厳しい暑さが続いておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。先週の水曜日には当大学院のシステム生命科学府の入学試験が行われ、試験を終えた学部4年生たちが研究に復帰し始めました。お盆まで、もう一頑張りといったところですね。


さて、今回は前回に引き続き、7月27日(水)〜30日(土)に、名古屋大学豊田講堂で開催された「C. elegans Topic Meeting: NEURONAL DEVELOPMENT, SYNAPTIC FUNCTION & BEHAVIOR」の報告です。

前回:CeNeuro2016(1)





IMG_2442
IMG_2444
2日目は朝から本会議講演が行われましたが、この午前中の講演のラストを久下さんが担当しました。技術寄りのセッションで、かなり踏み込んだ議論が行われ、濃厚な時間を過ごすことができました。





IMG_0324
お昼は配布されたお弁当を持って、各自、好きな場所でランチタイム!
豊田講堂の前が広場のようになっているので、ここで並んで、昼食をとりました。幸運なことに、学会期間中は暑さがそれほど厳しくなかったので、さながら遠足気分のお昼休みをとることができました。





IMG_0322
IMG_0323
2日目の夕方のポスターセッションでは、新井さんと日野君が発表を行いました。発表時間が1時間半とたっぷりとってあるセッションでしたが、時間中、2人とも比較的盛況で、多くの人とディスカッションが弾んだようです。





IMG_2469
20時半に学会を終え、名古屋城を見に行くことになった面々。・・・なのですが、みんな揃って、スマホを覗き込んで、どうしたんですか?





IMG_2465
IMG_2467
あ〜、ポケモンがいるのね。
名古屋城に向かいながら、ポケモンゲットの旅に勤しむメンバーたち。ちゃんと、前見て歩くのよ〜!
というところで、次回に続きます。次回がCeNeuro2016回は最終回ですよ。
(写真)ジャミン・ティオ、北園智弘
(文)北園智弘