明治31年

上方落語史料集成 明治31年(1898)一

明治3111日 大阪朝日新聞

<新年の落語席>

南区:○相生座 曽呂利新左衛門一座の落語  ○法善寺の金沢席 桂文枝小文枝翁家さん馬等の落語  ○安井いなり境内朝日席 桂扇枝一座の落語、岡本小光八の新内  ○清津 橋旧播重席 松鶴一座の落語家

東区:○淡路町幾代席 桂文三真生金之助の落語  ○内平野町神明社内常磐席 三友派一座の落語  ○平野町此花館 扇橋円若の落語

西区:○新町瓢亭席 桂文枝一派の落語  ○堀江賑江亭 曽呂利新左衛門桂文都一派の落語  ○江戸堀北通第二此花館 曽呂利一座の落語

北区:○亀の池席 明学坊、南光の落語  ○北の新地遊芸舘 桂文三真生金之助の落語

明治3111 京都日出新聞

興行案内 ▲パノラマ館 尾半、小半等の俄芸題は元旦年酒の賑ひ中将姫雪責、菅原四段目 ▲樋口席 馬井助、小馬八等の新内 ▲角の家 蜑の手踊 ▲笑福亭 円篤、木鶴等の落語 ▲瓢座 茶園、双春、瓢之助等の俄芸題は鏡山花見の場より奥庭まで寒紅梅、笹葉の露、所作事 ▲武田席 小梅、小捨等の新内 ▲吉村席 台湾風俗作人形 ▲福真亭 小雀、小昇、小菊等の浮れぶしにて読物は未定 ▲魯勢館 魯山、魯勢等の講談にて読物は楠公記、探偵小説明治の捕物、黒田大評定 ▲幾代席 藤兵衛等の落語 ▲菊の家 鼠と猫の曲芸 ▲井筒座 梅瓢、双六、チヨンキ等の俄にて芸題は雪の春 ▲笹の家 竹本富栄太夫等の女浄るり ▲琴生館 琴書等の講談、読物は後日誌、伊達大評定 ▲寿席 真玉斎の貝祭文 ▲河村座 美術活人形にて牡丹灯籠及実川延二郎の兵服を着けしものと其他種々 ▲大寅座 正玉、弥次郎兵衛、新玉等の俄、芸題は乞食茶屋、伊勢物語三ツ目、取違薬、活動騒動、扇屋熊谷、義理の浮世 ▲長谷川席 大蛇及び書画の曲書

明治3111 扶桑新聞

◇興行 ◎末廣座 本日より壮士演劇干城会一座にて興行◎新守座 本日より嵐珏太郎、實川庄三郎、尾上栄昇、浅尾勝太郎、中村紅雀、嵐寛十郎、市川新之助、山崎河蔵一座にて興行◎千歳座 本日より壮士演劇弥生義團一座にて興行◎音羽座 本日午前十二時より壮士演劇吾妻美團一座にて興行◎寶生座 本日より壮士演劇伊藤千里一座の興行◎笑福座 本日午後二時より女俳優坂東小米大谷友助、春吉等興行◎京枡座 本日午後五時より岡本美司代一座の説教芝居興行◎西栄座 本日午後二時より竹澤藤冶一座の曲独楽興行◎富本席 今晩より三遊亭圓龍、圓歌、小圓龍、龍馬等の一座怪談芝居噺興行◎盛豊座 今晩より名古屋市の常盤津語集あり興行◎橋又座 本日より柳亭左楽、笑福亭圓光一座の音曲昔噺常盤津等興行。常盤津は柳屋梅春◎清栄座 名古屋市清水町同座に於て本日午後六時より向三日間竹澤弥宗連の浄瑠璃温習あり◎寿亭 今晩より都小圓冶一座の浮かれ節興行◎正福座 本日より松旭斎天光女、鶴賀喜勢太夫一座の西洋手品音曲噺等興行◎岐阜市旭座 本日より女役者篠塚力代、西川春冶、篠塚周吉、嵐花昇、中村三津吉一座にて興行◎岐阜市美殿座 岐阜市美殿町の泉座は予て記せし如く今度改築して合資会社となし美殿座と改め本日より開場。大坂の市蔵、かほる、玉五郎、名古屋の幸十郎、猪三郎一座なり◎大垣町高砂座 本日より中村鶴五郎一座の興行あり◎大垣町寶福座 本日より神田関十郎一座の萬歳芝居興行◎半田妙見座 尾張知多郡半田町の妙見座に於て本日より旭マン丸の西洋手品興行◎高山町喜多座 飛騨高山町喜多座に於て本日より中村仲三郎、新駒屋新十郎一座にて興行

明治3111日 大阪朝日新聞

<笑福亭松竹>

◇可憐なる落語家 扇一本を命の綱に世を渡る落語家にも可憐らしき者あり。京都新京極の笑福亭に出勤してゐる落語家松竹(三十三年)といふは、暮の押詰めに予て贔負になる四条烏丸あたりの呉服商鯖江某(二十二年)の弁慶に連れられて西石垣の料亭ちもとへ飲みにゆき、こゝにて充分底を入れたる上、忘年にあつさりと散財するから来いと祇園新地新橋の山城屋と云ふへ流れ込み、馴染の美人二三名呼んですつちやん騒ぎに夜を更し後過より、洒落に太夫を呼び真実の年忘れをせうとの仰せ有難く悦んでお受をすると思ひの外、松竹は当惑の額撫で廻し、(後略:折角の御馳走ながら辞退したいという。どこかにいい女でもいるのかと問われ、いえ今年七十六歳になる母親が心配して待っているからといって帰る。「業体には似合ぬまでの可憐しさ」に客は手を打ち、その孝行をほめたという話)。

〈編者註〉三代目笑福亭松竹。のち四代目笑福亭松鶴を襲名する。

明治3119日 扶桑新聞

寿亭 今晩より柳亭左楽圓光柳葉等の一座にて興行

明治31114日 神戸又新日報

兵庫能福寺内松鶴座の落語 興行物めぐりの抽選に何の因果か我は松鶴座というを引当てぬ。夜風身にしむ今日此の頃山手辺から遠方わざわざ兵庫の果てまで出かくること何ばう堪つた話にあらねど社中に我代わらんという侠骨肌のものも居らねばア、また是非もなき次第と諦めて浙攊(せつれき)たる寒風に頬骨曝しつつ押出せしは去十日の夜の事なり去るほどにさても同座は能福寺を入て直ぐ右手に在り近頃修繕を加へしにや場内小綺麗にして居心地良きに尻落着けて出方連中如何にと見るほどに聞くほどに差代わり入代わりて罷りツン出たるもの前後七人何れも奇妙不可思議なる面構えに先づしん鏡の小男平面にて椎茸然たる、文昇の背のヒョロヒョロとして間抜け顔なる、小菊丸のイヤに沈着(ひつ)してしかも顔に締りのなさ、團輔の色黒うして宛がら黒仏を見るが如き乃至芝楽の頭辺赤く且つつるつるとして茹蛸にサも似たる等面のみ見ても既に可愛味充分なるに此怪しき連中が尚ほ何とか角とかお喋べりする事なれば夫れは夫れは面白くてテンとたまつた訳のものにあらず去れど其中にも自から巧者(じょうず)拙(へた)の差別はありてお臍で茶の沸し塩梅に甲乙相違あるこそ不思議に似て不思議にあらずか第一しん鏡の「づくねん寺」久しく楠社内湊亭で鍛え上げたる覚えの話し悪かろう筈なけれど大津絵節は彼の自慢ほどに聞かれず文昇又の名ホヤ文、題に依て好いときもあらんが此夜は只無暗に見台ブン殴りのみにて肝心の話振り面白からねば今一段満座の笑を買兼たり春柳しめ女二八の妙齢にて萬綠糞中一点紅という程の美貌にあらねど清元と浮世節中々の美声にて三味も随分鮮やかなり尚勉強すれば一層上達願いなからん努め慢心あるべからず小菊丸本年取って二十七才まだ修行中なればと彼が最初の言訳暗いか明るいか我ら一切知らねど落語に掛ては先輩も及ばぬ剛のものとかこの夜は二三のステ面白く「蝋燭食い」殊に好りし偉いぞ偉いぞ福丸の話はカヲ話にならねどチヤリ舞ステテコは彼の得意らしく五本扇の松づくし亦好評なり團輔其面の黒いが中に何処となく愛嬌なるもの溢れて席に着くや見物オツト聴衆の早や笑うてかかるは彼の一得なり此夜の話「虱茶屋」は存分張込で熱心にやつただけ充分お茶を沸かして堪能せり芝楽の左甚五郎は例の江戸弁爽やかなれども今一段の可笑しみに乏しく之れでは臍の宿替へ覚束(おぼつか)なし此他尚は言うべき廉は山々あれど追々後連の押掛けて楽屋狭しと招れ居れば我は先づ此処等で御免蒙る。

