明治32年

上方落語史料集成 明治32年(1899)1月~2月

明治3211日 大阪朝日新聞

◇大阪の落語席

南区:◎法善寺金沢席 文枝、小文枝、南光等の落語◎法善寺今嘉席 文都、曽呂利、福松等の落語

東区:◎平野町此花館 文都、福松等の落語◎淡路町幾代席 文枝、さん馬等の落語

西区:◎北堀江賑江亭 文都、新左衛門、福松等の落語 ◎松島文芸館 文都、新左衛門、福松等の落語 ◎新町瓢亭 文枝等の落語 ◎江戸堀此花館 三友派の落語

北区:◎林家席 落語 ◎曾根崎遊芸舘 落語

明治3211日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席亭、御旦那様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦に存候。就ては當一月一日より、従来の一座へ東長次郎、桂梅團冶、笑福亭圓篤、同圓之助、曾呂利新左衛門の新顔を差加え両席に於て興行仕候間、舊に倍し賑々敷御光来の程、奉待候/楠社内第一湊亭/三宮社内第二湊亭

〈編者註〉東長次郎は柴笛の名手。具体的な芸内容は明治29319日付「京都日出新聞」に詳しい。明治29年に東奴と改名しているが、長次郎と書かれることの方が多い。笑福亭円之助は、円篤の娘で、父親といっしょの音曲師であったが、若死した。

明治3211日 扶桑新聞

◇名古屋の落語席

長谷川座 本日より昼は笑福亭八百蔵が人情噺。

〈編者註〉笑福亭八百蔵は初代松鶴の弟子。後に東京で講釈師となり、名古屋の端席で十年間以上一人で興行していた。晩年はフリの前座でいたようだ。本名加藤市松。

明治32117日 新愛知

◇同席の東京人情噺 東京より初お目として三遊亭右龍の一座が明日より富澤町の富本席にて人情噺を興行、其前連は橘家猿之助、三遊亭左三に當市おなじみの豊澤巴津子、同新八、桂文福、同文馬等なりと久々の落語も面白かるべし。

〈編者註〉三遊亭右龍は初代三遊亭円右門人。本名太田卯三郎。「お茶台」の仇名があり、晩年は当時の若手の稽古台だったという。猿之助、左三は不詳。桂文福、文馬は名古屋の噺家。

明治32129日 新愛知

◇富本席の合併一座 本月十六日より富澤町の富本席にて興行中なる東京人情噺し三遊亭右龍、猿之助等の一座へ、今回久々にて笑福亭圓光、同栄蝶等が加はり、本日より合併一座として相変らず人情、滑稽、音曲噺を興行。

◇同席の音曲滑稽噺 又々近々に富本席へ、横濱圓朝とも言れ居る東京の落語家昔々亭桃太郎が初お目見として、桂文蝶、三遊亭橘六、同橘左衛門、春の家小竹、昔々亭團子、邑井貞省、清元三之助等の一座と共に乗込み、音曲滑稽浮世節講談いろいろを賑やかに開場なすとの評判々々。

〈編者註〉笑福亭圓光三代目松鶴門人。最初、初代梅枝(後の二代目藤兵衛)に入門して、梅寿(又は梅々)から藤鶴。二代目文昇門で文舎(文車)、更に三代目松鶴門で円光から明治37年に梅香を襲名する。俗に「呑んだの梅香」と言われ大酒飲みであった。昔々亭桃太郎(三代目)は元横浜の天狗連出身で、音曲師として横浜を起点に東海道筋などの地方の寄席で活躍した。本名木村兼次郎。桂文蝶は六代目桂文治門人。本名鈴木久次郎。三遊亭橘六は初代三遊亭円右門人。本名吉崎源吉。のち二代目三遊亭遊三門人となり三左衛門となる。その他は不詳。

明治32130日 神戸又新日報

<第二湊亭の開場>

◇第二湊亭の舞台開き 楠社内落語定席湊亭の席主は、予てより記せし通り、三の宮社内に第二湊亭を新設し、落語家は双方掛持にて出演せるとなるが、明三十一日午後四時より第二湊亭に於て披露の宴を開く由。

明治3221日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 三遊亭円馬、桂小南一座の落語

笑福亭 式亭三馬、桂藤兵衛等の落語

〈編者註〉式亭三馬は東京の人で、春風亭柳鼠、土橋亭里ん馬を経て曽呂利新吾(新語)となり、のち式亭三馬或は翁千歳、三笑亭可六と名乗った。本名諏訪部伊之助。昭和の初めに吉本興行に所属していた式亭三馬(宇田川勝太郎)の先代である。

明治3221日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 []鶴、かしく、圓丈[]が新左衛門外一名と入替り他は之れまでの一座にて落語

三宮第二湊亭 楠社内湊亭一座と掛持ちにて落語

能福寺内松鶴座 楠社内湊亭一座の掛持ちにて落語

〈編者註〉笑福亭勝鶴は二代目笑福亭松鶴の門人で二代目梅鶴から勝鶴となった。東京の落語家で、二代目桂塩鯛や三代目梅鶴(梅左)の師匠。円若は三遊亭円若。四代目三遊亭円生の門人。明治二十八年ごろ円生とともに上方へ来たが、そのまま上方に残り、こちらの芸人になった。隻眼の音曲師で、美声で知られ、「槍錆」は絶品といわれた。三十一年十一月、笑福亭福松の門人となって笑福亭円若と名乗ったが、福松死後三遊亭に復命した。性格に傲慢なところがあり、仲間内や客ともよくトラブルを起こしている。

明治3222日 新愛知

◇富本席の音曲滑稽噺 記載の如く東京より昔々亭桃太郎を始め、桂文蝶、橘六、橘左衛門、小竹、團子、貞省、三之助の大一座がお初お目見として、愈々本日より富澤町の富本席にて音曲、滑稽噺、講談等を興行。

明治3223日 扶桑新聞

◇長谷川座 今晩より笑福亭八百蔵一座の人情噺興行。

明治32210日 扶桑新聞

◇長谷川座 納屋橋西同座に於て今十日夜より音曲人情噺興行。

◇富本席 昔々亭桃太郎一座は日々好人気に付き猶十五日迄日延する由。

明治32213日 扶桑新聞

◇長谷川座 納屋橋西同座に於て去十三日夜より笑福亭八百蔵一座の怪談七化興行

明治32215日 新愛知

◇長谷川座の講談と落語 昼は笑福亭八百蔵が人情講談を、夜は笑福亭圓光、立花家猿之助、桂小文福と右の八百蔵が合併し、本日より納屋橋西の長谷川座にて、講談滑稽音曲噺のいろいろと昼夜二回づつ興行をなすと云ふ。

〈編者註〉桂小文福は名古屋の文福の息子。

明治32215日 台湾日日新報

◇艋舺の逢見亭 今度艋舺直興街まんか湯の二階に寄席が出来、浄瑠璃竹本津国太夫に新顔の音曲落語数名を加へて今晩よりたつぷり御機嫌を覗ふという。其芸題は落語(橘屋喬太)(三遊亭喬遊)(橘屋喬三)浄るり加賀見山長局の段(竹本春登代)菅原伝授寺子屋の段(武本東吉)四ツ谷怪談伊右衛門住家(竹本津国太夫)三味線(竹本東吉)。

明治32217日 新愛知

◇盛豊座の人情噺 笑福亭八百蔵らが本日より下園町の盛豊座にて人情噺を興行。

明治32220日 大阪朝日新聞

◇葉書だより 真生さんはいつも金之助さんと同じ寄席へ出やはる、おまけに別看板まで相合傘の末かけて‥‥。(焼餅生)

〈編者註〉新古亭真生と宝集家金之助は夫婦。明治二十七年頃に上方に現れ、桂派に属して音曲と珍芸で大いに高座を賑わしている。

明治32224日 台湾日日新報

◇万朝幇間となる 七変人の末孫円遊の孫弟子なる十字館の万朝は幇間となり、一昨日共検よりヘイ今晩にはあらでヘラ〳〵ヘーと現はれぬ。

明治32226日 扶桑新聞

◇長谷川座 昨日より五日間笑福亭八百蔵一座の講談あり。

明治32226日 新愛知

◇富本席の音曲滑稽噺 東京より久々にて、三遊亭左圓遊の一座が、近々富澤町の富本席にて興行。連中は左圓遊を始め、市馬、三輔、花遊、翫三、左升、左遊次等なるが、何れも滑稽と音曲を得意となす連中なりと云ふ。

〈編者註〉三遊亭左圓遊は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。のち二代目円遊を襲名するが、師匠のコピーの域を出ず、評判はいま一つであったそうだ。昨年も来名している。三遊亭市馬は二代目三遊亭円馬門人で寿々馬から市馬を襲名した。「あばた顔だが美声の音曲師で推量節で人気を取った」(落語家事典)。三遊亭花遊は始め二代目三遊亭円馬門人で竹馬、のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で奴遊と名乗り、明治三十一年ごろ花遊となる。本名野村甚三郎。隻眼の音曲師。その他の面々は未詳。

上方落語史料集成 明治32年(1899)3月~4月

明治3231日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 小南、綾女、枝女子、小文枝、文太郎一座の落語

笑福亭 桂藤兵衛、三馬、小円馬等の落語

〈編者註〉枝女子は春風亭柳條(三代目春風亭柳枝門人・加藤力松)の娘で加藤よね。明治十四年二月生。音曲手踊りの花形であったが、明治三十九年に早世した。桂文太郎は二代目桂文枝門人。後に二代目伯枝となる人か? 小円馬は三遊亭小円馬。二代目三遊亭円馬門人。綾女は不詳。

明治3231 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 福勇、南枝、玉福、福我、松喬、小福、光雀、璃鶴、勝鶴、小文都、福松、新鏡、團輔、圓若の一座にて落語

三宮第二湊亭 湊亭と掛持ちで落語

神明町松鶴座 舊一座の上に笑福亭福松、月亭小文都、勝鶴等が加わり落語

〈編者註〉福勇は福遊(笑福亭)の誤記か。初代福松の門人。玉福(笑福亭)は初代福松門人。もと林家小菊丸。二代目林家菊丸の息子。福我(笑福亭)は初代福松門人で、もと桂昇馬。のち三代目桂文昇となる。松喬(笑福亭)は後の二代目林家染丸。小福(笑福亭)は二代目染丸の忰。光雀(笑福亭)は松光(かんやん)門人。のち政右衛門となる。璃鶴(笑福亭)は三代目松鶴門人、後の二代目笑福亭福松。小文都は月亭文都の秘蔵弟子。将来を嘱望されていたが早世した。なお玉福(もと小菊丸)、福我(もと昇馬)、南枝新鏡団輔はずっと神戸を本拠地として活動している(詳細は明治2821日付「神戸又新日報」の註釈他参照)

明治3231日 神戸又新日報

◇広告/昔噺の御披露/當席亭、御旦那様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦に存候。就ては當三月一日より、従来の一座へ笑福亭勝鶴、月亭小文都、笑福亭圓若、笑福亭福松の新顔を差加へ興行仕候間、舊に倍し賑々敷御光来の程奉待候/楠社内第一湊亭/三宮社内第二湊亭

明治3232 大阪毎日新聞

芸人逸話(二) 松鶴の将棊  さくら 

 人毎に一つ癖あるものにて、落語の名人と許されたる初代の笑福亭松鶴は極めて馬と将棊が好物なり。馬と将棊とは其取合せ尤も可笑しけれど、実際余所の見る目も笑止なほどにて、古来より聞きも及ばぬ席への出勤にはいつも馬上にて打たせけるとぞ。芸人の席へ出る頃は大方は夕方なれば、夏の一日の汗を流してより門辺に集(つど)へる若い者は碁に将棊に余念なき所を、松鶴は馬の上より昵(じっ)と見て其まま馬を止むれば、同気求むる将棊気違ひが、オヽ師匠今はじまつて居るのだが一席どうだネと勧めらる。下地は好きなり、二言と云はずに馬より下り、一度盤に向ふが最後、勝てば勝つで腰が据り、負けれが負けたで自暴(やけ)になる、かゝる時には眼中稼業なく、たゞ将棊盤が命なり、左れば其出勤する筈の席主は大に迷惑し、真打が居なければ納まらぬとそれからそれと探しまはりて連れ行くが常なれりければ、後には其弟子が松鶴の通路の前触れをして、将棊をして居る者を見れば、誠にお気の毒さまですがこれ〳〵の次第故、今師匠が通る間だけ暫時見合せては下さらぬかとすつぱり道を清めて置しとも知らず、松鶴は例の馬にゆられていつもの処に通りかゝり、今日は昨日の仇討をしてやらんなどゝ腹の中に思案しながら見れども〳〵門に若い衆の立つ処はあれど将棊の勝負の逸興(はず)める処は一ケ処もなければ、今日に限つて不思議な事と思ひながら楽屋入りをなし席主へは迷惑もかけず事済みたり。これより後は常にかくの如くなせしとぞ。(面白子投)

〈編者註〉初代松鶴に関する珍しいエピソードだが、37日付の同紙に嶋の内一老人なる人が、「面白子投書の芸人逸話第二の松鶴の将棊は其本人が間違ふて居る。決して初代松鶴はそんな人ではない。君も投書するなら十分調べてからにし玉へ。わからずば教へて進ぜるよ」という投書をしており、残念ながらこのエピソードはそのまま信用するわけにはいかないようだ。

明治32315日 北国新聞

◇新富座音曲落語、今晩の語り左の如し。高宮川天狗の酒盛一本足のおどり(梅好)、西洋手品夢の通路一流指の影ゑ(圓松)、切れ与三郎上総木更津の段(燕雀)、道化のかる口茶番狂言加賀見山長局の段(歌之助・圓光)、芸娼妓遊客品評会廓の穴即席問答三題ばなし滑稽ステテコおどり(龍輔)、清元新内入都々逸新演芸節三府当世節(歌扇

〈編者註〉三遊亭円松は本名松井松太郎。最初司馬龍喬(三遊亭円龍)の弟子で円松。後福松門に移り笑福亭円松。師匠没後、再び三遊亭円松或いは司馬龍喬。旅芸人で、余芸として指影絵を得意とした。仇名は「はげ松」。その他の面々は不詳。

明治32317日 大阪朝日新聞

◇芳雀の戸惑ひ (前略)落語家の中でも東区谷町三丁目に住む笑福亭芳雀こと本名白井辰之助(二十六年)といふ自称業平は、此程泉州岸和田へ一座を組で出稼ぎに行き、旅人宿大友某方へ止宿せしに、同家の下女お竹(十九年)(後略:を口説き落そうとするが、失敗する話)。

〈編者註〉笑福亭芳雀は資料なし。

明治32317日 神戸又新日報

◇第五回共遊會 は明十八日午後六時より例の如く神港倶楽部にて開會。演芸の番組は落語あたご山(大坂都若)軽口松阪踊り(大坂金玉・延枝)日本曲越後獅子(大坂音楽倶楽部有志)こわいろ紋尽し(大坂花元)即席幻燈(大六)手品(居留地クヲザー、テーラー)軍歌合唱凱旋マーチ(大坂倶楽部有志)鬼踊り(居留地ブラシホート、ハツレン、コロンベ)舞金輪(豆六)滑稽樽ぬけ(居留地ペホー、ウイルキンソン、テーラー、クロワト)義太夫伊賀越(中檢金八、三味線春助)舞女夫万歳(駒之助、雛之助)女義太夫(東京初下り越子)等。

〈編者註〉都若は錦影絵の富士川都正の弟子。後落語家となり桂小文吾を名乗る。大阪の共恵会同様、帰天斎正一(福岡正一)の余興屋のメンバー。

明治32323大阪朝日新聞

◇米喬の糠喜び (前略)三友派の落語家桂米喬(三十九年)は人気こそ飛ぶ鳥落す鉄砲を真事(まこと)しやかに言廻し、霰弾を喰た小豆餅といふ顔が愛敬となり、却つて客を引金のドン〳〵大入を掛けれども、兎角女に縁遠く、目尻と涎れは流しても、浮名を流した事はなく、随つて無理算段の質物を流した事もなかりしが、四五日前、堀江賑江亭の楽屋へ下女が手紙を持来り、(中略:見れば女の手で、寄席が済み次第播半まで来てほしいとのこと。米喬そそくさと駆けつけたが、帰りが遅いと女房おはま(三十一年)がそこへ乗込み、女同士で血の雨が降るかと思いきや、かの女)、「餅網を渋紙で張た様な米喬さんの顔色が如何にも風雅に見えるゆゑ座敷へ呼だら面白からうと只慰みに呼んだ許り、内儀さんが気を揉む価値はありません。サアこれは祝儀ですよ」と三円包みを投出したまま未練臭い様子もなくサツサと帰つて了つたので、女房はホツと安心の吐息を吻くに引替へて、亭主の米喬手中の玉を奪られし心地、顔が風雅はまだしもだが餅網に渋紙は酷過ぎる、跡追駆てオヽさうだと血相変へて駆出せば、機転の女房、眼先へ祝儀の包みをさしつけ、幾ら悪う言はれても是を貰ふたお客さま、仇にはならぬと引止めた。此方(こち)の人より祝儀(ポチ)の人が大事と見える。

〈編者註〉桂米喬(二代目)は二代目桂文団治門人で、顔中にあばたが残ったことから「鰐皮」と仇名された。愛嬌たっぷりの高座で三友派の人気者であった。初代春団治はこの人の高座を見て、あの芸風を作ったといわれている。

明治32327大阪朝日新聞

<桂柏枝、慶枝と改名する>    

◇改名披露会 落語家桂派の巨擘文枝の門人柏枝は、こたび故文治が前の名慶枝といふを継ぐこととなりたれば、去る二十二日より同派組合の落語席なる法善寺の金沢席、新町の瓢亭、淡路町の幾代、北の新地裏町の遊芸舘、天満天神亀の池席等にて、紫縮緬に桂派五席と白抜にしたる旗おし立てゝ盛なる改名披露の大寄を興行しをれり。

〈編者註〉45日付「大阪朝日新聞」に団子という人が「落語家の人気取桂柏枝(白紙)はサテ摺りかはりまして慶枝(罫紙)と罫目を立てました。落語家のする事には何でもオチが付くもの」という面白い投書をしている。また518日付同紙に同じ人が「南地法善寺境内落語定席の表看板に未だ桂柏枝と書いてあるアレは幽霊か」という投書をしている。

明治32331日 新愛知

◇東京の落語家泰斗とも言るる、談洲楼燕枝の名跡相続人たる柳派の売出し柳亭小燕枝の一座が、近々富澤町の富本席へ乗込み初お目見。興行の一座は先年故人今輔と共に同席へ出勤して好人気でありし古今亭今朝、同今松並みに春風亭小柳三、柳亭燕花、小ゑん、燕丸等にて、音曲滑稽芝居噺しを興行との評判々々。

〈編者註〉柳亭小燕枝は初代柳亭(談洲楼)燕枝の高弟で、明治三十四年に二代目柳亭(談洲楼)燕枝を襲名する。故人今輔は二代目古今亭今輔。明治311023日死亡。古今亭今朝は二代目古今亭志ん生門人でしん好、しん太と名乗り、兄弟子の二代目古今亭今輔の門下となり古今亭今朝(いまちょう)と改名した。のちの四代目五明楼玉輔。本名原新左衛門。古今亭今松は二代目古今亭今輔門人で、のち昔家今松と改名する。声色が得意。後年五代目雷門助六から三代目古今亭志ん生を襲名した。本名和田岩松。春風亭小柳三は四代目柳枝門人で、のち枝雀から四代目雀家翫之助となる。本名阿部常吉。柳亭燕花は三代目柳家小さん門下で燕花、のち様々に改名したあと八代目桂文治門人となって桂文慶となった。並外れた女好きで「赤鼻の六さん」と仇名された名物男である。本名田中六太郎。柳亭小ゑんは様々に師匠を変えたあと、明治二十年に三代目柳家小さん門人となり小ゑんと名乗った。最晩年は望月長兵衛と名乗って囃子方になった。仇名は「むず権」。本名山本権次郎。柳亭燕丸は柳亭小燕枝(のち二代目燕枝)門人。桂栄賀の兄。仇名は「ポン長」。本名桐ケ谷長蔵。

明治3241日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎一座の落語

笑福亭 藤兵衛一座の落語

明治3241日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 是迄の一座に福松、圓雀[]、小文都の三名と桂米團冶、文團冶の両名が入替りて落語

能福寺境内松鶴座 桂團輔、新鏡、璃鶴、玉白[]外数人の一座にて落語

明治3241日 扶桑新聞

◇富本席 柳亭小燕枝、古今亭今朝一座は愈々今晩より開場。

明治3245日 扶桑新聞

◇長谷川座 今晩より笑福亭八百蔵の講談興行。

明治3247日 北国新聞

◇新富座興行 本市下新町新富座にては、本日より東京吉原幇間洋行戻り松の家歌治一座にて「諸芸吹きよせ」を興行する由。

明治324813日、810日 神戸又新日報

<よせふみ(投書)による桂団輔評>

◇三宮の落語席へ一寸物申す、第一蒲団代が楠社内より五厘高い、後の方の二階六銭はソレはどの値打無く平場の方が余程よし、ソレからお茶子が草履を履いて客の側を通るは汚ならしくて不都合、終りに下駄渡しが混雑するモット早く渡す工夫すべし、序に團輔のような・・・オツト皆まで言うまい申すまい。(落語狂人・48日)

楠社内湊亭は水道工事の土方とか云う大層変な名前の鼻鹿が休席すると毎晩大入りやそうです、全体如何なる訳ですか。(412日)

先達ての寄文で湊亭の團輔さんの事を、彼是言はつたお方がおましたが、あんまり云て貰ひ升まいか。あれは妾のヒイキやもの。(中檢團輔・413日)

◇湊亭鼻鹿のうちたつた一人だけ好かんたらしい奴がある。あの男を嫌いなのは僕一人でない。恐らく神戸市二十余万の人は皆な好くまい。夫れに當人が一向平気なのは、鼻下に大関係ある故ならんも、一人の為めに席全体の評判に関るのは大いに取ざる処だ。席主さん如何でござる。(水道工夫・810日)

〈編者註〉当時の神戸は、水道設備の拡張の為、多くの水道工事の工夫が集まっていたが、その一部が店先に寝転んで買物客に迷惑をかけるなど社会問題になっていた。この団輔をいやな奴という事で「水道工事の土方」というのか、又は本人が名乗ったかは不明ではあるが、当時の団輔は、猥褻な話をしたり、客の前で平気で尻を見せたりしたらしい。これが、一部の客に反感をかっていたのは事実である。

明治32415日 大阪朝日新聞

◇改良新講談と銘うつたる東京の講談師松林伯知は松島千代崎橋の文芸館と北新地裏町の遊芸舘とに出席して、今夜より水野越前守勝安房及び世話講談一席づゝ弁ずるよし。

明治32430日 扶桑新聞

◇富本席 明一日夜より春風亭柏枝一座にて開場する由。

〈編者註〉春風亭柏枝は三代目春風亭柳枝門人、のちの八代目入船亭扇橋を襲名する。本名進藤大次郎。

上方落語史料集成 明治32年(1899)5月~6月

明治3251日 大阪朝日新聞

◇錦影絵 富士川都正、錦影絵の元祖と称せり。乃ち幻灯を応用して之を教育的に用ひ、小学生徒の観に供せんとす。御霊社の傍尾野席の内本日以後興行せん云爾。

明治3251日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、枝鶴、花丸等に大坂の落語家小南が加はるとのこと。

笑福亭 藤兵衛一座の落語に松林伯知も加るとのこと。

〈編者註〉枝鶴は後の四代目笑福亭松鶴。師匠の三代目松鶴が講談へ転じたため二代目桂文枝の預り弟子となり、笑福亭松竹より松鶴と文枝の一字をとり桂枝鶴と改名した。改名の正確な月日は不明だが、新聞には昨年末までは松竹で出ており、枝鶴の名が出たのはこれが最初であるから、今年初めに改名したと思われる。

明治3251日 神戸又新日報

<劇場朝日座全焼>

◇三の宮朝日座焼失(全焼二十八戸焼死一名)宵には北野山林に出火あり、火勢猛烈天をつかんばかりの光景(ありさま)なりしゆゑ、大いに人目を惹きたるが、是れ此の大火の非を為せしものか。昨三十日午前三時頃より三の宮町三の宮神社境内なる朝日座の東北隅より発火して、同座外二十八戸全焼、二戸半焼、焼死一名、負傷者数名の惨事を生じたり。今、其の詳細を記さんに。朝日座は、明治二十四年二月建築落成し、同月十六日湯浅藤助の名義を以て許可になり、爾来同人及び同町播井亀吉、同町一丁目川原竹蔵、北長狭通二丁目岸卯之助の四名の共有に係り、坪数二百五十坪の三階建にして、大黒座、相生座に次ぐ劇場なり。・・・・(以下省略)。

明治3251日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社前湊亭 笑福亭福高、光雀、福我、玉福、松喬、桂かしく、南枝、團輔、小福、林家新鏡、璃鶴、勝鶴、米喬、文都の一座にて落語

三の宮社内第二湊亭 第一湊亭と掛持ちにて落語

能福寺境内松鶴亭 是迄通り桂團輔外数名の一座にて落語、大切りに滑稽立廻り

〈編者註〉福高は不詳。誤記か。

明治3251日 神戸又新日報

明治32年5月

◇[広告]昔噺の御披露 当席事四方御客様方の御引立に依り毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存じ候。就ては当五月一日より旧一座へ桂米喬、月亭文都の新顔を差加へ興業仕り候間、賑々敷御来場の程偏に希い上げ候/楠公社内湊亭 三宮社内第二湊亭

◇[謝近火御見舞]今暁近火の際は迅速御駈け付け御尽力下さり、幸いに類焼を免れ候段、深謝候。一々拝謁御答礼申し上ぐべきの処、何分混雑中尊名伺い洩れも多々これ有るべしと存じ候に付き、略儀ながら新聞紙上を以て御厚礼申し上げ候/四月三十日 三宮社内 第二湊亭 菊野菊松  (読み下し・編者)

明治32515 大阪毎日新聞

◇幇間と落語家の芝居 京都の幇間と落語家の合同芝居は来る廿三日より七日間南座に於て興行する由にて、狂言は幇間の分は源平魁躑躅御影堂扇屋の場、幡随院長兵衛住家の場、伽羅先代萩対決の場、落語家の分は関取千両幟、累物語、信州お六櫛等にて、幇間は光吉、夢助、梅八、花助、三七助、丈八、落語家は藤兵衛、藤茂衛、新吾、慶士、久米輔、藤茂枝、木三松、藤誠、藤太郎、木楽、木鶴等出演する筈なり。

〈編者註〉藤茂衛、藤茂枝のどちらかが藤茂栄の誤記で、後の四代目文吾だが、区別つかず。新吾→式亭三馬になった新吾のあとの新吾。不祥。慶士は笑福亭慶士。三代目松鶴の門下で柳三、その後慶士となった。久米輔は昨年十月に笑福亭福篤から久米輔と改名した。しかし一年余で福篤に戻っている。木三松笑福亭木三松。笑福亭木鶴の弟子。桂文我の息子で、木鶴の養子になり、のち四代目笑福亭鶴松を継いだ。藤誠は桂藤誠。初め六代目桂文団治門人で文如、後藤兵衛門人となり、明治二十七年五月、桂藤誠と改名した。藤太郎、木楽は不詳。

明治32515 大阪毎日新聞

◇松林伯知 東京下りの松林伯知は昨晩限りにて一先づ当地を打上げ京都新京極の笑福亭へ乗込み、本日より二週間「恋のナポレヲン」を読み、夫より博多へ下りて一週間、また長崎にて一週間講演したうへ再び当地へ帰り、南地の金沢と淡路町の幾代へ出席する筈なり。

明治32515日 大阪朝日新聞

◇[京都新京極]の笑福亭は桂藤兵衛の一座に新講談師松林伯知を加へ、今夜より得意の新講談を講演するといふ。

明治32516日 大阪朝日新聞

◇葉書だより △松島の文芸館で五度驚いた。先づ表構の立派なのに驚き、中へ這入つて案外狭いのに驚き、お茶子の親切なのに驚き、便所の奇麗なのに驚き、松林伯知の口跡が木村猛夫にそツくりその侭なるにこれはと許り驚いた。(落語半可通生)

明治32516日 扶桑新聞

◇富本席 今晩より春風亭柳昇、三遊亭遊輔合併一座の興行ある筈。

〈編者註〉春風亭柳昇は明治十九年頃宝集家金之助と駆け落ちした司馬龍生(本名長島勝之助)ではないかと思われるが確定出来ず。遊亭遊輔は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。泥棒噺を得意とし、「泥棒遊輔」の異名をとった。また「改良剣舞」という珍芸の持ち主。明治三十年頃から度々上方にやってきているが、こののち大阪へ行き、桂派に加入している。本名末吉伊三郎。

明治32524日 大阪朝日新聞

◇松林伯知 目下京都新京極の笑福亭にて興行中の新講談姉松林伯知は本月三十日限り打揚げ、来月二日より筑前博多の安楽亭に乗込み、十五日間得意の物を読まんといふ。

明治32530日 北国新聞

◇三遊亭憲一 東京の講談落語家同一座は、目下七尾中島座にて興行し居れるが、大人気なりという。

明治3261日 扶桑新聞

◇富本席 今一日より三遊亭小遊三一座にて興行する筈。

〈編者註〉はじめ神田の天狗連で万年家亀三郎。初代三遊亭遊三門に入って明治三十一年に三遊亭小遊三となった。小遊三時代は大いに売れ、音曲噺のレコードも残した。のち六代目橘家円太郎を襲名した。本名鈴木定太郎。

明治3261日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 小南、文光、文太郎等に東京の都々逸坊扇歌と大阪の桂文三が加はる

笑福亭 桂藤兵衛、木鶴、竜之助等々の落語

〈編者註〉文光(辻村藤三郎)は京都の三笑亭可楽(原吉弥)門下で三笑亭芝楽を名乗っていたが、明治二十三年ごろに上京した。辻村の芝楽が上京している間に三笑亭芝楽を名乗る噺家(原田熊次郎)が現われ、京都や神戸で活動していたことはこのブログにも頻出しているのでご存知の通りだが、辻村の芝楽は今年帰阪して二代目桂文枝の門に入って文光の名をもらったので事なきを得たが、文光は何か不都合を起し、間も無く文枝から名前をとり上げられてしまった。仕方なくもとの芝楽に戻ったため、しばらく芝楽が二人いる状態が続いた。小満之助の④都々逸坊扇歌は明治三十年没。⑤都々逸坊扇歌は明治三十五年襲名なので、この扇歌はだれか不明。竜之助は不詳。

明治3266 大阪毎日新聞

◇福助の瘤 笑福亭福松といへば三友派の中での親玉なれど、其親玉の門人にて福助と名乗り天満天神の境内に住むと有れば、取も直さず風船玉くらいで有らうが、此福助昨今朝夕に見る亀の池に漾(ただよ)ふ浮麸玉の如き瘤が額に出来て困つて居るは、脹た惚たの騒ぎに助力(すけだち)したからの事だと近所で仕合ふ噂を其侭筆に写して見ると、福助の師匠なる福松の妾に鶴賀八十松といふ新内語があつたを、同じ三友派で尺八の曲奏(きょくびき)する笑福亭桂笑とやらが手を着け、余り恋しさに一筆しめし参らせ候と虚無僧の様な字を並べ、八十松様ぼろんじよりなどゝ業体(しょうばい)柄洒落た手紙を遣る様な訳になつたを早くも福松が知つて、済むの済ぬのと言ひ出したを、桂文団治が仲へ入つて種々取なし、漸く妾の八十松を桂笑の本妻にさせて騒ぎも治りしが、其後桂笑は鳴竹亭松秀と改名して一座を組織(くみた)て四国地方より九州へ稼ぎに下り、昨年の八月ごろ当地へ帰りて八十松と睦じく寄席へ出るを見て、福松何となく面白からず、門弟の福助等を招いて奴に一泡を吹す工夫はないか、吹のは奴の得意(えてもの)ゆゑ尋常では泡を吹くまい、サテ明法はなきか〳〵と臂を張扇を笏に取て軍議に及びし処ろ、余に知恵の無い福助が膝を押進め、拙者(それがし)胸に一計あり、必ず彼奴に泡を吹せん、大将決してお案じあるなと、此大役を身に引受け、こはドンな思惑のある事か、その後は遭ふ人毎に松秀は如彼(ああ)見えても夜中になると行灯の油を呫(なめ)たり、土瓶の口から水を飲だり、何(どう)も怖い男だ、此間も夜汽車の中から巻煙草を咥へた侭首をニヨロ〳〵と伸して機関車へ一服つけさせて下さいと火を借に行たなどゝ悪口を叩き廻るを、松秀が知つて、決しからん男だ、己の首が長いか奴の舌が長いか引捉へて一談判しやうと、二三日まへ亀の池畔なる福助の宅へ乗込み、突然(いきなり)福助を蹴飛したから、福助は柱へ頭をうち当てゝ、アヽ痛い痛い一体之は何(どう)した腹立と云ふ顔睨んで、ヤイ手前の様なものに悪く言はれて鶴の巣籠の引込でいる男と思ふか、サア斯なつた上は六段八段十段とへり下つて越後獅子の様に土に顔でも付て詫さゝねば心が済まぬ、モウ再び言はぬから今日迄の事は玉川の水に流して呉と人を茶音頭にしてもオヽ爾(そう)かと引取るやうな私でないぞとシヤギリ立るに、福助は驚き、此様(こんな)無法者に取合ふと何様(どんな)事されやうも知れぬと、巡査の出張を乞て松秀を帰して貰ひ、ホツト一息吻(つい)て見れば、此騒ぎに身を屈めた亀の池の亀だへ、漸く手足を出(いだ)したり。

〈編者註〉鳴竹亭明秀は本名日比野豊太郎。尺八の曲引。旅芸人で、笑福亭野笑、笑福亭(又は喜竹亭)桃枝、笑福亭桂笑、鳴竹亭松秀、西国坊明竹等様々な名で各地を巡業していたが、上京して一睡軒花堂と改名した。

明治32613日 扶桑新聞

◇富本席 三遊亭小遊三一座は大入に付き、来十五日まで日延べする事となれり。又近日より東京音曲噺家柳家つばめ横目助平、枝鶴、燕助、萬枝、玉童一座にて興行ある筈。

〈編者註〉柳家つばめは初代柳亭燕枝門人初代つばめ。明治二十七年つばめから春の家柳舛と改名したが、同二十九年二月につばめに復名した。音曲師。横目助平は五代目雷門助六(三代目古今亭志ん生)門人で、雷門助平から横目家助平と改名した。奇顔奇声で達者な芸を見せ、楽屋では奇人で通っていた。本名利倉常次郎。その他は不詳。

明治32614日 台湾日日新報

◇米坡痛事の消息 海に千年山に千年とは世を住荒せし女の形容に用ふる語なるが、其千年を苗字になし、ある時は筑紫の果に男を追廻して松浦佐用姫が昔を学び、ある時は北海道に借金の擒となりて、蘇武が頭の白くなりしを我身と思ひ比べ、去る廿九年台湾に来り今蓬莱亭の花魁米若又は米花等を幕下に従へ、艋舺の初音に老鶯の声を張りあげ、立処に懐を肥して東京へ帰り、故郷へ錦の熨斗水引、残党あつめて芝居の興行をなせしが大当りとなりしかば、下谷桜木町五番地に住て贅沢に暮し居しが、此程東黒門町の清元延千代方へ赴かんとて、腕車に命じて乗出せしに、何処の通りにて振落しけん印田皮一ツ下金物金無垢の米粒裏座象牙に稲穂、緒〆珊瑚五分玉、根付瑪瑙に稲穂の象眼入りなる銀の延金の稲穂象眼入の煙管を挿したる侭に紛失したるより、米坡は驚き、早々下谷警察署へ訴へ出しが、聞く処に依ればこれは米八の昔、さる方より賜はりし品にて今も形方(かたみ)に所持せし品なりといふが、米坡の惜むも最もの事にて、斯かる品を賜はる人はせちがらき今の世にあらざりければなりと、米八時代の事まで舁ぎ出して此地の新聞に載せるも縁遠き咄しにこそ。

明治32616日 扶桑新聞

◇富本席 柳家つばめ一座は、愈々今十六日より開場。

明治32626日 扶桑新聞

◇福寿亭は東京落語三遊亭遊輔が、今度山口一座に出勤せし新内の富士松富士太夫と一座にて、今二十五日より興行。其の日限は五日間にて、今明両日の番組は ▲初日 三勝半七揚屋(富士)大山詣(遊輔)▲二日目関取千両幟稲川内(富士)西行法師(遊輔)。

明治32628 大阪毎日新聞

◇桃川燕林の改名 本紙の講談でお馴染の桃川燕林は此度桃川実と改名をなしたるよし。


上方落語史料集成 明治32年(1899)7月~9月

明治3271日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、小南、文太郎、都々逸坊扇歌に名古屋の落語家二枚が這入る。

笑福亭 藤兵衛、木鶴、小円太、三馬、竜輔、藤之助等の怪談と音曲話。

〈編者註〉藤之助は女流の音曲家。桂藤兵衛と行動を共にしており、その一門と思われる(明治31324四日付「日出新聞」参照)

明治3271日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

湊亭 従前の一座に、福松、円子、小文都、東長次郎の四名加入

第二湊亭 湊亭と掛持

能福寺内松鶴亭 湊亭と掛持

◇[広告]昔噺の御披露/當席事四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當七月一日より舊一座へ、東長次郎、三遊亭円子、月亭小文都、笑福亭福松の新顔を差加へ興行仕候、間賑々敷御来場之程偏に希上候/楠公社内湊亭 三宮社内第二湊亭

明治3271日 新愛知

◇富本席 おなじみの三遊亭遊輔、高輔、花輔等と新内節の家元富士松富士太夫が、本日より富沢町の富本席にて興行。因みに何分暑中の事ゆゑ、充分空気の流通を謀り、天井に空気窓即ち一名時計窓を五箇所設け、尚ほ南より風入のため棟下より窓五個を設けて、来客に涼風のあたるよう修繕したりという。

明治32722日 神戸又新日報

◇常盤津太夫林中来る 東京にても、常盤津にては此の人より上なしと評され、美音の誉れ高き林中は、立三味線岸澤式佐をはじめ仲助、文字兵衛その他の一座を引連れて、五日間興行したるに、義太夫専門の土地にても非常の大喝采を得暑中にも拘らず日延べをしたる程の好人気なりしが、今回同一座當地へも来る事となり神港倶楽部に於て、今二十二日午後五時より開場するよし。

明治32730 大阪毎日新聞

◇落語だより 平野町此花館は文団治、米団治、米鴬[喬]、かしくの連中にて、堀江の賑江亭は落語の角力にて何れも八月一日より。桂派の小文枝、文三は尼ケ崎へ、金之助、真生は加賀の金沢へ、慶枝は阿波の徳島へ、三友派の曽呂利、文我、梅団治は広嶋へ、福松、円子は徳嶋へ出稼ぎするよし。

明治32731日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 三遊亭遊輔一座の落語

笑福亭 東京下りの落語三遊亭円遊、立花家橘之助の一座。

〈編者註〉遊輔は円遊の弟子なのに、師弟別々の席に出ている。

明治3281日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 是れまでの一座に笑福亭圓若、笑福亭里喜松を加えて落語

入江通入江亭 桂文昇一座の怪談

能福寺境内松鶴座 楠社内の湊亭と掛持ち

三の宮社内第二湊亭 第一湊亭と掛持ち

編者註〉笑福亭里喜松は最初見世物小屋の芸人であったが、初代福松門人となって落語家になった。のち二代目桂文団治の身内となり末広家扇蝶と改名した。桂文昇は二代目。俗にホヤの文昇という。三友派に属したが、ほとんど神戸を出ることはなかった。

明治3281日~6日 北国新聞

◇稲荷座の音曲落語 本日の番組は 御祝儀神の賑い(正光)播州巡り(南蝶)貧乏花見(文扇)西洋奇術(正一)浮世話(南若)新古演劇十八種の内一条戻り橋の段浮世節(金之助)滑稽馬屋焼失余興音曲手踊(真生)(81日)

◇稲荷座の音曲落語 本日の番組は 御祝儀宝の入船(正光)百人坊主(南蝶)稽古屋(文扇)西洋奇術(正一)茶屋遊興親子赤面(南若)お俊伝兵衛堀川猿回しの段(金之助)初音の鼓(真生)(83日)

◇稲荷座の音曲落語 本日の番組 御祝儀宝の入船(正光)瘤弁慶(南蝶)馬方茶屋(文扇)西洋奇術(正一)浮世節(南若)壇ノ浦兜軍記阿古屋琴貴(金之助)滑稽心学論天災(真生)(86日)

〈編者註〉正一は二代目帰天斎正一(福岡正一)で手品師。宴会や余興に芸人(二流)を派遣するなど芸能斡旋業のようなこともしている。夏枯れの大阪を飛び出して北陸へ巡業に出るにあたり、目玉として真生、金之助夫婦を誘ったのであろう。南若は二代目桂南光(仁左衛門)門人。明治26年の番付(大阪落語人名録)では東前頭の最後から二番目に名前がある。

明治3282 大阪毎日新聞

◇東京の落語家三遊亭円遊は今度京都新京極笑福亭に出勤し、立花家橘之助と一座して開場し居れり。

明治3283日 神戸又新日報

◇姫路の二の丑 一昨日は土用二の丑と一日との落合されば、例により飾磨の海水浴は非常の賑いを見るならん。・・・・・朝来雨を降らし勿怪の幸いを得たるは七福座に於ける三遊亭圓子一座の落語にて、市中の鰻屋は雨が降つてもカーリカーリならぬ現金客に相当繁昌せり・・・・(以下省略)。

明治3281114 大阪朝日新聞

◇過る頃扇一本で東京を発し東海道筋を彼方此方御機嫌を取繕ひ、京都新京極にて幾千の顧客の胸膈を開かせ、滑稽治療をなしたる三遊亭円遊むらく橘之助を従へて此花館に乗込み、耳新らしい落語を来る十三日よりお聴に達するよし。(811日)

◇予てより新京極の笑福亭にて得意の滑稽と愛嬌とをふり撒いて客を歓笑の地に導きをる三遊亭円遊及びむらく橘之助の一座は非常の上人気なれば、来る二十五日まで日延して同亭切上次第大阪へ来るとやら。(814日)

〈編者註〉三遊亭円遊は初代で、ステテコの円遊。六代目朝寝坊むらくは明治二十年代に永瀬の円喬として上方に現れた人物で、その後様々に改名を重ねた末、明治三十一年、先代むらくの遺族から反対されたが、四代目三遊亭円生の尽力で六代目朝寝坊むらくを襲名した。明治二十六年ころ橘家橘之助と駆け落ちしている。明治四十年にむらくが死んだ時、元女房の橘之助が遺骸を引取り、埋葬したという。

明治32816日 山陽新報

◇東京落語 来十九日より東中山下千歳座に於て三遊亭圓遊、立花家橘之助等の落語興行を為す由。

明治32817日 大阪朝日新聞

◇南光の引致 当市の落語家中心打株の一人なる南光事野上徳三郎(三十年)は天神天神の裏門に住み、過日来天王寺綿屋町の寄席福神亭に出勤して毎日通つて居りしところ、一昨日の午後、南光は席主森田松太郎(二十八年)に対ひ、自分は今日限にて約束の期限が切れるゆゑ明日からは参りませぬと云ふを、松太郎は否其様な事はない、約束の期日までは未二三日ある筈ぢや、否違ふと争論のうち、南光は芸人に似合ず煙管筒に仕込みありし長さ四五寸許の小刀を抜いて振廻したるため、席主松太郎は微傷を受け大騒ぎとなりたるに、人々驚き巡廻の巡査に急訴したるより、南光は直に捕へられて天王寺署へ引致になり取調中なりといふ。

〈編者註〉この南光は二代目桂南光(深江鶴吉)とは別人。翌日、南光(深江)本人が新聞社に次のような投書している。

「○葉書だより 貴社新聞雑報に、『南光の引致 当市の落語家中心打株の一人なる云々』と御記載有之候へ共、住処、本名とも私のと相違致しをり候に、私の本名御存じなき御贔負様方より態々御見舞ひ被下、此残暑の砌打捨てもおかれず、酒肴を出し御饗応まうし、一々言訳いうてお帰し申居候、此頃暑さの為寄席は客少く儲らぬ中に貧乏の上塗致し、迷惑無此上候、何卒葉書だよりにて宜敷願上候かしく。(笠屋町二二五 落語桂南光事深江鶴吉)」(818日)

明治32818日 京都日出新聞

◇三遊亭円遊一座 同一座は昨夜にて新京極笑福亭を打揚げたれば、是れより帰途各所にて興行の上、来月十五日迄に東京へ立帰る筈なりと。而して笑福亭は今十八日より当分休業する都合なりといふ。

明治32820日 扶桑新聞

<劇場真砂座開場>

◇真砂座 名古屋市泥江町に今日開場したる真砂座は、今二十日小屋開きを為し、大阪浄瑠璃竹本隅太夫、一太夫、弥生太夫、芳太夫、品太夫、雛太夫、長子太夫、春子太夫、住太夫、三味線弾豊沢長治郎、卯之助、又枝、兵市、團之助、新左衛門、小團冶一座にて興行する筈。

明治32823大阪朝日新聞

◇[広告]笑福亭義今般大虎座々主小林虎吉氏へ該営業譲渡候ニ付、拙者義ハ示後該営業ニ一切関係無之候間此段謹告候/京都市新京極 笑福亭主人

明治32829日 山陽新報

◇水害義損興行 目下當市千歳座に於て興行中の落語家圓遊、橘之助の一座は、本月三十日限り同座を打揚げ、直ちに名古屋に赴く筈なりしも、県下水害の惨状を聞き、特に一日だけ當市に留り、翌三十一日夜まで興行することになり、同夜の上り高は一切水害地の義損金に投ずる筈なりと聞く。近頃の美学にこう。

明治32830 大阪毎日新聞

◇東京の落語家三遊亭遊補は来月一日より南地法善寺金沢席と新地裏町の遊芸舘に出勤する由。

明治32831日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎一座の落語

笑福亭 桂藤兵衛一座

明治3291日 新愛知

◇富本席 昨今の本紙広告欄内にある如く、愈々本日夜より東京の三遊亭圓遊を始め、橘之助、むらく、遊楽、圓左衛門、遊六、遊蔵、右中の大一座が、富沢町の富本席にて滑稽噺、清元浮世節を花々しく開場。

〈編者註〉遊楽は三遊亭遊楽。初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。翌年一円遊と改める。のち大阪で二代目円遊を名乗ったが認められず、俗に「大阪円遊」と呼ばれた。本名滝梅三郎。円左衛門は橘家圓左衛門。四代目橘家円太郎(ラッパの円太郎)門人。本名安田富五郎。遊六は三遊亭遊六。ステテコの円遊門人。のち橘家円六となる。「玉乗り」の珍芸を売り物にしていた。本名橋本林蔵。遊蔵は三遊亭遊蔵。ステテコの円遊門人、詳細不祥。

明治3297日 大阪朝日新聞

◇葉書だより △幾代亭よ、十一時過のハネだのに九時頃に茶盆を取揚げるは酷だ。又その時に何程注文しても持てこない不都合だ。席主注意せよ。(泉南生)

明治32922日 神戸又新日報

◇第十一回共遊會 例により神港倶楽部に於いて本日午後七時より開會す其演藝番組は御祝儀寶の入船(大阪木鶴)軽口黒塗り(大阪延枝、金玉)端唄(大阪中村徳次郎)舞文月(神戸中検とめ、梅幸、駒若、愛勝)浄瑠璃由良の湊千軒長者(中検千之助、金助、千玉)舞葉根つき禿(神戸増田はな)水中の魚隠顕の術(大阪武田貞一)舞箙(えびら)源太(いと、春駒、浄瑠璃平六)幻灯降雪の景(大阪都若)等なり。

明治32923日 神戸又新日報

◇よせふみ 湊亭は鼻鹿に柴笛を以て高慢な男、笛を以て吟誦に合すとて鞭声粛々の詩を吟じて、之れは上杉謙信の作詩です、と云つたのには、流石の僕も抱腹に堪え無つた。アア人間は生意気は、謹むべきだ。飛んだ恥さらしをやるよ。

〈編者註〉「柴笛を以て高慢な男」とは東長次郎(東奴)のことだろう。

明治32930日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、文光、枝鶴一座に古今亭今朝が加はりて落語物真似

笑福亭 桂藤兵衛藤原忠勝が座頭にて円篤、小円太、竜助等其他の落語

上方落語史料集成 明治32年(1899)10月~12月

明治32101日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 是迄の連中に曾呂利新左衛門、笑福亭松光を差加えて落語

能福寺境内松鶴座 楠社内の湊亭と掛持にて掛合噺墨つけと左甚五郎を新鏡が勤むる由

三の宮第二湊亭 楠社内湊亭と掛持

明治32101 大阪毎日新聞

◇今こそ落語家中の金満家と云るゝ三遊亭円遊も一ト頃は席に出る羽織さへ遣繰する程の世話場があつた。或る年の暮、今度といふ今度は到底遣切るないから一ツ花会でも遣うかと思つたが、何しろ落語家中の三人男(円遊、故小さん、今輔)と云れる円遊ともあらうものが普通の花会では余り知恵がなさ過るといろ〳〵考へた末、待合開業といふことになつた。其当日は何しろ顔の広い男だから府下の各遊廓は更なり俳優、相撲、幇間といふ連中まで孰れも祝ものを持て行たが、其明る日其家の前を通つて見ると昨日まで撒水、塩花で麗々しく飾つたつた店先をヒタリと締て斜になつた張札に今日より閉店。(天狗帳十一・柳天狗)

明治321021日 神戸又新日報

◇第十二回演芸會 共進會の同會は本日午後六時より例の如く神港倶楽部にて開會する、其の番組は 落語秋の度(大坂都若)軽口稽古屋(大坂金玉・延枝)上るりお染久松野崎村(おみつ平茶久作蓬莱其他)壮士の声色(公木、雁笑)舞末廣(若八重、梅丸)手品口中の火術(帰天斎正一)声色紋尽し(大坂花元)舞山姥(春駒、千駒)幻燈横濱の大火付きたり美人の肖像(大坂富士川都正)

明治321031日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 枝太郎一座の落語に宝集家金之助の常磐津

笑福亭 藤兵衛、木鶴一座の落語

岩神座 本日より新京極幾代席の落語桂南光等のかけ持。

明治32111日 神戸又新日報

◇[広告]當席亭、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至に存候。就ては當十一月一日より、舊一座へ桂文團次、桂米喬、桂米朝の新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に希上候/楠公社内第一湊亭/三宮社内第二湊亭

明治32111日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 是迄の連中に文團次、米喬、米朝を差加えて落語

能福寺境内松鶴座 楠社内の湊亭と掛持にて落語

三の宮社内第二湊亭 楠社内湊亭と掛持にて落語

明治32113日 神戸又新日報

◇寄席の騒ぎ火事と間違う 三宮神社境内元朝日座の横に雑居亭と言う浮れ節の定席が新築となり、一昨日を以って開場し、廣澤國丸、浅川富士丸、笑福亭勝鶴と云う者等の浮かれ節と昔噺とを興行中、同夜九時頃勝鶴が高座に現れ頻(しき)りと喋舌(しゃべり)をして居りしに、見物人の中に無頼漢四五人居りし、噺の善悪しををガヤガヤ評し合いし末、如何なる弾みにか、在合う土瓶火鉢と手當り次第に投出し大乱暴に、四方の見物人は総立ちとなり、近所の者等は火事ならんと早合点をなし、延喜(えんぎ)でもない、演劇小屋や寄席が出きると直ぐに火事が起きると呟き呟き、家財道具を持運ぶ等、一時は上を下への大騒動となりしも、最寄の巡査が出張して取締めたるより、其原因は火事ではなく乱暴と知れて、おうそうだったかと、出した道具をゴソゴソ持戻る者もありしと。

明治32116 大阪毎日新聞

◇新京極笑福亭に出勤し三味線曲弾で人気を取り居る円篤事本名松江梅吉(五十四)は、一昨日午後五時頃より河原町三条上る牛肉屋山下方の二階で同家の徳三郎(四十三)と同町の左官職高谷常吉(五十九)等と八々の真最中、川端署の警官に捕はれたり。

〈編者註〉円篤の本名は「落語家事典」では松江亀吉となっている。この年齢を信じれば弘化三年の生まれとなる。

明治321112 大阪毎日新聞 

◇□□□生命を拾ふ 藤原忠勝とは聞てさへ病□が逃□□□□名前なれど、之が即ち京都新京極の笑福亭に出勤する洛中第一流の落語家桂藤兵衛の本名にて、同人は京都の某新聞に急病のため死亡したりと書れしより、愛顧客は我一と香奠を持て悔みに行き、遠方の者はまた郵便に電信に弔辞を申来れども、藤兵衛は実際死せし非ず、成程一時重病に罹りて生命も危ふかりしが、漸次快復して昨今は殆ど旧の身体になり、一昨…[原紙破損]…催…[原紙破損]…大寄会にも一寸と顔だけ出した位いゆゑ、訳知らぬお客はヤレ便利な世の中ぢや、死だ藤兵衛が冥土から一席饒舌に来たなどゝ驚きし程とか。尤も同人は両三日中には旧の如く笑福亭へ出勤して御機嫌を取結ぶと。

明治321117日 岐阜日日新聞

◇末広座 明十八日夜より当市末広座に於て、岡本美住太夫一座の説教源氏節身振芝居の興行あり。本巣郡北方町寿座にて去る十二日以来、岡本美住松一座の説教源氏節の興行中なるが、非常の大人気なるより勧進元は大喜びなりと。

明治3211212228日 大阪朝日新聞

<ペストが流行する>

◇南区の劇場、寄席等総て人寄の処にも石炭酸水を備置かせ、劇場興行の幕間にはペスト予防の演説をなさんとするもある由。(1121日)

◇東北両警察署にては部内劇場、寄席其他人寄の営業者を今日召喚して消毒薬始め其の器具等を備へ消毒法、清潔法を施行せしめんとす。また難波署は昨日部内の演劇、寄席、観物場二十四日に呼出し、消毒薬備付等の事を示し…。(1122日)

◇西区内の諸興行席は其筋より注意を受け何れも休業なし居りしが、既に一昨日を以て大清潔法を行ひしため、最早病毒潜伏の虞あらざるべしとて昨日西署に出願し、何れも本日より興行を始むる旨届け出でしといふ。(1128日)

明治321122日 台湾日日新報

◇台北の寄席 昨年の暴風雨に台北座の倒れし以来、台北の寄席は一向に淋しく、只新起街に福助の軽業大人気を得し外は、其他の寄席就れも人気なく、府前街の鶴の屋、艋舺の逢見亭、文武廟街の幸亭、府直街のいろは館、慈市街の福島亭就れも永持ちせず、只十字館源助一座の二〇か細々ながら六ケ月継続したるが先づ当りたる分なりし。其後新起街に新起亭発(おこ)り、源氏節の女一座に大きに人気付きしより、府前街に吉川亭起り、是又非常の人気なるにぞ、是ではならぬと十字館も舞台普請にかゝり、大きに面目を改め一同車輪に働く故か、其後三席共雨天勝にも拘らず毎夜一杯の客ありて、殊に吉川亭の如きは二階の踏抜…[原紙破損]…可笑し総じて寄席の人気は気候の追々寒くなるに連れ従て看客多きも、一ツには追々腕前ある芸人の渡台する故なるべし。目下芳川亭は東寿、小勢、野次馬、富士丸、米茶、喜□、一二三、円玉の俄師を初め万朝、喜楽の昔咄し、八重吉の浄るり、美根登の源氏節にて人気よく、十字館は二重舞台を造り、遠見衣裳の類を新調し小松民雄、秋月光三郎、松本錦昇、春日井文朝、尾上多三郎、末広文字丸、中村喜蝶、○○亭源助等の新旧俳優、及二〇カ師の一派が天下茶屋伊勢音頭十人斬などの芝居を演じ、新起亭は一先大人気を得て目下修繕中、素人浄るりを興行し、新起街の軽業曲芸は、西浜万次太夫の一座に、今度松旭斎明光、柳川三光の手品師を差し加へて、見物土間に迄畳を敷き、天候晴れ次第大当りせんと待ち構へ居と。

明治321130日 大阪朝日新聞

◇追福情歌会 予報せし故中井芳滝翁の追福情歌開巻会は一昨日西照館に於て催され、来会者無慮百七八十名あり。画師耕冲外数名の席上揮毫、落語家曽呂利、円若以下の演芸を余興として頗る盛会なりき。

明治321130日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 金之助、枝太郎、南光、今朝等の落語にて来月一日より例の角力墨付滑稽を勤む。

笑福亭 藤兵衛、円篤、三馬等一座の落語

明治32122日 大阪朝日新聞

◇大阪の落語席

東区:△淡路町(幾代亭)桂文枝 △平野町(此花館)文都、福松 △御霊(尾野席)藤川都正の錦影絵

西区:△堀江(賑江亭)文都、福松 △松島(文芸館)桂派大一座 △常安橋(第二此花館)文都、福松 △新
 町(瓢亭)桂文枝一座

南区:△法善寺(金沢席)遊輔、文三、小文枝、文枝 △同上(紅梅亭)文都、福松、曽呂利 △同上[二つ井戸](瑞正席)笑福亭松鶴 △新町橋(文明館)文団治、米治団

北区:△天満八軒(林家)桂南光、小文枝、文三 △北の新地(遊芸舘)桂一座

明治321212 山陽新報

◇東中山下千歳座は、大坂の落語家桂文三、同南光、小南光等の一座にて、来る十四日より開場。

明治3212142131日 大阪朝日新聞

<藤明派の結成>

◇葉書だより △今回落語桂派にもめが出来て二手に分れた。此一方は京都の桂藤兵衛を迎へて旗頭とし、西国坊明学、桂慶枝、新古亭真正、林家正楽、宝集家金之助、おのおの方面に当り、松島文芸舘、靫舘、宝生舘の三処に陣どり、堂々と打つて出でんず意気込、中々に凄じいものなり。(新町落語博士) 1214日)

◇葉書だより △新町落語生の投書に新古亭真生及び宝集家金之助桂藤兵衛と共に靱舘其他の寄せ席に出勤して云々とありますが、今日迄両人は夢にも聞かぬ根なし言、それ故本人等の稼先で大迷惑を感じています。(新古亭真生)1221日)

◇落語家の分立 市内の落語は桂文枝の率いる桂派と曽呂利新左衛門、笑福亭福松、月亭文都の一座なる三友派との二組にて、互ひに舌鋒を競ひおりしが、今度桂派の入道明学がその派を脱して、西京の桂藤兵衛を誘ひ、両人の幕下を合同して二派以外に一派を組織し、藤明派と称せり。これに従う面々は二十余名、うつぼ舘を根城と定め、元日より花々しく打出さんといふ。右の風聞に警戒を加へたる三友派の三頭領は、賑江亭主人等と発起して、一昨夜博労町吉常楼にて忘年の宴に名を託して同派の大会を開き、作戦計画を議し、他の二派に劣らず各得意の舌を掉ひ、ます〳〵同派の根柢を固くせんと誓ひたりしかば、之を聞きたる桂派も新年早々宴会を開いて大に同派の勢力を見せんとぞ。(1231日)

〈編者註〉本人がいうように新古亭真生、金之助夫妻は藤明派には参加していない。また桂慶枝も参加した形跡はない。林家正楽は五代目(福田宗太郎)で、この人はもと桂派にいたが藤明派に参加し、翌年五代目林家正三と改名した。

明治321219日 大阪朝日新聞

<東西落語比較論>

◇青眼白眼

◎或夜席亭の前に立ちたれど、掲げられたる名前の土地に暗きわれには知れる落語家無きに、興催さで去りしことあり。

◎こは此地の落語のわれにはなほ興味無し、否解らぬ節多きに依れるなり。数回の実験に徴するに、大阪の落語は東京のに比して筋又は趣向に乏しきやう思はる。一の落語を為すに、東京のは脈絡あり、筋ある一の譚(ものがたり)なるに、此地のは其結末の落ちになるまでには種々の話し四出し、筋には頓着無く、其時々の口舌挙動の可笑味をもて客の意を受くるが如し。

◎また可笑味の点も、東京は筋の齟齬(くいちがい)、矛盾、衝突等稍滑稽といふ意義に近きことにて聴者笑へども、大阪のは事柄の筋の上よりも談者の声容(こえかたち)に可笑味を感じてドツと笑ふこと多きやう覚ゆ。

◎此点より推すときは、東京のは概して一の話題を得べきも、大阪のは概して一の題を冠し難し。彼(かれ)は話そのものに可笑味を含むことあるも、此(これ)には筋を主とせざるゆゑに談者の話振のみにて可笑味を与ふといふべきか。

◎されば概して東京のは筆記して読むことを得べきも、大阪のは筆記して読むこと能はざるもの多からん。彼の可笑味は理会[理解]に訴ふること多く、此の可笑味は耳目に伝ふるのみが多し。此点にて両都人士趣味の如何を卜することを得べしと考ふ。

◎落語比較論は社会的観察の上に興味あるものなるべければ、なほ見聞観察の上にて細述すべし。席亭の正面の模様は東京に比し大阪の方優雅なるやうに見ゆ。彼のは舞台風なるに、此のは座敷風なり。床の間、襖、額面、懸幅等落語先生の中央に坐したるは婉然一個の書院を見る心地して、室に品位あり。彼を平民的とせば、此を貴族的とやいはん、戸外的と戸内的との差も此辺にあらん、机と拍子木とは大阪席亭の特色なるべし。今は東京流の談者ある為にや、此机どのがせり上げとなるも頗る妙。(以下落語と無関係につき省略)

明治321219日 京都日出新聞 

◇演芸便り 坂井座は今明両日午後四時より孤児院寄付慈善演芸会興行会費一等二十五銭二等十五銭三等十銭にて其の番組左の如し

奇術手品(地天斎貞一)、煙火曲芸(源鶴蔵)、をどり(三円)、情話(文吾)、講談(魯水)、はなし(しん吾)、はなし問答(竜輔)、喜劇小夜の中山談(瓢之助、貴重、瓢花、瓢市、双六、梅瓢、□鶴、富士円)、講談(琴海)、高砂たんぜん(中村小陣)、舞(坂東水生・嵐珏蔵、文吾老松(浅尾関十郎)、浄るり三十三間堂(実川正若)、北州千歳の寿(嵐徳三郎)、剣舞(川上薫)、演説(川崎黒鷺)、手術曲芸(藤誠)、をどり(木三松)、芝居(木鶴)、三味線曲引(円篤)、はなし(小円)、喜劇曽我の対面(尾半、玉翁、東長、東米、半蝶、半玉、東蝶、幸玉、双蝶)、新内(花治、小里、春治)、講談(琴谷)、音曲(文歌)、をどり(福丸)、うた(芝楽)、をどり(藤ン好)、はなし(枝輔)、をどり(酒鶴)、はなし(円光)、舞(枝太郎)、づぼら和尚(真生)、曲引(金之助)、はなし(木楽)、はなし(藤□[])、講談(氏原一)、講談(魯生)、音曲(小円太)、御伽物語(三馬)、音曲(藤兵衛)、浄るり(竹本国久)、剣舞(小村竜雄)、はなし(文光)、はなし(慶士)、講談(琴書)、はなし(藤扇)、うた(小文吾)、はなし(文雀)、はなし(文枝)、講談(魯光)、はなし(枝鶴)、はなし(今朝)、講談(鳳麟)、喜劇いもせ山御殿(東玉、正子、馬鹿八、新玉、新蝶、東勢、市丸、橘久丸、富士宝、清枝、正玉)。

明治321223日 京都日出新聞

◇夷谷座の大寄せ 落語桂藤兵衛は此の度帰坂する事となりたれば昨今新京極の芸人どもは夷谷座に於て送別の為め諸芸大寄せを催すと。

明治321224日 神戸又新日報 

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 (記事なし)

能福寺境内松鶴座 湊亭とかけ持

三宮社内湊亭 楠社内湊亭とかけ持

明治321231日 神戸又新日報

◇歳末の姫路 (前省略)・・・先づ阪元町の福栄座は土地に馴染みの東京新演劇後藤良介、雲井清、川上薫にて・・・今三十一日が蓋明け。西二階町七福座は大阪俳優坂東寿當、嵐徳一郎の一座に中村歌童、黒谷姉蔵一座が加わり・・本日が初日。竪町幾代席は浪華三光の浮れ節位ゐを以って一月興行と定まる・・・(後省略)。

明治321231 大阪毎日新聞

◇京都で人気ものゝ落語家桂藤兵衛は一月一日より当地松嶋文芸館へ出席するよし。

上方落語史料集成 明治32年(1899)参考資料

【参考資料】その一

◇共恵会(新町廓婦徳会場)へ出た噺家たち

第三十五回(122日)

正月丁稚(花調)、天王寺名所(都蝶)、三枚起請(都若)、軽口目出鯛(延枝・金玉)

第三十六回(212日) 

伊勢参宮(勢三)、辻占茶屋(都若)、口入屋(矢笑)

第三十七回(326日)

伊勢参り(喜当)、初天神(あやめ)、猫忠(都若)

第三十八回(49日)  

お留狐(花朝)、蔵丁稚(勢三)

第三十九回(514日) 

野崎参り(歌笑)、浮世床(木鶴)、美人の出世(柳升)

第四十回(618日)  

縣参り(花丸)、船弁慶(勢三)、人形買(木鶴)

第四十一回(713日) 

小倉船(花丸)、口入屋(木鶴)

第四十二回(924日)

東の旅(勢三)、根問(悦造)

第四十三回(1025日)

花の旅(木鶴)

第四十四回(1210日) 

新裏の裏(吾竹)、落語角力(遊枝・延鶴・金馬・笑楽・行司布袋軒)

〈編者註〉西区を中心にペスト流行のため一日延期し、当日は大阪衛生会の幹事徳崎氏を聘して伝染病予防に関する演説を来会者に聴せる筈なりと云う。

第四十五回(122728日)

 御祝儀(緑連延枝)

〈編者註〉このころは本来の趣旨をなくして芸妓と二流の歌舞伎俳優の演芸会のようになっており、落語も帰天斎正一の余興屋から派遣された半玄人の面々と思われる。


◇友楽会(南地演舞場)へ出た噺家たち

第六回(35日)

 御祝儀(桂我都)、桑名七里の渡(笑福亭福雀)、西洋根問(笑福亭福三)、角兵衛の婚礼(新古亭真生)、春の彼岸伽藍の賑(笑福亭松光)、人情噺義士伝(春の家柳升)、掛合桂川(桂家雁篤・桂花咲)、木の葉曲笛剣舞(東やつこ

第七回(611日)

 御祝儀(桂我都)、吾妻奴(笑福亭福雀)、貧書生(月亭小文都)、五段目八卦(桂米喬)、書生車(桂文屋)、滑稽厩火事音曲手踊り(新古亭真生)、三枚起証文(桂慶枝)、五月幟清元(三遊亭円若)、西行歌修行(林家花丸)、曽呂利の茶室(曽呂利新左衛門

〈編者註〉亭号は編者が施した。前座を勤めている我都は後の初代桂春団治。福雀は初代笑福亭福松門人。三友派で万年前座を勤めた人。福三はもと三笑亭芝太郎。福松門人となって福三と改名した。春の家柳升は初代柳家つばめ。明治27年につばめから柳升に改名したが、その後もつばめと併用している。桂家雁篤は軽口の名人。桂梅団治とコンビを組んでいたが、このころは初代桂花咲に相方を変えている。共に二代目桂文団治の門人。東奴は柴笛と剣舞で売った人。桂慶枝は今年三月に柏枝から改名した。後の三代目文都。

  友楽会に関しては、35日付「大阪朝日新聞」に「昨年来休会して居りし友楽会は今度趣意を変更して慈善を主とし、今五日正十二時より第六回の開会をなすに決す」とある。そして610日付の同紙に「慈善友楽会は今般組織を変更し、毎月開演を一年四回とし、乃ち夏期第七回を明十一日正午より南地演舞場にて開く筈」とある。しかし本年はこのあと開催された形跡はない。


【参考資料】その二

芸園落葉籠(落葉籠)

〈編者註〉一年分だが、残念ながら昨年に比べて落語の記事がグンと減っている。なお「芸園落葉籠」は一月十七日より「落葉籠」と改称。

◇左の人々は新年の贈物いたし度よろしく御披露に預かりたく候…中村雁治郎君には八々道具一式…林家花丸に文章軌範、桂米団治に清□水、笑福亭円若に按摩笛、同福松に西鬢付、桂小南に守宮の黒焼。(悪太郎・14日)

◇当時落語家中音曲に巧みなは誰々でせうか、僕は円若、真生、金之助だらうと思ひますが。(此花生・16日)

桂小南の落語士云々一時やかましくなりましたが、まだ外にまあるぞへ〳〵、西区江戸堀長州屋敷に居る源氏節の岡本美栄都司の戸外にも新内士と大書してあります。(ぎち〴〵亭時間・110日)

◇僕等の仲間では円若を忌む事頻りだ、彼奴ほど客に対して無礼な奴はない、他の米団治でも小文都でも無論文都、小文枝なんかはいつも客を大切にして居る。円若、彼れ三年前東京より迷ひ来し時を思へ。(目の眼生・110日)

◇俄師のチヤキ〳〵を御存知なき人多く、たゞ団十郎の噂のみなるが、浄瑠璃の一番あるのは信濃家蝶吉、チヤリ一方にて軽妙なるは半才こと小半と尾半、何にもなく下手なものは団十郎、顔の可咲しいのはたにし、男の美きは宝楽、一番声の美きは亀蝶ですよ。(ぎち〳〵亭時間・111日)

◇余は目の眼生に至極同感なり、彼の円若は実に客に対して芸人として有るべからざる失敬極まる事を申す、聞けば同人は笑福亭福松の門人と申す事なり、福松たる者こゝは黙して居る所ではあるまじ。(世話焼生・116日)

◇今回笑福亭福松の門下となつた福一と云ふ小供は讃州高松の生れで当年四歳だが三味線に妙を得て居る。去る十五日から堀江賑江亭、平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、紅梅亭等へ出勤して居る。(世話焼・121日)

◇三友派落語家は云ひ合したやうに出席毎に「今日は私の持場の時間がないので永くは噺せません」と前口上を云ふが客に対して不都合千万だ。時間がなければ最初から出ぬがよい。(清水一昇・21日)

◇清水一昇君に答ふ、三友派の前口上は同派に限らずすべて落語仲間の規則です。出席せぬがよいと云はるゝがそれでは落語家の乾物が出来ます。(無記名・23日)

◇落語家の隊長円馬君よ、いつでも五人まはしの話をするが僕は其話を君から十三度聞いたよ、偶には外の話も聞かしてくれ玉へ。(落語好生・23日)

◇落語好生よ、君は円馬の五人まはしを十三度聞いたと愚痴を云ふが、本人の身にもなつて見玉へ、何百度云ふたのか知れはせぬ、十三度位辛棒し玉へ。(本三SK生・26日)

◇僕は円馬の五人まはしを十ぺんも聞いたが、いつも三人まはしでおしまひだ。これで五人まはしとは懸値すぎる。(北浜ヨタ生・26日)

◇靱於久京君に申す、君の云ふ前口上は通常の前口上だ、小生の云ふのは三友派が言合せたやうに「時間がないので永く噺せません」とは客に対し恩に衣せて噺をするやうで不都合だと云ふたのだ。(清水一昇・28日)

◇京都の寄席中俄と落語とには卑猥見ると聞くに堪へぬものがある改良ありたし。(条約改正準備生・216日)

◇京都京極笑福亭の桂藤兵衛はチヨンガレとも浮れ節とも付かぬ藤兵衛一流の出鱈目をやつて三味線が合はぬと立腹したさうだ。(可笑な親父・218日)

◇笑福亭で藤太郎の雲州節を聞いた、あれは雲州で安来節と云ふものだが頗る下手でまるで誤魔化しだ。(出雲生れ生徒・218日)

◇笑福亭で小円太に磯節を聞いたがまるきり木更津甚句の成崩しだ、磯の船歌には勿論水戸の芸妓のにも東京の寄席のにも似て居ない、何でも京都には柳馬場に大先生がある筈だから一晩往て教はればよいに。(在京都歌好き・218日)

◇京都の寄席は落語席で十二銭取る、三都中寄席の高いは京都を以て第一とす、これが原因は興行税の無法に高き為めなりと云ふ。(寄席好・219日)

◇笑福亭の弁士慶士の演説の生意気でイヤらしいのと、円徳[円篤]とか云ふ三味線の卑陋とには嘔吐を催した。(胸悪生・219日)

◇柳馬場に磯節の先生があるさうだが実地之を聞たと云ふ人に其実否をたゞしたら如何さま磯節の自称天狗どのはあるがとばかりで其跡は何とも云はなかつた。(木葉天狗・219日)

◇三友派の頭株文都に忠告す、君は舞台に出てから唾を吐くに扇子で隠さないのは見苦しいから以後慎しみ玉へ、序に申す君が目の下の高い処に鍬を入てほしいナア。(目下つね子・221日)

◇都市は巡査が少ないので寄席や何かまで臨監する事は到底出来ないと云ふ事を聞て居ますが、併し芝居には沢山臨監しますね。(見亭きた・221日)

◇何も京極ばかりが東京下りを喜ぶのではおへんえ、大阪の人も円若や何かの牛込矢来町風の都々逸なんぞを聞いて東京風でと喜んでお居やおへんか。(京極生・224日)

◇京都京極の幾代亭へ出る円馬は話は甘いが此人に限りランプを蝋燭に代るが合点往かぬ、蝋燭の心を切らねば話だ出来ないのでせうか。(寄席好生・31日)

◇私事毎夜々々話を聞きに参りますが三友派の円若さんのやうに同じ唄ばかり聞かせられては飽々いたします。(おとわ・416日)

◇大阪の円若ほど話の下手ないやみ沢山な奴はない、同じ東京の芸人でも西京に居る小円太は余ほど工夫のよい面白い男だ。(好落語総代京阪生・425日)

◇劇場寄席の便所に男女混合は風俗上甚だ見苦しい、早く区別を付けてもらひたいものだ。(靱博士・510日)

◇天下茶屋駅に二ケ月程前設けられた小さな別荘風の庭園に大きな石碑が立つて居る、この石碑の上の字は大きく桂と刻つてあるので、これはとうから人目にもついて居るが、下の字が一字板囲のまゝで更に判読がつかぬ。僕は二ケ月以来汽車で通る毎に気になつてたまらぬ、知つている人は教へて下さい。(疝気生・926日)

〈編者註〉桂塚の建碑式が行われたのは明治3341日だが、もうこの頃には工事も進み、石碑も立っていたことが分かる。

◇近頃落語家の下手とずぼらに驚ろく、話の落もつけず芸でごまかし甚しいは落語もやらず直ぐ芸廻しにかゝる、その芸も宜しければかまはんが、いやはや話の外で、唄などはてンで聞いて居られぬのが多い。実に斯道の堕落も甚しい、落語家はその名前通りに落語を熱心に勉強するが肝腎だ、そこでまづ今日の処聞けるのが桂派で文枝、円馬、南光、万光、三友派では文都、福松以上六人位しかない、情ない事ではないか。(花柳小史・1221日)

 

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