明治31年

上方落語史料集成 明治31年(1898)1月~3月

明治3111日 大阪朝日新聞

◇大阪の落語席

南区:○相生座 曽呂利新左衛門一座の落語  ○法善寺の金沢席 桂文枝、小文枝、翁家さん馬等の落語  ○安井いなり境内朝日席 桂扇枝一座の落語、岡本小光八の新内  ○清津橋旧播重席 松鶴一座の落語

東区:○淡路町幾代席 桂文三、真生、金之助の落語  ○内平野町神明社内常磐席 三友派一座の落語  ○平野町此花館 扇橋、円若の落語

西区:○新町瓢亭席 桂文枝一派の落語  ○堀江賑江亭 曽呂利新左衛門、桂文都一派の落語  ○江戸堀北通第二此花館 曽呂利一座の落語

北区:○亀の池席 明学坊、南光の落語  ○北の新地遊芸舘 桂文三、真生、金之助の落語

〈編者註〉桂扇枝は文若(文雀)から二代目扇枝となった前の扇枝。詳細不明。端席の芸人か。扇橋は名古屋に本拠を置く七代目入船亭扇橋。詳細は不詳。円若は三遊亭円若。音曲師。真生、金之助は新古亭真生と宝集家金之助で夫婦。明治二十七年暮れに上方に来て、桂派に所属して珍芸や音曲で高座を賑わせている。

明治3111日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 藤兵衛等の落語

笑福亭 円篤、木鶴等の落語

〈編者註〉円篤は笑福亭円篤。東京で岡本美佐亀と名乗り音曲師として人気を博していたが、後二代目笑福亭松鶴の一門に入り、京都に居住した。木鶴は二代目笑福亭木鶴。二代目松鶴門人で、明治十三、四年ごろ二代目木鶴となる。ともに新京極笑福亭の真打格を勤めている。藤兵衛について111日付大阪毎日新聞に「幾代の藤兵衛、独り無い頤を撫でゝ贔負独占の姿なり」とある。

明治3111日 扶桑新聞

◇名古屋の落語席

富本席 今晩より三遊亭圓龍、圓歌、小圓龍、龍馬等の一座怪談芝居噺興行。

橋又座 本日より柳亭左楽、笑福亭圓光一座の音曲昔噺常盤津等興行。常盤津は柳屋梅春。

〈編者註〉三遊亭圓龍は長野県出身。最初上方で土橋亭龍喬(司馬龍喬)。明治十八年正月から東京に出向き、三遊亭円朝の門に入り円龍を貰い、地方廻りを専らにしたあと明治二十一年長野に帰り、同地の東亭の席主を兼ねた。その後も時々名古屋等に現れ、得意の道具入り怪談芝居噺を演じている。本名藤井久五郎。小圓龍は圓龍の息子。圓歌、龍馬は圓龍の弟子と思われるが詳細不祥。柳亭左楽は名古屋の左楽。笑福亭圓光は三代目松鶴門人。最初、初代梅枝(後の二代目藤兵衛)に入門して、梅寿(又は梅々)から藤鶴。二代目文昇門で文舎(文車)、更に三代目松鶴門で円光から明治37年に梅香を襲名する。俗に「呑んだの梅香」と言われ大酒飲みであった。

明治3111 大阪毎日新聞

◇新年内に於ける五花街の唄 例によりて五花街の新年祝ふ唄を聞得たれば左に記すべし。

新年の雪(本調子) 曽呂利新左衛門作・三遊亭円若調

明白む、新年の初口説、二人は積る雪の朝、庭に三ツ四ツちり梅の、花の足跡アレ戌の春

明治3111日 大阪朝日新聞

◇可憐なる落語家 扇一本を命の綱に世を渡る落語家にも可憐らしき者あり。京都新京極の笑福亭に出勤している落語家松竹(三十三年)といふは、暮の押詰めに予て贔負になる四条烏丸あたりの呉服商鯖江某(二十二年)の弁慶に連れられて西石垣の料亭ちもとへ飲みにゆき、こゝにて充分底を入れたる上、忘年にあつさりと散財するから来いと祇園新地新橋の山城屋と云ふへ流れ込み、馴染の美人二三名呼んですつちやん騒ぎに夜を更し後過より、洒落に太夫を呼び真実の年忘れをせうとの仰せ有難く悦んでお受をすると思ひの外、松竹は当惑の額撫で廻し、(後略:折角の御馳走ながら辞退したいという。どこかにいい女でもいるのかと問われ、いえ今年七十六歳になる母親が心配して待っているからといって帰る。「業体には似合ぬまでの可憐しさ」に客は手を打ち、その孝行をほめたという話)。

〈編者註〉松竹は三代目笑福亭松鶴の秘蔵弟子で三代目笑福亭松竹。のち四代目笑福亭松鶴を襲名する。

明治3119日 扶桑新聞

◇寿亭 今晩より柳亭左楽、圓光、柳葉等の一座にて興行。

明治31114日 神戸又新日報

◇兵庫能福寺内松鶴座の落語 興行物めぐりの抽選に何の因果か我は松鶴座というを引当てぬ。夜風身にしむ今日此の頃、山手辺から遠方わざわざ兵庫の果てまで出かくること何ばう堪つた話にあらねど、社中に我代わらんという侠骨肌のものも居らねばア、また是非もなき次第と諦めて浙攊(せつれき)たる寒風に頬骨曝しつつ押出せしは去十日の夜の事なり。

去るほどに、さても同座は能福寺を入て直ぐ右手に在り、近頃修繕を加へしにや、場内小綺麗にして居心地良きに尻落着けて、出方連中如何にと見るほどに聞くほどに、差代わり入代わりて罷りツン出たるもの前後七人、何れも奇妙不可思議なる面構えに、先づしん鏡の小男平面にて椎茸然たる、文昇の背のヒョロヒョロとして間抜け顔なる、小菊丸のイヤに沈着振(ぶっ)てしかも顔に締りのなさ、團輔の色黒うして宛がら黒仏を見るが如き、乃至芝楽の頭辺赤く且つつるつるとして茹蛸にサも似たる等面のみ見ても既に可愛味充分なるに、此怪しき連中が尚ほ何とか角とかお喋べりする事なれば、夫れは夫れは面白くてテンとたまつた訳のものにあらず。去れど其中にも自から巧者(じょうず)拙(へた)の差別はありて、お臍で茶の沸し塩梅に甲乙相違あるこそ不思議に似て不思議にあらずか。

第一しん鏡の「づくねん寺」、久しく楠社内湊亭で鍛え上げたる覚えの話し悪かろう筈なけれど、大津絵節は彼の自慢ほどに聞かれず。文昇又の名ホヤ文、題に依て好いときもあらんが、此夜は只無暗に見台ブン殴りのみにて肝心の話振り面白からねば、今一段満座の笑を買兼たり。春柳しめ女、二八の妙齢にて萬綠糞中一点紅という程の美貌にあらねど、清元と浮世節中々の美声にて三味も随分鮮やかなり。尚勉強すれば一層上達願いなからん、努め慢心あるべからず。小菊丸、本年取って二十七才、まだ修行中なればと彼が最初の言訳、暗いか明るいか我ら一切知らねど、落語に掛ては先輩も及ばぬ剛のものとか。この夜は二三のステテコ面白く「蝋燭食い」殊に好りし、偉いぞ偉いぞ。福丸の話はカラ話にならねど、チヤリ舞ステテコは彼の得意らしく、五本扇の松づくし亦好評なり。團輔、其面の黒いが中に何処となく愛嬌なるもの溢れて、席に着くや見物オツト聴衆の早や笑うてかかるは彼の一得なり。此夜の話「虱茶屋」は存分張込で熱心にやつただけ充分お茶を沸かして堪能せり。芝楽の左甚五郎は例の江戸弁爽やかなれども、今一段の可笑しみに乏しく、之れでは臍の宿替へ覚束(おぼつか)なし。此他尚は言うべき廉は山々あれど、追々後連の押掛けて楽屋狭しと招れ居れば、我は先づ此処等で御免蒙る。

〈編者註〉桂文昇(二代目)、桂団輔、林家しん鏡、林家小菊丸はこのころずっと神戸で活躍している(詳細は明治2821日付「神戸又新日報」の註釈他参照)。彼等の外見、噺ぶりが具体的に記されたのは今回が初めてで、貴重な記事。芝楽は三笑亭芝楽(原田熊次郎)。京都の芝楽(辻村藤三郎)とは無関係。辻村の芝楽はこの頃東京へ行っている。息子は佃屋白魚と名乗っていたが、京都で笑福亭福松の門に入り笑福亭福丸と改名した(明治2641日の註釈参照)。春柳しめ女は志女寿から志女と改める。美声の清元語りとして知られる。

明治31116日 扶桑新聞

◇富本席 今晩より諸芸人集会にて興行する由なるが、其名觸は小文里・左楽・延丸・文福・小東・玉龍斎・文里・梅春・圓光・寶林・若太夫・真正・天光女・圓龍・小圓龍・小文福等なり。

〈編者註〉諸芸人集会で落語家の判断は難しいが、文福・小文福(文福忰)・文里・小文里(文里忰)・圓龍・小圓龍(圓龍忰)・左楽・圓光は落語家だと思われる。文里の初代は二代目笑福亭木鶴(岡田文里)。二代目文里は『落語系図』に二人書かれている。一人は木鶴の息子で、もう一人は三代目笑福亭松鶴の弟子の鶴之助。由緒正しいのは勿論前者。この文里は後者の方で、巡業に出て勝手に文里を名乗ったようだ。小文里は息子。妻は手品師の松旭斎天光女(正月には名古屋の正福座に出ている)。この諸芸人集会は親子で高座を勤めている連中が多い。

明治31120日 扶桑新聞

◇長谷川座落成 名古屋木挽町通傳馬橋南の運送店長谷川は、予て納屋橋西に長谷川座なる寄席を建築の処、今回落成せしに付き来二十日竣工の式を開く。

明治31122日 扶桑新聞

◇橋又座 本日より昼間は桂文里、笑福亭圓光の落語あり。夜は嵐伊呂久の萬歳興行。

明治31126日 京都日出新聞

◇俄師の死去 新京極大虎座に出勤中なりし俄師弥次郎兵衛は以前は馬鹿八と云ひて目下パノラマ館に出勤中の玉翁と共に十数年以前京都にて新聞俄を始めしものなるが旧冬以来脳病に罹りて加養中の処一昨日五十八歳を一期として黄泉の客となりしとは最と惜むべし

明治31131日 大阪毎日新聞

◇東京より音曲噺しの柳家つばめが来阪し、明一日より堀江の賑江亭と平野町の此花館及び江戸堀第二此花館へ出勤するよし。

〈編者註〉柳家つばめは初代柳亭燕枝門人初代つばめ。明治二十七年つばめから春の家柳舛と改名したが、同二十九年二月につばめに復名した。音曲師。

明治3121日 扶桑新聞

◇橋又座 本日より圓龍一座の音曲怪談噺等の興行ある由

◇寿亭 今晩より久屋町同亭に於て松旭斎天光女の手品及び桂文里、小文里、小文福、笑福亭圓光等の一座の興行。

明治3121日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂藤兵衛一座に東京の柳升、枝女子、枝吉が加はりての落語。

笑福亭 枝太郎、木鶴、三馬、小円太等の落語。

〈編者註〉柳升は柳家つばめ。ここでは柳升の名で書かれている。枝女子は春風亭柳條(三代目春風亭柳枝門人・加藤力松)の娘(加藤よね)で、明治二十八年に花橘と改名したとあるが、馴染みの枝女子(柳家)を名乗ったのであろうか。明治十四年二月生。音曲手踊りの花形であったが、明治三十九年に早世した。枝吉は不詳。木鶴は二代目笑福亭木鶴。三馬は式亭三馬。東京の人で、春風亭柳鼠、土橋亭里ん馬を経て曽呂利新吾(新語)となり、のち式亭三馬または翁千歳と名乗った。小円太は橘家小円太。四代目三遊亭円生門人で、明治三十五年三月に五代目橘家円太郎を襲名する。長く京都で活躍した

明治3126日 扶桑新聞

◇盛豊座 今晩より西洋手品音曲人情噺興行三遊亭圓龍、文里、小文里、笑福亭圓光、松旭斎天光女等出席する由。

明治31211日 神戸又新日報

◇姫路の興行物 ……また竪町幾代席は、名古屋役者岡本美根尾一座の源氏節入の芝居にて、切に名古屋甚句の別品揃いには、狼連大のヒヤ〳〵。

明治31211日 扶桑新聞

◇富本席 今晩より諸芸吹寄せ萬歳嵐伊呂久一座の興行。又近日東京正本人情落語家柳亭朝蔵一座来り興行する筈なるが、一座の顔揃は二代目桂文團冶、鶴賀仲太夫、柳亭左圓、朝生、小朝蔵、小朝等にて何れも初めての来名なりと云う。

〈編者註〉柳亭朝蔵、及びその一座は連中は不詳。二代目桂文団治は大阪の文団治とは別人。詳細不祥。

明治31216日 扶桑新聞

◇富本席 今晩より予て記せし東京人情滑稽噺家柳亭朝蔵一座の興行あり。

明治31227日 扶桑新聞

◇寶生座の仁輪賀 壮士芸人神原清三郎宮原保竹見清心東忠夫一座と大坂滑稽仁輪賀師寿玉斎、亀幸楽、茶楽、田楽、たにし一座合併して来三月一日午後二時より大須寶生座に於て仁輪賀興行。

明治31228日 大阪朝日新聞

◇[広告]小生病気ニ付医師ノ差図ニ依リ諸談事御面会当分謝絶仕候此段知己諸君ヘ謹告ス/幾代亭 西村元蔵

明治31228日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂藤兵衛一座の落語

笑福亭 木鶴、三馬、小円太等の落語

明治3131日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠公社内湊亭 松喬、圓若、團輔、小文、松光外数名。