明治31116日 扶桑新聞

富本席 今晩より諸芸人集会にて興行する由なるが其名觸は小文里左楽延丸文福小東玉龍斎文里梅春圓光寶林若太夫真正天光女圓龍小圓龍小文福等なり

明治31120日 扶桑新聞

長谷川座落成 名古屋木挽町通傳馬橋南の運送店長谷川は予て納屋橋西に長谷川座なる寄席を建築の処今回落成せしに付き来二十日竣工の式を開く

明治31122日 扶桑新聞

橋又座 本日より昼間は桂文里笑福亭圓光の落語あり。夜は嵐伊呂久の萬歳興行

明治31126 京都日出新聞

俄師の死去 新京極大虎座に出勤中なりし俄師弥次郎兵衛は以前は馬鹿八と云ひて目下パノラマ館に出勤中の玉翁と共に十数年以前京都にて新聞俄を始めしものなるが旧冬以来脳病に罹りて加養中の処一昨日五十八歳を一期として黄泉の客となりしとは最と惜むべし

明治3121日 扶桑新聞

橋又座 本日より圓龍一座の音曲怪談噺等の興行ある由

寿亭 今晩より久屋町同亭に於て松旭斎天光女の手品及び桂文里、小文里、小文福、笑福亭圓光等の一座の興行

明治3121 京都日出新聞

興行案内 ▲井筒座は東京初下り竹本薩摩太夫、団六等一座の浄るり▲樋口席は馬井助等の新内▲パノラマ館は玉翁、尾半等の俄にて芸題は半丸親方ヲドケ幽霊、三日太平記喜平治住家の場、和合長屋予備の生立▲笑福亭は枝太郎、木鶴、三馬、小円太等の落語▲瓢座は一福、瓢之助、貴重等の俄にて芸題は勤王家の仇討▲長谷川席は蜥蜴(四尺五寸)の見世物▲魯勢館は魯山の講談にて読物は水戸黄門記、楠公記、探偵小説▲琴生館は琴書の講談にて読物は豊公美談、小説書生の魂▲寿席は真玉斎一座の貝祭文にて読物は水戸黄門記、太閤記、羽衣鉄五郎▲幾代席は桂藤兵衛一座に東京の柳升、枝女子、枝吉が加はりての落語▲大虎座は新玉等の俄にて芸題は世嗣の占、稲荷下し事件、菅原四段目等の外に曾て日出新聞に記載したる二万両裏廻はるはがね▲上田席は広津(ママ)当昇三味線岩助の浮れ節にて読物は一休一代記、玉川おいし、金子春太郎▲吉村席は台湾風俗人形の見世物▲桑の家は鳥獣動物会の見世物▲菊の家は仏蘭西美術活動人形の見世物▲笹の家は竹本富栄太夫一座の女浄るり▲河村席は女力持等なり

明治3126日 扶桑新聞

盛豊座 今晩より西洋手品音曲人情噺興行三遊亭圓龍、文里、小文里、笑福亭圓光、松旭斎天光女等出席する由

明治31211日 扶桑新聞

富本席 今晩より諸芸吹寄せ萬歳嵐伊呂久一座の興行又近日東京正本人情落語家柳亭朝蔵一座来り興行する筈なるが一座の顔揃は二代目桂文團冶鶴賀仲太夫柳亭左圓朝生小朝蔵小朝等にて何れも初めての来名なりと云う

明治31216日 扶桑新聞

富本席 今晩より予て記せし東京人情滑稽噺家柳亭朝蔵一座の興行あり

明治31227日 扶桑新聞

寶生座の仁輪賀 壮士芸人神原清三郎宮原保竹見清心東忠夫一座と大坂滑稽仁輪賀師寿玉斎亀幸楽茶楽田楽たにし一座合併して来三月一日午後二時より大須寶生座に於て仁輪賀興行

明治31228日 大阪朝日新聞

◇[広告]小生病気ニ付医師ノ差図ニ依リ諸談事御面会当分謝絶仕候此段知己諸君ヘ謹告ス/幾代亭 西村元蔵

明治31228 京都日出新聞

興行案内 ▲井筒座は竹本薩摩太夫、団六等一座の浄るり▲樋口席は馬井助等の新内▲パノラマ館は玉翁、尾半、小半の俄▲笑福亭は木鶴、三馬、小円太等の落語▲瓢座は一福、瓢之助等の俄▲長谷川席は動物見世物▲魯勢館は魯山等の講談にて読物は楠公記、水戸黄門記、太閤記▲琴生館は琴書等の講談にて読物は前月の読残り▲寿席は真玉斎等の貝祭文▲幾代席は桂藤兵衛一座の落語▲大虎座は新玉一座の俄▲上田席は広沢当昇等の浮れ節▲吉村席は八幡の薮知らずの見世物▲桑の家は鳥獣動物会の見世物▲菊の家は催眠術と力くらべ▲笹の家は竹本富栄太夫等の女浄るり▲河村座は福島亀吉一座の娘足芸等にて▲新京極三条下る東側の空地には松村社中の曲馬あり

明治3131日 神戸又新日報

市内興行物案内 ▲楠公社前大黒座は例の白虎隊の一座にて壮士芝居▲相生座は是調一座にて芝居▲楠公社内湊亭は松喬、圓若、團輔、小文、笑幸[松光]外数名にて落語▲同菊の亭は女浄瑠璃▲同菊の家は岡本末廣、廣澤團丸、玉川綱冶、岡本鶴冶の一座にて浮れ節▲楠社西門塀の側旭亭は神田伯龍、玉田玉圓、神田一龍の一座にて軍談講釈▲西門筋馬力座は犬芝居▲同福井座は男身振り芝居▲福原口鏡亭は中川小伊勢一座にて浮れ節▲橘通卯楽亭は女浄瑠璃▲兵庫弁天社内亀甲亭は別項の通り▲三川口町近江亭は花川■司一座にて浮れ節▲羽阪通二丁目の昌福亭は竹本種吉、同小廣、鶴川一蝶、同金糸、鳥羽家語蝶一座にて操り人形浄瑠璃▲能福寺松鶴座は従前の一座に松光、圓若、小文都の三名が加わり落語▲東出町日向社内日本座は尚義隊一座にて壮士芝居▲東出町中道亭は三省社一瓢其他の一座にて軍談講釈▲湊町湊虎亭は神田伯鱗、新門亭龍玉の一座にて軍談講釈▲兵庫明治座は市朔、鯉三郎の一座にて芝居▲加納町岩井座は矢張り共遊團一座にて壮士芝居▲葺合村共進亭は京山花丸外二三名にて浮れ節▲瀧道の大西亭は小雀、三京一座にて浮れ節▲三宮三楽亭は増田南北一座の軍談講釈▲三宮社内朝日座は昨日記載の通嵐守太郎一座にて芝居▲同寶座事東亭は笑福亭松鶴、翁家扇馬、柳三、三代松、文雀、桂茂兵衛等の一座にて落語▲葺合村大安亭は菊本文蝶の一座にて浮れ節

明治3131日 扶桑新聞

盛豊座 今晩より三遊亭圓龍一座柳亭朝蔵一座合併興行

富本席 本日より三遊亭左圓遊一座の音曲滑稽ばなし興行

明治3132 京都日出新聞

枝太郎の艶福 鼻鹿々々と丸で掃溜にでも落ちてゐるかの様に安ぽく冷評すが中には却々隅に置けぬ色男もある先月二十日の夜宮川町の貸座敷山さとから蔦勇(二十四年)と云ふ自前芸妓を聘げたのは室町通錦小路辺の呉服屋の手代何の某と云ふ是も矢張自前芸妓君勇の弗旦那である某平素から新京極笑福亭の落語家松竹が大の贔負なので直に松竹を呼に遣て此上に松竹の相方の春吉といふ芸妓を聘で都合五人連で笑福亭へ出懸けたスルト切前に出たのが彼の柳亭枝太郎(二十五年)で男前は薩張り物にならぬが例の江戸ツ子調子の程が好て愛嬌が滴るほど有るので蔦勇は面白い男だ可愛らしい男だと変な気になツた間もなく談が果ると仝伴の連中は御幸町四条の菊水へ行く相談になツたが是れ幸ひと蔦勇はお客に縋て枝太郎を呼に遣り六人連で賑やかに菊水へ繰込んで酒を飲み鶏肉を喰ひ始めた蔦勇は始終枝太郎に秋波を注ツてゐる枝太郎も恋の電気に感じたと見え目に物を云はせて居る軈て一同こゝを切り上げて宿坊へ帰へり又た飲めや唄への大散財を遣つた後某は枝太郎を膝元へ呼び付け私は此後松竹仝様にお前を贔負にしたいが今夜は大分遅くなツたから帰へらずと娼妓でも抱て寝て呉れと云ふと傍にゐる君勇は密と某の袂を引て側へ呼び娼妓さんを当がうのは余り不粋といふもの夫よか何より蔦勇さんが枝太郎さんに惚れてゐる容子だから寧そ雑魚寝で本望を遂させて遣た方が粹な捌方ではないかと細語と夫は至極妙だと某も承知して乃で枝太郎蔦勇、松竹春吉と対を取て寝る事にした一同床に就てから三十分も経ぬ中蔦勇は枝太郎に戦を挑んだかの様子であるスルト松竹は知らぬ振でエヘンと咳嗽をすると両人は空鼾をかいて一時を誤魔化したが何でも寝静ツてから奥の一間で本望を達したか達せぬか其辺の天機は容易に漏らす事は出来ない然し翌朝枝太郎が便所へ行と蔦勇が躡て来てジツと枝太郎の手を握緊め一生棄てちや不可ませんよと言ツた夫からと云ふものは蔦勇は他の客から身揚費を貪ツて枝太郎を毎晩のやうに山さとへ呼寄せこゝ天国と快楽を味うてゐたが兎角浮世は花に風!月に村雲!枝太郎は拠所ない事情があツて不日東京へ帰らなければならぬ身となツた併し枝太郎は此事を蔦勇に告げずに素齒抜を喰せようと思ふてゐる、アノ此処な罪な枝太郎!若し後で蔦勇が聞いたら発狂でも仕兼ぬであろうと昨今廓で非常な評判である

