明治38年

上方落語史料集成 明治38年(1905)一

明治371231日 大阪朝日新聞

<寄席案内(落語席)>

東区:第一此花館(浪花三友派)、第三此花館(同上)、第二文芸館(文団治派)、幾代亭(桂派)。

西区:第一文芸館(文団治派)、瓢亭(桂派)、賑江亭(浪花三友派)、第二此花館(浪花三友派)。

南区 養老館(桂派)、紅梅亭(三友派)。青木亭(文団治派)、金沢席(桂文左衛門一座)。

北区:永楽館(三友派)、林席(桂派)。

明治3811日 神戸又新日報

正月湊亭広告      

湊亭 00166

◇湊亭 同席は第一第二とも本日より昼席を興行することに取極めしが連名は笑福亭圓若・入船米蔵・春風亭柳寿斎・浮世亭萬歳・三遊亭小傳枝・桂小文治・三友亭紋弥・笑福亭福圓・同福我・桂南枝・笑福亭圓松・同鶴松・同光雀・同無外・同笑三の顔触れにて賑やかにご機嫌を伺うという。

明治3811 山陽新報(岡山)

◇岡山興行 西中島町旭座は熱海孤舟一座の壮士演劇。大雲寺町高砂座は市川三河蔵一座の歌舞伎演劇。西中山下千歳座は勝田□圓一座の浮かれ節。栄町九重館は新内節。野田屋町柳川座は舊演劇。

明治3815日 大阪朝日新聞

<文廼家春之助、惨殺される>

◇保険詐欺者の捕縛 兵庫県竜野町津田常次は、京都宝地寺住職有本光遵と共謀し、大阪東区神寄町田中巳之助(落語家春之助)が自己と其容貌の酷似せるを利用し、仁寿生命保険会社に一万円の保険契約を為したる後巳之助を殺し、自己の変死したる如く装ひ保険金を詐取せんとしたるも発露して逃走し、早来行衛不明なりしが、一昨三日横浜に於て逮捕されたり。

明治3816 神戸又新日報

<笑福亭無外死亡>

◇湊亭 第一第二の湊亭にて好人気なりし新講談士渡辺無外というは、永く当市にありて、前には壮士俳優の一座にも入りしことあり、中々小才の利く男なりしが、旧臘三十一日の夜、突然心臓病に罹りて死去したりといふ。

明治3817日 大阪朝日新聞

◇毒僧等の落語家殺し(詳報) 兵庫県揖保郡竜野町百九十三番地津田常治(二十九年)といふもの、京都府愛宕郡深泥池宝地寺に於て、同寺の住職有本光遵(二十八年)と共謀し、予て企める保険金詐取の目的にて、当時京都上京区京極の寄席笑福亭に出席中の落語家春之助事田中巳之助といふ大阪人を絞殺し、久しく所在を晦まし居たるが、遂に運尽きて去る三日横浜市伊勢佐木署の手に捕縛されたる事は東電によりて四日の欄外に既記せしが、今その顛末を詳報せんに、常治が竜野町に居住中、同所の寄席に出席中の前記春之助事大阪市東区神崎町八番邸田中巳之助なるものと懇意を結び、往復中、或者が常治に向ひ、君は巳之助に酷似し居れば着物にても着替へ居れば見分は付かず、と洒落に言ひしが抑も事の起り、常治は不図悪意を発し、春之助を殺害して自分替玉となり、タンマリとした保険金を詐取して暖まらんとの途方もなき了簡を起し、去る八月十二日、仁寿生命保険会社同地支店に保険の申込みを為して一万円を付し、之に対する第一回の払込み掛金五十六円八十銭を支払ひ、爾後巳之助殺害の機を窺ひ居たるが、斯くとは知らぬ巳之助は十一月二十二日、前記笑福亭へ出席したれば、予て餌を飼ひて一つ穴へ引込みたる悪僧有本光遵と共に言葉を巧にして巳之助を誘ひ出して光遵の寺へ一泊せしめ、翌朝未明を待つて無惨にも遂に巳之助を絞殺し、其着衣を剥取りて常治が常に着用し居たる洋服を巳之助の死体に着せ、光遵と共に同寺を距る二十余丁の長谷川の河岸に死体を運び、石塊を以て面部を挫き、尚前歯五本を打缺き、此面相を変じて自分の自転車を其場へ打捨てゝ立去りたり。斯は予て常治の自転車に乗ることは他の知る所なれば、過つて長谷川へ墜落し死亡したる体に装ひたるものなり。然るに巳之助の死体は通行人が発見して下鴨警察署の検視を受けたりしが、其洋服のポツケツトより常治宛の手紙が現はれしより、同署にても全く常治の死体と見て取り、実兄なる由太郎に通知し、同人は早速死体を引取り火葬に付したる後に埋葬を了り、而して由太郎より前記仁寿生命保険会社に対し一万円を請求し居たるを、名古屋警察署の看破する所となり、十二月二十八日先づ光遵を逮捕し、引続き常治の所在を捜索中、同人は風を喰つて横浜へ入込み、父の弟なる叔父同市賑町二丁目大工職荒尾辰次郎方に潜伏せしを終に伊勢佐木署の手に捕縛したるものにて、一応訊問の上名古屋警察署の手へ引渡したり。

〈編者註〉惨殺された春之助は、二代目桂文之助の弟子。この事件に関しては橋本礼一「『みぞろの露』文廼家春之助物語」(『藝能懇話』二十一号所収)に詳しい。

明治3819日 京都日出新聞

◇興行だより ▲一昨夜新京極各席の入場人員と其上り高とを聞くに

 歌舞伎座  千八百六十九人  三百五十七円九十九銭

 朝日座   五百三十人    四十二円八十九銭

 夷谷座   千九百十三人   二百三十四円七十五銭

 明治座   二千八百六十四人 四百〇九円二十銭

 大虎座   六百十人     四十二円十銭

笑福亭   三百六十三人   三十六円三十二銭

 第一福真亭 四百四十四人   二十四円四十二銭

 第二福真亭 二百四十一人   十六円二十一銭

 幾代亭   三百六十四人   四十九円二十四銭

 琴書館   五百三十四人   二十一円三十八

明治38116日 大阪朝日新聞

<桂文左衛門の妻トミ死亡>

◇落語家の大将桂文左衛門の妻おとみ、五十一歳を一期として旧臘三十一日に冥土へ旅立ちぬ。その後文左衛門非常の陰鬱に沈みつつ「はなし連なくて淋しき火桶かな」と涙と共に漏らしたるこそ真情なれ。

明治38116 京都日出新聞

◇笑福亭 昨日から変つた笑福亭の出番は 真三(六時十文迄)団三郎(同三十五文迄)たち花(七時迄)都若(同二十五文迄)慶枝(同五十文迄)福太郎(八時五分迄)新朝(同三十分迄)春団治(同五十五分迄)円太郎(九時二十分迄)扇枝(同四十五分迄)文我(十時十分迄)ジヨンベール(切)

明治38117日 大阪朝日新聞

◇[死亡広告]荊妻トミ儀永々病気ノ処、本日壱日死去仕候。就テハ明拾八日午後拾時自宅出棺、千日前法善寺ニ於テ本葬式相営ミ候間、此段辱知諸君ヘ謹告仕候。追テ花車放鳥御恵贈ノ儀ハ乍勝手御辞退申上候南区難波新地参番町一月拾七日 桂文左衛門 門人一同

明治38117 新愛知(名古屋)

富本 目下興行中の昔々亭桃太郎一座は来る二十日まで日延べする由

明治38124日 香川新報(高松)

肥梅閣 当市片原町天神社内の同座は去る二十日の夜より桂福遊、明治梅枝二座合併の落語にて開演中

明治38125日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派へは二月一日より例の円遊が二三の落語家を引連れて乗り込み得意の鼻をひけらかすとぞ。

明治38125日 大阪新報

<桂枝鶴、笑福亭枝鶴と改名し、三友派の席に出る

桂派の人気者枝鶴は今回師匠の名跡を襲で笑福亭松鶴と改め来月一日より連夜浪花三友派の各席へ出勤することになりたり

浪花三友派より大阪三友派へ脱走したる講談師桂家残月は今回両派協議の上小野残月と改名してこの程より更に浪花三友派の各席に顕れ本紙に掲載中なる日露合戦記を連夜講演して頗る喝采を博し居れり

明治38127日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の寄席法善寺紅梅亭にては来月一日を第一回として一日会といふを設け、毎月一日昼席を興行するといふ。

〈編者註〉これは一回も開かれることなく中止された。

明治38130日 大阪朝日新聞

<桂枝鶴、笑福亭枝鶴と改名し、三友派の席に出る

◇来る二月一日より浪花三友派の各席へ東京より曲独楽松井源水及び柳家京枝及び桂派にありし桂枝鶴が此度笑福亭枝鶴と改名し、神戸にありし円若諸共出席する筈。

明治3821 新愛知

富本 昔々亭桃太郎一座へ當年八十五歳の老人林家正蔵並に青柳華嬢、同燕嬢の二名を差加え今一日より日露戦争に関する面白き講談を開演する由

明治3821 京都日出新聞

興行便 ▲幾代亭は本日から好福、大紋の二人が退席して新たに三遊亭西馬、桃川小如燕、桂枝好の三人が加はり、尚一月中休席して居た桂歌之助もお目通りする筈因に同席は本夜より堀川椹木町の菊の家と懸持ち▲笑福亭は本夜より月亭円生、三笑亭芝楽、笑福亭福丸の三人が大阪から来るジヨンーべルは居残つて新作日露剱舞等大勉強でお聞に入れると

明治3821日 神戸又新日報

藤田席 本日より桂文鏡、花團冶、林家正團冶の顔触れにて木戸銭六銭五厘、桟敷二十銭、割蒲団付五銭なりと

明治3821日 神戸新聞

藤田席 これまでの一座の上へ桂小文冶が桂文鏡と改名して乗込みその他には新顔として花團冶、正團冶等が加わる由。新古亭真生は昨日限り当地を打ち上げて大阪へ帰りたりと而して木戸は下足共六銭五厘

明治3823 京都日出新聞

福楽亭へは当月から笑福亭木鶴、歳尾改め鶴賀若歳の二人がスケに這入た

明治3824 新愛知

南駅座 林家正蔵、昔々亭桃太郎一座にて本日より開演。木戸銭半額三銭の早いもの勝ちなりと。

明治3826 京都日出新聞

幾代亭の登場時間は 芝平(五時三十分)新馬(五時五十分)枝雁(六時十分)芝楽(六時三十分)燕太郎(六時五十分)西馬(七時十分)小如燕(七時三十分)文吾(七時五十分)枝好、双六(八時二十分)歌之助(八時四十分)枝太郎(九時)年誌(九時四十分)三馬(十時二十分)

明治3829日 神戸又新日報

興行めぐり・・・▲藤田席 三住太夫の源氏節宜しいが余興の浮世節が聞きたかった、三助の落語大いによし・・

明治38210日 大阪朝日新聞

◇桂派の桂文屋は亡母三回忌に相当すれば追善供養の諸費を省きて本社恤兵部中へ金十円を寄付したり。

明治38210 京都日出新聞

笑福亭へは笑福亭小円がお目通り尚仝席は来る十二日初午の日に来客一般へ福引を出す筈

<編者註>笑福亭小円(菊堂聴円)。最初笑福亭円篤の弟子であったが、この頃、大阪三友派に加わり、文團治の一門に加わった模様。

明治38213日 大阪朝日新聞

◇落語家桂文屋が本社取扱ひの恤兵金中へ十円寄贈の由は既に記せしが、最初手続上たゞ落語家桂文屋ではいけない、職業本名を正しく認めよとの事にて、文屋合点して差出したのを見れば「遊芸稼人実名は桂陀羅助、変な名にて候」。仰有る通り陀羅助はおかし。

〈編者註〉この時の文屋の住所は「瓦屋町五番丁」。

明治38213 京都日出新聞

興行便 ▲笑福亭へは昨夜から川上元二郎がお目通り、尚出番の時間は 真三(六時十分)団三郎(仝三十分迄)正六(仝五十五分)立花(七時二十分迄)都若(仝四十分迄)福太郎(八時五分迄)芝楽(八時三十分迄)ジヨンベール(九時迄)円太郎(仝二十分迄)元二郎(仝五十分迄)扇枝(十時十五分迄)福丸(仝二十五分迄)円生(切)▲福楽亭の出勤順は 里若、小春、里□、芝橘、若登司、錦馬、西尾、木鶴 と決つたが今日から一二新顔を入れるといふ話

明治38216 京都日出新聞

<大津ヒーロー館>

幾代亭の芝平、枝好、歌之助、文吾、枝太郎等は昨日から大津市石川町に新築になつたヒーロー館へ汽車で懸持ち

明治38224日 大阪朝日神戸付録

演芸会 明二十五日午後六時より湊虎亭にて開会する由にて出演者は左の如し

講談(石川一口、西尾慶山、邑井吉右衛門、旭堂小南陵、旭堂南陵、旭堂南州、西尾魯山)落語(三遊亭小傳遊、ノンノン亭柳升、笑福亭松光、桂文楽、三遊亭圓松)新内(福新検玉鶴)・・喜劇(曽我の家一座)

明治38225 新朝報(豊橋)

