とある窓拭きのぶらぶらライフ

窓拭き&各種ロープ高所作業etc.の仕事をしています。 IRATA Level3。1988年生まれ。 日々の仕事や、道具の事など、好き勝手に書いてます。東京→大阪。

業務案内&お問い合わせ

IRATA レベル3 取得。

読者の皆様、お久しぶりです。

2018年11月24日(土)、産業用ロープアクセスの国際協会、IRATA(アイラタ)Level3の資格を取得することができました。
スーパーバイザーとして、全ての権限と責任を負う立場に。
これでようやく一人前と言いますか、実質的なスタートラインに立つことができました。

窓拭きという仕事を始めてほぼ6年。
僕がIRATAというものを知ってから、かれこれ4年半ほど経つようです。
まだ東京にいた頃に勤めてた会社では、三つ縒りロープにシャックル、ブランコ、胴ベルト型安全帯にロープチャックで降りていました。

4年以上前、独立する前から夢中になって読ませていただいていたのがこちらのブログ。
FTGロープアクセス http://www.ftgworks.com/works/

情報もあまり得られ無い中、見様見真似で技術や知識を取り込んでいたあの頃・・・
2015年6月に初めてIRATAの体験講習に参加させていただく機会を得ましたが、IRATA Level1の資格をようやく取得できたのは2016年7月のことでした。
その年の春に(家庭の事情ってやつで)大阪に帰ってきて、1回目の夏です。

このブログでもたまに出てくるIRATAですが、ご存知で無い方もいらっしゃると思いますので一応ご説明を。

IRATA(本部) https://www.irata.org/ 

ロープアクセス講習 IRATA国際資格 ロープクライミング.JP http://www.ropeclimbing.jp/ (兵庫県でIRATA資格取得出来ます。僕もお世話になってます。)

日本国内においては、2、3年前にようやく法制化されたロープ高所作業(それでも特別教育扱いではありますが・・・)ですが、海外ではロープアクセスという手法が昔から使われておりまして。
ご参考までに→ロープアクセス技術-Wikipedia 

ロープアクセスで使われる道具は一見、登山等で使われるモノによく似ていますが、お仕事で使えるように産業用の規格を通ったものを用います。
誤解を恐れずに簡単に書けば、登山やクライミング等のスポーツ用品と比較をすれば、重くて(笑)頑丈で安全性が高く、快適という具合。
IRATAでは、EN規格(ヨーロッパ統一規格)のものを用いています。

グローバルな世の中ですから、道具のみでは無く、作業手法にも実は基準があるのです。
もう15年も前に、ISO(国際標準化機構)がISO22846によってロープアクセスの基本的な基準を定めています。
重要なものを抜粋してみましょう。

・適切な作業計画、用具の選択。適切なレベルの監督者に、適切な訓練を受けた作業者。
・ダブルプロテクションの原則(メインロープとライフライン等)。
・メインロープとライフラインが直接、作業者のハーネスに繋がっていること。
・自動ロック機能を持つ下降器の使用の推奨。(特別な固定法を用いずにロープから手を離したとしても落ちないもの。)
・レスキュー計画。(作業員がロープ上や作業箇所で何らかの理由で身動きが取れなくなってしまっても、同僚で救出ができること。作業現場、箇所によっては、消防等のレスキュー隊はそもそも救助に来られないか、もしくは時間がかかりすぎてしまい、手遅れになりかねません。)

現在の日本国内のロープ高所作業特別教育ではここまでの内容は求められませんが(大人の事情?)、ご覧のように、実際はどれも必要なことばかりでは無いでしょうか?
どうやら日本は、ロープアクセス(ロープ高所作業)に関してまだまだ後進国なようです。

上記のように、国際標準ISO22846の内容に準拠している産業用ロープアクセス技術を広めているのがIRATAという組織。

Industrial 産業用
Rope ロープ
Access アクセス
Trade 業者
Asociation 協会

それぞれの頭文字を取ってIRATAです。
これまでに全世界で10万人以上の産業用ロープアクセス技術者が登録され、事故率の低さ、技術の高さなどから評価も高い、世界最大規模のロープアクセス業界団体です。
国内でも、レスキュー等に携わる一部の消防関係者がIRATAの技術を取り入れてご活躍されているようです。

ちなみに、Level1からLevel3までの3段階の資格に分かれており、実務上可能な動きを簡潔にまとめると、

Level1:Level3の監督下で指定範囲の作業が出来る。ロープ上での移動が一通り、安全に出来る。
Level2:Level3の監督下でLevel1の内容に加え、ロープのリギング(セット)、レスキューが出来る。
Level3:何でも知っていて(知らないことは調べて理解するだけの能力があり)、困難なレスキューでも何でも出来ないといけない(そもそも、そうならない為の作業計画が立てられないといけない)。

