明治39年

上方落語史料集成 明治39年(1906)一

明治381231日 大阪毎日新聞

<新年の落語席と出演者一覧>

【桂派】

❍淡路町幾代亭  歌太郎、梅橋、福助、文歌、雀之助、三五郎、文太郎、南光、小文吾、文屋、小文三、鄭現栄張来喜董桂空、後八、金房君金房千代、雀三郎、助十郎、円馬、千橘、文枝。

❍法善寺金沢席 文蝶、三若、文屋、雀三郎、文平、千橘、小文吾、小文三、娘剣舞、梅橋、三五郎、助十郎、文歌、円馬、文左衛門、枝雀、及宝山李月山董桂空

❍新町瓢亭  正之助、後八、小文橋、梅三、福助、文平、千橘、円馬、文太郎、娘剣舞、文枝、助十郎、南光、円三郎、文屋、小文吾、枝雀、鄭現栄張来喜及宝山李月山董桂空

❍天満社内林家亭  扇之助、三五郎、文太郎、吾竹、円三郎、文歌、後八、文三、枝雀、小文吾、福助、千橘、鄭現栄張来喜董桂空、文枝、文平、娘剣舞、雀三郎、助十郎。

❍内安堂寺町養老館  延光、勝枝、文屋、雀三郎、福助、円三郎、吾竹、及宝山李月山董桂空、文平、梅橋、文三、小文三、三五郎、南光。

【浪花三友派】

❍第一此花館 団幸、福二、小円、竹山人、雁徳、花咲、米団治、米坡、米朝、若遊三、むらく、シヤーマン、フラーロン、福吉、馬生、妻吉、妻奴、遊輔、李彩、文団治、紋弥、曽呂利。

❍紅梅亭   団作、三代松、扇蝶、米朝、文団治、円弥、むらく、妻吉、妻奴、枝鶴、梅香、紋弥、遊輔、松光、李彩、曽呂利、米坡、雁徳、花咲、米団治、シヤーマン、フラーロン。

❍永楽館   若三郎、団勇、円平、米団治、一円遊、若遊三、小円、シヤーマン、フラーロン、文団治、米坡、福三、花助、喜美子、むらく、紋弥、枝鶴、妻吉、妻奴、遊輔、李彩。

❍賑江亭   鶴三、福寿、福三、枝鶴、遊輔、扇蝶、馬生、紋弥、曽呂利、妻吉、妻奴、円弥、李彩、雁徳、花咲、一円遊、米団治、若遊三、シヤーマン、フラーロン、松光、米坡。

❍第三此花館  福珍、新作、我楽、梅香、松喬、福三、福吉、李彩、花助、喜美子、一円遊、竹山人、妻吉、妻奴、枝鶴、米坡、シヤーマン、フラーロン、円弥、米朝、馬生   

【互楽派】

❍松島第一文芸館  桂三、藤若、新朝、円童、左円太、正楽、松竹、慶枝、扇橋、枝光、国輔、呂正、藤遊、三平、正三、花団治、藤誠

❍内本町第二文芸館 福之助、藤遊、呂正、正三、花団治、三平、藤誠、藤若、新朝、円童、左円太、正楽、松竹、慶枝、扇橋、枝光、国輔。

❍井戸辻赤沢亭   藤士、松竹、慶枝、扇橋、枝光、国輔、呂正、藤遊、三平、正三、花団治、藤誠、藤若、新朝、円童、左円太、正楽。

明治3911日 大阪朝日新聞

◇桂文枝の門人後八事長岡辰之助(二十七年)は久しく満州軍に従ひたるが、今度無事凱旋除隊となりしに付き、同派の各席へ出勤して満州土産の滑稽を演ずるといふ。

〈編者註〉三代目桂文枝門人。実父が軽口の鶴八で、後八と名乗った。のち二代目桂円枝となる。

明治3911 京都日報

演芸だより ▲笑福亭は小満之助、文我、文雀、小勝、円太郎一座の落語▲幾代亭は橘枝、文都、枝太郎一座の落語▲錦座は三笑亭可楽一座の落語

明治3911日 新愛知

初春の興行案内▲富本 昔々亭桃太郎の落語▲御園座 大坂歌舞伎青年俳優尾上楽之助、嵐吉松郎、市川福升一座▲歌舞伎座 中京成美團一座に大坂新劇俳優喜多村緑郎を上置として外数名の新手を差加えて開場▲末廣座 大坂俳優市川市蔵外若手三四名と市川荒五郎、嵐若橘一座を加える▲音羽座 座付俳優の外女優北川千代子及び牛川竜雄等を差加えて開場▲新守座 浮れ節改良芝居尾上團十郎一座 ▲千歳座 新演劇大合同一座 ▲寶生座 女形俳優中村かほる及び嵐璃香を差し加える▲京枡座 女俳優大川春吉一座▲相生座 女優市川豊吉一座にて▲新栄座 吉川虎丸一座の浮れ節

明治3911日 新朝報(豊橋)

◇豊橋の一月興行 ▲東雲座 新俳優武智元良、荒木清等の大一座にて本日午後二時開場▲弥生座 新劇派一行にて本日午後二時より開場▲豊橋座 大坂俳優中村雀松女子供連市川繁子両座にて本日午後二時開場▲東栄座 鈴木源十郎一座の萬歳芝居にて本日開場▲河原座 竹本小綱、豊沢新八一座の娘義太夫にて本日開場

◇浜松の一月芝居 ▲歌舞伎座 大坂の名代俳優五代目中村雀右衛門、中村雀之助の兄弟をはじめ中村飛雀、片岡童子、嵐桂□、市川金車外若手の大一座にて本日三時開場▲浜松座 中村傳之助、市川鬼當、松本升之助、市川紅十郎、実川小延三の一座にて本日開場

明治3911日 山陽新報(岡山)

○岡山興行物 岡山市の初春興行として本日より蓋を開けたる各劇場及び寄席と其演芸を挙(あぐ)れば、△大雲寺高砂座は市川□十郎、嵐橘三郎等の一座の歌舞伎演劇にて△西中島町旭座は歌舞伎演劇△野田屋町柳座は歌舞伎演劇△西中山下千歳座は照葉狂言△新西大寺町大福座は活動写真△榮町九重館は浮れ節△西大寺亀楽席は浮れ節△天瀬巴玉座跡地は西洋奇術

明治3911日 香川新報(高松)

◇興行案内 ●玉藻座 同座は実川延童、嵐雀之丞、片岡松十郎の一座にて本日開場●歌舞伎座 一時休業し居たる当市塩屋町歌舞伎座の浮れ節芝居は本日より再び開場 ●大黒座 丸亀市大黒座にては壮士俳優橘省左右一座にて先月三十日より開場せり

明治3912日 馬関毎日新聞(下関)

◇初興行 △弁天座 久振りにて桃中軒雲右衛門乗込み、今夜より一流の浪花節を聞かする由。△明治座 阪東藤六の歌舞伎芝居を矢張り本日より開演。△旭座 吉川屋辰丸一座の浮連節を引続き興行の由。

明治3914日 北国新聞(金沢)

◇新富座 今晩四日目の語り物。小寶三番叟(掛合)軽口五十三次(十八)義太夫(鶴子)新講談(花柳)新内浮世節(小蝶)落語音曲噺(里鶴)新内さい〳〵節(若登司)落語芝居噺(松鶴)落語十五枚扇手踊(三輔)落語人情噺(馬之助)

<編者註>松鶴は、二代目木鶴(岡田文里)。里鶴は後小松鶴から三代目文里、福来となる木鶴の息子。三輔は後の初代ざこば(小倉幸次郎)で一月から四月迄大阪を離れていた。この興行は一月十六日迄。

明治3916日 新朝報

河原座の祝 豊橋町河原座にては一昨夜興行を休み軍艦の梯に露助の首を吊下げたる作物の山車を曳出し開演中の源氏節岡本美根登一座の別嬪が片袖脱いで、紅にの襦袢の袖を翻し日本勝つた露西亜負けたと威勢よく唄いつれて市中を曳回れり

明治39113 京都日出新聞

<文之助と善哉>

善哉通 笑福亭に出勤する桂文之助は大の甘党にて殊に善哉餅と来ては眼も鼻もなく上戸が酒の臭ひを嗅いでも咽喉が鳴ると同様、雑穀屋の表に小豆を見ても早や腹の虫が承知をせぬといふ程にて既に善哉餅通の評判仲間に高し△さる程に凡そ市内至る所の善哉餅屋といへば一度暖簾を潜らぬといふ事なく世に茶かぶきといふ事あれば一番闘善哉とでもいふべき会合をして五六軒より取寄せ其味ひに因て家を当てる会を催さんと落語家仲間を説き廻りし事もありとかや△然るに此程祇甲車道に元有名なりし明ぼのの再興さるゝに当り例の小西大東より招待を受けて下戸の一人として、当日罷出でたるがそれに臨むに当り仲間内に一の契約を結びたり△元来明ぼのゝ善哉に四種あり春を夜桜夏をすゞみ秋を時雨冬を櫓として意匠を大いに凝らしあると聞き未だ喰はぬ先きから其名に因て如何なるものか当て若し当らば一座より文之助に堪能する迄善哉を馳走し若し当らぬ時は一座に正宗を振舞ふといふ上戸下戸の賭△夜桜、納涼、時雨は大略鑑定はつきたり櫓といふが稍々考へつかぬも凡そ是れと推して赴きしに主人若狭屋元茂の稍だけは未だ考案つかずされば今日差上げる訳には行かずと聞いて文之助善哉の喰飽きをしやると思つた一番難しいのが一つ減つてはと大いに落胆せしが此の為め一時賭は中止となり右の櫓を問題として更に近日其当ツコをする予定なりとか

大虎座の粟亭東玉門人東米は今回三代目粟亭東ン貴を襲名する事となり昨今両日其改名披露を催し特に「一の谷」の須磨の浦を出せしが其役割は東玉の熊谷、馬鹿八の玉織姫、正玉の平山に東ン貴は敦盛を勤め居れり

明治39116日 神戸新聞

旭座 相生町の同座にて目下義勇活動写真を興行中なるが明十七日ごろより柴笛と剣舞とにて當地に人気ある東長次郎、娘義太夫竹本春千代、同竹本重吉、滑稽落語おどりの桂花太郎、日本手品の林家鶴之助、人情噺の三枡家三馬、曲引の笑福亭圓篤及び當年十一歳なれども語り物には巧みなる娘義太夫竹本源八、同重子、新浄瑠璃の元祖渡部松菊斎にて華々しく開場の由而して松菊斎の語物は日露戦争ものなり

明治39118日 新愛知

富本席 昔々亭桃太郎一座は昨晩より桂大和を差加えたる由

明治39118日 門司新報(北九州)

<凱旋座の誕生>

門司歌舞伎座の改名 前号記載大坂町の歌舞伎座は一昨日をもって凱旋座と改名し磯部松蔵氏主となりて命名式を挙げたりと言う。

明治39121日 大阪朝日新聞

◇桂派の落語家にて出征し居たる梅橋、後八、手遊の三人、無事凱旋したれば三人申合せ「お土産」として「満州踊」を演ずといふ。

明治39124日 新愛知

南駅座 明二十五日より昔々亭桃太郎、桂大和等の落語を興行する由

明治39125日 中国新聞(広島)

舊正月の興行物寿座 市川(はん)(にょ)、嵐佳笑、中村駒之助一座▲新地座 市川寿美蔵一座▲明神座 新演劇胡子座 身振新内▲八千代座 壮士俄▲鶴の席と柳座 三遊亭圓子一座

明治39126日 香川新報

当市の興行 ●玉藻座 既報の通り昨日より玉藻座は活動写真、屋島、歌舞伎の両座は舊俳優招き開演し新御坊内にては妖怪見世物の興行を始む或向の人々の遊ぶ時なれば相当に盛むなるべし●肥梅閣 当片原町天神社内の寄席は大阪林家正蔵一座にて本日開場の筈なるが滑稽講和談判(落語)美人の生埋(人情噺)百万圓の詐欺(新講談)電気応用引抜早替(怪談)等が呼物なりと●松寿館 当市田町の松寿館は本日より田町中新町辺の若者の演劇にて開場すと

明治39126日 門司新報

◇舊正月の興行 小倉における旧正月諸興行は左の如し△小倉船頭町常磐座 河崎一座の壮士演劇 △同市京町横丁育成座 山陽亭夢楽一座の講談

明治39128日 神戸新聞

神戸演芸會 愈々今二十八日午後五時より大黒座にて開會するよしその番組は既記の如くなるがその中にも中検、福原の演し物、林源次郎の狂言「三人片輪」は手に入ったもの又新浄瑠璃の元祖渡辺松菊斎の「軍隊廣瀬中佐、閉塞隊の段」鶴賀小美蝶とて當年四歳の少女が節廻し巧みに語りこなすものなどは以って呼びものとなすに足るものなりと云へり演しもの左の如し

軽口(大阪貴久團)舞松の名所(野崎せん子)剣舞小楠公(東長次郎)新内此糸胡蝶(福新倹ぬい子、玉次)・・・舞染手妻(林家鶴之助)・・・(後省略)

明治39129日 神戸新聞

旭座 松菊斎、長次郎等の一座はますます好人気の由なるが今晩(十日目)の出し物は左の如し

八陣(竹本八千代)音曲噺(桂花太郎)三十七年度東津太郎住家の段(竹本房七)日本手品吹雪の花傘(林家鶴之助)野崎(竹本源八)落語茶の湯(三枡家三馬)教育剣舞十種の内高山彦九郎(東長次郎)新内明烏夢の泡池(鶴賀呂光)今様あはり唄(當年四歳鶴賀小美蝶)霞ケ関花の黄昏ローゼン公使決滅の段(渡部松菊斎、石井菊弥)

<編者註>旭座は、類焼した相生町朝日座の跡地に立てられた寄席

明治39131日 大阪朝日新聞

◇三友派各席は明日より東京より三遊亭円右、万橘、円坊、劔舞師謹吾の四名が加はる事となり、松川家妻吉は京都新京極の三友、桂派両席に出勤すといふ。

明治3921日 新朝報

◇河原座の落語 豊橋停車場通りの寄席河原座は今一日より御馴染の落語家昔々亭桃太郎一座へ、初お目得の桂大和を差加え開場する由。

明治3921日 北国新聞

◇新冨座は豫記の如く落語大一座にて花々しく開演の由。

伊勢参宮神の賑い(文香)桜花の宴会(藤三)角力噺(文蝶)音曲噺(圓輔)遊山船(里鶴)味噌蔵吹替浄瑠璃(和歌之助)即席噺(松輔)赤垣源蔵伝(馬琴)稽古屋ステテコ扇の曲(三輔)芝居噺(松鶴)大切茶番仁輪加(総出)

<編者註>松輔(本名壇辻光蔵)は、後呂鶴から梅香となる。和歌の助(本名武藤雄二郎)はこの当時素人落語家で、後藤原年史(後圓笑)の弟子で年之助から二代目福圓となる。

明治3921 京都日出新聞

<京都笑福亭に妻吉出演>

興行界 ▲笑福亭の今一日よりの出番は 午後六時(団輔)六時二十五分(真之助)六時五十分(立花)七時五分(福太郎)七時四十分(芝楽)八時五分(文雀)八時二十分(春団治)八時四十分(扇枝)九時(小満之助)九時二十五分(文之助)九時三十五分(福丸)十時(小勝)十時二十分(妻吉)切(円太郎)▲同亭にては明二日午後五時より妻吉の為めの総見物ありと▲幾代亭の今一日よりの出番は 午後五時四十分(芝平)六時(枝助)六時二十分(新馬)六時四十分(福寿)七時(三八)七時二十分(小伊勢)七時四十分(燕太郎)八時(枝雁)八時二十五分(橘童)八時四十分(橘女)九時(年史)九時二十分(枝太郎)九時四十分(妻吉)十時(妻奴)十時二十分(文都)十時四十分(李彩)切(文吾)▲錦座へ今一日より出勤する顔触は 吾妻、可ン若、橘蔵、雪花、雪子、春輔、右内、若登司、枝三郎、雪嬢、砲兵、可楽

明治3923日 新愛知

演芸界▲富本席 小圓遊一座の落語は頗る良評の由。初日は同人が「成田小僧」を演ぜり否味(イヤミ)のなき演口、又当年八歳の小女文字八の義太夫は愛嬌ありて肩のこらぬが大受けなりと

<編者註>二月一日より興行。

明治3923 京都日出新聞

京都倶楽部の例会 河原町四条下る京都倶楽部にては本日午後七時より例会を開く筈にて其余興番組は 落語曲芸(桂新馬)滑稽戦談(凱旋亭三八)舞(桂燕太郎)落語児はかすがい(桂文都)常盤津乗合船(小伊勢)落語抜け雀(桂枝太郎)奇術(清国人李彩)

高座の妻吉 ◇昨年五月大阪堀江に六人斬の凶暴を演ぜられし其五人迄は毒手に罹りて悲惨なる最後を遂げたるが中に運強くも只独り松川家妻吉のみは九死の中より一生を得て存命したるも顔面に聊かの庇受けても尚玉子よ薬よとの騒ぎ廻る妙齢の女子にして、而かも憐れや両腕を斬落されたる彼の心中の悲しみや如何なるべき、寧(いつ)そ死したるがマシとは彼れが当時涙と共に人に語りしといふにあらずや◇日を経て彼れ妻吉落語家の群に入りて高座に現はれたりと聞きて、惟(おも)へらく世には不具者を看板にして己が懐中を肥さんと計る人鬼あり、妻吉若し其手に罹つて終生惨酷なる一生を送るにあらずやと◇然るに妻吉が両腕を失ひたる将来を如何にすべきやと憂慮する人あり、大いに計つて暫時の憂目を忍び高座に現はれ四方の慈善家諸氏の同情心に訴へて基本金を作り、それにて山梅の跡を譲り受けて貸座敷を営むか、但しは風呂屋の株を買取りて一生を安楽に送らさんと妻吉に勤め、先づ大阪にて第一代二の此花館、永楽館を始め三友派の各寄席に看板をあげたるなりと◇大阪を出でゝ是より神戸、名古屋、東京等の各地へ行きて慈善家の袖に縋るべき其始めとして当地に乗込み去る一日より幾代笑福の両席に看板をあげぬ、見れば一箇可憐の少女、本年十九なれ共一見十六七とよりは見えず、得意は舞なるも腕なければ詮なく、長唄を唄ふ三味線は妻奴といふ婦人弾けり、初日には両席共「鶴亀」なりき、其声大ならずと雖も美にして艶なり、終て小唄を唄ふに嫣然一笑媚を造るに吾が気のせいか何となく寂しげなり、笑ふて泣くとは此妻吉の身の上かと思へば吾が眼中に涙あり ◇嗚呼誰か双手を失ひし悲惨なる高座の妻吉を見るに忍ぶべき、されど此悲惨なる境界に呻吟するを憐れと思はゞ其将来に於ける計画に資する為入場料の二十銭を払ふも亦慈善家の本意なるべけれ(桔梗)

