明治34年

上方落語史料集成 明治34年(1901)1月

明治3411日 大阪朝日新聞

◇大阪の落語席

○南区 法善寺紅梅席 落語三友派一座、金沢席 落語桂文枝一座、下大和橋瑞正席(夜)燕楽・松鶴の講談、空掘沢井席 松鶴・一瓢の講談、大宝寺町宝生舘 藤明派一座の落語、文明舘 諸連一座落語。

○東区 平野町第一此花館 三友派一座の落語、淡路町いく代席 桂文枝一座落語。

○西区 北堀江賑江亭 三友派一座落語、江戸堀第二此花館 三友派一座落語、松島文芸舘 藤明派一座落語、新町瓢亭 桂派一座落語。

○北区 新地永楽館 桂文枝一座落語、天満天神林席 桂派落語、末広席 藤明派及び小美根一座落語新内。

〇堺 天神席 藤明派林家正三一座の落語。

〈編者註〉林家正三は五代目(福田宗太郎)。昨年秋に正楽より正三と改名した。しかし後の新聞にはまだ正楽となっている。弟子の六代目正楽かと思われるがその可能性は低い。改名が充分に浸透していなかったのであろう。

明治3411日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 橘家とん輔、春風亭一柳、文吾一座の落語

[広告]謹賀新年一月元日/桂枝太郎 桂文吾 桂文歌 桂文光/幾代亭主人

笑福亭 米団次、福三、小円太一座の落語

〈編者註〉橘家とん輔は「文之助系図」に三遊亭遊輔門人「小遊輔 始とん輔ト云」とある人か。後の記事には三笑亭とん輔となっている。詳細は不明。春風亭一柳は初め手品の初代帰天斎正一(波済粂太郎)の門人となって正孝。のち三代目春風亭柳枝門人となって春風一柳と名乗った。皿廻しと記憶術を得意とした。桂文歌は初代桂小文枝(三代目文枝)門人で、のち歌之助となる。桂文光(辻村藤三郎)は京都の三笑亭可楽(原吉弥)門下で三笑亭芝楽を名乗っていたが、明治二十三年ごろに上京した。二年前に帰阪して二代目桂文枝の門に入って文光の名をもらった。福三は笑福亭福三。もと三笑亭芝楽(原田熊次郎)の門人で三笑亭芝太郎。福松門人となって福三と改名した。小円太は橘家小円太。のちの五代目橘家円太郎。

明治331224 京都日出新聞

◇幾代亭は来月一日より橘家とん輔、春風亭一柳が東京初お目見得又同日からの高座へ上る時間は午後五時四十分(酒鶴)六時(枝之助)六時二十五分(文雀)六時五十分(柳枝)七時十五分(小文吾)七時四十分(文光)八時(とん輔)八時二十五分(円光)八時四十五分(小円竜)九時二十分(枝太郎)九時五十分(文歌)十時二十分(枝鶴)十時四十分(一柳)切(文吾

〈編者註〉

酒鶴は不詳。幾代亭の前座か。

枝之助は桂枝之助。初代小文枝(三代目文枝)門人で、のち二代目桂円枝となる。

文雀は桂文雀。始め二代目文昇門下の可昇。のち桂扇枝(のち三代目文三)門人となり文雀と改名した。のち二代目扇枝を襲名する。

柳枝は桂柳枝。曽呂利新左衛門門人。極度の近眼で、「眼鏡屋」と綽名された。

小文吾は三代目文三(高田留吉)の息子の高田卯之助。この頃まだ父文三から正式に落語家として認められていなかったため、文雀のもとで小文吾と名乗って前座修業をした。後文三に認められ、大阪に帰った時に、小文三と改名し、父の死後四代目文三を襲名したが半年後に病没した。

円光は笑福亭円光。三代目松鶴門人。明治37年に梅香を襲名する。俗に「呑んだの梅香」と言われ大酒飲みであった。

小円竜は三遊亭小円竜。明治361月の番付に東前頭11枚目に「滑稽音曲 三遊亭小円龍」とある。長野の三遊亭円龍の息子。

枝太郎は初代桂枝太郎。京都に住んでいたため「先斗町の枝太郎」と呼ばれた。

枝鶴は桂枝鶴。のちの四代目笑福亭松鶴。

明治331231日 神戸新聞

◇神戸の落語席

楠公社内湊亭 小さらく、さらく、延若一座の落語

大仏内松鶴座 瀧之助、登龍[藤龍]一座の落語

 〈編者註〉さらくは柳亭左楽。三代目柳枝の弟子で、燕雀から左楽、東京の四代目左楽とは別人で、俗に名古屋の左楽。小さらくは柳亭小左楽。左楽の息子。幼少の頃から落語家で、後京都の五代目橘家円太郎の弟子となり、勝太郎。東京に同名の噺家がいたので、延若(気取家)と改名した。音曲師。藤龍は桂藤龍。藤兵衛の弟子。本名石川忠二郎。延若、瀧之助は不詳。

明治3411日 新愛知

◇名古屋の落語席

富本席 桃太郎、柳左衛門、千橘等の一座にて音曲滑稽噺。

〈編者註〉桃太郎は昔々亭桃太郎(三代目)。元横浜の天狗連出身で、音曲師として横浜を起点に東海道筋などの地方の寄席で活躍した。本名木村兼次郎。柳左衛門は麗々亭柳左衛門。四代目柳橋門人で、のち初代円遊(ステテコの円遊)門人となり三遊亭遊橋となる。本名川崎仙太郎。千橘は二代目立花家千橘。昔々亭桃太郎門人。のち上方に拠点を移す。音曲師。鰌掬いを得意とした。本名中村常次郎。 

明治3411日 中国新聞

◇新年の楽天地 ◎寿座 熱海孤舟一座の新演劇 ◎新地座 市川市十郎一座◎明神座 常盤会本部清川麗水一座 ◎大黒座 油絵見世物 ◎胡子座と栄座 富士松若石一座の新内 ◎鶴の席 笑楽家賀女一座の浮かれ節とサイサイ節 ◎神明座 桂三之助一座の滑稽二輪加

〈編者註〉桂三之助は二代目文三の弟子で、後広島で幇間となった。ざこばの幇間時代の師匠。

明治3411日 山陽新報

◇當市の興行物  ▲高砂座は木村猛夫一座にて前大名と旗本(十幕)、切稚曽我対面(一幕)木戸五銭▲旭座は大谷友吉嵐梅三郎一座にて前伊賀超道中双六、中しゃべり山姥、切弁天小僧(上下)木戸四銭五厘▲柳川座は松島松右衛門一座にて前更科武勇伝、中近江源氏首実験、切紫蘭蝶木戸四銭▲千歳座は松林小圓女小林伯海等の講談落語木戸三銭

明治3411日 台湾日日新報

◇新年の興行案内 …吉川亭は今度西京より乗込みたる小芝楽、光芝、権兵衛を加へ台北諸芸人の大寄せを興行・・・。

明治3413日 京都日出新聞

◇一昨日の興行席は……幾代亭七百四十二名、笑福亭五百四十二名。幾代亭初お目見得の三笑亭とん輔は一風変つた愛嬌者で客受けが可いとの事。

明治3418日 大阪毎日新聞

◇大宝寺町の宝生舘 旧臘二十四日幸ひ火災を免らたる南区大宝寺町の寄席宝生舘は、藤明派落語開席以来満一周年に相当する祝意を兼ね、火災を免れたる祝の為め本日一日だけ木戸銭は勿論、敷物、下足に至るまで無料にて入場せしめ、且つ当日の客へは本年十二月限りの半通し券を与へるとの事なり。

◇[広告]当館昨春藤明派ヲ組織シ開場壱周年ヲ祝、昨年拾二月廿三日ノ夜表家火災之際御ヒーキ様之御蔭ヲ以テ当館無事成ルヲ得難有奉厚謝候、就テハ御礼トシテ来ル八日午后五時ヨリ木戸場代一切無代価ニテ当派惣出席演芸可仕候間、賑々敷御光来之程奉希候 南区嶋之内大宝寺町 落語定席 宝生館 敬白

明治3418日 大阪毎日新聞

◇[広告]来る十三日白河丸にて渡韓、順次欧米各国え漫遊帰国の上は珍説のお噺を致舛、此段諸君えお知らせ 大阪講談師 旭堂南陵       

明治3418日 北国新聞

◇やっつけ楼双枝 目下弥生座にて開演中なる三遊亭圓龍一座のやっつけ楼双枝は、今回同一座と分離し、座員三名を引連れ、来る十日能登地方へ乗込み、夫れより東海地方巡業の上帰京する予定なりと。

〈編者註〉やっつけ楼双枝春風亭双枝。三代目春風亭柳枝門人。もと壮士で、ヤッツケロー節で人気をとり、ヤッツケ楼双枝と呼ばれて人気者となった。本名江沢竹次郎。三遊亭圓龍長野県出身。三遊亭円朝の門に入り円龍を貰い、道具入り怪談芝居噺を得意にした。名古屋を中心に地方廻りをしている。本名藤井久五郎。 

明治34115日 大阪毎日新聞

◇落語家と席主の新年会 昨日正午十二時より西区長堀岸松舘に於て桂派の落語家文枝、円馬、三馬、小文枝、南光、文三、梅枝、万光其他数十名と当地の席主永楽館、幾代、金沢、瓢亭、亀の池及び京都、神戸の各席主等が集会し出席落語の部分け並に斯道の進歩を計る事に就て種々協議をなし終つて新年会を開き席上各自得意の芸を演じ互に其批判を試みなどして三時頃散会したる由なるが中々の盛会なりし由

明治34122日 大阪朝日新聞

◇葉書だより 市内寄席落語家連名の看板に小南の名がある。彼は今軍隊に入つて居るが夜だけでも営舎を脱けて来るのか。(如何生)

明治34115日 京都日出新聞

◇幾代亭の枝太郎、文歌、枝鶴其他三人は大阪土佐堀の銀生館で催す桂派の新年宴会に出席の為め昨日大阪へ行つたが同夜帰京。

明治34117日 大阪朝日新聞

◇去十四日西長堀岸松館に落語桂派の新年会あり、文枝始め京阪の同派落語家七十五名外、寄席主、囃方及来賓出席し、芸妓の舞、会員の各得意の余興、福引等に盛会を極めたりと。

明治34117日 台湾日日新報

◇今晩の吉川亭 浄るり(竹本小八重)新内(岡本豊鶴)即席はなし(三笑亭小芝楽)新内(岡本若玉)昔はなし(桂文字助)浄るり(竹本大枝)落語(三笑亭光芝)落語(橘屋喬三)源氏ぶし(富士松小若)講談(玉田誠玉)新内(富士松若仲)昔咄(桂権兵衛)浄るり(竹本八重松)

明治34126日 大阪毎日新聞

◇臨時友楽会 今明両日正午十二時より西区新町廓婦徳会場に於て頌徳会寄付の為め臨時友楽会を催すとの事なるが、出演の芸人は左の通りにて、各自は十八番のものを演ずるよし。

桂文三、同小文枝(百年目)、同文太郎、同米喬、同米朝、同梅橋、同我都、三遊亭遊輔(珍文漢聞)、三五郎(徘徊師)同円子、笑福亭福松(春の遊び)、同璃喜松、同光鶴、新古亭真正、三笑亭芝雀(落語と音曲)、福岡正一、春風亭一柳(手品と皿廻し)、桂家がん篤、同花咲(軽口)、西尾魯山(講談)、宝集家金之助(常磐津二十四孝狐火)…川上音二郎(仏蘭西土産)…[其他音曲、舞、俄等多数あり]。

〈編者註〉
桂文太郎
は二代目桂文枝門人、後に二代目柏枝を継ぐ。明治361月の番付に東前頭10枚目「音曲剣舞 文太郎」とある。
桂梅橋は二代目桂梅枝(オッペケペーの梅枝)の門人か。
桂我都はのちの初代春団治。
三遊亭遊輔は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。泥棒噺を得意とし、「泥棒遊輔」の異名をとった。また「改良剣舞」という珍芸の持ち主。明治三十年頃から上方に拠点を移し、桂派に加入しているがこの冬に三友派に移る。本名末吉伊三郎。
桂三五郎は二代目桂文三門人。俗にくきやと言う。
笑福亭光鶴は三代目松鶴門人。
三笑亭芝雀は桂文光(辻村藤三郎・もと三笑亭芝楽)門人。
福岡正一は手品の二代目帰天斎正一。

34126 大阪毎日新聞

◇来る二月一日より松嶋文芸館、靱上通りの靱舘及び曾根崎新道の栄都舘の各席へ左に記す東京連中の落語家が出席する事となれり。橘家円左衛門、橘家花橘、三遊亭円遊、同遊蔵、同遊七、同三勝、三福。之れに藤明派の連中の一部が補助として加はるとの事なり。因に記す、文芸館は今度東京の芸人と特約を結び、今後は顔を変へて追々興行するよし。

〈編者註〉

橘家円左衛門は四代目円太郎(ラッパの円太郎)門人で音曲師。本名安田冨五郎。

橘家花橘は初代柳条の娘で加藤よね。一時芸妓になっていたが立花家橘之助門人花橘となって高座に復帰した。

三遊亭遊蔵は初代円遊(ステテコの円遊)門人、詳細不祥。

三遊亭遊七は三代目三遊亭円橘門人。元神田松鯉門人とあり、講釈師だったらしい

三遊亭三勝は初代三遊亭遊三門人。後に札幌で幇間になる。

三遊亭三福は初代円遊(ステテコの円遊)の孫弟子にあたり、珍芸でうった愛嬌者である。「ヨカチョロ」「ニョロニョロヒャア」なる口癖で高座を沸かせ、碁盤の上で踊る「ステテコ」は絶品と称された。慶応二年生。本名三ッ橋亀太郎。円遊一座が帰京後も大阪に残り、年末まで三友派に所属して大いに浪速っ子を楽しませた。

明治34127日 北国新聞

◇新富座 天光女、小蝶一座の西洋手品水芸今晩(初日)の番組は、落語二人旅弥次郎兵衛喜多赤坂(里若)日本手品白紙抜取(光花)道化軽口桂川道行(小文、市丸)一流福竹踊り引抜早替り(天光女)皿回し魔術の曲(小蝶)天下一浮かれの屑より(文里)所作事六歌仙手踊り(君子)芝居噺質屋蔵(小文里)大切水芸早業千本竹養老の滝落し(天光女)

〈編者註〉天光女は松旭斎天光で手品師。三代目笑福亭松鶴の弟子で、鶴之助から桂文里を名乗った噺家の妻。息子は小文里と名乗り、親子で高座を勤めている。五日迄の新富座での小文里の番組は「地雷や」「幟屋騒動」「質屋蔵」「座頭殺し」「小倉色紙」。

明治34128日 大阪朝日新聞

◇旧臘此花館、賑江亭に来りて大喝采を得たる落語家三遊亭円遊は、此度むらくを除き遊七、遊蔵、三勝、三福、円左衛門、花橘、明一等の新顔を引連れて来阪し、松島文芸館、靭館、曽根崎栄都館、島之内宝生館に出席し、藤明派と合して二週間おしやべりをして御聞きに達するよし。

〈編者註〉明一は遊天斎明一。手品師。本名柴田信吉。

明治34129日 大阪朝日新聞

◇遊輔の泣き面 エヽ代り合ひまして御機嫌を窺ひます。手前の処は相変らず此奥に眼ありといふ奇的烈な顔色を御覧に入れます様な事で、ダガ毎度連中の申し上げます通り、ドウモ御話しには何か一調子変つた人物を生け捕りませんとお笑ひになりませんとネ、と左様いふ当人が大に一調子変つて、唯さへ泣き出しさうな顔色が一層の泣き面となつた近頃のお笑ひ種は、ツヒ此の二三日前の事、例の泥棒遊輔と綽名のある東京下りの落語家三遊亭遊輔が、同じ仲間のしう雀を誘うて文楽座へ出掛けたと思し召せ。トコロで昼飯には定例の弁当でもあるめへと梅月へ天麩羅を誂らへ、今しも其処へ持ち出して箸を取らうとする途端の拍子に、向ふバタ〳〵で駆け着けたは元北の新地の「いてふ」席から玉吉といふ名で出ていて其後女優となつて粂八一座にも加はつてゐた伊丹幸のおしんの使ひにて、遊輔さんに急にお目に掛りたいゆゑ梅田前の宿屋花月迄極密々に来て貰ひたしとの口上なり。(後略:天麩羅を食べずに出かけ、おしんと花札をして負け、注文した菱富の鰻も喰い損ねて勘定だけ請求された話)

〈編者註〉しう雀は三遊亭しう雀。三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で、遊楽よりしう雀となり、のち八代目司馬龍生を名乗る。万延元年生。本名鈴木芳三郎。噺は巧いが人気が取れなかったという。

明治34129日 北国新聞

◇三遊亭圓龍 去る二十五日より小松町清水座に於て開演中なる三遊亭圓龍、龍輔、圓丸、喬三、圓歌、むかし家今松、藤井信光、柳亭春楽の一座は大人気にて。毎夜大入叶の好況を占めつつありと。

◇双枝一座 昨二十八日より江沼郡山中なる東座にて開演したる双枝一座の演芸の種目は、ジアポン早業(春天斎一丸)佛国ハットの一ト手(岡一心)空中自在の火の玉(岡一心)西洋各国二○加(チヤレ六歳)練磨術各種丼に手踊り(岡ヒサ女九歳)東京本場清元四季の花丼に端唄流行歌(松の家梅子)英国女皇の天覧に供し御賞詞を賜わりたる日本竜宮界の遊び(チャレ、ヒサ女)時世風刺的滑稽変説丼に金沢有名商店広告俗謡(やっつけ楼双枝)世界大奇術理化電気応用(春天斎ウイルス)

〈編者註〉むかし家今松は二代目古今亭今輔門人で、古今亭今松はより昔家今松と改名する。声色が得意。後年五代目雷門助六から三代目古今亭志ん生を襲名した。本名和田岩松。その他の連中は不詳。

明治34131日 大阪毎日新聞

◇三遊亭円遊の一座 三遊亭円遊は当地に来り明一日より松嶋文芸館、靱の靱舘、曾根崎新地の栄都舘等へ出席する事は此程記載したるが此外に南区大宝寺町宝生舘へも出勤する事になりしと

上方落語史料集成 明治34年(1901)2月

明治3421日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、文吾一座の落語

笑福亭 米団次、福三一座の落語

鴨東館 幾代亭連中のかけ持

明治3421日 京都日出新聞

◇幾代亭のとん輔と一柳とは昨日限り和歌山へ行くやう記載せたが、これはお止めの相変らずお目通りする事になつて、本日よりいよ〳〵円馬、市馬、手遊の三人が加はる。同席の主人金井及び枝太郎、文吾等の発起で丹次郎会といふのを組織する事になり、会員の資格は情婦を二人以上持つて居る男に限るといふヒヨンげた会で、其発会式を来る五日先斗町の竹村家で行ふ由。世には剽軽(ひょうきん)者も沢山あると見えて目下申込会員五十余名あるとは御盛んな事サ。

