2006年11月19日

20061118 両神山:薄川:七滝沢遡行

七滝 落ち葉
20061118 両神山:薄川:七滝沢遡行

 今年最後の沢登り、両神山に久しぶりに行きました。日向大谷からの登山者は沢山いて、駐車場は満杯。さすが日本百名山。
 七滝沢は、誰も遡行者がいなく、2人占めでしたが、どうもルートがおかしい??

◆期 日 =平成18(2006)年11月18日(土)日帰り
◆パーティ=加藤・松葉口
◆コースタイム
 11/18 加藤自宅6:00==小鹿野セーブオン7:10==両神役場p==日向大谷7:40/8:00−会所8:30/8:50−F1上9:10−F3上9:20−F5白滝下の登山道交差10:00/10:10−F7赤滝上10:40/11:00−大岩CS11:10−伏流−スラブ状11:30−左のルンゼへ11:45−左の尾根12:10−沢に戻る12:20−行き詰まり左の尾根へ12:45/13:00−尾根−稜線13:30/13:45−両神山山頂13:50/14:00−社務所14:20−横岩14:25−清滝小屋14:40/14:55−八海山15:20−会所15:40/15:55−日向大谷16:20−p16:30/16:35−蒟蒻16:55/17:10−両神温泉17:20/18:00−解散

◆概要
11/18 天気は上々。
 小鹿野のセーブオン7時集合で両神役場に車を一台置いて、松っちゃんの車で日向大谷に向かう。今回初めての日向大谷からの登りで、結構登山者が多いのにビックリした。百名山のブームが此処にも続いており、両神山荘の駐車場は一杯である。
 下の駐車場に車を置き用意をして出発するが、ここでさっきコンビニで買った弁当を自分の車の中に置いてきてしまったことに気づく。がっかり。いくらかつまみがあったのでそれで凌ぎ、足りなければ松っちゃんに貰うことにする。
 日向大谷からトラバース気味に会所まで登山道を歩く。そこで沢靴を履いて沢登りが始まる。沢の中に多数の落ち葉が落ちており、流れが大変綺麗だが、沢水は大変冷たい。積極的に沢を辿って行くが、F1を越えF2に行こうと釜にはいる。いつもだったら積極的に入る松っちゃんだが、臍まで入ったら大変冷たく直ぐに出てきてしまった。当然私は入るのを辞め、左岸を巻く。しかしここを巻くとF3の通らずの滝も巻いてしまい、おもしろさは半減してしまった。
02 f2f3











 大巻きが終わって(途中、虎ロープが張ってあった)、ゴーロ帯を過ぎ、右手に一般道を見ながら登っていく。
 そしてF5白竜の滝に出会う。様子を見に少し登っていくが、下部は草付きのまじる手掛かりの少ない壁でそのジメジメさが不気味。ハーケンが一本取付に打ってあるがぽろぽろ。水も冷たいので意欲が湧かず、ここもパスする。
f4白滝











 右岸を大きく巻く(岩峰を巻く感じ)、ひと登りしたら一般道に出てしまう。また沢におり一旦休憩して、F7赤滝を覗きに行く。赤色をした岩の中を流れている。ここなら一旦下って登れそうだがわざわざそんなことはしないで辞める。
f5赤滝






 登山道が左手に延びているが、沢の中を通り大岩CSを過ぎると伏流となり流れが無くなる。
 F8を過ぎると急なナメ滝になるが、極力沢沿いに登って行く。
落ち葉のスラブ






 いつしか右手に白滝と思われるほとんど垂直の細い滝が現れる。そこは登攀不可能なので右手に巻き道はないかと探すが見つからず、左のルンゼを詰める。泥壁でスタンスが悪くなんとか乗っ越す。その先もまた行き止まりのような壁にぶち当たり、右の沢に戻ってまた沢を詰めるがとうとうブッシュまじりの急な泥壁にぶつかってしまったので、左手の尾根に抜ける。
左のルンゼ











 一寸傾斜の落ちたところで休憩。松ちゃんからおにぎりをひとついただく。ありがたい。
 その後は、尾根を辿って稜線に抜ける。ガイド本では、山頂の左手に抜け出るように書いてあるが自分たちは右手に飛び出した。地図でも青線から谷を辿ると右手に抜けている。本が間違っているような気がするが、どっちが本当なのだろうか?
稜線の標識






 山頂には百名山目当ての登山者が多数おり、賑わっていた。わりと若い男女も多く感心する。その後は、清滝小屋を経由して会所を通って一周し、また日向大谷までトラバースして終了する。最終のバスを待つ人も居て、登山者が多いのに驚いた。
松ッチャン






 両神に下ってから、朝目をつけておいた「コンニャク食べ放題200円」にギリギリ間に合い、厚くておいしいコンニャクを日本たいらげ、温泉によって帰った。
 
 加藤は、その後たらっぺ山の会のザイル祭に寄るべく「吉田元気村」へ行く。色々ご馳走になり、お払い等の儀式をした後おじゃました。

たらっぺザイル祭  

Posted by buntak2 at 17:10 山行報告 | 深谷山岳会

20061116 深谷山岳会例会報告

20061116 深谷山岳会例会報告

1.山行報告
 10/30 四国:剣山 ◆松崎
 11/3 白砂山 ◆吉野さ 他1
 11/3 上州:武尊山 ◆木本 他1
 11/3 表妙義  ◆設楽・酒井
 11/3 佐久:湯川 ◆加藤 他遠峰山岳会山岳会5人
 11/4 白毛門山 ◆関よ・ま 他2(家族)
 11/5 裏妙義:桶木沢 ◆加藤
 11/12 二子山:ローソク岩 ◆岡田・松葉口 他遠方山岳会4・たらっぺ山の会1
 11/14 乾徳山  ◆吉野さ 他学生4

2.山行計画
 11/18 両神山:薄川・七滝沢 ◆松葉口・加藤
 11/19 浅間山  ◆蛭川
 11/12 表妙義 ◆岡田
 12/2-3 北八ヶ岳 ◆岡田 他○名
 12/   八ヶ岳:広河原沢:ルンゼ登攀 ◆加藤・松葉口
 H19.1/13 スキースノボーゲレンデ講習会(民宿泊)
◆蛭川・武井・(中田・松葉口)☆★参加者募集中☆★
 H19.2/10-13 八甲田山スキーツアー ◆蛭川・石橋(たらっぺ)
 
3.ザイル祭
 ■期日:11/25(土)午後7時開宴 (その前に準備)
 ■場所:寄居河原(かわせみ荘・川の博物館下)
 ■担当:中田L・浅見L
 ■参加者 ☆★全会員参加です。出来るだけ最後の片づけまで残ってください☆★
  先発:午後1時島田宅集合者 ◆中田・蛭川・設楽・加藤・松葉口・(関ま・渡部)
     ☆★ 先発隊員募集 ☆★
  後発は、直接会場へ。料理・設営等お願いします。
     ◆佐藤・木本・岡田・松崎・吉野・酒井・・・・・
 ■参加費:2000円
 ■持ち物:宿泊道具(寝袋等)、ヘッデン、キャンプ用のイスがあると良い。

  ☆★出欠席を中田Lに連絡してください。☆★

  ●26日に岩登り講習会を予定しましたが、今年は中止します。

4.雪上訓練
 12/10(日) 谷川岳:西黒尾根orマチガ沢等 ◆加藤・町田・関ま ☆★募集☆★
 12/17(日) 谷川岳:西黒尾根orマチガ沢等 ◆蛭川・木本・関ま ☆★募集☆★
 12/17(日) 富士山 ◆岡田・松葉口・佐藤    ☆★募集☆★

  ☆★冬山に備えて訓練しましょう。冬山合宿参加者は全員参加!!です☆★

5.リーダー会議 11/24(金)20:00〜 ●コミセン ◆リーダー会メンバー全員集合
  ※冬山合宿の計画立案

6.冬山合宿候補(案)
  )務尾根〜槍ヶ岳(上級:雪稜・岩稜・縦走 3泊4日〜)
  横尾尾根〜槍ヶ岳(中級:雪稜・岩稜・縦走 3泊4日〜)
  仙丈岳・甲斐駒ヶ岳(中級:縦走 2泊3日)
  だ臂羈戞甲斐駒ヶ岳(初中級:定着ピストン 3泊4日)
  ニ英犹飴 (初中級:縦走ピストン 2泊3日)
  Ρ見岳 (初中級:縦走ピストン 2泊3日)
   ◆佐藤・吉野さ・設楽・(酒井)
  宝剣岳・木曽駒ヶ岳(初中級:定着ピストン 1〜2泊3日)
  ※リーダー会にて検討します。☆★みんな参加しましょう。☆★

