ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
お盆休み、皆さんはどのように過ごされましたか?ゆっくり休めましたか?
大きな休みが終わってしまったので、これからは研究や勉強やサークルやバイトなど、切り替えて頑張っていきたいですね。






さて遅れてしまいましたが、今回は8月6日に行われました、オープンキャンパスの様子についてお伝えします。
以前より、高校生たちが大学の見学をしにちらほら来ているのですが、この日は大々的に大学、学部学科、および研究室などなどの紹介が行われ、毎年様々な所から九州大学へ高校生たちが沢山集まります。


そして内容に入る前に、1つ言っておかなければならないことがあります。


それは…





オープンキャンパスの写真、撮るの忘れていました。 


…やってしまいました。初めてのスタッフでバタバタしていて、心の余裕を無くしていました。



しかし、写真を撮って回っている大学の職員さんがおり、その方にお願いして写真を譲っていただきました。本当にありがとうございました。



今回、午前中に学科全体の説明会と研究室の紹介がありました。
研究室の紹介では和田が話をさせていただきました。

DSC05567

大勢の前での発表だったので、高校生たちがどんな風に聴いているか緊張してよくわかりませんでしたが、なんとか滞り無く話すことができました。

写真で来ているのが今年のオープンキャンパスTシャツで、デザインは去年よりも良いとのこと。
立派な部屋着になってくれることでしょう。




そして午後からは研究室見学でした。
まず石原先生から研究紹介があり、

DSC_4075


その後は研究室の中を見学してもらいました。
写真は無いですが、去年のオープンキャンパスとやってもらったことはほぼ同じなので、どんなことをやっているか気になった方は去年のオープンキャンパスの様子(2016オープンキャンパス)をご覧ください。


こうして、なんとか無事にオープンキャンパスを終えることが出来ました。
写真だけだと研究室に来てくれた人が少なく見えるかもしれませんが、高校生や保護者の方含め約30人ほどに来ていただきました。ありがとうございました。

午前の研究室紹介では、高校生に対して、限られた時間でどのように説明すると分かってもらえるか色々と試行錯誤を行いました。
その結果ということでもないとは思いますが、決して少なくない人数の人たちが研究室に来てもらい、嬉しくなりました。
研究室を見学したことで、高校生たちに「この研究室に来たい」と思ってもらえてたらいいのですが。

それでは。

文:和田