能福寺松鶴座 従前の一座に松光、圓若、小文都の三名が加わる。

三宮社内寶座事東亭 笑福亭松鶴、翁家扇馬、柳三、三代松、文雀、桂茂兵衛等の一座。

〈編者註〉編者註〉松喬三代目松鶴門人で笑福亭松喬、のち二代目林家染丸を襲名する。小文は団輔の息子。のち福松に預けられ小福松となる。松光初代笑福亭福松門人で初代笑福亭松光、「かんやん」の愛称で呼ばれた。小文都月亭文都の秘蔵弟子で月亭小文都。将来有望な若手だったが早逝した。笑福亭松鶴は三代目。桂派から三友派へ移ったがそこも離脱。名門でありながらこのころは端席廻りに甘んじている。翁家扇馬は五代目翁家さん馬門人、のちさん治(いかけやのさん治)となる。柳三は三代目松鶴門人で笑福亭柳三、のち慶士となる。三代松は三代目松鶴門人で笑福亭三代松。文雀二代目文昇門下の可昇が改名したもの。昨年夏迄は可昇で出ており、同年末か今年初めに改名したと思われる。のち京都に出て二代目扇枝を襲名する。桂茂兵衛は神戸の特別な会にだけ出演しているので、神戸の素人芸人であろう。

明治3131日 扶桑新聞

◇盛豊座 今晩より三遊亭圓龍一座柳亭朝蔵一座合併興行。

◇富本席 本日より三遊亭左圓遊一座の音曲滑稽ばなし興行。

〈編者註〉三遊亭左圓遊は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。のち二代目円遊を襲名するが、師匠のコピーの域を出ず、評判はいま一つであったそうだ。

明治3132日 京都日出新聞

◇枝太郎の艶福 鼻鹿々々と丸で掃溜にでも落ちているかの様に安ぽく冷評すが、中には却々隅に置けぬ色男もある。先月二十日の夜、宮川町の貸座敷山さとから、蔦勇(二十四年)と云ふ自前芸妓を聘げたのは室町通錦小路辺の呉服屋の手代何の某と云ふ、是も矢張自前芸妓君勇の弗旦那である某、平素から新京極笑福亭の落語家松竹が大の贔負なので、直に松竹を呼に遣て、此上に松竹の相方の春吉といふ芸妓を聘で、都合五人連で笑福亭へ出懸けた。スルト切前に出たのが彼の柳亭枝太郎(二十五年)で、男前は薩張り物にならぬが、例の江戸ツ子調子の程が好て愛嬌が滴るほど有るので、蔦勇は面白い男だ、可愛らしい男だと変な気になツた。間もなく談が果ると仝伴の連中は御幸町四条の菊水へ行く相談になツたが、是れ幸ひと蔦勇はお客に縋て枝太郎を呼に遣り、六人連で賑やかに菊水へ繰込んで酒を飲み鶏肉を喰ひ始めた。(後略:枝太郎が蔦勇にぞっこん惚れられる話)

〈編者註〉柳亭枝太郎は東京の噺家で四代目柳亭左楽(オットセイの左楽)の弟子。のち五代目左楽を襲名する。大正時代にしばしば大阪へ来て、反対派の席(南地花月ほか)へ出ている。

明治3134日 香川新報

◇片原町天神社内肥梅閣は、昨日より大阪下り桂三之助一座の二○加噺開演。

〈編者註〉桂三之助は二代目桂文三の弟子で、後広島に住み、幇間をする傍ら、一座を組んで中国四国地方を巡業していた。初代ざこばの師匠。

明治3134日 扶桑新聞

◇寿亭 今晩より三遊亭圓龍一座にて興行

明治31312日 新愛知

◇梅本座の人情噺 東京の落語家柳亭朝蔵の一座が本日より東芳野町の梅本座にて滑稽音曲人情噺し等を興行。

明治31313日 大阪朝日新聞

◇大尽は箱廻し(前略:先月二十八日、河内の川口祐雄という大尽が新町の茶屋亀屋で二日まで居続けして)、新町扇屋の席に出て居る落語家花丸といふは面ろい奴ぢやから呼びにやれとの御意に、早速おゝ(おちょぼ)走らすれば、花丸は是まで左様なお大尽さまに御贔負になつた事はなけれどお召とあらば辞退すべきにあらずと、早速参上してお弁慶役を勤め、ちと気を変へて外の廓へ御案内いたしませうと北の新町の房重へ連れゆき、こゝにて又津川の君松、お藤等を始め奇麗首並べて一昨々日までの流連に、大尽は懐中に持合せたる二百二十四円の金皆使ひ棄て、跡には僅か一円しか残らねば、流石の大尽も少し心細くなり、福島に知人があれば其処まで一寸行て来ると一昨日午後三時ごろぶらり房重を出て福島にゆく途中、南署の特務取押へ一寸来いと引致したり。(後略:大尽の正体は難波新町中筋紀の正の箱廻しで、店の金を着服しての豪遊だった)。

〈編者註〉花丸は林家花丸。初代林家菊丸の実子で、兄が二代目林家菊丸。明治二十六年の番付では西前頭三枚目(二代目桂文団治の次)に位置し、かなりの実力者であったことが推測できる。高座で漢語をやたらに使うので一部の客からは顰蹙をかっている。

明治31324四日 日出新聞

○藤之助の引張凧 新京極幾代亭も一時は笑福亭に客をとられて、席主も是ではならぬと勘考し、これと云ふも藤兵衛を筆頭としていづれも人三化七の御面相をした鼻鹿許りが跋扈するからだと、昨年より清元語り桂藤之助(十七年)と云へる美人を入れ加へたるに、別段藤之助に化学的作用の大引力があると云ふでもなきに、藤之助を当込みの客引も切らず、ドン〳〵詰懸け押懸けて毎夜札止めの大入り。藤之助一たび婀娜艶麗の姿を現せば、全身より発する御光に射られて書生連頻りに随喜し、一度見台に向ひて朗々と語り出せば、経師屋連ウマイと叫んで直と頤を外すと云へばチト大業なれど、兎も角万緑叢中の紅一点、その人気他に及ぶものなし。

こゝに押小路通新町辺の紙屋の番頭に色輪源助(二十七年)と云ふもの、就中尤も藤之助熱心にて、毎夜主用に托辞けては幾代亭に行き、欠さず纏頭を投ると、そこは芸人の如才なさ、其都度源助の前へ礼に来て秋波の一ツも送り、思ひ有気に見するので、当人大に気取、此塩梅ならば今暫らくの辛棒と藤之助を誘き出して、今夜は菊水、明夜は喜楽と連れまわり、此愉快は京都広しと雖も恐らく俺より外に知るものはなかろうと独りよがりに自惚れているが、(後略:三条通御幸町西入る柳田某(二十六年)も藤之助に惚れ、恋争いとなるが、ともに惨めな結果に終わるという話)。

〈編者註〉藤之助は女流の音曲家。桂藤兵衛と行動を共にしており、その一門と思われる。

明治31331日 大阪朝日新聞

<靭館の開業>

◇うつぼ館 今度西区新天満橋筋羽子板橋西へ入北側に新築したる浄瑠璃寄席うつぼ舘は本日開業の式を挙ぐる由に聞けり。

上方落語史料集成 明治31年(1898)4月~6月

明治3141日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂藤兵衛等の落語

笑福亭 木鶴、柳朝、円篤等の落語

〈編者註〉柳朝は春風亭柳朝。二代目春風亭柳枝門人で、明治十三年に二代目柳朝を襲名した。妻は手品の鈴川小春。今回は娘小松(明治31428「京都日出新聞」参照)をつれての来京で、のち大阪、神戸でも高座を勤めている。なおこの年(明治31年)1119日に旅先で死亡したという(「文之助系図」解説)。

明治3141日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠公社内湊亭 これまでの一座へ柳屋つばめ、かしくが加わる。

裁判所前菊水亭 笑福亭柳三、青柳枝女[志女]、翁家扇馬、桂小南、笑福亭三代松、三遊亭圓四郎、同竹馬、同木亜之助、桂文雀、笑福亭松太郎、同松喬、桂茂兵衛、同文昇、三遊亭圓喬の一座

〈編者註〉桂かしくは曽呂利新左衛門門人で、明治33年に二代目桂文之助を襲名する。三遊亭円喬は四代目橘家円喬。三遊亭圓四郎、同竹馬、同木亜之助は円喬門人と思われるが不祥。桂小南は桂南光(のち仁左衛門)門人。笑福亭松太郎は三代目笑福亭円笑門人。

明治3141日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當四月一日より、舊一座へ桂かしく及東都に有名なる音曲師柳家つばめの新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭

明治31421日 扶桑新聞

◇富本席 今晩より笑福亭語竹一座東京滑稽噺し補助には東京常盤津浮世節あり。連中は桂文福、文馬、延丸、東司、玉輔なり。

〈編者註〉笑福亭語竹は東北仙台で活躍していた噺家。(当ブログ「東北にいた笑福亭の噺家」参照)。

明治31423 大阪毎日新聞

◇落語家の観花騒ぎ 落語家を俗にいへば話し家、はなし家は輙ち花鹿ゆゑ、鹿として花を見に行ぬは文字に対して恐れありと、三友派の落語家連は再昨日文都を始め曽呂利、文団治、円若、米団治、梅団治、小文都なんど大家形船狭しと乗込み、今を時と咲く桜の宮へ漕出し、何れも鹿との称は有ながらお萩より米水の方が結構ぢやといふ上戸連なれば、飲むは〳〵飲むは米の水と洒落ながら、献つ押へつ、オツト散ます散るとは花に禁句ゆゑ爾う酌では米の水が溢れの水となると酒の値を知らず頻に飲み続け、酔て伏見の管巻き船ヨイ〳〵ヨイ〳〵ヨイヤサと踊り出すも有れば、花に戯むる蝶さヨイヤサと囃立るもあり、中にも酒癖の悪い円若は唇なめ廻してブツ〳〵言ひだしたので、亦た初まつたかと文都額に手を奥山、紅葉ふみ分て啼く鹿の声は悲しけれど、酒にたべ酔て喚く鹿の声聞く時は誰しも喧しと迷惑がるを爾とも察せず、円若、文都に取て掛り、何の斯のと難題には陳べたので、客より出される難題なら何様物でも後へは退ぬ文都ながら、此難題には胡弓否な呼吸が合されず持余して居るを、外の鹿連が横から引取り、相手が慾けりや己等がなつて遣う、一人や半人の情婦が出来ると鼻に掛るが癪に障ると平常同人を憎んでいるより、何れも躍起となつて騒ぎ出し、打よ、擲けよ、毛をむしつて管の巻筆に製しろ、鹿毛なら高価に売れると手荒き挙動にも及ばんとするを文都が制し、円若何ぞ乃公の志しを知らん、醒て必ず後悔なすべし、私さへ済せば宜ではないかと言葉に顔ほどな角を見せず柔しく諭したので一同漸く静り、喧嘩の花も名乗る鐘の音に散行きたり。

〈編者註〉桂梅団治は二代目桂文団治門人。浪花三友派の中堅として活躍し、一時期桂屋鴈篤と軽口のコンビを組んでいた。

明治31426日 扶桑新聞

◇富本席は昨日より都小圓冶、東川小龍、都圓朝合併一座の浮かれ節興行中なるが、尚近日三遊亭遊輔が久々に乗込東京滑稽噺しを興行する由。其前連中は、瀬川語喬、古今亭新左、三遊亭鶴輔、岸澤和佐吉、三遊亭遊好、同亀輔、同一輔

〈編者註〉三遊亭遊輔は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。今年は名古屋で過ごし、翌三十二年大阪に行き、桂派に所属した。泥棒噺を得意とし、「泥棒遊輔」の異名をとった。また「改良剣舞」という珍芸でも人気をとった。明治四十一年死亡。本名末吉伊三郎。三遊亭一輔は遊輔の弟子。本名山辺信一。昭和八年没。三遊亭鶴輔、三遊亭遊好、同亀輔も遊輔の弟子か。瀬川語喬、古今亭新左は未詳。

明治31428 日出新聞

◇春風亭小松の福々 …新京極は笑福亭へ出席致してをります東京下りの春風亭小松と云ひますは、当年十七歳に相成りまして、鳥渡渋皮がむけて素的に美声だとか何とか云ふので、小松の清元丈を聴きに態態笑福亭へ出掛る経師屋連とか申す者が沢山御座ります。其処で小松が或日親父の春風亭柳朝と相談しまして、何でも京の男はデレ〳〵している割合には紙幣びらを切らぬと云ふ話だが、其処は江戸ツ子の腕前で一番好い鳥に引かゝつて甘い汁を吸ふて見るのは何うだらうと、所詮今日この頃の様に米価が高直に成つては、高坐だけの働きでは南京米のお粥も啜れぬ訳だからと談合ふて、高坐で唄つている間も少し助平ツたらしい客が居ると見ると直様チラ〳〵と秋波を送つて、触らば落ちむ風情ありと見せ掛けますので、サア堪りませんヘン、小松は乃公に思召しが有るンだ、嘘と思ふなら彼女の顔を御覧うじろ、眼付の穏かならぬ処に確と御目をとめられて御覧うじなぞと、各自己惚根性を出しまして、阿弥陀ケ峯から飛んだ心地で二十銭、三十銭の纒頭をはりこむ阿呆も御座います。(後略:二人の男が金をはずんで小松を取り合うので、小松親子は大福々という話)

〈編者註〉春風亭小松は春風亭柳朝の娘。明治249月にも父と一緒に来京し、この時は幾代亭に出ている。

明治3151日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂藤兵衛一座の落語

笑福亭 木鶴、小円太一座の落語に東京新下り松林若円の講談

明治3151日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠公社内湊亭 従前の一座へ都々逸坊歌扇、笑福亭勝鶴、桂梅團冶、月亭文都が加入。

裁判所前菊水亭 従前の一座へ吾竹、三若、小文冶、福助の新顔が加入。

三宮社内東亭 三遊亭圓喬、桂小南、翁屋扇馬、笑福亭柳三、同三代松、桂文雀、同文昇、同茂兵衛外数名
 の一座。

能福寺内松鶴亭 従前の位置座に東京下り圓喬、歌扇、大坂梅團冶、梅鶴[勝鶴の誤記]の四名が加入。中入りの前に昌福亭福枝の手品。

羽阪通昌福亭 圓喬一座に桂梅笑、三遊亭福太郎、桂文昇、桂扇朝、笑福亭柳三等が加わり景物入りの落語。

〈編者註〉笑福亭勝鶴は三代目松鶴の弟子で、梅鶴から勝鶴と改名した。吾竹は笑福亭吾竹。最初初代桂文団治門人で歌団治となり、二代目文団治襲名問題で敗れて笑福亭の門下に入り五代目吾竹を襲名した。三若は桂三若。三代目桂文三門人。福助は笑福亭福助。初代福松門人、俗にあま福と言う。梅笑は桂梅笑。二代目桂梅枝(オッペケペーの梅枝)門人。都々逸坊歌扇、小文冶、三遊亭福太郎、桂扇朝は未詳。

