明治41年

上方落語史料集成 明治41年(1908)一

明治401230日 大阪毎日新聞

<新年の落語席と出演者一覧>

【桂派】

 金沢亭雀四郎、文蝶、伝枝、小文三、文橋、文三、杵屋連中、三木助、三輔、仁左衛門、雀之助、小文吾、文左衛門、小三、左円太、文枝、雀三郎、清国人、枝雀

 瓢 亭:あやめ、文橋、仁助、三木助、三輔、小三、左円太、傳枝、仁左衛門、小文三、清国人、文屋、文三、雀三郎、雀之助、枝雀、小文吾、杵屋連中、文枝

 幾代亭文柳、吾竹、文蔵、雀三郎、扇之助、文屋、雀之助、枝雀、小文吾、文枝、杵屋連中、小文三、清国人、傳枝、文三、三木助、三輔、仁左衛門

 杉の木亭:三昇、扇之助、文屋、小文吾、吾竹、文蔵、清国人、文枝、雀三郎、小三、左円太、傳枝、枝雀、三木助、三輔、杵屋連中、仁左衛門、小文三、雀之助、文三

【三友派】

 紅梅亭:鶴二、団作、福篤、歌の助、米朝、小伯知、松喬、曽呂利、文団治、燕太郎、馬生、扇蝶、花扇、円子、文都、一円遊、梅香、春団治、女連、米団治、印墺国人、松鶴

賑江亭:団昇、小団、団三郎、文雀、新作、扇蝶、松鶴、米朝、文都、梅香、三代松、福吉、米団治、雁徳、花咲、燕太郎、小伯知、歌の助、松光、満留吉、小歌、小満之助

永楽館光鶴、若三郎、三代松、春団治、梅香、松光、一円遊、女三人、松喬、印墺国人、小伯知、松鶴、菊団治、花扇、円子、馬生、米朝、扇蝶、曽呂利

 第一此花館:団幸、団勇、菊団治、燕太郎、雁徳、花咲、一円遊、印墺国人、小伯知、米団治、文団治、松光、女三人、馬生、米朝、扇蝶、松鶴、梅香、春団治、花扇、円子

第三此花館都鶴、鶴三、我楽、小円子、文我、米団治、三代松、花扇、円子、菊団治、曽呂利、□□治、雁徳、花咲、小米、松光、印墺国人、松喬、一円遊、燕太郎、馬生

【互楽派】

  第一文芸館(松嶋)藤円、鶴之助、藤枝、花香、松竹、栄太楼、藤誠、枝光、正三、万治、団司、東六、正楽、梅八、豆八、梅桜、藤遊、三平、小金遊、春輔、円篤

 第二文芸館(内本町):篤三郎、枝光、藤□、梅八、豆八、梅桜、春輔、三平、小金遊、藤枝、円篤、松竹、花香、藤誠、栄太楼、正三、団司、藤六、万治、正楽

明治4111 京都日出新聞

初春興行案内 ▲大虎座 東玉、正玉、馬鹿八等の一座にて「社頭松」「勇み駒」「伊達競恋仇討」「二次会」「名筆吃又平」引抜き「大津絵の所作事」 ▲朝日座 箱王、団次、粂仙、新王の一座にて昼は「寿三番叟」「時代娘」「花橘」「恋看板△夜は「謹賀新年」「寒牡丹」「妹背山」「やかず聟」「合縁奇縁」 ▲幾代亭 深川踊の梅坊主連と宝来家小柳等の浮世節万歳其他定連 ▲笑福亭 千歳米坡、立花家君子、同花の歌舞道楽と外に円太郎等の定連 ▲橘家 南昇、竜馬、文之助、南陵等の講談 ▲西陣座 万歳俄 ▲第一福真亭 吉田奈良丸の浮れ節 ▲第二福真亭 君栄、林之助、尾上等の女義太夫 ▲第二広沢席 吉田奈良丸の浮れ節 ▲錦座 松林伯鶴、山崎琴書の講談

明治4111日 大阪毎日新聞

◇本日より神戸湊亭は、圓若、残月、新作、福治、才賀、小円治に、東京下りの福円が加入。お馴染みの福我、南枝、團輔、小文、光雀、鶴瓶、円楽の大一座。

◇互楽派の各席へ一日より東京三遊亭小金遊、麗々亭梅蝶及び女義太夫豊竹団司、竹本東六等が加わる由。

明治4111 台湾日日新報

新年の興行物 台北座の閉場せしより台北の興行場所は劇場として栄座寄席として朝日座の二箇所となり新年などには聊物足らぬ心地す而して本日より演し物は▲朝日座は高松一行の活動写真・・・。

明治4111日 満州日々新聞(大連)

◇広告/謹賀新年大連信濃町花月席大連市信濃町友花月

明治4111日 満州日々新聞

◇興行もの ▲常盤座 青柳、東、愛澤等の清閑美團一座▲寿座 松尾伊井一座にて開演予定であるが、未だ休業中▲花月席 浪花節吉川秀廣一座

明治4112日 神戸新聞

稲荷座 同座の人形浄瑠璃は昨日より一番目「三国伝来玉藻前」大序より中「先代萩」切「古手屋八郎兵衛」

姫路楽天席と旭館 姫路楽天席は立花家圓一座にて音曲落語手踊り又旭館は大阪親友派宮川松朝一座にて軍事教育浮れ節

明治4113日 北国新聞

◇演芸会 ▲福助座 元日早々花々しく開演したる芳五郎、冠十郎合併一座は、元日とは云わず初日早々一杯の大入を占めたる由▲尾山座 エムバテー活動写真は昨日午前楽隊を以て市中を練り廻り本社前に於て「君が代」を吹奏し、「北国新聞社」萬歳を唱呼(しょうこ)し同日午後六時より花々しく開演したるが、降雪(こうせつ)にも拘らず好景気を占めたり▲いろは座 新派兄弟義会一座にて元日より蓋を開けたるが賑々しき客足を見たり▲一九席 小石喜久松一座の地萬歳にて昨日より開演したるが、例により景気頗るよしと▲松ヶ枝館 鶴之助の地萬歳に手品一座を加えての開場とて昨日の初日早々相当の景気なりしという▲小福座 竹本春玉一座の女義太夫にて昨日より開演したるが、前景気非常によかり▲福栄座 堀川初三郎一座の地萬歳にて昨日より開演せり。場所柄とて大人気を占めたる。

明治4118日 神戸又新日報

湊亭評 第一第二も大々人気は其筈の顔揃いである。東京帰りと号する福圓の落語は相変らずだが三つ合わせた喇叭節がお土産とでも言つて置こう。團輔が例の褌にババは困つたもの屁とか苦楚(くそ)とか言わねば笑わせらねぬものか。小文の落語は例の如く踊はキマリに身の・・・・(解読不能)。新顔の何とかいう落語家が又もババの話アア厭だと思つた後が残月の講談でホットした。得意の廣瀬中佐は朝日座を見るが如く背景が欲しかつた。近来残子頗る腕を上げたは事実である。福我の新落語はアトの官営煙草のトツチリトンと相俟つて新しい。才賀の「お半半七」は正に中入前の腕はある。小網町の半七が来たの処も三遊亭派のクスグリではなく柳派の自然滑稽で聞き宜かつた。座中の圧巻は此男である。切の圓若は聞かずに出た。

明治41116日 鷺城新聞(兵庫姫路)

ブラック一座と十五日戎 當市阪元町山陽座において十五日より興行すべかりし英人ブラック一座の演劇「幡隨院長兵衛」及び奇術催眠術は十八日初日とし、昨紙に十五日すでに蓋を開けたるは全く誤聞なりしかば、尚ほ惣社戎宮祭典も雨天続きのため一日延期し十六日まで執行したり。

明治41117 京都日出新聞

四条南座の円頂派は本日乗込む筈にて一座は宝恵籠に乗りて祇甲、先斗町其他の遊廓へ挨拶に廻る都合、初日は明十八日開場は午後五時、其出番順は円角、円作、円歌、円幸、円丸、円三郎(三代目)円三、円治、円馬(後見)円(座長) 尚入場料は一等(三十銭)二等(二十五銭)三等(十七銭)四等(七銭)

明治41118 京都日出新聞

四条南座の円頂派 音曲笑話は愈々本日初日の都合にて其出番順は御祝儀東の旅(円角)昔噺曲芸鼻立(円作)滑稽落語手踊(円歌)笑話尽し音頭(円幸)音頭流行歌、洋灯きせるの曲(円丸)浪花笑話浄瑠璃手踊(円三郎)ハイカラすてゝこ盥の曲(円三)東音曲浮世噺(円治)古今人情噺(円馬)当世落語、曲踊もの真似(円坊)所作情話一流手踊(円)大切余興社頭松引抜き総踊

明治41118日 神戸又新日報

落語日曜會 例の裁判所前第一湊亭に於て明十九日正午十二時より第十回落語日曜會を開催する由當日の番組左の如し

小倉船(圓楽)高宮川(福次)堅法華(圓松)馬方茶屋(新作)愛宕山(團輔)仕込の大筒(小圓次)心眼(福圓)舞老松田舎娘(小文)中節□□衣洗い(唄喬の助、絃無名子)陰の夜(才賀)□□の花(残月)味噌蔵社頭の松(圓若)

明治41126日 大阪朝日新聞

◇藤原重助建碑式 浪花三友派の組合寄席の内此花、賑江両席の館主藤原重助は、其の組合許りでなく南区千日前の開発にも余程功ある者なれば、存命中より有志は寄り〳〵同人の記念碑を建設せんとの説ありしが、昨年同人の死後いよ〳〵建碑の相談有志中に成立ち、住吉停車場の傍に地を選み建碑落成なしたるより、本日午前九時同所に於て建碑式を挙ぐる事となり、三友桂両派の落語家、各寄席主人及び同人の生前の知友等参集して盛大なる祭典を執行するとぞ。

明治41127日 大阪毎日新聞

◇因みに前号(一月二十六日)記載せし故藤原重輔の建碑式は、昨日正午住吉停車場付近にて挙行し、余興には餅巻き等もあり、三友桂両派の落語家及び関係者又右団治、芝楽、右之助等をはじめ、同人生前の知己等が参集して、頗る盛況なりしと。

明治41131日 大阪朝日新聞

◇桂派の各席は二月一日より従来の一座へ長唄柳家よし、同たきの二名出勤する事となれり。

◇浪花三友派各席二月一日より従前の一座に東京より岩てこ一座、柳亭小燕枝、春風亭梅枝が出勤する由。

明治4121日 名古屋新聞

富本座は昔々亭桃太郎と高島家米玻一座にて開演す。

明治4121 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭は本日より八代目入船亭扇橋及び長唄の杵屋福三郎、同福子、御前倭舞の久茂井辰雄等が出席扇橋は得意の東京俳優声色演芸風俗を演ずる由▲笑福亭は米坡が引続き出勤する事となりしが本日より替る出番順は文橘、円次、橘太郎、芝楽、円弥、三八、三吉、扇枝、福丸、福太郎、円太郎、文之助、有村、円平、花助、君子、米坡▲橘家の講談席は本日より魯水、小円鶴、小伯竜等が出席

明治4121日 神戸又新日報

中道亭 兵庫舊中の土橋講談席中道亭本月の出演者は旭堂南昇と老巧の笑福亭竹山人に若手の旭堂南陵なりと。

明治4121日 満州日々新聞

花月席 既報の如く今一日より演芸大寄せを催すべく車読みの競技に於いて一ヶ月間大喝采を博したるものには、座主より金時計を贈呈すという番組は左の如し

加多の弥太郎(京山若吉)塚原ト傳誉の太刀風(京山若圓)名誉侠客千葉喜太郎(満州軒若八)元和三勇士田宮左金吾(満州軒勝廣)伊賀上野敵討荒木又右衛門(娘太夫吉川巴)難波戦記岩見重太郎(京山末廣)寛永勇士揃御前試合(桃中軒雲丸)義心塚之由来長井源三郎(満州軒雷右衛門)春色咲分梅斑鳩平次徳川葵の錦弁慶新三郎(吉川秀廣)寛政力士伝谷風梶之助合邦辻俊徳丸(松福亭時丸)三味線曲引(京山梅花、松福亭小福)

明治4122日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本月は昨年来たりし印度人の愛嬌男サエモンジョジーと白人チャレーとて湊亭の番頭井上が当地で発見して大阪で日本物を仕込ませしハーモニカの吹手と両人にて白黒踊りというをやらかし尚笑福亭枝鶴は四代目松鶴となりし改名披露をなすべく外に松林小伯知の新講談、小圓冶、米朝、春團冶、燕太郎、福冶等の大一座なりという。

明治4125日 神戸又新日報

湊亭の芸評と所感 ヤタラに褒めちぎる愚者でもなくムヤミに批難する程の賢者でもない、芸評と所感とは別物ではあるが夫を一緒クタに書殴り聊か芸術者の反省を促そう

▲三友亭紋弥 落語はベタつく方だが有望の芸風だ当人音曲で客が取れるから話はどうでもと捨鉢にしてはならぬチョイチョイ新しいくすぐりも言うが誤りがある新聞論評でも読んで少し舌を馴らすべしだ音曲も此男の技量で福我式の物に意を注いだらは関西無敵に立至るであろう。

▲笑福亭圓松 右も左東京落語で押通すのだから今少しユトリをつけて前月の才賀などの喋り口を学ばねばなるまい何しろ此男は手品や指の写し絵や問答と多芸なのが却つて身の毒で話方が進歩しない本芸を一つ何と定めて献身的に一意専心研究すべし

▲桂團輔と小文 俺はどうでも宵い忰さへ物になればの一心残らず小文に乗移つて鷹となり親爺は美ン事産んだトンビで満足する為め落語も前々世紀で鷹は□□弛んで来た鷹の方は舞がよいが話はもう一息という世論だ併し父子とも高座に現れれば拍手喝采は素晴らしい人気である。

▲燕太郎と米朝 燕の方はお定まりの芝居噺小笠原も根っから以前と優劣が付ぬソコで所感を別に申さば頭が大きいから、「蕣花」(あさがお)だとか人気取りに自分を卑しめて客に媚びるのは可かん此男の芸風殊に舞ならば正に胡麻すらずとも出世は出来る米の方は落語は老熟している何処へ押出しても米朝は米朝だが話はない方で文都や枝鶴の如くスラスラと流暢に行かぬが結局真打というべき芸ではなかろう。

▲喬之助と福我 喬之助の音は関西無二である。柳原にも中倹にも清元屋はタントあるが声に至つては其右に出づる者はない併し可哀そうな事に覚えただけが追々崩れる方で之を斧正すべき師に乏しいのが関西の浅ましさだ時々東京に帰ってナール程をやつて来ねばならぬ何日までか「コラコラーイ」のみでもあるまい福我の芸評は定評ありとしてすまい此頃此男こはでな服装を廃して茶の紋など着ているが、京阪流に大の男が金鎖を頚から掛けるのもみ裏の羽織を着るのという風は鼻持がならぬ併し衆人稠座の高席に上るのだから幾分渋味を厭うのは至當であろう。

▲ジョジーとチャーレー 印度人ジョジーの方は正に黒人で墺国人チャレーの方は確かに白人で能く名詮自称を現わしている黒の洋笛は巧妙、白の未だ芸人らしくない処を見ると気の毒に思うと同時に白哲人種の堕落に異様な感が起つたのである(へな坊)

明治41210日 大阪毎日新聞

◇桂文団治の改名 当地三友派の宿老文団治は、今度東京の桂文治が名跡を継ぎ、文団治の名は、更に門下の米団治に譲りて、これを三代目とし、文治はこれを機に、二代目文団治の記念碑を法善寺境内に建立する事となりたり。この打ち合わせの為、文団治は来る十五日上京する筈なるが、披露は帰阪後三月上旬を以て各席に行う由なりと。

明治41211 京都日出新聞

○興行界 ▲笑福亭は本日より大切に「小夜衣三人廻」といふ立噺を演ずる筈にて其役割は百姓杢右衛門(文之助)大工熊五郎(円太郎)寄合酒盛(有村)スイカラ通人気取薫(円弥)顔役中野菜造(扇枝)娼妓喜瀬川(米坡)芸妓てく吉(花助)舞子小ねこ(喜美子)同村ちよこ(三八)娼妓梅ケ枝(三吉)若い者喜助(円平)幇間でこ助(福太郎)同ピン内(福丸)芝屋の亭主(芝楽)按摩しよぼ市(橘太郎)鍋焼うどんや(文橘)▲大阪三友派の宿老桂文団治は今度東京桂文治の名跡を襲ぎ文団治の名は門下の米団治に譲りて是を三代目とし文治は退隠する都合にて其改名披露は来る三月上旬を以てする筈

明治41214日 大阪毎日新聞

◇順慶町井戸の辻赤沢亭は、明十五日より落語、新内合併一座にて開演。主なる顔触れは、三升家紋弥、三遊亭ぽん太、春陽亭胡蝶、桂藤朝、岡本呂光、岡本小美栄。

明治41215日 北国新聞

◇一九席 落語連にて開演したるが、久振りとて景気大に好し。今晩の出し物は、異口茶屋(近之助)高砂屋(福圓)川崎土産(近松)清元夕立塚(花之助)くしゃみ太夫(蔵の助)鰻屋(左近)梅若礼三郎伝(文左衛門)喜劇アイラブユー(総出)

