明治36年

上方落語史料集成 明治36年(1903)一

明治351231日 大阪朝日新聞

◇新年の興行物(落語席) 

東区 第一此花館(平野町)三友派落語、幾代席(淡路町)桂派落語。

北区 林家席(大工町)桂派南光一座落語、永楽館(曾根崎新地)三友派落語、都座(天神橋筋五丁目)大石こう等の軽口落語新内。

西区 瓢亭(新町)桂派落語、賑江亭(北堀江)三友派落語、文芸館(松島)藤明派落語、玉英席(立売堀南二)講釈松鶴一座、第二此花館(江戸堀)三友派落語、靱舘(靱)落語新内音曲春山小とめ一座。

南区 金沢席(法善寺境内)桂派落語紅梅亭(同上)三友派落語養老舘(内安堂寺三)桂派落語沢井席(空堀町)落語講釈毘沙門亭(日本橋筋三)落語笑福亭一座

明治3611日 神戸又新日報

◇広告/恭賀新年/湊亭席主菊野菊松/舊裁判所前第一、三ノ宮社内第二湊亭笑福亭圓若、桂家残月、笑福亭福圓、桂團輔、笑福亭松喬、笑福亭勝鶴、笑福亭福我、笑福亭小圓、三遊亭遊好、笑福亭福清、笑福亭小福、笑福亭勝三、笑福亭福瓢

湊亭36年1月


明治3611 大阪朝日神戸付録

◇神戸の寄席 ▲神戸相生町朝日座は蝶吉、三十郎、梅蝶、小蝶吉、歌之助、田楽、蝶子、歌幸、小田楽、東枝、歌蝶一座の俄▲楠社横側藤田席は大門亭雙六一座に貴重が加入▲楠社西門筋菊の家は京山小圓、京山京虎、浪花家辰一、京山京之助、京山團吉一座の浮れ節▲同菊の亭は久吉、数千賀、小住一座の女義太夫▲三宮雑居亭は京山一座の浮かれ節▲同町の□□亭は軍談講釈▲同町富士館は例の女義太夫▲生田前梅ケ枝亭は貝祭文▲八幡通の共進亭は浮れ節▲稲荷亭及び明進亭は壮士一座の身振り狂言

明治3611日 新愛知(名古屋)

富本席 一日夕より東京音曲滑稽ばなし昔々亭桃太郎、桂大和の合併一座にて前連中は三遊亭小圓太、橘家若蔵、三遊亭圓玉、麗々亭小柳冶、三遊亭小遊、昔々亭扇之助、同ぽん太等にて開場

明治3611日 山陽新報(岡山)

◇新年興行 岡山市各寄席劇場にて本日より開演すべき諸興行ものは ▲大雲寺町高砂座演劇 ▲西中島町旭座演劇 ▲野田屋町柳川座演劇 ▲西大寺町亀楽席浮連節 ▲栄町九重館浮連(うかれ)節 ▲西中山下千歳座新内 ▲新西大寺町大福座浄瑠璃 ▲上石井山山陽席浮連節 ▲天瀬広小路動物園等なり

明治3611日 香川新報(高松)

◇新年の興行物 ▲歌舞伎座 東京子供俳優中村時子一座 ▲玉藻座 女義太夫豊竹呂昇一座 ▲肥梅閣 素人芝居

明治36111日 中国新聞(広島)

◇きょうのあそびば ▲新地座 角藤一座▲寿座 後藤良介一座▲明神座 うかれ節▲小網町神明座 西國幸蝶の両足人形▲鶴の席 桂文三一座の落語と鳥娘▲同集産場内大黒座 大蝶幸玉の二○加▲胡子座 一宮斎光國の西洋奇術▲下柳町朝日座 笑福亭時丸のうかれぶし

明治36111日 大阪朝日新聞

◇奇術師にして名を得たる帰天斎正一事福岡正一といふ男、東区土修町に住めり。三四年前より興行には出勤せず、手下に金玉、お福、徳丸等数名の芸人を抱へ込み、自分諸共開業式又は種々宴会の席へ聘ばれて余興を受持ち、観客にアツと云はせて口を開かせる傍ら、滑稽を交へて頤を解かせること誠に不思議なり。(後略)

明治36115日 大阪朝日新聞

◇東京の落語家金原亭馬生は今十五日から三友派各席へ出る事となつた。

明治36123日 新愛知

富本席 今二十三日より向う六日間東京怪談談柳亭小燕路一座にて開演、前座は柳亭琴路、司馬龍喬、柳亭路好、同四季松、同路楽等なりと

明治36128日 新愛知

富本席 明晩より初下り東京女落語青柳華嬢一座にて開演、前連中は桂大和、昔々亭桃太郎、春風亭米枝、遊三郎改め三遊亭若遊三、同圓玉、橘家若蔵、麗々亭小柳冶、三遊亭小遊、昔々亭ぽん太なりと

明治36130日 神戸又新日報

◇湊亭 裁判所前湊亭は来る一日より今迄の一座へ曾呂利新左衛門、三遊亭一圓遊、桂家小團冶、笑福亭小圓等を加えて興行する由。

阪神諸芸人大会 明三十一日午後六時より兵庫湊橋西詰湊虎亭において講談、落語、新内、女義太夫の大会を催す由。出席芸人は左の如し

▲講談 呑山、楳林、伯山、呑玉、潮花、春瓢、魯延▲落語 圓若、梅團冶、残月、團輔、福圓、松喬▲新内 鶴賀舛六▲娘義太夫 数千賀、小住、島之助、寛子

明治36130日 馬関毎日新聞(下関)

◇演芸だより 市内裏町弁天座にては、新演劇合同團一座にて、先日より新たに大西伝磯谷道次郎其他数名の俳優を加え興行中なるが、非常なる好人気なり ▲豊前田町旭座の吉川秀幸一座の浮連節は一昨夜限りにて打上げたり。

明治3621日 大阪朝日新聞

◇三友派各席へは東京落語家三福、福円遊の二名が加はり馬生と共に出勤する。

明治3621日 神戸又新日報

◇広告/昔噺/當二月一日より、舊一座へ、笑福亭小圓、桂家小團次、三遊亭一圓遊、曾呂利新左衛門、舊一座へ右差加へ候、賑々敷御来場奉希候/舊裁判所前第一湊亭、三宮社内第二湊亭

明治3621 北国新聞(金沢)

新富座 本日町廻りの上午後六時より開演すべき和楓金馬一座初日の番組は三人道化軽口茶番落語(可楽)落語(遊七)剣舞(文女)新内朝顔日記(半仲)落語(圓新)末広踊(柳女)新講談(若圓)清元浮世節音曲種々(金之助)落語江戸っ子(金馬)長唄鶴亀の曲(和楓)鳴物はやし連中(和三八、鉄四郎、常次郎、亀太郎)大切(大一座)

宝座  若圓金馬一座今晩初日の番組は、落語(遊七)落語(○亀)手踊り(柳女)落語(圓新)清元浮世節(金之助)滑稽落語(金馬)落語(遊生)新内音曲種々(半仲)新講談花間の鶯(若圓)

明治3624日 山陽新報

◇市内興行案内(岡山) ▲朝日座 中村福圓らの歌舞伎 ▲高砂座 新演劇好美團石上一郎一座 ▲柳川座 松川八百蔵一座の浮れ節芝居 ▲千歳座 松旭斎小天一の奇術 ▲亀楽席 髯万入道の浮れ節 ▲九重館 神田伯晴一座の講談 ▲巴玉座 渡辺一座の娘曲馬 ▲広小路 支那人林其炒(りんきしょう)一座の奇術

明治3627日 馬関毎日新聞

◇演芸だより ▲豊前田町稲荷座にて、九州地方至る処名声高き浪花節の桃中軒雲右衛門一座にて明日より開演の筈なるが定めし大入なるべし。

明治3627日 香川新報

<寄席松寿館開場>

▲高松市田町元馬場に寄席建設中、今回落成し松寿館と命名し、昨日落成式を挙げ、本日市内の小供にて開演の旁々芝居興行すと。

明治36211日 神戸又新日報

◇本日の興行物 ▲栄座 市川左文治、嵐守太郎一座▲明治座 澤村源左衛門、中村千太郎一座▲歌舞伎座 尾上岐三郎、市川鯉三郎一座▲大黒座 木村猛夫一座▲相生座 荒木清一座▲朝日座 竹本東昇一座の娘浄瑠璃▲湊亭 曾呂利新左衛門、三遊亭一圓遊一座の落語

明治36211日 新愛知

富本席 當時興行中の華嬢桃太郎大和の合併一座は非常の好人気ゆゑに来る十五日まで演ずると之れに引続き十六日より東京落語柳派隊長柳家小さん一座が開演の由にて前座には松柳亭鶴枝、柳家小さん、同小まん、同小山三、春風亭伝枝、三升家勝栗、春風亭燕之助等なりと

正福座 本日より柳亭小燕路一座の怪談に改良二和加等

明治36214日 神戸又新日報

◇広告/昔はなし御披露/十五日より出番替り/第一湊亭 福清、勝鶴、小圓、福我、團輔、小福松、福圓、一圓遊、小福、松喬、小團次、曾呂利/第二湊亭 勝三、團輔、松喬、福清、小福、小團次、勝鶴、小圓、曾呂利、福我、福圓、一圓遊

明治36215日 新愛知

富本席 予報の如く明晩より柳家小さん一座にて東京落語開演

明治36218日 新朝報(豊橋)

興行案内○豊橋座 来る二十日より女優中村仲吉一座 ○弥生座 例の如く月一座にて大道具仕掛に座員一同車輪の働きにて毎晩立錐の地無き程の大入なり ○東雲座 市川小紋冶一座 ○河原座 再昨夜より岡本美三花一座の源氏節にて中々の好評なり ○浜松朝日座 花圓喬、小村辰雄一座の剣舞にて外題「昔話剣舞、滑稽枝、女浄瑠璃、三都音曲話、真正剣舞」にて尚昨晩より「東の花職人気質」三幕を差し加え又一人三銭の安札をだせり

明治36221日 大阪朝日新聞

<桂文団治と曽呂利新左衛門>

◇文団治の惑乱 三友派の落語家文団治は、先頃南地静席の娼妓若松(二十三年)をあげた処、此妓(このこ)千手観音よりも手のある曲者にて、生菩薩とは此事と通客の小膝を叩くほどなれば、忽ち其手管にかけて生骨を引ぬかれ、寝ても覚めても若松の事を思ひつめ、寄席の楽屋でも思はず含み笑ひをしてのろけ散らす熱心加減が正気の沙汰とは思はれず、仲間の大評判に成つてゐると、例の曽呂利が一番気を揉ませる気で若松を買ひに行き、同人所持のハンケチをもらひ受けて持帰り、「ヘン何処やらに鼻毛の長い人があるが、根が若松は浮気者、客さへ見れば此通り、実意を見せて惚れるのだ、夫を知らずに我は顔に髯喰反すは、いかいたわけ」と口を極めて罵倒すると、文団治は例の悪戯と知れど無念で堪らず、「オイ君、同士討は酷過るぜ」と怨みをいへば、空とぼけ、「ヘン戦場の儀は是非なしとおんあきらめ下されよだ、色男鎬を削るに若松は偖置き、甲乙(たれかれ)の容赦がならうか」と真面目腐つて相手にならず、「よし〳〵其方が其気なら此方にも工夫がある」と文団治は早くも一計を案じ、曽呂利の女房は島の内平辰席から出てゐる芸妓おたね(三十一年)といふ大々的チン〳〵家なるを幸ひ、竊に曽呂利が若松にはまつてゐる事を焼(た)きつけて、「何と呆れたものぢやアないか、昨今神戸の寄席へ出勤中でありながら毎晩汽車で戻つて来ては逢ひに行くよ、アノ様子では大方起証誓紙も取交し、今にお前を肱にして女房にするかも知れないよ」と薪に油を添へたので、おたねは摺古木ほどの角を生やし、「己れ、今に見つけ次第喰ひ殺さいで置くものか」と牙を鳴らしてゐるとも知らず、四五日前の夜、曽呂利は用事あつて大阪へ帰り来り、寒さ凌ぎに南地の小料理屋で一杯引かけ、新屋敷の我家へと歩みを急ぎ、戎橋を渡る折しも、おたねは座敷戻りでバツタリ出逢ひ、曽呂利が酒機嫌でゐるを見るよりテツキリ若松に逢ひに行くものと思ひつめ、往来の人目をも恥ぢず、いきなり胸倉引つかみ橋の上にて小突廻すに、曽呂利は何の事やら理由が分らず、「コレサ咽喉をしめて如何するのぢや、気が狂ふたか、ドタ福め」と、握り拳を喰はした所へ、墨馬席のおあい(三十年)が通りかゝつて留女の役を引受け、二人を其宅へ送り届けて、偖段々と事の原因を吟味すると、忽ち文団治の惑乱に起つた事が知れ、「チエヽ残念や、計る〳〵と思ひの外、却つて敵に計られたか」と曽呂利は拳を握つたが、根が自分の悪戯から起つた事故、真面目に苦情も言出されず、翌朝文団治を見るや軽う肩を叩いて、君の知恵には恐れ入た。

明治36221日 新愛知

富本席 東京落語柳家小さん一座は初日来毎夜大入にて好人気なりしに停止にて休業せしが今夜より開演

明治36221日 神戸又新日報

◇湊亭 湊亭は小圓の剣舞、小福松の顔芸、東京の三遊亭一圓遊の音曲、曾呂利の落語等に頗る好人気なり。今晩の出し物は

三人旅(勝三)船弁慶(福清)剣舞(小圓)五人天狗(福我)野崎詣り(松喬)夢八(福圓)蒟蒻問答(勝鶴)声色曲芸(小團冶)紙屑屋(小福)顔芸手踊(小福松)愛宕詣り(團輔)音曲ステテコ(一圓遊)百年目(曾呂利)

明治36223日 北国新聞

新富座の跡興行は日英同盟大演芸会にて開演の筈にて音曲落語等は東京三遊派柳派中より選定中なるが、真打は英国人ジョンベールにて英語会話、支那の都々逸、日本葉唄、追分、西洋演劇物真似、英国の剣舞、柴笛等を演ずべしとなり。

明治36224日 大阪朝日新聞

<桂慶枝、三代目桂文都を襲名>

◇文枝門下の落語家にて渋味と人情物とに評判よかりし慶枝は、今度三友派へ入りて三代目文都の名を継ぎたれば、明日此花館、二十四日紅梅亭、二十五日永楽館二十六日賑江亭にて改名披露をするといふ。

明治3631日 大阪朝日新聞

◇東京の落語家桂大和は、明学と共に本日より三友派の各席へ出勤する。

明治3631日 神戸又新日報

◇広告/昔はなし/舊裁判所前第一、三宮社内第二湊亭當三月一日より舊一座へ左記新顔差加え博覧会開催中は此広告切抜き御持参の方は木戸場代其平常の半額と致候間続々御来場を乞う三遊亭圓七、桂家小團冶、司馬龍門、金原亭馬生、桂米團冶木戸十二銭、桟敷四十銭、割十二銭の所博覧会開催中此半額、木戸六銭、桟敷廿銭、割十二銭、茶二銭、下足五厘、火鉢三銭、蒲団一銭

明治3631日 大阪朝日神戸付録

◇神戸芸苑 ▲藤田席は京都より信の家尾半並びに小半一座の改良二輪加にて今一日より開演の筈 ▲神戸楠社西門筋菊の家は岡本鶴次、浪花屋小虎丸、岡本鶴圓、吉田奈良丸一座の浮れ節 ▲楠社塀の側旭亭は南龍、小南龍、魯遠一座の軍談 ▲湊川湊虎亭は旭亭と掛持にて軍談講釈 ▲中道亭は松林圓鏡の一座で講談

明治3631日 岐阜日日新聞

関本座の落語音曲 今一日より當市今小町関本座にて東京三遊会の落語音曲を興行する由なるが其の芸題は左の如し

寶入船(社中掛合)かげ芝居(三遊亭遊枝)落語お花半七宮戸川(三遊亭小六)役者声音物似(春の家鴎夢)詩吟音曲扇舞剣舞(橘家花子女)落語奇術(喬雀)少年名誉剣舞(小村千代子女)古今音曲噺(立花家花圓喬)茶番黄金の返咲(敷島太郎)楠流開祖舞(小村龍雄)大切総出開化一口問答