明治3151日 新愛知

◇富本席の滑稽噺 此程も一寸ものしたる如く愈々本日夜より冨澤町の富本席にて久々のお目見として三遊亭遊輔其他語喬、しん左、和佐吉、遊好、鶴輔、亀輔、一輔らの一座が出席して滑稽音曲噺しを興行。

明治3156日 大阪朝日新聞

◇京の踊 賑ひし京の踊も五日にて終を告げんと定まりしかば、一昨四日は朝来好天気を幸ひに、踊らねば折角の趣向も空しくならんとて、朝の十時頃より次第々々に踊り出でたり。先登第一太閤坦に踊り登りしは京都桂派(落語家)の連中にて、派長藤兵衛、頭に三十石の形を戴き、手に揖を携へたる船頭姿にて舟歌を歌ひ、その他の面々はこれに従うて囃し行き…。

〈編者註〉太閤新廟完成祝いの豊公祭で、数日間京都は賑わった。

明治3158日 大阪毎日新聞

◇今度東京より春風亭柳朝(落語家)春の家小まつ(清元)の両人が来阪し明日より平野町の此花館に出席するといふ。

明治3159日 京都日出新聞

◇新京極幾代席にては是迄の顔へ昨夜より東京下りの三遊亭円生、司馬竜生、橘家喬雀、橘家喬生等が加はりたりと。

〈編者註〉三遊亭円生は三遊亭円朝門人四代目三遊亭円生。円朝門下四天王の一人。司馬竜生は四代目三遊亭円生門人で七代目司馬龍生となり、明治三十五年に七代目土橋亭里う馬を襲名する。橘家喬雀は四代目橘家円喬門人。のち二代目三遊亭小円朝門人となり友朝を名乗る。橘家喬生は四代目橘家円喬門人。のち四代目三遊亭円生門人となり小円太となる。

明治31512 日出新聞

◇福篤に千代 徳若に御万歳を地口つて、福篤に千代と申したわけでも何でもないのでげすが、そこが所謂名詮自称てんで、真に争そはれぬものでげすて、そも不拙は今でこそ新京極の笑福亭に福篤と名乗つて御存知の鹿仲間でげすが、之でも以前は福井一座の壮士役者で、巡査か、兵隊か、乃至書生などになつた時なんざア、そりや大向ふをうならせやしたなア、ヘヽヽ、覚へているお客がないと、ナニお客さまは覚へていらツしやらんでも、下拙の方ではちやんと心得ているので、処が都合によつて役者から鹿仲間にもぐりこみやしたものゝ、根がソレ役者なんでげせう、どうしてもそこは生抜の鹿仲間とは違つて、どこか垢抜がして、云ふことにソツがなくつて、一寸こう容姿が□いもんでげすから、お客さまの中でも女の方となると、こう不拙の顔ばかり見て無中になつてらツしやる方が多いといふ訳なんで、いへなに、福篤神もつて惚語では厶いやせん、全く真実なので、処でその御贔負の御婦人方が多い中で、まず尤も熱心に、華氏寒暖計の百度以上まで上りつめて、福篤でなければ夜も日もあけぬとせつせとお通ひになつたのは、ヘヽヽ、祇園新地北ヒサ方の抱へで、お千代さんと云つて、年は二十二。(後略:いい仲になるが、女房に見つかって閉口する話)

〈編者註〉福篤は笑福亭円篤門人で笑福亭福篤。明治五年生れで、数えて二十七歳。

明治31517日 新愛知

◇富本席の東京人情滑稽噺 東京の落語家中柳派師匠株春風亭柳枝の門人にて追ては柳枝の名跡相続すべき春風亭小柳枝が、小柳太、枝雀、小柳三、小やな、やなぎ等と共に明日より富澤町の富本席にて初お目見出勤。人情滑稽噺し並びに清元浮世節などもあると云ふ評判。

〈編者註〉春風亭小柳枝は三代目春風亭柳枝門人で、明治二十九年九月に小柳枝となって真打披露をした。のち四代目柳枝を襲名する。小柳太は不詳。枝雀は春風亭枝雀。三代目柳枝門人。明治二十九年に枝雀を襲名する。本名中村庄松。小柳三は春風亭小柳三。四代目柳枝門人で、のち枝雀から四代目雀家翫之助となる。本名阿部常吉。小やなは柳亭小やな。女流の音曲師。清元浮世節。立花家喬之助の実妹で、本名太田キヲ。のち南地伊丹幸で芸妓となり八七八と名乗ったが、大正三年に三十歳の若さで早世した。やなぎは春風(春風亭)柳。三代目春風亭柳枝門人。本名安藤稲蔵。

明治31518日 岐阜日日新聞

◇関本座の落語 今小町の関本座にて一昨夜より十日間、東京落語家三遊亭遊輔、立花家語喬、三遊亭一輔等の一座にて、音曲吹寄談(はな)し興行中なるが、客の頤をはずすほど面白とて非常の大入大評判。

明治31520日 海南新聞

◇松山市松前町朝日座に於て興行中なりし吉田政吉一座の浮れ節は、一昨夜にて打ちあげ、入れ代わって三遊亭圓松、集福亭の大怪談昨夜より興行。

明治31523日 大阪毎日新聞

◇道頓堀角座にては昨日より英国人ブラツクの人情噺と松旭斎天海一座の西洋手品を興行中。

明治31524日 新愛知

◇橋又座の音曲滑稽噺 三遊亭遊輔、語喬、しん左、豚輔、一輔等の一座が本日より巾下外田町の橋又座にて音曲滑稽噺を興行。

◇寿亭の人情怪談手踊 三遊亭圓龍、文太郎、龍寿、左向、信光、文圑冶、歌扇等の一座が本日夜より久屋町の寿亭にて人情怪談幻燈芝居はなし手踊等を興行。

明治31526日 扶桑新聞

◇富本席の小柳枝一座は愈々本日限り打揚げ其後に明、明後の両夜三遊亭遊輔一座名残興行として地付の落語家合併の研究会を興行。

明治31528日 京都日出新聞

◇桂連の一世一代 一世一代の語の怪しきは既に古くからいひ伝へて、一世一度の誤まりなれども、芸人社会の通り符帳と見れば差支へもなからん。新京極幾代席の桂連中は来る六月二日三日の両日間、慾張を兼て一世一代の諸芸大寄を行なふ。後見は桂藤兵衛、催主は桂藤竜にて出席芸人は左の如くなりと。

(三笑亭)芝楽、(笑福亭)円篤、(林家)木鶴、(笑福亭)福篤、(笑福亭)璃鶴、(笑福亭)小円、(笑福亭)木三松、(笑福亭)松竹、(笑福亭)福丸、(?)三円、(東)長次郎、(式亭)三馬、(橘家)小円太、(西尾)魯山、(鶴賀)馬井助、(山崎)琴書、(岡本)美名亀、(桂)藤之助、(桂)枝太郎、(桂)しん吾、(桂)藤翁、(桂)藤太郎、(桂)藤枝、(桂)藤遊、(桂)文里、(桂)柳枝、(桂)藤作、(桂)藤誠、(桂)文哥

〈編者註〉明治31531日「大阪朝日新聞」に「幾代席は二日三日の両日、桂藤龍の引祝として諸芸大寄せ」とある。催主は藤龍であることから、引退祝いの大寄せのようである。出演者のうち魯山、琴書は講釈、馬井助、美名亀(福篤娘)は新内、長次郎は柴笛の名手。あとは京都の幾代席に出ていた桂派の噺家である。( )の亭号は編者が施した。「引祝」とは裏腹に藤龍はこののちも京都で寄席に出ている。それぞれの噺家の註釈については明治30326日付「京都日出新聞」の註釈その他を参照。

明治31530日 新愛知

◇富本席の落語研究会 東京の落語家春風亭小柳枝の一座が富澤町の富本座にて興行は、愈々本日を以つて千秋楽とし明、明後の両日は夫の三遊亭遊輔の一座が當市お名残として滞在中の諸芸人と合併して同席にて落語研究会と云ふを興行なすと云へり。

◇同席の助六一座 飛だり跳たり変つた趣向で人気ある東京の芝居噺し五代目雷門助六が初お目見として来る一日より富本席にて興行其連中は助六を始め岸の家妻八、春風亭柳賀、雷門助平、助八、鬼一、助丸等なるが大切には大道具入俳優声色の芝居噺ありと云ふ評判

〈編者註〉五代目雷門助六は二代目古今亭今輔門人で、のち三代目古今亭志ん生を襲名する。俗に軍鶏の志ん生と呼ばれる。声色を得意とした。岸の家妻八は女流の音曲師。七才から高座に出た。本名吉岡つね。春風亭柳賀は初代談洲楼燕枝門人。本名高山新兵衛。雷門助平は五代目雷門助六(三代目古今亭志ん生)門人で、のち横目家助平と名乗る。奇顔奇声で達者な芸を見せ、楽屋では奇人で通っていた。本名利倉常次郎。

明治31531日 扶桑新聞

◇富本席は明一日夜より東京芝居噺五代目雷門助六一座初目見得前連は岸の家妻八、春風亭柳賀、雷門助平、助八、鬼一、助丸等にて大切は大道具入にて役者の声色を聞かすと云う。

明治31531日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂藤兵衛等の落語

笑福亭 木鶴、小円太、円若等落語

明治3161神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠公社内湊亭 従前の一座へ曾呂利新左衛門、文我、柳朝、小松が加入。

三宮社内東亭 前月通り三遊亭圓喬外数名の一座。

羽阪通三丁目昌福亭 三遊亭圓喬一座にて景物付き改良昔噺し。

逆瀬川町能福寺社内松鶴亭 従前の一座に桂文我が加入。

明治3161日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當六月一日より、舊一座へ笑福亭福枝、桂文我、曾呂利新左衛門の新顔を差加え興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭

〈編者註〉笑福亭福枝は西洋手品師。

明治3161日 新愛知

◇盛豊座の怪談手踊 東京の圓龍、小圓、左國、龍寿、歌扇、信光等の一座が本日夜より下園町の盛豊座にて改良怪談手踊などを興行。

◇富本の東京芝居噺 本日の広告にもある如く富澤町の富本席にては愈々本日夜より東京上等落語雷門助六をはじめ妻八、柳賀、助平、助八、鬼一、助丸等の一座にて興行。

明治3162日 京都日出新聞

◇演芸大会 松林若円は会幹となり、来る五日正午より五時半までと夕六時半より十時半までの二回に別ち、新京極受楽亭に於て茶話会を開き、余興として演芸大会を催し講談師、落語家其他の芸人出席し夫々得意のものを演ずる由。

明治31617日 海南新聞

◇松山三番町寿座に於て十四日より開場中なる扇橋等の人情及滑稽噺一座は東京大坂合併の由なるが、扇橋の人情噺、柳寿斎の三味線曲弾、就中聞くべさ小團女の出席は鳥渡目先がかわりて客足を引模様なり。木戸一銭九厘、坐十二銭、割一人三銭、風呂三銭、座布団一銭。

明治31623日 海南新聞

◇松山市小唐人町二丁目新栄座に於て、本日より柳亭左楽一座の演劇興行。

〈編者註〉柳亭左楽は名古屋の左楽。

明治31618日 新愛知

◇朝日座の東京芝居噺 昨夜まで富本席にて興行し居たる東京の芝居噺雷門助六の連中が本日より三州豊橋の朝日座にて興行。

明治31624日 大阪朝日新聞

◇南区法善寺金沢席に出て居る噺家桂梅喬(二十九年)は昨日午前九時突然南署へ引致さる。

〈編者註〉桂梅喬は二代目桂梅枝(オッペケペーの梅枝)の門人。

明治31627日 新愛知

◇富本席の今様落語 東京のやまと新聞付録に投票の結果、西の大関に揚げられし東京の今様落語家三遊亭遊七が當市へ初お目見として近々に富沢町の富本席へ出席、其一座は音曲噺橘家圓左衛門、チャリ浄瑠璃豊竹喜昇軒、三味線鶴澤亀子、滑稽噺三遊亭七林、七福、七蔵等にて。

〈編者註〉三遊亭遊七は三代目三遊亭円橘門人。元神田松鯉門人とあり、講釈師だったらしい。橘家圓左衛門は四代目橘家円太郎(ラッパの円太郎)門人。本名安田富五郎。

明治31630日 新愛知

◇富本座の遊七一座 既載の如く東京の今様ばなし三遊亭遊七を始め圓左衛門、喜昇軒、亀子、七林、七蔵等の一座は愈々明一日より冨澤町の富本席にて初お目見興行。

上方落語史料集成 明治31年(1898)7月~8月

明治3171日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂藤兵衛、三笑亭芝楽等の落語

笑福亭 木鶴、小円太、円篤等の落語

明治3178日 新愛知

◇橋又座の遊七一座 目下冨澤町の富本席にて興行中なる東京の落語家三遊亭遊七並びに橘家圓左衛門、豊竹喜昇軒、三遊亭七蔵、七林、鶴澤亀子等一座の音曲滑稽人情噺浄瑠璃等を本日より右の富本席と掛持にて巾下外田町の橋又座にて興行。

◇盛豊座の和洋手品 関井斎湖の一座が本日より下園町の盛豊座にて催眠術並びに大道具入和洋手品と音曲人情噺を興行。

明治31712日 大阪毎日新聞

◇京都共楽舘 京都先斗町四条上る料理店共楽舘は一昨日新築落成の祝宴を開きしが、余興として桂藤兵衛一座の落語また手品等もありて頗ぶる盛会なりしと。因に記す同館は明十三日より開業するよし。