明治41215日 神戸又新日報

第一湊亭 一昨、昨の両夜は笑福亭松鶴が四代目松鶴を襲名せし披露にて一昨夜は大阪より文團次来たりて其披露を為し其他松喬、扇蝶数名スケとして出席せしより満場の大入にて松鶴へ市内各贔屓連より贈り物多かりし。

明治41215日 満州日々新聞

演友會慈善興業 明後十六日花月席に於いて開催する大連演友會慈善興行の番組左の如し

落語厄払い(〆太)剣舞(川上福夢)義太夫鈴ケ森(竹本小井筒太夫改め竹本井筒太夫)講談(松林黒燕)落語道具屋(半七)義太夫仇討瀧の段(竹本春庫太夫)清元(福助)曲芸(春風斎)剣舞本能寺孤軍奮闘(川上)落語小言幸兵衛(小はん)凱旋踊(千勝館千松、勝利)大切茶番化地蔵(三枡家連)三味線(竹本井筒太夫改め豊竹筑後太夫)

花月席 満州軒雷右衛門、吉川秀廣、松福亭時丸一座の大寄せ競演會車読みの腕くらべなり

明治41218日 名古屋新聞

富本席 は昨十七日より曾呂利新左衛門一座の落語にて開演其前連中は左の如し

昔々亭桃太郎、高島家米玻、三遊亭圓玉、三遊亭小圓、橘家橘天、昔々亭ぽん太、三遊亭小左衛門

明治41223日 神戸又新日報

落語日曜會 第一湊亭の日曜會昼席は毎日好人気にて既に第十三回となり本日より(晴雨不論)開催する由番組は左の如し

地獄八景(鶴瓶)東の旅軽業(光雀)明石名所(福我)七度狐(南枝)源兵衛玉(小圓冶)意地競(福圓)余興舞保名狂乱(小文、清元雁金、喬之助)内外音曲舞踊(サエモンジョージョー、チャレフイブ)中入後馬の田楽(春團冶)芝居噺春駒(燕太郎)恋の辻占(米朝)色敵嘘講釈(松鶴)

尚同会は各自演芸者は頗る非常の大勉強にて何処までも落語の研究をなす目的にて今回は改名せし松鶴もあり皆腕競べを為す由因みに食費は一人二十五銭にて茶、菓子、火鉢、下足料を申受けるざる由なり。

明治41225日 徳島毎日新聞(徳島)

<徳島緑館開場>

緑館の舞台開き 富田町角寄席緑館は来月一日舞台開きを為し大阪千日前播重席出勤の女義太夫豊竹此助一座乗込み興行することに決せり

明治41225日 大阪朝日新聞

◇宝来亭は二十六七両日、松林右円会主となり演芸会を開く。出演者は桂三友両派の落語家、豊竹時太夫の浄瑠璃その他新内、講談等なり。又同座へ三月一日より松月堂呑玉、伊藤燕凌等出演す。

明治41228 京都日出新聞

興行界 ▲笑福亭は来月一日より桂菊団治、末広家扇諜が新たに出勤し大切には余興として立噺「社頭松」を楽屋総出にて勤める筈にて其出番は文橘、[]橘、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、円弥、扇枝、福丸、円平、花助、喜美子、文之助、円太郎▲橘家の講談席は来月一日より南昇、南洋、竜馬、南陵等が出勤する筈にて読物は△昼の部 明治侠客木曾富五郎、仙石騒動 △夜の部 祐天吉松、大和三勇士、木下藤吉郎

明治41229日 北国新聞

◇一九席 文左衛門左近一座の落語連は、愈々本日限りにて、富山旭亭へ乗込むべく、本日の番組は、娘義太夫(近之助)廓の花(福圓)無筆(近松)お三茂兵衛(花の助)おはち(蔵の助)夢金(左近)左甚五郎(文左衛門)

明治41229日 大阪朝日新聞

◇三友派の各席へは一日より今様狂言仕舞の泉佑三郎一座、台湾芸妓小桃外四名、東京落語家扇橋、曲三弦杵屋福三郎、剱舞有村謹吾等が出勤す。

◇桂派の各席へも一日より今様能狂言の泉佑三郎、同ふく、同はなの一座が加はり、久々にて立花家千橘も出席す。

明治41229日 神戸又新日報

第一第二湊亭 三月一日より久しぶりの曾呂利新左衛門に東京カツポレ岩テコ連の寿屋幸蔵、浅吉、鉄三郎、岩蔵加わり外に文雀、米朝、小米等なるが大切は滑稽立ち噺「社頭の松」の所作事ありという。

上方落語史料集成 明治41年(1908)二

明治4131 京都日出新聞

祇園の夜嵐 昨夜午後十時、祇園町花見小路貸座敷米愛事米村あい(二十六年)方の二階裏座敷にて同人及び同人の旦那なる新京極幾代亭席金井芳松(三十五年)を始め、祇園北側町池松庄次郎(五十一年)、木屋町仏光寺橋下興行業清水福之助(四十九年)、西洞院錦小路下る悉皆屋高木幸次郎(二十八年)、宮川町六丁目貸座敷中島たまの夫武次郎(三十一年)の七名は大胡坐車座になり豺(さい)本引と称する賭博を開帳中を松原警察の風俗係りに踏み込まれ周章狼狽の大騒動となり金井芳松はこれと見て直ちに其場を逃走したるも他は悉く逮捕数珠繋ぎとなりて同署に引致され場銭十円余は全部押収され目下取調中なるが逃亡したる芳松は何処に潜伏し居るや判明せず厳重に捜査中なりと

興行界 ▲幾代亭は本日より歌舞道楽の小満之助、まる吉、印度人サエモン、ジヨヂヨー、人情噺の為永栄二等が新加入し其出席順は芝平、文楽、□枝、三八、年の助、辰雄、枝厂、桃太郎、文吾、印度人、為永、小満之助、まる吉、枝太郎

明治41312 京都日出新聞

四条南座出勤の片岡我太郎は落語家曽呂利新左衛門の伜なるより幾代、笑福の両席より総見物をするとか、又来る十九、二十の両日は祇甲、先斗町及町娘達の総見物ある由

明治41320日 神戸又新日報

◇新開地相生座 昨日して東京大歌舞伎を打揚げ本日午後五時より圓頂派の落語にて蓋を明ける由連名を演芸左の如し

立花家圓幸、圓角、圓作、圓丸、圓三、橘一、圓坊改め三代目圓三郎、橘ノ圓、故圓朝作塩原多助一代記三遊亭圓馬、大切□□引抜大笑曲三段返し電気応用楽長稲垣

<編者註>圓頂派については、「芸能懇話14号」の「歌舞笑話圓頂派の記録」参照

明治41322日 大阪朝日新聞

◇芸人の家庭(八) 落語家  

大阪の落語家は概して有福である。それは席亭との関係がよほど旨く出来て居るので落語家の手に入る歩合が比較的多いからである。大頭株では一日に三四円を得るのに難くない。其処へ成るべく倹約をして貯めやう〳〵と心掛て居るから、嫌でも応でもお金が貯まる。文左衛門などは借家の数十軒も、持株券公債の二三万円もしこたまため、居間には金庫を置いて帳簿と首引の境界である。そこでこの落語家には誰がなるかといふと、多くは寄席放蕩の成(なれ)の果、素人話から持ち上げられて、遂に高座に面を曝すやうになる。初めは師匠取をして稽古に通ふ。根問ひ、伊勢参宮、鱶の身入れ、百人坊主などが手ほどきである。俗にこれを入込みと唱へる。この間を「へたり」といふので、前座から打出しの太皷までを打つ。これで日給が三四十銭。それから段々仕上げて師匠株になると中等の生計は楽に出来る。

女房は娼妓か芸妓に極つて居る。子供が生れる、男なら俳優、女なら芸妓にしやうと心掛ける。何れを見ても無学文盲の連中であるが、心掛けのよい手合は発句の一つぐらゐをひねくる。中には物識(ものしり)の先生を尋ねて有職故実を聞きかじるものもある。

弟子が来ると稽古をする。出来が悪いと叱言を云ふ。東京の落語家のやうにお座敷が無いから、その方は一向揮はない。酒の好きな連中は午飯の膳に一ぱい遣る。ほろりと酔が廻る。色物専門の男は口三味線の一つも遣る。時には女房が爪弾をする。これはまず上の部である。

心掛のよい連中は暇さへあると人寄の所へ行く。行商人や露店の様子を見る。それを心に止めておいて、高座の上で「口上振る」。これに面白いタネを得ることがある。それから売り声、流行歌、何れも彼等の研究材料に為らぬものはない。

高座では可笑しみを主とするが、家では成るべく厳格な顔をする。昔とは異(ちが)つて木綿物などは着ず、悉く絹布づくめ、おまけに自用車を置く必要もある。雑用は多いが収入も増加(ふえ)て居るからさのみ苦しい境界でもないらしい。東京から来た落語家連中で、此方に足を止める者の多いのは、お座敷の収入はなくても仲間の交際に銭が入らぬからである。ノンキで威張つて、気楽に遣つて行かれるからである。

東京の落語家は愛嬌を主とするが、大阪はそれがない。素話の面白いのよりも色物の流行(はや)るのは偶(たまたま)この社会の衰微を意味する。ちと奮発しちや何(ど)うだ。

明治41327日 鷺城新聞(兵庫姫路)

劇場戎座の新築 當市豆腐(とうふ)町東裏に戎座と称する劇場を株式組織にて新築すべく飾磨郡手柄村の内延末村田中永次及び當市忍町山本清吉以下浅見半二、高濱常吉、西村三木造、中山栄吉、内藤甚三の七名発起人となり数月以前より當駅多田元次郎方に事務所を設けて運動中なりしが既に予定の株も集まりしを以て二十五日午前九時より市内上白銀中島旅館に集合し工事請負入札を執行したるに午前四時開札の結果神埼郡香呂(こうろ)村岩田栄治の手に落札したれば直ちに新築に着手する事となりたるが舊卯月八日までには多分落成すべしと云ふ。

明治41328日 神戸新聞

湊虎亭 にては四月一日より旭堂南昇、笑福亭竹山人、旭堂南陵等を招きて昼の部鐘馗半兵衛、義士銘々伝、夜の部多田亀吉、木下藤吉郎を演ぜじむる由

明治41329日 大阪毎日新聞

◇天満天神講談席宝来亭にて来る三十一日午後五時より、伊藤燕陵会主となりお名残の演芸会を催す由にて、三友桂両派の落語家、新内、浄瑠璃、講談、剣舞等なり。

明治41331日 大阪朝日新聞

◇桂派各席は是れまでの一座の外に四月一日より久々にてヴアヰオリン(石村松雨)、風琴(石村松翠)、今様源氏節(岡本小美家、同美家吉)を加ふる由。

◇浪花三友派も一日より京都名物六斎踊り、東京の翁家さん馬、桂文楽、月の家うさぎ、岩てこ一座及び長唄杵屋さく、はるが出勤する由。

明治41331日 大阪毎日御新聞

◇互楽派第一第二文芸館へ、一日より出勤する張円桂の奇術は、刀の先に鈴をつけて飲み込みながら、運動の曲芸をなす由。

明治4141日 大阪毎日新聞

◇順慶町井戸の辻赤沢亭は、本日より従前の一座へ、娘義太夫豊竹此千代、落語大和家金の助、桂藤輔が加わる由。

明治4141日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本月の新顔は金原亭馬生、笑福亭松光、杵屋福三郎、桂歌の助、同小圓冶なるが福三郎は盲目法師にて曲引なりと

明治4141日 名古屋新聞

富本席は音曲落語浄瑠璃の色物にて今一日より開演すと云う

明治4141 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭は本日より旧臘より東上中なりし年史、好史、年々坊等も戻り小満之助、小円馬、印度人なども引続き出席する筈にて大切には電気作用舞踏といふを演じるとか其出演順は枝若、文楽、喬枝、好史、桃太郎、三八、枝雁、年々坊、年史、小円馬、小満之助、まる吉、文吾、サエモン、チアレアイブ、枝太郎、電気舞踏▲笑福亭は本日より新加入として東京下り内田秀甫が出席する由又大切立噺は「滑稽隅田の夜嵐」と芸題変へ▲橘席の講談席は本日より伊東燕凌が出席

明治4141日 満州日々新聞(大連)

興行もの ▲花月席 豊竹筑後太夫、吉田東若一座の人形浄瑠璃に落語、剣舞を差加えたる色物興行本日が初日にて、番組は、式三番叟(吉田東若)太閤記尼崎の段(竹本小井筒太夫)落語(三枡家〆太)金毘羅利生記百度平住家の段(竹本春庫太夫、三味線豊竹筑後、人形吉田東若)菊水流剣舞(川上福夢)落語左甚五郎伝(小はん改め三枡家福太郎)朝顔日記宿屋の段(竹本井筒太夫、三味豊竹筑後、人形吉田東若)人情講談(松林黒燕)喜劇ポンチ画(富士の家連) ▲旅順黄金堂 源氏節岡本美根松一座

明治4141日 徳島毎日新聞

緑館の桂派落語 愈々本日町廻り午後六時より開演、明日より昼夜二回興行今晩の番組は落語(桂菖蒲)新内(小三)音曲(文蔵)手踊り(扇之助)軽口(左圓太)曲芸(文福)音曲(傳枝)手品(清国人及寶山)四ツ竹(雀之助)落語(文枝)

明治4143日 九州日報

川丈座圓頂派落語 東京圓頂派落語は、神戸興行大入日延の為、川丈座の開演も従って延引となりしが、愈々今晩より蓋開けとなり、延期お詫びとして一座大車輪にて働き申すべしと云う。後見に据えられつゝある圓馬は、故人三遊亭圓朝の門人にて、圓若時代は絶えず師匠に随行せし事とて、圓朝其侭の口吻(こうふん)あり。人情講談としては、當時二三屈指の顔なるが牡丹燈籠、塩原多助の如きは同人独特の出物殆ど圓朝に髣髴(ほうふつ)たるものあり。圓は滑稽落語と手踊に妙に得。尚此の外西洋音楽の名手秀琴子ありと言えば、其好人気得て知るべきなり。今晩及び明晩の番組は左の如し。

一日目 御祝儀寶の入船(圓幸)二人道中神の賑い(圓角)三人尼買紙立の曲(圓作)音曲吾妻土産煙管の曲(圓丸)落語士族の車夫(圓三)西洋音楽オルガンヴアイオリン(秀琴)人情新話(圓馬)落語掛取萬歳曲芸(圓三郎)落語奈良の鹿手踊(圓)

二日目 御祝儀寶の入船(圓幸)道中の法會(圓角)兵庫船音曲(圓作)音曲櫻風呂(圓丸)落語及び曲芸(圓三)端唄音楽(秀琴)新話文七元結(圓馬)芝居の穴曲芸(圓三郎)落語天災手踊六歌仙(圓)

明治41415 京都日出新聞

幾代亭は本日より大切に所作事「葛の葉」引抜き「保名狂乱」を演ずる由にて葛の葉と保名とを枝太郎、童子を三八が勤め、地は清元にて小満之助とまる吉とが出語り

明治41416日 新朝報(愛知豊橋)

◇河原座の落語 同座が柳亭左龍の大道具大仕掛の怪談、三升亭瀧鯉斎、管の家亀楽の手品、柳亭右龍、龍三、龍左、小二三、橘家小朝、古今亭今の助、春風亭枝六、大与枝等の落語連中にて、今十六日より花々しく開演する由。

明治41421日 満州日々新聞

花月席 源氏節身振狂言岡本美根松一座にて午後六時より開場。一座は綺麗な小娘揃いなり。岡本美根松、同美根由(八歳)、同美根鈴、同友好、同美根鶴、同美根友、同美根春

明治41422日 大阪朝日新聞

◇曽呂利の刺激 難波新地二番町の貸席蝶亭事谷口団次郎といつぱ、落語家曽呂利新左衛門の伜なり。父曽呂利の高座風を受けて自然と滑稽に富み、馬鹿八百呑気なことばかりを抱への芸妓等に話すより、家の兄さんはよい方や、気兼の要らぬ主人やと噂してゐるうちに、小梅事斎藤千代(十五年)といふのが早や付け上つて、文楽座の三味線弾広一事坂田芳之助(二十三年)といふ若いのに逆上せあげ、又広一も小梅のあどけないのを可愛がる。そこで両人飯事序に寄席にいつて曽呂利の落語をきいた。高座では相変らず替り合せましての口上、一向面白からず、何か目新しい所をと思ひますれど根つからその、イヤお気の毒さまの前置き。誠にお気の毒さまと此方から云ひたい程なれば、小梅は最初から欠伸を催し、心密かに思ふやう、曽呂利さんの落語の振はぬのは余り呑気過ぎるからや、一番その呑気を此方のお株にとつて、もし妾が広一さんと駆落したら曽呂利さんも屹度喫驚しやはるやらう、左すれば落語の材料も出来て自然と面白うなる道理と広一に相談して見ると、即座によからうと大いに振つた遺書、「新左衛門さんの芸道に刺激を与ふるため、且は研究の材料を供するため、自分等は姿を隠す」との趣かき残して、一昨日の午後、頗る呑気に家を出でたり。曽呂利方にては大金の掛つた玉、転げられて逃げられて堪るものか、芸道の研究どころか、不景気の折からこの始末ではお落語にならぬ。併し流石は当世、刺激とはよくいひ居つた。針で刺されたよりも余程痛い〳〵と、早速南署へ取押方の願書〳〵。

