とある窓拭きのぶらぶらライフ

窓拭き&各種ロープ高所作業etc.の仕事をしています。 日々の仕事や、道具の事など、好き勝手に書いてます。東京→大阪。

カテゴリ: ロープ関係

こんにちは。
今回も更新期間があいてしまいました・・・
1ヶ月ぶりですね。

今日ご紹介したいのはこちら。

IMG_1673

コンテラ社のクランプボットテラインローラーです。
注文してから待つ事約2ヶ月半・・・

主な用途は、というと

IMG_1683

ロープ引き上げ時の摩擦抵抗軽減に。
(画像に写っているオレンジのMIZOパットマンは、ロープの引き上げ時に使っていると破れてきますのでご注意を。)
もちろん、スルスルと快適に引き上げられます。

何よりコンパクトなのがいいですね。
使わない時でもハーネスにぶら下げておける重さ&サイズ感です。
いざというときのレスキュー等にも使えますね。


IMG_1674

個体差はあるのでしょうけど、僕のは309gでした。

カラビナが通る大きさの穴が空いているので、複数個を連結して使う事もできます。
関節が2箇所あるので、パラペットの角度も選びません。
H鋼にだって装着できます。
固定するのはそれなりに面倒でしょうけど。

ちなみに大きさはこんな感じ。

IMG_1697

全長15cm無いくらいです。(遠近法で分かりにくいですが)

ローラー自体珍しいものではありませんが、今まで現場で使った事のある某有名なものは、2kg近い重量があって個人で所有するのは結構大変だと思うのです。(お値段も・・・)
もちろん、サイズ的に安定感バツグンではあるのですが・・・
これなら使いたい時にさっと取り出して使う事ができます。

窓拭き屋さんが携帯しておくには、これが使い勝手良さそうと判断したので購入に至ったのですが、他にも、各社から色々と出ていますので興味があれば調べてみてください。

本当は引き上げ効率も実験してみたいのですが、計測器を持っていないので出来ません笑
とりあえず「コンクリートのパラペット(そのまんま)vs布養生vsアルミ角当vsローラー各種」くらいはやってみたいですね。

というわけで、まだまだネタはあるのでまた気が向いたら書こうと思います。


 


とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


どうも、お久しぶりです。
下降器を買ったのでインプレ&ご紹介。
実は、ここに書いてない道具がまだまだあるのですが・・・
最近、現場で気になった事等もふまえて色々書くので長くなってしまうかもしれません。

とりあえず、買ったのはこちら。

IMG_1648

 CAMP社のNewディッセンダーGIANT(業界スタンダードのアイディより僅かに軽い)

誤解を恐れずに端的に言えば、スパロー(クライミングテクノロジー社)の上位互換的な製品になっているかと思います。
規格もたくさんパスしています。
通常の窓拭き業務で使うにはEN12841typeC(ロープアクセス用下降器)用途がほとんど全てと言ってもいいくらいな気がしますが。
ほかにもEN12841typeA(ロープアクセス用フォールアレスター)やtypeB(ロープアクセス用登高器)にも適合。
typeAに関しては一時的な使用という意味で理解できるのですが、typeB適合の意味がどういうことなのか取扱説明書を読んでもよくわかりませんでした・・・
他にはEN15151-1も通っているので、EN892のダイナミックロープも使えます。(適合径9.9mm〜11mm)

対応ロープ径は、10mm〜11.5mm。
下降器としては210kgまで対応しているので、レスキュー時にも使えますね。

耐荷重は20kNとなってます。
ちなみにMBSに関しては、ペツルのアイディが14kN、ISCのD4が16kNです。
GIANT、そんなに強度あるのかなぁと思ったり笑
その辺に関しては、カムの偏心具合や材質、構造等も影響してくるのでしょう。
まぁ、普通に使う分には下降器のMBSが14kNだろうが20kNだろうが関係無いのでしょうけど・・・

