明治33年

上方落語史料集成 明治33年(1900)1月

明治331月~9月 大阪の落語席(桂派・三友派・藤明派)

◇南区

法善寺金沢席 1月)桂文枝、三遊亭遊輔、三遊亭三橘/(2月)桂文枝/(4月)桂派/(6月)桂派/(7月)文枝、さん馬、南光、小文枝、万光、花丸、枝雀、梅枝/(8月)さん馬、小文枝、万光、雀丸、枝雀/(9月)文枝、文三、南光、小文枝、枝雀、万光、花丸、円馬、さん馬、遊輔、円三郎

法善寺紅梅亭 1月)三友派/(2月)三友派/(4月)三友派/(6月)三友派/(7月)円若、福松、文団治、文之助、米喬、円子、小文都、可楽/(8月)曽呂利、福松、文団治、米団治、米喬、円子、今朝、今松/(9月)曽呂利、福松、文団治、米団治、松光、文之助、米喬、小文都、円若、左楽、円子

新町橋文明館 1月)三友派一座の落語

大宝寺町宝生館 1月)藤明派/(2月)藤明派/(4月)藤明派/(6月)藤明派/(7月)明学、藤兵衛、正楽/(9月)藤明派

道頓堀金城席 7月)藤明派/(8月)藤明派

空堀沢井席 6月)笑福亭松鶴

下大和橋南詰瑞正席 1月)神田伯竜、笑福亭松鶴、大平社燕楽、神田伯猿の軍談

◇東区

淡路町幾代席 1月)桂文枝、遊輔、三橘/(2月)桂文枝/(4月)桂派/(6月)桂派一座/(7月)円馬、文枝、枝雀/(8月)桂派/(9月)桂派

平野町此花館 1月)三友派/(2月)三友派/(4月)三友派/(6月)三友派/(7月)曽呂利、円若、梅団治/(8月)三友派/(9月)三友派

松屋町生玉御旅内玉旅軒1月)笑福亭松鶴、三省社一瓢、神田伯竜、玉田玉芳斎の軍談/(2月)笑福亭松鶴、藤井臥竜(昼)神田伯鱗、松月堂若山(夜)/(6月)笑福亭松鶴(昼夜)

◇西区

新町瓢亭 1月)桂派/(7月)文三、万光、南光

北堀江賑江亭 1月)三友派/(2月)三友派/(4月)三友派/(6月)三友派/(7月)福松、文団治、文之助/(8月)富士川正朝一座の幻灯大会

江戸堀長州屋敷第二此花館 1月)三友派/(2月)三友派/(4月)三友派/(6月)三友派/(7月)米団治、米喬、小文都/(8月)諸芸大会/(9月)三友派

松島文芸館 1月)藤明派/(2月)藤明派/(4月)藤明派/(6月)藤明派/(7月)藤兵衛、明学、正楽/(8月)藤明派明学一座/(9月)藤明派

靱の靭舘 1月)藤明派/(2月)藤明派/(4月)藤明派/(6月)藤明派

阿波座玉英堂 2月)藤井臥竜、神田伯鱗、松月堂呑山(昼)笹井燕楽、笑福亭松鶴(夜)

◇北区

北の新地遊芸館 1月)桂文枝、遊輔、三橘/(2月)桂文枝/(4月)桂派/(6月)桂派/(7月)南光、文三、慶枝

天満天神社内林家席(亀の池席) 1月)桂文枝、遊輔、三橘/(2月)桂派/(4月)桂派/(6月)桂派一座/(7月)南光、小文枝、花丸、枝雀、梅枝/(8月)小文枝、花丸、枝雀

福島福寿館 2月)藤明派

桜橋栄都館 6月)藤明派一座

〈編者註〉三遊亭遊輔は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。泥棒噺を得意とし、「泥棒遊輔」の異名をとった。また「改良剣舞」という珍芸の持ち主。明治三十年頃から度々上方にやってきて、桂派に加入している。本名末吉伊三郎。三遊亭三橘は初代三遊亭円右門人で、明治三十年に師匠の前名三橘をもらった。のちの初代三遊亭円歌。遊輔について上方へ来た。本名泉清太郎。古今亭今朝は二代目古今亭志ん生門人から兄弟子の二代目古今亭今輔の門下となり古今亭今朝(いまちょう)と改名した。のちの四代目五明楼玉輔。本名原新左衛門。古今亭今松は二代目古今亭今輔門人で、のち昔家今松と改名する。声色が得意。後年五代目雷門助六から三代目古今亭志ん生を襲名した。本名和田岩松。

明治3311日 京都日出新聞

◇京都の落語席

 幾代亭 枝太郎、文吾、文光等の一座に新古亭真生、古今亭今輔、宝集亭金之助

笑福亭 文団治、米朝、福松、円篤、松鶴

菊の家 桂文雀一座の落語。

〈編者註〉文吾は四代目桂文吾。襲名の記事がないので正式な月日は分らないがこの正月から文吾の名前が出始める。文光(辻村藤三郎)は京都の三笑亭可楽(原吉弥)門下で三笑亭芝楽を名乗っていたが、明治二十三年ごろに上京した。昨年帰阪して二代目桂文枝の門に入って文光の名をもらった。古今亭今輔だが、二代目今輔は明治311023日死亡、三代目今輔の襲名は明治37年であるから、これは誰のことか不明。

明治3311日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 新左衛門、円若一座の落語

三の宮境内第二湊亭 楠社湊亭と掛持

兵庫弁天社内亀田[甲]亭 林家正団次一座の落語

〈編者註〉林家正団治は四代目林家正三門人。

明治3311日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事四方御客様方の御引立に依り毎々大入好評を得一同満悦の至に存候。就ては當一月一日より舊一座へ、笑福亭里喜松、笑福亭圓若、曾呂利新左衛門の新顔を差加え興行仕候間、賑々敷御来場の程偏に希上候/楠公社内湊亭/三宮社内第二湊亭

◇[広告]謹賀新年/楠公社内菊廼亭/本城あい

〈編者註〉笑福亭里喜松は初代福松門人、のち二代目桂文団治の身内となり末広家扇蝶と改名する。

明治3313 大阪毎日新聞

◇御題 本てうし 曽呂利作 円若調  

「幾千代も 変らず君と相生の 松に三筋の初霞 引やうたうや舞ふ鶴の 屠蘇の機嫌に鼠なき ほんに嬉し
  い今朝の春」

明治3314 大阪毎日新聞

<藤明派の旗挙げ>

◇落語家の悶着 何処にもある弊風なるが、当市落語家桂文枝の率ゆる一派には門閥ありて、其芸の如何を問はず引上しも又上手にても門閥にあらざれば何時までも打捨て置き、給金の如きも極めて廉にして到底一家を支ゆる能はざれば、下廻りに夙に不平を唱へ、昨年四月頃同派の文三など此弊風を矯めんと企てしも失敗に帰し、其後泣き寝入りになつて居つた。京都に於て人気多き桂藤兵衛も又此弊風を慨し、断然其組合を脱し、自分の門下を率いて遂に反旗を翻がへし、従来出席し居たる新京極の幾代亭を去り、笑福亭に出演し、茲に花々しく競争を始めしかば、大阪に在る文枝は大に驚き、急に門下二三名を京都に遣り、相拮抗する処ありしも、敵は京都に贔負多きものとて其鋭鋒当るべからず、今や勝に乗じて藤兵衛一派は遂に大阪の本陣を襲んと、一月匆匆当市松嶋文芸館に出場して敵に当りしかば、桂派に属する林家正楽、西国坊明学等之れに応援し、対戦おさ〳〵怠りなければ、桂派にても昨今必死の防禦をなし居るといふが、此先きが如何になりゆくかチヨツト見物なるべしと云ふ。

明治3318日 神戸又新日報

◇子年の御祝儀 一席申上げます、昨年十二月四日のよせふみに「桂團輔改め水道人夫これを改めペスト」と出て御座いましたが、其ペストは鼠に付き易いとの事、ところが此年は子の年で御座いますからペストと合性で詰まり團輔に福を授かる前兆だと喜んで居りますと、お上から鼠を捕て差出せ一匹五銭に買ってやるとの御触れ、折角福の神の使いと思って居るものを無駄々々捕るは團輔の福を殺ぐ訳で情けないとは思えど仕方がない、一匹出たのを幸い一升枡で伏せました、ところへ近所のものが大勢やって来て鼠が捕れたそうな其鼠は大きいか小さいかとガヤガヤ尋ねますると枡の中から鼠が「ちうちう」。

〈編者註〉桂団輔二代目桂文団治門人。ずっと神戸で活躍している。「桂團輔改め水道人夫これを改めペスト」については明治324月の註釈参照。団輔の猥雑な芸を毛嫌いする客が多かったようだ。

明治33110日 新愛知

◇福寿亭の人情講談 例の笑福亭八百蔵が本日夜より大須門前の福寿亭にて開演の人情講談は、「関東七人男観音丹次の伝」「明治白波五人男の伝」「柳川武勇伝」等なりという。

〈編者註〉笑福亭八百蔵は初代松鶴の弟子。名古屋の端席で十年間以上一人で興行している。本名加藤市松。

明治3311014 大阪毎日新聞

◇靱舘の慈善興行 ペスト流行区域の貧民が交通遮断などに遇て困難なすより、夫等の者に義捐せんとて、西国坊明学発起人となり、去る十五十六の両日、靱の靱舘にて諸芸の大寄をなし、其上り高を悉皆前記の者に義捐するよし。(110日)

◇慈善会 曾て記載せし如く愈よ明十五、十六の両日午前十時より午前五時まで西区靱の靱舘に於てペスト病に就て困難せる貧民救助の為め西国坊明学、桂藤兵衛等が発起人となり大寄の会を催し、其収入金は悉皆義捐金に充つ由なるが、尚ほ予算より不足の時は発起人等より応分の寄付を為すとの事にて、此慈善会に賛成せし落語家及び法師、女義太夫、其他三十余名の芸人は各自十八番の技芸を演ずる由なり。(114日)

明治33118日 新愛知

◇富本席の諸芸新年大会 昨夜まで柳亭左楽一座が興行し居たる富澤町の富本席にては本日夜より講談、落語、浄瑠璃、常盤津、二わか、源氏節、音曲、手踊何でもあれの諸芸新年大会と云うを興行なすと云う。

〈編者註〉柳亭左楽は名古屋の左楽。

明治33119日 新愛知

◇福寿亭の怪談と浄瑠璃 東京初お目見得として林家正蔵一座と竹本鱗花一座が本日夜より大須門前福寿亭にて怪談と浄瑠璃を興行。

◇大富席の人情講談 笑福亭八百蔵が本日夜より花車町の大富座にて人情講談を興行。

〈編者註〉林家正蔵は五代目。本名吉本庄三郎。この正蔵も怪談噺を得意とした。長命で大正十二年百歳で歿した。

明治33120日 大阪朝日新聞

◇落語家の災難 桂、三友の両派に対峙して松島の文芸館に根城を構へたる藤明派(藤兵衛、明学の一座)のモタレを勤め、端唄と手踊とを得意にしている桂藤竜(五十二年)は、以前は宝集家金之助の門弟たりしも、故ありて藤兵衛の弟子となり、今の名に改めたる者なるが、根が東京生れにて、西京にては馴染もあれ、大阪はまだ初舞台の事なれば、何でも一番好評を博し、小情婦の一人も拵らへたいと、腕一杯愛嬌を撒て働く程に、寄席の人気はよけれども、何分馬顔の中老爺ゆゑ、女受の方は思はしからず、何処の座敷へ出かけてもお世辞許りで立切られ物になるのは一個もなし。(後略:ある時、女に人違いされたことからその男に引っ張っていかれ、人の女に手を出すとは不埒な奴、お前はいったい何処のどいつだと凄まれ、落語家の藤竜ですと答えたところ、落語家ならその証拠を見せろといわれ、落語二つと端唄四つを唄い、「東京下谷区稲荷町の原籍現事西京河原町四条下る仕立物職石川忠次郎こと芸名桂藤竜」と原籍氏名を紙片に認めてようやく釈放された災難話)。

〈編者註〉桂藤竜は東京の人だが、明治二十三年ごろから京都に留まり、桂藤兵衛の弟子となり、明治二十五年二月に海立亭龍門と改名し、さらに桂藤龍と改めた。明治三十一年六月に引祝をし、引退するつもりだったが、藤兵衛が藤明派を組織したので駒不足解消のために再度出勤したものと思われる。

明治33123日 新愛知

◇富本席の落語大角力 一名穴探しと云う落語家の大一座が本日より三日間富澤町の富本席にて興行落語の重言片言他の穴探をしたる聴客へ大景物を呈するという趣向。

◇同席の東京音曲滑稽噺 又た近々におなじみの東京落語家昔々亭桃太郎を始め七昇亭花山文、春風亭小柳三、三遊亭左圓太、同橘六、柳家福枝、同小柳、昔々亭團子、同扇之助等都合九人の大一座が富本席にて音曲滑稽噺し道化茶番手踊等を興行。

〈編者註〉昔々亭桃太郎(三代目)は元横浜の天狗連出身で、音曲師として横浜を起点に東海道筋などの地方の寄席で活躍した。本名木村兼次郎。七昇亭花山文は五代目。本名美名本七郎。大声の詩吟で知られる。剣舞の源一馬の父。春風亭小柳三は四代目柳枝門人で、のち枝雀から四代目雀家翫之助となる。本名阿部常吉。三遊亭左円太は二代目三遊亭円遊が左円遊と称したころの門人。皿廻し、獅子舞、奇術などを得意とした。本名喜太郎。四代目三遊亭円馬の父で、明治四十年ごろ父子ともに大阪へ移った。大正のころ大阪の反対派の色物で森田天賞とあるのが同人と思われる。息子は三遊亭小円馬時代、吉本の若手として大いに活躍した。三遊亭橘六は初代三遊亭円右門人。本名吉崎源吉。のち二代目三遊亭遊三門人となり三左衛門となる。その他の面々は未詳。

明治33130日 大阪朝日新聞

<帰天斎正一の座敷諸芸周旋所>

◇帰天斎の種なし 道修町五丁目御霊筋西へ入る処に「座敷諸芸周旋所」と筆太に記したる下に「遊芸舎」と小さく記したる看板を掲げてあるのは西洋奇術師帰天斎正一の宅である。こゝへ一昨々日の朝、未(まだ)正一の寝て居る内に見苦しからぬ身形(みなり)をした三十歳ばかりの男が来て、手前は高麗橋二丁目の田島伝助といふ者だすが、今日午後六時から桃山の産湯楼にて百人ほど客をする筈につき、其席の余興として手品二番、軽口一番、落語一番、俄踊一番、都合五番だけ演じて貰ひたい、謝儀の処は五十円で引受て貰ひたいが何であらうと相談した。是は近頃にない好いお客さまが舞込んだと、正一は大恐悦にて一も二もなく引受けたけれど、出方の間に差支があつてはならぬと朝飯も喰ずに人力車で駆廻り、軽口と俄踊は金玉延枝、落語は都若、手品は大将自身に出馬する事に役割を定めた。(後略:勇んで出掛けたが、この話は根も葉もない真っ赤な嘘で、みんながっかりしたという話)。

〈編者註〉帰天斎正一(二代目・福岡正一)が始めた余興屋。金玉、延枝、都若らは共遊会(共恵会)によく出ていた連中で、同会の落語、軽口、物真似などはこの余興屋の専属芸人だったことがこの記事で知られる。

明治33130日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 さん馬、金之助、真生、今朝等の落語。

笑福亭 円篤、小円太、三円、竜輔、桂文団治、米朝、梅団治等の落語。

〈編者註〉111日付「京都日出新聞」に笑福亭に出ている竜輔と小円太と三円の色事話が掲載されているが、竜輔、三円は不詳。小円太は後の五代目橘家円太郎。

明治33130日 京都日出新聞

◇落語家桂藤兵衛一派、大阪へ引越し明学と合併なし居るが、此藤兵衛が初め幾代席を離れたる始末、笑福亭を去つて大阪表へ行きたる顛末を承知する人は当欄を以て回答ありたし。(落語通落第者)

明治33130日 新愛知

◇富本席の桃太郎一座 既載の如く東京の昔々亭桃太郎一座は明日夜より富澤町の富本席にて音曲滑稽噺を興行其前連中は春風亭枝鶴、三遊亭左圓太、同橘六、柳家福枝、同小柳、昔々亭團子、扇之助等なりと云う。

上方落語史料集成 明治33年(1900)2月~3月

明治3321日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 是迄の一座に笑福亭福一、式亭さん馬、桂かしくを加えて落語

能福寺境内松鶴座 春風柳寿斎、笑福亭慶士の連中にて落語

〈編者註〉笑福亭福一は初代福松門人。六歳の少年で曲弾きの名手。のち杵屋六左衛門の門に入り杵屋正六となる。式亭三馬は東京の人で、春風亭柳鼠、土橋亭里ん馬を経て曽呂利新吾(新語)となり、のち式亭三馬或は翁千歳と名乗った。本名諏訪部伊之助。春風柳寿斎は盲目の音曲師。三味線曲弾などを得意とした。笑福亭慶士は三代目松鶴の門下で柳三、その後慶士となった。

明治3321日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事四方御客様方の御引立に依り毎々大入好評を得一同満悦の至に存候。就ては當二月一日より舊一座へ、先般大阪此花館に於て大好評を博したる本年僅か六歳になりたる曲引きの名人笑福亭福一、及び式亭さん馬、かつらかしくの新顔を差加え興行仕候間、賑々敷御来場の程偏に希上候/楠公社内湊亭/三宮社内第二湊亭

明治3321日 神戸又新日報

◇第二湊亭の表看板に璃喜松とありて其両側の提灯に利喜松と書いてある、何方が真の名か知らせてほしい。(投書)

明冶3321日 北国新聞

◇新富座の音曲落語 新冨座にては豫記の如く本日より東京の落語家柳派春風亭柏枝一座にての音曲落語を興行する由。初日の番組は、落語吉原穴さがし芸妓の内幕(枝太郎)清元浄瑠璃御蓮鶴(枝女吉)落語裏の裏親子の茶屋遊び(柏葉)書生手踊(小柏)新内浄瑠璃梅川忠兵衛二の口村の段(小糸)音曲流行節丼端唄うら色々(小六)手品大皿廻し曲芸(枝吉)人情続きばなし鬼神お松の傳(柏枝)娘義太夫千代萩御殿場(勇玉)元祖ヘラヘラステテコ踊り(枝雀)大切大道具大仕掛芝居正本噺怪談牡丹燈籠を團十郎、左團治、菊五郎、福助等の声色にて勤むるという。

