2005年08月

2005年08月31日

凪の塩ver.1

8175ea52.jpg

昨日のブレンバスタはでは「業界初!丼淵塩ラーメン」でした。驚く事なかれ!の勢いで提供しました。付いたあだ名は「塩犬麺」

そのヒントになったのが、そうです・・・お酒のソルティドック!

そんな驚きの一杯で評判をよび前半静かな営業だったのですが、22時ごろから息を吹き返したようにお客様がこられなんと48名の来店がありました(^^

毎回雨の多い凪ですが、今日はしっとり営業でいこう!的なノリでした。

が・・・・・アットいうまに忙殺されてしまう今日この頃です☆

悪天候の中ご来店して頂いたお客様有難うございます。

驚きと、楽しみ、喜び!小さくてもいいから感じていただけるお店を作っていきますのでこれからもよろしくお願い致します。m(__)m

 

PS.「塩犬麺」
レシピ・作ったのは生田。骨の仕入れは夏山。


動物系に鶏・牛・豚を使い味のスープ自体から香りと甘みを出すようなイメージ。モミジでスープの厚みを作る。魚系のスープは別にとり、(なにげにダブルスープ直前にスープを合わせる手法) タレは5%程度の出汁(昆布・椎茸中心)に薄口とみりんで調合した塩ダレ。麺は加水35%前後(?)の中太麺をしようする。大きなポイントは丼の淵の塩と究極のオクラ!このオクラは普通のものより倍の値段がします。そして粘り気は3倍はあるでしょう。これがスープに溶け込むと、スープと麺とのからみを増してくれてます!(^^)!



burand1 at 14:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!イベント 

2005年08月30日

塩らーめん!!!

今宵はブレンの日

8月30日は凪@ブレンジャックの日です!

暑い!汗をかいた日はブレンによってさらに汗をかきましょう(^^♪
 
 
今週のラーメンは・・・
 
超驚きの塩です!!!

・「塩ラーメンver.1」(500円)
・「塩チャーシュー麺」(700円)
・その他おつまみあり!
・ビール、カクテル、水割り、お茶割り、ALL500円
 
営業時間は19時〜朝4時(混む時間帯20時〜0時)
その他ドリンク500円均一
チャージ無し(通常のブレン営業は500円かかります)
場所 東京都新宿区歌舞伎町1-1-10-2階 ブレンバスタ
 03-3207-1158 


burand1 at 13:35|PermalinkComments(2)TrackBack(5)clip!

2005年08月29日

次回の凪は・・・・

次回のラーメン凪は?(8月30日)

九州レポートの音声ブログをアップしています。

前回の八王子ラーメンも総括!感想を聞いてブレンバスタの雰囲気を感じてください。

そして次回のラーメンヒントも隠れています(^^

http://www.voiceblog.jp/nagi/

  


burand1 at 01:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年08月27日

久しぶりの日記です。

さて久しぶりの日記です。

ライブドアの社長ブログランキングでは、堂々の31位にランクしていました。

目標はトップ10入りでしょうか。まだ先は長いようです。

さて、珍しく色恋沙汰を書きます。

こんな恋愛が出来たらいいな〜っと思ってある講演で聞いた話をメモしました。

「君の夫や妻は君のものではない。 ある家庭で愛されて育てられた
 
大切な息子であり、娘である。
 
 これから君達二人は共に暮らしはするが、決して相手が君に属する
 
ことはない。君は相手に愛情を注いだとしても、相手に君の価値観を
 
押し付けてはならない。なぜならば、相手には相手の考えや価値観
 
があるのだから。
 
 君が相手を理解する努力をしたとしても、君が理解されない事で相
 
手を責めてはならない。なぜならば愛は与えるものであり、与えること
 
にこそ喜びを感じる事が真の愛だからだ。」
 
確か結婚式を上げる二人に送られた言葉だった気がします。
でも読んでても共感する部分もあり、常に考えさせられます。
久しく1年ほど恋愛とやらに遠ざかっておりますが、次なる恋愛はこんな恋が
出来たらと思ってしまいました。


burand1 at 00:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

久しぶりの日記です。

さて久しぶりの日記です。

ライブドアの社長ブログランキングでは、堂々の31位にランクしていました。

目標はトップ10入りでしょうか。まだ先は長いようです。

さて、珍しく色恋沙汰を書きます。

こんな恋愛が出来たらいいな〜っと思ってある講演で聞いた話をメモしました。

「君の夫や妻は君のものではない。 ある家庭で愛されて育てられた
 
大切な息子であり、娘である。
 
 これから君達二人は共に暮らしはするが、決して相手が君に属する
 
ことはない。君は相手に愛情を注いだとしても、相手に君の価値観を
 
押し付けてはならない。なぜならば、相手には相手の考えや価値観
 
があるのだから。
 
 君が相手を理解する努力をしたとしても、君が理解されない事で相
 
手を責めてはならない。なぜならば愛は与えるものであり、与えること
 
にこそ喜びを感じる事が真の愛だからだ。」
 
確か結婚式を上げる二人に送られた言葉だった気がします。
でも読んでても共感する部分もあり、常に考えさせられます。
久しく1年ほど恋愛とやらに遠ざかっておりますが、次なる恋愛はこんな恋が
出来たらと思ってしまいました。


burand1 at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
記事検索
Archives