7.例会予定(第1水曜日・第3木曜日)
 ●12/6.21 1/11新年会.25 2/7.22 3/7.22

8.フリークライミング(第1木曜日・他毎週水曜日)
 ●11/22.29 12/7.13.20

9.埼玉県山岳連盟関係行事
 12/9-10 冬山遭難防止講習会 県活
   12/9 山岳に於ける救急医療講習 講師:悳 秀彦 氏
   12/10 午前:レスキュー技術講習(ロープワーク等)
午後:埼玉県警山岳救助隊 講演
      「秩父管内に於ける山岳事故状況」
   ○12/2参加締切 ○参加費500円(山岳会で補助します)○加藤まで
  ◆12/10木本 参加

 12/17  県体スポーツクライミング大会 加須 ☆★参加者募集中☆★
   ○11/30参加締切 ○参加費 3,000円(山岳会で補助します)○加藤まで

 12/23-24 第2回ボルダリング・ジャパンカップ 加須
   ☆★見るだけでも勉強になります。大ちゃん(小山田大:セッター)も来ます。

 12/23-25 ボルダリング全国講習会
   ○11/30参加締切 ○参加費25,000円(一部補助)○加藤まで

 H19.1/20-21 積雪期登山講習会・指導員研修会 那須:大丸温泉付近:ホテル泊
   ○1/9参加締切 ○参加費18,000円(一部補助)○加藤まで
   ☆★会員は、一度は参加しましょう。佐藤プロガイドの講習が受けられます。☆★

13.小澤直宏さんを偲ぶ会(今年ナンガパルバットで無くなった隊員の追悼集会です。)
 ■日時:11月26日(日)13:00〜
 ■会場:埼玉県立草加南高校 体育館

14.その他
 ‘山協 海外女性懇談会 ■12/5(火)19:00〜
  ○国立オリンピックセンター(代々木)
  ○講師:小松由佳(2006・K2登頂者)・遠藤由加・渡辺玉枝 他

 ∈覿霧岳連 海外登山報告会兼忘年会 ■12/2(土)夜・泊
  ○東松山:上沼旅館 ○会費:実費7,000円位

以上   
Posted by buntak2 at 17:06 深谷山岳会 

2006年11月08日

清水哲也 講演の夕べ

15135d49.jpg清水哲也 講演の夕べ
「幻の大滝に挑む」

山を一途に愛し、黒部に生きる男が、
NHK特集「幻の大滝」の映像と共に語る!!

日時 平成18年12月14日(木)18時会場 18:30開演
会場 群馬県太田市社会教育総合センター(熊野町23-19)1階ホール
入場料 無料(先着600名様)
主催 太田ハイキングクラブ

※皆さん、聞きに行きましょう!

  
Posted by buntak2 at 14:44 近況 | 海外情報

2006年11月05日

20061105 裏妙義:仲木沢・桶木沢遡行

fdeeaca3.jpg裏妙義:仲木沢・桶木沢遡行

◆期 日 =平成18(2006)年11月5(日)日帰り
◆パーティ=加藤(単独)
◆コースタイム
 11/5自宅9:00==桶木沢p10:40/10:55…二俣付近11:30/11:40…F1-10m滝10:15…F3-CS滝下12:25…CS滝上のゴーロ12;:40/12:50…左の尾根13:00…丁須岩13:15/13:55…篭沢経由…平戸14:30…国民宿舎14:50…桶木沢p15:10/15:15==国民宿舎・温泉15:25/16:00==伊勢崎・石井18:00/19:00==自宅19:35

◆概要
 11/4 世の中3連休だというのにこちらは飛び石連休。早めに仕事を切り上げ、クロネコヤマトの宅急便で会員証を送付し(10月から主さは関係なく厚さ1cmまで、80円になった)、太田高林のICI石井に行く。森店長といろいろ話す。最新情報では剣持氏がシシャパンマに登ったと言う。
 張り替えられなかったクライミングシューズを受け取る。張り替えられなかった理由は初めは「サイドが弱っている」という事だったが、率直のところ「ゴムの劣化」だという。張り替えてもゴムが劣化しているので剥がれてしまうらしい。納得。このニュートンは3年で終わってしまった。店には、グレゴリーのクライミングザックが新しく入っていた。28,000円。これが欲しかった。バイルをもう一本買おうかな?と思ったが、シャルレのノミック(35,000円)が良いんじゃないか・と言うが、まだ入っていなかった。
 7時を過ぎたので家に帰り、明日の準備等する。