<若柳燕嬢>

若柳燕嬢常陸山を罵倒す 若柳燕嬢一座名古屋市富本席に開演中、去る十五日の夜、これも同地に興行中なりし常陸山、花月に登り、土地の老妓浅吉、才六外三十名の大小妓を侍(は)べらせ、盛に豪遊を極め込み居たりしが、酒席少しく錆気を呈するに及び、幸い燕嬢の富本席にあるを聘(よ)びて、お嬢一流の口演を聴くも一興なんめれと、男衆を遣わして嬢を迎えしめければ、燕嬢も望まるゝまゝ、桂文福を伴ひて花月に赴きけるが、口演に先(さきだ)ちお嬢常陸山に告げて、「望まるゝなれば演じも致すべし。されど口演中は何れも杯を手にせず謹んで聴かれよ」と、日(い)いけるに、常陸山首肯(しゅこう)して、礼を以て拝聴する事となり、此処に席定まり、やがて燕嬢の時局口演開始せられ、一流の口吻滔々(こうふんとうとう)として演じ去り、今や愈々佳境に入らんとする頃、常陸山何に思いなしけん、杯を取りて傍の妓に酌を命ぜんとせるにぞ、燕嬢この為態(ていたらく)を見て大いに憤怒(ふんど)し、常陸山、足下(そっか)も天下一人の力士にあらすや。妾(わらわ)も又天下一人の女落語家也。一度妾(わらわ)が提出の条件に承諾を表しながら、今にして前言を喰むは不埒(ふらち)の極み、無礼の限り。足下猶ほ自ら僭(せん)して、天下の力士を以て自任せんとすかと、気焔(きはく)萬丈當るべからず、名にし負う常陸山の面目に於て、眼中人なきお嬢の気焔(きはく)に一座色を失し、この末如何になり行くやらんと安き心もせざりしが、常陸山、之れを大いにその非を謝し、以後は口演中決して杯を手に致さざれば、曲げて口演を続けられしと哀願せしも、今は燕嬢イツカな許容れず、『堂々たる男子の身にして、一度食言し、何の面目あってか、再び乞はるゝ。妾ははや足下に信を措(お)く能(あた)はず』とて、席を蹴つて帰りけるとか。
 常陸山、後之れを人に語つて、天下乃公より強い女は、燕嬢一人なるべしと。この事何時しか力士社会、及び名古屋地方に広まりて、目下とりどり評判高しと云う。

<編者註>常陸山は、第十九代横綱。

明治38228日 大阪朝日新聞

◇明一日より浪花三友派各席へ東京より富士松みや子、同芦遊、三福、柳升、源水等加はる由。

明治38228日 神戸新聞

両湊亭 明一日より第一第二湊亭へ現れるべき重なる顔触は三遊亭若遊三、笑福亭福松[福遊]、同京枝、同松光、同梅香及び東家駒之助(常磐津)等あり

上方落語史料集成 明治38年(1905)二

明治3831 神戸又新日報

湊亭 本月の湊亭は第一(裁判所前)第二(三宮)とも入船米蔵、笑福亭松光、同福圓、同福我等一座の上に若遊三、福遊が大阪より戻り別に東家小満之助(常磐津)笑福亭梅花、三遊亭京枝がお目通りをする由なるが梅花に元の三遊亭圓光にて当地は初見参小満之助は一昨年出勤せし事ある美人なり

藤田席 の落語不評の為新たに大阪講談師の真打株松月堂楳林(ばいりん)を招き東京の春風亭梅枝と共に新講談及び人情噺にて好人気なりという。

明治3833 北国新聞

◇新富座に於る松尾龍、三代目松林若圓等の一座は、豫記の如く一昨夜より開演したるが、若圓の改良講談、遊左衛門の落語玉乗り等、例に依って受け好く、殊に松尾龍の時世浄瑠璃は何れも新作にて、後幕を取替るなど目新しければ好評にて、初日より大人気を占めたり。芝居物真似(総一座)落語音曲(右朝)講談(知圓)落語立物曲(左好)滑稽落語音曲(圓寿)滑稽落語玉乗り(遊左衛門)改良講談(三代目若圓)西公使誠忠北京陥落(松尾龍)

<編者註>十五日迄開催。

明治3833 神戸又新日報

藤田席 昨紙に桂派落語連は先月限り打揚ぐる由を記せしは誤聞にて是迄の顔へ、楳林、梅枝の二人が加わりしものにて本月はやはり此一座にて興行する由なり

明治38311 大阪毎日新聞付録堺周報

宿院卯の日座は明日頃より角藤定憲一座にて琵琶歌開演の筈△天神席は落語△秋葉亭は浮れ節△栄席は浄瑠璃

明治38314日 都新聞(東京)

桂文都は本日着京、次席より出勤と極まれり。

明治38314日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各席には明十五日より東京の岸の家若之助が出勤し得意の常磐津端唄等を演ず。

明治38315日 香川新報

◇丸亀南条町戎座は、愈々越路太夫の一座が乗込み一昨日より、又新堀大黒座は富士松嶋太夫の一座にて是又一昨日より、冨屋町の常盤座は鼈亀甲(べっこう)斎一座の浮れ節にて、いづれも相当の入場者ある模様なり。

<編者註>越路太夫は、十九日より高松玉藻座に出勤。

◇高松松寿館 当市田町の同館は、改良浮れ節守川勝公一座乗込み、去る十一日より開場し居れり。木戸二銭、割は三銭なり。

明治38316日 神戸又新日報

◇第一湊亭の落語 或る夜三宮湊亭へ一寸覗いた。鶴瓶と圓松がすんで南枝の引っ込む所であった。素人評を試みようなれば京枝の素麺曲食いの説明は抱腹絶倒。若遊三は男前もかなりで「癖」をスラリとやつたのは感服盆芸も大受け。松光(大阪)を通称「かんやん」という大阪平野町蝶木の席で露払い時分からお馴染みの「稽古屋」を客の所望でやったのが何分十九世紀の芸人だけで遅れている。福遊(大阪)の「いかけ屋」可もなく不可もなし昔話は子供の土産には妙。米蔵(東京)古びた奴だが即席都々逸に即席大津絵三昧もよし。福我(神戸)故岡野半牧翁の書生で教員の免状までとった二十世紀の人物だけあって時局噺は時世に適し満韓の地名地理に精通したる確かに欺道の博士である。梅花(大阪)はインド顔でお喋りはのべつ幕なし聞く間も笑う間もなかった。鶴松(大阪)「芝居噺」熊坂の舞乳臭い乳臭い。福圓(神戸)芸名は琴高屋とでもいいそうで舞は確かなもの

芸は身を助ける不幸せであろう。常磐津駒之助(東京)の咽喉-三味-姿勢三拍子揃っていれば悪かろうはずがない。「新ノ口村」の段「大阪を立ち退いて」の辺り二十日余りの所得もいわれず満場しんとして声もなし。添物端唄浮世節鮮やか。

明治38319 京都日出新聞

大阪の落語家桂文都は今度三友派に何か面白くない訳合があつたとかで、贔負筋の周旋で東京両国の立花家へ掛る事となつた。

明治38320日 大阪新報

浪花三友派の紋弥は當月の三芝居にて「雪月花」と題する声色を工夫し雪は中座王冠銅像の場で川上と貞奴、月は朝日座琵琶歌由比ケ濱の場で秋月と喜多村、花は角座乳兄弟梅園の場で我當と芝雀を演じ、敦(いづ)れも舞台の背景を緞帳に描きにものを各俳優より寄附して貰い萬事大仕掛にて演せんものと息組居れり

明治38323日 大阪朝日新聞

◇二十五六両日間、堺卯の日座にて同市祝捷諸芸大会を開く事となり西洋奇術、播重一座娘義太夫、三友派落語、鶴家団九郎一座喜劇…の出演あるべし。

〈編者註〉翌日の新聞によると、落語は稽古屋(米団治)、角兵衛婚礼(馬生)、舞「扇の曲」(璃喜松)。また第二回は431日、51日の両日に行われ、落語家は曽呂利、紋弥、福三金之助が出演した。

明治38330日 大阪新報

京都新京極笑福亭は米朝、花圓喬が抜けて新たに文我、小ゑん、圓太郎、扇枝等が一日より連夜出勤なすよし

明治38331日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各席にては明一日より東京より新講談桃川小如燕、同燕路来り加はり源水、三福も又出勤する事となれり。

◇桂派の各席にても一日より小供浄瑠璃長春及び洗湯亭三助が出勤する事となれり。又同派にては田村巌、円三郎、千橘、文屋、文平、小文三連中にて「戦捷踊」を始めるといふ。

明治38331 神戸又新日報

第一第二湊亭 四月一日より第一第二湊亭は、これまでの顔触れに笑福亭梅香・三友亭小圓二・東京下りの新内浮世節富士松美や子同芦遊と他に桂京枝ノンノン亭柳生の連中が賑やかにご機嫌を伺う由なり。

明治38331 神戸新聞

藤田席 明一日より従前の一座の外に、立花家花圓喬・桂家文之助・菅の家音琴及び即席噺の上手川上元二郎がを加ふる由。

明治3841 新愛知

富本席 春本助治郎の曲芸、岸の家吾妻太夫の岸沢浄瑠璃、右内、小三郎、鶴之助、圓志、枝太郎、花光、小圓蔵らの落語家にて今夜六時より開演

末廣座 本日より曽我廼家一座の新喜劇にて開場

明治3841日 大阪新報

京都新京極落語笑福亭、本日よりの出番左の如し

圓松、真三、立花、都若、福太郎、芝楽、福丸、扇枝、小圓、圓太郎、文我、貞吉

明治3841日 神戸又新日報

湊亭 第一第二湊亭にては昨紙に記せし外に西洋樂師ヴァィオリンの菊地芦雪と東京落語柳亭京枝も加われりと

明治3845 新愛知

<曽我廼家の無筆の号外>

末廣座 曽我廼家一座の新喜劇は非常の好評にていづれの幕も観客の腹を燃らせ「無筆の号外」は時局ものとて非常の大喝采を博し毎夜木戸締切の好景気

<編者註>四月十五日迄興行。この後、東京新富座へ。八月一日にも再び名古屋に出演。

明治3847日 新愛知

神戸の洋人芸妓 先月十六日神戸元検番より舞妓に現われたる英国人ノラ、フェゲン(八つ)の母ジチー、ヘーゲン(二十八)は我子の稼ぎ高を日本の恤兵部に献金しても尚足らずとして其身も亦本月十六日より娘に次で同じ検番より現われ稼ぎ高を残らず恤兵部に献金する意気組なりと。夫れに就き準備の模様を聞くに芸名をミセス、ヘーゲンと呼ぶも可笑きものゆゑ本名のジテーに因み「慈念」と名乗らむかと目下勘考中。唄は大抵習い覚えたりしも芸妓に必要な都都逸は未熟ゆゑ過日来検番の芸妓梅若、小奴等を自宅に招きて熱心に稽古し居り傍ら褄の把り方、お座敷へ出て晴の挨拶振り、日本風の座り方、お銚子の把ち方、お酌の工合なども練習中。夫ホフマン氏は其出勤する商館の支配人が同じくホフマンと呼び同名ゆゑ憚りてヘーゲンと別れヘーゲンと那の舞妓ノラ、フェゲンとは元検番付近に一戸を構え日本風の生活を為す由。ヘーゲンは英、佛、伊、日、露五カ国の語を操りダンスも熟練なるがゆゑに客の所望とあればイブニングドレスを着てお座敷へ出てダンスをも演すべしと。ホフマンの兄即ちノラの叔父は英国有名の紳士にてフレデリツキ、リーゲンと呼び目下英国皇帝の侍従職を勤め居れりと。ヘーゲンの座敷着は神戸元町の呉服店藤井方へ注文して紋付の外は大抵出来上りたり其値は二百二十八円九十銭なりと外人にて母子とも花柳界に脚を投ずるとは其髪と眼の色とよりも尚一層変った女性なり。

明治38412日 香川新報

◇当市興行だより ▲玉藻座 浮世節三遊亭圓糸[子]一座乗込み明十三日より開場の筈 ▲肥梅閣 昨夜より新内富士松島之助一座にて開場せり ▲松寿館 浮れ節京山斎師一座 ▲屋島座 永らく興行中なる新俳優叢美團一座

明治38414日 神戸新聞

藤田席 今十五日よりこれまでの上に、扇舞の上手小村春千代(12詩吟音曲舞踏同日出雄(19及び第一軍司令部に従軍したる剣舞の上手小村龍雄が例の剣舞と講談滑稽無骨舞とにて出演する由

明治38414日 香川新報

◇玉藻座 二日目(今十四日)の出物は左の如し

東京吉原女郎買磯の鮑(小圓子)浜崎上等兵(花月)しらみ茶屋(圓輔)蛸芝居(團三郎)御本膳(龍子)つるつる(小傳遊)野崎参り(圓三)長歌曲引胡弓(柳寿斎)清元喜撰長唄連引(花女)いかお巡り五光の由来(圓子)長唄鼓鶴亀、大切ステテコ

<参考資料>圓子一座の番組

416いぬ(小圓子)広瀬中佐(圓月)胴乱の幸助(圓輔)親子茶屋(團三郎)芸廻し(龍子)転宅並音曲(小傳遊)ヤエン廻し並に万歳椀の曲(圓三)松づくし鶴の巣籠曲引(柳寿斎)清元浅草祭並に踊(圓嬢)仲洲のかたき夢合並に二丁鼓笛の曲(圓子)大切占領ステテコ総踊り

417高野違い(小圓子)九連城巻沢大尉(圓月)三枚起請(圓輔)稽古屋(團三郎)芸づくし(龍子)東京音曲湯屋番(小傳遊)げんこつ素人俥並に万歳椀の曲(圓三)長唄曲引つれびき(柳寿斎)二丁鼓曲長唄老松(花女)忠臣蔵七段目芝居咄(圓子)長唄連弾占領ステテコ

418越後豆屋角兵衛(小圓子)金州攻撃(花月)出世鏡太功記瓢箪場(圓輔)君者の花見(團三郎)芸廻し(龍子)太鼓持浮れの酒好き(小傳遊)桜の宮敵打並に枕の曲芸(圓三)曲引連弾(柳寿斎)長歌道成寺カサづくし(花女)甲州鰍沢身延利益並に延鼓(圓子)大切ステテコ

419金明竹だいの道具屋(小圓子)長州騒動桂小五郎(花月)芸妓の真誠切線香(圓輔)芝居噺自来也豪傑物語(團三郎、付に小圓子、小傳遊、圓三、圓子)芸廻し(龍子)医学仙気の虫(小傳遊)初天神(圓三)曲引連弾(柳寿斎)長歌舌出三番叟(花女)人情咄子別れ二丁鼓曲引大切ステテコ(圓子)大切ステテコ

