2007年11月11日

東京モーターショー2007

東京モーターショー2007で撮った写真をもうちょっと載せちゃいます。

GT-R1

 

GT-R斜め前から。

 

 

GT-R2

後ろから、やっぱスカイラインは丸いテイルランプですよ。

でもこのGT-Rはスカイラインの名が外れて「日産GT-R」らしい。

 

civic

シビックのレースカー。

 

 

 

ルノー

ルノーチームF1カー。

 

 

 

jeep

jeep。

いつかはRV車にも乗りたい。

 

 

volvo

ボルボ。だったけな?

 

 

 

imp

インプレッサ。

 

 

 

rin

トヨタのRiN。

コンセプトは・・・なんだっけ?

 

 

バイク

バイクは少なかったな。

その代わり、トラックとか商業者がたくさんありました。

 

 

お姉さんたちが少なくて残念でした。

東京モーターショーは楽しいよ。

でももう今日で終わりか。



2007年03月14日

9日目 3月5日(月)

最終日です。

せっかく京都に泊まったので清水寺に寄ってきました。

清水寺

清水の舞台です。

観光地の王道だけあってやっぱりいいですね。

王道すぎて外国人多すぎですけど。

 

音羽の滝

音羽の滝です。

外国人が水をひしゃくで飲んで「うんうん」てやってましてけど、なんかそれ違くねえか。

 

 

僕はこういう古き良き日本の風景ってのが結構好きなんですよね。京都は何度でも行きたです。

帰り道に、これまたイレギュラーで安土城跡に寄ってきました。ここは民有地らしくてあんまり管理されてないんで、そんなに大きな観光スポットになってないみたいでした。確かに城もないし高松城跡みたいに公園になってるわけでもないですし。

ただ熱い歴史を持つ場所なんで僕的にはもっともっと日の目を見て欲しいんですけどね。凄くもったいない気がします。

安土城跡信長屋敷

だってこれ信長の屋敷跡ですよ。

その他にも下のほうには、羽柴秀吉の屋敷や前田利家の屋敷もあったみたいですからね。

相当熱い場所ですよ。

 

安土城天主跡

これが天主跡みたいです。ここは天守ではなく天主なんですね。よく知らないけど。

この時点でかなり山の上で結構狭かったんですけど、ここに地上6階の天守閣があったらしいです。

6階っていったら姫路城も6階だったと思ったけど。

安土城跡から琵琶湖

これが天主から見下ろす風景です。奥に琵琶湖が見えるんですが、昔はこの城の淵まで湖がきてたみたいですね。

 

 

 

築城からたったの3年後、本能寺の変の後に焼け落ちてしまったみたいなんですが、ここに建っている城を見たかったですね。

何にも無かったんですが、結構色々感じるものがあった場所でした。

ということで9日間に及んだ旅もこれで終了です。

超ベタな観光スポット中心でしたが、大自然の産物や歴史的建物などいろんなものが見れて良い思い出になりました。日本にも色々なものがあるんですね。日本人なのに、清水寺に来ているような外国人に負けてはいられません。

今後は是非日本三景の残りの2つにも行ってみたいです。

それからいつかは外国も観光したいですね。

最後に、僕は提灯を集めるのが趣味なんで今回買ってきたものを紹介してしめようと思います。必ず買ってくるわけじゃなくて結構気まぐれで買ってくるんですけどね。映画のパンフレットみたいなもんですね。

土産

左から、名古屋城、鳴門、金比羅、道後温泉、宮島、秋芳洞、下関、鳥取砂丘、姫路城です。

ちょっと買いすぎだな。



2007年03月13日

8日目 3月4日(日)

8日目。

まず姫路城へ。ここもこの旅の最大の目的地の一つです。

姫路城1

やっぱり有名なだけありますね。大きいし、きれいだし。

姫路城2

表現が難しいですが城の?石垣の?輪郭が90度じゃないっていうか、いろんな角度があって芸術的なんですよね。

 

 

姫路城下

姫路城下です。かなり高いです。

姫路城しゃちほこ

姫路城下&しゃちほこです。

 

 

 

 

いろんな時代があるものです。

この後マリンピア神戸と言う西日本最大級のアウトレットに行ってみました。

混んでたしメモリが結構いっぱいだったので写真は取りませんでしたが、高画質壁紙写真集無料壁紙さんの写真をお借りして景色を紹介しようと思います。

マリンピア神戸

僕が行ったのは昼ですが、夜もきれいなんですね。

奥が明石海峡大橋で手前がヨットハーバーです。右の建物が店の一部ですね。とても景色の良い場所です。

 

男一人で混雑の中買い物するのも難なんで、そそくさと出てきまして、この旅の最終宿泊地の京都へ向かいました。



2007年03月12日

7日目 3月3日(土)

7日目。この日はひな祭りだったんですね。

瀬戸内海から一気に日本海へ。鳥取砂丘に行きました。

鳥取砂丘1

ず〜っと砂漠が広がってるんだと思いましたけど、僕が思っていたよりは小さかったです。

鳥取砂丘2

正面の丘に登ると、物凄い風に吹かれます。

砂丘の原因なんでしょうね。

 

日本にも色んな自然があるもんです。

鳥取砂丘らくだ

帰る間際にらくだを発見しました。

 

 

 

 

それから近くの浦富海岸というところに行ってみました。

浦富海岸

もっと凄くいいスポットがあるハズなんですが、何故か通行止めだったため行けなかった。

残念。

 

 

また日本海から瀬戸内海までトンボ帰りしまして、姫路に泊まりました。

 