 11/5 家族みんないろいろで出かけていく。結局8時に起き、9時に出発。距離にして55km。
何だ、近いんだ。下道で境・伊勢崎・高崎・安中・松井田を通って妙義湖着。直ぐ先が桶木沢だった。標識がちゃんとあった。早速準備をして(入渓点が直ぐ其処なので沢靴を履く)、11時出発。直ぐ沢に入ったが先に堰堤があり、結局沢の左手の林道に出て、また直ぐ沢に戻る。それからはゴーロの連続。水量は無く、倒木なども多い。50分で二俣の予定だがかなり早足で登ってきたので30分で二俣らしき所に到着、休憩10:30−10:40。しかし、その前の権太沢は何処だったか解らなかった。
 左俣らしき沢を更に登るがゴーロはまだまだ続く。上部に双耳峰の岩峰が見え、ルートが間違っていないことを確信する。その後、やっと沢がナメ状になり、このルートの核心の3つの滝が現れる。ナメを少し登るとF1−10m滝10:15。高さがあるのでちょっと緊張。ヌメリはあるがホールドがしっかりしているので落ち葉を払ってホールドを掴み流れの右を登る。
 直ぐ先にF2−10m滝。こちらの方が幾分高く左側を登る。
 その先にチョックストーンのあるF3−10m滝。これは登れない。トポでは、「右から入るナメ沢を30mほど登ってから左の中間尾根を伝って滝上に出る。」となっているが、今回は15m位登って中間尾根を左にトラバースし、凹角を10mほど木登りして尾根に出、滝上に降りた。
 その後は、またゴーロが続き、最後の方は急なナメから草付きになってきたので、左手の尾根に出、少しヤブ漕ぎして篭沢からのルートに合流した。そこから10分ほど縦走路を辿り、丁須岩に出た。そのまま垂直のクサリを登り岩の上に出た。なかなかきついクサリだ。一歩が出ない。
 上で写真を撮り、直ぐ下に降りて、靴を脱ぎ、履き替え、昼食にする。フルーツゼリーが旨い。 40分ほど休憩し、下山に掛かる。その前に丁須岩を撮影。紅葉は少ない。
 篭沢のコースはクサリ場を何度か降り、その後はまたゴーロ状をどんどん下る。途中滝のあるところでは高巻いたり、クサリで下降。最後は国民宿舎からの自然探索路に出て、55分で国民宿舎に到着。さらに車道を20分歩いて駐車場に到着。
 荷物を片づけ、また国民宿舎に戻り温泉(風呂)に入る。前回来たときより内装や浴槽が綺麗になったようだ。400円は安い。
 帰り、どこか茶店にでも寄って、記録をまとめてから帰ろうかと思ったが、道は混んでいたりこれはという茶店が無かったりして、伊勢崎の石井まで来てしまい、1時間ほど見て回り、安かった環付きカラビナ1枚と、アイスピトン用のケース(シャルレ)を購入。シャルレの「ミノック」があった。34800円?高いかな?! マイクロフリースのシャツも何種類か有った。
 さらに何と久しぶりに太田ハイキングクラブの講演会の案内があった。
12/14 18:00〜 清水哲也氏講演会「幻の滝に挑む」 太田市社会教育総合センター1階ホール
入場料無料先着600人

19:35帰宅。
  
Posted by buntak2 at 23:47 山行報告 

20061103 佐久海ノ口 湯川 クラッククライミング

b6112f1a.jpg20061103 佐久海ノ口 湯川 クラッククライミング

 初めてのクラッククライミング。遠峰の稲葉君から誘われていた
「岩場巡り・セッション」の第2弾は、湯川と佐久の岩場。
 11/03のみの参加となる。たらっぺの石橋君は、蕎麦屋のオープンで休めず、
深谷からの参加は、加藤のみ。前夜消防署でのクライミングの後、トンカツ屋でミーティングだったので遅くなり、会員証の発送準備で寝るのが遅くなり、当然のこと起きるのも遅くなってしまった。
 結局8時過ぎに起き、食事をしたり準備をしたりして、ガソリンを入れて尾島を出発したのが10:30。藤岡ICから上信越道に乗り、妙義山をぐるりと巻いて佐久で降り、湯川へ。
途中、八風山トンネル付近の紅葉が一番綺麗だった。浅間は霞んでよく見えない。7-11で昼食を買い、食べながら13:00丁度に湯川のPに到着。栃木ナンバー2台と熊谷ナンバー1台、東京からの車が1台駐車していた。丁度この辺も紅葉の盛り。アイスクライミングのときに見た左手の柱状節理の岩壁がやっぱりそうだった。赤い服のクライマーが見える。
 
