑福亭 円三、芝楽、福松一座の落語。

明治2921日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲相生町の相生座は福雀、紋三郎、多見太郎、栄冶郎等の一座にて▲楠公前大黒座はいよいよ市川左團冶の一座が乗込み巌笑を加えて来る五日頃より開場の筈▲楠社内湊亭は桂かしく、三遊亭万寿、笑福亭福太郎、桂[林家]小菊丸、三遊亭圓若、林家しん鏡、桂昇馬、笑福亭福寿、桂文昇、笑福亭福丸、桂南枝、桂團輔、笑福亭松光の一座にて落語▲同社内の菊の亭は房吉、花緑、初緑、國栄、新國、柳糸、小緑、三味線松緑、團八の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の屋亭は松の家小圓、東竹造、三味線東季丸の一座にてうかれ節▲多聞通裁判所前菊水亭は東蝶、蝶吉の一座にて仁輪加▲楠社西横手旭亭は玉田玉昇、玉田玉燕の一座にて軍談講釈▲楠社西門筋馬力亭は未定▲同福井座は中村小玉の一座にて女手踊り▲同福原口鏡亭は伊藤博雲、都亭小伝次、都亭三八、都亭三平の一座にて浮れ節▲三の宮神社境内の朝日座は鶴之助、島之助、鶴三郎、獅漢の一座にて開場の筈▲兵庫算所町の明治座は来る十日頃より開場の筈なれど俳優狂言とも未定▲兵庫湊町の湊虎亭は神田伯龍、笹井燕玉の講釈等なり

〈編者註〉

三遊亭万寿は東京の人。劇場の囃子方より転向して落語家になった。今年三月ごろに円子と改名したらしい。二調鼓を得意としたので「鼓の円子」として知られる。

笑福亭福太郎は笑福亭福松門人で、文の家かしくの実子。のち二代目かしくとなり、戦後三代目福松を襲名し

た。

林家小菊丸は、二代目菊丸の倅。明治五年生れ。菊二蝶(或いは菊蝶)から銀吾、玉福を経て小菊丸を名乗

る。明治三十四年三月十九日若死した。

笑福亭福寿は初代福松門人。詳細不祥。(二代目桂塩鯛も福松門人のとき福寿を名乗っているが、この人はそ

の前の福寿)。

笑福亭福丸は三笑亭芝楽(原田熊次郎)の実子で、佃屋白魚と名乗っていたが、京都で笑福亭福松の門に入り

笑福亭福丸と改名した。

明治2924日 扶桑新聞

◇富本席 名古屋富澤町富本席にては今晩より大阪人情噺福集亭當枡の怪談大道具早替り大仕掛にて當若、當吉、當市、當玉、美佐尾等の音曲噺ありと云う。

明治2925日 大阪朝日新聞

◇芸人の台湾行 前号の紙上に壮士役者青柳捨三郎一座台湾へ渡航しゝよし記しゝが、京都の落語家林家正団治、笑福亭福平、同吾一、三遊亭朝遊、大福屋帳兵衛の六名も一団体を組みて同行したるよし。新日本住民に笑ひの種を蒔かんとてか、兎にかく壮んなりといふべし。

〈編者註〉

青柳捨三郎は尾道で東西屋をしていたのを巡業にきた曽呂利新左衛門が弟子にした。川上音二郎の壮士芝居の旗挙げに参加したが、のちに離脱し、このころは笑福亭を根城として滑稽演説をやっている。

林家正団治は四代目林家正三門人。『落語系図』に初代、二代が併記されているがどちらかは判別できず。

笑福亭福平は初代福松門人。のち二代目桂文団治門人となり一団治を名乗る。

吾一は五代目笑福亭吾竹門人笑福亭吾市。のちオッペケペーの梅枝に入り、三代目梅枝となる

三遊亭朝遊は初代三遊亭円遊(鼻の円遊)の門人か。

大福屋帳兵衛は不詳。

明治2927日 扶桑新聞

◇寄席の同盟 浮かれ節興行権に関する行違いより、端なく浮かれ節連の乱暴となりなる結果、名古屋市内各寄席業者は、一同連合の上以後決して浮かれ節を掛けざる事となし。上町裏町の区別なく、客の多き席も少なき席も、毎夜の収入を平均して一般に割り当て、寄席業者の団結を固くしたれば、其勢い殆ど抜き難く為めに、浮かれ節連は僅かに巾下の開慶座一個を誘いて、寄席の同盟以外は立たしめ以て、該連の根拠地となす筈なれど、市中唯一個の寄席を以って多数の寄席に抵抗せんこと、到底覚束なき事なるべし。因みに本月中旬則ち舊正月には、同盟方に於いて、東京の清元お葉、同梅吉に柳派の落語古今亭今輔柳家つばめ等の一座を富本に、又東京娘義太夫の花形竹本綾之助、竹本駒之助の一座を橋又座に、其の外目下売出しの東京講談邑井貞吉をも或る席へ呼びよせて花々しく興行せん予定なりという。

〈編者註〉この二人の来名は実現していない。

明治2929 大阪毎日新聞

◇新古亭真生南京踊りで失策 落語は兎も角も舞台へ顔を見せると何となく愛嬌のあるので客受けのする新古亭真生は、何でも一番滑稽でお客の臍をよらせんと工夫を凝し、いつも落語の添へものに舞台で活溌な踊りを演つて見せるが、然(そ)う毎度同じ踊もおかしく無いと考へ、チト遅まきだが南京踊りで喝采(やんや)と云せんと思ひ、二三日前島の内の自宅であやしげな支那服を身に纏ひ、頭へは弁髪の鬘を冠つて頻りに支那人の踊り風を研究して居ると、近所の子供等が一人見付、二人見付、ヤー支那人が踊つて居ると果は大勢がワイ〳〵と騒ぎ出し、中にはイヘ支那人奴(め)撲れ〳〵と既に真生を取巻きにかゝる勢ひに、流石の大男も辟易して、此調子では迂(うっか)り舞台でも南京踊りは演られぬと推知(さと)つて、早速にお廃(はい)しとし、次なる芸道を考案中のよし。

〈編者註〉新古亭眞生は江戸生まれのいわゆる壮士の出身で、このころ宝集家金之助(音曲師)と夫婦で上方に現れ、以後多く当地で活躍した。よく肥えた体で満身に愛嬌が溢れ、風貌が大山元帥に似ているので大山大将と綽名された。落語よりも珍芸が売りであった。

明治29213日 扶桑新聞

◇福寿亭 同所福寿亭に於て同十四日より桂文福並に升太夫一座の話しか興行。

明治29214日 扶桑新聞

◇寿亭 名古屋久屋町寿亭に於いては春風柳寿斎、鶴賀升太夫、富士松魯中、同佐校、三遊亭圓玉、桂文福の大一座にて今日より音曲落語興行尚大切として一座総出にて仁和賀ありと。

明治29227日 大阪朝日新聞

◇袖香炉 今は昔、東山義政、秘蔵の香炉を袖にして寒夜鴨河のほとりにたゝずみ、千鳥の鳴く音に思ひを慰めたる由は物の書にも見えて千古の佳話とし伝うるが、身分こそ隔たれ、京都の住民にて藤原忠勝といへば如何なる公家の成の果かと思はるれど、寄席に現はれては桂藤兵衛といふ落語家、我も五十の阪を過ぎて最早や六十に手の届くべき身の、徒らに三十石の昔話に女小供の笑ひ声を乗せてのみ果つべきか、時代こそ変れ千鳥の鳴く音は昔も今も変るまじきに、寒くとも鴨河のほとりに立ちて故柳営の昔を偲ばゝやと、席果てゝのち四条磧の上車道の仮橋をほつき歩きたれど、祇園先斗町の楼々の灯火真ひるの如くかゞやきて、烟に湿る糸竹の声耳をつらぬきて囂しきに、千鳥の声はさのみも聞えず、袂吹かるゝ風に慄へて、アヽ風流は寒いものかなと嘆息しつゝ帰る道にて図りなく拾ひしは植木鉢見るやうな香炉なりけり。藤兵衛歓んで家にかへり、之れを鳴かぬ千鳥の香呂と号け、夜な〳〵聞うる按摩笛を千鳥と聞き、女房の解きし太鼓帯を鴨川の流れとながめ、蒲団着て寝たる姿を東山とはどうでおますな。

明治29227日 京都日出新聞

◇新京極の興行物

幾代席 桂藤兵衛、春風亭南柳一座の落語。

笑福亭 円三一座の落語に東長次郎の芝笛。

明治29228日 扶桑新聞

◇富本席 壮士俳優となり又は講談師となりたる夫の木村武之助は、今度三遊亭小圓朝と名乗りたる由にて、数名の落語家を引連れ不日富本席に於いて久々のお目見得する由。

七代目入船亭扇橋 今晩より富本席に於いてお馴染の曲引春風柳寿斎、鶴賀升太夫、三遊亭圓玉、桂文福等の一座と合併にて興行する由。

〈編者註〉七代目入船亭扇橋は今年ずっと名古屋で活動しているが、東京の七代目船遊亭扇橋と同人かは不明。或は名古屋の人か? 木村武之助の自称三遊亭小圓朝は不詳。本当に来たのかどうかも不明。


上方落語史料集成 明治29年(1896)3月~4月

明治2931 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲楠公前大黒座は坂東鶴之助、嵐守太郎、市川寿美之丞の一座▲相生町相生座は中村福寿、中村紋三郎、嵐守かくの一座にて▲楠社内湊亭は三遊亭万寿、桂[林家]小菊丸、林家しん鏡、桂昇馬、笑福亭福寿、桂文昇、笑福亭福丸、桂南枝、桂團輔、桂米團冶、三遊亭花遊、桂文我の一座にて落語▲同社内菊の亭は美國、かづちか、錦花、新國、國栄、美奈重、小常、三味線鶴葉、小善冶の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の屋亭は東竹冶、東竹造、三味線東秀丸の一座にて浮れ節▲多聞通裁判所前菊水亭は大門亭東蝶、信の家蝶吉の一座にて目覚まし仁輪加▲楠社西横手旭亭は桃林伯圓、桃林伯麟の一座にて軍談講釈▲楠社西門筋馬力亭は改築中▲同福井座は実川君松の一座にて女手踊り▲同福原口鏡亭は中川小伊勢一座の浮れ節▲三ノ宮神社境内の朝日座は壮士俳優今枝の一座▲同宝座は藤松、小若の一座にて新内節▲兵庫湊町の湊虎亭は石川一口、石川一碩の講釈▲兵庫算所の明治座は市川白蔵、嵐璃鳳、板東鶴三郎の一座

〈編者註〉「桂文我出席控」には三遊亭花遊の名はなく、五日より三遊亭芝太郎、笑福亭小福、笑福亭松橋が入るとある。また「三遊亭万寿改円子」とあり、このころ改名したことが知られる。三笑亭芝太郎は三笑亭芝楽(原田熊次郎)の門人で、のちに笑福亭福松門人となり福三となる。笑福亭松橋(松喬)は三代目松鶴門人で、のち二代目林家染丸を襲名する。

明治2931日 大阪朝日新聞

<此花館落成>

◇此花館 北堀江の寄席賑江亭の主人藤原重助の計画にて東区平野町三丁目に高等の寄席を建築して上流人士の楽園となすよしは先号に記しゝが、此程新築落成して之れに遊芸倶楽部此花館と名づけたり。依て来る十三日を期して開館式を行ひ、府庁吏員を始め四区長、各警察署長、参事官、府市会議員、各会社員等を招待し、落語家の茶番狂言、北陽及び堀江芸妓の手踊を演ぜしむるといふ。尚本館開場の後は三友派の落語家一同出席し、東京の三遊派及び柳派と気脈を通じ両派の芸人五名宛を代る〳〵招きて出演せしむる筈なりとぞ。

明治2933日 大阪朝日新聞

◇舌頭の罪 南区玉屋町の岡田政吉とは其本名夫(か)の軍談師石川一口は、此ほど松屋町なる生国魂神社御旅所境内の寄席北川に出席して、しかつべらしく政事類似の事を喋々と述たてたるより、臨席の巡査聴衆を解散し、一口は引致せられて取調の末金一円の科料に処せられ、席主北川も金五拾銭の科料となりぬ。駟(し)も舌に及ばざりけり。

明治2933日 京都日出新聞

◇東寿の改名披露 新京極大虎座の俄師東寿は今度師匠の名儀を継ぎ東玉と改名するに付き来る十二、十三の両日同座に於て其披露の為め京坂落語家俄師等の大寄を催ふす由。

明治2935 大阪毎日新聞

◇堺慈善共楽会 堺市有志者の発起にて今度慈善共楽会なるものを組織し、毎月一回開会し其収入を以て貧民を救助し、又愛育社へ寄付するの計画にて既に四五日前宿院卯の日座に於て初会を開き、竹本さの太夫の浄瑠璃、桂文三、桂文我、桂小南の落語、尾半小半の一座及び団九郎団之助等の二輪加を演じ又乳守遊廓の芸妓総出にて歌舞を演ぜしが、入場凡そ一千余名にて中々の盛会なりし。

〈編者註〉桂小南は二代目桂南光(仁左衛門)門人。

明治2937 大阪毎日新聞31117 大阪朝日新聞

<日清戦争戦死者追悼会>

◇落語家が戦死者の追善会 桂文屋と花丸が発起人となり文枝一座が賛助して来る十五日午前八時より難波村字鉄眼寺に於て征清役戦死者の為め一大法会を執行し、其余興として滑稽戦利品の陳列を為すとの事なれば定めて面白き趣向の多からんと云ふ。(毎日)

◇征清戦死者追悼会 落語家林家花丸、桂文哉[文屋]の二名が発起となり、桂文枝の賛成にて、来る十五日難波鉄眼寺に於て征清戦死者の追悼会を催し、余興には戦利品を題にして面白き落語の趣向もある筈。(朝日311日)

◇落語家の戦死者追悼会 落語家花丸、文哉が発起となり一昨日難波村鉄眼寺にて開きたる戦死者追悼会は来会者二百余名もありしが、模擬戦利品の中焼豆腐二丁置きて万里の長城の塁壁の片割(文哉の出品)、越中褌を三宝にのせて支那兵の旗(同人)、バケツに水を盛りて大同江の水(花丸出品)など面白き趣向なり。(朝日317日)

〈編者註〉花丸は林家花丸。初代林家菊丸の実子で、兄が二代目林家菊丸。史料は少ないが、明治二十六年の番付では西前頭三枚目(二代目桂文団治の次)に位置し、かなりの実力者であったことが推測できる。

