明治43年

上方落語史料集成 明治43年(1910)一

明治421230日 大阪朝日新聞

◇新年元旦の興行案内(落語席)

桂派:南地金沢、新町瓢亭、淡路町国光、天満杉の木、南堀江日吉各席。

三友派:南地紅梅、堀江賑江、平野町第一此花、松屋町第三此花の各席。

互楽派:松島文芸館其他三箇所各席。

明治4311日 名古屋新聞

富本席 今一日夜より東京大阪落語大会。司馬龍生、有村謹吾合併大一座にて開演。一座には一風松輔、一奴、三木三等なり。

寶座 大須観音堂裏元文明館は普請中なりしが昨冬落成したるにつき寶座と改称し今一日より花房清十郎の萬歳劇にて花々しく開場の筈

明治4311日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派各席へ新春から、東京振付花柳芳二郎、常盤津駒太夫、緑太夫、三味線九蔵、小菊等がでる。

明治4311 京都日出新聞

△寄席の部 ▲芦辺館 文吾枝太郎一座の落語▲平居館 同掛持▲笑福亭 円太郎一座の落語▲西陣座 同掛持▲当昇亭 当昇一座の浪花節▲駒の家 同掛持▲第一福真亭 梅寿軒一座の浪花節▲第二福真亭 君栄小国一座の女義太夫▲錦座 団路一派の女義太夫

明治4311日 大阪朝日新聞神戸付録

新年の興行物 ▲柳座 嵐佳笑の一座 ▲明治座 大修繕成りて吉備團子一座に鯉三郎、蝦四郎が加わる ▲相生座 荒五郎父子に高福、小傳次が加わる ▲大黒座 東京俳優八百蔵、女寅、九團次、市蔵、栄二郎の一座 ▲歌舞伎座 三五郎、松之助、扇駒、朝若、紅若一座 ▲千歳座 長太夫、吉松郎、奥山、扇太郎一座 ▲中道亭 為永、春湖の講談 ▲電気館 活動写真 ▲日本館 同上 ▲湊座 團九郎一座の俄 ▲湊亭 馬生、松光、春子(筑前琵琶)、文我、小圓冶、松團冶、鶴松一座の落語 ▲藤田席 曽我廼家小四郎一座の俄 ▲湊川新開地には軽業、動物等の興行

明治4313日 名古屋新聞

◇演芸界 ▲御園座 既報の如く坂東蓑助、市川白蔵、中山文七等の一座にて去る一日より開場 ▲末廣座 左團次、源之助、莚女、團吉、莚若等の一座にて一日より開場 ▲音羽座 荒木清一一座 ▲千歳座 嵐巌笑等の一行 ▲歌舞伎座 新派新劇巴昇、菊池重成、松久猛、山田一郎等の合同一座 ▲寶生座 かほる、伸太郎、璃昇等の一座 ▲新守座 活動写真 ▲笑福座 尾上幸十郎、澤村國三郎、寺島梅光等の一座 ▲富貴座 市川豊吉、大川春吉一座 ▲富本席 東京大阪落語大会、司馬龍生、有村謹吾合併の大一座にて一日夜より ▲文明館 活動写真 ▲寶座 新築の寶座にて開演せす花房清十郎の万歳劇は好評 ▲電気館 活動写真 ▲金輝館 革新浪花節浪花亭蓉峯一行にて一日より開演 ▲新栄座 吉田常春、廣澤虎丸合併一座にて一日より開演 ▲共進館 新築せし同館は浪花節合同一座にて一日より開演

明治4315日 北国新聞(金沢)

一九席 東京落語春雨雷蔵一座を招き二日より賑々しく蓋を開けたる淡白として罪のない落語や、面白い音曲手踊など何れも大陽気連とて雑煮腹をこなすには持ってこいの大一座。三年の長生きは請合なるべし。

明治43113日 北国新聞

一九席 (東京落語)今晩の番組左の如し

正本芝居噺(文好)落語音曲(橘蔵)人情美談(白梅)曲芸立物百種(鶴寿)奇術剣呑(張圓桂)落語手踊(圓駒)滑稽人情噺(雷蔵)諸芸吹き寄せ(大一座)

松カ枝館 (落語新内)番組は左の如し

新内大井川(大住栄)源氏節梅由(美住栄)新内阿古屋三曲(美津國)新内鳴門(若時)音曲長唄(圓次)落語音曲(小正蝶)噺手踊(豆市)軽口(掛合)さいさい節(娘連中)

明治43115 中国新聞(広島)

新地座 三府合同歌舞伎片岡松十郎等の一座 ▲明神座 市川圓十郎一座の浪花節芝居 ▲鶴の席 京山春駒の軍事教育浪花節 ▲胡子座 三遊亭若遊三一座の東京落語音曲、大切は電気応用所作事 ▲大黒座 バテー常設活動写真 ▲東遊郭柳座 有沢活動写真 ▲朝日座 吉田小圓の浪花節

明治43116日 名古屋新聞

富本席 今十六日より東京落語三遊亭圓流一座にて開演、連中は朝之助、歌子、朝三、市馬、小圓流、しん三、松竹等大切ハイカラ活動落語という目新き滑稽物ありと

明治43120日 東京朝日新聞

◇狡猾(こうかつ)同士の懸引 大阪の落語家桂残月は今度東京に乗込み講釈師として打って出るに就ては伯圓の名を相続せんとて八丁堀の住吉亭に楯籠つている伯圓の意向を探らしたが耳を揃えて五百圓ならばと吹き立てたに狡猾にかけては伯圓も三舎を避くる残月のこととて五百円は高すぎると掛合中だが夫程騒ぐ名でもあるまい。

明治43123日 神戸又新日報

湊亭第一席に於て今二十三日正午より落語日曜會を開く其の番組は瘤弁慶(お多福)小倉船(光雀)浮世根問(南枝)雪隠壷(松團冶)漣丁稚(鶴松)歳褒め(福圓)廓の賑い(小圓冶)芝居噺天一坊(文我)子ほり奴(松光)福徳利(馬生)余興「曽我の夜討十番斬」十郎祐成(鶴松)五郎時宗(文我)長唄大薩摩(福圓)三味線(南枝)新派筑前琵琶「明智左馬之介湖水渡り」(春子)

明治43125 京都日出新聞

落語日曜会 久し振で芦辺館の落語日曜会を聞くべえと入場(はい)つてみると高座は雁首が入替り立替つて恰度(ていど)。一円遊の「幇間の失策」といふ落語が大分進んでゐる真の所申せばこの話元来冠者余り聞いたことのないものでよくは判らないからお預り申すが江戸弁のペラツ〳〵だけに酔中の幇間など好いやうでげした。文都の「菅野新七」これも聞いたことのない落語で武家の二男が遊芸極道で勘当を受けて江戸に行き端唄の師匠となつて維新後京都に居てお袋に孝養を尽してゐたが男振と咽喉の好いのが身の仇となり主ある芸妓と嬉しい首尾をしたのが旦那に知れてトヾ血の雨を降らすといふ実のある話だが時間の短い為め肝腎の処を聞かなんだのは残念だつたが旦那に纏花(はな)だと五円金貨を打着けられ額を裂かれてからグツと腹立てたが、満更(まんざら)後身見(うしろみ)られぬ体でもないから下から出て気焔を吐く処など随分面白く聞けた元来此人は前の文枝の弟子だと聞いたが話の中にクフン〳〵と鼻にかゝるのは文枝の癖でその癖まで染んでゐるのは妙なものだが余り好い癖ではいテ。円若の「関所」これは橘家派其他の音曲落語(はなし)を演る人のよくやる話だ昔の道中に鑑札ない者が何か一芸して関所を通ると云ふので其芸事の中に色々の唄を聞かすのでこの日は京の四季の下半「真葛が原にそよ〳〵と」からを清元の節で唄つたのと歌沢の「武蔵野の」といふ一寸皮肉くつたものと都々逸等であつたが声に艶があつて笑福亭の円太郎よりは遥かに味があつた。文吾の「市助酒」皮肉な面白いものだ酒呑の夜廻り市助爺が酒を御馳走になりながら一人で饒舌てゐる処など落着いた話振とソツがないので非常に面白かつた市助が酒を飲みながら先づ自分の素性の自慢から妹の自慢果ては世の中を罵倒するやうになる間が一口〳〵と飲む酒が追々廻つて来る状態を巧みに写していたのは敬服であつた(冠者)

明治43125日 中国新聞

<鶴亀淀助>

幇間淀助 世の中何事もズンズン変わって来るのに、幇間社会ばかりは依然舊態とあっては薩張りものにならぬドレ及公自ら進んで斯道研究の為花のお江戸へまかり越しお招きに預かるお客をアッと云わさでなに置くできと明くれば昨年夏の初旬住み馴れた三条の川風を背に追はし遠く吾妻の空天へ一目散に駆けつけた例の小笠原与四郎入道淀助。往く先々でちょこちょこ道寄り歌の上手は姫路から紀州神宮辺りまで大入道の頭を振立て代わって伊勢は津でもつ津は伊勢山田で愛嬌撤いて大当たり尾張名古屋はお座敷で鯱鉾立ちの芸当も郷に入っては郷につく。それからこそが目的の東京では幇間よりは軽口落語を本芸に橘圓一座や柳派連に加入して各所の寄席に看客の臍をよらせた。その後が新橋柳橋次いで葭町吉原を万編となく廻った効能ロハにはならず腕と胸とに負い切れないほど研究して昨年舊眠ヒョッコリ帰って相変わらず「イヨ旦那その後は相も変わらず」と頭の天ペンを扇で叩き以前に倍する御引立てをヘッヘッヘッ・・

明治43126日 名古屋新聞

富本席 今晩より東京三遊若手三遊亭一圓遊一座にて開演す一座には圓流、朝之助、市馬、松竹、しん三、歌子、扇遊、遊人等の若手揃いにて花々しく開演する由

<編者註>一圓遊一座は、三十一日迄興行。

明治43128日 香川新報(高松)

玉藻座 今晩の番組は、浮かれ道中(丈三)高砂屋(扇蝶)軽口(両人掛合)三十石(松蝶)日本手品(圓丈)太田道灌(歌六)浮世根問(三喬)曲芸傘の曲(一丸)芝居風呂(圓丈)はるた浮世節(小金)恨の焔金輪(山村華扇)

明治43131日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派各席へ二月一日より東京の落語家柳亭芝楽、都家歌六、柳亭芝雄、清元立花家喬之助、歌吉、菊枝が出席する。

明治4321日 北国新聞

一九席 喜久松一座の地萬歳は昨日限り打揚げ本日より京阪落語大一座にて開演すべく初日の番組は左の如し

伊勢参宮二人旅(松雀)正月丁稚音曲手踊(三木三)あつ盛そば物真似(枝女太)新内並びに浮世節(升六)一休禅師(一風)廓ぞめき舞手踊(一奴)滑稽剣舞音曲手踊(謹吾)吉原八卦(武生)掛合(総出)

明治4321日 名古屋新聞

富本席 今晩より三遊亭小圓遊一座にて開演一座は遊橘、左好、遊楽、遊之助、小遊冶、遊がお、朝がお、奇術玉天斎正一、長唄小登吹、小なみ蝶子等の大連也

明治4321 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館は本日より小紋、柳福、柳人、米朝、柳朝、文我、春団治等の新顔が加はりたるが出演順は 枝女太、扇笑、円光、桃太郎、三八、枝雁、小紋、円笑、福吉、柳福、柳人、枝太郎、花咲、米朝、柳朝、文我、文都、春団治、文吾▲笑福亭も本日より源春子、米枝、小文吾、三木助の新顔が加はり出番は 里若、三蝶、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、小円太、米枝、円盆、蔵之助、小文吾、円太郎、三木助、春子、文之助

明治4322日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派の圓子は、十年ぶりで東京に帰り、柳派に加入した。

明治4322日 大阪朝日新聞神戸付録

姫路楽天座は今二日より三遊亭圓流一座の音曲落語手踊

明治4326日 中国新聞

栄座の素人二輪加 土地の若連中が昼間の仕事をしまって夜分の慰み半分にやる堺町観商場内の栄座は以外にも人気のある処へ今度東京から一緒にやって来た幇間淀助の門人出歯屋の淀平が師匠となって這入り日々若連中へ振りを付けて居る処で昨今は我が中国新聞に記載した彼の安佐郡論田村の殺人狂を面白く仕組みて四日間演じているが、此の次からは矢張り本社の紙上に日々掲載する多くの雑報を選抜き看客の好みに応じて夫れを一々即席二輪加に演ずるとは面白い思いつきなり。

明治43213日 神戸新聞

落語日曜会 本日正午より第一湊亭にて落語日曜会を開催。番組は島巡り(我逸)しめこみ(圓松)三人旅(團輔)五両残し(松團治)美しき魔神(福我)親子茶屋(福治)堪忍袋(馬生)余興長唄鞍馬山(福三郎)汐汲み(四才康子・六才光栄子・美佐子)理髪(福圓)借家借り(歌の助)お見立て(圓若)

明治4329日 馬関毎日新聞(山口下関)

◇日の出座 笑福亭小扇橋、同小松鶴一座の落語は久々にて滑稽。頤を外づすお笑い草と山村雪江という巧妙な踊りや色物沢山で、初日以来毎夜張裂(さく)る大人気。

明治43219 京都日出新聞

京都倶楽部月次(つきなみ)余興 本月の月次余興は本日午後六時より開催芦辺館社中の落語、手踊、曲独楽等数番あり、枝雁、枝太郎、文我、春団次、桃太郎、三八、小紋等出演して得意の芸当に観客の頤を解かしむべしと

明治43220日 神戸新聞

<龍野旭席開場>

龍野旭席落成 播州龍野内紺屋町に新築中なりし寄席旭席(龍野町浅野長兵衛所有)は愈々落成せしより十八日開場式を挙げしが来会者場に溢れ頗る盛況にて余興として万紅、栄二檢紅君連の俄、舞、浄瑠璃等ありたり。

明治43227日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各席は三月一日より前一座の上に加賀の御前万歳小松喜久松一座及び東京の芝楽、芝雄、立花家喬之助、都歌吉、歌六等出勤す。又同派の円子、柳寿斎、春風の三人は東京へ赴き柳派各席に出勤す。

明治43228 京都日出新聞

笑福亭は来る一日より各務梅林といふが義士銘々伝を毎夜続ける由なるが出番順は里若、三蝶、橘太郎、円次、芝楽、円盆、米枝、松団治、小円太、蔵之助、楳林、円太郎

上方落語史料集成 明治43年(1910)二

明治4331日 名古屋新聞

富本席 今晩より春風亭楓枝一座にて開場す。連中は芝鶴、進、勢太郎、枝六、芝好、福助等なり。

明治4331 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館は本日より東京丸一社中、金原亭馬生、源春子等が新加入となりたるが出番順は枝女太、扇笑、円光、桃太郎、三八、枝雁、小紋、円笑、文我、枝太郎、春子、文吾、花咲、馬生、丸一社中、春団治、柳朝▲岩神座及び平居館は芦辺館連中が懸持の由

明治4331日 香川新報

◇広告/玉藻座/東京下り滑稽昔噺/ステテコ元祖三遊亭円遊/當ル三月二日ヨリ開始

玉藻座 明晩より開演する圓遊一座初日の出し物左の如し

東の旅(三遊亭遊楽)閑所(同遊蔵)寿限無おりどり(同遊生)軽業(同圓弥)音曲はなし(同しん三)商売根問おどり(同圓鶴)東京女道楽常盤津浄瑠璃(同遊子)乗合舟恵方万歳並に端唄浮世節(同遊之助)高砂屋音曲ステテコ踊(同扇遊)植木屋(同三喜松)七段目物真似踊(同朝之助)太田道灌曲芸(同圓流)野晒し音曲ステテコ(圓遊)

明治4332日 大阪朝日新聞

◇松島文芸館は一日より従来の一座へ福円遊、鯉遊、鯉カン、松助の四名が加入する。

明治4335日 大阪毎日新聞付録堺周報

◇落語 卯日座は目下大阪三友派落語興行せり

明治4335日 香川新報

玉藻座の圓遊 東京三遊亭圓遊一座の落語、初日ながらザット一杯の大入である。何分鹿連の頭数多くドレもコレも中途半のお噺で仕舞が気抜けて聴えるが何れもお侠(きゃ)筋のハキハキと弁ずる処頗る気持好い中に三喜松とて生粋の大阪ツ子が居る。「ヲマンガナー、ソヤサカイ」を無闇に振り廻して例の若旦那、嬢やん式で厭気たっぷりのダラシナイ口音は何だか鼻に付いた。朝之助は噺よりも声色よりもサノサ節の踊は中々器用なものじゃ。処で少々ラッが真面目に具備して居る丈で時々桟敷にラツな眼付をくれて、怎(と)うだ惚れて位はくれそうなものと妙に済ます処、中々愛嬌がある。モタレの圓流噺も巧いが盆廻しは又一段と手に入ったものだ。切の圓遊流石に噺は上手だ。圓転滑脱とは是等の言だ。切に本家筋のステテコ行動スッカリ故圓遊其侭であるが何をしても客を飽かさぬ事に努めて一座の勤めを一身に引受け車輪て働く処はドーシテもドッサリの貫目が充分に見えた。(蚊)