〈編者註〉春風亭柏枝は三代目春風亭柳枝門人、のちの八代目入船亭扇橋を襲名する。幼い時から役者の声色を得意とした。本名進藤大次郎。枝太郎は柳亭枝太郎。四代目柳亭左楽(オットセイの左楽)の弟子。のち五代目左楽を襲名する。枝雀は春風亭枝雀。三代目柳枝門人。明治二十九年に枝雀を襲名する。本名中村庄松。その他の面々は不詳。

明治3327日 台湾日日新報

◇十字館の岡本一座 久しく源助の一座の演劇を興行せし十字館は今度修繕を加へ名古屋より岡本美根都司一座の源氏節女演芸を本月六日より興行するという。その顔振れは(岡本美根都司)(市川美都松)(中村美司松)(岡本美根福)(岡本美根代)(石川美根男)(石川美根司)(石川美根□)(岡本豆吉)(岡本小満目)等にて。今晩初日の出し物は一番目姫競二葉絵草子小栗判官実記中狂言親鸞聖人一代記肉付の面大切疎が十二揚巻助六廓の達引なちという。

明冶3327日 北国新聞

◇新冨座の音曲落語 今晩の番組は、かる口曽我物語(掛合)昔ばなし書生踊白虎隊(四歳小柏)滑稽はなしほつけ長屋(小六)新内浄瑠璃三勝半七(鯉昇)手品皿の曲(枝吉)人情続き噺稲荷利生記孝子仇討(柏枝)三十三間堂棟の由来(勇玉)滑稽ばなしふみだい違い手踊(枝雀)仁輪加耳と目玉寄て一人(一座総出)

明治3328日 新愛知

◇長谷川座のいろいろ 林家正鱗一座が昨夜より納屋橋西詰の長谷川座にて人情噺、西洋手品、新作二わか、浄瑠璃、怪談いろいろ興行。

明治33210日 新愛知

◇長谷川座の音曲滑稽噺 東京の三遊亭右橘が亡母一周忌追善として本日夜より納屋橋西の長谷川座にて影芝居、侠客業平孝子、音曲滑稽噺、演劇怪談等を興行し来客へ東京土産として景物を呈すると云う。

〈編者註〉二代目橘家円橘門人橘蔵、のち三遊亭右橘となる。本名佐藤信禧。

明治33214 大阪毎日新聞

◇東京の落語家滑稽問答を以て得意とする三遊亭竜助及び柳家左若の両人は今回来阪し、明十五日より松嶋文芸館に出席する由。

〈編者註〉柳家左若はヘラヘラ坊万橘門人で万七、のち柳亭左若となる。本名井ノ本亀之助。

明治33214日 新愛知

◇当市の講談師高田伯龍は久しく病床に療養中の処、再昨夜、終に五十歳を一期として黄泉へ旅立しは惜しむべし。

明治33222 大阪毎日新聞

◇演芸会 本日午後一時より西区新町南通一丁目和洋共遊倶楽部に於て催す演芸会の番組は左の如し。 

 落語東の旅(木鶴)、軽口綱五郎(金玉、延枝)、茶番狂言松上鶴(都若)、声色紋尽し(花元)、地歌千鳥の曲(津山、梅山、豊重)、西洋手品(帰天斎正一)、同(竹田貞一)、俄宝の嫁入(茶好、尾福、東蝶)、清元喜撰(川岸席あい)、曲弾八人芸(西国坊明学)、落語伊勢参宮(桂藤兵衛)、浄瑠理三国関所(小清水)、おなつ清十郎湊街(永司)、お俊伝兵衛堀川(貴若)、舞老松(斎藤絹子、中村いし)、夫婦万歳(丸三席とし子、油屋松菊)、汐汲み(丸三席□丸)、寝屋の扇(社本はな)淀川(山村とも)

明治33223 大阪毎日新聞

◇東京の落語家音曲の専門なる柳家左若は今度当地に来り、昨夜より西区靱の靱舘、松嶋の文芸館及び嶋の内大宝寺町の宝生舘等へ出勤で得意の咽を唸り出すよし。

明治3322327日 台湾日日新報

◇淡水館月例会 明廿四日午後六時より月例会を催すという。其余興として落語(橘屋喬三)娘三社引抜福山舞(丸八)地(政子)(金子)(子豊)(三吉)鼓(金八)太鼓(八子)笛(文字助)読切講談(玉田誠玉)猩々舞(金八)地方(八子)(三吾)(小豊)(金子)(政子)鼓(丸八)笛(文字助)目抜後藤、五斗兵衛(丸八)奴(米茶)(時寿郎)義太夫(三吉)三味線(小豊)(金八)鳴物(文字助)落語(万朝)長唄戻り駕基隆の次郎作(三吾)台北の余四郎(八子)禿(丸八)地方(金八)(政子)(小豊)(金子)後見(藤本意一)噺(文字助)(223日)

◇淡水館月例会余興評 去る廿四日同館に催ふしたる月例会の余興を例に依て評すれば…(文字助)の笛彼の出歯にしては甘過ぎるとほめたれば或人は曰く文字助よりまだ〳〵出歯の男が法螺さへ吹くではないかと…(喬三)(万朝)の落語大きに笑はせたり(誠玉)の随院吉原通の講談は惜しい処で切り(立花)の芝居咄し最う二十分も続けたかりし。(227日)

明冶33224日 北国新聞

◇春風亭柏枝の消息 過般本市新冨座に於て音曲落語に得意の人情噺、役者声色等を以て大人気を占めたりし東京落語家春風亭柏枝一座は、同座打揚げ後、福助座、弥生座等よりも交渉ありたりしも帰京と急ぎ、富山興行さへ見合わせとなし。直ちに前約ありし直江津へ向け、去る二十一日より一週間興行の予定にて乗込みしが、去る十九日伏木港より北越丸に乗込みしが、同地への途中に於て暴風雨の為め難船に遭い、非常の困難を極め一座中、鯉登、枝雀、勇玉の三名は何れも身を痛め、目下欠勤療養中なりといへるが、明年本市へ乗込みし折には今回遭遇したる難船の場を人情噺に仕組み実地に演ずべしと。尚五六日間同地滞在の上帰京の途に就くべしと本社への消息に見たり。

明治3331日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 従来の落語一座中さん馬抜け小文枝、文三加はり又休業中の金之助本日より出勤。

笑福亭 文団治、米朝、小円太の三名抜け、円若、三馬、小文都の三枚加はる。

〈編者註〉さん馬は五代目翁家さん馬、二代目円馬とともに桂派の客将として鎮座している。三馬は式亭三馬、こちらは三友派に所属している。

明治3331日 新愛知

◇富本席の東京滑稽噺 此程も一寸揚げし東京の落語家三遊亭左圓遊一座が愈々本日夜より富澤町の富本席にて久々のお目見其前連中は三輔、花遊、遊雀、左圓冶、翫三、左遊志、左遊輔、左遊女等の大一座にて音曲滑稽噺を花々しく開場。

〈編者註〉三遊亭左圓遊は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。のち二代目円遊を襲名するが、師匠のコピーの域を出ず、評判はいま一つであったそうだ。三遊亭三輔は初代三遊亭遊三門人。明治四十年頃落語家をやめ幇間となる。本名鈴木鎌吉。三遊亭花遊は始め二代目三遊亭円馬門人で竹馬、のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で奴遊と名乗り、明治三十一年ごろ花遊となった。本名野村甚三郎。隻眼の音曲師。三遊亭遊雀は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。物真似や顔芸で売った三遊亭遊人の父。遊雀ものち長唄の道へ進んだ。その他の連中は未詳。

明治3339日 新愛知

◇富本の好人気 都合九人の大一座にて本月一日夜より興行中なる富澤町の富本席にては東京より久々のお目見三遊亭左圓遊一座が音曲滑稽噺が頗る面白しとの事に一昨夜好める落語を聴きに行きし処ろ左遊志、左遊輔、左遊女と夫々前座ありて遊雀の二人癖に独茶番、左圓冶の音曲噺し、翫三の天災、三輔の植木の化物。中入後、花遊の音曲噺、左圓遊の初心廓通い、大切に洋行帰り開花の首継と云う東京茶番、熟(いづれ)も面白かりしが、左圓遊の軽妙なる、三輔の声色に喉、花遊の音曲、翫三の手踊、左圓冶の音曲、遊雀の半身独茶番など来客をして歓ばせしぞ巧妙なる。

明治33316日 大阪朝日新聞

◇落語家引致さる 神戸楠公社内の寄席湊亭に出て居る笑福亭璃鶴といふは大阪南区瓦屋町一番町の川合福太郎(三十三年)といふが本姓にて、例の『雨が降てもかアりかり』といふ歯の浮くやうな幼稚な唄を売り物ににしてお茶を濁し居たりしを、蓼喰ふ虫も好き好きとやらで、其の謡ひ振が気に入つて度々ききに来た中山手通二丁目の中野おしげ(三十一年)といふ女といつの間にやら妙な関係が出来て、人目を忍ぶ中とはなりぬ。然るに此おしげは元居留地の英人商マーチフ、アテンスの妾なれば、此事主人に知れては大騒動と二人の中は極内密にして寄席の果から密とおしげの自宅へ忍ばせる事にして居りしに、先月十八日の夜、此家の二階を借て居る園田市太郎の留守中、盗賊忍び入りて衣類雑品を合せ約二百円余の物を盗み去りしに、市太郎は驚き、早速其旨警察署に届けていろいろ詮議したれど、何者の所為とも分らず其まゝになり居たりしに、去十二日の夜、被害者市太郎が何心なく三宮神社境内の第二湊亭へ落語を聴に行きたるに、此処へも璃鶴が出て居りて、高座に現れたるを見れば、同人の帯に巻き着けて居りし時計の鎖は確に市太郎の奪れたる品の内に相違なければ、早速其旨神戸警察署へ訴へたるにぞ、同署にては直に璃鶴を引致して取調べ、次で中野おしげをも呼出して訊問したる処、璃鶴は京都にて贔屓のお客に貰ひたる旨を申立てしが、おしげの陳述曖昧なるより、二人とも留置になりて、昨日検事局へ送られたりとぞ。

〈編者註〉笑福亭璃鶴三代目笑福亭松鶴門人。里キ松から璃幸を経て璃鶴となる。明治三十五年に福円と改名し、左文治、福松郎を経てのち二代目笑福亭福松を襲名する。なおほぼ同様の記事が「洋妾と落語家」の見出しで明治33316日付「大阪毎日新聞」に出ている。

明治33324日 新愛知

◇富本席の音曲怪談浄瑠璃 東京の落語家にて三代目金原亭馬生一座が本日夜より富澤町の富本席にて興行。前連中は金原亭馬吉、春の家枝女子、竹本葉光、同加賀太夫、竹の家葉七子(はなこ)などにて音曲怪談手品浄瑠璃のいろいろ。

〈編者註〉三代目金原亭馬生は正式には五代目馬生。明治三十二年八月に襲名した。明治三十七年以降大阪に居着き、三友派の客将となった。大阪で玩具屋をやっていたので「おもちゃ屋の馬生」と呼ばれた。その他一座の面々は不詳。

明治33327日 大阪朝日新聞

◇落語家藤明派は南区大宝寺町の宝生館を大阪の根城とし、兵庫柳原大仏寺境内の松鶴座をも領分とし、来月一日より十五日目毎に出演者を差替へるよし。

〈編者註〉大仏寺は、正確には、「天台宗能福寺」。明治24年に境内に大仏が建立され、兵庫の一大観光地となった。松鶴座は、その後に造られた仁輪加の定席で、四月一日より藤明派の定席となった。

明治33327 大阪毎日新聞

◇落語藤明派の支席 当市の落語藤明派の連中は今回兵庫柳原大仏寺の境内なる松鶴座を支席と定め、毎月十五日間にて出演者も交代して開場する由なるが、来る四月一日よりは西国坊明竹(尺八雑曲の吹奏)、春風亭右柳其他が出席する由。

〈編者註〉西国坊明竹は西国坊明学の弟子。春風亭右柳は三代目春風亭柳枝の門人。音曲噺を得意とした。本名斎藤福松。

明治33331日 新愛知

◇富澤町の富本席にて既載の如く東京より初お目見得として三遊亭い圓遊を始め四代目圓太郎、五明楼國輔、一光斎東玉、三遊亭い圓次、同い左美、同い子丸の一座が明日夜より音曲滑稽噺しを興行。

〈編者註〉三遊亭い円遊は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で、昨年遊人よりい円遊と改名した。百面相を得意とした。い圓次、い左美、い子丸はい円遊の門人。四代目円太郎はラッパの円太郎だが、明治三十一日に死亡しており、誰かが勝手に名乗ったのであろう。五明楼國輔は六代目文治門人文作から文勢、のち三代目玉輔門人となって馬きんから国輔と改名した。本名青柳重蔵。一光斎東玉は初代三遊亭円馬門人。

明治33331日 扶桑新聞

◇福寿亭 明一日より二代目高田伯龍の昼夜講談。

上方落語史料集成 明治33年(1900)4月~5月

明治3341日 桂塚が建碑される。

〈編者註〉41日、二代目桂文枝の発起で天下茶屋に桂塚が建立され、その建碑式が行われた。それに関する新聞記事を以下にまとめて掲げておく。

◇桂文治碑 関西落語家の祖桂文治の碑、今の二代目桂文枝の自力に由りて新に天下茶屋に建設せられんとし、碑銘を当地清堀の田谷九橋氏に嘱せり。碑高さ一丈八尺、表に題して『桂塚』と曰ひ、高橋泥舟翁の筆に成れりと。(228日 大阪朝日)

◇落語家祖先の建碑 今より百余年の昔し、江戸にては三笑亭可楽、大阪にては初代桂文治が木戸銭を取て落語を創めたるが今の落語家の濫觴(はじめ)なり。然も初代文治の墳塋(はか)は、維新前まで住吉街道天下茶屋南端東側の荒れたる三昧に、誰人が建てたるか形ばかりの標(しるし)の石を留めたるのみにて、見る影もなく訪ふ人もなき有様なりしが、近頃は夫すらも跡を留めず、取払はれたるを嘆き、難波新地三番丁に棲む二代目桂文枝が之を改築せんとてその跡を尋ねたれども見当らず、更に其地を天下茶屋停車場(ステーション)前の広場に選み、桂家代々の記念碑として高さ一丈九尺の『桂塚』というを建築するに決し、自ら主唱して同業者の賛成を求め、先般起工して不日落成する筈なるが、今年は恰かも初代の百年忌に相当するを以て、其法会と今の文枝の師匠なる初代桂文枝の二十七年忌とを兼ね、来る四月二日盛大なる建碑式を行ひ、京神其他の諸芸人をも招集する事になり、別に諸名家の詠草をも請受(こいう)けて、「手向草」と題する摺巻とし参会者に配与するよし。又当地の落語家には桂、三遊(ママ)、藤明の三派ありて京神の末派までも軋轢するを毎(つね)とせしが、或人中間に立ちて調停し、自今三派の芸人を取交ぜて一つ寄席へ出勤せしむる事になり、今度の建碑式を期して彌よ手打を為す由なり。(227日 大阪朝日)

◇天下茶屋の桂塚 落語家桂文枝が発起にて曾て天下茶屋停車場付近へ桂塚と称する花崗岩(一丈九尺)の記念碑建設中なりしが、来る四月二日には初代桂文治の百年忌と初代文枝の三十七回忌(ママ)を兼ね、同所に於て建碑式を挙行する由にて、当日は東京其他よりも桂派の者が集り、且つ同日までに文人雅客より詩歌、俳句等を募集するとの事なり。(227 大阪毎日

◇桂塚 既記の如く落語家桂文枝が発起し、桂一派の為に桂塚というを天下茶屋に作り、はや竣工したれば、来月一日その落成式を行ひ、余興には中川芦月社中の絵画揮毫、煎茶抹茶席、花火打揚等あるよし。(328日 大阪朝日)

◇桂塚 既記桂文枝が発起せし天下茶屋に建設の桂塚は、愈昨日建碑式を行ひ、北野太融寺住職其他数名の僧これに当り、初代文治以下七代及び初代文枝の為に供養し、二代目文枝、さん馬、小文枝、文三等、桂派の人々焼香了りて抹茶揮毫の席に移り、後盛宴を張れり。(42日 大阪朝日)

 碑文は以下のとおり。

   桂文治碑銘

世之所謂落語家者。在関以西。桂文治為祖。文治通称惣兵衛。摂洲西成郡柴島村人。幼而敏活。性好滑稽。能解人頤矣。時有一九慶山輩。作為落語。以供座上一噱。文治則演諸稠人之中。都音方語。或聾或吃。無士無女。無知愚老幼。雅俗之興醜美。無一不入佳境。奇語警醒。舌頭三寸之間。莫不幻出人事萬態。抑亦奇矣。大阪北野大融寺。号桂木山。其檀那寺也。寛政中。冐其一字。自称桂文治。特築其場。設案而演之。仮声楽而操之。始行之於座摩祠城中。大得世之譁称。落語家之業。於是乎興焉。桂派之統。遂致今日之隆運。尋常之人而能如此邪。頃日其党桂文枝来謁曰。我師文枝。実継其統者。而余襲其名。豈可使祖無碑邪。聞当時門人生瀬某。建祖碑於岸姫松之下。今素之不見其跡。遺憾曷勝。乃欲待百年祀興之。而余性羸弱。不可図其存。且今年方先師二十七年祀。遂定謀。欲建祖碑。先生請銘之。文治文化乙亥歳十一月九日没。亨年四十有三。銘曰。

 演語之妙。稟之於天。乃創其業。愈盛且全。桂樹団々。気清花鮮。気清花鮮。千載長伝。

  九橋 田谷謙

この碑文については、芳村弘道氏の「『桂塚』碑陰銘文の解読」(『藝能懇話』七号・平成五年)及び「『桂塚』原撰碑文の解読」(『藝能懇話』十号・平成九年)が委細を尽している。参照されたい。なお残念ながらこの「桂塚」は現存しない。