明治2937日 扶桑新聞

◇大須福寿亭は昨晩より富澤町富本と掛持にて入船亭扇橘、鶴賀升太夫、春風柳寿斎、桂文福一座の音曲噺興行。

明治2931215 大阪朝日新聞/315 大阪毎日新聞

<此花館開業式>

◇此花館 東区平野町二丁目に新築しゝ寄席此花館は、愈明日開場式を行ひ、十五日より開業せん予定なり。芸人は東京より鶴賀若辰、三遊亭奴遊、同遊八、同円若が来り加はり、曽呂利新左衛門、笑福亭福松、月亭文都など三友派の連中悉く出勤の筈なりとぞ。(大阪朝日312日)

◇此花館の開場式 兼て記載せし平野町三丁目の落語寄席此花館の開場式は一昨日挙行せしが、来客には折詰を配与し、余興として落語家の道化事続々現はれ、最後には山村ともの新たに振付なしゝ三人三社を堀江の芸妓連が舞納めて散会したり。場中は新築の事とて頗る奇麗に出来上りぬとぞ。(大阪朝日315日)

◇此花館の会場式 今回平野町三丁目へ新築したる寄席此花館は一昨夜開場式を挙行し、来賓へは折詰を饗応して、酒間は乾女等数名を奔走させ、舞台にては館主藤原重輔の挨拶あり、余興として当舘へ出勤の諸芸人及び堀江遊廓の舞子が舞等を交々演じ頗ぶる盛況なりしと云ふ。(大阪毎日315日)

〈編者註〉鶴賀若辰は新内。「女芸人として容色には恵まれなかったが、声のよさと節回しの婀娜っぽさで高い人気を得た」(文之助系図解説)。遊八は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。奴遊は三遊亭奴遊。始め二代目三遊亭円馬門人で竹馬、のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で奴遊と名乗る。明治三十一年ごろ花遊となる。本名野村甚三郎。隻眼の音曲師。

明治29315日 扶桑新聞

◇富沢町富本座に於て明十六日夜より、五代目竹本土佐太夫が久々に改名披露後初めての出勤にて浄瑠璃興行。其顔ぶれは、土佐太夫、玉太夫、泉太夫、艶太夫、嫩太夫、浅江太夫。三味線は、豊沢新八、野沢源平、鶴沢寛寿、並みに当八歳娘義太夫豊竹巴津子等なり。

明治29316日 神戸又新日報

<湊亭席主菊野菊松の妻死亡>

◇[広告]妻たか儀豫テ病気之處養不相叶遂ニ昨十五日午後十一時死去致候ニ付此段生前辱知諸君ニ御報申上候/追テ来ル十七日午後一時元町六丁目前田庄吉方出棺城ケ口ヘ葬送致候/橘通三丁目菊野菊松/親戚 住吉利吉 同前田あさ 同 前田庄吉

〈編者註〉湊亭に出演していた噺家たちは全員裃にて葬送したらしい。「桂文我出席控」に「席元お高殿死ス 大坂西京連中みな〳〵上下ニておくる」とある。

明治29319 日出新聞

◇嚶々会 此月は第二土曜[十四日]を以て鳥居本に嚶々会の例会を開き、宍戸亀三郎、田中伊兵衛、松居勘兵衛、松居庄七の四氏入会す。余興には前席に笑福亭璃鶴が落語と盆舞、落語はお座敷風にあらず、席亭にありて替り合ましての京坂調子は聞苦しかりしが、盆舞は大きに喝采を博したり。京坂の落語家は席と座敷の区別なきは独り璃鶴に止まらず品格といふもの少しもなきは惜むべき事にて、此区別を知るもの桂の藤兵衛位ならめ。後席に東長次郎の柴笛と剱舞、柴笛は妙なり。庭中にある処の木葉十一種とり来りて之を吹くに、吟詩に初まり哇(はうた)、流行歌七八曲、君が代の奏曲を以て終る。其音喨暸(りょうりょう)として甲調のみ高き様に覚えしが、歌によりては乙調もうまく転がりて、一曲毎に拍手湧き、就中春雨の合の手には殊に一座を感ぜしめたり。次に剱舞は改良の二字を冠らせるものにて、其態度は勇壮活溌の中にも少しく演劇の態を交へて擒縦(きんじゅう)自在といふ風姿あり。舞踏中に周囲八寸余りの大竹を切放す。初め一度切損じたるも、是は舞台ならねば鴨居へ括りつけたる侭竹の根方しまらぬ為めにて、後には畳へ其侭に立たる処を切放して見事に大喝采を博したりき。

〈編者註〉笑福亭璃鶴は三代目松鶴門人二代目笑福亭璃鶴(初代璃鶴は実兄の三代目笑福亭円笑・本名河合亀太郎)。のち二代目笑福亭福松を襲名。本名河合福三郎。

明治29319日 扶桑新聞

◇大須福寿亭は明十六日晩より笑福亭八百蔵の人情講談読物は「飯田三勇士」「関東五人男」。

〈編者註〉笑福亭八百蔵は初代松鶴の弟子。後に東京で講釈師となり、名古屋の端席で十年間以上一人で興行していた。晩年はフリの前座でいたようだ。本名加藤市松。

明治29325 大阪毎日新聞

◇開業第十五年の祝宴 弁護士尾形兵太郎氏は当地に於て開業して以来恰も第十五年に相当するを以て一昨日午後六時より紳士紳商百□十名を堺卯楼に招待して祝宴を開きたり。余興には落語及び桂文三が日清戦争の軍歌に合しての剱舞等ありて頗る盛んなりし。

明治29325日 扶桑新聞

◇富本席の万歳 富澤町の富本席に於いて今廿五日晩より嵐伊呂久の万歳芝居を興行。

◇福寿亭 大須の福寿亭にては昨日より高田伯龍の昼席夜は矢張八百蔵の人情噺。

明治29329日 京都日出新聞

◇興行案内

幾代席 桂藤兵衛の一座に三遊亭円生、円左が加入。

笑福亭 笑福亭福松、笑福亭松光一座の落語。

〈編者註〉三遊亭円生は三遊亭円朝門人四代目三遊亭円生。円朝門下四天王の一人。円左は三遊亭円左。三遊亭円朝門人で明治十八年頃に初代円左となる。明治二十五年九月、三遊亭円朝が大阪の浪花座で公演した時、その一座の一人として参加した。ただこのあと円生も円左も出番が見当たらず、ちょっと寄っただけか、或は誤報か。

明治2943 大阪毎日新聞

◇故桂文枝の年回 本年は故人桂文枝の二十三年忌に相当すれば、同人の伜桂小文枝が施主にて昨日小橋村金慶寺に於て仏事を営み、桂を名乗る落語家は京都神戸よりも来会し其他同業者も参詣したりと云ふ。

〈編者註〉桂小文枝に関しては、初代文枝が「将来この子に文枝を継がせてやってくれ」と遺言したとか、初代桂文枝の隠し子だとする説がある。真偽のほどは分らないが、新聞でははっきり忰と書いている。二十三回忌の施主を本来なら二代目文枝がやるべきところを小文枝が勤めていることを思うと、まんざら噂だけではなさそうだ。

明治2948日 扶桑新聞

◇橋又座 東京富士松浄瑠璃(新内)魯中、左校、魯遊、みやこ等の一座本日より大入又昔噺桂文福、福助、琴丸一座も同日大入。

明治29414日 扶桑新聞

◇富本席 明十五日より東京新作人情噺翁家さん馬三遊派の遊輔、竹本津賀春、朝寝坊小夢、曾呂利新左、竹本津賀八、鶴澤津賀治、桂文馬の一座興行ある筈。

〈編者註〉三遊亭遊輔は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。三十一年に再び名古屋に来て一年過ごしたあと、明治三十二年に大阪へ来て桂派に所属し、長く関西で活躍した。泥棒噺を得意とし、「泥棒遊輔」の異名をとった。また「改良剣舞」という珍芸で人気をとった。病気になって東京へ帰り、明治四十一年死亡。本名末吉伊三郎。朝寝坊小夢は名古屋の幇間。明治30127日に死亡。桂文馬は不詳。名古屋の噺家か。曽呂利新左であるが、『落語系図』の桂文之助(曽呂利新左衛門)門人の項に「文楽 俗につんぼの文楽と云ふ、初め小文のと云ふ、後に新左となり其後文楽となる」とあり、この「新左」がそのように思われるが、文楽はこれよりずつと以前に改名していて年代が合わない。事実、明治29531日付「扶桑新聞」によると、六月一日から名古屋富本に「曽呂利新左」が出ているが、「桂文我出席控」をみると、六月一日より尼崎東町清水座に「桂文楽」が出席している。これを見ても明らかに別人であることが分かる。それと「新左」の名がこれ以外にまったく確認できないのも不思議である。考えられるのは新聞の書き間違い(例えば「曽呂利新右」との誤記とか)であるが、不詳とするしかない。

明治29416日 大阪朝日新聞

◇新講談 桃川如燕の嗣子桃川若燕、此程より来阪し、今十六日より七日間、道頓堀日本橋北詰安井稲荷境内日の丸座に出勤し、義士銘々伝を連夜五席づゝ読むよし。

〈編者註〉桃川若燕は四月十二日の共遊会に飛び入り参加し、赤穂義士伝勝田新左衛門の伝を読んで好評を得ている。

明治29418日 大阪朝日新聞

◇若燕は一昨夜より安井稲荷日の丸座にて新講談を開く筈なりしが、一日延びて昨夜より開場したり。前講は桃川燕八といふが「佐賀の夜桜」を演じ、若燕は「義士銘々伝」の外に最も得意の「国定忠治」を一席づゝ口演するとの事なり。

明治29419日 扶桑新聞

◇橋本座 本日夜より笑福亭八百蔵の人情講談興行ある筈。

明治29421日 扶桑新聞

◇盛豊座 今晩より講談落語研究会を興行する由。

明治29424日 大阪朝日新聞

◇桃川若燕 頃日中安井稲荷の日の丸座ににて興行中の同人は意外の大入に付き、今日より二十六日まで日延、「義士討入」より「十八ケ条申開」までを三日間に読み切る筈なり。前講の燕八は「天覧相撲」を講演するといふ。


上方落語史料集成 明治29年(1896)5月~6月

明治2951日 大阪朝日新聞

◇北の新地曽根崎橋南詰の寄席万亭に今夜より東京下り桃川若燕出勤して得意の阿部豊後守の乗切、明治侠客伝檜山等を読むよし。

◇東京にて岸沢の名人と一時評判の有た柳家妻八といふ美人(といふ程でもないが)来阪して、今夜より平野町の此花館と堀江賑江亭、千日前の相生亭は出るよし。

〈編者註〉はじめ岸の家妻八と名乗り、明治二十年代から柳家妻八となる。文久三年八月生まれ。本名吉岡(のち江幡)つね。

明治2951日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲楠公前大黒座は市十郎、團吉、守太郎、黒市等の一座▲兼て改築中の楠公西門筋馬力座は漸く落成し、昨日午後四時より開場式を挙行し本日初日の筈なるが、役者は市川小次郎、市川鯉登の一座にて例の身振狂言▲三宮町朝日座も前号記載の通り市内屏風商職工連の素人芝居▲相生町の相生座は例の福雀、紋三郎の一座▲楠公内湊亭は桂文團次、桂米喬、桂文昇、林家しん鏡、笑福亭松橋の一座にて落語▲同社内菊の亭は小市、新君、湊重、君栄、美國等の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の舎亭は吉川玉吉、同秀吉の一座にて浮れ節▲多聞通裁判所前菊水亭は東蝶、吉蝶の一座にてめざまし仁輪加▲楠公西門筋福井座は堀井女仙助の一座にて身振狂言▲同福原口鏡亭は京山恭一の一座にて浮れ節▲小野の共進亭は中川小伊勢の一座にて浮れ節▲三宮社内寶座は富士松、小若、美津吉の一座にて新内節▲同町三楽座は大竹登玉の一座にて軍談講釈▲兵庫明治座は國太郎、芳三郎、當若の一座にて▲湊町の湊虎亭は松月堂呑玉、青柳舎燕柳の一座にて軍談講釈▲日向神社の日本座は春八、玉吉、春六の一座にて東京下り面芝居等なり。

明治2951日 神戸又新日報

◇姫路の招魂祭と壮士芝居 ・・・・・坂元町福栄座に於ける東京の壮士芝居にて先頃迄は西二階町七福座と競争し居たるも、同座の仕打が金庫を引浚らい、ドロンを極めたるより今は他に競争者もなく福栄座の一本立ちの上、祭日に余興なきため、人々先を争い押かけたれば、近頃になき大入にて、昼の内から札止めでありしとぞ。

明治2952日 京都日出新聞

幾代席 桂藤兵衛、三遊亭円輔一座の落語

笑福亭 円篤、小文都一座の落語

〈編者註〉三遊亭円輔は京都へきて桂藤兵衛の門人となり桂藤龍と改めた人。新聞はまだ昔のままの名前で出している。円篤は笑福亭円篤。東京で岡本美佐亀と名乗り音曲師として人気を博していたが、後二代目松鶴の一門に入り、京都に居住した。いまは笑福亭の真打を勤めている。月亭小文都は月亭文都の秘蔵弟子。将来有望な若手だったが、明治35年に早逝した。

明治2955日 京都日出新聞/511 大阪毎日新聞

◇亡藤兵衛の追善 幾代亭の桂藤兵衛は本年恰かも前代藤兵衛の二十三回忌に相当するを以て其追善供養の為め来る九、十の両日同亭に於て諸芸大よせを為し尚九日は午前より誓願寺に於て盛なる法会を営むと云ふ。(日出)

◇京都新京極幾代席の大寄せ 故桂藤兵衛の二十三回忌に付き、今の藤兵衛が一昨日と昨日の両日間、京都新京極幾代席に於て追善の諸芸大寄せをなしたるが中々の盛況なりしと。(毎日)

〈編者註〉前代藤兵衛は初代桂文枝の事。四月二日に大阪で桂小文枝が施主となって二十三回忌が営まれたが、初代文枝の通称であった藤兵衛を継いだ三代目桂藤兵衛が改めて京都で法会を営んだのであろう。

明治2956日 大阪朝日新聞

◇露の五郎兵衛追善会 元禄の昔、辻談義、一口咄を以て其名を知られたる露の五郎兵衛と云るは、落咄家の元祖とも云ふべき者にて、京都祇園真葛ケ原さては北野あたりに小(ささ)やかなる小屋を構へて、軽口咄に聴人(ききて)の腮を解せたること物の本にも見えて、滑稽洒落に世を送り、其咄を集めたる『露の咄』『露の五郎兵衛新咄』など世に名高し。終焉の年齢六十一歳にて元禄十六年五月九日と聞えき。

