2014年7月7日(月)〜10日(木)にウィスコンシン大学マディソン校でC. elegans Neuro Meetingが開催されました。当研究室からは石原、寺本、久下、北園の4名が参加しました。





IMG_0619
ここが今回の学会場のメモリアルユニオンです。
日本の大学と違い、アメリカの大学は街と一体化しているので、宿舎から学会場へ移動しながらに、マディソンの街を堪能できます。





IMG_0564
IMG_0617
IMG_0621
IMG_0622
マディソンの情緒あふれる町並みが広がります。





IMG_0601
IMG_0613
学会場のすぐ裏は湖になっており、学生たちが日光浴をしながら読書をしたり、ボートを出して遊んだりしています。学会の休憩時間に湖を眺めに行くと、なかなかよい息抜きになります。



DSCN2848
湖をバックに記念写真を撮る当研究室の久下さん(左)と東大の飯野研の酒井さん(右)





IMG_0541
IMG_0559
こちらが口頭発表の会場のShanonn Hallです。
撮影禁止なので、残念ながら写真には収められませんでしたが、初日に当研究室の寺本さんが口頭発表を行いました。





IMG_0662
そして、こちらがポスター会場のGreat Hallです。
口頭発表が終わり、夕食を済ませてからは、このホールでポスター発表です。



IMG_0625
当研究室からは久下さんと



IMG_0636
北園君がポスター発表を行いました。



IMG_0691
IMG_0690
IMG_0671
最終日の夜はパーティが開かれます。
今回は東大の飯野研と名大の森研のメンバーと参加しました。





線虫の神経系の研究が今、どこまで進んできているのかを肌で感じることができ、今学会も有意義なものとなりました。次回のC. elegans Meetingは奈良で開催されるとのことで、今から楽しみですね。







IMG_0720
マディソン空港にて飛行機を待つ一行。
「飛行機まだかな〜」