明治3341日 大阪毎日新聞

◇松鶴座 兵庫柳原大仏寺の境内の松鶴座が一日より藤明派の支席となり、明学、春風亭右柳等が出演。

〈編者註〉今月より松鶴座は藤明派の支席となる。藤明派の席となっていたのは今年いっぱいで、翌年にはもう記録が見えなくなる。

明治3341日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂枝太郎、小文枝、金之助、真生一座にて音曲落語

笑福亭 福松、福太郎、小文都の三友派一座の落語

西村席(新京極) 松鶴、半瓢一座の軍談講釈にて読物は雨宿再度の濡衣、天保六歌仙

〈編者註〉福太郎は笑福亭福松門人で笑福亭福太郎。文の家かしくの実子で、のち二代目かしくとなり、戦後三代目福松を襲名する。

明治33418日 京都日出新聞

◇幾代亭 新京極幾代席は英国人ジヨンベールと云ふが出勤し得意の音曲剣舞等を演ずる由。

〈編者註〉本名森栄吉、兼吉とも。風貌が外国人に似ているので似非英国人として高座にあがり、色物として珍重された(61日の項参照)。

明治33425

<二代目月亭文都死亡>

月亭文都 本名岡田亀吉。弘化元年生。明治2610月に浪花三友派を設立。月亭文都と改名する。文都の死亡は大阪毎日新聞、大阪朝日新聞ともに大きく報じられた。

明治33427 大阪毎日新聞

◇月亭文都死す 
文都 001 桂派の文枝と相対する吾が浪花落語家檀の覇を握る三友派の首領月亭文都は、去る一日より癌腫症に罹り、臥蓐静養に怠りなかりしが、杏林の風穏(おだや)かならずして遂に一昨日廿五日午後八時三十分、白玉楼中の人となれり。惜むべし、同人は本名を岡田亀吉と云ひ、天保十四年の生れなり。明治三年、好の道より初めて桂文東の門に入り芸名を春吉と呼び、師の文東が九鳥と改名するや春吉を文当に替へ、後九鳥の死するにおよんで初代文枝の弟子となり文都と改む。当時文枝は門流の秀才に富み、就中丈及び文之助(今の曽呂利新左衛門)、文三(今の二代目桂文枝)は桂門の三人男と呼ばれて贔負の評判囂(かまびす)しかりしが、初代は死して文三がその二代目を襲うや、意平かならざる所あり、桂門を脱し独立して月亭文都となる。

明治廿六年桂派に対して三友派なるものを組織し、その首領となつて斯道の研鑽に怠りなく、文枝と共に大親玉の聞え高かりしが、去る一月の三十一日、法善寺内の紅梅亭にて得意の新町ぞめきを演ぜし末、聴衆の注文により是も得意の技に数へられたる胡弓を奏でしに、如何なる呼吸にやありけん、その棹の両断して折たるより太(いた)く神経を悩し、楽屋に下りし後、我事畢んぬと落胆して門弟に語しとか。此事箴をなしてか、その帰るさ夥だしく吐血し、為に益々身体に異常を来して当夜より病床に臥し遂に立ざるにいたれり。その軽快流麗なる斯道の一人なりと聞巧者より称(たた)へられしが、敢(あえ)なくも死の手に奪ひ去られし事、目下寂廖たる落語家檀更に落莫の感ありて惜みてもなほ余りありといふべし。因にいふ、その葬式本日の午後九時長柄火葬場に行す筈なりといふ。

明治33427日 大阪朝日新聞

◇月亭文都逝く 落語家三友派の主宰者として其名都鄙に聞えたる月亭文都は、本年一月中癌腫症に罹り、爾来休養中なりしが、遂に一昨日午後八時三十分東区安土町一丁目の自宅に於て物故せり。行年五十七歳。文都は本名岡田亀吉。南区空堀に生れたる曲物職の子にして、年頃十八九の頃より素人噺しの群に入り、初めは芸名を春吉といへり。後ち三代目桂文治(立売堀のたどん屋にて通名を長太文治といふ)の門人なる文東(師匠文治死亡の後其妻を娶る)といへるを師とし教へを受けぬ。幾(いくば)くもなくして文東、九鳥と改名せしに付き、春吉も文当と改名せり。其頃までは端々の小寄席のみへ出勤せしが、明治五年正月、新町九軒の定席末広の花形なりし笑福亭梅香(今の曽呂利)が予州三津ケ浜へ買はれて行くにつき、其代りとして文当は梅香に推されて始めて定席の末広へ同月十一日より出勤することを得、是より芸名都下に喧伝するには至れり。

其頃文当は即席と胡弓とを十八番としたり。明治五年の末、初代桂文枝の門に入り、今の文枝(旧名文三)といつとはなしに反目疾視するに及び、文枝の没後その名跡を継ぐに就いて互ひに競争の姿なりしが、其名跡去る事情によりて遂に文三の手に帰したれば、文当もその名を月亭文都と更め、門人を率ゐて別派を起し、大いに桂派に対抗するには至れり。是れ今日の三友、かつら両派を生ずるの遠因なり。

次で文都、文枝(二代目)は南地法善寺内の伊豆熊(今の紅梅亭)に其勢力を争ひし、結果首尾能く文都は勝を制して伊豆熊を己れの根城となしたれども、文枝も之に屈せず、同所の金沢席を根城として対陣の旗を揚げたるに、其の人気殊の外盛にして、遥に文都派を凌駕するに及びたれば、文都は弥よ敵愾の心を強め、頻りに恢復を謀ると雖ども、絶えて其甲斐なかりしが、近来漸やく気運を制し、昨冬より今春にかけては全く文都派の勝利となりをりしに、不幸にもその盛運を永く見る事能はずして一朝不帰の人となる。惜しみても尚余りある事どもなり。

是より先、文都は如何にもして自派の勢力を拡張せんと思ふより、此花館主藤原重助の援助を得て、笑福亭福松、桂文団治の二人を語らひ、三人主唱して浪花の落語家社会に一派の旗幟を翻へしたり。是れ即ち今の三友派にして、時は明治二十六年なりとす。馳せて之に加はるもの陸続絶えず、京神の間にも多く其党を植うるに至れり。

文都得意の落語は千日酔命酒、知恵医者、浮世床、せむし茶屋、駱駝の葬礼、夢見の八兵衛、かけ取などを其重なるものとす。文都名残の高座は本年一月二十六日の夜、此花館にて「新町ぞめき」を口演したるに在り。初めて病ひの床につきしは一月七日なれども、其後一旦軽快を覚えたれば、此夜病ひを勤めて出席し、胡弓をも摺りたるに、俄然胡弓の弓が折れたれば、文都は連(しき)りに気を痛め、「私もモウ胡弓は摺れぬ様になるかも知れぬ」と呟やきたるが、図らずも讖(しん)を為すに及べり。

文都は数次妻を取替へたるが、最初の妻はお徳といへり。元と「つけ豆の豊八」といふ軽口芸人の妻にてありしが、豊八死去の後娘お富と共に老松町に住居せしを、文都数次訪ひ寄るうち、いつしかお徳と割なき中になり、遂に迎へて妻となしぬ。その後お富は桂文枝に想はれて其妻となりたれば、文枝の為には文都は義理の舅なり。然るに其後文都文枝の間確執を生じたるは其義に於ても不可なりとて調和を謀る者もありしとぞ。

葬儀は本日午前九時、安土町の自宅(小間物屋)出棺にて長柄の墓地へ葬送す。
 辞世あり、
蓮の葉の上はあぶなし閻王の帳場で鬼のあごをはずさん

明治33429 大阪毎日新聞

◇音曲家 東京より三升家勝次郎と云ふ音曲家来阪し、来月一日より新町瓢亭、法善寺内金沢亭、淡路町幾代亭、北新地遊芸舘等へ出勤する由。

◇落語家 今昔亭今松、古今亭今朝、三遊亭三子等は来月一日より三友派に加はり平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、北堀江賑江亭、法善寺紅梅亭へ出勤するよし。

〈編者註〉三升家勝次郎は様々に師匠を変えたあと三代目春風亭柳枝の弟子となって春風亭梅枝より明治293月三代目三升家勝次郎を襲名した。美声の音曲師として知られ、「木遣くずし」は定評があった。三遊亭三子は初代遊三門人。音曲師。明治29114付「大阪毎日新聞」に「三子(十二)と云ふ子供の常盤津語りが今度東京より初下り」とあり、二度目の来阪である。

明治3351 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 円馬露紅が抜け三遊亭遊輔、金之助、三橘等が後釜となり、ジヨンベールも出演し落語と音曲

笑福亭 小文都は大阪へ帰り後釜は福松と福太郎、松喬、左楽、小左楽等一座にて音曲等

西村席 松鶴、半瓢等の講談にて水戸黄門記、業平文治。

岩神座 桂文雀一座の落語と手踊り

〈編者註〉露紅は萩の家露紅。三味線の曲弾き。本名吉本庄五郎。松喬はのちの二代目林家染丸。小左楽は名古屋の左楽の息子。

明治3351日 神戸又新日報

◇富士館の女義太夫 三ノ宮踏切の元安遊席が富士館と改名し、女義太夫竹本團之助の定席となり居り。同昇之助(十歳)というが、美音能く人気集め毎夜札止めの大入なるが、本日よりさらに愛吉、小勢見の二人を加え、午後六時より開場する由。

明治3351日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

 楠社内湊亭 桂文團冶、橘家小圓太、桂米朝、東京下りヤツつけ楼双枝の連中にて落語

三宮第二湊亭 楠社内第一湊亭とかけ持ち

能福寺境内松鶴座 桂藤兵衛、学丸、学兵衛の一座にて落語

〈編者註〉春風亭双枝は三代目春風亭柳枝門人。もと壮士で、ヤッツケロー節で人気をとり、ヤッツケ楼双枝と呼ばれて人気者となった。本名江沢竹次郎。

明治33512日 新愛知

◇富本席奉祝余興の景況 予期の如く一昨日午後一時より六時まで富澤町の富本席にて御慶事奉祝の余興として同席主催主となり諸芸人も協同して奉祝の為めに出勤したるが午後二時前満場となり木戸を締切近頃まれなる好景気次に警察数名出張して出払まで充分注意ありしゆゑ無事に余興を済ませしが出席したるは岡本美狭松一座の滑稽総踊り、竹本一九一座の浄瑠璃、高田伯龍の講談、吉川虎丸の一流浮れ節、岡本美狭鶴一座の説教源氏節、桂文福の滑稽噺し、小文福の手踊り、笑福亭八百蔵、桂鶴團冶、桂半丸等の落語、尾上今三郎の萬歳、岡本美根登一座の説教源氏節、大門亭一座の小東、文作、栄蝶等の二わか、朝日連の井筒屋、玉家両家の長唄、舞踊等なりしなりしが就中文福の滑稽浄瑠璃と大門亭連中が結婚式等の茶番は大受け。

明治33515日 大阪朝日新聞

◇円朝の弟子にして円馬の実弟たる橘家円三郎は、去る二十四年、円馬と共に来阪して、得意の据り踊りを演じ、二十八年帰京せしが、今度名古屋地方を経て再び来阪。今十五日の夜より法善寺、淡路町、新町、北の新地の各席へ桂一座と共に出席する由。

明治33516日 神戸又新日報

◇運河の寶来座 同座は新築落成せしを以って本日より初興行。役者は東京若手連にてお目見得とし三番叟引抜き暗闇(だんまり)あり夫れより前狂言岩見武勇伝、切石井常右衛門を演ずる筈。

明治33518日 神戸又新日報

◇相生座の活動写真 昨十七日より五日間相生座に於いて興行する活動写真會というは既に京阪地方にて喝采を博したるものにて「梅の谷と常陸山及び横綱土俵入」「英社大戦争実況」「米国力士の横綱争い」「西班牙(すぺいん)國の闘牛」「エヂソン氏発明の大□ホノグラフ」其他東京新橋両橋の芸妓手踊等にて興行時間は毎日午後六時より七時までと同八時三十分より九時迄との二回。入場料は特別一等一圓、同二等五十銭、一等三十銭、二等二十銭、三等十銭なりと。

明治33519日 神戸又新日報

◇第十七回共遊會 今十九日午後六時半より例の如く神港倶楽部に於いて開く其番組は

落語東八景(金六)軽口楽屋角力(延枝、金玉)俄恋の袋(於多福、小貴楽、歌蝶)常盤津鏡山尾上部屋(鈴吉)舞ふきよせ(瀬山連)剣舞(内田喜三郎)舞三國一(花駒、地方千駒、政吉、若力)踊り道化台湾土産(都若、金玉)舞忠孝誉れの小佐冶(中野ふくえ、地方瀬山など)常盤津一の谷□軍記(大田ゑつ)舞水の月影(小歌津、小たか、雛の助、駒鶴、梅の助、琴香、地方小楽、六べゑ、若力、政吉、浅吉)等なり。

明治33520日 新愛知

◇富本の諸芸吹寄 在名中の浄瑠璃、講談、落語、常盤津、新内節、二わか其他大一座が本日より富澤町の富本席にて諸芸吹寄を興行。

◇福寿亭の講談と落語 此程も一寸かかげし東京新講談師松林若圓が久々にて明日夜より大須門前の福寿亭にて開演、続いて前座は松林赤圓の滑稽改良落語なりと。

明治33523日 神戸又新日報

◇湊亭に於る一夜 一夜湊亭に落語を聞いた。神戸の寄席へは近頃頓(とん)と這入った事がないから、一度聴(きい)て見ようかと思ったので、何気なく弗(ふっ)と這入って、それでも四五人は妙な面を見たろう。敢(あえ)て噺を聴たのではない。唯変(たいへん)な面をみただけだ。兎(と)ても銭を取て聴聞させるだけの技量を持っている奴なんぞは一人も居なかったから。

丁度大阪から文團治が来て居た。此男の噺もその名前の古いのと同じく、随分古臭(ふるくさ)かったが、まだしも奴だね。然し御愛嬌とかのトッチリトンなどは、奈何(どう)しても四五世紀以前の代呂物(しろもの)だ。老人の冷水、撥止(よし)にしたが可(よか)ろう。團輔というのは、僕が十四五の時分から居るように思うが、十年一日の如しの舌には驚いたよ。もし凡てのものがだ、進歩せねば退歩すると定まっているなら、此奴(こいつ)の噺も確かに年々退歩ものだ。併し大分人気があるようで、釣提灯やら横幕やらの寄贈があった。耳の開(ひら)かない聾人連中などの人気を的(あて)にせずと、一生懸命芸道を励むが可笑(よい)。人気なんぞは、お前の面の色が何時迄も黒いように、左様永く続くものぢゃないから。やッつけ楼双枝の手踊り、日清戦争から売出しの書生下り。東京で見た時には、最(も)う些(ちつ)と甘かったように思ったが、是は全く僕の眼が進歩した割合に、此男の芸が進歩せないからかも知れない。その唄ふところのやッつけろ節、乃至お座付から所謂人情哲学とかの都々逸など、何れも感服出来ない尽し、此点に於ては矢張書生上りの新古亭真生の方が一段上手だ。但し死んだヘラヘラ萬橘の二代目然たる友仙の筒袖でチョコランと高座に座ったところは天晴當人の気では客を馬鹿にした精神(つもり)だろう。十年の苦学で構(かま)い得た小袖中々立派なものサ・・・・と僕の隣に座って居た是も奈何(どう)やら末には、双枝の仲間入でもしそうな書生が話して居たが、世間は広いものだよ。大切が、小圓喬[小圓太]の音曲噺。此男の面を見て思い出したでもないが、僕がまだ某校の書生であった時分、友人の何某(なにがし)と二人、牛店で晩飯を奢って連雀町の白梅へ這入った事があった。丁度その時、此男が書生車を演じて居たので、その滑脱自在の弁舌に感服して、翌日友人と二人で昨夜の噺をその儘に筆記しては筆の遠(とお)て口に及ばないのを歎(たん)じ合った事がある。

数(かぞえ)て見れば四五年の昔だ。学窓を出て後はその友人とも東西に別れて、筆一本を舵に浮世の荒浪を凌(しの)いで居るのだが、友人は今既に文壇の立物だ。僕はまだ一介の書生で、片田舎にゴロゴロして居る。恰(あたか)も小圓喬[小圓太]が神戸へ漂落(ひょうらく)して来て、相不変(あいかわらず)のお喋りに御機嫌を伺うようにだ。俯仰(ふぎょう)今昔の感に堪えんと長大息して、文字通りに仰身と木村商店の広告時計は十一時半だった。吃驚(びっくり)して飛出したが、終列車の時刻に外(はづ)れて詮方(しかた)なく目のくり玉が飛出る程の高値の車に乗って帰った。(雨之助)

明治33531日 大阪朝日新聞

三升家勝次郎は今日限り当地を打ち上げ、明日より京都京極の幾代席へ出勤の筈。英国人ジヨンベールといふもの、法善寺新町淡路町等の寄席へ出で日本音曲手踊を演ずるといふ。

明治33531日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代席 桂文三、遊輔、ジヨンベールの三名が抜けて、三桝勝治、三遊亭柳福、同小柳等が加はる。

笑福亭 福松、松喬、左楽、小左楽等が抜け、小円太、笑福亭璃喜松等が代りて出勤する。

〈編者註〉三遊亭柳福は四代目麗々亭柳橋門人で麗々亭柳福と同人か。音曲噺、人情噺を得意とした。本名伊藤金三。

明治33531日 新愛知

◇富本席の東京音曲落語 十年前當地にて好評なりし春風亭鶯枝一座が、其後西国地方へ出稼して今回帰京の途次、明日夜より富澤町の富本席にて久々のお目見として、音曲落語夢物語等を興行。

〈編者註〉春風亭鶯枝は三代目春風亭柳枝門人。名古屋での記録はないが、明治21330日より滋賀県長浜市横町長栄座で笑福亭勝鶴と一緒に公演した記録がある。(明治21331 日出新聞

上方落語史料集成 明治33年(1900)6月~7月

明治3361 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 是迄の一座に東京下り音曲浮世節三遊亭三子、新内鶴沢美玉太夫、同美栄太夫、月亭小文都、桂米喬を差加えて落語

能福寺境内松鶴座 是迄の一座に藤龍、真吾を差加えて落語

〈編者註〉真吾は今年十二月に落語家を廃業する桂しん吾と思われるが、桂派に所属しており、藤明派の席に出るのは不自然。

明治3361 大阪毎日新聞

◇音曲家の交代  法善寺、新町、淡路町、北新地裏町等の各寄席に出勤せし三升家勝次郎は本日より京都新京極幾代亭へ赴き、其跡の四席へは英国人ジヨンベールが出席して日本音曲及び手踊りを演ずる由なり。