〈編者註〉市馬は三遊亭市馬。二代目三遊亭円馬門人で寿々馬から市馬を襲名した。「あばた顔だが美声の音曲師で推量節で人気を取った」(落語家事典)。手遊はのちの二代目桂三木助。金井は新京極幾代亭の席主金井芳松。枝太郎、文吾の芸の向上に大いに尽力した。

明治3421日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當四月一日より、舊一座へ桂文團治、美榮太夫改め新内桂家文朝、玉太夫改め桂家團朝、桂米朝の新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭、三宮社内第二湊亭

〈編者註〉文朝、団朝は新内語り。二代目桂文団治門下になってこの名をもらった。以後三友派の席で色物として活躍する。

明治3422日 北国新聞

◇お馴染みの怪談落語三遊亭圓龍一座は昨一日より五日間の予定にて山代温泉場に於て開演せると。

明治3428日 北国新聞

◇宝座 天光女一座の諸芸今晩の番組は、式三番叟引抜き手踊り(光花、光天、小蝶)弥次郎兵衛喜多八旅行日記(里若)西洋の奇術の早業(光鶴)西国の夕涼大花火の手品(天光女)落語質屋芝居(小文里)福助所作事引抜(天光女)道化軽口けいこ屋(光天、市丸)七変化早替り三国伝来玉藻前落語五人さす身大切幻妙大奇術(天光女)猶大景物を呈する由

明治3429日 北国新聞

◇宝座 天光女一座の諸芸今晩の番組は、式三番叟引抜手をどり(光花、光天、小蝶)弥次郎兵衛喜多八旅日記(里若)和洋手品の早業(光鶴)西洋奇術白狐の戯れ(天光女)芝居はなし座頭殺し(小文里)掛合所作事(光花、天光女)道化軽口桂川道行(光天、市丸)佐賀の夜桜猫化早替り(天光女)落語正月丁稚(文里)幻妙大奇術(天光女)

〈編者註〉十五日迄の寶座での文里の主な番組は、「正月丁稚」「浮れの屑より」「天神参り」「五人裁き」「住吉駕籠」

3429 大阪毎日新聞

◇三友派の真打宝集家金之助は予て病気にて深沢病院へ入院中、稍快方に赴きたるを以て退院の上、来る十一日より各席に出席するよし。

笑福亭福一と云へばまだ漸う八歳の子供なるが、三絃を旨く弾より昨年来円遊の来阪せし時東京へ連れ帰り席へ出したるに非常の喝采を博し、各席より引張鮹と云ふ有様なれば、円遊も連れ甲斐ありとて此度来阪、同人の両親及び知人等に鼻高々と語り居る由。猶円遊の出席せる藤明派の各席は相変らずの人気なりと。

〈編者註〉笑福亭福一は初代福松の門人。後に橘当となり、杵屋六左衛門の門に入り杵屋正六となる。

34212 大阪毎日新聞

◇円遊一座の日延べ 去る一日より松嶋文芸館を初めその他三席に出勤中の三遊亭円遊の一座は昨夜限りの筈なりしが日々大入に付き来る十六日まで日延べし、尚藤明派の連中悉く出演する由。

明治34四年213日 北国新聞

◇慈善演芸会 目下横安江町弥生座に於て開演中なる春天斎ウイルス、やっつけ楼双枝一座にては、今回市内有志者の発起にて、来十六日瓢箪町崇禅寺にて催さるべき、小野太三郎氏亡妻並びに救貧民死亡追善法会に同情を表し、明十四日午後五時より同座に於て、慈善演芸会を催し、収入金中実費を引去り、残金悉皆を寄付すべしと。因みに同興行世話人は、弥生座主近岡安太郎、宝座主福岡正龍、本田半平等なりと。

明治34214日 新愛知

◇富本席は東京の落語家昔々亭桃太郎の一座が京阪地方を興行中の処今回帰京の途次明日より同席へお名残興行として出席なす其連中は、桃太郎を始め、麗々亭柳左衛門、橘家千橘、三遊亭左圓太、麗々亭柳福、昔々亭金橘、麗々亭小柳冶、昔々亭小柳、同桃造等にて例の音曲滑稽噺なりと。

〈編者註〉三遊亭左円太は二代目円遊が左円遊と称した頃の門人。のち大阪に転じ、三代目桂文三門人となって桂三太郎と名乗る。後に奇術師となり、月の家満月となる。三遊亭小円馬(四代目三遊亭円馬)の父。麗々亭柳福は四代目麗々亭柳橋門人。のち小円遊門下で三遊亭小伝遊を名乗る。明治34615日付「新愛知」その他に見える小伝遊が同人か。のち三代目三遊亭円遊を襲名する。初代円遊畑の「成田小僧」ほか人情噺も出来、声色、音曲にも優れていた。明治十一年生。本名伊藤金三。昔々亭金橘、麗々亭小柳冶、昔々亭小柳、昔々亭桃造は不詳。

34214 大阪毎日新聞

◇芸妓一人に芸人三人 同じ煙管が三本あつて恰でトン〳〵よしこのに有さうな冒頭で書出す話しは、南地九郎右衛門町福本席の小藤(十八)とて年齢と云ひ縹緻と云ひ第一わかりが早うて万事お手軽を主として居る芸妓あり。この小藤の軽便なる主義を賛成したる縹客の数は三十三間堂の仏の数までには至るまいが、何しろ五人や八人でない、変りにまた小藤が口直しの娯しみ筋も一人や二人でなく、種々栄耀食をした暁、目下の所では第一が三友派の軽口で名を知られた花作[花咲](二十八)、交り合まして落語家の桂米朝(二十八)、さてどん尻に控へしは大空に羽を延す鶴家(団十郎)の門下で団道理(二十八)と云ふ段取巧手の男なり。(後略:この三人が小藤より起請文ならぬ、自分の名前を彫った銀の煙管をもらって我こそは情夫なりと喜んでいたという落語の様な話。団道理は俄師)

明治34216日 大阪朝日新聞

◇藤明派の各席に出演して大喝采を博したる三遊亭円遊の一行は今夜限りにて打納め帰京するよしなるが、一行中の人気物三遊亭三福は踏止りて今夜より三友派の各席即ち第一第二此花館、賑江亭、紅梅亭の四席へ出席する事となりぬ。

◇新講談松林伯知は門人二名を引連れて来阪し、来月一日より桂派の各席金沢亭、幾代亭、永楽館、瓢亭の四席へ出席し、露国の大秘密、金色夜叉、当世五人男、川上仇討、美人油絵、生首正太郎等を講演する筈のよし。

明治34217日 北国新聞

◇小石座 天光女一座の諸芸今晩の番組は、式三番叟引抜手踊(光花、光天、光鶴)弥次郎兵衛喜多八旅行日記(里若)和洋手品の早業(天光女)芝居噺座頭殺(小文里)七福神所作事(天光女、光花)高野山登りの水(小蝶)道化軽口けいこやの段(光天、小文里)西洋奇術時計変化(光花)七変化芸所作事三国伝来玉藻前早替(天光女)落語五人裁き(文里)幻妙大奇術(天光女)毎夜大景物を出すべしなりと

〈編者註〉十八日は、(小文里)たこ芝居(文里)土橋万歳

明治34219日 山陽新報

◇舊正月の興行物▲旭座は中京團武知元良一座の新演劇▲高砂座は永瀬義郎等の新演劇▲柳川座は有福、末広一座の歌舞伎▲千歳座は柳亭左楽一座の落語(本日より)▲その他天瀬広小路巴玉座跡の模造日光廓、北清戦争活人形等なり

明治34219日 中国新聞

◇小網町神明座 桂三之助の落語手踊。

34226 大阪毎日新聞

◇桂派の定席淡路町の幾代亭、法善寺内の金沢席、北新地裏町の永楽館、新町の瓢亭等へ来月一日より東京の講談師松林伯知が加はる事になりたるが、尚ほ同人の外に松山軒知鏡、春風亭一柳も出勤する由。

明治34226日 神戸又新日報

◇神戸共遊會 同會は第二十六回演芸會を明二十六日午後六時より神港倶楽部に於て開催する由にてその主なる番組は、落語(大村家社中)軽口(班玉、金八)手品(大黒斎木珍)浄瑠璃日吉丸三段目(豊竹湊助、糸豊竹湊菊)舞和布刈(中野福江)浄瑠璃四谷怪談伊右衛門住家の段(竹本文太夫、糸野澤勝市)清元喜撰法師(植田千代)舞武者順礼(藤田みね)仁輪加(鶴家團十郎一座)なりと。

〈編者註〉大黒斎木珍は、神戸で有名な幇間。

明治34226日 台湾日日新報

◇淡水館月例会 去る二十三日淡水館に催したる月例会の余興は、例月の如く多人数。楼上に会しては危険の恐れもありとて、階下九号室に於て開会したり。先登壇せるは竹本八重吉の浄るり、三勝半七にて。次は富士松若玉の新内鏡山草履打。其次は即席を以て当時頻りに持囃さるゝ小芝楽にて、最初箱細工といふ落語に台湾応用の落ちを仕組み、夫より看客中より十数種の品物を借りて、甘く当て嵌めたるは大喝采なりし。次は富士松小若の説教源氏節、播州皿屋敷鉄山館にて。其跡へ現れたるは落語家の光芝。大阪で鼓き込んだる張扇子に、いかけ屋普請ほめの二席を演じ、夫より玉田誠玉の講談八百屋お七の読物。例に依つて惜しい処で切り。大切には御馴染の落語三遊亭万朝が、金明竹の一席を演じて散会せしは、午後十時十分なりし。

〈編者註〉この一座の中に三笑亭光芝がいるが、上方の噺家のようで、得意ネタ「いかけ屋」「牛ほめ」とある。四代目文団治は、一時、京都の芝楽の弟子で小芝を名乗った時期があり、この当時、麦団治や小芝の記事がないので、この光芝が小芝の四代目文団治の可能性はある。

34227 大阪毎日新聞

◇芸人の東上 藤明派にて尺八の曲吹を為す西国坊明竹は此程喜笑亭桃枝と改名したるが、今度東京の三遊派の連中に加はる事になり来月一日より東京の各席へ出勤するよし。

〈編者註〉西国坊明竹は尺八の曲引で高座に出た人。本名日比野豊太郎。鳴竹亭明秀、鳴竹亭松秀、笑福亭野笑、笑福亭桂笑等様々な名を持つが、今度また喜笑亭桃枝と改名した。のち上京して一睡軒花堂と名乗る。

上方落語史料集成 明治34年(1901)3月

明治3431日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、さん馬等の落語

笑福亭 小円太一座の落語

明治3431日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内第一湊亭 梅團次、笑福亭松光、月亭小文都其他にて落語

三の宮社内第二湊亭 第一湊亭と同じ

◇[広告]昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當四月一日より、舊一座へ桂梅團次、月亭小文都、笑福亭松光の新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭、三宮社内第二湊亭

明治3433日 中国新聞

◇大阪落語家藤明派の棟梁西國坊明学は一座の落語家と共に昨夜より当地中島集産場鶴の席に乗込み得意の琵琶の曲弾きを聞かせている由。

明治3434日 大阪毎日新聞

◇落語家栄賀死す 桂栄賀事桐ケ谷栄吉は柳派の古顔にして、弘化三年三月、東京麹町平河町に生れ、父の代より名主をなし、傍ら貸本業を営みぬ。栄吉は弱年の頃より長唄を好み、滑稽噺に長じ、先代才賀の門人となり栄賀と名乗り落語家となる。時に二十一歳なりき。本年一月上旬より肺炎に罹り治療中なりしが、一昨日浅草区旅籠代地河岸の自宅に於て遂に黄泉の客となれり。亨年五十六歳なり。

明治3436日 大阪毎日新聞

◇一口投書 最新大阪講談師の番付をお目にかけやう。東大関神田伯竜、関脇西尾魯山、小結三省社一瓢、前頭神田伯鱗、旭堂南右、張出笹井燕丈、石川一口。西大関旭堂南陵、関脇玉田玉芳斎、小結東光斎梅林、前頭藤井臥竜、三省社瓢馬。(天満の常連)

明治3438日 北国新聞

◇東座 先頃お馴染の春風亭鶯枝一座の怪談落語にて今八日より開場と決す。今晩の番組は、御祝儀山本一流獅子の一曲(愛枝)禁酒関所小柳彦九郎(桂小文福)浮世噺素人の寄合酒(立花屋橘枝)義士銘々伝(源、七郎)西洋手品(春風亭寿蝶)剣舞(五歳源、一馬)開花一口問答(総一座)八百屋お七の伝怪談引抜早替り三府流行流行唄改良節(春風亭鶯枝)

〈編者註〉春風亭鶯枝は三代目春風亭柳枝門人。伝不祥。名古屋を中心に旅回りをしている。怪談噺を得意としている。

明治3439日 大阪毎日新聞

◇一口投書 円若が高座へ出ると自称寄席通は口を揃て槍錆を注文するが、円若孰んぞ高尚の唄を知ざらんや、アノ咽喉を以て槍錆ばかりに限らせるのは実に惜しい事であるばかりでなく、槍錆を以て円若の最得意と断定するは寧ろ到底亦可愛相と云はざるを得ざる次第である。(此花通)

明治34310日 新愛知

◇富本席は久々にて三遊亭しう雀の一座がお目見として本日夜より音曲滑稽噺を興行。又近日に初お目見として東京人情噺三遊亭圓左の一座が同席にて興行なすとの評判。

〈編者註〉三遊亭円左は初代。三遊亭円朝門人。嘉永六年生。本名小泉熊山。

明治34314日 大阪毎日新聞

◇南区大宝寺町宝生舘は明晩より例の藤明派落語の連中へ独立軒一心斎と云ふが加はり、改良モルモツト大道具入の怪談早替りを見するとの事なり。 

明治34315日 大阪毎日新聞

◇当地三友派の定席第一第二の此花館及び賑江亭、紅梅亭の四席へ明十六日より東京の三遊亭円生、立花家喬之助(清元端唄)春本助二郎(曲芸師)朝寝坊夢楽等が出勤する由。

〈編者註〉三遊亭円生は四代目円生。三遊亭円朝門人。弘化三年生。本名立岩勝次郎。朝寝坊むらくは明治二十年代に永瀬の円喬として上方に現れた人物で、その後様々に改名を重ねた末、明治三十一年、六代目むらくを襲名した。この襲名は遺族から反対されたが、四代目円生が取り成して実現した。明治二十六年ころ立花家橘之助と駆け落ちしたことがある。明治四十年にむらくが死んだ時、元女房の橘之助が遺骸を引取り、埋葬したという。

明治34316日 新愛知

◇富本席は東京の落語家初お目見として、三遊亭圓左をはじめ、圓雀、圓麗、圓弥、橘家圓寿、鶴賀金之助、三遊亭左の字等の一座にて、本日より人情音曲滑稽噺を興行。

〈編者註〉円左一座の面々は不詳。

明治34321日 大阪朝日新聞

◇葉書だより 鬱散のために平野町の此花館の円生の落語を聞きに行き、咽が渇いたから茶を呉れといふと平場へは出さぬと断られた。例の土地風、成程と思つて居ると、美装した妙齢の女が同じく茶をと言つたら直に持つて来たので僕の鬱散は不快となつた。(一貧生)

明治34326日 大阪朝日新聞

◇堺の芝居だより 卯の日座は明二十七日より翌日にかけて文団治、米団治、小文枝、福松、金之助、新左衛門、文太夫、高尾太夫、昇菊、昇之助、団十郎、団九郎、団之助、松蝶及び竜神橋金正楼、時の家の美形連の共楽会あり。

明治34326日 新愛知

◇長谷川座は笑福亭八百蔵の一座が本日夜より改良講談を開演。読物は、「戸田三勇士」と「暁星五郎伝」なりと。

明治34330日 北国新聞

◇中島座 鶯枝一座の怪談落語今晩の番組は、若旦那五目講談(鶏枝)村芝居権助のしくじり(愛枝)操り獅子の曲(美名本)手品(寿蝶)素人芝居なくて七癖おかめ踊(橘枝)二○加隠し月見座頭(愛枝、小文福、鶏枝)音曲改良節端唄いろいろ(鶯枝)一口問答(愛枝、橘枝、小文福)怪談秋田ぶき扇の的引抜早替り大道具(鶯枝)

明治34331日 大阪朝日新聞

生玉寺町隆専寺境内に曽呂利の碑が建つ>

◇曽呂利の碑 落語家曽呂利新左衛門が予て計画せる自分の記念碑は、今度生玉寺町隆専寺境内に建設したるより、昨日同所に建碑式を挙げたりと。

〈編者註〉この碑に関する記事が213318日、41日の「大阪毎日新聞」に出ているので掲げておく。

曽呂利の碑 予て噂ありし二代目曽呂利新左衛門の碑を川上音二郎が師弟の情誼を以て一個にて建設する由なるが、場所は天下茶屋付近にて目下選定中なり。石は自然石高さ一丈八尺のものにて既に難波新地溝の側の石工太田が引受けたりと」(213日)

「曽呂利の建碑式と画会 第二世曽呂利新左衛門(落語家)の記念碑を川上音二郎が寄進する事は曾て記載したるが、その場所は天下茶屋と仮定せしと変更し、愈よ本日生玉中寺町隆専寺の境内へ設立する事となり、来る三十日を期して建碑式を挙行する筈に付き、中川芦月氏発起人となり、同日同寺に於て絵画の揮毫会を開く事となり、上田耕沖、同耕甫、湯川松堂、喜多暉月、松並長年、深田直城、山本永暉、江森晴雲等諸氏も出席する由」(318日)。

曽呂利の建碑式 曾て記載せし如く生魂寺町隆専寺の境内に建設せし落語家曽呂利新左衛門の建碑式は一昨日午前十時より挙行したるが、頗る盛会なりしと。因に記す、同寺境内の糸桜は本月四五日頃が見頃なるべし」(41日)

碑面に「野ざらしや皆月花のゆめの跡」の曽呂利の句が刻まれたこの碑の写真が『落語系図』(70頁)に載っている。またこの碑は生玉寺町隆専寺に現存する。

明治34331日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内第一湊亭 梅團次、米團次、三福一座の落語

第二湊亭 第一湊亭の如く是迄の内松光、小文都の二名が抜け米團次、梅團次、三福一座の落語


上方落語史料集成 明治34年(1901)4月

明治3441日 大阪毎日新聞

◇東京の女改良話若柳燕嬢と云ふが来阪し、三友派の定席平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地紅梅亭等へ本日より出席するよし。

編者註〉若柳燕嬢は初代談洲楼燕枝に入門、若柳燕嬢の名で女性落語家となる。高座では古今賢婦伝などを新講談風に演じた。本名麻生たま。明治末に女優に転身した。

明治3441日 大阪朝日新聞

三遊亭円生等の一行は此程来阪して三友派の寄席に掛り居たるが、既に定約期日も済みたれば一両日の中東京へ引揚げる筈。其に引違へて今一日東京より乗込むは女改良話若柳燕嬢にて、平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地の紅梅亭へ出席するよし。又桂派の各席にて演じ居たる東京の講談家松林伯知は昨日限り阪地を名残とし、今一日より十五日間京都新京極桂派の席に現はるゝ筈なり。