<編者註>円遊一座の番組は、下記の通り。

36日 番組:石かくし(遊楽)ほたる穴(遊蔵)播州巡り(圓弥)熊の皮(しん三)お文さま(遊生)軒付け(圓鶴)常盤津戻り橋(遊子、遊之助)音曲風呂(扇遊)百年目(三喜松)たらちめ(朝之助)一分茶番(圓流)つるつる(圓遊)大切総出狐けん都々逸

37 番組:梅香のつぼ(遊楽)片馬(遊蔵)煮売屋(圓弥)のめる(しん三)字違い(遊生)常盤津八犬伝富山段(圓鶴、遊子)蛸坊主(遊助)親子の女郎買(扇遊)片袖(三喜松)疝気の虫(朝之助)巌流島(圓流)成田小僧音曲(圓遊)大切掛合狐けん

明治43311日 都新聞

<桂文吾の上京>

大阪の落語家の上京 桂文吾の上京と共に同派の連中二名本月中に東上し来月より柳派に加わり出席

明治43312日 徳島毎日新聞(徳島)

緑館 来十五日より目下高松市玉藻座に出勤中の東京落語ステテコ踊の元祖三遊亭圓遊一行乗込み開演する由

<編者註>圓遊一座の番組。二十五日迄開催。

315日 番組:白酒売(遊楽)金魚(遊蔵)明石めぐり(圓弥)熊の皮(えん三)金名竹(遊生)番部屋(圓鶴)常盤津恵方萬歳乗合船(遊子、遊之助)高砂屋音曲(遊扇)正月丁稚(三喜松)弥治郎兵衛(圓流)野晒音曲(圓遊)大切ステテコ、狐拳、カッポレ(座員総出)

318日 番組:明石飛脚(遊蔵)東の旅(遊楽)島巡り(圓弥)高砂屋音曲(しん三)貧乏花見手踊(圓鶴)親子茶屋(三喜松)常盤津浄瑠璃演劇十種の内戻橋並に浮世節(遊之助、遊子)たらちね並に盆の曲(圓流)そこつ盗人(圓遊)大切音曲ステテコ踊り(三喜松、しん三、圓鶴、圓遊)

319日 番組:西の旅(遊楽)思子(遊蔵)景清(圓弥)しりねじ(しん三)うちがい盗人(圓鶴)百年目(三木松)常盤津の戸(遊之助、遊子)高野違い(圓流)つるつる音曲(圓遊)大切ステテコ掛合

明治43317日 名古屋新聞

富本席 昨晩より有村謹吾、一圓右、圓福其他若手数名の滑稽落語開演せり

明治43318日 大阪朝日新聞

<桂文屋の一周忌>

◇文屋の一周忌 桂派の文屋の死後早一箇年に当る十六日、親族寄り合ひ仏事を執行し、同人の遺産数十円は今度会議の結果慈善団体へ寄付する事に決し、文屋の遺跡に住む作者食満南北が心得て百般の手数をするとは奇特な事だ。茲に哀れを止めしは文屋の新発見製造に係る両口付の土瓶で、不出来のまゝ二階に転がつてゐたのをある贔屓が買取つて遺産の高を増やしたとは之も奇特の事である。

明治43319日 大阪朝日新聞

◇我太郎の当り振舞ひ 冬は景気が悪い筈なれど角座の我太郎中々の発展で、千松と安宅の童子とが呼び物の一つになつて居るから、楽屋の誰彼が「親方当り振舞ひしなされ」とせがむ。我太郎大得意で、身に付けたものをパツパと遣る。付添の乳母が困つて後から取戻しに廻つて居るさうだ。

明治43320日 名古屋新聞

富本席 開演中の剣舞有村謹吾一座は羽村家橘、團九郎、圓天坊、西尾魯山と合同し大車輪にて演じつつありと

明治43320日 大阪朝日新聞

<米朝、三代目桂米団治を襲名する>

◇改名披露 桂文治門人となり米歌子より米朝となりし同人は今回三代目米団治を襲名する事となりたり。本人は其以前堂島浜の米市場の旗振なりし為市場の有志より飾り物をなす。猶其の名披露会として二十三日南地紅梅亭、二十四日平野町此花館、二十五日堀江の賑江亭、二十六日松屋町第三此花館にて、午後六時より大寄せをなすよしにて、当日は三友派一同の外桂派の重なる連中、東京連其の他の余興ありと。また同人は改名と共に三友派幹部十三名の内に加はり真打となるとの事なり。

明治43321日 香川新報(高松)

玉藻座 昨夜開場せし当座大阪落語諸芸今晩の出し物は左の如し

回遊二人旅(團橘)兵庫海渡乗合舟(福篤)年誉(米若)稽古屋(鶴松)番頭野心(萬歳)口合嬶々(文雀)毬曲芸種々及び火焔の曲(萬冶)法装茶屋(美[春]團冶)大切喜劇四季の茶屋調伏失敗

明治43325日 都新聞

錦輝館 本日午後五時より橘の圓一座の喜劇を開場。一等二十五銭、二等十五銭

笑話(圓徳)軽口かけ合(一座数名)音曲手踊(圓児)笑話曲芸(圓三)音曲踊(圓左)足芸(圓五郎)三府音曲(圓十郎)話術(圓馬)歌舞笑話(圓)大切所作事「新年雪」(圓外四名)姿絵古跡の老松(座員総出)

明治43325日 中国新聞(広島)

胡子座 三遊亭金馬一行の落語音曲何でもござれは好評にて毎夜大入り

明治43331 京都日出新聞

笑福亭は一日より清国人張来貴三遊亭遊七佃屋白魚の新顔が加はる由なるが出番順は里若、三蝶、橘太郎、円次、芝楽、米枝、白魚、松団治、小円太、蔵之助、遊七、張来貴、円太郎、大喜利一座総出余興

明治43331日 神戸新聞

<新開地帝国館開場>

◇広告/来ル四月一日ヨリ昼夜開館 横田商会新荷試験場/帝国館/湊川高等模範活動写真常設館

<編者註>建物は湊川神社内にあった水族館の洋風建物をそのまま移転したもので、当時としては非常にハイカラな建物であった。後、吉原政太郎が借受け、落語定席となる。

明治4341日 名古屋新聞

◇富本席 今晩より滑稽音曲昔ばなし有村謹吾一座開場

<編者註>有村謹吾一座の番組

43日 番組:文浦過(圓天坊)曲芸落語(圓福)掛合万歳(源十郎)宇治川戦事(有村)浪花名物(圓九郎)勧進帳(大初)道楽息子(歌橘)曲芸(鶴寿)

46日 番組:中栗毛(圓九郎)浪花名物花くらべ(圓天坊)清国名物(源十郎)音曲手踊り(歌橘)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)かる口(掛合)花の魁臍くらべ(有村)

47日 番組:播州名所(圓九郎)鳥屋坊主(圓天坊)掛合万歳(源十郎)音曲手踊(歌橘)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)□□□□(有村)かる口掛合(総出)

48日 番組:族の衣笠の雪(圓九郎)かるかや(圓天坊)夫婦万歳(源十郎)音曲手踊(歌橘)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)かる口(総出)吉野落花の魁(有村)

49日 番組:道中日記(圓次)夫婦別れ(圓太)掛合万歳(源十郎)音曲手踊(圓天坊)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)かる口(圓九郎、圓天坊)宇治川戦争(有村)

410日 番組:夢の浮世(圓次)神詣之族(圓太)夫婦万歳(源十郎)音曲手踊(歌橘)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)かる口(圓九郎、圓天坊)戦地と国民(有村)

416日 番組:大阪落語二人旅(圓次)小倉舟(橘造)掛合萬歳(源十郎・清子)音曲手踊(歌橘)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)滑稽舌剣舞(有村)道中の記掛合(圓九郎、圓天坊、歌橘)

422日 番組:兵庫渡海(圓次)播州巡り(橘造)万歳(源十郎、清子)音曲手踊(歌橘)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)掛合軽口(圓九郎、圓天坊)朝日の御殿(有村)

425日 番組:東の旅(圓次)阿波路島(圓太)滑稽万歳(源十郎、清子)音曲手踊(歌橘)曲芸(鶴寿)落語音曲(圓福)掛合かる口(圓九郎、圓天坊)御國の花(有村)

56日 番組:伊勢参宮神の賑(圓太)小倉舟(圓次)滑稽万歳(源十郎、清子)落語音曲(歌橘)皿ビール瓶曲芸(鶴寿)落語滑稽浄瑠璃(圓福)落語芝居物真似(米枝)花の道剣舞(有村)掛合かる口道中八景(圓天坊、圓九郎)

<編者註>51より米枝が加入

513 番組:御祝儀影芝居明石名所(圓太)曲芸(鶴子)落語手品(圓九郎)改良落語(米枝)音曲手踊(歌橘)昔はなし(文福)まりの曲芸(鶴寿)滑稽落語(圓天坊)剣舞(有村)掛売合蔵(圓九郎、圓天坊)

516日 番組:御祝儀(米亭)東の旅(圓太)西の旅(橘三)うどん(圓九郎)曲芸(鶴寿)落語(米枝)音曲手踊(歌橘)滑稽浄瑠璃(文福)大阪落語(圓天坊)剣舞(有村)掛合噺し(圓九郎、圓天坊)

519日 番組:御祝儀影芝居紀州飛脚(圓太)有馬名所(橘三)新町ぞめき(圓九郎)音曲手踊(歌橘)曲芸(鶴寿)声色噺(米枝)落語(文福)昔はなし(圓天坊)剣舞(有村)掛合(圓天坊、圓九郎)

522日 番組:寄合酒(圓太)三人旅(圓九郎)松引(橘三)曲芸(鶴寿)大阪落語浄瑠璃(文福)東京芝居噺(米枝)落語手踊(歌橘)剣舞(有村)かる口道中八景(圓九郎、圓天坊)

523日 番組:御祝儀影芝居(米亭)西の旅(圓太)鳥屋坊主(圓九郎)親の無筆(橘三)曲芸(鶴寿)落語浄瑠璃(文福)芝居噺し(米枝)大阪落語(圓天坊)音曲手踊(歌橘)剣舞(有村)軽口奥庭掛合(圓九郎、圓天坊)

62日 番組:兵庫船(金勝)花合戦(圓太)曲芸(鶴寿)芝居噺(米枝)音曲手踊(歌橘)改良噺(有村)落語(圓福)独楽曲(源水)東京落語(新生)軽口掛合

614日 番組:小売三番(花子)伊勢参宮(圓九郎)浮世風呂(橘造)曲芸(鶴寿)芝居噺(米枝)東京落語(新生)寄合酒(圓天坊)音曲落語(圓福)手踊り(歌橘)曲独楽(源水)冥土旅行(有村)掛合落語(総出)

明治4341日 大阪朝日新聞

◇三友派各席へ一日より文吾、枝太郎、円笑、福円、歌六、柳朝、東京丸一連の小仙、小金出勤。

明治4341 京都日出新聞

芦辺館并に七条新地平居館の落語は本月左の如き顔振扇蝶、馬生、円坊、三輔、三代松、芝雄、梅香、小米、花咲、文我

明治4341日 大阪朝日新聞神戸付録

第一湊亭は修繕中なりしが此の程落成せしかば今一日より定連の上に京都より文の家文之助、同福太郎、大阪より桂文都、同燕太郎、文雀、團勇、東京より槌屋萬冶等を呼びて落語

明治4345日 大阪毎日新聞

◇松嶋文芸館 一日よりアイヌ芸妓グワ、バル及び北海道芸妓小雪の三人が出演し、例の追分節、アイヌ踊、音曲。

明治4346日 鷺城新聞(兵庫姫路)

旭館の落語演芸会 船場旭館は大阪桂派落語音曲はなし桂伯枝率いる落語演芸会を迎へ、五日より興行す。一行より顔ぶれは左の如し

桂伯の助、桂菊丸、桂梅光、笑福亭寿笑、桂枝朝、桂扇の助、雷門昇六、桂文蔵、笑福亭笑鶴、桂扇枝、桂伯枝

明治4348日 香川新報

<四国座改め歓楽座>

歓楽座の開場支度 其存在をも疑う程なりし當市塩屋町の大芝居四国座は昨年末以来大修繕中の処今回竣工し、舞台、表掛かり便所、庭園其他も多額の金を投せし丈ありて見変る計り立派なるものとなりし由にて、先ず道具調べとして来る十一日頃中俳優にて蓋を開け其次に大阪なる一等俳優の大一座を迎えて花々しく遠近の観客を呑吐する手筈て目下其準備に夜を徹し居ると云う。因みに同座は今回歓楽座と改称せし由。

明治4349日 神戸又新日報

第一湊亭 一昨夜修繕後の同亭を覗いて見た天井も米国式の却々振つたもので水引も幕なしの絵画に取替えたもので大いにハイかつて見えた此月は文之助、福太郎、圓太郎、萬冶、文雀、團勇など若手揃いの上に老練の文都と鼻美の立花屋喬之助が二度の引眉毛で萬綠最中紅一点の観がある同夜も早ズラリ一杯の入で福我の「煮売屋」から聞いた。喬之助の清元「山姥」は何の事はない同人が高座へ現れると満座水を打つた如に魅せられてしまう。圓太郎の「菅原息子」は話も圓熟していて悪く擽らずして大いに笑わせたお添え物の舞も軽妙。次いで文都と福太郎の落語に腹の皮を撚らして跡は聞かずに出た(巴生)

明治4349日 鷺城新聞

<姫路三友館開場>

三友館の落成式 野里堀留三友館は既記の如く八日落成式を挙行せしが、当日午後三時開演。午後四時式辞あり、午後六時より中村福円一座の余興演劇を催せしが、来客多く頗る盛況なりき、因みに同一座を以て九日大入、十日初日興行の筈。

明治43410日 大阪朝日新聞神戸付録

第一湊亭は今十日正午より落語日曜會を開く其の番組は播州巡り(我逸)兵庫船(團勇)領城都の玉垣(鶴松)猪飼野村(團輔)花の菊(菊團冶)月と小児(福我)鬼薊清吉(文都)長唄越後獅子(唄冨士村庸子、同光栄、絃山田仲子、桂美佐)老松(福太郎)松火の曲(萬冶)福倹清元吉原雀付ずぼらん(小金、喬之助)愛宕山(燕太郎)けんげしゃ茶屋(文之助)

明治43411日 大阪朝日新聞

<曽呂利のはりぼて合資会社>

◇はりぼて合資会社 曽呂利新左衛門一代の大計画 三友派の曽呂利新左衛門、老後の思ひ出に芝居流の席貸を設けやうと云ふ計画。流石に芝居好きの落語家とてその遣り方が噺になつて居るも妙なり。抑も座敷を一面の桧造りの廻し舞台として、舞台鼻八間、奥行十二間と云ふ広間、道具は悉皆張ぼてにて、お客様が御殿と御注文あればオット承知と金襖、塗勾欄の御殿仕立、大世話と注文あれば敗れ障子に敗れ畳に仕立て渡す。茶屋場でも茶室でも注文次第お心任せの建道具、天井全部を硝子張りとし月を見ながら眺める仕掛け、松、梅、桜、紅葉などの四季の花を釣り枝とし小道具も備へ付くれば、宮場の道具、紅白の幕、大太皷、小太皷、豆太皷、太皷、小皷、摺鉦まで騒ぎ道具の設備をもなし、お客はその舞台式のお座敷で大名の酒宴を遣れば、乞食の蒲鉾小屋も遣つて見る、廊下に代る花道、上下の戸屋口と便所に通ふところ総てを張ぼて造りとなすより、家号を合資会社張ぼて屋とは思ひ切つてよく命けたり。遣方がこんな風なれば料理人の必要は無けれど、道具方は絶えず三四人を置かねばならず、それも人選中にて場所はなるだけ電車に近いところに定むる由。工費は一万五千円、近い間に発起人の総会を遣るとの事。話にならねばよいがとの説。

明治43416日 大阪毎日新聞

◇落語互楽派定席の文芸館は、大入祝に観桜を兼ねて、一昨日、四艘の大屋形船へ一座総出にて乗込み、桜の宮へ押し出して、舞台以外の隠し芸を演じた。

明治43427日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派各席主と落語家の文団治、松鶴、米団治、曾呂利新左衛門其他百名以上は、二十六日午前十時より住吉公園で運動会をなせり。