明治41422日 満州日々新聞

<大山館開場>

大山館の席開き 市内大山通宅合名會社支店筋向う路地内大山館は今回其筋の認可を得て寄せを開業し、去十九日夜其披露をなしたるが来賓は三十余名にてなかなか賑やかなりしと同館は階上にて見物席は七十余畳を有しなかなか広く舞台も見事に出来上がり居れり。

明治41424 京都日出新聞

<五代目橘家小円太>

笑福亭出勤の橘家円弥は今後五代目橘家小円太を相続する事となり来る二十五、六の両日午後五時より其改名披露の諸芸大会を催す筈にて大阪三友派よりも数名出勤するとか其出演者は◇定連 福太郎、文橘、円平、橘、福丸、扇枝、橘太郎、秀甫、芝楽、円次、文之助、円太郎◇浪花三友派 文団治、扇蝶、米団治、菊団治、文都、春団治 ◇女道楽 小満之助、まる吉、喜美子、花助 ◇浄瑠璃 禰巴津、冠車 ◇幇間 瓢六 ◇講談 伊東燕凌、松林小円、神田小伯山、松林伯鶴

明治41424日 満州日々新聞

大山館 新たに渡米したる浪花節吉川家辰丸一座にて久々の開場来客に対して丁寧に取扱うは勿論萬事手落ちなくお茶子を働かせ十分の満足を与うという。

吉川家小辰、廣澤菊若、吉川家辰丸

明治41426日 香川新報(高松)

寿座の落語 多度津町寿座にては廿六日より桂雀の助一座の落語興行あり。

明治41427日 大阪朝日新聞

◇曽呂利の旧友 五十年以上の交▼一々判を取りに廻る  

人情軽薄の世、昨日の親友も今日の敵となるが多ければ、十年の交りを訂(ただ)すものさへ少きに、是れは五十年来の交りを替へぬは芽出度き話なり。然も一人二人にあらず、何(ど)うかして五十人だけ作りたいと懸念する者、学者や金持や宗教家になくて芸人にあるこそ面白け。

三友派の会長といかめしき肩書は付け居れど、気軽で瓢きんで浮世を三分五厘に送る曽呂利新左衛門、今年いくつになるか自分の年は知らねど、何でも八十よりは若き筈なり。私もこないに長生して何日(いつ)死ぬとも限りの知れぬ浮世に阿呆らしうもないぐづ〳〵して居るは嫌なれど、冥途でもこんなのは流行らぬと見えて引き取つて下さらぬこそ恨みなれ。私のやうに長生をするものがあるか無いか、五十年以来交際(つきあっ)て居る人間を調べて見やうと、如才なさに指を折つて見ると、あるわ〳〵瞬く間に三十八人といふ姓名を考へ出しぬ。その中の最も年長者は新町小山席の主小山亀蔵の八十九歳、これに続いてはその昔御池橋の東詰にあつた定席の講談師立川三光(後に三玉斎と云ふ)の門弟徳野一山の八十七歳などで、これ等は曽呂利がまだ堀江で倉橋屋と云ふ呉服悉皆屋の伜であつた当時からの馴染なり。この他には南地五花街取締の阿部弥七郎、同人の弟清七(静席主)これは弥七郎がまだ心斎橋の糸屋時代で、清七と曽呂利とはその頃持てはやされた画工木下芦州(中川芦月の師)の許へ通ひ居たる馴染なり。堀江の貸座敷村井、中村梅玉、嵐橘三郎、市川市十郎、市川右団次、中村重蔵などはそれにつぎ、水芸師吉田菊五郎、博多の侠客新門浅五郎、浅五郎の妻のお亀(十五六の時亀伊三の芸妓にて亀松と呼びたり)、広島の幇間紋太(今は廃業して妻に遊芸師匠をさせ居れり)、兵庫の料亭常磐花壇の主人前田常蔵、神戸落語定席湊亭の主人菊野菊松などが又それにつぐ。然しこんな事をして居る中に死ぬやつがあつてはあほらしいさかい一冊の画帳を製(こしら)へて、これに初め交際した当時の有様を書き、記念の為その人々の判を取りに廻る筈にて、目下それぞれ準備中なるが、先づ遠方のところから方付けやうと云ふ考へで、この夏には紋太の判を取るが為広島へ出稼をする積りなりと云ひ居れりとぞ。

明治41429日 名古屋新聞

富本席は五月一日より三遊亭金馬に大阪堀江の六人斬にて両腕を失いし松川家妻吉一門にて開演する由

明治41429日 大阪朝日新聞

◇桂派各席へは東京葭町の芸妓新三河家とめ、同豊子、三枡家小しめ、同若蔵及び落語音曲都家歌六が出勤す。

◇浪花三友派各席へ五月一日より東京より立花家橘之助、同喬之助、記憶術柳一、ジヨンベール出席す。

明治41430日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各席同盟組合席主が幹事となり、本日午前十時より同派の連中は更なり、同派関係者は奈良嫩草山に春季運動会を催し、各隠し芸を出す筈。

明治41430日 大阪朝日新聞

<幾代席、第四国光席と改名する>

◇東区淡路町幾代席は此の度天満裏門国光席主原盛千代が買ひ取り、一日より引続き桂派の落語を興行す。

〈編者註〉幾代席は桂派の牙城であるが、それが浪花節の天満国光席の原盛千代に買収された。これはひとり桂派の凋落を意味するだけでなく、大衆芸能に占める落語の位置が浪花節にとって代わられつつあるこの時代を象徴的する出来事だといえる。

上方落語史料集成 明治41年(1908)三

明治4151 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭は本日より東京名物会寿家岩てこ、鉄三郎、小てこ、てこ助等が新たに出演する事と決り大切は落語引抜き所作の早替りを出すが其役割は忠信、白拍子、幇間(枝太郎)鼓の藤太(桃太郎)長唄、浄瑠璃、鳴物(年史、小円馬、三八、枝雁、好史)▲笑福亭は本日より女道楽月の家うさぎ、杵屋はな、同まく、立花家喜美子、桜家花助及び真誠剱舞の渡辺五郎、多賀井菊之助、坂本清等が出演の他松鶴改め笑福亭竹山人も出勤する筈▲橘家席は旭堂南陵、笑福亭竹山人にて開場▲尚笑福亭の橘家円太郎は神戸へ行くと

明治4152日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本月の顔ぶれは立花家圓太郎、東家小満の助、北陽丸吉、笑福亭梅香、文の家福太郎、三友亭小圓冶、笑福亭福冶などなり。

明治4153日 中国新聞(広島)

柳座はブラック一座の奇術

明治4154日 大阪朝日新聞

◇落語家運動会 桂派落語家は五日午前十時より住吉公園に於て運動会を催し、当日は競技数番の外に角力を取組む事とせり。行司は桂文屋、呼出し小三にして、取組の顔触左の如し。

 水月対文福、三五郎対左円太、文暁対文蔵、小文吾対三木助、小文三対てこ助、及宝山対吾竹、文枝対仁三郎、扇之助対枝朝、雀之助春光、文三対仁左衛門、仁助対あやめ、雀四郎対伝枝

明治4155日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天席の落語好評 竪町楽天席において去る一日より大阪三友派落語大一座にて各自得意の技芸を演じ頗る喝采を博しをれるがその顔ぶれは左の如し

御祝儀(小圓)昔ばなし(団寿)東京落語(小圓字)大阪はなし(三呑回)はなし顔芸(花圓遊)浮世節新内端唄(十松)大阪はなし舞(圓三郎)三味線曲引(柳寿斎)山村派舞(花扇)大阪はなし箱まくら曲(圓寿)音曲手踊音楽(墺国人チアレアイブ、印度人サエモン)東京音曲はなしステテコ(圓子)清元流行歌浮世節(かほる)

明治4157日 神戸又新日報

姫路戎座 飾磨郡國衢(こくく)村の者が発起し今春来姫路駅前鷺陽橋開墾地に新築中なりし戎座は七日午前九時より落成式を挙ぐる筈なりと

明治4158日 満州日々新聞(大連)

大山館の親遊會 当地在住の芸人にてお馴染みの三枡家〆太、京山若八、浮世亭○○、竹本井筒太夫、豊澤喜笑、松林黒燕、三枡家福太郎、岡田利義、青柳春水等が一團となり親遊會なるものを設け内地に帰還せんとする芸人中旅費なき為困難し居りし者を是迄も度々救助し居りしが右資金を積立つるの計画を立て之が資を仰がんとて大山館と交渉の上同館にて開演する事となりたり入場料は下足共金二十銭にして黒燕は義士銘々伝を読み大切に景品付講談穴探しを催すべく議長を岡田利義に弁護士を青柳春水として打出し前の花を咲かせるという。

明治4158日 鷺城新聞

<姫路戎座開場>

戎座の舞台開き 當駅前西上町戎座の落成式は予記の如く七日挙行し素人浄瑠璃を催して中々の盛会なりしが尚同座は舞台開きとして大阪歌舞伎座市川白蔵一座を招き九日より前狂言「菅原伝授手習鑑」中幕「信州川中島」切狂言「隅田川真面影」を興行すべきが一座の顔触は左の如しと。

中村歌仙、嵐妻三郎、中村宗若、片岡若梅、尾上玉之助、市川三昇、中村梅丸、中村桐若、嵐葉左衛門、市川右次丸、市川荒次、沢村調三郎、沢村調十郎、中村芝加三郎、市川利九蔵、中村高之丞、坂東豊次郎、市川白蔵

<編者註>姫路は、七福座の焼失後、劇場はしばらく山陽座だけであったが、戎座誕生により二つの劇場となった。

明治4159 香川新報(高松)

玉藻座の落語 既報の如く愈々一昨夜より開演せしが、初日頗る人気好く當夜の如きは小まんの清元北州、若遊三の役者物真似、千橘が得意の都々逸何れも耳新しく大切の喜劇は飽くまで馬鹿馬鹿しきに大喝采と博せりと。尚今晩の読物左の如し。

百人坊主(文朝)盗人の仲裁(喬三)空財布(圓輔)二人癖(小正三)刀屋丁稚(里鶴)清元保名物狂(小まん)一枚起請(年の助)五十世紀(千橘)成田小僧(若遊三)大切にわか総出幽霊の競争

明治41510日 新朝報

河原座の落語 好評を博したる三代目浪花家辰之助の披露興行は本日限りにて明十一日よりは立花家近松、かね子、近之助、花之助、福圓、左近、紀國家文左衛門の落語音曲一座にて開演する由

明治41511日 神戸又新日報

湊亭慈善會決算 過日第一湊亭に於て席主菊野菊松及び出演者一同、番頭、お茶子、下足番に至るまで共同にて開催したる慈善演芸會の決算は左の如くにて収金十五円八十銭は本社へ託して貧困者善行者等へ贈るべしと

揚がり高金二十一圓六十銭△内三円五十銭大阪より出演者汽車代△二円三十銭菓子代△差引実収十五円八十銭

明治41515日 名古屋新聞

富本席は今十五日より昔々亭桃太郎一座に春風亭柳叟等を加えて開演する由

明治41515 京都日出新聞

幾代亭の所作落語は本日より「質屋蔵」と芸題を替へたるが其役割は舞衣裳精、菅原道真精(枝太郎)小柳繻子の精(枝雁)大島紬精(三八)女洋服精(桃太郎、好史、喬枝)

明治41515日 九州日報(福岡)

圓頂派の乗込み 圓頂派落語大一座は本日川丈座に乗込む筈にて乗込み次第町囃し賑わかに町廻りをなし即夜開演の都合なるが今回は名残りとして目新しき趣向の演芸を仕組むべく余興としては社頭の松又各地に於いて好評を博したる二十世紀露宮の夢其他は道具を要することゝて目下孜々として道具調整中なり。本日の番組は三人尼買(圓角)小倉船並に紙立の曲(圓作)米国舞踊(一)吾妻音曲並に煙管の曲(圓丸)天災並に曲芸(圓三)故圓朝翁作圓馬十八番「塩原多助一代記」(圓馬)芝居廻り並に盆の曲踊(圓三)狐茶屋並に舞(圓)大切露宮の夢(圓外数名)

明治41517日 大阪朝日新聞

<桂派の紛擾①>

◇寄席の紛擾 桂派分離せん 

党派争ひが落語界の上にまで及んで腮を外させ、お臍の宿替をさする手合の睨み合ひこそ憂(うた)てけれ。

 天満杉の木亭の席主代理に下村竹次郎と云ふ者あり。一寸法律のことをも弁(わきま)へ居れるより、昨年九月、桂派の規約を草し、桂一派の連中の判を取り、自ら代表者となり、懲罰委員を置き、賞罰を明かにせんとて、席主にては杉の木、瓢亭、落語家にては文枝、枝雀その委員となりて、竹次郎が委員長となり賞罰を行ひしに、その遣り方面白からずとて、一派の間に苦情絶え間なかりしが、本月五日、住吉にて桂派の運動会を開きたる時、竹次郎が一派の者に対(むか)ひ、こゝにて一同講座以外の隠し芸を演れと言ひ出したるに、一同これを斥け、物貰ひではあるまいし、野天井で芸を演れとは怪しからぬと憤慨するものあり。瓢亭、金沢の両席もこれに同意したるより、竹次郎は翌日瓢亭へ向け、この上は各自の自由の行動を取ることにせんとはがきにて云ひ遣りぬ。これより先、瓢亭が金沢席の者と共に都家歌六外三名を伴ひ奈良に赴きたることあり。竹次郎はこれを見て、かたがた自分を出し抜きたるものなりと想像し、これを分離の口実とし、幾代亭と共に別に新桂派を組織せんとし、文三、三助外数名の同意を得たる由なるが、旧桂派の連中はこれを聞いていよ〳〵臍の尾を固め、この上は一同袖を聯ねて幾代、杉の木を離れ、金沢、瓢亭を根城にして飽くまでも新桂派に拮抗せんと敦圉(いきま)き居れるに関らず、其の分離期が来月一日以後とは何処までも落語家式で暢気なり。又幾代席は旗色の如何に関らず此分離実行の暁は浮れ節にて開場する覚悟なりと云ひ居れり。喀様(かよう)の次第にて桂派は目下猶ごた〳〵の最中なりとぞ。

明治41519日 神戸新聞

慈善演芸會 剣操術陽春流岩規正憲氏発起人となる来る二十三、四日両日午後五時より市内下山手通神港倶楽部にて神戸訓盲院のために慈善演芸會を開催すべしという入場料一等一圓、二等五十銭、三等三十銭なり番組左の如し

◎二十三日 ・・・・・喜劇「日の丸」曽我廼家小四郎、粟亭東■、■亭東市・・・・

◎二十四日 ・・・・・喜劇「狂獅子」曽我廼家小四郎、信濃家半才、大和家寶来、講談「義士銘々伝」翁家ぜん馬・・・・落語「仕込の大筒」桂文三・・・・

明治41524日 満州日々新聞

◇興行もの ▲大山館 色物興行相変わらず大受けわけて新たに加わりたる都亭市丸の三味線曲弾が呼物なり ▲花月席 元井筒座々主寺尾勉が太夫元にて満州座の軍人劇で有名なる伊勢一座に大阪若手俳優市川團蝶市川琥珀郎が加入し其上にお馴染の青柳春水岡田利義等二三の新俳優が加わりて新舊両派合同の大一座にて昨日より興行

明治415252629日 大阪毎日新聞

<桂派の紛擾②>

◇桂派は何うなるか 

当地の落語桂派中に目下妙なゴタ〳〵話が持上つて居るという事は風の便りに聞いて居たが、尠し深這入りして様子を探つて見ると中々其騒ぎが大きい。実は桂派の死命を制する一大事件であるには却つて聞く吾々が意外の思をした。

先づ第一の事件は淡路町幾代亭が前席主西村元次郎の手を離れて一万二千円の端(はし)た金で天満の浮れ節国光席主原盛千代の手に渡つた事である。これは昨年十月の事であるが、然し大変な事で、幾代と云ひ西村と言ひ桂派に取つては忘るべからざる記念席、記念人物が一敗地に塗れて、其持席を他に譲るのは同派に取つて如何ばかりか残念な事であらう。即ち桂派は茲に破綻の緒を開いた。

幾代亭を買つた原は一時ソノ興行権を桂派の文三に譲つた。譲つたといふのは可笑しく聞えるかも知れぬが、兎も角も興行人として五月以来幾代の管理を文三に一任した。ところが恰度それと同じ時分である。天満天神裏門の前林家席が杉の木と改名して新内八蝶席に移り、同時に下村竹次郎といふのが席主となつた。これがそも〳〵騒ぎの基となるのだ。