420日)たらち女(小圓子)騎兵斥候田所清熊戦死(花月)大内鏡天神山葛の葉(圓輔)角力とりかやく角力(團三郎)忠臣蔵三段目軽口殿中の場(龍子,付團三郎)隅田川浮れの野晒し並に音曲(小傳遊)淀川三十石万歳枕の曲(圓三)曲引連弾(柳寿斎)長唄越後獅子(花女)浮世はなれ銚子の代り目二丁鼓笛の曲(圓子)大切ステテコ

(421日)一つ穴手かけ通(小圓子)東郷少尉奮戦(花月)歌根問(圓輔)籠盗人舞沢山(團三郎)軽口かっぽれ(龍子、付團三郎)新吉原五人返し外に音曲(小傳遊)めくら景清枕の曲(圓三)曲引(柳寿斎)清元北州(花女)忠臣蔵義士銘々伝赤垣源蔵(圓子)長唄鶴亀、大切ステテコ

(422日)米喰虫蒟蒻問答(小圓子)南京松(花月)愛宕山(圓輔)新町僧茶屋(團三郎)諸芸(龍子)東京柳橋舟徳(小傳遊)伊勢参り大津八丁(圓三)曲引連引(柳寿斎)清元安名(花女)東京名物芝濱財布(圓子)鼓曲笛大切ステテコ

(423日)位牌丁稚(小圓子)旅順攻撃(花月)芝居咄(圓輔)稽古屋(團三郎)諸芸(龍子)角満寺(小傳遊)万歳(圓三)曲引連引(柳寿斎)長唄鶴亀(花女)夢の哀れ金魚芸妓(圓子)長唄鼓笛大切ステテコ

明治38415日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派各席へ本日より楠流娘剱舞春千代、武雄の姉妹が出席。

明治38415日 北国新聞

<第二福助座の開場>

◇屡々(しばしば)記したる如く小松町に於ける第二福助座の舞台開きは、愈々明十六日初日と確定せり。

明治38419日 神戸又新日報

共遊會 四月二十日夕方より神戸神港倶楽部にて開会。主な番組は◆宝の入船(連中)◆軽口◆落語(笑福亭福圓)◆舞(中倹芸妓)◆落語(ノンノン亭柳生)◆手品(帰天斎正一)◆手踊(中村福円)◆落語(笑福亭圓松)◆バイオリン三曲(子供芦雪・加納)等

明治38420日 大阪朝日新聞

<笑福亭円若、三笑亭可楽を襲名する

◇浪花三友派の笑福亭円若、先代三笑亭可楽の名を継ぐ事となり、本日より二十五日まで紅梅、第一此花、永楽、賑江、第三此花、第二此花の六席に於て披露会を催し、出演者には浪花三友派の外に福井、秋月の両俳優、帰天斎正一、鶴家団十郎、鶴幸、鶴栄、湊勝等も出演するといふ。

〈編者註〉初代三遊亭円若(斎藤安兵衛)。明治二十八年頃から大阪に居つき、三十一年に笑福亭福松の門人となり笑福亭円若を名乗る。福松の死後三遊亭に復するが、新聞はまだ笑福亭となっている。この六代目可楽襲名は問題が多く、翌年八月にはもとの三遊亭円若に復している。詳しくは橋本礼一「上方で三笑亭を名乗った噺家たち」(『藝能懇話』二十一号所収)参照。

明治38423日 大阪毎日新聞

<桂万光死亡

◇桂万光死す 浪華の落語界索漠を極むる此頃、卒然桂派の老手万光の訃音に接したるは惜むべし。万光は名声甚だ上らざりしも、技は必しも拙ならず、優に桂派第二流の重鎮として一種の人気を負ひ居たり。父は深江屋与助といひ南区安堂寺町にありて刀屋を渡世とす。万光は其の次男に生れ、上村亀之助と名乗りたるも、王政維新の変に一朝資産を失ひたれば、父の刀屋を廃すると共に己れは嗜める遊芸の道に衣食せんと、北の新地より幇間となり九八と称す。後三十六歳の時、林家正三の紹介にて時の名人先代桂文都の門に入り都治と称へ、後今の文左衛門が門に移りて万光と改む。背虫の住吉参り、桜の宮の仇打などを得意とし、業余(ぎょうよ)鴬を飼養して又名手と許され居たる。計らず肺炎を病(やん)で変症して、一昨日午前七時、六十五歳を一期に冥途の高座に乗込む事となりしは気の毒なり。終席は去る六日法善寺金沢と新町瓢亭とにて一休を演じたるが名残の高座なりし。葬儀は一昨夜八弘社に仮葬し置き、更に本日四ツ橋立正安国会会堂にて本葬を執行すと。

明治38424日 大阪新報

<桂万光死亡②>

落語桂派で「一休問答」「太鼓腹」「脊虫の住吉詣」「桜の宮仇討」や篠笛で好評を博しつつあつた桂光は本月六日以来肺炎に罹つて治療中二十一日の午前七時六十五歳を一期として永逝(えいせい)した本名は上村亀之助といい南区安堂寺町の刀商深江屋与助の次男に生れ嗜好に任せて遊芸の道に衣食せんと初めて北新地へ九八と名乗つて幇間に顕れ後先々代桂文都の門に入つて都冶と称し後今の文左衛門の門に移つて、万光と改めたが本芸の傍鶯の飼養にも妙を得て居り葬送は昨日四ツ橋立正安國會に於て執行した。

明治38425 紀伊毎日新聞

◇三友派の落語 元寺町紀国座において今晩より三友派の落語を開演する由。例に依って大入ならん。

明治38428 香川新報

<翁座開場>

◇翁座開場 多度津町の翁座にては、来る三十日より当市玉藻座において好評をうけし落語家三遊亭圓子の一座にて開場する筈

明治38430日 都新聞

<桂文都の東京寄席出演>

◇寄席案内 △日本橋区○人形町(末広亭) 左楽、小さん、柳枝、文都、及宝山、李月山、小久、久子、久吉、柏枝、扇歌 △浅草区 ○茶屋町(大金亭) 遊三、文都、貞一、若辰、しう雀、圓二郎、左圓遊 △深川区 ○富吉町(広川亭) 柳枝、扇歌、久吉、久子、源水、燕路、小久、千曲、文都、燕枝 △本郷区 ○東竹町(若竹亭) 圓遊、圓喬、和楓、雲呑、文都、美蝶、花堂、小遊三

明治38430日 神戸又新日報

湊亭 第一(裁判所前)第二(三宮社内)湊亭とも来月一日より従来のノンノン亭柳生菊地芦雪一座の他に三遊亭三福(落語)松井源水(曲独楽)立花家喬之助(清元浮世節)笑福亭松楽(落語)を差し替えたっぷりご機嫌を伺うはず右立花家喬之助は圓喬の門人にて今を去る十余年前湊亭が楠社内にありし頃一度出演したる事あり腕にかけては当時右に出る者なし。

上方落語史料集成 明治38年(1905)三

明治3851日 大阪新報

浪花落語三友派の田村巌、小満之助、小燕路、馬生、松光、松喬等は本日より和歌山市紀の國座へ乗込み開場なすよし

大阪三友派の各席へ本日より新たに東京連常盤津岸の家吾妻太夫、曲芸春本助次郎、手品林家鶴之助、人情噺三省亭花楽等が駆加わり連夜出勤をなし寶集家金之助、三升家三馬、新古亭金生等は本日より神戸楠公社西門藤田席へ出勤するはず

明治3851日 神戸又新日報

第一藤田席 藤田席は、今までの顔触れへ常磐津曲引きの宝集家金之助・音曲噺の新古亭真生・落語の三升家三馬の三名を差し加えしが同席は楠社西門塀角を第一藤田席となし鎮臺(ちんだい)筋角の新内身振り座を第二藤田席としその筋向かいなる南側の活動写真の小屋を第三藤田席となせしという。

明治3853日 神戸新聞

藤田席 久々にて東京の音曲家寶集家金之助が例の三味線で例の咽喉を聞かせるので大いに人気よく、またその他の落語も面白く聞かれたり

湊亭 東京より大阪に来り居たる松井源水が独楽の曲芸を以って新たに乗込みその他にも新顔が一座して人気は前月に倍しなかなかの好評なりと云う

明治3855 神戸又新日報

◇第三藤田席 かつて東京歌舞伎座東京座にて好評を博したる富士活動写真会は吉川峰太郎というが興行主任となりて、ここ十数日前より興行しつつが剣山の突撃輜重兵の東京出発の模様等中々に評判よろしく入場券は僅か五銭なるより毎夜の大入りなればなお今月も打ち越し十五日までは興行すべき予定なりと

明治3858日 神戸新聞

矯風演芸會 愈々同九日午後四時開場同五時開演の筈にて既記の如く大黒座にて開会する由にて本番の番組が左の如くなり。而して前回は「吉野踊」にて来会の人の眼を驚かせしが、今回の二十四孝「狐火」は道具建衣装等非常に立派なるものにてその振りの如きもこれまで世上におこなわれたる物と異なり総て本行にして文楽の人形を見るが如きものなりと云う

軽口(信濃家尾福/同金玉)・・・講談(正流斎南窓)常磐津(宝集家金之助)・・曲独楽(松井源水)・・・舞踏(異人芸妓ジチ-・フェ-ゲン/ノヲ・フェ-ゲン)・・・喜劇(尾福、團二郎、金玉)・・・舞(二十四孝狐火)西洋運動(盆井一座)

明治3859日、62日 東京朝日新聞/521日 大阪朝日新聞/523日 大阪新報

<桂南光の上京>
南光◇大阪桂派の落語家桂南光外一名は今回当地むらくの周旋にて出京の相談纏り、三遊派に加入して目見得する由。(東京朝日5・9)

◇桂南光は今度或る贔屓の勧めにより上京して睦派の各席へ出勤するに付、得意の「三十石」を呼物とするに定め、前の見台を破つて船形を見せ、後幕に淀の水車を描く趣向にて、其の準備整ひたれば今夜淡路町の幾代亭にて其の下温習を演ずる由。(大阪朝日)

落語桂派の南光は今回いよいよ東京へ上り、来月一日から同地三遊派の各席へ出勤する事に極り、二十五六日頃出勤のはずだが、それまで連夜幾代亭の大切に稽古半分十八番の三十石を大道具で演て居る。その趣向は、最初伏見乗場の道具幕を後に張り、船へ乗込む所になると、見台が仕掛で船の舳先と変り、それから淀川名所の背景を見せるという段取で、毎夜大喝采を博しつつあるそうだ。(大阪新報)
◇昨日より出席する大阪上り桂南光は大道具仕掛の三十石を呼芸とし各席に於て演ずる由。(東京朝日6・2)

明治3859日 香川新報(高松)

◇三遊亭圓子一座 当市を打上げ多度津町の翁座に開演好評を博しつつある落語家三遊亭圓子一座は昨夜より丸亀新堀の大黒座において開演せり

明治38510日 神戸又新日報

◇湊亭の落語 一昨夜再び同亭へ出掛けたが、福我の「戎ビ-ル」言うとの確かなは何時もながら感心だ今少し愛嬌があったら申し分なかろう。圓松の「わさび茶屋」可もなし不可もなし。芦雪の「バイオリン」は巣籠もりの曲如何にも鮮やかである。影の唄と三味は同亭の娘房江と睨んだは僻みか。小如燕の講談「藤田伝三郎」は喉を傷めている加減が喰足らず。南枝の「片袖」純粋の大阪式で珍とするほどのとなれど圓輔滑稽妙に見物を笑わせるは老練といわん。松井源水の「曲独楽」曲芸数々あるが中でも要受け扇子渡り衣紋通いなど見物がヒヤヒヤするほどなれども当人は至極楽なもので大喝采。福圓の「くしゃみ講釈」見物受けのする事南枝に劣らず人気男かな。立花家喬之助の清元「吉原雀」面は二の町ながら喉と三味ときては多く其類を見ず。三福の「せんきの虫」は取立てていう程の事はなく古臭い話を新しそうに聞かせる所が真打の値打ち。兎に角一座大勉強で毎夜の大入りはめでたしめでたし。

明治38511日 新愛知

第二回國恩演芸會 客月其第一回を御園座に催し非常の喝采を博せし國恩演芸會は第二回を来る十四日午後一時より晴雨を論ぜず同座に於て催す由。出演者は続々申し込みありて開會當日迄には頗る増加すべきが本日迄に極りたる分左の如し

音楽(名古屋帝国音楽會)落語(三遊亭圓兵衛)浄瑠璃(當年八歳竹本文字八)狂言三人片輪(松井鶴、三浦其月、飯田勝太郎社中)今様船弁慶(中村梅昇)長唄(東雲連)踊(西川石松代花子、同西川嘉鶴、同西川嘉

明治38511 京都日出新聞

近火の新京極 一昨夜の火事は何しろ火の手高かりし為め一時夷谷座か明治座だらうといひ、イヤ歌舞伎座だといふ説で、来て見ると寺町の竜紋氷室(寺町六角下るの製氷蔵庫から十一時半出火)と判つてハーといふて居た人が多かつた。△此火事で一番驚いたのは第一、第二の福真亭と笑福亭で、福真亭の如きは一時危険と思はれた程であつたが無事だつたのはお芽出度△笑福亭では又小円が知れんといふので一時大騒ぎをして捜して居る所へ、大将ポカンと戻つて来たので、ヤア出て来た〳〵△仝席のジヨンベールは荒い緕の着物を着て黒の山高帽子を阿弥陀に冠りノコノコ火事場へ手伝に出懸けたが又立戻つて自分の荷物をチヤンと片付けて、偖私はそれから人の荷物を片付升たと落語家口調△幾代亭は席の方より寺町の宅の方が劔呑なといふので道具は大抵片付けだが大丈夫だといふので別段出さなかつた、此家に泊つて居る明治座の本庄幽蘭女史は奈何したらう…