それぞれのレベルを取得してからの有効期限は3年で、更新の為には試験を受けて合格しないといけないという厳しいシステム。しかも更新となると、新規で受けた時よりも審査が厳しくなるという噂。
残念ながら能力が足りないと判断されると、容赦無く落とされてしまいます・・・
日本に数ヶ所、IRATAの資格が取得出来る公式のトレーニング施設がありますが、試験(アセスメント)は、トレーニング施設とは関係の無い、第三者機関から招聘された外国のアセッサー(試験官)によって行われます。

自動車の免許がIRATA同様の更新制度だったら、免許保有者はどこまで減ってしまうのか気になるところ・・・

実務上IRATAを取り入れるのであれば、どうしてもLevel3まで取得しておく必要がありますが、Level1のみの講習でも今までには考えられなかった技術や考え方が身につきます。
困難な箇所へも自在にアクセス出来るようになり、様々なアイデアも浮かんできます。
そこに加え、ある程度の身体能力と性能の良い道具さえあれば、それこそ割と何でも出来てしまうでしょう。見様見真似だとしても。

それはまるで、高性能な車に乗って、運転が上手いと錯覚してしまうようなもので。
例えるなら、公道において200km/hで安定して走ることが出来るかもしれません。
300km/hだって不可能では無いかもしれません。
ただ、そのリスクは指数関数的に増えていくことでしょう。
何かトラブルが起きた時、それらに対処できるだけの能力があるのか。
そもそもどのようなリスクがあるのか。
必要なマージンはどのくらいか。

出来るか、出来ないかで言えば出来る。
少なくともやれない事はないだろう。
しかし、それはやってもいいのか、ダメなのかを考える。
ダメだと判断した理由は何か。
それはどうやったら改善されるのか。
その作業に、万が一のレスキュー計画は立てられるのか。
危険だから即ダメという事は無い。
一般の方から見れば、我々の仕事は一見どれも危険に見えることだろう。
その危険、リスクとどう向き合うか。
如何に危険、リスクを排除し、安全側へと寄せていけるか。
その為の技術であり、知識であり、日々のトレーニングであったりする。
けっして命がけの仕事なんかでは無い。もしそうだとしたら報酬が安すぎる(笑)
命をかけないといけないのは技術が無いから。知識が無いから。お金(予算)が無いから・・・
あれっ。因果関係が逆かな?と思わなくもない(笑)
90%大丈夫そうだけど10%で死ぬかも。程度の安全性では仕事は出来ない。
ただ、完璧な安全なんてものは無い。
それこそ、ただ生きているだけで死ぬリスクを負っているのだから。
どこで折り合いをつけるのか。
技術もさながら、安全対策に関する知識や能力の引き出しがどれだけあるのか。

IRATAのLevel3を取得したからといって、それがゴールというわけではなく。
今までの講習やレスキュー等の内容を通して、安全、リスクに関する考え方のベース(基礎)が身に付き、それらを元に、自分で考えられる能力が得られるのだと思います。
点と点が線で繋がり、それらが面となって、やがては立体的になってゆくように。
方法だけ分かっても、考え方、ロジックが分からないとどうにもなりませんからね。

と、ここまで読んでいただけた方がいらっしゃるのかどうかは分かりませんが・・・

死亡事故こそ身の回りではありませんが、僕の知らない現場で知人が落ちた。とか、危うく宙吊りになりかけたとか。目の前で事実上の宙吊り状態になってしまっていたとか。
※宙吊り:身動き取れない状態でロープ上に吊られてしまう状態。意識を失っていると更に危険。

一見ただのマヌケなようで、一歩間違えば命の危険があったであろう、そんな事態に遭遇することが稀ではありません。

地面等に墜落すればほぼアウトなのはご納得いただけると思うのですが、宙吊り状態というのも、直ちに救助しないと身体にダメージが起こり、最悪死亡します。(サスペンショントラウマ)
・メインロープや下降器等にトラブルがあり、ライフライン等に宙吊りになった。
・熱中症等で動けなくなった。
・作業中に怪我をして自ら降りたり登ったり出来ない。
など、様々な原因が考えられます。

近頃は僕の周辺でも少なからず、以前のブランコ作業から、ペツルやISCといったEN規格の道具を部分的に揃えて、作業されている方(安全上のモノ対策ではありますが)も増えてきましたが、そもそも正しい使い方、そのリスクと対策を分かっていないと、危険な目に合ってしまうことも結構多いようです。
酷い例だとアサップロックにスリングが繋がってたり、安全帯のランヤードを長いスリングに交換してあったり・・・
下降器にロープを逆に通してしまって身動き取れなくなってしまったり。(冗談では無く)

やはり、適切なトレーニングは必要ですし、現場に合わせた用具を選択することが出来る知識も大切です。
そもそも最低限として、説明書をちゃんと読んだことがありますか?
読んだことのある方はご存知だと思いますが、残念ながら説明書には本当に最低限のことしか書かれていないのです。
なぜなら、製品の使用に関する全ての危険を説明書に記載するのは不可能だから。
どんな使い方をされるのか、分かったものではありませんからね。。
分からないことがある時は、メーカーや代理店、販売店、専門家等に相談してみることをオススメします。