明治43429日 大阪朝日新聞

◇桂派各席へ五月一日より名古屋西川派の小娘が四人で舞踊、新浄瑠璃松菊斎、東京落語三遊亭右円遊。

明治43430日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は五月一日より東京新吉原の芸妓六助と都家歌吉の歌舞音曲及び落語桂文之助、みのや[文の家]福太郎、春風亭柳朝出席。

明治43430 台湾日日新報

朝日座 本日入港の信濃丸もて渡台する東京落語家三遊亭円都の一座にて一日より蓋を開け落語、手踊、娘義太夫等にて一週間日延なし賑かに打揚げると

上方落語史料集成 明治43年(1910)三

明治4351 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館并に平居館の本月の出番は枝女太、扇笑、円光、三八、枝雁、桃太郎、三代松、小文三、梅香、小米、文都、花咲、文三、曽呂利▲笑福亭本月の出番は里若、三蝶、橘太郎、円次、営莱[芝楽]、白魚、松団治、小円太、近七[遊七]、張来貴、蔵之助、万治、円太郎、大喜利余興一座総出

明治4351日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

天神席落語今一日よりの出番左の如し

團橘、文楽、玉團冶、小圓冶、柳朝、福吉、春團冶、文我、菊團冶、圓笑、燕太郎、文團冶

明治4351 神戸又新日報

第一第二湊亭 五月新顔は桂枝太郎、米團冶、立花家圓坊、柳亭芝雄、桂小文吾、文雀、笑福亭福冶、立花家喬之助

明治4353日 大阪朝日新聞

◇松菊斎 一日から桂派各席出勤の松菊斎は甲州人で、親は代々庄屋を勤め、十五歳から東京で義太夫を習ひ、途中より新浄瑠璃に熱心し、西南戦争から日露戦争に至る戦死者の事歴を語る。

明治4353 台湾日日新報

○朝日座の演芸 引札に記された円都一行は八名の内三遊亭小円都及び三遊亭遊好の二名は内地出発間際になつて急に来れなくなつたとかで抜けてゐるが其代りより以上の娘義太夫豊竹米八と落語家三遊亭円平の二人が加はつて来た米八は呂昇門で相応に名を売つたものだけれど惜い哉航海中咽喉を痛めて高座に出る事が出来ず囃の方に廻つてゐるそれから引札に三遊亭花橘と記されたのがあるが実物は桂花橘である幕間を切詰め万事手つとり早くして聴客を倦ましめぬ用意は吾人等の意を得たもので、円七、円駒、円平、花橘等の落語手踊りなど何れもそれ〴〵特徴があつて面白く威勢が克くつて気持が好い真打三遊亭円都は大勉強とあつて二席宛奮発してをるが有繋に六代目と云ふ丈けに話に微塵も無駄がなく一言一句尽く之滑稽妙文句、唇の動くに従つて満場に笑声が絶えぬ、風采がきりゝとした上に仮令卑猥な事を口にしても修辞が婉曲であるから話が上品で少しも不快を感じせしめずそれに話題に絶えず挿話を挿み殆んど応接に暇なき迄生きた手近の事物を引用し之を滑稽化して更に一層聴客の興味を強からしむる頓才は確に彼の価値を賞賛するに価すると思ふ然し当人はこれを真に受けて大きに己惚れちやいけない因に初日の夜は入りは九分通りだつたけれど人気は場に溢れて非常な賑ひであつた(平

明治4354日 大阪毎日新聞

<桂三輔、互楽派へ加入>

◇落語互楽派各席へ一日より、桂三輔が加わり、アイヌ芸妓も人気を迎う。

明治4355日 神戸又新日報

第一湊亭 米朝改め三代目米團冶の改名披露を今明両夜開催大阪より文冶、文團冶其他福原拍子の来援あり大一座の出演者左の如し

長唄小鍛冶(新検ひさ、こま、力、あだ吉、吉福、三味線小かつ、らく)浄瑠璃三十三間堂(三光)舞(小文)長唄汐くみ(南検庸子、光栄、千かゑ)落語(圓太郎、三輔、文三、鶴松、福我、圓坊、芝雄、枝太郎、松光、圓若、文都、扇蝶、松喬、馬生、福冶、文雀、小文吾、松鶴、文の助)

明治4357日 中国新聞(広島)

<広島演芸館開場>

演芸館の初日 昨紙に記載したる通り本日を以って初日開演式を挙行する東横町観商場内演芸館の能楽及び三遊亭一行の演しものは左の如し

落語 乱暴医者(圓鶴)崇徳院(三喜松)長唄越後獅子付浮世節(遊子、遊之助)大田歌会(圓流)隅田川浮かれの野晒し(三遊亭圓遊)

明治43511日 神戸新聞

<新開地多聞座開場>

新開地多聞座 新築の同座は新喜劇ブラツク會及び多聞會合同の曽我の家千鳥、祐時、瓢、東玉、小四郎、時之助、尾半等一座にて本日初日。

明治43515 神戸新聞

落語日曜會 本日正午裁判所前湊亭に於て左の番組にて落語日曜會を開くこれこれの仕業(我逸)浮世根問(團輔)付馬(圓松)娼妓の茶(福冶)田楽食い(鶴松)浮世床(南枝)借家怪談(文雀)立切れ(枝太郎)チリトテチン(小文吾)古手買い(米團冶)「余興」舞数番(南檢芸妓連中)一中末廣(喬之助、喬子)浮世節(芝雄)盆の曲(圓坊)

明治43519日 大阪朝日新聞

◇北区の寄席劇場 焼跡に寄席や劇場を新築すると焼太りがすると延喜がる連中が多い。其の所為(せい)でもあらうか、曾根崎三丁目に緑館、同一丁目に北陽座(何れも浪花節)が建築され、その外にも電気館や永楽館が再築される理(わけ)だから、要(つま)り北区内に三芝居と五寄席が出来る理(わけ)だ。

明治43519日 大阪朝日新聞

◇小文吾の傘持 此頃の雨の夜、桂小文吾が夜更けて神戸から電車で帰るその隣に二十四五のハイカラ女が腰掛けていろ〳〵の話をした揚句、今夜は遅いから何処かに泊らうと思ひます、あなたも付合あつて下さらんかと云はれ、小文吾頚筋元(くびすじもと)からジワ〳〵して、女の為に荷物を持つやら傘を持つやら、梅田へ着いてヤレと思ふ間に、女は有難うとも云はずおのれ一人俥に乗つて「大きにはゞかり様」。

明治43519日 徳島毎日新聞(徳島)

<徳島高木館開場>

高木館 予て新築中なりし西新町三島神社下寄席高木館は工事落成、本夜より大阪落語林家正楽一座開演

<編者註>五月三十一日迄興行。

明治43521日 大阪朝日新聞

◇千日前奥田座の日曜楽会は二十二日正午開始。番組左の如し。講談義士の本懐(昇右衛門)、旧俄医者の災難(小芝鶴・轟・扇蝶・橘久丸)、落語ぼうや(四郎)、同出たらめ(団鶴)、記憶術(いろは)、喜劇五防集(各派合同出演)。

明治43523日 神戸新聞

演芸研究會 昨今両日午後六時より花隈倶楽部に開催の演芸研究会番組は清元種蒔三番(睦、いよや、大三)音曲噺(芝雄)盆の曲(圓坊)浄瑠璃壷坂(花調、吉左)清元□□(いよや、延小澤)手踊(木三松)新内(新檢玉鶴)長唄紅葉詣(よし、らく、やんちゃ)蓄音機(明進社)俳優声色(助六)落語(龍生)浮世節(喬之助)

明治43525日 和歌山新報(和歌山)

新築地の電気館 過日来新築地吉見座を改築し電気館と改称し活動写真を撮影し好評を博せるが、同館にては二十二日より和歌山祭式の写真を映して観客を延き居れるが毎夜大入を占めつつありと。

明治43530日 大阪毎日新聞

◇天満天神國光席へ、一日より昼夜二回、吉田奈良丸が出演す。

明治43531日 大阪朝日新聞

◇六月一日より桂派各席は前一座の上に東京より三枡家勝栗、川上秋月、新吉原六助、新派劇正本噺、藤井一郎、猶新浄瑠璃渡辺松菊斎も出演。

◇浪花三友派各席は前一座の外に一日よりアイヌ婦人グハ、パル、函館芸妓小雪、英国人浄瑠璃ヘレツト、清国奇術張来帰。

明治43531日 大阪朝日新聞神戸付録

◇興行物▲湊川中道亭は明一日より大多福、玉造、徳丸、仁左衛門一座の浪花節 ▲三宮歌舞伎座裏手に建設中の萬國館此の程落成し明一日より東京吉澤商會の活動写真にて開場 ▲裁判所前第一湊亭、三宮境内第二湊亭の六月興行は柳朝、梅香、扇蝶、小團冶、圓坊、福冶、喬之助等の顔ぶれで落語音曲

明治4361日 神戸新聞

三の宮萬國館 三の宮歌舞伎座裏に新築されし同館は来る四日より開場の筈

明治4361 京都日出新聞

笑福亭本月の出番は左の如し里若、三蝶、橘太郎、円次、松団治、芝楽、文蔵、小円馬、白魚、円太郎、蔵之助、柏枝、文之助

明治4364日 馬関毎日新聞(山口下関)

◇旭亭 東京三遊亭圓福一座は二日より蓋を開け、同座へは豊廓(にし)の幇間とうふや豆八が一座に加勢に加わった為め、大車輪となって働くので、贔屓連も多く至極好人気。

明治4365 大阪毎日新聞

◇桂文三は、又もや桂派を脱して浪花三友派に加わり、目下京都芦辺館の三友派に出勤。九月より当地に出る筈。

◇曾呂利新左衛門は先頃、我太郎と共に上京して、十五日間東京各席に出勤し、四日帰阪し、三友派各席に出る。同人も我太郎追々成長するに可愛くて堪らず、彼此(かれこれ)うき身をやつし居るが、九月は隠居すると言って居る。

明治4365日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

天神席落語出番左の如し

團橘、福篤、玉團冶、萬歳、福圓、文冶、福吉、新作、燕太郎、萬冶、松喬

明治4369日 徳島毎日新聞

春日座(はるひざ) 東京初下り落語音曲手踊曲芸新活劇三遊亭圓歌一行は、本日初日の処日延、愈々十日より初日興行、開演午後五時より

<編者註>圓歌一座の番組

612日 番組:兵庫船宝の遊び(歌太郎)松竹梅手踊り(歌八)音曲ふきよせ(圓輔)電信の間違い(歌六)音曲太田道灌(歌吉)はらねた医者(鶴二)掛取まちがい(歌輔)世は草々(新喜劇)金竹名ステテコ(丹三)高尾のせい(新朝)曲芸五階茶碗(助造)とり場ちがい(圓歌)大切為情死(新活劇座員総出)

616日 番組:三人旅尼買(歌太郎)八笑人(歌八)音曲権平(圓輔)雷電つづき(歌六)一分茶番(歌吉)赤子誉め手踊り(鶴二)桜風呂(圓丸)花色木綿(圓二)三人癖(新朝)水器の曲(助造)天災(圓歌)案山子(掛合噺)

617日 番組:池田猪買い(歌太郎)一丁店(歌八)音曲三人片輪(圓輔)雷電つづき(歌六)小言幸兵衛(歌吉)住吉駕籠(鶴二)稽古屋(圓丸)一元丈芸(圓三)桃川手踊(新朝)五つ鞠(助造)七段目(圓歌)大切無言の掛合(総出)

明治43611日 馬関毎日新聞

◇旭亭 東京三遊亭圓遊は、昨日花の日がけで華々しく町廻りをなし、同夜より開演。

明治43612日 神戸新聞

落語日曜会 本日正午より第一湊亭いて落語日曜会を開催。鷺捕り(我逸)三人兄弟(團輔)たらちね(圓松)遊山船(福治)芝居噺無三四(鶴松)大念仏沖袖に由来(南枝)こんにゃく問答付盆の曲(圓坊)清元六玉川(喬之助)恋の辻占(小圓治)穴探し小町(福我)二日酔い(扇蝶)真粉屋新兵衛(梅香)

明治43614日 大阪毎日新聞

◇十四日紅梅亭にて、初代文団治二十五回忌追善演芸会を開き、桂派仁左衛門、文枝、文三其他出演。大嶋太夫、竹三郎の浄瑠璃もある。催主は、三代目文団治、七代目文治である。

明治43618日 名古屋新聞

笑福座 東京若手落語家米枝、圓天坊、圓九郎、圓太、歌橘、勝幸、鶴寿一座にて十五日より十銭均一して開演せし、目新しき落語と曲芸が呼物となり毎夜大入好評の由

明治43619日 名古屋新聞

富本席 今晩の番組左の如し

泥棒長屋(新三)借家道楽(文福)青年剣舞(一馬)

明治43621日 名古屋新聞

富本席 本日の演芸種目山の神の心痛(謹朝)芸者の仇討(謹弥)音曲落語(橘造)権助提灯(新三)親子酒(文福)曲独楽)源水)今様剣舞手踊(一馬)吉野落(有村)落語音曲(花文山)

明治43621 京都日出新聞

南座は愈々昨日限りにて雲右衛門を打揚げ明日より三遊亭円哥[円歌]、新朝等の東京落語家連中にて蓋を開ける由

明治43626 大阪毎日新聞

<紋弥、笑福亭福松襲名の噂>

◇紋弥と笑福亭襲名 浪花三友派に属して目下東京で人気を集めて居る四[]枡紋弥(本名溝口利三郎(三十))は、両三日中に帰阪するとの事なるが、同人は心斎橋大丸呉服店の紋屋の息子だという所から、サテこそ紋弥と名乗った次第にて、幼少の頃から内が裕福なに任せて踊などを仕込んだので、當人天晴れ道楽者になってしまい、絹針へ鼻の油を引くよりも、扇で額を叩くほうが得意になりしかば、お袋(六十)が今更に驚き、これではならぬと俄かに茨木県士族の娘というおさだ(二十七)とて柔(やわら)の一とつも心得て居ようというのを貰ったが、追(おち)つかず、紋弥は九年前に曾呂利新左衛門の世話で高座に押入り、紅裏(もみうら)の羽織を後へ脱ぐ事を覚え、遂に家に寄りつかねど、女房おさだは流石武士の胤(たね)とて、ソンな事を何とも思わず、必死に稼業に励んで一人の姑によく仕え、雇人を督励(とくれい)して、一家の切盛唯一人にて捌(さば)きをつけ、嘗て家名を下さぬ健気さに近親近所でも感心して居るが、此度(こんど)お袋が病気の為紋弥もいつまでか不孝も出来ずとて、愈々帰阪に決したるが、此機を以て、笑福亭福松を襲名しては如何と仲間うちで寄々相談中」なりという。

明治43629 大阪毎日新聞

◇桂派新出演者 七月の出演者は、ヴァイオリン尺八合奏阪本吉次、竹風軒好道、落語立花家圓坊

上方落語史料集成 明治43年(1910)四

明治4371日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は前一座へ東京より三枡紋弥、立花家喬之助、喬子加はる。

明治4371日 紀伊毎日新聞(和歌山)

三友派の落語 一日より紀國座に於いて浪花三友派の落語開演。支那人張来の奇術等ある由なれば、例によって大喝采来る博するならん

明治4371 京都日出新聞

演芸 ▲南座は同業の芦辺館、笑福亭連中の総見ある筈▲芦辺館の本月の顔振は従来の文三一座へ英国人ヘンリー・ペレストンの浄瑠璃音曲手踊を御覧に入れる由なるが尚平居館の外大宮富士廼家を掛持なすと▲当昇亭本日は恰も開場二週年に相当するを以て当昇も出演するこゝなりたるが其顔振れは玉田玉芳斎、三河家秀雄、京山峰吉、広沢正春、吉田音丸、広沢当昇なりと

明治4371日 大阪朝日新聞神戸付録

裁判所前湊亭は今一日より左の新顔にて落語音曲文我、北海道土人グハ女、同バル女、春の家小團、春團冶、三升小紋

明治4373日 大阪朝日新聞

◇南地奥田席にては三日楽会を開く。番組は醤油びつくり(浪花会)、梅の種(八助)、ぶくぶく(要)、剱舞(楠派)、団七九郎兵衛(五郎丸・藤太)、東海道姥ケ餅(富士松高蝶・岡本美家千代)、植木屋の愛娘(初春亭・鶴家・立花亭)、記憶術(色葉)、組み合せ総出(曽我廼家・昇竜軒・富士の家)。