 当地の落語家桂文屋、同好の人々と謀りて、来九日上の宮の蔵鷺庵にて翁の追善会を催し、余興に三題咄、一口咄等を演じ、来客者は何れも手弁当にて古今の落咄に寄せたる遊食会とし、銘々の趣向を披露する筈のよし。右につき予て露の五郎兵衛、鹿の武左衛門などのことにつき委しき東京根岸の幸堂得知翁、此の催しを賛成して『明けてまてまた〳〵露の光りかは』と手向の句を送り、また文屋が『流れくむ影はづかしや春の川』としたる発句に『やがて実のなるそら豆の花』と脇をして送り越されしよし。

明治2959日 大阪朝日新聞

◇曾根崎橋南詰の万亭にて講演中の桃川若燕は、昨夜より「関西侠客伝」小林佐兵衛の伝を一席づゝ加へ演ずるといふ。

明治29512 大阪毎日新聞

◇東区軍人慰労会 …余興には少年音楽隊大阪音楽会の奏楽此花館出席三友派落語家の手踊岸沢妻八の音曲、三代松外十六名の住吉踊其他模擬店の催し等ありて頗る盛会なりし。

明治29516日 扶桑新聞

◇富本の人情噺 今十六日の夜より富澤町富本席にて笑福亭八百蔵の人情噺。読物は「吾妻名所小金井小次郎伝」「寛政譽仇討加田弥次郎伝」なり。

明治29524 大阪毎日新聞

◇福松の艶福 三遊亭[三友派]中の花形と人気湧くが如き笑福亭福松(三十五)は、家におはつと云ふ垢抜のした女房を控へて居ながら、左右も浮気の虫が承知せず、折々意気な噂の聞ゆる中に、新町花菱屋の乾娘のお春(三十七)と云ふ美形と何時の間にやら嬉しい交情となり、席へ出てお手製の艶話を遠慮なしに振撒くとは夢にも知らぬ客人は、今の話は怎麼も真に逼つて居ると首を傾むけて感心するとは憐れにも亦お芽出たき沙汰と云ふべし。(後略)

明治29526日 京都日出新聞

◇東ン貴の改名披露 新京極ふくべ座の俄師粟亭東ン貴は今度初春亭新蝶の名を相続する事となり是れが披露の為め本日より二日間諸芸大よせを為す筈にて大阪より同業者多数来会すると云ふ。

明治29527日 大阪朝日新聞

◇近眼(ちかめ)の糊紅 二三日前の夕方、高津四番町に住居の三友派落語家桂梅鶴方へ、同じ仲間の曽呂利新左衛門が訪問(おとず)れ、土竜(もぐら)が庇合(ひあい)から太陽を見るやうな近眼にて「今日は」と云ば、梅鶴も同じく近眼にて顔は分らねどその声音(こわね)にてそれと察し、「オヽ師匠だすか、丁度よい処ぢや、今日或る処から新茶の玉露を貰ふたさかい一煎入れませう」との言葉に、下戸の曽呂利悦びて座に着けば、梅鶴は女房に対ひ「姉さんも呼んでお上」と云ふを、曽呂利は傍から「姉さんとは何処のぢや」と問ふ。「なアに隣のさ」と云つゝ、女房の出たる留守に、梅鶴火鉢の抽斗から紙袋に入れたるを取り出し、薄暗りのまゝ茶盃引寄せて新茶を入れ、二人で服みながら隣の女が来るを待てど一向来ず、夫(それ)もよいが自慢の新茶変な臭(かざ)がして玉露らしうないに首を捻り、「何や此茶はさつぱり香(かおり)がおまへんなア」「サア私も先刻(さっき)から左様(そう)思うて居る」と不審がつて居る処へ、隣家の女が梅鶴の女房と二人で来り、「オヽ暗(くら)、梅鶴さんお使ひで有難う」と挨拶するうち、女房は燐寸を摺て洋灯(らんぷ)を点し、二人の顔を見るよりきやつと叫びて飛び退けば、隣家の女も顔色変て逃げ出す騒ぎに、曽呂利、梅鶴の二人は呆気に取られて「何うしたのぢや」と問ば、「貴方等(あんたら)二人は毒薬を飲んで男同志情死をする積りぢやろ」と云れ、二人はますます不審に堪へず、「なんの阿呆らしい、気でも違やしまいし」と云ふに、女房安心して、鏡取り出し二人の顔を写して見すれば、二人とも口の傍(はた)血に染めて毒薬でも服みて血を吐きたる如くなれば、是はと二人始めて驚き、吐血の原因だんだんと調べて見れば全く梅鶴が新茶と間違へ蘇枋(すおう)の削りたるを煎じて服たるものと知れて大笑ひ。

〈編者註〉笑福亭梅鶴は三代目松鶴の弟子。のち二代目勝鶴となる。

明治29530日 京都日出新聞

◇新京極案内

幾代席 桂藤兵衛、遊輔[円輔の誤記]一座の落語。

笑福亭 小文都、三栄一座の落語。

西陣福栄座 円篤、木鶴、松橋一座の落語。

〈編者註〉木鶴は二代目笑福亭木鶴。二代目笑福亭松鶴門人で、明治十三、四年ごろ二代目木鶴となる。新京極笑福亭の真打格を勤める。

明治29531 大阪毎日新聞

◇演芸友楽会 今回更に設立したる同会は今明の両日午後一時より南地演舞場に於て其発会式旁々開会する由。演芸の番組は落語、御祝儀(桂小枝)、素人車(桂文屋)、幇間穴探(三遊亭花遊)、初音の鼓(新古亭真正)、虱茶屋(桂文三)、三十石(桂南光)、素人茶湯(翁家さん馬)、孝女の鏡(桂小文枝)、吹寄(桂文枝)、お元違ひ(三遊亭円馬)、音曲、岸沢千両幟矢倉太皷曲引(宝集家金之助)。(編者註:浄瑠理、芸妓の音曲、舞その他。省略)

〈編者註〉共楽会と同じ趣旨のことを南地演舞場で開会したが、これ一回きりであったようだ。噺家は共楽会同様桂派から出ている。

明治29531日 扶桑新聞

◇富本席 六月一日より三遊亭遊輔、奴遊を聘し、此に朝寝坊小夢、曾呂利新左、桂文福、桂文馬外に子供浄瑠璃の豊澤巴津子其三絃は豊澤新八等を差加へ興行。

明治2961日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲楠公前大黒座は市十郎、團吉、又五郎、守太郎、獅漢、素見之丞、玉五郎、我之助、市枡、市蔵等の一座▲楠社境内湊亭は柳家妻八、曾呂利新左衛門、桂梅團冶、桂團輔、同[林家]小菊丸の一座にて落語▲同社内菊の亭は湊重、操、初緑、今緑、小緑、三味線海老蔵、松緑の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の舎亭は吉川美津女、京山花丸、三味線京山小桜の一座にて浮れ節▲同社内西門脇にて東京下り岸綱太夫の一座にて軽業▲同社西門筋馬力亭は市川小次郎の一座にて女手踊り▲同福原口鏡亭は京山京虎の一座にて浮れ節▲橘通栄亭は玉村岩山、玉村久山、玉村八重定、玉川吉三の一座にて貝祭文▲西門横手旭亭は四海亭一天、笹井燕玉の一座にて軍談講釈▲相生町の相生座は壮士俳優松尾次郎、松永清、高橋雄義、小林定之、赤松久雄、藤井正雄、山田芳太郎、武内登の一座▲裁判所前菊水亭は東蝶、吉蝶の一座にて改良めざまし仁輪加▲楠公西門橘通四丁目に大蛇と虎の観物▲同社西門横手に亀女鶴女の一座にて水潜り▲三宮社内朝日座は市川福枡、中村橋次郎、嵐巌若、中村芝太郎、尾上卯之助、市川左代次、中村蔵之助の一座▲同社内寶座は富士松、小若、同若君、同若亀、鶴賀八重松、岡本美津吉、富士松若益、岡本小美末、岡本美津留、竹本小登喜の一座にて新内節▲同町三楽亭は藤井南龍、尾崎西海・・(難読)・・・軍談講釈▲小野共進亭は廣澤菊丸

〈編者註〉桂梅団治は二代目桂文団治門人。浪花三友派の中堅として活躍し、一時期桂屋鴈篤と軽口のコンビを組んでいた。

明治2961日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席亭御旦那方の御引立に依り毎々大入好評を得一同満悦の至り存候。就ては當六月一日より従来の一座へ曾呂利、妻八、梅團治の新顔を差加へ興行仕候間、舊に倍し賑々しく御光来の程奉待候/楠社内湊亭

明治29617日 大阪朝日新聞

◇[広告]今回小生御当地ニテ永ク営業仕度、左ノ番地エ移住仕候間、御愛顧ノ各位一層御引立之程偏ニ奉希望候。/西区立売堀裏町七拾八番屋敷/大講義若林義行事松林伯円

明治29630日 大阪朝日新聞

立花家橘之助は久しく東京に戻つて居りしが、今度また当地に来り、明夜より平野町の此花館と堀江の賑江亭、千日前相生亭に出勤するよし。

明治29618日 扶桑新聞

◇橋又座 今晩より三遊亭遊輔、同奴遊、朝寝坊小夢、曾呂利新左、桂文福、同文馬の一座にて今様音曲人情昔噺興行。

明治29621日 大阪朝日新聞

◇東京の落語家三遊亭円喬、喬之助を連れて京都に来り、昨夜より新京極幾代席に出勤せり。不日当地にも来る筈なりと。

〈編者註〉三遊亭円喬は四代目橘家円喬。喬之助は円喬門人で橘家喬之助。十三歳の少女で、この年初めて上方へ来た。後年上方の芸人となり女道楽で人気を博した。本名畑中マス。

明治29621日 京都日出新聞

◇円喬と喬之輔 東京の落語家橘家円喬は其娘喬之輔と共に来京本日より新京極幾代亭に出席するよし。

明治29624日 京都日出新聞

◇幇間演劇 祇園新地幇間連の催ふしにて明二十五日より三日間毎日正午より四条南座に於て素人演劇を興行する由芸題は仮名手本忠臣蔵大序より七段目まで七段目は新京極幾代の落語連中にて演ずる由にて重もなる役割は高師直、薬師寺治郎右衛門、千崎弥五郎(夢助)塩谷判官、一文字屋お才(梅八)桃井若狭之助、石堂左馬之丞、斧定九郎、女房おかる(光吉)顔世御前、梶川与惣兵衛、竹森喜多八、ぜげん善六(丈八)足利直義、茶道珍斎、原郷右衛門(三七助)大星力弥、駕屋棒八(丈吉)鷺坂伴内、斧九太夫、与市兵衛、おかや(花助)早野勘平(梅玉)大星由良之助、加古川本蔵、腰元おかる(花咲)七段目大星由良之助(藤枝)斧九太夫(藤兵衛)力弥(小とき)千崎弥五郎(藤原)矢間重太郎(柳三)竹森喜多八(藤朝)鷺坂伴内(いく代)おかる(藤吾)平右衛門(枝太郎)幇間弥八(藤弥)一力亭主(柳枝)等なりと

〈編者註〉

藤枝は前名小文吾。藤兵衛の門人となって藤枝と改名した。「らくだ」で有名な後の名人四代目桂文吾であ
 る。

藤原は三代目笑福亭松鶴門人で璃鶴から小松鶴となり、のち桂藤兵衛の身内となって桂藤原と改名した。のち
 藤原年史となった人。

柳三は三代目松鶴門人笑福亭柳三。

柳枝は曽呂利新左衛門門人で桂柳枝。極度の近眼で、「眼鏡屋」と綽名された。

藤朝、藤吾、藤弥(藤弥太ヵ)はすべて藤兵衛の弟子と思われるが詳細不祥。

明治29627日 京都日出新聞

◇嚶々会 過る火曜日(二十三日)京都倶楽部に於て嚶々会の例会を開き…余興には落語家円三がタワイもなき浮かれ調子の落語に一座の腹を抱へさせ、円篤と美名亀親子が曲弾には手を打て感称したりとぞ。

〈編者註〉笑福亭円篤は噺家になる前は岡本美佐亀と名乗って曲引をやっていた。美名亀は娘。親子で相高座を勤めることが多かった。


上方落語史料集成 明治29年(1896)7月~8月

明治2971 京都日出新聞

幾代席 桂藤兵衛、橘屋円喬一座の落語。

笑福亭 円篤、青柳捨三郎一座の落語。

明治2971日 扶桑新聞

◇関本座再建の事 岐阜市今小町なる岐阜郵便電信局前の元関本座を再建せんと目下普請中なり。

明治2971日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲楠公社前大黒座は市十郎、守太郎、素見之丞、又五郎、助五郎、獅漢、黒市の一座▲相生町相生座は修繕中して休み▲三宮朝日座は福枡、新昇、珊之助等の一座▲楠公内湊亭は桂團輔、桂南枝、笑福亭福松、東奴、三省[笑]亭芝楽の一座にて落語▲同社内菊の亭は数千加、新國、初緑、玉枝、今緑、小緑、松緑、三味線海老蔵の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の舎亭は廣澤菊三、京山峰丸、廣澤菊丸、三味線廣澤雪女の一座にて浮れ節▲多聞通裁判所前菊水亭は市丸、小勢、團雀、双子、東冶、市楽、馬車八、東蝶の一座にて仁輪加▲楠公西門筋福井座は坂東のし冶の一座にて身振り狂言▲福原口鏡亭は廣澤虎勝、楽賀女の一座にて浮れ節▲葺合村小野共進亭は京山恭虎、京山小圓の一座にて浮れ節▲楠公横手旭亭は四海亭一天の一座にて軍談講釈▲兵庫算所町の明治座は未定▲日向神社内日本座は尾上芝為、笹川廣丸、阿波亭東司の一座にて仁輪加▲湊川中橋下中道亭は双木舎東林の一座にて軍談講釈▲湊町の湊虎亭は立川燕入、玉田玉芳斎の一座にて軍談講釈▲三宮社内寶座は富士松小若、若君の一座にて諸芸大よせ▲三宮町三楽亭は藤井南龍、尾崎西海の一座にて軍談講釈▲元町天神社内は自由軒南光、同南右の一座にて軍談講釈