明治3441日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎一座の落語本日より伯知出演

笑福亭 小円太、円篤一座の落語

3442 大阪毎日新聞

◇一口投書 堺市内に寄席四ケ所あれど主として興行するは浮れ節に限るものゝ如し。堺市人の嗜好も之を以て大概は知らるべし。(HT生)

明治3442日 京都日出新聞

◇幾代亭は昨日より猫遊軒伯知が加はり、さん馬、露紅は帰阪。

〈編者註〉露紅萩の家露紅。三味線の曲弾き。

明治3443日 大阪朝日新聞

◇南地法善寺紅梅亭、平野町此花館、常安橋第二此花館、北堀江賑江亭(以上三友派:曽呂利、福松、文団治、女落語家若柳燕嬢

◇南地金沢席、淡路町幾代、北新地永楽館、新町瓢亭(以上桂派:文枝、円馬、さん馬、文三、小文枝、南光

◇松島文芸館、靱の靱舘、大宝寺町宝生舘(以上藤明派:明学、正楽、藤兵衛

明治3447日 北国新聞

◇小福座 本日より天光女一座の諸芸にて開演。今晩の番組は、式三番叟引抜手踊り(光天、光花、小文里)弥次郎兵衛喜多八旅日記(里若)東京両国の夕涼の花火(天光女)芝居ばなし(小文里)七福神所作事(光花、光天)七変化早替りかさね怪談引抜(天光女)落語天神参り(文里)水火の早業(天光女)幻妙大奇術(天光女)猶ほ大景物を出すべしとなり。

34410 大阪毎日新聞

三友派の定席へ来る十五日より独楽まはしの松井源水と同菊水が出勤する由。

桂文之助、小円太、新内語り円蝶、文蝶等は紀州新宮へ出稼ぎすると云ふ。

34411 大阪毎日新聞

◇少女の浄瑠璃 落語家桂派の定席南地の金沢亭及び北新地裏町の永楽館へ本日漸く三年八ケ月になる竹本玉八と云ふまだ〳〵舌もまはらぬ少女が出勤して巧みに浄瑠璃を語るとの事なるが、この玉八は東京より今度来阪し大隅太夫の門人となりし竹本隅玉の娘なるよし。

34413 大阪毎日新聞

◇落語家連中の観花 文枝を初め円馬、小文枝、文三、文屋、南光、万光その他一騎当千の落語家連中(桂派)数十名と席主及び関係人等を合して百数十名が明日桜の宮へ観花に出かける由なるが、一行は例年の通り道頓堀川太左衛門橋詰より大屋形三艘と茶船五艘その他通船数艘に乗込み、揃ひを着て花やかに囃し立て漕ぎ行くとの事なり。

明治34413日 新愛知

◇富本席は明十四日より東京滑稽噺三遊亭しう雀一座の滑稽噺を開演。

明治34414日 大阪朝日新聞

◇落語家の花見 智恵自慢の大天狗を以て満されたる桂派の落語家連は、今十四日を以て桜の宮土手へ花見に繰出す筈なるが、其趣向に就てアヽでもない斯でもないと首を捻くり廻した末、一同道頓堀より装飾を施したる家形船へ乗込み、鉦太皷の囃子を入れて陽気に漕ぎ出し、船のかしこへ着するや、一同板締メリンスの股引足袋をはいて、頭部には此程同派にて調製したる揃ひの章帽を頂き、一斉に上陸して思ひ〳〵の芸尽しをする筈なり。(後略)

明治34415日 大阪朝日新聞

◇客臘円遊一座と共に来阪して好評を博したる独楽廻しの十六代目松井源水、改良講談殘月楼菊水は今十五日より三友派の各席へ出勤し、若柳燕嬢も帰京を見合せて前記一座と共に今く姑らく滞在する由。

〈編者註〉殘月楼菊水講釈師二代目錦城斎一山門人菊水。大阪へ来て殘月楼菊水と名乗り、二代目桂文団治門人となって桂家残月となる。その時期は下記831付「大阪毎日新聞」に「桂家残月」の名が見えることから、今年の9月に改名したようだ。活動写真の活弁に転向していた時期もある。

34415 大阪毎日新聞

◇曲独楽の元祖松井源水、改良滑稽噺残月楼菊水等は本日より東区平野町第一此花館、西区江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地法善寺紅梅亭等へ出席する由。なほ本月一日より出演の若柳燕嬢は非常の好人気に付き本月仲打続る筈なり。

◇東京三遊派の新朝、遊好、左遊、立花家和歌吉の連中は本日より松嶋文芸館、靱の靱舘、南区大宝寺町の宝生舘等へ出席する由。

〈編者註〉
三遊亭新朝はもと円花を名乗り、今度四代目新朝を襲名した。
円朝に特に目を掛けられ、旅に出るときは必ず同行した。明治二十五年九月、円朝が大阪公演をしたときも一座している。地味な噺ぶりで客受けはしなかったが、ネタの持ち数は三遊亭随一といわれた。
三遊亭遊好
は初代円遊(ステテコの円遊)門人。仇名を「ご随意の遊好」という。明治末年に長崎で客死した。本名岡宮恒吉。
三遊亭左遊は二代目円遊門人。
立花家和歌吉は常磐津の音曲師。本名青木てう。今年の末に二代目東家小満之助となる。因みに初代は四代目都々一(坊)扇歌を襲名した志沢たけ。明治
37年ごろ四代目三升家小勝と上方へ駆け落ちしている。

明治34417日 京都日出新聞

◇幾代亭昨夜よりの出番は 六時三十五分(光輔)、六時五十分(酒鶴)、七時五分(小文吾)、七時二十分(柳枝)、七時四十分(円丈)、八時(文雀)、八時十五分(手遊)、八時三十分(円光)、八時五十分(小円竜)、九時十分(枝鶴)、九時三十分(文歌)、九時五十分(市馬)、十時五分(文光)、十時四十分(文三)、十一時(枝太郎)、切(文吾
〈編者註〉光輔は桂光輔。文光門人でこの年が初高座。のちの桂三八。

34418 大阪毎日新聞

◇三遊亭左円遊 円遊の高弟で当時売出しの落語家左円遊は今度当地に来り、大宝寺町の宝生舘、靱の靱舘、松嶋文芸館の各席へ去る十五日より出席し頻りに愛嬌を振まき煎るよし。

〈編者註〉三遊亭左圓遊は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。のち二代目円遊を襲名するが、師匠のコピーの域を出ず、評判はいま一つであったそうだ。

34421 大阪毎日新聞

◇咽喉と胆とを潰した左円遊 去る十八日の紙上に一寸記し置きたる東下りの左円遊は、何が偖(さて)関西へは臍の緒切つて初めての鼻の旅とて、一行の参謀長には六、七年以前(まえ)、今は故人の円朝が浪花座へ乗込んだ折、巾着になつてついて来た当時の円花今の新朝を頼み、介添としては橘家和歌吉を引張り、同勢すぐつて六人連、十四日の朝一番に眠い眼を擦りながら新橋を飛出したが、汽車の中の退屈紛れ、われわれ鹿仲間ともあるものが只鼻糞をほじりながら欠伸まじりに東海道を下るでもあるめえ、何か一ツ芸尽しでもして五十三次を押通さうではないかと云ふ左円公の発議に、それよからうと乗地(のちじ)になり、前座に花を振まいたは参謀長の新朝、これを手初に函の中は傍若無人の大陽気、三太夫格の花遊まで忘れた忘れた寝忘れたと越後甚句に骨(こつ)を遣(や)れば、和歌吉得意の夕桐にしんみりとした処を聞かせるなど、てもなく汽車のなかへ寄席の出店を開いたやうなもの、東海道慈善大演芸会とでも銘打たきばかりなれば、乗合の客はロハで芸人を雇ひ切りにしたやうなものだと興に入り、こンな安上りな面白い旅はないと頻りに煽てる処から、よせばよいのにいよ〳〵図に乗り、列車中に響けとばかり声を張上て騒いだので、お蔭で咽喉をいためたのにはめい〳〵お気がつかれず意気揚々とその晩大阪へついたまではよかつたが、偖翌日から席へ出て見ると薩張り声が立たず、はて怪しやなアと不思議がるまでも無く、的切(てっき)り汽車中で慈善を施した報(むくい)と今更悔んでも追付かず、えゝ畜生、いめえましい折角、得意の野晒しに成田小僧、花見小僧、素人の車挽き等で江戸くだりの初御目見えに充分(たっぷり)とした御土産を差上げ、成程此奴(こいっ)ア面白いと御評判を願ふ積りが、これは亦何たる因果かとその晩はどうやらお茶をにごして切上た後、和歌吉の合の手入りで連(しき)りにめそついて居ると、新朝ぐつと反(そりか)へり、なにさ〳〵これは何も己等(おいら)達の咎ぢやアねえ、なるほど声の立たねえのは汽車中の報もあるだらうが、実は高坐の構造(つくりかた)が江戸と大阪(こっち)は違うからで、じたい囲りは杉板の板戸で立切り、高坐の上の鴨居の垂が声の力を強める様に少し深く造られて居る席で話し馴た己等(こちとら)には、大阪(こっち)のやうに周囲(めぐり)は紙張りの襖で仕切り、垂は浅く坐席は広いと云ふ事になると余程余裕を持ねばなか〳〵力が籠り兼る、諸事斯(こう)云ふ事は拙(せつ)に聞て先づ其から考へ玉へと、おほんと済した其の顔付、別誂への顎の長さは斯云ふ時に似合うものか、成程さては左様(そう)であつたかと一同これから声の加減に唐紙向きと云ふ事を発明し、此の二三晩試みて見ると利目は早速の客の受方ジワがなか〳〵よく来やすとは真更(まんざら)の自惚でもあるまじ。因に記す左円遊は松嶋文芸館を、新朝は靱館を、和歌吉は宝生館を何れも切として勤め居り、新朝は心眼、踏違ひ、素人鰻等に、和歌吉は戻橋、夕桐、三世相、廿四孝なぞを何れも得意の咽喉と舌に大車輪の働らきを見せ居る由。

〈編者註〉花遊は三遊亭花遊。始め二代目三遊亭円馬門人で竹馬、のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人で奴遊と名乗り、明治三十一年ごろ花遊となる。本名野村甚三郎。隻眼の音曲師。なお六人というのは左円遊、新朝、花遊、和歌吉、遊好、左遊の六名。

明治34421日 新愛知

◇富本席はジョンマルト改め遊天斎明一の一座にて近々開場となる一座は三遊亭寶遊、遊三郎、立花家千橘、三遊亭遊福、龍三、圓弥、左遊子、花澤扇花等の西洋奇術と音曲滑稽噺なりとの評判。

〈編者註〉三遊亭宝遊は本名小林勝太郎。三遊亭遊三郎は初代三遊亭遊三の妻の甥にあたる。伯父の門人となり三寿から遊三郎となった。明治36128日付新愛知に「遊三郎改め三遊亭若遊三」とある。大正2年、二代目三遊亭遊三を襲名した。三遊亭遊福ははじめ遊天斎明一の助手を勤めていたが、のち三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人となって福遊と名乗った。本名鳥居兼吉。三遊亭左遊子は二代目円遊門人で桂文若の娘。浄瑠璃。その他の面々は不詳。

明治34423日 京都日出新聞

◇明巣狙い 再昨廿日御 午前一時頃河原町通三条上る落語家喜鶴[木鶴]妻見田まつ夫婦が、新京極笑福亭の席果てゝ帰宅せしに、台所奥の間に土足の跡あるのみならず、奥の間箪笥の錠前を悉く捻ぢ切り、抽出在中の絹布衣類四十余点銀側懐中時計外数点(価格百九十二円余)の盗難に罹り居るにぞ。其由所轄警察署へ届出でたるを松原署の三刑事が聞知し、元新京極興行席に使用せられ居る内懐中時計を窃取し、京都監獄署に入盗し、去る十九日即ち右盗難の前日放免となりし、但馬出石生にて大阪南区難波新地三番町在籍の黒田春雄(十九)が、昼間新京極を徘徊せる事を探知せしにぞ。全く此奴が窃取せるものならんとの目星を付け、専らその所在を捜索し居りしも、何処に潜伏せるや判明ならず、尤も大阪には母親ふみゑ(四十二)が居住し居れば、必ず仝地へ赴くなるべく、監視なる身は京都停車場へは立寄るまじ稲荷停車場か伏見淀川汽船にて大阪へ立越すべしと、中村、和田、八田の三刑事は伏見街道一の橋に網を張り待ち居りしに、果して昨朝八時頃大風呂敷を背負ひ来るは擬ふ方なき黒田春雄なりしにぞ。刑事等は取押風呂敷包を検せしに見田まつの被害品なりしにぞ。松原署に引致し取調べを経て、物品は被害者に下渡し、春雄は昨日裁判所送りとなる。

〈編者註〉喜鶴は木鶴(二代目笑福亭木鶴・本名岡田文里)の間違いだと思うが、妻の名が「見田まつ」となっている。岡田の誤植かと思うが、木鶴の養子の鶴松(文我の倅)が見田徳太郎とあるのであながちそうとも言えない。これ以上の詮索は不可能。

明治34426日 北国新聞

◇新富座 娘義太夫を打揚げたる同座にては、本日より東京初下り三遊亭圓橘一座の落語にて開演の筈なるが、一座中人情講談師田辺南花あり、毎夜義士銘々伝を講ずべく、初日は高田軍兵衛伝にて。圓橘は三遊十八番の内得意の物を演じ、其他一座の車輪の勉強なりといへば、定めし大人気を見るとなるべし。

〈編者註〉三遊亭圓橘は二代目円橘。三遊亭円朝門人。天保八年生。本名佐藤三吉。

34427 大阪毎日新聞

◇檑木往生 と書いて蓮華往生と聞えるから可笑(おか)しいが、また落語家の失策談だけに飛んだお愛嬌なり。さてもその後東京下りの三遊亭新朝は毎夜のお笑草に何ぞ此は珍だと云ふ落(おっこと)しを拵へて是非一ケ月の興行は二月にも三月にも喰延さうと云ふ魂胆すさまじく、頻りに湯呑でがぶついて見るが一向に肝腎のお笑ひが来ず、国家老落し話の落を掘りといふ川柳の文句では無(ない)が、落した話を落たと聞取て貰へぬとは情ないと躍起となつて考へ込み、呍々(うんうん)呻つた揚句の果が、長い物には捲かれろの譬、大阪で話を落すには第一大阪の言葉を学ぶに如(し)くはなしだと、当人大いに悟つた積りで日々靱舘の裏二階に下足の爺(おやじ)を引擦上げ、何処から借て来たか黒板を旅葛籠の上に立掛け一生懸命何か書つけてはおさらひをして居るので、どンな事が書いてあるのかと黒板の上をそつとのぞいて見ると、銀杏髷を新蝶々、天神髷をばい蝶々、みつ輪を三ツ揚げ、結ひ綿をつぶしと云ひ、鬘下地を眼鏡と云ふなどゝ頭のものゝ称呼(となえ)から、一つ駒下駄を引擦と称し、又一名を神戸下駄と呼ぶ、一ツ東下駄は之を琉球と云ひ、一つ雪駄は裏が八ツに割てある故(ゆえ)これ乃ち八ツ割なりなどと、当年取つて三十三年となつた一箇月の小学生徒、覚えた者は手を上てと云はぬ許りの必死の勉強、其の結果は一週間で卒業と云ふ大速成、さア此からは何でも来いだ、何だと其(そり)や切干じやアねえや千切りと云ひねえ、おひつといつたらおはちの事、いかきと云つたら笊の事よ、どンが鳴つたら十二時だと、まぜつかへしなさんな、そんな心がけだからいつも落が来ねえんだ、なに火が落てると、おゝ七輪から火が、おつと南無三七輪けつぱい、それ〳〵ものだ、かんてき〳〵などゝ、一人天狗を極込んで居るので、連中は業腹で耐(たま)らず、何日か揚足をすくつてやらうと待構へて居ると、天運循環、二三日前市中見物の帰途和歌吉、左円遊共々三人連で北浜の左る処に押上り、鶏(しゃも)鍋を中に囲んでじわつかせたのが運の尽き、諸事注文方は大阪通の新ちやんに任せるんだよと計略に乗掛るとは露知らず、委細拙がの大呑込みで引受たまでは無難であつたが、汁が大分多くなつたので左円遊は、おい新ちやん此の汁をすくひたいが一つ蓮華を貰わうじや無かと何気なく持懸ると、おつと承知で女中を呼び、おい女中(ネー)さん一寸蓮華を貸とくれやす、何、何も奇体(けったい)なことはないさかい、これ〳〵何がおかしいのや、れんげと、さう〳〵その蓮華でおまつせと珍な口調でやつともぢり付け、如何だ巧いもんだらう、大阪言葉はかう来なくツちやアいけやせんと大得意で反かへツて居る処へ、襖ん蔭から笑ひながら、はいれんぎとぬつと突出すのを見ると、此は意外にも山椒の木の大檑木(すりこぎ)、あつと新朝覆反(ひっくりかえ)ると、左的、素早く両手で抱留め、おい和歌ちやんこれが大阪の散蓮華だつてさ、それ新ちやんに持せて汁をすくつて貰つてお呉。

明治34429日 大阪朝日新聞

◇三遊亭円遊の秘蔵弟子小円遊は近々来阪する旨円遊より通知ありぬ。また、当地の曽呂利新左衛門は十五年振にて五月一日より京都新京極の笑福亭へ出勤する由。

〈編者註〉三遊亭小円遊は初代小円遊。明治四年生。本名鳥羽長助。明治35829日、旅先の尾道で急死した。

34430 大阪毎日新聞

◇東京初下り柳家小さん、同小三代女、同小三佐女、同小三郎、同小山三と松林伯円の門人にて改良人情噺松林小円嬢等は今度当地に来り桂文枝、三遊亭円馬、桂文三等の一座に加はり、明一日より南地金沢席、淡路町幾代亭、新町瓢亭、北新地裏町永楽館等へ出勤するよし。

◇当地の曽呂利新左衛門は久々にて京都へ出稼ぎし新京極の笑福亭へ三遊亭三福を連れて明一日より出勤するよし。

〈編者註〉柳家小さんは三代目小さん。安政四年生。本名豊島銀之助。この小さんはこれ以降も何度も上方へやって来ている。柳家小三代は古今亭今坂の娘で梅村わか。三代目柳家小さんの妾。柳家小山三は三代目小さん門人。のち小さんの番頭役を勤めた。文久三年生。本名中井清之助。その他の面々は不詳。

