明治6年(1873

勾欄類雑集録

三月八日より清寿院芝居小屋前にて咄。  

芝居噺 七昇亭花龍・林家花笑・吾妻富士佐代・吾妻冨士鶴・七昇亭花山文

勾欄類雑集録

三月十四日より堀川金橋座咄興行。三月三十一日限。

林家正三・林家延笑・林家延玉

〈編者註〉早稲田大学演劇博物館所蔵安田文庫「近世・近代風俗史料貼込帖」(32055)に一枚刷のビラがある。表題は「昔はなし」、その下に「五条橋詰金橋座」とある。演者名は順に「林家正三林家延笑桂文馬林家正楽林家延蝶林家延玉」(正三・延笑・延玉が太字、正楽は中字、文馬・延蝶は細字)で、林家正三の上に「芝居はなし」、その他は「浮世はなし舌者」と書かれている。年代は記されていないが、右枠外に「来ル三月上旬ヨリ」とあり、同文献の前後関係からこの年のものではないかと推測される。

勾欄類雑集録

◇四月九日より桜町方等院にて盲人四人大々評判宜。

はうた、上るり、女夫引、カマヤ引、手事曲引、一筋引、つるの巣ごもり。

  中澤芦雪・桃原南枝・徳永里鳥・中呂十枝

  右同月二十七日より清寿院へ引越興行。

勾欄類雑集録

◇五月(編者註:堀川金橋座にて)盲人の曲引の者、浄るり語りを入、色々這入て興行。

勾欄類雑集録

◇六月二十二日より赤塚町山熊裏にて盲人曲引。

  中沢芦雪・桃原南枝・徳永里鳥[朝]・中呂十枝

 又七月一日より桜町方等院にて御いとま乞として三八入興行。

〈編者註〉徳永里朝が正しい。盲人で琴、三味線の名手。明治五年頃から寄席に出演し、曲引や「米山節」「縁かいな節」で売り出した。レコードも多く残している。

勾欄類雑集録

◇八月十二日夜より、広小路神明境内にて昔咄、芝居穴さがし。

林屋延笑一座

勾欄類雑集録

◇八月二十八日より、志水浅井にて

咄家 七昇亭花龍 吾妻路富士鶴・土佐鶴一座。

勾欄類雑集録

◇十月一日より、方等院にて芝居咄。

  林家延笑。

勾欄類雑集録

◇十二月二十一日より、志水浅井寄せにて又咄。

  七昇亭花竜・三昇亭梅花・富士松梅玉・吾妻路富士鶴

明治7年(1874

勾欄類見聞

◇二月九日より金橋座新工夫水からくり 吉田菊丸

  はやし入 林[桂]文治・都法蝶

〈編者註〉この文治は「旅文治」「尾道文治」と思われる(当ブログ・明治23121日付「香川新報」参照)

勾欄類見聞

◇二月十五日より志水八王子、手しな 養老滝三郎

  はなし 林家尾ト[登]丸・三昇亭梅花

勾欄類見聞

◇二月十八日より広小路神明にて

  大三味線 盲人 幾久ト一、はなし 都 

勾欄類見聞

◇三月四日より大須にて大坂新工風水からくり

  吉田菊丸・都佐蝶・吉田菊枝・豊嶋栄壽・六代目桂文治

明治742

<初代桂文枝死亡>

●初代桂文枝 本名桂文枝。文政二年生。明治になって名字を許されたとき芸名をそのまま本名とした。通称藤兵衛。四代目桂文治に入門して師匠の前名文枝を継いだ。厳密には二代目となるのだが、その足跡の大きさからこの文枝を初代とする。素噺にすぐれ、芸の力も人望もあり、四天王(文三、文都、文之助、文団治)をはじめ、後年名を上げた多くの噺家が文枝の門を叩いた。前座噺の「三十石」を現今のような大きな噺にしたこと、またこの「三十石」を質入れした話は有名である。近代の上方落語の礎を築いたのは初代文枝だといっていい。明治十四年、文三が二代目文枝を襲名する。