明治31714日 大阪朝日新聞

◇[広告]松林若円病気欠勤ノ処軽快相成来ル十五日ヨリ出講致候何卒御愛聴ヲ乞/三友派落語定興行場 北堀江賑江亭 平野町此花館

明治31715日 大阪毎日新聞

◇猫八の屍に千金 …猫八とは大道物真似の昔より知られ、今尚席亭の一名物と呼ばるる落語家猫遊の事なるが、今回忝くも露国太公キール殿下の御前に召され、去十日芝離宮に於て其の十八番と聞えたる犬の噛合より猫又は鳥なんぞの声の遣ひ分をば今日を晴れとい爰処懸命に御聴に達せし処、殿下には殊の外御意に叶ひ、御機嫌いとど麗はしく、猫遊爰に面目を施こして御前を罷り退べりしとか。然るに此猫遊の一種不思議なる音声に就ては医学上研究の直ありとて、先頃来帝国医科大学に死後解剖を試みんとの議あり。此程愈よ猫遊に対して其の際に至らんには遺族のものに金千円を遣はさんとの予約を結びしとぞ。

〈編者註〉はじめ大道で飴をうりながら動物物真似をしていたが、東京亭猫八の名で寄席に出るようになる。のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人となり三遊亭猫遊と名乗った。本名小林弥三郎。今も続く江戸家猫八の系統とは無関係で、むしろ先輩格にあたる。この記事の出て少したった七月三十日に歿している。死後本当に解剖されたかどうかは不詳。

明治31717日 扶桑新聞

◇朝日座 三州豊橋町の朝日座にて昨十六日夜より三遊亭遊七の東京人情噺興行。

明治31717日 新愛知

◇富本席の東京音曲人情噺 東京の落語家橘家圓好始め三遊亭圓花、遊奴、花遊、三七、進好、右雀等の一座が當市初お目見として明一日夜より冨澤町の富本席にて東京音曲人情滑稽噺し等を興行との評判。

〈編者註〉橘家圓好は四代目三遊亭円生門人で三代目円好。のち橘家三好と改める。膝替りの音曲師として一級の評価を受けている。本名中田宗太郎。三遊亭円花は三遊亭円朝の門人。のち四代目三遊亭新朝を襲名する。円朝に特に目を掛けられ、旅に出るときは三遊亭花子(今井たま)とともに必ず同行した。明治二十五年九月、円朝が大阪公演をしたときもこの二人は一座している。地味な噺ぶりで客受けはしなかったが、ネタの持ち数は三遊亭随一といわれた。遊奴は不詳。花遊は三遊亭花遊始め二代目三遊亭円馬門人で竹馬、のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で奴遊と名乗り、明治三十一年ごろ花遊となった。本名野村甚三郎。隻眼の音曲師。三七は不詳。進好は不詳。遊好の誤記か。右雀をこのころ名乗っていたのは百面相の二代目松柳亭鶴枝(高橋喜太郎)が該当するが、確証はなし。

明治31717日 新愛知

◇橋又座の柴笛と落語 目下富本席に興行中なる西京の笑福亭一座夫の柴笛の東長次郎其他三圓、璃鶴、福枝、小圓、勝左等は明一日夜より巾下外田町の橋又座にて音曲噺しを興行。

明治31724日 大阪毎日新聞

<紅梅亭の開場>

◇千日前紅梅亭 千日前法善寺西門の寄席今嘉は追々微々として揮はざりしが、此度大修繕を施して名も紅梅亭と改称し、三友派の文都、福松、曽呂利の連中が出席する事になり八月一日より花々しく開場するとぞ。

〈編者註〉席主は原田ムメ。賑江亭、此花館の藤原重助とともに三友派の発展に大いに尽力した。

明治31726日 大阪毎日新聞

◇円若のシヨゲ加減 木更津甚九で売出し当時人気並ぶものなき三遊亭円若(三十二)は、知る人ぞ知る随分御難の面相ながら、何処に甘味の有るものか、昨今頗に婦人方からヤイノ〳〵と取巻れ、アレサ目付が可愛んですよ杯と遣れるので、円若グツと反返り、同じ鹿は鹿で居ながらも仲間の奴等の顔を見ると何時も白扇と首つ引で只最う憐に思はれやすネ、昔趙高といふ奴はしかを馬だと云たさうだが、僕を見せたら差向き俳優といふだらう、惜いかな時代が少し違ひやすと、気焔容易に当るべからず、頻に撫切を遣て居たが、(後略:平野町の商家の娘に持参金付で押掛けられ困却した話。)

〈編者註〉文中によると、円若は南地畳屋町に住み、女房と三人の子供があったらしい。

明治31731日 大阪毎日新聞

◇当世不景気尽し(五)寄席と落語家 さなきだに夏季は客足の尠きに、此不景気とありては寄席の立行かぬるも無理ならじ。市中大なる寄席にても一夜の客数六十人内外と云る日ありて、到底洋灯代のタシにもならねば直に中止するもあり。去れば収入の配当にてお饒舌する真打の落語家も五六席を受持ちて一席に八十銭乃至一円を得るものが昨今は六銭乃至十五銭といふ憐れなる境遇なり。三友派は月給なれば影響なきやうなれど、夫れでは寄席が立行かずして休業中なるが多し。

明治31731日 扶桑新聞

◇富本席 明八月一日より橘家圓好一座の音曲人情落語あり出席人は三遊亭圓花、花遊、喜遊、進好、三七、右桂等なり。

◇外田町橋又座に於ては八月一日夜より予て富本席に於て久々喝采を博せし笑福亭一座の音曲噺し並びに柴笛の秘術を奏演する由。

明治3181日 大阪毎日新聞

◇落語家だより 夏休中各地方へ出稼する落語家は神戸の菊水席へ南光、柏枝、小南。尼ケ崎清水座へ文三、文屋、露紅。京都幾代席へ小文枝、枝雀、しう雀等にて何れも本日より出勤。

明治3181日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂藤兵衛一座に桂文枝、三遊亭しう雀を加へたる落語

〈編者註〉露紅は萩の家露紅。三味線の曲弾き。本名吉本庄五郎。三遊亭しう雀は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で、遊楽よりしう雀となり、のち八代目司馬龍生を名乗る。万延元年一月生。本名鈴木芳三郎。噺は巧いが人気が取れなかったという。

明治31871314日 大阪朝日新聞/81013日 大阪毎日新聞

◇三遊連の来阪 東京三遊亭の円遊、円太郎、橘之助、むらく等十数名、明八日梅田に着し翌九日より浪花座に出勤して銘々得意の技芸を演ずるよし。(大阪朝日87日)

◇浪花座東京落語の紛紜 東京より三遊派の円遊一座が当地に来り浪花座に於て開場する由は既に記載せしが、芸人等の既に着阪せしに拘はらず未だに開場に至らざるは又しても例の紛紜に基くものなりといふ。由来道頓堀は演劇の本場所にて浪華第一の繁盛場なるに、本年の如きは不景気のため各座とも多くは休業中なれば、為めに前茶屋のみならず道頓堀辺の小商人、飲食店等に影響し、秋風落莫を嘆ぜしむるに至りしが、さるにても角座及び浪花座ともあらうものが演劇にあらぬ他の興行ものに劇場を貸し与ふるは演芸会社と云ふ名義に対しても恥かしからずやと、道頓堀演劇株式会社中重役等一派の面々近来南地に顔を売る竹嶋竹五郎に相談し、不景気挽回策として壮士俳優の大頭を集め、大一座を組立て浪花座を根拠とする協議を定め、一ケ月程前竹五郎より浪花座借入れを申込ましめし処、同会社の頭取秋山は断然之れを拒絶せしのみか、今度東京より円遊一座を招きて興行する事とせしにぞ、竹五郎は承知せず、己の眼の黒い中は落語の看板は揚させぬと力味だしたより、秋山も恐気つきて我意を通す訳にも行ず、さてこそ今に悶着中なるものゝ由。(大阪毎日810日)

◇一時紛紜のありし浪花座円遊一座の落語も漸々纏りしと見え、愈々本日より開場。(大阪毎日813日)

◇[広告]東京落語一座/橘家橘之助 朝寝坊むらく 橘家円太郎 三遊亭円遊/道頓堀浪花座(大阪朝日813日)

◇素噺しの名人三遊派の愛嬌鼻円遊を心にしてお饒舌の達者連、浪花座に乗込み、三寸不爛の舌頭を以て残暑を舐り尽さんとするよしは前号にも記しゝが、連中一同景気よく、既に乗込み昨晩より得意の愛嬌をふり撒く。(大阪朝日814日)

〈編者註〉橘家円太郎は四代目でラッパの円太郎。三遊亭円遊は初代で、ステテコの円遊。六代目朝寝坊むらくは明治二十年代に永瀬の円喬として上方に現れた人物で、その後様々に改名を重ねた末、明治三十一年、先代むらくの遺族から反対されたが、四代目三遊亭円生の尽力で六代目朝寝坊むらくを襲名した。明治二十六年ころ橘家橘之助と駆け落ちしている。明治四十年にむらくが死んだ時、元女房の橘之助が遺骸を引取り、埋葬したという。

明治3187日 芸備日々新聞

◇三友派の落語 このたび大阪より乗込みし三友派の松光、文我、小文都、かしく杯いう一連は本月二日より其滑かなる舌を鼓して聴衆の頤を外し居るべぞ。其寄席は中島集産場鶴の席なるが、右はいずれも若手なるよし。

〈編者註〉「文我出席控・第四巻」に「八月一日より広島市中島かんショ場鶴の席」とあり、「桂文我、笑福亭福三、かつら我楽、月亭小文都、かつら文らく、桂生瀬、笑福亭松光、桂かしく/はやしくろ徳、仕打神戸平野」の名前が記されている。またこのあと十五日より姫路立町林利事幾世席へ移って興行している。詳しくは同書註釈参照。

明治31814日 新愛知

◇福寿亭の音曲滑稽噺 東京の三遊亭圓好、圓花、右雀、花遊、三七、喜好、好三等の一座が明日より大須内前の福寿亭にて音曲噺を興行。

明治31814日 台湾日日新報

◇幸亭の慈善演芸 城内文武廟街の寄席幸亭にては本日より慈善演芸を興行し、其収入を挙げて今回の風水害罹災者救助義捐に投ずるよし。芸題は軽口(桂小文字)はなし(同文字丸)人情噺(古今亭しん喬)新内(富士松小君)講談(松林伯寿)昔はなし(桂文字助)器用芸(ジヤグラ渡)うかれぶし(吉田虎丸)浄瑠璃(竹本錦竜)等なりと云ふ。

〈編者註〉小文字は師匠は不明だが、父親は初代文団治の弟子の松団治。文字助は三代目文字助の曾呂利新作かと思うが不明。この頃の台湾や満州、朝鮮へ来る芸人は殆んどが二流で、かつ何か問題をおこした人が多かったようだ。

明治31815日 新愛知

◇富本席の人情滑稽噺 いつも人気は冨澤町の富本席にて、本日より東京人情滑稽噺し入船亭扇橋が久々のお目見。其前連中は、髯の家鯰、桂文福、桂文馬、三遊亭花遊、遊好、圓花等なり定めし面白い事なるべし。

明治31816日 京都日出新聞

◇京都座 新京極の仝座は過日来活動写真の見世物を興行せしが一昨日にて千秋楽とし更らに昨日より石井ブラツクの人情咄しを始め余興として仝人の「マジツク」及び催眠術を見する由。

明治31821日 大阪毎日新聞

◇演芸大集莚 今明日の両日夕方より南区大宝寺町心斎橋筋西へ入る宝生舘に於て東京の講談師松林若円が催主となり東京大阪合併の大集を催す由なるが、その重なるものは東京連にて野晒地獄巡り(円遊)、三都浮世ぶし(橘之助)、両国八景(円太郎)、塩原多助一代記(むらく)、生人形者真似(遊人)、和洋奇術(鼻遊斎)、音曲(遊楽)、浪花連にて住吉駕籠(文都)、天下一浮れの紙屑(福松)、線香の立切れ(新左衛門)、一厘ざばき(文団次)、蜆売り(米団次)、音曲稽古屋(円若)、滑稽いかけや(米喬)、夕涼(梅団次)、滑稽一口問答(竜輔)、滑稽歌根問ひ(勝鶴)等にて此外に義太夫もあるよし。

〈編者註〉遊楽は三遊亭遊楽。初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。のち一円遊と改める。後年大阪で二代目円遊を名乗ったが認められず、俗に「大阪円遊」と呼ばれた。本名滝梅三郎。遊人は三遊亭遊人。初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。詳細不祥。

明治31822日 新愛知

◇橋又座の人情音曲噺 東京の落語家三遊亭遊好、圓花、里寿、三七、花遊、喜好等の一座が明日より巾下外田町橋又座にて人情音曲滑稽噺を興行。

明治31823日 新愛知

◇富本席の落語研究會 一名穴探しとも云うべきか、冨澤町の富本席にて本日より落語研究會と云うを興行す、其議長は村瀬榮、便語子(べんごし)柴田友親(ともちか)、代議士星藤平、弁子数名にて其落語中重言、片言の穴探したる来客へ土産ものを差出すと云う至極面白い趣向。

明治31824日 大阪毎日新聞

◇此中浪花座へ出勤せし東京落語三遊亭円遊の一座は昨夜にて打揚げ、引続き京都へ乗込み新京極幾代亭へ出勤するよし。

明治31830日 扶桑新聞

◇寶生座 壮士演劇武知元良一座は今回其組織を改め中京團と称し本日より大須寶生座に於て開場。役者は亀井鉄骨、河合半之助、川面理三郎、佐々木一郎、五味國太郎以下十数名。

明治31830日 新愛知

◇笑福座の説教源氏節 俗にかごやと云う岡本美狭松の一座が本日午後五時より橋詰町の笑福座にて説教源氏節手踊にて興行。

◇富本席の萬國奇術 此程の本紙紙上に一寸掲げし如く東京より初お目見として萬國奇術の榊一心一座はいよいよ本日より冨澤町の富本席にて興行其前に面白い滑稽噺も沢山ありと云う。

◇福寿亭の合併噺と講談 東京の落語家入船亭扇橋、髯の家鯰と西京の笑福亭八百蔵等合併一座が本日夜より大須門前の福寿亭にて人情滑稽噺を興行。又講談師高田伯龍が同亭にて本日午後一時より五時三十分まで読物は来客の好み次第にて開演。

明治31831日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 東京落語橘家円好、春風亭柳升、柳家枝女子、その他藤兵衛一座