明治3631 新朝報

河原座の桃太郎はお仕舞の洒落と旗出しは余り下らなさ過ぎる様な気がするが矢張りあれが兄奇連の大受けと見え毎晩大入り

明治3637日 神戸又新日報

◇湊亭 東京の金原亭馬生、司馬龍門と大阪の米團冶、小團冶らにて興行

太鼓(龍生)空中の声(福我)番部屋(小福)手踊(小福松)左甚五郎(勝鶴)鶴満寺(松喬)いかけ屋(福圓)野崎(團輔)天下泰平(小團冶)松竹梅(馬生)紙屑屋(米團冶)

明治3637日 北国新聞

◇新冨座 今晩の番組は浪花土産鳴物入噺(柳冶)音曲徳利踊(柳幸)清元喜撰法師(延橘)落語穴蔵の泥棒物まね(圓平)皿廻し(柳三)落語王子の太鼓声色(宝遊)四の字嫌い(柳之輔)義士銘々伝(燕國)長唄曲引三府浮世節(柳寿斎)芝浜の皮財布(新朝)各国音曲二上新内追分節曲笛剣舞(ジョンベール)

◇宝座 本日よりジョンベール一座新富座と掛持ちにて開演。今晩の番組は落語三枚起請(柳太郎)落語高砂屋声色(宝遊)三府浮世節掛合(延橘、きみ子)音曲徳利踊(柳幸)落語百々川(柳之輔)皿廻し(柳三)落語お花半七物まね(圓平)落語夢金(新朝)各国音曲数種々曲笛剣舞(ジョンベール)勧進帳(燕國)

明治36311日 香川新報

◇常盤座 丸亀市富屋町の常盤座にては本日より三遊亭小圓馬一座の落語並びに手踊等を興行す

明治36318日 新朝報

勝開亭 浜松肴同亭は去十六日夜より三遊亭圓橘一座の落語ありて毎夜大入を占めると云う

明治36325日 大阪朝日神戸付録

◇広告/昼正午十二時から午後五時迄夜午後六時から午後十二時迄楠社西門藤田席二輪加 玉翁茶好東寿双六東昇木戸銭御一人金貳銭上割金五銭並割金三銭桟敷金貳拾銭下足金五厘

明治36325日 北国新聞

◇新冨座 今晩の番組は落語音曲浮世節女剣舞、中入前東京流行節都々逸(扇歌、若辰)ジョンベール金之助の物真似名代役者團十郎八百蔵菊五郎左團冶声色(花圓喬)楠流真正剣舞師範(小村龍雄、千代子、花女)大切東京茶番医術の詐欺師(座員総出)木戸七銭中銭なし

明治36329日 新愛知

<五明座開場>

五明座 新築落成につき舞台開きとして此住太夫一座にて毎夜開演すべしと云う

◇広告/當ル一日ヨリ新築開場/大須 五明座/住太夫、祖太夫、小團二、仙太郎一座

明治36330日 新愛知

富本席 予報の如く今夜より日英同盟演芸會開催、連中は英国帰化人ジョンペル、三遊亭新朝、同寶遊、同圓平、桃川燕國、春風亭柳美斎、同柳之助、同柳三、同柳幸、同柳太郎、立花家喜美子等なりと云う

明治36330日 大阪朝日新聞

◇川上と共に洋行して帰つた長唄連中富士田千之助等は、来月一日から南地法善寺の金沢席と淡路町の幾代席とへ出勤するげな。


 


上方落語史料集成 明治36年(1903)二

明治3641日 神戸又新日報

広告/昔はなし/舊裁判所前第一湊亭、三の宮社内第二湊亭/四月一日より舊一座へ、三遊亭圓七、立花家橘松、笑福亭福太郎、桂米朝、三遊亭三福、笑福亭圓篤、松林若圓出演致候/木戸十三銭、桟敷五十銭、割十三銭/博覧会開会中此広告切抜き又は通券御持参の方は左の通り半額/木戸六銭、座敷二十五銭、割六銭五厘/茶二銭、下足五厘、火鉢三銭/蒲団一銭

明治3641 大阪朝日神戸付録

◇興行物▲旭亭は玉斎一座の軍談 ▲藤田席は栗亭玉翁一座の二輪加 ▲菊廼家は廣澤虎吉、吉川辰圓、吉川島龍、浪花家辰一、絹川一の一座の浮かれ節 ▲同菊廼亭は三玉、染之助、藪千賀、小住、久吉一座の女義太夫 ▲生田前梅ケ枝亭は砂川連山一座の貝祭文 ▲雲井通八重の家は荒川真山一座の貝祭文 ▲御幸通明進亭は浪花寅吉の一座にて浮れ節身振り ▲八幡通り共進亭は京山小光丸の一座浮れ節 ▲三宮町雑居亭は京山光高一座の浮れ節 ▲同町富士館は竹本君栄一座の女義太夫 ▲同町勝福亭は休業

明治3641 北国新聞

◇新冨座 有名会一座本日より開演は綾吊獅子の曲(竹沢光市)落語月の世界(圓楽)西洋手品棒抜き(三助)落語諸芸物真似(好太郎)落語士族のしるこやステテコ(小新遊)長唄浮世節手踊(圓子媛)落語三保の浦仙人娘ステテコ踊(圓好)岸沢浄瑠璃油屋十人斬り(仲太夫)落語浮世のアラ音曲都々逸流行節(三好)滑稽落語細屋船遊(圓橘)大切大一座娘拳三人アジャラ元祖ステテコ(三好、小新遊、圓好)

明治3643日 北国新聞

◇新冨座 有名会初日より大人気にて毎夜大入りなるが今晩の番組は、昔噺(小圓楽)昔噺(好太郎)小話幸兵衛ステテコ踊(小新遊)どうげ問答福助踊(圓好)新作浄瑠璃大人羽衣引ぬきいかけ屋松三郎(仲太夫)貸座敷の内幕元祖座り踊(三好)侠客業平久冶落語万歳の滑稽話し(圓橘)滑稽手踊音曲娘拳(総出)

明治3645日 大阪朝日神戸付録

<浄瑠璃定席走水(はしうど)亭開場>

◇寄席の新築 元町五丁目に今回走水亭と称する寄席を新築し女義太夫五月、廣子、光栄、若緑、君之助、住香、住玉、錦枝、松繁、光龍、小龍、三好の一座にて三日より引続き毎夜興行

明治3647日 神戸又新日報

◇湊亭 第一第二湊亭は昨今両夜例の各十八番ものを演じる由。其番組は左の如し

百人坊主(勝三)のきつけ(福遊)浮世床(橘松)辻占(福清)一枚起請(福我)狸賽(勝鶴)間の山お杉お玉(團輔)火焔太鼓(圓七)小話手踊(小福)新講談続き(若圓)二番煎じ(福圓)山崎屋(三福)肝潰し(松喬)泣塩(米團次)手踊(福太郎)三番(圓篤)

<編者註>この当時の神戸湊亭の番組表については、「仁戯和栄集①」にて紹介

明治36418日 香川新報

◇人情噺と二○加 兵庫町常盤館にては本日より國遊一座の人情噺、改良二○加を開場すと

明治36422日 香川新報

◇常盤館の人気 当兵庫町同館の昔話國遊一座は初日より毎夜大入なるが、一時大阪辺で当りし逆さま立踊の曲喰が最も人気を呼べるものなりと云う

明治36426日 大阪朝日新聞

◇東京落語家円遊、むらく、橘之助、小遊三、遊左衛門、市馬等は来月一日岡山千歳座へ乗り込み、夫より九州地方を巡業して七月当地の三友派各席へ出勤する。

明治36430日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席へ五月一日から東京の落語家左円太、遊朝、金馬、小満之助、円蔵等が出勤する。

◇桂派の各席へも東京の華嬢、米枝、馬瓢等が出勤するげな。

明治3651日 神戸又新日報

◇広告/昔はなし/舊裁判所前第一三の宮社内第二湊亭/五月一日より、舊一座へ/三遊亭圓叟、桂家文朝、桂家團朝、東長次郎、桂文都を差加え候/木戸十二銭、桟敷四十銭、割十二銭の所博覧会開催中此半額、木戸六銭、桟敷廿銭、割十二銭茶二銭、下足五厘、火鉢三銭、蒲団一銭

明治3651日 大阪朝日神戸付録

◇神戸興行物 ▲菊之亭は久之助、三玉、藪千賀、小住、久吉一座の女義太夫 ▲菊之家は浮れ節 ▲旭亭は軍談 ▲兵庫大開通弁天社内亀甲亭は藤川一座の身振り入りの浮れ節 ▲三宮町富士館は若栄一座の女義太夫 ▲同町雑居亭は京山光高一座の浮れ節 ▲生田前梅ケ枝亭は光蝶一座の貝祭文 ▲同町勝福亭は光蝶斎一座の貝祭文 ▲八幡通共進亭は京山小光丸一座の浮れ節 ▲御幸通明進亭は浪花寅吉一座の浮かれ節

明治3653日 山陽新報

◇西大寺町勧商場の二階亀楽席にては、今晩より松林若圓一座の講談、落語を興行する筈なるが、一座の顔ぶれは、左の如し。

時事講談(松林若圓)新古講談(桃川燕龍)吾妻浄瑠璃(吾妻路半仲)舞踏(西川柳嬢)落語(三遊亭圓左)剣舞(橘豊)書生講談(松の家若葉)昔ばなし(三遊亭遊七)音曲ばなし(三遊亭圓遊)昔噺(桂文楽)正本芝居噺(三遊亭小圓右)昔ばなし(三遊亭松雀)滑稽ばなし(立花家みどり)

明治36515日 香川新報

◇常盤館 当市兵庫町同寄席にては近日、東京より快楽亭快柳、橘屋吉三郎、大阪より笑福亭木鶴、笑福亭圓光等の各落語家が出掛ける筈にて、客人に景物をも出す筈なりと

明治36516 中国新聞

◇鼻の圓遊来る 休職東京演芸会社社長などという何かむつかしい人かと思うが、実は御馴染みの鼻の圓遊でげして、エー小圓遊が御当地へ参りました節は一方ならず御贔屓を蒙りましてナドと申して来る十八日から中島集産場胡子座に置きまして立花屋橘之助と共に御意得まする筈でございます。

明治36519日 神戸又新日報

◇三宮第二湊亭の落語 第二湊亭も第一同様の顔触れで相変らず好人気である。小福の番部屋は子供ながらも巧く演って退けた。此上とも慢心を起さず修行第一と励みなば自然噺振にも落着が出来て遖(あっぱ)れ持囃(もてはや)さるるに至るであろう。舞も追々鰭(ひれ)が出来て結構、松喬の佛教亀屋佐平、例の怪しげな顔色が愛嬌となって話も一段面白く聴かれたけれど少しテバつき過ぎて淡白とは行かない何とか工夫ものだ。添えものの大津絵は別段感心するほどではないけれど鼻鹿に大津絵は昔よりの付物兎も角難有(ありがた)く原級して置く。福圓の改良尽し璃鶴の昔に比ぶれば頗る上達してコレでもかコレでもかと無理に聴衆を笑かせるようなこともなく、自然の滑稽聴衆をして思わず吹き出さしむるようになったのは大いに誉めてやるべき点である。此上とも注意して余り温厚としたことを囀(さえず)らず淡白の梩(うえ)に聴衆の腹を撚らすように心がけて貰いたい。添物の芸廻しは例に依って達者というべし。文都の町内寄合酒は素話でもって聴衆を得心せしめ座に笑声を絶えざらしむること巧いものだ。其話振の悠揚として迫らざるは遉(さすが)に真打の値充分というべしである。福遊の浄瑠璃豊竹屋は得意のネタらしく至極面白けれど浄瑠璃の素質が少し足らぬようだ。添物の大津絵は咽喉の可いだけに巧く聴かれた。蓄音機の真似は恐らく専売特許であろう大受けである。兎に角此男何でも一通りはやって退ける湊亭の重宝ものと見たは僻目か。文朝團朝の新内は評者初めての見参だが却々鮮やかである。評者が聴いたは長吉殺しであったが、大なるケレンもなくしてアツと感心せしめた。長次郎の柴笛及び剣舞は例に依って例の如く別段変った所とては無けれど兎に角外の鹿連のやらぬことをやる真に独特の芸ゆゑ聴衆の強く歓迎するのも無理ではない。長次郎君鼻を高くして可なりだ。

明治36521日 中国新聞

◇圓遊一座の今晩の番組 中島集産場胡子座にて興行中の三遊亭圓遊、立花家橘之助一座は別項にもある通り初日以来大人気なるが、今晩の番組は左の如しと

滑稽太鼓持(遊鯛)てん(國輔)かつぎや宝入船(小傳遊)東洋奇術(瀧五郎)音曲ばなし(市馬)北海道土産ラッコの皮(遊左衛門)真生滑稽剣舞衛(謹吾)士族の車夫(小遊三)牡丹燈籠(むらく)三府浮世節長唄秋の色草(橘之助、連れ引き橘童)新作滑稽ばなし(圓遊)大切総一座掛合ステテコ

明治36528日 大阪朝日神戸付録

<姫路の劇場山陽座新築>

◇山陽座 姫路市坂元町の元七福座跡へ目下新築中なる合資會社劇場山陽座は総建坪三百十五坪工事金七千百五十圓にて増位町増田清吉が受負い本年一月以来四十余名の人夫大工を督して工事を急ぎつヽありしが目今既に一切の建物整い内部の作事中なるのみか小道具一切も大半出来上がりたれば遅くとも来月十五日までには悉皆工事成工せしむる見込みにて同座落成に至れば盛んなる落成式を挙行し大阪俳優にて大芝居を興行する筈なりと

<編者註>六月二十五日午後二時より落成式を開く。

明治36531日 大阪朝日新聞

◇東京の土橋亭りう馬、五代目橘家円太郎、立花家花橘は三友派の各席へ、亦橘家円橘、同円子、春風亭左柳、帰化人ジヨンベールは桂派の各席へ何も明一日より出演する由。

明治3661日 神戸又新日報

◇湊亭 舊裁判所前第一湊亭、三宮社内第二湊亭とも本日より三遊亭遊朝、東屋小満の助、桂米喬を差加え従来の出方と共に大車輪大勉強でお客様方の御機嫌を伺う由。遊朝は圓遊門下の才物にて師匠其ままの話振り如何にも大舞台又小満の助は清元及び浮れ節の堪能にて咽喉の美いこと多く其類を見ずとの事なるが、殊に當地へは両人とも初めての見参なれば定めて大入を占むることならん。

◇広告/昔はなし/舊裁判所前第一湊亭、三の宮社内第二湊亭/六月一日より、舊一座へ/桂米喬、清元浮世ぶし東家小満之助、三遊亭遊朝を差加へ候間、不相変御来場の程、奉希上候/博覧会開会中此広告切抜き、又は通券御持参の方は左の通り半額/木戸十三銭、桟敷五十銭、割十三銭の処、木戸六銭五厘、桟敷二十五銭、割六銭五厘/茶二厘、下足五厘、火鉢三銭、蒲団一銭

明治3661日 神戸又新日報

落語家の東京行 先年上京して好評を博したる大阪の落語家笑福亭福松は今回又もや自分が頭となりて文團冶、松光、米團冶、米喬、梅團冶、圓篤、福太郎、米朝、小雀等の顔触にて来る七月上京し本郷若竹、両国立花屋、銀座の金沢及び新橋の玉の井各席を打廻り八月は横浜新富亭に於いて興行する由

明治3661日 神戸又新日報

◇広告/昔はなし舊裁判所前第一、三宮社内第二湊亭六月一日より舊一座へ桂米喬、清元浮世節東家小満之助、三遊亭遊朝を差加え候不相変御来場の程奉希上候博覧会開催中広告切抜又は通券御持参の方は左の通り半額木戸十三銭の処六銭五厘桟敷五十銭の処廿五銭割十三銭の処六銭五厘茶二銭下足五銭火鉢三銭蒲団一銭

明治3661 大阪朝日神戸付録

◇神戸芸苑 ▲亀甲亭は光丸一座の浮れ節身振狂言 ▲松鶴座は萬歳二輪加 ▲八幡亭は活動写真 ▲寶楽席は浄瑠璃入り身振狂言 ▲山陽亭は歌當一座の源氏節 ▲永楽亭は小伊勢、小音丸、小虎丸等の浮れ節 ▲菊廼家は京山正次、京山一丸、岡本■丸、吉田小音丸、中川小伊勢、浪花家小虎丸一座の浮れ節 ▲菊廼亭は久吉、小住、藪千賀、三玉、久之助一座の女義太夫 ▲旭亭は軍談 ▲雑居亭は中川小伊勢一座の浮れ節 ▲梅カ枝席改め末広亭は砂川自■一座の貝祭文 ▲勝福亭も末広亭と同じ砂川一座の貝祭文 ▲共進亭は京山小光丸の浮れ節

明治3665日 神戸又新日報

◇湊亭芸評 先頃三遊亭三福の来たときに舊裁判所の前の第一湊亭に二度行って大いに感じたから、何うか此中へ別嬪の三弦を一枚入れたいと芸評に私見を吐露したが、果たせるかな嬉しいかな席主も茲に着目したものか本月は三遊亭遊朝と共に常磐津の小まんの助を呼んだ。全体大阪落語仲間には三友桂両派共別嬪がないのが蓋し一大欠点であろう。ナゼ東京の落語連には別嬪があって、大阪にはないかというと、大阪には女新内と義太夫を卑しむ弊がある。夫は大阪が浄瑠璃の本場であるから義太夫などは取るに足らぬものとしてあるのと、新内は下品であると断念して客種のいいのを花客として居る落語には自然之を排斥する傾向があるのと、一つは関西は常磐津、清元が流行しないから頓と妙手がない。其為に別嬪の芸人がない訳である。併し三友派には東京の宝集家金之助が新生と共に落着いたけれど今では大阪にも居ないが田舎へでも出たが惜しい事だ。ソコで一作夜三日目をトして第一の方へ駆付けたが例の見たとこ評をすると、慶枝、福清、小福、松喬、勝鶴、福遊、福我まではお馴染だけに只大車輪で感寸だというに止めて置いて他を評すると、橘松の転失気は此男東京で誰の弟子か、橘の字の付く所では圓橘の弟子らしい。話も達者で調子も宜く踊りも器用で男も好いから此上とも勉強が肝腎だ一昨夜は酒が過ぎて大分泥酔(とら)になって結末を少し発露(ばら)しかけたが転失気を発砲(ばら)さぬが未だしも福圓と共に活惚は軽い軽い。福圓が三福のステテコを真似たは飛んだ娯愛嬌であった。米喬が刀の銘で行安を行くも安しと言う辺りは医者の態度あり但しらい病患者の態度もありとは来客の発声であった話の面白く聞かれるのと舞の滑稽は真面目でやっても可笑しいが即ち美男子の徳なり。さて待焦がれた小まんの助の常磐津忠信物語は流石に名を継いだだけある。先代の小まんの助に比して器量もあえて遍色なしの別嬪だ先代は指に紙を巻いたを此の人は脈どこへ包帯して居たお怪我か腫物(はれもの)かお大事になさいだ。何分時間のないので唄の短かったが残念彼の声で継信君の胸板に発止と立って真逆さま辺りも聞きたかった。都々逸はお手の物、字余りの「海老の子は」は大阪で柳寿斎のを聞いた切りであったが却々節も咽(つつ)も宜くこなされたんで身が浮く程宜かった。真打の三遊亭遊朝は落語家としては男振りが宜過ぎる死んだ小圓遊よりも奇麗だ其に三福程訝(たつ)う片付けないので話も充分に聞かれた。小言幸兵衛という話は一寸難しい話だが美事にしゃべりこなした此人チョイと舌足らずのような甘つたるい所が却って一種無量の愛嬌となって一徳である。願わくは試みに遊朝と米喬の男振りを混交せて改造して見たい兎に角今月の湊亭は二晩三晩聞きに行く値打は正にあると評者が保証する次第である。

明治3666日 中国新聞

料芸館 桂園馬、笑福亭福冶、同小福松、岡本三隅太夫、三寿玉、幇間三之助、淀吉、淀助、梅八、三助一座の落語源氏節新内二輪加

<編者註>幇間の三助は、後の初代ざこば。三隅太夫は、神戸の團輔の実兄。

明治36610日 大阪朝日新聞

博覧会付録 十三日の大阪日には三友派の落語家が家台を曳出す事と成り、家台の行灯には大津絵の抜き絵を記し、落語家一同大津絵の姿にて場内に練込み、其姿の侭ウオーターシユートを乗り試むる筈にて、目下費用杯に就て相談中。右役割の内米喬の藤娘、曽呂利の鷹つかひ、真生の布袋和尚等は最も興を添ふるならんと云へり。

明治36611日 大阪朝日新聞

博覧会付録 前号に記載せし三友派落語家連中の大津絵は趣向変り、澪標の行灯を冠り、揃ひの浴衣にて練り込む事に決定せり。

明治36614日 新朝報

河原座の落語 一昨晩より東京落語三遊亭圓左一座にて興行、今晩の出し物は 御祝儀(左輔)船頭徳三郎(小圓左)狸才四まわし(圓雀)千両幟(金之助)花見小僧(しう雀)芝居噺親鸞記(圓次郎)穴と道(圓左)大切掛合茶番忠臣蔵三段目非常の大評判

明治36627日 東京朝日新聞

◇先頃上京せし大阪三友派の落語家福松は、一座を引連れ来月出京し、上席は両国立花家と浅草の並木亭。下席は本郷の若竹と新橋の玉の井にて、七月下席限りにて帰阪する由。一座は左の面々なり。

桂文團治、笑福亭松光、桂文我、同歌之助、同團三郎、同勝寿、同米團治、笑福亭小圓、同圓馬[篤]、同光雀、同福太郎、桂米朝、同米喬、(かる口)花咲がん篤

グラフィックス2

                          「日本の古典芸能9」(平凡社)の巻頭写真

明治36628日 中国新聞

◇今日のあそび場 ▲勧商場内鶴の席 桂團輔一座

明治36629日 大阪朝日新聞

◇落語三友派の各席へは東京から円蔵、遊朝、小満之助が乗り込み、旅行戻りの円若、文都、遊輔等も顔出しをして来月一日から花々しく開場する筈。同派の福松、文団治は門弟等を引連れて東京睦派の各席へ出勤する事と為つたげな。

明治36630日 大阪朝日新聞

◇落語桂派の各席へ明日より東京から三好、新遊、円好等が主席する。北新地永楽館は明日から若円、さん馬、馬琴等で昼席を興行し、夜に入つては三友派の落語を聞かせる筈。

明治36630日 東京朝日新聞

◇寄席案内 明晩より替わる分左の如し △日本橋区○米沢町(立花家) 大阪落語三友派文團冶、福松の一座

明治36630日 新朝報

河原座 東京落語家大名題三遊亭圓橘十八番人情噺し三遊亭圓平、滑稽音曲噺し合併大一座、七月一日より開場、中にも當年五歳の少児三府浮世節を歌うとの事なり


 

上方落語史料集成 明治36年(1903)三

明治3671 京都日出新聞

笑福亭は本日より東京下りの柳亭左伊蔵がお目通りをして得意の怪談に早替をするとか尚同席は東長二郎、三遊亭竜門外前座両三名で極安価で演るさうだ

明治3671日 神戸又新日報

◇広告/昔噺/舊裁判所前第一湊亭、三の宮社内第二湊亭/當七月一日より、舊一座へ、青柳華嬢、三遊亭左圓太、立花家花橘、桂文之助を差加へ候間、不相変御来場の程奉希候/木戸十三銭、桟敷五十銭、割十三銭の処、木戸六銭五厘、桟敷二十五銭、割六銭五厘/茶二銭、下足五厘、火鉢二銭五厘/蒲団一銭

明治3671 大阪朝日神戸付録

◇神戸市内興行物案内 ▲兵庫水木通の三遊亭は玉村八重定一座の貝祭文 ▲能福寺境内松鶴座は萬歳俄 ▲切戸町の永楽亭は小虎丸、正司の浮れ節 ▲山陽亭は人一座の源氏節身振狂言 ▲運河の寶来座は是迄通り浄瑠璃身振狂言 ▲駒ケ林村の八幡亭は女義太夫 ▲楠社塀の側旭亭は三省社一瓢、西尾山、松月堂呑山一座の講談 ▲楠社西門筋菊廼家は京山圓子、京山力松、京山京之助、京山圓吉、京山小圓一座の浮れ節 ▲菊廼亭は三玉、染之助、小住、藪千賀、久吉一座の女義太夫 ▲元町五丁目天神社内走水亭は錦玉、錦枝、松枝、小圓、光蝶、松子、島之助一座の女義太夫 ▲三宮雑居亭は京山小音丸一座の浮れ節 ▲同町富士館は竹本君栄一座の女義太夫 ▲同町勝福亭は光蝶斎一幸の貝祭文 ▲生田前末広亭も一幸の貝祭文 ▲小野大安亭は玉村八重山の貝祭文 ▲八幡通明進亭は吉田久春一座の浮れ節 ▲御幸通稲荷亭は浪花虎吉一座の浮れ節

<編者註>掲載されていないが、藤田席は二日より双六一座の俄

明治3672 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭の三好、新遊、好太郎は一昨夜限り大阪へ小文吾は文三、枝雀等と神戸、姫路等へ出稼ぎをした▲昨一日より同席へお目通りをした柳幸は音曲と「かつぽれ」とで受けさして居る▲昨日よりの出番は 午後七時(扇太郎)同二十五分(光輔)同五十分(柳枝)同八時十分(小正楽)同三十分(宝[])同五十分(枝三郎)同九時十分(柳幸)同三十分(柳寿斎)同五十分(枝太郎)同十時(扇枝)同二十分(大薩摩連中)同四十分(文光)同十一時(年誌)切(花楽)

明治3672日 北国新聞(金沢)

◇寶座 諸芸大会今晩の番組は、新作改良噺(里笑)真正剣舞(昌國)西洋奇術(天海)人情噺(圓光)新内南蝶縁切(千賀松)所作事早替り(光鶴)音曲噺(延若)。八時迄入場の場合、木戸無料。

明治3674日 馬関毎日新聞(下関)

◇三遊亭圓遊来る 目下長崎市に於て好人気中なる落語家三遊亭圓遊及び清元長唄の名人立花家橘之助等の大一座は、當地の贔屓客の招きに依り、来関。来る九日午後六時より裏町弁天座に於て左記芸目を開演する由。昨日同地より本紙に投じ来り。

御祝儀唐子遊獅子の一曲(三遊亭遊女・同遊一)干物箱(三遊亭遊調)たらちね(五明楼國輔)医学進歩疝気の虫(三遊亭小傳遊)流行音曲はなし(三遊亭市馬)日本手品黄金の球集め(養老瀧五郎)圓遊会俄関所(三遊亭遊左衛門)士族しるこ屋(三遊亭小遊三)真正滑稽剣舞術(有村謹吾)今様人情はなし(朝寝坊むらく)三府浮世節清元長唄(立花家橘之助 三味線ツレ本年九歳橘童)滑稽地獄旅行(三遊亭圓遊)大切大一座掛合娘拳ステテコ踊

明治3675日 神戸又新日報

◇湊亭 二人旅(福楽)祭(福清)揃えの浴衣(橘松)千両蜜柑(福遊)偽金(勝鶴)小噺手踊(小福)同(小福松)赤子茶屋(慶枝)新裏の裏(松喬)空中旅行(福我)みょうが宿(團輔)孝子の誉れ(福圓)清元手踊(花橘)物真似曲芸(左圓太)又新日報無実の罪(華嬢)連花實命保(文之助)

明治3677 京都日出新聞

○楽屋風呂 ▲京都興行同盟会の第六回伎芸会は今明両夜堀川蛸薬師上る玉の家で催すが其番組は◇今日の部 落語御祝儀(枝子)同地獄(扇太郎)講談大久保彦左衛門(魯生)義太夫太十(尾上、糸咲造)落語味噌蔵(枝三郎)講談柳生二階笠(琴書)曲引(柳寿斎)落語代診(年誌)同明石舟(扇枝)同鯉舟(枝太郎)講談白石大尉(一)俄涼み舟(市丸、新蝶、東玉) ◇明日の部 落語御祝儀(枝子)同瘤弁慶(光輔)同三枚起証(枝三郎)義太夫布四(国里、糸仙左衛門)講談徳川の忠臣(魯生)落語遊散舟(枝太郎)音曲ばなし(年誌)講談服部中佐(一)曲引(柳寿斎)落語不動坊(扇枝)講談柳生又十郎(琴書)俄夏の蛍(市丸、新蝶、東玉)

明治36711 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭は今十一日より例年の通り落語の角力をするが穴を探した人には景品を出すとか▲京都興行同盟会の第七回文芸会は今明両夜堀川の菊の家で開会すると其番組は◇本日之部 落語二人旅(扇太郎)講談五郎正宗(魯生)落語八足(年誌)義太夫御所桜(国柳、咲造)落語あん七(枝三郎)講談黄海激戦(一)落語お玉牛(扇枝)曲引(柳寿斎)落語大丸屋騒動(枝太郎)講談紀の国屋文左衛門(琴書)俄蛍狩(新蝶、橘蝶、市丸)胡蝶之舞(東玉) ◇明日の部 落語二人旅(光輔)同若後家(枝三郎)講談伊達政宗(魯生)義太夫壷坂寺(尾上、仙左衛門)落語猿後家(扇枝)講談左甚五郎(琴書)落語唖の魚釣(枝太郎)曲引(柳寿斎)音曲ばなし(年誌)講談大沽占領(一)俄網舟(新蝶、橘蝶、市丸)胡蝶の舞(東玉)

明治36711日 大阪朝日神戸付録

◇大黒座 神戸元町四丁目ひのや合名會社蒲団店に於いて移転披露の為来る十六日午後六時より記念演芸會を楠社前大黒座に於いて催すよし其出し物は

御祝儀(大村家社中)二輪加(大阪演芸會社中)滑稽西洋手品(大阪○○亭都若)正札付長唄(花村登久太郎、小川龍太郎、花村嘉十郎、三味線花村久寿次郎・・)西洋手品(大阪帰天斎正一)・・

明治36712日 新朝報(豊橋)

河原座の奇術 目下河原座にて興行中なる三遊亭圓橘一座へ名古屋にて興行中の三遊亭しう雀を呼び寄せ尚東京盛武會會長今様剣舞開祖金房冠一郎一行を加え余興としてマジツクランダー一名、月世界旅行コレツトマジク一名、世界珍物取奇千代子左抜居合術空中飛行の奇術、練磨術を興行する由該術は明治三十五年四月佛國より帰朝東京新富座及び歌舞伎座に於て開場し大喝采を博したる斬新奇抜趣味無量なる演芸にして今度博覧會へ下阪の途次加わりたるものの由定めし大喝采を博するならん

明治36713 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭の落語角力は愈々明夜より催す筈で行司は花楽と文光とで其東西の割方に付て昨今楽屋で協議中だが中には割方に就て苦情があるさうだ▲同席の枝之助は目下予備兵として大阪の卅七聯隊へ入営中だが来る廿一日には帰京し営所の土産話をするさうだ

明治36714日 東京朝日新聞

◇演芸雑用 大阪落語家福松、文團冶、米團冶、米喬、圓篤及び当地のブラック、圓右、圓喬等合併して明十五日より三日間両国の立花家及び京橋の金沢亭において掛持ち出勤の大演芸会を催す

明治36721日 大阪朝日新聞

◇北新地永楽館の昼席と天満宝来亭の夜席とに昨二十日より小南窓(武蔵坊伝)、若燕(義士伝)、さん馬(巷説奇談)、若円(明治大疑獄大海原)等が出演講演する。

明治36721日 馬関毎日新聞

◇三遊亭圓遊来る 同一座は市内裏町弁天座に於て開演する筈なりしが、都合により豊前田町稲荷座に変更し、本日より向う一週間開演する由にて、田舎には滅多に聞かれぬもの、紳士も八公もドシ〳〵詰めかけ玉へとお勧め申す。