2007年03月11日

6日目 3月2日(金)

6日目。この日からいよいよ帰路になります。

でも帰る前にせっかくだから北九州にも足を踏み入れてきました。関門トンネルというので100円で行けます。普通車は150円か。

この辺は明治から大正にかけて栄えた貿易港らしく、外国文化が混じった建物が多くあります。

北九州駅

これは駅ですね。門司港駅。

 

 

 

北九州2

これは北九州市立国際友好記念図書館らしいです。

 

 

 

北九州1

レトロできれいな街ですね。

 

 

 

 

ここから一気に倉敷まで帰ります。さすがに広島の手前から高速を使いました。

倉敷のホテルにチェックインし、ホテルの貸しチャリで街を散策です。

倉敷美観地区

倉敷美観地区というのがありまして、ここは日本の昔の町並みがあります。

風情があります。もっと暖かい時期だったら川沿いの木にも緑があってきれいだったことでしょう。

 

大原美術館

こちらが美観地区内にある大原美術館です。

もう閉まってましたから入れませんでした。

 

 

 

 



2007年03月10日

5日目 3月1日(木)

5日目です。

この日は広島から山口へ。高速代はケチって下道で。

秋芳洞1

この旅の目的地の1つである秋芳洞・秋吉台へ。

ここは秋芳洞の入り口です。

岩の隙間から中へ入って行きます。

秋芳洞2

洞窟内は川になっています。

洞窟の手前にはニジマスが。

 

中は暗いので写真は取れなかったんですが、それはそれは雄大な自然の産物がありました。ディズニーでこういうところを船で進んでいくアトラクションがありましたけど、そんな感じ。自然にあんなものができるとは思えない。自然て凄いね。

洞窟は秋芳洞を含め近くに3つあって(大正洞、景清洞)、時間があったので大正洞にも行ってみたんですけど、やっぱり秋芳洞が一番凄いんですかね。

これは凄かった。

秋吉台1

それから上の秋吉台へ。

秋吉台2

カルスト台地です。

 

 

 

僕が行った時は野焼きの後だったので、真っ黒です。不思議な光景です。

この日は下関に泊まりました。

下関

下関から北九州を見てます。関門橋という山口と九州を結ぶ橋が見えます。

左の陸地は九州です。

泳いで行けそう。

 

下関タワー

なんかタワーがありました。

ち○こタワー。

 

 

 

 

 

せっかくなんでフグ刺しがちょこっとついた刺身コースを食べました。



2007年03月09日

4日目 2月28日(水)

4日目。

前日道後温泉本館に行けなかったので朝一で行ってみることに。

道後温泉

これが本館の入り口です。なかなか雰囲気のある建物ですよね。

 

 

風呂の大きさも小さいし、お湯にインパクトがあるわけでもないのに何で有名なんだろうと思ったら、歴史が凄いんですね。大和朝廷と関係が深いって・・・夏目漱石とか有名な人のゆかりの地でもありますしね。

ホテルをチェックアウトし、近くにある松山城へ。

松山城

いい天気ですね。

ここまで来るのにはちょっとした山登りが必要。リフトもありますけどね。

松山城下

松山城下です。

いい眺めです。

 

 

昔国宝だったのかな?そんなことが書いてあった気がする。

そう言えばここでヒール&黒いロングコートを身に付けた若い一人旅の女性を発見。ああいう人もくるんですね。僕も一人旅ですが、一人旅にも色んな人がいるもんだ。まあ今ブームの温泉が近くにあるからかもしれませんけど。

ちなみに一人旅の男は、土産屋でおもしろいものを見つけると決まって不敵な笑みを浮かべます。にやけ顔ですね。僕もそうだったのかしら。

さあ、ここで四国とはお別れです。まだ高知には足を踏み入れてないんですけど、見所はたくさんありました。四国はいいとこだ。また行きたい。

で、愛媛から広島へ行くためにいくつかの島を渡って行きます。その中の一つ生口島というところの耕三寺という寺に寄ってみました。

耕三寺1

 

耕三寺2

結構立派でしょ。

いたるところに仏像が。

 

 

この他にも洞窟やら書院みたいなとこやら見た目は物凄くきれいなとこばかり。昭和に色んなところのいいものを参考にして、それを寄せ集めて建てたみたいですからね。

しかもこれが母の追悼のために建てたっていうんですから凄い。人間てなんなんだろうなと思ってしまいます。

耕三寺オオサンショウウオ

そして何故かこの寺にオオサンショウウオが。

隠れてて出てきませんでした。

 

 

耕三寺桜

なんて種類かわかんないですが、桜の一種が咲いてました。

春ですねぇ。

駐車場の近くには柑橘類の直売所みたいなのが多いし、なんかいいとだな。

入場料は高かったんですが、結構見ごたえがあるところでした。

本当は広島に着いてから尾道というところを観光したかったんですが時間がないからスルーして、この旅の目的の1つである宮島へ。

厳島神社1

厳島神社までやってきました。

厳島神社2

天気も良くてきれいです。

 

 

 

 

 

厳島神社3

鮮やかです。

厳島神社4

厳かです。

 

 

 

素晴らしいです。

厳島神社5

帰る頃にはちょっと海水がついてきましたけど、建物のほうまでどっぷりつかったところもみたかったです。

 

 

さすがに宮島は日本三景の一つだけあります。

この後広島駅の方まで戻り原爆ドームに行きました。

原爆ドーム

これが原爆ドーム

・・・のはずです。

 

 

 

 

 

この辺は順調に観光できました。



2007年03月08日

3日目 2月27日(火)