明治38512日 大阪朝日新聞

<吾妻家璃喜松、末広家扇蝶と改名する>

◇大阪三友派にては吾妻家璃喜松が末広家扇蝶と改名し、本日より十五日迄、第二第一文芸館、春木亭、赤沢亭の各席にて披露会を開く。

明治38513日 北国新聞(金沢)

<本当に圓生?>

◇寶座は明日より三遊亭圓生一座にて開演の筈なるが、圓生は蝶花楼馬楽の門人にて馬之助と云い、馬楽没後は圓朝の門人に入り、圓生の名を継ぎたる者にて、馬琴、春風馬太郎等の若手あり。落語音曲噺曲芸等の大一座といえり。

明治38514日 大阪朝日新聞

◇芸妓の復讐(鹿の迷惑) 南地法善寺の紅梅亭に出勤する紋弥と云ふ落語家あり。若うて芸が器用なれば随分ヤンヤと云はれ、御当人は早心中に紋弥をヤン弥と改名して鼻を高うする程なり。(後略:お定まりの色恋話)。

〈編者註〉記事中、法善寺の紅梅亭が坂町に紅梅館という、このころ大流行した玉突場を作っていたことがわかる。

明治38514日 大阪朝日新聞

◇川上音次郎が岡山にて大病に罹りし為、其の一座の長唄富士田千之助、同鉄三郎、三味線杵家君三郎、同美千之助は東京に一旦引揚の途中、当地へ立寄しより、明十五日よりしばらく足をとゞめ、浪花三友派の此花、紅梅、永楽の各席へ連夜出勤する事となり、新浄瑠璃渡辺松菊斎は此の度本社の琵琶歌を新作し、同派の第一此花館にて演ずるよし。

明治38515日 神戸又新日報

◇藤田席 金之助の清元が一番人気ありて昼夜大入り満員。夜席は六銭五厘、昼は三銭五厘なり。

明治38516日 新愛知

富本席 今十六日夜より昔々亭桃太郎、桂文橘、同小文福、橘家圓坊、同圓弥、昔々ぽん太、昔々桃蔵の一座にて開演する由

明治38517 香川新報

◇大黒座の圓子一座 開場以来人気ありし丸亀大黒座の圓子一座の落語音曲等は大入のお礼と称し昨夜より入場料其他場代等を半額に割下げせり

明治38518 山陽新報(岡山)

◇川上音二郎神戸に帰る 岡山市高幡徳造方にて療養中の川上音二郎は症状稍軽快に赴きたれば、本日神戸に向け転地療養を為す由

明治38520日 大阪朝日新聞

◇二十、二十一の両日正午より、南地演舞場に於て有楽会を催し、救育所、養老院、軍人遺家族救護費の寄付演芸あり。番組左の如し。 

 三友派、桂派の落語家数十名…揮毫(田村巌)、端唄揮毫(曽呂利)、曲独楽(松井源水)、奇術(吉田菊五郎)、…新講談(邑井貞吉・小野残月)、声色(三友派紋弥・若遊三)、…乳姉妹(渡辺松菊斎)、常磐津戻り橋(小満之助)、長唄勧進帳(富士田千之助・杵屋君三郎一座)。

明治38522日 北国新聞

◇寶座 落語兵庫船身投(馬太郎)落語しの字嫌い(春馬)人情噺□エ鏡(馬琴)曲芸皿廻し(春馬)落語星野屋官員小僧(圓生)

明治38528 京都日出新聞

来月笑福亭は小円が抜けて文団治と三味線曲引の萩の家孝光の二人が加入し、又ジヨンベールは新作剣舞を演じるさうだ

明治38528 京都日出新聞

○興行 ▲西陣座は来月一日より大阪三友派の桂文団治外数名の落語で蓋を明ける

明治38529日 神戸又新日報

藤田席 来月一日より左の顔触れにてご機嫌を伺う由

◆座敷浄瑠璃常磐津(岸の家吾妻太夫)◆米国帰り(春本助二郎)◆和洋座敷手品(林家鶴之助)◆人情噺(三遊亭右圓)

明治38531日 北国新聞

新富座 豫記の如く明一日より三遊亭圓兵衛一座にて開演の由なるが圓兵衛は当地石浦町十九番地今井半四郎の長男にして十八年前出京し医学研究が落語研究となりて三遊派に入り腕を磨いての初お目見得にて文字八という当年七歳の浄瑠璃もあり。一座の顔触れは左の如し

圓兵衛、文字八、小市場、花八、圓史、清徳、馬琴、馬遊等

明治38531 京都日出新聞

明一日から変る笑福亭の出番は円松(六時三十分)真之助(七時二十分)立花(七時四十分)福太郎(七時五十五分)都若(八時二十分)芝楽(八時四十五分)福丸(九時)扇枝(九時二十五分)露光(九時四十五分)ジヨンベール(十時十五分)円太郎(十時四十分)文団治(切)

明治38531日 神戸又新日報

湊亭 三宮第一、裁判所前第二の湊亭来月の掛けものは今までの松井源水・三遊亭三福ノンノン亭柳生立花家喬之助笑福亭福圓笑福亭福我桂南枝菊地芦雪笑福亭鶴松笑福亭圓松同笑三同光勇同鶴瓶という顔触れの他に久々にて三遊亭小傳遊という愛嬌者を差し加えお賑やかなる一座なりと。

明治3861日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派の各席へ本日より清国奇術曲芸李彩及び女剱舞春千代、新作浄瑠璃の松菊斎など出席す。

明治3861 北国新聞

新富座 御祝儀太十(花八)落語(圓史)落語替り目(小市馬)やなぎ(清徳)人情噺田舎娘(馬琴)落語音曲手踊(圓兵衛)壷坂(文字八)人情噺(馬遊)

明治3862日 大阪新報

大阪三友派の文團冶は萩の家老[露]光と共に一日より京都新京極の笑福亭へ出勤なすよし同座および桂派幾代席の変更したる出番表は

(笑福亭)圓松、真之助、立花、福太郎、都若、芝楽、福丸、扇枝、老[露]光、ジョンベール、圓太郎、文團冶

(幾代席)芝平、芝雁、芝楽、燕太郎、圓三、歌之助、枝太郎、年枝、文吾

明治3866日 北国新聞

◇寶座 圓兵衛等の一座は本日より五日間の予定にて宝座に移り当地お名残として花々しく開演の筈

鈴が森(花八)道具屋(圓史)港町(清徳)人情噺(馬琴)音曲(小市馬)盆の曲(春馬)壷坂(文字八)落語日露人形(圓兵衛)

明治3868日 大阪朝日新聞

<千歳米坡、富田屋に遊ぶ>

◇米坡の富田屋行 当年取つて五十八歳、霜の如きさんばら髪を染薬でさつと染め上げ、白縮緬の単衣に博多織、滝縞の書生羽織、指輪腕輪に金々マン〳〵させ、折柄来合せたる髯の蝶々八に、蝶さん富田屋へ連れてつて頂戴よ、と例の甘へた調子。この女の舞台姿を見て十六歳と値踏みせし西洋人ありしも無理ならず、さすがの蝶々八此頼みには参りて、大阪一の富田屋、俳優の座敷は一切せず、況して女役者はとは云ひかけしが、さうも云へず、お詞は無理ならねど夫は要らぬ事、近々此の髯の大事のお客御入来の筈、それまでお待ちなされたらその座敷へ呼ばせますると云ふをも聞かず、それはそれ、是は是の催し、金はいくら入りても厭はず、是非今夜伴れて行つて下されとダヽを捏ねられ、拠なく帳場へ頼みて富田屋の大広間に燭台昼の如く、大尽は米坡の老婆、顔利の芸妓十五六人も招きて、今日は皆さまの保養、お座敷は米坡が勤めるとて、三味線は引く、歌は謡ふ、カツポレ、トツチリトン、楼が楼だけとんだ屋刎ねたり、朝の四時頃までに冷酒三升八合をぺろりとして遣り、小吉とて美しい芸妓の手を引き、わたいお前さんに惚れたよと旅宿へ伴れて還りて、翌日の午前ごろまで飲み明し、私夢を見た事は無いのさと澄ましたもの。是れには大阪芸妓舌を捲いて、あれは米坡さんだすやろか、ベイロシヤはんだすやろか。

明治38613日 大阪朝日新聞

◇弁天座の女優大会の米坡の如きは打出し後お座敷の口多く、毎夜三四時までも飲徹し、然も平気で舞台を勤めて居るので、一座舌をまいて驚きおれり。

明治38615日 大阪朝日新聞

<三代目桂文都、梅川吾瓶と改名する>

◇本日より浪華三友派各席へ東京より桂大和改め菊亭寿楽、楓枝の二名と東京出稼中たりし桂文都が梅川吾瓶と改名して出勤する事となれり。

〈編者註〉三代目文都は大阪三友派から離脱し、東京へ行っていたが、帰阪して浪花三友派へ加入した。師匠文団治の許しを得ないままと思われ、梅川吾瓶と名を替えている。大阪三友派が浪花三友派と和解したあと、元の文都に復している。

明治38615日 大阪新報

浪花三友派の人気男紋彌は一昨夜初めて新調の洋服を着し意気揚々と高座に上りオホン明治の落語家は是に限りますよと澄し込んだまでは真面目なりしも所望によつて「梅の春」の三枚扇を舞い出した所、高襟(ハイカラ)が首筋に支へるやら、襟飾(ネクタイ)が外れるやらで痛さ苦しさ四苦八苦ヤツとお茶を濁し今度は源水張の曲独楽を初めるとカフスが邪魔になり手先の働き自由ならず大汗になつて芸もそこそこ楽屋へ駆込みヤレヤレ改良というものは辛いものぢゃと情気返つたは大改良

明治38618日 都新聞

<桂文都の帰阪>

出京中の大阪落語家桂文都は前席限りにて帰阪したるが、今回梅川吾瓶と改名せりと。

<編者註>この改名は、脱退した大阪三友派の文團治に気兼ねの為といわれる。

明治38618日 大阪新報

浪花三友派へ出勤中なる渡辺松菊斎の新浄瑠璃は頗る好評にて大阪相撲中の天狗薫(とう)なる若島、剣阪等は毎夜堀江の賑江亭へ通い熱心に耳を傾け居れり

同亭出勤中の落語家笑福亭鶴助は連夜高座へ登ると本紙連載の一鬢(びん)一笑欄にある趣味深き咄を演じそれに一々落ちをつけるのが呼物となり鶴助の顔を見ると直ぐ「待つてました大阪新報」とか「ヤーレ一鬢一笑やつてや」などと所望の声湧くがごとくなりといふ

明治38619日 神戸新聞

矯風演芸会 愈々今十九日大黒座にて開会する由なるが数ある番組中芳村伊十郎、杵屋六左衛門、岡安喜代八、杵屋勘五郎等の大薩摩及び勧進帳は六左衛門、喜代八の両人が大阪の中座へ出勤の都合もあるより早く登場せる筈なりと云う

上方落語史料集成 明治38年(1905)四

明治3871日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派各席へ本日より東京派の楓枝、寿楽、李彩、松菊斎の外に春本助治郎といふ曲芸師を迎へたり。又同派の曽呂利新左衛門は可楽改名の披露をする為本日より京都幾代亭へ出勤する筈。

明治3871日 大阪新報

浪花三友派の松菊斎の向うを張り大阪三友派の各席へは本日から連夜新作浄瑠璃の松尾龍が出席し真景油絵の背景を高座に飾つて盛大に諸大家の新作物を演じるそうだ。◇浪花三友派の曾呂利新左衛門は五年振で可楽、紋彌等の改名披露を兼ね同人等と共に本日から京都新京極の幾代亭へ出勤する事になつた

明治3871日 神戸又新日報

<藤田席、落語定席でなくなる>

湊亭 第一第二湊亭は、下記の出番にて開催。因みに昨紙に記せし三升屋小勝というは東京素噺の上手にてかなりの名人。同人の門弟勝次連れという

◆第一湊亭(午後七時より)鶴瓶・鶴松・南枝・笑三・若遊三・圓松・福圓・小勝・芦雪・福我・喬之助・十一時三十分半玉茶好◆第二湊亭(午後七時より)笑三・圓松・福我・光勇・芦雪・鶴松・喬之助・若遊三・半玉茶好・南枝・福圓・十一時三十分小勝

藤田席 落語興行は先月で打ち上げ。阪神素人浄瑠璃大会を開く由。木戸銭は無料。

明治3874日 神戸新聞

御影朝日座 にては去る一日より桂團輔一座の落語が乗込みて開場したり。また同所新道の文玉亭にては吉川南光一座の浮世節一座が乗込みて興行中なりとの事なるが何れも相応の喝采なりと云う

松竹亭 湊川新開地相生町筋北へ入りたる処に松竹亭と云う娘義太夫の定席を設け今四日より豊竹團司一座にて開演する筈

明治3874日 紀伊毎日新聞(和歌山)

◇紀國座のはなし ハリ扇、拍木で以って滑稽の言と行動とで聴者の臍の宿替えせしめる落語家の連中の一騎当千の手合当市元寺町の紀国座に乗り込み、二日からタタキ出したが、お客の集まること山の如しで、面白い事である。はなしの外におどりもあれば手品もあり、善い声で謡うものもあれば茶番もあり、最後は例の残月の日露戦争談、其進歩したるところ喜ぶべだ。此の中に生粋の江戸子弁で以ってなめらかに喋り立つところ垢ぬけてしてよい。行って落語を聞いておれば胃病も肺病も治るであろうと思う。

明治3877日 大阪朝日新聞

◇当地弁天座より神戸大黒座へ乗込みし女優大会の中名物女の米坡、燕嬢、米若、常磐津小伊勢の四名は、浪花三友派の各席へ出勤する事となり、来る十日夜より「女道楽」を出し、小満之助もその中の一人に加入するといふ。