明治4377日 神戸又新日報

◇アイヌ美人 此月の湊亭は春の家小雪とが呼物となり初日以来連夜の大入連中は是迄の外に老練の文我と新進の春團冶、小紋の新顔が加わり大切のチョイと覗いて見る小紋、欠伸の稽古から聞いた会話に甘ツたるい所があるのと句切れも今少しテキパキしていないのは若い証拠でお添え物の手踊は軽妙独楽の曲芸は源水跣足小雪の清元「保名」は嬌音に聴衆を魅して了い満場酔えるが如く終りの手踊に鯱鉾立ちは一同アツと云わせた春團冶の「稽古屋」は話振りも追々圓熟し悪く擽らず大いに笑わせたのは手柄次に呼物のグワ(十八)、バル(二十)と云うアイヌ美人で小雪の地で初めはアイヌの梓服を着けてヤエサマというアイヌの俗謡、続いて磯節、ラッパ節、奴さんなど色取々に唄つた後が内地の手踊其声調絹を裂くかのよう、お師匠さん小雪姐さんの骨折りが察せられる福我の「色町辻占」にお得意の端唄は面白かつた切りは文我の早替りで連中総出の茶番狂言、一同大車輪だつたから只訳もなくワイワイ笑わされ近頃涼しい思いがした(巴)

明治43778日 大阪日新聞

◇七月十五日開催の毎日新聞主催の浜寺公園大園遊会の出し物

▲三友派 ◎仮装行列 楽隊(桂小文吾、笑福亭福吉、笑福亭鶴三、桂団勇、桂団昇、桂菊団治、桂小団、桂団幸、笑福亭鶴瓶)仮装旗持(三升紋弥、桂文団治、三遊亭円若、笑福亭松光、曾呂利新左衛門、金原亭馬生、末広家扇蝶、桂文都、笑福亭松喬、桂春団治、桂文我、桂花咲)桃太郎(笑福亭松鶴)猿(秋の家稲八)キジ(春の家麦八)犬(笑福亭福次)おの(桂小円次)臼(笑福亭光鶴)栗(桂米若)兎(桂燕太郎)狸(笑福亭松光)カニ(桂歌の助)雀(桂玉団治)爺々(笑福亭光雀)婆々(曾呂利新左衛門) ◎場内余興 大文字ハイカラ女学生踊(桂小文吾、桂菊団治、桂燕太郎)手品(桂小文吾)曲芸(槌家萬次)曲独楽(三升小紋)新曲海水踊(三升紋弥)滑稽踊(麦八、稲八、春団治)新曲祝五周年大薩摩(喬の助、喬子)英国人同盟踊(ヘンリーペレストン)アイヌ人歌舞(グワバル)

運動会

▲桂派 ◎仮装行列 桂村庄屋(桂仁左衛門)若イ者頭(文枝)若イ者(枝雀、小円馬、千橘、三木助、雀三郎、雀之助、文福、円坊、右円遊、左円太、仁三郎、太郎、次郎、吉右衛門、右衛門、藤井紫伯、紅雀、仁鶴、あやめ、歌太郎、文作、枝朝、右雀、すずめ、ごん輔、三木太郎、小三、蝶ン平、枝之助、文蝶) 番組 深川カッポレ(連中総出)身体運動(左円太、小三)掛合噺椀久(太郎、次郎)奇術捕縄抜(右衛門)百面相(雀之助)盆の曲(円坊)歌舞(春吉、吉弥、六助)三刃剣頭止洋燈の曲(左円太、小三)一本歯高足駄五ッ桝松尽し(三木助)舞三疋鬼(仁鶴、あやめ、歌太郎)羅生門(左円太、小三)大切所作事新作曲浜寺海水浴開始五周年記念歌 新曲道成寺(白拍子花子六助、毎日坊仁鶴、号外坊あやめ、余興坊すずめ、浪花坊仁太郎、遊泳坊紫伯、海水坊千橘、電車坊歌太郎、五週坊小三、桂坊右雀、南海坊紅雀)
〈編者註〉上掲の写真は浪花三友派連中の桃太郎鬼が島征伐の仮装。(富士正晴記念館蔵)

明治4378日 大阪朝日新聞

◇南地奥田座八、九、十日の番組は八方美人、落語、奇術、剱舞、軽口得意、新内、俄女権家、落語くちぐせ、勝たり負たり、喜劇見たらわかる等。

明治43712 京都日出新聞

笑福亭は去る一日から落語相撲を催してゐるが本日取組は三蝶里若文蔵円治小円太蔵之助文之助芝楽

明治43712日 大阪朝日新聞神戸付録

<三宮第二湊亭閉館>

三宮境内の第二湊亭は本月限りにて廃止し煉瓦作りに建替え之も横田商会の活動写真を興行すと。

<編者註>活動写真人気と新開地の出現。先月近くに活動写真館「万国館」開場で、閉館。後は、活動写真館「世界館」となる。

明治43713日 徳島毎日新聞(徳島)

緑館 浪花落語桂枝雀一座乗込み開演する由。主なる顔触れは、立花家千橘、桂雀之助、女道楽林家六助、三遊亭右圓遊、桂文福外数名。

<編者註>十七日より開演。

明治43715日 北国新聞(金沢)

一九席 本日より京阪合併大一座の落語にて開演すべく。初日番組は左の如し

参宮二人旅(里若)たらちね物真似(若枝)五人廻し手踊(春橘)明烏浮世節(若登司)西洋手品(小文里)芝居噺音曲剣舞(柏枝)文七元結(柳叟)納涼茶屋手踊ステテコ(白魚)人情噺伊藤公(華嬢)大切(総出)

松ケ枝館 (東京落語)都家歌六一座

明治43717日 神戸新聞

第一湊亭 本日正午より落語日曜会を開催地獄八景(我逸)崇禅寺馬場(團輔)太田道灌(圓松)胴取り(南枝)出歯吉(鶴松)さみだれ(福我)富士松浄瑠璃三勝半七(小雪)独楽の曲(小紋)アイヌヤイサマ節付浮世節付手踊(グワ・バル)袈裟茶屋(春團治)芝居噺都の玉垣(文我)綱七腹切の段(春團治・南枝・圓松・小紋・團輔・鶴松・文我)

<編者註>「神戸付録」では、鹿芝居の役が姉お舟実は腰元錦木(春團冶)弟与四郎実は藤原丹海(南枝)代官五兵衛太(圓松)船頭梶六(小紋)圓九郎作(團輔)圓帆柱の金(鶴松)漁師網七実は澤田新九郎(文我)

明治43718日 名古屋新聞

富本席 今晩演芸種目左記の通り

神廻り(謹朝)湯殿火事(柳水)鼻合(しん三)腹と腹(三木三)赤穂の塩(鶯枝)水袋破裂(文福)國会の鼻(有村)独楽の曲(小源水)剣舞術(一馬)四谷怪談(花山文)

明治43722日 大阪朝日新聞神戸付録

大黒座は二十三日より東京落語改良會一派を呼寄せて開演。桃太郎の音曲昔噺、助造の曲芸、新調の芝居噺、圓三のステテコを呼物とし大詰は総出の喜劇「世はさまざま」にて観覧料は桟敷一人二十銭、上場同十銭なりと。

明治43724日 大阪朝日新聞

◇三友派の落語劇 浪花三友派では八月の上旬落語芝居をやらうと種々協議の上いよ〳〵やる事になつて見ると、何分にも大立者が沢山過ぎて誰も彼も自分にも是非一場と出し狂言が山の如くであるさうだ。舞台は角座か弁天座に略極つた。紋弥、花咲、扇蝶、文我などの連中はもう俳優になつた気で大騒ぎをやつてゐる中に、独り曽呂利は「俺は伜我太郎の手前今度はやすむ」。

明治43724日 満州日々新聞(大連)

花月席 二十四日より三遊亭金馬一座にて開演。一ト上り並手踊り(三遊亭金平)指影絵獅子の曲(三遊亭金遊斎)常盤津乗合船(岸の家小つま)落語諸国売声並音曲(三遊亭市馬)落語りん廻し(三遊亭金勝)音曲独特の手踊り(三遊亭金登喜)人情ばなし寛政角力のあだうち(三遊亭花圓遊)曲芸一トツマリ(丸井亀治郎)尺八義太夫合奏(一睡斎花堂)落語子は鎹(三遊亭金馬)金馬一流新作落語ハイカラ喜劇「時計の分銅」(座員総出)

明治43725日 神戸又新日報

湊川多聞座 二十七日より久しく當地へは来らざりし大阪桂派落語にて桂文枝、仁左衛門、枝雀、三木助、立花家千橘、文福、ヴァイオリン坂本吉次、尺八竹風軒好道、合奏等にて開演すべしと。

明治43726日 大阪朝日新聞神戸付録

大黒座の三遊連は日々大入なるが今二十六日よりの番組は左の如し盥の曲(圓三)芝居道楽(新朝)茶碗の曲(助造)音曲(桃太郎)改良実話(圓歌)活劇(総出)

明治43726日 神戸新聞

<神戸の落語界の状況>

湊亭落語連の出稼 当日興行界の不振は己に記載せしが如くなるが、中にも落語定席は僅かに第一第二湊亭あるのみなるに、三宮の第二湊亭は万国館の活動写真がはじまると同時に大打撃をうけて閉席を見るに至り、僅かに踏みどどまった第一湊亭もこの土用中にの生えた話を汗を流して聞きに行く殊勝な客は少ないので、鹿連はここに大恐悼をおこし、イヨイヨ来月の暑さを見かけ一日より徳島、十一日より高松、二十一日より丸亀に各十日間の巡業に出掛ける由にて、その顔ぶれは福我、文我、小紋、南枝、團輔、小文、光子、安子、圓松、我市の面々なるが、普通興行では成功の程おぼつかないとあって、福我が講師となり、至る所昼間は小学生を集め、御伽噺をロハで聞かせた上、半額券を土産に与え、夜に大当たりをとろうとの計画とは何だか哀れっぽい。

明治43727日 満州日々新聞

大連演芸場 伊勢道中(若三郎)一ト目上り(遊枝)道灌(若明)動物園(圓三)歌根問(文喬)子は鎹(若遊三)大切所作事早替り電気応用

明治43729日 大阪朝日新聞神戸付録

<新開地敷島館開場>

◇広告/開館御披露/来ル八月一日午後貮時開館/港川新開地敷島館/Mバテー会社特約活動大写真 新式キ子オラマ 美人電気踊/前田活動写真部

<編者註>後三友派の落語定席となる。

明治43729 神戸又新日報

大黒座 東京落語今夜の重なる出番左の如く

流行音曲(圓輔)太田道灌(遊七)手踊(鶴寿)出産の名は(圓三)芝居好き(新朝)曲芸(助造)音曲古種一口問答(桃太郎)恨みの短刀(圓歌)

明治43729日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天の落語 竪町楽天席は、目下神戸大黒座において興行中なる東京落語三遊亭圓歌一座を迎へ来る。三十日より蓋を開く筈。初日の番組は御祝儀(遊蔵)物真似(歌八)落語(右雀)落語(遊七)音曲(圓輔)落語(鈴馬)落語手踊(鶴二)落語ステテコ(圓三)芝居はなし(新朝)曲芸(助造)改良笑話(圓歌)余興「世は様々」(総出)

明治43729日 満州日々新聞

<大連演芸界について>

大連演芸の沿革(一) 明治四十年十一月三日、天長の佳辰を卜して第一号を発刊せる本紙は、年を閲する三、号を重ねる茲に一千、其の間市の発展、百般事業の整頓と共に、市民の娯楽機関たる演芸に於ても亦た長足の進歩を見たり、而して本社創立当時僅かに寿座、花月席、常盤座の三箇所なりしもの、翌四十一年大山席、磐城座、松の席の開演するあり、年末に至りて大連歌舞伎座、恵比須座の建築竣工し、四十二年一月元日を以て興行を開始せり。又同年浪花席、大連演芸場の開場を見、新舊両劇を始め浄瑠璃、浪花節、講談、落語、奇術等を間断なく興行せり。又素人側には遼東新報社の東会、小林又七支店の極楽会、本社印刷部工場員のふたば会は時々各劇場に於て演劇を開催せり。其他素人浄瑠璃には、睦連、鞍馬連又た素人相撲等あり。相撲は前期素人相撲及び毎年大阪、京都相撲の来満興行するありしが本年七月本社の招聘に係る東京大相撲は在満同胞の好角家をして熱狂せしめたり。其他公会堂、電気遊園演芸館等あれども略す。以下少しく各劇場及び席亭の盛衰に就いて説かんに軍政時代より興行し来たりし寿座は四十年十二月下旬に至り興行停止と共に小屋は久しく風塵の侵すに任せたりしが、傾者道路の改築と共に全く其の形体を没し、一時大連の劇界を独占せし常盤座は歌舞伎座、恵比須座の開場と共に座敷頓に衰え、本年に至り料亭に改築され、松の席亦た半歳ならずして倒れ、浪花席久しく休席して花月席、大連演劇場、磐城座亦た振わず、唯だ少数の客を相手として名計りの興行を継続せるに過ぎず、此の間大山席は娘義太夫を以て興行を持続し他の超然たり。歌舞伎、恵比須両座共に盛況と云うを得ず。兎に角四十一、二両年は大連演芸界の一大革命時期たりしなり。蟇油生

<編者註>花月席は明治三十九年七月、寿座は四十年十一月、常盤座は四十年十一月開場。

明治43730日 名古屋新聞

◇富元席 大阪三友派の会長曾呂利新左衛門は、一世一代の出演として金原亭馬生外数名を引連れ乗込み、八月一日夜より開演する由なるが、久々の来名なるより定めし好景気を極るならん。

明治43730日 神戸又新日報

大黒座に於ける落語評 東京三遊派と銘打つて、大黒座に落語の看板が揚つた、圓頂派の落武者もいて上方者が多い、鈴馬も「一目上り」は一寸聞かれる純粋の江戸つ子だ。下駄箱は叩かないが圓三も桂派に古い顔の上方者、「タラチメ」はコツテリ過ぎる盥廻しはお古いながら喝采、他は総てボチボチである。新朝の人情噺は冒頭から自然に本文に入るの妙は、流石に檜舞台で上方者の真似の出来ぬ処だ、後妻が大酒家の良人に気兼ね、襟子の無理に涙を呑む辺り大に宜しい。助造の撥と松明の使い分けは、年にしてはと胡麻つておこう、桃太郎の音曲は鼻に付いたが「お客もやらかせ」は面白い此男放れのせぬ処が愛嬌であろうか、要するに垢抜けしたのは新朝一人だつた、切の圓歌は聞かなかつたから知らん兎も角上者の援兵を頼んで一座を賑やかにした。(へな坊)

明治43731日 大阪朝日新聞

◇江戸堀第二此花館は八月一日より連夜岡本美栄都司、小住、鶴賀升六、笑福亭吾竹外数名の新内と落語。

明治43731日 大阪毎日新聞

◇素人浄瑠璃貴鳳貴若外連中数名が、八月一日より三友派第三此花館へ出演す。

◇桂派を脱した桂文三は、京都芦辺館に出勤中だが、浪花三友派へ入る相談をしたが、規約上そういうわけに行かず破談となった。さもそうず文三たるもの、何で桂派の先輩として同派を脱けるのか。直ぐ戻って、桂派の為に少(ち)と尽力あいてやったがよろしい。

◇天満宝来亭 八月一日より東京講談狂訓亭為永、西尾一山改め氏原一。

明治43731 京都日出新聞

演芸 ▲国華座明日より笑福亭一座の引越にて十銭均一大切には大道具入の怪談▲笑福亭明日よりの出番は左の通り璃若、喜蝶、三蝶、円天坊、円次、文蔵、芝楽、小円太、扇枝、楳林、蔵之助、円太郎

明治43731日 徳島毎日新聞

高木館の落語 明一日夜より十日間浪花三友派笑福亭文我一座乗込み開演。一座の顔触れは、我逸、圓松、鶴松、娘道楽光栄、康子、小紋、南枝、團輔、小文、福我、文我等にて本日神戸湊亭より乗込み毎夜「花いかだ」と題する印刷物を配布し富街芸舞妓数名読込の端唄、都々逸を謡う筈其二上りなるもの左の如し

兎角うるさい人の口、封じ袋の仲吉に、千賀に行くとの一と筆を、いせや春日え神いじり。若喜代にしちゃ珍しい。夜毎繁乃の花稼ぎ細い三筋の世渡りも、いつしかふとく富田町。人の噂も高助に、登る恋路の山つづき、如何にまばゆき若玉も、こいで曇るは有りがちと、いけんしてきたわたしをば、意見キクに誰がした。