明治3924日 神戸又新日報

湊川席 舊湊川新開地湊川席のブラック一座は昨日より開会したりと

<編者註>湊川席は、湊川を埋め立てられて出来た新開地にあった仮小屋。後撤去される。

明治3926日 新朝報

◇豊川座の全焼 寶飯郡豊川町の劇場豊川座は、昨晩三時頃同座より発火して全焼せり。原因詳かならず目下取調中なりと。

◇河原座の落語 同座に於ける昔々亭桃太郎一座の落語は非常の好評にて毎夜大入なり。今晩の番組は 御祝儀(総連中)芝居囃指の影絵(扇之助)芋どろ棒物まね曲芸(ぽん太)雪天手踊曲芸(右喜松)野晒立物(小圓)音曲噺ステテコ(圓花)高尾太夫読切(大和)けいこや三府流行ぶし(桃太郎)大切御客様御好み演芸(大一座)

明治3929 台湾日日新報

桃川燕林一座 今度栄座より桃川燕林一座を聘し既に一昨日の便船にて渡台したれば本日を初日として台北座に於て興行する筈にて其顔触は主任月遊軒桃川燕林、同雀林、落語家として三遊亭笑朝、朝鮮演芸師姜鎮川、金元基等なるが此の姜鎮川は年齢二十二歳、身の丈二尺二寸、又金元基は五十二歳にて身の丈二尺といふ奇人にて就れも各国の語に通じ東京に於て頗る持囃されたる人物なりと扨今晩からの出し物は第一席かげ芝居(総連中)第二席滑稽落語(月遊亭雀林)第三席義士銘々伝(桃川燕林)第四席朝鮮奇術(姜鎮川)第五席滑稽落語諸芸物真似(三遊亭笑朝)第六席各国奇術、余興手踊(金元基、姜鎮川)第七席家庭新講談乳姉妹(桃川燕林)第八席余興喜劇景色入茶番(総連中)

明治39216日 新愛知

小圓遊一座 目下富本席に出演中の小圓遊は来る廿日より南駅座へ替る由

明治39219日 北国新聞

◇新富座の大阪落語若手一座は落語相撲と切の怪談が呼び物となり、毎夜の大入なる由

瘤弁慶(文香)音曲噺(圓輔)松坂踊(かる助)清元権八(小まん)百年目(松助)村井長庵(馬琴)子別れ(松鶴)角力取組(西の海藤三、魚の山里鶴)(鼻の山圓輔、目玉川和歌の助)(馬ヶ獄文香、大巾松助)呼出(破衣)行司(松鶴)

明治39226日 神戸新聞

松の家妻吉 堀江六人斬の被害者松の家妻吉は今回、湊亭に乗込む事となり来月一日より講座に現はるゝよし同人は清元を演ずるよしにて両手無ければ三味線を妻奴と云ふが弾くとの事一座は今の一座より五人抜け大阪より新顔が六人来る筈にてその重なるものは文團冶、芝鶴、米喬等なりと

明治39227日 大阪朝日新聞

◇落語桂派各席へ三月一日より東京の雷門助平、川上秋月、柳家紫朝の三人出演する筈。紫朝は富士松紫朝の二代目にて、同じ新内にても新機軸を出しをれりと。

明治39228日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席へ明日より東京の柳家小三、小三治、小やな、小万、常磐津小伊勢、小満之助、米国婦人ジネー及びノラの両人が出席す。

◇互楽派各席へは東京より知遊、華嬢、小源水、長治郎、ハンステー等の曲芸が一日より出席する。

明治39228 京都日出新聞

○興行界 ▲幾代、笑福の両亭聯合にて本夜幾代亭に於て松川家妻吉の送別演芸会の催しあり曽我の家一座よりんの出席すると▲尚同亭の来月一日より替る顔振れは 千歳米坡、同米若、同色葉、橘家橘童、同橘女、清国人李彩、洋行戻曲独楽松井助十郎▲笑福亭は来月一日より小勝、小満之助、文雀、文之助、妻吉が抜け馬生、紋弥、円坊、右喬が加はる筈にて其出番順は 団橘(六時二十五分)真の助(同五十分)立花(七時十五分)福太郎(同三十分)芝楽(同五十分)福丸(八時五分)春団治(同三十分)右喬(同五十五分)扇枝(九時二十分)円太郎(同五十分)円坊(十時十分)紋弥(同三十分)馬生(切)

明治39228日 神戸新聞

湊川席 石井ブラック、松旭斎天光女、ホスコ等の一座の上へ明一日より桂文里、桂小文里の落語を加え正午より開場昼夜興行となすよし

上方落語史料集成 明治39年(1906)二

明治3931日 東京朝日新聞

英人ウオーターシャーマン、米人ヂヨセフファーロンの両名は大阪登り文之助、残月等と共に当地三遊派の圓遊、圓喬、小圓朝、圓蔵、三好、華玉川、金馬等の一座に加わり今一日夜より神田の川竹、両国の立花の両席に出勤すと。

明治3931日 新愛知

富本席 本日より路太夫が鳴門太夫と改名して出演

明治3931日 神戸新聞

湊虎亭 こと虎屋の席へは今日より東京にて有数の講談師松林右圓出演す。この右圓は前名松林圓鶴と云い読物の内侠客物を最も得意とし殊に国定忠治はその十八番とするものなりと。

明治3931日 香川新報(高松)

当市興行便 屋島座の上村源之丞一座は浄瑠理が聞きものなりとて押懸け、玉藻座の新昇梅暁鯉三郎一座、歌舞伎座の新劇もそれぞれ相当な客足ありと、肥梅閣は昨夜より改良うかれぶし浅川三八一座乗込み開場せり、田町松寿館は吉川秀廣、都亭小徳の二座合併にて本日開場

明治3933日 大阪朝日新聞

◇三友派の江戸堀第二此花館は久しく休業中なりしが、本日より桂派三友派大合併にて開場するとぞ。

明治3934日 神戸又新日報

湊亭の妻吉  今月は第一第二とも湊亭は爪も立たぬ大入である是は無論堀江六人切被害者の一人松川家妻吉の腕…イヤ両方とも切られてないといふのが抑ら同情を惹く原因でミシミシ詰めかけるのならば実に感心服々だが客の九分通りが気の毒と思ふよりは寧ろ珍し物好きでどんな女だか見てやろう的の見せ物と同一視するは情けない。それが証拠に二肢のない為め音声の唄ふ「浮世する人ア妾に定めな、末に手を切る世話がない」なる都々逸に満場大喝采とは血に冷やかない浮世の人達。髪は束髪白襟黒紋付に時計の金鎖を頸からダラリと下げ厚板は襦珍か茶ッぽい丸帯に緋鹿の子の帯上げして丸顔の愛ある口許も毒刄にふれて幾分美にかいたとか十九二十といふ真っ盛りをあたら花びら二片むしりとづたる哀れさ。流石に花柳者だけ万遍なく桟敷の隅々までも秋波を送り及ぼす辺如才なく絃の妻奴といふも二十三四、江戸っ子らしい言葉付きで容貌も醜からず撥(ばち)も鮮やか妻吉を助くること大方ならず文團治の前口上又哀れみを添へたそれ以上の芸評は多涙の僕評するに忍びすああ。

明治3937日 大阪朝日新聞

<柳家小さんの評判>

◇六人斬で名高くなつた松川屋妻吉は当時神戸の寄席へ出て居るが、その繁昌はすばらしいものだといふ。世の中は何が当るか知れぬものさ。大阪の寄席の聴客が極めて幼稚である事は「何々を遣つてや」などゝ黄い声で注文するので分る。妻吉や西洋人の片言交りを無上の見物聴物と喝采して、真の落語に耳を傾けるものが少ない。現に近頃三友派の各席へ出て居る柳家小さんの素話が少しも歓迎されぬので知れて居る。どうも嘆かはしい事ではないか。小さんが当代落語家中でまづ上手の評あるは云ふまでもない。それが何うです、小さんが出ると見物が浮足になる。

明治3939日 大阪朝日新聞

◇桂派出勤の東京下り富士松紫朝の新内及び互楽派各席出勤の東京下り三遊亭知遊の旗踊り等は何れも呼びものとなりて開場以来の好人気。

明治39311日 大阪朝日新聞

◇堀江で両腕を斬られた妻吉は近ごろ京都でも三座の寄席に出勤して多大の同情を得て一夜金二十金の纏頭を得るは珍らしくない。

明治39311日 新愛知

富本席 本日より「新内曲弾」笑福亭圓篤、「人情音曲噺」三升家さん馬、圓林、臥龍、福松、圓福、貞玉一座にて興行する由

明治39315日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席へ来る十五日より清国奇術者韓希魁、袁鳳章、韓小陽、袁有発の四人出席す

明治39315日 新愛知

富本席 明十六日より浪花三友派の滑稽音曲ばなし。彼の大坂堀江六人斬りの関係者妻吉も出席する由

明治39316 北国新聞

◇新冨座は本日より東京人情落語浮世節の三馬圓林一座にて花々しく開演の筈なり。

浄瑠璃(駒枝、駒鶴)新講談(圓林)曲引(圓篤)人情落語(三馬)

明治39316 新愛知

◇富本席 今晩六時より文都、扇蝶、松川家妻吉一座の開演

明治39320日 神戸又新日報

第一第二湊亭 妻吉、妻奴は去十五日限り抜けたるも文團次という大看板あると有村謹吾が珍妙な米山甚句の剣舞、枝鶴が愛嬌たつぷりの落語等にて相変らずの好人気なるが明日の大祭日には一座残らず十八番の出し物にてお賑かに御機嫌を伺うとの事なり。

明治39321日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

◇慈善演芸会 東北凶作地民救恤の為め堺婦人會主催の許に来る二十五日午後四時より宿院卯の日座に於いて慈善演芸會を催す筈なるが出演者は左の如し

三友派松馬の落語、桂派の文平の落語、福吉の踊、當道音楽會のブワイオリン、龍神廓芸妓の元禄踊(米蝶、百々菊、小菊、菊子、若駒、奴)、艶菊の三味、小三の歌、其他喜劇滑稽足芸、歌舞数番ある由

明治39321日 神戸又新日報

湊亭反対評 一昨夜第一湊亭を覗きしが唯遅かりし悔いは健脚自慢の笑三、むき玉子の如き南枝の顔を見ぬと嬉しかりしは鶴松が南枝より少し色黒く短き顔に長き「京名所」の可笑しみなり。髪の毛に欠点のない下戸の橘三郎が「地獄八景」江戸弁の上方落語面白し。圓松といふ是は亦茫々と生えた儘櫛も入れない頭髪で「粗忽長屋」ダレさせず畳み込んでサゲまでは有難し指の影絵は三府髄一なり。我子より肌の綺麗な灸の跡一つない團輔が「ちしゃ医者」は古風で罪のないもの。福我といふ顎の短い遠眼の利く人「花盗人」なる新派の落語若い人を喜ばせたり。親に似ぬ子は鬼ッ子ならで愛らしい小文はめっきり舌がほぐれて上達せり舞もよし。文團治の「住吉籠」何と言っても三友派の重鎮巧し軽し。有村謹吾の剣舞は飛んだ風変わりで珍なり。神戸に有数の美人たる喬之助の「喜仙」は清元に出来上がった喉だけ語るにつれて趣味津々たり浮世節大受け。切の枝鶴が歯の揃つた笑ひ顔を見たかりも用意ありて帰る。此評中人物の形容は正反対にして芸評はホンマなり嘘と思はば行って聞きねかしと申す。

明治39323日 神戸新聞

<アダリーの経歴>

アダリ-の西洋演芸 明石郡明石町米国戻りの軽業師アダリ-事松井しゅう(二十九)大阪北の新地にて芸妓を稼ぎ居る内加西郡北条町佐治源兵衛(三十四)に落籍され目下明石町の内仲の町に妾宅を構え手代一人下女一人を使いしきりに贅をつくし居れるがアダリ-は小神新派劇を一座しアダリ-西洋演芸という名の下に一派を組織しいよいよ来る二十五日より当地王西座に於いて開演することになり目下芸題並びに役割等の協議中なりしが当地より岡山を経て順次各地の興行につく都合なりと。十七歳の時醜業婦になって渡米し、二十二歳の頃に軽業師の修行をつんだという。

明治39325日 新愛知

<文長座開場>

文長座 大須門前前真福座の改称にして今回大修繕を加え来月上旬より大坂浄瑠璃にて開場

明治39328日 東京朝日新聞

大阪桂派の家元桂文枝は今回上京し新看板大谷新と一座して来月一日より神田の立花亭に出勤する由此一座へは大阪より帰京せる小さんが加わり外に秋月、助六、名古屋連中、金之助、しん橋、一蝶斎、馬楽も補助に入りて秋月は十題即席噺を演じ尚名古屋連の長唄は初手見せのヴアイオリン入りにて合奏を聴かせるという。

明治39328日 大阪朝日新聞

◇桂文枝は一箇月の約束にて東京柳派の各席へ出勤す。来月一日より桂派各席へ東京長唄の名手松永和風、同和三八、三味線松永鉄四郎、鉄二郎、鉄三の五名及び落語家都家歌六の一行出勤する筈なり。

明治39328日 神戸又新日報

第一第二湊亭 来月の掛けものは文團冶、枝鶴、有村謹吾が抜け例の松井源水の弟曲独楽松井助十郎及び桂文都の外目下大阪三友派に出勤喝采を博せる清国人吉慶堂李彩、立花家喬之助の実妹柳家小やなが出勤すべしと。李彩の手品は頗る斬新のもの又小やなは喬之助と二挺三味線にて陽気に御機嫌を伺う由なるが喬之助に似て大した美人なりとの噂あり。

凶作他義捐落語 第一第二湊亭出勤の落語家は来月三日の大祭日に東北凶作地へ義捐の目的にて昼席を興行し純益金の全部を義捐すべしと。

明治39330日 香川新報

玉藻の落語 去る廿六日より開演せし当市玉藻座の東京大阪合併の落語は小圓遊、遊輔等が例の江戸生っ粋の快弁にて渋味も甘味も苦味もある淡白の洒落に毎夜大入を締め居れりと

明治39330 京都日出新聞

幾代亭へ来月一日より出勤の顔触れは竹本長春、同長勝、三遊亭若遊三、橘家花円蔵、林家鶴之助、三遊亭右喬、桂春三郎、千歳米坡其他定連

明治39331 京都日出新聞

笑福亭へ明一日より既記の白人芸妓ジネー親子が出勤する他に吾妻家瑠喜松改末広家扇蝶、桂小文吾、満州亭帰朝の三人が加入し其出番順は左記の如くにて昼夜二回とも不残出席する筈、但時間割は夜の出勤時間なり 春月(六時三十分)[]橘(同五十分)立花(七時十分)帰朝(同二十分)福太郎(同四十分)芝楽(八時)小文吾(同二十分)福丸(同四十分)円坊(九時)円太郎(同二十分)春団治(同四十分)扇蝶(十時)扇枝(同二十分)ジネー、ノラ(切)

明治39331日 大阪朝日新聞

◇笑福亭福松の門人なりし福市と名乗る小供の三味引は、其後立花家橘之助の預かり弟子となりて東京に居たるが、其後橘童と改名し、実母橘如と共に今度帰阪して三友派各席へ出席す。

明治39331日 神戸新聞

湊亭 来月席は彼の手品師吉慶堂李彩、独楽曲松井助十郎、桂文都、柳家小やな、立花家喬之助等にて文雀が居据りとなるとのことなり。

明治3941日 北国新聞

◇新富座 三馬一座の落語は昨日にて千秋楽を告げ、本日より引続き曲亭馬琴一座の落語人情噺にて開演の筈。

<編者註>四月十四日迄興行

明治3942日 大阪朝日新聞

◇東京初下りの春錦亭桜枝、同柳桜の両人及び東長次郎は昨夜より互楽派各席へ出勤。

明治39411日 新朝報(豊橋)

◇浜松の興行物 ▲勝開亭は、橘之助の浮れ節興行なり。

明治39415 京都日出新聞

興行界 ▲笑福亭の今晩より替る出番順は 春月(六時)団橘(七時)帰朝(同二十分)立花(同四十分)福太郎(同五十五分)芝楽(八時十五分)小文吾(同三十五分)福丸(同五十分)春団治(九時十分)円坊(同三十分)扇枝(同五十分)ノラー、ジネー(十時五分)扇蝶(同二十五分)円太郎(同五十分)▲幾代亭へは本日よりは曽呂利新左衛門が出席する筈にて替りし出番順は 芝平(六時三十分)三八(同五十分)新馬(七時五分)春三郎(同二十分)枝雁(同三十五分)燕太郎(同五十五分)年史(八時十五分)文吾(同三十五分)花円蔵(同五十五分)枝太郎(九時十五分)長春、長勝(同三十五分)若遊三(十時十五分)曽呂利(同三十五分)鶴之助(切) 

明治39422日 大阪朝日新聞付録

◇矢文(廿四) 桂文左衛門君 大阪落語界の白眉たる桂文左衛門君、君が半生の経歴は、君が落語の軽快にして面白きが如く、定めて趣味深きものあらん、落語席上に於ける君が得意の滑稽を弄して、読者の臍を覆へすべく、次の日曜紙上を賑せよ。

明治39424日 新愛知

富本席 来月一日より昔々亭桃太郎外大一座にて開演する由

明治39427日 中国新聞(広島)

◇石井ブラツク 中島集産場胡子座へは昨日から大阪の落語家として聞こえていた石井ブラック(英国人)の奇術、魔術、磁力術。招魂祭で開場している。久々の乗り込みで好評であろう。

明治39429日 大阪朝日新聞付録

<桂文左衛門の談話>

◇返し文(廿四) 桂文左衛門君

❍私の半生を申上る前に聊か桂派の略歴を申上げませう。先祖は摂州西成郡柴島村のもので、幼少の頃から堂島吹与へ奉公、性来話好きで、上手で、殊に滑稽話に長じて居りましたから、諸方へ引張られてお座敷で頻に素人話を遣つて居りました。それが段々本職になつて檀那寺の桂木山太融寺の桂の一字と、時は文治の年号であつたから其の文治を取つて桂文治と名乗りました。これが関西滑稽話の元祖、この人から道具、鳴物、見台を入れる事となりました。東京の桂派は元祖文治の娘かうと駆落した扇遊(江戸ツ児)が初代で、矢張桂文治でした。さて当方の文治が旗上した席は座摩で、時は寛政六年、今から百十年許り以前の事です。見台、鳴物、小道具の順を経て、大道具を入れたのは文化十酉の年で、旗上後十四五年目です。矢張座摩の席でしたが、此の時の出しものは百人坊子、鶴満寺、桜狩、唐茶屋、樋の立廻りなどでした。