<編者註>この枝太郎は、東京の噺家で、音曲落語

明治313211日 大阪朝日新聞

<友楽会>

◇友楽会の初会 演芸矯風と慈善の趣意を以て内平野町神明常磐席の城戸正男、平野町此花館の藤原重助の両名が発起人となり友楽会といふを起し、毎月一回づゝ南地演舞場に於て開会し、芸人を選抜して出演せしめ、会費中より実費を除き残余は積金として災害に罹りしもの及び貧民を救恤する筈にて、其第一回を来る七八日頃に開かんと目下準備中なりといふ。(32日)

◇友楽会(第一回) 予て記したる如く演芸矯風の目的を以て組織されたる友楽会は彌々明十二日正十二時より南地演舞場にて第一回を開演するよしにて、其出し物は落語都名所巡り(福雀)、浮世根問(三五郎)、滑稽掛合噺(花咲・雁篤)、音曲噺七段がへし(円子)、同箱根関所(つばめ)、落語菊江仏壇(小文枝)、同梅若七兵衛(円馬)、浄瑠璃阿波鳴門(竹本浪鶴)、大功記十段目(団昇)、同四谷怪談伊右衛門住処家(此太夫)、恋女房十段目(さの改文字太夫)、西洋手品(正一)、魯国物語(喜代丸)、狂言清水(林源次郎・堀井仙助)、講談義士銘々伝(魯山)、喜劇紙屑籠(鶴家団十郎一座)、西洋運動桶抜(奥田社中)、土人踊(南洋土人)、法師唄那須野(中平・菊富・菊塚)、剣舞(静間小次郎)、開会の主旨(福井茂兵衛)、懴悔話(木村猛夫)、舞正月(堀江丸谷繁子)、同老松(小森新)、同北洲(市川米十郎)、同奥庭遊び(堀江京房梅勇・梅菊・丸三・俊子)、同山姥(同油屋松子・松菊)、同文屋(小伝治・宮女伝五郎)、同閨の扇(南地墨馬若久・糠田屋うた)、人形二人道成寺(紋十郎・玉造)(311日)

〈編者註〉内平野町神明常磐席の城戸正男と平野町此花館の藤原重助の三友派の席主が発起人となっているのが特徴。会そのものは従来の様式と同じだが、他に比べさすがに名のある落語家が出ている。本年は五回開催された。出演の落語家と演目は以下のとおり(大阪毎日新聞も参考にした)。

 第二回(四月二十四日) 三遊亭円若、笑福亭福松

第三回(五月二十九日) 須磨名所(桂かしは)、花の旅(笑福亭福雀)、夕涼(東家花咲・桝家雁徳)、恋の花見(三遊亭しう雀)、音曲(新古亭真正)、義士銘々伝(柳家柳升)、西洋土産(ブラツク)

第四回(七月三日)   村祭り(桂我都)、苫が嶋(笑福亭福雀)、曽我物語かけ合(東家花咲・桝家雁篤)、柔術息子(三遊亭好三)、菊石妾(桂かしく)、五段目八卦(桂米喬)、恋の熊鷹(曽呂利新左衛門)

第五回(十月二十三日) 播州巡り(福雀)、新民法(文屋)、素人車夫(米団治)、三枚起請(柏枝)、浮世節新関所(円若)、道中八景(がん篤・花咲)、曲引東土産(露紅)

明治3134日 香川新報

◇片原町天神社内肥梅閣は、昨日より大阪下り桂三之助一座の二○加噺開演。

<編者註>桂三之助:二代目桂文三の弟子で、後広島に住み、幇間をする傍ら、一座を組んで中国四国地方を巡業していた。初代ざこばの師匠。

明治3134日 扶桑新聞

寿亭 今晩より三遊亭圓龍一座にて興行

明治31312 新愛知

梅本座の人情噺 東京の落語家柳亭朝蔵の一座が本日より東芳野町の梅本座にて滑稽音曲人情噺し等を興行

明治31313日 大阪朝日新聞

<林家花丸>

◇大尽は箱廻し (前略:先月二十八日、河内の川口祐雄という大尽が新町の茶屋亀屋で二日まで居続けして)、新町扇屋の席に出て居る落語家花丸といふは面ろい奴ぢやから呼びにやれとの御意に、早速おゝ(おちょぼ)走らすれば、花丸は是まで左様なお大尽さまに御贔負になつた事はなけれどお召とあらば辞退すべきにあらずと、早速参上してお弁慶役を勤め、ちと気を変へて外の廓へ御案内いたしませうと北の新町の房重へ連れゆき、こゝにて又津川の君松、お藤等を始め奇麗首並べて一昨々日までの流連に、大尽は懐中に持合せたる二百二十四円の金皆使ひ棄て、跡には僅か一円しか残らねば、流石の大尽も少し心細くなり、福島に知人があれば其処まで一寸行て来ると一昨日午後三時ごろぶらり房重を出て福島にゆく途中、南署の特務取押へ一寸来いと引致したり。(後略:大尽の正体は難波新町中筋紀の正の箱廻しで、店の金を着服しての豪遊だった)。

明治31326日 大阪毎日新聞

<共遊会・共恵会>

◇共遊会(二十七回) 新町婦徳会場修繕の為め中絶せし同会は明廿七日正午より同場にて開会する由なるが、其番組は落語にて出替どき(井筒)、浮世床(都雀)、親子茶屋(金玉)、講釈の鼻(芦丸)、軽口振付稽古屋(延枝・勢三・由八)、軽業、西洋土産(川西運動会)、手品名産取寄(竹田貞一)、物真似紋尽し(貴谷・花元・九勝・扇笑)、狂言伯母の酒(林源二郎・叶子)、喜劇乗合船(鶴家団十郎一座)、音曲にて新内明烏(岡本小美君)、清元清心(岸の家小歌)、浄瑠理一谷流し枝(木原席むめ・川岸席だい)、地歌春の曲(法師菊原・豊重・尺八都山)、常磐津常磐松島(常磐津林中・男佐太夫・小金井太夫・糸岸沢式佐・和佐吉・芝喜作)、長唄吉原雀(吉村伊十郎・岡安喜代八・糸杵屋六左衛門・同長三郎・笛住田又七・小皷望月長佐久・太鼓同久三郎)、ヒーヲラ、ブワイオレン合奏浦嶋(さがの屋社中)、独逸ガロツフー(大阪音楽倶楽部)、舞にて足柄山(那須さい子・宮崎ゑん子)、小鍛冶引抜き春の遊び(木原席広菊・小梅・広鶴・ゆき・房鶴・つね)、吉野山(むめ・近作・地方政吉・小大・亀竜・さく・しづ)、隅田花(市川升蔵)、文屋(市川染五郎)等なり。

〈編者註〉本年は二十七回から三十四回の八回開催されたが、六月例会から「共恵会」と改称している。例のよって大阪毎日新聞により出演の落語家と演目だけ書き抜く。

 第二十八回(五月一日)   (落語の記載なし)

 第二十九回(六月五日)   軽口松阪踊り(ばい〳〵亭由八等)、落語根問(緑連貴鶴)、落語百軒長屋(浮亭梅幸)、人情噺西洋土産(石井ブラツク)

 第三十回(七月十日)    三枚起請(金之助)、百人坊主(梅幸)、忠臣八卦(紅雀)、天災(木鶴)、軽口浪花鑑(延枝・勢三)、物真似紋尽し(花元・砂子)

第三十一回(九月十一日)  歌合(紅雀)、廓の意気地(梅幸)、辻占(木鶴)、丹うどん(井筒)、軽口忠臣蔵七ツ目(延枝・勢三)、声色紋ぢらし(花元)

第三十二回(十月十七日)  御祝儀(金玉)、初天神(歌笑)、桜んぼ(梅幸)、声色妹背山(貴谷・花元・扇笑)

第三十三回(十一月二十八日)東の旅(都蝶)、箱家丁稚(都若)、百年目(家笑)、懸取(梅幸)、子誉めかけ合(伊三丸・都若)、物真似忠臣蔵七(保間・花元・貴谷)

第三十四回(十二月十八日) 落語御祝儀(浮れ亭歌笑)、須磨名所(浮世亭伊三丸)、春雨茶屋(都亭児楠正)、牛ほめ(桂亭花朝)、滑稽掛合噺(みどり連金玉・延枝)、万歳(浮れ亭梅幸・〇〇亭都若)、声色紋づくし(花元・扇若)