3日目。

せっかく淡路島にきたものの前日はどこも寄らずスルーだったので、朝早く起きて淡路島に向かいました。灘黒岩水仙郷というところに行ってきました。

早く着きすぎたんですが、おっちゃんが入れ入れと言って入れてくれた。いいおっちゃんだ。

で、水仙の見ごろは2月下旬か3月上旬くらいまでだったと思うんですが、今年は物凄い暖冬だったじゃないですか。その影響か知らないけど春一番が吹き荒れて花が散っちゃったらしいんですよ。だから無料で開放してました。「悪い花を見せて金は取れない」ってことなんでしょうか。プロですねぇ。

水仙郷1

こんな丘を登っていきます。緑の中にちょっと黄色が見えるのが全部水仙です。

水仙郷2上まで登ると反対側は海です。

 

 

水仙郷3

確かに散ってはいるんですが、咲いてるのもあります。

なんか雰囲気がいいところで、実家とあんまり変わらないんですが、非常に癒されました。

とてもメルヘンチックです。

 

爽やかな気分のまま鳴門の渦潮を見に行きました。

大鳴門大橋の下が「渦の道」と呼ばれる施設になっていてそこから渦潮が見れるんです。

渦潮

これが有名な僕のガニ股です。

・・・じゃなかった渦潮です。橋の上から海峡を覗くわけです。

東京タワーの展望台と一緒ですね。

天気図みたい。

 

 

ずっと見てしまいますね。やっぱり本当に見たいと思ったら船に乗らなきゃダメですかね。それと今回はちょっと時期が早すぎましたね。

ここまでで徳島を後にし、次は香川県です。

玉藻公園1

ここは玉藻公園というところです。

高松城跡みたいです。

玉藻公園2

きれいな庭園があります。

もう色んな花が咲いてます。

 

 

だけどこの辺から花粉症が酷くなってきました。

ここは工事してたからか、本で見たような場所は見れませんでした。

ちなみにこの辺でうどんを食べました。讃岐うどんですよね。うなぎ丼(ちっちゃいうなぎが1切れ)がついて500円ポッキリ。安いですね。うちの学校の近くに店出したら、きっと大繁盛間違いなしですね。

海峡を越える橋以外は全部下道で移動してる割には、結構時間があったので急遽「こんぴらさん」と呼ばれる神社に行ってみることに。

この選択が成功だった。

金比羅1

金比羅はこのような階段をひたすら700段強登り、御本宮まで行くんです。その間には鳥居や門や結構大きな建物があって見ごたえがあります。

春だったら桜。秋だったら紅葉がきれいでしょうね。

 

 

 

金比羅2

さらに御本宮から500段強登ると、奥社というところにいけます。

これが奥社。

ただ、御本宮から奥社への道は突然険しくなってめちゃくちゃきついです。

御本宮やその前にある建物のほうが大きくて見ごたえがあるし、観光だったら御本宮までのほうがいいかもしれません。

写真は帰りに撮ってこようと思ったんですが、ちょっと違う道を降りたらシャッターチャンスを逃してしまいました。

金比羅はこの旅のマイ四大観光スポットの一つですね。

この後は愛媛県松山へ。日本最古の温泉、道後温泉の近くに泊まりました。



2007年03月07日

2日目 2月26日(月)

2日目のこの日は宝塚歌劇団の演劇を見ました。

宝塚

宝塚市街の風景です。爽やかですね。

左に見える建物が宝塚の劇場です。

宝塚はおあばちゃんで溢れてる。

 

おばちゃんたちが入り口で物凄い行列を作っていたんですが、出待ちみたいなもんだったのかな。

宝塚歌劇団って人気なんですね。

整備されていてキレイな街です。

手塚治虫

宝塚の劇場の向かいくらいに、手塚治虫記念館?という建物があります。

奥のドームみたいなやつですね。

暇だったので見物しようと思ったんですが、なんか閉まってた。

残念。

 

 

で、そのかわりの暇つぶしに本屋で立ち読み。

旅行雑誌で近くに六甲山があることを知る。

六甲山

と言うことで、公演が終わってから六甲山へ行ってみた。

かすんでて良く見えませんが、神戸の街や明石海峡?、港、橋などが見え爽快な景色です。

 

街を見下ろすループ橋もあるようでしたがたどり着けなかった。

それからいざ淡路島へ。

明石海峡大橋

明石海峡大橋を渡ります。

橋のつなぎ目の隙間が大きくて怖いです。

淡路島SA

 

 

 

 

右が淡路島についてすぐのサービスエリアです。淡路島は花というイメージがあったんですが、早速花が咲いてますね。ちなみに奥の橋が明石海峡大橋です。

施設を回るには時間が遅すぎるため、ここで高速を降りひたすら淡路島を縦断しました。

大鳴門橋を渡り徳島へ。吉野川の近くの宿に泊まりました。

阿波踊り記念館みたいなのが近くにありましたが寄らず終いでした。



2007年03月06日

1日目 2月25日(日)

出発の日です。

 

熱田神宮まずは熱田神宮。

思ったより大きくなかったかな。

旅の成功を祈願です。

 

名古屋城

そして名古屋城。

行ったことありそうでない場所でした。

有名な金のしゃちほこを拝んできました。

 

 

 

 

旅行初日のせいか要領がつかめず、この名古屋で迷いかなりのタイムロス。

平等院にも行こうと思ってましたが、京都でも迷い結局この日の観光は名古屋だけ。

この後シビアな大阪の街の運転+ホテル探しで相当まいりました。

中々うまいこといかないもんだ。

 



2006年08月23日

屋久島旅行

屋久島に行ってきました。

屋久島到着

鹿児島の記録的大雨で大変でしたが、なんとか初日中に屋久島にたどり着くことができました。

 

 

 

2日目はいざ縄文杉へ。毎日島のどこかで雨が降っていると言う屋久島ですが、雨全く降らず。前日は鹿児島本島で大雨にあったのに。行いが良いのか悪いのか・・

登山口

登山口です。いざ出発!