〈参考文献〉橋本礼一「上方噺家列伝」(『藝能懇話』二十一号・平成28年所収)/『古今東西落語家事典』(平凡社・平成8年)。

勾欄類見聞

◇四月六日より日置見性院にて、

源氏うかれふし 岡本花松、手踊 二代目叶福介、莨曲八人芸 都喜代松

勾欄類見聞

◇四月十八日より大須境内 安札壱銭五厘

女太夫義太夫 竹本梅吉、昔噺 桂扇馬・林家扇桂[枝]、人情はなし 東家弥七

古袖町勾欄記

◇五月一日より古袖町穴門筋小屋にて、博覧会に付、

芝居噺 立川立蔵、桂文馬、人情はなし 林家可笑

勾欄類見聞

◇七月一日夕より広小路神明にて

  三笑亭扇雀・養老滝之助・養老滝五郎・翁林亭桐玉

勾欄類見聞

◇七月十九日より大須にて声色のみ 大坂金瓶

〈編者註〉金瓶は当時大阪で有名な声色師。特に松島屋中村嘉七(四代目)を大の得意とした。

勾欄類見聞

◇八月廿七日より魚棚筋福亭にて金瓶一座声色 九月三日切。

勾欄類見聞

◇九月初より相生座はなし。

勾欄類見聞

◇十月六日夜より志水八王子前にて

落し咄八人芸 桂千馬、福助踊 都喜蝶

  咄中々上手 十一日夜より二○カ入。

勾欄類見聞

◇十月 日より本重町常瑞寺にて上うた盲人三曲

  小松景和・徳永里長[朝]

勾欄類見聞

◇十月九日より大須山門外北側清寿院芝居小屋前に新規南向に小屋出来有之。

昔噺興行 林家正楽・林家梅花・富士松鍵三・桂文馬・林家延笑

スケ 叶亭福助・林家荘[正]三

勾欄類見聞

◇十月十七日夜より相生座にて、

芝居噺・昔噺 富士松千代吉・同千代太夫・柳川市三郎・遊扇亭扇枝・都喜蝶

勾欄類見聞

◇十月廿六日より大須山門外咄跡にて又咄。

曲引 徳永里長[朝]、立川登舛・林家延楽・立川三木寅・林家正楽・立川三木造、はやし 朝風春平。月末迄。

〈編者註〉この三木造は二代目立川三玉斎(明治十三年没)の門人で、のち四代目三光から三代目三玉斎となった人物と思われる。詳細は当ブログ「もう一人の立川三玉斎」を参照。

勾欄類見聞

◇十二月五日より福亭にて、徳永里長・立川三木造

明治8年(1875

類雑反古

◇明冶8110日より、大須山門外北側清寿院芝居小屋前にて噺

  林家正三  桂梅調 桂梅枝改め桂文枝 スケ  立川三木造

〈編者註〉類雑反古に「九年前来りし梅枝改名口上。九年前の慶応元年の四月来りし時は、笑福亭梅枝と云ひし」と記入あり。この梅枝は仇名を「ガマ口の梅枝」といい、大口で売った噺家。明治八年の一枚摺りの見立番付「浪花名所昔噺連中見立」に「はぜ釣にあの賑しき木津川のつれをさそふて大キ口へでる 桂梅枝」とある。最初初代文枝の弟子で、桂梅枝。初代松鶴門に移り、笑福亭梅枝。再び桂梅枝から倭屋梅枝。明治八年一月から名古屋で一時「二代目文枝」を名乗り、更に月亭梅枝から晩年に二代目桂藤兵衛を名乗った。この文枝は名古屋で自ら短期間名乗っただけなので、文枝代々には含まれていない。

類雑反古

◇明冶81月□日より 堀川金橋座

  林家正三 二代目桂文枝

類雑反古

◇明冶82月□日より 西魚町福亭にて噺

林家正三 養老滝三郎 桂文枝

類雑反古

◇明冶8213日より、大須山門外北側にて噺

桂梅枡 林家正蔵 林家銀万 笑福亭梅鶴 養老滝三郎 スケ林家延吉  名古屋正三

類雑反古

◇明冶8222日より、大須山門外

林家正三 叶亭福助 桂文馬 桂延笑 桂文福 桂延玉 林家文枝

類雑反古

◇明冶8320日より、本重町玉屋町山側 北側四季ト申す

林家正三 叶亭福助 桂文馬 林家延丸 林家梅調 桂文福 林家延玉 桂文枝 

明冶8年名古屋

〈編者註〉上掲のビラは早稲田大学図書館蔵。ビラの林家延玉は二代目で、初代延玉が明治七年に死亡後、林家延笑が継いだと思われる。この人はほとんど名古屋で活躍し、明治十三年の番付「楳の都陽気賑ひ」には東前頭五枚目に「愛知 林家延玉」と出ている。因みに名古屋の正三は西前頭筆頭の位置にいる。