明治2971日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席亭御旦那様方の御引立に依り毎々大入好評を得一同満悦に存候。就ては當七月一日より従来の一座へ笑福亭福松、東長次郎改め東奴、三省[笑]亭芝楽の新顔を差加へ興行仕候間、舊に倍し賑々敷御光来の程奉待候/楠社内湊亭

明治2972 大阪毎日新聞

◇全亭武生と立花家橘之助 此程東京より来阪したる冒頭の両人は昨日より平野町三丁目の此花舘と北堀江の賑江亭とへ出勤し、橘之助は久々で美音と愛嬌をふり蒔と云ふ。

〈編者註〉全亭武生は明治17年ごろ三遊亭円喬を名乗って上方に現れた永瀬徳久。のち様々に改名したあと明治281月に東京へ帰って全亭武生と改名した。明治263月ごろ立花家橘之助と名古屋へ駆け落ちし、その後行動を共にしている。

明治2972日 扶桑新聞

◇西栄座大入景況 開場したという記事で、当日の見物は約三千五百人以上であったという。

明治2973日 扶桑新聞

◇富本席に於ける海嘯変災慈善演芸会は一昨日は大人気にて四百余入席し木戸締切りたる程なりき。又今晩朝日連唄女の手踊りは「角兵衛、どんつく、菖蒲浴衣」等あり。

明治2975日 扶桑新聞

◇落語と幻燈 今晩より下園町盛豊座に於て都福枝一座の落語と幻燈の興行。

〈編者註〉都福枝は手品師で、一時福松の弟子で、笑福亭福枝と名乗った。

明治2977 大阪毎日新聞

◇落語家の義捐興行 東区内本町三丁目平林席にて今明両夜間落語家の海嘯義捐興行をなし大奮発のお喋舌を聞かせるよし。其顔触は文枝、小文枝、真生、金之助、円馬、三馬、南光、文三、明楽等なり。

〈編者註〉式亭三馬は東京の噺家。春風亭柳鼠、土橋亭里ん馬を経て曽呂利新語となり、上方に来て翁千歳、式亭三馬と名乗った。晩年帰京して式亭寿楽と改め講談を演じたという。明治四十二年没、本名諏訪部伊之助。

明治2978 大阪朝日新聞

<笑福亭松右衛門死亡>

◇[死亡広告]実父笑福亭松右衛門義死去仕候間此段同人生前辱知諸君ヘ謹告ス/明治廿九年七月八日/桂文屋
〈編者註〉松右衛門は笑福亭松右衛門。二代目笑福亭松鶴門人で軽口の名手。桂文屋の父。

明治29716日 大阪朝日新聞

◇東京の松林伯円、昨夜より曾根崎新地裏町の寄席に出で、中山実記、安政三組盃、台湾鬼退治を読むといふ。

明治2971721日 大阪毎日新聞

◇東海諸国海嘯被害 義捐金報告16日正午迄の分)*桂派連中

   金五円 文金三円五拾銭 明学、さん馬、南光、金之助、円馬、小文枝/金三円 文三/金二円 燕枝、万光、花丸、真生、談枝、梅枝、枝雀、正楽/金一円五拾銭 柏枝、福助/金一円 三五郎、文屋/金三円 金沢亭、幾代亭/金二円 瓢亭、遊芸亭

◇東奥諸国海嘯被害  義援金報告20日正午迄の分) *三友派連中

金一円 笑福亭福松、月亭文都、曽呂利新左衛門、桂文団治、立花家橘之助、全亭武生/金五拾銭 式亭三馬、三遊亭遊橋、三遊亭円若、桂米団治、桂米喬、桂文我、桂梅団治、笑福亭梅鶴、桂かしく、笑福亭松光、月亭小文都/金三拾銭 立花家橘楽、桂文楽、桂米朝、桂松団治、笑福亭福太郎、笑福亭三代松、笑福亭松馬、笑福亭福雀、叶福助、囃子五名/金一円五拾銭 相生亭、常盤亭、此花館、賑江亭/その他各席亭従業員(略)

〈編者註〉六月十五日、岩手県釜石の東方で巨大地震が発生し、北海道から宮城県にわたり大津波に見舞われ、行方不明者約22,000人の犠牲者を出した。新聞社は義捐金を募集し、義捐者一人一人の名前と寄付額を連日紙面に掲げた。その中から落語関係のものを抜きだしたものだが、図らずも噺家の序列を現していて興味深い。両派を通じて、桂文枝はやはり飛び抜けた存在であることがわかる

明治29717 扶桑新聞

◇落語家曽呂利新佐衛門は来月上旬、岸沢妻八、桂梅團冶、三遊亭圓子、桂花遊等と共に大阪より来り、富澤町富本席に於て興行する筈。

明治29723 大阪毎日新聞

◇幾代亭の東京落語 来る三十一日の夜より淡路町の幾代亭へ顕はるゝ東京落語の一座は橘家円喬はじめ清元喬之助(十三)三味線しめ其他五人なりと。

明治29722日 大阪朝日新聞

◇[広告]今廿二日限り休席仕、来る卅一日より東京連中にて向ふ二週間臨時興行仕候間、不相変賑々敷御来光の程伏して奉希望候/せんば幾代亭

明治29726日 京都日出新聞

◇海嘯救恤義捐金 一金五円八十銭 新京極幾代連中  内訳:金一円五十銭  金井芳松、 金一円 桂藤兵衛 金三十銭宛 桂枝太郎、柳枝、藤誠、藤竜、藤枝、藤原、藤吾、藤扇、笑福亭柳三、はやしうの、仝きぬ。

〈編者註〉615日に岩手県に発生した三陸沖大津波の義捐金

藤竜は四代目三遊亭円生の門人三遊亭円輔。明治二十三年に東京から円生と共に来たが、円輔はそのまま京都に留まり、桂藤兵衛の新京極幾代亭に腰を落ち着けた。のち藤兵衛の弟子となり、明治二十五年二月に海立亭龍門と改名し、さらに桂藤龍と改めた。藤誠ははじめ六代目桂文団治門人で文如、のち桂藤兵衛門人となり、明治二十七年五月、桂藤誠と改名した。

明治29727 大阪毎日新聞

◇講談師の改名 当地講談師松月亭呑玉は今度二代目松月亭呑竜と改名。

明治29731日 扶桑新聞

◇富本は明一日より久々に曽呂利新佐衛門一座出勤、其面々は曽呂利新佐衛門、東西庵南北、桂文楽、桂梅團冶外三名との事。

明治29731日 神戸又新日報

◇菊水亭の風流仁輪加 裁判所前の寄席菊水亭にては今三十一日より茶遊、小勢、田楽、新遊、小半、尾半の一座にて風流仁輪加というを演ずるよし。風流とは抑もどんな事ぞ。

明治2981日 大阪朝日新聞

◇東京の落語家三遊亭円遊来阪し、来る五日より平野町の此花館、堀江の賑江亭等へ出勤し、松林伯円、立花家橘之助、三遊亭円若等と一座するよし。

◇講談師松月堂呑玉、今度大師匠の名を継ぎて呑竜となり、今日より生玉の旅所と御霊裏の席へ出勤。

明治2981日より 九条たらちね会会報(「上方落語」昭和313月号)

◇堺天神座 桂文團治、同米喬、同松團治、かつら小團、東京初下り三遊亭團治、笑福亭梅左、月亭小文都、桂文我、月亭文都

〈編者註〉笑福亭梅左は二代目梅鶴(後の二代目勝鶴)の弟子で、後の三代目梅鶴。

明治2982 大阪毎日新聞

◇曩に名高き東京の鼻鹿三遊亭円遊は今度来阪し、本月五日より平野町の此花館、堀江の賑江亭へ出勤し大愛嬌の鼻を振まはすよし。

明治2982日 扶桑新聞

◇落語家曾呂利 曾呂利新左衛門は富本席を打上げ次第上京し、同地より帰阪の折又々名古屋市に立ち寄り、東京大坂の腕利き芸人及名古屋の芸人をも加えて富本席に興行し、且つ愛知郡織豊村なる豊公の社の側に、先代曾呂利新左衛門と自己の碑を建設する由。発起人は富本席主人外数名なり。

明治29811日 大阪朝日新聞

◇遊芸会 今十一日より十五日まで五日間毎日外題換にて新町婦徳会場にて小楠公五百五十年祭典寄附の為め遊芸会といふを催すよし。初日の番組は落語(橘家円晴)、同(全亭武生)、清元神田祭(橘家喬之助)、三都浮世節(橘家橘之助)、人情噺し業平文治「五日間読切」(橘家円喬)、講談嗚呼忠臣「五日間 読切」(伯円)、浄瑠璃梅川忠兵衛新口村の段(竹本越太夫)、舞ながしの枝(溝口璃笑)。

〈編者註〉溝口璃笑は鯉昇で後の紋右衛門と思われる。

明治29811日 扶桑新聞

◇福寿亭は今十一日より曽呂利一座が掛持出勤との事。

明治29814日 扶桑新聞

曽呂新は富本福寿亭掛持興行打揚后、明后十六日朝東京へ向け出発日光参詣とは愉快。

明治29819日 大阪朝日新聞

◇芸人大寄 明後二十一日より向ふ一週間、南地演舞場に於て東京の落語家三遊亭円遊、橘家橘之助、講談師松林伯円等の諸芸大寄を催すよし。

明治29822日 岐阜日日新聞

◇当市柳ケ瀬町の劇場三栄座は、今回、美園町の加藤佐七と云うが一人にて引き受けて修繕を施し、座名を旭座と改称し、今二十二日より岡本美狭鶴一座の説教源氏節を興行す。

明治29826日 大阪朝日新聞

◇名披露目会 講談師呑玉、今度松月堂呑竜と改名したれば、来る二十九日南地演舞場に於て名披露目会を催す筈。出席芸人は義太夫にて津、呂、俳優にては我当、源之助、俄にて団十郎、落語にて桂文枝等なりとぞ。

明治29827日 扶桑新聞

◇富本席 橋又座と掛持にて興行なり居りし桂藤兵衛は愈々九月一日帰京するに付き名残として富本席に於て二十七日より三日間興行する由。


上方落語史料集成 明治29年(1896)9月~10月

明治2992 大阪毎日新聞

◇幾代席と此花館 幾代席は例の通り八月中暑中休業なし居りしが、更に昨一日より例の文枝一座真生、金之助、円馬を加へて開場したり。此花館も同様昨日より開場せり。一座は例の三友派。

明治2993日 京都日出新聞

◇笑福亭 新京極笑福亭は在来の落語一座に橘家円三、式亭三馬等を加へて一昨日より興行せしに非常の人気にて毎夜大入なりと。

明治29916日 神戸又新日報

◇相生座崩る 昨日午前十一時三十分市内相生座町は俄然崩壊し、其中央より舞台後面へ懸け折れ挫ぎし如く、屋根諸とも奈落へ落ち込みしが、其響きの甚だしかりしより四隣の驚き一方ならず斯と聞いて、兵庫署よりは藤森署長平野、原、鈴木の三警部巡査並びに市役所よりは石川助役、青木書記、警察本部よりは片山衛生課長、神戸病院医員を率い井上保安課長と共に出張し救護に尽力したり。元来同座は過日来の霧雨の為め修繕中にも拘らず地盤ゆるみ就中楽屋と舞台との間、廻り舞台の両側に立てふる柱の如きは地下へ一尺四五寸もめり込みしかば、昨日兵庫西宮町の手伝職京瀧房太郎、永澤町の竹中仁作、水木通り酒井治郎平(三十九)の三名が東側の柱ジャキ六台にて巻上げ居るるに柱は頓て、一寸二三分も上りしと覚しき頃、如何にしける柱の東方へ倒れると共に、前記の如く恐ろしき音して梁折れ柱砕けて、同座舞台の屋根は残らず崩壊して地層の下に堕落したるなりと。當日同座に入りて働き居たるは以上の手伝職および大工左官等にて九名なりしが、其中逃損じて負傷せしは兵庫佐比江町の大工職澤田万次郎(五十一)が前頭部と背中、中道通二丁目左官職山田松次郎(三十)は後頭部と左の足、手伝業酒井次郎平が右の足にて次郎平の傷は尤も重く、取敢ず近傍の医師河本後進氏の治療を受けたる上神戸病院へ入院せしめたり。同座は兵庫の澤野定七氏外数名発起の演劇改良会社所有にて、二十五年の建築に係る三階西洋建て間口十八間奥行二十二間工費七千余圓を要せしものなるが、不幸中の幸なりしは閉業中なりしと。且つ梁桁屋根瓦等は一切奈落へ向け落込みし為め、少しも四隣へ損害を与えざりし事なり。崩壊後は直ちに数多の人夫を使役し危険物取除きに着手したりと。

明治29919日 京都日出新聞

◇京都府下水害救恤義捐金 一仝[金一円] 大宮寿座東京怪談師 福集亭当桝

〈編者註〉830日に発生した福知山の豪雨被害の義損金

明治29925日 大阪朝日新聞

◇円若掏摸に迫る 音曲噺しに得意の美音を振廻す愛嬌者三遊亭円若が、二三日前或贔負客に呼れて南地阪町のふじ近といふ茶屋に行き座敷を勤めての帰るさ、午後六時ごろ一杯機嫌で道頓堀相合橋を渡らんとする処へ、向ふより来掛りたる二十二三の掏摸、夕暮の薄暗りに落語家とは心付かず、紋付羽織に黒の山高帽子を被つて居るは相応に踏める紳士と、行違ひさま傍に摺寄り、帯の間に挟みたる時計を取らんとして不図顔を見れば寄席の高座で見覚えのある落語家なれば、何だ詰らないと呟きながら奪り掛たる手を放して行過ぎんとするを、円若は遽て呼び留め、「モシ〳〵一寸お待ち下さい」と云ふに、掏摸は立留り、「未だ何も取らぬから宜いぢやないか」と云棄て行かんとするを引留め、「サア其取て下さらぬのが行ないです、私も東京から来て居る落語家です、掏摸に軽蔑されたと有ては落語家仲間の面汚しですから、何卒我慢して時計なりと烟草入なりと取て下さい、それとも生がよけりやア懐中にお客から貰つた御祝儀がありますから何なりとお気に入つたのを取つて下さい、後生ですから」と頼むに、掏摸は頭を掻き、「油断を見て奪るが此方の商売にて、左様頼まれては取り憎い」と云と、円若承知せず、「掏摸が商売で居ながら取れぬとは卑怯ぢやありませんか、是非奪つて下さい、お願ひです」と、袂を捕へて放さぬにぞ、掏摸は特務にでも来られては堪らぬと無理に振切て逃去りし後姿見送り、エヽ慾のない掏摸だ。