❍江戸の滑稽話の元祖は可笑亭可楽で、元可楽は花楽であつたのを、一年旅稼ぎして、お前活花を承知かと問はれて、イエ知りませんと答へました。処が其れでは花楽では不可(いか)ない、可楽にせよと云はれまして改名したと、馬琴の燕石雑誌に見えて居ります。年代は当方と大差はありませんので、之が東西落語家本職の両元祖であります。尤も其の以前から噺と云ふものはあつたが銭を取りません。既に燕石雑誌などにも『元禄の頃伽羅屋小右衛門と云ふがあり、江戸横山町三丁目に住す。又鹿野武右衛門と云ふがあり、江戸長谷川町に住す。孰も滑稽洒落に長じ、大名其の他に出入す』云々。又『石井魯山と云ふ人あり、天明の頃落し噺に長ず』云々とありますので、ズツと以前からあつたものと見えます。 

❍さて初代は新堀町南側に住居し、文化十二年十二月、勢州四日市出稼中に死ました。二代目は長男文吉、此時は初代市川小団治の親八百勝と云ふが仕打手代をして居ました。三代目は二代目の弟子文鳩の弟子九鳥が継ぎました。之には種々異論があつたが、此時既に笑福亭派が出来て旗色が好かつたので、資格などを論じて居る場合ではないと三代目を継がせました。その際生瀬、錺徳等の周旋で住吉街道岸の姫松に初代文治の石碑を設立しました。三代の弟子慶枝が四代目となり、五代目は故あつて生瀬連が預りとなりましたので、其は初代文枝は思ふ仔細あつて五代目を継がず、私も文左衛門となつて今日に至りましたので、三代目文枝を小文枝に継がして文治の名は其の侭になつて居るやうな次第であります。

❍私は紀州粉河の産で、本名は渡辺儀助と云ひ、父は平兵衛、母はやす、宅は農業兼古手商で、十一歳の時堺甲斐の町六丁目の伯父和泉屋半兵衛方へ食客を致しました。当時伯父は大寺西門の「たまき」と云ふ席へ金銭其の他の周旋をして懇意になつて居りましたので、私も好い気になつて毎夜無料で聴きに参りました。其の頃大阪から堺へ通ふた名人と云ふのは笑福亭梅花、立川三玉斎、三代目吾竹等で、初代文枝は参りませんでした。併し私は奈何(どう)云ふものか文枝師匠を好いて居て、大阪へ出ると必ず聴く事にして居ました。足掛三年の間伯父の許に居て、十三の年の正月、有名の乾鰯問屋泉長(只今の大寺煎餅本家の所)方へ奉公に参りました。併し段々家法を聞くと、一人前になるには十五年も掛ると申すので、ソンな気長い事は適はぬと思ひまして、伯父に相談すると、生意気な事を言はずと辛抱しろと一言の下に跳ね付けられ、拠なく暇を出されるやうに仕向けて居りますと、一年許りにしてどうやら望み通りに出されました。(つゞく)

明治39429日 大阪朝日新聞

◇桂派の各席へ五月一日より東京より柳川一蝶斎、春蝶、春風亭柳仙、桂三助が来り加はる。

明治39429 京都日出新聞

笑福亭の来月一日より替る連名は桂米朝、橘家円弥、有村謹吾、竹本三吉、同三八(少女浄瑠璃にて三吉五歳、三八十歳なり)任来興、任在文(清国奇術師)

明治39430 京都日出新聞

幾代亭へは明一日より松永和楓が加はり其出番順は芝平、三八、新馬、桜枝、春三郎、枝雁、燕太郎、年史、文吾、柳桜、長春、長勝、助十郎、曽呂利、和楓(和三八、鉄四郎、鉄二郎)枝太郎、シヤーマン、フワーロン

明治39430日 大阪朝日新聞

◇三友派各席へ五月一日より東京新橋の芸妓にて此の程まで北の新地平田席に稼ぎ居りし小峰、小歌の両妓が出演し、従来の小満之助、小伊勢等に加入する由。其の他にも東京より柳亭燕枝、錦枝、立花家花橘、円坊、三遊亭花円蔵、円寿、柳寿斎等が加勢に馳せ加はり、お馴染の円子も久々にて帰阪出席する筈。

明治39430 神戸又新日報

第一第二湊亭 来月は予て好人気の桂文都文雀が今一月スケに居残り新顔として東京の音楽家なる都家歌六と一時元倹の花と呼ばれし英人拍子ツエーゲン、ジテーツエーゲンの母子が東京仕込の絃と踊を見せ清元喬之助は妹の小やなと共に二人高座例の如しとあれば来月は近頃になき見もの間きものなるべし

<編者註>神戸新聞によると、これ以外に豊竹春之助、團京が出演。

講談湊虎亭 舊湊橋湊虎亭にては本日より若手読みの小南陵改め旭堂南陵と西尾玉海にて昼席は探偵実話麻酔剤と金紋藤巴、夜講は本朝相撲総まくり朝鮮軍記下の巻清正再度の渡海を演ずるという。

三光亭の演芸會 市内舊湊川跡なる女義太夫席三光亭は昨日午後開席一周年の祝意を表するため数十名を招き演芸温習會を開き豊竹春之助、同栄之助、同梅昇其他の義太夫剣舞娘義太夫連の手踊数番ありしという。

上方落語史料集成 明治39年(1906)三

明治3951日 北国新聞

<金沢松ケ枝館開場>

◇新席松ヶ枝館 過般市内松ヶ枝町に寄席新築中なりしところ、今度愈々落成を告げたる由にて、近々中落語吹寄せ等の大一座を呼び下して花々しく舞台開きをなす筈なりしが、席は四五百人を容(い)れ得べく其の名は、多分梅ヶ枝館と命名るならんとの事。

<編者註>実際の開場は、六月三日。

◇新冨座の春の助一座の娘義太夫は昨夜にて千秋楽を告げたるが、今晩より引続き大阪桂派にて長らく大人気を博したる筑前琵琶の名人西国坊明学一座にて開演の筈なり。

◇小福座 技術曲芸(萬治)千両幟(小美住)猫の忠信(松助)狐火(圓篤)名物幾代餅(さん馬)

◇市姫座 明烏(小美住)即席落語(松助)阿古屋三曲(圓篤)七福神(さん馬)

明治3951日 新愛知

富本席 今晩より昔々亭桃太郎一座にて開演。桃太郎の外双蝶、柳叟、小圓太、一櫻、千之助、圓歌、桃子、長楽等なりと。尚新顔の出征軍人双蝶が出征中の実戦談をお聞きに達する由

明治3952日 北国新聞

<金沢市内の各寄席番組>

◇小福座 技芸曲芸(萬治)先代萩(當太夫)崇徳院(松助)三味線曲引(圓篤)染屋高尾(さん馬)

◇市姫座 稽古屋(松助)阿波鳴門(當太夫)三味線曲引(圓篤)親子結縁(さん馬)

・明治三十九年五月三日 北国新聞

◇小福座 技芸曲芸(萬治)宗吾子別れ(清十)住吉駕籠(松助)三味線曲引(圓篤)和歌三神(さん馬)

◇市姫座 宗吾子別れ(清十)即席噺手踊(松助)三味線曲引(圓篤)勘三郎三両残り(さん馬)

明治3954日 北国新聞

◇新富座の明学一座は初日以来好人気の由。各寄席今晩の番組は左の如し。

▲新冨座 東の旅並に音曲(明治)おとめ狐(正の助)寄合長屋(梅左)法眼(小明)小栗判官車並に十六人芸(明学)大切掛合立噺(総出)

明治3955日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本月はなかなかに顔揃いなるより毎夜の大入なるが都家歌六の座り舞は軽妙にて評よくノラーは舞の筋よしと黒人側に褒められ母のジテーはブラツクの人情噺程上手にならねど三味線の音〆め狂う所など却って愛嬌あり。娘のノラーの方は気乗りがすると遠慮なく楽屋から唄い出すなどの滑稽あり。楽屋連を驚かす事なりと

明治3956日 大阪朝日新聞付録

<桂文左衛門の談話>

◇返し文(廿四) 桂文左衛門君(つゞき) 

❍其れから又戎町大通の泉与と云ふ綿問屋に入り込み、船へ品物を売込に往つては酒を飲み、聘(よ)んではお相手をし、とうとう酒を呑む事を覚えて大酒家となりましたので、之が今日の病気を起す基となりました。所が二年許り居る内、不幸にも其の家は分散となり、已むなく大阪へ出で堺筋の砂糖屋若徳へ奉公に参りました。十九の年まで居ると又不幸にも一家死に断えました。再び堺へ帰つて西港の繰綿業忠岡屋に二十五の春まで奉公しましたが、酒と噺との為に失敗(しくじ)りました。其の頃落語家など云ふものは小屋ものや乞食にも劣つて居る位に人から卑しまれて居りましたので、其れを隙があると遣り、夢中になつて居ましたものだから、遂に失敗(しくじ)つたのです。

❍忠岡屋を出されましてから、伯父の宅へも戻らず、馴染の大小路のペンコと云ふ上荷屋へ食客をして居ました。尤も其の頃は商売も大分慣れて居ましたから、外廻りも手伝ふといふ役に立つ食客的でした。其の中に素人噺が出来ましたので、其の連中に加はつて遣つて居りますと評判が宜しい、其れが伯父の耳に入つて大立腹、私の顔を見ると天秤棒を振廻して撲らうとする、宛(まる)で滅茶々々。すると天神大寺の席主壁卯(後に卯の日座主)さんが或る時私に「本職にお成りなさい、屹度成れますから」と勧められたので、到頭其の気になつて落語家に成る事に決心しました。  

❍併し大阪には馴染が多くて奈何にも不面目ですから、成るべく京都へ往つて遣らうと、壁宇さんから立川三光さんへ手紙を付けて貰ひ、三木助と云ふ名前で京都へ参りましたのが二十六の春、直に京極道場の千切屋へ出ました。その頃三木さんは座敷借をして居ましたので、私も其処へ同居致しました。当時の給金は昼三百に、夜六百、其の六百は飯代に引かれるから、昼の三百で湯銭、髪結銭、酒代、衣服料何から何まで弁ぜねばなりませんので其の苦しさは申しやうもない。

❍夫れから段々仕上げて入込から中座に直り、後には木屋町の三光師匠方へ同居する事になりましたが、相変らず宅では飯焚の役目、併し飯代と屋賃とは払はねばなりませぬので、師匠は奥の間川付の上等の間を使ひ、私と相弟子二人は表の間に住んで、矢張師匠と家賃は折半です。一体師匠は酷い人で、自分の噺に似寄つた噺は決してさせない。仮令(たとえ)ば師匠が怪談の噺をする日には決して前座に至る迄ドラは使はしませぬ。所が師匠は上手だが割合に評判が立たない。私の方が却て人気が立つて、其頃花形となつて居たものだから、師匠は徐々(そろそろ)私を憎み出しました。何かに就いて妨げた末、千切屋の婆さんに私と娘とが関係があると焚き付けたので、最(もう)居堪まらぬ事になり、師匠から天満の林家木鶴さんの席へ手紙を付けて貰ひまして大阪へ帰る事になりました。  

❍さて大阪へ着いて天満の林家へ訪ねて行きました処が、恰ど此の春から川喜派を離れて文枝師匠の派になつたのを三光師匠は知らずに手紙を付けて呉れましたので、是が私の僥倖となりました。元来私は文枝師匠を慕つて居たものだから、何かして師匠の席へ入ツて噺を学びたいと思つて居た矢先でしたから、早速林家から文枝師匠へ頼んで席へ出して貰ひました。勿論定席へは出られない、端席許りで、加之(おまけ)に帰り新参といふ工合で、又前座から遣らねばなりません。それが二十九の年でした。併し端席に出て居ては師匠の話は聞けないので、時々楽屋を人に頼んで置いて聴きに廻りました。師匠は内平野町の神明を打つて阿弥陀池へ行かれる。私は昼は座摩に平座(へたば)つて太皷を打つて居らねばならぬが、夜分は師匠の俥を徒歩で追ひ廻して聞いて居りました。彼れ是れする中、其の年三月、三光師匠は京都で死にました。夫れから六箇月目になつて立川三朝といふ文枝師匠の手代から師匠へ話して貰ひ、初めて初代の弟子となりました。之が二十九歳の九月、文枝の文と三光の三の字を貰うて文三と命名しました。翌明治六年の一月、三十歳になつて初て法善寺の定席へ出ましたが、相変らず師匠が端席へ掛つた時は何はさて置いても繰合せて聞きに参りました。此の法善寺へ初めて出ました時の顔触は文枝、林家正三、桂梅丸、文昇、笑福亭鶴松が重なもので、其の他三四枚、私は三ツ目位に坐つて居ました。当時川喜派と云ふが桂派に対立して居りまして天満の八千代席、法善寺西門席、御池橋東詰川喜席等を根拠として居りました。此の派の重立つたものは大和屋梅枝、二代目松鶴、林家染丸等で、其の秋に幾代が定席に加はりました。その際幾代は平野町魚治の前にあつたのを今の淡路町の跡を買つて移転しましたので、当時私が思ひ切ツて真を打ちましたのが真打の初めでした。其れから法善寺と代る〴〵真を打ちましたので、此の頃の真打は半季代りになつて居りました。明治七年、初代は死にましたが、中々親切の人で、能く弟子を引立てました。其の後桂派の重立つた者は文団治、文都、曽呂利と私の四人位でした。  

❍其れから明治十四年、人々の勧めに由つて師匠の二代目を継ぎました。其の時譲られたのが黒塗の見台一脚(松菱に正の字)に祝膳一つ、夫れに桂派の系図一巻。明治十八年十二月になつて苦情が起り、三友派と二つに割れました。此の事情は皆様御承知の事ゆゑ略します。此の時法善寺の金沢亭を開きました。夫れから格別変りた事もなく、明治三十三年に住吉街道姫松の辺に桂塚を立てました。一昨年になつて小文枝に三代を譲り、私は文左衛門となりましたが、之は紀州の出で紀ノ国屋文左衛門に因んだので、別に深い因縁のある訳ではありません。  

❍明治前後には随分名人が出ましたが、私の知つた内では林家菊枝、都喜蝶、笑福亭梅香、上手としては初代松鶴、林家正造、木鶴、立川三玉斎、桂慶治、立川三光などで、中にも菊枝さんの噺は淡泊(あっさり)して無駄がなく、茶屋もの、芝居ものが十八番でした。梅香さんは噺に重みがあつて怪談噺がお得意、喜蝶さんは芝居噺でも茶屋ものでも何でも遣る、慶治さんも其通り何でもござれ、三光さんも其の通り、三玉斎は最初から真打をされたと云ふ、旅へ出たら此の位の人はあるまいと云ふ程でした。併し喜蝶の如き名人でも名古屋へ行けば何時も失敗ばかりして居ましたが、三玉斎は何処へ行つても受ける。また初代文枝ぐらゐ客を寄せた人も見た事はありません。何処へ行つても溢るゝ許り。定席の外は幾ら大入でも十日より打つたことはない。最後には成るべく客の来ない席を選んで看板を懸けたが、何時も大入で、其の為開けた席もありますが潰されたのもあります。今の幾代などは文枝師匠のお蔭で開けたので、以前は御霊内に奇麗な席があつた、夫れを師匠が懸られないので、彼是して居る中無断で他の看板を懸けた所から、師匠は立腹して成るべく近所で成るべく人の入らない席を探して看板を懸けろと云ふので幾代に懸けたのが今の幾代の基となつたのです。

❍初代の得意物は三十石、伊勢参り、百人坊子、鳥屋坊子、夫れに一般の根掘ものなどでした。元祖の頃は落語家もなか〳〵威張つたもので、幕府なども他の興行物と同一には取扱はない。其の証拠は、噺の席と云へば大概は許したものです。仮令(たとえ)ば稲荷、御霊、座摩は宮芝居と云つて、芝居小屋では許可が受けられないのを、噺しと云ふ名義にしました。、其の代り見廻り役人が来ると、芝居最中でも何でも幕を下してパチ〳〵と見台を叩いて居たものです。お客の方でも夫れを承知で何とも云はない。安政の頃非常に猥褻のものを読むやうになりまして、其の頃から落語家も大分不品行になり、自然人に卑しまれるやうになつたらしいです。併し名人上手など云ふ人は又一の見識を備へて居たもので、或時の事であります、菊枝が蔵屋敷の連中に招かれて北の新地の綿富へ行きました。話しを仕掛けると舞子や何かゞワイ〳〵喧しい。フイと立つて其の侭帰つて了つたと云ひます。どういふ訳かと肝煎連が使ひを遣つて聞いて見ますと、噺を聴かうと云ふなら神妙に聴かねば出来ませんと云つて、夫れ限り行かなんださうです。また四代目文治が能勢の妙見に参詣した戻り道で吉川の宿屋に泊つて居ると、下には大阪の客人が角力取の一人も連れて三四人の連中でワイ〳〵云うて居る。文治さんが二階に居る事を聴いて噺を所望して来た。宜しうござりますと云つて座敷へ出て噺を済まして帰つて寝る。翌朝になつて角力取が、甚だ少いが昨夜のお礼だと云つて一両包を出しました。勿論中は一両か何か分らぬ。すると文治さんが、関取之は失礼だが鼻紙料だと云つて一両を別に包んで出しました。角力取は下へ来て之を客に見せると一両の壥頭(ぽち)、客も喫驚(びっくり)して再び角力取を出し「只今のは間違ひました、失礼だがお取替を願ひます」と、更に別包と引替へて持つて行きましたさうで、之は一両包むのを二階からでも見て居たものと見えます。旅へ出て安売しては身の価値に係はるところから斯(か)やう気配つたものと思はれます。又林家正翁、之は林家の元祖で私共の幼少の頃まで生きて居た人、林家でも、立川でも近世の人でなか〳〵の名人でした。此の人が中村歌右衛門に招かれたので、宜しい参りませうと、羽織袴で供に提灯を持たせて歌右衛門方へ行き、一節の話をして、さて帰らうとすると、例に依つて此れは軽少だがと云つて紙包を出しました。すると正翁は大に怒つて「何をなさる、礼が欲しくて来たのではない、お前さんは、世間へ出るにも編笠を冠らなければ出られぬ身分だ、それで自然席へも来られぬと思つたから折角の招き、来て話して聴かしたのぢや、礼が欲しくて来たのぢやない、汚らはしい」と罵しつて立帰つたさうです。  