明治36722 京都日出新聞

幾代亭の枝太郎及大阪の小文枝、文屋等は琴書等と合併して来月上旬頃より北国地方へ出稼ぎをすると

明治36723日 神戸又新日報

<姫路の演芸界>

◇山陽座と旭館其他 姫路市阪元町新築山陽座は例の尾上岐三郎、市川團四郎、嵐豊三郎一座にて昨日より前勧懲侠客鏡(七幕)切女舞鶴(二幕)と替え又同市船場川端寄席旭館にては昨日より大阪落語家三遊亭圓馬、桂南光の一座が乗込めり西二階町七福座は屡々協議の結果愈々改築する事となり既に図面も調整したれば二万圓の資金を以って遠からず工事に着手すべく又竪町幾代席は小屋荒廃に及び休業を命じられ居れるが不日大修繕に着手せん筈神谷の勇席は入れもの考案中なり

明治36723日 馬関毎日新聞

◇圓遊一座の出し物 目下稲荷座に於て開演中の三遊亭圓遊一座、本日の出し物は

唐子遊獅子の曲(三遊亭遊女、同遊一)干物箱(同遊鯛)六尺棒心の入替(五明楼國輔)掛取万歳(三遊亭小傳遊)東洋手品(養老瀧五郎)音曲ばなし(三遊亭市馬)剣舞(有村謹吾)士族の車夫(三遊亭小遊三)文七元結(朝寝坊むらく)三府浮世節(立花家橘童)かいこの當り(三遊亭圓遊)大切娘ケン並にステテコ(一座総出)

<編者註>立花家橘童 本名石村寛一。香川県高松市。三味線石村幸太郎の倅にして、あどけない小童なれども、三絃の優人を賛嘆せしむるに足りるものあり。當年九歳。(七月二十四日 馬関毎日新聞)

明治36724日 馬関毎日新聞

◇稲荷座今晩の語り物 市内豊前田町稲荷座三遊亭圓遊一座、四日目の語り物は左の如し

唐子獅子の曲(三遊亭遊女、同遊一)洋行戻り薬の自在□□(三遊亭遊鯛)泥坊の改心(五明楼國輔)かつぎや寶の入船(三遊亭小傳遊)流行音曲ばなし(三遊亭市馬)日本手品(養老瀧五郎)圓遊会俄関所(三遊亭遊左衛門)新作滑稽剣舞(有村謹吾)歌合(三遊亭小遊三)今様人情はなし(朝寝坊むらく)三府浮世節(立花家橘童)・・・(不明)。

明治36725 京都日出新聞

大虎座は本月末で打上げる筈の処都合で今夜限りとし明夜から千本座へ乗込むさうだ又同座は明廿六日より三日間合同演芸会を催すが其番組は

廿六日 落語御祝儀(枝次郎)百人坊主(扇太郎)軽口夕涼(東米、東寿)講談長門守重成(氏原一)落語かいの村(扇枝)角力(喜劇東玉行司氏原一落語枝太郎)落語八門遁甲(扇枝)喜劇越後獅子(東米、市丸、新蝶)講談大久保町邸(琴書)東洋奇術(ヘラシヨコー)

廿七日 落語御祝儀(枝子)同播州名所(光輔)軽口忠三(馬鹿八、正子)講談備前徳利(琴書)落語痰うどん(枝太郎)角力(落語年誌行司琴書喜劇新蝶)落語へつつい幽霊(枝扇[扇枝])喜劇仙台殿様(市丸、東玉、東寿、東米)講談白石大尉(琴書)東洋奇術(ヘラシヨコー)

二十八日 落語御祝儀(枝吉)同京[東?]奴(柳枝)軽口白拍子(馬鹿八、正子)講談大石良雄(氏原一)落語浮世根問(扇枝)角力(喜劇市丸、行司氏原一、落語年誌)落語入梅□賊(枝太郎)喜劇高野山(新蝶、東玉、馬鹿八、正子)講談左甚五郎(琴書)東洋奇術(ヘラシヨコー)

明治36728日 馬関毎日新聞

◇圓遊明治座に来る 過日来豊前田町稲荷座に於て開演中なりし本邦落語界の親玉三遊亭圓遊一座は、昨日を以て同座を打揚げ本日より向う五日間明治座に於て得意の快弁を揮(ふる)う事とし、本日改めて町廻りをなす筈なり。尚初日番組は左の如し。

唐子遊獅々の曲(三遊亭遊女、同遊一)干物箱(三遊亭遊鯛)たらちね(五明楼國輔)医学進歩疝気の虫(三遊亭小傳遊)流行音曲(三遊亭市馬)日本手品金の球集(養老瀧五郎)圓遊会俄関所(三遊亭遊左衛門)真正滑稽剣舞術(有村謹吾)士族のしるこや(三遊亭小遊三)今様人情はなし(朝寝坊むらく)三府浮世節(立花家橘童 本年九歳)新作滑稽地獄旅行(三遊亭圓遊)大切娘拳掛合並にステテコ(総一座)

明治36728 京都日出新聞

◇楽屋風呂▲幾代亭の枝太郎及長唄連中の北国行は同席が昨今好人気なので来月十五日から出稼ぎする事に延期した▲笑福亭は真野両名で借受ける筈であつたが何か都合で破談となり同席主高橋は同亭を売買するとか

明治36730日 大阪朝日新聞

◇松島文芸館、千日前改良座、老松町老松座の各席で東京演芸会と言ふを組織し、花子、りう馬、勝栗、左円太、喬之助、花橘等にて一日より開場す。

明治36730 京都日出新聞

幾代亭は来月一日から東京連の三好、円子、円好、竜遊が大阪から来ると

明治3681日 新愛知(名古屋)

富本席 今晩より芝笛の名人東長次郎に落語三遊亭圓隣、笑福亭鶴松、同吾橘、同福馬、同美名亀、司馬龍門一座にて興行する由

<編者註>圓隣は、圓篤の誤植と思われる。

明治3681 京都日出新聞

幾代亭へは明治座へ出勤する若柳燕嬢が今晩からカケ持をするとか尚同席は本日よりは東京連と杵屋連中の長唄と同席連中数名で落語研究会をするげな

明治3681日 神戸又新日報

◇広告/昔噺/舊裁判所前第一湊亭、三の宮社内第二湊亭/當八月一日より、舊一座へ、桂梅團治、青柳華嬢、笑福亭圓若、西国坊明学の新顔を差加へ毎夜興行仕候、尚暑中御見舞として、八九の両月は、此広告切抜又は通券御持参の方に限り、左の通り半額/木戸十三銭、桟敷五十銭、割十三銭の処、木戸六銭五厘、桟敷二十五銭、割六銭五厘/茶二銭、下足五厘、火鉢二銭五厘/蒲団一銭

◇湊亭 第一第二湊亭とも本月よりは従前の出方に西国坊明學及び圓若、梅團冶等が加わり青柳華嬢も居残りて例の通りタップリ御機嫌を伺う由なるが、殊に西国坊明學は久方ぶりの出勤なれば定めて大受けなるべし。本日の出し物は左の如し

春の旅(福楽)寄合酒(福遊)夏遊び(福清)ひねりや(橘松)小咄(小福)手踊(小福松)壷算(團輔)□□(勝鶴)高尾の面影(慶枝)色町の穴探し(松喬)素人浄瑠璃(福圓)当世講談(華嬢)蛸芝居(梅團冶)掛取萬歳(圓若)琵琶講談浮世節(明學)

明治3681 大阪朝日神戸付録

神戸の興行物 神戸楠社塀側旭亭は神田伯龍、西尾小□□の講談 ▲楠社西門筋藤田席は雙六一座の二輪加 ▲楠社西門筋菊廼家は吉川小島、姉川鶴、吉川圓、宮川次、京山若丸一座の浮れ節 ▲同菊廼亭は久吉、藪千賀、小住、染之助、三玉一座の女義太夫 ▲三宮町富士館は君栄一座の女義太夫 ▲同町勝福亭は休み ▲同町雑居亭は中川伊勢吉一座の浮れ節 ▲生田前末広亭は玉村八重山一座の貝祭文 ▲御幸通明進亭と同町稲荷亭は休み ▲同町大安亭は砂川好生一座の貝祭文

明治3681日 北国新聞

◇新富座 本日より東京落語連音曲八人芸綱川灸冶一座にて開演。初日の番組は落語芝居噺(かしく)三ツ面足踊引抜早替(政治)人情噺安中宗三郎伝(貞三)落語音曲身振噺(歌久丸)音曲八人芸義太夫端唄流行節種種胡弓曲引(灸冶)大切茶番大一座

宝座 女落語今晩の番組は、落語両国八景(鶴之介)音曲身振踊(三橘)娘新内曲引(小直太夫)芝居はなし(鶴松)十六人芸(藤朝)人情ばなし(木鶴)音曲ばなし芸尽し(華錦)大道具入掛合ばなし(掛合)

<編者註>木鶴一座の番組

<八月二日>高宮川(鶴之介)道化茶番道中八景(木三松、鶴松)新内明烏(小直太夫)落語三十石(藤朝)技芸枕の曲使い(三橘)音曲ばなし(美徳)百年目(木鶴)

<八月三日>地獄八景(鶴之介)道化軽口昔祭り九郎兵衛新内の段(木三松、鶴松)三十石続き(藤朝)新内石川五衛門外ツキヨフン(小真太夫)音曲ばなし(華錦)平六郎の曲芸(三橘)落語三枚起請(木鶴)

<八月四日>龍宮浦島玉乗り(鶴の介)道化軽口手水鉢(木三松、鶴松)うそ修行(藤朝)七代即席(三橘)音曲ばなし(華錦)後家殺し(木鶴)

明治3683日 大阪朝日新聞

◇円遊の鼻 去る一日から市内三友派の各席に出勤してゐる東京落語家三遊亭円遊は、来る十五日にて当地を打上げ京都に行く筈なるが、同人は例の通り得意の舌にて、九州巡廻中には其地〳〵の風俗に寄つた噺を土産嚢にどし込み、当地でも其趣向で去る三十一日、博覧会を見物して夜景に吃驚(びっくり)し、アヽ奇麗々々とお手を拍いたが一箇(ひとつ)のお土産、誠に可愛い坊ちやまでございます。目下一座の橘家橘之助は病気のため長崎で治療して居りますが、夫れと同時に私も鼻の隧道(トンネル)に故障を生じたが、お蔭で元の鼻に成りました、一時は余程この鼻も見事に膨れて自分ながらはなはだ天狗でしたが直挫(ひし)げて仕舞ひました。イヤ天狗よりも結句此方が無事でと、邪気(つみ)の無い事を饒舌つてはなを咲かせてゐるさうな。

明治3683日 大阪朝日神戸付録

二宮横手に寄席二宮亭というを新築し昨二日開場式を行い引続き浪花家寅吉一座の浮れ節演劇を演ずる由

明治3684日 徳島毎日新聞

歌舞伎座における落語新内手品は酷暑の見物聴物としては肩の凝らなぬだけに恰当たるが出し物は左の如し。御祝儀(團幸)三人旅浮れの尼買い(我遊)永口上金明竹(小圓子)即席大角力都々逸(文鏡)西洋奇術(朝一)五人廻し(さん圓)茶屋遊び親子出会(さん橘)めくら景清(南枝)天下泰平(小團次)中入後梅野由兵衛長吉殺し(新内)喜山の御光(圓子)

明治3687日 神戸又新日報

◇湊亭の落語(しの字) 炎暑の砌(みぎり)は何かに付けて便利お手軽の淡白物で且つ気楽なるが宜し落語の席は即ち是にて夕景一浴の後浴衣一枚引っ掛けて飛込めば夫で沢山縦横になって聴こうが鹿連の棚卸しをしようが格別目角を立てゝ怒るものなければ唸るものもなく只モー気侭の仕三昧オホヽアハヽと笑っているうちに自然と暑気を忘れて意外の愉快を購い得らるヽのである去れば落語の定席たる第一湊亭(舊裁判所前)第二湊亭(三宮社内)とも毎夜是等忘れの気散じ客に満たされて非常の好人気とは蓋(けだ)し其筈にて殊に今月よりお馴染の青柳華嬢の外に槍錆の圓若と西国坊明學とが久方ぶりに例の梃変(へんてこ)な顔色オツト御尊顔を縦覧に供し奉つていることも一の功徳となって一層客足を引いているようにも思われる。さて一座のうち数名を引抜いて短評を下せば、福我の空中旅行は新作にて得意のネタらしく何時も面白く聞かるれど其話振りの少しく生硬に失して円熟せざるが傷である聞く先生普通学の素養顔深く新作物も随分多いとの事此上とも熱心に励み玉へよ。小福松は福松の門人で團輔の秘蔵児なりと事新しく紹介するにも当らぬが小さな割には却々味をやり居る。

明治3689日 大阪朝日新聞

◇稲荷文楽座は明十日より三友派一座に三遊亭円遊一座加はりて落語。堀江賑江亭は同日より女義太夫昇之助、昇菊一座にて開始。新町瓢亭は同女義太夫呂昇一座にて毎夜大入なりと。

明治3689 京都日出新聞

幾代亭の枝太郎は大津梅の家へ出稼中なるが頗る好人気で来る十五日迄演つて伊勢路は乗込むとか

明治3689日 徳島毎日新聞

歌舞伎座の落語は、新内手品手踊等何れも在来乗込み来りし者に比して評判能く東京大阪あたりにては黴菌(かび)のはえたるものも、地方の耳と目には新しく夏の見物聴物としてはデモ演劇よりははるかに興味を感ずるより毎夜涼みがてらに(其の癖汗に成りに)出かくる者少なからず毎夜八九分の入とは結構と云うべし。本社同人も一昨夕大挙して出かけたるに満場いづれも浴衣掛けの白暟々恰も雪の旦の夫れの如く扇遣うの忙しさ春の夕べの片々たる落花とも見られ概して客種好し。前幾席かは既にすみて、三圓、南枝、小團次、文朝、團朝、圓子等何れも得意の落語に手踊りに、独楽廻しに新内に二廷鼓、笛の奏曲に一夕の歓娯を取るには充分にて成らば今一時間程早く閉場(はね)て明日の頭痛の種を作らさぬようにせねば更に妙ならむ。

明治36810 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲本月初旬から空家となつて居た笑福亭は堀川の菊の家の真野が借受けることになつて来る十六日から円太郎円篤一座の落語を演といふ噂さ▲幾代亭の三好、燕嬢と東京連と杵屋一座の長唄連は来る十六日で一先づ打上げ本月中は夏休みを為す由その連中は金沢か富山へ出稼ぎをするげな

明治36811 京都日出新聞

幾代亭の東京連三好、新遊、円好等は来る十五日迄の筈であつたが俄に昨夜打上げて東京へ帰り本夜から定連中と杵屋の長唄連中、氏原一、山崎琴書等も出勤し怪談を演る事になつた

笑福亭は前号記載の同席定連中の外に東京から毎年暑中に出稼ぎする円遊、い円遊、むらく、橘之助等が加はると

明治36814日 神戸又新日報

◇神港倶楽部の演芸会(二日目) 井上牧師の詩吟例の如く。菊月米秋君、菊明弘君、大守やす子の琴合奏「梅の宿」清秀(せいしゅう)なる曲なり。次に平豊彦君の薩摩琵琶「武蔵野」高逸(こういつ)の趣あり。次に曾呂利新左衛門の落語「雁風呂」は面白し。次に植田千代子の「面かむり」は容顔(かおかたち)の美しきは一層の徳にて、舞も以前之を演(や)りし時よりは余程上達せり。・・・・(以下省略)。