明治34430日 京都日出新聞

◇幾代亭出勤の桂文三は来月も出勤する筈であつたが都合に依り本日限り帰阪し、代りには円馬がお目通りする事になつたと。


上方落語史料集成 明治34年(1901)5月

3451 大阪毎日新聞

◇三遊亭円遊の弟子にて当時売出しの若手三遊亭小円遊は今回同三勝、同正右等と共に当地に来り、初お目見として本日より三友派の定席平野町第一此花館、江戸堀第一二此花館、堀江賑江亭、南地法善寺内紅梅亭等へ出勤する由。

◇曲独楽の元祖松井源水も好人気に付き本月中引続き前記の各席へ出勤。

〈編者註〉正右は三遊亭円右門人で、のち帰天斎正一門人となって小正一と名乗った。本名平山平吉。

◇新講談残月楼菊水は本日より藤田伝三郎氏の伝記を講演する筈。

若柳燕嬢は本日より神戸の各席へ出勤し、来月一日より再び当地に立帰りお名残りとして十五日間三友派の席へ出勤するよし。

明治3451日 大阪朝日新聞

◇東京の落語家柳家小三は今度同門二三名及び松林小円女と共に来阪して、今一日より桂派の客分となり金沢席、幾代席、永楽館、瓢亭の各寄席へ出勤する由。なほ桂派の席亭には同日より大隅の門下にて当年四歳になる竹本玉八と隅玉の浄瑠璃ありと。

◇同日より三友派の平野町、江戸堀、堀江、法善寺の各席には予報の如く東京より三遊亭小円遊、三勝、正右が新下りにて出席し、例の曲独楽松井源水もなほ一箇月滞在し、残月楼菊水も加はるよし。同席に出で居りし若柳燕嬢は本日より神戸楠公社湊亭に十四日間出席す。

明治3451日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 円馬、枝太郎一座の落

笑福亭 小円太、円篤一座の落語

明治3451日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内第一湊亭は燕嬢、小福、圓篤、桂米朝、笑福亭連の落語

三の宮社内第二湊亭は第一湊亭の通り

〈編者註〉小福は初代笑福亭福松門人で笑福亭小福。二代目染丸の忰。

明治3452日 北国新聞

◇新富座 落語怪談今晩の番組は、四つの袖木津の婚礼(三遊)寛政力士伝四海波本場所入の段(面馬)落語朝食前備屋問答(駒之助)加賀の義士伝(南花)落語成田小僧(圓橋)怪談牡丹燈籠敷島殺しの段(圓橋)

〈編者註〉小福座は、小文里「芝居噺高田の馬場」文里「後家殺し」。猶、新富座は、圓橘一座から二日より圓橋一座に変更されている。元々、圓橋一座であったのか、又は都合で圓橘が帰京したのか不明。

明治3452日 京都日出新聞

◇幾代亭昨夜より出番は午後九時二十分(枝鶴)、同四十分(文歌)、十時(市馬)、同二十分(枝太郎)、同四十五分(円馬)、十一時(文光)、切(文吾)で、小堀鴨東館とカケ持。

3453 大阪毎日新聞

◇時々欠勤して舞台へ顔を見せざりし桂派の領袖文枝は昨今大勉強にて受持の席へは夫々出勤する事となれり。

文之助、小文都、新内の団朝、文朝、璃喜松等の一座は一昨日より大和国奈良市の尾花座へ出席し居る由。

◇東京の落語家柳家こさん外四名は一昨々日当地に着したるが、一昨日は正午より中之島公園森吉楼に於て桂派の一座と各席主及び関係人等数百名を招きて顔つなぎの宴会を開きたる由。

明治3454日 北国新聞

◇新富座 落語怪談今晩の番組は、住吉駕籠(三遊)寛政力士伝(西馬)落語吉原八景(小満の助)加賀の義士伝石川虎冶□浅の川処刑の段(南花)代り目(圓橋)怪談牡丹燈籠(圓橋)

明治3455日 大阪朝日新聞

◇招魂祭の余興 来る六、七の両日城南練兵場にて執行さるゝ招魂祭の余興に落語家桂文三、小文枝、文屋、南光、万光の五名より松林の下へ茶席を設け茶の饗応を寄付…。

明治3457日 北国新聞

◇小福座 本日より五日間圓橋一座にて開演。今晩の番組は、享保五人白波雲の伝(西馬)天和政談恋の緋鹿の子(南花)観音利生記順礼の仇討(圓橋)怪談かさねガ淵(圓橋)

明治3457日 京都日出新聞

◇笑福亭は丁度曽呂利新左衛門が出勤するので毎夜の大入、特に同人が唄の文句を絵にして描くのは専売物の事とて大喝采。

明治3458日 北国新聞

◇小福座 既記の如く本日より新富座にて喝采を得たりし三遊亭圓橘一座の落語怪談にて開演、今晩の番組は、弥次喜多旅日記(桂里若)享保五人男(三遊亭西馬)新談畝傍軍艦行跡(大和武夫)梅川忠兵衛実録(田辺南花)圓朝十八番巡礼札所の仇討(三遊亭圓橘)

34512 大阪毎日新聞

◇慈恵演芸会 大阪慈恵病院へ寄付の為め今十二日一時より西区新町婦徳会場にて催す慈善演芸会の番組は左の如し。

〈編者註〉この会へ出演した落語家は林家花丸、三遊亭円三郎、桂藤兵衛、桂慶枝、桂文屋、桂枝雀。

明治34512日 京都日出新聞

◇幾代亭へ来る十五日より出勤する和歌吉、新朝は共に初御目見えにて、和歌吉は三味線に堪能の女なりと。

34513 大阪毎日新聞

○大阪寄席の三徳(柳家小さんのお世辞) 

此の模様では私も大阪に尻を据たう御座いますと柳派の頭領小三が真面目の言葉に、そも何が師匠の気に入つたのかと聞て見ると、先ず三ツ御座いますなと云ふ。三ツとは嬉しひ訳だ、一つ承はらうと云ふと、では申上ましやうが、先以て私共の芸人には寄席以外の御話は出来ませんので三ツ嬉い処が御座いますと申上ても皆手前共の内輪の事、御吹聴申す程の事では御座いませんが。

 第一、芸人の親睦(したしみ)

で御座いますな。東京では芸人集会の席にまいりますと、此は誰彼は某と名前を名乗らるゝと直ぐに其言葉つきと扱い振で適然(ちゃん)と解りますな。師匠ばかりでなく相弟子でも何枚上とか何枚下とか、其はまう決して間違う事は御座ません。処が大阪にまいつて芸人衆のお集りになつて居らつしやる席に出て見るに、誰が上だか誰が下だか、師匠だか弟子衆だか薩張り解りません。話口調でゞも少しは知るだらうと耳を引立て居ましても、皆々様で紹介されて初て此が師匠此が弟子衆と云ふ事が解る様な始末、芸人は此は東京の方が上下の区別が判然(きちん)と付て居つて如何にも奥行きがある様に見(みえ)るとの仰で御座ましたが、小三(わたくし)は大阪の方を賛成致しますな。名人に師匠無し、上手で御客様の御機嫌に叶つて而して人を引立て遣る事が出来る様になれば其が真を打つ。芸人は誠に腕次第なもので御座(ござい)ますから、師匠だとか弟子だとか云ふ時の名前で無理に大きな面を而(し)て見たり、嫌に小さくなつて見たりする必要は無ので、皆同様(おなじ)様に同業者(なかま)の親睦(したしみ)を厚うする工夫の方が大切であらうと考へられます。其の点から申すと大阪の芸人衆は誠に上下の区別なく皆兄弟同様に笑さゞめいて居らつしやる処は美風で御座(ござい)ますな。此は何処〳〵までも保存して置たい事で御座います。

 第二、高座の心掛

総てが茶がかつた構へ、半間の置床に花生の一輪ざし、置物襖までちんと整つた高座と云ふよりはお座敷造りで、坐つて居る者の心掛も宜敷(よろし)う御座ますから御客様の方でも定(さだめ)て見よいやらうと考へられます。東京から参つた落語家の中には声の調子が執りにくいとか話工合が悪いとか申す者も有る様で御座(ござい)ますが、其は必意自身勝手で、芸人はお客様方の心持よく御聞きくださるのを悦ばねばならぬ訳、声の調子や話工合は場席に応じて加減する位の心得は持て居らねば芸人とは云へぬ次第で、高座の構造は何処までも此方(こちら)が宜敷(よろし)う御座います。

 第三、中入れ無し

東京で落語をお聞のお方はご承知でも御座いましやうが、東京の寄席では切り前に中入れを五分なり十分なり取つて、此の間に茶菓子を売付る習慣が御座ます。茶菓子は必意御客様の御需(おもとめ)になればこそ代を載て差上るので御座ますが、お客様は茶菓子よりも話をお需になつて頻りに手を拍いてお出(いで)になるにも係らず、無理に担ぎ回つて押売する様な傾も御座(ござい)ます。第一御客様に対しては失礼な話で、落語家に取つては折角前坐から真打までの間に自然に面白味が加はり興味が添つて行うと云ふ腰を折られるので此様(こんな)情ない事は御座(ござい)ません。此の悪い習慣は如何かして正したいものだと小三(わたくし)なども種々持出しては見ますが一向に採用されません。其れに大阪は全く左様云ふ事は無ので、お客様にしても落語家(われわれ)にしても此程結構な事は御座ません。

先づ以上が大阪寄席の三徳で、これだけ整(そろ)つて居る処から小三(わたくし)なぞは此方から願つても興行(やり)たい程で御座(ござい)ます。何しろ結構な土地で御座いますなアとは何処まで抜目の無き男ぞ。流石は柳派の頭領だけに甘(うま)いぞ〳〵。

明治34515日 新愛知

◇富本席は今夜より東京音曲滑稽噺三遊亭一圓遊一座なりと云うが、同人は売出のチャキチャキにて、非常の愛嬌者なれば定めて好評を博すべしと。

〈編者註〉三遊亭一円遊は初代円遊(ステテコの円遊)門人。のち大阪だけで二代目円遊を名乗る。本名滝梅三郎。

明治34515日 京都日出新聞

◇幾代亭今夜よりの出番は午後八時二十分カケ合(枝太郎、手遊、小円竜)、同四十分(新朝)、九時(文歌)、同二十分(円馬)、同三十分(市馬)、同五十五分(枝鶴)、十時十五分(和歌吉)、同五十分(文三)、十一時(文光)、切(文吾)。尚同席も来月中には電話を架けると。 

34516 大阪毎日新聞

◇予て評判の高い子供の浄瑠璃語り玉八は昨日より淡路町の幾代亭へ出席せり。また同亭は近来種々近々種々改正したる結果、毎夜大入の好景気なるよし。

明治34516日 北国新聞

◇新富座 落語今晩の番組は、曽我対面大磯の茶屋場(丈國)落語土橋萬歳千両みかん(きん馬)侠客甲斐祐天国定忠治出合(南玉)落語破れ太鼓の馬鹿囃子(西馬)大岡仁政談獄門金造八王子乗込、藤田伝次郎有馬温泉場中野吾一出合(柳川仙蔵)

◇小福座 講談落語今晩の番組は、弥次喜多旅行日記(里若)北越力士越の海勇蔵伝(西馬)商業三傑藤田伝次郎(千山)赤穂義士伝山科浪宅に於て前野利兵衛大石に初対面(燕翁)新作噺質屋蔵(小文里)大久保彦左衛門一心多助智恵比べ(南玉)

明治34519日 京都日出新聞

◇幾代亭へは東京柳派の落語の泰斗柳家小さんと彼の束髪に結つて手□を振廻し一時柳派の花と呼ばれた柳亭燕嬢等外二三名がお目見得するとかいふ。そこで枝太郎、市馬、円光、手遊外二三名は交代で奈良へ出稼ぎでござい。

明治34521日 新愛知

◇真砂座は本日より吉川辰丸二代目改め吉川王斎一座の浮れ節。

明治34522日 京都日出新聞

◇笑福亭は曽呂利と交代で来月一日より天下一品の独楽廻し松井源水、米朝、松喬外二三名出勤と神戸出稼中の円篤がお目通り。

明治34524日 京都日出新聞

◇幾代亭へ来月出席する燕女は都合にて中止となり其代は柳家小三、小三代、小三佐、小二郎の四人が出勤する事となり小三代、小三佐は常磐津、浮気世節、都々逸等の掛合を為す由、又枝太郎、枝鶴、円光、手遊は奈良へ出稼ぎの筈なりしが俄に名古屋の富永席へ出勤する事となれり。

34530 大阪毎日新聞

◇当地桂派の定席淡路町の幾代亭その他へ出勤中の柳家小さんその他東京連中は本日限りにて西京へ赴く事となり、その跡へ来る六月一日より柳家小三治英国人ジヨンベール、松柳亭鶴枝、中室露骨が出演するよし。尚また松林小円女と竹本玉八は居残り居るとのことなり。

◇三友派の定席へは東京の講談師村井貞吉が来月一日より出席する由。

◇松嶋の文芸館、靱の靱舘、大宝寺町の宝生舘の三席へ来月一日より東京の落語家円右、円橘、遊七、明一等が出演し、去る十五日より出勤中の遊三郎、宝遊、千橘、円弥等と一座する由。

〈編者註〉柳家小三治は三代目柳家小さん門下で、のち三代目古今亭今輔を襲名する。本名村田政次郎。ジヨンベールは本名森栄吉、兼吉とも。風貌が外国人に似ているので似非英国人として高座にあがり、色物として珍重された。松柳亭鶴枝は三代目小さん門下で二代目鶴枝。初代鶴枝(本名北川藤吉)同様百面相を得意とした。本名高橋喜太郎

明治34531日 大阪朝日新聞

◇桂派に出席し居たる東京の落語家小三及び小三代、小三佐の一行は六月一日より西京新京極同派の席亭へ乗込み、入換りて当地へは例のジヨンベール、柳家小三治、松柳亭鶴枝、新落語家中村露骨の四名が出席し、なほ松林小円女、竹本玉八の両人も今一箇月は当地に留り金沢、幾代、永楽、瓢の各席に出づべしと。

◇三友派にては六月一日より東京下り富士松富士太夫、鶴賀式造、同鶴蔵、春風亭梅枝、三遊亭三福、新講談邑井貞吉が例の賑江、第一二此花館、紅梅の各席に出づることゝなりたり。

◇一方に文芸、靱、宝生の各席へは同日より東京下り三遊亭円右、橘家円橘、三遊亭遊七、遊天斎明一の四人が出ることなり、三派三巴にての寄席競争面白いことなるべし。

〈編者註〉春風亭梅枝は三代目柳枝門人で明治32年に梅枝となった。後年風雷舎金賀と名乗った。弘化五年生。本名二宮長三郎。

明治34531日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内第一湊亭 残月楼菊水の講談、新古亭真生の音曲噺、手踊寶集家金之助の常盤津、新内曲引。

三の宮社内第二湊亭 第一湊亭の通り

明治34531日 新愛知

◇富本席は既記の如く愈々明日より、三府合併音曲滑稽ばなし、桂枝太郎、同枝鶴、三遊亭圓丈、同市馬、同小圓龍、笑福亭圓光、桂枝之助、同手遊、同枝三郎、同光竹等の大寄せなりと。

〈編者註〉三遊亭圓丈は確定できず。桂枝三郎は二代目桂文枝門人で初代枝三郎(本名田中春吉)。酒癖が悪く、それが原因で明治39年に自殺した。桂光竹は不詳。

上方落語史料集成 明治34年(1901)6月

明治3461日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 小さん、文三、円三郎一座の落語

笑福亭 小円太一座の落語

明治3461日 京都日出新聞

◇幾代亭本日よりの出番は午後八時四十分(小文吾)九時(小山三)同二十分(文雀)同四十分(文光)十時(円三郎)同二十分(小みよ、小みさ)同四十分(柳家小さん)切(文吾)等で、文三は脊髄病とかで一昨夜大学医院へ入院したと。

〈編者註〉時期は何時か分らないが、小さんが終ったあと客がほとんど帰ってしまい、そのあとに出た文吾が「小さんがお目当てのお方はほとんどお帰りですが、まだ残っているお客さまは文吾の噺を聞いてやろうという方のようで、客席がまばらだとやり難いのでどうぞ前にお詰め合わせ願います」といってたっぷり一時間演じたという話が伝わっている。小さんがこの桂文吾から「らくだ」を伝授されたのは有名な話である。

明治3461日 神戸又新日報

◇広告/昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當四月一日より、舊一座へ三遊亭遊好、新古亭真生、寶集家金之助、残月楼菊水の新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭、三宮社内第二湊亭

明治3461日 北国新聞

◇小福座 今晩より大景品を出す由其番組は、式三番叟(光花、光天、小文里)人情音曲ばなし(里若)和洋手品一流万ばい箱(天光女)芝居噺遊山船(小文里)七福神所作事(光花、光天、光澤)大江山源頼光御殿より七変化替土蜘迄(天光女)道化軽口返り討ち(光天、小文里)西洋奇術白狐戯れ(天明)落語神道の争論(文里)幻妙の大奇術(天光女)

〈編者註〉六月十四日迄興行

3462 大阪毎日新聞

◇此程記載せし如く東京の講談師村井貞吉は愈よ昨日より平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地紅梅亭の四席へ出演する由なるが、その他音曲噺春風亭梅枝、三遊亭三福、富士松太夫等も出席に居る由。

◇松嶋文芸館その他へ昨夜より出席する円右、円橘、遊七、奇術師明一等は昨日大川を船にて乗込を為せしとの事なり。

3466 大阪毎日新聞

◇松嶋文芸館、靱の靱舘、大宝寺町の宝生舘へ去る一日より出勤せし東京の落語家円右、円橘、遊七、奇術師明一等は非常の高人気なれば、昨日贔負先きへ夫々挨拶に廻りしと云ふ。

明治34610日 京都日出新聞

◇幾代亭の小三、小みさ、小三代は十五日限り東京へ逆戻り。其代り仝座の桂文三は追々快方になつたので十四日大学病院より退院し十五日よりお目通り。 

明治34615日 大阪朝日新聞

◇藤明派にて去る一日より出席し居たる東京の円右、円橘は今日より西京へ、明一は帰東し、入換りて藤兵衛一座の上に新たに台湾台北県大加蚋人林長照、張坤の二名の琵琶、洋琴、提琴、二絃琴、月琴の曲奏と有本錦吉の改良剣舞を加へ、例の文芸、靱、宝生の各席にて興行するよし。

34615 大阪毎日新聞

◇松嶋の文芸館及び靱の靱舘大宝寺町の宝生舘にては本日より従前の一座の上へ台湾人の音曲家林長照と張坤の両人が出席し、尚ほ有本錦吉と云ふが改良講談と剱舞を演ずる由。

明治34615日 新愛知

◇富本席 明晩より東京にて有名の三遊亭圓遊、立花家橘之助、三遊亭小圓遊、朝寝坊むらく、三遊亭三好(圓好改め)、同遊八、同小傳遊、同遊六、立花家橘楽等の東京滑稽話し清元浄瑠璃浮世節を演ずると云う。