 支度をして、10分程登ると先ほどの赤い服のクライマーの所に到着。稲葉さんの奥さんが居て御挨拶。後から平野君と稲葉君が来る。
 ただ今休憩中ということで、みんな休んでいたが、平野君がコークスクリュー5.9に挑戦。様子を伺う。巧くクラックをねじ伏せて完登。
 そして、私の番。テーピングテープを忘れてしまったので無しでトライするが、痛い!!。一度降りて手袋を借りてトライするが、今度は手が入らず駄目!!。再度、素手で挑戦。何とか半分ぐらい登るが、その先の一歩が出ない。もう諦めようかとするが、なかなか降りられない。折角登りに来たのだからと言われ、もう一度、力を振り絞って、なんとか乗っ越した。みんなに御礼を言って、一休み。
 それから右壁へ移動し、稲葉君が北風小僧5.9をリード中。午前中は、隣のデゲンナー5.8を登ったという。後から、そのデゲンナーを登りに来たペアが居た。
 稲葉君は、核心部を無事切り抜け、完登。その後、奥さん、私、平野君、桜井さん、植木さんが登り、奥さんがもう一度登ってトップロープのセットを外して終了。
 加藤は、レイバックを多用し、スピードで登ってしまったが、ここはオポジションでゆっくり登らなければ、と反省。いつの間にか日が暮れてきて、十三夜が見えてきた。5:10終了。車に戻り、みんなと別れる。みんなは近くのキャンプ場へ移動。明日も湯川。そして明後日は佐久の岩場らしい。
 加藤は、久しぶりに灯明の湯に入り、下道の254で帰る。
 尚、内山トンネル手前の内山大橋が11/11-12通行止めらしい。
 短い時間だったが、初めてのクラックは難しかったが、奥行きの深さに感激。道具もボチボチ揃えて、また挑戦したい。深谷の仲間にもクラック登りを広げよう。
  
Posted by buntak2 at 23:41 山行報告 

2006年11月02日

20061101 深谷山岳会例会報告

51c75cc3.jpg20061101 深谷山岳会例会報告

1.山行報告
 10/12-13 八ヶ岳:赤岳〜阿弥陀岳 ◆近藤
 10/21 谷川岳・一ノ倉沢・2ルンゼ ◆加藤・松葉口
 10/21 高妻山 ◆蛭川 往復9:20
 10/22 飯能・棒ノ折山・白谷沢 ◆加藤・酒井
 10/25 フリークライミング練習 ◆佐藤・蛭川・室賀・加藤・酒井・木本
 10/30 四国:剣山 ◆松崎

2.山行計画
 11/3 白砂山 ◆吉野さ 他1
 11/3 上州:武尊山 ◆木本 他1
 11/3 佐久:湯川 ◆加藤 他遠峰山岳会山岳会5人
 11/4 乾徳山 ◆吉野さ 他学生4
 11/4 表妙義  ◆設楽・酒井
 11/12 表妙義か二子山 ◆岡田
 11/19 表妙義か二子山 ◆岡田
 11/19 浅間山  ◆蛭川・(清水)
 H19.1/13 スキー練習会(民宿泊)◆蛭川 ☆★参加者募集中☆★
 
3.ザイル祭
 ■期日:11/25(土)午後7時開宴 (その前に準備)
 ■場所:寄居河原(かわせみ荘・川の博物館下)
 ■担当:中田L・浅見L
 ■参加者 ☆★全会員参加です。出来るだけ最後の片づけまで残ってください☆★
  先発:午後1時島田宅集合者 中田・蛭川・設楽・加藤 ☆★先発募集☆★
  後発は、直接会場へ。料理・設営等お願いします。
 ■参加費:2000円
 ■持ち物:宿泊道具(寝袋等)、ヘッデン、キャンプ用のイスがあると良い。