〈編者註〉ジヨンベールに関して、読者から三つの投書があった。

◇淡路町幾代亭に出勤せる英国人ジヨンべールは実際日本人なりと云ふものあり如何にや。(瓦生・624日)

◇瓦生に告ぐ、淡路町幾代亭に目下出勤せる英国人ジヨンべールと云ふは長崎県平民にて雑種兒なり。昨年備中国足守新町座に於て興行中、同地深富楼にて入浴後頭髪より赤汁流れ出てその偽物たるを発見され、孤鼠々々逃げ出せりとの評判なり。(東都見付太・626

◇英国人ジヨンべールといふは長崎市外西山と申す処の八百屋の小者に御座候。九州の壮士俳優笠原勝の下男となり栄吉と申す男に候。本姓は知らず。(在新京極長崎人・626

明治33610日 新愛知

◇福寿亭の人情講談 笑福亭八百蔵が明日夜より大須門前福寿亭にて開演す、読物は明治白浪五人男、濃州侠客竹川森太郎伝、江州堅田仇討澤村才八の伝なりという。

明治33612日 大阪朝日新聞

<桂かしく、二代目桂文之助を襲名>

◇三友派の落語家桂文団治の門弟かしくは曽呂利新左衛門の前名桂文之助の名を嗣ぎ、改名披露として来る十六日より此花館、紅葉亭、賑江亭、第二此花館と四日間順次に出席するよし。

明治33612日 新愛知

◇新守座の追善浄瑠璃 四代目竹本土佐太夫後の播磨翁又土佐翁と云いし同人は、去五月上旬に京都にて九十七を一期として黄泉の客となりしにより、県下の各連中が共同して五代目土佐太夫を始め中市事青木甚助、織茂事岡田源助其他各連拍子の取持もあつて、明日より二日間本重町の新守座にて追善浄瑠璃大会を催すぞ。

明治33616 新愛知

◇富本席の諸芸大会 落語講談浄瑠璃手品手踊にわか新内節源氏節の大一座が本日より富澤町の富本席にて諸芸大会と云う、何でもござれを興行。

明治33624日 京都日出新聞

◇舌出し芸者 新京極笑福亭の落語家に笑福亭小円といふ男が居る。此者ステヽコと剱舞とを以て売出したが、奈何(どう)も賜米(おもや)と客受の可からぬところから、一つ新発明の工夫をして愛嬌を売らうと、七日のお飯を八日振詰込んで考へた揚句、額を叩いて長い舌をペロリと出す事を思付いて、先づ三遊亭円遊の鼻を撫でる事を初めとして、遊三の耳を撮(つま)むの、助六の顔を拭くの、死んだ円太郎の嚔(くさめ)、誰の何、彼の何と数へて見たが、何れを真似したといふ事の無い天下一品と当人非常に嬉しがつて、早速額を叩きの舌出しに取懸る。

いかにも人を馬鹿にしたところが、有繋(さすが)は思付(おもいつき)だと詰らない事に感心をして、それから馴染めたといふ酔興者は、東末吉町の若手芸者末香といふ女。奈何(どう)も那(ああ)巧くは舌が出無いよなどゝ内々で額を叩いて稽古をした効があつて、今では中々上達したもの、ピシヤリペロリと鮮かな舌の出し振、歯(とし)の行かぬ蟇(ひきがえる)などは及ばぬ程で、当人ズツと大得意、然るところ、此二三日前、五條寺町辺の舶来雑貨品小売商夢野鹿太郎といふ男が同廓山君楼へ遊びに来た時、右の末香外二三の芸者を招いて陽気に騒がうと思ふ矢先、例のペロリと遣つたのを目早くも見咎めた鹿太郎は、勃然(むっ)として「おい客の前で舌を出すなんて、そりや何の真似だい」と極つけると、罷(よ)せば可いのに「笑福亭の小円さんの真似どす」と惚気半分に言うたので、鹿太郎は益々不機嫌の体で「何小円さんだ。其さんが気に食はない。一体客の前で鹿風情をさん呼ばりも凄じい。己れ俺を馬鹿にして舌を出したに違(ちがい)無い。貴様のやうな無礼な奴は早く帰れ」と権もほろゝ、此上長居せば掴みかゝりもせん権幕なので、末香は居堪らず逃出して帰つたが、いくら可い人の偽(まね)でも、矢張り口は禍の門に違ひないと捻つても見たり、ペロリ〳〵と遣つても見たり。

〈編者註〉笑福亭小円は笑福亭円篤門人で、のち二代目桂文団治門人となり二代目桂菊団治を襲名する。本名菊堂聴円。京都のお寺の息子。

明治3371日 新愛知

◇富本席の音曲滑稽噺 既載の如く、東京の三遊亭派柳派合併たる春風亭柳昇を始め花圓喬、遊好、鶯枝、柳子、文福、福松等の一座が本日夜より富澤町の富本席にて音曲滑稽噺しを興行なすと云う。

◇盛豊座の女浄瑠璃 昨夜まで福寿亭にて興行せし女浄瑠璃竹本一九一座が本日夜より下園町の盛豊座にて興行。

〈編者註〉春風亭柳昇は東京の誰に当てはまるのか不祥。花円喬は橘家円喬門人で喬雀、花円喬となる。のち三遊亭小円朝門人となって円輔、友朝となる。本名小林兼次郎。遊好は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。本名岡宮恒吉。長崎で死んだという。柳子は不詳。鶯子の誤記で鴬枝の門下か。文福(桂)は名古屋の噺家。福松は文福の弟子か。

明治3376日 新愛知

◇富本の三遊柳両派を聴く 門口に揚げし連名の外に三名の余分があると云う都合九人連が初日以来毎夜の好人気を云うは富澤町の富本席にて興行中なる三遊、柳両派の合併一座が音曲滑稽人情噺しなり。一昨日寸暇ありしゆゑ卒ざと計り入場したるに三遊亭豚輔のより聴きしが同人を始めおなじみの文福、次が鶯枝、鶯子、遊好、花圓喬、柳昇と云う顔ぶれなれり。柳昇の人情噺しは面白く聴き、鶯枝花圓喬の音曲噺しもなかなか巧者に、遊好の落語は達者なり。鶯子の剣舞幼童にしては一寸出来たり、那(あ)の調子では定めし毎夜の好人気なるべしと思うままを。

明治3378日 新愛知

笑福亭八百蔵が本日より大須門前の福寿亭にて人情講談。

明治33710日 新愛知

◇真砂座の音曲怪談 春風亭鶯枝、桂文福等の一座は昨夜より米屋町の真砂座にて富本席と掛持にて音曲怪談等を興行。

明治33712日 新愛知

◇富本席の女落語と音曲滑稽噺 東京の落語家柳派にあつて女ながらも漢語を充分につかう評判高き女落語家若柳燕嬢というが初お目見得として近々より夫の昔々亭桃太郎、麗々亭柳生、同柳福、橘家左圓太、同橘六改め千橘、昔々亭團子、同扇之助等の一座と共に富澤町富本席にて滑稽音曲噺などを華々しく興行。

編者註〉若柳燕嬢は初代談洲楼燕枝に入門、若柳燕嬢の名で女性落語家となる。高座では古今賢婦伝などを新講談風に演じた。本名麻生たま。明治末に女優に転身した。

明治33715 大阪毎日新聞

◇落語家の地方ゆき 南光、ジヨンベエル、露紅、小南、雀三郎、梅喬等は来る廿三日より徳島地方へ。梅枝、文太郎、オモチヤ、雀之助、梅之助等は大和の奈良へ何れも出稼ぎするよし。

〈編者註〉雀之助と雀三郎は兄弟。共に初代桂枝雀の門人で、のち兄雀之助は三代目桂万光に、弟雀三郎は二代目桂小文枝になる。文太郎は二代目桂文枝門人、後に二代目柏枝を継ぐ。明治361月の番付に東前頭10枚目「音曲剣舞 文太郎」とある。オモチャはのちの二代目桂三木助。梅之助はここに載る二代目梅枝(オッペケペーの梅枝)門人で、後文三門下で扇之助から小文吾を継ぐ。

明治33716日 新愛知

◇富本席の音曲人情滑稽噺 前号にも記載せし如く、東京より女落語家の若柳燕嬢とおなじみの昔々亭桃太郎始め柳生、柳福、左圓太、橘六改め千橘、團子、扇之助等がいよいよ明日夜より富澤町の富本席にて音曲人情滑稽噺を興行。就中燕嬢は初お目見ゆゑ是れぞ呼物の一なるべし。

明治33718日 新愛知

◇正福座の音曲滑稽噺 東京の春風亭鶯枝一座が本日夜より宮出町の正福座にて興行。

明治33721日 徳島毎日新聞

◇桂南光の一座 来る二十四日より新町橋三菱席に於いて大阪法善寺に於いて興行してゐたる桂南光一座の落語諸芸の興行を催す由。

明治33729日 大阪朝日新聞

◇明楽座は桂派の落語会あり。出席の落語家は文三、小文枝、慶枝、万光、枝雀、南若、梅笑、円馬等にて三十一日開場のよし。

〈編者註〉南若は二代目桂南光(仁左衛門)門人。梅笑は二代目梅枝(オッペケペーの梅枝)門人。のち春団治門人となり春松、その後珍団治となる。

明治33725日 徳島毎日新聞

◇過日の本紙に記せし新町橋畔三菱席の桂南光一座は愈々昨日より興行。

明治33725日 新愛知

◇正福座 熱田の蓬座にて桂文福、春風亭鶯枝、桂小文福等の一座にて本日夜より音曲滑稽噺を興行。

明治33730日 大阪朝日新聞

◇葉書だより 落語家桂派の前途有望者は慶枝、枝雀、小南、枝三郎等だ。勉強すれば宣しい。序(ついでに)東京から来て遊輔の処に居た三橘も上手になりさうで面白い男であつたが、此間東京へ帰つた。(新町居士)

明治33729 大阪毎日新聞

◇桂派落語の大寄せ 来る卅一日より西区北堀江の明楽座にて桂派落語の大寄せを催す由なるが、其重なる連名は文三、小文枝、慶枝、万光、枝雀、南若、梅翁、円馬等なり。

〈編者註〉梅翁は不詳。

明治33730日 京都日出新聞

◇笑福亭 新京極笑福亭は三友派福松、文団治の一座は昨日限りで打揚げ、来る八月一日より東京い円遊、国助、遊□、小扇歌、遊人(八年二月)の一座にて興行する由。

明治33731 大阪毎日新聞

◇南地千日前改良座は明日より三友派の落語を興行する由、其連名の重なるは曽呂利、福松、文団治、文之助、米喬、円若、小文都、円子等なり。

上方落語史料集成 明治33年(1900)8月~9月

明治3381日 神戸新聞

 楠社内第一湊亭 記載なし

 三宮第二湊亭 第一湊亭と掛持

 大仏境内松鶴座 西國坊明學、柳寿斎、扇馬一座の落語

〈編者註〉扇馬は五代目翁家さん馬門人。のちにさん治となり「いかけやのさん治」という。

明治3381日 新愛知

◇富本席 近日より落語家鼻隊長三遊亭圓遊を始め朝寝坊むらく、三遊亭金馬、遊六、遊楽、橘家橘松、橘楽等一座は新古講談師の隊長松林伯圓が加はり花々しく興行との評判。

〈編者註〉松林伯圓を加えた三遊亭円遊(ステテコの円遊)のこの一座は名古屋の富本を皮切りに、京都の笑福亭、大阪の靭館、神戸の松鶴座で公演している。なお円遊は十二月に三友派の招きで再び来阪している。朝寝坊むらく明治二十年代に永瀬の円喬として上方に現れた人物で、その後様々に改名を重ねた末、明治三十一年、六代目朝寝坊むらくを襲名した。三遊亭金馬は三遊亭円朝門人で小円太より二代目金馬となる。のち二代目三遊亭小円朝を襲名する。遊六は元ステテコの円遊の車夫だった人。玉乗りの遊六と呼ばれた。本名橋本林蔵。橘家橘松は立花家橘之助門人で、後の三代目三遊亭円馬。橘楽も立花家橘之助門人。本名横井川惣次郎。

明治3381日 山陽新報

◇千歳座 一昨夜限りにて娘義太夫を打揚げたる同座は、今夜より東京落語家橘亭小圓太一座の落語を興行する由なり。

明治3384日 大阪朝日新聞

<文三の訴訟合戦>

◇南区東清水町高田留吉即ち落語家桂文三は、昨日松島仲之町三丁目長田為三郎より違約金請求を(訴額千円)を大阪地方裁判所へ訴へられり。こは為三郎が去る三十一年十月、文三と相談の上松島一丁目落語席亭文芸館を新築し、落成の上は文三は門人一統を伴ひ出席の約束を結びたるが、落成後暫時出席したるのみにて昨年十二月よりは言を左右に託して出席せざりしよりの理由なりとぞ。

〈編者註〉明治347月初旬に判決が下った。判決内容は文三は長田に違約金一千円を支払うこと、また長田は文三に違約金一千円を支払うことであった。

明治33810日 大阪朝日新聞

<月亭小文都と読者の論争>

◇葉書だより 第一此花館落語研究会評判記、出演者が悉く傲慢不遜で、殊に文団治は座長風を吹かして威張散し、米団治は聴衆から小言を喰ふとすぐ青筋を出してピンシヤンし、小文都は理屈やだからも少し分つた量見を持つて居るかと思つたら矢張駄目不相変、愛嬌ものは福松かしく、兎角改良研究今少し奮発すべし。(市兵衛、□太郎)

〈編者註〉これに月亭小文都が反論した
 「市兵衛君に申す。小生は落語研究に必弁誤師に選定されますが、実に有難迷惑です。聴客に反対に立ち、固事付て弁解するは随分悪い役廻です。然し正当理屈では面白くない故、団語的で固事付るのが洒落です。中には自分ながら馬鹿ら敷思ふ事も有です。故片田舎の理屈先生には馬鹿のやうに思ひ被成も無理は無い。或は曰く、大賢(代弁)は馬鹿に似たり。(三友派月亭小文都)」(
815日)。

するとまた市兵衛と□太郎の反論が載った。
 「小文都よ、研究会の為に注意を与へた僕を片田舎の理屈先生云々とは何だ。そんな心掛けでは名人上手にはなれぬぞ。(市兵衛)」(
817日)、「小文都よ、市兵衛君に謝辞もせず却て嘲けるとは呆れた事だ。東都に円朝を失ひ、浪華に文都なし。汝等の責任を知らぬか。月亭門下の汝にして此の如くば文都は地下に瞑せざらん。(□太郎)」(818日)。

小文都は今度は反論せず、鄭重にお詫びの言葉を述べて一件落着。

明治33811日 三遊亭円朝死亡

〈編者註〉天保十年生。本名出淵次郎吉。享年六十二。東京の新聞はこぞってその死を報じたが、関西でも編者が見ただけで、814日付「大阪朝日新聞」「大阪毎日新聞」「新愛知」「山陽新報」、815日付「神戸新聞」、821日付「教学報知(京都)」、823日付「台湾日日新報」、824日付「京都日出新聞」が報じている。中にも「大阪朝日新聞」は815日~25日まで円朝の逸話の数々を載せた「三ツ扇」を六回連載し、さらに830日~93日まで「続三ツ扇」を三回連載した。記事内容に関しては東京の新聞と重複しており、また円朝の事は東京で調べ尽されているので、ここでは記事の掲載日のみにて御免を蒙りたい。

明治33811日 新愛知

◇富本席 遊涼軍と称する東京の圓遊、むらく、金馬、橘松等と伯圓の一座にて興行中なるが、初日以来の好人気。圓遊の滑稽噺は今更彼是云うも管なる至妙無類、伯圓の得意なる鼠小僧の読物は流石に老練、金馬の素噺は少し早口なれと先づ軽妙、むらくの人情噺も好し、橘松の音曲噺し其他遊楽、遊蔵、遊六等が夫々の勉強に大切は圓遊、金馬等の茶番狂言も頗る面白しとの評判〳〵。

〈編者註〉遊蔵も円遊の弟子と思われるが不祥。

明治33814日 新愛知

◇富本席 別項にある如く東京の落語家三遊亭圓朝の死去に付、圓遊伯圓等は俄かに去十一日限り同席を打揚帰京したるにより、前連中の者と當市に居る諸芸人と集まり昨夜より諸芸人大寄席を興行し居るとの評判。

明治33816 大阪毎日新聞

◇うつぼの靱舘 西区靱の寄席靱舘は昨夜より東京の落語家三遊亭い円遊、同遊八、其他一座残らず東京連中ばかりにて開場する由。

明治33816日 京都日出新聞

◇新京極笑福亭 同座のい円遊一座は一昨日限りにて大阪靱の好生館[宝生館]に引移り、其後釜へ東京の滑稽落語三遊亭円遊、時勢講談松林若円、古今講談松林伯円等を始め清元浮世節立花家橘之助他に遊六、遊蔵、橘松、さん蔵、橘楽、小円太其他数名にて昨夜より一座変りとなる。

〈編者註〉三遊亭さん蔵は不祥。

明治33818 大阪毎日新聞

◇三友派落語の大寄せ 北新地福井座は昨日より毎日午後四時の開場にて三友派(福松、文団次、曽呂利、其他大一座)落語の大会を催すよし。

明治33819日 京都日出新聞

◇笑福亭の好景気 新京極笑福亭なる三遊亭円遊一座の落語は非常の好景気にて、一昨夜の如きは木戸を打なばかりの大入なりし。何をいふても真打揃の大一座の事とて東京の夜席にても余り聴かれざる顔触なれば、従来桂藤兵衛なんどいふ者の落語を聞きて難有がりし京都人の耳を驚かせしに相違無かるべし。金馬の真面目にして相変らず可笑しき、小遊三の遊三其侭にして出藍の誉ある、若円の次第に円熟の期に近き、老いたりと雖も伯円は腐つても鯛、さすがに泥棒伯円と綽名を取りし古へを忍ぶべく、橘之助の三味線はいつもならがら達者なもの故都々逸坊扇歌以来の名手といふべし、然れど可厭事なる仮令は金鎖を鍠かす如きは江戸の水を啖ひし真打のせぬ事なり、円遊は此夜成田小僧を便ぜしが其軽妙なるは報復絶倒せざるべからず、禽語楼を失ひたる今日実に落語界の泰斗といふべく、むらくは時間の都合にて欠席し、猶看板表なる喬之助も休席したれど、其他前座いづれも御苦労、本日は日曜日の事なれば寧そ人気の引立つ事なるべし。

〈編者註〉小遊三は初代三遊亭遊三門人。のち三遊亭公園から六代目橘家円太郎を襲名する。音曲噺を得意とした。本名鈴木定太郎。

明治33824日 京都日出新聞

◇笑福亭 新京極笑福亭の三遊亭円遊一座の落語は大入につき来る二十八日迄打続け、其後釜は目下岡山神戸へ出稼中の円徳[円篤]、小円太の一座出勤する由。

明治33824 大阪毎日新聞

◇麗々亭柳橋死す 頃者(このごろ)三遊派の円朝逝き、いままた柳派の頭取麗々亭柳橋の訃に接す、落語界落莫歎ずるに余りあり。柳橋は春錦亭柳桜が総領にして万延元年九月京橋南槙町不道新町に生れ、幼名を亀吉といへり。十四歳にしてはじめて高座に「替り合まして」を初度(かわきり)として、四五年経たぬ間にめつきり器量を上げ、人情話に喝采を得て遂に真打の地位に上るに至れり。中にも父柳桜が得意の「四谷怪談」「九州吹戻し」「茶碗屋敷」「散髪お滝」の読物をうけて極はめて評判能く、「踊の稽古所」は自から工夫したるものにして、当時の大受は柳派の旗幟迥(はる)かに他を抜くものありしといふ。元来器用なる質にて、座敷芸、碁盤の上のかつぽれ、故翫雀、故家橘、左団治などの仮声は真に逼(せま)れるものありとて、大に通人仲間に喜ばれぬ。流派やかましき落語家仲間に、父柳桜没せし後は柳派の勢は頓(とみ)に落ちて、柳橋のうけも自然に宜(よ)からずなりしかば、柳橋は憤然として三遊派に隠れたりしも、やがて柳家の頭取株となりて人気を取戻せし間もなく、去月廿六日病を得、本月廿一日東京芝日蔭町の自宅に於て誘ふ秋風に脆いくも葉柳の散り行きたるは惜みても惜むべきことなりけり。享年四十一歳。柳橋、病中蝉の声を聞きて辞世の歌あり。「やかましと言はれる中が花なれや もぬけとなりし蝉の羽ごろも」

〈編者註〉四代目麗々亭柳橋。本名斎藤亀吉。万延1915日~明治33821日。享年41歳。

明治33826 大阪毎日新聞

◇いなり文楽座 同座は本日より三友派落語の大会を催す由にて毎日午後五時より開場。

明治33828日 大阪朝日新聞

◇明日明後日の両日午後五時よりうつぼ舘にて東京落語大演習会を催すよし。其出席人名は左の如し。松林若円、三遊亭金馬、三遊亭小遊三、朝寝坊むらく、三遊亭遊蔵、三遊亭遊六、三遊亭円遊、同い子丸、同い左美、同柳作、同い円治、同遊人、同円丸、同遊八、同い円遊

〈編者註〉円丸は三遊亭円丸。三遊亭円右門人。盲人で円朝作「心眼」のモデルとされる。本名安井国太郎。

明治33830大阪朝日新聞

◇昨今両日間、靱舘にて開演の三遊亭円遊、むらく、金馬一座は、九月一日より一週間神戸に於て興行し直に東京へ引返るよし。

◇永らく地方出稼の三友派曽呂利、福松、文団治、文の助及び東京落語の円若、左楽、芝楽、円子等は、平野町、江戸堀の両此花館及び堀江の賑江亭、法善寺の紅梅亭。

◇是も永らく病気にて引込み居たる桂文枝は勿論、文三、南光、小文枝及び東京落語の円馬、さん馬は法善寺の金沢、淡路町の幾世、新町の瓢亭、北の新地の遊芸舘。

◇藤明派の明学、藤兵衛一座に東京の落語を合したる連中は、島之内の宝生舘、靱の靱舘、松島の文芸館へ孰も九月一日より出勤すべしとなり。

明治33830 大阪毎日新聞

◇北新地裏町永楽館は予て普請中なりしが来月三日に棟上を為し来る十月十五日頃に落成開業をするつもりなるが出演者は東京より麗々亭柳橋と久々にてお馴染の徳永里朝を一座に加ふる筈の所、柳橋は故人となりしに付き、其代りに相当の芸人を聘かんと掛合中なるが、里朝及び春風亭小柳三其他桂派の若手連は遊輔、円馬、円三郎、金之助、真生、枝太郎、文光等が出席するよし。

明治33831日 大阪朝日新聞

◇恤兵演芸 円遊、金馬、むらく等の臨時演芸に人気づきたる靭舘にて、本月一日円遊門下に藤明派を加へて恤兵部へ献納の義捐演芸会を催し、鑑札ある芸人は何人にても弁当持参にて飛入を許すよし。当日の収入は下足銭まで献納するとの事、奇特々々。

〈編者註〉円遊の門人等及び藤明派の芸人等一同が戦役恤兵部へ献金の為め大寄せをし、九月一日、純益金二十一円を西区長を経て赤十字社へ寄付した。その連名は左の如し。明士、正六、正之助、新作、いね丸、柳作、い円治、柳寿斎、小円、左若、しう雀、昇之助、昇菊、円丸、遊人、遊蔵、遊八、い円遊、明学。

明治3391日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 是までの一座に笑福亭三圓、三遊亭圓子、桂米團次、軽口升家雁篤、東家花咲を差加えて落語

三宮第二湊亭 楠社内第一湊亭とかけ持ち

大仏境内松鶴座 圓遊一座の落語

〈編者註〉雁篤は二代目桂文団治門人。初代文団治の門人であったこともある古い芸人で、軽口の名人といわれた。初めは桂梅団治とコンビを組んでいたが、明治三十年ごろから初代桂花咲(二代目文団治門人)に変った。

明治3395日 新愛知

◇富本席 東京にて売出し中の落語家三遊亭小圓遊一座が本月一日より興行中なるが、初日は木戸締切の上景気引続き毎夜の好人気なるが、何れも車輪に勤め居るゆゑ音曲滑稽噺しは勿論手品等も頗る面白く大陽気で結構との評判。

〈編者註〉三遊亭小円遊は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で、明治二十八年に初代小円遊となった。「成田小僧」を得意とし、人気は師匠を凌ぐほどであったが、明治三十五年、三十二歳の若さで尾道で客死した。本名鳥羽長助。

明治33911日 新愛知

◇富本席 三遊亭小圓遊一座にて毎夜好人気なるが、昨日より初お目見として滑稽噺しと俳優声色に物真似の橘家小圓太、久々お目見の浮世節三遊亭三子橘家橘松の三人が加わり都合十二人の大連なるも、木戸銭は従来通りの大勉強にて午後六時より開場。

明治33912日 大阪朝日新聞

◇東京下りの落語家柳亭燕路、五開堂雲輔の二人は来る十五日より桂派の持席金沢、幾代、瓢の各寄席へ出勤す。

〈編者註〉柳亭燕路は三代目。五代目金原亭馬生の師匠。ヨタの多い陽気な人柄だったという。本名中村政吉。五開堂雲輔は五海道ともいう。数人いるがこれは秋田亀吉か。

明治33912 大阪毎日新聞

◇落語家だより 今度北新地永楽館へ佐藤の周旋にて東京の落語家柳家燕路と五開楼雲輔の両人来阪し、来る十五日より南地法善寺金沢席と淡路町幾代席へ出勤するよし。

明治33916日 大阪朝日新聞

◇曩に当地より地方に赴きたる三遊亭い円遊、遊八の一行は帰京の途再び当地に来り、昨日より曾根崎新地栄都館に出席するよし。

明治33916日 新愛知

◇富本席 本日夜より東京初お目見ゑの三遊亭遊輔一座にて滑稽噺を興行。

明冶33918日 北国新聞

◇小福座の講談落語 昨日より東京大阪合併一座の講談落語を開演したる由なるが、其の顔触れは、新開亭柳玉、林家正楽、田辺南龍、三遊亭憲一等の腕揃いにて、講談、人情噺、落語等、読物は読者の好みに任する筈なりと言へば初日より大人気を得ることなるべし。
〈編者註〉この林家正楽は東京の人で、四代目林家正蔵の門人と思われる。

明冶33921日 北国新聞

◇小福座の講談落語 今晩の読物は、寛政力士傳(南龍)落語新説ウソツキ村(憲一)人情噺あやし美人(正楽)深川染結城奇談毒婦お福関宿渡船中の大悪事件(柳玉

明治33921 大阪毎日新聞

◇無筆揮毫会 曽呂利新左衛門が催主にて明日午後一時より南区下寺町源正寺好静舘にて無筆(筆を持ず指先きまたは有合の器物を持て画く)揮毫会を開くと云ふ。

◇…[原紙破損]…より…淡路町…金沢亭…万光、さん馬、□□、雲介、以上の連中が前記四席の内二席或は三席を兼勤する由。その中切と切前と其また前に出づる三名を記せば、幾代亭(小文枝、慶枝、切文三)、金沢亭(南光、円三郎、切小文枝)、瓢亭(万光、小南、切燕路)、林亭(文可、露紅、切枝雀)。因に記す来月一日より此連中へ宝集家金之助、古今亭新生、春風亭小柳三等が加はる由。

明冶33925日 北国新聞

◇新富座の座開きと小圓遊 過般修繕を加え居たる新町新冨座に於ては、今回愈々落成したるに付、落語家として有名なる三遊亭圓遊倅小圓遊一座を東京より招聘し、来る十月一日花々しく座開きを行うべき筈なり。尤も小圓遊一座は従来前座二三名にて地方の招きに応ずる位なりしが、今回は東京両国橘家定席に於ける音曲落語大一座にて、小圓遊を始め富士松きん栄(三味線曲引)、養老瀧五郎(手品家元)、橘家内右衛門(圓太郎の跡継にてラッパの音曲師)、小三郎、小遊太、小登次、小浦(落語)、その他三曲鳴物囃し方共に総て十六名の大一座の由にて乗込みは多分は来る二十九日頃なるべしという。

明冶33926日 北国新聞

◇春風亭鶯枝と寶座 目下玉吉一座の浪花節にて毎夜大入を占め居る十三間町寶座にては、来月一日より昨今京都にて興行中なる春風亭鶯枝一座を招き大道具引抜き怪談早替り音曲落語滑稽茶番等を開演することに取纏まりたりという。因に記す、春風亭鶯枝は今より八九年前一度び当地に来りしことあり、当地福助座に於て非常の喝采を博し去りしこともありといえり。

◇小圓遊の挨拶状 目下福井加賀屋席に出勤中なる三遊亭小圓遊は、昨日本社へ挨拶状を送り来りたるが、富士松きん蝶其他の大一座を率いての初下りなれば、何分宜しく御贔屓を乞う旨記しありたり。

明治33927日 新愛知

◇富本席 おなじみの遊輔一座にて好人気なるが、来月上旬より東京初お目見として清元浄瑠璃立花家喬之助と云う別嬪と滑稽噺三代目立川談志の合併一座、其前連中は三遊亭市馬、日本手品林家鶴之助、三遊亭圓花、立花家喬三郎、同遊三郎、立川談好等の滑稽音曲噺なりとの評判。

〈編者註〉三代目立川談志は明治9年に亡くなっており、この談志は五代目談志(恒川駒吉)かと思われる。三遊亭市馬は二代目三遊亭円馬門人で寿々馬から市馬を襲名した。「あばた顔だが美声の音曲師で推量節で人気を取った」(落語家事典)。林家鶴之助は四代目林屋正蔵の息子(養子トモ)。日本手品。本名木村紋太郎。三遊亭円花は三遊亭円朝の門人。のち四代目三遊亭新朝を襲名する。円朝に特に目を掛けられ、旅に出るときは三遊亭花子(今井たま)とともに必ず同行した。明治二十五年九月、円朝が大阪公演をしたときもこの二人は一座している。地味な噺ぶりで客受けはしなかったが、ネタの持ち数は三遊亭随一といわれた。遊三郎、喬三郎、談好は不詳。

明治33930日 新愛知

◇富本席 喬之助、三代目立川談志、林家鶴之助、市馬、圓花、遊三郎、喬三郎、談好の一座。

上方落語史料集成 明治33年(1900)10月~11月

明治33101日 京都日出新聞

◇京都の落語席

 幾代亭 桂枝太郎、桂文吾、帰化人ジヨンベール、宝の家金之助等の落語…

笑福亭 小円太、円篤、文団治、米朝、今朝、今松等の落語

明治33101日 神戸新聞

◇神戸の落語席

 楠社内湊亭 文廼家文之助、笑福亭松光、同福太郎連中の落語

三宮第二湊亭 第一湊亭と掛持

大仏境内松鶴座 桂藤誠一座の昔

明治33101日 大阪朝日神戸付録

<俄定席藤田席開場>

◇寄席の新築 神戸楠公社塀の側の藤田席はかねて新築中の処工事落成したるにつき東昇一座の俄を入れて興行せり。

明治331012日 京都日出新聞

◇一昨夜幾代席でジヨンエベルが高座へ出ると客が剱舞だ都々逸だとそれ〴〵注文したので、奴さん向つ腹の気味で、皆さん余りやかましくいふ、私咄出来ません、黙れ!と多少余憤を漏した語気で、甚く座が白けたさうなが、それでも博多節、都々逸、二上り新内、剱舞とそれ〴〵注文に応じて引下つたといふ事だ。

◇同席の林花丸は明後十四日限りで大阪へ帰るさうで、其後釜には東京の柳亭燕路、五開堂雲輔の二人が入り十五日から出勤。

◇鴨東館は昨夜限りで一先づ閉館、来る十五日からは幾代席の連中が掛持をするとの事。

明治331014 大阪毎日新聞

◇慈恵遊芸会 今明日の両日間、午後二時より道頓堀角座に於て東区粉河町慈恵病院貧民救助費義捐として芸遊会を催す由なるが、その挙に賛成して出席する芸名は左の如し。軽口、落語奇術(武田貞一、帰天斎正一)声色(花本社中)洋琴合奏(溝畑社中)狂言(叶子)落語(曽呂利新左衛門)舞(中村梅三郎、実川延三郎)素浄瑠理(片岡当十郎、片岡松寿、片岡土之助、市川右田作)人形入浄瑠理(片岡長太夫、中村芝雀、片岡我当)俄(鶴屋団十郎一座)

明治331015 京都日出新聞

◇幾代席のジヨンベエルは来る二十日から東京の本郷若竹亭へ出勤して柳派の落語に加はるとの事。又昨日同人及び小文吾、柳枝の三人は簡易商業学校同窓会のお座敷があつたといふ。

〈編者註〉小文吾は三代目文三(高田留吉)の息子の高田卯之助。この頃まだ父文三から正式に落語家として認められていなかったため、同弟子の文雀(後の二代目扇枝)のもとで小文吾と名乗って前座修業をしていた。後文三に認められ、大阪に帰った時に、小文三と改名し、父の死後四代目文三を襲名したが半年後に病没した。柳枝は大阪の桂柳枝で、曽呂利新左衛門門人。極度の近眼で、「眼鏡屋」と綽名された。

明治331016 京都日出新聞

◇小柳三の笑止 宮川町津の糸楼の芸妓おとく(二十七年)といふは同廓では先づ指折の芸者で、それに一風変つて居て色で人に惚れるなどゝいふ事はないが、それでも五條柳馬場辺の呉服屋の息子には命でも差上げますといふ深い仲で、また至つて芸人を好くといふ質、トコロが日外息子と一所に幾代席へ行つた時小柳三といふに二上り新内や都々逸を聞いて、何時かしみ〴〵咄をして見たいと思うて(後略:呼び出してみたが、小柳三は惚れられていると勘違いして振られたという話)。

明治331016 京都日出新聞

◇昨日から幾代亭へ柳亭燕路、五開道雲輔出勤。

明治331017 京都日出新聞

◇幾代亭は一昨夜午後八時に木戸を打つたが燕路の落語俵藤太は満場大喝采。

明治331017日 新愛知

◇富本席 故時の家鐘丸追善の為本日五時より大門亭連中、時の家連中が仁輪加大会を催す、木戸無料なりと。

明治331019 京都日出新聞

◇幾代亭の柳亭燕路の落語は大喝采、今更ながら金之助の三味線はケレンが無くて巧いもの。

明治331019日 神戸又新日報

◇松鶴座の落語(兵庫能福寺内) 落語を聞く者に三つの態度(トいうのも可笑しいが)があるが之れは誰も知っては居まい。先づ前座又は前座に近い連中の落語は寝転んで聞き、切前の落語家なら胡座掻いて聞け。真打の落語は座って聞け。最一つお負けに大切の二○加なら見づに帰れ。こういう三つの法である。なんと名案ではないか。(中略)松鶴座の落語は、藤誠一人で立って居るようで東京派の落語だけに見台なしにすらすらと演る態度という点に就いては聊か申し分はあるものの、東京弁の粋な処を容赦なく振りまいたのは嬉しかった。あれでもう少し緩やかに話したらイヨッ大将ッと褒める処であったに(中略)まアまア悪い方ではないだけが聞きものだ。あとは評に及ばずさアお次はどなたでござい。

明治331020 京都日出新聞

◇幾代亭の小柳三は宮川町のおとくに振られた本社の記事を見て、何でげす是ツ非日出新聞さんに鼻明すやうにして見せやす、精神一到と言ひやすからなと何処で聞いて来たか漢語なんか使ふて憤慨して居るといふ。

明治331021 京都日出新聞

◇大虎座、笑福亭の両座が聯合してそれへ大阪の三友派福松連が合併百二十人許りは、来る二十日深草山へ…松茸狩をするとの事。幾代亭は昨日昼興行を休んで清水山へ先発をしたさうだ。

明治331023 大阪毎日新聞

◇北新地の永楽館 予て工事中なりし曾根崎新地裏町の寄席永楽館(元遊芸舘)は来る廿八日落成式を挙げ、来月一日より開場する由なるが、出演者は桂文枝及び桂派の一座に東京より三遊亭市馬、柳家小柳三が出勤するとの事なり。