笑福亭 東京落語三遊亭円遊、橘家橘之助、橘家円太郎一座

上方落語史料集成 明治31年(1898)9月~11月

明治3191日 神戸又新日報

◇[広告]當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當九月一日より、舊一座へ月亭小文都、笑福亭圓若の新顔を差加え興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭

明治3193日 大阪毎日新聞

◇大阪の寄席へ行くと木戸銭を払ふと同時に下足代を取るがね、射利に抜目ない大阪人とは云へあまり狡猾極まる訳さね、来客の下足を預かるのは当然ぢやア無いか、そこへ行くと流石は江戸ツ子だけあつて東京の寄席では下足代などは取らんよ、彼奴は癪に触るから改良して貰ひたいね(投書・石町好良子)

明治319810日 日出新聞

◇倶楽部の余興 京都倶楽部に於ては例月一日を以て種々の余興を催し、会員の娯楽に供し来りたるが、本年は暑気厳しく且つ遊芸人の思はしきもあらざる為め、両三ケ月は停め来りたるが、秋気清爽の時季ともなり、東京より円遊一派の来れるあれば、今夕八時より倶楽部に招き臨時余興会を開くよし。其出し物は、例の円遊が滑稽活達一たび口を衝いて出れば鉄槌老爺も思はず口を開ひて笑ふと止め処なき弁舌にて若旦那の世界めぐりといへる題と外に一席、同連の遊楽が当世穴探し話しと外一席、立花屋橘之助は例の嬌音を弄して神田まつりか夕立の清元一流なり。倶楽部会員は家族知友を伴ひ行くも妨げなしと云ふ。(98日)

◇倶楽部の余興 八日に催したる京都倶楽部の余興は久しぶりの事ゆゑ会員も多く参集し、殊に家族を携さふる人も尠なからざりしが、余興の遊芸人は予報とは増て、前に遊楽が世間ばなしと端唄を二三うたひて咽のころばしに妙をきかせたり。遊左は洋服にて手品、然かも少将相当ぐらいの領袖(えそで)じるしでいかなる手際と目を聳(そび)やかさせしが、トランプ札の積重ねとハンカチーフに国旗のもみ出しは余り喝采の芸ともいはれぬが、当人も其辺承知で臆せず阿容(おめ)ずにやつてのけるが江戸ツ子の値打。遊人は名からして奇なるが、話し口も奇にして、東京俳優の仮声尽し、中にも一人二人は出た様にも喃喋(しゃべ)りわけて、終りに二三の顔芸。橘之助は神田まつりを語りたるが、例の嬌音は前年より渋味を帯び来りて、糸なしの語り杯は京都に於て迚も聞得べからざる妙味あり。うかれ節を二三諷ひたるが、文句は滑稽を重として人の顋を解き、猥褻の語の交らざるは大いに良し。円遊は前席に義士伝の内三村包常が薪割り伝記を、後席に若旦那の新宮めぐりを演じて滑転自在、句々語々坐中に笑声の洩れざるはなく、義士伝如き堅き種にて始より笑ひを帯びさせ演じ畢るは此老達ならでは外になからん。(910日)

明治3198日 日出新聞

◇笑福亭の大よせ 新京極の笑福亭に出席中なりし式亭さん馬は先頃より病気の処、今度全快したれば再勤の弘め旁々東京落語家打集り、本日午後六時より仝席に於て大よせを成す由にて、其重なるは三遊亭円生、仝円遊、橘家橘之助、仝円太郎、仝円好、三笑亭苦楽等なりと。

明治319812日 大阪朝日新聞

◇中元祝賀会 明後十日道頓堀中座にて行ふ筈なりし中元祝賀会は一日繰上げて明九日に開会することゝなりぬ。其順序は第一会主が開会の挨拶、第二三友派の落語、第三同派の軽口、第四奥田社中の運動、第五東京下り小円太の清元、第六竹田貞一の奇術あり。夫より諸商品の福引を五十番行ひて中入をなし、更に笑福亭福松の福引に因む手踊、曽呂利新左衛門の福引画揮毫、片岡我当の挨拶(同優は予て一趣向ありし由なれども歌舞伎座の初日が当日となりければ差支を生じ繰合せの上一寸挨拶に顔を出す事としたるなりとぞ)、了つて又諸商品の福引を行ひてのち団十郎一座のにはかと住太夫の義太夫壷坂寺ありて閉会するとなり。(98日)

◇中元祝賀会 前に記しゝ如く一昨日午後八時より道頓堀中座にて催しぬ。入場者は二千名余りにて会主の挨拶、三友派の落語踊り、住太夫の浄瑠璃、竹田貞一の手品等ありしが、がや〳〵と騒ぎ廻る混雑に紛れて見る事も聞くこともならず、又福引に釣られて出掛けし者は唯馬鹿々々しと溢して立ち去りしとぞ。(912日)

明治31911 日出新聞

◇文歌が顔祟り 新京極幾代席に於て上手でなく、前座でなく、中ペらな薄い舌を下顋上顋へたゝきつけて湯呑と拍子木が身上なる桂文歌は、祇園や先斗町は性に合はねばと足ふみ込まねど、其実は引手茶屋でも落語家と見て敬して遠ざくる、旦那方のお供で相応に青楼へは上つても、一人ではお出やすの煎花一杯で追払はれるので、足並を膳所裏の長清楼へいつて娼妓の撰み打を初めたが、(後略:そこで娼妓柳子といい仲になり、前から相狎れた料理屋の仲居お君に知られ、顔を掻き毟られる。ようやく治った頃、今度は自転車で転び、顔を擦りむいた話)

〈編者註〉桂文歌は初代桂小文枝(三代目文枝)門人で、のち歌之助となる。

明治31913日 神戸又新日報

◇菊水亭の女上るり 裁判所前の寄席同亭へは今度東京初下り竹本國鶴、國里、國久、浪子、小浪其他三味線鶴澤伝八の一座が乗込み大切りは総掛合にて花々しく興行する由。

明治31915日 大阪朝日新聞

<三遊亭円生の娘>

◇来葉の落籍沙汰 京都祇園新地にて名妓の一人に数へられし来葉(本名立岩ふき二十年)が、今度五条通り不明門角の鹿の子商田中宇三郎(二十四年)に落籍されて廃業する事になつた仔細を聞くに、此来葉は東京浅草七軒町に住む三遊亭円生事立岩勝次郎の娘にて、十一歳の時に両親に連られて京都に来りしに、円生の女房は同地の芸妓の優美なる風姿を見て、我娘をも此地に留め、往々は父の助けをもする程の芸妓にしたいものと、夫婦相談の上、娘ふきを祇園新地の井里楼に預けて金五十円を借受けたり。爾来ふきは来葉と名乗りて舞妓に出たる処、美人の上に諸芸に秀であれば、次第に好評を得て、多くの芸舞妓中屈指の名妓となり、一昨年襟替の後は一層評判よく、今売盛りの真最中、去五月井里と約束の年季満ち、更に三箇月礼奉公をして、先月限にて全く自由の身体となりたれば、井里にては折角是までにしたる妓を手放すは惜しいと、父円生に談じて来葉を養女に貰ひ受け、引続き芸妓を稼がせたき存念なりしかど、来葉は此際断然廃業し、再び褄を持たぬ決心にて、其よし父に云送りたれば、円生に於ても其意に同し、井里の談合を断りたり。(後略:その後田中宇三郎より縁談の申込みがあり、番頭丁稚を合せて十人ほども奉公人のある立派な家なれば円生も大乗り気で、めでたく後妻におさまったという話)。

明治31914日 新愛知

<圓太郎死亡・誤報報道その1>

◇橘家圓太郎死ぬ 東京落語家三遊派の老練二代目橘家圓太郎は先頃より圓遊、橘之助等の共に大阪道頓堀の浪花座に出勤し好評を得夫より、圓遊等と共に京都新京極の笑福亭に出席中、胃病と勝気症に罹り休業療養中の処、終に一昨朝冥土市喇叭町の蓮台亭へ乗込みしと。圓太郎馬車とも言われし喇叭老人を惜しい事へ。

明治31919日 神戸又新日報

<圓太郎死亡・誤報報道その2>

◇圓太郎の生死 高座にて喇叭を吹く事十年一日の如く、遂に乗合馬車をして圓太郎馬車の名を負わせ満都人士の贔屓を受け、六百の落語家中随一の愛嬌者として知られたる立花家圓太郎(五十四)は、先頃同門圓遊、橘之助等と一座して大坂に赴き同地を打上げ後、京都に乗込み笑福亭に於て興行し、追っては神戸へも乗込み筈なりし所、フト病気に罹り遂に病没したりとの事、或る新聞紙上に伝えられしより、東京なる師匠圓朝の如きは、贔屓客の悔みを受けて、イエ未だ私共へは何等の知らせも御座いませぬが、大病の事、左様の凶事に立致りましたか、同人は今を去る三十五年前元冶の頃よりの弟子にて、五人男とまで天晴の真打になりましたが、惜しい者を無くしました。恐らく彼程の音曲に精通した者は最早御座いません、とサメザメと師弟の情に落胆なせしというが、右は如何なる誤聞にや、同人は去十六日の夜、圓遊と共に帰京なし自宅治療中なれど、病気の都合にては、和泉町なる第二医院に入院する筈なりと。極楽亭へ乗込みしと思いし名物男の帰京は何よりの慶事なりと祝する人多しとぞ。

今同人の来歴を聞くに、本名を石井菊松と呼び、元は浅草堀田原の紺屋職人なりしが、三十余年前、圓朝が両国の寄席にて芝居噺を演じ居りし頃、定連にて毎夜聴きに来り、楽屋に入り道具の手伝等をなし、遂に圓朝の弟子となりて萬朝と呼びしが、無筆の上余程覚えも悪く、都々一の文句一つを覚えるにも三日位懸り、五百の顔という落し噺を一月懸って漸く覚えし程の男なれど、熱心にて調子が好きより客受けは甚だ宜(よ)しく、之れで物覚えが好きなら無類の落語家になるならんと噂されしが、其後圓好と改め遂に圓太郎となりたり。この名は圓朝の実父の名にて、圓朝がこの名を継せたるは、同人は師匠思いの上芸に熱心なりし故にて、圓朝は常に圓太郎を我が出席する席の前座に遣い、今日までも一方ならず愛し居れり。然(さ)れば若い頃は、圓朝の出る座敷へは常に伴われ、無邪気なる男とて其行為に自然の滑稽を顕わし、愛嬌となりたる事も少なからず。

茲に二三記せば、圓朝と供に或る座敷へ招かれし時も、落語の冒頭(まくら)に「連中交(かわ)る交る御目通りを致しまして」と寄席で遣る通りを遣って却って大笑いを取り、又或る屋敷の用人に向い、鄭重(ていちょう)の挨拶をするとて、「この度、お座敷は、お広くて、お垣根の外はお田圃で御座りますが、お泥棒さんも、お這入りますまい。」と云い、又或客に連れられて圓朝と供に、代地の料亭川長の座敷へ行きしに、三十人前の薄塩に小鯛の頭ばかりを揃えて出したるを、圓太郎は茶碗の蓋を採り、驚き体にて同家の帳場に行き、「私し丈ならばよいが、お客様の分にまで骨ばかり入れては酷いじゃないか。」と云いしに、川長の主人も変り者故、態(わざ)と圓太郎に詫びたるが、其後又川長へ行きしに、今度は碗の中へ醤油を入れたるより、圓朝が此時、以前の心得違いより、碗が薄塩で出すのが料理番の腕を見せる所だと教えたるに、圓太郎は慌てて帳場へ駆出し、主人に向って以前の失策を平に詫びたりと。

又或る時京橋の金沢亭へ、柳三遊合併にて出席せしに、同席は料理店松田が金主なれば、千秋楽の日、松田の主人が雇人等を引連れて聴きに来りしに、楽屋にて同連中なる燕枝が圓太郎に注意し、「大坂天満を作替えて、京橋煉瓦の松田屋で、こんな込む内や見た事ない」と唄えば、きっと大受けだと教えしに、圓太郎はやがて、之れを高座で唄うに、「京橋煉瓦の松田屋で、こんな臭い物喰うた事ない」と間違えて大失策となりしとか。又或る人が、同人に向い冗談半分で圓朝を悪く云いしに、圓太郎、「べらんべえ、うちの師匠は『木の下開山』だ!」と云いしは、秀吉(木下藤吉郎)の事までを間違いしものなるべしと。

〈編者註〉死亡を誤報するなど現在では考えられないが、情報伝達が不十分な時代にはこうした事も起ったのであろう。しかしそのお蔭で円太郎のおもしろいエピソードを知る事ができた。橘家円太郎(四代目)は俗にラッパの圓太郎とよばれ、ヘラヘラの万橘、ステテコの円遊とならんで寄席の人気者であった。上方にも何度か来ている。正確には明治31114日死亡。本名石井菊松。享年54歳。

明治31927日 扶桑新聞

◇盛豊座 近日より日本太郎事大久保一郎が自由講談を興行す

明治31930日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 柳升、枝太郎、南光等の落語

笑福亭 三馬、藤兵衛、木鶴、藤之助、円篤等の落語

〈編者註〉108日付京都日出新聞にこんな投書が載っている。「桂藤兵衛さん多年幾代の座長であつたのに何故笑福亭へ出勤する様にしたのですか(中京一遊生)」。その原因を新聞は報じていないが、何か不都合があって二代目桂文枝から桂派を破門されたらしい。桂藤兵衛が長年真打として鎮座していた桂派の幾代席を出て三友派の笑福亭へ移ったことは京都の落語界にとって大事件で、明治三十三年の「藤明派」結成へとつながっていく。

明治31106日 京都日出新聞

<笑福亭福篤、久米輔と改名する>

◇名弘めの大寄せ 新京極の噺し席笑福亭にては来る七月八日の両夜、笑福亭福篤が今度久米輔と改名したる弘めとして大よせを催す由にて。其補助としては桂藤兵衛、桂藤之助、其他俄師の尾半、玉翁、新玉、幾代席の桂枝太郎等何れも見物のお目にぶら下る由。

〈編者註〉この改名は『落語系図』に記載なし。一年余でもとの福篤に戻ったようである。

明治311013日 新愛知

◇福寿亭の東京新古人情噺 久々にて四代目為永春水が本日より、大須門前の福寿亭にて開演の東京新古人情噺は、滋賀余聞津田の落雁と活不動甲斐祐天を二席づつなりと云う。

明治311019日 台湾日日新報

◇幸亭 大阪初下り中村正玉が来て文武廟街の幸亭は、一昨十七日より開席する事に成り正玉初め才吉、小文字、春登代、しん喬、歳八重、万朝、鐘竜、文字助の面々にて浄瑠璃,かる口、人情噺、常盤津、ステヽコ踊、昔話等をするよし。

