九州大学分子遺伝学研究室ブログ

九州大学分子遺伝学研究室のブログです。 研究室の様子や行事などを紹介していきます!

2016年06月

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
月曜更新の予定でしたが、うっかり忘れて遅れてしまいました。申し訳ございません。
北園編集長が出張から帰ってくる前に更新したい一心で 現在、この記事を書いております。

さて、本題。
6月13日、14日の2日間にわたって数理デザイン道場が静岡県の三島で開催され、当研究室から石原先生、勝目君、大江の3名が参加しました。

 続きを読む

当ブログをご覧の皆様、おはようございます、こんにちは、こんばんは。


6月になり、いよいよ夏の気配が近づいてきました。今月はメンバーがちらほらと研究会に参加する予定になっており、研究室も少し忙しい空気が漂っています。さて、今日6月13日はベルギーの細菌学者、ジュール・ボルデ(1870-1961)の誕生日です。ボルデは補体結合反応や百日咳菌を発見したことで有名で、これらの研究により1919年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

百日咳はワクチンの普及とともに発生数が激減しているものの、いまだに世界各国で多くの流行が発生している病気です。ということは、科学者たちはこの病気と100年以上、戦い続けているということになるわけです。そう考えると、我々、科学者は人類のために、先輩たちからのバトンを引き継ぎ、少しでも研究の歩を前に進め、後進に託していく責務があるのだと、思いを馳せてしまいます。


さて、今週は線虫の保管についての、ちょっとしたお話です。続きを読む

当研究室の藤原学助教、石原健教授らの研究成果が、2016年6月2日(木)に国際科学誌「Current Biology」のオンライン版にて発表されました。当研究室のホームページにて、プレスリリースの内容を紹介しておりますので、ぜひ御覧ください。


当研究室ホームページ内の紹介ページ

『Current Biology』誌の当論文のページ

↑このページのトップヘ