❍それで私は常に門人にも喧しく申します。落語の位置を高めて好い人に来て戴くやうにするには品行を正しく見識を持たねばならんと。其ゆゑ内規を造りまして、総て桂派に出席するものは其の内規を守らせる事に致して居ります。夫れから又近頃噺の口調が次第に変つて、唯ガヤ〳〵賑かにする事が流行して居ますが、之は一時の変態で、結局は芸が達者でなければ最後の勝利は得られぬぞと申聞かして居ります。其の意味から矯風会と云ふのを五六年前から設けて毎月一回宛遣つて居りますが、東京にも研究会と云ふものが出来て新聞社から必ず一人宛お出で下され、客員となつて遠慮なく批評をして下さるさうですから、此方(こちら)もさう云ふ風に願ひたいと思ひます。尚初代が三十石を質に入れた事や私の身の上に就ても申上たい事がありますが、余り長くなりますから此の辺で失礼を。(をはり)

 訂正 前号返し文中可笑亭は三笑亭、石井魯山は魯石、伽羅屋小右衛門鹿野武右衛門は左衛門、生瀬連の預りは初代文治の弟子生瀬の預りの誤り、また文治と云ふ名は年号より出たるにあらず、尚可楽の事を記したるは燕石雑誌にあらず。

明治3957日 中国新聞(広島)

一圓遊 昨日より中島勧商場鶴の席にて三遊亭一圓遊の落語でエエ替わり合います。

明治3958日 大阪朝日新聞

◇落語家の運動会 年中人を笑はせて至極暢気に見せ掛け居るれども当人達は借金の断りと客引の苦心等に随分生命を縮める故、偶には顔の皺伸しに行くも宜からうと、三友派の頭領連が発起にて一昨日同派の落語家を始め席主、囃子方其の他関係の男女合して百余名、午前十時難波発の南海列車にて堺へ赴き、水族館を一覧の上北浜公園地へ渡り、曽呂利とは関係浅からぬ丸屋の出店に陣取りてお手前ものゝ空騒ぎを遣るやら、折柄の干潟に下りて蛤を漁るやら、思ひ〳〵の遊興に自由行動を取りたるが、流石商売柄丈けに遊び方までが無邪気にて、其の一挙一動に他の遊山者をも笑はせたる由。

明治3958日 芸備日々新聞(広島)

八千代活動写真会 当地寿座において昨日より八千代活動写真会あり。同会はすでに世に定評あるもの其面白きとは言うだけ野暮なり。

明治39510日 北国新聞

◇新富座の明学一座は、本日より春の家小半、桂和歌之助、桂文香等の若手落語を差加え、一層景気を添えるべしとなり。

明治39512日 新愛知

富本席 目下興行中の昔々亭桃太郎一座に来る十六日より長唄松永和風一座を併せて興行する由

明治39512日 北国新聞

◇各寄席今晩の番組は ▲新富座 紀州飛脚(明治)子誉め音曲(文香)堀越村手踊(和歌の助)親子茶屋(正の助)狂乱浮世節(小まん)意見息子手踊(小明)源氏節芸廻し(明学) ▲市姫座 御祝儀(藤三)音曲噺(圓輔)滑稽掛合(両人)新内明烏(小蝶)臍の宿替(花園)曲芸奇術(土谷)八五郎坊主(里鶴)風刺新話(松助)芝居噺手踊(松鶴)三味線曲引(圓篤)大切怪談大道具 ▲小福座 御祝儀(藤三)当世音曲(圓輔)滑稽噺(両人)新内梅忠(小蝶)落語(花園)曲芸奇術(土谷)即席噺(松助)三味線曲引(圓篤)芝居噺手踊(松鶴)浪花夕涼(里鶴)嫉妬の駒(さん馬)大阪仁輪加(連中)

明治39515日 大阪朝日新聞

<竹山人(三代目笑福亭松鶴)の引退披露>

◇三友派にて二三の顔なる笑福亭竹山人は、此度退引するに決し、自分の高弟枝鶴に旧名を譲りて四代目松鶴と名乗らせる心算なりしも、枝鶴はまだ其の資格なしとて辞退したれば、後者は更に時機を待つ事とせり。偖竹山人は退引披露として来る十八日より五日間、第一此花、紅梅、第三此花、賑江、永楽の各席に於て同派の大寄を興行する由。

明治39516日 芸備日々新聞

目下当地に興行中のブラック一座は世評の如く中々面白く催眠術の上手なるもの、亦感嘆の外なけれども、しかも彼は矢張り芸人なりと云うの外何物をも見出すと能はず。彼は催眠術を施せる少年の感覚を失うに至るは彼の説明を待たずして観客のみとむる所なるに・・・後省略

明治39516 京都日出新聞

幾代亭に出勤せし松永和楓は昨日限りにて本日より都家歌六といふが東京より来る筈にて本日より替る出番順は 芝平、三八、新馬、桜枝、春三郎、枝雁、燕太郎、年史、柳枝、文吾、長春、長勝、歌六、助十郎、枝太郎、シヤーマン、フワーロン

明治39517 京都日出新聞

笑福亭は昨日より西陣座と懸持ちの筈にて又本日より替る出番順は 春月(六時五十分)団橘(七時十分)立花(同三十分)福太郎(同四十分)小文吾(八時十分)扇枝(同三十五分)有村(九時)円太郎(同二十五分)三八、三吉(同四十五分)春団治(十時五分)円弥(同二十五分)米朝(同五十分)任来興、任在文(同五十分)

明治39522日 神戸新聞

龍野揖玉(いぎょく)座 揖保郡龍野町揖玉座は二十日より木村猛夫一座の新演劇乗込み「三日月お六」を出したり。

明治39523日 大阪朝日新聞

<桂枝三郎、自殺する>

◇落語家の自殺 浮世を三文五厘に口では面白う暮らして居れど、内心は鬼に責めらるゝ落語家枝三郎の運命こそ果敢(はか)なけれ。桂派の若手中にては後来有望との噂ありし枝三郎といふ落語家ありしこと人々は知りたまふならん。この男は死んだ桂燕枝の長男にて本名を田中春吉といひ、年は二十七歳にて、籍は東区槍屋町十三番屋敷にあり。燕枝の死したる後は専ら文左衛門の指導を受けて芸道に身を委ねたるが、十九歳の時不図(ふと)酒の味を覚えしより、精神までも酔はされて、少くも一二升、多きは五六升を一時に傾くる事あり。文左衛門その他の同業も屡(しばしば)苦き意見を加へたるが聴き入れず、遂には人々に見放されて京都新京極幾代亭の主人金井丑松の袖に縋り、同人の世話を受け居たるが、兎角酒の為に品行修まらず、時には席より借り受けたる衣装までも飲みて姿を潜すことさへあり。

 一時は広島東廓へ流れ渡りて、朝寝坊と名乗り幇間を働きたることもあれど、原(もと)よりボロき話もなければ、再び京都へ舞ひ戻りて丑松に詫を入れ、相変らず幾代亭に勤め居たるが、本年二月同地錦座へ転(かわ)りて御機嫌を窺ひ居たれど、是も亦ボロきことなければ、更に丑松に詫を入れ、以来は断じて酒は飲むまじく、生れ変りたる気になりて出精すと誓ひ、枝三郎を春三郎と改めて幾代亭に出勤し、当分は身持も好く人々の賞められ者となり居たるが、当月十一日京都織物会社の祝宴に招かれ、湯呑に二三杯傾けたるが病付となり、再び酒の味を思ひ出して、衣装を飲む、帽子を飲む、居処も定まらず飲み歩き居たるを、兄弟子の枝太郎と丑松とが伴れ帰りて厳しく意見を加へたるが、善く〳〵身に染みしと見え、爾来(そののち)は宛(さなが)ら気鬱症の如くなりて、さめ〴〵と泣くことあり、其の状(さま)只ならず見えたれば、丑松は心配して二十日の夜より大津石川町の寄席ヒーロー舘へ出勤させる事とし、枝雀外一名を監督人としたるが、翌日午後二時旅館とせる同地丸屋町万屋の裏井戸へ身を投げて果敢(はか)なくなりぬ。人々驚き駆け付け引き揚げたれど、縡(こと)は切れたり。同人年こそ若けれ、人気こそなけれ、落語は劣らず、数の多きことは同業中にも併ぶものなきほどにて、最も得意なりしは「兵庫渡海鱶の魅入」「豊竹節右衛門」なりき。二十日の夜ヒーロー舘にて「兵庫渡海」を話したるが名残となりしぞ、憐れなる。

明治39531 京都日出新聞

興行界▲笑福亭は明一日より三八、三吉、米朝、任来興が抜け橘家家橘、桂文之助、伊東花楽加入 △出番順 春月(七時)団橘(同二十分)立花(同四十分)福太郎(同五十五分)小文吾(八時二十分)円弥(同四十分)花楽(九時五分)春団治(同三十分)扇枝(同五十分)有村(十時十分)家橘(同三十分)円太郎(同五十分)文之助(切)▲幾代亭へは来月一日より堀江六人斬のおあいが出勤する由

明治39531日 大阪毎日新聞

◇三友派は、六月一日より、春錦亭柳桜、花團治、トンボ。又今回本国へ帰るお名残として、英国人ジチー、ノラーの両人も出勤。桂派は、記憶術一柳斎柳一、同書記田中雷蔵、雷門小助六、春風亭柳昇等が出演する由。

明治39531日 神戸又新日報

<平野呑玉>

湊虎亭の呑玉 大阪三友派の頭領桂文團治の女婿なる講談師平野呑玉といふ男は根が看板書きにて芸人には珍しき美事の手蹟なる上多少教育もあるより三十七八年役には第十師団にめされて従軍し同師団中川少佐より賞状を得る、月中最後の凱旋に帰阪したるが明六月一日より旧湊川角湊虎亭において歩兵第三十九連隊の苦戦実況談「血染の連隊旗」その他を演じる。

<編者註>呑玉については、神戸新聞六月四日にも掲載。

▲平野呑玉 湊橋虎屋席へこの一日から現れた平野呑玉と云うは彼の楳林の門人として疾より出藍の聞へあるものなりと云う昨年中第十師団の管理部に従いて戦地に渡りその後守備隊に打つて廻つて先々月の二十一日凱旋帰郷し先月は大阪にて興行したるが今度當地に乗込みたるのなりと云う得意とするところは際物の読みものにて目下演じ居れる「沖、横川両氏」の伝の如きは横川氏をよく知れる朝日新聞の牧氏及び沖氏をよく知れる某氏に就いて親しく生前の履歴を聞きこれをその儘に演ずるもののよしにて牧氏の如きは横川氏のありし當時を見るが如しと評したりと云う。また第十師団の活動は同人が見もし聞きもししたる所を順序よく演ずるものなりと云えり。

第一第二湊亭 は明日より橘家橘之助の秘蔵弟子なる橘童、橘如の掛合曲弾き、東京音曲の三遊亭花圓蔵、笑福亭松光と清国人二名の目新しき曲芸を加え清元喬之助、小やなは居残り其他の馴染連にて賑やかに初日を出すという。

明治3961日 新朝報(豊橋)

◇興行案内▲弥生座 大坂俳優市川瀧之助、尾上卯三郎、片岡我幸、市川團六若、板東三津三、市川市紅等の大一座にて今一日より開場▲東雲座 市川米四郎、実川小延三一座にて今一日午後三時開場▲河原座 岡本美根路一座の源氏節芝居は非常の好評好人気にて大入を占めつつあり。

明治3961 京都日出新聞

幾代亭 本日より交代する顔振れは柳川一蝶、同蝶次、春蝶、春風亭柳仙、常盤家いろは、同みどり、同松葉、松井助十郎其他定連中

明治3962日 神戸新聞

湊亭 今度同亭に来たりし曲芸師清国人任来興(二十七その甥任在文(十五)は北京城内下西門生まれにてすこぶるハイカラの日本好き髪を切りて昨年中日本に帰化に来興は洋服姿、在文は浴衣に兵児帯という風俗なるが得意の芸道は五寸計りの壺の口より在文を出入せしむるものの由。

明治3963日 北国新聞

◇松ヶ枝館 和楓一座は豫記の如く昨日より花々しく開演したるが久振りの長唄とて受けよく前景気大によき由なるが、今晩二日目の番組は左の如し

落語音曲(朝楽)八笑人花見仇討(双蝶)音曲噺手踊(圓花)滑稽遊廓穴探し(小圓太)文七元結(柳叟)勧進帳(和楓、鉄四郎外一名)皿の曲海水土産(一櫻)滑稽音曲噺(桃太郎)

明治39612日 大阪朝日新聞

◇堀江六人斬にて有名なる三友派の松川家妻吉は、来る十五日より堺市の寄席へ同派の連中と共に出演す。来る十五日、紀念博覧会(編者註:天王寺で行われた戦捷記念博覧会)の余興として三友派より重なる落語家が練込む筈なるが、其の扮装は手古舞姿にて同派の円子が得意の獅子を遣ふよし。又千歳米坡は二代目お鯉(常磐津)と共に京都の三友派へ乗り込むに付、同日一座に加はつて博覧会美術館前に於て獅子の曲を演ずるよし。右了りて一行は北の新地を始め各遊廓を練巡り、夜に入ては三友派各席へ手古舞姿のまゝ出席する筈なりと。

明治39612 京都日出新聞

指月尼の寄席出勤 一中節の師匠石川指月庵は先頃千歳米坡が幾代亭に出勤せる折柄旧知己のこととて屡々庵主を訪ひ寄席出勤の事を勧めたるに其際指月庵は串戯(じょうだん)半分に若し千円も呉るれば出勤してもよしなど話し置きしが今度事実となり三友派より二ケ月千円にてとの交渉あり略ぼ相談は纏りしものゝ京阪には三味線弾きのなき所より指月尼は一昨日東上三味線の方の交渉に赴きたる筈なれば其相談の出来次第浪花三友派の高座の上に庵主が美音を来る七月一日より聞く事を得べしと

明治39616日 新愛知

富本席 今晩より三遊亭小圓遊一座に当年八歳の女義太夫竹本文字八を加えて開演

明治39617日 神戸新聞

湊亭の壷抜けその他 南京人任在来興、猿有登と云う二人の奇術師湊亭に乗込み壷抜けと云う珍妙の手品を演ずるよし聞きたれば一昨夜一寸覗いて見たりなる程巧いものにて一つの壷を取り出しこれへ十二三の子供打ち込む入るべき筈で無いのに入る様に見えるのは手品・・・(中略)・・・橘童、橘如の吉原雀、福丸の踊り小家奈、喬之助の「俊寛」南枝、團輔「百人坊主」、「福圓」の「夢見八兵衛」、福我の「備後三郎」何れも喝采にて花圓蔵の「天災」も江戸古式の気急しき咄し振り立板に水を流す勢いに述べ立てて面白かりし、松光は何時もながら愛嬌もあり咄しに罪が無くて面白ろう演じ終りたりしが兎に好人気にしてなかりんかの入りを占めたるは何れも目先のかわりすれる居れる故なるべし

明治39619日 大阪朝日新聞

◇堺市の賑ひ 十五日の戦捷祝賀会以来同市の家台熱はますます増し既記の如く既に引き出せる分は何れも日延をすると共に競争の有様にて昨今両日中に引出すものも数台あり殊に目下同市天神席に興行中の三友派一座は例の妻吉が呼物にて初日以来破るゝ許りの好景気なるが其の祝ひ旁落語家連中の家台を引出さんと計画中の折柄同市土木建築請負業者の発起にて同仲間の中に芸妓を加へ盛に練廻り人目を惹かんとの計画あるより三友派も其の中に合併して十九日より二日間(雨天順延)家台を引出す筈なりと

明治39621日 大阪朝日新聞

◇堀江六人斬一周忌 被害者の中にて只一人生き残りたる津満吉は南地法善寺に慘死者五名の法会を営み、大師巡りの老若男女へ茶菓の接待をなすよし。三友派よりは揃ひの浴衣を着て手伝に出る筈なり。

明治39622日 京都日出新聞

救済院の演芸会番組 既記明二十三日午後六時より先斗町歌舞練場に於て催す同院の慈善演芸会の入場券は 白(五十銭)青(三十銭)赤(二十銭)の三種にて其番組は 泰西音楽(青年音楽隊)落語(錦馬)滑稽立ばなし(春月)落語曲芸(春団次)浄瑠璃(冠車)落語声色(立花)西洋奇術(帰天斎正玉)剣舞(明治座の高橋、篤二)舞(福太郎)音曲当世剣舞(有村謹吾)喜劇(朝日座連中)

明治39627日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席へ乗込む筈なりし西京の一中節指月尼は、愈昨日午後京都山端の庵を出て来阪し、興行中は梅田駅前の蔦家に止宿する由。又其の三味線は東京の指香といふが弾くといふ。

明治39629日 新朝報

◇河原座の落語 河原座は、来る七月一日より東京音曲落語家三遊亭小圓遊一座にて開演。

上方落語史料集成 明治39年(1906)四

明治3971 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭の本日より替る連名は 東京女道楽(米坡、松坡、お鯉)長唄、琴曲(橘童、橘如)曲芸運動(荒井菊松、東山小力、浅尾梅叶)奇術(志美津笑玉、同若子)其他定連▲笑福亭の本日より替る連名は 米団治、文我、芝楽、雁篤、花咲、其他定連

明治3971日 神戸新聞

湊亭 今一日より第一第二湊亭へ出勤の面々を聞くに三遊亭花圓三は好人気なるより居残り更に東京より二代目春錦亭柳桜の落語手踊り清国人は前月の任来興の兄分遠有発外二人の珍奇術と大阪落語二名を加えるとの事なり。

明治3972日 新朝報(豊橋)

◇河原座の大入 本月一日より東京落語家小圓遊一座にて開場せし河原座は、初日以来非常の好人気にて、毎夜大入を占めつつあり。

明治3972日 大阪朝日新聞

◇来る十一日は三遊亭円朝の七周年に相当するにぞ、東京谷中の全生庵にて大法会を営むに付き、門人円遊、円喬、円右、円馬は法体にも参詣し、経文に替ゆる落語一席づゝを供養し、直に当地三友派へ乗り込むとぞ。

明治3978日 香川新報(高松)

演芸だより ▲屋島座 大江一座の新演劇は五日より ▲歌舞伎座は澤村春五郎の歌舞伎演劇にて昨日より開場 ▲常盤館は吉田音右衛門の新聞講談うかれ節にて一昨日より開館 ▲肥梅閣は東京の娘義太夫一座にて毎夜艶つぽい語り物にて人気あり