明治331024 「藤明派 契約證書」

席亭の松島文芸館(長田為三郎)と大宝寺町宝生館(橘誠敬)が藤明派所属の噺家と交わした契約證書。契約を交わした藤明派の噺家は桂藤誠(大久保甲子蔵)、西国坊明学(永野明学)、桂藤兵衛(元川伝吉)、五代林家正三(福田宗太郎)、桂藤原(河合亀太郎)、桂藤龍(石川忠二郎)、一睡軒花堂(日比野豊太郎)、林家正宗(西脇清太郎)、骨亭新作(梁瀬熊蔵)、立川学丸(小宮山健吉)、林家正之助(筧松造)、林家正六(小林金治良)

〈編者註〉五代目林家正楽が五代目正三と改名したことを示す初めての資料。契約の詳細は『藝能懇話』第三号(平成2年)参照。

明治331025 京都日出新聞

◇幾代席のジヨンベエルは二十日頃東京へ行くやうに記載をしたが兎角京都を恋しがつてグヅ〳〵して居たけど思切つて今明日中に出発する由。

◇同亭の宝集家金之助真正といふ福々しい御亭のあるにも拘らず大胆にも岡惚して運動中の男あり、東通院四条辺にて木村といふ。

明治331026 京都日出新聞

◇笑福亭の落語連中は既報の如く一昨日大虎座と合併の松茸狩を試みたるが、虫松茸に中毒して昨日より医者通ひを始めたものが三四人ある。

明治331027日 大阪朝日新聞

<永楽館の落成式>

◇永楽館 曾根崎新地裏町に改装中の遊芸館は、此頃落成したるを以て永楽館と改称し、明日落成式来月一日開業の筈。桂文枝を始め東京より柳家小柳三、三遊亭市馬も来り加はるよし。

明治331028 京都日出新聞

◇幾代席の燕路、金之助、真生の三名は十一月一日より大阪へ行き其代りに円竜、円三郎、南光の三名が出勤

明治331030 京都日出新聞

◇笑福亭の文団治、米朝の二人は大阪へ、かしく改め文之助、福丸、芝六の三人は大阪から何れも来月一日より交代。

〈編者註〉福丸は三笑亭芝楽(原田熊次郎)の息子。最初佃屋白魚と名乗っていたが、京都で笑福亭福松の門に入り笑福亭福丸と改名した。芝六は以下にも出るが、そういう噺家は東京にもおらず、福丸の父芝楽の誤記であろう。

明治331031 大阪毎日新聞

宝集家金之助、新古亭真生、六代目三遊亭市馬、同円花等は三友派に加はり、明一日より平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地紅梅亭等へ出席する由。

◇曾根崎新地裏町の寄席永楽館は予記の如く去る二十八日に落成式を挙行したるが、余興には三遊亭円三郎、桂小南の手踊りなどあり頗る盛会なりしと

明治33111日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、小円竜、円三郎、南光一座の落語

笑福亭 円篤、福松、芝楽、文之助一座の落語

鴨東館 幾代亭連中のかけ持

〈編者註〉小円竜は明治361月の番付に東前頭11枚目に「滑稽音曲 三遊亭小円龍」とある。長野の三遊亭円龍1127日 北国新聞参照)の息子。この後京都の幾代亭に音曲師としてずっと出ている。

明治33111日 大阪朝日神戸付録

◇神戸の落語席

 楠公社内湊亭 笑福亭福松、同力松、同福市、富貴亭小六の落語

 兵庫大仏内笑福亭 正楽一座の落語

明治33112 大阪毎日新聞

◇寄席だより 淡路町幾代席桂派落語家家昨一日よりの出番は左の如し。雀之助福助手遊文屋花丸枝雀芝楽小文枝慶枝円馬一柳文枝小南遊介[遊輔]、文三

〈編者註〉一柳は春風一柳。初め手品の初代帰天斎正一(波済粂太郎)の門人となって正孝。のち三代目春風亭柳枝門人となって春風一柳と名乗った。皿廻しと記憶術を得意とした。

明治33113 京都日出新聞

◇お馴染のジヨンベールは東上後一昨日の代り目から柳派の連中に加つて日本橋の大ろじと広小路の鈴本と牛込の和良店の三席掛持

明治33113日 大阪朝日新聞

<新古亭真生と宝集亭金之助が桂派から三友派へ移る>

◇桂派に加入しをりし東京の落語家新古亭真生と宝集亭金之助は今度三友派に迎えられ、初下りの三遊亭市馬と共に一昨夜より平野町の第一此花館、常安町の第二此花館、堀江の賑江亭、法善寺の紅梅亭へ出勤しおれり。

明冶33113日 北国新聞

◇新冨座の怪談落語 今晩の番組は、アヤツリ人形落語音曲をどり(栄蝶)都の花名所論指のかげゑ(小文福)酒呑の議論滑稽をどり(橘枝)人情咄し千両幟続き(質明)開花一ト口問答(三人掛合)剣舞(一□)音曲浮世節都々一葉うたいろいろ怪談引抜早替り(鶯枝

明治33115 京都日出新聞

◇幾代亭の円三郎は些と小器用に咄すので満場大喝采景物の踊は軽妙なものサ。

◇一昨夜新京極の各興行席の入りを聞くと…幾代亭八百四十五人笑福亭七百六十三人…其他各席とも大入り。

明治33116日 大阪朝日新聞

◇招魂祭の余興 今明両日間城南練兵場に於て挙行さるゝ招魂祭の余興は、是迄城外大手馬場に例無かりしを、今回は之を催すことにし、市内寄席取締松井美勝と奥田徳次郎とが引受け、大手馬場に…十二三の小屋軒を列ねて今日より三日間興行……其他三友派桂派の落語家総出にて今日より三日間大手馬場に滑稽運動会の催しあり。一同一升枡に栗を一杯入れたるを頭に載せ、栗を一ツも落さず目標に走りつく競走の趣向なりとぞ。

明治33119日 京都日出新聞

◇幾代亭へ来る十五日より大阪へ出稼中の文枝が加はる。

◇本日より十五日まで同亭落語家が高座へ出る時間を挙げて見ると午後六時三十分(小文吾)同五十分(文雀)七時十五分(柳枝)同四十五分(枝鶴)八時五分(小円竜)同三十五分(円光)九時五分(枝太郎)同三十分(文歌)同五十分(円三郎)十時二十分(文吾)同四十分(小柳三)切(南光

〈編者註〉桂文歌は初代桂小文枝(三代目文枝)門人で、のち歌之助となる。

明治331112 大阪毎日新聞

◇市井雑感 …甞て東京で情死□仕損なつて世間の物笑ひとなつた春風一柳が近頃大阪へ来て真面目くさつて桂派の寄席へ出て居る。シカし其の錬磨の一曲は頗る鮮なもだ。

明治331113日 新愛知

◇富本席 東京の人気落語家春風亭小柳枝一座が近々より久々のお目見にて、前連中は春風亭さん枝、同傳枝、春風小柳嬢、春柳小志、二代目志女寿、春風亭志兎好、柳家小金吾、春風亭小柳太、柳亭燕枝、春風亭枝の婦松林福圓という都合十二人の大一座が滑稽音曲噺、講談等を興行。

〈編者註〉二代目志女寿は春の家または青柳志女寿という。音曲師。柳家小金吾は三代目柳家小さん門人。

明治331115 京都日出新聞

◇田村席の地獄極楽の生人形はジヤン、ガン〳〵と騒々しいので向ふの幾代亭の落語家連は眉に八の字。

明治331117 京都日出新聞

◇一昨十五日夜の新京極と謂つぱ夫は又格別にて笑福亭、布袋座、幾代亭、笹の家、大虎座と揃も揃ふて大入の札を掲げ候 …幾代の三馬は月末に東京より帰り可申…

明治331118 大阪毎日新聞

◇春風亭柳枝死す 柳派の頭取春風亭柳枝事鈴木米吉(ママ)は久しき以前より腎臓炎を患へ、一時快方に向ひたれば寄席に出勤しいたるが、去る十三日再び重体に陥り、東京浅草区小嶋町楽山堂病院に入院して治療を加へたるも、其効なく再昨十五日四十九歳を一期として遂に不起の客となりぬ。同人は嘉永五年九月を以て生れ、性来落語、芝居等を好み、故燕林の門に入り其技を研き燕路と名乗りて真打となり、大道具を飾付けて芝居噺を演じ、名優の仮声を使ひ、大に世の喝采を博したり。後素噺に移り、今の燕枝と改称し師匠の燕枝をも圧倒するの勢にて柳派の牛耳を取り今日に至りしものにて、其最も得意とする噺は河内山宗俊なりしと。

〈編者註〉東京よりの電信で細かい所に誤りが多い。正確には「三代目春風亭柳枝、本名鈴木文吉、明治331114日死亡、享年49」である。

明治331118 京都日出新聞

◇去る十五日から紅葉見がてら来京して幾代亭へ出勤して居る大阪桂派の大師匠文枝の素噺は今更吹聴するまでもない事だが高座へ出勤する時間は夜の九時三十分

◇笑福亭の昨夜からの出番は六時より同三十分まで(福篤)七時まで(福丸)同三十分まで(吾喬)同三十分まで(小円)同五十五分まで(木鶴)八時十五分まで(木三松)同四十五分まで(芝楽)九時まで(福丸)同二十五分まで(小円太)同五十分まで(今朝)十時十五分まで(梅団治)同四十分まで(円篤)十一時五分まで(文之助

〈編者註〉木三松は笑福亭木三松。笑福亭木鶴の弟子。桂文我の息子で、木鶴の養子になり、のち四代目笑福亭鶴松を継いだ。121日からの笑福亭の出番にある「鶴松」は木三松のことだと思われ、改名はこの間に行われたのであろう。

明冶331127日 北国新聞

◇新冨座の怪談落語 本日より開演の圓龍一座の怪談落語、今晩の語物は、落語裏の裏落し文血の面(春楽)清元神田祭手踊(鶴女)一流足踊引抜百面の曲(圓歌)音曲落語都々一浮世節(今松)幻燈萬國名尽(常信)新作噺やっつけろ節(双枝)怪談引抜大道具七段返し千丁ろうそく両国夜景(三遊亭圓龍

編者註〉三遊亭圓龍長野県出身。最初上方で土橋亭龍喬(司馬龍喬)。明治十八年正月から東京に出向き、三遊亭円朝の門に入り円龍を貰い、明治二十一年長野に帰り、同地の東亭の席主を兼ねた。その後も名古屋その他に地方廻りをしている。本名藤井久五郎。道具入り怪談芝居噺を得意にした。

上方落語史料集成 明治33年(1900)12月

明治33121日 大阪朝日神戸付録

◇神戸の落語席

楠公社内湊亭 桂米喬、橘屋小圓太、柳屋さらく、柳屋小さらく一座の昔噺

神戸三宮社内湊亭 昔噺

能福寺内松鶴座 林家昇三[正三]、春風柳寿斎、正宗一座の昔噺

〈編者註〉林家正三は五代目。正宗は五代目正三門人で林家正宗。のち小正楽となり、桂枝太郎門下に移って桂枝雁と改名した。

明治33121 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、文弥[文屋]、芝六[芝楽]、芝雀一座の落語

笑福亭 梅団治、円篤、かしく改め文之助一座の落語 

〈編者註〉芝雀は桂文光(辻村藤三郎)門人で桂芝雀。のち翫之助を名乗る。

明治33122 京都日出新聞

◇幾代亭の南光、円三郎、文歌が岡山へ出稼して其代に文弥[文屋]、芝六[芝楽]、芝雀が昨夜より出勤致候

明治33123日 京都日出新聞

◇幾代亭の落語家連中は来る十七日前後より或る芝居小屋で落語家芝居をするさうで、芸題は鏡山花見、菅原の車引、小栗判官の浪七内、安達原三段目、封印切等で、其役割の極つた分は小枝、駄々勘蔵、袖萩(文弥)、尾上、八幡太郎、金棒引(芝雀)、江戸平、四良造、金棒引(小円竜)、松王丸、運天坊(文雀)、梅王丸、白妙、おはつ(小文吾)、貞任、橋造、もとめ(枝太郎)、宗任、風間姫(枝鶴)、道八、岩藤(文光)、浜夕、浪七、主税(文吾)、時平、謙杖(円光)、照手姫(柳枝)、桜丸、おもよ(枝之助)、軍次平(酒鶴)、おきみ(小鶴)、浪七女房(しん吾

〈編者註〉この落語家芝居に関して以下の続報が出ている。「幾代亭の落語家連中の芝居は常盤座の書生芝居が打上げ次第同座で興行する事に略決定」(12日)、「幾代亭の落語家芝居が常盤座で興行する事に就ては静間一座も此れに加入するさうで或は芸題が変更するやも知れぬと」(14日)、幾代亭の落語家芝居に静間一座の加入の外祇園新地の幇間連をも加へやうと交渉中であるが本月中に纏るといふ」(15日)、「常盤座…は一昨日打上げたが其跡へ…直る筈の幾代亭に鹿連芝居は未だ交渉が纏らないとかで何れも待に待てムズ〳〵して居ると」(17日)。その後落語家芝居が行われたという報道はなく、実現しなかったのかも知れない。

明治33123日 京都日出新聞

◇幾代、笑福両亭の各出番の時間は

幾代亭:午後五時四十五分(酒鶴)、六時〇五分(枝之助)、六時三十分(小文吾)、六時五十五分(柳枝)、七時二十分(文雀)、七時四十五分(円光)、八時〇五分(小円竜)、八時三十五分(枝鶴)、九時(文光)、九時三十分(文屋)、十時十分(枝太郎)、十時三十分(小柳三)、切(文吾)。

笑福亭:午後六時二十分(吾喬)、六時五十五分(小円)、七時二十分(芝楽)、仝四十五分(木鶴)、八時〇五分(鶴松)、仝三十分(梅団次)、仝五十五分(円篤)、九時二十分(今朝)、仝三十五分(福丸)、十時(市馬)、仝二十五分(璃喜松)、切(文之助

〈編者註〉鶴松は上記の笑福亭木三松が改名したものと思われる。

明治33125日 大阪朝日新聞

◇自惚は損の元 (前略)西区北堀江下通り三丁目貸座敷播うの楼の御亭にて、己れほどの色男、此上に遊芸があれば夫こそ竜に翼、世間の婦人は撫切りぢやと、謀叛が手伝ふ芸人三昧、富士川都正の門人となつて名も富士川都若(二十六年)と更(あらた)め、錦影絵の片手間には素人噺に人を笑はせ、之れなれば此花館か幾久代[幾代]かにと寝ざめにも思うて居ると、此程順慶町の文明館へ出たら何うだとの声が掛り、都若は大の興悦顔、張扇の先で頭を叩いて承諾に及び、毎夜々々の出席も、根が色男売らうの野心なれば、芸道に実はいらず、播うの楼の兄さんの顔が見たいといふ客が先づ九分通りで御座いやせうと、自から評判の種を蒔いて人気師匠を圧する程なりき。(後略:都若が同じ文明館にでている通名を金玉(五十六年)という爺さんに芸妓遊びで一杯食わされる話)。

〈編者註〉都若は軽口の金玉、延枝とともに大阪の帰天斎正一(福岡正一)の余興屋に属し、共恵会その他に出演している半玄人の噺家。噺家番付等にその名を見ない。

明治33125 大阪毎日新聞

<桂しん吾、噺家を廃業する>

◇落語家の廃業 京都の落語家桂しん吾は今度足を洗つて正業に就く由にて、その引祝として来る八九の両日午後六時より新京極蛸薬師東入井筒席に於て諸芸の大寄せを催す筈なるが、其主なるものは鶴賀馬井助翁一座、笑福亭(大阪三友派)一座、山崎琴書社中、幾代亭(大阪桂派)一座、三桝家連落語一座その他声色、美術手品等にて祇園新地幇間連中の手踊等もあるといふ。

〈編者註〉桂しん吾の師弟関係は不明のまま。

明治33126日 大阪朝日新聞

◇日本演芸改良株式会社 近頃会社組織の流行につれ演劇はいふに及ばず芸妓や料理屋まで株式会社で成り立つ折柄、講談、落語、音曲等の演芸に此事なきは寧ろ不思議とする程なりしが、今度愈よ松林伯円、竹本播磨太夫等を始め演芸界に於ける熱心家の発起にて有力なる客筋の賛成により標記の如き会社を組織するに決し、資本金は十万円(一株五十円)と定め、本社は東京に、支社は大阪に置き、其の他神戸、名古屋等にも出張所を設け、孰れも之に演芸場付属せしめ、専ら演芸の改良興起を謀る筈にて、府下は賑江事藤原金助[重助]等斡旋する由。

明冶33126日 北国新聞  

◇稲荷座と松旭斎天光女一座 並木町稲荷座にては、明七日より奇術師松旭斎天光女一座の歐州最新奇術水火の曲芸七変化早替りを以て開演の筈なるが、右は先年当地にて非常の喝采を博し、其後歐州各地方を漫遊し、最新奇術を研究して帰朝し各地に於て好評を博せしものの由にて、当地二度のお目見得として一座車輪の大勉強といへば定めし初日より大人気にて好評を博する事なるべし。

〈編者註〉松旭斎天光女は三代目笑福亭松鶴の弟子で、鶴之助から文里を名乗った噺家の妻。息子は小文里と名乗り、親子で高座を勤めている。なお京都には二代目笑福亭木鶴(岡田文里)の息子で文里となった者がおり、こちらが由緒正しい。

明治33127 大阪毎日新聞

◇…一時天下を三分して其一を保つて居た藤明派は、昨今孤城落日の有様で、御大将桂藤兵衛は千日前の見世物小屋に小さくなつてくすぶつて居る。

明治33128 大阪毎日新聞

◇落語家だより 南地法善寺境内なる金沢席は目下大修繕中なるが、本月中に落成の見込みなれば、来年一月一日より例の桂文枝一座にて開場。文三、慶枝、円三郎の連中は本日より灘の御影にて三日間興行し、夫より岡山に乗込みて十日間興行する由。

明治33128 京都日出新聞

◇井筒座にて昨今両日幾代亭の桂しん吾の廃業祝として諸芸大寄を興行せるが幾代、笑福両亭の落語家、大虎座の俄師、都座、笹の家の義太夫其他の新内、浮かれ節の一座出席す。