明治31331日 大阪朝日新聞

<靭館の開業>

◇うつぼ館 今度西区新天満橋筋羽子板橋西へ入北側に新築したる浄瑠璃寄席うつぼ舘は本日開業の式を挙ぐる由に聞けり。

明治3141 京都日出新聞

興行案内 ▲福井座は前月の打越しにて竹沢藤治一座の曲独楽▲祇園館は今一日だけ鶴沢友次郎の追善浄瑠理にて後は来る十日頃より万歳俄開演の筈▲井筒座は来る五日迄竹本薩摩太夫一座の浄るり▲パノラマ館は玉翁、尾半、小半等の俄にて芸題は婚礼の宿替、怨みの鎌▲長谷川席は柳原周蔵の活動写真▲角の家は常の家一座の女手踊▲笑福亭は木鶴、柳朝、円篤等の落語▲瓢座は富士円、一福、瓢之助等の俄にて芸題は横恋慕、壮士滑稽俄▲樋口席は馬蝶、馬井助等の新内▲吉村席は山雀の曲芸▲福真舎は光正、玉吉、秀吉等の浮れ節にて読物は女侠客誉の錦、大坂三人男白浪五人男▲魯勢館は魯山の講談にて読物は楠公記、探偵小説銀座両替屋敷殺し▲桑島席は七化男、鬼娘の見世物▲幾代席は桂藤兵衛等の落語▲菊の家は水晶高殿さぐり▲河村席は来る五日まで娘足芸、後は台湾人の手品▲笹の家は竹本富栄太夫一座の女浄るり▲琴生館は琴書等の講談にて読物は青柳草紙、三国誌▲寿席は真玉斎の貝祭文にて読物は太閤記、義士銘々伝▲大虎座は新玉、正玉等の俄にて芸題は廓文章、怪談

明治3141 神戸又新日報

広告/昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當四月一日より、舊一座へ桂かしく及東都に有名なる音曲師柳家つばめの新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭

市内興行物案内 ▲楠社前大黒座は當狂言は鼠小僧を四五日ごろまで打ち通す筈▲楠社内菊の亭は女義太夫▲同菊の家は吉田小久、岡本梅丸、都小徳、吉田小奈良、宮川豊國、吉田久丸一座にて浮れ節▲同湊亭は之れまでの一座へ柳屋つばめにかしくが加わりて落語に音曲▲相生座は矢張り是調、玉之亟一座にて芝居▲楠社西門塀の側旭亭は伯鱗、呑山の一座にて軍談講釈▲西門筋馬力座は勉強隊の一座にて壮士仁輪加▲同福井座は未定▲福原口鏡亭は東竹次、京山光次、玉川綱次外二三名の一座にて浮れ節▲橘通橘亭は■村八重山、砂川幸三、玉村八重菊、花川島芳の一座にて貝祭文▲裁判所前菊水亭は笑福亭柳三、青柳枝女、翁家扇馬、桂小南、笑福亭三代松、三遊亭圓四郎、同竹馬、同木亜之助、桂文雀、笑福亭松太郎、同松喬、桂茂兵衛、同文昇、三遊亭圓喬の一座にて落語▲加納町岩井座は矢張壮士役者共遊團の一座にて壮士芝居▲葺合村三光亭は竹川花丸の一座にて浮れ節▲同共進亭は中山小石、吉田小音丸、吉田菊の一座にて浮れ節▲瀧道大西亭は京山恭安の一座にて浮れ節▲三宮町三楽亭は一天龍光の一座にて軍談講釈▲葺合村大安亭は都武之助、京山光次、廣澤小寅の一座にて浮れ節▲元町五丁目橋本亭は神田貞三、青柳堂燕柳の一座にて軍談講釈▲兵庫湊町湊虎亭は伯龍、一条の軍談講釈▲中の土橋橋詰中道亭は金玉、南公の軍談講釈▲算所町明治座は正義隊の芝居

明治31421日 扶桑新聞

富本席 今晩より笑福亭語竹一座東京滑稽噺し補助には東京常盤津浮世節あり連中は桂文福、文馬、延丸、東司、玉輔なり

明治31426 扶桑新聞

富本席は昨日より都小圓冶、東川小龍、都圓朝合併一座の浮かれ節興行中なるが尚近日三遊亭遊輔が久々に乗込東京滑稽噺しを興行する由其前連中は瀬川語喬、古今亭新左、三遊亭鶴輔、岸澤和佐吉、三遊亭遊好、同亀輔、同一輔


上方落語史料集成 明治31年(1898)二

明治3151 京都日出新聞

興行案内 ▲祇園館は百美人水彩画にて前月よりの打越し▲パノラマ館は尾半、玉翁等の俄にて芸題はいろはの気立二幕、中二十四孝四段目、切日吉丸三段目にて一日より開場▲長谷川席は針竜の見せ物▲角の家は猿芝居▲笑福亭は木鶴、小円太一座の落語に東京新下り松林若円の講談三百有余年前の珍品清正公御遺物陳列▲幾代席は桂藤兵衛一座の落語▲吉村席はの見世物▲瓢座は瓢之助一座の俄にて芸題は浜真砂通し、切豊国踊り▲福真舎は光正、玉吉、秀吉等の浮れ節、読物は女侠客誉の錦、白浪五人男、大坂三人男▲魯生館は魯山の講談にて読物は楠公記、探偵小説銀座両替屋殺し▲桑島席は血塊の見せ物▲菊の家は水晶の高楼探り▲川村座は台湾生蕃の手品▲笹の家は竹本富栄太夫一座の浄るり▲琴書館は琴書の講談にて読物は豊臣合戦記、探偵小説▲寿席は真玉斎小燕の貝祭文にて読物は和歌浦誉武勇稲垣芳丸伝、豊臣軍記姉川合戦記▲大虎座は馬鹿八、新玉等の俄にて芸題は性は善心中の泥棒通し、切志度寺▲日和家は桂藤兵衛一座の落語

明治3151日 神戸又新日報

市内興行物案内 ▲大黒座は従前の通り獅漢の一座にて芝居▲楠社内菊の亭は女義太夫▲同菊の家は廣澤虎吉、同當昇、同竹丸、京山峰丸、都小鳥の一座にて浮れ節▲同湊亭は舊一座へ都々逸坊歌扇、笑福亭勝鶴、桂梅團冶、月亭文都が加わり落語▲相生座は別項の通り▲楠社西門塀の側旭亭は玉房斎外二三名の一座にて軍談講釈▲西門筋馬力座はエツクス光線作用見世物▲同福井座は神風隊一座にて壮士演劇▲橘通卯楽亭は女浄瑠璃▲橘通橘亭は砂川小三、玉村八重吉、玉村小金山外二三名の一座にて貝祭文▲福原口鏡亭は都小鶴、菊本松女、吉田龍丸、旭喜閣外数名の一座にて浮れ節▲裁判所前菊水亭はこれまでの一座へ吾竹、三若、小文冶、福助の新顔が加わりて落語▲三宮社内朝日座は矢張り守太郎一座にて芝居▲同東亭は三遊亭圓喬、桂小南、翁屋扇馬、笑福亭柳三、同三代松、桂文雀、同文昇、同茂兵衛外数名の一座にて落語▲加納町岩井座は芝居▲葺合村共進亭は廣澤當昇、同菊丸改め寅吉の一座にて浮れ節▲瀧道大西亭は都小徳、吉田久丸外数名にて浮れ節▲葺合村大安亭は美津七、三佐司、美津吉、美津里、若亀、二見等の一座にて人形入り新内▲元町五丁目橋本亭は砂川一生入道、玉村小八重、玉村金山、晴雲子小梅外数名にて貝祭文▲葺合村明進亭は宮川豊國外数名の一座にて浮れ節▲兵庫新道通り近江亭は吉田小音丸、中川小伊勢の一座にて浮れ節▲能福寺内松鶴亭は舊一座に東京下り圓喬、歌扇、大坂梅團冶、梅鶴の四名が加わり落語、中入りの前に昌福亭福枝の手品▲南逆瀬川町戎座は正義美團苦楽隊の一座にて壮士仁輪加▲新川浮橋の三福亭は吉田小音丸、中川小伊勢の浮れ節▲中土橋側三楽亭は旭堂南明、藤井南龍の一座にて軍談講釈▲湊町の湊虎亭は神田一龍、同伯龍の一座にて軍談講釈▲羽阪通昌福亭は圓喬一座に桂梅笑、三遊亭福太郎、桂文昇、桂扇朝、笑福亭柳三等が加わり景物入りの落語▲切戸町の永楽亭は荒川綱冶の一座にて浮れ節等なり

明治3151日 新愛知

富本席の滑稽噺 此程も一寸ものしたる如く愈々本日夜より冨澤町の富本席にて久々のお目見として三遊亭遊輔其他語喬、しん左、和佐吉、遊好、鶴輔、亀輔、一輔らの一座が出席して滑稽音曲噺しを興行

明治3156日 大阪朝日新聞

◇京の踊 賑ひし京の踊も五日にて終を告げんと定まりしかば、一昨四日は朝来好天気を幸ひに、踊らねば折角の趣向も空しくならんとて、朝の十時頃より次第々々に踊り出でたり。先登第一太閤坦に踊り登りしは京都桂派(落語家)の連中にて、派長藤兵衛、頭に三十石の形を戴き、手に揖を携へたる船頭姿にて舟歌を歌ひ、その他の面々はこれに従うて囃し行き…。