明治3878日 大阪新報

浪花三友派の遊輔、楓枝、寿楽、松菊斎(菊寿)、鶴之助、福吉等は来る十一日より岡山の新劇場大黒[福]座の舞台開きに乗込み開場するよし

明治3879日 大阪朝日新聞

◇米坡、米若、小伊勢、燕場の四人は明日より浪花三友派に出席し、第一此花、永楽、紅梅の三席にて女優大会を見せる筈。又同人等の下座を勤め居たる富士田千歳、杵屋彦之助の連中は第一、第二此花及び紅梅の三席へ出勤すとぞ。又同派の遊輔、寿楽、楓枝、松菊斎一座は岡山小劇場の落成式に乗り込む事となれり。

明治38710日 大阪新報

千歳米坡はいよいよ本日から浪花三友派平野町第一此花館、法善寺紅梅亭、北新地永楽館へ連夜出勤して例の女道楽を御覧に入れます

明治38713日 大阪朝日新聞

◇去る十日夜より浪花三友派永楽、第一此花、紅梅の三席に出勤中なる米坡、燕嬢、小伊勢、米若、蝶等の女道楽は毎夜客止の好景気なり。

明治38713 山陽新報(岡山)

<岡山大福座開場>

大福座開場式 岡山市新西大寺町新築せる大福座は今回落成を告げたるにより座主は一昨十一日午後三時より岡山市会議員其他各町の有力者各総代及び其町内の人々を同座に招待し開場式を挙げたるが来場者は無慮五百余名にして座主半田久太郎氏に代わりて同町の某開場の趣旨を述べ一場の挨拶を為し夫より来賓に瓶酒折詰を饗し余興としては引続き興行すべき浪花三友派の落語並びに手品其他松菊斎の新作(軍人広瀬中佐)浄瑠璃等ありて頗る盛んなりし。

明治38713日 中国新聞(広島)

◇慈善演芸会 慈善音楽会の場には既報の如く竹内券総出の余興演舞にて「神田祭」その割当ては ▲踊 濱助、市龍、成駒、ひな、三太、友龍、市栄、市之助、栄之助、しん子、うつぼ、日の丸 ▲三味線 政六、市、ぬい、濱吉、友栄、愛吉 ▲噺 三之助、梅八、淀助、千橘、小圓、島八、長八

<編者註>三之助、淀助は広島幇間で、料芸館という寄席で落語も興行していた。立花家千橘(中村常次郎)もこの頃、広島で幇間をしていた模様

明治38715日 新愛知

富本席 今晩より林家正蔵の怪談、林家正三郎の獅子の曲を始め昔々亭桃太郎外数名の落語を興行す。

明治38725 神戸新聞

西宮三浦座 来月一日より例年の通り大阪の落語家桂文三一座が涼興行として乗込みて開場すとのと

明治38725日 馬関毎日新聞(下関)

◇興行だより △裏町弁天座の博多俄は開演以来毎夜大入の由。△田中町明治座は、今晩より三遊亭圓子一座の落語等開演。△豊前田町稲荷座は、弘美團一座の新演劇、相変らず好人気なりと。△豊前田町旭座の浮連節浪花光広一座は可なりの入なりと。

明治38729日 大阪新報

浪花三友派の曾呂利、可楽、紋彌、吾瓶、松菊斎等は来月一日より和歌山紀の國座へ乗込み開場する由

淡路町幾代亭は明日より連夜素人浄瑠璃大會を開催する筈

明治38730 京都日出新聞

笑福亭は来月中休みをする筈であつたが贔負筋の勧めみよつて一日の夜より落語相撲穴探しを催す事となつたが其他には邑井貞吉の改良笑話吾妻太夫の常盤津大切に氏原一の怪談くらべ等尚穴探しには各商店寄贈の正宗麦酒醤油瓶詰化粧品等の景品を出すと

明治38731日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は一日より一座の出番を差替へ、米坡一座の「女道楽」は第一第三の此花館及び賑江亭に転じ、清国人李彩一座は紅梅、第一第三此花館、竹本長春は紅梅亭、桃川燕林は第一此花館へ出勤する事となれり。

明治38731 京都日出新聞

幾代席の定連中は書中休として大津のヒーロ館へ来月一日より出勤する事となる其跡は大阪文楽座青年浄瑠璃竹本文太夫一座で明一日より開場

明治3881日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派永楽館へは本日より昼が新講談桃川燕林、夜が落語角力、東京長唄富士田千蔵、杵屋彦之助出勤す。

明治3881日 神戸新聞

湊亭 これ迄の一座の上に柳亭小燕路、三枡家三馬、田村厳などが加わり宇治の家茶好、信濃家半馬などは元のまゝに居すわるとのこと然して一座は演芸の土用干と云う名目にて各自ありったけの隠し芸を演ずるよし

明治3881 紀伊毎日新聞

座の落語 同座にては今回大阪の曾呂利新左衛門を大将に圓若改め三笑亭可楽、小團冶改め桂紋弥其他数名今夜より開演する趣きなるが、一座の中に渡辺松菊斎なるものありて、自作に依る新浄瑠璃を語る由。

明治3883日 新朝報(豊橋)

河原座 三遊亭浮世一座の落語興行中なり

明治3884日 新朝報

今日の遊び場 東栄座 曙猿一座の芝居 弥生座 岡本美花松一座の源氏節

明治3884 京都日出新聞

笑福亭の落語相撲今晩の取組は 錦 馬 魯 生 真之助 都 若

                 立 花 福太郎 扇 枝 里 鶴

明治3884 神戸又新日報

◇寄席の改良 市内現在の寄席には、外国人等を入るるに足るの設備なきは勿論、興行ものも亦外人を楽しましむるものなく、範囲甚だ狭き嫌あり。左れば、現在の寄席を劇場程の設備にせざるとも、多少規模を大にし、且音曲類のものを配合し、外国人にも聞き得る様にせば、従て収入を得る道理にして、且外国人等も喜ぶ事なるが、一体、外国人が日本にありては昼間の娯楽は種々あらんも、夜間の娯楽を得る処は常に只玉突き位のものなれば、永く滞在する外国人等は夜の娯楽を得る事に汲々し居れるを以て、先ず第一に寄席の改良こそ望ましいと、某外人は語れり。

明治3888日 神戸新聞

西宮三浦座 にて涼興行をなし居れる大阪の落語家桂文三、桂雀之助、小文三の一座は好人気にて毎夜々々大入なれば尚両三日引続き興行し御影町朝日座に乗込み事とする由而して本月中は伊丹、尼崎等巡業・・・(後解読不能

明治3885 神戸又新日報

◇湊亭の土用干 演芸の虫干会(むしぼしかい)という名目で切りにはお茶番がある。お馴染みの福圓福我に俄本職の茶好半玉という顔だから面白いに違いない。臍の尾を切って初めて入れ込みから聞いた一昨夜の第一湊亭をチョッピリ評しておこう。鶴瓶の露払いよしよし。圓松の二つ目に感服したは東京落語の真似もやれば下駄箱も叩く何と褒めてよいか。南枝の「煮売屋」は軽いが見台の下へ膝を入れるなりクルリと尻を向けたは下司ばっている。田村厳は相変わらず記憶のよい演説と書の巧みなのと恐れ入ったが例の愛嬌のないのが疵。敢えて無理な笑顔せずとも演説中に滑稽を加えるべし。これは教える者の罪だ。風琴は鮮やか。小燕路というは三味も弾けば足踊りもやるドサ受けの代物だけ拍手喝采である。鶴松の落語「初天神」立板に濁り水の如く早いだけのもの何の因果かこの男の此の話は再三聞かされた。大阪一流の舞は太い足を出して尾籠千万。三馬とかいう東京言葉の「夢金」は小燕路流のものこれは先月本場の三升家小勝を聞かせた席主の罪が耳に残した評者の罪か。誰やらのバイオリン福我福圓の落語、切りのお茶番は天気模様で見ず聞かず帰ってしまった。

明治38810 紀伊毎日新聞

◇紀國座 今晩の出し物は左の如し苫カ島(新作)芝居噺小倉色紙(紋弥)新浄瑠璃(太夫松菊斎、三味菊羅、ツレ紋弥、小松菊)不思議の五円(吾瓶)音曲浮世風呂(可楽)村正百人斬(新左衛門)

明治38811日 新朝報

豊橋座の女芝居 當地に馴染深き女俳優西川照吉改め市川米寿一座は、力助、小静、信枝、八重吉、静枝等の顔ぶれにて明十二日より豊橋座に開場・・・・・・因みに米寿は故市川團十郎の門人となり去る三十六年中本免状を得たるものなりと又同座は元東雲座の前茶屋常盤亭事金森友五郎が引継ぎ引受けて興行する事となり開場當日は披露の為め餅投げをなし尚ほ興行中毎日手拭百筋宛を観客中に撒くとの事にて前景気なかなかに好しとの評判ジャーイ

明治38812日 新愛知

圓遊一行 落語家三遊亭圓遊、立花家橘之助ら一座は目下岡崎三銘座にて興行中なるが同座打揚げしだいは當市富本席に乗込む筈なりと

明治38813日 香川新報(高松)

玉藻座 当市片原町の同座は明十四日より浪花三友派の落語西国坊明学、新内源氏節、浮世節、岡本八重吉の二座合併して開場の由

明治38814日 新愛知

富本席 大坂法善寺桂派大一座音曲滑稽昔ばなしにて明十五日夜より開演。其一座は桂文枝、同文屋、立花家千橘、桂文楽、同文蝶、同文歌、笑福亭吾竹等なり。

南駅座 今十四日より昔々亭桃太郎、若柳燕嬢一座にて開演

明治38815日 中国新聞

◇各座の盆興行 ◎新地座 鶴家團十郎一座の喜劇一座(十二日より開演中)◎寿座 伊東文夫一座 ◎明神座 敷島秀夫一座の新演劇 ◎胡子座 大阪下り豊竹小住一座の娘浄瑠璃 ◎大黒座 日露活動写真大会 ◎鶴の席 京山一座の浮かれ節 ◎八千代座 関東太郎等の一座で壮士俄 ◎西遊郭料芸館、堺町栄館 柳田次郎の壮士俄

明治38816 京都日出新聞

歌舞伎座の活動写真は愈々本日が千秋楽で明十七日より東京演芸大会を開く事となり、千歳米坡も飛込んで曾て女優大会で演じた「女道楽」を演ずる筈だが其出演者連名は

落語(三友亭光玉、同福之助、同福寿)音曲落語(三遊亭若遊三)舞、落語(桂枝太郎)音曲噺(春風亭楓枝)常盤津(東家小満之助)奇術、曲芸(清国人李彩)新浄瑠璃(渡部松菊斎、絃石井菊弥)女道楽(千歳米坡、武蔵屋花枝、同葉枝、松葉屋七五三子、千歳米若、尾花家米花、東家蝶)

尚同座の入場料は(一等)三十銭(二等)二十銭(三等)十銭で午後七時の開場

河村座跡に新築中であつた錦座は取急ぎ昨日から開場した出演者は三遊亭小円朝一座で其連名と出席順は

昔噺(門三)新内(金之助)音曲噺(円新)落語(円輔)浮世節(喜美子、絃、花助)音曲噺、滑稽手踊(朝之助)滑稽噺(円平)曲弾、浮世節(ぎん蝶)文明奇術(三天斎小正一)人情噺(小円朝)

右の中浮世節の喜美子といふのは当年八才で其三味線の花助は東京芸妓だと又其他に当年七歳で義太夫を語る小朝太夫といふは出勤せぬ事となり其代りを花円喬が勤める筈

明治38816日 神戸新聞

姫路旭館 姫路船場の旭館は浪花三友派の落語にて昨十五日より開演したるが其顔触は笑福亭若三郎、笑福亭福篤、三友亭新作、三友亭福三、桂小團次改め三遊亭紋弥、娘義太夫竹本長春、同長勝、圓若改め三笑亭可楽、桂文都改め梅川吾瓶等なりと

明治38817日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派にて人気を集めし米坡一座の女道楽は新顔の芸者二三名を加へ本日より京都歌舞伎座に乗込む筈。

◇浪花三友派第一此花、紅梅、賑江の各三席へ三遊亭円遊、立花家橘之助一座と若柳吉蔵、同吉之助とが出勤する事となり、本日よりお目見得する。又第三此花館は落語研究会の余興として守千曲の記憶術を見せ、永楽館にて文楽一座の若手義太夫を開場すといふ。

明治38821日 神戸新聞

<姫路楽天席開場>

姫路楽天席の舞台開き 姫路市竪町幾代席は一昨年四月中家屋破損の為其筋より営業停止を命ぜられ爾来休業中なりしが席主中村祐七再築を思い立ち工費金四千圓にて改築工事を起こしたるが十九日落成したるより昨日開場式を行い竹本鹿子一座の義太夫を興行することゝなし席名を楽天席と呼びたり二階建にて階下の客席四十八坪二階の客席三十二坪にて楽屋其他建坪総数百十坪にて定員七百名なり

明治38823日 新愛知

真砂座 今晩より桂文枝一座の落語をかける由

明治38824 北国新聞(金沢)

◇新富座の女義太夫は、愈々本日限りにて打上げ、明二十五日より東京落語三遊亭五人坊主大一座にて、花々しく開演の筈。

明治38825日 北国新聞

◇新富座 初日の番組は、影芝居鏡山(掛合)伊勢参宮(文香)日露替唄(圓輔)蔵芝居手踊(笑楽)預り角力(藤三)日露の夢(和歌の助)清元神田祭(小まん)鏡山奥庭(藤三、和歌の助)浮れの掛取(圓坊)仁輪加(掛合)

明治38825 京都日出新聞

歌舞伎座の大演芸会は相変らず八九分の入りがある尚千歳米坡は余程真面目に演つて居るさうだが南座といふ大敵を控えたからだらう

笑福亭…二十七日より向ふ五日間鼻の円遊一座を招き演芸大会を催す事と決つたが其出席者は落語(三遊亭円遊)常盤津(立花家橘之助、同橘童)音曲剱舞(清国人馬玉川)落語(朝寝坊むらく)尺八(一睡軒花童)舞(花柳吉蔵、同吉三郎)唄(阪東小三郎、同社中)其他