〈編者註〉三遊亭円好改め三好は四代目円生門人で円三から円好、のち三好と改めた。膝がわりの音曲師として一級品の評価をうけている。嘉永七年生。本名中田宗太郎。

明治34615日 京都日出新聞

◇一昨日退院せし文三は今夜より幾代亭へ出勤。小さん、小みさ、小みよ外二名は今夜でお名残、。明日よりの出番は午後八時十五分(露骨)、同三十五分(文雀)、同五十分(文太郎)、九時十分(円橘)、同三十分(文光)、同五十分(円右)、十時十五分(文三)、同三十五分(円三郎)、同五十五分(小円女)、切(文吾

明治34624日 京都日出新聞

◇幾代亭の小円女は来月も相変らずお目通り、他の連中は未定。

◇笑福亭の来月の顔は目下の一座へ東京の三遊亭小円遊、三光、遊六、遊八、小伝次と大阪残月楼菊水が加はる

〈編者註〉遊六は三遊亭遊六。ステテコの円遊門人。のち橘家円六となる。「玉乗り」の珍芸を売り物にしていた。本名橋本林蔵。遊八は三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。

明治34627日 大阪朝日新聞

◇講談師の死去 講談師中の古参の真打神田伯竜は予て病気中数日前遂に死去したり、年齢は四十六なりと。

明治34628日 大阪朝日新聞

<堺の天神席>

◇寄席の苦情 堺市の菅原神社境内にある天神席は、過般小劇場に引直して其の家屋をも改修すべき許可を得たるに、同神社は千年祭執行の準備として工費一万二千円を以て大修繕を施し、境内の不潔なる建物を取払ふべき筈にて、天神席の如きも其数に入れる事に氏子総代会議にて決議したるにぞ、席主住吉奈良吉は大に驚き、種々交渉の末辛くも取払ひを免るゝ事となりたる所、曩に席主が改修願ひを出すに当り神官池田寛治氏及氏子総代等の調印を求めざりしのみならず、第一地主の承諾をも求めざりしは不都合なりとて再び苦情を持出す者ありしかば、席主は又もや杜胸をつき、折角こゝまで運んだものを今更水をさゝれて溜るものかと必死と成て防禦中なりとか。

34628 大阪毎日新聞

◇来月一日より淡路町幾代亭、南地金沢席、北新地裏町永楽館、新町瓢亭の四席へ東京の金原亭馬生、吾妻家半中、西川柳嬢等が出席す。

〈編者註〉金原亭馬生は明治32年に五代目馬生を襲名した。37年以降大阪に居つき「おもちゃ屋の馬生」と呼ばれた。元治元年生。本名宮嶋市太郎。

明治34628日 京都日出新聞

◇来月一日より幾代亭へ右多子(八年)と桂光三郎といふのが加はる。

〈編者註〉桂光三郎は桂文光門人。再三不手際を仕出かし九月に破門されている。921日付「京都日出新聞」参照)

明治34630日 大阪朝日新聞

◇七月一日より東京より今様歌舞伎西川柳嬢、人情噺金原亭馬生、吾妻浄瑠璃吾妻家半仲の三人が来り、桂派の金沢、幾代、永楽館、瓢亭の各席へ出勤し、ジヨンベールと小児浄瑠璃の竹本玉八の両名もなほ一箇月同派に加はり興行なす由。又永楽館にては七月一日より昼席に丈け講釈を興行する事となり其出演者は玉璃さん馬、馬生魯山が出席するよし。

◇三友派にては七月一日より定席第一第二此花館、賑江、紅梅の各亭へ久々にて東京より立花家橘之助が来り、之に五代目杵屋弥三郎に鳴ものには望月左吉、同太喜之助、同松次郎、今藤文次郎、六郷新吉等が加はりて出席する事となり、興行日数は一月間にして、一日よりの長歌出し物の大略は鞍馬山、勧進帳、秋の色種、連獅々、娘道成寺、吾妻八景、吉原雀等。

三遊亭円遊、むらくの一座は七月一日より十四日迄神戸の湊亭に出勤し、十五日より当地の三友派各席へ出る事となれり。

34630 大阪毎日新聞

立花家橘之助は久々にて当地に来り三友派の各席に出勤する由なるが、今回は長唄の杵屋弥三郎、小皷望月左吉、大皷同松次郎、太皷今藤文次郎六郷新吉等も来阪し、明日より毎夜かけ合にて出演する由。尚ほ三遊亭円遊も来月十五日より三友派各席へ出勤するといふ。

◇北新地裏町の永楽館にて明一日よりの夜席は前号に記載せしが同日より八月下旬まで昼席に講談をかける由なるが、その出演者は四海亭一天、玉田玉麟、翁家さん馬、金原亭馬生西尾魯山等なり。

◇桂派に加はり居る音曲噺円若は今回「円若十八番新音曲」と云ふ小冊子を製へ(心斎橋北詰駸々堂発行)出席する各席にてその新曲をうなると共にその小冊を売らせ居る由。

明治34630日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内湊亭 三遊亭圓遊、橘家小圓太、三遊亭三好、圓丈一座の落語

三川口町近江亭 文昇一座の落語

明治34630日 神戸又新日報

◇鼻の圓遊 東京の落語家として其鼻と共に名高い三遊亭圓遊は、明日から楠社湊亭へ乗込んで十五日迄は御機嫌を伺い奉る。

上方落語史料集成 明治34年(1901)7月

明治3471日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 東京落語円橘、小円女、大阪落語文三及び初お目見得富士松富士太夫

笑福亭 東京落語小円遊、遊八其他木鶴一座

明治3471日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當四月一日より、舊一座へ三遊亭圓丈、同三好、寶集家金之助、新古亭真生、立花家小圓太、三遊亭圓遊の新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭、三宮社内第二湊亭

明治3471日 北国新聞

◇宝座 本日より落語家桂小文福一座にて開演。今晩の番組は、入梅の雨うかれの傘滑稽踊(桂梅丸)端唄松づくし手踊(桂文夫)改良二輪加和洋手品(春風亭寿蝶)怪談落語滑稽問答汽車の声色(桂小文福)初日木戸銭半額にて追込み。

明治3472日 京都日出新聞

◇幾代亭は表に杉板で門を造り、紅提灯を吊るやら前景気を添へて居ると。同席昨日よりの出番は午後八時五十分(右多子)、九時十分(円橘)、同二十五分(円三郎)、同四十分(富士太夫)、同五十五分(小円女)、十時二十分(文三)、同四十分(小三治)、十一時(鶴枝)、切(文吾

◇布袋座の…桃井文夫は桂派の落語家連中より国旗を貰ふ。

◇笑福亭の小円遊一座の昨夜よりの出番は午後七時四十分(遊六)、八時(遊八)、同二十分(小伝次)、同四十分(円篤)、九時(米朝)、同二十分(菊水)、同四十分(三馬)、十時(小円遊

明治3475日 大阪朝日新聞

◇三友派の顔繋ぎ 予報の如く東京下りの立花家橘之助杵屋弥三郎等と共に来阪して久々にて三友派の各寄席へ出勤し、本業の清元を長唄に振替へて御機嫌を伺ふにつき、一昨夕堺卯楼に於て顔繋ぎの宴を開き、神戸にて興行中なる落語家円遊も来会して余興に「地獄廻り」を演じ、引続き橘之助が上調子の弥三郎、囃子の望月左吉、同太喜之助、同松治郎、今藤文治郎、六郷新吉等と共に「秋の色草」を弾唄ひになし、一座の心耳を澄したり。因みにいふ第二此花館、紅梅亭の二席には東京仕込の新内語り岡本喜美香女(四年)が此程より出勤中なるが、引続き他の寄席へも巡業する筈なり。

3475 大阪毎日新聞

◇今度岡本喜美香とて漸漸三歳になる子供の新内語りが来り去る一日より江戸堀第二此花館と南地法善寺内紅梅亭の二席へ出勤し居ると云ふ。

3475 大阪毎日新聞

◇円遊と橘之助 一昨日午後三友派の席元等は今回各席へ出勤する立花家橘之助、三遊亭円遊等の為め各新聞記者を平野町堺卯楼に招待し、出席の挨拶として席上円遊の地獄廻りと橘之助の長唄秋の種草(三味線高音杵屋弥三郎、小皷望月左吉、笛望月太喜之助、大皷同松次郎、太皷今藤文次郎)を演じたるが、流石に各自十八番のものとて取々に面白かりき。因に記す、東京俳優市川八百蔵、沢村訥升等は真砂座の当り祝ひとして伊勢参宮を為し居る処杵屋弥三郎が此花館へ出勤中と聞き、同人の為め来る六日当地に立寄り、一行は同夜総見物を為すとの事なり。

明冶3476日 北国新聞

◇春日座 本日より小文福一座の諸芸にて開演。今晩の番組は、二人旅浮れの軽業(桂文夫)梅川忠兵衛新口村の段(中村春吉)西洋手品秘伝のトランプ指の幻燈、開化一口問答(桂梅丸)住吉浮れの鼾(いびき)駕籠、今様怪談正本噺扇の的、だつきのお百、早替り墨ぬり(桂小文福)

明治3477日 扶桑新聞

◇千歳座 本日より、台湾音曲師張坤、林長照一座と桂藤誠、同藤喬、林家正朝、三遊亭遊三郎、立花家千橘、浮世亭竹枝、文の家文輔、有村錦吉等の一座と合併の音曲滑稽其他諸芸。

〈編者註〉桂藤誠初め六代目桂文団治門人で文如、後藤兵衛門人となり、明治二十七年五月、桂藤誠と改名した。藤喬は不詳。

3477 大阪毎日新聞

◇三友派の定席第一第二の此花館及び堀江の賑江亭、南地の紅梅亭へ出勤中の立花家橘之助、杵屋弥三郎が明八日より来る十五日まで勤むる長唄の芸題は左の如し。八日(大薩摩袴垂保輔引抜俄獅子)九日(小鍛冶引抜蜘蛛拍子舞)十日(大薩摩筑摩引 抜菖蒲浴衣)十一日(鶴亀)十二日(大薩摩文覚不動滝引抜狸の由来)十三日(英執着 獅子)十四日(老松)十五日(勧進帳)

明治3478日 京都日出新聞

◇幾代亭は来十八日より暑中昼興行を見合す。

◇笑福亭は来月一日より目下大阪三友派の定席にて興行中の長唄立花家橘之助、三味線杵屋栄三郎、小鼓望月佐吉、大鼓望月新吉、笛望月滝之助、太皷今藤文次郎同太郎、落語家むらく、三光に目下神戸楠公社内楠亭に興行中の円遊一座に決定。

明治34710日 大阪朝日新聞

<桂文三裁判の判決>

◇勝負なしの裁判 落語家と席亭との訴訟沙汰、勝負無しとあつては定めて一条の滑稽談にもものさるべし。

西区松島仲の町三丁目の寄席文芸館主長田為三郎は、曩に南区東清水町落語家桂文三事高田留吉に対し違約金請求の訴を起したることはその折(編者註:明治3384日)本紙にも記せしが、長田の訴訟の理由は、去る三十一年十月中文三と熟議の上松島一丁目に落語定席文芸館を新築し、文三は必ず門弟を伴ひ引続き出席すべく、若し違約せば金一千円を支払ふべしとの約定したるに、開業以来出席せしは僅に三十一年十二月中二十八日間(夜)、三十二年一月より五月まで(昼)、同八月(夜)より九月(昼)十五日まで、同十二月一日より十二日まで(夜)にて、其後は出席せず、其前に於ても欠席勝なりしは全く最初の約諾に違ひしものゆゑ、速に違約金一千円を得たしとの請求をすると、文三は決して負けて居ず、苟しくも落語家たるものが沈黙しては其本分に背くものなれば宣しく反訴を提起すべし、原告が長い田なら此方は高い田なり、長いと高いの腕競べは堅白同異と同じで、支那は春秋千(ママ)国の時代からその弁別に困つて居る位のものだ、さらば一番長高曲直弁といふのを裁判官に判定して頂戴せんと、即て提起したる反訴の旨趣は、原告は被告に対しその出席を拒絶したる時は被告に対して違約金一千円を支払ふとの約諾をなしたり、然るに原告為三郎に於ては文芸館の盛大に赴くに従ひて野心を起し、文三には一応の断もなく明学、藤兵衛、慶枝等と結託を致し、三十二年十二月十二日、被告の出席を拒絶したり。且又同年六七両月欠勤したるは事実なれども、来客の少き為原告と協議の上にて休業せしものなれば、決して違約とは申されず云々といふにあり。

原被告共に双方の契約を主張し、更に一歩も譲らざる弁論屡次火花を散らしたるが、二三日前公明なる裁判官は大阪地方裁判所民事二部に原被双方を呼出して申渡されたる判決を、文三は片唾を呑みつゝ聞けば、「被告は原告に対し本訴の請求金一千円を支払ふべし」とあるにおや〳〵と口を開いて驚く間もあらせず、引続き「原告は被告に対し反訴の請求金一千円を支払ふべし」とあるにぞ、今度は思はず内々膝をたゝいて、さうなくてはならぬ筈と衣紋を正して控へれば、「訴訟費用は本訴の分は被告、反訴の分は原告の負担とす、原告が保証金五百円を立つる時は本訴判決を、被告が保証金五百円を立つる時は反訴判決を仮に執行することを得」とありて法廷を閉ぢたり。傍聴人曰く、此勝負、勝負なし。

〈編者註〉訴訟の起こりは明治3384日付「大阪朝日新聞」参照。

明治34713日 京都日出新聞

◇幾代亭は十五日より宝遊といふのが加はり小三治、鶴枝が抜けると。

明治34714日 新愛知

◇富本席 既記の如く圓橘、小圓遊合併一座にて、明晩より開演の筈なるが、其前連中は三遊亭三勝、同遊人、同小遊太、同小三郎、同遊八、同小傳遊等なり。

〈編者註〉三遊亭遊人は初代三遊亭円遊(ステテコの円遊)門人。三遊亭小遊太は初代小円遊門人で小遊太、のち三遊亭金馬門人で金遊斎となる。本名山本菊次郎。三遊亭小三郎は三代目小さん門人。前座。本名藤田鉄五郎。

34714 大阪毎日新聞

◇曾て記載せし通り三遊亭円遊はいよ〳〵十五日より平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地紅梅亭等へ出勤する事となり、猶橘之助、弥三郎の連中も引続き出勤る。

明治34714日 京都日出新聞

◇幾代亭昨夜より変更した出番は八時廿分(露骨)同卅五分(文太郎)同五十分(右多子)同五十五分(文光)九時十五分(富士太夫)同卅五分(小円女)同五十分(文三)十時廿分(円三郎)切(文吾

◇同席(幾代亭)へ近日より吾妻家半仲、西川柳嬢、竹本隅玉、同玉八、金原亭雁勢等が出勤するが、右のうち玉八といふのは本年四年八ケ月とか。

◇同席(幾代亭)は昨夜より平場十三銭、二階十八銭に直下げ

明治34715日 大阪朝日新聞

◇過日来神戸にて興行中なりし落語家の泰斗三遊亭円遊は、予報の如く昨日限り同地を打揚げ、今十五日より来阪して三友派の各席に出勤する事となれり。

◇桂派の中分以下の落語は昨今東京連の乗り込来るため其収益の減じたるより、是まで市内の端席には出ざりし同派の見識を打破り市外の小席にも掛持をする事となりしより、昨今同派の真打連中は不取締の基となりてはならじと種々協議をなし、頭取桂文枝へ取締方を申込み居る由。

明治34721日 大阪朝日新聞

◇久しく当地にありて一流の滑稽に聴客を引き居たる落語家三遊亭遊輔は、前途なほ多望の身にて新知識を輸入するが肝腎といふので今回上京することゝなり、お乞暇として明後二十二日午後五時より北新地裏永楽館にて諸芸大会を催すよし。その番組の重なるは、地獄巡(円遊)、秋の色草(橘之助)、書生紀文(むらく)、四ツ谷怪談(文太夫・糸寛次郎)、因果塚(円馬)、吾妻浄るり(半仲)、浮世風呂(円若)、三勝半七宿屋(玉八)、義士銘々伝(魯山)、通天橋(柳嬢)、稽古屋(宝楽・たにし一座)、千両幟(馬生)、奇術(正一)、七段目(円三郎)、こんにやく問答(宝遊)、関所(芝雀)、芝居風呂(円子)、東土産(ジヨンベル)、小言幸兵衛(遊輔

明治34721日 京都日出新聞

◇幾代亭の富士太夫、宝遊、露骨、右多子等は本日限り備前の岡山千年座へ乗込む。明二十二日は一日休みにて翌二十三日より既報の如く隅玉、玉八、半仲、馬生等に残りの連中を加へて興行すると。

◇日和廼家の文光、文吾連中の掛持は明二十二日限り

明治34723日 京都日出新聞

◇幾代亭今夜よりの出番は午後八時十分(文光)同二十五分(半仲)同五十分(玉八)九時二十分(柳嬢)同三十五分(馬生)同五十分(文三)十時二十分(円三郎)切(文吾

明治34726日 北国新聞

◇富山の演芸だより ▲常磐町の常磐座では東京下りの新内元祖加賀太夫に三遊亭小圓朝の合併大一座。

〈編者註〉三遊亭小円朝は三遊亭円朝門人。刺青をしているのを見つかって名前をとり上げられたが、旅に出たときは勝手に小円朝を名乗っていたという。嘉永元年生。本名倉片省吾。

34727 大阪毎日新聞

◇三友派の落語家曽呂利、円若、文我、梅団治等の連中は播州姫路市の幾代亭へ。

福松、文団治、新内語り文蝶、団蝶、福太郎等の連中は有馬地方へ出稼ぎし、いづれも来月一日より開演するよし。

明冶34727日 北国新聞

◇東座 昨日より諸芸三遊亭小圓朝一座及び鶴賀新内加賀太夫一座合併の大一座にて開演。今晩の番組は、古画仕込の人情芝居噺大道具引抜大仕掛、風呂抜け、手踊り、茶番狂言、落語、声色福助座興行中の高嶋屋、鶴賀新内二上り新内等にて木戸四銭、中敷二銭、下足一銭。

明治34727日 京都日出新聞

◇幾代亭の連中は来る廿九日限で一時休業の筈。

◇幾代亭の金井は琴生と桂文屋小文枝の四人と二十五円宛の旅費で出来る丈の贅沢を為し、若し旅費の欠乏した時は文屋の小三味線と小文枝の大三味線で遊芸稼の鑑札を受け、其得たる金を旅費に充て八月□日富士山へ登山する由。

明冶34728日 北国新聞

◇東座 諸芸吹寄せ本日は、日曜に付、昼席にて、其番組は、影芝居勧進帳(西島、友遊)返り咲き残り命毛(加賀子)塩原多助(右多助)椿名の梅の香(小龍生)茶番移り気(総掛合)お駒才三鈴が森(若春)音曲噺(西島)下総象の産佐久良の曙五郎子別れ(加賀太夫)怪談戸田川おこん殺し引抜早替(小圓朝