明治311029日 台湾日日新報

◇本日の幸亭 お駒才三鈴ケ森(才吉)播州名所(小文字)安達原一段目(春登代)大工嫁取話(しん喬)関取千両幟(歳八重)素人しるこ(万朝)先代萩御殿(鐘竜)三十石(文字助)逆踊(正玉)

明治311031日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 文三、小南、文雀、松竹の落語

笑福亭 藤兵衛、藤之助、円之助、円篤、三馬の落語

〈編者註〉円之助は円篤の養女で、笑福亭円之助。父親といっしょの音曲師であったが、若死した。

明治31116日 大阪毎日新聞

<三遊亭円若、笑福亭円若と改号する>

◇円若の名披露 三遊亭円若は今回笑福亭福松の門人となりて笑福亭と改号し、明日明後日の両日間西区北堀江賑江亭に於て名披露の大寄せを催す由。当日はシカ仲間の外に竹本住太夫其他二三のデン〳〵が出勤するよし。

明治31117日 大阪朝日新聞

<栄都館の開場>

◇栄都館 曾根崎字新道曾根崎学校の南方(曾根崎新道玉川湯の前)に栄都館と云へる寄席が出来て昨日より開業せり。出方は呂昇、照玉一座の女浄瑠璃。

明治311116日 扶桑新聞

◇富本席 橘家圓蔵一座の落語は愈々本日より興行す連中は橘家喬雀、同才蔵、三遊亭さん生、同ぽん太、鶴賀浦の助等なり。

〈編者註〉橘家円蔵は四代目三遊亭円生門人で、明治二十三年に四代目橘家円蔵の名を貰った。品川の円蔵と呼ばれた名人。

明治311116日 京都日出新聞

◇新京極の笑福亭 愛嬌ものゝ頤無朝臣と呼れし桂藤兵衛藤原忠勝は、前年来幾代亭を勤めて人気をとりしが、何か都合ありて前々月より幾代を退き、笑福亭へ入りて一座と倶に相変らず聴人を笑はせ居たるが、今度同席へは東京の松林伯知来りて昨夜より偽支那人、鼬小僧、河内山宗春(ママ)の三題を以て勇弁をふるい居るといふ。

明治311127日 大阪朝日新聞

◇大阪で赤塗人力車の三福対 医師吉益東洞、壮士俳優山岡如萍、落語家桂文三、能く揃つてる。(投書・青車夫)

明治311130日 新愛知

◇富本席の東京音曲噺 浄瑠璃と音曲噺と来ては例も人気にかなう冨澤町の富本席にて明一日夜より東京初お目見として滑稽音曲噺の三遊亭三福を始め三輔、遊蔵、左喜蔵、福蔵、三子、春子、翫三、富士松登佐太夫等の一座が興行との評判相変らず好景気なるべし。

〈編者註〉三遊亭三福はヘラヘラ坊万橘、二代目柳家小さん門人から初代三遊亭遊三門人となって三福を名乗った。「音曲噺を得意とし、口癖から〝ニョロニョロヒャアの三福〟と呼ばれた(「文之助系図)。本名三ッ橋亀太郎。晩年は精神を病んで歿した。

明治311130日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 小南、枝太郎、文明の落語

笑福亭 桂藤兵衛一座の落語

〈編者註〉文明は東京の噺家で桂文明。明治二十六年の番付(大阪落語人名録)に名前が載るだけで、詳細は不詳。


上方落語史料集成 明治31年(1898)12月・参考資料

明治31127日 神戸又新日報

◇百味箪笥 東京落語家若柳華嬢[燕嬢]何か不都合ありて、情夫なる壮士俳優座光寺秀三郎に呼付(よびつ)けられしが、秀三郎は鉄瓶を取って放(なげつ)ける癖あるより、燕嬢早くも火鉢の鉄瓶を引ツ払い、鉄瓶もろ共何所(どこ)かへ欠落(かけおち)す。

〈編者註〉若柳華嬢は若柳燕嬢の誤記。本名麻生たま。明治末に女優に転身した。座光寺秀三郎は本名千葉秀甫といい、書生俳優兼新聞記者で、彼の浮気が原因でこの頃離婚した。

明治31129日 芸備日々新聞

<広島寿座の誕生>

◇笹置座改築について 本市畳屋町の笹置座改築の事は予て記したるが右に愈々一昨日より在来の建物を取潰しに着手したり而して日ならず改築するとならんがその竣成予定期日は七十日の見込みなり。聞く所によれば其改築費は僅か五千円足らずなればとてもこの広島という大都会に適当するだけの壮麗なる建築をなすに足りまじと或る人は云えり。

〈編者註〉翌年三月二十八日寿座と改称して開場。定員千三百七十八名の広島を代表する劇場。

明治311211日 大阪毎日新聞

◇神戸共遊会 神戸の有志者発起し今回共遊会と云ふを明日午後六時より神港倶楽部に於て催す由なるが、其番組の中重なる分は曲独楽(都若)、長唄花月(坂東貴蝶)、琴三味線(中嶋教絃社中)、浄瑠璃卅三間堂平太住家(中谷よね)、布引四かけ合(中検連)、仮声廿四孝(貴谷、花江、扇笑)、書生踊(丸山定美其他数名)、舞蝶々娘(福原新検一丸)、北州(堂愛松)、松の名所、引抜き文屋(時松、つた竜)、演題未定(美当一調)、剱舞(静馬小次郎、深沢恒造)其他は略す。

〈編者註〉都若は錦影絵の富士川都正の弟子。後落語家となり桂小文吾を名乗る。

明治311213日 神戸又新日報

◇第二回共遊會の演芸 第二回共遊會は、例の如く一昨夜神港倶楽部に於て催されたるが、相変らずの大入にて、婦人六分に男性四分、歌人支那人なども数名見えたり。第一番は「茶番狂言」なりしならんもそれは見ず・・・・・・○○亭都若という人の「曲独楽」如何に滑稽とは言え余り人を馬鹿にした古洒落にて歯にも何にも合つたものにあらず評なし・・・・・。

明治311214日 扶桑新聞

◇富本席 本日より笑福亭八百蔵が人情はなし続物開演。

明治311214日 大阪朝日新聞

<文芸館の開業>

らくご 001

◇[広告]西区松島千代崎橋西詰北入 かつら一派落語定席 文芸館 明十五日ヨリ開業

明治311216日 扶桑新聞
◇福寿亭 今晩より三遊亭三福一座が東京音曲落語興行。

明治311219日 神戸又新日報

<第二湊亭の開場>

◇第二湊亭 三宮社内なる寄席東(あずま)亭は今度楠社内湊亭の席主が借入れ目下修繕中なるが右は一月一日より第二湊亭と改称し出席の芸人を掛持ちにさせ、花々しく興行するとぞ。

明治311225日 大阪朝日新聞

◇[広告]謝近火御見舞 天神裏門 林家席・八蝶席 玉上辰蔵

◇[広告]近火の節は迅速御馳付被成下不取敢御礼申上候/大阪市北区大工町天神裏門 神理教権少教正 宮崎八十八

〈編者註〉二十三日正午頃天満大工町(天満天神裏門寄席南歌久の北隣)歯科医布施猶興宅の二階押入より出火。

明治311228日 新愛知

◇富本席の初興行 おなじみの女浄瑠璃竹本文之助を始め土佐駒、駒寿、文枝、駒輔、文司、すず吉、廣吉等の一座が来る一月一日夜より冨澤町の富本席にて初興行との評判。


【参考資料】その一

◇友楽会(南地演舞場)に出た噺家たち 

〈編者註〉「演芸矯風と慈善の趣意を以て内平野町神明常磐席の城戸正男、平野町此花館の藤原重助の両名が発起人となり友楽会といふを起し、毎月一回づゝ南地演舞場に於て開会し、芸人を選抜して出演せしめ、会費中より実費を除き残余は積金として災害に罹りしもの及び貧民を救恤する筈にて、其第一回を来る七八日頃に開かんと目下準備中なりといふ」(大阪朝日新聞・32日)。本年は五回開催された。出演した噺家のみ下記に記す。

【明治31年】

第一回(312日) 

 都名所めぐり(笑福亭福雀)、浮世根問(桂三五郎)、滑稽掛合噺(東家花咲・杵屋雁篤)、菊江仏壇(桂小文枝)、梅若七兵衛(三遊亭円馬)、音曲噺箱根関所(柳家つばめ)、音曲噺七段かへし(三遊亭円子)

第二回(424四日)

三遊亭円若、笑福亭福松

第三回(529日)

須磨名所(桂かしは)、花の旅(笑福亭福雀)、夕涼(東家花咲・桝家雁徳)、恋の花見(三遊亭しう雀)、音曲(新古亭真正)、義士銘々伝(柳家柳升)、西洋土産(ブラツク)

第四回(73日)

村祭り(桂我都)、苫が嶋(笑福亭福雀)、曽我物語かけ合(東家花咲・桝家雁篤)、柔術息子(三遊亭好三)、菊石妾(桂かしく)、五段目八卦(桂米喬)、恋の熊鷹(曽呂利新左衛門)

第五回(1023日)

播州巡り(福雀)、新民法(文屋)、素人車夫(米団治)、三枚起請(柏枝)、浮世節新関所(円若)、道中八景(がん篤・花咲)、曲引東土産(露紅)


◇共遊会・共恵会(新町婦徳会場)に出た噺家たち 

〈編者註〉新町婦徳会場修繕のため中止していたが、三月より再会した。しかし前年同様、まともな噺家は出ていない。また六月より「共恵会」と改称している。

第二十七回(327日)

 出替どき(井筒)、浮世床(都雀)、親子茶屋(金玉)、講釈の鼻(芦丸)、軽口振付稽古屋(延枝・勢三・由八)

第二十八回(51日)  (落語の記載なし)

第二十九回(65日)  

軽口松阪踊り(ばい〳〵亭由八等)、落語根問(緑連貴鶴)、落語百軒長屋(浮亭梅幸)、人情噺西洋土産(石井ブラツク)

第三十回(710日)   

三枚起請(金之助)、百人坊主(梅幸)、忠臣八卦(紅雀)、天災(木鶴)、軽口浪花鑑(延枝・勢三)、物真似紋尽し(花元・砂子)

第三十一回(911日) 

歌合(紅雀)、廓の意気地(梅幸)、辻占(木鶴)、丹うどん(井筒)、軽口忠臣蔵七ツ目(延枝・勢三)、声色紋ぢらし(花元)

第三十二回(1017日) 

御祝儀(金玉)、初天神(歌笑)、桜んぼ(梅幸)、声色妹背山(貴谷・花元・扇笑)

第三十三回(1128日)

東の旅(都蝶)、箱家丁稚(都若)、百年目(家笑)、懸取(梅幸)、子誉めかけ合(伊三丸・都若)、物真似忠臣蔵七(保間・花元・貴谷)

第三十四回(1218日)

落語御祝儀(浮れ亭歌笑)、須磨名所(浮世亭伊三丸)、春雨茶屋(都亭児楠正)、牛ほめ(桂亭花朝)、滑稽掛合噺(みどり連金玉・延枝)、万歳(浮れ亭梅幸・〇〇亭都若)、声色紋づくし(花元・扇若)



【参考資料】その二

 芸苑落葉籠

〈編者註〉芸苑落葉籠は1119日より大阪毎日新聞に設けられた芸能に関する読者投書欄で、落語に関する投書も多く見受けられた。匿名で好き勝手な意見を述べているだけで、むろんそのまま噺家の評価にはつながらないが、それでも生の声はそれなりの面白さがあり、参考になる。1231日までの分をまとめて掲載した。

◇大阪の落語家は下手でも年寄になると真打になるのか、曽呂利さん馬を見なさい。(半可通・1119日)

◇落語家や俄師が口でばつかり改良々々云やはつても其云ふ所演る所は相変らずの猥褻でなければクスグリばかりだす。こんな事では娘たちを迂闊には寄席へ遣れまへんな。(卑猥子・1120日)

◇法善寺の境内金沢席の便所は大改良をすべきものならずや。(無記名・1120日)

◇近頃は落語家も掛持の都合か何処の落語の席でもおとし噺しの落を聞いた事がない。出方を減して落までやりなさい。(御霊辺つぶし・1121日)

宝集家金之助は東京にも一人有之候が、何方が本家なるにや伺上候。(瓢箪生・1121日)

◇千日前の金沢席では文枝の看板ばかり出て居るが、一ト晩でも出ないのは酷イ。外の奴等は赤下手で耳を貸のも惜やうだ。(遊行生・1121日)

◇大阪の落語家は何時行て見ても同じものばかりだ、彼より外知らないのか知らん。(一笑子・1121日)

◇幾代に出る花丸は否に漢語ばかり遣つて独りよがつて居やがる。生噛の漢語なんどは片腹所か両腹痛へや。(面堂九斎・1122日)

◇鳥渡申上参らせ候、三友派の曽呂利とやら申す落語家は警察官の居らぬ時には何時も猥褻しい噺ばかりにて、此間も娘を連て参りたる時には消も入りたき程耻しき思をいたし候。(船場の内儀・1122日)

◇半可通氏に伺度候。大阪の落語家は下手でも年寄になると真打になると仰られ候が、目下年寄でなくても上手な落語家ありや聞度き事に御座候。(好芸生・1122日)

◇平野町の此花館は何時も繁昌ですが、木戸場の看板になつて居る別嬪の娘が此頃養子を探して居る所から、我も〳〵と若手客が肝腎の噺しは其方除で銭取場のグルリを取巻きベチヤ〳〵機嫌を取つて居るのが耳障りで困る。(師経屋連・1123日)

◇芝居でも寄席でもハネる一時間ばかり前に火鉢や布団をドシ〳〵持て行くのは実に怪しからん次第だ。(かんしゃく持・1123日)

◇大阪の落語家は何時も同じ噺ばかりするとの攻撃ですが、変つたものを遣らとしても御客様がヤレ何を遣れ是を遣と望れるから仕様がありません。私し共は御客あつての芸人で、聴手がなけらばハイ商売が出来ません。(前座のカタン〳〵1123日)