明治29926日 扶桑新聞

◇寿亭 久屋町の寿亭は今晩より東京新講談松林圓窓が出勤し、「東海噂白浪」「宇都宮釣天井」を読むとの事。

明治29930日 京都日出新聞

◇興行案内

幾代席 桂藤兵衛一座の落語。

笑福亭 三馬、円徳[円篤]等一座の落語

明治29930日 神戸又新日報

◇西の宮演劇場の移転 同町の内濱東町二丁目なる松村熊治郎所有に係る演劇場仕立座は、多見蔵、右團冶等が屡興行せし程にて可なりの劇場なりしが、歳月を経ると共に追々老朽ち、其用を為し難くなりしゆゑ近来はほんの小物のみ興行して居りしに、本月七日以来の水害にて地盤処々に堕落を生じ、到底物の役に立たざるのみならず頗る危険の恐れあるより、今度大阪天満寿座座主小林音吉が金主となり、停車場前なる松原神社の東隣りへ移転し、一万圓の予算を以て改築する事となり一昨日其筋へ出願したりと。

〈編者註〉移転した小屋は、西宮戎座と改称する。

明治29101日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲楠公社前大黒座は仙昇、長太夫、守太郎、菊治郎等の一座▲楠公内湊亭は桂米團冶、桂小文都、笑福亭梅鶴、三遊亭圓子、林家しん鏡、林家扇枝、笑福亭福松、笑福亭小福、桂文昇、笑福亭璃鶴、笑福亭小菊丸、桂團輔の一座で落語▲同社内菊の亭は小常、光艶、湊重、湊菊、愛吉、数千加、清菊、三味線團八の一座にて女浄瑠璃▲同社内菊の家亭は吉川秀吉、玉川玉吉の一座にて浮れ節▲同社西門筋の馬力座は仙輔、徳松、秀花、雁雀、小松、角六、駒菊の一座にて身振狂言▲同福井座は吉田菊五郎の一座にて手品▲福原口鏡亭は京山三玉、廣澤菊次、京家小三、宮川大輔の一座にて浮れ節▲多聞通裁判所前菊水亭は三蝶、田楽、新遊、半子、半玉、尾半、尾花、小三、三好、市蝶、小半の一座にて仁輪加▲三宮神社内朝日座は片岡我童、嵐市三郎、中村芙雀、市川右枡、市川福枡、尾上右之助、中村義之助、嵐芝雀の一座▲同社内寶座は團吉、小時、美津吉、吾一、光松、小若、柴次郎、若君の一座にて新内、昔ばなし▲兵庫算所町明治座は目下相談中にて未定▲湊町の湊虎亭は石川一口、同一石の一座にて軍談講釈▲西田町日本座は片岡我昇、嵐栄治郎の一座

〈編者註〉林家扇枝は明治十年頃名古屋に記録があり、明治13年の番付「楳の都陽気の賑ひ」にも「愛知 林家扇枝」とある。しかし十五年余も経っており、別人かもしれない。

明治29107日 大阪朝日新聞

◇女夫(めおと)蕎麦 二三日前の夜の事なりとか、平野町の此花館と堀江賑江亭に出て居る落語家三遊亭花遊が、此花館を済して賑江亭へ廻る途中、西長堀の宇和島橋を通り掛ると、(中略:ここに夜なき蕎麦屋が荷を下しているので花遊は注文し、小床几に腰を掛けながらみていると、根っからの商売人とは見えぬ若い夫婦、訳を聞いてみると米相場に失敗して親の身代を潰し、切羽詰って慣れぬ屋台を引いているが、新米の悲しさ、夜通し稼いでも二十銭か三十銭の儲けしかないと口説きければ、花遊は同情し、一円の蕎麦代を与えてそこを立ち去り)賑江亭の勤めを済して新町の家(うち)へ帰りしに、女房は小山席の芸妓にて、今も尚出て居る女(おなご)とて、花遊の話し真(まこと)にせず、落語家の分際で一杯一円の蕎麦を喰(たべ)るには仔細があらうといやに嫉き立て、仕舞付かねば、夫ほど疑ふなら明日其家へ一緒に行き実地を見届けたら宜いぢやないかと、次の日二人で竜造寺町へ尋ねて行くと、聞しに勝る哀れな有様に、女房も成程と合点し、嫉妬損(やきそこな)ひの罰金としてまた若干(いくら)か恵み与へて立帰りしといふ。

明治29108 大阪毎日新聞

◇曽呂利の洒落から引幕 只の曽呂利で月を観ては先祖の新左衛門に対して吩疏なし、何とか趣向を仕たいものと観月の当日首捻つていたは落語家中での愛嬌もの例の曽呂利新左衛門なるが、所へ同じ仲間の文屋を連れて、師匠在宅かなと遣て来たは船場の甘川といふ呉服屋の主人なり。(後略:甘川は枝豆売り、文屋は辻占売り、曽呂利は相撲の勝負付売りに扮して中村鴈治郎の別荘へ行く。鴈治郎は枝豆売りと辻占売りは本物と思い込み三円渡す。三人はとりあえずそれを頂いて返るが、のち鴈治郎に立派な引幕をあつらえたという話)。

明治29109 大阪毎日新聞

◇百鬼夜行会の催し (前略)当地の曽呂利新左衛門、三尺軒文也、台徳寺逸休なんど称る好事家発起人となり、一昨夜中寺町高津表門北へ入東側の蓮成寺にて百鬼夜行会といへるを催し、剛なるものゝ口ばかりならぬ実例を示せしぞいみじけれ。さてその世話掛は此花館関人(せきんど)、中川芦月、吾妻堂にて、中村鴈次郎、亀山一山、七宝亭、福寿堂を始め九梨園、柳原桐丸の二宗匠賛成員となり、当地の狂歌連中悉く出席し、京都の通士西行庵、小文子も腕叩きながら出席したり。当夜は落語家の月亭小文都、桂かしく、式亭三馬の三人代る〳〵得意の怪談を演じ、大いに座上の凄味を添へ、又出席者も各自見聞したる所の怪談を灯火ほの暗き所に演じ合ひ、庭木に腥き風渡りて、鐘の音陰に籠る頃抽籖して東北なる大広間へ順次に赴き、経机の上に居たる百灯の灯心一本づゝ消して帰る都合なりし。(後略)

明治291015 大阪毎日新聞

◇堀江賑江亭の祝宴 北堀江の同亭は開場以来十五周年の星霜を経て益々隆盛なるを祝し、来る十九日午後六時より其祝宴を催すと云ふ。

◇百物語 此ほど中寺町の蓮成寺にて百鬼夜行会なるものを催したる由は前号に記し置しが、今また晴雨を論ぜず明十六日の夜八時より中寺町地蔵阪北へ入る蓮成寺(寺門に牡丹灯籠の目印あり)にて百物語を催すとの事。発起人は中川芦月、上田耕甫、九梨園、庭山耕園、喜多暉月、八尾安太郎、座光寺耕嶺、早川逸休、曽呂利新左衛門、桂文屋、井上芦仙、紅山素鳳の諸氏にて、来会者は酒気を帯る事を禁ずる由なり。

明治291016日 大阪朝日新聞

◇開業十五年祝 北堀江賑江亭にては来る十九日、市内の重立し人々を招待して開業以来十五年の祝宴を開き種々余興の催しあるよし。

明治291017 大阪毎日新聞

◇改名披露会 今回講談師呑玉が呑竜と改名したるに就き本日午後一時より改名披露会を南地演舞場に於て開き席上我当、時蔵親子、橘三郎、鴈次郎、延三郎、巌笑、右団治、文枝、小文枝、文三、南光、曽呂利、かしく、伊達太夫、春子太夫、大隅太夫、津太夫、南地五花街及び新町、堀江等の芸妓数名各自得意の芸を演ずるといふ。

明治291023 大阪毎日新聞

京極案内記 京都遊覧生

京都の京極は大阪の千日前の如く、又東京の浅草公園の如く、見世物、軽業、浮れ節、落語、講談等あらゆる興行ものゝ巣窟なり。而も千日前よりは清潔にして、位置に於ては寧ろ三都第一といふ可し。若し夫れ大枚十銭を携て此の圏内に入らんか、丁稚徒弟は主人の眼玉の恐きを忘れ、お爨どんは飯の小言の不平を忘るなんぞ、お祖母に連れられたるぼんが奇術手品の不可思議なる技芸を見物して帰るをイヤがり、車夫馬丁が貝祭文を聞きて感に堪へざるを怪しまんや、畢竟京極は是れ平民の倶楽部なれば、明けても暮れても、降るも晴るゝも、老若男女の往来引きも切らず、混雑々沓名状すべからざる、宜べなる哉。

今此平民倶楽部の現状を紹介せん呼、四条の方より入れば、先目に入るものは阪井座なる実川延二郎一座の芝居狂言にて、此処の狂言は忠孝義士伝等なり。次は犬虎座、名さへ弥次郎兵衛なんどゝ早や可笑味ある俄狂言あり。河村座は岡本美司代座の説教祭文源氏節にして、寿席は真玉斎の人情貝祭文なり、説教と云ひ人情と云ふ、大分気取つた処に法螺貝の値打はあり。琴青館と云ふは講釈の寄席にて慶安太平記等を講じ居れり、此処らで聞けば正雪は万能力を有し、且つ其奇跡を行ふ処当世云ふ神の如し。笹の家の女浄瑠璃は聴くものよりは見に来るもの多く、田村席のヘラヘラ踊り、これまた見物の雑閙するは舞妓(おどりこ)に一人の美人あるが為めなりとかや。幾代席は落語と新内にして、東京大阪辺りの寄席風あり。桑の座の女浄瑠璃、これも職工場の昼休みに噂の種となる。福井座は大谷友吉、尾上梅暁、梅昇一座の演劇にて、鬼一法眼橋、弁慶、釈迦八相記なんぞを演じ居れり。魯勢館てふ講釈の寄席にては甞て大阪毎日新聞に掲げたる羽衣お夏等喝采を博し居れり。

明治291031日 京都日出新聞

◇興行案内

幾代席 桂藤兵衛等の落語。

笑福亭 翁芝楽、福丸等の落語

〈編者註〉翁芝楽は三笑亭芝楽(原田熊太郎)のこと。福丸はその息子(前名佃屋白魚)。

上方落語史料集成 明治29年(1896)11月~12月

明治29111 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事御客様方の御引立に依り毎々大入好評を致一同満悦に致候/就ては當十一月一日より舊座の上に文團冶、萩の家露紅、月亭小文都の新顔をさし加へ興行仕候間、舊に倍し賑々しく御光来の程を奉待候/楠公内湊亭

〈編者註〉萩の家露紅は曲引き。

明治29114 大阪毎日新聞

三遊亭猫遊とて動物の似声に妙を得し新顔と同じく三子(十二)と云ふ子供の常盤津語りが今度東京より初下りにて平野町此花館と堀江賑江亭と千日前の相生席へ去る一日より出勤し好評を博し居るよし。

〈編者註〉はじめ大道で飴をうりながら動物物真似をしていたが、東京亭猫八の名で寄席に出るようになる。のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人となり三遊亭猫遊と名乗った。本名小林弥三郎。明治三十一年七月三十日没。今も続く江戸家猫八の系統とは無関係で、むしろ先輩格にあたる。

明治29114 大阪毎日新聞

◇ちんばの落人 此寒空を見かけ女房の口三味線に亭主の跛ひくに引かれぬ恋中から思ひ付た意気事でもなく落人の為めかや今は冬枯れてと地の文句だけ洒落かけた道行き筋はお馴染の落語家三遊亭花遊と同人の女房で、新町の小山席の芸妓若吉(三十二)と云ふ夫婦の落人話し、いかに物価が騰貴したとて亭主は寄席を働き、女房は左褄を取つて供稼ぎをして居ながら、さうさう貧乏におツつかれる筈もあるまいに、亭主が跛だけにおあしが足ぬと云ふものか、此二三日前花遊は或る客筋から貰ふた纏頭と席の前借を懐中し、花吉はまた扱所の前借や呉服屋其他の買掛り一切を踏倒し、安さん(花遊の本名)行まひよか、花吉来や、と手を取合ひ、ちんばちがちが片足の短かき日をも厭ひなく落着く先は何方ぞと目的も浪花を雲隠れ‥‥。

〈編者註〉三遊亭花遊の本名は佐々木安太郎。

明治29118 大阪毎日新聞

◇猫遊纏頭の取戻に遇ふ 三遊亭猫遊と称へば此頃東京より来て平野町の此花館などへ掛り、動物の似声に愛嬌を撒布(ふりまい)ている落語家なりとは行て見ぬ方も四辻に下ビラに拠て御承知ならんが、其猫遊が四五日以前或る人に連られて瓢箪山の稲荷へ行たを幸ひ辻占を見てもらふと、近々思ひ懸ない事があるとの事。(後略:五円もらったポチを四円返却させられた話)。

明治29118日 神戸又新日報

◇菊水亭の科料 多聞通裁判所前の仁輪加席菊水亭に於て去る三日の夜、旅役者という仁輪加を演ずる際、看客の前にて男女同衾のところを演ぜしかば、臨監の巡査より告発され、同席の支配人兵庫湊町三丁目鳥川忠次郎(五十八)は、兵庫署へ召還取調べを受けたる末昨日違警罪に照され科料金一圓に処せられたりぬ。

明治291110 大阪毎日新聞

◇円若お客に取巻れる 二三日前の夜、落語家の愛嬌者三遊亭円若が平野町の此花館へ入らうとすると、背後より師匠〳〵と呼ぶ者があるから、ハテナと顧ると、常ぞ見知らぬ男が差寄て、今お客と堺卯で一盃飲て居るのだが淋しいから師匠を呼で来て呉れとの事(後略:お客に騙された話)。