34729 大阪毎日新聞

◇桂派の小文枝、文屋の連中は名古屋の富本席へ、文三、小文吾、三五郎等の連中は西の宮へ、南光、芝雀、おもちや等の連中は淡路の洲本へ夫々出稼ぎし開演は来月一日より。

明治34729日  京都日出新聞

◇幾代亭の馬生、半仲、柳嬢、玉八等は本日限り打上げのところ大入の為め来月六日まで日延べ。

桂文三は本日限りで西宮の三浦座へ、其代りに南光、芝雀が八月一日よりお目通り。

◇笑福亭は一昨夜打上げ円遊一座の準備をして居るが同一座は一日より一週間の興行とか。

34730 大阪毎日新聞

◇三友派文之助の連中は東区本町平林座へ出勤するよし。

明治34730日 京都日出新聞

◇笑福亭は来月一日より三遊亭円遊、立花家橘之助、円子、むらく、杵家弥三郎、望月利三郎、同左吉、同松太郎、同太喜之助、同文次郎等の一座

34731 大阪毎日新聞

◇三友派の定席平野町の第一此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地紅梅亭の四席にては明一日より連夜例の三友派連中の上へ左の芸人が等出演する由。長唄松永和風、同和幸、三味線松永四郎、杵屋常治、落語春風亭小柳枝、清元春風亭小やな、曲芸麗々亭柳仙

〈編者註〉松永和風(楓)は長唄の名跡。この和楓は三代目。本名保坂鉄太郎。春風亭小柳枝は三代目春風亭柳枝門人で、明治二十九年九月に小柳枝となって真打披露をした。のち四代目柳枝を襲名する。春風亭小やなは女流の音曲師。清元浮世節。立花家喬之助の実妹で、本名太田キヲ。のち南地伊丹幸で芸妓となり八七八と名乗ったが、大正三年に三十歳の若さで早世した。麗々亭柳仙は四代目柳橋(斎藤亀吉)門人。「升踊りの一芸より外に是と云って見所のない芸人」(寄席の楽屋)とある。本名深島徳次郎。

明治34731日 大阪朝日新聞

◇松永和風の来阪 目下東京の於て長唄の名人たる長唄音楽会会長松永和風は今度同和幸、三味松永鉄四郎、上調子杵屋常治並に落語春風亭小柳枝、春風亭小やな、麗々亭柳仙等の一行と倶に当地へ来り、明一日より三友派の第一、第二此花館、賑江、紅梅の二亭へ出勤するよしだが、同人の当地へ来りしは珍しき事と云ひ、殊に有名の美音なれば定めて喝采を博する事ならん。

明治34731日 京都日出新聞

◇幾代亭の文三、円三郎は一昨夜限りで摂津の西宮の三浦座へ又文太郎は昨夜限り大津へ。同席の一日よりの出番は午後八時三十五分(隅玉)、同五十五分(文雀)、九時〇分(半仲)、同二十五分(文光)、同四十五分(馬生)、十時(玉八)、同十分(柳嬢)、同三十分(芝雀)、同四十五分(南光

明治34731日 神戸又新日報

◇柳家つばめ 桂やまとと明日から湊亭一座に加わって御機嫌を伺い奉る。

〈編者註〉柳家つばめは初代柳亭燕枝門人初代つばめ。明治二十七年つばめから春の家柳舛(この記事では柳寿となっているが誤記)と改名したが、同二十九年二月につばめに復名した(「落語家事典」)。

上方落語史料集成 明治34年(1901)8月

明冶34730日 北国新聞

◇新富座と笑福亭圓篤 
 圓篤昨記の如く新富座にて開演すべき音曲落語笑福亭圓篤一座は、本日當地乗込み明三十一日花々しく町廻りをなしたる上、明後一日(午後七時)より開演の筈なるが、真打圓篤の経歴を聞くに、明冶十五年頃岡本美名亀といい東京睦派席にて人気を博し、後故圓笑の門に入りて圓篤と改め東京各席亭に現れて益々人気を蒐めしが、八年以前に圓遊、伯圓等合併一座に加わり、大阪、京都等を打廻りたる際、非常の大人気を得たるより一人居残り、以来同地にて真打として定席出勤好評を博し居れるものにて、一ト口新内節抜き語り、二丁三味線曲弾は最も得意にして類なしの名手なりといえば開演の上は定めし大人気を見るとなるべし。

〈編者註〉笑福亭円篤は弘化三年生まれ。はじめ岡本美佐亀という新内語りで、明治二十年ごろに京都へきて二代目笑福亭松鶴(円笑)門人となり円篤と改名した。二代目死後(明治24年)三代目松鶴門下に入った。三味線の曲弾きの名手として知られ、笑福亭で音曲師として真打となっている。かれが率いてきた一座は門人の笑福亭福篤、もと歌舞伎役者で、芝居噺を得意とした同門(二代目松鶴門人)の二代目笑福亭木鶴、ステテコの円遊門人の三遊亭遊好木鶴の養子で、文我の倅の笑福亭鶴松、二代目桂文団治門人でのち三代目桂米団治となる桂米朝、新講談の残月楼菊水(九月から桂家残月と改名)、笑福亭円篤門人でステヽコと剱舞で売出した笑福亭小円。のち二代目桂文団治門人となり二代目桂菊団治を襲名。本名菊堂聴円。京都のお寺の息子。それと亭号その他不祥の龍輔、三円

 新富座は十五日迄、小福座は十二日迄公演した。その間に判明しただけの番組をまとめて掲載する。旅先で連日どんな演目をやっていたのかが分かり、とてもよい資料となっている。

81日 

◇新富座 伊勢参宮神の賑い(福篤)、滑稽寄合酒(小圓)、改良噺滑稽問答すててこ踊(龍輔)、大晦日浮れの掛取音曲尽し(三圓)、芝居噺身振噺太閤記三段目(木鶴)、江戸鹿野の子評判娘(遊好)、天下一浮れの紙屑より千本櫻忠信道行身振噺五本扇松尽し(鶴松)、花柳の穴探し芸娼妓の内幕諸芸物まね(米朝)、英語の商人(菊水)、式三番明烏引抜新内節、三府流行節胡弓鶴の巣籠り二丁三味線曲弾(圓篤

82

◇新富座 二人旅須磨の名所(小圓)、桜の宮花の仇討、滑稽問答ステテコ踊り(龍輔)、吉原八景夕涼(三圓)、芝居噺本能寺夜討の段(木鶴)、江戸っ子の気性(遊好)、諸芸稽古屋鬼の手踊(鶴松)、軍事探偵独芝居(菊水)、親子茶屋遊び(米朝)、新内梅川忠兵衛新口村、博多甚句、二上り新内、都々逸、端唄、忍ぶ恋路替唄三味線曲弾種々(圓篤

83

◇新富座 天狗の酒盛(小圓)、道楽息子の女郎買い、滑稽問答(龍輔)、芝居噺崇禅寺返討(木鶴)、真正剣舞児島高徳吟声(圓城)、成田小僧開化咄、ステテコ踊(三圓)、軍事探偵南京松(菊水)、島原八景娘政談、手踊(鶴松)、廓の噂諸芸物まね、葉唄、手踊(米朝)、おとわ丹七新内抜語り、二十四孝狐火三味線曲弾、米山甚句、磯節、三府流行節種々(圓篤

◇小福座 龍宮玉取り(福篤)、お節徳之助の伝(三圓)、三十石夢の通路、手踊(鶴松)、文七元結不思議の縁(遊好)、鼠小僧の内蜆売(米朝)、浦嶋曲弾、盆の曲、胡弓(圓篤)、芝居噺宮本武蔵山の段(木鶴)、ひと口問答即席噺(龍輔)、前夜の続き軍事探偵南京松支那出立の場(菊水

86

◇新富座 三人旅浮かれの尼四人、剣舞楠正成千早籠城、陰芝居白浪五人男(小圓)、江戸錦常磐津師匠一口問答、夕暮れのステテコ踊り(龍輔)、芝居噺矢口渡り頓兵衛内の段三府名役者声色引抜早替り(木鶴)、東土産紺屋養子十三枚性台湾土人の手踊り(三圓)、都新聞伊達芸者好の小紫自由演説の弁士(菊水)、小倉舟竜宮界浦島の手踊り(鶴松)、大名の女郎買い、独芝居忠臣蔵五段返し、紀伊の國滑稽踊り(遊好)、菊江仏壇、五本扇松づくし、エンカイナ磯節のをどり(米朝)、三府浮世節、都々逸、端唄、博多節、おしゆん伝兵衛、鳥辺山の三味線曲引三味線にて琵琶胡弓の音色一人にて三曲引分(圓篤

◇小福座 桑名七里渡し(福篤)、実説明烏(三圓)、曽我十番切(鶴松)、大田道灌歌根問(遊好)、苫ガ島(米朝)、端唄、都々逸、胡弓鶴の巣籠(圓篤)、先の仏(木鶴)、お馴染み即席問答(龍輔)、毎夜続き南京松の伝(菊水

87

◇新富座 三十石夢の通路、剣舞西郷隆盛(小圓)、吉原戻り付島の引廻し、滑稽問答(龍輔)、四ツ谷裏長屋、ステテコ土人踊り(三圓)、娘演説軍人の涙花嫁の引戻し(菊水)、都浪花名所論狂乱手踊り(鶴松)、芝居噺卅三府壷坂寺(木鶴)、江戸の女郎買、二人道成寺、ステテコ踊り(遊好)、猫の忠信、流行歌手踊り(米朝)、都万歳二丁三味線新内入、都々逸、三府流行節、清元、葉唄、ごもく浄瑠璃曲引(圓篤

◇小福座 三人旅浮れの尼買い(福篤)、愛宕参り(三圓)、太閤記ひょうたん場(鶴松)、芝居穴さがし(遊好)、茶屋ばなし黒玉つぶし(米朝)、音曲吹よせ浄瑠璃胡弓(圓篤)、盗人の挨拶(木鶴)、川崎弘法大師一代記(龍輔)、毎夜の続き南京松の伝(菊水

89

◇新富座 小倉舟龍宮界浦島身振り(福篤)、人工の裁判、滑稽一口問答、浮世節(龍輔)、真正剣舞吉田松陰浦賀の曙(小圓)、旅日記花嫁の道中手踊り色々(鶴松)、江戸の女郎買、流行唄ステテコ踊り(三圓)、芝居噺一の谷陣屋(木鶴)、夫婦喧嘩口合小町、土人踊り(遊好)、朝戻り仕込の大筒、五本扇の松尽し(米朝)、娘演舌桐ヶ谷の嫁おどし(菊水)、三府流行唄、都々逸、三味線玉子引、阿古屋の三曲(岩永木鶴・重忠米朝・半沢龍輔・遊君阿古や圓篤)、琴三味線胡弓曲引(圓篤)、余興遊好・三圓・龍輔の三人ステテコ、娘拳

810

◇新富座 二人旅鳥屋坊主、指の影絵(福篤)、剣舞佐久間象山東の別れ(小圓)、裏の裏三両残し、浮世節(龍輔)、後の三ヶ月、ステテコ踊り(三圓)、芝居噺白石揚屋(木鶴)、鳥さし、手踊り(鶴松)、根岸の美人狩(遊好)、先の佛、手踊り(米朝)、都々逸三味線曲引種々(圓篤

811

◇新富座 落語兵庫船、指の影絵影芝居(福篤)、江戸花売出し娘、滑稽一口問答、浮世節(龍輔)、妾の独楽、剣舞備後三郎高則(小圓)、時雨の合傘、土人踊、釜堀り(三圓)、芝居噺揚巻助六大文字や、片岡我當・新駒や福助・市川左團治・米蔵升若・延女声色(木鶴)、掛取萬歳、二枚扇子狂乱踊り(鶴松)、東京茶番怪しい番頭順礼(遊好・三圓・龍輔)、フラレ客の朝戻り、秋の夜の手踊り(米朝)、朝野開説軍事探偵南京松清国公使館身振芝居(菊水)、曲引清元、新内、岸沢、常磐津入の都々逸、三府流行節、都萬歳、三味線曲引、娘拳一本糸の二丁引(圓篤

812

◇新富座 指の影絵影芝居(福篤)、滑稽問答ステテコ踊(龍輔)、剣舞忠臣鏡(小圓)、土人踊(三圓)、芝居噺身振り(木鶴)、こども浄瑠璃(鶴松)、落語娘拳(遊好)、葉唄手踊(米朝)、軍事探偵(菊水)、都々逸、浄瑠璃、新内、清元、三府流行節、三味線曲引(圓篤

3481 大阪毎日新聞

◇中座は本日より目先を転へ松林伯円と東京帰天斎正一の奇術。

〈編者註〉この帰天斎正一は東京の初代正一(波済粂太郎)である。中座打ち上げ後、十日より京都新京極笑福亭、八月二十三日より石川県金沢市福助座で興行している。

明治3481日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 南光、馬生、隅玉、玉八、柳嬢、半仲一座

笑福亭 三遊亭円遊、立花家橘之助、円子、むらく、杵屋祢三郎

明治3482日 京都日出新聞

円遊は来る五日にて一先づ帰東し、十一日の故円朝の法事を済して十五日より更に出勤する由。其他は七日で打上げ十五日より出勤。

◇昨夜よりの(笑福亭の)出番は午後七時(松橘)、同三十分(大漁)、同五十分(国輔)、八時二十分(遊六)、同四十分(むらく)、九時(円遊)、同二十分(長唄はやし、橘之助、弥三郎、利三郎、左吉、喜多之助、松太郎、文次郎)、十時(ステテコ円遊、円子

〈編者註〉大漁は三遊亭大漁。初代円遊(ステテコの円遊)の弟子となって遊一、のち大漁と改名する。元神田の鳶の者。火事場の負傷で隻眼となった。木遣りを得意とした。文久元年生。本名海東万吉。

3483 大阪毎日新聞

◇中座の改良演芸 一昨夜より中座に於て開演せし改良演芸は松林伯円が一世一代の講演と去る十三年に同座へ来りて喝采を博したる帰天斎正一が廿二年ぶりにて来阪せし事とて好人気なるが同夜は何分初日の事とて芸人の取合せも整はず看客に満足を与へ得ざりし為め昨夜より左の通りに演芸者の順序を改めたる由。

演芸改良の趣意(藤水紫水)音曲(柏木真喜三)滑稽演説(松の家若太郎)落語(三遊亭円麗)新内(橘家金之助)人情噺(三遊亭金馬改め小円朝)三曲(福城可堂、高橋 清草外門人)青年立志花は桜木人は実業家(松林伯円)奇術(帰天斎正一改め一向)中山大納言、松平越中守寛政公武問答(松平伯円)大切皿の合回(松林斎若一、帰天斎英一)

〈編者註〉三遊亭金馬改め小円朝は「北国新聞」の小円朝とは別人。三遊亭円朝門人。明治256年ごろ三遊亭金馬となり、その後二代目三遊亭小円朝となった。安政四年生。本名芳村忠次郎。

明冶3483日 北国新聞

◇春日座 本日より三遊亭小圓朝一座にて開演。今晩の番組は、影芝居安宅の新□勧進帳(左多助)千本櫻椎木場(総掛合)人情噺(小龍生)娘流行節(若子)朝比奈切通人形の地獄大にわか(総掛合)手踊り(西馬)一口問答(友遊)大道具大仕掛怪談累ケ淵(小圓朝)にて木戸二銭中銭なし

明治3483日 京都日出新聞

◇幾代亭の金井、琴生、小文枝、文屋の四人は富士山へ登る筈であつたが金井は痔疾の為め見合し他の三人は一昨日出発したと。

ジヨンベールは昨日東京吉原の芸妓おはな(十九)といふを連れて脚気療養の為め当地に来り寺町四条下る松屋で養生中とかいふ事。

◇笑福亭の円遊一座は昨夜より橘之助の浮世節で円遊以下の踊りを切に加へる由。

明治3484日 大阪朝日新聞

◇目下三友派の四席へ東京より乗り込たる松永和風、春風亭小柳枝一行は、是迄四席とも出し物を替へ居たりしが、今四日より十五日迄四席共左の順に出し物を取替へ、毎夜一手のものを演ずる事となりたり。秋の色種、吾妻八景、勧進帳、浦島、賎機帯、□□、道成寺、筑摩川、越後獅子、小鍛冶、鶴亀、七福神。

3485 大阪毎日新聞

◇松永和風の演芸 当地三友派の定席(第一、第二の此花館及び賑江亭と紅梅亭)へ去る一日より出勤中の松永和風は是れまで各席にて演芸を取替へ居りし処昨晩より各席しも同一のものを語る事に定めたりその演芸は左の通り。五日(吾妻八景)六日(勧進帳)七日(浦島)八日(賎機帯)九日(範頼)十日(道 成寺)十一日(筑摩川)十二日(越後獅子)十三日(小鍛冶)十四日(鶴亀)

3487 大阪毎日新聞

◇東区内本町平林席に出勤中なりし曽呂利、文之助、円若、文我等の連中は一昨日限り打揚げ、真に播州姫路市二階町の劇場へ乗込み一週間興行する由。

明治34810日 京都日出新聞

◇笑福亭の一世一代 本月大阪道頓堀中座に於て一世一代を興行せし松林伯円、帰天斎正一は本日午後六時より五日間新京極笑福亭に於て一世一代の興行を催す其番組左の如し改良演芸の趣意(藤本紫水)第一、皿の曲(松林斎若一)第二、音曲(柏家真喜三)第三、滑稽演説(松の家若太郎)第四、落語(三遊亭円麗)第五、新内(橘家金之助)第六、正史講談(松林伯円)第七、人情噺(金馬改三遊亭小円朝)第八、三曲(福城可童、高橋清章外門人)第九、時世講談(松林若円)第十、奇術(帰天斎正一、門人帰天斎栄一)

明治34816日 京都日出新聞

◇笑福亭は昨夜より既報の如く円遊、橘之助、円好改三好、むらく、円子、遊六、松永和楓、同和幸三、三味線鉄四郎、同常治等出勤。

明治34816日 大阪朝日新聞

◇昨十五日より京都京極の幾代席へ出勤の筈なりし大隅太夫は都合ありて急に出勤を断りしかば、同席は更に組、小隅、柳適等にて興行する事になりぬ。

◇桂派に定席にて暑中休業中なる新町の瓢亭は、来る九月一日より桂派の頭株に東京の新顔二三をむかへて開場するよし。

◇藤明派の松島文芸館にても本月下旬より前一座を組直して、東京より大連の落語を聘し花々しく興行せんとの交渉中。

◇近国を巡業中なりし西国坊明学は東京より交渉をうけ近日一座を引連れて乗込むよし。

明治34818日 大阪毎日新聞付録堺周報

◇浮れぶし芝居 去る十二日より堺卯の日座にて興行中の浮れぶし芝居は、昨今大入を占め居る由なるが、芸題は朝日新聞の小猿に、吾社の越後騒動にて。芝居の間に各俳優が浮れぶしを語るとの事なり。