現在、僕が使っている下降器を並べてみました。

IMG_1649

左から・・・

CAMP GIANT 実測548g ロープ対応径10mm〜11.5mm 最大使用荷重210kg
PETZL RIG 実測387g ロープ対応径10.5mm〜11.5mm 最大使用荷重200kg
PETZL I'D S 実測555g ロープ対応径10mm〜11.5mm 最大使用荷重250kg
ISC D4 実測680g ロープ対応径10.5mm〜11.5mm 最大使用荷重240kg

(新型RIGも欲しい。)

言わずもがな、EN12841用途で使う場合には、ロープはEN1891typeAの規格を通ったもの。
最大使用荷重はレスキュー時等の、専門的な訓練・教育を受けた人のみが使用出来る最大値です。

日本国内にもロープ高所作業の法律(特別教育)はありますが、現在の日本国内の窓拭き業界では、使用するロープ器材がヨーロッパのものである事が多いため、実質的にEN規格に沿った運用をせざるを得ません。(道具自体がそのような規格に基づいて作られているので当然といえば当然ですね)
ロープアクセスは、ISO(国際標準化機構)によって国際規格ISO22846が定められており、同僚がトラブルを起こしてしまった際のレスキューが行なえることも含みます。

例えば、ブランコ板に下降器を付けて(ハーネスには繋げず)作業することは、日本の国内法では今のところ問題無いということになっていますが、そもそも上に挙げたような下降器を使用する限り、それはメーカーの想定外なわけです。
もちろんメーカー側もそれらは想定しているので、取扱い説明書にもそういう使い方はしないで下さいとの表記があります。

ポディウムやフランクリンといったワークシートの類も、あくまでハーネスに繋げて使うものであって、ブランコ状にして単体で使うようには作られていません。
PPE(個人用保護具)では無いからです。
強度や構造等の規格が無いのです。
(強度はそれなりにあるから使えてしまうのですが・・・)
ということは・・・
ロープにぶら下がって作業している時にワークシート(ブランコ台)が壊れても、メーカーとしては全く問題無い(墜落しない)ということです。(落下物は危険なので、作業区域内はバリケード等で進入禁止にしておきましょう)
ライフラインにぶら下がってしまうこともここでは墜落に含みます。
ライフラインにぶら下がってしまったまま救助されずに亡くなられた方いらっしゃいましたよね・・・

窓拭き系道具店で取扱いのある器具が、EU圏のものが多いというのもあり、EN規格系の話になってしまいますが、システムとして成り立っているものなので、覚えておきたいところです。

下降器はハーネスのEN813適合のアタッチメントポイントに取り付けること。
お腹の部分にあるD環ですね。
しかも、EN12841typeCの下降器として使う際には、メインロープとは別に、EN12841typeAのフォールアレスターもライフラインと一緒に使わないといけませんよということになっています。
フォールアレスターは、フルボディハーネスのEN361適合のフォールアレストポイントに装着。(胸部や背部)
一部、EN813にも繋げて使えるフォールアレスターもあります。(※条件あり)

ちなみにEN12841typeBは登高器(アッセンダー)の規格です。(ハンドアッセンダーやチェストアッセンダー等)
ABC合わせてロープアクセス基本セットといった感じでしょうか。

ロープを登るのは何か特別なことであるかのように思われがちな窓拭き業界ですが、このように、基本システムの一部なんですよね。
もちろん、安全な動作のためには、それなりの知識と訓練は必要なのですが。

「登ったけど降りられないでは困りますからね。」
この言葉に、笑ってしまった方もいらっしゃるでしょう。
ですが、実際には「降りてしまったけど登れないで困る」場合だってあるわけです。
なんとなく想像つきますでしょうか?
偶発的なトラブルの場合もありますし、そもそもの作業計画が駄目だった場合もあるでしょう。