4.岩登り講習会
 ■期日:11/26(日)ザイル祭の片づけ終了後
 ■場所:検討中
 ■担当:
  ☆★久しぶりの外岩での講習会です。たくさん参加して下さい。☆★

5.雪上訓練
 12/10(日) 谷川岳:西黒尾根orマチガ沢等 ◆
 12/18(日) 谷川岳:西黒尾根orマチガ沢等 ◆          
 スペシャル雪訓 ●富士山 ●期日未定 ◆岡田
  ☆★冬山に備えて訓練しましょう。冬山合宿参加者は全員参加!!です☆★

6.リーダー会議 11/24(金)20:00〜 ●コミセン ◆リーダー会メンバー全員集合
  ※冬山合宿の計画立案

7.冬山合宿候補(案)
  )務尾根〜槍ヶ岳(上級:雪稜・岩稜・縦走 3泊4日〜)
  横尾尾根〜槍ヶ岳(中級:雪稜・岩稜・縦走 3泊4日〜)
  仙丈岳・甲斐駒ヶ岳(中級:縦走 2泊3日)
  だ臂羈戞甲斐駒ヶ岳(初中級:定着ピストン 3泊4日)
  ニ英犹飴 (初中級:縦走ピストン 2泊3日)
  Ρ見岳 (初中級:縦走ピストン 2泊3日)◆佐藤・吉野さ・中田・設楽・(酒井)
  八甲田山スキー(4日間) ◆蛭川・他(たらっぺ石橋・竹中)
  ※まだまだ考えられますが・・・リーダー会にて検討します。
  ☆★みんな参加しましょう。☆★

8.例会予定(第1水曜日・第3木曜日)
 ●16 12/6.21 1/11新年会.25 2/7.22 3/7.22

9.フリークライミング(第1木曜日・他毎週水曜日)
 11/2.8.15.22.29 12/7.13.20

10.スポーツクライミング体験会
 1/17.24.31.2/7.14 毎週水曜日・参加費3,000円
 ☆10名募集で実施。市役所広報に掲載予約済み。

11.新会員(再掲)
 …田 賢人(まちだ まさと)さん  
 ¬數棔[環漫覆もとたかみち)さん  

12.埼玉県山岳連盟関係行事
 12/9-10 冬山遭難防止講習会 県活
   12/9 山岳に於ける救急医療講習 講師:悳 秀彦 氏
   12/10 午前:レスキュー技術講習(ロープワーク等)
午後:埼玉県警山岳救助隊 講演
      「秩父管内に於ける山岳事故状況」
   ●12/2参加締切 ●参加費500円(山岳会で補助します)●加藤まで

 12/17  県体スポーツクライミング大会 加須 ☆★参加者募集中☆★
   ●11/30参加締切 ●参加費 3,000円(山岳会で補助します)●加藤まで

 12/23-24 第2回ボルダリング・ジャパンカップ 加須
   ☆★見るだけでも勉強になります。大ちゃん(小山田大:セッター)も来ます。

 12/23-25 ボルダリング全国講習会
   ●11/30参加締切 ●参加費25,000円(一部補助)●加藤まで

 H19.1/20-21 積雪期登山講習会・指導員研修会 那須:大丸温泉付近:ホテル泊
   ●1/9参加締切 ●参加費18,000円(一部補助)●加藤まで
   ☆★会員は、一度は参加しましょう。佐藤プロガイドの講習が受けられます。☆★

13.小澤直宏さんを偲ぶ会(今年ナンガパルバットで無くなった隊員の追悼集会です。)
 ■日時:11月26日(日)13:00〜
 ■会場:埼玉県立草加南高校 体育館

14.その他
 ‥豕都東京都山岳連盟・海外委員会主催 第16回 海外の山を知ろう
 「ヨセミテのトラディショナル・フリークライミングの体験」
  講師:菊地 敏之 氏(山岳ガイド、元クライミングジャーナル編集長)
  日程:2006年11月9日(木)19:00〜21:00(18:30開場)
  会場:豊島区立勤労福祉会館 4F(第3-4会議室)

 日山協 海外女性懇談会 ■12/5(火)19:00〜
  ●国立オリンピックセンター(代々木)
  ●講師:小松由佳(2006・K2登頂者)他

 埼玉県岳連 海外登山報告会兼忘年会 ■12/2(土)夜・泊
  ●吉見町フレンドシップセンター ●会費:実費7,000円位

以上   
Posted by buntak2 at 16:27 深谷山岳会