明治36816日 大阪朝日新聞

◇北新地永楽館は娘義太夫竹本長広の一座に東京下り若手連を加へ、平野町此花館は呂昇一座、紅梅亭は三友派落語にて、孰れも今十六日の夜より開場す。

明治36817 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭は昨夜から三遊亭と大阪三友派連中の落語で始めたが其出番の時間は 午後七時四十分(吾喬)同八時(福篤)同二十分(遊好)同四十分(円叟)九時(長次郎)同二十分(鶴松)同四十分(小鶴)同十時十分(小福)同三十五分(円太郎)切(円遊)▲幾代亭の百物語は都合で昨夜一先づ打上明晩から東京の講談師松林伯知等の講談を演るさうだ

明治36820日 神戸又新日報

◇朝日座 本日より東京演芸大會として三遊派柳派中有名なる三遊亭圓蔵、土橋亭りう馬、立花家喬之助の顔触れにて落語、音曲、手踊等なるが純粋の東京連のみなれば好人気なるべし。演芸は左の如くなりと

三遊亭圓丸(落語)土橋亭りう馬(人情噺)橘家圓蔵(落語)三升家勝栗(竹琴竹三味線)立花家喬之助(清元浮世節)同花橘(浮世節手踊)小村静雄(剣舞)春風亭柳幸(音曲噺)三遊亭左圓太(皿の曲)橘家米蔵(音曲家)橘家小圓蔵(落語)春風亭柳寿斎(三味線曲引)橘家圓弥(ステテコ)小村花子、小村千代(詩吟剣舞)三遊亭寶遊(落語)

明治36821日 香川新報

◇玉藻座 当市片原町の同座にて興行中なる噺家三遊亭圓朝の一座は中々の人気にて曲芸、人情噺等随分面白しと

明治36822日 神戸又新日報

湊亭 石仇(橘松)の質(福清)西海の月(福我)眠り猫(勝鶴)須磨浦風(團輔)娘相撲(福圓)色の振掛け(松喬)三つの鼻裁判(圓若)源平琵琶の曲(明学)空中の真珠(華嬢)小噺(小福松)舞(小福)

明治36823日 新朝報

河原座 昨二十四日晩より昔々亭桃太郎一座の滑稽日本音曲ばなしを興行する由而して其顔ぶれは左の如し

三遊亭圓彌、麗々亭小柳冶、かつら文平、昔家ぽんた、三遊亭圓玉、司馬りう太、清元扇之助、立花家花奴、三遊亭若遊三、昔々亭桃太郎

明治36825日 中国新聞(広島)

◇明神座の改築 市内京橋なる劇場明神座は既に腐朽に帰したるより一応解き崩し尚一層大なる大劇場に改築せんと座主荒神町宮尾如意智の設計にて去る二十日工事に着手したり。

明治36827 京都日出新聞

◇幾代亭 同席の枝太郎、小正楽、燕太郎等は大津から伊勢路へ出稼中であつたが不景気の割合に好結果だ一昨日帰つて来た

明治36830日 大阪朝日新聞

◇三友派の福松、文団治は去る六月中より東京横浜を巡業中であつたが、此程帰阪し、三遊亭新遊、青柳華嬢も来阪して、何れも九月一日から此花、紅梅、賑江、永楽、第二此花の五席へ出演する。

◇桂派の大将文枝は永らく高野山に籠つてゐたが此程帰阪して、是も九月一日から自派の各席へ出席するげな。

明治36831 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭の伯知若円一座は昨夜で打上げ本日金沢へ乗込む筈、尚本日は一日休み明日から東京初お目見得の桃川若燕、秋月如燕、笑福亭松鶴、ジヨンベール外に文吾などが出勤すると▲笑福亭の来月に円遊出勤の事は誤聞で本月中で抜けるのが本当であつた

上方落語史料集成 明治36年(1903)四

明治3691 京都日出新聞

幾代亭の今晩から座料は十二銭で二階は別に五銭を申受けると又出番の時間は午後七時(光輔)同二十分(柳枝)同四十分(小南窓)同八時五分(枝之助)同二十五分(若燕)同九時(扇枝)同十五分(如燕女)同四十五分(文吾)同十時十五分(文光)同十一時(ジヨンベール)切(花楽)

明治3691日 神戸又新日報

◇広告/昔噺/舊裁判所前第一湊亭、三の宮社内第二湊亭/當九月一日より、舊一座へ、笑福亭福太郎、三枡家勝栗、柳亭左伊龍、笑福亭圓篤の新顔を差加へ毎夜興行仕候、尚毎々御贔屓の御礼として、當一日より大勉強仕し木戸銭代共直下げ(割引なし)致候間、続々御光来の程奉願候

明治3691日 北国新聞

◇弁天座 落語天神参り(正竹)剣舞(光國)手品両国の夕涼(光花)音曲ばなし(梅美)道化かけ合二輪加(馬鹿八、馬鹿介)落語牛ほめ(桂藤兵衛)一流キカノ水芸(天光女)八人芸(文里)幻妙大奇術(貞一)

明治3691 大阪朝日神戸付録

◇寄席興行物 ▲兵庫水木通の三遊亭は山口光菊、中村春等の貝祭文 ▲入江通の山陽亭は藤澤賢太郎の剣舞と久蝶、梅蝶の二輪加 ▲能福寺境内の松鶴座は萬歳二輪加と活動写真 ▲弁天社内の亀甲亭は影絵入り浄瑠璃 ▲駒ケ林の八萬亭は大和太郎の改良二輪加 ▲運河の寶来亭は身振狂言 ▲楠社旭亭は栗馬、一瓢一座の講談 ▲同藤田席は豊丸一座の萬歳と改良剣舞 ▲楠社西門筋菊廼家は岡本鶴圓、浪花家小虎丸、岡本鶴次一座の浮れ節 ▲同菊廼亭は三玉、染之助、藪千賀、小住、久吉一座の女義太夫 ▲生田前末広亭は菊川梅光の貝祭文 ▲小野の八重の家は山口光菊の貝祭文 ▲御幸通の明進亭は竹川花丸の浮れ節 ▲八幡通の共進亭は京山孝一の浮れ節 ▲三宮雑居亭は岡本鶴冶一座の浮れ節 ▲三宮の富士館は竹本君栄一座の女義太夫

明治3693 京都日出新聞

◇楽屋風呂▲幾代亭へ一昨夜から出勤して居る如燕といふ女は奇麗首のさうで喝采されて居る尚又同席の定連中小文吾は伯知一座が金沢の出稼ぎ興行に加はつたと▲笑福亭は去る一日よりの出番時間は午後七時(吾喬)同二十五分(福篤)同五十分(鶴松)同八時十分(小筆八、鶴八)同三十五分(円叟)同九時(竜門)同廿五分(福三)同五十分(長次郎)同十時十五分(歌之助)同四十分(円太郎)切(米団治)

明治3693日 北国新聞

◇寶座 今晩の番組は、式三番叟引抜(三人)二人旅(藤朝)真正剣舞(光國)西洋奇術(天海)落語五人裁き(藤兵衛)一流水芸早替り(天光女)浄瑠璃(木鶴)道化二輪加(掛合)幼妙大奇術(天光女)

明治3698 伊勢新聞(津)

音曲咄し 京都幾代亭出席連音曲はなしは今八日より當市観音境内花園座にて開場する由。其顔ぶれは左の如し

桂枝太郎、桂藤原、桂枝楽、桂枝三郎、桂千太郎、桂燕太郎、桂錦馬

明治36912日 神戸又新日報

◇湊亭 小倉船(梅勝)なせ牛(團輔)猫忠(福清)道楽稽古屋(福遊)三人片輪(橘松)小噺手踊(小福)骨つり(勝鶴)二番煎じ(慶枝)写真新噺(福我)小噺手踊(小福松)三枚起請(松喬)二人癖(福圓)鳥部山舞曲引(福太郎、圓篤)曲芸美術司(勝栗)三宮湊亭に限り怪談姿見(左伊龍)

明治36913 京都日出新聞

○楽屋風呂 ▲笑福亭は相変らず好人気であるが円太郎が例の愛嬌と美音を弄して居るので先斗町の芸妓連は毎夜詰めかけるとか▲幾代亭のジヨンベールは両三日前宮川町へ台湾の娼妓を買うて見たいと出懸けて行つたが阿保はジヨンベールの顔を見ると其侭逃げ出して畢つたのでジヨンは大いに立腹して居ると

明治36913日 神戸又新日報

共遊會の再興 先年當地有志者の組織せし共遊會は爾来四年間三十余回の演芸會を神港倶楽部にて催したりしも近来は中絶の有様なるが有志者は此まヽ廃滅に帰せしむるを遺憾なりとし之れが再興を計画して目下會員募集中なるが来月中旬頃初回を開く都合に運ぶべしと。但し會費は一人一ヶ月二十銭にて従前通り毎月一回演芸會を催す定めなりと

明治36915 京都日出新聞

幾代亭は永らく暑中休みであつたが昼席も涼しくなつた事とて本日から興行する□今夜からの出番時間は午後六時(光輔)同三十分(柳枝)同五十分(小南窓)同七時二十分(扇枝)同五十五分(若燕)同八時間十分(文光り)同五十分(松鶴)同九時二十分(枝の助)同五十分(文吾)同十時五分(如燕女)同二十五分(ジヨンベール)切(花楽)

明治36915日 徳島毎日新聞

榎本館にては、昨日より東京下りの新内及び市内の落語二輪加の大寄せを催せり。

明治36916 香川新報

◇玉藻座の奇術 高松市片原町の玉藻座に於いて愈々今十六日より日清韓三国人合併の記述一日二回開幕の筈なり

明治36917日 大阪朝日新聞

◇西区松島町の寄席文芸館は東区松屋町本町東へ入平林座の真向に百二十坪の地所を買求め、第二文芸館を新築する事になり、今十七日棟上式を執行し、来月十日開場するが、構造は和洋折衷で、開場式には東京の立物を四五人招くさうな。

明治36918日 伊勢新聞

咄にのぼせる(妾の恋) 無教育な人物の長話しも他を逆上させる種となるがこれは又た落語家の咄しに逆せて果ては旦那に御暇を貰ふた頓馬話し。処は津市丸の内の西部小締んまりとした借家に見越の松の妾暮しに有る無しを思はぬ何野おはま(三十)といへば知るものは知る此処の別嬪。去九日より観音寺境内の花園座に興行したる桂枝太郎一座の音曲咄が妙だとか賑ふとかで安濃郡某村の肥旦某が来たを幸ひ花園座の音曲咄は大人気ですが今晩聞きに行きませうかと勧るおはまの言葉に肥旦賛成起立して木戸銭二人前拾四銭に蒲団二枚代二銭、火鉢代一銭、合計十七銭の散財にて咄を聞きに行きしが同一座の滑稽落語家何某(三十五六)といふが別段面相に於いては感心にも出来ざれば何処ともなく粋なところのあるはおはま一人の鑑定ではなく一般婦人の視線の集まる所なれば妾奉公をする位のおはまは忽ち逆上がりて家に帰ってもその落語家のとみを云ふて居るは肥旦少々善くも感じなかつたが其後というふものは毎晩毎晩咄を聞きに出掛けるとも知らず肥旦は実家へ帰りて稼ぎ居りしに去十四日米を売込む為に當市に来り妾の宅へ立寄つて見るとおはまが例の落語家を家へ引入れて酒肴など出して罷越して居る真最中なれば驚く肥旦よりおはま落語家の両人の驚き一方ならず落語家は裏口より逃出すおはまは鳥鷺(ウロ)つくといふ大騒ぎに肥旦も黙って居れず厳しく折檻して見ると全く出来合つたとが知れ一両日前三行半と共に家を出されて一時何芸郡一身田村の兄の許へ引取りしとは□致を落した妾なるかな

<編者註>この落語家は推測では座長の桂枝太郎と思われる。

明治36927日 大阪朝日神戸付録

朝日座は来る三十日より長唄、落語、講談、手品などの諸芸合併一座にて開演する由その番組は・・「軍談」太功記(小南窓)「講談」己が罪(女燕如)楠公記(若燕)「落語」大文字屋手踊(圓好)すてヽこ(新遊)芝居ばなし(小圓蔵)滑稽六幽霊(新遊、圓好)音曲(花圓喬、三好)

明治36929日 神戸又新日報

◇湊亭 第一第二とも来月一日より従来の出方の上に笑福亭の親玉福松と曲芸に名を得たる芝龍門とを差し加え福松が例の愛嬌を澤山振りまき其他一座大勉強にて御機嫌を伺うよしなれば是亦大入は必定ならん。

明治36930日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席へ十月一日から東京下りの馬生、若遊三が出勤する。

明治36101 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭の本日からの出番は 午後六時五十分(扇太郎)同七時十分(枝雁)同三十分(枝三郎)同四十分(文吾)同八時(燕太郎)同三十分(松鶴)同九時(ジヨンベール)同三十分(枝太郎)同十時三十分(年誌)切(花楽)

明治36101日 神戸又新日報

◇広告/おなじみの湊亭は、當十月一日よいり、舊一座へ、久々にて笑福亭福松、曲芸の名人芝龍門、笑福亭圓篤外数名出席致します。相変らず御贔屓の程を/舊裁判所前第一湊亭三宮社内第二湊亭

明治36101日 新愛知(名古屋)

富本席 今一日より竹琴曲引の名手三升亭勝栗に春風亭柳之助、桃川燕國、笑福亭鶴助其他数名の大一座にて開演すべしと

明治36102 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭へ昨日より出勤したブラツクの読み物は「英国奇談剣の刃渡」で其の出番の時間は 午後六時(真三)同二十分(吾喬)同三十五分(福篤)同五十五分(円叟)同七時二十分(春団治)同四十分(福三)同八時(鶴松)同三十分(慶枝)同五十分(円太郎)同九時二十分(長次郎)同五十分(歌の助)同十時二十分(円左)切(ブラツク)

明治36102日 大阪朝日神戸付録

<千歳座>

栄座改め千歳座は左文冶、市鶴、佳香、藘之助等の上置に荒五郎を加えて明三日より開演の筈

明治36104 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭の人気男枝太郎は伊勢から帰つて同席へ出たので昨今は毎夜大入を占めて居るが同席で音曲で評判を取つて居る年誌は昨今新作の歌を歌ひ出したが客受は可いさうだと又桂派の大師匠分[]枝が同席監督旁々昨日来京したので出勤連中は何れも叱られぬやう謹んで演じて居ると

明治36104日 神戸又新日報

◇湊亭 百人坊主(福楽)これこれ博打(梅勝)曽我の十人斬(福清)野晒(勝鶴)幽霊の宴(福我)三百餅(橘松)小話手踊(小福)愛宕詣り(團輔)鮑熨斗(福遊)音曲すててこ(龍門)小話手踊(小福松)二十四孝狐火(福太郎、圓篤)太鼓腹(松喬)夢の八兵衛(福圓)崇徳院歌合せ(福松)

明治36104 大阪朝日神戸付録

姫路の演芸 船場旭館は目下京山小圓一座の浮れ節を興行中

明治36109日 大阪朝日神戸付録

共遊會 久しく中絶し居たる神戸共遊會は明後十日神港倶楽部に於いて発會式を兼ね演芸を開催する由その番組は

軽口(大阪演芸社中)皿廻し奇術(七五三丸)滑稽臍の宿替え(かぶき、お多福、南笑)・・清国奇術ほのほの不思議(大阪○○生)・・講談己が罪(秋月如燕女)・・盥廻し花活の曲芸(橘屋花圓喬)落語活人踊(笑福亭福太郎)・・蓄音機(今井昇造)

明治361010日 神戸又新日報

<湊亭の慈善演芸会>

◇慈善演芸会 笑福亭福松が発起にて同席主菊野菊松が補助となり毎月一回第一湊亭(舊裁判所前)に於いて慈善演芸會(昼席)を催し會費一人分二十銭として茶、菓子、莨盆、敷物料共之を受けず桟敷、割場行き次第とし揚がり高より実費を引き去り残額は慈善事業に寄付する事と定め各花客向へ左の印刷物を配布せり。而して来る十八日日曜日には其第一會を開くという其出演者は未定なれども湊亭出席者は勿論他席よりは菊廼家久吉の娘浄瑠璃、藤田席玉翁一座の俄、旭亭神田伯龍の講談、丼に福原留丸拍子の舞など交渉中なるが其方法は左の如し