明治39711日 大阪朝日新聞

◇三友派に現れ居る堀江六人斬事件の松川家妻吉は文団治一座と共に来る十五日姫路山陽座に乗込み、其れより四国、中国を順演する由。

明治39711日 神戸又新日報

三友亭紋弥泣く 目下長崎市布袋座に興行中なる大阪落語三友亭紋弥は去る三日の夜佐世保より帰途九鉄列車中で十圓金貨三枚外五十餘圓といふ虎の子を洋服の上着のポケットよりスリ取られ文無しで布袋座の楽屋にとやを切り失意の裡に呻き哀れの境遇に陥れりとは気の毒なり。

明治39713日 神戸新聞

楽天席 大黒座にて人気よかりし鶴家團十郎、大和屋寶楽等の合同一座は本日より姫路の楽天席に乗込みて花々しく開場するよし。

明治39714 京都日出新聞

笑福亭は来る十五日より例に因て落語角力を催す筈にて穴を探したる方には諸家よりの寄贈品を呈すると、其力士の名乗には随分楽屋落に面白きもあつて左の通り声響円太郎、張子虎文之助、黒宮川扇枝、片目岡春月、無鉄砲春団次、天保山芝楽、■口立花、気取潟円弥、天狗鼻小文吾、四目岡琴勢、そゝつか獅子団橘、煤竹錦馬、秀麗し家橘、ひさご潟福丸、鼾目玉福太郎、一ツ目吾妻、行司木村扇枝

明治39714日 神戸新聞

湊亭 目下同席に出勤し居る遠有発(八つ)韓小与(十一)の二人運動はまるで骨無しの如く身体の屈曲自在にして目新しければとて好評なりきまた遠鳳章(二十六)の奇術は在来の者とは全く異なり最新の物のみにて子供を相手に運動を演じ春錦亭柳桜の落語坐り舞前受頗るよく為に日々大入を占め居れり。

明治39716日 神戸新聞

姫路山陽座 姫路市坂元町山陽座は去十三日再競売の結果六千五百円にて同町有志者に落札す即ち有志者の合資所有となり他人に貸付を為すべしと而して同座にては昨十五日より浪花三友派音曲落語家桂文團冶一座にて開演。又堀江六人斬にて両腕を斬取られたる評判の妻吉が変った姿を見せることとて中々好人気なり。

明治39718日 新朝報

◇浜松園亭の落語 一昨夜より東京落語小圓遊一座にて興行中なるが、前夜は盆の十六日のためとて非常の大入なりし。殊に遊太郎の芝居噺、花遊の音曲、遊雀、小圓遊の落語は頗る軽妙にて大喝采。

明治39718日 神戸又新日報

山陽座と楽天席 姫路阪元町山陽座は一昨日より大阪落語三友派の桂米團治同文我米朝等の一座に彼の腕なし妻吉が加わり開演連夜好人気なり。又同市竪町楽天席は興行中の鶴家團十郎大和家宝楽の俄も好評

明治39720日 香川新報

玉藻座の二輪加 当市片原町同座の二輪加は寶楽、團五郎、團十郎等二座の合同にて出し物は御祝儀寶の入舟、二番目浮れ茶屋、三番目千本すし屋、四番目車夫の魂胆、五番目仁王に炎にて愈々明二十一日蓋を明けると云う

明治39723日 大阪朝日新聞

◇桂派の幾代亭は昨日限り常興行を打揚げ、本日より日英同盟活動写真を開催す。

明治39724日 北国新聞

◇新富座 同座の次興行は大阪落語笑福亭圓篤、松鶴一座へ新顔二三名及び清国人の奇術を差加え、お名残として土産札持参の人は二銭の勉強という其の顔触れは

桂藤三、鶴賀小蝶、笑福亭松助、立花家圓輔、笑福亭里鶴、同松鶴、同圓篤、奇術清国人任在文、同任来興

明治39724日 中国新聞(広島)

寿座の三友派一座 本場の掛持の席亭ならば知らぬ事是れ程の大一座に況して松川家妻吉と云う呼物あり。此の大連の乗込みが数日前からの噂に上って全市湧くが如き人気の程は初日以来の大入に知られて夏向の観物聴物として是れに過ぎたるもの無かるべしと先づ歓迎す。▲福三の御祝儀、團幸の昔はなしあり。▲福寿の噺と剣舞、噺は是れから先きマダマダ芽の出る話し振、剣舞は呼物にする程ではなし。▲文雀の音曲噺、惜しい事には唄が囃子に消される恨みあり。川船に煙火の手付など聴衆の中三分の一もわかるものはあるまじ。▲変わり合いまして文我の芝居噺。八年振とて何と云っても贔屓は有難いものなり。芝居噺は一枚看板とて俳之町の揚巻助六、大喝采なれど夫れにも増して面白きは手踊りなり。名古屋甚句も好く権兵衛が種蒔きも見物の一つなり。殊に種蒔きは其人に扮して出て別に身体を動かさぬ処に一種の妙技あり。▲福丸の曲芸曲廻しは手馴れたるものにて短艇の如くは殊に鮮やかごとなり。紀伊の国のしなやかさ。ステテコの軽妙なるしなやかな四肢を縦横無尽に使っての働き江戸振の妙を尽くして大受けなり。次に大文字屋は顎と真似手のない処、中途で急に延びて見せるなどは大愛嬌。▲米朝の落語、好い話し口にて此の人才気あり。チョイチョイと広島の例を引いて来て譬(たと)える処など人気もあるべし。▲花咲、雁篤の掛合軽口、忠臣蔵から千両幟中途から唄にしてのバッタリ式、絶えず喝采さるるは嬉しけれど是れよりは花咲が声色の方一倍或種の聴衆には持てたり。扇蝶の噺、気の利いた話し振りにて軽妙なもの。「親子酒酔い」同じ話でも昔とは大分噺の趣きも変わっている。酔っ払い振りなさ真に迫ってよい。扇の舞は独特だから云うだけが管(くだ)。もし夫れを景物の端唄に至っては拗(す)ねて入る処を引止めたい程の者、満場をうならす凄い腕前。▲かくて次は一座の頭領文團冶なり。只貫目丈け見せれば好い程のもの「いかけ屋」は時節柄榮の餅の皮なり。かくて座を正して妻吉が口上は熱心を籠めて大いに同情を惹き喝采声裡に御免を蒙る▲妻吉が肩幅狭き楚々たる姿。同じ楼の同じ夜。幸い花に出て居て惨禍を免れし姉芸者の妻奴と並び座って表わるるは見るからに同情惹くなり。桟逆の刃は両手落せしに嫌厭ず口中をはなって去りし其痕こそ今は残らねど何処やらに苦しげなるは穴勝両手に力籠らぬ頼りなさのみにも有るまじ。笑って唄う我身の不運も胸に堪えぬ涙はあるべし。愛嬌深き面立は何処迄も同情を担うに足る。妻奴の三味と唄江戸振りにて確かなものなり。▲米團冶の落語は天下に定評あり。シットリとした温和い話し口。美麗なことにて少しのケレンも無い処に飽かず飽かせず絶えず面白く聴かせるは流石々々と感ぜざる可からず。▲先づは連日の大入目出度しと申さん(二日目素人評芳虫)

明治39725日 神戸又新日報

第一第二湊亭 は毎年八月は休み月にて一座残らず旅稼ぎに出づる所、本年は前々月より八月の掛け物は席主の大奮発にて千歳米坡の美人連三人と金原亭馬生の人情話をも加えるという

明治39726日 大阪朝日新聞

◇市川右団治が発起となり、八月五日南区難波鉄眼寺にて、死後七周年に相当する三遊亭円朝の仏事を勉める事となりたれば、三友派の八月興行に乗り込む筈なりし円朝門人の落語家は一致して出席する事となれり。顔触は円遊、円喬、円左、円馬、むらく、橘之助等にて、若柳吉蔵も出席すといふ。

明治39727日 神戸新聞

明石王西座 明石町の同座は二十四日より落語家桂文三、枝雀の一行にて蓋を明けたしが昨年よりも一層の人気にて初日以来大入りを占め居れりと云う。

明治39728日 香川新報

<香川丸亀稲荷座>

稲荷座と妻吉の一座 丸亀富屋町の常盤座は大修繕を施し座名を稲荷座と改め来る八月一日改座式を兼ね大阪堀江の手無し芸者妻吉一座を招き興行を為す筈なるが

一座の芸人は米團次、雁篤、文團冶、米朝、福寿、團幸、福丸、福扇、團平、文雀、文我、音曲松川家妻吉、三味線松川家妻奴等なり。

<編者註>丸亀市内の三寶稲生神社(さんぽういなり)の横に石碑が建立されている。

 石碑には、「丸亀の芝居小屋 稲荷座(寄席) 明治末期に建てられ、興行されていたが、大正三年に、ここで丸亀では、はじめての活動写真が上映された。『楠公父子桜井の別れ』一巻であった。宗古町にも『湊席』という寄席があったが、どちらも大正年間に姿を消した。」

IMG_0273

明治39729日 神戸新聞

三浦座 西宮の同座は数年前よりの例により来る八月一日より桂文三一座の涼興行の蓋明けの由なるが例年の例に依り前景気よろしと云う

明治39731 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭の来月一日より替る連名 円若、文都、花団次、トンボ、福三、新作、若三郎、福二、勝造、小満之助、李彩▲尚同亭の定連枝太郎一座は来月中伊勢地方へ巡業

明治39731日 神戸新聞

湊亭 八月は、女道楽米坡を首とし常盤津のお鯉、馬生なり

湊虎亭 湊橋同亭にては来月より翁家扇馬、大阪講談會會長二代目旭堂南陵の講談を興行す

明治3983 京都日出新聞

<可楽、元の名前圓若に戻る>

幾代亭出勤の三遊亭円若は一度三笑亭可楽と改名したるも今回又以前の名に復名
したるものにて其披露の端唄あり左の如し

 月雪に花の色香をこきまぜし、一イ二ウ三ツの遊び種もとの一ツのまるみより、笑うて芽ばる若みどり(南水作、円若調)

明治3984日 大阪朝日新聞

◇故三遊亭円朝の七周年追善は来る五日、市川右団治と三友派総代藤原重助が会主となり、南区難波鉄眼寺にて執行し、目下当地に乗り込み居る円遊始め門人の重なる者参詣して、法事を了り次第明月楼に引揚げ、円朝遺愛の幽霊の画を陳列して余興に落語を演ずるよし。又翌六日より第三此花館へ前記の幽霊の画を陳列して入場者の観覧に供する筈。

明治3985日 香川新報

◇玉藻座 當市の同座は浪花落語三友派の桂團平、團幸、福寿、文雀、笑福亭福丸、かる口花咲、同雁篤、桂米朝、同文我、末広家扇蝶、桂米團冶、桂文團冶、堀江六人斬りの松川家妻吉、松川家妻奴

明治3986日 大阪朝日新聞

◇円朝の追善会は既記の如く昨日難波鉄眼寺に於て施行せられたり。席上には同人が愛せし幽霊の懸幅を始め当地知名の画家、俳優、有志等の出品にかゝる幽霊妖怪の絵画百数十幅を陳列したり。其の中には容斎、芳年、永濯、楓湖、月耕等のものあり、例の応挙と称する無落款のものもあり、結句真偽取りとめ難きところが幽霊妖怪に適ひて凄くも恐ろしくも観られたり。偖正面の床のは右団治が下総地方巡業の際旧岡田郡埴生村法蔵寺の宝物かさね一代記を画家に依頼して鳥居風に写したるものにて珍なりき。

施主右団治は門人を連れて朝より茶室に詰めかけて来会者を待遇したり。茶室の床の間には故円朝が初めて下阪の節右団治に宛たる書簡の幅を掛け、茶器菓子に至るまで悉皆仏事の縁に因り、喫茶の客には「あふぐべしわが身この世にあるうちは骨になるまで法をよろこぶ」と記せる団扇を贈呈したり。法事すみたる後一同は明月楼にゆき、前席の陰気に引き代へ余興として目下来阪中の円朝門下の落語、其の他歌舞舞等一倍陽気に催されたり。来会者は百五十名許りにて頗る盛なりき。

明治3987日 大阪朝日新聞

◇既報の故円朝追善興行は左の日割(正午開場)を以てする事となれり。七日(南地紅梅亭)八日(堀江賑江亭)九日(第三此花館)十日(第一此花館)十一日(北新地永楽館)

明治3987日 香川新報

大阪落語の中津行 桂文團冶松川家妻吉一座は愈々昨夜限りにて丸亀を打上げ本日より當市玉藻座にて開演の由なるが昨日は一座打揃い仲多度津郡六郷村中津遊園地に遊びたりしと。

明治3988日 神戸又新日報

湊亭評 夏の夜は落語活動写真の外興行物に用なし。千歳米坡の若々しく水々しき美音まづ涼し。十八番の木遣り二上がりの男らしき壮快なり。お鯉の三味と松坡の上調子も亦意を得たり。桂南枝の落語は顔とともに愛嬌の鈴生り嬉し。笑福亭福圓の舞いつも乍ら軽い軽いと申す。桂小文の無邪気なる御所車は好く舞つたり。金原亭馬生の落語幾分新しく聞かせたり。此位な顔揃ひは涼み興行としては勿体なし。大人気も無理はなしと熱からぬやう皆ホメ尽くしして置かん。

明治39810日 神戸又新日報

<湊亭の福松像>

福松の銅像 本月一日から第一湊亭の北桟敷に大きな銅像が飾られてある。是は一昨年十月に病死した浪花落語三友派の頭領故笑福亭福松の像だ。湊亭席主菊野菊松が発起で土台とすべき金を出し同亭出演の福松門人福圓、福我、鶴松、圓松の四人が積立してこれを補ひ三百圓を費して作ったのだ。殊に奇特なのは鋳造者の大阪高津□阪の今井某といふがこの挙を賛して内五十圓を寄付したのだ。故福松の死後は未亡人一人きりで子なく兄弟なきに同情をよせ文團治其他も大阪のしかるべき敷地を見立て銅像建設費として寄付するさうだ。又生前大の贔屓の小西次亜慢主人(じあまん)主垣を寄付するさうでこの十月の三回忌迄には是非銅像建設除幕式を行うと一同は気張っている。

明治39814日 山陽新報(岡山)

◇大福座興行 岡山市新西大寺町大福座にては、来る十五日より浪花三友派桂文團治、同米團治以下十二名の一座にて興行する事となり、彼の大阪市堀江六人斬に命を拾いたる手無し芸妓松川家妻吉も加わり居れり。

明治39816日 大阪朝日新聞

◇第二此花館は本日より九月亭貴久園社中の諸芸大寄せを開演す。

明治39816日 新愛知

富本席 今晩より怪談林家正蔵、文橘、児鶴、喜楽一座にて開演

明治39818日 大阪朝日新聞

◇兼て噂ありし堀江六人斬の関係者、座古谷あい事小万は漸く鑑札下付の手続きを経たるをもつて、明後十九日より第一第三此花館及び紅梅亭、永楽館の四席に出勤、得意の歌舞を演ずといふ。

◇故人円朝法会の為上阪せし同派の落語家円遊外十余名は、本日限り当地を打揚げ、京都先斗町歌舞練場へ舞込む筈なりしが、更に模様変りて小万諸共前記三友派四席へ出勤する事となれり。

◇堀江賑江亭は明後日より新輸入の活動写真を開場す。

明治39818日 神戸又新日報

明石王西座 本日より桂文冶[]一座の落語にて開場

明治39819 京都日出新聞

興行界 ▲既記円朝の七回忌追悼演芸会は愈々本日より向ふ五日間毎日午後六時より先斗町翠紅館に於て開演するが連名と入場料は 円遊、むらく、金馬、円左、小円朝、遊三、円蔵 △余興 橘之助、花堂、吉蔵、吉之助、常盤津若佐太夫、同小若佐太夫、岸沢仲蔵、同菊之助 △入場料一等(五十銭)二等(三十銭)三等(二十銭)▲尚同会には円朝秘蔵の幽霊画幅を階上に陳列する筈にて其数百五十余幅に及び中には応挙と伝ふるものを始め月耕、国観其他諸大家のもの少なからずと▲堀江六人斬の座古谷あいは既記の如く本日より大阪なる三友派の各寄席へ小万と名乗つて現はる筈にて追ては当地へも来る由

明治39820日 山陽新報

◇大福座の落語(松川家妻吉出勤) 當市西大寺町大福座にては、既記の通り去る十五日より浪花三友派桂文團治一座の落語にて蓋を開け、彼浪花六人斬の生存者芸妓妻吉の交(ま)じり居ることとて、格別人気立つ燃ゆるが如き暑さも何のその、毎夜大入を占め居れる素晴らしさ、予も一昨夜鳥渡覗見(のぞきみ)したれば、感ずるままを記さんに。成程入替り立替りエエ御機嫌を伺い奉ると出掛ける落語家何れも達者な連中のお揃い、例の大坂流の拍子扇のパチパチも少なく、何処となく東京化したる辺あり淡白したる所先ず気に入りぬ。出る者毎におしゃべりは手短に切上げ、各得意の舞の手を見せるは、夏向きに出来て何ぼ嬉しいか知れず。併し賑やかな浮世節、粋な端唄という方の美しい咽喉を聞くことの少なかりしは何だか物足らぬ心地したり。福丸の紀伊の國、ステテコの舞、扇蝶の三枚扇の舞など軽妙というの外なし。かくて文團治の哀れっぽい口上に続いて、お待兼(かね)の松川家妻吉は正面に現れれぬ。流石に満場水を打ちたる如く聴衆は、彼の身体に集中しぬ。彼は年齢尚二十九、花漸く蕾を破り、早くも毒手に触れ、芸が身を助くる不幸。公座の前、其身の薄命を歌う境遇とはなりぬ。気の弱い婦人連中には、彼を一目見るより、早くも同情の涙に咽ぶ者さへあるを見受けたり。彼は先づ長唄(楠公子別れ)を謡い、トッチリトン都々逸をい謡いぬ。彼の芸は、素(もと)お座敷の内の練習なり。舞台の上の稽古に非ず。固(もと)より歌の巧拙(こうせつ)の如き向うは野暮(やぼ)ない。其の細き哀れなる声を発して、歌うて曰く「主の心がわしは恨めしい。添わぬ前から手を切られ」と、此時聴者は拍手して之を向へたるも、予は一種の感に打たれて、其勇気無かりき。彼はまた、起(た)って、「愚痴」の一曲を舞いぬ。左(さ)れど「お前の袖云々(うんぬん)より四つの袖」と云へる処までにて、其以上は彼の不具なる身体として之れに堪へ得さるに因(よ)るべし。其愛らしき目元、艶なる細腰(さいよう)、兢々(きょうきょう)として舞う処、無限の情あり。若(も)し貸すに、両手を以てすれば、恨(うらみ)は独り予のいみに非らざるべし。慥(たしか)に、歌以上の練習と身受けたり。