長々と書いてみましたが(頭の整理も含めて)、まずは取扱説明書をよく読んで理解するのが大切ですね。

この、CAMP GIANTに付属していた取扱説明書(日本語)に感心したポイントがあるのです。
「販売業者は、本製品が使用される国の言語で書かれた取扱説明書を添える必要があります。」と。
そりゃそうだよなぁとも思いましたが、日本語表記の無いものって結構ある気がします。

窓拭きのロープ作業は危険な仕事に見られがちですが、「命がけ」だったり「勇気があって云々・・・」と言われるのではなく、高度な専門知識を持ち、訓練も行なって、安全に作業しているのだと認識してもらえるように日々取り組んでいきたいものですね。
もちろん、技術の幅も広げていきたいですし。

というわけで、ようやくインプレの続き。

IMG_1652

フタは左開きです。
アイディやリグ、スパローと同じですね。
というか、D4だけが逆なのか?
フタにあるグレーの部分が本体側とカチャっとなります。(語彙不足・・・)
カラビナを付けていなくてもフタを閉めて固定できる構造です。
もちろん、カラビナを付けたままフタの開け閉め可能です。

IMG_1650

レバーはこんな感じ。
12時方向から6時方向まで、表側から見て、レバーの可動範囲は左側半分です。

IMG_1651

レバーがほぼ真上を向いてる状態がフルロック。
荷重がかかっていなくても、カムがロープを挟んで固定している状態です。

BRAKE部分は、段階的にカムがロープを挟み込む方向に回る感じ。
クリック感があります。

真下のロックは、荷重がかかっていれば降りない状態。
アイディやリグでいうところの、レバーがBELAYにある状態。
ロックしてなくてもカムが効いているのでロープは流れません。
カムにはバネが入っているので、荷重を抜けば、カムが戻り、ロープがフリー状態になります。

取扱説明書によれば、GIANTは、このどちらのロックの状態でも制動側のロープから手を離すことができます。
ただ、作業時に面台に足を着いたり、おもいっきり荷重が抜けるような動作をしてしまうと、ロープがひとりでに流れてしまう可能性はありそうです。
そういう場合はフルロックの位置の方がいいでしょうね。

アッセントやビレイ時は、レバーが真下を向いたロックポジションで。

下降時のレバー位置は、他のタイプの下降器を同じような感じです。
パニックロックも搭載。
他の下降器は、左手を逆手にしてレバー操作すると思いますが、GIANTは下降器本体にも指をかけて、レバーを握るように操作できます。
今日の作業では、順手でレバーを下げる様に操作してましたが笑

まだまだ使い込んでみないことには分からないですが、対応ロープ径の幅広さと、レスキューにも使える210kgの最大使用荷重、何よりも、ロープが同一平面状を通る構造のため、ロープにキンクが付きづらいというのが最大のメリットかと思います。
ロープの流れもスムーズそのものでした。(色々な条件で試してみないとですが・・・)
とりあえず表現してみるのであれば、「サクーーっ」といった降り心地。

フルロックをすることでロープがどちら方向にも流れないというのもいいですね。
この機構が無かったり、弱いタイプの下降器だと、パラペットから壁面に移り込む際、ロープが流れて下降器が気づかない間に上に行ってしまい、ぶら下がった時に下降器がエッジギリギリになってしまう(ハンドルが回せない)ことがありますからね。

そういえば機能がもう一つ。
カムをロープを噛む方向に回さないためのボタンがあります。
アンカー側ロープと制動側ロープが出てくる部分の真ん中にあります。
機能としてはアイディのレバー先端のボタンやD4のカムを押すといったことと同じです。

それではみなさま、ご安全に。


 
とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


ブログの更新さぼっていた間にも、道具類は着々と増えて・・・
今日は、ロープを洗う時に便利なブラシのご紹介。

IMG_1614

ロープで有名なベアールが出しているロープブラシです。
重量は50g無いくらいかな。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベアール(BEAL) ロープブラシ BE16084
価格:2376円(税込、送料別) (2018/4/28時点)