明治4381日 北国新聞

一九席 東京落語三遊亭圓都一座にて今晩より開演の筈なるが番組は左の如し

曲芸(圓七)落語阿保陀羅経(都生)手品(枝朝)物真似音曲(圓志)音曲ばなし(福笑)手踊ステテコ(圓二郎)滑稽落語(圓都)大切一座総出

明治4381 京都日出新聞

演芸 ▲国華座の笑福亭一派の大切怪談は大道具大仕掛の由▲芦辺館は本日より十年余も中絶したる落語研究会を催し欠点指摘の客へは高島屋下村大丸等の寄贈品を景品とする由役割は審配長(審判長)文三、弁誤士(弁護士)文都、弁士文吾、枝太郎、円笑、小文三、福太郎、枝雁、桃太郎、三八、円光、三喬▲平居館も芦辺館連中にて尚大切には大道具入りの怪談を催す筈

明治4382日 大阪毎日新聞

◇江戸堀松の亭は、舊名の第二此花館に改め、一日より新内を出す。

明治4384日 中国新聞

演芸館は落語音曲舞踏にて浪花互楽派一座、桂三輔、内田秀甫、笑福亭圓篤の一座開演

明治4384日 満洲日々新聞

満洲演芸場 伊勢道中二人男(若三郎)狸嫁(遊枝)寿蛇無(若明)銚子の替目(圓三)のしの由来(笑三)子誉め(文喬)喜劇一幕毎夜替り(座員総出)疝気の虫(若遊三)大切所作事電気応用

花月席 大入に付本日より五日間日延べなし特等五十銭其他は二十銭均一、四日の番組は、道灌(金平)指写し絵獅子の曲(金遊斎)常盤津並浮世節(小つま)泡口(市馬)よいやまち(金勝)音曲手踊(金登喜)甲府土産つづき(花圓遊)曲芸(亀治郎)尺八曲(花堂)廓の栗もち(金馬)大切新作喜劇

明治4385日 大阪朝日新聞

<沢井席焼失する>

◇寄席の火事 四日の午前二時四十分、南区空堀町三十六番地桂派落語の定席沢井亭事沢井与一郎の住宅より発火して、同寄席外三戸全焼し、同四時鎮火せり。原因は沢井与一郎の次女沢子(十五年)が三日の午後十一時頃押入より雑誌を出さんとする際、燐寸で火を点したるが、その燐寸の先端が着物入れたる行李の傍に落ち、知らぬ間に着物が燻ぼつて大事に至りしものと判明したり。損害は約二万円なりと。

明治43861416日 大阪朝日新聞

<角座の三友派落語家芝居>

◇角座浪華三友派の落語家芝居は第一桜の宮、第二恋の欲 第三忍ケ岡恋の白浪、第四しやくり裁判、大切所作事靱猿は常磐津駒太夫にて紋弥、扇蝶、文団治、米子。(86

◇角座の三友派一座の落語劇は初日以来連日好景気にて、松鶴の如きは独特の滑稽に観客の顎を解かし居る。(814

◇座の落語家劇には本日より従前の出し物の内二幕目を「悋気」、四幕目を「性は善」と取替へ大車輪にて見せる。(816

〈編者註〉八月五日初日、十七日千秋楽。『近代歌舞伎年表 大阪篇』による外題と配役は以下の通り。

【一番目】桜の宮 三場

【二番目】恋と欲 二場

【三番目】忍岡恋白浪 一、忍ケ岡蓮池の場 二、伝次内の場

 牛若伝次(紋弥)、番頭権九郎(扇蝶)、新造白玉(文団治)、幽霊屋の鹿(花咲)、魚屋長七(松喬)、下女おまつ(小米)、小僧三吉(米子)、仕出し(大ぜい)

【大切】所作事 靭猿 鳴滝八幡の場

 女大名(紋弥)、伊勢奴(扇蝶)、猿廻し(文団治)、小猿(米子)

 なお、囃子連中のところに清元立花家喬之助、春の家小雪、三味線都家都吉、笑福亭福吉の名がみえる。

明治4386日 中国新聞

横町演芸館は浪花互楽派の一座落語音曲噺で開演本日の出し物は御祝儀(桂春三郎)東の旅(桂春兵衛)兵庫船(立花家橋太郎)煮売屋(笑福亭篤三郎)七段目(三遊亭朝之助)専売芸妓(桂春助)はなほしい(三遊亭圓雀)紙屑屋(笑福亭松助)音曲並びに一人芝居(内田秀甫)大和橋(桂三輔)式三番並びに曲引(笑福亭圓篤)

明治4389日 名古屋新聞

熱田米本座 同座は大阪三友派の旗頭曽呂利新左衛門、金原亭馬生初め数名にて今九日午後六時より花々しく開演する由一行は富澤町富本席に開演し頗る好評を得たるものなりと尚本社の一般読者に贈呈したるメタル所持者には木戸十三銭の処特に七銭に勉強すると云う

明治43810日 神戸新聞

<平野座開場>

平野座の開場 奥平野(南湯裏)に新築の寄席平野座は其筋の注意もありて模範寄席として建築せし由なるが愈々十一日より大阪女浄瑠璃廣春、廣一座にて開場

大黒座 三遊派今晩の番組 風呂屋物真似(歌八)関所芸廻し(遊蔵)音曲話(右雀)田三蔵(鈴馬)新古音曲(圓輔)坊主の酒盛(鶴二)曲芸(助造)ステテコ(圓三)声色記憶術(米枝)文人踊(淀助)芝居見物(新朝)音曲問答(桃太郎)掛合噺(淀助淀平)恨の写真(圓歌)

明治43810日 香川新報

玉藻座 當市の同座は左の顔にて十日開場す。

第一席落語(笑福亭我逸)第二席落語手品指影絵(同圓松)第三席落語舞手踊(同鶴松)第四席落語(桂團輔)第五席落語舞手踊(同小文)第六席落語(同南枝)第七席長唄女道楽(山村庸子山村光栄)第八席曲独楽舞手踊(三升小紋)第九席新派落語音曲端唄(笑福亭福我)第十席大道具入芝居噺立ち事所作(桂文我社中総出)

<編者註>その他、文我一座の番組

812 番組:播州名所(我逸)猪買い(圓松)野崎参り(鶴松)掛取り(團輔)二番目(小文)指影絵(松井)堀川猿廻し(南枝)長唄喜撰浮世節(光栄庸子)曲独楽舞(小紋)辻占茶屋(福我)地雷也道具入(文我社中総出)

813日 番組:船弁慶(我逸)鱶の魅入り(圓松)盲景清(鶴松)古手買(團輔)蘭法医者(小文)指影絵(松井)稽古屋(南枝)清元梅の舞(光栄庸子)釜盗人(小紋)芸妓の煙管(福我)芝居噺天一坊(文我)

814日 番組:三人旅(我逸)地獄八景(圓松)安産祝い(鶴松)牛の丸薬(團輔)材木丁稚(小文)指影絵(松井)軒付け浄瑠璃(南枝)浦島(光栄庸子)花色木綿(小紋)さみだれ(福我)芝居噺崇禅寺馬場(文我)

816日 番組:鷺取り(我逸)大田道灌(圓松)牛かけ(鶴松)猪飼野(團輔)日和違い(小文)指影絵(松井)延陽伯(南枝)長唄越後獅子(光栄庸子)吉原千早女郎(小紋)改良笑話(福我)座頭殺し(文我)

明治43812日 香川新報

教育お伽噺会 別項玉藻座の文我一座は暑中休暇における小学生徒慰問の為教育お伽噺会と唱え今十二日正午より開会す。其題目は左の如しと。

舞子の松風(我逸)狸博打(福我)おかしき手品(圓松)空中飛行機(福我)曲独楽(小紋)美しき魔人(福我)

明治43814日 大阪朝日新聞

◇桂派落語は去月来各席とも暑中休暇にて地方を巡業せしが主なる者の帰阪せしに付、十五日従前の一座にて西区新町通二丁目瓢亭、北区曾根崎新地出入橋東詰此度新築落成せし桂派落語組合席となりし緑舘の二席にて開場。

<編者註>緑館のこの時の出番は、雀円、雀桝、文蝶、一枝、吉右衛門、仁三郎、一賞、円童、雀之助、藤井、治郎太郎、文福、小円馬、千橘、枝雀、雀三郎、円坊、文枝

明治43816日 大阪朝日新聞

◇明楽座は十六日開場にて五日間諸芸道楽会といふを開場す。其の演芸は剱舞、掛合噺、曲芸、浄るり、新内、落語墨付角力。

明治43818日 大阪朝日新聞

◇角座の三友派落語劇は十七日限り閉場し、十八日より三日間、同派演芸の大会を開き落語、舞、手踊、浄瑠璃、奇術、清元掛合、声色、常磐津等あり。大切の余興は総出にて滑稽立噺を演ず。出演者は松鶴、松喬、小文吾、文団治、米団治、花咲、稲八、麦八、扇蝶、喬之助、歌吉、常磐津駒太夫なりと。

明治43818日 名古屋新聞

富本席 今晩の番組左の如し

天災(圓吉)弥次郎(小圓流)おその六三浮世節(遊子)浮世床(三木三)夢金(橘馬)一分茶番(喬丸)音曲手踊(モンジョジョー)一枚起請(圓流)

明治43818日 徳島毎日新聞

緑館 マンマル一座の西洋奇術乗込み二十日頃より開演

新富座 来る二十一日より目下高松玉藻座出勤中の南枝、福我、文我一座の落語にて再度に旗揚げをなす由

明治43820日 神戸又新日報

西宮三浦座 は落語家桂仁左衛門一行にて開演

明治43821日 大阪朝日新聞

◇中風芸人の寄り合ひ 去月十二日岐阜で脳出血の発病後、南区大宝寺町東之町の自宅で静養中の大隅太夫を訪ふ。「…私が好くなつたと聞いて染太夫に中村玉七、落語家で今は心学の講師となつた文左衛門などが来て養生法を聞きましたので大西医師へ紹介しました。中風芸人が寄り合つたといふ訳です」云々。

明治43821日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派の文治、文団治、紋弥、松鶴、松喬、圓若、喬之助、扇蝶の落語連は、堺市天神前定席に於て、。二十一日より三日間興行。

明治43825日 徳島毎日新聞

新富座の落語 本日の出物左の如くにして尚拙作者に懲罰を科する珍趣向もありと

女護島(我逸)太田道灌(圓松)紙屑より(鶴松)三十石夢の通路(團輔)二番目(小文)指影絵(松井)片袖(南枝)長唄汐みく(康子光栄)掛合噺(鶴松、團輔)花色木綿(小紋)親子茶屋(福我)十字辻占(文我)

明治43830日 大阪朝日新聞

◇桂派落語各席へ九月一日より一座の上に東京より東京馬鹿囃子若山新之助一座と曲芸柳家政治郎が出勤する。

明治43830日 大阪朝日新聞神戸付録

奥平野平野座今晩の番組は法会の賑い(團橘)奈良回遊(我楽)夫婦喧嘩金の仲裁(福篤)江戸っ子荒物商(萬歳)清元梅の春(小雪)北海道アイヌ舞踊(グワ嬢、バル嬢)孝行糖(福圓)清国人奇術曲芸(張来喜)春の賑い(松光)

湊川多聞座今晩の番組は、曲芸(助造)ステテコ(圓三)合邦辻(仲吉)文人踊(淀平)独楽(小源水)役者見立(米枝)二人踊(淀助)音曲噺(桃太郎)

明治43831 京都日出新聞

演芸 ▲笑福亭は九月一日より左の通りの出番順となつた里若、三蝶、円天坊、円次、楳林、藤若、扇枝、歌橘、文の助、小円太、蔵之助、謹吾、円太郎▲芦辺館は北海道アイヌ芸妓クバ、パル、小雪の歌舞音曲、万治の曲毬、曲芸、小紋の曲独楽などあり出番順は文三、文都、枝太郎、文吾、円笑、文我、文雀、小文三、枝雁、福太郎、三八、円光、三喬、福笑

上方落語史料集成 明治43年(1910)五

明治4391日 大阪朝日新聞

◇永楽館の開場式 昨年北区大火に類焼せし浪花三友派の組合定席北区曾根崎永楽館は工事を急ぎ、二階建て日本造りの普請成就し、三十日開業式を挙げたり。

◇浪花三友派各席へ従前の外に東京より松柳亭鶴枝、人情噺三枡亭小勝、紋弥、清国人張来喜出演。

明治4391日 神戸又新日報

湊亭 木戸銭一等三十銭、二等二十銭、三等十五銭。当日の出番は、我逸・圓松・團輔・團勇・小團・鶴松・南枝・桃太郎・福我・麦八稲八・花咲・柳朝。

明治4391 大阪朝日新聞神戸付録

奥平野平野座は一日より女義太夫

湊川多聞座は一日より桃太郎一座に左の新顔加えて引続き落語桃之助、小扇橋、伯枝

明治4392日 名古屋新聞

米本席 昨一日より東京三遊亭圓流の音曲昔噺開演非常の好評して満場の由

明治4392日 大阪毎日新聞

<桂派の三五郎、互楽派に加入>

◇落語互楽派は文芸館遊楽各席へ、梅香、三五郎、千代子の新顔が入り新芸を見せる。

明治4393日 大阪朝日新聞

◇松屋町松の亭席は互楽派落語の三輔、円馬、秀甫一座で三日より開場。

明治4396日 大阪朝日新聞

<曽呂利三友派を退隠、顧問となる>

◇曽呂利の御隠居役 予て噂のあつた三友派の落語家曽呂利新左衛門はいよ〳〵来る十五日より同派の顧問として勝手勤めの身となり、四十余年勤続の功労に対し毎月恩給を同派より出すさうなるが、同人は今後は何でも伜我太郎を一人前の俳優に仕立てたいとそればッかりが楽しみの重荷、此の間も此の事を鈴木松年画伯に話したところ、画伯は我太郎の為にと胡瓜の図を描いて送つた。我太郎に胡瓜は出合ひものと曽呂利大いに喜び、「何よりの喜びものなり瓜一つ」と云ふ句をその図に添へて配り扇子にした。

明治4397日 北国新聞(金沢)

一九席 本日より東京落語三遊亭圓都一座にて開演すべく。今晩の番組左の如し

昔ばなし(圓七)昔ばなし曲芸(枝朝)昔ばなし物真似(都生)音曲昔ばなし(福笑)娘義太夫(桂之助、桂太郎)昔ばなし手踊(圓二郎)手品(正朝)昔ばなし音曲手踊(圓都)

明治43911日 神戸新聞

◇湊亭 本日、日第一湊亭において落語日曜会を開催。宝の入舟(我逸)金名竹(圓松)景清(小團)按摩の七兵衛(團輔)二人癖(團勇)紙屑より(鶴松)親子茶屋(南枝)女学生(桃太郎)おろち山(福我)ふたなり(花咲)男子の道楽(柳朝)大切喜劇百圓

多聞座と藤田席は、音曲(圓輔)夕立(遊七)手踊(鶴二)入の心(圓三)三人兄弟(小圓喬)一球(助造)千日参り(米枝)代わり目(伯枝)文人踊(淀助)お花平七(桃太郎)

明治43914日 大阪朝日新聞神戸付録

<マンモス演芸場錦座開場>

湊川新開地に新築中の錦座は此の程落成したるにより来る十七日助六一座の落語にて開場式を挙ぐると因みに同座は場内の通路を竪ににして下足箱を枡毎に設け空気の流通を能くすべく天井を高くするなど設備完全にて尚千五百の看客を容れ得る新開地第一の大寄席なりと。

明治43916日 大阪朝日新聞神戸付録

奥平野平野座は今十六日より花咲、麦八、稲八、柳朝一座にて落語

湊川錦座の開場式は十七日なるが當日番組は正月の寶船(しん六)滑稽一目上り(雷蔵)古今音曲(金賀)廓の御見立(助平)実話(川上秋月)清元式三番叟(小津ばめ、小みね)吾妻音曲百種(柳家枝太郎)曲芸掛合(春本助次郎、同小助次郎、同助造)英国人浄瑠璃手踊(ヘンリペレストン)花の舞踊(東都芸妓連)芝居噺道具入(雷門助六)

明治43920 神戸新聞

◇広告/開館御披露/年中無休毎日午後一時ヨリ四時迄、夜ノ部 午後六時ヨリ十一時迄/模範活動写真映画場/當夏以来改築中ノ本館ハ漸ク工事落成候ニ付、愈々當二十日開館、翌二十一日ヨリ一般ノ御観覧ニ供ヘ候、何卒御来館御引立之程奉希上候/三ノ宮社内横田商会直営 世界館

<編者註>以前は落語定席「第二湊亭」であったが、近くに出来た活動館「万国館」や新しくできた繁華街新開地の影響で、客が大幅に減少した。

明治43923日 馬関毎日新聞(山口下関)