明治3981日 新愛知

富本席 曾呂利新左衛門、三遊亭圓子春風柳寿斎、女道楽改め梅西家かほる其他にていよいよ今一日より開演

明治39823日 北国新聞

◇一九席の春子太夫一座は、引続き連夜の好景気にて、贔屓連の肩入れ多しという。

<編者註>この日の新聞記事より、「新冨座」から「一九席」に名前が変更されている。

明治39825日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席に此の程より出勤中の座古谷あい事業名堀江の小万は、各席とも好人気なるが、九月一日よりは「雨後の月」と題する其の身の上を謡へる歌曲を舞ふよし。

明治39825日 中国新聞

明神座の改築 市内京橋なる劇場明神座は既に腐朽に帰したるより一応解き崩し、尚一層大なる一劇場に改築せんと座主荒神町官尾如意智の設計にて去る二十日工事に着手したり。

明治39826日 新愛知

富本席 明二十七日夜より曲亭馬琴、桜井圓林、桂左松等一座にて開演する由

明治39828日 北国新聞

一九席の次興行は東京若手落語の大一座にて開演すべく。一座は明日乗り込み花々しく町廻りを為し、明後日初日を出すべしと。其の顔ぶれは左の如し

圓八、子遊、花月、小圓子、圓三郎、龍子、菊堂、柳寿斎、月亭圓生、立花家かほる、三遊亭圓子

明治39828 京都日出新聞

興行界 ▲本年は桂枝太郎の亡父桂梅花の二十三回忌に相当するとのことにて其追悼演芸会を本日より向ふ三日間幾代亭に於て開催し京阪の落語家及び諸芸人も出席する由尚二三日間の来客には供養を呈すると

明治39830日 神戸新聞

湊亭 来月の興行は、松川家妻吉・同妻奴・桂文團治・同米團治・芝居噺の文我・米朝・軽口の雁篤/花咲・扇蝶・文雀・福寿・花圓三・團幸・鶴三等にて蓋をあけ、今の一座は囃子方まで一座にて和歌山・徳島・姫路等を巡業する由。

明治39831日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派各席へは来月一日より前一座の上へ東京より宝年斎梅坊主一座と住吉家金丸とが加はり、久々にて立花家橘童、橘如も出席すといふ。猶堀江小万は一日より賑江亭へ出勤。

◇松屋町松の亭は豊竹呂昇が京都明治座に出勤するに就き、其の跡へは桂派より南光、文三、文枝一座来り演ず。暑中休暇中の桂派各席も明一日より開場の筈。

◇久しく東京へ巡業せし講談師南陵は、今度一道と改名して帰り、披露会を天神裏門宝来席にて開演す。

明治39831日 紀伊毎日新聞(和歌山)

◇紀国座の落語 明一日より元寺町紀国座において三友派の桂文都一座及び清国人李彩東京女道楽米坡大一座の落語ある由。米坡が呼び物となって開場前より大人気なり。

明治39831日 神戸新聞

湊虎亭 舊湊橋西詰講談定席湊虎亭にては明一日より旭堂小南、濱田東作、二代目旭堂南陵にて蓋を開けるよし

上方落語史料集成 明治39年(1906)五

明治3991日 東京朝日新聞

三友亭紋弥は大阪より出京恵智十、春日の両席に現わる同人は引抜きの踊り、扇子の舞、義太夫の弾語り等を得意とし多芸の聞こえある若手の落語家なりと

明治3991日 新愛知

文長座 今晩より昔々亭桃太郎、圓歌、ぽん太、小兵衛、小圓、圓寿、蔵之助、つ田子、圓雀一座にて開場する由

富本席 今晩より西洋魔術師飛遊斎明一其他大一座にて開場

明治3991日 大阪毎日新聞

◇順慶町井戸の辻赤沢亭は、従前の一座に、柳枝、扇枝、歌之助、新内岡本小美國、美津國、小美鳥等出勤。

◇堺卯の日座は活動写真、東西南北いづれも本日より。

◇浪花三友派の人気者紋弥は、今度東京柳派の小さんが肝入にて東上することとなりて、既に同地に着し、本日より両国立花亭に出勤し、順次各席を打廻りて、例の踊、声色、義太夫などを聞かせる筈なり。

◇圓子、梅の家かほる、柳寿斎は前座数人を駆(かり)集めて一座を組み、之は金沢へ旅烏、九月一日より新冨亭に出勤すべく。

◇文團治、妻吉、米團次、扇蝶、雁篤、花咲等の一座は、之も兵庫へ出稼ぎをなし、一日より湊亭へ出勤。

明治3991日 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭は本日より定連の上に新曲技の清国人袁有発(十年)韓小陽(八年)韓鳳章の三人と槌家万治が居残る筈▲笑福亭は本日より昼席を始める筈にて昼は十二時より夜は六時より開場すると、尚本日よりの出番順は春月、団橘、立花、芝楽、幅太郎、小文吾、円弥、扇枝、福丸、春団次、円太郎、文之助

明治3991 神戸新聞

藤田席 今一日初日より信濃家尾半、小松家市松等にて開場する由

明治3994日 紀伊毎日新聞(和歌山)

紀国座のはなしは何れも旨い。ことに李彩の手品、米坡の十八番の槍錆、小歌のサノサ節等は何れも劇をして破れんかとばかり思わしむ(施主ほく生)

明治3994 芸備日々新聞(広島)

◇盆休みと興行 新地座は上村源の丞一座の人形浄瑠璃。寿座は弘美團即ち清川麗水一座の壮士演劇。明神座は浮かれ節芝居。中島集産場胡子座は若石梅子の身振新内。同上大黒座は活動写真。同勧商場鶴の席は浮かれ節。堺町栄座、下柳町柳座も同様。西遊郭神明座は三升家一座の壮士芝居。堀川町八千代座は壮士芝居

明治3996日 神戸又新日報

第一第二湊亭 松川家妻吉が再度の出演に同情という人気たち引続き大入りなるが、同亭コゲ付の落語家連は一同和歌山県紀ノ国座へ乗込み、これ又好人気札止めなるが、同地は十日間にて、次は徳島市、高松市を巡業する筈なり。

明治3997日 北国新聞

◇一九席 圓子等一座は引続き人気よし。今晩十日目の番組は左の如し

御祝儀(子遊)たらちね物真似(小圓子)桂小五郎伝(花月)遊山船椀の曲(圓三)親子茶屋(圓三郎)葉入村鯨の由来(圓生)無筆の面付剣舞(菊堂)曲引胡弓(柳寿斎)長唄石橋元禄踊(かほる)赤垣源蔵二丁小鼓ステテコ(圓子)大切座敷茶番(楽屋総出)

<編者註>菊堂は、笑福亭小圓(本名菊堂聴圓)、後文團治の弟子となり二代目菊團治となる。

松ガ枝席 昔噺野ざらし(小遊太)昔噺剣舞音曲手踊(橘蔵)昔噺義士伝赤垣源蔵(國輔)清元夕霧伊左衛門(喬の助)尺八の曲(花堂)怪談牡丹灯篭(むらく)三府浮世節夕立塚春の稲妻(橘の助)

明治39910日 北陸政報(富山)

今晩より富山市旭亭において開演する落語三遊亭若圓遊の一座、初日の番組は左の如くなるが、当地にては久々の東京落語なれば定めし好評を得ることなるべしという。

御祝儀宝の入船(子遊)越し入れ高砂屋玉乗り物真似(小圓子)小松宮殿下御徳威(花月)淀川三十石箱椀の曲(圓三)芝居噺本能寺手踊(圓三郎)名作左甚五郎の伝(圓生)亀屋佐兵衛剣舞(菊堂)三味線曲引三都浮世節(柳寿斎)長唄曽我掛合元禄踊り(かほる)地獄旅行開化の魁二調鼓笛の曲(若圓遊)大切掛合滑稽踊(連中総出)

<編者註>若圓遊は、圓子が一時改名した名前。

明治39911日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

天神席は過日来夏季休業中の処来る十五日より浪花三友派落語家が出勤其出番は左の如し

笑三、圓松、光雀、南枝、團輔、鶴松、福我、小文、福圓、文都、清国人李彩、舞小歌、小峰、お鯉、千歳米坡

明治39914日 新朝報(豊橋)

◇浜松だより ▲肴町勝開亭にては、昔々亭桃太郎の落語興行。是も毎夜大入。

明治39916日 神戸又新日報

第一第二湊亭 松川家妻吉が再度の出演に同情といふ人気たち引き続き大入りなるが、同亭コゲ付き落語家連は一同和歌山県紀の国座へ乗り込み、これ又好人気札止めなるが、黒江町に三日間招かれそれより泉州堺市天神の席へ移り本月限り打ち上げ三十日には一同打ち揃って帰神する筈なり。尚本日よりかわる第一第二湊亭の出番は下記の如し

《第一》圓楽・團幸・福寿・花圓三・扇蝶・文雀・米朝・文團治・妻吉/妻奴・文我・花咲/雁篤・米團治 《第二》鶴瓶・鶴三・文雀・米朝・文我・福寿・花圓三・花咲/雁篤・米團治・扇蝶・文團治・妻吉/妻奴

明治39919日 北陸政報

◇旭亭の演芸 富山市旭亭における今晩の語り物は左の如し。尚興行は明二十日にて打上げ日延べせずとのこと。

御祝儀宝の入船(子遊)目上がり手踊(小圓子)日露記立噺(花月)裏の裏(圓三)芝居噺忠臣蔵二段目(圓三郎)親子茶屋(圓生)たぬき八兵衛剣舞(菊堂)三味線曲引胡弓(柳寿斎)長唄鶴亀(かほる)義士赤垣源蔵(若圓遊)大切座敷茶番(楽屋総出)

<編者註>九月二十一日から福井にて興行。

明治39919日 京都日出新聞

幾代亭へ本日より手無しの少年田村巌(十三年)が出勤するが演説をし風琴を吹奏し書画を揮毫するといふ

明治39919日 門司新報(北九州)

◇門司の興行物 △稲荷座(畑田)去る十六日より興行中の長崎女俳優若手尾上菊十郎は開場以来大入りにて毎日午後四時より開場 △日出座(内本町一丁目)は吉川一座の女浮かれ節十五日より興行中毎日午後六時より開場

明治39921 新朝報

◇河原座の落語 名古屋御園座に於いて大喝采を博したる東京落語青柳華嬢、三遊亭右喬、立花家喬枝、自遊亭雀林、柳亭春楽、ハンスデー一座にて、今二十一日より興行する由。

明治39922日 新朝報

◇河原座の落語 昨日より同座に於て興行せし東京落語は頗る好評。今晩の番組は かげ芝居曽我の討入(櫻枝)浮世床(春楽)地獄廻り(雀林)かけ合軽口新喜劇ホトトギス(雀林、春楽)栗餅、芝笛(文林)義太夫道楽音曲囃(右喬)写真の仇討(華嬢)ランプの曲、水の曲、丼の曲(ハンスデー)娘けん(総出)

明治39923日 新愛知

新栄座 目下開演中の東京演芸大会は、三遊亭圓遊、立花家橘之助、踊り師匠若柳吉蔵、むらく、花堂、喬之助、鶴之助、橘蔵、小遊太、團助の大一座、初日以来毎夜木戸締切りの大人気

文長座 今夜より東京音曲落語に西洋魔術天遊斎明一一座にて開場

明治39924日 都新聞(東京)

腕なし芸妓妻吉の述懐 腕なし芸者の松川家妻吉が落語家の紋弥と浮かれて懐妊したなどと、あられもなき噂を立てられ、悲しさの余り其の濡れ衣を干さんと毎夜高座でこんな唄を謡いよる由。

思ひ廻せは味気なや、涙の雨のうの外に、露にも染まぬわが心、うれび思はぬ濡衣を、脱いで見せたい胸のうち、根もない事を岩田帯、解ひて下んせ疑ひを、假今(たとえ)袖をば引かれても、妾(わたし)や手を出す筈がない

明治39929日 神戸新聞

湊虎亭 来る一日より舊湊橋とらや席事湊虎亭にては旭堂南勢、東京初下り桃川燕國、前名南陵事改め旭堂一道を招き左の講談を興行すべし

明治39930日 大阪朝日新聞

◇三友派の松川家妻吉は一日より丸一の大神楽と共に三友派各席へ出勤し、新作「琵琶歌」「あづさ弓春のながめにかきくれて浮きよつの緒もたえるともみさをくもらぬ朝日かげ」といふを舞ふよし。

◇桂派の立花家円三郎は実兄三遊亭円馬諸共本月より関東地へ巡業に出かける筈。

明治39930日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派は、明日より松川家妻吉、東京大神楽丸一一座の鏡味仙太郎、同小仙、同長三郎、同小金、桂燕太郎、家橘改め月亭小文都が加わる由。

◇順慶町井戸の辻赤沢亭は、明日一日より、従前の一座に、鶯枝、高江、橘三、橘子等が出勤。

明治39101日 大阪朝日新聞

◇三友派の三遊亭円若は二箇月の休暇を得て本日より姫路市旭舘を始め九州地方へ巡業す。

明治39101日 大阪毎日新聞付録堺周報

天神席は本日より大阪連の掛持にて開演の筈

水族館夜間開場 當市水族館にては観月客の便を計り去る二十八日より来る四日まで七日間夜間開場をなし、毎夜俄踊奇術落語等の余興を催す由

明治39101 京都日出新聞

幾代亭の本日より替る出番順は 芝平、枝若、三八、文楽、新馬、枝雁、年史、梅坊連、文吾、小万、小満之助、枝太郎、梅坊連 尚梅坊連は日々滑稽を一席と切に於(お)東京狂言引抜き深川活惚を見せる筈にて本日の滑稽は「滑稽二人羽織」

明治39101日 神戸又新日報

第一第二湊亭 紀州辺へ出稼ぎの連中は昨日夫々帰神せしかば本日より舊一座の上へ三友亭小圓二、三遊亭若遊三、笑福亭松光及び東京柳橋芸妓三河家小峰、新柳橋小歌を加え賑わしく御機嫌を伺う由なるが尚上おきに三遊亭遊輔を加えんと昨今交渉中の由なり。

明治39103日 北国新聞

<圓馬、圓三郎、一九席で興行>

◇一九席 三周年祝賀興行として三遊亭圓馬、立花家圓三郎一座にて、一昨夜より簾(みす)を揚げたるが、小圓三、後八、文平、圓坊、千橘らの落語、曲芸、踊りなど、取り取りに面白く、中にも圓三郎の碁盤上の座り踊り、紺の前垂れは妙技真の驚くべく、圓馬の落語は軽くして味あり。流石は故圓朝の四天王ぞと感ぜしめ、大切松尽しは花やかにして、種々の松尽しを演じたる、又面白き趣向なり。初日より溢れるる計りの大人気なれば、定めて引続き大入りを占むるならん。

今晩の番組は左の如し小倉船龍の都(圓子)三人旅浮かれの尼買(しん三)鉄砲屋芸廻し(小圓三)満州土産(後八)ステテコ踊(文平)落語天災碁盤踊(圓三郎)故師圓朝自作人情百種の内読物(圓馬)教育文字当て踊(掛合)

明治391011日 新愛知

富本 今晩より桂文橘、圓福、福松、越都、桂春助一座にて開演

文長座 桃太郎一座は十四日迄日延べ

明治391012 北国新聞

◇一九席 大人気中なる圓馬一座も愈愈本日を以って千秋楽となる筈なるが、其の番組は左の如し。

紀州飛脚(圓子)小倉船音曲(しん三)月並丁稚(小圓三)子供ほり角力(後八)大田道灌曲芸(文平)物真似音曲(圓坊)九州巡り手踊り(千橘)巌流島音曲(圓三郎)安中草三郎伝続(圓馬)ぼんこらけん(掛合)

明治391013日 北陸政報

旭亭の落語 今晩より富山市旭亭に開演する三遊亭圓馬一座は東京生粋の落語家にて殊に座長三遊亭圓馬は素話しの頭領株なるのみならず先に来富せした馴染の圓坊も加入し居れば定めし好評ならんとのことなるか其の顔ぶれは前記両名の外立花家圓三郎、千橘、小圓三、小圓、しん三、文平の面々なりと。

明治391014日 新朝報

◇演芸界 ▲東雲座は大坂歌舞伎俳優嵐三五郎、実川延三郎一座▲弥生座 松本錦升一座▲河原座 岡本美根松の源氏節▲浜松座 浜松町の同座は、東京新俳優森繰一一座 ▲浜松宝来亭 吉川文花の浮かれ節

明治391014日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派各席へ明日より、三遊亭遊輔、同圓子が久々加わる由。

明治391015日 新愛知

富本 今晩より英国人ジョンペール一座にて開演。昔々亭桃太郎も加わると。

明治391016日 大阪朝日新聞

◇九州地方を巡業せし三遊亭遊輔、円子等今回帰阪して十五日より三友派各席へ出席する事となれり。

明治391016日 北陸政報

旭亭の落語 再昨夜より富山市旭亭において故圓朝の高弟株に其人ありと云われたる東京落語界における当初の素話家三遊亭圓馬が後見の許に立花家圓三郎が座長として一座十四名の大連が掲簾せしことは既報の如くなるが其の二日目なる一昨夜の主なるもの丈けを紹介せんに、全座の番頭役文平というヒョロ長男の素人俥は在来の語り口より余程変化もあり滑稽も亦面白く聞かれしが余興の勝手道具の曲芸は眼先変りて喝采を得たり。次の圓坊は御馴染み丈に顔を見ると満場拍手を以って迎へしより当人余程恐悦らしく話は例の口調故に感心せざれど。例の盆の曲芸より変化進歩したるものと前置して洋食皿の曲芸を見せしは大受けなり。次に千橘の音曲は金沢に興行中声を悪くせりとの言訳ありしも非常の美声にて殊にトッチリトンの如きはあでやかなり。次の圓三郎が語りし奈良の鹿政談は有触れたる人情的落語とて話題に珍らしき感は起らねども其の語口は又格別。識らず知らず実感をひきだすは流石に一座の重鎮というべく其の碁盤の上にて得意の梅にも春を踊りしは鮮やかなり。真打圓馬の人情話牡丹燈籠は眼が名人故圓朝の傑作として筋において悪しかろう筈なく況して素話として知られ居れる同人が語り出す人物は活躍して一本の白扇に依りて舞台に現れ出づるの想いあり。大切の余興松尽くしは楽屋総出にて中々凝ったものなり。因みに今晩の番組は左の如し

御祝儀宝の入船(圓子)西の旅琉球節(新三)中風小便(小圓三)おしの魚売生人形(後八)狸の釜立曲芸(文平)吾妻土産おどり(圓坊)今様流行歌(千橘)左甚五郎江戸入手踊(圓三郎)牡丹燈籠続(圓馬)大切播州古跡松(連中総出)