明治33129日 大阪朝日新聞

◇藤明派の不振は殆ど衰亡に近く気の毒だ。三友派の此花館まだ人気はあるが、文都時代の景気はない。桂派は文枝初め一同大車輪だから余程人気を挽回したやうだ。僕は落語の改良をなし盛にしたいと思ふ。(内本二中万)

明治331211日 大阪朝日新聞

◇此花館、第二此花館、紅梅亭、賑江亭にては三友派連歳末旅行のため東京より桃川実(燕林改)、三遊亭円遊、松井源水、三遊亭小遊三、遊六、右幸、橘家円好、朝寝坊むらくを招き、円若、真生、円子、今朝、金之助、新左衛門とゝもに来る十五日より大会を催すよし。

明治331211 京都日出新聞

◇布袋座は昨夜より十日間桂藤兵衛、桂家庄三[正三]、西国坊明学一座の落語、尚同一座は同夜より七日間西陣岩神座と掛持。

明治331213 大阪毎日新聞

曽呂利新左衛門は名古屋富本席へ三友派の福松、文団治、松光、米団治、小文都等は和歌山市紀の国座へ赴き何れも来る十五日より開場のはず。

明冶331213日 北国新聞

◇弥生座と圓龍一座 昨夜を以て大人気中に新冨座を打揚げたる圓龍一座はお名残とし本日より横安江町弥生座にて開演の筈なるが、今晩初日の番組は、滑稽イソップ物語(春楽)昔話し遊興八笑人(芝太郎)娘清元吹寄十三段手踊俳諧師(つる女)七変化足踊り扇子の曲(圓歌)人形身振り噺女郎買(三人一組)落語士族汁粉屋音曲富本ぶし(今松)改良新話鯰猫団結即席問答(龍輔)大幻燈東京名所色々人物色々(藤井)時世変説自由廃業新作浄瑠璃国性爺(双枝)人情噺し名工甚五郎(圓龍)大切東京茶番近江八景(一座総出)

明治331214日 大阪朝日新聞

◇大阪人は円馬の人情噺など性に合はないので、粗忽使者の、玉子酒のと注文する。円馬も芸人の悲しさ、ワイ〳〵党の注文に応じて居るが、此頃幾世[代]でやる塩原など中々面白い。今度はワイ〳〵党にかまわず人情専門にやるべし。(倶楽会好話生)

明治331214 京都日出新聞

◇布袋座の…目下興行中の藤明派の落語は明後十九日限り打上げ大阪の文芸館へ逆戻り。

331214日 山陽新報

◇千歳座の落語 同座は来る十六日より大坂の落語家桂文三、同慶枝、立花家圓三郎等の一座にて開場する由なり。

明治331215 大阪毎日新聞

◇[広告]東京落語大会 円遊、燕枝改実、源水、むらく、小遊三円好右幸遊六補助 金之助円若今朝円子真生

十二月十五日より連夜開催 平野町此花館、江戸堀第二此花館、南地紅梅亭、堀江賑江亭

明治331215 京都日出新聞

◇笑福亭の忘年会は今夜から顔見世狂言を捻つて式三番叟に福丸の千歳、璃喜松の翁、鶴松の三番叟で暗闘総出

〈編者註〉1216日の同紙に「笑福亭の璃喜松は昨日酒五樽の贈物を貰うて飾付けた」とある。また1224日には「笑福亭の顔見世は中々好人気にて連中が頭布みて顔をかくして出座し来客に其名を当てしめて賞品を与ふる仕組の由」とある。

明治331217 大阪毎日新聞

◇実に円遊 本社の講談にて馴染深き桃川実(燕林改め)が三遊亭円遊と共に下阪して此花館及び第二此花館、紅梅亭、賑江亭に陣取りし由は既に記したるが名人同志の顔揃とて毎夜溢るゝばかりの大入なりといふ。

明治331218 京都日出新聞

◇幾代亭の娘拳は大当りで一昨夜は師走にも拘らず大入につきよろしき場所無之候。

明治331219  新愛知

◇富本席 久々にて大阪の落語家曾呂利新左衛門が出勤の事迚(とて)、初日以来の好人気中に岡本美家子と云う五年八ヶ月の小児が説教源氏節を語るが、首を振過る癖はあるも咽喉がいいので愛嬌たつぷり大受なりと、曾呂利も勉強して二回づつ出るのみか切に得意の端唄の唄に合わせ巧みに墨画の揮毫あるなど是又大受なりとの評判々々。

〈編者註〉曾呂利一座は五年ぶりの来名で、十二月十五日より開演。

明冶331219日 北国新聞

◇故桂仙太郎追善大演芸会 三遊亭龍輔、松平真正の発起にて、今十九日より三日間、香林坊福助座に於て故桂仙太郎の追善大演芸会を催す由なるが、出勤の芸人は、目下当地に足を留めつつある三遊亭圓龍一座、松旭斎天光女一座、春天斎ウイルス一座及び松平真正一座都合二十余名の大一座にして其他遊芸鑑札所持の者は何人にても飛入勝手たるべしという、尤も開場は午後五時にして木戸中銭共可也少額にて観覧せしむる筈なりと。

◇落語家桂仙太郎を偲ぶ 故桂仙太郎が多年北国演芸界に立って独力よく寄席演芸に舌を□らしたる結果漸く今日の隆盛を呈したる次第なりとし爾来当地へ入り来る落語家は何れも故桂仙太郎を徳となす由なるが、今回別項の如く三遊亭龍輔、松平真正の発起にて同人の追善演芸会を催し、其収益金は悉く同人菩提寺へ納め盛んに追善法要を営みたしとて昨日態々其取次方を本社へ依託ありたり。

〈編者註〉桂仙太郎。本名吉田五兵衛。金沢唯一の落語家。若い頃は、加賀藩の藩士に仕え、殿の御膳で、落語を演じていた。江戸や大阪で修行を積み、明治になってからも金沢だけでなく、北陸各方面に巡業して人気を博していた。明治三十一年四月没。享年七十二歳。法名桂獄即仙居士。(「金沢墓誌」大正8年他より)

明治331221大阪朝日新聞

◇目下此花館、賑江亭等に出勤中の三遊亭円遊、桃川燕林改桃川実等の一座は、毎夜客留の大景気なれば、来る二十四日の日限りなるを尚二三日日延するよし。尚此一行は明日より三日間、神戸の神港倶楽部の招きに応じ、毎日午前十一時より午後五時まで各得意の技芸を演ずるといふ。

円遊一連此花館の興行は毎時も大入にて場所御座なくの景気であるが、追々話しも東京化せられるやうに大阪落語家に頼みたいな。試に円遊の話を聞いて見たまへ、奇句警語実に口を突いて出で、寸分の隙なきところ巧手になつたものだ。僕は特に彼の愛嬌顔が落語家的に出来てるのを愛する。(大鼻好漢)

明冶331223日 京都日出新聞

◇四五日前、清水書記官を初め参与官一同は祇園中村楼にて懇親慰労会を開き、余興として笑福幾代両亭の落語家を招いたが、宴酣なる頃、遅参の藤本参事官後れ走せながらといふ体で駈着けた折から、落語家桂文光が五つ紋の羽織に仙台平の袴を一着に及び、此れに在りといふ顔をして控へ込んで居るのを見て、同参事官は参与官の一人と思違へ、寧に頭を下げて遅刻の罪を謝したので、文光は吃驚して飛退り、此れまた低頭平身に及んだので、一同思はず吹出して喝采湧くが如く、同宴会の一大余興として同参事官が愛嬌は昨今大評判であるといふ。

明冶331223日 北国新聞

◇故桂仙太郎の追善演芸会に就て 三遊亭龍輔、松平真正及び梅若主人の発起にて去十九日より三日間香林坊福助座に於て催したる故桂仙太郎の追善演芸会は、年末としては相当の入を占めし由にて、収入純益金拾圓は同人の為めに一基の石碑を建つるの費に充てたしとて、昨日其斡旋方を本社に委頼する所ありたり。今特志を以て右追善演芸会に出演したる諸芸人の名を記さん。三遊亭圓龍、同龍輔、やつけ楼双枝、昔家今松、花柳鶴女、柳亭春楽、松平真正、松旭斎天光女、桂文里、同小文里、松旭斎小天、松本千歳世、春天斎ウイルス、同ヒサ女等なりしと奇特の至りというべし。

◇東座の忘年演芸会 今晩(二日目)の番組は、人間万事金の世の中(寿楽)落語播州巡り(芝太郎)娘音曲長唄七福神文人踊釜堀(鶴女)音曲質屋の段(今松)滑稽一分茶番突貫問答(龍輔)八大家文章抜粋時世変説(双枝)力士傳続き(圓龍

明治331226日 大阪朝日新聞

◇此花館、賑江亭などにて大入をかけたる円遊、実の一座は金之助、曽呂利、文団治、福松、真生等と共に今二十六日より二日間天満座、福井座、稲荷の文楽座並びに第一此花館、賑江亭、紅梅亭の六箇所に於てお名残興行を打ち、毎日午後四時より開場す。

明治331226 大阪毎日新聞

◇三友派落語家の大寄せ 曾て地方へ出稼ぎ中なりし三友派の落語家連中はそれ〴〵帰阪せしにつき、此の一座の上へ此程来阪中の三遊亭円遊其他の一座を加へ本日と明日の両日間平野町の此花館、江戸堀第二此花館、南地紅梅亭、堀江賑江亭、いなり文楽座、天満座、福井座等の七場所にて大寄せを催すとの事なり。

明治331226日 山陽新報

◇口三味線 千歳座に文三、圓三郎等の落語を聴いてていささか感じた処がある。それは圓三郎の東京落語と文三等の大阪落語とかが、互いによく其土地即ち東京人種と大坂人種との気風(緊しく云えば芸術的好尚との云うべきもの)を代表している事で、先ず其高座における双方の着付を見るのに、羽織から着物から帯襦袢まで同じ紋付、同じ縞物、同じ献上博多でも、圓三郎の方は飽くまでも地味な中に何処やら意気な処のある所以奥床しい好みだが、文三等の方は緋裏媚茶色お納戸地などという何処までも派手なこしらえ、圓三郎の顔はゆったりとして品があるが、文三等の顔はテカテカとしてコセコセしている。圓三郎の頭は五部刈りで文三の頭はチック仕立てだ。同じ時計を持つのにも、文三の方は首からダラリとかけている、圓三郎の方は帯の間へほのめかしていると云ったような調子で、これに要するに圓三郎の方はどこまでも意気で高尚な人柄だが、文三の方は飽までも柔気で下品で気障沢山だ。落語の仕様も先其通り、圓三郎のは綺麗に賑やかに可笑しいが、文三等のは醜く騒動しく可笑しいで翻って京阪両地が有する好尚如何と見るに、芝居でも小説でも新聞の挿絵でも、下っては料理の味でも、服装の流行でも、其の東西相異なっている処が悉く此の高座の両者によって代表し説明せられている事が合点せられる。実に争われないものではないか。そこで岡山人士の嗜好が、此の両者のいづれに向かって帰着するかを観察すると、幾分か東京趣味の方へ向いているかの傾がある。これは一つ大いに頼もしい事だ。(黒頭巾)

明治331227日 新愛知

◇富本席は久々にて東京の落語家昔々亭桃太郎をはじめ、麗々亭柳左衛門、立花家千橘、麗々亭柳福、昔々亭金橘、小柳冶、小柳、桃造の一座が来る一日より音曲滑稽噺を興行す。

明治331229日 京都日出新聞

◇幾代亭は昨夜にて本年の興行を打上げ竹村家で忘年会を開いたといふ。

◇歌舞伎座の時、延、雀(編者註:時蔵、延二郎、雀三郎)三優を初め幾代亭の枝太郎、文屋、笑福亭の璃喜松、文之助、夷谷座の静間、大虎座の東勢、新玉其他の発起で本日午後六時より祇園鳥居本で忘年会を開くと。

明治331231大阪朝日新聞

◇東京の落語家市馬は都合ありて当地三友、桂の両派より出勤を止められをりしが、元日より双方の寄席へ掛持にて出勤する事になりしとぞ。

◇三友派の落語家音曲家七十五名は一昨日午後六時より博労町三丁目の吉常楼にて忘年会を催し、席上種々の芸尽しあり。堀江の芸妓数十名が席上を周旋したるが、京阪間の粋人連も列席してぼんち芸を演ずるもあり。中々盛況なりし由。

明治331231 大阪毎日新聞

◇三友派の笑福亭福松の門人で福太郎(十七)と云ふは高座トコトンを演る処から、寧そ一勉強をして一番この芸を磨き度いと思ひ、今度幸へ東京から三遊亭円遊が来阪せしより、同人の周旋(せわ)にて一月早々には東上し、藤間か花柳の門に入りて稽古する事になりしと。

◇三遊亭円馬の門人で市馬と云ふ音曲家が今度東京より来阪し、桂派と三友派の各席へ掛持で出勤するよし。

笑福亭円若は一月一日より神戸楠公社内の湊亭へ出稼ぎする事になりたり。

◇堀江の賑江亭を初め三友派の各席主と京都、神戸の席主及その寄席に関係ある芸人都合百二十人計は、一昨夜博労町の吉常楼にて忘年会を開き、新年各席に勤むる真打を定め、尚ほ下廻もの芸尽しなどの下調べを為し、なかなかお客の取扱ひに注意する事を席主よりお茶子夫(ら)に夫々(それぞれ)言渡したり。

明治331231 大阪毎日新聞

◇落さぬ話し エー明治三十三年も今日が愈よお名残となりました。そこで我々のシカ仲間が何か手柄話しをお年忘れに一席申しあげませう。こゝに我々仲間でお高の方と称(もう)しまして大年増の美人がございまして、その人は故人文都の妾でございました。年齢はモウ四十になりますが、一寸見ると三十五六にしか見えません。其美人は当節我々がお囃子になつて堀江の賑江亭に出て居りますが、如何もこのお高の方の人気は素晴らしいもので、シカ仲間はモウ我一に高名手柄をせうと云ふ考へで高座に出て居りまして、楽屋の方へ秋波(いろめ)を遣ふもあれば、席が終(はね)てお高の方が帰るときには御苦労にも送り狼と出掛けるもありますが、お高の方はなか〳〵堅固(かたい)と云つたら甲鉄艦へシガンダと投付ける様なもので一向に感じがございません。併しそのお高だツて木金仏ではない、誘ふ水が悪いから落ないので、その実内々相手を選んで居たものと見えます。この間東京から講釈師の隊長桃川燕林と云ふ名に改めてアノ鼻の、イヘ花のある三遊亭円遊師匠と一緒に御当地へ来て三友派の定席へ出勤すると、サアお高の方は円遊の鼻の格好が何とも云はれないと忽ち恋風を吹かしまして、一夜円遊師匠の袂を曳いた処が、師匠も何程(いくら)物喰が好いと云ツたつて、東京から態々(わざわざ)御当地へ来て、人もあらうに文都のお余りを頂戴したと云つては己は好が此鼻が承知しないと程よく断わつたさうです。スルとお高の方は口惜しいから落語家よりは彼(あ)の身体の大きい燕林さんの方がよい、第一名前が実とは意気だと妙な処へ力瘤を入れて、また実にやいのを極ました。スルと実は尽く迷惑をして、己だつて真平だと引下つたさうです。この事が我々青年落語家の耳に入りましたから一大騒動が持上りまして、モウ構ふ事はない、今までお高の方は猫を冠つて居たのだ、何程(なんぼ)東京の芸人だつて彼(あ)んな親爺に当りを付ける程なら、業平や唐丹やら斯うも好男子計りが揃つて居る我々の手に落ない事はない、また落さなければ我々の沽券が下ると、その後は一層火の手が烈しくなりましたが、お高の方は中原のシカ連中、いづれの手に落るとも判りませんが、このお話しは之れを落と致しまして御免を蒙ります、ヘイ左様なら。

〈編者註〉文都がお高さんを見初めて妾にした話は明治30524大阪毎日新聞」に掲載されている。

上方落語史料集成 明治33年(1900)参考資料

【参考資料】その一

◇共恵会(新町婦徳会場)に出た噺家たち

第四十八回(218日)

落語大角力(都若・勢三・木鶴)、三十石(桂藤兵衛)、人情噺相生傘(傘藤竜)、軽口忠臣蔵九段目(延枝・金玉)、声色紋尽し(花元・扇笑)

第四十九回(318日)    東の旅(勢三)、軽口帯屋(金玉・延枝)

第五十回(424日)     三十石(喜鶴)、大角力(木鶴その他)

第五十一回(520日)    落語出演者の記載なし

第五十二回(617日)    落語出演者の記載なし

第五十三回(917日)    落語出演者の記載なし

第五十四回(112324日)  三枚起請(花丸)、伊勢参宮(正楽)

第五十五回(121819日)  落語出演者の記載なし


【参考資料】その二

楽屋そそり 行々子

明治33318日 大阪朝日新聞

◎柴田席に出て居る梅坊主のかつぽれを見たが、如何にも無邪気で面白い。彼は一たび団十郎の師匠となつた坊主で、かつぽれでは喧しい坊主だから、場中にも芸妓らしいものや俳優らしいものが見物に来て居て、自ら他の小屋よりも客種を殊にして居る。此坊主の言柄(いいぐさ)が面白い。

◎私は下谷山伏町の松本梅八といふ本名のある人間ですが、梅坊主が何うでも性に合つて居ます。私は当地は初御目見得ですが、仲間の松之助や辰之助は数十年前に大層御贔屓になりまして、今では何うやら御当地の御厄介者になつて居るさうです。其節とは時勢も違つて居りますから、一座でも種々工夫を凝しまして深川踊、豊年踊、住吉踊、かつぽれ踊とも新手を加へ、夫から茶番の詰に頭をぽか〳〵擲るのも、エヽソノ改良を致したやうな次第なンで。

◎一体は江川五郎さんの御招きで川竹の芝居で踊る筈であつたさうですが、劇場は何処も明て居ないので柴田席へ出ましたが、佐藤岩吉、嘉一を始め十二名の仲間に囃子方を加へまして一座十七名で乗込んだのは先月の二十二日でした。場所の為にまごついて初日が後(おそ)くなりましたから、人気が何うかと案じましたが、日増に御運び下さるので一座は頭へ瘤を拵へて悦んで居りますような次第で。

◎滑稽でございますか、へイ東京では随分吉原などへ繰込みまして新聞の種を拵へます。夫を又素破抜いて滑稽の種に取ります事がございますが、御当地ではまだお馴染が浅うございますから自然の御茶番は出来ませんが、何れ黙言(だまっ)て居る野郎共ではございませんからネ、ハツハヽヽヽ。