〈編者註〉太閤新廟完成祝いの豊公祭で、数日間京都は賑わった。

明治3159 京都日出新聞

祇園館と幾代席 花見小路祇園館は源氏節岡本勝治一座にて本日より開場又新京極幾代席にては是迄の顔へ昨夜より東京下りの三遊亭円生、司馬竜生、橘家喬雀、橘家喬生等が加はりたりと

明治31517 新愛知

富本席の東京人情滑稽噺 東京の落語家中柳派師匠株春風亭柳枝の門人にて追ては柳枝の名跡相続すべき春風亭小柳枝が小柳太、枝雀、小柳三、小やな、やなぎ等と共に明日より富澤町の富本席にて初お目見出勤人情滑稽噺し並びに清元浮世節などもあると云ふ評判

明治31518日 岐阜日日新聞

◇関本座の落語 今小町の関本座にて一昨夜より十日間、東京落語家三遊亭遊輔、立花家語喬、三遊亭一輔等の一座にて、音曲吹寄談(はな)し興行中なるが、客の頤をはずすほど面白とて非常の大入大評判。

明治31520日 海南新聞

◇松山市松前町朝日座に於て興行中なりし吉田政吉一座の浮れ節は、一昨夜にて打ちあげ、入れ代わって三遊亭圓松、集福亭の大怪談昨夜より興行。

明治31524日 新愛知

橋又座の音曲滑稽噺 三遊亭遊輔、語喬、しん左、豚輔、一輔等の一座が本日より巾下外田町の橋又座にて音曲滑稽噺を興行

寿亭の人情怪談手踊 三遊亭圓龍、文太郎、龍寿、左向、信光、文圑冶、歌扇等の一座が本日夜より久屋町の寿亭にて人情怪談幻燈芝居はなし手踊等を興行

明治31526 扶桑新聞

富本席の小柳枝一座は愈々本日限り打揚げ其後に明、明後の両夜三遊亭遊輔一座名残興行として地付の落語家合併の研究会を興行

明治31528 京都日出新聞

桂連の一世一代 一世一代の語の怪しきは既に古くからいひ伝へて一世一度の誤まりなれども芸人社会の通り符帳と見れば差支へもなからん新京極幾代席の桂連中は来る六月二日三日の両日間慾張を兼て一世一代の諸芸大寄を行なふ後見は桂藤兵衛、催主は桂藤竜にて出席芸人は左の如くなりと

芝楽円篤木鶴福篤璃鶴小円木三松松竹福丸三円長次郎三馬小円太魯山馬井助琴書美名亀藤之助枝太郎しん吾藤翁藤太郎藤枝藤遊文里柳枝藤作藤誠文哥

<編者註>この当時、講釈師を除いて、笑福亭と幾代亭に出演していた落語家が分る貴重な記事

明治31530 新愛知

富本席の落語研究会 東京の落語家春風亭小柳枝の一座が富澤町の富本座にて興行は愈々本日を以つて千秋楽とし明、明後の両日は夫の三遊亭遊輔の一座が當市お名残として滞在中の諸芸人と合併して同席にて落語研究会と云ふを興行なすと云へり。

同席の助六一座 飛だり跳たり変つた趣向で人気ある東京の芝居噺し五代目雷門助六が初お目見として来る一日より富本席にて興行其連中は助六を始め岸の家妻八、春風亭柳賀、雷門助平、助八、鬼一、助丸等なるが大切には大道具入俳優声色の芝居噺ありと云ふ評判

明治31531日 扶桑新聞

富本席は明一日夜より東京芝居噺五代目雷門助六一座初目見得前連は岸の家妻八、春風亭柳賀、雷門助平、助八、鬼一、助丸等にて大切は大道具入にて役者の声色を聞かすと云う

明治31531日 大阪朝日新聞

◇幾代席は二日三日の両日、桂藤龍の引祝として諸芸大寄せ。

明治31531 京都日出新聞

興行案内 ▲長谷川席は猿芝居▲樋口席は馬蝶、馬井助の新内▲吉村席は水中糸引人形角の家は鬼女の像▲笑福亭は木鶴、小円太、若円等落語▲瓢座は富士円、一福、瓢之助の俄にて芸題は東土産かすみお藤▲福真舎は光正、玉吉、秀吉等の浮れ節▲幾代席は桂藤兵衛等の落語▲河村席は池田義一の大曲芸▲琴書館は琴書講談にて読物は柳川庄八郎伝記、塩原多助伝▲寿席は真玉斎の貝祭文にて読物は曽我夜討▲大虎座は新玉、正玉、馬鹿八等の俄芸題は芸妓の魂胆、切安達原三段目等▲花見小路祇園館は岡本勝治の源氏節

明治3161日 神戸又新日報

市内興行物案内 ▲楠社前大黒座は矢張壮士俳優大成團一座にて芝居▲相生座は東京初下り市川寿美蔵一座にて芝居▲楠社内湊亭はこれまでの一座へ曾呂利新左衛門、文我、柳朝、小松外数名加えて落語▲同菊の亭は別項の通り▲同菊の家は廣澤小菊丸、同國丸、同菊次、京山大恭の一座にて浮れ節▲裁判所前菊水亭は浄瑠璃▲楠社西門塀の側旭亭は燕玉、堂燕玉の一座にて軍談講釈▲西門筋馬力座は女浄瑠璃▲同福井座は双蝶、東蝶、たにし、茶臼数名の一座にて仁輪加▲橘通卯楽亭は女浄瑠璃▲橘通五丁目榮亭は玉村金山、同岩山、荒川富士義、砂川春元外数名の一座にて貝祭文▲福原口鏡亭は荒川綱冶一座にて浮れ節▲三宮町三楽亭は旭堂南明、南龍の一座にて軍談講釈▲三宮社内朝日座は芝居▲同東亭は前月通り三遊亭圓喬外数名の一座にて落語▲加納町岩井座は矢張り共遊團一座にて壮士芝居▲葺合村橘亭は竹本長勇、同喜笑、同和泉、同美鳥、同松風、同一鳳外数名の一座にて女浄瑠璃▲葺合村共進亭は宮川松朝、松鶴外数名の一座にて浮れ節▲兵庫算所町明治座は芝居▲湊町湊虎亭は東西南北燕玉の一座にて軍談講釈▲葺合村大安亭は松朝等の浮れ節▲瀧道大西亭は京山慶次外数名の一座にて浮れ節▲弁天社内亀甲亭は浄瑠璃▲水木通二丁目三遊亭は吉田松鶴、吉田龍虎、吉田奈良女、吉田小富の一座にて浮れ節▲新道近江亭は荒川清の一座にて浮れ節▲羽阪通三丁目昌福亭は三遊亭圓喬一座にて景物付き改良昔噺し▲逆瀬川町能福寺社内松鶴亭はこれまでの一座に桂文我が加わり昔落語▲切戸町榮亭は廣澤當昇一座にて浮れ節▲南逆瀬川町戎座は東昇、米花、留丸、梅蝶、友枝、正蝶等の一座にて改良仁輪加▲浮橋の三福亭は小雀、小昇の一座にて浮れ節▲西出町日向神社社内の日本座は素人浄瑠璃▲同町中道亭は三省社兵馬の一座にて軍談講釈

明治3161日 神戸又新日報

◇広告/昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當六月一日より、舊一座へ笑福亭福枝、桂文我、曾呂利新左衛門の新顔を差加え興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭

明治3161日 新愛知

盛豊座の怪談手踊 東京の圓龍、小圓、左國、龍寿、歌扇、信光等の一座が本日夜より下園町の盛豊座にて改良怪談手踊などを興行

富本の東京芝居噺 本日の広告にもある如く富澤町の富本席にては愈々本日夜より東京上等落語雷門助六をはじめ妻八、柳賀、助平、助八、鬼一、助丸等の一座にて興行

明治3162 京都日出新聞

演芸大会 松林若円は会幹となり来る五日正午より五時半までと夕六時半より十時半までの二回に別ち新京極受楽亭に於て茶話会を開き余興として演芸大会を催し講談師、落語家其他の芸人出席し夫々得意のものを演ずる由

明治31617 海南新聞

◇松山三番町寿座に於て十四日より開場中なる扇橋等の人情及滑稽噺一座は東京大坂合併の由なるが、扇橋の人情噺、柳寿斎の三味線曲弾、就中聞くべさ小團女の出席は鳥渡目先がかわりて客足を引模様なり。木戸一銭九厘、坐十二銭、割一人三銭、風呂三銭、座布団一銭。

明治31623日 海南新聞

◇松山市小唐人町二丁目新栄座に於て、本日より柳亭左楽一座の演劇興行。

明治31618日 新愛知

朝日座の東京芝居噺 昨夜まで富本席にて興行し居たる東京の芝居噺雷門助六の連中が本日より三州豊橋の朝日座にて興行

明治31624日 大阪朝日新聞

◇南区法善寺金沢席に出て居る噺家桂梅喬(二十九年)は昨日午前九時突然南署へ引致さる。

明治31627日 新愛知

富本席の今様落語 東京のやまと新聞付録に投票の結果、西の大関に揚げられし東京の今様落語家三遊亭遊七が當市へ初お目見として近々に富沢町の富本席へ出席、其一座は音曲噺橘家圓左衛門、チャリ浄瑠璃豊竹喜昇軒、三味線鶴澤亀子、滑稽噺三遊亭七林、七福、七蔵等にて