明治34821日 京都日出新聞

◇幾代亭は九月一日より永らく旅稼ぎをして居た枝太郎、文光、枝鶴、文吾一座に南光、芝雀、ジヨンベーエルを加へる由。

◇笑福亭の円遊は再昨夜贔負客に連れられ新地の美濃外へ遊びに行き大浮れの後で一度太夫を買ふて見たいとて金太夫を指名す。同夜円子、長唄の和楓和幸等は高座へ顔を出すと人気湧くが如しといふ。

明冶34823日 北国新聞

◇福助座 伯圓、正一一座の講談奇術は愈々本日より開演。その番組は、昼の部(午後一時より六時迄)滑稽落語(若太郎)人情噺(小圓朝)青年立志花は櫻木人は実業家(若圓)楠公記桜井驛子別迄読切(伯圓)夜の部(午後七時から十一時迄)改良演芸の趣意(紫水)音曲(真喜三)滑稽演説(若太郎)落語(圓麗)新内(金之助)人情噺(小圓朝)三曲(可童・清章外門人)星亭暗殺事件(若圓)奇術(正一)中山大納言松平越中守寛政公武問答(伯圓)大切皿の合曲(若一・英一)

明治34826日 京都日出新聞

◇笑福亭の円遊、円子、橘之助、和楓、和幸一座は本月限り打上げ九月より桂藤兵衛、桂藤原一座でお目通り。

〈編者註〉桂藤原は始め三代目笑福亭松鶴門人で璃鶴から小松鶴となり、のち桂藤兵衛の身内となって桂藤原と名乗った。915日の新京極幾代亭の出番から新吟亭年誌と改名する。のち三代目笑福亭円笑を襲名。

明治34827日 京都日出新聞

南光、芝雀等は来月同席[幾代]へ出勤の筈であつたが大阪の興行席の都合で見合せとなり、其代りはさん馬の外一二名出勤する筈。

明治34828日 大阪朝日新聞

◇松島の文芸館は靱館、宝生館の各席と聯合して改良を加へ、万事東京流を模して予報の如く九月一日より開場する由。

明治34829日 京都日出新聞

◇笑福亭の諸芸大寄は、明三十一日午後四時より開会の筈にて出席の連中は大寅座、女新内寿席、山崎琴書、南館源氏節、福真亭浮れぶし、氏原一、笑福亭、幾代亭、旭堂小南陵の一座社中の外東京連円遊、橘之助、円子、遊六、大漁、長唄連松永和楓、仝和幸(三味)仝鉄四郎、杵屋常次等にして、別に左の特別余興あり。かるくち「西国の遊舟」馬鹿八・正子、道化俄「今道心」新蝶・橘久丸・富士宝・東玉、常盤津節「新曲滑稽」円遊太夫・橘之助・遊女。「剱舞」有本謹吉。

34831 大阪毎日新聞

◇三友派の福松、曽呂利、文団治等の連中に東京下りの柳家つばめ、桂大和、桂家残月、桂家歌之助等が加り、外に藤明派の座長たりし桂藤兵衛も一座し、来月一日より平野町此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地紅梅亭等へ出勤する由。

◇桂派の文枝、円馬、小文枝等の連中には東京連中金糸亭馬生、吾妻家半仲、西川柳嬢、一柳斎柳雄、三笑亭芝雀等が加り、同じく一日より淡路町幾代、南地金沢、北新地永楽館、新町瓢亭等へ出勤する筈。

〈編者註〉桂大和は三代目春風亭柳枝門人。明治三十八年に喜久亭寿楽と改名して真打披露をした。人情噺、落し噺等何でも上手かったが客受けは一一つでいわゆる楽屋名人であったという。嘉永七年生。本名倉繁善太郎。

明治34831日 京都日出新聞

◇幾代亭の明一日の出番は午後八時(小文吾)、同十五分(文雀)、同三十分(小円竜)、同五十分(円光)、九時十分(文光)、同三十分(枝鶴)、同五十五分(枝太郎)、十時二十分(さん馬)、同四十分(ジヨンベール)、切(文吾

上方落語史料集成 明治34年(1901)9月

明治3491日 大阪朝日新聞

◇今一日夜より各寄席の出演者は三友派にては福松、曽呂利、文団治等の他東京より柳家つばめ、桂大和、桂家残月、同歌之助の四名に新に藤明派の座長たりし桂藤兵衛が加はりて例の三友派各席にて開演。

◇桂派は文枝、南光、さん馬、円馬、小文枝、文三等へ東京より吾妻家半仲、西川柳嬢、金原亭馬生、春風亭一柳が加はりて席は例の通り。

明治3491日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 枝太郎、文光、ジヨーンベール一座の落語

笑福亭 桂藤兵衛、円篤、小円太一座の落語

明治3491日 神戸又新日報

◇[広告]昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當九月一日より、舊一座へ笑福亭里喜松、同松光、同圓若の新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭、三宮社内第二湊亭

明冶3494日 北国新聞

◇新富座 予記の如く小柳枝一座音曲落語は昨日午後二時町廻りをなし、昨夜より花々しく開演したるが、今晩の番組は、影芝居曽我の夜討、左團治、半蔵、成太郎、荒治郎、團蔵声色(さん枝)三ツ面足踊引抜早替り(柳子)落語二人癖音曲尽し(枝免好)落語太田道灌手踊ステテコ踊(枝雀)両国川開き二人道化掛合噺(小枝、茂八)清元神田祭三府小唄浮世節都々逸流行唄(小やな)落語寿限無元祖升踊引抜カッポレ踊人形振り(柳仙)落語小話おせつ徳三郎(小柳枝)大切五題即席(総出)

明治3495日 新愛知

◇富本亭 明六日より東京滑稽話清元浄瑠璃長唄合併の大一座にて開演。落語は三遊亭圓遊、立花家橘之助、三遊亭圓子、朝寝坊むらく、剣舞有村謹吾、清元三遊亭遊好同遊六、同大漁、長唄には東京長唄頭取なる松永和風、同和幸、三味線は松永鉄四郎、上調子に杵屋常冶等なりと。

〈編者註〉剣舞の有村謹吾は本名石井重太郎。「全集日本吹込み事始」に「兵士勇進運動の詩」ほか九枚のSPレコードが収録されている。上掲の「有村錦吉」と同人と思われるが不詳。

3497 大阪毎日新聞

三遊亭円馬は先師円朝の一周年に相当するを以て追善の為め故円朝の十八番牡丹灯籠を北の新地永楽館に於て昨日より来る十五日迄に読切るやう毎夜口演する由。

◇目下永楽館、幾代亭、法善寺等の寄席へ出勤なし居る西川柳嬢は今回初めて能の仕舞を演じたるに、目先の代りたることとて毎夜好評を博しいるよし。

明治34915日 新愛知

◇新守座 本日午後五時より菊和郎一座に元小半が今回尾半と改名し披露の為、蝶吉茶遊を招き大一座にて演ずる由

◇富本亭 今晩の語物は清元に越後獅子余興端唄(和風)落語に神田祭余興櫓太鼓曲弾(橘之助)滑稽義士余興茶番狂言(圓遊)又余興大切として勧進帳(総掛合)にて千秋楽、十六日夜よりは改良怪談柳家左楽、同小左楽一座にて興行する。

明治34915日 京都日出新聞

◇幾代亭は本日より新吟亭年誌といふのが加はるが、元は桂藤兵衛の門人藤原といつた者の化身ださうだ。同席の鹿連は本日より七条の富士の家とのカケ持。今夜よりの出番は午後八時三十分(枝鶴)同五十五分(千橘)九時十分(枝太郎)同三十五分(年誌)同五十五分(さん馬)十時二十分(ジヨンベール)同四十分(文吾

明治34918日 北国新聞

◇圓篤と福丸 先頃新富座及び小福座へ出席して、三味線曲引にてお馴染みを重ねし圓篤、次に伯圓一座に加入し居たる踊りの福丸は、共に京都に帰り一昨晩より笑福亭へ出勤せり。

〈編者註〉福丸は三笑亭芝楽(原田熊次郎)の息子。最初佃屋白魚と名乗っていたが、京都で笑福亭福松の門に入り笑福亭福丸と改名した。

明治34919日 新愛知

◇橋又座 以前外田町なりし同座は、今回南駅町に新築落成せるを以て、今十九日上棟式を挙行する由。

〈編者註〉明治31年に類焼で休業していたが、巾下より南駅町に移転し、101日より開場。

明治34921日 京都日出新聞

◇幾代亭の文光の弟子光三郎小鹿は再三不都合があつたので一昨日首落ち。

◇七条の富士の家は幾代亭の鹿連のカケ持で昨夜限りのところ、大入の為め本月中興行する由。

〈編者註〉光三郎は桂光三郎。本名田中已之助。後二代目文之助の弟子となり、春之助。明治3712月に惨殺され、当時の新聞に大々的に報じられた。師匠文之助は、彼の死を悼み、追善演芸大会を催した。

明治34926日 新愛知

◇長谷川座 昨夜より松村伯龍の講談、小村龍雄の剣舞花村奴の音曲口合根問なりと。

明治34926日 京都日出新聞

◇幾代亭は一昨夜八時十分に大入札を出した。来月一日より東京初お目見得柳亭小燕枝、柳亭燕若、柳亭燕七等が来て、翁家さん馬及び千橘等は大阪へ帰る。千本座は幾代亭連中のカケ持で明日限り。

〈編者註〉柳亭小燕枝は初代柳亭(談洲楼)燕枝の高弟で、明治三十四年に二代目柳亭(談洲楼)燕枝を襲名する。

明治34927日 かみがた新聞

<浪華芸人三幅対>

桂文枝・市川右団治・竹本越路太夫/桂文団治・嵐璃珏・竹本弥太夫/笑福亭福松・中村鴈治郎・竹本文字太夫/翁家三馬・嵐橘三郎・竹本組太夫/三遊亭円馬・片岡我當・竹本大隅太夫/三遊亭三福・実川延三郎・竹本七五三太夫/曽呂利新左衛門・中村福助・竹本津太夫/三遊亭円子・嵐徳三郎・竹本高尾太夫/笑福亭円若・中村霞仙・竹本春子太夫/桂南光・中村傳五郎・竹本呂太夫/桂文三・嵐巖笑・竹本伊達太夫/宝集家真生・実川正朝・竹本生島太夫

明治34927日 京都日出新聞

◇笑福亭は来月一日より桂梅団次、福太郎、笑福亭福平等がお目通りをして笑福亭三福は神戸へ行く。

◇西陣座は来月一日から笑福亭の小円太、文之助、円篤、藤兵衛、梅団次等のカケ持。

明治34927日 神戸又新日報

◇藤田席の二輪加 楠社西門角藤田席の二輪加は、明二十八日より藝題替りにて(昼の部)芋団子子供の笑顔、色と欲との世の中、恋の船乗り、当世近江八景、(夜の部)口も腹も満月、欲から三人嫁、伊賀越八ツ目岡崎の場、新作当世芸妓気質等を演ずる由。因みに記す。これまで同席に出席したる粟亭東寿は、今度京都新京極大虎座の新舞台開きに招かれ、尾半、小半等と一座するとのこととなりしに付き、藤田席の座長には大阪より信濃屋蝶吉を招き、其他姫仁家大蝶、粟亭東市、月の家花遊等を差加えしと。

明治34928日 北国新聞

◇若圓一座の消息 若圓、小圓朝、金之助、圓麗、喬之助らは、目下静岡の静竹亭にて興行居れりと。

明治34929日 香川新報

◇飛梅閣 本日より東京大阪合併春の風柳之助一座の落語音曲手踊等ある由。

明治34929日 大阪毎日新聞付録堺周報

◇素人浄瑠璃と共楽會 市内菅原神社内天神席において、去る二十日より四日間、竹本染龍連中の素人浄瑠璃。又二十四五の両日間堺共楽會の催しにて素人連の落語、舞、軽口、俄等ありて声々の評判なりき。

明治34930日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

水木通二丁目播磨亭は花の家南笑一座の落語

 

上方落語史料集成 明治34年(1901)10月

34101 大阪毎日新聞

◇桂派の定席淡路町、北新地裏町、新町、法善寺内等の四席へ本日より東京の松井小蝶斎と橘家小円橘が加はる由。

◇三友派の円若円子の両人は神戸に出稼中の処、帰阪し本日より例の四席へ出勤するよし。

明治34101日 京都日出新聞

◇京都の落語席

幾代亭 柳亭小燕枝、ジヨーンベール一座の落語

笑福亭 桂藤兵衛、桂梅団次一座の落語

西陣座 笑福亭の藤兵衛、小円太、文之助連中のカケ持小堀鴨東館 幾代亭連中のカケ持 

明治34101日 京都日出新聞

◇幾代亭は本日より東京初お目見得の柳亭小燕枝、燕雀、燕七などが出勤するが中にも小燕枝の声色はちよいと聞きもの。

◇笑福亭は本日より桂梅団次等のお目通り。

〈編者註〉燕雀二代目柳亭燕枝門人で柳亭燕雀。のち四代目三升家勝治郎となる。音曲師。その容貌から「カッパの勝治郎」と呼ばれた。慶応四年生。本名本多吉之助。燕七は不詳。

明治34102日 京都日出新聞

◇幾代亭の文光、文雀、円光等は大阪の連中と共に姫路、岡山等へ本月中出稼ぎ。同席では本日の本紙の広告切取り持参の方は通り半額。昨夜よりの出番は午後七時三十分(小文吾)同四十分(燕七)八時五分(年誌)同三十分(枝鶴)同五十五分(燕雀)九時三十分(枝太郎)十時(小燕枝)同二十五分(ジヨーンベール)切(文吾

◇[広告]此広告切取持参ノ方ハ通リ半額/東京初御目見得/柳亭小柳枝 柳亭燕雀 柳亭燕七 英国帰化人ジョンベール 桂派定連出席/十月一日ヨリ/幾代亭

明治34105日 神戸又新日報

◇藤田席 同席は信濃家蝶吉、同半大、姫仁家大蝶等の一座加東寿と入替りにて本日より興行する由。

明治34106日 神戸又新日報

◇二輪加と無鑑札の芸人 荒田町四丁目の寄席寶福座にて、二輪加の興行をなさんとて座主谷口末松は、一昨日相生橋署へ其願を出し許可せられしが、同座は是れまでに無鑑札の芸人を雇いしのあるより、其夜巡査が出張して鑑札の有無を取調べたるに、二三人は現場より逃出したるが、荒田町二丁目の岡本鶴松は押へられて、無鑑札の廉にて本署へ引かれたりと。

明治34107日 京都日出新聞

文雀は一日から岡山へ出稼をして居たところ病気の為め一昨夜帰京し、代りに小文吾といふのが行つた。

明治34109日 岐阜日日新聞

◇一昨日より当市今小町関本にて開演せし東京の柳亭左楽一座は、近頃珍しき大一座なるを以て、初日も満場木戸札止を為したるが、其演芸は小倉不ね(勝柳)端物講釈(左若)医者と書生(座中)親子茶屋(桃之助)大黒天(国音増神)のいさおし(左楽・小左楽)野ざらし(左楽)三府浮れ節手踊一ト口浄瑠璃(小左楽)左甚五郎(左楽)大切神経系夢想義侠の仇討(座中総掛合)等なりという。

341010 大阪毎日新聞 

◇地鎮祭の催物  兎角お祭主義の歓迎される土地とて、今度の博覧会地鎮祭に就き市内の奮発は大したものにて種々の計画ある中にも、其内既に決定したる分は昨日所載の外、三友派の落語連中は席亭と協議し、十三日より休業し、関係者八十余名にて鳥籠の家台を造り、一同は雀踊りの拵へにて、真生の大男と米喬の小男と二人の愛嬌者を爺と婆とに仕立て二〇加を演ずるよし。また桂派にてもこれに負けじと昨日来評議取り〴〵なりと云へば、いつれ面白き趣向も出づるなるべし。

〈編者註〉明治3631日から731日まで、大阪天王寺で第五回内国勧業博覧会が開催された。その会場の地鎮祭は文字どうりお祭り騒ぎとなり、様々な催し物が行われたが、桂派、三友派の連中も仮装をこらした扮装で行列に参加した。以下関連の記事をまとめて掲載する。なお挿絵は1016日(桂派の踊り)に大阪毎日新聞に掲載されたもの。

◇博覧開場 地鎮祭の催物 …桂派の落語家連中は文枝、焉馬、小文枝、文左を始めとし出方席亭一団となつての大奮発、斯る時こそ天下の人の臍を移転(やどがえ)させなければ日頃の高言其の甲斐なしとグツと考を捻つた挙句、鹿連中は桃太郎鬼ケ嶋征伐の一行にならつて花々しく押出す、後には出方席亭一同元禄時代の模様を染抜きたる伊達衣装の揃ひにて続き、秋の錦を織かけたる唐紅の紅葉の作枝にて屋台を飾り、手踊りにチンチキ〳〵の囃物同勢すぐツて百二三十人、大浮れにて押出すと云ふ。此を聞た例の東西屋の九里丸は畳の上に坐つて居つて張扇で額を叩く連中までそれ程の意気込なら、元より大道を高座とする吾々共の此の際に指を喰へて居る時ならずと内々同勢五十余名を駈集め、目下素破らしき計画に夜の目も寝ずに奔走中とか。(1011日 大阪毎日)

◇地鎮祭の催し物 平野町三丁目此花館を事務所として三友派の落語家九十名、雀踊りの姿にて屋台を曳き出し、桂派は淡路町五丁目幾代亭を事務所とし昔咄桃太郎の趣向にて蟹、鋏、臼等の摺込浴衣を着し、桃形の行灯を冠り、是れも九十名挙つて紅葉の屋台を曳き出すと云ふ。又東西屋九里丸の一派は銭儲の方にて麒麟ビール広告の屋台を曳き出し…(後略)。(1012日 大阪朝日)

◇地鎮祭第一日[十三日]の景況 …場内の景気漸く色めき初めたる時、ピリヒヨツ〳〵の笛の音と共に繰込み来りし一隊は三友派の連中にて、雀の籠に見立たる屋台を曳き、其先頭に米喬は澁染の着物にたちつけを穿き、柴を背負て昔話の爺に紛し、真生は霰小紋の着物に有馬染の手拭を冠りて婆に出立ち、相并て行く後より、一同は奴姿の甲斐々々しく尻引らげてよい〳〵よい舌切雀のお宿は何処ぞと華々しく音頭とりながら余興催物の先陣を為し…(中略)…強い奴じや〳〵の懸声騒がしく、男女一隊五六十人、頭に桃を画きたる灯籠をかつぎ、桂派と大書したる大団扇を叩きながら花屋台を曳込来りしと見れば、其の真中には桃太郎(豊丸)草刈父(円馬)蟹(花丸)猿(南光)と云扮装にて物々しく構たるなかなかに愛嬌なりき。(1014日 大阪毎日)