◇門司日の出座は、三遊亭圓遊一座の落語、西洋奇術ステテコ踊り。

明治43927日 都新聞

<桂小円治、文治郎と改名する>

桂文治郎の上京 大阪三友派の若手桂文治郎は当地柳派に加入の相談まとまり、上京に来る一日夜より各席を一巡す。

明治43929日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各席へ一日より常磐津岡安喜よし、同糸楽、浄瑠璃の竹本八重君当年五歳、糸八調も従前の上に出勤するよし。

明治43930日 大阪朝日新聞

◇桂派各席は従前の一座の上に東京より音曲噺雷門金賀、雀家翫之助、桐の家福助、曲芸柳家政次郎の外、名古屋芸妓の六名も出席して長唄素囃しをお目にかける。

◇天満天神裏門第二文芸館は工事落成、三十日午後五時より開会式、一日より講談、落語を開場す。

明治43930 京都日出新聞

笑福亭は明一日より左の出番となるが猶大切余興として三孝楼桜川一座の吉原仁輪加ある由 里若、三蝶、円天坊、円次、藤若、亀寿、小円太、小楼、扇枝、桜川、謹吾、文の助

明治43930日 神戸新聞

<湊亭改め神戸演芸場

◇湊亭の革新 当地の落語定席は菊野の所有する湊亭ばかりにて他に競争席なき為出演者万事において注意を欠き評判悪しかりしも何分ここ一か所とて可なり客を呼びいたりしが、近頃は出演者もわずか二三人の新顔を加えるのみにて他は席付きの者にて誤魔化し、落語も古臭い物ばかりなるより入場者は次第に減り行く折から各席には東京の落語家連遠征隊を組んで出掛け競争を試みるにぞ湊亭はあわや落城の悲境となりしが、今回桂文治を総理とする浪花三友派において同亭を引き受ける事となり名称も神戸演芸場と替えると同時に場内一切に大改良を加え下記の新顔にて来月一日より引き続き開演に毎月東京その他より目新しいものを加える由。笑福亭我逸・同福篤・同福吉・同松光・桂桃太郎・同三八・同歌之助・同小米・同春團治・同文三・末広家扇蝶

平野座 奥平野平野座は明日より梅坊主一座と落語正楽、家蔵、蔵之助、圓太郎、正太郎、正輔と合同にて開演。因みに落語連今晩の出番は浮世根問(福我)物真似(花咲)人情噺(柳朝)門付(南枝)新猫(桃太郎)

明治43930日 神戸又新日報

<湊亭改め神戸演芸場

湊亭の大革新 裁判所前の湊亭は来月から浪花三友派の直轄となって神戸演芸場と肩書した。前席主菊野も関係は絶たぬが、出演者は一二の者以外全部入替えとなってしまった。福我と圓松は京都。南枝は大阪へ行く。我逸、團輔、鶴松の三人は残る。で以来大阪京都と交代して新顔のみをもってご機嫌を伺う。大阪の紅梅亭の主人が出張して昨今両日内外の面目を一新させてしまう。客の取扱にも高座の拵えも大阪式としてしまう。舞の時には膝隠しと火鉢は奈落へ機械的に落としこむ外その全てを新式にする。十月の顔ぶれを下記の如くで文三が真を打つ(顔ぶれは神戸と同じなので省略)

明治43101日 名古屋新聞

米本席 本一日より七昇亭花山文、美名本一馬一行して音曲昔噺剣舞開演木戸銭大特別の五銭均一メタル持参者は半額

明治43101日 大阪朝日新聞

◇松屋町松の亭席は一日より互楽派桂三輔一座へ春風亭柳朝外数名出演す。

明治43101日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天席の落語 竪町楽天席は、十月興行として落語三笑亭芝楽一座を招き、一日より開演の筈。番組は左の如し

御祝儀伊勢参宮(芝太郎)落語(小芝)落語手踊(芝冶)はなし(里若)落語手踊(遊七)音曲落語(藤若)落語舞(圓好)曲芸ステテコ手踊(佃屋白魚)人情噺(青柳華嬢)東京音曲人情笑話(芝楽)大切落語相撲

明治43104 京都日出新聞

芦辺館は大分新顔が加はつたが真打として枝鶴改め四代目松鶴がお目通りをして得意の落語で人気を呼んでゐる

明治43104日 鷺城新聞

<播磨町三栄座>

三栄座と俊成 飾磨町に劇場新築中なる事は予てより報せじが、数日前をもって全て俊成したれば近々落成式を挙行する筈。因みに座名は飾磨座となす筈なりしも、三名の発起にて建築したるものなれば、三の字をつくるがよからんと議出であれかこれかと詮議の末、「三栄座」と命名するに決定したり。

明治43106日 神戸新聞

三友派演芸場 出産祝(三八)鴻池の犬(歌之助)夏祭り(小米・福吉)袈裟茶屋(春團冶)稽古屋(松光)鼻ねじ(扇蝶)三十石(文三)

梅坊主一行◎錦座 松の名所(正輔)壷算(鶴二)花色木綿(圓三)色男(正楽)七の鐘(梅坊主)かるた遊び(蔵之助)櫻風呂(圓太郎)活惚(梅坊主一行)

明治43107日 神戸又新日報

湊亭拝見記 ▲革新の第一歩 秋高く馬肥ゆ、ナント鹿だつて肥えざる。べけんやテナ概を以て足並堂々、大阪三友派のハナシカ連中、裁判所前湊亭へ乗込み来る、ハナハナしかりける次第也。當地落語界の不振実際お話にならず、ドン底に陥りて亦救済すべくもあらざりしを大阪紅梅亭席主が湊亭を引受け三友派の定席としたり、刷新の第一歩は場内の修繕、電燈の配置、畳の新調に居心地よく、洵に場内は夜から昼になつたような味式、従来の古顔を一洗したのは策を得たもの。まだまだ夫計りか欄間がキリキリ上つて高座が広く見える。囃子の撥音冴えて・・・・・・・と是位にして置くべし、但し中味は召上つてからのハナしなり。一昨夜一寸覗く、三八の向付け達者なり、時代は時代で保存して差支えなし。同じ當世道具を挿む為め不調和となる、心ずべし、講釈は際物で大當て、歌之助の稽古屋、松光の懸取りなど度々拝見に入れり。春團冶の猫の災難は酔態の妙を極め、扇蝶の扇の手前鮮やかに、文三の線香の立切れは流石なり、ホロリとさせられたと、尤もお景物には四五の悪落もあり。トロックで運ぶをトロ、ツクで運ぶの類なれど一座が車輪だけに何うやら阪地の寄席を覗いたような心地也。切は二段返し扇蝶の「すくいの三番」に一座総出奴さんの手踊りなり、町家の書割りキリキリ畳まれて松の立樹なり、背景は海の遠海、電車の往復なんか面白し電車は赤く灯して夜のつもりなれど背景は不圖焉で昼がつている所面白し、此所へ桃太郎や鬼や猿や雉子が出づ、大人迄大喜びなり、序にお茶子の客持遇の宜くなつた事も誉めて遣りつし(やの字)

明治43109日 大阪朝日新聞神戸付録

裁判所前湊亭は今九日より落語日曜會を開く其の番組は播州巡り(我逸)小倉船(鶴松)盲景清(桃太郎)猿買い(春團冶)新裏の裏(歌之助)二日酔(扇蝶)留守事(松喬)お玉牛(松光)百年目(文三)

明治431013日 大阪朝日新聞

<笑福亭福松七回忌法要>

◇落語家追善会 落語三友派にては十三日は故人同派主領たりし笑福亭福松の七回忌に相当するゆゑ、其の門人及び同派の有志は南区逢坂一心寺にて一大法会を行ふとぞ。

明治431015日 大阪朝日新聞

◇文芸館の館主は此の度互楽派落語席を拡張し、南区法善寺境内講釈の席をゆづり受け、来月より工事に取掛り、茲に第三文芸館落語の席を開場する由なり。

明治431015日 神戸新聞

落語浪花節 ◎神戸演芸場 幕八景(小米、福吉)向付け(三八)御座参り(松光)豆売り(扇蝶)鰻の平助(歌之助)猫の災難(春團冶)二十四孝(文三)◎多聞座 道成寺(小米、福吉)集合酒(歌之助)いらち車(春團冶)三十石(文三)金玉茶屋(扇蝶)稽古屋(松光)◎錦座 落語声色(圓三)落語流行唄(蔵之助)文人踊(圓太郎)清元(淀助)浮世節歌舞(小燕小みね小ゑだ)浄瑠璃(ペレストン)音曲吾妻土産(枝太郎)

<編者註>新開地多聞座は十五日より

明治431019日 馬関毎日新聞

岩国錦座は修繕中の処、漸く落成し、近日中より無線電気応用の大芝居を開演する由なるが、数月間も固屋(こや)不潔のため興行停止となりしため、愛劇家は待(まち)に待ちたる折柄なれば、定めて大入を得ん。

明治431023 台湾日日新報

演芸界 ▲三遊連の落語 芳野亭千代登一座の娘義太夫は昨夜限りにて千秋楽とし引続き昨日の信濃丸にて乗込みたる東京大阪合併三遊連の落語音曲にて本日町廻りの上即夜開場の筈なるが一行は八名にて初日の出演番組左の如し二人掛合道中(美鶴、桃之助)四人癖、流行唄(遊蔵)出生祝、盆の曲踊(枝女太)新町廓の賑、手踊(枝三郎)高砂屋 音曲ステヽコ(扇遊)三味線曲弾、手踊(円輔)改良笑話忠臣蔵七段目、舞(遊枝)大切喜劇世は様々(総出)

明治431025 台湾日日新報

演芸界 ▲今晩の落語 芳野亭三遊派今晩の出演左の如し二人掛合あたまけり(桃之助、美鶴)出産の名付け、音曲(遊蔵)商売根問、秋の舞(枝女太)支那料理、ステヽコ踊(扇遊)改良のぜんざいや、手踊(枝三郎)曲弾、改良剣舞(円輔)新子の遊び、踊(遊枝)大切喜劇うつり木(座員総出)

三遊派の落語 千代登一座の娘義太夫に代つて芳野亭の高座に懸つた三遊派の落語は大阪九分東京一部お耳だるい処は幾重にもお聴直しを願ふなるその初日を聴きよしあし艸の浜荻ならぬ張扇式の古い所を短評する高座は既に枝女太の出番となり其前は洩らしたり

▲枝女太の出産祝 一言以てすれば尚未成品に属するも見れば未だ若い人さうなが時代後れの子賞めの如きは之れを避けて新らしい方に発展を心懸くべし、盆を使つての秋の夜は鮮やか殊に肩越しは無類なり

▲枝三郎の新町廓の賑 此落語を聴くと大阪幾代亭の真打たりし故人文三の寂を思ふが枝三郎のは艶に過ぎた上辷りあり折角工夫を要す、煙管の芸当と障子の汽車は古い奴なれど面白し

▲扇遊の高砂や 座中に只一人の江戸ツ子とて紅一点の人気あり、されど舌に廻らぬ節ありて折々目立ついや耳立つ処あれど噺しは達者なり高砂やは面白く聴かれ音曲は節より咽喉に於て勝り顔芸は平凡、ステヽコは狡猾(こす)い踊り方なり

▲円輔の三味線 三味線の曲弾は頗る奇麗なり、踊りは壮俳式にして趣きあり、落語は一種の新派調を加味して而かも熟せざるものあれども聴くに足るべし

▲遊枝の七段目改良笑話と云へど辺にも改良の痕跡見えず依然たる旧式の芝居噺しにて却々巧者なれども真打としては物足らず最少し落着きたるものを選まれたし、踊りは「海

晏寺」の巧妙を見せたれども少々嫌味ありまだ年配も若さうなり

要するに一座は大阪落語の旧守党とも云ふべく時代後れに点を改めざるは欠点なれど連中は流石に若手なれば渋味はなくとも花矢かなる処あり聴くよりは見るものとしてそのチヤラ〳〵した処が反て受ける事なるべし、大切の喜劇は残念ながら見逃す(杢)

<編者註>興行は、十一月二十日頃迄あり。

明治431026日 北国新聞(金沢)

一九席 昨日より三遊亭圓流一座にて開演せり。今晩の番組は左の如し

落語音曲(流之助)落語物真似(圓吉)落語手踊(馬遊)落語音曲(しん三)常盤津(歌子)落語曲芸(小圓流)人情噺(橘馬)落語物真似(喬丸)日本音曲手踊八人芸(印度人ジョジョー)滑稽落語(圓流)茶番(一座総出)

明治431029日 大阪朝日新聞

◇桂派各席は一日より従来一座の上へ筑前琵琶中村翠湖、浄瑠璃豊竹仮女太夫(六歳)三味線豊竹仮名子、清元柳家小つばめ、同小峰、歌舞には福助、六助、友弥、千代の四人が出勤す。

明治431029日 大阪毎日新聞

◇空堀沢井席新築落成式。桂派落語連にて十一月一日より開場。

明治431030日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各寄席は一日より東京下りの豊年斎梅八外七人のかつぽれ、曲芸春本助次郎外二名、ステヽコ円三、英国人の浄瑠璃ヘンリーペレストンを迎へる。

明治431031 京都日出新聞

笑福亭へ明一日から左の通りの出番順と極る木蝶、三楽[三蝶]、円天坊、円次、小円太、扇枝、小桜、遊七、文之助、蔵之助、円太郎、亀寿、桜川、花山文、一馬、大切余興座員一同

上方落語史料集成 明治43年(1910)六

明治43111日 京都日出新聞

芦辺館は本日より岡安喜よし、同糸楽、清国人張来禧及び文三米団治等が加入して相変らず七条平居館堀川菊の家の懸持をするが出番順は三喬、円之助、枝雁、桃太郎、南枝、三八、円笑、小文三、菊団治、米団治、喜よし、糸楽、文三、張来禧、枝太郎、柳朝

明治43111日 大阪朝日新聞神戸付録

◇興行物▲湊川錦座は今一日より清国人一行の大曲芸 ▲同多聞座は今一日より東京三遊派の音曲落語 ▲裁判所前湊亭の十一月顔ぶれは馬生、文都外七名 ▲姫路楽天座は昨三十一日より團九郎一座の俄

明治43111 神戸新聞

落語連◎神戸演芸場は本日より小文吾、文雀、小米、福圓、萬冶、松喬、馬生、謹吾、文都等出演 ◎多聞座は圓勝、桃輔、扇之助、小文冶、朝笑、桃孝、圓駒、可遊、金蝶、朝吉、遊孝、桃太郎等にて開演す。

明治43111日 徳島毎日新聞(徳島)

緑館 本夜より開場の演芸会出物左の如し

落語曲芸(小松三)落語手踊(正輔)講談義士銘々傳(燕國)人情笑話(正好)落語手踊(鶴二)琴三味線曲芸(芳女)芝居噺記憶術(米枝)長唄尺八曲芸(兼子)落語文人踊(淀助)筑前琵琶薩摩琵琶バイオリン(琴月)落語音曲(柳家枝太郎)

明治43112日 山陽新報(岡山)

九重館 同座の三遊亭金馬一行は一昨日乗込み昨日午前華々しく町廻りをなし同日初日を出したるが、毎日大切には新作喜劇を一座総出にて見せる由尚一座の花堂の尺八は頗る妙味あるものなりと

明治43113日 徳島毎日新聞

緑館 柳家枝太郎一座の落語音曲は入場料大人二十五銭、小児十参銭、敷物二銭、下足一銭。

<編者註>その他徳島市内の当時の劇場寄席の入場料

◇新富座(劇場) 木戸銭下足一銭上場七十六銭桟敷一圓十六銭上割一人前十五銭

◇稲荷座(劇場) 木戸銭四銭下足一銭上場六十八銭桟敷一圓二銭

◇春日座(劇場) 大人十六銭小児九銭下足一銭

◇一楽座(寄席) 木戸銭五銭場一人二銭下足一銭

◇高木館(寄席) 木戸銭十四銭下足一銭

明治43117日 山陽新報

九重館の落語 三遊亭金馬の一座の落語は去る一日から栄町九重館で蓋を開けて居る。閑を偸んで覗いて見たは一昨日午後八時過ぎ、中には紋切形の落語でトント感服せぬものもあったが中にも花遊の講談は面白く聴かせ余裕もありて好し、花堂の尺八は結構なれど三味の外れるには気毒千萬、金馬は流石座長だけありて軽いもの、聞けば、隔日に新舊の落語をやって居るそうな、大切の落語喜劇は余り感心せぬが、笑わす所を見ると落語の本旨に適って居るのかも知れぬ(よた)