使い方は見たまんまなので割愛。

ロープの末端から通すもよし、途中から通すこともできます。

IMG_1616

こんな感じでクルクルと。

ちなみに、ロープとブラシは濡らした状態で使用してくださいとの説明が。
乾いた状態だと摩擦熱が発生するからなのでしょう。

ロープに通したら、手で持ちやすい、ロープ上で動かしやすい幅に調整できます。

IMG_1617

伸ばした状態。

IMG_1618

縮めた状態。


実際にこんな感じで洗ってます。

IMG_1558

ロープの末端から末端まで、何往復かさせればかなり綺麗になるのですが、50mや60mのロープでも、3往復くらいが精神的&肉体的な限界です笑 

真っ黒に汚れていたグリヨン用ロープ

IMG_1559

普通に揉み洗いしてもそこまで綺麗になりません・・・

ベアールのロープブラシで10往復(以上?)くらいさせてみるとこの通り。

IMG_1560

ロープが汚れていると、操作性も落ちますし、何より下降器等の傷みも早くなります。
たまには念入りに洗ってみるのもいかがでしょうか。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベアール(BEAL) ロープブラシ BE16084
価格:2376円(税込、送料別) (2018/4/28時点)



とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


カラビナ。
当たり前に使われていますが、便利な道具ですよね。
ロープをスリングに掛けたり、下降器をハーネスに繋いだり。
レンチやプライヤー等の工具が無くても、開閉式のゲートがあるおかげて、取り外しが楽に行なえます。

便利な道具ではあるのですが、正しい使い方をしないと死に繋がる危険性も高いのです。

カラビナの強度ってご存知でしょうか?
MBS(Minimum Breaking Strength)の表記がありますよね。
例えば、縦軸方向で25kN、横で8kN、ゲートが開いた状態で7kNという具合に。
これは正しい使い方をした場合、25kN(約2.5トン)で壊れますよということです。
実際の使用に関しては余裕を見越して、例えば破断強度の5分の1までにしておきましょうねということになります。

横方向や、ゲートが開いた状態で使うのは論外だとして、今回は縦軸方向について考えてみましょう。
ところで、カラビナの弱点はどこなのでしょうか。

IMG_1504

ゲート部分なんですね。
写真左下の部分なんて、ピンでとまってるだけですから。
カラビナを両手で強く引っ張ってみると、ゲートの隙間の間隔が狭まることで、カラビナ本体がそれなりに変形するのが分かります。

強度は、基本的にゲートと反対側のスパインが受け持っていて、ある程度以上荷重がかかるとゲート部も補助的に役割を果たすといった感じでしょうか。

ここで2種類の形状の異なるカラビナを見てみましょう。

オーバル型 ペツル オーケー
IMG_1502

洋梨型 ペツル ウィリアム
IMG_1499

12mmのダイニーマスリングで、カラビナの強度を最大限生かせるように引っ張った様子。
これをメジャーアクシスと言います。ちなみに横方向はマイナーアクシス(やっちゃ駄目なやつ)。
ちなみに破断強度のテストでは、12mmの棒状のもので、両側から引っ張るという内容になっています。

特に上の写真の洋梨型カラビナのウィリアムなんですが、こういう風に引っ張ってはじめて、記載の破断強度が得られます。


こんな風にしてしまうと、荷重が強度の弱いゲート寄りになってしまい、テコの原理で強度が十分発揮できなくなります。
静荷重テストでは、最大45%もの強度低下が見られるとのこと。
特にこのような形のカラビナで起こりやすいので注意です。