これより先、桂派には前々から其所属四席の席主中より互選で一人の代表者を選んで席主一切の代理をする慣例であつたが、何分にも同派中唯一の元老である幾代亭主人はフラテンとなつた際であつた事とて、金沢は例の席主がお構ひなし、瓢亭は名代のお人よし、其処へ今度杉の木の主人となつた下村といふのは、三百代言の理屈を尠しは捻くる男であるといふので、此男をソノ代表者に選んだ。(525

◇桂派はどうなるか(つづき) 

選まれて桂派専属四席の代表者となつた杉の木の下村は、これを機として出来るだけ自分の勢力を落語家仲間に押拡めやう、それには先づ腹心の徒党を作らねばならぬ、徒党を作るには恩を売るねばならぬといふので、茲で増給問題が起つて来た。

桂派は余程以前から木戸銭割を廃して全部月給制度になつて居る。否独り桂派だけでなく当地の落語界は凡て月給制度である。東京では木戸銭の部割を定めるのは彼の世話役の五厘である。当地で給料額を定めるのは所謂四席の代表者で、此代表者と落語家中の座長と理事が相談して定める規約になつて居るのを、下村は例の売恩主義から、己れ席主の代表者となつたのを幸に、他の三席の主人へは勿論相談をせず、落語家の座長側にも一切秘密で、唯理事だけと密々に協議した上、三四人の鹿連へ突然増給の辞令(でもあるまいが)を渡した。此相談に与つた桂派の理事といふのが外でもない桂文三ぢや。

後に此事を聞た同派の座長桂文枝及び他の真打連はさア承知せない。新参の下村が吾々に一言の相談もせず、従来の慣例を破つて勝手放題に連中の増給をするとは怪しからん、ソレモ公平に誰が見ても道理と思ふ増給をしたのならば格別、一向増給をする要もない凡倉(ぼんくら)連(主として文三の弟子)をのみ撰り出したのは不服である、何うにか今後を取締らねばならぬと、一面下村へ抗議を申込むと同時に、一面同派の宿老文左衛門へ言葉添へを頼み込んだ。文左衛門もかくと聞くて、それは下村が甚だ穏かでない仕方だ、よろしい何うにか談判をして見やうと言てる中に、更に不思議な出来事が起つた。

時は本月十日の事で、桂派の矯風会第六十九回を法善寺の金沢で開いた。ソノ番組を印刷したチラシに妙な文句が書れてある。文左衛門の名の上に「大真打」、文三、枝雀の名の上へ「真打」、これは異議はないが、其次へ持て行て仁左衛門の名の上へ「準真打」と書て、次に三木輔の名の上へ「真打候補者」と印刷したのだ。無論同派の何人もかゝる相談に与つた事がない。之だけでも寝耳に水の出来事である上へ、猶更に奇怪な出来事が最う一つ重なつて生じて来た。(526

◇桂派はどうなるか(続き) 

南光の仁左衛門は桂派をして今日あるに至らしめた同派に取つては非常に恩のある男で、今渠(かれ)が酒に魂を奪はれ技芸迄が荒んで人気を失ふに至つたからと言ふて、其頭上に準真打などゝ書く権利は同派の何人も持つては居らぬ。渠は明らかに文枝、文三と対等の位置を占得る資格がある。後輩枝雀の下などに断じて位置すべからざる男である。

三木輔の真打候補者と来ては更に沙汰の限りである。渠は仁左衛門の弟子で、最初手遊と言ふた時分から前途頗る有望ならざる奴であつたが、今に至るも技芸はトント上達せない。真打の候補どころか中軸に出世するさへが覚束ないものを、何の見る処があつて彼様(あんな)事を書いたか奇怪であると連中一同眉を顰めたところへ持て来て、更に一つの怪聞が伝へられた。

怪聞とは何ぞ、外でもない仁左衛門が真打から準真打に下落すると同時に其給金迄が引下げられたといふ噂である。然して前記顔ぶれの上へ真打とか準真打とか勝手な名目を書き入れたのも、仁左衛門の給金を引下げやうとしたのも全く彼の杉の木の下村一人の計らひである云々といふ事。同派の者はかくと聞て非常に驚いた。恁(こ)う下村一人に勝手な真似をされては将来が案じられる、何(ど)うにか制裁を加へて貰はねばならぬと騒ぎ始めた事が下村の耳に入つたか何(ど)うか、杉の木は突然本月上旬席主代表者を辞任したい旨申出た。

けれどもそれでは却て又事を大きくするやうなものだから、成るべく穏便に済(すむ)さへすれば済(すま)すのが可矣(いい)と、金沢亭の代理長岡玄四郎といふのが瓢亭と相談して一応面会したいと下村に申込むと、そんなら本月十三日に会合しようといふ返事があつた。ところが突然其前日の十二日に杉の木の楽屋へ妙な張紙が貼付された。曰く、桂派落語中同志の者は相談致したき事あり、十三日午前中当席に来れ云々。此張紙によつて集つたのが桂文三を筆頭に三輔、小文三等都合八名。此結果は頓て文三等の破門となつて二三日前世間に発表されたので、桂派は即一方の大将文三等を失ふ事となると共に、文三等は又茲に便る処なきフラテンの身の上となつたのだ。

以上桂派分離の真相である。知らず、今後の桂派は果して何(ど)うなるか。(529

明治41527日 大阪朝日新聞

◇桂派各席へ六月一日より東京の音曲家柳亭楽丸、同福楽、同芝吉の三人出勤す。

明治41529日 徳島毎日新聞

緑館の落語 本夜より開演、重なるものは、清元北州千歳寿(春の家小まん)浮世節八堅人曲芸(三遊亭若遊三)大晦日浮れの掛取(立花家千橘)音曲専門等なり

明治41530日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派は六月一日より東京より神田祭り、神楽踊松本知賀之助一座及び長唄富士田千之助、杵屋君三郎、落語三遊亭しん遊、講談即席揮毫内田秋甫等を迎ふるよし。

明治41531 京都日出新聞

興行界 ▲笑福亭は来月より橘家円太郎が神戸より帰つて出席する外大阪三友派より桂文団治、桂米朝などが加入する▲橘家席の講談は来月より蓁々斎葉林が出席すると

明治4161 京都日出新聞

幾代亭は本日より一柳斎柳一、土橋亭りう馬、富士松ぎん蝶等が新たに加入する外昨年より東京に出席して居たる松輔が鱗史と名を改めて戻り枝太郎始め定連にて開場

明治4161日 北国新聞

◇福栄座 豫記の如く源氏節所作事岡本美根都司大一座にて昨日より開演したるが、初日早々大人気を占めたる由。

◇一九席 東京落語立花家橘之助一座にて愈々本日午後五時半より花々しく開演すべく、一座中へ寿屋岩でこ一座を呼物として、差加える由。今晩初日の番組は左の如し。

落語手踊(橘誉)落語曲芸(橘太郎)落語(橘寿)音曲噺(橘松)滑稽落語振事(左近事七代目むらく)新作落語振事ステテコ(華玉川)人情噺(小圓馬)東京掛合噺の元祖茶番掛りナイフの曲(小てこ、鉄三郎、岩てこ)みやび神楽浮世節櫓太鼓曲引(橘之助)大切出揃(総出)

<編者註>尚、この興行の番組は、カテゴリー「三代目圓馬の記録」に集録。

明治4161日 神戸新聞

湊亭 同亭は本日より桂文都、ジョンペール、笑福亭梅香、同福太郎、三友亭小圓冶等が御目通して例の得意の物を聞かせる由

明治4161日 満州日々新聞

花月席 大阪青年浪花節の腕利京山愛昇一座にて初お目見得にて八人の大一座毎晩の大入りなり

明治4161日 中国新聞

圓頂派の落語 明二日より中嶋集産場内胡子座にて東京落語圓頂派の圓、圓馬等の一座にて開演す。

明治4162日 新朝報(愛知豊橋)

◇演芸 東雲座 昨日より活動写真▲河原座 一昨日より音曲講談砂川米政一座▲浜松歌舞伎座 一昨日より桃中軒星右衛門

明治4164日 中国新聞

圓頂派の落語 中島集産場内胡子座の圓頂派落語橘の圓一座今晩の出し物は御祝儀(圓幸)七度狐(圓角)西の旅紙立の曲(圓作)洋楽(秀華)ダンス(圓華)音曲煙管の曲(圓丸)長久命盥の曲(圓三)芝居の噺盆の曲(圓三郎)人情教話(圓馬)天災碁盤の上手踊(圓)大切勧進帳安宅の松(圓、笹子、蘭子)

明治41611日 都新聞

落語洗濯会 十四日立花亭の番組は道灌(扇録)たらちね(紋三郎)浮世床(柳之助)芋どろ(年枝)初音の鼓(栄枝)意地くらべ(勝次郎)八笑人(寿楽)弥次郎(小勝)ずっこけ(柳枝)ライオン(紋弥)稽古屋(翫之助)芝居の穴(扇橋)薄雲(扇歌)卒(小柳枝)

明治41613日 北国新聞

◇一九席慈善興行 豫記の如く下新町一九席にて本日昼夜二回、小野慈善院及び市内貧民等の為めに、慈善興業を催すべく。番組は左の如し。

▲昼の部 影芝居(橘太郎)和歌三神(橘誉)歌根問(橘松)水中の曲芸ナイフの曲(鉄太郎、小でこ、岩でこ)音曲剣舞手踊(華玉川)素人車(むらく)お軽勘平道行浮世節葉唄(喬之助、橘之助)源三位茶番(鉄太郎、小でこ、岩でこ)

▲昼の部 影芝居(橘太郎)道灌(橘誉)歌根問(橘松)曽我の一番目(鉄太郎、小でこ、岩でこ)音曲剣舞手踊(華玉川)社頭の松(むらく)清元浄瑠璃勧進帳浮世節葉唄(喬之助、橘之助)馬鹿の嫁入(鉄太郎、小でこ、岩でこ)

▲手踊の部 雪の路、槍さび、わしが國さ、御所外数種(東廓芸妓連二十名出演)

明治41616日 大阪朝日新聞

<桂文屋と桂小文吾>

◇文屋の浮名儲け(珍物画伝中の人物) 上大和橋東詰に住む桂派の落語家文屋(四十年)といふは、先代も軽口たりし程あつて、腹の中から扇子と湯呑とを持て出たかと疑はるゝ滑稽男、本名も桂陀羅助と呼ばれ、曾て本紙の「珍物画伝」にも生擒られたる事あり。此の年になるまで女房持たぬ事、陶器の素焼を無二の道楽とする事も寄席通の疾くに知る所なるが、近頃此の男新町方面に足繁く通ふより、早くも仲間は耳目を峙て、流石の仙人も堕落したと見える、去るにてもアノ変り物を相手とするは如何なる茶人の胤なるぞ、相手を見届け偽仙人の化の皮引(ひき)むきくれん、誰かある、此探偵方引受けよと、重立ちたる者下知すれば、予てこんな事には物馴れたる同派の小文吾事本名阪田谷助は、北堀江下通三丁目に住み、新町廓内の事情にも通ずるを幸ひ、自ら進んで此の任に当り、付けつ廻しつ探偵するを、文屋が知り、四五日前小文吾に向ひ、事露見に及べば是非もなし、来る十四日の朝我が家に於て竊に我が秘事を打明け手腕のほどを示すべし、御身一人にて来るべしといへり。偖こそな彌(いよいよ)仙人が尻尾を出したなと北叟笑(ほくそえみ)、十四日の夜明を待ちかね、自分も文屋の情婦(いろ)に外形(みえ)張る為、仕立卸しの紋付羽織に新柄のセルをまとひ、ニコ〳〵物で出かけたるに、何ぞ図らん、見渡す座敷に艶(なまめ)かしき物とては影だに見えず、主人文屋は道服めきたる茶色の羽織をまとひ、座敷の中央に端座して、前に自製素焼の釜をかけ、鹿爪らしく身構へたり。然も件の釜は珍妙不思議の新工夫、釜ともつかず、土瓶ともつかず、文福茶釜も宜しくの珍型にて、四下(あたり)の道具も悉皆化物式なれば、ハテナ此奴(こいつ)或はテキさんに魅(つま)まれたかも知れぬぞと、小文吾底気味悪く眉毛に唾をつけをれば、文屋真面目に両手をつき、折角の御入来、別にお見せ申す物とてはなく、只此の珍型の釜を以て一服差上げたい許りである、ナニ手腕を示すといふたのは茶碗を見せるといふ事ぢや、マア〳〵嫌でも僕の手前を賞玩あれと、故意(わざ)と葛湯もどきにねばらせたる濃茶を三杯も強(しい)つけたれば、茶の湯の嗜好(たしなみ)少しもない小文吾の迷惑一方ならず、偖は一杯手盛を喰たかと腹は立てども喧嘩も出来ず、這々(ほうほう)の体にて引取りしのみならず、服(の)みつけぬ濃茶三杯まで引(ひっ)かけたが為一昨夜は夜はよもすがら茶に振られて一睡も出来ず、アヽ情けない目に逢はされた、忘れても人は疑はぬものぢや。

明治41617日 新朝報

河原座の落語 一昨日開演中の東京落語三遊亭金馬、松川家妻吉等の一座、腕無し芸者が呼物となり非常の好人気にて大入を占めつつあり本日の出物は

落語写絵(小遊太)かわり眼(朝笑)落語立物(金勝)やかん(金輔)鼻ねじ(萬歳)地口(談志)落語ステテコ(六歳金登喜)尺八の曲(花堂)振り事口書(妻吉、小妻)芝濱(金馬)大切新喜劇(総出)

明治41618 京都日出新聞

京都倶楽部の余興 同倶楽部にては来る二十日午後七時より例月余興を催す筈なるが其番組は落語二人旅(橘太郎)曲芸手踊(副丸)落語念力景清(扇枝)同勧業芸妓、音曲(小円太)同動物園、画ばなし(文之助)清元神田祭(花助)手踊(喜美子)

明治41619日 大阪朝日新聞

◇桂派組合寄席の内天満天神境内の杉木亭は文三桂派分離より一時休業したるも、今度和解なり、来る二十日より桂派首領文左衛門落語を始める事となりたれば、其の出勤座員は今十九日車を列ねて同座に乗込式を挙げる筈。

明治41620日 神戸新聞

西宮三浦座 西宮三浦座は昨十九日より笑話家圓派圓馬、圓三、女芸人芦子等の一座にて開演せし由

明治41621日 中国新聞

横町勧商場は石井ブラック一座の喜劇を開演す 
明治41622日 神戸新聞

洲本の桂文三一座 淡路洲本弁天座に於ては一昨夜より大阪の桂文三の一座乗込み興行中なるが近頃稀なる人気あり

楽天の女太夫 姫路竪町楽天席にては去十九日より大阪女太夫竹本長廣一座にて興行中なるが目下山陽戎両座とも休業中なれど毎夜大入を占め居れり。

明治41623日 都新聞

宮戸座 二十三、二十四の両日午後一時開場大演芸会を催す。番組は海老一△踊(長之助、延太郎)△落語(圓左、小圓朝)△老松踊(寿童)△清元おさん茂兵衛(清元家内太夫連中)△葛の葉、扇の使い分(小南、一奴)△浪花節津田三蔵(峰吉)△常磐津(式左連中)外数番

明治41623日 鷺城新聞

旭館の滑稽噺 船場旭館は二十一日より左の連中にて音曲滑稽を興行すべし。

笑福亭里鶴、桂文朝、三遊亭喬二、桂年の助、立花家千太郎、立花家円助、林家小正三、春の家小満、三遊亭若遊三、立花家千橘

明治41623日 九州日報

◇川丈座 昨紙既記の如く圓子と外人の合併の大一座は今夜より開演し、その演目左の如し

宝の入船(三喬)東遊び(扇笑)始末庄屋(小圓子)芝居噺並に浅くとも手踊(圓三郎)人の癖並びに曲芸(花円蔵)三味線曲引(柳寿斎)曲芸(圓寿)六歌仙舞並びに手踊(花扇)新内(女道楽八十松)しじみ茶屋並びに吹寄浄瑠璃(圓生)音曲舞ステテコ(チアレアイブサエモン)端唄(女道楽かほる)真田小僧(圓子)

明治41627日 都新聞

紋弥と扇橋 柳派の三升紋弥は扇橋と組みて、一座を組織し七月一日出発、名古屋の富本席へ乗込み打上げ後は九州地方を巡業の筈。

明治41628日 鷺城新聞

落語出し物 船場旭館における大阪音曲はなし合併大一座の二十八日の出し物は

百人坊主(文朝)花色木綿(喬三)空散財(圓輔)始末の極意(里鶴)親子茶屋(小正三)清元神田祭(小満)子誉め(年の助)中幕二○加発音機(総出)せんきの虫(若遊三)野ざらし(千橘)大切深川染(総出)

明治41630日 大阪朝日新聞

 三友派各席へ七月一日より東京の落語家りう馬、小円馬、円坊及びヴワイオリンの秋調、秋琴、筑前琵琶の藤原民子、台湾歌妓許玉秀等が出席する由。

明治41630日 神戸又新日報

中道亭 講談席舊湊川中の土橋中道亭は明一日より昼夜興行で翁家せん馬と東京講談師秦々斎葉柳をかける。

旭堂一道 先年上京して好評ありし講談師旭堂一道(先代南陵)は明日より兵庫中道亭に出演す由

明治41630 鷺城新聞

楽天席の七月興行 市内竪町楽天席は七月興行として桂派の大関桂文三一座を迎へ三十日より蓋を切るべきが番組は左の如くにして大切には座員総出ハイカラ踊りの目新らしき所を見すべしと云ふ。