明治31630日 新愛知

富本座の遊七一座 既載の如く東京の今様ばなし三遊亭遊七を始め圓左衛門、喜昇軒、亀子、七林、七蔵等の一座は愈々明一日より冨澤町の富本席にて初お目見興行

明治3171 京都日出新聞

興行案内 ▲パノラマ館は尾半、玉翁等の俄、芸題は時雨傘宿無団七二幕、関の戸一幕、神経鰒鍋滑稽三幕▲角の家は押絵細工の見世物▲笑福亭は木鶴、小円太、円篤等の落語▲喜魯館は西尾魯山の講談にて読物は日蓮記、探偵小説▲吉村席は稲荷山鳥居抜▲福真亭は浮れ節▲幾代席は桂藤兵衛三笑亭芝楽等の落語▲桑島席は八足の牛の見世物▲川村席は活動写真▲田村席は女手踊▲笹の家は錦影絵の幻灯▲琴書館は琴書の講談にて読物は中山記、塩原多助伝▲寿席は真玉斎の貝祭文にて読物は蛇およし▲大虎座は馬鹿八、東玉等の俄にて芸題は毒婦お政四幕、切橋弁慶等なり又四条南座は既記の如く大坂俄師鶴家団十郎等の俄

明治3178日 新愛知

橋又座の遊七一座 目下冨澤町の富本席にて興行中なる東京の落語家三遊亭遊七並びに橘家圓左衛門、豊竹喜昇軒、三遊亭七蔵、七林、鶴澤亀子等一座の音曲滑稽人情噺浄瑠璃等を本日より右の富本席と掛持にて巾下外田町の橋又座にて興行

盛豊座の和洋手品 関井斎湖の一座が本日より下園町の盛豊座にて催眠術並びに大道具入和洋手品と音曲人情噺を興行

明治31714日 大阪朝日新聞

◇[広告]松林若円病気欠勤ノ処軽快相成来ル十五日ヨリ出講致候何卒御愛聴ヲ乞/三友派落語定興行場 北堀江賑江亭 平野町此花館

明治31717日 扶桑新聞

朝日座 三州豊橋町の朝日座にて昨十六日夜より三遊亭遊七の東京人情噺興行

明治31717 新愛知

富本席の東京音曲人情噺 東京の落語家橘家圓好始め三遊亭圓花、遊奴、花遊、三七、進好、右雀等の一座が當市初お目見として明一日夜より冨澤町の富本席にて東京音曲人情滑稽噺し等を興行との評判

橋又座の柴笛と落語 目下富本席に興行中なる西京の笑福亭一座夫の柴笛の東長次郎其他三圓、璃鶴、福枝、小圓、勝左等は明一日夜より巾下外田町の橋又座にて音曲噺しを興行

明治31731日 扶桑新聞

富本席 明八月一日より橘家圓好一座の音曲人情落語あり出席人は三遊亭圓花、花遊、喜遊、進好、三七、右桂等なり

外田町橋又座に於ては八月一日夜より予て富本席に於て久々喝采を博せし笑福亭一座の音曲噺し並びに柴笛の秘術を奏演する由

明治3181 京都日出新聞

興行案内 ▲京極座は「シネマトグラフ」▲喜魯館は西尾魯山の講談、読物は慶安太平記、探偵小説海陸大盗賊▲瓢座は天地逆転返し▲吉村席は西洋手品一心▲樋口席は馬井助等の新内▲福真舎は岡本鶴次、仝鶴丸一座の浮れ節読物は玉川およし、切られ与三郎▲角の家は大蛇及び駝鳥の見世物▲桑島席は足芸▲幾代席は桂藤兵衛一座に桂文枝、三遊亭しう雀を加へたる落語▲河村座は「ダーク」の操人形▲菊の家は娘手踊▲笹の家は錦写絵の見世物▲琴書館は琴書の講談にて読物は御日記、鼠小僧、浜松松兵衛伝▲寿席は真玉斎小燕貝祭文にて読物は太閤記、江戸七人男▲阪井座、大虎座及び常盤座は何れも休業

明治31871314日 大阪朝日新聞

<東京落語一座>

◇三遊連の来阪 東京三遊亭の団遊、円太郎、橘之助、むらく等十数名、明八日梅田に着し翌九日より浪花座に出勤して銘々得意の技芸を演ずるよし。(87日)

◇[広告]東京落語一座/橘家橘之助 朝寝坊むらく 橘家円太郎 三遊亭円遊道頓堀浪花座813日)

◇素噺しの名人三遊派の愛嬌鼻円遊を心にしてお饒舌の達者連、浪花座に乗込み、三寸不爛の舌頭を以て残暑を舐り尽さんとするよしは前号にも記しゝが、連中一同景気よく、既に乗込み昨晩より得意の愛嬌をふり撒く。(814日)

明治3187 芸備日々新聞

◇三友派の落語 このたび大阪より乗込みし三友派の松光、文我、小文都、かしく杯いう一連は本月二日より其滑かなる舌を鼓して聴衆の頤を外し居るべぞ。其寄席は中島集産場鶴の席なるが、右はいずれも若手なるよし。

<編者註>「芸能懇話 文我出席控第四巻」に「八月一日より広島市中島かんショ場鶴の席」とあり。詳しくは同書参照。

初下り桂文我、笑福亭福三、かつら我楽、初下り月亭小文都、かつら文らく、桂生瀬、笑福亭松光、桂かしく、はやしくろ徳、仕打神戸平野

明治31814 新愛知

福寿亭の音曲滑稽噺 東京の三遊亭圓好、圓花、右雀、花遊、三七、喜好、好三等の一座が明日より大須内前の福寿亭にて音曲噺を興行

明治31814 台湾日日新報

◇幸亭の慈善演芸 城内文武廟街の寄席幸亭にては本日より慈善演芸を興行し其収入を挙げて今回の風水害罹災者救助義捐に投ずるよし芸題は軽口(桂小文字)はなし(同文字丸)人情噺(古今亭しん喬)新内(富士松小君)講談(松林伯寿)昔はなし(桂文字助)器用芸(ジヤグラ渡)うかれぶし(吉田虎丸)浄瑠璃(竹本錦竜)等なりと云ふ

明治31815 新愛知

富本席の人情滑稽噺 いつも人気は冨澤町の富本席にて本日より東京人情滑稽噺し入船亭扇橋が久々のお目見其前連中は、髯の家鯰、桂文福、桂文馬、三遊亭花遊、遊好、圓花等なり定めし面白い事なるべし。

明治31816 京都日出新聞

京都座 新京極の仝座は過日来活動写真の見世物を興行せしが一昨日にて千秋楽とし更らに昨日より石井ブラツクの人情咄しを始め余興として仝人の「マジツク」及び催眠術を見する由

明治31822日 新愛知

橋又座の人情音曲噺 東京の落語家三遊亭遊好、圓花、里寿、三七、花遊、喜好等の一座が明日より巾下外田町橋又座にて人情音曲滑稽噺を興行

明治31821日 大阪朝日新聞

◇演芸開筵 今明の両日、夕景より島の内大宝寺町心斎橋西入る宝生舘にて松林若円の催せる演芸会あり。出席者は目下浪花座に来て居る円遊、橘之助、円太郎、むらく并に大阪三友派の月亭文都、福松、新左衛門、文団次、米団次、円若等にて、催主若円は法の花と題し東本願寺現法主の伝記を演述するよし。

明治31823 新愛知

富本席の落語研究會 一名穴探しとも云うべきか、冨澤町の富本席にて本日より落語研究會と云うを興行す、其議長は村瀬榮、便語子(べんごし)柴田友親(ともちか)、代議士星藤平、弁子数名にて其落語中重言、片言の穴探したる来客へ土産ものを差出すと云う至極面白い趣向

明治31830日 扶桑新聞

寶生座 壮士演劇武知元良一座は今回其組織を改め中京團と称し本日より大須寶生座に於て開場。役者は亀井鉄骨、河合半之助、川面理三郎、佐々木一郎、五味國太郎以下十数名。

明治31830 新愛知

笑福座の説教源氏節 俗にかごやと云う岡本美狭松の一座が本日午後五時より橋詰町の笑福座にて説教源氏節手踊にて興行

富本席の萬國奇術 此程の本紙紙上に一寸掲げし如く東京より初お目見として萬國奇術の榊一心一座はいよいよ本日より冨澤町の富本席にて興行其前に面白い滑稽噺も沢山ありと云う

福寿亭の合併噺と講談 東京の落語家入船亭扇橋、髯の家鯰と西京の笑福亭八百蔵等合併一座が本日夜より大須門前の福寿亭にて人情滑稽噺を興行又講談師高田伯龍が同亭にて本日午後一時より五時三十分まで読物は来客の好み次第にて開演