IMG_1500



最後に、3方向荷重について。

IMG_1497

昨日の記事でも書いた、こういう使い方のことです。
写真だと、スリングの角度が90度くらいになっています。

これに関して、非常に参考になる動画を発見しましたのでご覧ください。



実験材料となるのは、オーバル型のカラビナ(破断強度25kN)と洋梨型のカラビナ(同50kN)。
スリング内角が45度や55度の場合での強度低下がどのくらいになるかという内容です。
結論から言えば、オーバル型の強度の低下はあまり無く、洋梨型は半分以下に。
メジャーアクシスでの破断強度に倍の違いがありながら、3方向荷重では、オーバル型の方が強くなるという。
ちなみに洋梨型でも、狭い側に入れ替えてみると、強度低下は少なくなっています。

カラビナの形状的に、広い方をスリング側にしたくなりますが・・・

IMG_1505

こういうことですね。

こうすることで、ゲート側への荷重を減らせます。
ちなみに写真のスリング内角は約30度。
12mmのダイニーマスリングを使用していても、見た感じこの角度くらいがギリギリな感じがしますね。

スリングを対象物に回しがけしてカラビナにセットする以上、厳密に言えばどうしても3方向荷重は避けられないと思うのですが、とりあえずの基準となる角度はあるのでしょうか。

特に必要無ければ、カラビナはオーバル型がリスクも低くて(お値段も安くて)いいのかなと思います。
汎用性が高いですよね。
窓拭きに使うロープ装備で、オーバル型で困るってことほとんど無いんじゃないでしょうか。

どうしてもカラビナへの3方向荷重が許容できない時はこんな方法もあります。

IMG_1498

リギングプレートを使う方法です。
見たまんまなのですが、これに関してはロープのリギング時と同様、スリングの内角ができれば90度以内、最大120度までで使用するのがベターなのかなと思います。

 

とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


あけましておめでとうございます笑
もう2018年も2週間以上過ぎてしまいました。
今年は更新頑張るつもり(!?)なのでよろしくお願いします。
頭の中に記事ネタはそこそこ溜まっているのですが、昔のようにホイホイ書いてしまっていいのか、ここ最近考えないといけないような気がしてしまっておりまして・・・

さて、今日の現場は高層マンション。
天候にも恵まれて快適に作業できました。

数日前にやった時は、すごく寒かったのです。
寒かったり暑かったりする大阪ですが、みなさま体調を崩されませんよう。
先週なんて違う現場で、僕、半袖ポロシャツでロープ作業してましたので笑

ちなみに、ロープはKM3の10.5mm、下降器はD4。
屋上から150m弱ほどと思いますが、ロープを送ること無くスルスル降りられました。
DSD組は、ちょっと苦戦してた模様。

普段なるべく口出ししないようにしているロープのセッティング。
責任者の立場では無いのでね・・・(責任も取れないし・・・)
さすがにこれはと思い、ついつい口出ししてしまったのがこちら。

IMG_1477

なかなかにワンダフル。
ぱっと見ただけで、2、3点ほどマズい点があるというのは、このブログの読者の方々ならすぐにお気づきになることだろうと思います。

ちなみに、昨日は仕事仲間を連れて、IRATAの講習を見学に行ったのです。
東京時代にお世話になった応援先の従業員の方とも久々に再開できて、楽しい時間でした。

やはり世界標準(ISO-22846)の、産業用ロープアクセス(ロープ高所作業)の知識、訓練は必要不可欠だと再度実感しました。
つい先日も東京でブランコ作業の作業員の方がお亡くなりになったばかりです。
今日の現場のエントランスにも「ブランコ作業云々」と記載された張り紙が。
業務用エレベーターで一緒になったおじさんも、昔ブランコ作業をやっていたとのことで。
僕の周りでも徐々に変わってはきていますが、まだまだリスクが高いと感じる現場も多いです。
どうしても、予算や知識不足、技能不足等の関係で無茶しがちな業界ではありますが、一歩一歩、たとえ亀のような歩みだとしても、業界の水準が上がるように努力していきたいです。

 

とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


このページのトップヘ