類雑反古

◇明冶8420日より、赤塚相生座にて噺

林家昇三 林家延玉 桂文馬 林家梅調 林家延丸 叶亭福助 林家正楽 桂文福 立川三木造 桂文枝 

類雑反古

◇明冶851 志水八王子

徳永里鳥 桂文馬 立川三木 立川三木造 林家□□ 

類雑反古

◇明冶8524日より、志水万歳亭

林家扇枝 岡本善九 岡本住□□ 立川三木 豊松兼吉 豊松兼□ 岡本美根松 岡本小美根 

類雑反古
◇明冶
8714日より、志水八王子万歳亭

林家扇枝 豊松兼吉 岡本美代松 岡本美根松 小美根改め□太夫 

類雑反古

◇明冶8814日より、志水八王子万歳亭にて昔噺

翁家さん吉・翁家さん馬

〈編者註〉五代目翁家さん馬(桂正吉)。「明治七年の春、京阪見物がてら東京を後にして静岡へ下り、浜松、岡崎を経て名古屋富本亭で三年間打ち、明治十年二月には京都に行き公演した」(『古今東西落語家事典』)。名古屋の資料では志水町(清水町)の万歳亭へ多く出演している。京都に滞在したのち、明治十三年四月に大阪へ行き、そのまま大阪の人となった。

類雑反古

◇明冶89月8日より、志水八王子万歳亭

桂柳枝(即席噺)・翁家さん吉・翁家さん馬(昔噺)

類雑反古

◇明冶8915日より、志水万歳亭にて噺

桂文福・林家正楽・林家梅調・林家正三

類雑反古

◇明冶8113日より、広小路

菊二・三代松・延丸・文字助・延玉

〈編者註〉桂文馬が大阪へ帰り、この年改めて桂文之助(後の曽呂利新左衛門)の弟子となって文字助と改名した。後の三代目桂藤兵衛。
類雑反古

◇明冶8118日より、大須定小屋

桂柳枝

類雑反古

◇明冶811月□日より 場所解読不明

半二(新内)・笑福亭小朝・桂柳枝(笑福亭松朝改め)

〈編者註〉『落語系図』の桂文之助(後の曽呂利新左衛門)門人に「柳枝 俗に眼鏡やと云ふ、初め初代松鶴門人松柳と云ふ」とある。前名が松柳か松朝か、他に資料なく確定できず。

類雑反古

◇明冶812月□日より 場所解読不明

林家正三・林文福・林家梅死・林家梅調

[参考文献]

勾欄類雑集録 小寺玉晁の自筆稿本で、文久四年から明治六年までの名古屋の芝居、落語、講談、見世物等を記録したもの。原本は早稲田大学図書館蔵で、未翻刻、未公開のため、名古屋の鶴舞中央図書館蔵の写本(明治四十三年に名古屋市史編纂係が謄写したもの)により掲出した。明らかに写し間違いと思われる箇所はその文字の後に[]で示した。なお、写本はインターネットで公開されている。

勾欄類見聞 小寺玉晁の自筆稿本で、明治七年の名古屋の芝居、落語、講談、見世物等を記録したもの。原本は早稲田大学図書館蔵で、未翻刻、未公開のため、名古屋の鶴舞中央図書館蔵の写本(明治四十三年に名古屋市史編纂係が謄写したもの)により掲出した。明らかに写し間違いと思われる箇所はその文字の後に[]で示した。なお、写本はインターネットで公開されている。

古袖町勾欄記 小寺玉晁の自筆稿本で、天保八年から明治七年の名古屋の芝居、落語、講談、見世物等を記録したもの。原本は早稲田大学図書館蔵で、未翻刻、未公開のため、名古屋の鶴舞中央図書館蔵の写本(明治四十三年に名古屋市史編纂係が謄写したもの)により掲出した。なお、写本はインターネットで公開されている。

乙亥勾棟愛知県下類雑反古(いつがいこうとう・あいちけんか・るいざつほご) 小寺玉晁の自筆稿本で、明治八年の名古屋の芝居、落語、講談、見世物等を記録したものである。原本は名古屋蓮左図書館蔵。しかし極めて不鮮明、かつ難読のため、今回は、解読不明の箇所は、「解読不明」或いは、□□をつけ、伏せ字とした。今後、解読できれば、修正を加えていく。

ああ 001



【参考資料】

浄瑠璃 役者 女太夫 二〇カ 昔噺 三国人気の壽 初編 明治八亥歳一月改版 

昔噺連名次第不同

【上段】┃松鶴 新七 慶枝 菊丸 三木蔵 鶴助 三木 喜楽 菊助 正造 吾鶴 文好 九鳥 松橋 福松 常丸 扇太郎┃立川三玉斎┃藤兵衛 鯛助 梅丸 文之助 文都 文三 文若 文団治 梅枝 文里 文昇 正楽 柳枝 文我 正団治 鶴之助 三枝