◎芸人と申しましても顔で売るものもあれば手で動いたり足で働いたらするものもありますが、私どものは頭が身上で、頭を打れなくなると口の運動が止りますから、頭痛持ぢや一日でも辛抱の出来る芸道ぢやございませんよ。乗出さない昔なら兎も角も、乗出した暁には一ツ梅坊主の梅坊主たる処を御目に懸けてウムと御贔負を願ふ決心でございますが、何分にも頭で稼ぐ芸人ですからネと気炎やら謙遜やら眼をくしや〳〵して饒舌(しゃべ)る具合からして妙であツた。

明治33329日 大阪朝日新聞

◎桂文治は噺家でと、でんでん太皷笙の笛に嘻戯(きぎ)する児童にまで唄はれる噺家の元祖桂文治の為に、二代目桂文枝が発起して天下茶屋に建立したかつら塚は、愈来る一日に開被式を行ふさそうだが、之に就て東京の落語社会を見渡すと何だか涙が溢れるようだ。柳派の棟梁柳亭燕枝は既に団洲揮毫の墓石の下に永眠して、今や柳眼を破らうとする時に枯柳の無常を観ぜさせたのに、三遊派の大師匠としては殆ど話術の粋を極めた一代の名人三遊亭円朝も健忘症が益(ますます)募つて、今では唯だ死の使を待つて居る哀れな運命に陥つているさうだ。

◎其高足弟子で衣鉢を伝へて居るといふ評判のある三遊亭円馬が涙ながらに話したのには、私は噺家の癖に余り陽気な方でございませんから師匠の円朝が常々鳴物を入れて踊り廻るのは噺家の本意ではないと申して居りましたので、私は師匠の意に従ひまして鳴物改良の事を社中に相談致しましたが十分に行はれません。併し私は二十四年から一切鳴物を廃しまして、修業のため旅へ出ましたが、図らず御当地の御贔負を受けて根を下すやうな事になりました。実を申しますと、まだ修行中でございますからモウ少し師匠の傍で教へを受けたいと思ふ事だらけでございますが、悲(かなし)い事には師匠も老病で、今は下谷車坂の自宅に引籠り切で、所詮高座へ上る事は思いも寄らぬさうで、実にモウ落胆致しました。かつら塚の事で文枝の頼みがありましたから短冊を頼んで遣りましたら、筆も十分に運ばぬと見えまして、文枝の方へは代筆で遣はしまして、私へは自筆で呉れましたが、マア此通りです、御覧下さい、是が師匠の記念になるのかと思ひますと胸が一杯になりましてネ‥‥顔が顔が見たくツて堪りませんから、夏休には是非参らうと思ひますが、私にはその土産がございません。御存知の通り文枝が喧しく申しますので桂派の噺が大分改良致しましたのを土産に致さうと存じますと、言終つて目を拭つたが、円朝の短冊を見ると如何も泪が溢れた。先代綾岡の高弟であつて筆跡は千蔭崩れの麗はしい男であつたが、纔かに俤が残つて居るだけで実に無残だ。其句も何となく無常だ。

花まつや夜は松風の音ばかり

明治3353日 大阪朝日新聞

落語家翁家さん馬の話しに曰く、今度桂文枝の発企で天下茶屋へ「桂塚」を建てましたのは洵に嬉しい事で御座います。特にその地を天下茶屋に卜定したのは、初代桂文治の石碑が先頃の朝日新聞にも記してあつた通り彼処(あすこ)に建てあるからです。偶然の沙汰では御座いません。

◎私の祖父は東京の二代目桂文治で御座(ござい)ます。此人中々色男で御座いましたか、夫とも相手が不別嬪で御座いましたか、何しろ初代文治の娘お幸と手に手を取て江戸へ行き、三田に所帯を持て、師匠文治の名を冒し、寄席へ出勤してをりました。是れ即ち江戸と大阪とに桂文治が二人出来るやうに成つた濫觴(はじまり)です。此の夫婦の間に二人の子供があつて、一人は三代目文治の名を継で落語家となり、今一人は三田で大工の棟梁となり、大和屋政吉と申しました。これが私の親爺です。

◎私は十一歳の時に数寄屋町の大工大阪屋吉兵衛方へ奉公に遣られましたが、其跡で親爺は身を持崩して家産を傾むけ、箱館へ出稼ぎにまゐりましたから、江戸に取残されました私は木から落ちたる猿の如く便りを失ひ、力を落し、有らゆる艱苦を嘗めながら親方の家で彼是れ十年の月日を送りますと、丁度其年の五月十四日、上野の戦争が始まつてまゐりました。其頃私は親譲りで大酒を致し、少し不調法を仕出かした所から親方の家にもをられず、伯父の落語家三代目文治を便(たよ)つてまゐりますと、伯父は熟熟(つくづく)私の素振を見て、「手前も地道な仕事は出来めへから、寧(いっ)そ私の弟子に成て鹿になれ」と勧めましたので、遂々(とうとう)只今の稼業を始めたので御座います。私の本名は正之助といひましたが、此時伯父から只今の「翁家さん馬」といふ名をつけて貰ひました。此名は江戸に前々から有来りの名誉の名前で、此次は「むらく」其次は「可楽」となつてもよいのです。御承知の通り、昔しの「むらく」や「可楽」は何れも名人であつたさうです。私が此名を継ぎます前に、祖父の門人で桂文七といつた者が「さん馬」を名乗り、「さん馬」から「むらく」になる時、丁度私が落語家に成た者ですから伯父は此名を私に継がせたのです。

◎伯父の三代目文治が亡くなつた跡は、その息子が幼少でありましたから、一時弟子が代つて四代目文治になり、其後三代目の息子が成人するを待て五代目文治の名を継がせました。只今東京にある桂文治は即ちこの五代目で御座います。大阪の文治は二代目が江戸へ往た跡で初代の伜文吉が別に其名を継いで、是は五代目まで傳はりました。夫で結局文治の名は初代以後江戸大阪の二派に別れたので、誠に妙な事に成ております。

◎只今の桂文枝は二代目ですが、初代文枝は初代文治の弟子で、文治の家と文枝の家とは恰かも本家分家の関係に成てをりますが、私も矢張桂家の一門で御座いますから今度の「桂塚」建立に就ても大手を上げて賛成を表した次第です。夫故桂塚焼香の時も文枝さんに続いて私が焼香を致しました。私は明治十四年から御当地へまゐり、御厄介に成てをりますが、此上とも桂家一門の栄えますやう御贔負を願はねばなりません。

明治3355日 大阪朝日新聞

さん馬重ねて曰く、桂塚落成式には東京の文治も来会の筈でしたが、丁度宮城県仙台へ興行に往てをりましたので残念ながら欠席の旨を報じて参りました。併し本年中には是非御当地へまゐりたいと手紙の端に書いてよこしました。若し参りましたら引止めて大阪の人間にしたいと存じます。初代の娘で東京の元祖の女房に成たお幸といふ人には私も小児の時に可愛がられたのを覚えてをります。又十一の歳に別れた実父政吉には其後二十年目に再会を致しましたが、まだ養育の恩も送り得ない内に亡くなりました。夫で私は此二人の恩を忘れぬやう長女に親の名を取てお政と名づけ、次女にお幸といふ名を継がせております。祖母(ばあ)さんのお幸さんが生きてゐたのはツイ此間の様に思ひますが、月日の立つのは早いもので御座います。イヤ詰らない事を申し上げて恐れ入ります、これでさん馬の話は完結(おしまい)。

◎今度東京から来た三代目三升家勝次郎といふ落語家は、年は取てゐるが声がよいので音曲を専門にしてゐるが、中々甘いものだ。初代は文久年間に槍屋町(今は京橋区)の大屋をして向両国のコリ場の寄席へ出てゐたさうだ。襖一枚ほどの大看板を始めたのも此人だ。近頃まで神田連雀町の寄席白梅亭にも其形が残つてゐた。二代目は木原店(だな)の寄席の養子同様に成てゐたが芸は不味かつたさうだ。今の三代目勝次郎は以前梅枝といひ、初めはむらくの弟子であつたが、其後東京の三代目文治の弟子となり、翁家さん馬とは同門の好誼(よしみ)があるさうだ。

◎さん馬の話しには初代文枝は初代文治の弟子であつたやうにいうてあるが、是れは全く間違ひで、初代の弟子は文枝ではなく文志である。其次に文士といふのもあつたが、二人とも文枝の先代ではない。文枝といふ名は四代目文治の時に始めて起つたので、夫れが初代である。

明治3358日 大阪朝日新聞

桂文枝の話しに、昔し大阪に丸屋吾竹といふ話しの名人があつた。後に竹山人と改名して三都に比類なき評判を輝やかしたが、此人舞に妙を得て、長い舞の時は門弟等に蝋燭の心を切らせると傍へ来るのが邪魔になるといつて自分が舞ひながら扇を以て心を切つた。その早業、人間業とは想はれず、扇は畳んであらうが開けてあらうが何方でも差閊へなく、然も巧みに心を切て一度たりとも遣損なつた事がないさうだ。江戸の初代都々逸坊扇歌といふ名人は、余り入があつて寄席の往来を隔てた向側へも寄席を設け、掛持をした位の大人気であつたさうだが、此竹山人も殆ど夫に次ぐ人気であつたさうだ。

明治3359日 大阪朝日新聞

桂文治(文枝の誤記)曰く、昔し京都から大阪へ乗出して落語家の泰斗と仰がれた林屋菊枝の逸事は幾らも聞いてをりますが、其中に斯ういふ話しが御座います。菊枝は一晩に二席位掛持をするにも、其席へ行く途すがら、其夜話さうと思ふ話の下調べをして、まだ其頃は腕車(くるま)が御座いませんからボツ〳〵と歩いたもので、或時我が家を踏出すトタンに雨が降出したので付添の門弟が、モシ師匠雨具を取てまゐりませうかと伺ふた所、イヤ〳〵夫れには及ばぬ、お客様が雨天を厭はず来て下さるのに此方許り濡れずに濟んでもお客がお濡れなすつては言訳がない、尤も多くのお客様の中にはお宿から雨具を持て来てお貰ひなさるお方もあるだらうが、先づ七分方は今降出した不時の雨に不意を打れてお濡れなさるに極てをる、左すれば此方もお接伴に濡れた方が冥利が好い、夫よりは今肝腎の下調べにかゝつた所をお前に言葉をかけられてトツと最う話しの端緒を忘れて了うた、エヽ鈍な奴ではあると、却つて忠義顔の門弟を叱りつけたさうです。世事に賢こい人から見ると随分律義過る話しですが、芸人は斯う物に熱心でなければならんと私は存じます。夫から雨は段々強く降出したが、菊枝は別に驚きもせず、慌てもせず、悠々寛々静かに歩みを移して、口の中には話しの下調べを致しております。随分馬鹿気た話しではあります。間もなく寄席の門口近く相成りますと、菊枝はフト立留つて、矢張り雨に濡れてをります。門弟は若し気が狂つたのではあるまいかと訝かりながら、一散に先へ駆出して寄席の部屋から雨具を借出してまゐり、サア師匠これをお召しと差出したが、菊枝は之を取らうともせず、猶暫く何か考へた末、下駄と傘とを受取て寄席へ這入りました。夫からすぐ高座へ上つて其夜の役を済したのち始めて門弟に打向ひ、偖々汝は心掛の足らぬ奴ぢや、先刻私が立止つて雨に濡れたのはな、寄席へたどり着く迄に話しの下調べが了らなかつたので暫く部屋へ這入るのを猶予して片をつけたのぢや、若しそのまゝ部屋へ這入て見よ、一座の者に挨拶もせねばならず、話しの気がぬけて物にならぬは。夫位の事は汝も心得えておりさうなもの、着物の濡れる位を気にする様では上手にはなれぬと叱りつけたさうです。実に毛色の変つた人物です。

◎凡て寄席へ出勤する者などは此位の心掛はなければなりませんが、今の落語家などは途中は愚か家を出る前にも下調べをする者はありません。寄席の部屋には「出し物帳」といふがあつて、露払から前座の面々、自分の話したものを一々夫へ記し置き、跡から来た者は一応夫を見て「ハヽア是々は既に済んでをるな、吾も此中の物を遣る積りであつたのに夫では変へねばなるまい」と急に仕込んだ話を取替へる程ですから、調べも届かず、習練も十分ならず、よく出来る筈が御座いません。

◎記者曰く、予も先年かういふ事に出逢つた。東京赤阪一ツ木の寄席で大阪から上つてゐた西国坊明学が「京の四季」を義太夫に語つて引込んだ後へ古今亭今輔が上り、同じく唄三味に義太夫の駒を入れて「京の四季」を語つたのが、然も甚だ不味かつたので、折角楽しみにしてゐた真打が実に詰らないものに成て了つた。其時にも予は寄席の楽屋は斯くまで取締りの届いてゐないものかと嘆息したが、文枝の此話しを聞くに及んで今更の様に想はれる。尤も東京でも斯な事は稀でもあらうが……畢竟こんな不都合が起るのも芸人の不熱心から起こるのである。

明治33516日 大阪朝日新聞

桂文枝曰く、落語家に出勤前に下調をする者のない事は既に申し上げましたが、下調べをしないはまだしも、既に高座へ上つた後までもまだ何を遣らうといふ考へがつかず、無暗に無駄口を叩きながら出し物を考へてをる者が沢山あります。同じ無駄口をいふにも、腹の中に出し物が極つてをると其出し物に縁のある事をいふとか、又は其伏線を述べておくとか、夫れ夫れ工夫のあるもので、仮令ば怪談なれば予め一座がシンとする様に物凄い景容を並べて見物の心の荒ごなしをして置きますが、まだ出し物の極つておらぬ者は無駄口をいふにも締りがなく、何をいふやら少しも理屈が合ひませんから、私などが楽屋で聞いてをりますと直ぐに其のアラが分ります。貴下(あなた)方がお聞きに成ても定めてお笑ひになる事で御座ませう。誠に恐れ多い次第です。

◎只今では昔しと違ひ、掛持の場所は多くなる、連中の頭数も多くなる、迚も永い事を演てをる訳にまゐりませんから、自然と物がぞんざいになり、マア何でもいゝから責塞ぎにチヨツピリ遣て置かうかといふ考へで、ホンの申訳に席を勤める者がありますが、誠に良くない事で御座います。高座へ上つた後までも出し物が極つてをらぬなども矢張此の弊害の結果です。掛持を多くすれば自然と其寄席へ行くのが晩くなり、行くのが晩くなれば前座の勤めた物を調べてのち出し物を極める訳にも行かず、連中と打ち合せをする猶予もありませんから、修業盛りの若手などには此掛持といふ奴が一番毒で御座います。芸道未熟の内に給金を多く貪ぼるよりは、先づ十分に腕を研いて置き、自分一人でも客を呼ぶ様になりさへすれば敢て掛持を多くするにも及びません。誰しも同じ事ではありますが、余り欲張るのは好くありません。

◎結局(つまり)は余り近欲なので真正(ほんとう)の欲を知らないのでもあります。目前の欲に眼がくらんで見識を棄てると、次第に身体の価値がなくなつて却つて給金も取れなくなるが、夫に反して相当の見識を保ち、芸に身を入れてさへをれば、自然と身体に光りがつくものだと思ひますから、私はいつも門弟にさう申してをります。夫に就て面白い話があります。(未完)

明治33520日 大阪朝日新聞

文枝語を継いで曰く、唯今申します芸人が慾面を張ては不可ない、無慾な方が却つて徳があるといふに就て一つのお話しが御座います。

◎是も古いお話しですが、四代目桂文治は世に長太文治といはれて、元はたどん屋でありましたが、此人至つて芸道熱心で、金銭にはトンと眼をかけない人であつたさうです。或る時能勢の妙見へ参詣して吉川の旅宿に泊まつてをりますと、同宿の堂島の豪商某が付添ひの関取を使ひによこし、折角こゝまで保養に来てをる者を煩はすのは気の毒だが、私もお前を贔負に思ふ所から、此処らの田舎者にも大阪にお前の様な名人がある事を知らしても遣り、又耳の正月をさせても遣りたいから、嫌でもあらうが一席勤めてはくれまいかと折入て頼むので、長治も其好意に背きもならず、旦那が夫ほどまでに思つて下さる事なら一番お座敷を勤めませうと、其夜同家の大広間へ家内の者や近所の者を呼集め長太が話を致しました所、一同大喜びで、是も旦那のお蔭ぢやと礼を述て帰りました。

◎其翌日、豪商は金二両紙に包み、関取に持して長治方へ遣はしますと、長太一旦之を受取たが、直ぐに他の紙に包み直して、是は使賃にお前に遣ると使の関取にくれて了ひました。使の者は肝を潰して此事を豪商に復命すると、豪商は豪商丈に驚きもせず、よし夫れでは斯しやうと、別に金五両を紙に包み、再度長太方へ持して遣り、甚だ失礼ですが先刻差上げました包みは旅舎へ遣る茶代と取違へましたから之を添へて差上ますといはした所、今度は長太が承知せず、イエ仮令間違でも斯う沢山には頂かれません、前の分で沢山ですから是はお返し申しますと辞退をしても聞入れず、使は返つて了ひました。直ぐに跡から長太が豪商の所へ金を返しに行きましたが、早や豪商は旅舎を出立した跡だつたさうです。律義な人には此通り神の冥助があるものだと私は信じております。斯(こう)いへば如何(どう)やら私は金が欲しさに律義を勉める様ですが、全く爾(そう)いふ訳ではないのでアツハ‥‥。

明治33522日 大阪朝日新聞

◎今度大阪へ来た円馬の実弟二代目橘家円三郎は坐り踊りを得意にしてゐるが、昔しの初代円三郎は坐り踊りの元祖で、碁盤の上又は三方の上で自在に踊り、踊の師匠松賀大藤の後見をも勤め、落語家仲間でも一方の驍将と仰がれた名人であつたさうだ。今の円三郎は円朝の門人で、初めの名を朝治といひ、兄が円馬と改名した時兄の旧名を襲うて円治と改め、後又今の名に改めたのである。三十一年四月九日には東京浅草の土富店祖師の境内に初代円三郎の供養として「踊り塚」を建立し、円朝に其の題表の字をかいて貰つた。

  

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