明治3882630日 大阪朝日新聞

<大阪三友派、浪花三友派に復帰する>

◇一日より大阪三友派と名乗りて一方に旗幟を翻へせし文団治、米団治、米朝、金之助、真生、文我の六名は浪花三友派へ復帰することゝなり、一日より同派各席へ出勤するといふ。(826

◇浪華三友派に復帰せし文団治一座はいよいよ九月一日より市内浪華三友派各席へ出勤する事となりしに付き、双方箇条書に調印する筈なりといふ。重なる落語家の顔触は文団治、真生、金之助、米団治、扇蝶、がん徳、花咲、米朝、文我外五六名なりと。(830

明治38827日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派に出勤中なりし円遊一座は京都へ転じ、昨日より節季休み、九月一日より花々しく開場すべしと。

明治38830日 大阪朝日新聞

◇暑中休業中なりし桂派の各席も来る九月一日より開場する事となり、一座の外に東京より桂文楽、舟遊亭志ん橋、桂文歌の三名を迎へる筈。

明治38830 京都日出新聞

笑福亭円遊一座の出番は小遊太(六時三十分)花助(七時)橘□(七時三十分)花堂(八時)馬玉川(八時三十分)むらく(九時)橘之助、橘童(九時三十分)吉蔵、吉之助(十時)円遊(十時三十分)▲尚同席本日の出し物は乗合船(橘之助、橘童)鶴亀(吉蔵、吉之助)地獄旅行(円遊)

幾代亭一座を来月一日より西陣座へ行く

明治38831日 大阪朝日新聞

◇遺言状のお預り 曽呂利といふ落語家、皆さん先刻御承知ゆゑ、さて代り合ひまして挨拶の見台たゝく必要なく、扇子に御苦労さまなぞ駄洒落中の最も古い奴を露払ひに置いて、オホン彼れはあゝ見えてもなかなか色男ですよ、年齢にもお面相にも依りませんよ、併し争はれぬもので歯は悉(ことごとく)皆脱けてモウ一本もなし、その無いところが所謂ゴツつかぬ秘訣かも知れないとの噂が、千里走るよりも御当人は万里も先掛けて、早チヤツと何処やらの後家さんを手に入れたこと、内の女房すら知らざりき。(後略:夫婦喧嘩のあと船で酒をのんで悪酔いし、死ぬかと思って遺言状を認めたという話)。

明治38831 京都日出新聞

笑福亭の円遊一座は愈々本日がお名残で其出し物は歌舞伎十八番の内戻り橋(橘之助)三つ面道成寺(若柳吉蔵)滑稽成田小僧(円遊)

幾代亭は来月一日より定連の中に小野残月、東家玉之助、笑福亭松光を加へて開場尚清国人李彩も来る筈だ

花街だより …▲両昨夜笑福亭へ行つて居た大阪の由良どのは一昨日桂文三、華玉川と外に大阪の芸妓二名、大阪の幇間出歯屋を引連れて島原の角屋に繰込み大に馬鹿を尽したと

上方落語史料集成 明治38年(1905)五

明治3891 北国新聞(金沢)

新富座 影芝居(掛合)紀州飛脚(藤三)二枚かす(文香)音曲噺(圓輔)松坂踊(和歌の助、藤三)親子の情(和歌の助)喜撰(小まん)花見の仇討(圓坊)仁輪加(掛合)

<編者註>和歌の助は、後の二代目笑福亭福圓(武藤勇二郎)。後、京都の藤原年史(二代目圓笑)の弟子となり、年の助と名乗った。この興行での演目は、「浮世根問」「一枚起請」「無精の代参」「裏の裏」「千両蜜柑」「たちきれ線香」「吹寄浄瑠璃」「味噌蔵」「京の茶漬」「迷い男」「寄合酒」など。

明治3891 京都日出新聞

笑福亭本日よりの顔振れは定連の上へ三桝家小勝、桂文之助、桂春団治、立花家円弥が加はる筈で其出番の順序は円橘、真之助、立花、福太郎、都若、芝楽、春団治、円弥、扇枝、小勝、福丸、円太郎、文之助

幾代亭へ来る話のあつた清国人李彩は都合によつてオジヤンとなり昨紙記載の顔振れにて本日より開場し尚西陣座と懸持ちをする

錦座は小円朝が抜けて立花家喬之助、岸の家吾妻太夫等が本日から加つた

明治3891日 神戸新聞

湊亭 今一日より元の松鶴が笑福亭の家元竹山人の名跡を継ぎて笑福亭竹山人と名乗りて乗込みたるを首として幻燈と新浄瑠璃の松尾龍及び笑福亭鶴助、光雀、桂團輔、小文、信濃家半玉、宇治の家茶好等にて蓋を開ける事としたる由

明治38912新愛知

圓遊一座 京阪地方興行中なりし三遊亭圓遊、立花家橘之助の大一座は其後伊勢山田にて興行。非常の好人気なりしかば去九日座中一同両大神宮へお礼詣でをなし十一日同地打上げ直ちに四日市に乗込み今十二日より同地宇北町喜楽座にて花々しく興行する由。

明治38915日 京都日出新聞

幾代亭は本日より竹本長春が加はる筈又一円遊、残月、枝太郎の連中は本日より西陣座と懸持ち

明治38920日 新愛知

富本席 予既の如く三遊亭圓遊に万年新艘の仇名ある立花家橘之助、朝寝坊むらく、清国人華玉川等十三名の大一座なるが非常の人気にて時間が後(おく)るると木戸〆切に逢う程なり

明治38923日 新朝報(豊橋)

今日の行楽▲弥生座の先発隊一座▲豊橋座の富山一座▲東雲座の曙猿一座▲河原座の小竹寶車一座の浮れ節

明治38926日 新愛知

圓遊一座 富本席に興行中なる三遊亭圓遊一座は明二十七日限りにて打上げ二十八日より三日間岐阜今小町関本座にて興行し同座打上げ後は直ちに帰京する由

明治38927日 新愛知

富本席 来月一日より桂文楽、岸沢家吾妻太夫一座にて興行する由

明治38930 京都日出新聞

笑福亭は来月一日より現今の一座の外に子供浄瑠璃竹本光若(六歳)三味線竹本昇幸(十二歳)の二人が来る筈で、尚大切には今様落語六歌仙の墨付を出し大一座で演る筈

錦座の明一日からの連名は団寿、光芝、花円喬、国輔、円平、右、きみ子、小正一、芝楽、りう馬

右の内土橋亭りう馬は東京初下りで「義士銘々伝」の中を演じると尚大切には五題即席噺、一口問答、娘拳、女夫操(めおとく)り等を楽屋総出で演じるさうだ

明治38101日 京都日出新聞

幾代亭へは本日より過般米坡と共に歌舞伎座の演芸大会へ来た清国人李彩が加はる事となつたが其出演順番は芝平、新馬、枝助、燕太郎、枝雁、吾妻、文吾、残月、長春、枝太郎、李彩

笑福亭の本日より変る出番は団橘(六時三十五分)立花(同七時)真之助(同二十五分)福太郎(同四十分)都若(八時五分)芝楽(同二十五分)福丸(同四十分)春団治(九時五分)円弥(同二十五分)扇枝(同五十分)光若、昇幸(十時五分)文之助(同三十分)円太郎(同四十分)大切墨付

神戸に出てゐた白人芸妓ジネー、フエーゲンは其の娘ノラ、フエーゲンと共に本日から東京睦派の寄席へ出勤親は二上り新内娘は踊を見せるさうだ

例の花井お梅は来月より大阪三友派の寄席に出勤するそうだ

明治38101日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本日より舊一座の上に圓若改め三笑亭可楽、三代目桂文都、芝居噺桂文我、笑福亭小圓等が加わり、此外に鶴助、光雀は居残り笑福亭竹山人、松尾龍、軽口茶好、半玉は抜けてサッパリした好一座なりと。

明治38102日 神戸新聞

藤田席 今二十一日より俄にて開場する由一座の顔触は姫仁家大蝶を首として曽我の家小四郎、信濃家半才、鶴家團輔、東西亭南玉、粟亭小東玉、同萬壽、林家正六等なり

<編者註>林家正六は後の二代目立花家花橘(菱川一太郎)。この当時、師匠の正三から離れて、神戸で俄の一座に加入していた。

明治38105日 大阪朝日新聞

◇三友派の落語各席へ当地名残りとして此の頃中国筋を巡業し居たる米坡、小満之助、小伊勢、しめ子出勤し、石井ブラツクも一世一代として同各席へ出席に居れり。

◇桂派各席へも東京より小柳三、助六、門松、小春、小左鶴等来り加はる。

明治38106日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

◇堺卯の日座売却 當地宿院卯の日座は、先に会社の解散をなしたるが、劇場の全部を今回一萬百七十五円にて吉村佐吉氏は譲り受けたり。

明治381012日 新愛知

富本 昨十一日夜より東京娘音曲昔噺遊楽亭雷嬢一座にて開場せり

明治381014日 大阪朝日新聞

◇同派(三友派)出勤の米坡、小伊勢、小満之助の女道楽は十五日より第一此花、紅梅亭、賑江亭、第三此花の四席へ毎夜出勤する事となれり。

〈編者註〉米坡一座の女道楽は永楽館にも出席。十月末日まで勤め帰京した。

明治381014日 京都日出新聞

笑福亭では円太郎、文之助の発起で今明の土曜日曜は昼夜共教育滑稽談お伽噺を口演する事とした尚同席は明十五日より変更する出番の順は団橘(六時二十五分)真之助(同五十分)立花(同七時十分)福太郎(同三十分)都若(同五十分)芝楽(八時十分)光若、幸昇(同二十五分)円弥(同四十五分)扇枝(九時十分)福丸(同二十五分)春団治(同五十分)円太郎(十時同十五分)文之助(同三十五分)六歌仙墨塗(切)

明治381015 京都日出新聞

幾代亭の本日より変る出番順は芝平、新馬、枝助、燕太郎、枝雁、文吾、年枝、残月、長春、長勝、枝太郎、李彩

西陣座は第二福真亭の義太夫懸持ちはお廃止となり本日より幾代の李彩、枝太郎、文吾一座の懸持と変つた

錦座は土橋亭りう馬が得意の「お岩稲荷由来記」を口演する事となつた尚本夜より変る出番順は円寿(七時十分)花円喬(同三十五分)玉輔(八時)円平(同二十五分)喜美子、花助(同四十五分)右円(九時十分)小正一(同三十分)芝楽(十時)中入後りう馬(白浪五人男、お岩稲荷由来各一席)即席五題噺(大切)

明治381017日 山陽新報(岡山)

◇岡山市興行物 大雲寺町高砂座は川上一座新演劇。西中島町旭座は浮かれ節芝居。野田屋町柳川座は浮かれ節芝居。新西大寺大福座西洋奇術。天瀬広小路女剣舞等なり。

明治381022日 神戸新聞

<圓若改め三笑亭可楽襲名披露>

可楽の襲名披露 声を以って落語家の間に鳴る圓若は本年四月改名して五代目三笑亭可楽の後を継承し六代目となり大阪にては既にその披露をなしたるも當地にて未だその披露をなさゞるより今回の乗込みを幸い明二十三日明後二十四日の両日午後六時より舊裁判所前第一湊亭にてその披露をなす由にて同人の披露を賑わすべく當日出席する芸人の面々左の如し

笑福亭鶴瓶、同笑三、同圓松、同鶴松、桂團輔、同小文、同南枝、笑福亭福我、同福圓、同光雀、同小圓、花光亭鶴輔、三遊亭若遊三、三友亭紋弥、笑福亭松光、桂文我、同文都、同文團冶、金原亭馬生、曾呂利新左衛門、かる口花咲、がん篤、豊竹数千賀、竹本若浪、同廣冶、橘家喬之助等なり

明治381025日 神戸新聞

六代目可楽の改名披露会 一昨夜湊亭にて開きたりし開場前より押し寄する客足引きも切れず忽ちにして満場の入りも占めたり圓若改め三笑亭可楽は新作の「虎渓三笑」を謡いその間に曾呂利新左衛門立って三笑(三面)の画を作せしが唄の終わりと画の作るとが同時なりしとて非常の喝采なりし

明治381028日 神戸又新日報

第一第二湊亭 来月一日より東京音曲三遊亭遊輔、桂米朝、常磐津の橘家喬之助、桂梅香等が加わり鶴助、光雀の二人は居座りなれば好一座なるべしという。

明治381029日 神戸又新日報

寶集家金之助 長らく大阪及び当地湊亭、藤田席等にありし同人は此程久々にて帰京せり

明治381031 京都日出新聞

錦座は来月一日より三遊亭円橘が一世一代として出演する筈で其出番順は円寿、文鏡、団輔、右円、喜美子、花助、円平、円丸、円子、小正一、花円喬、円橘

幾代亭は来月一日より千歳米坡が名残として出勤する事となつた

笑福亭の光若、昇幸及び桂家都若は本月限り抜け明一日より西国坊明学、桂文我、桂小団、が加はる筈で明晩より変る出番の順序は団橘、真之助、立花、小団、福太郎、芝楽、春団治、円太郎、福丸、扇枝、円弥、文我、文之助、明学

上方落語史料集成 明治38年(1905)六

明治38111 京都日出新聞

幾代亭へ本日よりブラツク、常盤津の小満之助、小伊勢等も出勤する筈で其出番順は芝平(六時)新馬(同二十五分)枝助(同五十分)燕太郎(七時十分)芝楽(同四十分) 枝雁(八時 分)枝太郎(同二十分)ブラツク(同五十五分)年枝(九時 十分)小伊 勢、小満之助(同四十五分)米坡(十時十分)文吾(同四十分)