明治291113 大阪毎日新聞

◇福雀の愛嬌話 笑福亭福雀(四十)と云ふ落語家、四十の齡でまだ前座を勤むる程なれば、自分が見台たゝいて喋り出す如く、金槌の川流れでいつも頭の上らぬを嘆きもせず、至つて正直なと愛嬌のあるので贔負にする客多き中に、南地九郎右衛門町の菅原新吉と云ふが此福雀の正直を愛して、此程も堀江の賑江亭の楽屋で燻ぶつて居るを呼出し、近所の洋食店万歳軒へ連れて行き、スープを皮切りに洋食を幾皿も振舞ふと、福雀此齢になれど洋食を食ふは今日が初め、旦那此犬の糞の様なのは何です、ポテト、コロツケーとは云ひ難い名ですが、成程日本食とはまた格別の味ですと喜んで食ふを見て客も欣び、物を食しても和郎(おまえ)の様に喜んでくれると私(わし)も嬉しい、ナニ嬶アや伜にも食して遣り度と云ふのか、そんなら別に土産の分を誂へて遣うとの事に福雀は押止め、其思召しは有難けれど、自分の宅は難波村の踏切近辺、此処から帰途(かえりみち)に通る深里の裏田甫には悪い狐や狸が居りまして、是れまで折詰を持て通つて狐狸(レコ)に奪れた人もございます、自分(わたくし)も一度牡丹餅を奪られましたと真面目に話す正直さを菅原も笑止がり、総て狐や狸に食物を奪れぬ禁厭(まじない)に昔は付木(いおう)を持つたものなれど、昔と違ふ今日燐寸さへ持つて居れば滅多に気遣ひは無いとの差図に福雀は喜び、其如く手土産の折箱を提げ懐中(ふところ)へ燐寸を函のまゝ収れて客に別れ、一人わが家へ立帰る途中トハ云ふものゝ若しや狐や狸に狙はれはせずやとびく〳〵もので帰宅せしに、幸ひ何の崇りもなく折の蓋を取り除れば山海の珍味目の前に顕はれたる嬉しさ、早速妻子にも食して七十五日の寿命を二人まで延させたり。

然るに此二三日前の晩菅原にまた招かれ、前夜燐寸のお庇げで洋食の無事なりし事を述ぶると、菅原もその有様の如何にも正直なるは可愛き男と今夜も席の閉場(ばれ)から万歳軒へ連れて往て遣うと約束して別れしが、菅原は其話しを賑江亭へ往て曽呂利にすると、曽呂利は例の滑稽男、其正直な処を一番斯うしては如何と何やら耳打せしを、菅原も开奴(そいつ)面白いと知恵を借り、其夜席閉場から福雀を約束通り万歳軒へ連れて行き、前夜の如く充分飲食を為せたる後、今夜も手土産に三皿程持つて帰るが宜いと、コツクに命じて三皿の洋食を目の前で折詰にさせ、尚ほ残りの酒を飲せて十二時過ぎに折を持せて帰らせしに、其折詰に曰くがあるとも知らばこそ、福雀は喜び勇みて立帰り、前夜の如く女房子に太平楽を述べ、己の様な亭主を持てばこそ洋食が食れると云ふものぢやと自慢たら〳〵折の蓋を取ると、コハ抑も如何に、眼前で折に入れし洋食は見るさへ胸悪き人糞と変りあるに、福雀は素より妻子の者も呆気に取られ、偖は今日燐寸を持つ事を忘れし為め狐狸にしてやられしかと腹の立まゝ、折のまゝで庭に棄て、其夜は呟きながら眠りに就きしが、翌朝女房が起きて前夜の折を塵取の中へ掃き入れんとして能く見ると、人糞と見えしは金山寺味噌なるに二度恟り、早々福雀を呼起して其事を話すと、偖は旦那の調伏であつたかと始めて推知(さと)り、果は大笑ひとなりしとは愛嬌〳〵

〈編者註〉福雀は初代笑福亭福松門人。『落語系図』に「俗にいかやと云ふ」とあるが、意味不明。堀江の賑江亭ほか三友派の席で万年前座を勤めていたようだが、これは福雀の人となりが記された唯一の記事。

明治291112日 京都日出新聞

<橘家円三が橘家小円太と改名する>

◇円三の改名 御愛顧様の御引立を杖力に三ケの津を股にかけ天下晴れての厄介男と新京極笑福亭の高座を敲いて愛嬌を蒔ちらす橘家円三は今度師匠円生より其出世名の小円太を譲られ本日及び明日にかけて同席にて改名披露の諸芸大寄を興行す。

〈編者註〉橘家小円太(本名 斉藤徳次郎)は四代目三遊亭円生門人。明治三十五年三月に五代目橘家円太郎を襲名する。同三十七年には、笑福亭の席主となる

明治291113日 大阪朝日新聞

◇藤兵衛の不器量 二三日前の夜京都新京極の幾代席に出て居る落語家の頭領株桂藤兵衛が祇園新地の美濃よそといふ茶屋へ呼れ、客の所望にて『汽車の乗合』といふ自作の落語を弁じ、其の席に呼れたる芸妓を当込み杯してこゝを先途と御機嫌を取結びたるに、客人殊の外恐悦がり、褒美には太夫を買うてやるとのお言葉有難けれど、太夫は大の禁物なり、願はくは生で頂戴と権太もどきで慾張れば、此奴うい奴、左りながら美しい太夫が禁物とは仔細あらん包ず、此場で物語れと云れて藤兵衛当惑の頭を掻き、大勢芸妓衆の並んでござる前でお話し申すも面目ないが実はふられました。(編者註:以下そのふられ話につき省略)。

明治291115日 扶桑新聞

◇富本の落語 東京人情落語曲弾入船亭扇橋一座久々にて明十六日より富本席に出勤、前座は春風亭柳寿斎、三遊亭圓玉、入船亭扇寿、桂文福、同千馬等なりと云う。

〈編者註〉入船亭扇寿、桂千馬は不詳。

明治291117 大阪毎日新聞

◇鹿仲間の狂言 総ての芸人をお客にせぬなどゝ遊廓の厳則を堅く守つて居るとは神戸の福原も尚だ開けぬと、同地へ出稼中なりし桂文団治、同じく小文都、笑福亭松助なんど云へるシカ仲間が不平を鳴し、其登らせぬ処へ往て遊ぶのが一興だが、夫れも素人の様に唯往て花魁を買つて帰つちや話の種にならぬから、一番何なりと狂言をかき妓楼を驚かして遊ばうではないかと相談して居るを、楠公前の清吉と云ふあわてものが聞き(後略:四人で福原へくり出した話)。

〈編者註〉笑福亭松助は三代目松鶴門人で、光鶴から松助、鱗史(藤原年史門)、呂角(鶴)となり、その後四代目(五代目トモ)笑福亭梅香となる。

明治291120日 大阪朝日新聞

◇親睦会 その主意は各芸人互ひに親睦を厚うせんとて春秋両度に標題の会を催し、各人得意の技を演ずる由にて、即ち明二十一日午後一時より南地演舞場にて開会するは其第一回なり。(後略)

明治291120 大阪毎日新聞

◇親睦会番組 明二十一日午後一時より南地演舞場にて開く親睦会第一回の番組(註:落語のみ掲出)。

  落語御祝儀(桂三遊)、東京土産(林家花丸)、新町遊び(桂米団治)、伊勢参宮(桂南光)、土橋万歳(桂小文枝)、紙屑屋(笑福亭福松)、浪花土産(桂文三)、幇間腹(曽呂利新左衛門

明治291123 大阪毎日新聞

◇力弥と大煎餅の葛藤 落語家といへば何れも愛嬌商売の中に別て愛嬌ものとの評判浴て高座へ小さからぬ顔を出す大煎餅と称ふ落語家あり。大煎餅とは原より芸名ならず、顔の小さかなぬより浩る綽名を頂戴したるものと思はれるが、此大煎餅仲間中の笑福亭福松が南地高中の娼妓力弥(二十)と手の着られぬほど熱うなつて楽屋内へ蕩けを飜し廻るを(後略:仲間が羨ましがり、あれこれ策謀すること)。

明治291125日 扶桑新聞

◇岐阜市國豊座にて来月一日は同座創立一周年に相当するを以て同日其祝意として興行をなし、毎日白米三俵長持箪笥両掛手箱等の景物を福引にて出すと云う。

明治29121日 扶桑新聞

◇橋又座 本日より外田町橋又座に於て東京の滑稽噺家入船亭扇橋一座興行。同人は七代目にて名古屋へは始めてなり。春風亭柳寿斎、三遊亭圓玉、入船亭扇寿、桂文福、桂文馬等も共に出席する由。

明治29121日 京都日出新聞

◇興行案内

幾代席 藤兵衛一座の落語

笑福亭 小円太等の落語

明治29121日 神戸又新日報

◇市内興行物案内(神戸)

▲大黒座は大仏供養の如く市川粂八の一座にて▲楠社内湊亭は笑福亭松助、桂文昇、笑福亭璃鶴、林家小菊丸、桂團輔、萩の家露紅、林家しん鏡、三遊亭圓子、東やっこ、三遊亭團[]若の一座にて落語▲同社内菊の家席は吉田寿、京山峰丸、廣澤菊路、京山辰丸、吉田芳丸の一座にて浮れ節▲楠社横手旭亭は旭堂南陵、百竹琴玉の一座にて軍談講釈▲楠社西門筋の福井座は白雲亭亀鶴の一座にて仁輪加▲同福原口鏡亭は竹山花丸の一座にて浮れ節▲多聞通裁判所前菊水亭は歌蝶、歌幸、篤平、小蝶、大門、東作、鈴丸、東蝶の一座にて仁輪加▲相生町相生座は目下普請中に付き休み▲楠社内の菊の亭は喜蝶、若菊、湊重、湊南、数千加、千代登、君枝の一座にて女浄瑠璃▲三の宮社内寶座は若君、團吉、小登貴、小若、芝太郎、美津吉、吾市、美津松の一座にて身振狂言▲同朝日座は鶴之助、長太夫、仙昇の一座にて▲兵庫湊町の湊虎亭は伯龍、燕玉の一座にて軍談講釈▲明治座は姉川新四郎、片岡松寿、片岡我童、市川福枡の一座にて▲日向社内日本座は市川高松、市川廣次、市川小津留、実川君松の一座▲中道亭は旭堂南花、同南陵の一座にて軍談講釈

明治29121日 神戸又新日報

[広告]昔噺の御披露/當席事御客様方の御引立に依り毎々大入好評を致一同満悦に致候。就ては當十一月一日より舊一座の上に笑福亭圓雀[円若]、東奴、萩の家露紅の新顔をさし加へ興行仕候間、舊に倍し賑々しく御光来の程を奉待候/楠公内湊亭

明治29121日 大阪朝日新聞

<集寄亭の新築開場>

◇新築講談場 今度千日前横井座南の辻西へ入りし処に新築したる講談場集寄亭と云へるは、平野町の此花館に劣らざる美麗壮大の構造にて、一昨日開場式を行ひ、翌日より引続き開場せしとぞ。

〈編者註〉明治十七年、千日前新金毘羅神社北側に逢坂彌が建てたのが始まり。この年場所を移して新築し、講談場として開場した。

明治29126 大阪毎日新聞

◇桂かしくの大凹み 三友派は原より他派の落語家中でも此程の好男子またと有まいと尻の重からぬ婦人連に騒がれる桂かしくが、此ほど堺の或る席へ掛つて居るうち、よめ八とやら称ふ芸妓と出来合ひ、大阪へ帰つた後も忍び逢ふて居るを(後略:女房にバレた噺)。

明治29128日 扶桑新聞

◇富本席 本晩より人情噺家笑福亭八百蔵其の読物は、関東男達引金看板東十郎、暁星五郎等あり。

明治291213 大阪毎日新聞

◇小文都の当外れ 三友派の落語家桂小文都(三十)は堀江東席の娼妓お兼(二十一)と切ても切ぬ交情となり、同人が一月の晴衣装はお兼の懐中より産出る約束にてモウ今頃は染屋の手を離れ仕立屋の立台へ上ていやうと喜んで居る所へ、仲間の松団治が来て、サア大変が出来た、お前先づ尻端折して八巻するが宜い、而して鎧は有るか小銃は奈何ぢやと騒ぎ廻るは何やら分らず、一体マア奈何したのかと尋ねて見ると、予て深いお兼が自分等と朋友交際する本町辺の青物屋越川七吉(三十)の女房になつたから一合戦しに行けとの事に小文都は笑ひ出し(後略:あとは色恋沙汰の愁嘆場。但しこれは記者の誤聞)。

明治291224日 新愛知

◇盛豊座の講談 今晩より東京講談師四代目石川一口の講談有。

明治291226日 扶桑新聞

◇富本席  二十六日より富澤町富本席に於て諸芸吹寄せ興行開場させて又来月一日初席は人情落語曲引にて出勤の面々は左記の通り。

入船亭扇橋、春風亭柳寿斎、三遊亭圓玉、入船亭扇寿、朝寝坊小夢、桂文福、桂千馬、豊沢巴津子、豊沢
 新八

明治291216日~ <落語家(桂派)芝居・大阪道頓堀中座>

外題:仮名手本忠臣蔵/夕霧伊左衛門廓文章/大喜利千本桜道行・御殿之場忠信沢村源之丞相勤。

【配役】

大星由良之助(三遊亭円馬)

塩谷判官、おかる(桂小文枝)

薬師寺、早野勘平(桂文三)

大星由良之助、狸の角兵衛、寺岡平右衛門、吉田屋喜左衛門(林家花丸)

鷺坂伴内、斧定九郎、女房おきさ(新古亭しん生)

原郷右衛門(林家正楽)

千崎弥五郎(桂伯枝)

斧九太夫(桂枝雀)

大星力弥(桂枝三郎)

斧九太夫、母おかや(桂福助)

めつぽう弥八、夕霧(桂南光)

大星力弥、一文字屋お才、廓文章の太皷持(桂小南)

百姓与一兵衛(翁家さん馬)

藤屋伊左衛門(曽呂利新左衛門)

加古川本蔵(桂文枝)

〈編者註〉大阪毎日新聞と大阪朝日新聞より作成。桂派連中の落語家芝居だが、曽呂利新左衛門が特別に出演している。大阪毎日新聞に芝居評が出ているので以下に掲げる。

明治291218 大阪毎日新聞

中座の落語家芝居 

「エー扨毎夜々々相変らずのお運びさまで難有い仕合に御座いまする。手前の方は俳優さん達の方とは違ひまして紅白粉で塗立て商ふのでは御座いません、正の物を正の侭、生地なりで商ひを致しまするやうな事で、色々と毛色の変た五面相が立かはり入かはりヒヨコ〳〵と高座へ現はれまする処がお客様がたのお慰みで入らつしやいます」と甲(たれ)も乙(かれ)も極つたやうに高座で饒舌(おしゃべり)をする其落語家が、暮の気まぐれ半分、所謂正の物で商はずして大こて塗りで芝居をするとは愛嬌なり。

左る程に扨も其後落語家芝居は一昨十六日より蓋を開けしが、初日匆々人気好く、ざつと一杯の入りを占めたるはすばらしきものなり。演芸(だしもの)は忠臣蔵大序より七ツ目までと廓文章吉田屋の場なるが、総体に就て言はゞ僅々(わずか)二日間の稽古だといふ其割合には中々出来の宜い方なるべく、我等は四段目焼香の処より見たれば取敢ず一口評を試んに、