   一、本會は来る十八日(日曜日)正午十二時開會し同五時に閉場可致候

   一、本會の會費は御一人分金二十銭(御茶、御菓子、お莨盆、御座敷共に)申受け場、桟敷、割場等御随意行き次第に御座候

   一、本會に依て得たる揚り金より當日の実費を引去り残額は総て神戸又新日報五洲社に以来し其慈善方法等も同社へ一任可致候

   一、本會計算明細書は同新聞紙上を以って正確に報告可致候

明治361011 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭に出勤のブラツクは一時は各地方で非常に喝采を受けたが当時一寸下火となつたので何か思考して今一度人気を得やうと西石垣津田楼で朝夕東山の山水を眺め考へて居るがさて何の考へも出ないので困りましてゴタイヤスといつて居る▲幾代亭のジョンベールは同席に出勤しながら十五日から神戸楠公社内の寄席へ出勤する事を契約し昨日前金を受取つた事が解り席亭に叱りつけられ縮み上つて居る

明治361012 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭の音曲師年誌は昨今満州問題に関する都々逸や端唄を作つて演つて居ると▲同席の文光の弟子光輔は画家松年の許へ弟子入を頼みに行つたら絵師よりは落語家の前座が可いと意見を喰つて帰つて来たと

慈善演芸会(京都救済院の為) 京都救済院の為に明十三日午後五時より千本一条上る千本座にて淑和慈善会が発起となりて慈善演芸会を催す由其番組は左の如し 開会の辞(救済院理事長能真海)幻灯(説明者院長津田明巌)落語(桂芳円)剣舞(縁者未定)音曲噺(三遊亭とんぼ)落語(桂酒楽)曲画(英一蝶)講談(氏原魯生)浄瑠璃(辻村光女)落語(桂光枝)舞高砂丹前(水野つる女)新内(鶴賀歳太夫、三味線琴次)落語(桂光輔)浄瑠璃(薄田浪女)奇術(中無我)落語(桂枝之助)音曲(竹波錦翠)舞長歌老松(藤村久栄)落語(桂しん吾)浄瑠璃(清水冠車)講談(山崎琴海)俳優ものまね(山寺松朝)源氏節(岡本愛蔵)落語(三笑亭文光)舞曲扇(若辻勝次)喜劇(馬鹿助一座)

明治361015日 大阪朝日新聞

<第二文芸館の落成式>

◇松島の文芸館が内本町に新築したる第二文芸館は今十五日落成式を行ひ、引続き開業し、猶又天神裏門八軒の末広席を改築したる第三文芸館も明十六日より開場する筈にて、出演の落語家は馬之助、最誠、花丸、円光、国遊、左円、正三、木鶴、新調、竜雄、三円、小燕路等にて、予報の東京より招聘する分は跡廻しとなりぬ。

〈編者註〉第三文芸館はすぐに元の末広席に戻ったらしく、明治三十七年正月の興行物一覧に末広席はあるが、第三文芸館はない。

明治361015 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭は前号ジョンベール、扇枝、富士田千之助其他で興行するやうに掲載したが同人等は神戸の旭座へ本日乗込み同席は久々で文三が出勤し休み中の文光が加はるのだと今夜からの出番は 午前七時(光輔)同二十五分(柳枝)同五十分(枝之助)同七時十五分(年誌)同四十五分(松鶴)同八時三十分(枝三郎)同五十分(新遊)同九時十五分(枝太郎)同五十分(文光)同十時二十分(文三)同十一時(花楽)

明治361015日 大阪朝日神戸付録

<湊亭の慈善演芸会>

◇慈善演芸会 浪花三友派の落語家笑福亭福松主催となり来る十八日神戸第一湊亭に於いて慈善演芸會を開催する由其主意は(厘毛だも私欲にするものにあらず花笑へども春に逢わざるいたいけな孤児達や月澄めども秋を知らぬ幸なき老人等総て独りたち得ぬ気の毒な同朋へ其幾分かを助勢せんの一念なり)とは其主意書にある文字なり而して當日催すべき番組は左の如し

落語稽古屋(福清)同字違い(橘松)同余興(福遊)同船頭医者(團輔)同芝居噺(小福)同獅子の曲(勝鶴)同幇間鍼(松喬)顔芸ステテコ踊(龍門)新内千両幟角力場(美名亀、三味線圓篤)小噺手踊(小福松)義士銘々伝(神田伯龍)落語夢の千字文(福我)千代萩御殿場(竹本久吉、三味線竹本福吉)落語自転車(福圓)舞雪月花(新検留丸、地方同留吉、同鈴吉、同六助)曲弾阿古屋琴(圓篤、福太郎、美名亀)落語親子の酒飲(福松)滑稽足芸(湊亭社中)二輪加新版秋祭文野崎村久作(玉翁)お光(茶好)久松(力太郎)お染(雙六)幸助(團幸)母親(梅寿)下女(東市)船頭(小芋)

明治361016日 新愛知

富本席 今夜より東家一八、笑福亭圓松、橘家小圓蔵、東家の光女、東家小芳、東家花圓等一座の落語に剣舞カッポレを加えて演ずる由

明治361016日 北国新聞(金沢)

◇若圓一座 豫記の如く本日より、寶座、弁天座掛持にて開演の筈にて、今晩初日の番組は、伊勢参宮(松雀)神田祭(小六)一休和尚(圓流)浮世の花並に物まね(遊七)裏表色は御随意ステテコ(遊好)先代萩御殿場(染の助)廓ばなし手踊(小圓右)新年の海(若圓)

明治361016 京都日出新聞

楽屋風呂▲幾代亭へ昨夜から出勤の桂文三は昨日午前十時着の列車で乗込んだ▲同席の扇枝、燕太郎、ジョンベール等が神戸へ行つたのは富士田千之助等が同地旭座で興行して居る諸芸大会の加勢に行つたので隣りの相生座に興行の昇之助、昇菊一座の娘義太夫と競争する為といふ事

明治361017日 大阪朝日新聞

◇内本町に新築の第二文芸館は既記の如く一昨日区内の名誉職等を招待して盛んなる開業式を執行し、昨日より興行す。家屋は和洋折衷の構造にて頗る華美なり。

明治361019日 神戸又新日報

◇湊亭 笑福亭福松と席主菊野菊松が発起なる慈善演芸大會は昨日正午より第一湊亭にて開演したるが来賓の重なるは鉄道局員、神戸婦人會員、兵庫取引所員、神戸中検、福原新検集紅舎の芸妓等無慮三百余人満場立錐の余地なき盛會にて例の福原留丸拍子の舞、伯龍の講談、玉翁一座の俄、久吉の浄瑠璃等の外同席出演者が車輪なりし為め殊の外好評なりしが尚以来毎月一回づゝ催す筈なりという。

明治361020日 神戸又新日報

朝日座出演英人ジョンペルの談 二三年前東雲節を売物にして大阪東京の各寄席を賑わせたる英人ジョンペルという愛嬌者が去十五日京都より朝日座へ乗込み十八番の黄色の声を出し居るより同人の語る所を左に紹介する。

 私がジョンペルで御座います。今度は京都から参りました。私、本年の二月に東京を出ました。東京へ帰ろうと思いましたが、当地の九十一番館のフヲイスさんは私親戚と云う間柄ですから用事がてらに来たので、遂々(とうとう)朝日座へ勤める事になりました。私を贔屓下さる華客様の中では早く東京へ帰ってはいかぬ、各地の音曲を取調べて土産を持たなくては東京へ帰ってはいかぬと申されます。私も其積りで音曲を取調べて居ります。・・・ハイ、私の演ります音曲はそれや何れへも残らず私が節をつけてジョンペル節を名をつけて御機嫌を伺って居ります。・・・左様ですな是が私の十八番の音曲だと云う音曲は定まって有りませんが其の土地土地に参って御機嫌に叶ったものを演るのです。東京は日本で一番宜しいです。横浜も宜しいです。東海道筋では静岡が宜しいです。神戸も極宜しいです。大阪や京都は面白くないです。一口に区別して申上げますと()うです。茲に白い紙が有ります其の白い紙が私が少し赤い紙だと申しましても神戸のお客様は白い紙だと云う事を承知して居て黙って聴いてくれます。大阪京都の人は其れは白い紙だと直ぐに云って了(しま)います。神戸のお客様の人気は東京の通りです。アツサリとした事を好きましてシツコイ事は嫌うます。私の生れた所ですか・・・私は長崎で生まれました(彼は米人と日本人の雑種児なり)私の父は米国の役人コレツキと申します。十年前に米国の父の許(もと)から公債証書を長崎の領事館へ送って来ましたが私は其れで大層放浪致しまして芸妓にも可愛がられました。放浪の結果明治二十八九年頃から芸人になりました。・・・私の家内ですか、家内は名古屋の紀の國屋の松助と申した芸妓で今年二十三歳になる別嬪です。今奥に居ますから御紹介申しましょうか。・・・私一昨年東京の柳橋の芸妓萬歳と云うを家内にしましたが、お金がない為に吉原の稲本楼へ娼妓になって了(しま)いました。其れから伊勢の芸妓で小遊と云うを妻としまして北海道を連れて廻る間に子を産みましたが、其後私が大阪に参って居る後でよくない評判が二六新聞に書かれましたから離婚して今の家内と夫婦になりました。

明治361021日 大阪朝日神戸付録 

慈善音楽幻燈會 一昨日昼夜姫路市坂元町山陽座に於いて同地有志者の催したる岡山孤児慈善音楽幻燈會は非常なる盛會にして昼夜共満員入場を謝絶せし程なるが其夜間に於ける入場者は千二百六十余人にて同座新築依頼稀に見る盛況なりしと

明治361022 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲京都興行同盟会の発起で京都救済院の為に明日廿三日明後廿四日両午後五時より日河原町共楽館で催す慈善演芸会の番組は◇廿三日の分 歌劇(京都救済院幼年音楽隊)開会之辞(京都救済院能真海)演説幻灯(説明者院長津田明巌)尺八(人見保山)ヴアイオリン(上田露子)独唱(山村松州)新派劇(静間、金泉、寺島、高橋、岩城)落語(文吾、歌之助、文光)剣舞(共武団)講談(南玉)落語(春団治)軽口(正子、馬鹿八)落語(文三)講談(一)明蝶之舞(東玉、芳春)落語(円太郎)浄瑠璃(小鶴、叶市)浪花節(伊勢吉、とめ女)落語(枝太郎)浄瑠璃(染玉、咲二)俄(市丸、久丸、新玉)◇廿四日の分 歌劇(京都救済院幼年音楽隊)開会之辞(京都救済院能真海)演説幻灯(説明者院長津田明巌)尺八(人見保山)ヴアイオリン(上田露子)独唱(山村松州)新派劇(静間、金泉、寺島、高橋、岩城)落語(慶枝、枝雁)浄瑠璃(鳴八、叶市)落語(円左)講談(明)軽口(東米、東寿)落語(枝之助)浪花節(小虎丸、とみ女)芝笛(長次郎)講談(琴書)落語(年誌)胡蝶之舞(東玉、芳春)落語(鶴松)浄瑠璃(千代登、咲二)落語(枝太郎)剣舞(共武団)俄(新蝶、清枝、富士宝)

明治361022 神戸又新日報

◇第二湊亭の落語 久しぶりに第二湊亭(三宮社内)へ出掛けた処、此席も例の愛嬌澤山なる笑福亭の隊長が出るというので、非常の好人気であったが、梅勝より勝鶴までは遅れ聞かなんだ。美名亀の新内身売は、圓篤の三味で双方大車輪。ズイブン鮮かに聞こえた。添物の都々一も甘(うま)いものだが、此上とも新作ものをドン〳〵仕込んで貰いたい。福遊の遊散船は古い中の古い奴なれど、愛嬌男だけに好く笑わせた。大きな口で笑うときに、眼のないところなど、其顔の備えが自然と滑稽に出来ているから嬉しい。トッチリトンとステテコ、これも茲(ここ)には先(ま)づ好しとして、尚此上の熟練を望む。松喬の暦湯(こよみゆ)。例の濃厚(ねりねち)した話ぶり。ヒイキ目には、一種の愛嬌とも思われん。殊に暦湯は、得意中の得意らしく、頗る味があって満座大笑い。浄瑠理(じょうるり)のホコリ叩きも上出来の部で、松喬先生、グッと男を上げた。福太郎と圓篤の曲引は式三番の絃(いと)の音、撥(ばち)音、如何(いか)にも冴(さ)にて、妙に言うべからず。観客(けんぶつ)シンとして、水を打ちたる如かりしは、適(あっぱ)れ。腕を唯々(ただただ)感寸(かんすん)の外なしである。小福の話と舞は、例に依って例の如くであるが、扇使いは余程発達して来た。今後悪達者にならねば好いがと、懸念は只此のみ。龍門の曲芸及び都々一は、パッとせぬ芸風だけに、モ一つ喝采を博し兼ねたが、兎に角亀の甲より年の効(こう)、能(よ)く噛み〆(し)むれば、甘いところもあるなり。福圓の舟弁慶、灰汁(あく)抜けがして何時聞いても心地が好い。殊に真面目臭(くさ)った観客を笑わせるのは此男の特長だ。大切は一同待兼ねの笑福亭福松。出し物は無筆親で、落語聞くほどのものは、耳にタコの出来ているネタなれども、遉(さすが)は親玉だけ、圓転滑脱縦横自在、実に言うべからざる妙味があって、観客は不知不識(しらずしらず)笑の中に釣り込まれる。師匠となれば、アアまで違うものかと野暮(やぼ)臭く評し終る(御一人様)

明治361024 京都日出新聞

楽屋風呂▲幾代亭の文三は病気の為入院して居つたが十四日に退院して翌十五日に当地に来てからは夜席を効める外は宿で床に就いて居るげな

明治361027日 大阪朝日新聞

◇文芸館へ乗込早々病気に罹つた蝶花楼馬之助は、既に全快して、東京より新に来阪の曲亭馬琴と共に本日より各所の文芸館へ出勤する筈。

明治361027 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭の扇枝、ジヨーンベール、富士田千之助一座の連中は神戸朝日座を去る二十三日の夜打上げ一昨夜から兵庫の柳原座に掛つたが好人気だと▲堀川の菊の家は来る一日から枝太郎、年誌の連中が掛け持をなす…▲西陣座も同日から幾代亭連中の掛け持ちださうだ

明治361028 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭は是迄真野兄弟が興行してゐたが兄の真野伊之助は元大黒座の跡へ第一第二福新亭を新築するので多忙な所から昨日限り弟の友吉一人で興行する事となつたと▲同席のブラツク、福三、長次郎は本日限り抜け来月一日から西国坊明学、米朝、小燕路、小団が加はる筈

明治361029 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭の円太郎へ昨今時事問題の唄を自作して高座で演つて居るが些と受けて居る▲幾代亭の文三は病気も日々快方になつて得意の艶話を演つて居るが大分元気づいて来た

明治361030 京都日出新聞

○楽屋風呂 ▲幾代亭の扇枝、ジヨンベール等兵庫の柳原座に出稼中の者は本月中に悉皆帰京すると又文三は来月も残つて出勤の事になつた

明治361031日 大阪朝日新聞

◇淡路町の幾代席は十月一日から音曲噺(橘家三好)、手踊り(若辻福子)の外に東京長唄一座が出演する。其顔触は長唄大薩摩富士田千之助、長唄ワキ富士田君三郎、三絃杵屋君三郎、上調子杵家六光、鳴物富士田喜千之助、富士田政治郎。

◇三友派各席へも来月一日より東京下りのブラツク、柳寿斎、円篤、福太郎、竜門、長治郎等が出席する筈。

明治361031 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭のブラツクはいよ〳〵本日限りで東京へ帰ると又明一日から出勤する西国坊明学は殊に尺八には堪能といふ事