明治38111日 神戸又新日報

<三遊亭遊輔>

◇三遊亭遊輔 ◆「強盗」と仇名される怖い顔の夫れだけ皮肉な通な落語を喋る三遊亭遊輔君、今晩から第一第二の湊亭にノッソリ出演する筈である。◆眼中文字あり。覇気のある遊輔君、娑婆ツ気の為に生まれたお江戸の仲間に敬遠主義をとられ、遂に阪地に下ってドン尻を据える事数年、相変わらずの根性ツ骨はコッテリの芸風に染まない。◆落語を聞けば小面が憎い程巧い遊輔君、京阪風に媚びず馴染まず訛らず江戸前で押し通す所、真に嬉しい男である。◆僕、関西に来てより演芸者として幾分敬意を払って逆らう者はこの強盗面なる遊輔君足下と俳優尾上卯三郎あるのみ。因って頼まれもせぬ昼提灯を持って欺道の通家に紹介する。

明治38111 神戸新聞

湊亭 新顔として三遊亭遊輔、笑福亭梅香、立花家喬之助、桂米朝加わり花光斎鶴助、笑福亭光雀が居残りとなりて今一日より引続き興行の筈

姫路船場旭館 姫路船場の定席旭館にては今一日より三友派音曲落語一座にて開演する筈なりと云う

明治38113日 新愛知

真砂座 東京落語遊楽亭雷嬢一座に竹本都子の子供義太夫を興行せり

明治38113日 新朝報(豊橋)

今日の行楽弥生座 佳文雀大友一座豊橋座 市川小紋冶一座東雲座 佳笑芳五郎一座河原座 吉川小竹一座の浮れ節東榮座 曙猿源之亟一座

明治38116日 神戸又新日報

熊内(くもち)の圓遊會 市内三宮町の貿易商相部十八なる人は葺合熊内に新築せる家屋落成披露として模擬圓遊會を昨日開催したるが余興には大黒座開演中の松旭斎天一の奇術あり中検芸妓平六以下十余名、舞妓要以下数名園内を斡旋し元町一丁目角丸鹿太郎なる人よりは鹿二頭を寄贈し尚湊亭の笑福亭鶴松、同福我を余興に加え中々の盛会なりき

明治381110日 京都日出新聞

幾代亭の千歳米坡、石井ブラツク、小伊勢、小満之助、及び定連一統は一昨日より西陣千本座へ懸持ち

明治381112日 大阪朝日新聞

<松川家妻吉、三友派の席に出る>

◇堀江六人斬にて山梅楼主の為に両腕を切落され万死の中に一生を得たる芸妓津万吉事河内よねは、追々快方に赴きたるにぞ、両親及び医師の許を得て三友派落語の中に出席する事となり、来る十五日夜より松川家妻吉と改め、柳家枝女子改め松川家妻奴と共に賑江亭及び第一第三此花の三席に出勤し音曲を聞かすといふ。憐れならずや。

明治381112日 大阪朝日新聞

◇英国婦人ジネーノラー母子は一日より三友派各席へ出勤の筈なりしが、都合ありて延期となり、愈今日より第一第三此花及び永楽、賑江、紅梅の五座へ出勤する事となれり。

明治381113日 新朝報

今日の遊び場 東雲座 喜撰佳笑芳五郎一座東榮座 曙猿一座弥生座 太雀佳丈大友一座河原座 笹川東玉一座

明治381114日 新朝報

河原座 豊橋町河原座にては来る十六日より昔々亭桃太郎一座に新顔で柳亭京枝が加わりて興行する由なれば河童の評判大當りと乗込まぬ先きからの評判を記者がちょっと小提灯

明治381116日 大阪朝日新聞

<芸人の契約の実態>

◇ノーラ母子の悶着 既に記載せし如く、当市三友派各寄席へ去十二日より英国婦人ノーラ母子が出席し、連夜人気を集めてゐたが、突然十三日東京神田の寄席白梅亭事大宮きく其の他各寄席の総代と名乗りて高橋為五郎といふ者来阪したり。その故は、ノーラ母子は右大宮きくとは去る十月一日より一百日間の約定なるも、その十月及び十一月一日より一週間出席せしのみにて無断来阪し、三友派の各寄席に出席するこそ不都合にて、定約証の上よりも棄て置き難きゆゑ出演を拒むと云ふにあり。さて右の為五郎の知人と称して目下天満に住める高橋兼吉より、北堀江賑江亭其の他の寄席主へ右の趣を申込み、賑江亭並に此花館の主人なる藤原重助方へも談判を仕向け、かゝる演芸者を出席させるに際し東京の各寄席に一応の交渉もなきは不都合なり、又聞く所に拠れば藤原重助自身が出京してノーラ母子の後方に付て東京の寄席との定約を破らせて連れ帰りたりとの説あるは奇怪ならずやと詰りたり。併し藤原方にては従来多くの芸人を東京其の他の地方より迎へるため交渉せしことなし。尤も自分方にはノーラ母子との定約あれば、若し東京の定約云々によりて母子が出席出来ざる時は、自分方は又別にノーラ出席定約の上より示談をなすまでの事なれど、かゝる悶着付きの芸人ならば兎も角十四日の各寄席の出席はさすまじとの趣を答へ、尚一昨十四日神戸より連夜通うてゐるノーラ母子に向つて藤原が総代となりて聞き質したるとこる、ノーラ母子のいふには、尤も東京の出席は一百日七百五十円にて定約せしも、其の中には若し中途出席せざる場合は其の金額を返済するとの条文あり。最初東京方面より談し込みに来りし仲人は、自分母子を日々ホテルに止宿させ、出席には十分の待遇をなすの筈なりしが、定約を約(むす)びたる後の待遇ガラリと違ふより、三十日出席後は其の出席を断り神戸に帰らんとせしも更に許さず、種々示談の上無給金にて一週間十一月一日より勤め、再び金を戻して暇を取らんとせしも更に応ずる気色なかりき。尤も此の事に就ては東京の弁護士槙野充安氏に依頼せし結果なれば、前定約の金を槙野氏の手許に戻し、各寄席へ返金方を依頼して来阪せし次第なれば、この末彼等東京側の者が自分の此方の寄席に出席の事に対して拒むとも更に自分は受付けざるは勿論、たとひ其の代人が腕力に訴ふる如き事ありとも自分等母子は更に厭はず出席すべしと云ひ、尚当人より出席の各寄席部内の警察に保護願を出し居る由なるが、遠からず落着、再度出席する事になるべしといへり。

明治381119日 大阪朝日新聞

◇三友派各席に出演の筈なるノーラ親子は過日来休み居たるが、愈十八日の夜より前記各席へ出勤する事となれり。

明治381119 京都日出新聞

笑福亭では来る二十四、五の両日先般保険金の為に殺害されたる春之助の追悼演芸会を盛大に催すとか

錦座は昨夜より常陸坊遊学といふが初めて出勤して滑稽音曲話、一人剣術、角力内幕等を口演して居る尚大切には茶番を連名総出で勤めるさうだ

明治381120日 京都日出新聞

京都救済院慈善演芸会 今廿日午後五時より西陣上立売浄福寺東入岩神座に於て救済院慈善演芸会を開けるが入場券は白券金五十銭青券金三十銭赤券金二十銭にて演芸の番組は左の如し

一中節(指月)浄瑠璃(冠車)落語(錦馬)奇術(一徳)落語并に声色顔芸(立花)新内(馬井丞、富太夫)美術曲芸(福丸)浄瑠璃(正朝)奇術(花笑)落語并手踊(春団治)剱舞(高橋一誠、横川義雄、高田篤三)二輪加(万蝶、弥之助、都□、正鶴、歌若、喜代秀)浄瑠璃(熊谷武雄)同(金泉丑太郎、静間小次郎)奏楽(青年音楽隊)

明治381125日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本月は遊輔、喬之助等にて好評なりし湊亭の来月出演者は久し振りに英国人ブラック、三遊亭一圓遊、舞の東家璃喜松、凱旋軍人の橘家橘松という顔触れに決定したりという。

明治381128 京都日出新聞

<みぞろの露>

保険金を取らむといふ浮世の慾深き人手に罹り無惨にも菩薩ケ池の露と消へた文の家春之助の為に師匠なる桂文之助が催主となり橘家円太郎是が補助となり今明の両日笑福亭に於て追悼大演芸会を開き文之助は春之助惨殺の顛末を「みぞろの露」と題して両日とも口演する筈だが其出勤連名の順は円橘、真之助、立花、福太郎、春団治、春助、芝楽、円弥、扇枝、福丸、枝太郎、綱巴津、文我、琴書、小伊勢、小満之助、文之助、外国戻西洋運動一座、円太郎、福太郎、東玉、茶好、尾半 翌日は玉之助、きみ子、花助、市丸、新蝶、団五郎、新玉が加はり綱巴津、小伊勢、小満之助、東玉、茶好、尾半が抜ける

明治381130日 大阪朝日新聞

◇三友派各席へは来月一日より松川妻吉、三遊亭円平、小蝶改め豊後大掾、清国李彩出席す。

明治38121日 新愛知

富本席 今晩より諸芸大会を催す由

南駅座 本日より雷嬢一座の落語を興行する由

明治38121 京都日出新聞

幾代亭の本月は米坡が抜けてブラツクは大寅座と懸持ち小満之助、小伊勢も残つて尚ブラツクの息子ホスコといふのが凱旋して来てのお目通りに欧米大奇術を演ずる其外に枝太郎一連の落語パツクといふ新規なものをお聞きに入れるといふ事其本日より替る出番順は芝平(五時二十五分)新馬(同五十分)枝助(六時十五分)由之助(同四十分)燕太郎(七時五分)枝雁(同三十分)芝楽(同五十五分)文吾(八時二十分)年枝(同四十五分)ブラツク(九時十分)小満之助(同三十五分)小伊勢(十時)枝太郎外の落語パツク(同二十五分)ホスコ(切)

笑福亭は本日より落語研究会を催し穴を探したものには景品を出す事と決り座長は本日から加はる月亭円生で弁護人等を設ける筈尚大切には芝居立話を道具入りで演じる事となつた

元武栄館といふた座を今度京極館と改め竹本とめ、桂文之助等が補助となつて義太夫の定席にする事となり末広館の綱巴津等を招いて本日より開席其重もなる語り物は 先代萩御殿(光玉)壷坂(呂玉)躄十一(文之助)酒屋(綱巴津)曽我対面(カケ合)

明治38122日 大阪朝日新聞

<翁家さん馬、落語界から引退する>

◇久しく桂派に出勤せし翁家さん馬は落語界を退引して北区曾根崎松の橋のほとりに発句の寄せなどを為すとぞ。

〈編者註〉明治十三年に初めて来阪し、以後大阪に居住して東京の人情噺を話した。特に「左甚五郎」は出色だったといわれている。大正三年没。六十八歳。

明治38122日 大阪朝日新聞

<都家都若、桂小文吾と改名する>

◇堀江の都若は今度桂小文吾の名をつぎて桂派各席へ出勤す。

明治38126日 大阪朝日新聞

◇角座は目下の丸太乗を十八日限り打上げ、直ぐに同座に於て三友派落語家の忘年芝居を催す筈にて、昨今東京派落語家連中へ交渉中なるが、米坡、ブラツクの二名は既に承諾せりと。

〈編者註〉米坡は出演したが、ブラツクの出演はない。

明治381210日 神戸新聞

<日本亭○勝>

◇湊虎亭 日本亭○勝という縁起芽出たの一日より開場したるところ読み物の新しきと前受けの十分なのとにて人気を催し十二月には珍しき大入りを占めをれりこの○勝というはその以前西尾魯山の一派にて魯勝といいたる講談家なりしが日露戦争の初め魯勝は縁起よからぬ名なりとて急に日本亭○勝と改名し縁起を祝いたる奇人なりと。

明治381211日 新朝報

日曜日の遊び場河原座 昔々亭桃太郎一座の音曲落語

明治381212日 神戸又新日報

第一第二湊亭 師走月なるに好人気なる湊亭は一圓遊、遊輔の二人が落語家芝居の為に大阪角座へ乗込むに就き昨日限抜けたるが其穴へは桂松光、三遊亭小圓次の腕利きと身振り講談の桂残月の三名が加わりたると

明治381213日 大阪朝日新聞

<三友派落語家芝居・角座>

◇落語家芝居は「菅原」「落人」「布引滝」「明烏」「媼山姥」にて役割左の如し。

浦里(妻吉)、桜丸・お春(米朝)、莨屋源七(若遊三)、松王丸・梅の局(枝鶴)、杉王丸・御台所・若い者五助・太田十郎(松喬)、藤原時平・春藤玄蕃・呉葉局(小勝)、梅王丸・戸波・金貸源兵衛(花咲)、梅丸・武部源蔵(米団次)、金棒引・松波検校・こし元おかる(新左衛門)、金棒引・松王丸(文団次)、妻八重・春日や時次郎・白きく(紋弥)、女房千代・遣手かや・仕丁藤作(扇蝶)、女房千代・仕丁又五郎(一円遊)、百姓十作・山名や八郎兵衛(文都)、伜小太郎・娘小ざくら(福吉)、よだれくり・夜廻り新吉(福三)、下男三助・官女ゆかり(雁篤)、白太夫・腰元おうた・仕丁平次(文我)、鷺坂伴内・百姓(遊補)、遊女芦かの・平重盛・百姓(馬生)、早野勘平(可楽)、女房お辰・八重桐(米坡)。

〈編者註〉十二月十七日より二十五日まで。『近代歌舞伎年表 大阪篇』による外題と配役は以下の通り。

菅原伝授手習鑑 三幕

加茂堤の場

斎世君(中村福寿)、苅屋姫(中村福珍)、三好清貫(市川団作)、舎人桜丸(片岡三代松)、女房八重(中村福治)、仕丁(大ぜい)

吉田社車止の場

藤原時平(市川小勝)、舎人松王丸(市川枝鶴)、同梅王丸(片岡花咲)、同桜丸(市川米朝)、同杉王丸(片岡松喬)、金棒引左源次(実川新左衛門)、同右源次(市川文団治)、仕丁(大ぜい)