【下段】小正三 福丸 文鶴 小菊丸 玉助 登升 里光 呑楽 茶釜 菊柳 鶴亀 栄玉 松雀 鶴次 正調┃三朝┃林正三┃文七 文福 文扇 文紅 文柳 文吾 文力 文丸 文勝 文平 文竹 小三枝 里鶴 梅々 文友┃あゐ玉 さん馬┃


連名次第不同
 浪花名所昔噺連中見立 明治八歳亥七月改

立川三玉斎、松月堂梅丸、林家染丸、翁家さん馬、林正三、桂文都、林正蔵、桂文若、笑行亭喜楽、入船扇太郎、笑福亭松鶴、桂藤兵衛、桂文之助、笑福亭福松、桂鰕玉、笑福亭九鶴、立川三朝、林正団治、桂梅枝、笑福亭小三馬、桂文玉、翁亭しん馬、桂文我、桂文団治、林小正三、桂文三、桂柳枝、林正楽、林家福丸、笑福亭松右衛門、立川三木蔵、笑福亭松橋、笑福亭吾鶴、桂文昇、笑福亭福我、笑福亭蝶鶴、立川三馬、桂萬鶴、桂鯛輔、立川登桝、笑福亭常丸、林家小菊丸、林家花丸、林家呑楽、桂小文治、立川三枝、桂文福、林家菊丸、立川一光、立川三木助、桂梅柳、桂文七、文福亭茶釜、林正我、桂文柳、桂文扇、桂鶴亀、三笑亭あい玉、桂文吾、三笑亭あい之助、笑福亭寿鶴、桂鶴助、全亭武正、桂小鯛、桂文丸、林鶴之助、笑福亭小三四、鶴賀八蝶、鶴賀馬蝶、柳川夢丸、養老瀧翁斎、林正助・林正八(各噺家の前に狂歌が付く。狂歌省略)

(以下狂歌なし)林家菊若、笑福亭松若、笑福亭松光、桂鶴治、桂米三、桂都作、桂米治、笑福亭釘松、桂小文丸、林正二、立川三木丸、笑福亭松木、桂梅々、立川三木松、林正舎、林家房丸、桂米蝶、笑福亭吾玉、桂文平/桂文力、林正調、桂小文の、桂栄玉、桂文橋、桂米枝、林正之助、桂鶴子、笑福亭松寿、林延楽、桂鷺助/桂文子、林家口新、笑福亭里松、桂扇之助、笑福亭だら助、桂小栄、桂小文/桂鶴助作/筆者林正蔵 


音曲
劇場 繁栄賑人気評判 連名次第不同 明治八歳亥十一月新版 

むかしはなし連中

┃小文の 文子 扇の助 だら助 小栄 小文┃正三┃松鶴 藤兵衛 染丸 鯛助 梅丸 三木造 菊丸 文都 鶴助 文若 文団治 喜楽 梅枝 正造 吾鶴 文昇 正楽 柳枝 松橋 文我 福松 正団治 常丸 鶴之助 扇太郎 三枝 小文作 文七 文玉 文福 文鶴 文扇 文紅 文丸 文吾 文柳┃小正三 三木助 小菊丸 福丸 呑楽 茶釜 鶴亀 福我 武正 登柳 花丸 小鯛 小三四 三朝┃文の助┃文三┃鰕玉┃あい玉┃三玉斎 さん馬┃ 


浄瑠璃
三味人形 役者 二〇カ 昔噺 三国人気の大寄 初編 明治九子歳一月改版 

昔噺連名次第不同

【上段】┃松鶴 染丸 菊丸 三木蔵 鶴助 菊助 松橋 正蔵 三木 福松 吾鶴 常丸 松右衛門 文玉 白鶴 喜楽┃三玉斎 正三 五竹 さん馬┃藤兵衛 鯛助 梅丸 文之助 文都 文三 文団次 文若 梅枝 文里 文昇 正楽 文我 正団治 柳枝 三枝┃

【下段】九鶴 小正三 正助 正八 福我 小菊丸 福丸 登介 三木助 小三四 鶴亀 寿朝 正二 都雀 菊若 吾玉 鷺助 呑楽 三木丸 菊玉 鶴子 正調 都作┃海老玉┃文七 文福 文扇 梅柳 文丸 正我 文吾 文柳 一光 文平 四角 文紅 蝶鶴 鶴治 米三 三木松 松若 正舎┃(東京連)金龍 志ん馬 武正 扇太郎 あゐ玉┃三朝┃

〈編者註〉「三国人気の壽」は個人蔵、「浪花名所昔噺連中見立」は『藝能懇話』三号(平成二年)所収、「繁栄賑人気評判」「三国人気の大寄」は『三世竹本越路太夫 寄贈目録』(平成八年)所収。