明治31831 京都日出新聞

興行案内 ▲京極座は石井ブラツクの西洋人情咄し余興に西洋手品▲喜魯館は魯山の講談にて読物は日清戦争実記、太閤記、柳生旅日記▲東栄館は旭堂南右講談にて読物は黄門記、柳生旅日記、桧山実記▲琴書館は琴書講談にて野飼駒、日清戦争実記▲笑福亭は東京落語三遊亭円遊、橘家橘之助、橘家円太郎一座▲幾代席は東京落語橘家円好、春風亭柳升、柳家枝女子其他藤兵衛一座▲パノラマ館休▲寿席は貝祭文真玉斎、女太夫玉村八重吉、仝小里女にて読物は慶安太平記、義士銘々伝、白井権八▲井筒座休▲角の家は猿芝居▲瓢座は富士円、一福、瓢之助の俄にて芸題は悪の報ひ▲河村席は福集亭当桝の改良怪談早替り▲大虎座は新玉、正玉、東玉の俄にて芸題は石川五右衛門壬生村道化、中菅原車引、切新作物▲吉村席は伊東辰之助の硝子曲芸▲福真舎はうかれぶし▲樋口席は馬井助一座の新内▲笹の家写画▲常盤座は休▲菊の家は娘手踊

上方落語史料集成 明治31年(1898)三

明治3191日 神戸又新日報

◇広告/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當九月一日より、舊一座へ月亭小文都、笑福亭圓若の新顔を差加え興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭

明治319812日 大阪朝日新聞

◇中元祝賀会 明後十日道頓堀中座にて行ふ筈なりし中元祝賀会は一日繰上げて明九日に開会することゝなりぬ。其順序は第一会主が開会の挨拶、第二三友派の落語、第三同派の軽口、第四奥田社中の運動、第五東京下り小円太の清元、第六竹田貞一の奇術あり。夫より諸商品の福引を五十番行ひて中入をなし、更に笑福亭福松の福引に因む手踊、曽呂利新左衛門の福引画揮毫、片岡我当の挨拶(同優は予て一趣向ありし由なれども歌舞伎座の初日が当日となりければ差支を生じ繰合せの上一寸挨拶に顔を出す事としたるなりとぞ)、了つて又諸商品の福引を行ひてのち団十郎一座のにはかと住太夫の義太夫壷坂寺ありて閉会するとなり。(98日)

◇中元祝賀会 前に記しゝ如く一昨日午後八時より道頓堀中座にて催しぬ。入場者は二千名余りにて会主の挨拶、三友派の落語踊り、住太夫の浄瑠璃、竹田貞一の手品等ありしが、がや〳〵と騒ぎ廻る混雑に紛れて見る事も聞くこともならず、又福引に釣られて出掛けし者は唯馬鹿々々しと溢して立ち去りしとぞ。(912日)

明治31913日 神戸又新日報

菊水亭の女上るり 裁判所前の寄席同亭へは今度東京初下り竹本國鶴、國里、國久、浪子、小浪其他三味線鶴澤伝八の一座が乗込み大切りは総掛合にて花々しく興行する由

明治31915日 大阪朝日新聞

<三遊亭円生の娘>

◇来葉の落籍沙汰 京都祇園新地にて名妓の一人に数へられし来葉(本名立岩ふき二十年)が、今度五条通り不明門角の鹿の子商田中宇三郎(二十四年)に落籍されて廃業する事になつた仔細を聞くに、此来葉は東京浅草七軒町に住む三遊亭円生事立岩勝次郎の娘にて、十一歳の時に両親に連られて京都に来りしに、円生の女房は同地の芸妓の優美なる風姿を見て、我娘をも此地に留め、往々は父の助けをもする程の芸妓にしたいものと、夫婦相談の上、娘ふきを祇園新地の井里楼に預けて金五十円を借受けたり。爾来ふきは来葉と名乗りて舞妓に出たる処、美人の上に諸芸に秀であれば、次第に好評を得て、多くの芸舞妓中屈指の名妓となり、一昨年襟替の後は一層評判よく、今売盛りの真最中、去五月井里と約束の年季満ち、更に三箇月礼奉公をして、先月限にて全く自由の身体となりたれば、井里にては折角是までにしたる妓を手放すは惜しいと、父円生に談じて来葉を養女に貰ひ受け、引続き芸妓を稼がせたき存念なりしかど、来葉は此際断然廃業し、再び褄を持たぬ決心にて、其よし父に云送りたれば、円生に於ても其意に同し、井里の談合を断りたり。(後略:その後田中宇三郎より縁談の申込みがあり、番頭丁稚を合せて十人ほども奉公人のある立派な家なれば円生も大乗り気で、めでたく後妻におさまったという話)。

明治31914日 新愛知

<圓太郎死亡報道その1>

橘家圓太郎死を 東京落語家三遊派の老練二代目橘家圓太郎は先頃より圓遊、橘之助等の共に大阪道頓堀の浪花座に出勤し好評を得夫より圓遊等と共に京都新京極の笑福亭に出席中胃病と勝気症に罹り休業療養中の処終に一昨朝冥土市喇叭町の蓮台亭へ乗込みしと圓太郎馬車とも言われし喇叭老人を惜しい事へ

明治31919日 神戸又新日報

<圓太郎死亡報道その2>

◇圓太郎の生死 高座にて喇叭を吹く事十年一日の如く、遂に乗合馬車をして圓太郎馬車の名を負わせ満都人士の贔屓を受け、六百の落語家中随一の愛嬌者として知られたる立花家圓太郎(五十四)は、先頃同門圓遊、橘之助等と一座して大坂に赴き同地を打上げ後、京都に乗込み笑福亭に於て興行し、追っては神戸へも乗込み筈なりし所、フト病気に罹り遂に病没したりとの事。或る新聞紙上に伝えられしより、東京なる師匠圓朝の如きは、贔屓客の悔みを受けて、イエ未だ私共へは何等の知らせも御座いませぬが、大病の事、左様の凶事に立致りましたか、同人は今を去る三十五年前元冶の頃よりの弟子にて、五人男とまで天晴の真打になりましたが、惜しい者を無くしました。恐らく彼程の音曲に精通した者は最早御座いません、とサメザメと師弟の情に落胆なせしというが、右は如何なる誤聞にや。同人は去十六日の夜、圓遊と共に帰京なし自宅治療中なれど、病気の都合にては、和泉町なる第二医院に入院する筈なりと。極楽亭へ乗込みしと思いし名物男の帰京は何よりの慶事なりと祝する人多しとぞ。今同人の来歴を聞くに、本名を石井菊松と呼び、元は浅草堀田原の紺屋職人なりしが、三十余年前、圓朝が両国の寄席にて芝居噺を演じ居りし頃定連にて、毎夜聴きに来り楽屋に入り、道具の手伝等をなし、遂に圓朝の弟子となりて、萬朝と呼びしが、無筆の上余程覚えも悪く、都々一の文句一つを覚えるにも三日位懸り、五百の顔という落し噺を一月懸って漸く覚えし程の男なれど、熱心にて調子が好きより客受けは甚だ宜(よ)しく、之れで物覚えが好きなら無類の落語家になるならんと噂されしが、其後圓好と改め遂に圓太郎となりたり。この名は圓朝の実父の名にて、圓朝がこの名を継せたるは、同人は師匠思いの上芸に熱心なりし故にて、圓朝は常に圓太郎を我が出席する席の前座に遣い、今日までも一方ならず愛し居れり。然(さ)れば若い頃は、圓朝の出る座敷へは常に伴われ、無邪気なる男とて其行為に自然の滑稽を顕わし、愛嬌となりさい事も少なからず。茲に二三記せば、圓朝と供に或る座敷へ招かれし時も、落語の冒頭(まくら)に「連中交(かわ)る交る御目通りを致しまして」と寄席で遣る通りを遣って却って大笑いを取り、又或る屋敷の用人に向い、鄭重(ていちょう)の挨拶をするとて、「この度、お座敷は、お広くて、お垣根の外はお田圃で御座りますが、お泥棒さんも、お這入りますまい。」と云い、又或客に連れられて圓朝と供に、代地の料亭川長の座敷へ行きしに、三十人前の薄塩に小鯛の頭ばかりを揃えて出したるを、圓太郎は茶碗の蓋を採り驚き、体にて同家の帳場に行き、「私し丈ならばよいが、お客様の分にまで骨ばかり入れては酷いじゃないか。」と云いしに、川長の主人も変り者故、態(わざ)と圓太郎に詫びたるが、其後又川長へ行きしに、今度は碗の中へ醤油を入れたるより、圓朝が此時、以前の心得違いより、碗が薄塩で出すのが料理番の腕を見せる所だと教えたるに、圓太郎は慌てて帳場へ駆出し、主人に向って以前の失策を平に詫びたりと。又或る時京橋の金沢亭へ、柳三遊合併にて出席せしに、同席は料理店松田が金主なれば、千秋楽の日、松田の主人が雇人等を引連れて聴きに来りしに、楽屋にて同連中なる燕枝が圓太郎に注意し、「大坂天満を作替えて、京橋煉瓦の松田屋で、こんな込む内や見た事ない」と唄えば、きっと大受けだと教えしに、圓太郎はやがて、之れを高座で唄うに、「京橋煉瓦の松田屋で、こんな臭い物喰うた事ない」と間違えて大失策となりしとか、又或る人が、同人に向い冗談半分で圓朝を悪く云いしに、圓太郎、「べらんべえ、うちの師匠は『木の下開山』だ!」と云いしは、秀吉(木下藤吉郎)の事までを間違いしものなるべしと。