佐田村の場

父白太夫(市川文我)、松王丸(市川枝鶴)、梅王丸(片岡花咲)、桜丸(市川米団治)、女房千代(中村扇蝶)、同春(市川米朝)、同八重(中村紋弥)、百姓十作(嵐文都)

武部源蔵住家の場

御台錦前(片岡松喬)、菅秀才(市川喜美子)、松王丸(市川文団治)、春藤玄蕃(市川小勝)、武部源蔵(市川米団治)、女房千代(市川一円遊)、同戸浪(片岡花咲)、悴小太郎(片岡福吉)、よだれくり与太郎(中村福三)、下男三助(片岡鴈篤)、百姓畑作(嵐文都)、同麦九郎(市川文我)、同稲作(市川枝鶴)、同太郎兵衛(中村紋弥)、同徳左衛門(中村扇蝶)、同豊九郎(市川遊輔)、同定右衛門(片岡三代松)、同吉左衛門(実川新左衛門)、家来(大ぜい)、取まき(大ぜい) 

落人

早野勘平(実川叶(ママ)楽)、侍女おかる(実川新左衛門)、鷺坂伴内(市川遊輔)、取まき(中村紋弥)、同(市川米朝)、同(片岡花咲)、取まき(大ぜい)

源平布引滝 四段目 鳥羽離宮小桜責の場

平重盛(片岡馬生)、仕丁平次実は難波六郎(市川文我)、仕丁藤作実は上総五郎(中村扇蝶)、仕丁又五郎実は越中次郎(市川一円遊)、紅葉の局(中村紋弥)、呉葉の局(市川小勝)、楠木の局(市川団作)、桜の局(中村福治)、娘小桜(片岡福吉)、松波検校実は多田蔵人行綱(実川新左衛門)、取まき(大ぜい)

明烏夢泡雪 山名屋座敷の場 同奥庭雪責の場

春日屋時次郎(中村紋弥・実川若遊三)、山名屋浦里(沢村妻吉)、禿みどり(市川喜美子)、山名屋四郎兵衛(嵐文都)、女房お辰(千歳米坡)、新造蘆かの(片岡馬生)、同亀里(片岡三代松)、仲居およし(中村福治)、金貸銀兵衛(片岡花咲)、手代伝六(市川団作)、若イ者五助(片岡松喬)、夜回り新吉(中村福三)、遣手おかや(中村扇蝶)、若イ者(大ぜい)、清元太夫(可楽太夫)、三味線(小勝)、上調子(米朝)

嫗山姥廓話 兼冬館八重桐廓噺の場

沢瀉姫(中村福治)、莨屋源七実は坂田蔵人(中村紋弥)、太田十郎(片岡松喬)、侍女白ぎく(千歳米若)、腰元おうた(市川文我)、同春風(片岡三代松)、同更科(中村福珍)、同秋篠(市川団作)、萩の屋八重桐(千歳米坡)、腰元(大ぜい)、取まき(大ぜい)

値段付 特等一名敷物火鉢茶番付共金一円十五銭 一等同金八十五銭 二等一名金六十銭 三等同金四十銭 四等同金三十銭 五等同金十銭 外に敷物下足料二銭。

明治381216日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席は同派演劇興行中左の面々補充として出勤する事となれり。英国人シヤーマン、米国人フアーロン、三遊亭小遊三、三升家勝六、坂田千曲(記憶術)、西国坊明学。

明治381219 京都日出新聞

幾代亭は来る二十一日より桂文三一座と交代する筈で其出番順は左の如し尚一座は堀川菊の家と懸持ちする筈

扇之助、小文吾、雀之助、小文三、三助、余興(三助、小文三、雀之助)枝雀、円三郎、文三

幾代亭の定連は既記の如く二十一日より西陣千本座で落語家芝居を催す筈だが其芸題は前「菅原」の車場、中「忠臣蔵」七段目、切「千本桜」道行の三幕で其役割は松王丸、斧九太夫(枝雁)梅王丸、おかる、忠信(燕太郎)桜丸、寺岡平右衛門、静御前(枝太郎)□□、仲居(枝助)金棒引、伴内、堤藤太(芝楽)金棒引、矢間重太郎(由之助)時平公、大星由良之助(文吾)大星力弥(琴海)千崎弥五郎(新馬)竹森貴多八(枝二郎)亭主(年枝)

尚右芝居の幕間にはブラツクの人情話、ホスコの奇術、小伊勢の常磐津等を演じる由

明治381220 香川新報(高松)

◇翁座 多度津町の同座は二十三日より渡部松菊斎、竹本源八(十一歳)其他三馬、三升等の連中にて噺、音曲、浄瑠璃、剣舞などにて蓋を開けるという。

明治381221日 大阪朝日新聞

<落語家芝居実見記>

◇落語家劇 角座にて開演中なる三友派落語家芝居は初日以来可なりの入ありて相応に繁昌せるは一奇なり。只何れも真物の俳優に為り過ぎて少しも落語家劇(しばい)らしき所なきを遺憾とす。中に異彩を放ちたるは三遊亭遊輔の伴内なり。何処までも人を馬鹿にしたる演り方、真面目らしき処に滑稽あり、後向の見えなど大に渋かりき。落語家式の成功者を遊輔とすれば俳優式の成功者は紋弥なるべし。女房八重の芝雀張なる品と云ひ形と云ひ、三流以下の役者にては及び易かるまじ。時次郎は延二郎式、煙草屋源七は霞仙型、何れも非常の上出来、器用といふべし、達者といふべし。曽呂利新左衛門のおかるは軽くおかしく、文団治の松王丸は重く大きく、米団次の源蔵渋く甘く、枝鶴の賀の松王は白くおどけ、文我のお歌は赤く洒落れて、何れも名々の特色を見せたり。松川家妻吉の浦里は可憐に形好く、然も無限の情愛を見せたるは不思議なり。彼れが近き悲惨の歴史を知る者は、彼が「御見物の御厚情を拝むことも出来ぬ」不幸に泣かざるはあらざらん。米坡が例の漢語交りの口上に「諸君」へ訴へる涙の声には多くの見物皆涙を流したり。彼女が雪責の間、時次郎の情緒のいかにも濃く深きを見るに付けて、彼女の身の上に同情せざる見物は無かりき。米坡の萩の家八重桐は結構なり。真物なり花道よりの出、紙子模様の衣装に例の菅笠、見るからが傾城の果なり。歌を聞く間の表情、それとなく良人を恨み怨ずる間の意気、近来溜飲の下る見物なり。其の他の連中代りまして代り栄のする出来なるは感ずべし、驚くべし、惘(あき)れべし、褒めて遣るべし。(一記者)

明治381221日 神戸新聞

旭館 姫路船場旭館は今二十一日より五日間大阪桂派落語桂文枝一座にて開演する由其顔触は前記文枝以下立花家千橘、桂梅喬、同文朝、笑福亭吾竹、桂文平、同文歌、同文屋等なりと

明治381224日 大阪朝日新聞

<三升紋弥>

◇紋弥の罪つくり 当代落語家中の人気男と囃され三友派で相応の幅利なる紋弥が、客月の下半月堺の天神席へ出番となり、毎夜寒さに首をすくめながら南海電車に運ばれて通ふ中、時々戻(もどり)の終電車に置去られ、詮方なさの嬉しさを外套の袖に押裹み、仲間には極内で同市竜神遊廓の東屋、深川などへ陥り込み、人知れぬ味を遣つて居たが、茲に同廓の芸妓中でも相当の流行妓にて、月の二十五日には雨が降つても風が吹いても必ず道明寺の天満宮へ参詣するより業名よりも綽名の道明寺で通る女あり。何うした縁でがな、此の紋弥を天神様よりも有難がり、同人の掛つてゐる席は菅原神社境内なるに、社殿の前は素通りして毎夜席の方へ参詣し、役者の声色よりも紋弥の顔色に現を抜かし、何うかして紋弥さんを自分一個の持物にしたいものだと、其の癖自分は数名以上の合名会社の持物なるに、勝手極まる量見を起し、頻に信心を通はす中、月が代つて本月より紋弥は堺の方が非番となり、随つて道明寺には顔を見せる折がなくなつたれど、十七日よりは角座の落語家劇に加はり、道明寺には縁の深い菅原のお八重で科を遣り、明烏と媼山姥で恋の意気事を見せる故、馴染甲斐に見物に来て下さいと態々手拭やら番付やらを持せて遣つたので、道明寺は相好を崩して打悦び、相変らず私の事を忘れて呉れはらない彼の人の心が嬉しいと、早紋弥の女房にでもなつた様な気で朋輩の誰れ彼れを唆かし、二三日前花々しく見物に出掛けた処、隣席に紋弥のお袋が来合はせ、傍の人に語つて居るを聞けば、紋弥は親より譲られた紋書きと云ふ立派な手職のあるに、芸事が好きで家業に身を入れぬ事、十八の歳即ち今より八年前に尼の士族よりお定と云へる一つ年長の女房を貰ひ、今年六歳になる女の児を生せたる事、其の女房は悧発者で且親に孝行なる事、それにも拘らず紋弥の放蕩はそれこそ豪いもんやで、未だに我が家に寝ることが少く、南にも北にも色女が沢山ある事など思ひの外なる全盛に、道明寺は呆れ、蛙に水の酒唖々々としても居られず、其様な勢ひでは到底も私の様な田舎芸妓には歯が合はぬと、芝居もソコ〳〵に打萎れて帰つたとは、何だか可愛さうな話なり。

明治381226日 大阪朝日新聞

◇桂派の文枝、文屋、千橘、文歌等は一昨日姫路の旭館へ乗り込み、打上げ後尼ケ崎に引返す筈。文三、枝雀、円三郎、小文三は京都幾代席、南光一座は泉州地方へ出掛け年内を暮らす由。

明治381229日 大阪朝日新聞

◇桂派へは一月一日より清国人□現栄、張宝喜、宝山、李月山、菫桂空の手品と久々にて松井助十郎が出勤す。

明治381229日 神戸又新日報

第一第二湊亭 来春一月の揚げ物は久し振りの人情噺英国人ブラックと西洋手品ホスコ以下残月、小圓次、福圓、福我、南枝、團輔、光雀、鶴松、圓松、笑三、鶴瓶、小文等にて清元喬之助女と凱旋軍人と肩書付の橘三郎も加わるという。

 

 

参考資料】

<桂派矯風会(明治38年)>

115日  林家席 出演者:三五郎、枝雀、南光、文三、文左衛門、円馬、文枝。余興円三郎、千橘、三好。

212日  金沢席 出演者:文屋、枝雀、文三、文枝、円馬、南光、文左衛門。余興「天人の羽衣」円三郎、左円太、千橘、三好。

312日  瓢 亭 出演者:三五郎、枝雀、南光、文三、文左衛門、円馬、文枝。余興「廓の花(五人廻し)」円三郎他七名。

49日   林家席 出演者:小文三、三五郎、南光、文枝、枝雀、文左衛門、円馬、文三。余興「戦勝踊」円三郎、千橘、文屋、文平、小南。

514日  幾代亭 出演者:文屋、枝雀、文三、文枝、文左衛門、円馬、南光。余興「勧進帳」三好、福助、小文三、雀三郎、小南、雀之助、文屋等。

611日  金沢席 出演者:文屋、枝鶴、邑井貞吉、文三、文左衛門、円馬、文枝。余興「傀儡師」千橘、三好等。

917日  瓢 亭 出演者:雀三郎、文屋、枝雀、文楽、文左衛門、円馬、文三。余興「二人袴」小文三、雀之助、三輔。

108日  幾代亭 番 組:めうが宿(雀の助)、兵庫船(文屋)、風の神送り(枝雀)、景清(文三)、桃太郎声色(助六)、余興(門松・小はる・小つま)、慾の世界(文左衛門)、安中草三郎(円馬)、千両役者(文枝)。

1112日 林家席 番 組:竹馬の旅行(扇之助)、旧学者(三五郎)、出代り下女(三助)、無物買(枝雀)、狐車(文枝)、余興浄瑠璃(文子八)・剱舞(延太郎)、当素袍(文左衛門)、安中草三郎(円馬)、猿後家(文三)。

1210日 金沢亭 出演者:文屋、枝雀、文三、南光、文左衛門、円馬、文枝。余興時太郎(義太夫)、小文三、雀之助、三助(喜劇)。

<三友派日曜会(明治38年)>

115日  第一此花館 出演者:松喬、殘月、梅香、馬生、竹山人、小満之助、円子、遊輔、新左衛門等。

219日  永楽館   出演者:松喬、小勝、残月、枝鶴、一円遊、遊輔、馬生。余興曲独楽・松井源水。

319日  紅梅亭   出演者:小勝、遊輔、枝鶴、馬生、三福、新左衛門。余興忠臣蔵五六段目茶番。

423日  第三此花館 番 組:須磨の蛸瓶(鶴之助)、歌人も居ながら(頓助)、ちりとてちん(松喬)、花見時(枝鶴)、富家致富噺(残月)、按摩演劇(松光)、強欲は無欲(馬生)、四神剱(可楽)、青物料理噂の献立(遊輔)、余興踊り「夢の淀川」竹山人、福三、松喬、新左衛門等。

514日  紅梅亭   出演者:福三、若遊三、枝鶴、紋弥、残月、遊輔。余興渡辺松菊斎の新浄瑠璃広瀬中佐、茶好、半玉の茶番。

611日  永楽館   出演者:福寿、新作、松喬、枝鶴、馬生、遊輔。余興常磐津(一円遊)、清国奇術(李彩)、新浄瑠璃(松菊斎)等。

1015日  紅梅亭    出演者:松喬、米朝、枝鶴、馬生、米団治、小勝、遊輔。余興男女合併の芸尽し・千歳米坡、常磐津小伊勢、小満之助、花咲、若遊三、紋弥、一円遊、可楽、扇蝶等。

プロフィール

丸屋竹山人