桂派の踊り 001

◇地鎮祭の賑ひ 既報の如く一昨日同場内に於て撒餅ありし後、先頃第一に着せしは三友派の屋台にて百二十名雀踊り、合点の行く程踊りたり…第四桂派の屋台は百名、何れも昔咄の趣向の扮装、花丸の蟹どん、南光の猿猴は人力車にて真面目臭き面相をかしく先駆したるが、同くは南光を蟹に仕立ゝ一間でも歩行かせたらひよこ〳〵と一層妙であつたろうとの評判とりどり。(1015日 大阪朝日)

明治341012日 かみがた新聞

<落語家評判記>

◇落語家評判記 何事も過し昔が慕はしいが、取分け落語に於て然(しか)思はるゝ。昔は一つの落語を質にさへ置いた落語家があつたといふに、今日では質處か、一つの話を二晩とつゞけては、此方から金を出しても聞いて呉れるものはないといふ始末。ステヽコも踊り、声色もつかはねば客が承知して呉れぬとは、なげかはしいことではあるまいか。尤も之れは落語家の咎ばかりでなく、其罪聞き手にもあらんかなれど、要するに昔話のみを以て客に納得さする腕ある者がない故と云はんければならぬ。近い証拠は故人の文都を見ても分る。文都は音曲の助けもからず、無作法に高座で跳ねまはつたことも聞かぬ。それに何(ど)うかと云ふとえらい人気で、たしかに座頭の貫目は動かなかつた。然るに近頃では東京から二三の端武者が出掛けて来て、大阪方は顔色なしといふ有様であるが、其東京下りの連中にしても高座にあらはるゝなり鼻をなでたり、湯呑をニユッと差上げるなりして、夫(そ)れで以て人気を買ひ得て居るので、東西通じて落語は地に落ちたりと断言して差支へあるまい。さて前置は大概にして評判に取りかゝらう。

笑福亭福松 三友派の大立物、兎に角も大阪に於ける花形であつて、客受けも頗るよいが、たゞせはしい様な處があつて、落付きのないのが玉に疵、何(ど)うかモウ少しシツトリと願ひたい。

三遊亭円馬 円馬は円朝のみうちに於て四天王の一人と呼ばれたるえら者なれど、更に人気がないといふは、踊らず歌はずといふ、円朝の教を何處までも守つて居るからで、実に惜しいものであるが、近頃ではやゝ客受けもするやうに成つたらしく見えるのは何より結構だ。

曽呂利新左衛門 文枝の四天王の一人で、曾て文之助と云つたことがある。落語は下手でなく、随分落付きもあつて、真打として少しも間然する處はないのに、これも客受けがよろしくない。聞けば高座で余り生意気な事を云ふからとの評がある。果して真ならば少し控へて貰ひたい。

明治341013日 大阪毎日新聞付録堺周報

◇堺天神席の紛擾 堺市戎の町菅原神社内にある天神席は、目下同市の住吉奈良江の所有となりしが、元来同席は維新前住吉宇八というものの計画にて、同社の祭典其他において神官其他の休憩所となし。平素は集會或いは興行ものに用ゐんとの目的にて寄付金を以て建築なし。落語うかれ節其他の興行をなし居りしも、狭隘(きょうあい)となりしかば、十六年再び寄付金を募り二階家に新築し、興行物を継続し来りしが、宇八の死亡後、奈良江が名前人となり、終に自分のものとして専ら興行のみの場所となり来りしに、今回同社は明年の千年祭につき、社殿の修築をなすと同時に、大いに境内に改良を加えるにつき、寄席等ありては敬意を失するのみならず、火災の患いもあれば、同席を取払わんことに決し。同社の社司は、去五月奈良江を呼出して、天神席の取払いを命じたるに、奈良江は其翌日同席を小劇場に改築せんこととなし、直ちに出願したるも、小劇場に改築せんとするには北方に設くる非常口に、社司又は氏子総代等の承諾書を要する筈なるを、如何なる間違いにや、承諾書さえなきに六月初旬大阪府知事より認可の指令ありたるにぞ。社司は大いに驚き、直ちに警察署に至り鍋島署長に面して、其旨を問いたるに追って回答すべしとのことなりしに、間もなく署長は交代せしかば、同社にては断然取除を決議し居るが、奈良江の方にても昨今頻りに各方面へ運動をなし居れりと。

明治341015日 海南新報

◇松山三番町寿座にて興行中なりし西国坊明学、林家正楽一座の落語は一昨々日打上げ、昨日より松前町朝日座に於て興行。

明治341016日 北国新聞

◇新富座 予記の如く本日より柳家左楽一座の音曲落語にて開演。今晩の番組は、伊勢道中二人旅(勝柳)改良噺(左若)悋気の独楽(左福)芝居の写木(掛合)音曲噺(桃之助)大文字屋福助所作事(左楽、小左楽)磯のあわび(喜楽)一口浄瑠璃浮世節十三本扇使い(小左楽)改良怪談恨みの刃(左楽)神経夢想(掛合噺)

明治341016日 京都日出新聞

◇幾代亭は来る廿三日より大阪の小文枝外二名がお目通りをすると。

◇笑福亭へ来月より吾妻長次郎を雇入れやうと目下それ〴〵交渉中の由。

〈編者註〉吾妻長次郎は東長次郎。柴笛の名手だが、他に剣舞、竹伐り(居合抜き)等を得意とした。

明治341019日 北国新聞

左楽小左楽◇新富座 初日より景気よく非常の大人気なる左楽一座、大車輪の勉強なるより何れも好評なるが、就中左楽の怪談、小左楽の音曲手踊、左福、喜楽の落語等最も呼物にて一昨二日目は、木戸締切の大入叶を見たりという。今晩の番組は、播州巡り(勝柳)芝居噺法事茶(左若)地蔵と奴(掛合)おせつ徳三郎(左福)音曲噺(桃之助)所作事(左楽、小左楽)毒婦の失策(喜楽)一ト口浄瑠璃浮世節手踊(小左楽)お茶の水事件(左楽)神経夢想(掛合)

〈編者註〉図版は柳家左楽と小左楽。

明治341021日 大阪朝日新聞

◇東京の落語家柳亭小燕枝、燕雀、小ゑんの三名は今夜来阪して桂派に加はり幾代、永楽、金沢、瓢亭の各席に出勤するよし。

〈編者註〉柳亭小ゑんは様々に師匠を変えたあと、明治二十年に三代目柳家小さん門人となり小ゑんと名乗った。最晩年は望月長兵衛と名乗って囃子方になった。仇名は「むず権」。本名山本権次郎。

明治341021日 京都日出新聞

◇笑福亭の円篤の養女円之助の三ケ年追吊大寄せは一昨夜と昨夜の両日であつたが、客の入りはまず四分通りであつたと。

341023 大阪毎日新聞

◇桂派の定席淡路町幾代亭を初めその他三席へ本日より東京の柳屋小燕枝、同燕雀、同小ゑん等が出勤する由なるが、同人等は去る一日より各席へ出る筈なりしも彼のお祭り騒ぎに拠なく今日まで延引せしものとの事。

明治341024日 京都日出新聞

◇幾代亭昨夜よりの出番は午後六時五分(柳枝)同三十分(小文吾)同三十五分(宝遊)同五十分(文雀)七時五分(小円竜)同二十分(枝太郎)同四十分(文光)八時(円光)同二十五分(年誌)同四十五分(枝鶴)九時十分(胡蝶)同三十分(小文枝)十時十分(ジヨンベール)同三十分(文吾)等

明治341025日 京都日出新聞

◇幾代亭へ一昨夜よりお目通りをした小文枝といふのは、昨年三月来京した以来久し振といふので歓迎されて居るが、同人は浄瑠璃、舞何でもござれといふ達者物の由。又松井胡蝶独楽使ひは一寸目先が変つて居るのでお小供衆のお慰み。

明治341029日 大阪朝日新聞

◇曩に東京に行きし三遊亭遊輔は此頃帰阪し、今度は桂派を脱けて三友派に入り、来月一日より同派の各席にて東京輸入のハイカラ話といふを演ずるよし。

341031 大阪毎日新聞

◇東京の式亭三馬、松井小源水、司馬りう輔、西京の笑福亭木鶴、同鶴松等の連中は明一日より松嶋文芸館へ出勤する由。

◇暫く旅行中なりし三遊亭三遊と是れまで桂派へ出席して居た三遊亭遊補は明一日より三友派の定席平野町第一此花館、江戸堀第二此花館、堀江の賑江亭、南地紅梅亭の四席は出勤と極る。因に記す、新聞講談の藤井臥竜は今度松月堂呑勢、神田金竜、三遊亭円子、西川柳嬢、吾妻家半仲と共に当地出発越中富山の常盤座へ乗込むとの事なり。

明治341031日 京都日出新聞

◇笑福亭は金之助、真生の夫婦が出勤する筈であつたが俄に金沢行きとなつて其代りは今朝、璃キ松がお目通り。

上方落語史料集成 明治34年(1901)11月

明治34111日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席は旅行中より帰りし三遊亭三福、遊輔を新手として福松、文団治、米喬、真生、金之助、新左衛門等。

◇松島文芸館は東京より式亭三馬、松井小源水、司馬りう輔、京都より笑福亭木鶴、馬松等が乗込みて得意の口や手を動かすよし。

◇桂派の各席は曩に東京より乗込みし柳亭小燕枝、燕雀、小ゑん、春男の四名と例の円馬、小文枝、南光、文三、さん馬の顔揃なり。なほ東京連は今月中桂派一座に出勤するよし。

明治34111 神戸又新日報

◇神戸の落語席

兵庫水木通二丁目播磨亭 桂茂兵衛、花の家米遊一座の落語と岡本美遊斎、桂芳丸の新内。

弁天社内亀甲亭 落語

◇[広告]昔噺の御披露/當席事、四方御客様方の御引立に依り、毎々大入好評を得、一同満悦の至りに存候。就ては當十一月一日より、舊一座へ笑福亭福松、月亭小文都、笑福亭福三、同福丸の新顔を差加へ興行仕候間、賑々敷御来場の程、偏に奉希上候/楠公社内湊亭、三宮社内第二湊亭

明治34112 京都日出新聞

◇幾代亭の松井胡蝶は一昨夜で大阪へ帰り昨夜より小円橘がお目通り。

文光は本日午前九時より子供の碑を東大谷に建てるといふので同席の連中は皆付合うて参詣するとか。

◇笑福亭の昨夜よりの出番は、午後七時十五分(福平)同四十五分(芝楽)八時十五分(円篤)同三十分(福之助)九時(小円太)同三十分(梅団治)十時(今朝)同三十分(璃橘松)十一時(藤兵衛

明治34116日 山陽新報

◇当市西大寺町勧商場の二階を寄席となす事は、既に警察署の許可を受け専ら作業中なりしが、此程に至り落成したるを以て喜[]楽亭と命名し、愈々来る十日より開場する筈にて、その開場祝いとしては東京若手娘義太夫竹本愛之助を招聘する由。

明治341111日 新愛知

◇真砂座 明十二日より春風亭鶯枝一座の音曲落語噺。

明冶341114日 北国新聞

◇桃太郎一座 新冨座にて開演すべき東京音曲噺し昔々亭桃太郎一座は、愈々本日乗込み明十五日午前花々しく町廻りを為し、同日午後六時より開演の筈なるが一座の呼物は真の桃太郎の外立花家千橘の音曲、三遊亭左圓太の滑稽踊、立花家さん生の落語等なりという。

明治341114日 京都日出新聞

◇幾代亭は今夜から左の出番  午後六時二十五分(小文吾)同四十分(宝枝)七時(文雀)同二十分(文光)同四十分(枝鶴)八時(富士太夫)同二十五分(枝太郎)同五十分(円光)九時十五分(小円竜)同三十分(小文枝)十時(年誌)同二十分(文吾)。同席は本日より通り十三銭、二階は五銭上り。

明治341115日 大阪朝日新聞

◇東京の若柳燕嬢は久々にて来阪し、今十五日より三友派の第一、第二此花館と賑江、紅梅の二亭とへ出勤する由。

桂派の組長文枝の発起にて自分の得意とする落語も時間に制限ありて話し切れざるを遺憾とし、毎月二三回づゝ別派の興行を為して此の欠点を補はん事を謀り、目下同志者を募集中なりとか。

341115 大阪毎日新聞

◇当春以来お馴染の東京女落語家若柳燕嬢は本日より三友派の定席平野町此花館、江戸堀第二此花館、堀江賑江亭、南地紅梅亭の四席へ出勤する由。

明冶341115日 北国新聞

◇左楽一座 柳亭左楽一座は今十五日より七尾檜物町田中方にて開演の筈なり。

◇新富座 本日午前町廻りをなし午後六時より開演すべき音曲落語初日の番組は、落語江戸錦(太郎造)同谷間の百合、大皿の曲芸(扇之助)影芝居役者声色(ぽん太郎)落語裏の表浮世節(さん生)落語片輪車手踊(遊三郎)落語佐世姫音曲尽し(千橘)落語花嫁出戻り家元ステテコ(左圓太)落語音曲滑稽尽し(桃太郎)娘拳(総出)

341116 大阪毎日新聞

◇隆専寺方丈の襖 糸桜にて名を知られたる生玉寺町の隆専寺にては方丈の襖を予て修覆中なりしが今回落成せしに付き落語家曽呂利新左衛門が発起にて明十七日正午より同寺に於て披露会を催すよし。

明治341116 新愛知

◇長谷川座 昨日より笑福亭八百蔵の講談等なりと。

明冶341117日 北国新聞

◇新富座 初日より大人気大入にて木戸締切の好況なりと今晩(三日目)の番組は、御祝儀影芝居一の谷陣屋(楽屋総出)滑稽貸家無筆振踊(ぽん太郎)落語紺屋違傘まり曲(桃造)身振芝居噺役者声色(さん生)江戸自慢三人旅皿の曲(直三郎)滑稽浮世風呂東京葉歌音曲長崎甚句(千橘)東洋皿の曲動物の物真似ステテコ踊(左圓太)お花半七宮戸川流行音曲種々(桃太郎)大一座名木名鳥大勝利(一座掛合)

明治341117日 大阪毎日新聞付録堺周報

◇堺卯の日座の浄瑠璃と芝居 同座は昨十五日より五日間文楽一座の伊達、春子、長子外八名の浄瑠璃、二十一日より片岡小福一座の演劇にて前雪と炭、切未定。

明治341118日 京都日出新聞

◇幾代亭は明十九日夜中央倶楽部員二百五十余名の総見物あり、為に仝席の連中は十八番を出して天狗会と為す由にて、其番組は御祝儀光輔、須磨名所芸まわし吾若、五段目八卦柳枝、馳せ牛芸まわし枝之助、口合寝台音曲小文吾、おせつ徳三郎宝遊、目盲景清文雀、蛸芝居音曲文光、野崎参り枝鶴、おこま才三鈴ケ森富士太夫、天下一浮れの紙屑芸まわし枝太郎、小戸の雁風呂円光、東京音曲小円竜、箒屋娘芸まわし小文枝、大三十日浮れの懸取年誌、新古屋新兵衛文吾

341121 大阪朝日新聞

◇中座にて興行後久しく九州地方に出稼せし竹田貞一事改名柳水亭金枝は当地に帰り、今二十一日より昼夜二回、千日前吉田席にて西洋奇術の新芸を見せるよし。

341122 大阪毎日新聞

◇三友派の落語家連中にて曩に道頓堀の劇場を借受け菅原伝授手習鑑を出さんと協議せしも立消となりしが、昨今また〳〵この企望が再発して目下相談中との事。

明冶341122日 北国新聞

◇寶座 久々にて諸芸吹寄せ一座の開演とて中々の好人気にて毎夜大入叶の好況なるが、今晩の番組は、落語ズボラン手踊ストライキ(右多子)今様舞蝉丸我物(柳嬢)弥次喜多都々一流行節(半仲)新落語人の癖一ト口問答(伯海)星亨傳銀行番頭山田又吉長崎にて賭博警察署尋問の段(臥龍)因みに伯海の一ト口問答には景品を出すべしとなり。

明治341127日 京都日出新聞

◇幾代亭では来る十二月一日正午より大阪桂派の文枝、円馬、小文枝等に枝太郎などが加はつて落語矯風会といふのを遣らかす。

◇笑福亭は来月一日より今の連中に南枝、福平といふのが加はる。

◇五條平野家の幾代亭連中のカケ持は昨日限り。

明治341130日 京都日出新聞

◇幾代亭の明正后より催す落語矯風会の出しものは、須磨名所(文雀)、始末の極意(円光)、桑名七里の返し(小文枝)、借家怪談(枝鶴)、百年目(文三)、余興舞老松(舞枝太郎、歌小円竜年誌)、住吉籠(文枝)、猿後家(文屋)、親子茶屋(文吾)、松引(円馬

明冶341129日 中国新聞

◇東京大相撲乗込みの披露宴会 一昨二十七日当地に乗込みたる東京大相撲大砲、梅ガ谷、常陸山等の一行は愈々昨日より西遊郭二号地において興行を初むる筈にて乗込当日は披露の祝宴を催したり。始め此の招待を受けたる人は百有余名なりし由なるも来宴せしは六十余名にして、亭主方に大砲、梅カ谷、常陸山、朝汐以下関取五十余名、流石に広き同園の座敷も大男小男の配合可笑しく明間なき程に居並び、二十五名の紅紺興を助け、宴酣にして三之助の先代萩、東京柳橋の幇間桜川某の電気手品等あり何れも歓を尽くして散ぜしは同夜十一時頃なりしと。

341130 大阪毎日新聞

◇桂派の定席淡路町の幾代亭その他各席へ明一日より西洋楽器(内田喜三郎)、今様剣舞(内田千代嬢)の両名が出勤し、従前の一座と共に勉強するとの事なり。

明治341130日 神戸又新日報

◇神戸の落語席

楠社内第一湊亭 桂米團冶、桂米朝、三遊亭遊輔の落語

三宮第二湊亭 第一湊亭の通り

上方落語史料集成 明治34年(1901)12月

明治34121日 大阪朝日新聞

◇三友派落語家は十二月中旬を期し忘年会かたがた川竹の劇場にて落語家芝居を催さんとて昨今相談中。

◇今度仏国戻りの内田喜三郎は西洋音楽師金房千代嬢といふを連れて今一日より桂派に加はり永楽、幾代、瓢亭、金沢の各席へ出勤する由。

明治34122日 大阪朝日新聞

◇曽呂利の御落胤 当地の落語家中で錚々の聞えある曽呂利新左衛門の伜長次郎(二十五年)といふは、幼少より或る画家の門に入りて其名を桃仙といひ、又は長斎為信とも称し、猫でない証拠に竹を添へて書けば遖れ虎と見える程の名人なれば、自身は立派な美術家に成り済ました気で、時々は画よりも先に当人が抜け出し、夜な〳〵茶屋這入をすることもありしが、全体新左衛門の女房お長は別に九郎右衛門町に長亭といふ席貸を営み居る所から、長次郎も始