落語手踊(扇の助)落語即席(三蝶)曲芸物真似(三太郎)落語手踊(小三)落語手踊(傳枝)落語音曲(三五郎)落語音曲舞(小文三)奇術皿廻し(清国人及寶山)落語音曲(三輔)落語(文三)

上方落語史料集成 明治41年(1908)四

明治4171日 名古屋新聞

富本席 は三升紋弥一座にて今晩より開演。其番組は左の如し

昔ばなし落ばなし(三升紋平)滑稽ばなし(柳亭小ゑん)昔ばなし並に曲芸(三升紋三郎)音曲ばなし(鼠雷亭金賀)落語手踊り(柳亭錦枝)音曲ばなし(桂小圓冶)人情ばなし(入船亭扇橋)落語義太夫手踊り(三升紋弥)大切余興電気仕掛電球装置踊り娘道成寺狂獅子蝶の戯れ等)

明治4171 京都日出新聞

演芸 ▲幾代亭は本日より川上音次郎と共に洋行したる富士田千之助、松永鉄次郎、松永亀太郎等の外に大阪より久々にて桂歌之助が出席する由にて、枝太郎、文吾、年史などの定連は例の如し▲笑福亭は本日より千歳米坡が出席する筈にて其出番順は団橘、橘太郎、円次、芝楽、福丸、円太郎、円平、小円太、文之助、女道楽、扇枝、尚大切には喜劇「文違ひ」を見せると

明治4172 京都日出新聞

橘家席は今回浪花節の広沢当昇が借受けて昨日より浪花節の定席とし青年派の太夫は毎月交代にて出勤せしめ昼夜二回開場する筈

明治4173日 鷺城新聞(兵庫姫路)

◇楽天の大受け 竪町楽天席の桂文三一座の大阪落語は初日早々より大入りを占めをり、文三の掛取り、三輔の敵討、切りのハイカラ踊りなど大受けに受けをれり。

明治4176日 新朝報

東雲座 日本一の浪花節吉田奈良丸一座にて昨日初日を興行が非常の大入を占めたりと

明治4176日 名古屋新聞

抽選会大余興 一万円最後の大福引七月九日御園座挙行

手踊三升紋弥の落語「世界動物園」手踊「松づくし」引抜き福助踊り早替りかつぽれにして、松づくし即ち高砂丹前松の名所は碁盤の上の一本歯の下駄に乗り本三本扇の使分けをなす紋弥が大得意とする巧妙を極めたるものなり又富本席及び同一座の連中は一層興味を助くべく桂文福、三升家紋三郎、柳亭錦枝、桂小圓冶、入船亭扇橋出演の事となり其番組は左の如し

三十石(桂文福)高砂屋(三升家紋三郎)阿弥陀池(桂小圓冶)七段目(入船亭扇橋)

明治4176日 九州日報(福岡)

圓子の一座 小倉市育成座にては去る四日より一週間の予定にて圓子一座開演し毎夜大入りなりと。

明治4178日 新朝報

春風亭柳枝 東京落語界にて有名なる柳枝は来る二十五日より當市河原座に於て開演する由

東雲座 吉田奈良丸の浪花節は非常の好評の為一日日延べに十五銭均一にて上り高の半分を豊橋育児院へ寄贈する由

明治4179日 山陽新報(岡山)

大福座の落語 當市新西大寺町大福座にては、今九日より大阪桂文三一座の落語開演の由。

明治41716日 北国新聞(金沢)

◇一九席 既記せる如く同席改名開演後百回目に相当するより過般来小屋の手入をなし居たるが愈々出来上がりし由にて本日より大阪落語大一座にて花々しく開演すべく番組は左の如く。因みに暑中見舞として昨日ビールを本社に寄贈ありたり。

御祝儀二人旅(寿笑)商売調べ(文三郎)番部家物語音曲(笑之助)乱法医者歌舞(清子)愚者の代参手踊(金之助)芝居の戯れ蔵丁稚(金笑)恋の恨刀の女房の狂(茶番道化)蒟蒻問答(笑鶴)成田小僧(若遊三)大切余興(掛合)

明治41716日 名古屋新聞

富本席 今晩の語物は林家小正三の口合あんま手踊り、桂歳[年]之助の酒と徳手踊り、桂文朝の高宮川天狗の酒盛、三遊亭喬三の世界の遊行、其他数番、大切として教育文字當て引抜かつぽれ一座総出なりと。

明治41717日 名古屋新聞

富本席 音曲落語今晩の出し物左の如し

池田の猪買(桂文朝)歌根問(三遊亭喬三)空散財(立花家圓輔)ハイカラ八景(かる口)鼻ねじ(笑福亭里鶴)夕立浮世節(春廼家小まん)茶碗ねぶり(林家小正三)浮世床(桂年之助)銚子の変り目(立花屋千橘)

明治41718日 山陽新報

大福座の落語 當市新西大寺町大福座にて本日午前十時より黄薇紫紅(きさしく)会発会式をあぐることは既報の通りなるが、午後五時閉会の予定なれば、同座において開演中の文三一座は例の通り夕方より開演さるる由。

明治41719日 神戸新聞

第一湊亭 本日正午十二時(昼席)より晴雨に拘らず落語日曜會あり

龍宮城(圓楽)人丸山(鶴瓶)一分茶番(圓松)文子の講釈(光雀)袈裟茶屋(團輔)食堂楽舞越後獅子(福太郎)浪花名物初天神(南枝)清元新曲和歌の浦(喬の助)避暑案内笠置八景(福我)剣舞日本魂、踊ハイカラ踊り(菊團冶)納涼茶番船弁慶(福圓)軽口忠臣蔵七段目、付俳優の声色(花咲、雁篤)冬遊夏の新町(文都)

明治41722日 神戸新聞

柳座 昨日より同座は例の圓頂派落語の一座にて開場したるが、その顔ぶれは圓、圓馬と音曲家雀家翫之助等なりにて

明治41722日 鷺城新聞

旭館の昔ばなし 船場旭館は東京昔ばなし柳連三升紋弥一座を迎へ、二十二日より興行すべきが番組は左の如し

御祝儀(三升小紋)昔ばなし(三升紋冶)落ばなし(三升紋吉)滑稽ばなし(柳亭小ゑん)昔ばなし手品(入船亭扇蔵)落語曲芸(三升紋三郎)音曲ばなし(風雷舎金賀)落語手踊(柳亭錦枝)音曲ばなし(桂小円冶)人情噺(入船亭扇橋)落語義太夫手踊(三升紋弥)大切電気仕掛長唄はやし連中(杵家弥蔵、松家鉄三郎、杵家弥三吉、杵家弥三二郎)

明治41724日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の落語家は二十四日北の新地永楽館に集合して天満宮に参詣し、同派より奉納せし地車を飾りて打はやし、二十五日は各席とも雨天にあらざれば臨時休業をなし渡御のお供に加はりて何か趣向を演する由。

〈編者註〉川渡御の行列第十二番目に、揃いの浴衣に蝦色の鉢巻勇ましく渡御に列した。

明治41724 京都日出新聞

幾代亭は前席主金井の手を放れて大阪三友派の定席となる事は既報の通にて目下改築中なるが落成の上は芦辺館と改称し九月一日より余程変つた趣向にて開場すると

明治41724日 神戸新聞

會下山下劇場の開場 予て建築中なりし會下山(えげやま)下遊園地内の湊川座、西村座、竹福座、松本座の四劇場は愈々明二十五日から開場する事に決し當日は朝十時より無料入場券入煙火百五十を打上げ松本通三、四丁目に綠門を設け盛に開場式を行う由なるが湊川座は英国清国の奇術と喜劇、西村座と竹福座は浮れ節芝居、松本座は壮士の身振芝居なりと云う。

明治41725日 新朝報(愛知豊橋)

河原座 本日夕より開演一座は柳枝、柳桜、楓枝、年枝、柳、柳之助、金柳、枝六、小仙、仙太郎等の顔ぶれにて何れも十八番の専売物演じる由番組左の如し

落語手をどり(柳櫻)おとし話し(年枝)はなし百面相(枝六)百笑話(柳之助)清元三府浮世ぶし(やなぎ)音曲はなし(楓枝)噺てをどり(小せん)滑稽人情噺(柳枝)大切余興洋行戻り滑稽曲芸師(仙太郎、金坊、小仙)

勝関亭 落語家立花家橘之助一座にて昨日より開場

明治41727日 神戸新聞

西宮戎座 同座は昨日より大阪落語家曾呂利新左衛門の一座にて蓋を開けたり

明治41731日 大阪朝日新聞

◇桂派の内文枝、枝雀一座は名古屋地方へ、仁左衛門一座は泉州地方へ、文屋、慶枝、石村親子一座は北国地方へ、何れも八月早々巡業に赴く。

明治41731日 京都日出新聞

笑福亭の八月一日よりは桂小文吾、屋万治、文の家福太郎等が新たに出勤し例年の通落語大相撲穴探しを催し諸方より寄贈の景品を贈呈する外大切には大道具入怪談話を催すと

明治41731日 香川新報(高松)

玉藻座の落語 一昨日より興行の當市片原町同座の桂文三一座の落語は、座員いずれも精選したる若手揃いとて酷暑中にもかかわらず景気よく、贔屓客を迎えをれる由。

明治4181日 北国新聞

◇一九席 既記せる如く東京落語研究会幹事として斯道の大達者と呼ばれ居る橘家圓蔵一座にて愈々本日より花々しく開演する筈。今晩初日の番組は左の如し

影芝居(歌舞伎十八番)落語蒟蒻問答(杢蔵)百人坊主手踊(新蔵)浮世話音曲(幸蔵)落語慈善家余興草々(蔵之助)落語物一流元祖物真似(圓太)三味線曲引滑稽音曲(ぎん蝶)専門足踊獅子の曲(桃生)十八番廓五人廻し(圓蔵)大切吉原夜景紀文の遊び(楽屋出揃い)

明治4181日 名古屋新聞

富本席 は大阪落語桂文枝一座にて今晩より開演、其番組は左の如し

寶入船(雀四郎)伊勢参り(歌太郎)遊山舟(あやめ)鳥屋坊主(枝朝)新町ぞめき(文蔵)猫忠(文福)せむし茶屋(雀三郎)ろくろく首(枝雀)ぬけ雀(文枝)

明治4182日 香川新報

玉藻座の落語  今五日目の出し物は、伊勢参宮(三二郎)竜宮界(扇の助)盲目景清(三蝶)曲芸物真似(三太郎)白人芸者(小三)厩火事(傳枝)身体運動皿廻し(及寶山)四季楽屋(三五郎)春雨茶屋(小文三)転宅の夢(三輔)百年目(文三)

明治4187日 九州日報

川丈座の盆興行 東中洲同座にては盆興行として来る九日より大阪女浪花節日本一京山光高一座の別嬪揃いにて開演の筈なるが、自ら日本一と名乗るだけ浪界では腕に定評がありと云う。尚右一座の余興には目下当地滞在中なる三遊亭圓三郎改め三笑が出席し、落語手踊を演すべしと云えり。

明治4187日 名古屋新聞

美殿座 岐阜市の同座は昨六日より落語怪談噺林家正蔵一座にて開演

明治4189日 大阪朝日新聞

<京都新京極の幾代亭、芦辺館と改称し三友派の席となる>

◇浪花三友派にて譲り受けたる京都新京極幾代亭は芦部館と改称し、九月一日より東京大阪同派の重なるものを選定し花々しく開場する筈。

明治4189日 香川新報

桂文三の一座 丸亀市南条町戎座において来る十一日より桂文三一座の落語興行

明治41810日 神戸新聞

第一湊亭 にては明十一日舊盆十五日に相當するより臨時落語日曜會を催す由なるが番組は左の如し

鳥屋坊主(圓楽)池田山猪買(鶴瓶)位牌屋(鶴松)笊売(鳥屋)按摩七兵衛(團輔)延陽伯(南枝)清元夜彗星(喬之助)菊水文庫(福我)嘘講釈(菊團冶)大晦日(福圓)舞の手素振(小文)奇術(ハンスデー)孝女お綱(華嬢)活惚踊南画揮毫(秀甫)名人盛信(龍生)

明治41811日 新朝報

河原座 先年當地興行音曲を以て好評を博せし立花家千橘、小橘、橘三、文朝、圓助、笑福亭[]鶴、林家小正三、春の家小まん大一座にて毎夜六時開場にて一昨日の如き立錐の余地もなき程の大入を占めたり

明治41811日 名古屋新聞

南駅座 今夜より大阪の音曲落語桂文枝一座にて開演。

明治41811日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派の落語連は十五日より七日間堺市卯日座劇場にて納涼芝居を開演す。芸題は「夏祭」三幕、中が「二十四孝」の十種香、次が「扇屋熊谷」二幕、切りが「かつぽれの総踊り」

明治41812日 北国新聞

◇一九席 橘家圓蔵一座は連日好人気中の所愈々本日を以って千秋楽をすべく番組は左の如く。因みに十三日初日にて富山旭亭へ乗込み、次は高岡寿座を打ち、九月一日より五日間若手二名を加えてお名残興行をなす由

太田道灌(杢蔵)代わり目音曲(幸蔵)たらちめ手踊(新蔵)かじか沢(蔵之助)肝潰し(圓太)曲引(ぎん蝶)足の獅子曲(桃生)無学者(圓蔵)大切茶番(総出)

明治41812日 九州日報

三笑のひとり舞台 (前省略)就いては最も人気にはまっているのは、三遊亭圓三郎改め三笑の落語手踊なり。同人は圓子一座の花形として呼び物なりしが、病気の為当地に一人滞在しをたるより、退屈しのぎやら、金儲けやら、ヤラヤラ主義より席主のすすめに従って余興を演ずる事になりし由なるが、何を言うにも理屈張った読物の間に淡白した落語だから、鰻料理の箸休めに奈良漬かじるような心地。殊に一昨夜は同人得意の「三枚起請」と言うので満場は大受け。手踊りは得意の「浅くとも」他一種とステテコなりしが、楽屋の唄が好し、三味が好かったので一層引き立てみたりなり(後省略)

<編者註>三遊亭圓三郎:本名山本庄三郎。二代目文團治の弟子で桂團三郎から、圓子の弟子となり三遊亭圓三郎。後互楽派に入り三升。神戸で橘ノ圓の弟子となり明治四十五年三月に三代目橘家圓三郎となる。

明治41815日 名古屋新聞

金輝館 は去る十一日より春風亭柳枝、鏡味仙太郎一座にて開演、好人気にして今晩の出し物番組は左の如し

寿限無(枝六)落語手をどり(小せん)真田小僧(柳之助)清元明烏(やなぎ)□□川(年枝)かけまん(楓枝)一分茶番(小柳枝)ぼうだら(文楽)和歌三人(柳櫻)御祭佐七(柳枝)一つ大まりの曲水の曲(金坊、小仙、仙太郎)

明治41815 鷺城新聞

旭館の音曲ばなし 當地船場旭館は、浪花三友派音曲ばなし笑福亭松光一座を招き、十五日午後六時より興行すべきが、当地馴染み多き一行なれば好人気をえる事なるべく。其の連中は左の如し。

(女道楽)東家小満の助、浪花家まる吉(芝居はなし舞)笑福亭福吉(落語)桂春團冶、笑福亭福篤、桂団昇、三遊亭一兵衛、桂団松、滑亭新作、笑福亭梅香、笑福亭松光

明治41815 京都日出新聞

四条南座の円頂派一座の歌舞笑話は愈々本日初日其入場料は 一等(三十銭)二等(二十五銭)三等(十七銭)四等(七銭)

明治41816 京都日出新聞

四条南座の円頂派一座今晩の番組は 吾妻の旅神の賑(円子)こぶ弁慶(円之助)鳥屋引導(円天坊)百人一首(円丸)真田小僧(円三)曲芸火災棒并倒さ□子滑稽手踊(胡蝶)万歳の女郎買(翫之助)怪談牡丹灯籠(円馬)古今笑話(円)

明治41817 京都日出新聞

○南座の円頂派 半季ぶりに目見得をした南座の円頂派の初日を一昨夜覗いて見た歌舞笑話と標榜して落語を主として居ないだけにそれには拙劣だが所謂芸尽しには看客に軽蔑されないだけの長所を有(も)つて居る。就中(とりわけ)胡蝶の曲芸誰れやらの植木の幽霊話などが振つてた円は愛嬌だけで持てるので話も踊も拙い円馬の怪談牡丹灯籠は円朝死後の今日推重するに価するものがある当夜は発達から幸助が飯島平左衛門に仕へる処までより口演しなかつたが真面目な話振りの上渋味があるから看客が傾聴する併しこの人の癖として始終可厭(いや)な表情をするので一部の看客は悪感抱いて永く聴くを欲せぬ損がある終りの競馬は道具の都合で出幕にならず他のものをやつたが昨夜からは演じた筈だ(花)