◇ヤイ前座のカタン〳〵は生意気な事を云たな、変つた噺を遣りたくツても客が望むから仕方がない、御客あつての芸人で聴手がなければハイ商売が出来ませんと云つたな、何がハイだ、一体其ハイが気に喰ねえや、縦やお客が望むにしろ夫は二人か三人のチヨンキナ野郎が望むので外の客は黙つて居るのだぞ、二人や三人の馬鹿がお客で外の大勢はお客ぢやアねえのか、それもまアいゝが、お客が望むからとは何だ、客に聴て貰ふんでなく客に聴してやる位の見識でなくつてどうして改良が出来るものか、其様見識だから噺が赤つ下手で上らねえのだ間抜め、気を付て物を云へ、誰だと思ふ、憚ツちながら江戸ツ兒でえ。(中ツ腹生・1124日)

◇面堂九斎先生のお説の通り花丸と云ふ厄介動物は遣へもせぬ漢語を無理に振りまはして云やアがるのが気障でたまらねへ、お負に話は仲間中で一番拙いや。(悪口太郎・1125日)

◇幾代席で金之助の出る前にはチヨイと咳喇をしても叱られ、片隅に立てもやかましく言れます。宝集家さんにはこれほどの最敬礼を用はねばなりませんかな。(孤竜生・1125日)

◇中の芝居の忠七、一日がはり由良之助の雁治郎が一番出来がよい。併し二三年前落語家の芝居の時円馬が由良之助を勤めたが、其方が雁治郎のよりは遥かにましだ。大阪の一等俳優が落語家より劣るとあつてはわれ〳〵大阪ツ兒は肩身が狭い。(芝居狂人・1125日)

◇大阪落語家の上手なのは小文枝円馬だ。桂文三は歌の割に赤下手で嫌味沢山だ。あんな者が大看板とは不思議で堪らん。先代の文三が墓の下で泣くだらうよ。(天満花鹿道人・1126日)

◇落語家の新米がむやみに台を叩くか喧ましくて話は皆目聞えはせぬ。私のやうな逆上性の者は眩暈がする。こんな添物は平に御免蒙むりたい。(のぼせ男・1126日)

◇幾代席で聞栄のするのは円馬、面白いのは文三枝雀、愛嬌者は真生、新聞記者は花丸だ。(見立家・1127日)

◇花鹿道人さん、円馬が上手だと云のは今更野暮だ、併し小文枝と同じだとは円馬が可愛想なほど間違つて居る。僕に云せれば柏枝が一等で、左程上手ではないが熱心に勉強するのは三五郎だ。一体大阪の落語家は見識が卑しいから陀目だ。根底的改良を望む。(め、エ・1128日)

〈編者註〉桂柏枝は二代目文枝門人で、玉助(輔)、玉団治から柏枝に改名した。翌年三月慶枝となり、のち三代目桂文都を襲名する。茶屋噺を得意とし、「立ち切れ」の文都といわれた。桂三五郎は初代桂文団治門人で鯛団治、二代目(三代目トモ)桂文三門人で三五郎となる。俗にくきやと云う。

◇僕は落語家の顔を見立ます。円馬が田舎の漢方医、南光が大煎餅、万光が北海道の鼠、真生が石原時計店の看板、文三が素焼のカンテキ、文都が三味線の同[胴]、米喬がジヤツパンの鰐皮、文我がお乳母さん、明学が李鴻章の土左衛門、曽呂利がお骨の生焼。(瓢ツ床・1128日)

◇此花館の看板娘は婿を探して居るといふが僕では何だらう、落語が好で木戸番には持て来いだぜ。(好新生・1129日)

◇落語家の真生は大山大将に似て居るとか自称して頻に大将を振廻し、お負に演習(編者註:関西地方であった陸海軍合同大演習を指す)は何だとか斯だとか自慢らしく云て居るが、噺は赤下手で仕様がない。彼様ものは大山大将どころか阿呆の大将と云ても宜らう。(馬鹿らし生・1129日)

◇天満花鹿道人に申す、文三は成程嫌味はあれど話は可成り上手だ。大阪で上手と云ふのは文枝円馬、其の次は文三南光だらうか。柏枝もチヨイと味をやるテ、小文枝と来ては到底物にならない。(機披生・1130日)

◇角力興行場にはいつも青年極少ない、落語席や淫売義太夫などは半分は青年で持切て居る、情けないぢやないか、チト男子らしい角力を見玉へ。(船場青年・1130日)

桂小文枝は芸娼妓の聴客ある時はイヤに色眼を遣ふ癖あり、大層見苦しく候。(変鞍生・1130日)

◇私は至て憎まれ者ですが、落語家の面を一一品評してお聞かせ下され、例へば文都が散蓮華で、米喬が腐つた夏蜜柑と云つたやうな案排に。(米屋の丁稚・1130日)

◇面堂九斎士及び悪太郎子の花丸の小言一応は後尤のやうなれど、君等は名前の如き無粋者ならん。彼は滑稽の秘訣を知る者にて、故に変な漢語をつかふなり。真面目なる漢語を聞かんとならば髯の生へた先生に聞くべし。落語を聞くには滑稽の二字を頭にかぶつて聞きに行くべし。(夢の家・1130日)

◇落語家の西国坊は盲人で居ながら明学とは名称が反対です、以来は盲学と改名するがよからう。(印度猿・121日)

◇落語家の文枝は看板だけで何の席へも出ぬと云われた人もおましたが、丸で看板だけでもおまへん、一度や二度で落語家の親玉を聞うとはチト胴慾やおまへんか。(田中遊鯉・121日)

◇大阪で新内語りの美音は少ない様ですが、先づ鶴賀八十松だけは立派なものと思ひます。(おばさん・121日)

〈編者註〉鶴賀八十松は初代笑福亭福松の妾。のち鳴竹亭松秀の女房となった。

宝集家金之助が何時でも同じ都々逸ばかりを唄ひますが、他のものを知らないか、知らずば教てあげませう。(小肝生・121日)

◇落語家の桂文三はんは金持でおますやろけど金の指輪に金鎖(人造金か知らんが)身体中金づくめで落語の中にも指輪ばかり見せやはりますが余りお客様に失礼やおまへんか(弥七コンロ) 

◇巌笑の判官は素人の小生でも実に驚入たる拙さにて御座候、彼より前年落語家芝居で小文枝が演た判官の方が余程宜しかつた様に思はれ候。(無記名・122日)

◇見立家の御説には拙者少しく不服なり、新聞学者は兎も角も林家花丸は落語中で尤も噺が沢山ある、加之も気転が利て、拙者などは立派な真打と思ます。夫に引替へ文三と云る厄介ものは実に気障で否味で御噺にならぬと思ふ。(花丸贔負・122日) 

◇此花館で聞栄のするのは米団次、愛嬌ものは福松円若、面白きは米喬松光、饒舌の親玉はかしく、法律学者は小文都、四角な老爺は文都、否な爺は文団次。(狂落語生・122日) 

文枝文三を上手だと云やはるけど福松には勝てまへん。まず落語家中の大将は福松で、若手では米喬でせうナ。(三友好・122日)

◇好話生に申す、此花館の看板娘は彼でも年が卅三で加之も北浜辺の上等の旦那があります、所詮婿入はむだゝすな。(世話好生・122日) 

西国坊明学が得意の汽船の笛真似は淀川通の汽船も水上警察署小蒸気船も皆笛の音が同じである。(桃太郎・122日)

◇私も落語家の短評を試みます。上手なのは円馬伯枝福松にて、滑稽の巧いものはかしくにて高座に上つて嫌な真似をせぬ処が値打なり。小文都も巧いが雁治郎の仮声は真平なり。米団治も聞くべき価値あるが、矢張り雁治郎の仮声には聞く方で冷汗が流れる。竜輔の問答も面白し、愛嬌ものは花丸米喬にて、花丸を悪くいふものは落語の味を知らぬものなり。聞くに堪ざる下手は文三小文枝文団治文我なり。尚客にも注意を望むが噺を此方か注文するは悪し、可成放任して自然の技倆を顕さしむべし。(本当の噺好・123日)

上方落語史料集成 明治31年 参考資料

【芸苑落葉籠・続】
◇私は風変りに落語を俳優に見立ます。先づ文枝が右団治、南光が福助、小文枝が我当、文三が雁治郎、万光が伝五郎、梅枝が珊瑚郎、伯枝が霞仙、枝雀芝雀正楽が琥珀郎、小南が徳三郎で手遊が土の助です。(気楽人・
123日)

〈編者註〉手遊は二代目桂南光(のち仁左衛門)門人で、のちの二代目桂三木助。

◇小肝生は宝集家の都々逸を同じものばかりと仰やつたが、誠に一週間続て行て御覧なさい、随分変つた新文句を遣ますよ。(都々逸坊検査会社々長・123日)

◇東京下りの円若さんは何故彼様に美声ですか、同じ東京を振廻しても真生なんぞとは段が違ひます。(三友好・123日)

◇私は三友派と桂派との落語家の相撲の取組を御覧に入れます。小文枝かしく南光米喬枝雀松光伯枝米団治文三福松花丸小文都さん馬曽呂利文枝文都、大抵こんなものではどうです。(好噺居士・127日)

◇角座の…木村周平の由良之助、落語家芝居の円馬より下る事数段。(月と鬼・127日)

◇三友派の円若はいつも〳〵「鎗はさびても」の唄をうたひますが、チツと外の唄を聞かせてほしいネ。(見聞小僧・127日)

◇毎日の落葉籠に落語家の事が出てあるが、近来落語家がお客を安く見るは実に憤慨に堪へない。或席の如きは毎夜五六人は酒気紛々として高座へ上るから前に居る者は閉口だ。(噺好き・128日)

◇大阪のお役者様、落語家様乃至二〇加師様まで皆自用車で意気揚々と通ふてござらつしやるだ、我アはア何処の紳士様かと思ふてブツ魂消たが、跡で其正体を聞て二度吃驚したゞ。(ポツト出の田舎者・128日)

◇いつでも面白いものは文枝の渋い顔と文都の枕言葉、聞き辛きものは小文枝の嫌味と小文都の漢語と松光の米山と金之助の鈴の音。(寄席の深草少将・128日)

◇桂派落語家の短評を並ぶれば、上手なは円馬万光、活発なは小文枝、嫌味なは文三、好かぬ奴は明学花丸。(好語生・128日)

桂文三は登場の際湯呑を持ち口中にて何かぐづ〳〵申居り様阿呆陀羅経に候や、但しは後生願ひのお念仏に候や。(理靴生・128日)

◇大阪芸人社会で尤も上手なのは俳優で我当、落語の円馬、浄瑠璃で津太夫、娘義太夫で長広、二〇加師で談五郎、角力で若嶋。(大文字屋福助・128日)

明学が李鴻章の土左衛門を御覧になつた事がありますか、瓢つ床先生に伺ひます。(極楽屋宗部・128日)

◇怪しからんは金沢席紋日の値上げ…高座で下手で楽屋受のよいは文団治。(千日前ウロ〳〵生・129日)

笑福亭円若さんは「やりさび」より知らぬと云ふ小言どすが、それは毎晩聞きに行かぬからでせう。円若さんは都々逸、端唄、常磐津、清元、二上り、浄瑠璃、木遣節何でもござれの多芸ですぜ。(円若自慢・1211日)

円若自慢さん、成程円若は何でも器用に唄やはりますが浄瑠璃は皆無成つておまへん、端唄と来ては元来無い声を自慢に長たらしく引きやはりますので無茶苦茶になります。(霧太郎・1212日)

◇芸園滑稽三幅対は二〇加の団十郎、落語の米喬、俳優の延五郎だと思ひます。(好芸山人・1212日)

◇狂落語生にお尋ね申さん、円若は愛嬌者と云はれ候へども毎夜々々酒に酔ひ高座にてクダを捲き候故、唄は一向三味線に合ひ申さず候。(円若嫌ひ・1213日)

◇僕は元来尺八好きだから御霊社内の尾の席へ鳴竹亭明秀の尺八曲吹を聞きに往たが、思つたよりは感心に浄瑠璃でも端唄でも看客の注文次第三味線と合奏する。(エライヤツチヤ・1213日)

〈編者註〉鳴竹亭明秀は本名日比野豊太郎。尺八の曲引。旅芸人で、笑福亭野笑、笑福亭(又は喜竹亭)桃枝、鳴竹亭松秀、西国坊明竹等様々な名で各地を巡業していたが、上京して一睡軒花堂と改名した。

◇花鹿道人のお説は大賛成だ。桂文三は実に高慢な奴だ、碌に話もしないで人の小言ばかり言つて居る晩が度々ある。若し来客中に欠伸する者があれば直に嫌味をならべる。欠伸がいやなら一番大奮発して席を大事に話に身を入れてはどうだ。(船場ゾメキ屋・1213日)

◇皆さんが諸芸人の評をなさるが一向幇間の噂が出ませんから私が筆始めをいたしませう。当時大阪で本当の幇間は新町の叶子でせう、蝶蝶八は地口のこじ付と酒呑むばかり、淀八は可なり心得あれど座敷によりて見下す気味あり、併し以上三人は師匠株として得了手馴れし妙味あり、豆六は亡師豆八の弟子中にての剛者仮声は可なり鮮かなり、蝶加助も座敷の取りまわしは上手なり、左れど両人とも浮薄商売とは云へ余り陰陽あるはよろしからず、千豆は他所行等には重宝なり、かゝる社会には稀なる正直者にて表裏なきが取柄なり。(北浜粋士・1214日)

◇大阪の講談師は一向赤下手で聞くに堪へぬ、たゞ松月堂呑竜だけは少々聞栄あり、然るに其下手講談を麗々しく美本に製してそれが売れるとは可笑いネ。(鰹座三好・1214日)

◇誰やら乙ウ円若の肩を持て御託を並べたが、私の言ふたのは鎗さびと云ふやうな作のわるいものを自慢らしく毎晩唄ふからお客の半分は欠伸が出る、それ故に大抵隔日位にしてはどうだと云た話なり。円若は多芸かは知らぬが、鎗さび位で誉められても多芸が多芸にならぬわけサ。(見聞小僧・1214日)