明治431112日 大阪朝日新聞神戸付録

裁判所前神戸演芸場は明十三日正午より落語日曜會を開く

瘤弁慶(福篤)宿屋仇(團輔)桑名船(小文吾)近眼盗人(文雀)辻占(福圓)猿廻し(松喬)菊江(文都)義士傳(馬生)

明治431113 京都日出新聞

七条平居館は明十四日が満一週年に相当するより十四日十五日の二日間は大に景気をつけて開演する由であるが枝雁、南枝、円笑、柳朝、米団治など得意の物を出し枝太郎、文三は落語十八番物を又曽呂利は態々大阪より応援として来り十八番も三番叟揮毫を為し其他余興として大連の傀儡師をお目にかけるといふ猶両日のお客様には記念品をも呈する筈だ

明治431113日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天の落語 竪町の楽天席は柳家枝太郎一座を招き、十三日より東京落語演芸会を演ずる由なるが、今回は一寸目先のかわりたるヴアイオリン、薩摩筑前琵琶をも演奏するとなれば定めて好人気ならん。

はなし(柳家小枝)はなし(鶴亀淀平)落語手踊(林家正輔)落語音曲(笑福亭小松三)落語手踊(林家正幸)はなし手踊(笑福亭鶴二)人情噺(桃川燕國)ヴアイオリン(杵家芳嬢)長唄(杵家兼子)落語記憶術(秋風亭米枝)薩摩筑前琵琶(琴月女史)落語文人踊(鶴亀淀助)東京落語笑話(柳家枝太郎)

明治431117 京都日出新聞

平居館の一週年 七条新地平居館の開業一週年の祝は十四十五の二日間演ぜられたが同館は芦辺館と姉妹館で三友派の席となつている自分の聴いた日は文三の「乗合船」で之れは時間の都合であつたが前座の演るもので頗る失望した枝太郎も感冒の為め咽喉を痛めてゐるといふので舞六歌仙を舞ふたが高座舞にしては品がよくお座敷舞としてみられた桃太郎を相手にして「深川」で愛嬌を振つたりしてゐた米団治の「稽古屋」が一番実のある話で、しかも手に入り過ぎた程枯れたものであつた其他余興の数々お客様は満足の体であつたそれから別の事があるが、這度(こんど)芦辺館では日曜会の聴客を糾合して聴客会といふものを組織して共楽館か受楽亭あたりで或は時間が長くて高座で話せない話、或は風俗を濫(みだ)る虞(おそ)れがあつて公開席上で演ぜられないしかも人情の機微を穿つたといふ本統の落語を演るといふ計画があるそうだが頗る賛成だ

明治431119日 香川新報(高松)

県令解除と興行物 愈々本日を以って県令解除となりたれば、是より県下の各興行物も盛んに可く高松市の如き夫々準備中にて、戎座は別項の如く京山若駒一座の浪花節と定まりしが、片原町の玉藻座は東京落語の名物圓遊一座にジョンベールも加わりて昨日すでに乗込みたれば二十日頃には開場に至る可き由。塩屋町の歓楽座も近日曽我の家一座乗込むとの噂もあり。

明治431120日 香川新報

玉藻座開場 當市同座は愈々明二十一日午後六時より開演。初日の出し物左の如し

御祝儀音曲はなし(三遊亭圓花)昔はなし吾妻の旅行(三遊亭遊楽)東洋奇術並曲芸(大洋斎昇一)一心太助大久保政談(三遊亭圓丈)常盤津浄瑠璃並浮世節(立花家遊之助)音曲物真似ステテコ踊(三遊亭小圓生)昔はなし東京名物独楽士(松井源水)英国の情話支那朝鮮日本音曲物真似(ジョンベール)三人旅の遊楽(三遊亭圓遊)大切音曲元祖ステテコ踊(総出)

<編者註>円遊一座の番組は、下記の通り。

1123 番組:喜撰茶屋(圓花)西旅行(遊楽)奇術曲芸(昇一)大久保記談毎夜続(圓丈)常盤津浮世節(遊之助)菅原息子音曲踊(小圓生)弥次郎独楽の曲(小源水)音曲物真似吹きわけ(ジョンベール)おはら女(圓遊)大切元祖ステテコ踊(総出)

1124 番組:大江山(圓花)小倉舟(遊楽)東洋奇術曲芸(昇一)前夜続き大久保記談(圓丈)常盤津浮世節(遊之助)芝居穴探し(小圓生)四の字嫌い独楽の曲(小源水)追分一人茶番(ジョンベール)吾妻男に京美人(圓遊)大切ステテコ

明治431120 台湾日日新報

演芸界 ▲落語一座来る 今度同仁社にて呼寄せたる落語一座は十八日の信濃丸に乗船したる筈なれば二十二三日頃より活動舘にて初日開演の運びとなるべく一行は初代三笑亭芝楽、女流落娯家青柳華嬢、手踊佃家白魚、立花家円好、桂家藤若、三笑亭松之助等なりと。

編者注二十三日より十二十二月五日まで興行。

明治431127日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の各席は十二月一日より音曲噺橘家円太郎、同蔵之助、新講談大隈柳丈、琵琶□駒弥、仕舞有村謹吾、清国人干永金が出演。

明治431129日 神戸新聞

<神戸大黒座の創始者亡くなる>

浅海まさ子死す 大黒座のお婆さんとして人に知られた浅海まさ子は八十の高齢を重ねて昨朝眠るが如く病没したが神戸興行界の女傑と言つてもよい女であつた。まさ子は當地の生まれで嘉祐座主の母、最初は山田屋という回漕店であつたがまさ子は陽気な性質の上人を寄せる事が好きで、今の兵庫取引所の処にあつた大西座の前茶屋を始めたのが興行界に手を出した端緒(はじまり)、其後明治座の前茶屋をもして居たが楠社内にあつた喜楽座が取り払われて今の大黒座の処に引移つてから山田屋の名で営業をする傍ら元町四丁目の東鉄楼という料亭をも一手に引受けて居た程まさ子は陽気な商売が好きであつた。其頃の大黒座は僅に三百坪に足らぬ小芝居であつたがまさ子は前茶屋営業の傍ら興行という水商売には何の経験もないのに而も女手一つで切り廻し随分人から侮られて言へぬ辛苦を甞め乍ら奮闘したものであつたが遂に今の駅前浅瀬館付近に数千坪の地を買つて一大劇場を建て喜楽座と対抗しようとしたが喜楽座では驚いていつそ同座を引続いではとの話が纏まりまさ子も進んで其後を継ぐ事になり今の嘉祐座主と力を協して商売をする様になつたのが明治十二年此時嘉祐座主の子年に因んで名も大黒座と改め次で三十一年と三十七年に改築し初めて今の劇場になつたのである。まさ子は此間女の身で内外の凡てを切り廻したが珍しい健康と男にも負けぬ気象の上非常に敵愾心深く度胸の据わつた女で情性には乏しく金の外には何一つもなかつた為め今の資産を造りあげた訳で遂にお婆さんの臍繰だけでも不動産十三万円と言われる迄にしたのは女としては豪い者で自然同家での権力も亦豪く皆福の神と称へて崇め奉つて居たが、兎と角神戸一等の劇場をあれ迄に仕上げて興行界を振はしたのは女傑と言わば言う事も出来よう。葬式は来月二日、全国の興行関係者は挙つて会葬し市内各倹番の紅くんも葬送に花を飾るというから定めて盛大な事であろう。茲にあげたのは女傑まさ子の小照である。

明治431129日 徳島毎日新聞

新富座 高松にて興行せし三遊亭圓遊一座乗込み明三十日午後六時より開演、入場料十銭均一の早い者勝ち主なる出演者左の如し

東京音曲清元御祝儀浄瑠璃(三遊亭遊太)東京音曲はなし(三遊亭遊楽)東京人情はなし(三遊亭圓丈)東京音曲常盤津浄瑠璃並に三府浮世節(立花家遊之助)洋行戻り東洋奇術(大洋斎昇一)東京音曲昔はなし物真似ステテコ踊(三遊亭小圓生)名物曲独楽士七代目(松井源水)浮世節柴笛舞(ジョンベール)東京滑稽音曲昔噺元祖ステテコ踊(三遊亭圓遊)

明治431130日 神戸又新日報

湊亭 来月の顔触れは小紋、新作、燕太郎、福圓、菊團冶、米團冶、柳朝、喜好、糸楽の曲引、及び新趣向活動写真喜劇一場なりと

明治43121 京都日出新聞

◇演芸▲芦辺館は文三一座へ更に東京より小仙、小金、大阪より馬生、松光、歌之助、三代松を加ふ。▲笑福亭は円太郎、文之助一派▲平居館は芦辺館連中の落語

明治43121 大阪毎日新聞

◇桂派落語は十二月一日より各席へ、剣舞美名本一馬、吟声北辰斎、音曲噺花山文、華川一郎が加入す。

◇浪花三友派各席へ一日より、新顔音曲噺圓太郎、蔵之助、新講談大隈柳丈、筑前琵琶魁駒弥、剣舞有村謹吾、清国人千永金、圓坊等加入。

明治43121日 大阪朝日新聞神戸付録

湊川錦座は一日より米團冶、菊團冶、糸楽、喜よし、燕太郎、柳朝の落語長唄にて大切仁輪加

明治43122日 中国新聞(広島)

演芸館には日英人合同落語音曲会というが乗込みたり。今晩の出し物は御祝儀二人旅(小松三)音曲はなし(桃助)たらちね(一枝)義士伝(燕朝)一分茶番(正好)めかうま(圓駒)深色手踊(鶴二)本膳影絵(圓松)磯あわび曲芸(圓三)七段目(ヘンリーペレストン、竹本東昇)大切一座総出掛合噺

明治43127日 香川新報

寿座 多度津町の同座にては七日より三遊亭圓遊一座の昔噺を興行せり。

明治431211 京都日出新聞

芦辺館の娯楽会催行 芦辺は従来日曜日には落語日曜会を催て些か研究の資として来つたが茲に九十五回を重ぬるやうになつた所で這度(このたび)更に日曜会の付属娯楽会といふんものを組織するそうだが日曜会の聴客は普通の客より多少共落語に趣味を持つた人々であるから此等の人と一堂に会して常に高座では時間の制限の為め話し得ざる話とか或は公開興行では話し憎い昔の好い話しをするといふのが意旨らしいそしてこの第一回を来る十四日正午より円山左阿弥楼上で催すが会費は七十銭当日持参のことで余興として社中苦心の景品があるそうだ猶会員は十二日中に芦辺館迄申込まるべしといふことであつた少しは面白い話を聞けることであろう

明治431214日 大阪朝日新聞

◇浪花互楽派の文芸館は十五日限り各席を打揚げ、三輔、しん橋、正楽、春輔、金之助の一座は岸和田の汐見座へ乗込み、残りの一座は十六日より天満及び法善寺の文芸館にて忘年落語大会を催す。

明治431216 京都日出新聞

落語娯楽会 芦辺館落語日曜会の付属として催行する落語娯楽会はその第一回を一昨日午後一時より円山左阿弥楼上に催したが松喬の「綿屋の火事」文三の「旅寝の枕」曽呂利の「故郷へ錦」文吾の挨拶代りの短い話○一社中の曲芸などあつたが、談(はなし)は従来高座では長時間の為めに話せないものなどであつたが話すものも十分心置なく話したので人情の機微を穿つものがあり本統の落語好きの耳を傾けしめたのは何より結構なことであつた此間小宴あり来客者は初会に拘はらず百余名の多勢に上つて先づ成功したものであつた次回は来年四月頃開催する予定である

明治431217 台湾日日新報

演芸界 ▲青柳華嬢 近着の内地新聞に恁ういふ記事があつた「巫山戯た人気を取つてゐた当時何時も柳の下に鰌が居るりで同じ様に柳派に加はつて出演した青柳華嬢と云ふ女鹿は素より芸なし猿のお茶つぴいだから一向に客受けがせず程なく旅烏となつて仕舞ひ暫らくは消息を聴かなかつたが此程では本国を食ひ詰めて台湾に乗出し台北の活動館と云ふ小屋で「二十八の今日に至るまで堅く中立を守つて男に肌を触れず」とかなんとかいふ大看板を掲げて納まり返つてゐるさうだが父親の知れない子供の二人もある癖に何程台湾だつて随分巫山戯たことをする女だと、真実に巫山戯たことをする女だ

明治431218日 大阪朝日新聞

◇演芸奨励会 関西演芸協会主催にて十八日正午より新町南通一丁目都館に於て開会。文団治、松喬、蔵之助、小文吾、小米、松輔、柳丈、千代子、呂光其の他出演(入場無料)。

明治431219日 大阪日新聞

◇落語互楽派の正楽、三輔、しん橋、金之助一派にて、天満南地法善寺各席にて、忘年会興行として新趣向をこらしたものを出す。

明治431220日 大阪朝日新聞

◇桂派各席は二十日限り休席。南地金沢席は二十一日より五日間忘年演芸会を催し、各々得意の隠芸を演ずる上に東京、大阪両派の落語角力及び電気応用のキネオラマを見せるよし。

明治431221日 東京読売新聞

<橘ノ円、小さんの弟子となる>

◇円の入門 大阪より上京せる圓馬舎弟橘の圓は今回柳家小さんの門に入り柳のと改称し東京に永住すと

明治431221日 山陽新報

新地座(津山) 目下同座に於て開演中なる東京落語三遊連一座は滑稽噺・音曲物真似が評判にて初日以来非常の好人気なりと云う。

明治431221 台湾日日新報

演芸界 ▲芳野亭 同亭一月興行は大阪よりお馴染の落語家遊枝一座新顔を加へて渡台し元旦より花々しく開演の筈なるが今回は新内の呂丈も加へ落語として桂金之助以下枝三郎、小遊枝、遊、花遊、遊太郎等の顔を揃へ大切には新内入り喜劇一幕を御年玉とする由なり

明治431225日 大阪朝日新聞

<三代目桂文枝死亡>

ぶんし 002◇桂文枝死す 南区天王寺伶人町に住む落語桂派の棟梁なる三代目桂文枝こと橋本亀吉は、二十四日の午後三時、大阪病院にて病死したり。病気は脱腸病にて手術も其の効なかりき。行年四十七歳なり。その父は東区上本町にて城代用達をせし橋本屋某といひ、幼少の時死に別れ、母むめの手にて人となりしが、六七歳の頃初代文枝が同じ上本町に住みて文枝を愛し、小噺しの二ツ三ツを教へしに、廻らぬ口にてよく喋舌りたり。九歳の時南地法善寺の播熊亭(今の紅梅亭)に突出されたのが初舞台にて、其の後母に連れられて西区裏新町に転じ、浮世の苦労をしぬきしが、遂に落語家になる決心をなし、小文の名にて人気を集め、十一歳にて初代文枝に死にわかれ、十七歳のとき小文枝と改名し、去る三十七年三代目文枝の名を文左衛門より許されたり。幼少の苦労を忘れず母に孝行し、独り遊里に足を入れしこともなかりしが、大切の母にも去る十月の末に死分れ、去る十八日納骨して帰りてより先ず子の一分も尽したりとて好きな酒を少々呑み過ぎて枕につき、脱腸となりて到頭二十三日大阪病院に入院、直(ただち)に腹部切開の手術を受けたり。今の落語界にては古人の残せし落語の数を文枝ほど知つているものなく、尚落語の外に歌舞、三味、胡弓をよくし、また喜多暉月の門人となりて画を学べり。門人は文福、千橘、左円遊、歌太郎、枝三郎、枝朝、文蝶、文子、文紅、文七、文正等なり。

〈編者註〉文中「播熊亭」は「泉熊席」の誤記と思われる。のち今嘉席から紅梅亭となる。

明治431225 京都日出新聞

演芸 ▲笑福亭は来る一月より一座総出にて其の出番順左の如し正雀、三楽、円天坊、円次、小円太、扇枝、謹吾、昇六、円菊、花の助、操一、文の助、助造、円太郎▲芦辺館は来る二十六、七両日午後五時頃より忘年会を催し動物落語口演(社中一座)大切余興記念動物園(一座総出)を開演する筈なり尚ほ来る一月一日よりの出番順は左の如し先太郎、都鶴、笑、円顔、円の助、枝雁、桃太郎、三八、円笑、南枝、小文三、柳丈、小文吾、小米、少年浄瑠璃政八、歌之助、筑前琵琶駒弥、枝太郎、円坊、文三

