色々と行事がありバタバタと過ごしていた4月も終わり5月になりました。今日はGWの中日ということで皆学校に来ていたのですが、あいにくの雨もあってか学校全体の雰囲気がどんよりしているように感じられました。明日からはまた連休になりますがただ楽しく過ごすだけでなく、やることはしっかりやっていこうと思います。



GWということで今週は記事になることがないため、学部卒業のお祝いで藤原先生から頂いたシイタケ栽培キットで育てたシイタケの成長過程を書いていこうと思います。個人的な出来事になり申し訳ありませんが、暇つぶしがてら読んでいただけたら幸いです。
(http://blog.livedoor.jp/bunshiidenkyushu/archives/75513090.html →シイタケをもらった時の記事です)

image1image2
箱を開封したときの様子
ビニールにくるまれた状態の菌床とそれを育てるためのケースのようなものが入っていました。育て方は1日1回霧吹きで水をやるだけです。

それではこれから1日ごとのシイタケの成長を追っていきましょう!
image3image4
1,2日目の様子
ここまでは開封したときからあまり変化がありませんでした。すぐに生えてくると説明書に書いてあったので少し不安でした。

image5image6image7
4~6日目までの様子
この3日間は帰省していたため、背景が少し変化しています。このシイタケを抱えて新幹線に乗ったので、行きも帰りも横に座った人から話しかけられました。見ず知らずの方と話すことが出来て面白かったです!シイタケはというと、温度や湿度などの環境が変わったからか、急ににょきにょきと生えてきました。売られているシイタケのイメージしかなかったので、傘より軸のほうが太い段階があることに驚きました。


image8image9
7,8日目の様子
6日目から7日目で大きく形状が変化してよく知っているシイタケの形に育ちました。8日目には傘が開いてしまっている個体も現れたので急いで収穫しました。数えてはいませんが、100個は超えていたと思います。

収穫したシイタケは友達と鍋に入れて食べたり、乾燥させてみたり色々としましたがほとんど写真に収めていなかったのでフォルダに残っていた2枚だけあげようと思います。
image10image11
1枚目は鉄板の味噌汁です。おいしかったです。2枚目は藤原先生から頂いたもう1つのお祝いの品である生ハムとシイタケをどうしてもコラボさせたくて、シイタケに生ハムと大葉を乗せてトースターで焼いた後に醤油をかけて食べました。正直微妙でした、、、口の中で見事に別々の味が主張してきました。また機会があれば、生ハム×シイタケで次こそはおいしい料理を作ろうと思います!


ちなみにこのキットでは1度収穫した後もう1度シイタケが生えるということで、2周目もたくさんシイタケを収穫することが出来ました。栽培して成長を見ることも楽しかったですし、それをどう料理して食べるのか考える時間も本当に楽しかったです!!藤原先生、ありがとうございました!!!!!


それでは皆さま、体調に気を付けて有意義なGWをお過ごしください。


写真・文章 串田