トロッコ軌道

荷物運び用のトロッコの線路に沿って歩いて行きます。

これがひたすら3時間くらい・・

 

 

 

 

山入り口

ここがトロッコ軌道の終点。

ここから本格的な山道です。

山道は階段などがよく整備されていました。

 

 

 

 

縄文杉以外にもいろんな杉がありました。

大王杉と言う縄文杉が見つかるまで最も大きいとされていた杉や、三代杉と言う同じ場所に三代覆いかぶさるようにできている杉、ウィルソン株という中に入ることができる切り株など様々です。

メデューサ

これは確かメデューサと言う杉だったと思います。

枝が物凄い生え方してるでしょ。

 

 

縄文杉

そしてこれがうわさの縄文杉です。

たしかにでかい。

一本でここまで大きいやつはないし、とてもキレイに生えています。

これを見たらかなり達成感あります。

 

 

屋久鹿

カエル

屋久鹿とカエル。他にもサルや蛇、トカゲなども大量発生!

本当に自然が豊かなところです。

 

もののけの森

これが映画もののけ姫のモデルとなったもののけの森です。

写真だとイマイチですが、実際に行くと確かにこの場所だけ違います。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡です。

パンフレットとかに載ってるのは別の場所かな。

場所によっては水遊びできそうなところもありました。

 

 

 

 

過密日程だったけど無事消化。素晴らしい!

 

本当はここでウズラ君も写真におさめておきたかった。

通称ウズラ君。一人旅をしにきた頭が多少うっすら気味の男性です。風呂でウズラ君と一緒になると話しが長くなりなかなかあがれないので要注意です。

 

3日目はレンタカーを借りて島観光。

海

前日は山の大自然でしたが、海もこんなにキレイ。

ここはウミガメの産卵が見れる砂浜です。

海水浴もキャンプもできるホントいいとこです。

 

灯台

灯台から見た景色。

屋久島は最高で2000m近い標高があります。そのため小さい島でありながらいくつもの気候が味わえます。亜熱帯から山岳地域の動植物が生きています。

海と山はまさに屋久島の象徴。

 

 

大川の滝

大川の滝(おおこの滝)。

日本の滝100選に選ばれています。滝つぼのところに人が2人くらい映ってますけど、本当に滝の近くまで行けるしかなりの大迫力です。

車で近くまで行けるし、ここはお手軽でおすすめスポットなんじゃないでしょうか。

また千尋の滝(せんぴろ)と言うところもありましたが時間がなくて行けなかった。残念。

 

フルーツガーデン

フルーツガーデンと言うところ。

ガイドさんが屋久島の植物を紹介してくれて、最後にドラゴンフルーツとか色んな珍しいフルーツを食べさせてくれます。

 

その後海水浴して日程終了です。

フェリー

と言うことで3泊4日の旅も終わってしまい、フェリーで夢の島から送還されてしまいました。

他にもダイビングとかウミガメ見たりとかやりたいことはたくさんありますのでできればまた行きたいものです。

10万くらいのお金と1週間くらいの休みがほしいものです。

良い思いででした。



2006年07月31日

北海道旅行

今は真夏ですが、冬の北海道です。

初めて飛行機に乗りました。

飛行機雲の上

言うまでもないですが、雲の上はいつでも晴天。

いい眺めです。

 

 

女満別空港

女満別空港。

ツアーのバスが来るまで、あまりに暇すぎて空港のロビーのイスを3つくらい占領して横になって寝てました。

 

起きたら目の前に顔を20センチくらいに近づけてコソコソ話しているカップルが。

30代くらいの男なんですが、皇太子にめっちゃ似てる。こんな気色悪いカップルが同じツアーにいたら参っちゃうよと思っていたら、しっかり同じバスに乗って行きました。

しかもよく見ると皇太子殿下カップル、この旅はおそろいのフィラの靴をお召しです。

いや〜ん、ペアルック。それより殿下、ケツがプリプリし過ぎでございます。

なんか嫌な感じのスタートでした。

 

気を取り直して移動です。

網走刑務所

川の向こうにちょっと見える赤いレンガの建物が網走刑務所であります。

受刑者が顔を出したら写真撮影禁止であります。

 

 

オーロラ号

遊覧船?に乗りました。

3月下旬と言うこともあり、残念ながら流氷はありませんでした。

オーロラ号2

 

ですが、青い空と青い海に囲まれると、非常に気持ち良いものです。

オーロラ号3

 

 

 

 

 

 

宿から見下ろす

その後1日目の宿へ。

宿からの景色。

絵になります。

 

知床地ビール

夕食では地ビールをいただきました。

こんな日くらい飲んでもいいじゃないか。

 

 

 

夜はオーロラファンタジーへ。つれたか丸

つれたか丸発見。

一瞬驚きました。

 

 

翌日は湖めぐり。

摩周湖

霧の摩周湖。

天気はあまりよくないものの、対岸までしっかり見えます。

3月下旬と言うのに、ビッシリ凍ってます。

 

阿寒湖

こちらは阿寒湖。やっぱりビッシリ凍ってます。

これは湖上のスノーモービルコース。普通に湖上を車が走ってます。

 

 

最終日。

雪多

ボタボタ雪が降ってました。

さすが北国です。

 

 

寒かったですが、非常に良い思いでができました。



2006年06月17日

学会いってきます

来週の水曜まで学会に行ってきます。
場所は秘密どすえ。八つ橋ってなんどすえ?