明治431225日 香川新報

<肥梅閣改め電気館>

肥梅閣修築 当片原町天神社内の肥梅閣は電気館と称し横田の活動写真の常設となし、西洋風に修築中なるが、来る一月一日より開演す。

明治431227日 大阪朝日新聞

◇桂派の各席一月の開場は前一座の落語に新内富士松綱太夫、同亀三郎が出席。

◇三友派の一月各席は前一座の上に竹本小島太夫(六歳)の少年に今様仕舞、都錦水、楓国、鶴水が出席。

明治431229日 大阪朝日新聞

◇互楽派第一、二、三の各文芸館および竜虎館は一月一日より従来の落語歌舞一座の上に東京より三曲合奏の小金井星吉、石村貫一、杵屋民子、長唄手踊り月の家二三二并に八七八など出席す。

明治431229 京都日出新聞

○演芸 ▲芦辺館の忘年会 芦辺館は廿八日で本年の舞台納めとしたのであるが廿七八の二日間忘年会として記念動物園といふ珍趣向を凝らしたまず表飾りを檻と見立てゝ例の下足番がいつもの法被姿は襟詰の洋服姿と変つて園丁といふ思入れ宣敷あつた入口の楽隊も常には見られない多くは日曜会の客を招待したのであるが勿論一現の客でもハイ被入(いらっしゃ)いであるそれは木戸銭といふのではなく入園券といつた総て動物園式になつてゐるのも面白い落語は悉く動物に因むだもので自分の聞いたのは小文三の「馬の田楽」円笑の「鼠」歌之助の「狐」文三の「猿」枝太郎の「虎」であつたが鼠といふのは従来の「ぬの字鼠」で狐は「天神山」猿は「猿後家」虎は「猿廻し」で何れも従来の落語に動物のあるものを話しをしたのであつたさて大切りとして呼物の余興記念動物園が始まる総て道具立宜敷あるのだから騒動も却々であるこれは太郎冠者作の喜劇に似たものであつたがまづ円笑の鸚鵡を持つて済して出て来るこの鸚鵡は何んでも人間の通りに真似をするといつて色々のことを言ふと其通り喋る喋るのは小文三で其後方に黒衣を着て後見宜敷くといふ形だ次は枝雁の猩々でこれは全く上出来で顔の扮(つく)りから両手を□次(だらし)なく頭へ置く所など却々研究したものであつて之れが秀逸と見た次は小文三の孔雀、三八と誰やらの白象、南枝の犬、誰やら三人連の猿、文三の虎、枝太郎の熊など何れも臍を捩らして面白い年忘れであつた




上方落語史料集成 明治43年(1910) 七 参考資料

【参考資料】

<桂派矯風会(明治43年)>

116日 瓢亭
 出演者:文福、小文吾、雀三郎、仁左衛門、文三、三輔、文枝。余興に富士田千之助、同正四郎、杵屋小吉、
  同常治の長唄。大切一座の活動写真。

213日 国光席
 出演者:文三、雀三郎、小円馬、仁左衛門、枝雀其他。

410日 金沢席
 出演者:あやめ、仁三郎、雀之助、雀三郎、小円馬、文三、仁左衛門、枝雀、文枝。余興栗田、福子、益得の
  ヴアヰオリン合奏。

515日 瓢亭
 出演者:あやめ、三五郎、文福、三木助、枝雀、文枝、小円馬、仁左衛門。余興は名古屋西川流少女連の踊
  り、新浄瑠璃三浦中尉留守宅の段松菊斎。

612日 国光席
 出演者:仁鶴、紅雀、雀三郎、文枝、仁左衛門、小円馬、枝雀。余興地獄裁判連中総出。

1016日 金沢席
 出演者:文里、雀之助、右円遊、枝雀、仁左衛門、雀三郎、文枝。余興は曲芸柳家政治郎及び名古屋芸妓の末
  中村の加代外五名の歌舞。

1023日 緑館
 出演者:仁鶴、仁三郎、文福、金賀、枝雀、文枝、三木助、仁左衛門。余興は素囃子、三人石橋、名古屋芸妓
  本中村加代外五名、舞都鳥、地方同人曲芸政治郎等。

1113日 瓢亭
 出席者:仁助、一枝、雀三郎、竜生、文枝、仁左衛門、小円馬、枝雀。余興は清元柳家小つばめ、同小みね、
  笑劇三軒長家は楽屋総出。

1120日 沢井席 
 出演者:(未詳)

<三友派日曜会(明治43年)>

116日 紅梅亭
 出席者:文雀、歌之助、米朝、新左衛門、文団治、一円遊、松鶴。余興は花柳芳次郎以下出演。

213日 第一此花館
 出演者:文団次、芝楽、松鶴、松喬其他。

515日 第一此花館
 出席者:歌之助、松喬、松鶴、柳朝、文之助、馬生、文吾。余興文の家福太郎、歌六の舞。

612日 紅梅亭
 出演者:春団治、歌之助、松喬、文団治、文都、松鶴、馬生。余興英国人の浄瑠璃、清国人の曲芸。

918日 永楽館
 番組:春団治、歌之助、粗忽の転宅(米団治)、子別れ(文都)、左甚五郎(小勝)、悋気独楽(松鶴)、義
 士寺阪吉右衛門(馬生)。余興清元神田祭喬之助、百面相鶴枝等。

925日 紅梅亭
 護国塔建設費寄付日曜会 番組:小文吾、松喬、馬生、線香の立消(文都)、くしやみ講釈(松鶴)、熊坂
 長範(小勝)、試し切り(文団治)。余興は奇術張来喜、舞紋弥、地方喬之助、歌吉。

109日 第一此花館
 出演者:三木松、福円、米団治、小勝、文都、馬生、文吾。余興曲芸万治、長唄吉原雀岡安喜よし、同糸楽。

116日 永楽館
 番組:しんこや新兵衛(文吾)、大名将棊将(松鶴)、親子茶屋(文都)等。余興は梅八連中の深川おどり
 其他。

1127日 第一此花館
 出席者:歌之助、文都、苫ケ島(文団治)、堀越村(松鶴)、やぶ医(文吾)。余興は二人羽織梅八一□の
 茶番。

124日 永楽館
 出演者:文雀、松喬、文団治、文都、松鶴、文吾等。余興は曲芸の支那人干水金、張来喜。

<京都芦辺館日曜会(明治43年)

19
 番組:
兵庫舟(米若)愛宕山(桃太郎)堕落書生(円笑)観音の功徳(梅香)雪朝犬(文吾)余興、清元、
 土橋(喬の助、歌吉)銚子の替り目(円若)高砂(枝太郎)新町の冬遊び(文都)

116
 番組:
伊勢参宮(円光)饅頭喰(三八)高尾(福吉)能狂言(文吾)親子の再会(柳朝)船弁慶(文都)三勝
 半七酒屋の段(団昇、団路)稽古屋(円若)芸妓の真心(枝太郎)

123
 番組:
神風(桃太郎)米揚笊(枝雁)初天神(円笑)菜種切(枝太郎)幇間の失策(一円遊)菅野新七(文
 都)余興清元吉原雀(喬之助、歌吉)関所(円若)市助酒(文吾)

130
 番組:
春の旅(円光)阿弥陀ケ池(三八)家内芝居(福吉)お留狐(円笑)観音の功徳(文吾)嫁の下駄
 (枝太郎)音曲噺清元(円若歌吉喬之助)犬太郎(曽呂利)忍の長持(文都)

26
 番組:三人
旅(福笑)正月丁稚(桃太郎)初天神(春団次)苣医者(米朝)武士気質(文吾)ハイカラお
 蝶(芝楽)曽我の夜討十番切(枝太郎、文我)長唄大薩摩(円笑、福吉)白子屋(柳朝)赤子茶屋(文都)

213
 番組:
大廟詣(三八)此奴栄の助(枝雁)転宅(春団次)脊虫茶屋(米朝)雁風呂(文都)余興(花咲福吉円
 光春団次)鬼薊清吉(文吾)続白子屋(柳朝)土橋万歳(枝太郎)

220
 番組:
高宮川(円光)舟弁慶(福吉)阿弥陀ケ池(春団次)寝所(米朝)親子茶屋(枝太郎)続白子屋(柳
 朝)余興十時の辻占(文我外連中)子は鎹ひ(文都)二番煎じ(文吾)

227
 番組:
春景色(三八)軽業講釈(枝雁)裏の裏(円笑)袈裟茶屋(春団治)深山隠れ(米朝)嬉し涙(柳朝)
 余興滑稽粋の花(花咲、円光外社中)計略風呂敷(文吾)吉野花山(文都)

36
 番組:
明石名所(円光)小倉舟(桃太郎)お留狐(円笑)浮世床(春団治)蛇含草(枝太郎)左甚五郎(馬
 生)余興曲毬道化(東京丸一社中、小仙、小金)喜左衛門駕(文吾)五人男(柳朝)

313
 番組:
軸誉め(三八)鳥屋引導(枝太郎)諸芸懸取(柳朝)仇は桜の宮(三輔)らくだ(文吾)余興曲毬、道
 化神力万歳(小仙、小金)味噌土蔵(春団治)堪忍袋(馬生)

320
 不明

327
 番組:
舞子名所(三八)人呑鬼(枝雁)代診(円笑)嫁貰ひ(春団治)うどん売(枝太郎)借家怪談(文都)
 余興筑前琵琶大塔宮(春子)松下新七郎(曽呂利)義士伝(馬生)

43
 番組:
東の旅(円歌)八五郎坊主(円光)新裏の裏(三代松)二人癖(花咲)子訣れ(梅香)狸茶屋(扇蝶)
 余興二人舞(文我、小米)
目八(三輔)義士伝(馬生)

410
 番組:
春の旅(扇笑)深山隠れ(三八)舟弁慶(三代松)鍬盗人(梅香)花と鼻(扇蝶)義士(馬生)余興桜
 の宮浮れの仇討(社中総出)りんき駒(三輔)市助酒(文団治)

417
 番組:
軽業八景(桃太郎)夢茄子(枝雁)雲突酒(三代松)三十石夢の通路(梅香)寝床(三輔)御神酒徳
 利(馬生)余興曲芸(円坊)散髪茶屋(扇蝶)算段の平兵衛(文三)

424
 番組:
春の野辺(円歌)歳誉め(三八)痘息子(三代松)百年目(三輔)三人旅浮れの尼買(梅香)探偵饂
 飩、余興盆の曲(円坊)次の御用日(松鶴)日光日暮御門(馬生)

51
 番組:
東の旅(扇笑)野崎詣(枝雁)八五郎坊主(小文三)景清(三代松)名物男太助(梅香)幇間腹(文
 都)余興先代萩床下(花咲、円光)一両損(文三)鶴満寺(曽呂利)

58
 番組:
大廟詣(桃太郎)兵庫船(三八)反魂香(小文三)菊石妾(三代松)源兵衛玉(梅香)はてなの茶
 碗(文都)余興二人武士(花咲、円光)浮船(柳朝)癖と癖(文三)

515
 番組:
野辺の朝露(円光)有馬土産(枝雁)桑名船(三代松)木鼠吉五郎(梅香)奇縁(文都)金時飴、余興
 音曲(円若)涙の片袖(文三)百年目(曽呂利)

522
 番組:
先人の名作(三八)阿多古参り(桃太郎)馬士の狼狽(小文三)脊虫茶屋(三代松)忠信(梅香)遊里
 の対面(文三)今戸狐余興音曲(円若)鬼薊清吉(文都)

529
 番組:
東人西人(円光)加賀千代(枝雁)稽古屋(小文三)ぬの字鼠(三代松)名人鑑(梅香)菊江仏壇
 (文都)付け馬余興音曲(円若)雑穀屋八兵衛(文三)

65
 番組:
初夏の旅(桃太郎)鳥屋坊主(三代松)閻魔買(円光)我れ忘れ(米団治)末期の酒(文吾)万歳茶
 屋(円若)煙草の火(枝太郎)南瓜政談(文三)

612
 番組:
五月鯉(円光)寄合酒(枝雁)猪買(小文三)春雨茶屋(円笑)古手買(米団治)蛇目草(枝太郎)後
 家馬士(文三)搗家五兵衛、付音曲(円若)御文章(文吾)

619
 番組:
神詣(桃太郎)こぶ弁慶(三代松)孝々糖(円笑)親子茶屋(米団治)忠信(文吾)桃川付音曲(円
 若)夢の八兵衛(文三)網舟(枝太郎)

626
 番組:
須磨の夕景(円光)地獄旅行(小文三)八足(円笑)牛誉め(米団治)景清(枝太郎)余興京の四季腹
 切の段三味線(鶴沢福太郎)食客講釈(文吾)芝浜財布(円若)百年目(文三)

73
 番組:
島廻り(三喬)女学生(桃太郎)蔵丁稚(小文三)船弁慶(三代松)三人兄弟(円笑)大丸騒動(枝
 太郎)唖道楽(文三)余興浄瑠璃音曲手踊(ペレストン)二番煎じ(文吾)

710
 番組:
氷の都(円光)茗荷宿(枝雁)手切丁稚(三代松)子放り奴(円笑)男性の女子(花咲)殺人罪(文
 吾)余興浄瑠璃音曲手踊(ペレストン)菊江仏壇(文三)狩野の名画(枝太郎)

910
 番組:
秋の野辺(三喬)百人坊主(枝雁)画根問(小文三)口合小町(文雀)犬(松喬)浮世(文吾)余興ア
 イヌの歌舞音曲(アイヌ人クハ、パル、北海道芸妓小雪)猿廻し(枝太郎)線香の立切(文三)

924
 番組:
兵庫船(円之助)蜜柑売(三八)延洋伯(文雀)崇禅寺馬場(文我)想思恋の絶頂(米団治)蛸坊主
 (枝太郎)曲独楽曲毬(小紋、万治)貧家と借人(文三)二日酔(文吾)

102
 番組:
地獄廻り(三喬)牛駈け(菊枝)茶瓶の妙薬(菊団治)向ふ付(文雀)釈師幽霊(枝太郎)腹切八
 景(稲八、麦八)同清元傀儡師(喬之助、歌吉)悋気駒(松鶴)子別れ(柳朝)

109
 番組:
須磨名所(円之助)浮れの尼買(枝雁)鼻捻じ(菊団治)五段目八卦(文雀)孝女お町(柳朝)質屋
 蔵(大阪文団治)親子茶屋(枝太郎)借家怪談(松鶴)余興大功記十段目(稲八、麦八)

1016
 番組:
瘤弁慶(三喬)子誉め(小文三)笊売(文雀)後家の姿(円笑)男の初恋(柳朝)清元夕霧伊左衛門
 (喬の助[喬之助]、歌吉)軽口十人斬(稲八、麦八)お杉お玉(松鶴)涙の片袖(枝太郎)

1023
 番組:
晩秋の旅(三喬)鳥屋引導(円之助)素人相撲(菊団治)美しき魔神(福我)後家殺し(枝太郎)余興
 清元四季山姥(喬の助[喬之助]、歌吉)桃川(柳朝)性は善人は情(松鶴)綱引(曽呂利)

1030
 番組:
煮売屋(円歌)島廻り(枝雁)棒屋長兵衛(小文三)易者(文雀)深山隠れ(枝太郎)一文裁判(馬
 生)余興上使八封(稲八、麦八)三枚起請(松鶴)風山花五郎(柳朝)

116
 番組:
秋の旅(三喬)素人画(三八)お玉牛(桃太郎)お節徳兵衛下巻(柳朝)愛宕山(米団治)長唄吉原
 雀(喜よし、糸楽)忠義正夢(枝太郎)一両損(文三)

1113
 番組:
小倉舟(三喬)播州名所(南枝)味噌馬(円笑)七段目(柳朝)稽古屋(米団治)余興長唄色種(喜
 よし、糸楽)清国曲芸(張来禧)三十石(文三)質屋蔵(枝太郎)

1120
 番組:
秋の夕暮(三八)地獄旅行(小文三)嚏講釈(菊団治)四季の茶屋(米団治)舟弁慶(枝太郎)余興長
 唄五條橋(喜よし、糸楽)後家殺し(文三)義士伝(柳朝)

1127
 番組:
紅葉狩(桃太郎)牛誉め(南枝)口合按摩(菊団治)天災(円笑)男女の迷ひ(米団治)余興長唄吾妻
 八景(喜よし、糸楽)同水鉢の奇術皿の曲(清国人張来禧)島原八景(枝太郎)食客講釈(文三)

124
 番組:
木の葉籠(円の助)兵庫渡船(三代松)牛駈け(歌の助)猪猟(枝太郎)夢の転宅(松光)余興東京丸
 一特技(小仙、小金)福原廓の指切(文三)御神酒徳利(馬生)

1211
 番組:
冬の日影(桃太郎)三人旅尼の戯れ(枝雁)非念力景清(南枝)芦屋道満上の巻(歌之助)変化天神山
 下の巻(枝太郎)三越の大黒天(馬生)娯楽会披露(中入)大晦日浮れ懸取(文三)法庄参詣(松光)

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