林家花丸の由良之助は大真面目の大車輪にて得心、次に六ツ目の狸の角兵衛、チヨボに離れて得意のすててこ甚だよし。三役寺岡平右衛門、四段目吉田屋喜左衛門はいづれも器用にこなしたり。

桂小南の大星力弥、さても奇麗な事かな、彼はさすがに毎夜芝居ばなしで煉かためて居る丈に見事な力弥になつて居たるは妙なものなり。其他一文字屋お才、廓文章の太皷持とも好評。

桂福助の斧九太夫、及び母お萱、大熱心にて筒一杯にこなして居たり。

翁家さん馬の与一兵衛、ニユツと出てチヨイと切れバタリと倒るゝまでなれば評にかゝらず。

桂文三の薬師寺は一通り、二役早野勘平、これは中々上出来なり。但し五段目に弥五郎と分れての引つ込みに蓑の裏を着て悪落(わるおち)を取りたる事丈はヒイキの客へ内証々々。

新古亭真生の斧定九郎、鷺坂伴内、その身体相応に大きく演(こな)してこせつかぬ処はよし。切の吉田屋女房おきさ、デク〳〵とした美しい好い女房なり。この丈一たび顔を出せば向ふ正面から大山々々と声のかゝるはハテナ誰に似て居る事やら。

三遊亭円馬の七ツ目の由良之助、那処(どこ)までも成田屋張にて、音調(こうせき)までも擬(にせ)た
 るは器用なことさ。

桂南光の夕霧役、顔の菊石(あばた)を白粉と鬚付で奇麗に隠し、足の跛(びっこ)を襠(うちかけ)姿で甘くごまかし、扨床の浄るりにつれての出はテモ花やかな事にて、仕草も又無難といふべく、我等の見たる処にては此已前中座と浪花座で演(やっ)た雁次郎、巌笑の夕霧よりも遥に好かつたやうに思ふ。但し真実(ほんとう)と心得て自惚れては困る。

桂小文枝の七ツ目のお軽、艶麗(あでやか)にして好く演て居たり。

桂(林家)正楽の原郷右衛門は一通りの出来。

曽呂利新左衛門の伊左衛門、丈の此役いがゞあらんと思ひの外、流石は好んで出した丈に無類の上出来、振りの手といひ、思ひ切つて白く塗りたる美しい男前といひ、(凹みたる細き眼と出歯とを少しく造作するならば)この丈なか〳〵俳優としても下には置けぬ腕前なり感服々々。

上方落語史料集成 明治29年(1896)参考資料

【参考資料】その一

明治29210日 商業資料(第三巻・第二号付録)

●三遊亭円馬丈に与ふ

円馬丈足下、足下は固より予を知らずと雖も、予は足下が未だ燕雀(編者註:円雀の誤記)なる極めて卑下らしき、又たお饒舌(しゃべり)らしき名を以て、常に師尚[師匠]円朝子が前座として、金朝などゝ殊勝に勤めける当時より高座面(づら)の親染(なじみ)として知りぬ。予は其の時分よりして已に足下は将来必ずや燕雀の一変して鴻鵠となるの器量あるを知ると同時に、又た足下は円朝子の尤も高弟として巍然此の社会に一頭角を顕はすの偉人たる事を信ぜしなり。然るに此の数年間何の志す所ありてか、将(は)た腹虫(むし)の落着かぬ点あつてか、花のお江戸の附兄(あにい)が多くの愛顧を振捨てゝ、おますが国へ席換召されたり。予は始より足下が技芸の特色として尤も感服する所は、敢てベチヤ〳〵然と恰も車軸に膏油(あぶら)をさしたるが如く縦横無尽に三寸不燗の舌頭を振廻すを云ふにあらず、若し独り此点を執り、之れを他の者に比すれば、或は小さん、円遊輩などに数歩を譲るあるも知るべからず。唯足下の容貌は恰も苦虫を噛み潰ぶしたる如き、極めて真面目の面(つら)つき、更に言を換へて言へば、同じ門弟中の円遊の粋人めかさず、円笑[円生]の法螺祭文然たらず、円右のグツト俳優(やくしゃ)を気取るにならはず、一見素人の如き容貌にてヌツト高座へ顕はれ出でしより、引込み迄一点の愛嬌を顔面(つら)に溢さずして、極めて厳正に、極めて鹿爪らしく、極めて落着(おちつき)払ふて徐々と説き出し、表面は真面目の如くにして、其の実裏面は滑稽口を衝て迸しるあるを見る。此れ他の輩(ともがら)の学んで決して能はざる所のものなり。何となれば他の輩の多くは概して顔に語り、眉目の間に語り、手付きの働きの上に語り、他の挙動を仮り、以て話頭(はなし)の扶助(たすけ)をなすあるを見る(殊に大阪の落語家に多し)。独り足下は毫(すこし)も躰軀(からだ)を左右に動かさず、首を縦横に振らず、静かに扇子一本にて綾つる處、何とも云へぬ味ひあり。足下が師尚[師匠]円朝子曾て曰(いえ)るあるを或る紙上にて見き。

(前略)かく色々の教訓を受けてより、自から自由になり、遂には高座を忘れ、客を忘れ、私自身を忘れ、たゞ自からに語り行く時には知らず〳〵語中の人物となり済(すま)して、我知らず其情を語るものにて、其時はお客が感動せらるゝなり。上手に語らんなど思ひて上手に語り得たる事は曾て之れなく候(下略)

知らず、足下此の秘訣を師より親しく授かりしや否や。予は足下が斯(かか)る絶技を持ちながら何故に久しく此の浪華津へ留まらざるべからざるかを怪(あやし)む。然れども訝る勿れ、古来才子英傑多(おおく)は沈淪、見よ他の俳優の九蔵、訥子、多賀之丞、時蔵の輩が其の技芸の一種模倣すべからざる特得の器を抱くにも係はらず、常に彼等社会より擯斥せられて、世に多く容れられざるものあるを。憶ふに足下も恐らくは奇骨稜々として苟も屈せざる其の亜流にあらざるか。若し然からんには此の浪華津こそ実に足下が立脚の地なれば、予は未だ猝(にわ)かに帰東を以て勧告するものにあらずと雖も、希(こいねがわ)くは浪華の天麩羅然たる濃厚(しつこい)風に感染(かぶ)れず、ピンとした酢の物の如き極めて淡泊なる固有の江戸つ子風を倍々(ますます)発揮する事に勤めよ。予は敢て言ふ、師尚が後を継ぐもの恐らくは足下ならでは他に其人を見ず、乞ふ足下幸(さいわい)に此(これ)を思ひ、斯道(このみち)の為めに千万自重せよ。

明治29310日 商業資料(第三巻・第三号)

●真古亭真正に与ふ 露骨子

真正君足下、有体に言へば君は頗る生意気なる落語家なり。然れども生意気をして今日の地位(落語家中間に於ける)を得せしめたるものなりとする時は、生意気も今日迄は君に取つて随分必要なる一の手段たりしなり。言葉を換へて之を言へば、君は実に生意気そのものゝお蔭を蒙むるや頗る大なりと言ふべし。

夫れ然り、然りと雖ども今日の君は又昔日の君にあらず。芸能の上に於て、声価の上に於て、若し夫れ哺乳期を経過せる哺乳動物に、尚且つ乳汁を与へ、以て其健全発育を望むの不条理なるを知る時は、君が生意気の僻習を長く将来に継続するの、又甚だ不利益なるを知らざる可からず。余曾て京都幾代席に於て君が演ずる處を聞きし事あり。(私しも是迄は志士の一人として国事に奔走した事もございますが……大井憲太郎などゝ共に……保安条例の為めに云々……)、大凡(おおよそ)如斯(かくのごと)きの語、数へ来れば本誌の一頁を填(うず)むるも中々に書き切れざるべし。以上は只々其一例を挙げたる而已。要するに君が幾許の器量を有するの人物なるかは、識者は夙に之を知りぬ。不規則なる調子はづれの漢語的御吹聴は君自から君の価値を墜落する所以にあらざるなきを得んや。殊に「不埒とや云はん……笑止とや云はん……失敬とや云はん……何々とや云はん」など、乃(すなわ)ち、とや云はん的の口調は誠に聞き苦しく、真に片腹痛く思わるゝなり。然れども近来は君も余程自省する所なりと見ゑ、以上欠点の著しく減少したるは君の為め祝せざらんとするも豈夫れ得べけんや。

之を要するに君は落語家中間に於て比較的稍々(やや)才能を有するもの、而して満身の愛嬌は芸人として最も恰当なる資格たり。思(おもう)に君が今後の心掛如何によつては随分落語家として一派を樹立するに難からざるべし。生意気に政事家を気取るべからず、壮士振る可からず、何れの時何れの場所に於ても自己の落語家たることを忘る可からず。君、夫れ勉めよ。

明治29410日 商業資料(第三巻・第四号)

●桂文三   十代爺郎

難波津に咲くや夥多の落語家中にて出藍の特色あるものを問へば、予は先づ指を足下に染めざるを得ず。足下がニユーとすました面付きにて高座に顕はるゝや、覚えず人をしてアツト絶叫(さけ)びつゝ随喜の涙を垂れしむるなり。何となれば、足下の身体よりいともとほとき黄金の御光が映射ましますればなり。足下が頸より胸辺(むね)に垂れたる懐中時計の金鎖、右と左との食指に輝やける黄金の指環は燦爛として四方眩ゆく、十六燭光の電燈もあはや蹴倒されんばかりなり。予は此の金鎖に繋がれる時計が、同じく山吹色のものなるや、又た此の指環が幾重の金分を含むや、将(はた)又た此のものは贔屓の御客が恩賜にかゝるや、或は自腹的のものなるや否やは固より知る處にあらずと雖も、何にしろ玳瑁な代物なる事は争はれず。昔し何れの国にか金時計次官と綽名せられしやんごとなき御方おはしましけり。今や京童は足下に亦た金鎖落語家の尊号を贈るに至らんとす。斯るありがたき服装を持てる足下が一たび微温湯(なまぬるゆ)をすゝりて大口を開くや、滔々して一瀉千里的のしかも寄席の梁塵も動揺せんばかりの銅鑼的音声を以て、弁じ去り弁じ来り、頗る人をしてお臍で茶をわかさしむるよりか、先づ気色を快活(こころよ)くならしむ。何となれば、足下は勤めて同じ仲間のものに似ず、塹然として浪華流を脱して江戸ッ子風に宗旨代をなさんとせるものゝ如きあればなり。故に猝(にわ)かに足下が弁ずる處を聞けば、人をして吾妻下向の落語家ならんかと怪(あやし)ましむるものあり。これ独り足下が多くのおますが国の落語家中、特に人の聴管を惹くある所以にして、足下若し勤めて止まずんば此の社会の牛耳を執らん事は真に易々たるのみ。唯だ惜むらくは、足下は江戸ッ子の粋を学んで成らず、却て燦爛たる修飾を以て得意の面付を為す。然れども吾妻は花よりは寧ろ実を愛(めず)るなり。願(ねがわ)くは足下此れを思ひ、此れを想ふて、真面目に斯(こ)の道の為めに勤めて大成を期せよ。然らずんば足下が折角胸に赫灼たる黄金色も恰(さ)ながら糞土の如く心ある人の眼球(まなこ)には映ぜん。

●大阪の幾代席(落語家の寄席)

らくご 001

「エー落語家ほど皆様のお為になるものはゴザリません、第一笑ふ門には福来ると申しまして、毎晩々々落語を聞て、ゲタ〳〵とお笑ひなされて居りますれば、ドンナ事が在ても一生病気になる気遣ひはなく、屹度福が舞ひ込むに違ひはゴザリません」、なん漢とイツも我田引水、お極りの前口上は独り幾代席に限らねど、其舞台の真正面に掲げある大扁額に、寺西易堂の筆にて薬と大書せるは、これぞ正さしく落語は人生の薬なりと云ふ、右の口上を代表せるものなるべし。而して舞台の構造は東京の寄席の如き粗雑なるものに非ずして、床もあり襖もあり、花瓶もあれば軸もあり、而かも其軸は竹翁の山水を描けるもの、俗中にこれらの雅趣を添ゆるもの亦たこれ大阪の一特色か。但だ座中より「追分遣ッてヤ……」「ヘイよろしうゴザリ升」「稽古屋頼みますぜー」「ヘイ畏まりました、ドウモ、エー五銭五厘(木戸銭)のお客様に権利がある、今晩はお客様に任してある体ゆへ、遣れと仰せあれば何でも遣ります」などゝ異(おつ)な目つきをして古るめかしき話を繰返へす如きは、偶(たまた)ま以て大阪落語家の価値を堕すに過ぎざるのみ。

●大阪落語家の品定(其一)

先づ桂派で言わふなら、

文枝  金持ちで此派の親方と云ふより外に仕方は無ひが、唯だ併し繋ぎに三味線を入れること別して此人

のお得意(はこ)なり。

さん馬  明石通ひの船頭(かこ)じみたゴ面相なれども、出し物は案外優しい文七元結。

文三  新町で母親に売薬をさせ、如何にも孝行らしく見ゆれども、其身体一面に入墨をなすのみか、至極艷事に熱心とは驚いたり。而して首より掛けたる金鎖りは小松嶋屋の真似でもする積りか、但しはニコライのお弟子入りでもする気か、敢て問ふ。

小文枝  高坐に上りて容子をしながら色目を使ふなどは怪しからぬ話なり。此人のお得意(はこ)は鉄輪の舞位か。兎に角今一ト息勉強せば頗る付きの落語家たるを得べし。

文屋  お平の長芋に似たるゴ面相。此人に付ては別段にこれと云ふ事はなけれども、演説の声色は一種の

長所なるべし。

南光  御面相は先づ以て琉球のかぼちやに似たり。お得意(はこ)は酒の意見、姉のいふ事は余ッ程よく

腹に応へると見へる。

万光  息子は提灯屋、親爺は寄席の高坐で一休問答を喋舌(しゃ)べる。而して其奥の手ありやと聞け

ば、曰くあり……笛(しの)……。

柏枝  彼岸の経木を付ける男に能く似たり。而してお得意(はこ)の出し物は初午なるべし。

円馬  魚釣りが何よりも好きと云ふはマサカ成田屋を気取るでもあるまい。出しものはイツも三太夫。ゴ面相も亦た三太夫然として茄子の麹漬と云ふ趣きあり。

花丸  ゴ面相は割木細工の人形か。以前を聞けば伊勢の料理屋でアツたそうだが、サスガは感心なり。

ステヽコ踊りは妙。

明学  松前の蛸の生れ代りでも無い容子だが、兎に角諸芸備はり、取分け即席五字の問題に出会ふて跡へ
 退いたことなし。

真生  陸軍大臣と自称するはゴ面相の稍大山様に似たる所あるが為めか。然れどもステヽコを踊られて

は溜ッたものでない。

金之助 美人は遠くより之を眺むべし、左すればイツ迄も同じ年に見へる事妙なり。お得意(はこ)の矢

倉太皷と共に其芳名の高きも理りか。

扨てこれより三友派に移りませうが、一寸一ぷく。

〈編者註〉残念ながら(其二)三友派の落語家品定は掲載されなかった。

明治29510日 商業資料(第三巻・第五号)