今回は国際学会なんで外人にからまれたらどうしよう。英語なんて全くできませんが。今なら中学生より英語できない自信がありますが。
とりあえず「ミシャライ、ミシャライ」って言っておこうっと。

まあ喋らなくたって資料がきちんとできてたらいいんですよ。ポスター発表ですし。

その辺については自信があります。僕の資料はホント凄いですから。言葉なんて必要ない。資料さえあれば金棒を持った鬼でも倒せる。まさにノーボーダーです。

ここでせっかくなんで僕の作った自慢の資料の一部を見せてあげましょう。
全部英語だからかなりカッコイイですよ!

まず始めはどうしよっかなぁ。
どうせなんで出し惜しみは無しでいっちゃいましょう。
ではいきなりこの力作から!

mouse1


 

 

 

 

なかなかナイスな図ですねぇ。この図でアメリカ人のハートを鷲づかみ間違いなしです。

せっかくなんで僕の資料にいるネズミちゃんたちに全部登場してもらいましょう!
どうぞ!!

マウス群


 

 

 

 

エークセレント!なんかパチンコ屋で見るような光景です。魚群ならぬマウス群。

この図でW杯で対立してるオーストラリア、クロアチア、ブラジル人のハートもしっかりゲット!

えっ?
あたいを忘れちゃいけないって??
そうだ、そうだ、もう一匹いたんだった。

キングオブマウス


 

 

 

 

キングオブマウス。
これぞボスの風格。

この図で地球上の全人類の心を網羅したに違いありません。

でもこの方、かわいそうですがこんな風になっちゃいます。

注射マウス


 

 

 

 

ギャース!

まあ地球だけでなく全宇宙を虜にしようとしている僕にとっては多少の犠牲は不可欠です。仕方ない。

えっ?
何が英語でカッコイイだって?
英語なんて一文字もでてこないじゃないかって?
大丈夫。出し惜しみはしませんよ。とくとご覧あれ。

英語もできます


 

 

 

 

と、まあ僕の発表はこんな感じです。
こんなんじゃ嫌でも外人に注目されちゃいますね。やだやだ。

そうそう、マウスの母に刺さってる注射器ですが、書くときに何か参考になるものないかと思って探してたら、予想をはるかに越えたヤツが見つかったんで、それもついでに紹介しときましょう!

お注射しまぁす


 

 

なんでも題名は「お注射しちゃいまぁす」だそうです。う〜む、マウスじゃなくて僕に注射してほしいものです。

こんなの載せたら学会で一番の注目を浴びてしまう。

と、冗談はさておき、全然勉強してないし、英語全く喋れないんですがなんとかかんとか1時間くらいやり過ごしてこようと思います。

こういう遠征は学術的なことだけじゃなくて、他にも楽しめる部分がありますからね。

ちなみに先日シンポジウムでこちら

心斎橋

 

 

 

 

大阪に行ったんですけど、この時も国際シンポジウムだったんで演者が全部英語だったんです。もちろん全く理解できないんで高い金払って得た知識ゼロでした。

でも大丈夫。僕の目的は勉強にあらず。目的はこちら。

てっちり

 

 

 

 

ふぐ刺し。

ふぐ2

 

 

 

 

これもふぐ。

ふぐ鍋

 

 

 

 

そしてふぐ鍋。

翌日は寿司も食ってきました。もちろん払ったお金は食べた金額の3分の1くらい。

あとは社長さん・・じゃなかった教授、助教授持ちでした。

今回もいいもん食えたらいいなぁ。

僕は将来研究者になるわけでもないし、実績も必要ないんであんまり行きたくないですが、せっかくなん行ってこようと思います。教室にいるよりは楽しいでしょう。

それではまたいつか。

 



2006年03月10日

透明人間

最近は東京事変にハマッてまして、椎名林檎も合わせてCDをかなり聞いてます。
もう二ヶ月間くらい椎名林檎しか聴いてないんじゃないでしょうか。
彼女の歌はいいですよ。なんと言ってもカッコいい。

せっかくだからここで1曲紹介しようと思うんですけど、それは東京事変の「アダルト」というアルバムの中の「透明人間」と言う曲です。これが彼女にしては珍しく爽やかなラブソングで、こんな曲も書けるんだと益々魅力を感じています。

その「透明人間」にこんな歌詞があるんです。

「何かを悪いと言うのはとっても難しい 僕には簡単じゃないことだよ」

ふむ。わかるようなわからんような。
この歌詞がなんか頭に残りまして、たまにはこんなこと考えながら曲を聴くのもいいかなぁなんて思ってます。

そうそう、そう言えばウチの研究室の中国人留学生がしばらく国に帰ってまして、1ヶ月前くらいに戻ってきたんです。
そこでもちろん期待しますよね。

中国4000年のお土産を。

どんな変わったお土産を持ってきてくれるのか期待していたんですが、その時期はバレンタインに近かったと言うこともあってかチョコでした。

なんだチョコかよ。
そんなん、ウエンツ似の僕ですから(過去日記参照)バレンタインにそれはそれは浴びる程、3日間チョコ風呂に入るほど貰ってましたから、その失望具合といったら相当なものでした。

何が中国4000年の歴史だよ。
がっかりだ。あぁがっかりだよ。
チョコなんて家にいきゃたくさんあるんだよ。パチンコ屋で貰ってきたチクビだかアポロだかってやつがよ。
もうキミには期待しないよ。

って感じだったんだけど、集会場に並べられたチョコを見るとちょっと面白いんですよ。

例えばコレ。

チョコ1

なかなかファニーなやつだぜ。
泳げたい焼きくんみたいで今にも箱から飛び出してきそうじゃないか。

 

 

 

しかし、こんなのじゃ驚かない。
おいミシャライ、こんなので心躍るのかい、踊らないのかい、どっちなんだい!
お・ど・ら・な・い!!

と言うことで早急に胃袋の中に放り込んでやりました。
やっぱり大したことない。

ん?こっちはなんだ??

チョコ2

 

 

 

 

・・なんかやけにリアルなんですけど。

チョコ3

 

うろこありますよ。

 

 

チョコって味も雰囲気も甘いものじゃないですか?
サカナで甘い雰囲気味わったことありますか?
そりゃあ昨日の晩飯は「白身魚の甘酢フライ」だったけどさ。
なんか生臭そうじゃないですか?
意図が全く読めない。なぜモチーフがサカナなのか。いや、なぜここまでリアルなのか・・
だんだん、中国という国がわからなくなってきた・・

極め付けがコレ。

チョコ4

 

ドデーン。

 

 

コレにはびっくり!
さすがのクールビューティーの僕でも言葉がでませんでした。
すげぇ、やっぱすげぇよ、中国。
僕なんかの器には到底おさまらない。
なんていうか

・・・とっても難しい。

コメントするのはとっても難しいです。僕には簡単じゃないことでした。
まあ研究室内でかなり話題になってたものですからある意味いいお土産と言うのは間違いないですけど。
僕も今度からこういうの買ってこよう。

デデンデンデデン♪(ターミネーターのテーマ)

チョコ4

 

 

 

 

デデンデンデデン♪

チョコ5



2005年11月11日

異世界温泉

先月になりますが、研究室の人たちと1泊2日で温泉に行ってきました。

教授と助教授が温泉好きで、これまでにも年に1,2回のペースで近くの温泉旅館に行っていたみたいです。

今回の温泉は山梨のある山奥の温泉でした。

どうやら山奥過ぎて下界とはかけ離れた世界らしく道がやけに細い。きっと下の世界では道路というものがあるらしいぞってことで、道を作ってみたんでしょうが情報が足りなかったみたいで道幅が普通の道路の片側車線以下。しかも片側は崖なので行き違いもかなり困難ときています。なのに宿には送迎用のバスとか置いてあった。この世界ではきっと常識が通用しないんだろう。

宿についてさらにそれを実感しました。国道からちょっと山に入っただけなのになんと携帯圏外。全員の携帯が圏外だったので電波が全く届いてない様子。宿に公衆電話があったので見てみるとテレホンカードしか使えないときてます。今時テレホンカードを携帯している人がいると思ってるのか聞いてみたい。自販機もないし、もちろん近くにコンビニもない。と言うかお金を使うところが全くない。

何から何まで下界とは違う世界。もしかして会計は野菜とか魚とかで払うのかと一抹の不安がよぎりますが、ここまできたら泊まるしかありません。

研温泉宿入り口

 

宿の入り口にあったカエル(ガマらしい)。

やけにガマを強調しているがそれは外面だけだった・・

 

研温泉

 

ちなみに温泉はこんなとこにありました。結構いいとこでしょ?大自然満喫です。まあ田舎なんで普段から満喫してますが。

微妙に紅葉も始まってました。

 

なんか露天風呂が18時までしか入れないらしいのでもしかして宿に電気すら通ってないのか心配でしたが、時間が無いので早速行ってみます。

研温泉つり橋1露天風呂へはつり橋通っていきます。

研温泉つり橋2

 

滅多に無いことを体験しなんかテンションあがっちゃいます。つり橋は一人ずつ。

 

 

始めはどうなることかと思いましたが、なんか意外にいいとこじゃないか。これなら結構満足できそうだ。

露天風呂について思った。今の撤回。

研温泉風呂

露天風呂の隣の洞窟風呂。先っぽからお湯出てるんですけど・・

何がガマの湯だ。これじゃションベンじゃないか。

ガマのかけらもないわ。

 

ただ外が寒くて湯温も低めだったのでこれに抱きつくと温かかった。ぬくもりを感じました。

内湯にも行ってみたんですけど同じで、二つ湯船があったんですけど一つはチ○コから、もう一つはマ○コからお湯が出てました。

何故ここまで性をアピールする必要があるのか全くわからない。あれだけ交通の便が悪かったのにわざわざ下界から取り寄せたのでしょうか?絶対もっと他に持ってくるべきものがあったでしょう。

外ではガマを強調してるのに中身は下ネタ大好きな温泉でした。

そうそう、夕飯を食べた後みんなで卓球をしたんですけどこれがかなり楽しかった。なんか教授がやけにテンションが高くて無駄に動き回って打ってくるの。飛び回ってたって表現が全然大げさでないくらいハツラツなプレー振りでした。その割りに大したことはなかったんですけど動きすぎるから浴衣の帯がほどけて、だんだんトランクス一丁になってくるんですよ。ネタかよってくらい見事に間抜けな姿になっててみんなで相当笑いました。

あんまり行ったことない感じの温泉だったし、教授、助教授を含め研究室の人たちと交流を持てて楽しかったです。みんないい人たちだからね。

帰りに滝を見ながら帰ってきました。無事帰ってこれてよかった。

研温泉滝

 

写真で見るとあんまり大したことないですが、結構でかいんです。



2005年11月05日

東京モーターショー2005

ミシャライ様のおな〜り〜

motorshow1

 

 

 

 

ハハァ〜

motorshow2

 

 

 

 

ようこそいらっしゃいました〜

motorshow3

 

 

 

 

こちらへどうぞ!

とこんなこんな待遇を受けなんとも優雅なモーターショーでした。

以上!!

えっ?車はどうしたって??

ああ、車ね、ちゃんと撮ってありますよ。

motorshow三

 

 

 

 

見よ!この美しいボディー!この洗練された足回り!このコスチューム!

どうですかこの湧き上がるパッション!この・・・

はいはい、ちゃんと車も撮ってきましたって。

motorshow日Z

 

GTのZだぜ!

motorshow日

 

これは上の部分が180度回転してバックも前向きでできる車なんだぜ!

motorshowト

 

F1だぜ!

 

motorshowラ

 

ランボルギーニと言ったらガルウィング!かっこええ!

motorshowス

 

憧れのインプ

 

 

他にもGTRだとか、レクサスだとか色々あって見所満載でした。

ただ、調査不足で会場に行くのに色々あり、着いたのが17時過ぎになってしまい、2時間弱しかみれませんでした。

そのためどうしても見たい車をだけを絞って早足で周ってたんですが、それでいっぱいいっぱいでした。

ですから普通の車だとか、細かい説明だとか、コンパニオンを見る時間が全くとれず不完全燃焼でした。

まあなんとか本当に見たかったとこだけでも見れて良かったです。前回行ってなかったら確実に周れなかったな。写真は前回くらい撮ってあったし。

やっぱ車はいいですよ。男のロマン!凄い楽しかったです。

motorshow4

コンパニオンも男のロマン!右上のでかい機械(フラッシュ?)に注目。スターウォーズかなんかか?

三脚とかもってるヤツもいたし、気合が違う。

 

 

楽しくてとても満足だったんだけど欲を言うならもっとゆっくり周りたかった・・

もう一度行きたい!



2005年09月27日

日本海

ウインタースポーツはもちろん、紅葉すら始まってないですけど、新潟県は妙高高原&日本海に行ってきました。

今回は本当にゆっくりしようと思ったので、箱根とか近くでもよかったんですけど宿は空いてないし、海に行きたい気分もあったので新潟温泉旅行にしました。

太平洋でもよかったんですけど、何回も行ったことあるし、男ならやっぱ日本海でしょ〜。OK〜。

荒波フォー!!

ということで気合入れて日本海行ってきました。何故妙高かと言うと海に行くまでの経路にあって温泉もあって宿があいてたからです。

1日目

泊まった宿はペンションだったんですけど、元大阪の料理人がやっている宿だったので、食事が凄かった。ペンションなのに海の幸をふんだんに使った旅館みたいな料理でした。カニや天ぷら刺身などかなりうまかった。ネットで予約した得点でワインも一杯もらったし。

2日目

次の日の朝の料理は一転して簡単な洋食だったんですけど、簡単な中にも料理人の技が見え隠れしてて「朝飯っていいな。今度から朝飯食おうかな」とかちょっと思いました。森の中の静かな雰囲気のなかで爽やかかつ優雅な雰囲気を味わえました。

チェックアウトしてすぐ近くの温泉に入りに行きました。露天風呂だったんだけどあまりに開放的過ぎて覗こうと思えばいくらでも覗けたんじゃないかしら。お湯に垢みたいなのが浮きまくっててめちゃくちゃ汚ねえとか思ったんですけど、よく考えたら湯の花だった。温泉に行くと気持ちよくて出てこれないんですよね。危うく立ちくらみで倒れるとこだった。

まあ満喫。やっぱり温泉は最高だ。

温泉を出たら一気に海を目指します。

ススキ道田んぼ道

 

時季的にススキがたくさん。新潟だけあって田んぼばっかり。

 

 

春日山城へ

 

春日山城跡の看板発見。戦国時代が好きだった僕としてはかなりそそられましたが行かなかった。

 

 

いよいよ海

 

海に到着。

海道

 

ここからさらに能生を目指しました。

 

 

 

海

 

海だー。

 

 

 

マリンドリーム能生というところで昼食をとりました。ドライブインみたいなところでカニラーメンと言ううさんくさいのを食べたんですけど、麺は案の定出されたときから伸びていたものの、意外に大きなカニが入っていてちょっと満足。塩味も海沿いっぽくてよかった。

お土産

 

お土産屋でこんなもの発見。よく考えるものです。

一度会ってみたいなサドガシマン。

 

 

像

 

ここでシュールな像発見。突っ込みどころ満載過ぎて逆に何も言えない。

 

 

最後にマリンドリームの近くの厳島神社とかいうどこかで聞いたことあるような神社に行ってきました。

島の神社

 

なんかゲームみたいで雰囲気あります。

 

 

 

全然期待してなかったけど意外とよかった。

結構遠くまで行ったけどゆっくり満喫できたのでよかった。また温泉旅行に行けたらいいな。



2005年08月12日

ディズニー旅行

横浜についてまずは中華街周辺をブラついてみました。

山下公園

 

山下公園から港をみた風景。

ちょっと天気が悪かったけどキレイでした。

 