明治41821日 大阪毎日新聞

◇桂文枝、仁左衛門、同枝雀の一連は、来る二十四日より一週間神戸大黒座にて興行。後来月一日より当地桂派の席に出勤。

明治41823日 大阪毎日新聞

◇堺卯の日座に落語芝居開演中なりし三友派の曾呂利、文団治、松鶴、円若等は、昨日同座を打上げ、今二十三日より南地紅梅亭に毎夜六時より、向う一週間演芸会を催し、切には一座総出にて、東京流のかっぽれ踊りを見せる由。

明治41824日 神戸又新日報

<神戸の桂派興行>

大黒座 明二十五日より浪花桂派落語桂仁左衛門、文枝、枝雀等の一座にて開場。一等三十銭、二等二十銭、三等十銭、四等五銭の等級制度でお開きに達する由

明治41826日 神戸又新日報

大黒座 昨日午後六時より一週間限り日延べなしにて開演せる大阪桂派の頭領桂仁左衛門、文枝、枝雀其他の大一座は景気凄まじく大歓迎を受け居れり昨紙にも記載の如く當地は三友派連の独占する所となり桂派は文三一派が先年朝日座、柳座にかかりし外未だ指を染めず今回の如き同派の粋を抜き大挙して出演する事は実に十八九年振りの由にて仁左衛門は南光時代、文枝は小文枝時代に當地に馴染み深く其技量は落語通間に既に定評あり又今回の呼物は余興に出す一人相撲にて関取柳喜酒に行司一口勘太夫が出演し鬘を冠り本土俵をしつらへ四十八手の裏表を見せ頗る滑稽を極めたるものの由尚同人へ大阪の贔屓より積俵二十本の寄贈ありて納涼傍々笑いに出懸けるも面白かるべし。

仁左衛門の海難 片岡家の総大将、松島屋と早合点すべからず此仁左衛門は昨夜より大黒座にて張扇面白く顎を解かしめつつある桂派の頭領仁左衛門の事なり。昨日同人を旅宿なる相生町浅勢館の二階に訪れしに丸二引の染抜き浴衣を付けダブダブと太った体を動かしつつ愛嬌よく迎えたり。席には枝雀と顔馴染みの湊亭南枝もありトボケな話に花を咲くせつつありしが仁左の曰く。本月だけは大阪の定席を抜けることになりましたので避暑かたがた堺から紀州と打ちまして本月十一日から明石王西座で四日間と十五日から淡路洲本の弁天座で五日間打ち御當地は今晩から御厄介になることになりました。ハイ真打は今晩文枝が遣りますと私は明晩と云う風で隔晩に勤めます。左様で御座いますな別にお涼し相と申す話も御座いまんが今度明石から淡路へ渡ります時に一人前にタッタ十九銭、一座十一人で二円内外のお鳥目を倹約したお陰でスツテの事で命を終ろうとしモウ。是からは僅かの事にケチケチするものじやないと悟りを開きました。夫は明石から洲本へ渉りますのに兵庫まで来ますと大きな桂川丸と海蒸気が出てますので一寸も心配がありませんものを蒸気に乗りますと十九銭高くなるからと明石からちっぽけなストンポチに乗りますとサー大変です。岩屋を廻ると旋風で船は揺れる丁度上等に乗っておりました私等は生憎と上等室が船頭なものですから第一に浪を被るやら泣き出すもの小間物屋を出すものイヤハヤ大騒ぎで気の早い座中はもう駄目だとて念仏唱えたのさへある中々洲本迄乗切る勇気がありませんので志筑で艀船(はしけ)を雇つたのですが其亦志筑が非常に浪の高い港で命辛辛上陸しまして半分は其所から桂川丸で半分は陸行することに致しました。イヤモウ大変な目にあいましたアハハハ。

明治41827日 神戸又新日報

桂派の落語 大黒座の桂派落語は久々振りとて素晴らしい好人気で流石領袖連の腕ツ揃いとて其面白さたらない。三友派の派手にドンチャン囃し立てるのとは素噺しをミツチリ聞かせるのは流石で、初日に仁左衛門の三十石は老練感服の外なく増喜山の滑稽一人相撲は如何にも滑稽、三代目文枝の勤勉貯蓄の事実談は聴衆をして思わず耳を傾けしめた、其他一座は大車輪の暑さ忘れには持つて来いだ。因みに初日は七時に大入札止めだつた。

明治41828日 名古屋新聞

末廣座は本日午後五時より洋楽東京大阪音曲落語等の演芸大会にて開演。初日十銭均一

桂市十郎、桂水月、桂慶枝、桂小市(四歳)

明治41828日 大阪朝日新聞

<桂文左衛門、落語界を引退し、桃子と名乗って心学道話の人となる>

◇文左衛門の退隠(心学道話の先生となる)

 桂文左衛門といえばハヽアあの爺(おやじ)かと、当薬(せんぶり)に煎じ詰められた者でも直ぐ笑ひ出す。これを今更改まつて関西落語界の大将でござると口上いふにも及ぶまい。併し渡辺儀助本年六十五歳と名乗を揚げさせたら、円い顔の手合も四角になつて、根ツから面白くないと不審を打つであらう。ところが其の文左衛門の儀助どの、今度このたびいよ〳〵桂派を退いて心学道話の先生になるといふ。何しろ二十六歳の時から見台を敲き初めて四十年、寄席信心の多くの輩に頤を解かせた罪をかしいとて大真面目、長堀大宝寺町南へ入る明誠舎に入つて山河堂桃子と号す。この明誠舎といふのは天王寺の山田春郷氏が会長で心学道話の道場、さて代り合はせまして山河堂とは、爺(じじ)は山へ柴刈りに媼(ばば)は河へ洗濯にの昔咄から採つたもの、大きな〳〵桃が流れて来たといふのをきかせて桃子とは頑是なし。

文左衛門この思ひ立ちは俄のことにあらず、たゞフワ〳〵と人を笑はせてばかりゐて石鹸球(シャボンたま)のやうに消え果つるは余り本意ないと或る時大いに感ずる所があつたが、このほど門人一同を自宅に呼び集め、実は予ての志望(のぞみ)なれど機会(おり)なきまゝ打過ぎたり。いよ〳〵この月限りに退隠して心学道話に身を委ねたし。併し全く落語界と関係を絶つにあらず、今までの地位は三代目文枝にゆづり、長らく巡業せし三遊亭円馬一派を迎へ入れ、自分は顧問となり、文屋を幹事としてます〳〵桂派を盛大ならしむべし、方々勉強頼むといひ渡し、「気をつけて見れば貴き稲の花」。これはフト心に浮びたる愚詠なり、稲の花は只見れば何の華美(はで)もなけれど大切な実を結ぶ、味はひはここじやでここじやでと早(はや)道話口調なりき。

明治41828 京都日出新聞

岩神座の団九郎一座は昨日を以て千秋楽、本日より円頂派一座の音曲笑話にて開場する筈なるが一座は本日宝恵籠にて乗込む都合の由今晩の番組は伊勢参り二人旅(円之助)兵庫船曲芸(円天坊)音曲并煙管の曲(円丸)士族の車、手踊(円三)植木の化物(翫之助)獅子の曲(胡蝶)新古笑話、手踊(円)人情噺(円馬)大切余興十五題即席噺

明治41829 京都日出新聞

岩神座の円頂派一座昨日の初日は珍らしき事とて評判却々よろしかりし、尚入場料は一等(三十銭)二等(二十銭)三等(十銭)四等(五銭)

明治41829日 大阪朝日新聞

◇桂派の文屋、松雨親子一座は昨日より名古屋末広座に出勤し、打上次第帰阪して当地桂派各席へ出勤すといふ。

明治41830日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派各席へは九月一日より東京より柳亭燕枝、同梅枝、曲独楽松井源水出勤す。

明治41830 大阪毎日新聞

◇松島の文芸館及び内本町第二文芸館は明後日より開場。従前の一座へジョンベール、青柳華嬢、ハンスデーその他二三名が加わる由。

明治41831 京都日出新聞

演芸 ▲岩神座の円頂派は頗る好評を博し大切の競馬には勝つた者へ諸方の贔負先より景品の寄贈などあり大いに賑ふと▲笑福亭は九月一日より内田秀甫、桂三輔の二人が新たに加入する筈にて其出番順は 団橘、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、福平、小円太、扇枝、花助、喜美子、秀甫、円太郎、三輔、文之助

上方落語史料集成 明治41年(1908)五

明治4191日 名古屋新聞

富本 本日より雷門助平、昔々亭桃太郎、秋風亭米枝らの落語にて開演す

明治4191日 大阪朝日新聞

◇桂派各席へ本日より出演するは桂派従前の一座の上に筑前琵琶中村旭翠、新落語川上元治郎、立花家千橘出演する。

明治4191日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

天神席は今一日より落語連にて出番は左の如し

鶴二、扇笑、文楽、扇之助、小文三、一兵衛、文雀、文我、小さん、左圓太、米朝、文三

明治4191日 香川新報(高松)

<高松屋島座が戎座と改名>

屋島座の改名 當市内町屋島座は現今大川郡津田町掛鯛(かけたい)政吉氏の手に帰しをれる処、従来小屋係岡谷某なる者の為め人気よからざる由にて今回座を戎座と改め掛鯛自ら支配するとなりしと。

明治4191日 九州日報(福岡)

◇川丈座 二日目の番組は宝入船(小紋)長屋土産(紋冶)垂乳女達曲芸壷芸(紋吉)松竹梅(小圓)品川馬車手品(扇蔵)手踊(錦枝)即席噺(紋三郎)源兵衛玉(小圓次)□□(扇橋)浮世風呂音曲(金賀)親子茶屋手踊(紋弥)電気応用仕掛娘道成寺(紋弥)

明治4199日 名古屋新聞

富本 星野屋(朝坊)百川(圓勝)白木屋(門二)音曲古着(圓玉)おとぎ噺(柳孝)菅原息子(桃孝)御見立(小金遊)九段目(米枝)舟弁慶(助平)干物箱(桃太郎)長唄かつぽれ

明治4199日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天席の尚武美談 市内竪町楽天席は當地に馴染みの浅からぬ旭堂南陵一座を迎え、九日より尚武美談を興行すべきが、宛も師父一道も帰阪中なりし事とて、一座に加はり来れる由にて

明治41913 京都日出新聞

<幾代亭改め芦辺館>

幾代亭改メ芦辺館にては愈々来る十五日より開場する筈なるが其出番順は左の如く大切には「式三番叟」引抜き所作事を楽屋総出にて勤める由、尚同連中は同じ日より堀川菊の家へ掛持ちすると 枝女吉、好史、三吾、三八、枝雁、三太郎、小三、枝太郎、小文三、年史、馬生、小満之助、まる吉、文吾、扇蝶、文三

明治41916 京都日出新聞

此程新築落成を告げたる新京極の芦辺館にては一昨日午後五時より予記の如く開場式を挙行したるが式は同席興行代理人田中諭吉が座主に代つて挨拶を述べ次に山崎琴書、大阪法善寺取締といふ人の祝辞朗読ありそれにて終り、次に数々の余興ありき当日は祇甲のお婆さん連、先斗町の綺麗首など沢山に入場したりき

明治41916日 名古屋新聞

富本 本日より東京落語研究会橘家一門にて開演。重なる連名は橘家圓蔵、三遊亭圓太、橘家蔵之助、三遊亭桃生、橘家幸蔵、同新蔵、同小かね、同杢蔵などなり。

<編者註>二十一日蔵之助(疝気の虫)圓蔵(夢金)二十三日蔵之助(衛生料理)圓(品川心中)二十六日蔵之助(為め金)圓(高尾之伝)

明治41918 京都日出新聞

笑福亭は去る十五日より桂小文をいふ当年十一歳の小供が出勤し芝居噺し手踊を演じつゝある由又同日より余興として大切に十五題即席噺といふを口演

明治41919 京都日出新聞

芦辺館にては今回落語改良の目的を以て落語日曜会といふを創設し例月日曜毎に開催する筈にて其第一回を明二十日正午より開き入場料を二十銭均一とし演題は神の賑ひ(三吾)函根問ひ(三八)八五郎坊主(小文三)子放り奴(年史)白菊(文吾)浮れの屑選り(扇蝶)夢の八兵衛(文三)義士(馬生)余興常盤津三保松富士曙(まる吉、小満之助)

明治41924日 北国新聞(金沢)

一九席 三遊亭圓福一座の東京落語にて花々しく開演せしが、見物大受けよく好人気の由。番組左の如し

龍宮城(小正)他行デモ道具(喬三)あわび貝(枝之助)あんま七兵衛手踊(小正三)新作音曲オヤオヤ節(圓輔)芝居はなし手踊(里鶴)きつね茶屋(圓福)つり気芝居道楽(二輪加)

明治41927 京都日出新聞

新京極芦辺館にては此程第一回落語日曜会を催し頗る好評を博したるが其第二回を本日正午より開会する筈にて大阪より燕枝も出席し先斗町より綺麗首が打揃ふて見に行くと会費は二十銭均一にて其番組は神の賑ひ(好)浮世根問ひ(桃太郎)唖の魚釣(枝雁)花と鼻(扇蝶)義士(馬生)煙草の火(枝太郎)未定(燕枝)仕込の大砲(文三)余興常盤津恵方万歳(まる吉、小満之助)

明治41929日 名古屋新聞

末廣座 同座は来月一日午後五時より昨年十一月同座に於て好評を博したる歌舞音曲笑話圓頂派一派にて開場せる由にて其顔ぶれには関西人情噺の泰斗三遊亭圓馬を始め春陽亭胡蝶、雀家翫之助、立花家圓三、圓丸、圓之助、圓天坊、圓子、圓華、圓雀及び同派の座長橘の圓等なりと

明治41101日 新朝報(愛知豊橋)

河原座 今晩より東京落語柳派中で老練家を以て名高き春風亭柳朝一座にて開場其顔触は春風亭枝笑、桃枝、枝六、柳人、柳福、鯉橋、信太郎等にて鯉橋の御題即席音曲談、信太郎の曲芸は奇抜ならんと

明治41101日 大阪毎日新聞

◇桂派落語家青年連の発起にて、桂芽(けいがく)会というを組織し、毎月一日十五日の二回、南地法善寺にて午後五時より開演の予定にて、第一回は今一日。出演者は、文屋、雀三郎、小文吾、雀之助、三木助、千橘、慶枝等なり。

明治41101 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館へ本日より新に加はるは東京より三遊亭小遊三、大阪より文都、花咲、清国人及宝山などにて其出番順は〆太、年の助、三吾、小文三、三太郎、桃太郎、年央、枝雁、三五郎、及宝山、小さん、文吾、花咲、文都、小遊三、扇蝶、文三 大切余興大道具入「秋の遊び裏の裏」を連中総出にて勤むる由、尚本日より総連中西陣座と掛持ち▲笑福亭は本日より橘家蔵之助が新たに加入し尚開業五周年に相当するより入場料を半額とし一座大車輪にて舞台を勤むる由其出番順は里若、団橘、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、円平、小円太、文之助、蔵之助、内田、扇枝、花助、喜美子、円太郎 大切余興として喜劇「芸妓俳優比翼紋」を大道具入一座総出にて勤むる由

明治41104 京都日出新聞

今四日新京極芦辺館に於て第三回日曜会の催しあり会費二十銭開会は正午十二時にて其の番組左の如し神の賑(三吾)有田の名産(三八)忍びの長持(年の助)四季の花屋(三五郎)親子酒(扇蝶)忠信(文吾)曲独楽(源水)家主気質(文三)ハイカラ床(小遊三)子は鎹(文都)

明治41105日 神戸又新日報

今月の湊亭 ▲例の司馬龍生、人気さわ山とあつて本月も居据わりとなれり。此男の芸風は歯切れ可し、タンカの荒き為め称気品を失うの恨みあり、畳み込んで客をダラさぬは感心なる心がけと申すべし相撲を十八番とすれど技を磨かんとすれば人情の機微を穿つ底の資料を撰ぶ方徳ならんか昔角力新生と言われし人情噺の名人ありしが余り一方に偏して人気薄かりし、龍生なるもの演劇をも研究すべきなり。▲圓頂派の花形として利物なりし橘家圓坊現れる落語はサラサラとして癖なけれども今一息なりされど余興盆の一曲に至りては無類一品なり踊も圓の如く舞に成らずして藤間らしき足どりは嬉し盆の衣紋流しは心地よきまでに手際を見せたりわざとの仕損じに例の「やり直し」の愛嬌も面白し余事ながら圓馬去り此圓坊脱したる後の圓頂派は真に孤城落日の境遇に陥りしこそ哀れなり。▲古顔の福圓が見古しの「米砥ぎ」を見る他に真似手はあれど此男の如く真に米より飯になり澄せしはあらず但し砥ぎても砥ぎても玄米の如く又南京米の如く肌は白くならず見てもヒ子米なりヒ子米の人相頗る仏頂面の中に得も云へぬ愛嬌あり、但し落語家にイイ男は要らぬ事と本人の自白なりとか芸も東京に買われて後幾分垢抜けせるものの如し▲其他桂枝太郎、光雀、圓松、福我、南枝、小文、團輔例に依つて例の如くおのがじじ車輪の働き振りありしが此度は皆上手々々と褒め億く事とせり、夜長の伽は落語に上胡すものなかるべし。