明治361031日 大阪朝日神戸付録

大黒座は伊藤綾之助一座に白川廣一、英国人ジョンペールを加え今三十一日より開演


上方落語史料集成 明治36年(1903)五

明治36111 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭は本日から文光、光輔、枝雁、枝三郎は休んで神戸から帰つて来た扇枝其他が出勤するが其出番の時間は 午後六時((ママ)太郎)六時廿分(柳枝)六時五十分(燕太郎)七時十分(扇枝)七時四十分(燕竜)八時十分(枝太郎)八時四十五分(枝之助)九時十五分(小文吾)九時五十分(文吾)十時三十分(年誌)十一時(文三)切(花楽)▲今度加入した燕竜といふのは露国へ永らく行つて居つて居つて先々月に帰国したものだと▲西陣座は本日から幾代亭の枝太郎一座の落語の掛け持ちで文三、文吾も補助として出勤する筈

明治36111日 大阪朝日神戸付録

◇神戸寄席案内 ▲兵庫弁天社内亀甲亭は影絵入り浄瑠璃 ▲切戸町の永楽亭は吉田小音丸の浮れ節 ▲水木通の三遊亭は玉村小金山の貝祭文 ▲駒ケ林村の八幡亭は矢守一座の手品軽口 ▲湊虎亭は石川一口の軍談 ▲楠社西門筋菊廼亭は久吉、藪千賀、小住、染之助一座の女義太夫 ▲同菊廼家は廣澤菊次、吉田奈良丸、吉田小音丸、吉田小奈良、吉田光雄、吉田奈良廣一座の浮れ節 ▲楠社塀側旭亭は石川一口、南海、南陵一座の軍談 ▲三宮町雑居亭は菊次、奈良丸の浮れ節 ▲同町富士館は竹本君栄一座の女義太夫 ▲生田前の末広亭は花川利根之の貝祭文 ▲小野の八重の家は光蝶斎一幸の貝祭文 ▲御幸通の明進亭は連花寅丸の浮れ節

明治36111日 新愛知

富本席 今夜より伊東燕尾、小林天山、一龍斎貞玉、三遊亭圓福等の一座の講談弘法大使一代記を誕生より高野山まで

明治36112 京都日出新聞

◇楽屋風呂▲笑福亭は昨夜から夜十三銭昼八銭で夜の出番は 午後六時(真三)六時二十五分(吾喬)六時五十分(福篤)七時十分(小団)七時三十五分(鶴松)八時(春団治)八時三十分(慶枝)八時五十五分(歌之助)十時二十分(円太郎)十時五十分(米朝)切(明学)▲同席へ昨夜からお目通りした西国坊明学は本年五十九なれど中々の元気もので笛でも琵琶でも即席流行唄でも何でもござれであると▲同席の歌之助は先月限で大阪へ帰る筈であつたが脊髄病で目下大学医院へ通ふてをるので養生旁々本月は同席ん出勤する事となつた

明治36114日 神戸又新日報

◇湊亭 本日の大紋日を當込み正午十二時より昼席を興行する由なるが、三遊亭芝楽、桂文我、三遊亭若遊三、笑福亭福丸の新顔も加わり大師匠福松も居ることヽて定めし大入ならん

宝の入船(梅勝)龍宮界龍の都(福清)誉の小刀(勝鶴)野崎参り(松喬)酢豆腐(橘松)小噺手踊(小福、小福松)手打蕎麦(芝楽)吹替息子(團輔)吾妻名所(福遊)松尽し(福丸)顔芸舞手踊(小福丸)日露未来記(福我)芝居噺地雷也(文我)転失気(若遊三)嘘講釈(福圓)辻占(福松)

明治36118 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲大黒座跡に目下建築中の家屋に第一、二福真亭を移すので目下の第一福真亭は持主へ返却し第二福真亭は第三福真亭として講釈の席にするさうだ▲幾代亭の桂文三は枝太郎其他数名を連れて十五日から神戸へ乗込むさうだ又同席の扇枝は歌舞伎座の関十郎から提灯一対を貰つた

明治361110日 大阪朝日新聞

◇桂派の文枝はとかく病気が優れず、休み勝ちで居たところ、昨今快復の模様があるので以後は毎夜金沢幾代の二席へ出勤するそうな。

◇桂派の各席へ出勤中であつた長唄屋の富士田千之助は来る十五日から京都の各席へ出勤する。

◇東区和泉町に建設した第三此花館は一昨日棟上を終つた。開場式は二十八日頃になるだらう。第二此花館も藤原重助が席主となつて当分半直で見せるげな。

明治361110日 大阪朝日神戸付録

◇共遊会 今十日午後四時半より神港倶楽部にて開演其番組は

軽口鏡山(豆八、南笑)西洋新奇術(帰天斎正蝶)喜劇滑稽二人道成寺(かぶき)浄瑠璃野崎の段(勝之助、糸野沢平勝、ツレ野沢勝太郎)・・滑稽演説(伊藤綾之助)・・滑稽音曲(ジョンベール)舞浦島(市川寿美團)二○加滑稽勧進帳(かぶき、正一)

明治361111日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

落語温習會 當市北辺の素人落語の喜楽派の連中花の家米蝶は今回贔屓連より大幕座布団等の寄贈物を受けたるに付き、其祝として今夕天神席にて幕開きの大會を催す由

明治361113日 大阪朝日新聞

◇同じく寄席で飯を食ふ商売で居ながら三友派といひ桂派といひ互楽派と云ひ、互に鎬を削るは斯道の為歓ばしき事にあらずとて、昨今各派の間を奔走し合同の理を説き居れる策士ありといふ、巧く行けばお慰みなり。

◇長唄屋の富士田千之助一座は都合によりて本月三十一日まで滞阪、各席へ出勤すとぞ。

◇三遊亭円遊の弟子で円好といふステヽコ専門の落語家、今度独立して三好と名乗り、当地へ移住して桂派の各席へ出勤する筈。

◇常磐津林中は和泉町の第三此花館へ出勤すべく二十二三日頃来阪すといふ。

明治361114 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭の明夜よりの出番時間は 午後六時(真三)同二十五分(吾喬)同五十分(福篤)同七時十分(小団)同三十五分(鶴松)同八(小燕路)同五十分(歌之助)同十時間(円太郎)同五十分(米朝)切(明学)▲第二福真亭の明日催す義太夫奨励会の余興には西国明学が出勤して得意の音曲を聞せると▲幾代亭の明晩からの出番は 午後六時(柳枝)同卅分(燕太郎)同七時(扇枝)同四十分(燕竜)同八時十分(枝太郎)同四十五分(枝之助)同九時十五分(小文吾)同五十分(文吾)同十時三十分(年誌)同十一時(文三)切(花楽)

明治361114日 山陽新報(岡山)

◇予てお馴染みの豊竹呂昇一座は、愈々来る十六日より西中山下千歳座に出勤する事となりたる由。

明治361117日 山陽新報

◇岡山市栄町九重館にて一昨夜より桃川如燕一座の長唄、落語、人情ばなしを興行せるが、其一座は左の如し。

小村龍雄、同千代子、同花子、如燕女、桂文吾、花好、小南窓、新遊、新子、柳好、如燕

明治361121 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲笑福亭の歌之助は昨今自転車の稽古をして居るが一昨日寺町の六角で通行の老婆に突き当り負傷させたので早速菓子箱を持参して謝罪に行つた▲桂派の大師匠桂文枝は病気の為円山梅ケ枝へ出養生に来たので幾代亭の連中は交代で看護に従事して居る

明治361122日 大阪朝日新聞

<初代桂小南>

◇伍長殿の落語家 我輩も日本男子なり、一朝事ある時は弾丸雨飛の中を真先に進み、鉄砲、サーベル、やアしやら臭い、敵を扇子でたゝき散らし、煽ぎ落し、三保谷が四郎の冑の錏を引つ保攫み、押ちぎり、偖ても頚の骨の強さよ、悪七郎兵衛景清、腹が空つては合戦が出来ずと引返し、高名手柄思ひのまゝ、四百余州を靡かして、一二(オィチニ)左右(ひだりみぎ)はほんまに見事なものでおまツせと、不得要領の骨頂を入営前に高座に語り散らせし桂派の若手、一本足の高下駄に五本扇の松づくし、アツとお客に口開かせた小南事若田秀吉(二十四年)は、誰あらう桂南光の門人にて、四年前淡路の由良要塞砲兵に入営し、伍長に昇り、軍規を正しく守りて来月一日いよいよ芽出度く帰宅する事となりしより、桂派にては文枝は言ふも更なり、師匠の南光を始め其他の連中、これは仲間に取つて誠に名誉の次第ぞと、当日は小南を迎へて花々しく宴会を開く由なり。偖小南帰宅の上は再び以前にもかへる一本足の松づくし、五本扇子に今度は伍長といふ肩書が付いて見れば、ヤレ立派、小南はえらい、こなたさんは豪いといふ事でおますヘヽヽヽと、十二月一日の夜より桂派の各席へ出勤し、さて四年振りに替り合せましてもお蔭で変り合せませずに御機嫌を伺ひますと今より云ふこそ面白けれ。

明治361129日 大阪朝日新聞

◇三友派の各寄席へ出勤すべき東京の常磐津林中、文字兵衛の一行は明三十日発程にて下阪するよし。

明治36121日 大阪朝日神戸付録

◇神戸興行物案内 ▲兵庫弁天社内亀甲亭は奈良梅一座の影絵入り女義太夫 ▲楠社西門筋菊廼家は吉田久勝、浪花光廣、浅川三八、京山大隅、吉川豊冶、中川伊勢吉一座の浮れ節 ▲同菊廼亭は染之助、小住、藪千賀、久吉一座の女義太夫 ▲多聞通二丁目湊亭は笑福亭福松一座の昔噺 ▲楠社塀側旭亭は松月亭梅遊、玉田玉芳斎一座の講談 ▲元町五丁目天神社内福楽亭は浅山魯好一座の講談 ▲小野大安亭は花川島女一座の貝祭文 ▲中道通明進亭は連花寅吉一座の浮かれ節身振り ▲御幸通共進亭は普請につき休業 ▲稲荷亭は未定 ▲生田前末広亭は光蝶斎一幸一座の貝祭文 ▲三宮勝福亭は休業 ▲富士館は竹本君栄一座の女義太夫 ▲雑居亭は京山大隅、中川伊勢吉、浅川三八一座の浮れ節 ▲第二湊亭は福松、福圓一座の昔噺

明治36121日 新愛知

富本 今一日より井上福子、富士田千之助、杵屋君三郎、春風柳之助、桃川燕國、三遊亭寶遊、富士田鉄三郎、杵屋六光、橘家小圓蔵、三遊亭圓松、春風柳三等一座の講談、昔噺、長唄を開演する筈

明治36121日 新朝報(豊橋)

興行案内▲東雲座(豊橋町大字呉服)の新演劇富山鉄拳一座は昨日開場の筈なりしが都合により今一日より花々しく開演する由▲河原座は今夕より例の別嬪岡本美家吉、美家化、美家松、美家尾斎、美家冶、美家福、小美福、小美家一座の説教源氏節を興行すと云えば鼻下長連のお喜びなるべし

明治36121日 北国新聞

◇寶座 豫記の如く本日より、双枝一座にて開演。番組は、笑話雪の花ムシノ(双一)落語四十八癖(春風双六)軽口吹寄せ(桂才一)講談江戸の花(神田伯石)花柳女流手踊音曲総まくり(松野つる子)講談名士の逸話伝(長髪陵鶴)時世滑稽矯風演舌及び即席葉唄尽し(やッつけ楼双枝)

明治36122日 大阪朝日新聞

◇第三此花館 藤原重助が東区松屋町筋和泉町に新築したる同館は彌一昨夕開業式を執行し、縁故ある人々を招待して酒食を饗し、余興には一座の落語、音曲、舞踊及び南地、堀江紅裙連の舞踊もあり、九時頃解散したるが、諸方より寄贈の幟、引幕も多く、中々盛会なりき。昨日よりは通常の興行を始めたり。

明治36122日 大阪朝日新聞

◇由良砲塞より帰休の桂小南は彌昨夜より三遊亭円七と共に桂派の各席へ出勤す。

◇東京の常磐津林中の一行は昨夜より賑江亭、第一此花館、紅梅亭へ向ふ十五日間出席し、第三此花館は跡廻し。

◇文芸館へは昨夜より東京下りの橘家花円喬、林屋延玉の二人が出席す。

明治36122 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲夷谷座の伊藤綾之助、石井ブラツク一座は昨日無理に初日を出したと▲今明日両日は新京極受楽亭で広告演芸会がある、それは各商店の広告を落語、都々逸、端唄、講談等に作つて演ずるもので観客全体へ景品を出すとかいふ事だ其の出演者は (落語)錦馬、柳枝、吾喬、木楽(軽口)鶴松、福富(講談)琴海(新内)筆八、小筆八、小馬愛(舞)藤田ちよ子(浄瑠璃)竹本愛子(手品)養老滝之助

明治36124日 新愛知

演芸會 明後六日午後一時より名古屋倶楽部に於て第二回演芸會開催の筈、演者は清元(清元延斎澤、清元斎兵衛)義太夫(竹本長子太夫、豊澤猿二郎)講談(桃川燕國)落語(春風亭柳之助、桂文福)

明治36125日 神戸又新日報

◇湊亭 三十石(梅勝)字違い(橘松)野崎参り(福遊)安産の祝(福清)□□(福我)於杉於玉(團輔)千両幟(勝鶴)稽古屋(松喬)夢金(若遊三)小噺手踊(小福)芸廻し色々(福丸)夢八(福圓)高砂の松踊り(璃喜松)鬼あざみ(芝楽)小噺手踊(小福松)新掛取り(松光)

明治36127日 北国新聞

◇新富座 本日より三遊亭圓叟一座にて開演初日の番組は、一流うつしゑ落語(三遊亭新三)落語仕込みの大砲(三遊亭小遊)一流足踊百面相(土橋亭龍生)清元浮世節都の端唄米山甚句二上がり新内節(岸の家歌め)人情噺藤江一中節元祖露友の伝隅田の夜嵐女清元(三遊亭圓鱗)落語廓八景江の子の気性娼妓の夜話学者の首を預ける(圓叟)

明治361211 京都日出新聞

○楽屋風呂 ▲幾代亭は来る十六日から目下の一座へ上置として常磐津太夫林中、同三登勢太夫、同登喜太夫、糸岸沢文字兵衛、上調子岸沢八百八とそれに朝寝坊むらくとが加はる筈

明治361213日 大阪朝日新聞

<三友派落語家芝居・浪花座>

◇此程より桃太郎の桃の如く浮き居たる三友派落語芝居は浪花座にて開演する事となれり。狂言は「扇屋熊谷」「箱根霊験記」「兜軍記」「お染久松」「関の戸」などにて十七日(ママ)開場。

〈編者註〉十二月十八日より二十四日まで。『近代歌舞伎年表 大阪篇』による外題と配役は以下の通り。

【前狂言】箱根霊験躄仇討

餞別の場

溝口源太左衛門(嵐文都)、庄屋徳右衛門(嵐新左衛門)、下男権介(市川我遊)、飯焚おなべ(片岡鴈篤)、飯沼勝五郎(市川米団治)、女房初花(中村文之助)、奴筆助(嵐梅団治)、非人丑松(尾上団三郎)、同おそで(市川団松)

阿弥陀寺の場

滝口上野(市川文団治)、刎川久馬(中村福三)、飯沼勝五郎(市川米団治)、女房初花(中村文之助)、非人月輪実は奴筆助(嵐梅団治)、母さわらび(市川文我)、なまこ八(片岡鴈篤)、あんこ二郎(中村花咲)、非人(大ぜい)

【次狂言】壇浦兜軍記 阿古屋琴責の場

秩父重忠(中村円子)、岩永左衛門(市川文我)、榛沢六朗(嵐文都)、四天王(片岡福太郎)、同(中村福三)、同(中村花咲)、同(中村小円子)、竹田奴(惣出)、遊君阿古屋(嵐金之助)

【後狂言】新版歌祭文 野崎村の場

後家ちゑ(中村文之助)、娘おそめ(市川真生)、下女およし(市川小団治)、丁稚惣吉(片岡福吉)、百姓久作(中村円子)、丁稚久松(実川円若)、娘おみつ(中村米喬)、百姓茂吉(尾上団松)、同重吉(市川我遊)、同藤助(嵐団之助)、同伊助(嵐団三郎)