この日は外人墓地が特別公開中だったので中に入ろうと思ったのですが、なんか募金制度になってるらしく200円が必要でした。そんくらい払って中に入ろうと思ったんですが、あいにく1000円しか持ってなくて

「お釣りは貰えないんですか」って聞いたらmrオ○レみたいな人が「募金なんで・・」だって(聞くほうも聞くほうですが)。「募金しなきゃダメなの?」ってきいたらやっぱしなきゃダメらしい(当たり前です)。そんなら入場料とりゃいいのに。さすがに1000円も払えないのでやめようと思ったのですが、彼女がすでに入金済みでした。

返してとも言えないし、せっかくなので行ってもらって僕は外で待ってました。そしたら外から見えるのとあんまり変わらなかったらしい。

でも外人の墓はオシャレでした。心霊写真になると怖いので写真は無しです。

飯も食っていざディズニーリゾートへ。

オークラ1

ホテルはこんな感じ。

宮殿です。

麻呂は貴族じゃ。

 

エントランス

これが入り口。

ミッキーシャトルバスが送り迎えしてくれます。

徒歩1,2分くらいのとこにランドとシーをつなぐモノレールも走ってます。

 

そんで、最上階の11階に案内されたわけなんですけど

景色

景色はこんな感じ。ランドが見えます。

シンデレラの家なんて低い低い。あんなの平民の住む家ですな。

夜には花火も見えた。

さらに静かになると波の音も聞こえます。

 

部屋のサービスなどは完璧に整っているんですけど、中でも風呂が凄かった。

風呂1

シャワー室。

ガラス張りです。

どこぞのラブホテルですか?

 

サイズがでかすぎてデジカメの写真じゃ載せれなかったので、写真をさらに携帯で撮ってUPしてます。なので本当はこの横に洗面台と浴槽があります。

その広さと言ったら貧乏学生なら暮らせるくらいありますね。

風呂2

これが風呂。セレブ気分を満喫できます。

水を入れ始めてから1分で入浴OK!

洋画にでてくるような風呂でした。

気持ちよすぎて出てこれなくなるとこだった。

 

あまりに豪華な気分になりすぎたので、自分が金持ちだと錯覚して危うくマッサージを頼むところでした。自分優待券ですから。

ホテルで1日目の疲れをしっかり癒し、というかもうかなり満足だったのですが2日目のシー訪問を最高の気分で迎えることができました。

シーもすいてて非常に満足な旅でした。

シー

 

ディズニーシー

 

 

もうあんなとこに泊まることはないなぁ。ラッキーでした。

夢の国に浸りすぎて帰ってきてもしばらく夢気分が抜けません。ついつい学校でもミッキー手袋をしちゃいます。

ミッキーハンド

*実は実験用のゴム手袋。

これでネズミの解剖なんかしちゃいました。

ミッキーが何匹もお亡くなりに・・・

南無阿弥陀仏・・



2005年08月10日

リリーパーク

ちょっと前にリリーパークというところに行ってきました。

なんかもともとスキー場らしく、夏はグラススキーもできるみたい。

その他の大部分のスペースにユリが一面咲いてました。ユリ1

アップ写真。

ユリ2

ゲレンデから下を見下ろしてるところです。

上も下もずーっとユリが咲いてます。

もちろん他のコースにも。

 

ただ台風がきてユリが無残な状況になってしまったらしく、入場料が半額になってました。

そのくせリフト代をケチったので歩いて3分の1くらいまで登って帰ってきました。

確かにちょっと無残な状態になっていたのは残念でしたが、ある程度は咲いてたし、規模のでかさにびっくりしました。

本調子のときもみてみたいです。

ゆりアイス

 

こういうところには欠かせない名物?ユリアイスです。

時折作り物っぽい味もしますが、とてもさっぱりしてておいしかったです。

 

リリーパーク

 

富士山も見えます。

いやー休日はいつもこんな芝生の上でゴロゴロしてたいものです。



2005年08月05日

タイヤ交換

01天下のBSのRE-01なんですがこんなことになってしまったのでタイヤ交換しました。

上側に見える白い線がワイヤー層だと思われます。

スリップサインなんか見事にでちゃってます。

 

上側はもうつるつる。溝なんてあったの?って感じです。それでも前回換えたときよりはまだいいなぁ。あのころは若かった。

今回も結構ねばってみたんですが、ちょっと今月は距離を走りそうなので大事をとって交換しました。

direzza

こんどはダンロップのDIREZZA DZ101というタイヤにしてみました。

初ダンロップ。

というか初脱BS。

 

明日ちょっと距離を走るので楽しみです。

実は今車を預けて交換してもらってるんですよね。

そこで借りたのが

スペア

この代車。

う〜んステキ!

実は僕こういう車も大好き。

無駄が一切ないっていうか、こういう貧弱そうな車をめちゃくちゃうまく乗り回したいんです。

もちろんパワステなんかなくて、エアコンがついてるのが奇跡ですね。

ロック窓

ロックとか窓なんてもちろんこんな感じ。

渋い。

 

 

エアコン

エアコンついてるって言ってもなんか中が壊れてます。

暑い暑い。

 

 

だからなのかはわかりませんが。

うちわ

上戸彩うちわを装備してました。

何から何までステキです!

 

 

車の一部をちょっと変えた後はやっぱりなんか楽しみですね。待ち遠しいです。

続きを読む

ブログペット
Profile
ミシャライ
幻のCカップを求め放浪する主人とはぐれてしまい、主人を探す旅に出た現在大学生。
「今日いい夢見ちまった」と言うのが趣味
…の友達を持っている。
Recent Comments
Recent TrackBacks