<編者註>この二つの記事は誤報であったようで、後日の万朝報11月6日の記事(「明治の演芸(六)」より)に正確な記事が掲載されていた。同年11月4日没。

明治31927日 扶桑新聞

◇盛豊座 近日より日本太郎事大久保一郎が自由講談を興行す。

明治31930日 大阪朝日新聞

◇京都の十月興行 笑福亭の落語は木鶴、三馬、円篤の上に藤兵衛一門。幾代席の落語は柳升、枝太郎の上に南光。

明治31930 京都日出新聞

興行物案内 ▲喜魯館は講談にて魯山の読物は豊臣昇進録水戸黄門記横浜奇談琴暁の読物は菅原天神記▲河村座は奥田一座大軽業▲祇園館は岡本美代次一座の源氏節にて芸題は今模様箱崎文庫通し▲笑福亭は三馬藤兵衛木鶴藤之助円篤等の落語▲幾代席は柳升枝太郎南光等の落語▲パノラマ館玉翁尾半の一座にて芸題は前弥次郎兵衛喜多八中狂言菅原寺子屋切狂言新聞物▲妙福亭は鶴賀花治仝小里の新内節▲菊の家は娘手踊り▲樋口席は馬井助新内節▲琴生館は琴書の講談にて読物は慶安太平記▲東栄館は玉秀斎の講談にて読物は天神記関口武勇天保三勇士▲笹の家は女浄瑠璃豊竹三咲一座▲福真亭はうかれ節吉田松雀一座にて読物は水戸黄門記尼子十勇士おしゆん伝兵衛▲角の家は猿芝居▲寿席は真玉斎の貝祭文▲吉村席は硝子曲芸▲京極座は休業

明治31106 京都日出新聞

名弘めの大寄せ 新京極の噺し席笑福亭にては来る七月八日の両夜笑福亭福篤が今度久米輔と改名したる弘めとして大よせを催す由にて其補助としては桂藤兵衛、桂藤之助、其他俄師の尾半、玉翁、新玉、幾代席の桂枝太郎等何れも見物のお目にぶら下る由

明治31108 京都日出新聞

状さし(投書)▲桂藤兵衛さん多年幾代の座長であつたのに何故笑福亭へ出勤する様にしたのですか(中京一遊生

明治311013日 新愛知

福寿亭の東京新古人情噺 久々にて四代目為永春水が本日より大須門前の福寿亭にて開演の東京新古人情噺は、滋賀余聞津田の落雁と活不動甲斐祐天を二席づつなりと云う

明治311019 台湾日日新報

幸亭 大阪初下り中村正玉が来て文武廟街の幸亭は一昨十七日より開席する事に成り正玉初め才吉、小文字、春登代、しん喬、歳八重、万朝、鐘竜、文字助の面々にて浄瑠璃,かる口、人情噺、常盤津、ステヽコ踊、昔話等をするよし

明治311029 台湾日日新報

本日の幸亭 お駒才三鈴ケ森(才吉)播州名所(小文字)安達原一段目(春登代)大工嫁取話(しん喬)関取千両幟(歳八重)素人しるこ(万朝)先代萩御殿(鐘竜)三十石(文字助)逆踊(正玉)

明治311031 京都日出新聞

興行物案内 ▲琴書館 琴書の講談▲喜魯館 魯山の講談▲笑福亭 藤兵衛藤之助円之助円篤三馬の落語▲角の家 活動写真▲寿席 真玉斎の貝祭文▲河村座 洋犬大曲芸▲大虎座 東玉新玉馬鹿八一座の俄▲菊の家 地獄極楽器械人形▲妙福亭 鶴賀小花仝小里新内節▲パノラマ館 玉翁尾半半蝶の俄▲幾代席 文三小南文雀松竹の落語▲東栄館 自由講談日本太郎▲笹の家 竹本三咲女浄るり▲樋口席 馬蝶馬井助新内▲瓢座 瓢之助一座の俄▲福真舎 吉田家岩一浮れ節

明治31117日 大阪朝日新聞

<栄都館の開場>

◇栄都館 曾根崎字新道曾根崎学校の南方に栄都館と云へる寄席が出来て昨日より開業せり。出方は呂昇、照玉一座の女浄瑠璃。

明治311116日 扶桑新聞

富本席 橘家圓蔵一座の落語は愈々本日より興行す連中は橘家喬雀、同才蔵、三遊亭さん生、同ぽん太、鶴賀浦の助等なり

明治311116 京都日出新聞

新京極の笑福亭 愛嬌ものゝ頤無朝臣と呼れし桂藤兵衛藤原忠勝は前年来幾代亭を勤めて人気をとりしが何か都合ありて前々月より幾代を退き笑福亭へ入りて一座と倶に相変らず聴人を笑はせ居たるが今度同席へは東京の松林伯知来りて昨夜より偽支那人、鼬小僧、河内山宗春(ママ)の三題を以て勇弁をふるい居るといふ

明治311127日 大阪朝日新聞

◇葉書だより △大阪で赤塗人力車の三福対 医師吉益東洞、壮士俳優山岡如萍、落語家桂文三、能く揃つてる。(青車夫)

明治311130日 新愛知

富本席の東京音曲噺 浄瑠璃と音曲噺と来ては例も人気にかなう冨澤町の富本席にて明一日夜より東京初お目見として滑稽音曲噺の三遊亭三福を始め三輔、遊蔵、左喜蔵、福蔵、三子、春子、翫三、富士松登佐太夫等の一座が興行との評判相変らず好景気なるべし

明治311130日 扶桑新聞

富本席 明晩より三遊亭三福一座の東京落語あり

明治311130 京都日出新聞

興行案内 ▲大虎座は馬鹿八、東玉の俄にて芸題は忠臣蔵七ツ目迄、切は忘年会芸尽し▲河村座は特別大演習のパノラマ▲寿席は真玉斎の貝祭文▲阿波座は女浄瑠璃竹本三咲一座▲琴生館は琴書の講談にて読物は義士銘々伝、小説百万両▲菊の家は地獄極楽活人形▲東栄館は旭堂南右の講談▲福真亭は京徳の浮連節▲吉村席は肖像競▲喜魯館は魯山、琴暁の講談にて読物は義士銘々伝、源平盛衰記▲幾代席は小南、枝太郎、文明の落語▲瓢座は瓢之助一座の俄芸題は夢の掛橋▲笑福亭は桂藤兵衛一座の落語▲角の家はチウ〳〵太夫▲妙福亭は花路、小里の新内節▲パノラマ館は玉翁、尾半、茶好一座の俄芸題は石川五右衛門壬生村の段、鎌倉山道化▲竹の家は馬井助、歳太夫の新内節

明治31127日 神戸又新日報

◇百味箪笥 東京落語家若柳華嬢何か不都合ありて、情夫なる壮士俳優座光寺秀三郎に呼付(よびつ)けられしが、秀三郎は鉄瓶を取って放(なげつ)ける癖あるより、燕嬢早くも火鉢の鉄瓶を引ツ払い、鉄瓶もろ共何所(どこ)かへ欠落(かけおち)す。

明治31129 芸備日々新聞

<広島寿座の誕生>

笹置座改築について 本市畳屋町の笹置座改築の事は予て記したるが右に愈々一昨日より在来の建物を取潰しに着手したり而して日ならず改築するとならんがその竣成予定期日は七十日の見込みなり。聞く所によれば其改築費は僅か五千円足らずなればとてもこの広島という大都会に適当するだけの壮麗なる建築をなすに足りまじと或る人は云えり

<編者註>翌年三月二十八日寿座と改称して開場。定員千三百七十八名の広島を代表する劇場

明治311213日 神戸又新日報

第二回共遊會の演芸 第二回共遊會は例の如く一昨夜神港倶楽部に於て催されたるが相変らずの大入にて婦人六分に男性四分歌人支那人なども数名見えたり。第一番は「茶番狂言」なりしならんもそれは見ず・・・・・・○○亭都若という人の「曲独楽」如何に滑稽とは言え余り人を馬鹿にした古洒落にて歯にも何にも合つたものにあらず評なし・・・・・

明治311214日 扶桑新聞

富本席 本日より笑福亭八百蔵が人情はなし続物開演

明治311214日 大阪朝日新聞

<文芸館の開業>

◇[広告]西区松島千代崎橋西詰北入 かつら一派落語定席 文芸館 明十五日ヨリ開業
              

らくご 001
明治311216日 扶桑新聞
福寿亭 今晩より三遊亭三福一座が東京音曲落語興行
明治31年12月19日 神戸又新日報

<第二湊亭の開場>

第二湊亭 三宮社内なる寄席東(あずま)亭は今度楠社内湊亭の席主が借入れ目下修繕中なるが右は一月一日より第二湊亭と改称し出席の芸人を掛持ちにさせ、花々しく興行するとぞ。

明治311225日 大阪朝日新聞

◇[広告]謝近火御見舞 天神裏門 林家席・八蝶席 玉上辰蔵

◇[広告]近火の節は迅速御馳付被成下不取敢御礼申上候/大阪市北区大工町天神裏門 神理教権少教正 宮崎八十八

〈編者註〉二十三日正午頃天満大工町(天満天神裏門寄席南歌久の北隣)歯科医布施猶興宅の二階押入より出火。

明治311228日 新愛知

富本席の初興行 おなじみの女浄瑠璃竹本文之助を始め土佐駒、駒寿、文枝、駒輔、文司、すず吉、廣吉等の一座が来る一月一日夜より冨澤町の富本席にて初興行との評判

プロフィール

丸屋竹山人