明治361213 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲京都興行同盟会は一昨日午後一時から同会事務所で役員の改選挙会を開いたが開票の結果は左の通り 会長小林虎吉(大寅座主)副会長金井芳松(幾代亭主)会計山崎万次郎(琴書)幹事真野友吉(笑福亭主)豊岡信吉(琴書館主)田村新吉(角の家主人)芸人正取締氏原熊次郎(一)同副取締沢口一守(黒円)評議員堀内梅吉(東玉)吉田卯三郎(宝座主)駒井太兵衛(菊の家主人)河合亀太郎(年誌)真野伊之助(福真亭主人)林與兵衛(林席主人)斎藤徳二郎(円太郎)

明治361215日 大阪朝日神戸付録

朝日座の金房冠一郎一座は十二日晩より橘家花圓喬の音曲噺と小清の清元と加えたりと

明治361216日 香川新報(高松)

◇常盤館 当市兵庫町の寄席にては一昨夜より桂三之助一座の落語手踊演芸を開場せ

明治361216 中国新聞(広島)

◇三遊亭圓馬一座 連日好評なる中島集産場内胡子座の三遊亭圓馬一座の今晩は左の如く、尚同一座は来る十八日限り日延べなしにて当地を打あぐる赴きなり。

旅日記(曲馬)生人形(登久馬)皿の曲(春馬)娘義太夫(なつ子)芝居噺(小圓右)とつかん問答(馬瓢)ひねりや(圓左)音曲(千橘)今様噺並に碁盤踊(圓三郎)江島屋つづき(圓馬)大切一座掛合ばなし

明治361217日 香川新報

常盤館の評判 当兵庫町の同館は三之助一座にて再昨夜開場せり。落語は有触れながら、例によって罪無く時に立茶番口上茶番の様なるクスグリものもあり、又鉢巻社会の殊に喜び源氏節もあれば本喉ならねど清元のツヤあるもあり夜長の徒然にはこんなものも亦妙だと一寸人気を引いて居ると

明治361218日 大阪朝日神戸付録

◇共遊会 来る十九日午後五時より神港倶楽部において共遊会を開く由。その番組は忘年会へその宿替え(神戸大村家社中)二○加(大阪遊芸社社中)・・滑稽龍宮の玉とり(東京橘家花圓蔵)・・

明治361219日 山陽新報

◇亀楽座興行 今夜より三遊亭圓馬、圓三郎、圓左の一座にて落語

<編者註>圓馬一座の番組

<十二月二十二日>旅日記(曲馬)生人形(とく馬)皿の曲(春馬)娘義太夫(なつ子)けんぶ(馬瓢)柳の馬場(圓左)音曲昔話(千橘)初音つづみに碁盤踊(圓三郎)塩原多助(圓馬)大切掛合はなし(一座総出)

<十二月二十四日>旅日記(曲馬)昔話生人形(登久馬)皿の曲(春馬)娘義太夫(なつ子)突貫問答剣舞(馬瓢)およびの問答(圓左)音曲昔話(千橘)大名松曳に碁盤踊(圓三郎)塩原多助(圓馬)大切(一座総出)

<十二月二十五日>旅日記(曲馬)昔話生人形(登久馬)昔話皿の曲(春馬)娘義太夫(夏子)とつかんもんどう剣舞(馬瓢)大仏餅(圓左)音曲昔話(千橘)こんにゃく問答に碁盤踊(圓三郎)塩原多助(圓馬)大切掛合(一座総出)

<十二月二十六日>旅日記(曲馬)昔話生人形(登久馬)昔話皿の曲(春馬)娘義太夫(夏子)とつかん問答剣舞(馬瓢)富の久蔵(圓左)音曲話(千橘)今様落語に碁盤踊り(圓三郎)塩原多助(圓馬)大切(一座総出)

明治361220日 山陽新報

◇興行だより(岡山) 大雲寺町高砂座は、東洋活動写真会駒田好洋一座の活動写真▲野田屋町稲川座は市川小團治一座の改良浮れ節芝居▲西中山下千歳座は泉祐三郎一座の今様能狂言にて今晩八日目▲榮町九重館は吉田玉五郎一座の人形浄瑠璃▲西大寺町亀楽席は立花家圓三郎総一座の改良落語▲天瀬巴玉座跡は美術会の大奇怪

明治361224日 大阪朝日神戸付録

◇相生座 神戸相生座は今二十四日午後四時より二十七日迄四日間左の如き役割にて諸芸大温習会を開催す

たまのり(福遊)さるまわし(福丸)ぼんまわし(若遊三)活ぽれ(福圓、團輔)ものまね(福原又平)手おどり(璃喜松)えんぜつ(福我、勝鶴)・・浄瑠璃(松喬)・・噺(ジョンベール)・・手品(清国人韓風山)芝居物まね(小福)おどり(福清)・・

明治361224 台湾日日新報

市内の遊芸稼人 目下台北に現住する遊芸稼人の総数は百四十四人にて其芸種は下の如し 三味線(二)長唄(二)囃方(二)軽業(十四)遊芸師匠(四)本島人(八)新内(七)俳優(六十二)本島人俳優(十一)義太夫(十一)手品(三)音曲(五)本島人音曲(二)浮かれ節(九)大黒踊(十一)講談(一)

明治361226日 大阪朝日神戸付録

七福座の落成式 本日挙行の筈なる姫路西二階町の新築劇場七福座の落成式は準備の都合により来る二十九日に延期せりと。因みに昨二十五日同座付近の消防火気は姫路消防署にて検査施行せり。

明治361227日 香川新報

慈善演芸會の出し物 前号にも記せし今二十七日午後一時より善通寺町有志者の斡旋に為る讃岐保育院、丸亀の海南孤児院の為、同町富士見座に開く慈善演芸會の出し物は左の通りなり。因みに記す入場料は一等三十銭、二等二十銭、三等十銭なり

落語東の旅(桂獅光)滑稽物真似(春風亭柳好)演説(松井宥粲)講談美人と紳士(秋月如燕嬢)落語音曲掛取萬歳(桂文鏡)曲獅子(松竹亭小梅斎)講談弁慶五条の月(正流斎小南窓)手踊(善通寺芸妓連)落語手踊花見小僧(三遊亭小圓遊)琴の曲(善通寺娘連)剣舞会津白虎隊(小村千代子八歳)すて行(小龍雄)木下上島長短槍試合(桃川若燕)

明治361229 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲幾代亭は来春一月から同席定連中に馬玉川改桂文南京、桃川桃燕と外に久しく大阪へ行つて居た枝鶴とが加はると▲笑福亭は円太郎、歌之助、残月、明学、米朝、竜門一座の落語

明治361230 京都日出新聞

楽屋風呂 ▲既報の如く新京極大黒座跡に新築した第一、二福真亭の落成式は一昨日午後一時から第一福真亭で行つたが来会者は区役所吏員、警察署員、興行同盟会役員、演劇改良会役員、新聞記者等四百余名等で最初山崎琴書は席主真野伊之助を紹介し挨拶する所あり金井芳松、田村新吉、桂文雀、氏原一其他大阪親友派総代及び第一、二福真亭出勤連中総代の祝詞あり終つて第二福真亭で余興を演じたが中々の盛会であつた▲尚福新亭四席の一月興行は第一が吉田奈良丸、広沢菊治一座の浮れ節、第二が染玉、小鶴、尾上、国里一座の女浄瑠璃、第三は邑井吉右衛門、藤井南竜、邑井操一座の講談、第四は藤川都調一座の錦影絵だと

明治361231日 大阪朝日神戸付録

神港倶楽部にては明一日より七日間日英清三国同盟競技会を開演する筈。其番組は落語(数番)音曲(ジョンベール)奇術(韓風山)剣舞(金房冠一郎)

明治361231 神戸又新日報

湊亭 第一第二湊亭の落語は笑福亭圓若、桂文都、三遊亭若遊三、東長次郎、柳家芝楽、小福松、小福、福圓、團輔、松喬、福我、勝鶴、福遊、橘松、福清、梅勝

明治361231 神戸新聞

市内の一月興行一覧 ▲大黒座 市川莚女、坂東鶴之助、三寿之亟、鶴蔵、柏十郎の一座にて狂言 ▲相生座 角藤一座 ▲歌舞伎座 市川寿玉、尾上岐三郎、嵐守太郎一座にて狂言 ▲明治座 実川正太郎、坂東太郎一座 ▲柳座 神港美團白川廣一々座 ▲千歳座 市川左文冶、尾上多喜三郎、中村福雀、嵐市鶴、市川眼若の一座。左文冶、多喜三郎、市鶴の三人は何れも土佐の出身にて左文冶は東京なる市川左團冶の高弟なる上一時名題にまで登りしは既に人の知る処なるが多喜三郎と市鶴も京阪地方にて却々の人気者なり ▲朝日座 呂昇一座の人形入り女浄瑠璃にて顔触れは豊竹呂昇、竹本末虎、豊竹團冶、同橘駒、同呂寿 ▲藤田席 名古屋萬歳二輪加の一座 ▲神港倶楽部 元日より七日間日英清三國同盟競技會を催し三國得意の諸芸温習を演じる ▲菊廼亭 従前の女義太夫にて時廣、團花、久勝、湊末、住子、勝子、團菊、團寿、小住、久吉、数米、團福等 ▲富士館 同じく女義太夫にて君栄、島之助、光龍、美富士、君菊、勢見子、梅吉、君子、光栄、春之助等 ▲弁天館 女義太夫にて奈良梅、松之助、松枝、錦枝、三玉、小芳、君之助、國数、奈良吉、廣吉等 ▲湊亭 第一第二湊亭の落語は笑福亭圓若、桂文都、三遊亭若遊三、東長次郎、柳家芝楽、小福松、小福、福圓、團輔、松喬、福我、勝鶴、福遊、橘松、福清、梅勝 ▲旭亭 楠社西門塀側の同亭は軍談講釈神田伯猿、木村一瓢 ▲栄亭 橘通四丁目の同亭は貝祭文、自由軒弘清、花川鶴女、花川鶴位、光蝶神一幸 ▲近江亭 三川口三丁目の同亭は浮れ節にて湊川三之助、浪花光廣、京山岩一、湊川小富士丸、湊川三八、糸宮川千代女 ▲松鶴亭 兵庫大仏内同亭は清国人大曲芸大奇術、一寸法師手踊、名古屋萬歳 ▲湊虎亭 湊川同亭の講談は松月堂呑玉、東光舎林 ▲末広亭 生田神社前の同亭はお馴染みの貝祭文、光蝶斎一幸一座 ▲明進亭 小野中道通三丁目の同亭は京山小□□の浮れ節身振り狂言 ▲大安亭 雲井通四丁目の同亭は貝祭文、光蝶斎一幸一座 ▲雑居亭 三宮神社裏の同亭は京山小圓、浅川三八、廣澤國丸、京山茶銭の浮れ節一座 ▲稲荷亭 小野中道通四丁目の同亭は東西屋連の俄一座 ▲二宮席 二宮町の同席は京山福丸一座の浮かれ節身振り狂言

<姫路七福座の開場>

七福座の落成式 姫路市二階町七福座は既記の如く一昨日二十九日午後一時より新築落成式を挙行したるが来賓には大澤市長、町田代議士、藤岡県立姫路病院長、枡田姫路郵便局長、県市会議員、物品寄贈者等二百余名二十余名の芸妓杯盤の間を周旋し義太夫手踊等ありて却々の盛會なりき

 

【参考資料】

<桂派矯風会一覧(明治36年)>

111日  幾代亭 出演者:文屋、万光、小文枝、南光、円馬、文枝、たにし、宝楽等。

28日   金沢席 出演者:三五郎、文吾、文三、円馬、南光、鶴屋団十郎等。

38日   瓢亭   出演者:文屋、枝鶴、枝雀、さん馬、小文枝、円馬、文三等。

412日  幾代亭 出演者:文屋、文吾、文枝、南光、円馬、小文枝等。

510日  金沢席 出演者:(不詳)

920日  幾代亭 出演者:三五郎、枝鶴、枝雀、南光、円馬、小文枝、さん馬等。

1011日 金沢席 出演者:(不詳)

118日  瓢亭   出演者:雀三郎、小文三、枝雀、文枝、さん馬、南光、小文枝、富士田千之助、杵屋君三郎等。

1213日 幾代亭 出演者:雀之助、三五郎、小南、小文枝、千橘、三好、文枝、さん馬、文三等。

〈編者註〉大阪朝日新聞・大阪毎日新聞より作成。いずれも正午より開会。演目の記載はなし。

<三友派日曜会一覧(明治36年)>

118日  平野町此花館(第一回) 

番組:開会の主意(文団治)、池田牛誉(米朝)、赤子茶屋(米喬)、子別れ(文都)、松竹梅(金原亭馬生)、高砂丹前(小団次)、孝子の蜆売(米団治)、音曲稽古(円若)、新裏の裏(福松)、土橋万歳(曽呂利新左衛門)、薪荷雪間の市川(常磐津文字太夫、同駒太夫、同政太夫、三味線岸沢文字八)。

〈編者註〉「三友派の落語家申合せ日曜会といふを設けて露の五郎兵衛以来の古き落語を聞かせ兼て技芸の研究に資せんとすという」(大阪朝日117)とある。いうまでもなく桂派の矯風会に対抗するため始められたものである。

実見記:「去る日曜日、此花館の落語三友派の日曜会に往つて見た。米団治の孝子の蜆売、福松の新裏の裏、曽呂利の土橋の万歳、孰れも音曲入りとは馴ぬ耳には奇妙に聞えた。最後に余興とはあれど、これが聴きものだと思ふた。常磐津文字太夫、三味線岸沢文字八の足柄山山姥の一曲は久しぶりに他国で友人に逢ふたやう、金時が踊りながら出て来るあたり何となく快い心もちになつて居ると、今まで満場溢るゝばかりの客は一人たち二人去り大に寂しくなつた。これは常磐津といふものが耳に遠いからであらう。此時折角快い心地になつた自分は忽ち興味の滅つたことを感じ、それと共に高座の三味線も何となく調子が緩んだやうに聞え、山賤と金時が踊る時分にはもう場中がざわついて、やがて局を結んだが、これで自分は寄席などの客が今少し所謂公徳心を起して貰ひたく思ふた。面白くなければ立去るのは勝手ながら、場中のさわだちは高座の演芸者よりは、熱心に聞いて居る他の客の迷惑が甚だしいことを考へて貰はねばならぬ。また一かどの演芸に対して多少注意してやるといふ心得を持つて貰はねばならぬ。(青眼)」(大阪朝日124

215日  紅梅亭 出演者:松光、遊輔、米団治、円若、残月、福松等。

315日  永楽館 出演者:小円、米朝、文我、真生、文之助、明学、大和、文都、新左衛門等。

412日  賑江亭 出演者:団作、福三、歌之助、円子、馬生、円若、米団治、福松、残月等。

516日  平野町此花館 番組:名筆弁慶の再来(勝寿)、四季の茶屋花の争(生瀬)、小言幸兵衛(遊朝)、やらずとらず将棋の詰手(米喬)、月と花芸妓の替紋(金馬)、余興常磐津吉野山(小満之助)、泥中の蓮(文之助)、嘘つき弥二郎(円蔵)、身には襤褸心に錦(新左衛門)。

621日  紅梅亭 出演者:文団治、円太郎、福松、りう馬、米朝、梅団治、花橘、米団治等。

927日  平野町此花館 出演者:小円、米朝、米喬、円若、遊輔、文都、残月等。

1018日 紅梅亭 番組:播州名所(勝寿)、恋飛脚丹波往来(生瀬)、チ話喧嘩(若遊三)、新当世問答(真生)、知恵競べ(璃喜松)、生は善(文之助)、月の面影(米団治)、花見の会合(曽呂利)。

1122日 賑江亭 出演者:福三、一円遊、残月、文之助、柳寿斎、文都、遊輔、ブラツク等。

1213日 永楽館 出演者:生瀬、一円遊、米喬、小団治、馬生、米団治、円子、むらく、常磐津林中、岸沢文字兵衛等。

〈編者註〉大阪朝日新聞・大阪毎日新聞より作成。いずれも正午より開会。

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