明治41107日 名古屋新聞

金輝館 明八日より春風亭柳朝一座の東京音曲人情ばなしにて開演。其番組は左の如し

人形(枝六)はなし(柳人)手をどり(柳福)五だい即席音曲はなし(鯉橋)曲芸(信太郎)人情ばなし(柳朝)大功掛合(楽屋総出)

明治411011 京都日出新聞

新京極芦辺館にては例に因て本日第四回落語日曜会を開催するが番組は左の如く円蔵は大阪より態々出席する由なり開場は正午十二時にて会費は二十銭均一なりと竜宮旅行(桃太郎)歌根問(枝雁)四段目(小文三)春雨(年史)士族鰻(文吾)松山鏡(円蔵)冬の遊夏の新町(文都)按摩炬燵(文三)余興掛合噺(花咲、扇蝶)

明治411015 京都日出新聞

新京極芦辺館の本日より替る出番順は 落語(枝女太)同(年之助)同(枝雁)同(三八)音曲(三五郎)曲芸(三太郎)音曲(年史)手踊(小文三)声色(花咲)奇術曲芸(及宝山、小三)落語(文都)手踊(扇蝶)落語(文吾)手踊(小遊三)落語(文三)大切娼妓の手管客の懸引

明治411016日 新朝報

河原座 圓頂派にて今晩より開演同座中には立花家圓六、小圓、圓華、圓盆、圓天坊、圓九郎、圓三、春陽亭胡蝶、雀家翫之助等にて内にも橘の圓の歌舞は是迄大好評を博せりと云う

明治411018日 大阪朝日新聞

<講談師玉龍亭一山死亡>

◇初代一山死す 西区北堀江通二丁目居住講談師初代玉竜亭一山事徳野市兵衛は心臓病にて十六日午後一時物故せり。享年七十九。同人は府下中河内郡若江村大字中小坂真宗徳陰寺の住職徳野霊明の次男にて、幼年の頃より出家を好まず、経は読まずして絵本の武者伝のみを愛し、遂に講談師たらんと決心して二十三歳の時江戸に行き、名を徳野錦竜と称して講談師の群に入り、二十八歳にして東海道を経て吉田駅に泊りし時、暁天の富士山を見てその山容清秀なるに感じ、将来斯界の霸者たらんことを心に期して自ら玉竜亭一山と改名し、大阪に帰りて天満中木の席に根拠をかまへ、得意の「大閤記」と「大岡政談」とを以て好評を博し、爾来四十余年の久しき宿望の如く一方の驍将として推され、毎年一月一日に豊公誕生の巻を読み始め、八月の暑中には休業して、九月一日より難波戦記に移るを例とし、前講には煙草屋喜八を得意とせり。三十九年の春頃より心臓病に罹りしかば、頗る資産を貯へたるを幸ひ廃業して、二代目一山の名は西京の講談師氏原一に譲れり。曽呂利新左衛門が「交友人名録」を編したる事は曾て本紙に記せしが、第一筆は一山にして、過日新左衛門は其の病床を訪ひ、他日此の人名の演芸大会を催す時は出席せよといひしに、一山答へて「若し夫までに死だら草葉の陰から助力する」といひしとぞ。葬儀は十八日午前九時出棺岩崎墓地へ仏葬す。

明治411019日 北国新聞

◇一九席 既記の如く愈々本日より春風亭柳朝一座にて開演すべく。今晩初日の番組は左の如く

吉原すずめ(柳丸)昔はなし物真似(枝六)浮世風呂(竹枝)二十四孝手踊(柳福)五ツ面足芸(瀧太郎)音曲ばなし御題即席(鯉橋)ナイフ曲マリ大曲芸(信太郎)圓朝作美人の生埋(柳朝)大切芝居の写真(大一座)

明治411021日 大阪朝日新聞

◇興風会慈善大演芸会 二十五日午後二時より中之島公会堂に於て慈善大演芸会を催す…演奏目録の重なるものは左の如し。

 桂派と三友両派の落語、和洋音楽の合奏(秋調・秋香)、歌舞音曲(小満之助・満留吉)、筑前琵琶(旭翠・翠玉)、端唄揮毫(曽呂利)、こま廻しの曲(松井源水)等。

明治411021日 鷺城新聞

旭館の落語 船場旭館は二十一日より浪花三友派落語演芸会、三遊亭圓子一座を迎へ開演すべきが、連中は左の如く秋の夜長のつれづれなる折から好人気をみるべし。

落語(三遊亭圓子、圓二郎、三喬、花圓造、圓寿、小圓子、柳枝、花遊三)音曲舞(印度人サエモン、墺国人チアレアイブ)女浄瑠璃(竹本糸八)三味線(豊沢兵糸)山村流(花扇)女道楽長唄清元(八十松)浮世節(かほる)三味線曲引(柳寿斎)

明治411025 京都日出新聞

芦辺館は例により本日落語日曜会を正午より開催、大阪よりは小勝が出席する筈にて会費は二十銭均一、其番組は膝栗毛上の巻(三八)女学生の結婚(桃太郎)口合根問(小文三)後家の自惚(年史)性は善(文都)美術の名匠(小勝)胆つぶし(文三)散髪娼妓(扇蝶)蘇生の対面(文吾)余興奇術曲芸(及宝山、小三)

明治411028日 大阪朝日新聞

◇天満天神宝来亭席は二十九日より三日間、在阪講談師の研究会を開き、引続き一日より南陵、竹山人、一道、伯竜出席す。

明治411030日 大阪朝日新聞

◇二代目桂文団治は十一月一日午前十時より南地法善寺に於て先代文治及び初代文団治の追福供養を営み、献灯除幕式を挙ぐ。

明治411031日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派各席へは明日より前一座の外東京より桂文治改大和大掾、三遊亭小遊三、司馬竜生、藤原年史、千歳米坡が来り加はり、紋弥も久々にて帰阪するといふ。

上方落語史料集成 明治41年(1908)六

明治41111 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館は本日より東京より翁家さん馬、大阪より立花家円坊、常盤津小伊勢などが加はり大切は久々にて松川家妻吉が人形振にて「三番叟」引抜「乗合船」を見せる筈にて人形遣ひは文楽の吉田玉治が出勤地は常盤津連中其他文三、文吾、花咲、及宝山なども居据る尚右の連中にて堀川菊の家、松原松の家と掛持ち▲又同館は本日正午より例に因て落語日曜会を開く筈にて番組は左の如く入場料は二十銭均一なり東の旅(好)生貝(三吾)泣き塩(年の助)竈盗人(枝雁)御前しるこ(小遊三)廓の誠(文吾)赤垣の出立(さん馬)古着買(文三)余興常盤津(小伊勢)曲芸(円坊)▲笑福亭は本日より粟亭東勢、英国帰化人ジヨンベールが新たに加はり大切は喜劇「官営芸妓」に一座総出の滑稽を演ずる筈にて其出番順は里若、団橘、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、小円太、扇枝、遊輔、花助、喜美子、文之助、円太郎、東勢、ジヨンベール

明治41111日 神戸又新日報

第一第二湊亭 十一月出席の新顔は笑福亭梅香、桂文我、枝太郎、三輔、笑福亭福冶の連中入らつしゃい。

慈善演芸會 来る三日正午より第七回秋季慈善演芸會を當裁判所前第一湊亭に於て開會する由大阪より真打株のスケあるべしと。

世界館 一日より会下山下新開地の世界館が活動写真館として開場

明治41112日 名古屋新聞

富本席は昨晩より三遊亭若遊三、笑福亭突鶴、桂金之助ら一座にて開演せり。

明治41112日 大阪毎日新聞

◇桂派落語家文屋、小文吾、柏枝他数名は、徳島市緑館へ乗込み、昨日より開演。法善寺金沢亭は明三日正午より、桂総一座の臨時開場。

明治41114日 神戸又新日報

<和田の座開場>

和田の座 兵庫湊町二丁目増井仙吉氏は和田神社の前に和田の座といえる模範的寄席を新築したるが工賃五千円にて一昨天長の佳節を以て開場式を挙げ京山若丸の浮れ節を演じ以来引続き種々の演芸者を招き興行するという。

中道亭 東京講談師神田伯山以下五名の大連一座は一日初日以来昼夜とも大入客止めをなし読物も客に適(はま)りて引続き好人気なりと。

明治41117日 名古屋新聞

笑福座 圓一座は昨六日より向う六日間興行。出演は、圓、翫之助、胡蝶、圓三、小圓、圓九郎、圓盆、圓天坊、圓華等なり。

明治41117日 大阪毎日新聞

◇改名せる落語家 二代目文団治は七代目文治の名を襲い、門弟米団治代わって三代目文団治となり、六代目文治は二代目大和大掾となりて、本日それぞれの発表をなしたり。大掾は本年六十六歳、文治は六十一歳、文団治は五十一歳なり。

明治41118 京都日出新聞

芦辺館は例により本日正午より落語日曜会を催す筈にて会費は二十銭均一番組は左の如く大阪より特に松鶴が出演するよし秋の錦(三八)愛宕山(桃太郎)花捻(福寿)軸誉め(小文三)漢医の説法(文吾)講師が仇(松鶴)起請誓紙(文三)越の海の稽古(さん馬)余興常盤津曽我の対面(小伊勢)

明治411110日 名古屋新聞

笑福座 歌舞笑話圓頂派は頗る好人気にて圓天坊の大阪噺し、圓三の盥廻し、翫之助の音曲噺、胡蝶の滑稽なる逆さ踊り、橘の圓の舞踊、又大切の十五題即席落語教育踊りなど人気を博しつつありと尚同一派は十一日限り同座を打揚ぐる由

富本席 今晩の出物は東の旅(寿楽)八百屋吉五郎(小扇橋)馬鹿の見世物(金之助)内外の盗賊(笑三)長屋の花見(松團冶)野ざらし(笑鶴)欲のくまたか大井川(二○か)音曲談テコ十郎(栄太郎)おせつ鶴三郎(若遊三)大切楽屋一座掛合

明治411110 京都日出新聞

第六回投書家秋季懇親会の記 [十一月八日午後一時、清水寺成就院で開会、講演と朝日座一行の喜劇「家違ひ」、高安月郊の演劇談の後]…次が桂文之助君の落語「動物博覧会」にて虎の皮被つて虎の代りに動物博覧会の鉄柵の裡へ這入つて居るのは五十円が慾しさの雇はれ者、口上言ひがライオンと闘はせますと言つてライオンを檻へ追入るるに虎の贋物慄へ上り助けて呉れと言へばライオン笑つて安心しろ、わしも実は雇はれて来たのだといふのが落ちにて話振は例に依つて軽妙なりき、さし代りまして笑福亭遊輔君の「水死幽霊」これも前者に劣らぬ面白さに会衆を笑はせたり、落語家引込むや黒友禅に松竹梅を染めたる振袖を長く畳に垂れて桃色の腰帯だらりと下げたる十歳にも満たぬと覚しき幼女の京人形のやうに化粧して、愛らしくも会衆に一礼せるはこれなむ清元橘家喜美子嬢にて桜屋花助女は三絃を膝にして控へぬ、二百余の会衆を物にもせぬ幼女の咽喉は鴬よりも声美しく、巧みに紅梅の蕾の唇を動かして三絃の音に合せ、語り出づる「四季の三葉」の曲いとも花やかに、「サア一、つ陽気に噪ぎましよ」と微笑一番して大津絵やら甚句やら何でもござれに演つたる立派さ、「花は色々五色に咲けど主に見かへる花はない」と席に愛嬌の花を撒いて、紅扇の手振りも優しく舞ひ納めたる頃には会衆何れも酔へるが如くなりき、次に桂扇枝君の落語、「負け将棊」はお大名のモデルを示して面白く…[ここで一旦休憩の後]…英国人ジヨンベール君の演芸は再び会衆の興を催さしめ、発音の遣ひ分けに英語の春雨は三絃に合して少しの耳障りなき処同氏が天下の芸人と自称せるも無理ならぬ事と思はれ、琵琶崩しの都々逸に日露戦役の事を語れるは雄壮なりき、椅子に口を当てゝ喇叭に代用するやら禿頭に水を塗つて鉢巻をなし、カツポレ踊りを演るやら愛嬌の限りを尽くして演芸を終りぬ…

明治411115 京都日出新聞

○演芸 ▲芦辺館の本日より替る出番順は左の如く大切は人形噺「大晦日浮れの懸取」と決り浄瑠璃は文三、三絃は三代松、人形遣ひは吉田玉治、吉田玉次郎の両人が掛持ちすると出番順は文三、妻吉、円坊、花咲、文吾、小伊勢、三代松、及宝山、其他定連中尚右一座にて本日より西陣座と掛持ち大切は妻吉の人形振「三番叟」引抜「乗合船」なり▲又同館にては本日例の通り落語日曜会を催すが松喬、曽呂利は態々大阪より出演の筈にて入場料は二十銭均一其番組は旅行日記(好史)観音詣(三吉)言葉の飾(年の助)疱瘡息子(三代松)長崎土産(松喬)袂の花(曽呂利)胴乱の幸助(文吾)大工裁判(文三)

明治41112123日 大阪朝日新聞

<桂文団治が七代目文治を、米団治が三代目文団治を襲名する>

改名披露会 三友派の七代目桂文治、三代目文団治両名の披露会は二十二日南地演舞場にて開会する事となり、当日は三友、桂両派の連中は勿論、南北堀江の芸妓の歌舞あり。浄るりは長門、大島、文、源、時の各太夫、俳優は仁左衛門、芝雀、徳三郎、右之助、成太郎の舞、浄瑠璃等あり、「旅路の花婿」といふ所作事を三友派の連中演ずるとぞ。(1121

浪華三友派の文治、文団治の改名披露会は昨日南地演舞場にて催せしが、本日は南地紅梅亭、二十四日は平野町此花館、二十五日は北新地永楽館、二十六日は松屋町第二此花館、二十七日は堀江賑江亭にて催す筈。(1123

明治411121日 新朝報(愛知豊橋)

河原座 今晩より昔々亭桃太郎一座の落語

明治411122 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館は本日例の通り落語日曜会を開く筈にて梅香は大阪より三輔は神戸より出演する由入場料は二十銭にて番組は左の通り旅行日記(三八)同後編(桃太郎)商売失策(小文三)菊石妾(三代松)□の孝行(梅香)市助酒(文吾)電車と立退(三輔)後家の姿(文三)余興人形噺(社中)

諸芸新聞演芸会 来る二十五日昼夜二回河原町四条下る京都倶楽部に於て第三回演芸会を催す筈にて浄瑠璃、新内、清元、長唄、素人舞、落語、手踊、喜劇など種々なる演芸あり夜長の徒然には興あるべし

倶楽部の余興 河原町四条下る京都倶楽部にては今二十二日午後六時より月次余興を催す筈にて其番組は落語(枝雁)常盤津(小伊勢)曲芸(三太郎)舞、揮毫(妻吉)曲芸(円坊、及宝山)仮声(花咲)

明治411127日 大阪朝日新聞

<曽呂利、初代松鶴を語る>

◇田作の親 ぬーと来る曽呂利新左衛門▲こんな研究▲初代松鶴▲五十年の交際

一日(あるひ)の朝、落語家の曽呂利新左衛門が例の呑まれたやうな年寄のやうな若いやうな不思議な顔をしてぬーと入つて来る。さうして坐につくが否な「あんた田作(ごまめ)の親を知てなはるか、知りなはらんやろ。私近頃誰でも知つてさうで誰も知らぬ事を研究して居ます。田作の親は鯡(にしん)でおますぜ。それから大阪で、何ぢや今頃来てスツポンの間にも合やへんがなと云ひます、此理(わけ)知りなはらんか、知りなはらん筈や、今はもう絶えてるさかいな。二十年ほど前には京橋に川魚の市がおました。第一が諸子、第二が鮒、第三が鰻、第四が鯉、第五がスツポンと段々に糶(せり)ましたものや。所が朝寝をした商人が遅れて来ると、何んぢや今ごろ来て、スツポンの間にも合はんがな。分りましたやろ、面白おますやろ。人は取返しの上手なのがシテ取りますな。この取り返しといふ事が生やさしい事では出来ません。私の知つてる中では今の川上音二郎、古い所で初代松鶴。この松鶴は豪い男でおました。今の落語家にはテンと真似人(まねて)がおまへん。一寸芝居を見に行くにも成るだけ売れぬ芸妓を五六人も伴れて行きます。木戸番でも挨拶に来て、腰かけて話でもすると、何んぢや失礼な、立て話するといふ事があるかと、拳骨をお見舞ひします。然し左の手に二朱銀の三四箇も握つて、怒りなや、お互に人気商売やさかい云ふのや、これで煙草でも買ひというて袂へ入れて遣りますさかい、頭を擲(は)られたものが礼を云ふ勘定になります。二三枚目の同業がお世辞を云ひに来る。お前はまだ単衣羽織を着て居るやないか、この寒空にそれではどむならん、悪いが私のを着て呉れんかと、縞かお召の袷羽織を着せて遣る。その男がバツタのやうにお辞儀をすると、お前も私の遣る羽織を着てくれるやうになつたかなア、私がまだ前座でピー〳〵云つてる頃、お前の下駄を揃へなんだというて足蹴にせられたことがあるがなアと、こんな皮肉な仇討をしたこともあります。五十年の交際(つきあい)といふと随分長うおますぜ。寺子屋時代からの友達を調べて人名帳を作りましたが、それでも五十八人からござりました。今の交際は水臭いが昔の友達は義が厚いので、今も子供の時と同じ心で交際して居ます。然しどういふものか旦那衆に長寿(ながいき)の方がありません。贔屓の旦那で三四十年の交際は皆無と云つてもよいのでござります」と、幕無しに喋々り続けて其のまゝふいと帰つて行つた。旦那衆に長寿者が少ないとの一語、大に味があるのではないか。(一記者)