明治391016日 大阪毎日新聞

◇来る十七、十八の両日正午より、南地演舞場に於て開会する臨時友楽会は、故笑福亭福松の追善供養費に寄付の目的なるが、演芸は、落語(桂三友派連中)、軽口、新内、舞、揮毫、曲絃、掛合講談、奇術、西洋運動、浄瑠璃、長唄、狂言、喜劇、法師音曲、操人形、丸一一座等にて、大切には、洒落と品川「するが無理」と名題を付し、「鈴が森」の演劇を一場見せ、権八(曾呂利)、長兵衛(文左衛門)にて、飛脚、雲助等は桂三友派の総出。

明治391016日 大阪毎日新聞付録堺周報

天神席の落語 十五日よりの出番は左の如し

扇笑、松馬、福平、生瀬、枝鶴、寿、小圓、文雀、文我、松喬、米團冶

明治391021日 岐阜日日新聞(岐阜)

大阪笑福亭一座 今二十一日より當市今小町関本座にて大阪落語笑福亭圓篤、松鶴一座の興行をなす由なるが落語昔噺手踊の外一座には清国人の奇術師も加わり大切には一座総掛合にて茶番二輪加を催すよし

明治391023日 大阪朝日新聞

<天満林家席、杉の木亭と改名する>

◇桂派の天満林家席は此度同境内南角席に転じ、杉の木亭と改めて明夜より無料にて開場、桂派連中総出にて勤むるよし。

〈編者註〉すでに九月十六日の桂派矯風会の案内に「天満天神林家席改め杉の木席」と出ている。この時はさらに場所も移転したのであろう。

明治391025 北陸政報

旭亭の落語 富山市旭亭における落語今晩千秋楽の語物左の如く

御祝儀東の旅(圓子)西の旅播州巡り(圓六)理屈按摩並に顔芸(小圓三)牛誉め満州踊り(後八)日露新作噺音曲(文平)羽衣並に曲芸手踊り(圓坊)三都音曲喇叭節(千橘)文七元結手踊り(圓三郎)牡丹灯籠続(圓馬)大切立花家一派フラワダンス(連中総出)

<編者註>尚、この一座の詳しい記録は、「歌舞笑話圓頂派の記録」(芸能懇話14号)に集録。

明治391026日 新愛知

南駅座 今晩より昔々亭桃太郎一座にて開演

明治391027日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本月は東京新橋芸妓小歌、小峰にて好評なりし。これらはずさず来月は堀江七人斬の際不思議にも危険を免れし古谷あい事當地小万を真打に常盤津小満の助、桂文都、歌之助、剣舞の小圓らを加え、尚座付の圓松は五変化の足芸を演ずるという。

明治391029日 大阪朝日新聞

◇老松座にては二十九、三十の両日間諸芸大会を催し島之助、佳笑、時太夫、新左衛門、南光、米朝等出席す。

明治391030日 神戸新聞

湊亭の新顔 裁判所前の第一湊亭及び三宮神社境内なる第二湊亭にては来月一日より是までの一座より松光、若遊三、花圓造が抜ける代り小万、東家小満之助(常盤津)、立花家喬之助(清元)、桂文都、桂歌之助、笑福亭小圓、三遊亭小圓冶等が加わりお客の頤を解かせる寸法なるが小万と云うは例の大阪堀江六人斬にて有名なる中川万次郎の女房おあいの成の果なり。

明治391031日 大阪朝日新聞

◇三友派各席へ一日より東京柳派柳亭燕枝が乗り込む。

上方落語史料集成 明治39年(1906)六

明治39111 京都日出新聞

▲幾代亭本日よりの出番は 芝平、枝若、三八、文楽、松助、新馬、枝雁、年史、文屋、長唄連中、文吾、鏡味一座 尚長唄の出し物は毎日替りにて、三日迄は あやつり三番叟(一日)正月娘(二日)六歌仙の内文屋(三日)▲笑福亭は本日より小満之助が抜け桂小文都、桂文我の二人が加はる筈

明治39111 新愛知

◇富本 ジョンペル、昔々亭桃太郎一座大入に付き引続き興行

文長座 今夜よりジョンペル、昔々亭桃太郎ら一座にて開場

明治39111日 岐阜日日新聞(岐阜)

関本座 今一日夜より今小町関本座にては圓篤、松鶴一座へ一両名の若手を差加え落語大相撲穴探しを興行し穴を探し當てし客人へは景品を差出し一層勉強する由木戸は一人六銭

明治39111日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

金秀席落語家の出番は左の如し

扇笑、松馬、生瀬、小圓、若遊三、團三郎、寿、三代松、扇蝶、文團冶

<編者註>扇笑は、末廣家扇蝶の弟子で、後二代目三升から初代林家染五郎。團寿は、後橘ノ圓の弟子で、圓歌から圓都となる。團三郎は、ざこばの弟子で三升から圓の弟子となり、三代目圓三郎。

明治39113 京都日出新聞

笑福亭の一昨日より変りし出番順は喜蝶、団橘、立花、円次、芝楽、小文吾、福太郎、扇枝、円太郎、正風、小文都、円弥、文我、文之助

明治39118日 新愛知

富本 今晩より三日間諸芸大会を催す由。尚同席において来る十一日夜より大阪落語三遊亭圓三郎、同圓馬一座にて開演すべしと。

明治391111日 名古屋新聞

富本亭は愈々今晩より三遊亭圓馬一座にて開演する由。一座は立花屋圓三郎、千橘、圓坊、文平、後八、圓子、圓六、小圓三、文作等にて大阪における若手揃いなり。

明治391113日 名古屋新聞

富本亭は一昨日夜より立花家圓三郎一座にて開演し三遊亭圓馬が後見となりて出演したれば非常の好人気なり。圓三郎は後備一連隊付として出征したる男なり。因みに同一座は越中富山において菩提心を起こし一同丸坊主になり居るは一層滑稽なりと。

明治391116日 大阪朝日新聞

◇臨時友楽会 十七十八の両日、南地演舞場にて笑福亭福松、同亭文都、桂梅団治、同米喬追善の為、臨時友楽会を催す。番組は三友桂両派の落語、軽口、揮毫、講談、奇術、運動、喜劇、浄瑠璃、狂言及び俳優、芸妓の歌舞、大切には鈴ケ森一幕を演じ、平井権八を曽呂利新左衛門、幡随院長兵衛を桂文左衛門、飛脚可内を三遊亭円子、雲助は桂、三友両派の総出なりと。

明治391116日 大阪毎日新聞付録堺周報

天神席落語十五日よりの出番左の如し

扇笑、松馬、福篤、生瀬、寿、三郎、正風、春團冶、音曲三味線琴曲橘如、橘童、松光

明治391119日 神戸又新日報

湊亭慈善會 本年四月三日の昼席にて大演芸會を催したる揚り高悉皆は湊亭席主菊野菊松及び出方演芸者一同より本社へ託し簿命者又は惨事罹災者等へ適宣に分贈し来りしが其金額は悉く尽きたるより又亦来る二十三日の新嘗祭當日正午より同亭に於て慈善演芸大會を開く筈にて準備中なるが同會へ同情を表するもの頗る多く好評なりという。

明治391120日 大阪朝日新聞

<藤原重助死亡>

らくご 002◇藤原重輔死す 三友派各寄席の主催者として浪花芸壇に功労多き西区北堀江上通三丁目賑江亭主人藤原重輔は今春より病気に係り、此の程新築竣成したる住吉公園の此花に於て静養中なりしが、昨朝午前九時頃俄然変症して脳溢血を誘発し、遂に死亡せり。亨年六十一。辞世に曰く、急がねど迎ひに来れば是非もなしどうぞ皆さん跡にゆつくり。

重輔は東区博労町三丁目某商店にて生れ、幼少より利発にて「千日前の今昔」(編者註:十月二十二日から十一月五日までに十回連載され、千日前開発時代の重助の事が詳述されている)にも記せし如く、音楽を好みて熱心に研究せり。難波新地溝の側葬貸具商山田屋源蔵の養子となりしも、養父と意見合ず、偶(たまたま)千日前の墓地開拓に際し何か新事業を営むべしといひしより、いよ〳〵衝突して離縁となり、単独にて千日寺内に通名「丸重」といふ葬具貸物屋を始め、明治維新後旧六坊を勧誘して三勝半八の開帳を催したるが同所人寄せの濫觴にて、間もなく葬具貸屋を止め興行人となり、明治十年頃より小芝居、俄、落語等あらゆる興行物をなし、明治十五年の冬、堀江遊廓の大火後始めて今の落語席賑江亭を新築し、落語界の発達に尽力せしも意の如くならず、苦心の末二十六年十月三十日文都、福松、松鶴、二代目文団治等を一座せしめて賑江亭并に神明の常磐亭、法善寺の今嘉席(今の紅梅亭)の三席と協議の上三友派連を組織し、第一、第二、第三の此花館を自力にて設け、次で紅梅、永楽の二席をも我派に加入せしめて党勢を張り、絶えず東京の芸人を買出して寄席の進歩を謀り、大阪興行人界に此の名物男あるを知らるゝに至れり。重輔は本年二三月頃より病気に罹り、床に付く程にはあらねど病症不明なれば、諸方の医師に診察を求めつゝありしに、此の頃漸く病勢重り、食進まず、住吉公園の此花に出養生中、十八日も営業上文団治と午後三時頃まで談笑せしに、午後五時四十分食事して便所に至り、俄然倒れて水々といひしまゝ人事不省に陥り、遂に十九日午前九時頃絶命せり。死体は北堀江上通三丁目の本宅賑江亭へ引取り、二十一日午前十時出棺、生玉寺町持明院にて式を行ひ、阿倍野八弘社にて火葬に付する由。

らくご 001

[死亡広告]父藤原重助儀
而病気之処、遂ニ昨十九日午前九時死去致候間此段生前辱知諸君ニ謹告仕候/追テ葬送ノ儀ハ明廿一日午前十時堀江賑江亭出棺、生魂北向八幡北角持明院ニテ営葬仕候/明治卅九年十一月廿日/女藤原きく、妻松本まつ、親戚松本むめ、松本豊次郎藤原市松、藤原粂松、前川たき/浪花三友派聯合席主同連中総代会長曽呂利新左衛門理事桂文団治親友総代片岡忠行
明治39年11月21日 神戸又新日報
藤原重輔と今勝の女将 大阪落語三友派の首脳者たる堀江賑江亭主人藤原重輔は予て心臓病にて住吉公園に療養中なりしが一昨朝九時脳溢血を併発し遂に死去したるが、同人が京阪神の演芸界に貢献したることは其道の認むる所にて実に三友派の創立者なるが其以前には千日前の井筒と法善寺の今嘉の二席を以って桂派に対抗し重輔は常に東京に上りて芸人を連れ来たり大阪落語の進歩を謀りしが前記今嘉とは目下の紅梅亭にして其頃は市内花隈町の料亭今勝の女将おかね(四十)の亡夫今嘉が席主なりしものなりと。尚昨日の葬儀にはおかねを始め湊亭席主其他同席の芸人一同会葬の為上阪したりという。

明治391121日 神戸又新日報

湊亭慈善演芸會 第三回湊亭慈善演芸會は来る二十三日の大祭日正午十二時より第一湊亭に開催する由なるが會費は一人三十銭(茶菓火鉢敷物料とも)にて既記の如く慈善寄付方法は例の依り本社へ一任する筈。其番組は左の如し

小倉船(圓楽)七度狐(鶴瓶)月宮殿(笑三)金明竹、手品種明し(圓松)嘘修行(光雀)住吉参り駕馬踊スバラン(鶴松)愛宕山(團輔)親子芝居、舞喜撰(小文)三代高尾、剣舞(小圓)平野大念仏、滑稽浄瑠璃(南枝)三枚起請、音曲(小圓冶)穴なし小町(福我)大工裁判(歌之助)禁酒関所、手踊(福圓)端唄浮世節、常磐津富士の曙、舞雨後の月(喬之助、小満之助、小万)子別れ(文都)番外出演者末広家扇蝶、笑福亭枝鶴、金原亭馬生、三遊亭圓子、桂文團冶

故福松の銅像 市内裁判所前湊亭席主菊野菊松及び同席座付きの落語家連が発起となり當春追善演芸會を催し其揚り高と各自寄付金をなして先頃成工したる故笑福亭福松の銅像は一時第一湊亭に据え置かれしが此程大阪天王寺畔一心寺に御影の石台を築き立て近日其開幕式を挙行する筈なりと。

明治391123日 大阪朝日新聞

◇建碑式 諸興行物の持主として人に知られし故金沢利助の七回忌に付、二代目利助は高津表門中寺町本覚寺境内に墓碑を建築し、本日午後盛大なる除幕式を挙行す。

明治391123日 大阪朝日新聞

<桂手遊、二代目桂三木助を襲名する>

◇落語家南光の門人にて日露戦争に出征したる桂手遊は、今度桂文左衛門の旧名三木助を譲られしに付、改名披露として二十四日より二十七日迄金沢亭、瓢亭、幾代席、杉の木亭の四席にて順次大会を催す。

明治391126日 大阪朝日新聞

<桂文左衛門、健忘症となる>

◇桂文左衛門の健忘 月花に死にともないが病かなと申しまして、幾歳(いくつ)になつても死ぬ気になれぬが人情でござります。「世の中に逆様ごとのあるもよし順にいたらば乃公(おれ)が耐らん」と昔の狂歌師ではござりませんが、桂派の棟梁文左衛門も左様に思ひまして、箸が転んだ程の事件にも弁護士に相談したり学者に尋ねたりして居りましたが、此の頃同年輩の弥太夫、藤原重輔こんな連中が無情の風に誘はれて追々と冥土へ旅立ちを致しますので、然(さ)らでだにさへ物事を気にする文左衛門の痛めやうはまた格別、これが為に半身が心に任せぬやうになりましたので、文左衛門は大に驚き、宛(さなが)ら狂気のやうに騒ぎ立て、清野、坪井その他文左衛門の目には神農様のやうに思はれる名医の診察を受けましたが、知覚神経が何(ど)うかして居るとの事に、いよ〳〵頭を痛め、阿呆が死に神にでも取りつかれたやうに、最う死ぬ〳〵と騒ぎ立てゝ居りましたが、二三日前その書斎で書見をして居りますと、何んとしたことか日比よく知つて居るたつた一字が何うしても思ひ出せませんので、文左衛門いよ〳〵ます〳〵頭を痛め、我れ四十余年、女を慎み、食物を吟味し、しかもこの健忘症にかゝる、こんなことなら息子と嫁に財産を配けて遣り、自分は残る隠居料を懐にし予て此処で世を終らうと思うて居た和歌の浦の別荘へ行き、芸妓と云はず、舞妓と云はず、後家と云はず、娘と云はず、これと思ふ女に取り巻かれて贅沢のある限りを尽して涅槃に入らうと、落語家は落語家だけに一風変つた死にやうを考へたのは、花火で脅した昔の人のそれにも優る洒落やうと、文左衛門、我と我が手に点頭(うなず)いて、健忘症か何であるかを確めやうと坪井氏の許へ杖をも突かずに駆つけ、事の次第を話しますると、忘れるのはそりや私の匙加減、お前さんのやうな神経過敏な人には神経を休めるが第一だか、其処方の剤(くすり)が投(あ)げてありますゆゑ、その効験(ききめ)が見えたのでござらうと云はれ、文左衛門漸(ようよ)うに胸を撫で、やれ〳〵嬶や伜に財産を渡さいで幸福々々。

明治391128日 伊勢新聞(津)

三遊亭圓馬一座 目下尾州熱田にて興行中なる東京落語三遊亭圓馬、千橘、圓坊、文平、後八、小圓三、圓六、圓子、圓三郎等の一座は同地打揚次第当地に乗り込み、来月一日早々興行の筈。

明治391129日 大阪朝日新聞

<円寿・文我・生瀬>

◇三人黒助 浪華三友派の落語家に又の名を印度の蝙蝠と呼ぶ男あり。真個(まこと)は桂藤兵衛の門人円寿と称する箱枕使ひの名人なるが、久しく京都に在りて鴨川の水に浸りながら、気も融の大臣にあやかりて、塩釜の塩風に吹かれてにや、お色は真黒気なるより、堺の天神席にて印度の蝙蝠とは付けられたる次第なり、と所縁(いわれ)を聞けば有難くも何ともなけれど、本人は至極恐悦の体にて、夕さりくれば羽を広げ、夜毎に懸る寄席さへ甲から乙へと飛び廻りつゝ、電気の反射にいとゞ尚黒光りする顔の色を利かせ、柄にもない後家殺しの浮名を取り居れるが、茲に又同派中囃子方に八難隠せばこそ名もおとくと云へる色黒の女あり。顔の黒子は目立たねども、結立(ゆいたて)の髪に栄なき丸髷を、誰れに見しよとて櫛の歯の引くに引かれぬ仲となつたは、目下京都新京極の笑福亭に懸り居る同派の落語家文我其の人にて、是れも色黒きが故に黒助と云ふ、即ち黒助同志の十八番(おはこ)、図法螺(ずぼら)が取持つた縁ぞと、知る人ぞ知る筈を、知らぬが仏の出所なる、印度の蝙蝠と綽名を取つた例の円寿が十八番(おはこ)の三十石にでも乗せたるか、近頃おとくとの浮名を淀川に流せし所、噂は水と反対に京へ上り、文我の耳に波の音と響きしかば、こは以ての外と立腹し、おとくに宛てゝ彼の様な黒助と関係されては乃公(おれ)の顔に拘る故、断然手を切つて仕舞へとの脅迫状を送ると共に、堺の天神席に泊り居る生瀬にも端書を以て円寿に嫌味タツプリの伝言を依頼し越したるより、生瀬は其の旨円寿に伝へしに、是れ亦以ての外と呆れ返り、落語家をこそして居れ乃公(おれ)も男一匹、何不自由たらしくおとくの様な黒助に関係するものぞとシラを切つて其の場を外し、早速坂町のおとく方へ駆付けさま、お前は乃公(おれ)よりも先に文我と乳繰り合うて居たのかと尋ぬれば、おとく澄したもので、阿呆らしい、男ひでりがしたぢやなし、何しに文我さんの様な黒助を情夫(いろ)に持つものですかとさも迷惑らしく云ふにぞ、円寿は印度の丹次郎然と脂(やに)下り、ウム、爾(そ)うであらう〳〵、乃公(おれ)の方は余程文我より色が白い積りぢやからとは、鏡を見ねばこそ云はれた詞(ことば)なり。