◇落葉籠の中には芝居落語角力浄瑠璃芸妓等いろ〳〵あれども講談は一向に見受けず、講釈師の中にも伯竜、一瓢、瓢馬、一口、呑山等上等なのが沢山あるものをチト此評判も聞きたいものだ。(太閤関白平清盛・1215日)

◇三友派落語家の植木見立かうもあらうか。福松「桜」陽気です、米喬「牡丹」、文団治「桃」面白い、小文都「竹」コツ〳〵節があるのが性来です、松光「野菊」ひねつた客ならでは見向きもせぬ、円若「萩」今一しめです、曽呂利「藤」たれるのが性分、梅団治「山吹」随分見られます、米団治「梅」渋い所が価値、文都「松」古い処に味がある、だが花のないのが惜しい。(三友派聞天狗・1215日)

◇落語の席では頭数が多いからどれも〳〵咄しは半分でおやめだ、これでは落し咄ではなうて落さぬ咄ではないか。(鰹座三好・1215日)

◇大阪落語家の中にて人情話の巧者なのは桂派で花丸、三友派では小文都、米団治の三名ならん。花丸の「乳もらひ」、小文都の「軍人の決心」、米団治の「蜆売」、これを三幅対と申すべし。(あなかしこ生・1217日)

◇平野町御霊社内尾の席の鳴竹亭松秀の尺八曲吹が上手だとの事故僕は早速聞きに往た。笛は鳴る事は鳴る、然し其音声に律呂がない、鳴らすだけなら五厘か一銭の手遊の笛の方がよく鳴る、あれでも賞める人があるから世間は広い。(尺八生湖山・1217日)

◇三友派[三遊亭]円馬さん、あなたの都々一が聞きたいと云ふお方がありますがどうですチトお唄ひなさつては。(好奇生・1217日)

◇落語家三幅対、高尚なのは文枝円馬柏枝、老練なのは燕枝万光談枝、面白いのは文屋枝雀真生、生意気なのは花丸三五郎南光、嫌味なのは文三小文枝小南、相変らずの下手は正楽梅枝福助。(無記名・1217日)

◇御社の芸苑落葉籠毎日面白く拝読いたし居り候、芸人は大抵大阪に限るやう被存候が、チト京都の俳優や落語家の評も御掲載相成候ては如何や、投書家先生達に御勧め下され度候。(京都チリレンゲ好・1218日)

◇桂派の小南はなぜ見物の娘さん達を見ると乙な色目をつかふのでせう、以後はやめてほしい。(船場出放題・1218日)

◇平清盛君よ、講釈師の伯竜、一瓢一口、瓢馬、呑山等を上等だと云はれたが、あれが上等では下等な講談師が世にあるだらうか。(楠正成・1218日)

◇私は文枝の話が聞きたいと思つて此間から幾代へ度々足を運んだが少しも顔を見せませんが、文枝は居るのか居らんのか、此花館同様高座に名前を書いて張出して置けばよいのに。(東区好噺生・1218日)

◇評判するほどの講釈師は大阪には一人もない、世界の物識我一人と高慢顔して間違ひだらけな事を口演する者ばかりだ、其証拠は講談速記の本を見てもわかる。(みよし・1220日)

◇尺八生湖山は尾野席の鳴竹亭松秀の尺八に律呂がないと仰せあつたが、アノ位吹きこなせば上手の部だらうと僕は思ふ。按摩ぢやあるまいし五厘や一銭の笛を鳴らして済む位なら苦労して仕事するがものはあるまいよ。(好竹庵湖舟・1220日)

◇僕は素人で音声の律呂などは知らんが非常に尺八は好で色々先生方の尺八も聞たが松秀の尺八は案外に面白く聞た、耳を証拠にして僕は松秀の尺八を世に勧むるを憚からぬ。(素人好笛生・1220日)

◇私は大阪の講談師中上等のものは南陵、魯山、琴玉、南北、伯竜、玉鱗だと思ひます。又京都では琴書、魯山の二名に限る。(新田義貞・1221日)

◇落語三幅対の中に燕枝万光談枝とありましたが、燕枝は疾に故人になり、談枝は病気で席へ出ません。(百舌生・1221日)

〈編者註〉初代桂燕枝の没年は不詳で、この記事により死亡を確かめ得る。初代桂談枝も病気がちで高座へは出ておらず、数年後に亡くなったようだ。二人との初代桂文枝の門人として噺家になり、初代の死後二代目文枝の門下に入り、初期の桂派をよく支えた。

◇御存じの落語家桂小南君の家の前を通りますと不図眼につきましたのは当時流行の陶器製の標札に落語士桂小南と筆太に認めてありましたが、落語士とはどう云ふわけですか、御存じの方は教へて頂戴。(市中駈歩生・1221日)

〈編者註〉落語士の表札に関して以下集中攻撃を受けている桂小南はこのブログでもお馴染みであるが、明治十三年東京で生まれ、のち大阪へ移って十一歳で二代目桂南光(のち仁左衛門)の弟子となり、十八歳で真打になった。この年数えて十九歳。生涯前座名の小南でとおした稀有な例の持ち主。本名若田秀吉。

◇私は田舎者ですが大阪の人は落語を聞くになぜ毎晩同じ物をお好みになりますか、私は南光の掛取を十三遍聞きました、余り嫌になりましたゆえ此頃は南光が出ると又掛取かと直に逃出します。(愛媛生・1222日)

◇どんな話をさしても上手なのは老練家の文都です。人情物は勿論円馬で、次は小文枝米団治柏枝などでせう。誰やら柏枝を一等と云はれたのは僻耳でせう。(落語天狗・1222日)

◇市内駈歩生のお尋ねに依て一ツ此老爺が教へて上げます、落語家と書けばはなしかとなる、落語士なればはなししとなる、しかでもししでも同じ獣だが、ししは十二支の中にはいつて居るからしかより上位のものと、それで落語士とやつたのだ。(洞察老爺・1223日)

◇落語士の士は昔は士農工商と云つて士は四民の上位を占めたものだ、落語家は四民を集め高座で教導する事古の士も及ばぬと高を括つての高慢から割出した落語士だらうよ、小南君以て如何となす。(噴飯両腹痛生・1223日)

◇私共は学者先生ではないから判らんが、士は死と同音にして死は一に落命と云ふ、即ち命の終りを死と云ふから、小南が殊更落語士と此士の字を用いたは同人の評判が地に落ちると云ふ事を自ら覚悟したのではありますまいか。(不吉庵主人・1223日)

◇落語士は全く落語師の誤りなるべし、小南たるもの注意せよ。(北区梅好生・1223日)

◇新田義貞は大阪講釈師の上等なのは南陵、魯山等六人だけと云つたが、右の内伯竜はチヨボ〳〵、外は一向赤下手で皆無講釈にはなつて居ない、平清盛君の云ふた通りまづ大阪では一瓢、呑山ですな。(四方天但馬守・1223日)

◇私は大和の百姓でやすが、此間大阪へ見物に出かけやして平野町の此花館たら云ふ処へ咄と聞きにへゑりやしたら、円若はんたら云ふ人が鎗さびちふ唄を唄へやした、此頃は私処の村や又は隣村で太郎作や次郎坊が四五年前から唄へやすだが、円若はんはいつ稽古に来たんでがせうかな。(バヽ買唄専権人・1223日)

円若が高座で槍さびを唄ひまするは尤至極と存じます、彼が心中を察するに是までは鎗栗もつきましたが此年の暮の鎗栗がつかんゆゑ高座でツイ愚痴をこぼすので鎗栗の鎗がさびた鎗さび〳〵と云ふのです、それを止めさしたければ金を貸しておやりなされ。(大和弁護士・1223日)

◇大阪兒は東京の席を不潔だと云つたな、箆棒め大阪の席で毎晩五十人か七十人足らずの客人で木戸銭ばかり不廉くて建物ばかり美しくツても肝心の芸人は二束三文だ、東京の寄席は毎晩三百五百から千人位の入りがあり、芸人は飛切連中だから席の汚ない位にかまつた事かい。(東京者・1223日)

◇何は旨かつたが何は拙いとか明亮に其巧拙を評した方が利益があらうと思ふ、併しなる丈拙い所ばかり小言を云ふがよい、天下一だの日本一だのと賞め立てると奴等は得て自惚を起すからネ、落語家だつてさうだ、滑稽々々と云ふがいつでも下らないものばかりだが、聞手の腹を抉るやうな面白可笑しい話を工夫する事は出来ないのかネ。(関東老人・1225日)

◇市内駈歩生の質問に対してさま〳〵の解釈が出来ましたが皆違ふよ、君等は此頃流行して居る学士の称を知らないか、小南も実は落語学士とする処であつたが生憎落語学校と云のが出来て居ないから拠所なく学の字だけを遠慮して落語士と書いたのだ、若し嘘と思はゞ小南に聞いて見玉へ。(苦笑閑士・1225日)

◇手品より髭の方が立派な武田貞一君よ、君が千日前出で手品を教へて居なはると高く踏で一銭五厘の値打より見えまへんな、然し羽織袴で演舞場の舞台の真中へ立ちなはる時は髭の手前でも国務大臣の演説かと思はれる値打がおます。(長尾信・1226日)

◇京都の落語家には物になるが至つて尠ない、笑福亭の藤兵衛藤枝ぐらいで、幾代席には若手ぞろひですがいづれも団栗の丈比べです。(京都太郎・1226日)

〈編者註〉桂藤枝は藤兵衛門人で、のちに「らくだ」で有名な四代目文吾となる。

◇大阪落語家の中で声の一番いゝのは誰ですか、お尋ね申上候。(土丸生・1227日)

◇講談の名人と云ふのは京都の山崎琴書でせう、上京の節は是非一度聞ておやんなさい。(琴書ひいき生・1227日)

◇御霊社内尾野席の鳴竹亭松秀は以前笑福亭桃枝と云ひし者にて、中国及び九州地方を尺八一本にて興行しまはり、いづれの地にても大入をとり、其末本年八月帰阪なしたる者なれば、無下に捨てたものでもなからうと思ふ。(熊本雅堂・1227日)

鳴竹亭松秀に申す、君は因州鳥取藩と聞いた、男前はよし、尺八は上等だし、爾来平井権八と改名してはどうです、小紫が現はれるかも知れん。(同藩助七助八・1227日)

桂文三先生よ、君は近頃指輪沢山の外見を止められて至極結構だが、なぜ見台の前へ坐りしなに尻をまくり赤入又は縫潰しの長襦袢をこれ見よがしにするは甚だ見憎いからよし玉へ。(蝶々庵女亭・1227日)

◇京都太郎君は藤兵衛藤枝が上手だと云はれたが僕は感服せぬ、噺の巧いのは枝太郎松竹、人気者は藤兵衛藤之助、凡て京都の落語家は聞くに忍びざる猥褻の噺をなす者多し、チト改良してもらひたい。(下京弥次馬・1228日)

◇長尾信君に申す。武田貞一さんを一銭五厘でとは余り安過ぎる、今少々値上げがしていたゞきたい。次に私も手品師の事を申さうなら、手品の元祖は江戸で近江屋庄次郎、名古屋で養老滝翁斎、浪華で柳川一蝶斎です、目下浪華で種を売らぬ手品師は二人しかありません。一人は福岡正一、これは以前両替屋の若旦那だけあつてチヨツと上品な処あり芸も其通りです。今一人は千日前奥田の軽業の中に東洋一郎とか云ふ人、元は久太郎町辺の某家の息子にて芸も相応に見られます。兎に角手品師払底の時節勉強し玉へ、上達すれば僕が幕をやる。(岸松舘二階生・1228日)

◇松島に新築の文芸館は実に立派で落語の定席には惜い位だが出席の落語家がお話にならぬ赤下手で折角の寄席も是では散々なり来春の初興行からは一つ上等の落語家を出席するやうにしたいものだ(松嶋五郎・1229日)

◇私イハア百姓でがすが、松嶋の文芸館チウ途方もねへ立派な寄席へ聞に這入りましたゞ、私等の耳にやあ野郎唄の外聞いた事はねへだが、それでもはア出る奴も〳〵余り下手過ぎて聞えるだ、幾許かましなのは文三とか云ふ大哥だかとは余り心細いこんだ。(河内の百姓・1229日)

◇千代崎橋西詰文芸館へいつて見玉へ、それは〳〵不潔言はん方なし、あれでも新築したのか呆れて物が云へぬ。(清潔好き)

◇大阪落語家中で一番声の好いのは文枝、次は真生位なもの。声の一番わるいのは万子、出ぬのを無理に出さうとするのは花丸、声の一番大きいのは明学。(北陸道人・1229日)

〈編者註〉万子は万光(桂)の誤記。二代目文枝の弟子で初代桂万光。喘息持ちで年中のどをゴロゴロ鳴らして聞きづらかったが、それを芸の力でカバーし、「死人茶屋」など何度聞いても抱腹絶倒だったという。

◇賑江亭の円子がオツペケペーをやるが其文句も可なりに出来て居る、増税の事やら雑居の事やら大阪人にはチトむつかし過ぎるかも知れんが、時世に目をつけるだけは感心だ。(中野萍水・1229日)

〈編者註〉円子はもと三遊亭万寿といって東京の人。劇場の囃子方より転向して落語家になった。上方に来て明治二十七年三月ごろに三遊亭円子と改名した。歌舞伎の下座を生かした音曲師で、二調鼓を得意としたので「鼓の円子」として知られる。

◇事書ひいき生よ、琴書は成程京都では上手かも知れんが名人上手と云講談師は京阪の間に一人も居ません、琴書如きを名人とは両腹痛い。(鰹座三木末・1229日)

◇琴書ひいきに一言す。君は余ほど琴書がお気に入りと見えるが、所謂鳥なき里の蝙蝠だ、あれが名人ならば大阪の講談師はまず八分通り名人ですな。(三府講談通・1229日)

◇文芸館に出席して居る花丸のステヽコは成る程巧いには相違なけれど、客の注文物を遣ぬのは悪い。芸人は客次第のものゆゑ偶に注文するものを遣りたまへ。(ステテヽコ注文生・1230日)

◇清潔好君よ、君は松嶋の文芸館を不潔だと云ふたが、あれが不潔なら此花館は扨置き、新町の瓢亭、堀江の賑江亭などは何と云つて好からう、悪口も程々にし玉へ。(不平生・1231日)

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