2013年01月14日

松木沢・ウメコバ沢・横向沢・夏小屋沢(アイスクライミング)20130113

P1130044ウメコバ沢F6岡田

20130113 松木沢・ウメコバ沢・横向沢・夏小屋沢(アイスクライミング)

■パーティ:岡田・加藤
■期日:2013年1月13日(日) 天気:晴れ
■コースタイム
太田5:00==足尾鋼公園P6:30/6:50…黒沢出合付近…ウメコバ沢出合…中央壁付近…F6…F7…F6下…横向沢…夏小屋沢…横向沢…鋼公園P==夕飯==太田
■概要
■概要
 「甲斐駒の篠沢七丈瀑」へ行こうと岡田が言う。ちょっと曰くのある氷瀑で、一度は登らなければ!!と思っていた滝。しかし、今週末も南岸低気圧の接近で関東地方も大雪の予報。折角、黒戸尾根を登っても降雪で帰ってくるのはバカらしいので、転戦を決める。
遠峰の天野から松木沢入るメールを戴いたので、便乗させてもらう。ミニジョイントだ。
 5時頃、岡田が自宅まで来てくれるので、なんとか準備をすませ、出発。遠峰とはどっかで合流?と思っていたら、まだ銅親水公園の駐車場に居て、合流。準備があったので先に行ってもらうが、後から合流した。
 寒いと思っていたが、気温は高く3度。歩き出すと風がなくなり暑くなる。
こんなんで氷は大丈夫?と思うも、今まで見なかったところ(幕岩の辺り)に面白そうな一本。帰りに登っても良いね!!と思う。黒沢はダメ。F1だけ氷り、F2は左のスロープに雪が着いているのみ。F3にいたっては、あの広い壁に一筋の氷り?という感じ。
 遠峰は、その後沢におり、「横向き沢」、「夏小屋沢」の下で登攀の準備をしている。
「降りるなら、この辺り」と見当を着けておいて、折角来たので、岡田初の「ウメコバ沢F6、F7」を登りに行くことにする。先行パーティが居るような話を聞いたが、彼らはウメコバ沢出合の対岸の沢が氷っていて、「めずらしいので登ってみる」と登攀準備中。様子を伺いに言ってみたら、○○のTさんだった。
 それではと、たぶん先行パーティの居ない「ウメコバ沢F6、F7」目指して進む。
 渡渉は簡単に終わり、F1、F2はフィックスロープを登る。特にF1のフックスロープは、来るたびに登りにくくなっている。
 中央岩峰下に4人のパーティ。今日はTCMらしく、馬目さんも居た。一言挨拶し分かれる。今回は、知った顔が居なく、若手中心に参加者を絞ったという話し。
 
 期待通り、F6に先行パーティは居ない。下でゆっくり準備する。F6、F7を登ったら戻ってくるので、荷物もデポし、ガチャ類だけを持って登る。

F6:40m。岡田が左からリードする。途中凹角を直上するか?と思ったが、左に迂回。3本スクリューを決めて登り切る。セカンドで行っても凹角は「一寸急?!」と思い、左に迂回。しかし、この方向転換が意外にバランシーだった。

 それから、ロープを引っ張ってF7下まで行く。

先へ進むと来ました。F6・40m。お初です。
なんか「門番」ってかんじ。この先通りたきゃ、登ってみろ!みたいな。近くで見るとこんなかんじ。
ラインは右と左。左は氷結も良さそうだが、ちとムズイか。右は簡単そうだけど汚い氷だ。結構気合が入っていたんで、左を選択して、クライムオン!
核心の中間部を凹角を使って直上しようと思っていたが、真下に着たら結構なハングで断念。さてどーすべ?白くなってる左側が見た目よりしっかりしてそうだったんで、行ってみるとそれほど悪くないんで、巻き上がる。後は消化戦だけど、落ち口が薄そうだったんでスクリューを打つが、2本目を落としてしまった。まー念のためぐらいの考えでいたんで、完全な油断ですな。もう1本あったが、面倒なんでそのまま上がってしまう。結果氷は大丈夫だった。結局3本しか打たなかったからダメですな。
落としたスクリューは無事保護してもらった(^_^)/ 甲斐駒用の新品だったので。
緩いナメ氷を100m登りF7・40m。
よくぞ、こんな似たような滝が2本も続くもんだなー。しかもデカイし。今度は加藤氏リード。やはり右か左の選択だったが、どちらも変わんないねーってことで左。

多分、左は失敗。中間部がシャワーでした(*_*) 後の祭りだけど、右にしとけばよかったー。
クラゲ氷は大ハングで水ビタビタ。不快千万でした。正面突破を模索する加藤氏。
いやいや、左へ回り込んで乗り越して、この滝はほとんどシューリョー。
下りは両滝とも落ち口に支点があり、懸垂下降できた。
F6取付きに戻り大休止。まだ昼前だったんで、遠峰さんに合流できそうだ。果敢に岩に取付いている馬目氏パーティ。
先ずは横向き沢へ。
TRで登らせていただく。
続いて夏小屋沢へ。
F1・F2はよく凍ってて、ノーザイルで上がり、F3へ。
F3。垂直の12m。なかなかの一品です。
TRで登らせてもらって、上が面白そうなら、F4から上に行ってみようかと思ったが、F4(下の画像)にあまり関心が湧かず、そのままF3を数本登らせていただく。
いい時間になったんで、撤収。遠峰の方が、この日幕岩の氷を登ったが、斜度はきつくはないけど、結構凍るとのこと。今度登ってみたいなー。
駐車場には17時半頃到着。ヘッデンは出さないでも、歩けてしまった。このまま泊まって宴会して翌日雲竜瀑という話もあったけど、天気が悪そうなんで、ビールが飲みたかったが、後ろ髪をひかれる思いで、帰ることにする。帰りは水沼温泉の駅+施設で夕食。ソースカツ丼とうどんのセットで腹一杯になった。
遠峰山岳会の皆様には、大変お世話になりまして、ありがとうございました。

P1130010黒沢全景P1130011黒沢up

P1130014夏小屋沢P1130016遠峰山岳会のメンバー

P1130017松木沢左岸の氷瀑P1130019松木沢左岸の氷瀑・全景

P1130022松木沢左岸の氷瀑P1130021ウメコバ沢出合

P1130023ウメコバ沢F1

P1130024中央岩峰右P1130025R6滑り台

P1130026奥にウメコバ沢F6P1130028中央岩峰右岩壁チコちゃんルート

P1130029チャンピオン岩稜下P1130034 tcm

P1130035ウメコバ沢F6P1130036ウメコバ沢F6up

P1130044ウメコバ沢F6岡田

P1130045ウメコバ沢F7全景P1130048ウメコバ沢F7up

P1130051ウメコバ沢F7岡田

P1130058中央岩峰とTCMパーティP1130059中央岩峰正面壁のTCMパーティ

P1130063TCMパーティP1130065TCMパーティ

P1130066TCMバーティP1130067中央岩峰

P1130068TCMパーティP1130070ウメコバ沢F2

P1130074横向き沢

P1130078夏小屋沢F3P1130085遠峰パーティ

P1130087夏小屋沢下部P1130088幕岩左の氷瀑



Posted by buntak2 at 00:00│ 山行報告 | 深谷山岳会