明治411127日 大阪朝日新聞

◇天満宝来亭は二十九、三十日の両日神田伯竜が講談界を退くにつき、記念として市内滞在の講談師、浄瑠璃太夫、新内太夫、桂、三友両派の落語家出席して演芸会を開く。

明治411129 京都日出新聞

芦辺館は本日例の如落語日曜会を催す筈にて久々東京より帰京したる紋弥も出席し会費は二十銭均一にて番組は旅行日記(好史)陽気遅れ(三吾)土鼠(年之助)僻と僻(枝雁)忠義の正夢(文三)宿酔(文吾)余興落語手踊(紋弥)

明治41121日 東京朝日新聞

文冶と大和大掾 桂の家元文冶は先頃大阪へ行って同地三友派の落語家文團次に其の名を譲って自分は大和大掾を名乗ってゐる之に就ては家筋の小さん、左楽、さん馬、文楽が相談に預かって事を纏めたので条件は文冶の名は一代限りにて文團次廃業の後は必ず桂の家元へ返還する堅い約束を結んであるそこで文冶の大和大掾も本月限り同地を打揚げて帰京し来春は楽翁と改名して席へ現れるそうだ。

明治41121 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館は本日より九年振にて三遊亭円子、同一円遊、春風亭柳寿斎、立花家花円蔵等が新に加はる事となり堀川菊の家と掛持する筈又本日よりの出演順は枝女太、三吾、好史、桃太郎、三八、年之助、三太郎、枝雁、花円蔵、小文三、小三、及宝山、三代松、柳寿斎、文三、一円遊、文吾、円子、大切余興歌舞音曲手踊(円子、柳寿斎、花円蔵、三代松、一円遊)▲笑福亭は本日より剣舞の東冠三郎及内田秀甫が新たに加はり其出番順は扇太郎、里若、団橘、橘太郎、円次、芝楽、東勢、福太郎、円太郎、文之助、小円太、東冠三郎、内田秀甫、遊輔、花助、喜美子、扇枝尚大切立噺しの「移り気」といふは大道具入にて演ずる由

明治41123日 新朝報

河原座は昨晩より英国人ジョンボル一行の東京音曲噺

明治41126 京都日出新聞

芦辺館にては本日正午より例の通落語日曜会を催す筈にて番組は左の如く会費は二十銭均一なり神の賑ひ(桃太郎)旅路の花(三八)安産の祝(小文三)客の謀計(三代松)牛の涙(文吾)地獄旅行(円子)一つ穴(一円遊)百年目(文三)余興長唄鶴亀(円子、柳寿斎)

明治41128日 紀伊毎日新聞(和歌山)

三友派の落語 昨七日より元寺町紀国座に三友派落語一座開演。同連中には彼の松川家妻吉もあり、妻吉が口にて花鳥山水を書く所頗る好評なりという。(十日まで)

明治411211日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天の圓頂派 市内竪町楽天席は、圓頂派橘圓一座を迎へ十一日より歌舞音曲笑話を演じる。

明治411212日 鷺城新聞

楽天の圓頂派 市内竪町楽天席にては、十一日より圓頂派を迎へ開場しをえるが、婉転(えんてん)軽妙なる圓の話し振り、春風亭胡蝶の曲芸など最もおもしろく毎夜非常の大入なり。

明治411213 京都日出新聞

芦辺館にては本日正午より例の通落語日曜会を開き大阪より特に竜生が出演し入場料は二十銭均一尚今回を以て本年の納会とし来春は又華々しく開場の計画なりと本日の番組は東の駅路(好史)鳥屋坊主(年之助)二人妾(三代松)貞女の鑑(竜生)風呂敷(一円遊)金と人(文三)雪月花(円子)(うそ)と実(文吾)余興 長唄廓五郎(円子、柳寿斎)

明治411214日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各席は十五日より東京の川上革新劇に付添ひ居りし長唄と洋楽との合奏者野村藤三郎、丸川吹弥、富士田千之助、古住小扇次、杵弥君三郎、松永鉄二郎の六人を迎へるよし。

明治411218日 大阪朝日新聞

◇盲唖学校の寄付演芸会 十九、二十の両日間西区新町廓婦徳会場に於て開催する鹿児島盲唖学校基本金募集の慈善演芸会…出演者の本極りは左の如く。

 桂派(小円左、文福、枝楽、東蝶、柏枝、千橘、三木助、慶枝、枝雀、雀三郎、仁左衛門、文枝、円馬、雀之助、文屋、小文吾)。三友派(花咲、歌之助、松鶴、松喬、文団治、文治、扇蝶、円若、曽呂利、小満之助)。他に各種音曲、喜劇、奇術、芸舞妓の歌舞等多数あり。

明治411219日 大阪朝日新聞

◇桂派の南地金沢席は二十一日より若手揃ひにて忘年演芸会を催し、奇術、歌舞、即席噺、筑前琵琶、清元の外に、大切には文枝を頭取として一座の掛合立噺を演ずるよし。

明治411225日 大阪朝日新聞

◇初代松鶴の門人柳枝は先師の四十三回忌に当るに付き、二十五日南区順慶町赤沢席にて落語大会を催し、一心寺にて追善供養をなすといふ。

明治411225 京都日出新聞

演芸 ▲笑福亭の一月一日より新たに加入する笑福亭福丸、三遊亭ぽん太、千歳米坡の三人にて大切には余興として「雪中松」の所作事は連中総出にて勤むる由尚出番順は扇太郎、里若、団橘、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、小円太、扇枝、福丸、遊輔、ぽん太、文之助、秀甫、円太郎、花助、喜美子、米坡

明治411225日 神戸又新日報

落語忘年会 第一第二湊亭とも来る二十六日より三日間本年最終の浮れ仕舞として忘年会と称し一座残らず大いにふざけて車輪に落語角力、浄瑠璃掛合、人形噺、滑稽所作事をやらかす由連名左の如し

圓楽、圓松、福我、文雀、喬之助、光雀、福冶、南枝、福圓、團輔、美佐、小文、枝太郎、サエモンジョジョウ、チャーレブアイヴ、馬生

明治411227日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派の一月席は前一座の上に出雲の神代神楽社中、滑稽軽口印度人ジヲジヨー、墺国人チアレーアイブの曲弦、春風亭柳斎及び旅行中の三遊亭円子などなり。

明治411229日 満州日々新聞(大連)

◇広告/開業広告當座儀今般新築落成致候に付舞台開きとして内地より歌舞伎俳優嵐市蔵一座を招き當一月一日より花々敷夜興行開演仕候間永當々々御来観の栄を賜り度伏て奉希上候敬白特等一圓五十銭一等一圓二十銭二等八十銭三等五十銭三階三十銭大連歌舞伎座興行元寺尾勉後見田原大吉

明治411230日 鷺城新聞

旭館のはなし 船場旭館の一月興行は、東京大阪合併落語にして一日より興行すべきが連中は左の如し。

笑福亭里鶴、笑福亭枝の助、橘家小橘、三遊亭喬三、桂三木三、林家小正三、春の家小まん、清水一角(講談)、三遊亭円福

 


【参考資料】

<百人芸>

・曾呂利新左衛門 俗に骸骨と呼ぶ愛嬌者。得意は姦通話と端唄に合して即席書の揮毫。

・桂仁左衛門 落語家桂派の真打にして、「三十石」を得意とする。その船歌は人を魅了する。

・三遊亭円馬 久しく旅路にありしが、去年より又桂派に現れる。

・桂慶枝 大和大掾となりたる文治の門弟にて才賀といえるが、改名して桂派に出勤。

・桂文屋 桂派出勤の古き落語家にて、狂歌をたしなみ、無妻主義を振り回す変った男。

・桂文枝 以前小文枝と言い、今は師名を継ぎて文枝となり、落語桂派の座長たり。山村流の舞が上手。

・桂柏枝 以前文太郎といえる男。落語より音曲を得意とする桂派に出勤

・三遊亭圓若 久しく三友派の音曲師として人気あり。一流の槍錆に得意の喉を震えり。

・桂雀三郎 落語より音曲を得意とする。南光の三十石の船歌を真似て妙なり。

・桂歌之助 三友派の落語家。何をさしても不器用ものなれど、一種の愛嬌ありて人気もあり。

・桂枝雀 桂派第一の人気男にて、滑稽縦横一言一句の頤を解く。

・笑福亭松喬 三友派のお役人で、四つ竹の櫓太鼓を売り物にする愛嬌沢山の噺家。

・桂菊団治 一両年前より急に頭を揚げ出した文団治改め文治の門人なり。

・三升紋弥 三友派の名物男にて、長らく上京していたが、この程又帰阪せり。

・桂文都 三友派の真打にして、大阪落語中素噺の上手株なり。

・笑福亭松光 故福松の高弟にて、三友派の真打の一人なり。

・桂三木助 南光の門弟にて手遊といいたるもの。落語より踊りが上手。

・桂文団治 米団治と呼びたるが、この程改名して、師名文団治を襲いたり。

・桂小文吾 桂派に出勤して、素人臭い落語をしゃべる男。

・桂文福 兵隊さんになって入営しておったが、満期後は桂派に出演の落語家。

・桂雀之助 顔芸とか背虫の身振りだとかで愛嬌を振りまく桂派の一人。

・桂文治 文団治と名乗りたるが、この程文治と改名せるなり。三友派頭領の一人。

・桂小円二 文治の門弟にて、三友派各席に出勤する落語家なり。

・桂燕太郎 枝太郎も門人にて、三友派に修行中の落語家

・槌家万治 互楽派に出演中の曲芸師なり。

<編者註>大阪毎日新聞の113日~1226日迄、当時の主なる落語家を顔写真も入れて掲載

 


<桂派矯風会(明治41年)>

112日 金沢亭 
 (未詳)

29日 瓢亭 
 番組:御祝儀(仁助)、変装動物園(小文吾)、走井の月(文屋)、当世女子家庭教訓(三輔)、嫉妬の焔
(文枝)、善に善報悪に悪報(文左衛門)、中入余興連獅子(文屋・三木助・杵屋連)、花の芳野(仁左衛
 門)、普請褒め(枝雀)、按摩炬燵(文三)。

38日 幾代亭
 番組:鷹鳩三春のまなこ(小文三)、胴とり(雀三郎)、転宅の夢(三輔)、忠僕の魂胆(文三)、余興今様
 狂言(泉祐三郎・同ふみ・同かすみ)、勧善懲悪(文左衛門)、積不善に余殃あり(枝雀)、青年立志編上の
 巻(文枝)。

412日 杉の木席
 番組:池田の牡丹(小文吾)、頓知の失策(小文三)、桑名港七里の渡し(三木助)、春郊の花見(枝雀)、
 男子のたしなみ(仁左衛門)、中入余興今様源氏節白木屋(岡本小美家・美家吉)、ヴアイオリン風琴合奏
 (石村松雨・松翠)、宝さがし(文左衛門)、吉野の鼓(三輔)、息子の放蕩(文三)。

510日 金沢亭
 番組:京名所(文屋)、婚礼の間違(三木助)、仇討の滑稽(三輔)、五月幟(歌六)、忠諌の紅波(文
 枝)、中入音曲(松雨・松翠)、三千十歳(とめ・とめ子・小〆・若竜)、玉手函(文左衛門)、四天王寺の
 鐘声(仁左衛門)、節倹家の考案(枝雀)。

614日 瓢亭
 出演者:雀之助、文屋、三木助、仁左衛門、文左衛門、枝雀、文枝。余興には文屋外二名で人形振を勤め仁
 左衛門、文枝、小文吾が囃子に廻る。

75日 金沢亭
 番組:鳥屋坊主(仁助)、稲荷車(小文吾)、敷嶋の道(文屋)、手水違ひ(三木助)、巌柳島(才賀)、盗
 賊の斥候(枝雀)、余興滑稽大相撲(桝喜山樽右衛門)、徒然草(文左衛門)、網船(文枝)、偽大神宮(仁
 左衛門)。

913日 幾代亭改め国光席

 出演者:播州紀行(仁助)、因果応報(左衛門)、百物語(文福)、泣塩(雀三郎)、慶枝、仁左衛門、枝
 雀、文枝。余興中村旭翠の筑前琵琶盛久。文左衛門も名残口上のため出席するよし。

1011日 杉の木席
 出演者:小文吾、雀之助、文枝、枝雀、慶枝、仁左衛門。余興中村旭翠の筑前琵琶。

126日 瓢亭
 出演者:あやめ、仁三郎、慶枝、枝雀、余興大三十日浮れの懸取(千橘・文屋・雀三郎・三木助・雀之助・
 小文吾・文福・小円左・東蝶・枝楽)、仁左衛門、円馬、文枝。

<三友派日曜会(明治41年)>

112日 永楽館
 (未詳)

216日 紅梅亭
 番組:花見時長屋集合(団作)、鳥屋坊主(菊団治)、鶴満寺(松喬)、三人かたわ(梅枝)、こぢり塗
 (米団治)、余興江戸名物(鉄三郎・幸蔵・浅吉・岩蔵)、歌舞音曲(円子・まる吉・小満之助)、芝浜金
 財布(小燕枝)、借家怪談(文都)、義士(馬生)、解やらぬ関の下水上の窓(新左衛門)。 

38日 紅梅亭(慈善日曜会)
 番組:鳥屋引導(団作)、伊勢参宮(三代松)、あみだが池(春団治)、三十石夢通路(梅香)、千本
 桜(文都)、浄瑠璃壷坂(豊竹三八・三吉)、歌舞音曲(台湾芸妓連中)、和洋音楽(福三郎・柳寿斎・円
 子)、しやくり裁判(松鶴)、鶴亀(馬生)、音曲噺(円若)、義太夫手くだ(米団治)。

322日 第一此花館
 番組:深山隠れ(団勇)、佝僂茶屋(燕太郎)、土竈幽霊(秋之助)、観音由来(扇橋)、木挽茶屋(米
 団次)、余興音曲(福三郎・柳寿斎)、今様狂言佐渡狐(泉祐三郎一座)、西行吾妻下り(円子)、血染の加
 茂川(文都)、借家怪談(松鶴)、月宮殿(新左衛門)。

419日 永楽館
 番組:春の旅(若三郎)、惚れ薬(文雀)、味噌蔵(松喬)、寝床(米朝)、三人片輪(一円遊)、さくな
 ま(松鶴)、とろゝん(文楽)、四谷番頭(米団治)、浅草のり(さん馬)、余興都名物六斎踊(西院村社
 中)。

517日 紅梅亭
 番組:馬子茶屋(新作)、懸取(歌の助)、親子茶屋(米朝)、おせつ徳三郎(四五六)、水府西遊記(文
 都)、月の面影(米団治)、菊江仏壇(新左衛門)、新裏の裏(松鶴)、五月角力(馬生)、余興記憶術
 (柳一)、歌舞音曲(ジヨンベール)、清元長唄(橘の助・喬の助)。

67日 第一此花館
 番組:名物争ひ(団勇)、倉江(文雀)、宿替(春団治)、唐茶屋(松光)、五月角力(馬生)、品玉屋
 (松鶴)、裏の裏(米団治)、貸家借(新左衛門)、余興長唄(富士田千之助・杵屋君三郎)、神田祭神楽
 踊(松本知賀之助社中)。

920日 紅梅亭
 番組:遊山船(福次)、茶碗ねづり(菊団治)、牛誉め(春団治)、我忘れ(米朝)、替り目(梅枝)、長袖
 坊主(米団治)、冬の遊び夏の新町(文都)、三味線栗毛(燕枝)、慾と義理(新左衛門)、余興曲独楽(松
 井源水)、和洋音曲合奏(菊野秋調・秋香)。

1018
 第一此花館 番組:御祝儀(団幸)、桑名船(三代松)、住吉駕(梅香)、崇徳院(歌之助)、左甚五郎
 (小勝)、余興(小満之助・まる吉)、曲独楽(源水)、書割道具(松鶴)、松山鏡(円蔵)、寺子の蜆売
 (米団治)。

1115日 永楽館
 番組:神の賑ひ(米若)、四の字丁稚(菊団治)、味噌蔵(松喬)、盗人の改心(文都)、改良理髪(小
 遊三)、余興(紋弥・小満之助・まる吉)、赤垣出立(さん馬)、ふな弁慶(松鶴)、長崎赤飯(馬生)。

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