明治391129日 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭は来月一日より松川家妻吉、同妻奴が笑福亭と懸持ちにて出勤の筈にて其他桂文枝、同三之助、笑福亭松蝶、松林若円等又鏡味一座も引続き出勤▲同亭の枝太郎、年史は一日より大阪行と決る

明治391130 京都日出新聞

笑福亭は明一日より妻吉、妻奴の外に桂福寿、笑福亭福丸の二人も出勤する筈にて出番順は団橘、立花、円次、芝楽、小文吾、福太郎、円太郎、扇枝、謹吾、福丸、円弥、文我、福寿、文之助、妻吉、妻奴

明治391130日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派各席は一日より講談師松林伯知、歌舞道楽米坡、小歌、小峰、満留吉、ヴアヰオリン橘正風、米国新式発音機松林知鏡等出席す。

◇天神宝来亭は神田伯山を東京より迎へて一日より「名士伝」と「近世義侠伝」とを読ます。

明治391130日 神戸又新日報

第一第二湊亭 来月は大人気の桂文都が居残り尚小圓二、歌之助、梅香も居据りとなり外に奇芸の荒井菊松、東屋小力、浅尾梅叶の三名を呼物にして相変らず明晩から・・・(以降解読不能)。

明治39122日 伊勢新聞

◇三遊亭圓馬 予て記せし如く三遊亭圓馬、同圓三郎の一座は一昨日当地に乗り込み昨日圓□(えんろ)の一隊顔見世をなせしが、圓馬が挨拶に本社を訪ひしとき、一社員が大人気ならんといひしに圓馬そのクルクル頭を指差し此の通り丸儲けですと即座の滑稽並み居る社員をして哄笑せしめぬ。

明治39122日 名古屋新聞

富本席 は明晩より富士松加賀太夫、神田伯山、春錦亭柳叟、桂小文治等一座にて開演すと

明治39124日 名古屋新聞

<立花家左近(後の三代目圓馬)の来名>

富本席 加賀太夫、柳派一座は毎夜々々大入にて今晩より音曲手踊り立花屋左近を加うる由

<編者註>左近の記録については同ブログ内の三代目圓馬の記録(初高座から左近時代迄)」に掲載

明治39127日 大阪朝日新聞

◇三友派の落語芝居は各演劇の閉場を竢つて来る二十日頃より五日間開演の筈。芸題は前「小栗」次は燕枝の出物にて「野晒」切は「妹脊山御殿」にて其の役割はお三輪(米坡)鱶七(円子)豆腐御用(小歌)求馬(芝鶴)橘姫(馬生)入鹿(文団治)等なりと。

明治391212日 大阪朝日新聞

◇本日は藤原重輔の忌日に付き堀江賑江亭にては正午より無料にて観覧させる由。

明治391213 京都日出新聞

<三友派落語家芝居・笑福亭>

笑福亭は本日より忘年会として大切に「曽我夜討十番切」の立ばなしを出す事としたるが其役割は 仁田四郎(謹吾)満江(立花)五郎丸、十郎(福太郎)五郎(文我)大磯の虎(芝楽)少将(円弥)仕丁(扇枝、文之助)幇間(円六、団橘)仲居(円次、福丸、福寿、小文吾)大薩摩(円太郎)長唄(妻吉)三味線(妻奴)

明治391218日 大阪朝日新聞

<三友派落語家芝居・角座>

◇角座の三友派の落語劇は本日開場前「姫競双葉画草紙」、次「露国の姿日本の少女」「エムエン」、中「市原野」、後「野晒」、切「妹脊山」御殿場等にて、役割左の如し。

 漁師浪七、渡辺綱、浮世戸平、官女(米団治)、鬼瓦胴八、鬼童丸、かわらけや詫助、官女(扇蝶)、横山大膳、膳所四郎蔵、露将コントラスキイ、官女(松喬)、照天姫、女房小ふじ、ト部季武、娘おだい(燕太郎)、石場うな蔵、袴垂保輔、提婆仁三郎(文団次)、横山太郎、馬士宮六、娘おしづ(米朝)、横山次郎、瀬田橋蔵、求女(枝鶴)、風間八郎、源頼光、六字南庄右衛門(新左衛門)、少女エムエン、娘おみわ(米坡)、腰元若葉、豆腐買お村(小歌)、小栗判官、後家おさん、宮女(馬生)、奴三千助、弟弥吉、坂田金時、橘姫(若遊三)、非人政元、鳴川逸蔵、鱶七、金輪五郎(円子)、日本軍探偵寺内三郎、入鹿大臣(残月)、細川政元実は風間八郎、馬士三太、野晒悟介(燕枝)。

〈編者註〉十二月十九日より二十四日まで。『近代歌舞伎年表 大阪篇』による外題と配役は以下の通り。

【前狂言】姫競双葉画草紙 三幕

序幕 横山館の場 江ノ島沖の場

小栗判官兼氏(大谷馬生)、細川政元実は風間八郎(市川燕枝)、横山大膳(片岡松喬)、横山太郎(市川米朝)、鬼女照天姫(嵐燕太郎)、妻浅香(実川花咲)、横山次郎(片岡枝鶴)、妹照日前(片岡福三)、桜井新吉実は楠田主水(市川文雀)、高淵官蔵(市川団作)、星川運八(中村小円子)、大巻丈九郎(片岡鶴二)、森本幸次(市川団八)、井貝佐平次(市川春団治)、奴三千助(嵐若遊三)、腰元かほる(市川団三郎)、小姓左門(嵐桃太郎)、茶道雲斎(市川団幸)、腰元みどり(片岡福次)、腰元紅葉(市川小団)、鬼瓦銅八(中村扇蝶)、駄々勘兵衛(実川花咲)、非人政実は細川政元(中村円子)。

二幕目 浪七住家の場 難風の場

漁師浪七実は水戸小四郎(市川米団次)、風間八郎義継(嵐新左衛門)、照天姫(市川小団)、駄々勘兵衛実は七里源内(実川花咲)、女房小ふじ(嵐燕太郎)、鬼瓦銅八(中村扇蝶)、弟弥吉(嵐若遊三)、庄屋杢兵衛(市川団作)、娘おもよ(市川春団次)、膳所四郎蔵(片岡松喬)、瀬田橘蔵(片岡枝鶴)、漁師竹五郎(市川団八)、同清蔵(中村小円子)、雲天坊(片岡福次)、馬士(市川米朝)、同(市川燕枝)、石場うな蔵(市川文団次)。

【次狂言】日本の少女 露国の姿 エムエン 一幕 薩哈連島噴火山の場

露国少女メドリー実は日本人副田光子(千歳米坡)、露国陸軍大尉コントラスキー(岡本松喬)、露国陸軍少尉(佐々木福三)、土民阿詮実は日本軍事探偵鳴川逸蔵(須永円子)、土民劉岱実は日本軍事探偵寺内三郎(小野残月)、露兵(大ぜい)。

【中幕】(外題不詳) 市原野暗闘の場

源頼光(嵐新左衛門)、渡辺源次綱(市川米団次)、碓井六郎(片岡松喬)、卜部季武(尾上燕太郎)、阪田金時(嵐若遊三)、鬼童丸(中村扇蝶)、袴垂保輔(市川文団次)。

【後狂言】酔菩提悟道野晒 上中下

上の巻 住吉境内の場 同反橋の場

野晒悟助(市川燕枝)、浮世戸平(市川米団次)、舎利葬若蔵(片岡松喬)、幻長次(片岡福三)、石仏安助(片岡鴈篤)、都婆台蔵(市川春団次)、扇屋娘お田井(尾上燕太郎)、乳母おまき(市川文雀)、手代鶴助(中村小円子)、手代八重蔵(市川団八)、丁稚長松(市川小団)、白酒屋七助(市川団三郎)、娘おしづ(市川米朝)、かわらけや詫助(中村扇蝶)、子分小からし桃太(嵐桃太郎)、六字南無右衛門(嵐新左衛門)。

下の巻 千日前悟助内の場 四天王寺伽羅山門の場

提婆仁三郎(市川文団次)、野晒悟助(市川燕枝)、舎利葬若蔵(片岡松喬)、幻長次(片岡福三)、石仏安助(片岡鴈篤)、都婆台蔵(市川春団次)、後家おさん(大谷馬生)、娘お田井(尾上燕太郎)、乳母おまき(市川文雀)、子分忠造(実川花咲)、同三造(片岡福次)、同丸助(市川団三郎)、料理人喜八(片岡鶴二)、丁稚長太郎(市川小団)、娘おしづ(市川米朝)、かわらけや詫助(中村扇蝶)、子分(大ぜい)。

【切狂言】妹背山 御殿の場

入鹿大臣(中村残月)、妹橘姫(嵐若遊三)、烏帽子折求女実は藤原淡海(片岡枝鶴)、宮越玄蕃(市川団作)、荒巻弥藤次(片岡福次)、官女楓の局(片岡鴈篤)、同梅の局(市川米団次)、同桜の局(中村扇蝶)、同松の局(実川花咲)、同竹の局(大谷馬生)、同藤の局(市川米朝)、同萩の局(市川春団次)、同菊の局(市川文雀)、同桔梗の局(片岡福三)、同紅葉の局(市川団三郎)、豆腐買お村(中村小歌)、漁師鱶七実は金輪五郎(中村円子)、娘お三輪(千歳米坡)。

【値段付】上場一間に付二人詰金一円八十銭 東場同金一円三十銭 出孫同金二円 桟敷同六人詰金六円十銭 上割一人金十五銭 上割同金二十銭 上割同金三十銭 通り同金七銭。

〈編者註〉上の演目の内「エムエン」は中止になったらしく、明治三十九年十二月二十四日大阪毎日新聞に以下の記事が出ている。

「角座の落語家芝居にエムエンといふハイカラ名の狂言が一幕出る筈で、米坡が少女に扮し、樺太で熊との物語をするといふ頗る面白いものを演ずる都合であつたのが、頭取側の文団治や燕枝が他の狂言と調和が取れず演れないとあつておくらとなり、米坡は一番新派を驚かしてやらうとの意気込みが悄気たさうな。看板を出した侭また演りそこなつても愛嬌になるから演れば好かつたのに野暮なことぢや」

明治391218日 北国新聞

◇一九席 本日より諸芸吹寄せ一座の忘年会にて木戸銭大安値の勉強にて開演の筈。顔触れは左の如し

昔噺(かつら藤三)源氏節(岡本美津染)落語(曲亭西馬)義太夫(竹本磯子)落語(笑福亭里鶴)浮かれ節(美濃家松光)落語(曲亭馬琴)義太夫(竹本一九)

明治391220 京都日出新聞

幾代亭は明二十一日より左の通交代、尚定連は大津ヒーロー館と懸持ち文三、才賀、枝雀、三輔、雀之助、小文三、三若、扇之助、妻吉、妻奴

明治391229日 大阪朝日新聞

◇建碑式 南区天王寺一心寺境内に於ける浪華三友派故笑福亭福松の銅像、故人文都、小文都、米喬、梅喬の石碑落成したるに由り、三友派各席主が催主となり二十八日正午より建碑式を執行せり。来賓百余名にて中々盛なりき。

明治391227 京都日出新聞

幾代亭は元旦より韓国人の奇術師金元基、金貞川といふ身丈二尺五寸の小男が出勤する由にて其他三遊亭左遊、林家一奴の二人も加はる筈にて其他の定連は枝太郎、文吾、年史、枝雁、松輔、文楽、新馬、松蝶、三八、枝若、芝平

明治391229 京都日出新聞

笑福亭は元旦より左の連名にて西陣座と懸持の都合円六、団橘、立花、円次、芝楽、小文吾、福太郎、福丸、円弥、扇枝、文之助、米□、有村、文我、円太郎

明治391230 新愛知

富本席 昔々亭桃太郎一座にて開演





【参考資料】

<桂派矯風会(明治39年)>

114日 瓢亭 
 出演者:雀三郎、文弥、枝雀、文枝、文左衛門、円馬、南光等。余興千橘、円三郎、助十郎の歌舞。

211日 幾代亭 
 番組:地獄八景(雀之助)、八五郎坊主(小文三)、竈幽霊(枝雀)、胆つぶし(文三)、鬼の面(南光)。
 余興三十三間堂浄瑠璃(文三・南光・糸:文枝・枝雀・胡弓:文屋その他惣かけ合)、安中草三郎(円馬)、
 守る古風(文左衛門)、犬太郎(文枝)。

311日 林家席 
 番組:出演者:兵庫渡海(扇の助)、首商人(後八)、初天神(枝雀)、名所論(南光)、色紙の交換(文
 枝)、余興幇間の技芸(小文三・雀の助・文屋)、無哲法(文左衛門)、安中宗三郎(円馬)、後家殺し
 (文三)。

48日 金沢席 
 出演者:梅喬、文歌、枝雀、文屋、文三、文左衛門、円馬、南光。余興松永和風一座の「鞍馬山」。

513日 瓢亭五十回開会の祝意を表して来客へ記念品を呈す) 
 出演者:雀三郎、三五郎、枝雀、南光、円馬、文三、文左衛門等。余興「化物紙籠引抜雀踊り」円三郎、千
 橘、文屋、福助、三輔、雀三郎、手遊、小文三、雀之助、文平。

610日 幾代亭 
 番組:兵庫船(雀之助)、浮世根問(小文三)、一夜漬(文歌)、盗人の挨拶(枝雀)、三十石(南光)、余
 興「滑稽操り獅子引ぬき石橋」(一座総出)、二人上戸(文左衛門)、安中草三郎(円馬)、改心息子(文
 三)。

916日 天満天神林家席改め杉の木席 
 番組:鳥屋坊主(扇之助)、下戸の頓知(雀之助)、土産祝(三輔)、無筆の帳場(枝雀)、新辻うら(文
 三)、余興柴笛剣舞(東長治郎)・新内節(富士松小寿栄)、侠客天狗(南光)、浮世道楽(文左衛門)、
 安中草三郎(円馬)、鬼あざみ(文枝)。

1014日 金沢席 
 番組:手かけ(三若)、初天神(梅喬)、付焼刃(文歌)、転宅祝(枝雀)、しまつの極意(文三)、余興新
 内夜桜揚屋の段(小寿栄)、落語の起り(文左衛門)、箒屋娘(文枝)、高野違ひ(南光)。

1111日 瓢亭 
 出演者:三五郎、枝雀、南光、才賀、文枝、文左衛門、枝太郎、文三。余興手遊、花之助、小文三、三輔、福
 助等の歌舞。

129日 幾代亭 
 番組:兵庫船(雀之助)、根問(小文三)、馴れぬ業(枝太郎)、無筆の頓知(枝雀)、新講談(邑井貞
 吉)、シヤクリ裁判(文三)、余興(小文三・枝雀・才賀・三輔・文左衛門・枝太郎・三木助・雀之助)、
 臨機応変(文左衛門)、秋葉の色どり(才賀)、妙な道楽(南光)。

<三友派日曜会(明治39年)>

114日 第一此花館 
 番組:頓智の弁解(笑福亭福次)、ちさ籠(笑福亭福三)、眷族車(笑福亭松喬)、孝女さよの伝(朝寝坊む
 らく)、宝船角倉の伝(金言亭馬生)、接木の手入(笑福亭枝鶴)、牛の話(三遊亭遊輔)、葛の葉(曽呂利
 新左衛門)、余興米国人フアーロン・英国人シヤーマン・千歳米坡・千歳米若・常盤色葉。

218日 賑江亭 
 番組:茗荷宿(団作)、菊石の妾(三代松)、鶴の茶屋(松喬)、青楼(松光)、夢(小勝)、廿四孝(枝
 鶴)、文七元結(円右)、土金水(文都)、余興は芦屋道満大内鑑葛の葉子別れの段(文我・紋弥その外総
 出)。

34日 永楽館 
 番組:宝の入船(若三郎)、風の神(福三)、借家怪談(米朝)、茶の湯(小勝)、孝子蜆売(米団治)、粗
 忽長屋(小さん)、線香の立切れ(文都)、三人不具(遊輔)、余興小倉船引抜竜宮海二人浦島(文我・扇蝶
 ・若遊三・雁徳・福三・小満の助・小伊勢)。

520日 紅梅亭 
 番組:七度狐(団作・福次)、熊の皮(家橘)、囲碁敵(錦枝)、宿屋仇討(枝鶴)、五月角力(馬生)、浮
 世床(米団治)、地獄旅行(円子)、関津富(燕枝)、三人兄弟(新左衛門)、余興歌舞道楽(小歌・小峰・
 色葉・小伊勢・小満之助)。

624日 第一此花館 
 番組:高宮川(福治)、人形買(松喬)、しんこや新兵衛(梅香)、音曲噺(一円遊)、性は善(枝鶴)、出
 世角力(馬生)、吉野狐(文都)、徳利奇談(燕枝)、探偵談(残月)、奇術(李彩)、長唄(小歌・小峰・
 小満之助)。

715日 賑江亭 
 出演者:枝鶴、馬生、文都、李彩、指月尼等。

812日 第一此花館(臨時日曜会)
 番組:角力の賑ひ(円坊)、成田小僧(若遊三)、笑ひ竹(金馬)、見返り柳(一円遊)、牡丹灯籠(小円
 朝)、尺八の曲(花童)、文七元結(むらく)、官業芸者(円左)、無学の争ひ(円蔵)、七段目(円右)、
 神田祭浮世節(橘之助・喬之助)、隅田の夕立(円遊)、岸の漣、常磐の松嶋(舞、吉蔵・吉之助・地方、和
 佐太夫・小和佐太夫・仲蔵・菊之助)

923日 永楽館
 番組:嶋廻り(若三郎)、観音霊験(新作)、相撲道楽(家橘)、猿廻し(松喬)、神と仏(梅香)、貴顕の
 御威徳(残月)、月にむら雲(枝鶴)、大橋流(馬生)、誤つて改む(文都)、余興二人羽織、深川踊り(梅
 八連中)、歌舞道楽(小歌・小峯・鯉・米坡)。

1021日 紅梅亭
 番組:鳥屋坊主(団作)、北郊狩猟(春団次)、劇好(燕太郎)、不動坊火炎(米団次)、義士銘々伝(馬
 生)、涙の薫(文都)、花見小僧(遊輔)、網船(曽呂利)、余興長唄勧進帳(円子・妻吉・妻奴)、東京
 名物(鏡味仙太郎・小仙・長太郎・小金)。

1125日 永楽館
 出演者:米朝、枝鶴、馬生、遊輔、扇蝶、燕枝、余興坂東小三郎、小川浅丸の長歌、松川家妻吉の歌舞。

129日 紅梅亭 
 出演者:福三、遊輔、米団治、伯知、燕枝、余興米坡、小満之助、小歌、満留吉、小峰等の歌舞道楽。


 


 

プロフィール

丸屋竹山人