●落語家米朝子に与ふ   丁々生

三遊派(ママ:三友派の誤記)中若し夫れ小才智あるの人物ありとすれば、子は慥かに其一人なるべし。同業者の口吻を真似する所、俳優の動作を真似する所、覚へず座客をして妙と呼ばしむるものあり。凡そ真似ならざるの真似は真の真似にあらず、而して又真似するに難からじ。只夫れ真の真似に至つては、吾至難中の至難なるものと認む。而して子は独り之を能くす。思ふに子と雖も単に真似其のものゝみを稽古せしと云ふことあらざるべし。否あるべきことゝ思われざるなり。要するに是れ豈(あに)子が天賦の小才智の働きにあらざるなからんや。

子已に比較的小才智あり。さるにも係わらず子の技倆は平々凡々、更に称揚すべきの点を見ず、而して又進歩の徴をも見ざるなり。これそも何が故なるか。此疑問を解釈し、而して其解釈し得たるの結果を実行の上に期するは子に取つて頗る重要なる事なりと信ず。大きく言へば子が将来浮沈の懸る所なりと云ふも敢て過言にあらざるべし。

吾私(ひそ)かに之を思ふ、子や已に真似に巧みなり、故に其真似するや、宜しくそが真似すべき事柄の好悪を鑑別し、同時に自己の技倆の進歩と云ふことに着目すべきなり。詳言すれば、人の長所を取つて自己の短所を補足し、以て己が技芸の日進月歩を計るべきなり。徒らに業務にのみ尽すの考へを以て、若くは客の笑を求むるの考へを以て、平々凡々深き慮りなかんには、子は遂に第三流を脱する能はざるべし。子、夫れ思わざるべけんや。

編者註〉桂米朝は二代目桂米団治(のち三代目文団治)門人。今年の正月に桂米之助から米朝に改名した。のち三代目米団治を襲名する。

明治29610日 商業資料(第三巻・第六号)

●大阪の寄席めぐり(其二) 天満の末広席(新内)

らくご 002

 これは又た新内の源氏ぶし、落語家の醜面共進会とは事かわり、奇麗首の博覧会なれば、技芸の巧拙は先づ扨て置き、聞いて娯(たのし)むよりは寧ろ見て喜ぶの、肩入れ連ヤツキとなり、舞台の簾に太夫の影の映つるや否や、ヤア待つて居ました……ブルル……ブルル……(口に両手をあて舌を廻はす音)の掛け声喧ましく、幕内よりゴ免な蒙りまして不調法なる疳切り声の口上も、中々容易に聞取れずとは、扨ても女芸人の一徳、大入り大繁昌の余響とや云はん。席主の満悦想ひやるべし。総じて大阪の寄席は其席々によりて客筋自づから異なれども、客より何をヤレの蚊をヤレのと芸の注文をするはドコの席も同じ事なるが、分けて女芸人に対しては、木戸銭三銭の散財で身請けした情婦(いろ)か女房かの如くにうるさい程注文を出し、中には財布をさらつて纒頭(ぽち)を投げ出すもあり、これも肩入れの心づくしかと思へば、芸人の身には腹も立つまいが、之れを見て歯錐(はぎり)を噛む焼餅連よりは又た例のブルル……で鎗を入れる賑やかサ、肝腎の新内よりも此の見物の狂言こそ却て興のある事ぞかし。

 序でに同席の芸人に付て略評を下せば、節はもとより声に至る迄皆それ〴〵に優劣ありて、鼻より声を出すもの、口より声を出すもの、或は下腹より、或は胸腹より、或は首筋より、或は襟元より、或は額に熱汗をそゝぎて語るもの、或は眼に秋波を漂はせつゝ語るもの、其流儀に各差別あれども、之を云ふは野暮の沙汰、唯だ茲には其各々の十八番(だしもの)を掲げんのみ。

 岡本美家登司(桐竹あい・三十三年)小栗判官鬼鹿毛厩の段

 岡本美家栄 (矢部ゑい・二十年)白藤源太喧嘩場の段

 岡本小美名尾(岩橋ゑい・二十六年)明烏浦里部屋の段

 岡本美名王斉(岩橋いま・四十三年)千両幟稲川内の段

 岡本美津松 (岩田ふく・二十六年)景清牢破りの段

 岡本二蝶  (山崎とら・二十年)お俊伝兵衛猿廻しの段

 岡本美家菊 (大井きく・十七年)園春栄吉新吉原夜桜茶屋場の段

 岡本美津栄 (後藤ちよ・十五年)お染久松油屋の段

 岡本小美家栄(大西たね・十二年)葛の葉子別れの段

〈編者註〉「寄席めぐり」もこの二回だけで終わっている。



【参考資料】その二

◇共楽会(南地演舞場)に出た噺家たち 

〈編者註〉共楽会に出演した噺家を大阪朝日新聞、大阪毎日新聞の出演予告欄より抜き出し一覧表にまとめた。実見記があるものは落語のみを書き抜いた。予告と実際が違っている場合が散見されるが、わかる限り註釈欄で補った。なお共楽会については明治26年の欄を参照されたい。

【明治29年】

第三十一回(126日)

露はらい(桂三遊)、京名所(笑福亭福助)、鏡ケ池操の松影・続(三遊亭円馬)、落語のはきよせ(桂文

枝)、音曲話平井権八芳原通(三遊亭花遊)

〈編者註〉「三遊の落語愛の上幾許進歩の色を添へ、花遊の白井権八廓通ひ、此素話もなかなか妙」(128

日 大阪毎日)

第三十二回(223日)

 露払ひ(桂三遊)、卯の日詣で(月亭小文都)、人情噺堀部安兵衛伝(春風亭南柳)、妾宅の内幕(桂米団治)、音曲話裏のうら(三遊亭花遊)三枚起請(曽呂利新左衛門)、伊勢参宮(桂藤兵衛)、

〈編者註〉「落語の中にて南柳の堀部安兵衛の伝、頗ぶる達弁にて、己れが笑ふてかゝつて聴衆に笑はせる趣向はよし。米団治の妾宅の内幕、当会にては珍らしき顔、流石三友派の大達者の価値あり。花遊の裏のうら、相変らず面白かりしもいつも同じクスグリばかりはチト蒼蝿かりき。新左衛門の三枚起証、老練でか贅を省きて短簡に演つては居れど、同会の聴衆に斯んな下品な話しはせずもがな。藤兵衛の伊勢参宮は下座の無き為め三十石を演りて大当りを得りしは手柄」(225日 大阪毎日)

第三十三回(315日)

 露はらひ(桂三遊)、親子の情愛(三遊亭遊八)、七五三の中浮れの遊び(桂かしく)、音曲話五月幟(三

遊亭円若)、新内明烏夢の淡雪(鶴賀若辰)

〈編者註〉「落語にてはかしくの注連の内浮れの遊びは達者に饒舌りて面白く、円若の五月幟は流石東京風だけにオチに至りて品よし。若辰の新内姥が餅は淡泊として却つて後の端歌で喝采を博せり」(317日 大阪毎日)

第三十四回(523日)

 露はらひ(笑福亭三代松)、三人無筆(桂梅団治)、洒落按摩(桂かしく)、音曲話掛取り(三遊亭円若)、岸沢廿四孝狐火の段(柳家妻八)、夢の通路(式亭三馬)

〈編者註〉「円若の浮連の掛取は落語中第一の好評なり。妻八の岸沢節の狐火は出しものがあしき故か格別感

服せず。三馬の落語夢の通路は実に夢の如し」525日 大阪毎日)

第三十五回(621日)

 御祝儀(桂小枝)、書生車(桂文屋)、替玉(桂三五郎)、盗賊の挨拶(桂柏枝)、

〈編者註〉「柏枝の子は鎹は達者と云ふのみ」(623日 大阪毎日)

第三十六回(75日)三陸大海嘯被害者救恤義捐の会

御祝儀(桂小枝)、無筆の惑乱(桂文屋)、八陣守護本城(竹本都)、宝船(三遊亭円馬)、落語吹寄せ(桂文枝)、

〈編者註〉この共楽会は三陸大海嘯被害者救恤義捐の会として行われた。79日付「大阪朝日新聞」には二百六十六円十八銭が寄付され、七十名の連名が記されている。その中に桂文枝、桂小文枝、三遊亭円馬、桂柏枝、桂小枝、月亭文都、曽呂利新左衛門、笑福亭福松、桂文団治、東やつこ、三遊亭円子、桂松団治の名がみえる。また712日付「大阪毎日新聞」は「共楽会の義捐金 去る五日に開会したる同会の収入金高は四百二十六円二十六銭五厘にして、此内百六十九円四十一銭五厘の実費を差引、残金二百五十六円八十五銭は我社に託して三陸海嘯罹災者へ義捐したり」と報じている。

第三十七回(726日)

御祝儀(笑福亭三代松)、春の空都の遊び(桂米喬)、音曲話(橘屋小しめ)、新作海嘯惨話(全亭武生)、紺屋違(橘屋円喬)清元、三都浮世節(立花家橘之助)、清元夕立(橘屋喬之助)

〈編者註〉「円喬の落語は殊更に聴衆に堪能させ、喬之助の清元も実に子供の様になき咽の調子で語り出し満

場大喝采なりし。橘之助の浮世節は普通の出来」(728日 大阪毎日)

第三十八回(927日)

御祝儀(桂三遊)冬遊び(桂柏枝)、富士松浄瑠璃夕霧廓文章(立花家花子)

〈編者註〉「聴くものにては橘屋花子の富士松浄瑠璃、盤上に珠を転ばすが如き妙音、但声低く一般に聞えざりしは憾みなり」(929 大阪朝日)

第三十九回(1010日)

落語(笑福亭三代松)音曲話稽古処(三遊亭円若)

第四十回(1122日)

 御祝儀(三遊)、今時の争論(文屋)、樟脳玉(小文枝)、常磐津子宝三番叟(三遊亭三子)

第四十一回(1122日)

 御祝儀(桂松団治)、掛合立話(梅団治・米朝)


◇共遊会(新町婦徳会場)に出た噺家たち 

【明治29年】

第四回(112日)

 御祝儀(桂三遊)、正月丁稚(桂文屋)、常月夜芳原万灯(三遊亭花遊)、七福神宝船(三遊亭円馬)、清元四季三番叟(立花家若橘)、狂花故郷の花婿(曽呂利新左衛門)、箒屋娘(桂小文枝)

第五回(22日)  

御祝儀(桂三遊)、双児の対面(福助)、臨時開業(南光)

第六回(31日)

御祝儀(笑福亭三代松)、野ざらし(笑福亭梅鶴)、老松(笑福亭福太郎)、妾宅通ひ(桂かしく)、音曲噺滑稽関所(三遊亭円若)、親子酒引抜大文字屋(笑福亭福松)、舞・島原かむろ(曽呂利新左衛門)、四の字ぎらい(三遊亭円馬)

第七回(412日)

  御祝儀(桂小枝)、桜の宮仇討(桂文屋)、大仏餅(三遊亭円馬)、皿廻し(三遊亭左伝治)

第八回(53日)

御祝儀(笑福亭三代松)、狂歌家主(笑福亭梅鶴)、士族の商法(式亭三馬)、うらの裏(笑福亭福松)線
 香の立切(曽呂利新左衛門)

第九回(67日)

御祝儀(笑福亭三代松)吹寄せ(笑福亭福丸)二人癖(笑福亭米喬)、クッシャミ講釈(笑福亭松光)、棒

屋(笑福亭福松)

第十回(74日)

御祝儀(桂小枝)、冬の遊び(桂柏枝)、守り神(桂小文治)、文七元結(三遊亭円馬)、土産の葛籠(新

左衛門・文団治・福松・文都)、桂吹寄(桂文枝)

〈編者註〉三陸大海嘯遭難者へ義捐の為め臨時会を開く。

第十一回(720日) 

無学の議論(桂文屋)、へその背くらべ(林家花丸)、琵琶軍談(西国坊明学)

第十二回(816日)

御祝儀(三代松)、高砂家(遊喬)、地獄めぐり(三遊亭円遊)、人情話青簾月松蔭(全亭武生)、清元賑

民寿万歳(立花家橘之助)

第十三回(922日)

御祝儀(三遊)、書生車(桂文屋)、長屋の宴会(桂三五郎)、平井権八の辻斬(三遊亭花遊)、奉公始め(林家花丸)

第十四回(1018日) 

御祝儀(笑福亭三代松)、嫉妬の火炎(桂かしく)、掛合噺松阪踊り(桂米朝・桂梅団治)、隅田の夕暮(三遊亭花遊)

第十五回(118日) 

落語(桂三遊)、改良穴探(桂文屋)、熨斗問答(笑福亭福助)、新地蔵めぐり(林家花丸)、滑稽噺(三

遊亭円馬)

第十六回(1213日)

御祝儀(笑福亭三代松)、西洋根問(桂小文都)、便利ぐるま(桂米団治)、揮毫・三長命(曽呂利新左衛

門)


◇偕楽会(今宮商業倶楽部)に出た噺家たち

【明治29年】

第十一回(110日)

御祝儀(桂三遊)、菊江仏壇(桂小文枝)、草花議論(林家花丸)。

第十二回(216日)

御祝儀(桂三遊)、音曲噺居候の湯屋番(三遊亭花遊)、音曲くらま下り宿屋(西国坊明学)、人情噺孝子

伝(三遊亭円馬)

第十三回(320日)

御祝儀(桂小枝)、先ぐりの仲裁(桂南光)、改良噺(真古亭真生)、壇浦兜軍記(宝集家金之助)

〈編者註〉偕楽会は昨年三月に共楽会と同趣旨で設立された会員制の演芸会。しかし十三回で終わったらし

く、これ以後の開催記録はない。

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