僕も、現場で尋ねられた際は出来る限りちゃんと答えるようにはしていますし、自分が下の立場でも、流石にこれはヤバイと思った時には伝えるようにしています。
それでも言われた方からすれば鬱陶しいでしょうから、極力深入りはしたくないのですが。
相手だって同じくプロフェッショナルですからね。
ただ、自分の現場であれば容赦無く。といったところ。

また、日頃の仕事仲間を中心としたロープアクセスの勉強会も定期的に開催していきたいと考えておりますので、興味がおありの方はご連絡いただけると嬉しいです。
みなさま、どうかご安全に。


とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


ショップ再開&商品製作のお知らせ。

昨年の夏にショップを休業してからというもの、ようやく再開することとなりました。
基本的に現場に出ておりますので、細々とではありますが、ご愛顧のほどよろしくお願い申しあげます。

従来の発送サービス(コンビニから簡単に送れて便利だったのに・・・)より、ゆうパックに変更となっております。
昨今の宅配業界云々〜の事情によりまして、送料値上げとなっております。
ご注文の際は、一応ご確認ください。
また、ご注文確定後、発送までに2〜3日お時間いただくことがございますのでご了承ください。 

ショップ休止中、お問い合わせ&ご注文いただいておりました当ショップ人気商品、数点ずつご用意できております。
大変長らくお待たせいたしました。

3段ショートポール(120cm)

8e3609f861fc3665bc72e34c6cf0403e

ワグディター2.0 40cm

ba723c107cd00dea6698dc5273a9de7d

ワグディター2.0 フリック45cm (最近お気に入りのモデル)

cf6f5591432362768fe06637a40dae3e

 
リクイディターを使いやすくするクリップ加工、ご希望の方は備考欄にてお伝えください。(加工無料)
かっぱぎやすくなるメリットはありますが、そのままの状態より、タレは少し出るようになる気がします。 

参考写真
IMG_0873










とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


ショートポール製作&セールのお知らせ。

ようやく部材が手に入りまして、久々にショートポール製作しました。
お待たせしました。(待ってない?)

 IMG_0895

ハッスルズ製品(ポールマン含む)の取り扱いが中止となりまして(オトナの事情)、ポールバンドは付属いたしません。
その分価格をお安くしております。 

僕も現場で使っていますが、この長さ便利ですね。
持ち運びやすい長さ、かつ3段式なので、通常のワンフロアなら十分な長さです。

IMG_0897

先端パーツも、WAGヘッド(写真中央)以外は、取り外し可能です。
販売当初は接着剤で取り付けていましたが、取り外しできることで、各社アングル系のパーツも取り付けれるようになりました。(適合未確認)
ちなみに、ヘッド内径の違いから、ETTOREヘッドとUNGERヘッドの互換性はございません。
 
ハッスルズ各製品も在庫限りのセール価格となっておりますので、欲しいアイテムがある方はお早めに。


 

とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug


ショップより購入確認メールが届かない方へ。

タイトルの通りなのですが、とある窓拭きの道具店におきまして、商品をご注文されたのに関わらず、お支払い期限を過ぎてしまいキャンセル扱いとなってしまうことが月に数回ございます。

商品を注文されますと、BASE(ベイス)より、メールが自動で届くようになっております。
 
noreply@thebase.in 

ご注文後、上記のメールアドレスより確認メールがすぐに届きますが、キャリアメールをお使いの場合は迷惑メール設定などによって連絡が取れない場合がございます。
コンビニ決済や銀行振込をご指定の方は、お支払い情報もそちらのメールに記載されております。

心当たりのある方は、注文が通っているかどうか、下記アドレスまでご連絡願います。(受信可設定もお忘れなく)

t.madofuki@gmail.com



とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug

ショップ1周年記念キャンペーン開催。

さきほど気づきました。
とある窓拭きの道具店」がオープンしてちょうど1年だということに。
 
この1年間、たくさんのお客様からご注文いただきました。
名前と住所覚えちゃうんじゃないかなっていうくらい何度もご注文いただいた方もいらっしゃったり。
ほとんどが直接知らない方ですが、もしかして現場でお会いしたかも?という方も。(同姓同名かも?)

というわけでして、何かしらキャンペーンを開催しないといけないなぁと思いまして

今日から3日間 ・・・

1,000円以上のご注文で、送料無料キャンペーンを開催します。(在庫限り)

開催期間は、今から2016年10月21日の僕が起きるまで(笑)
 
在庫切れの商品が多く申し訳ございませんが、ご注文お待ちしております。



  とある窓拭きの道具店:http://madofuki.handcrafted.jp
「とある窓拭き」の掲示板:http://jbbs.shitaraba.net/business/22133/
  YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCk_7A864DUGpIS_lpEQs0Ug

スポンサーリンク


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: