2006年12月

2006年12月30日

年末・・・・

28b5f343.JPG
仕込みの多い一日でした。
皆、休憩返上、やっとラーメン一杯を食べるのが精一杯・・・・
餃子、黒肉団子、チャーシュー、ワンタン・・・・そう凪では仕込が大変多いのです。
その為、営業終了後、片付けを終わったあとに餃子を700個近く握りました。
もう優るともども、腕が上がりません・・・・明日も多分こんなだろうな。餃子美味しくなるといいなと祈りを込めています。
 
さて、今年も後わずかですね。皆様本年度は真にありがとうございました。
ちょうど一年前の今頃は、ブレンバスタ年末3連荘をやってたころですね。
福岡屋台がひと段落してからばたばたと。懐かしい。
今年は本当に実りのある一年になりました。店も2軒出すことができましたし。
まだ順調ではないですけどね。でも頑張りどころです
 
今日は僕の好きな詞をを送ります(^^
 
*「自分の感受性くらい」* 茨木 のり子

ぱさぱさにかわいていく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
何もかもへたくそだったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


大好きな金八先生で教わった言葉です。
自分を客観的に見させてくれる詞だと。
 
今年も一年お世話になりました。
ありがとう
 
生田


burand1 at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月29日

よいおとしよ・・・

今日はなんだかばたばたと・・・・年賀状の割り振りもなばかりの社長ということだけで。夏山、西尾の5倍はありますね。夏山に至っては10倍はあるとおもいます。どうなのよ?と思いながらも書くことは嫌いではありません。

今日は国村をまるまる休みにしたので、夜は麺揚げなど。

珍しくお客様はこないなーっと思っていたら、何気に来てました(^^

で。ゴールデン街や渋谷のお客さんも数人きてくださりまして、この一年の変化も実感しました。ありがとうございます。どうも立川は別なかんじがして、たまに来てくださる、常連のお客様には本当に感謝しております。

はい。で、現場はバタバタ。最後は腹痛優が戦線離脱状態となり、深夜まで。

このやろう〜と思いつつアレなんで頑張ってみました。

はい、疲れがたまっているのか、まともにブログがかけなくてすいません。

また、アシタ★



burand1 at 03:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月28日

アイデアの素

こんばんわ。

おっちょこちょいのイクタです。

え〜っと今日は僕のアイデアの素の紹介。

以前からアイデア量産方法のひとつとして「アイデアマラソン」なるものをやっていました。

やり方は、すごく簡単!ノートに毎日アイデアを3つほど書いていくだけ。非常に簡単です。

これを続けるだけで年間1000個近くのアイデアを生み出すことができます。

また、金のアイデア・・・つまり生きた使えるアイデアは100個のうち2〜3といわれているので、20個〜30個はものになるものだといえます。は、軽く根気の要る作業なんですけどね。

そのアイデアマラソンを書いているノート、このたび一新しました。ペンテルから発売のエアーペンです。それは書いたものがパソコンに転送されファイルが保存されます。素晴らしい!の一言です。

ま、こんな便利な機器があっても使うのは人間ですから。 

それと携帯電話を換えました。なんと幻のM(モトローラー)。

超使いにくいです。

とまぁ今日は仕事に直接関係のナイ話を書いて見ました。

 



burand1 at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月25日

くりすます☆

37245994.JPG 

一週間お疲れ様でした。

長いようで短いですね(^^

ラーメンスクエアGPは終盤に差し掛かっています。

今回の週末で、ぶっちぎりのアドバンテージを築くよていが(大笑

現実はそうは行きません。

開店前に各スタッフと約束した「3ヵ月後ナンバーワン」になること。

簡単にはかないませんね(ふぅ)

週末は予測不能な客数・・・・・

ただ、頑張ります。

今日は昼のピークにかなりの来客がありました。

しかし、万全な体制で臨むことが出来ずに・・・・こなすだけの営業になっていたように思います。

反省です。もういいと原点を見つめて明日からの営業に望みたいと思います。

さてさて。

考えることが沢山あります。

代表として、現場を引っ張りながら、その先の道も作らなければなりません。

それが社長の仕事であると。

しかし、足場がぐらついていては、安心して先の仕事へなど取り掛かれません。

まずは着実に、且つ意味ある一歩(毎日)で進んで行きたいと思っています。

店として存続し続けるには、どの道を進めばよいか。どちらに進んだにせよ、間違いではないと思います。その道をどのように捕らえるか、それが本当の分かれ目だと。

今日はクリスマス♪

満足なクリスマスは遅れそうにないですが・・・・ケーキ待ってます。

写真は先日お会いしたとある方。

書いていただいたメモがみには、暖かい人柄がにじみ出る内容でした。ありがとうございます。

 

 

 



burand1 at 06:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月20日

どんなラーメン屋になるの?3

02dd411d.JPG

開業前に質問されました。

「え〜っと豚骨の店です」ってまじめに答えてました。

さらにつっこんで質問されると、(昨今の垣根を越えたラーメン業界なので)「そうですね。豚骨と、醤油」と答えていました。

こってりした豚骨と、あっさりの醤油を用意しておけば面を広げたお客様(10代〜50代)に来ていただけるのではと。

これ僕の1年前の考えです。参照 http://blog.livedoor.jp/burand1/archives/50271113.html

実際のところは?

渋谷⇒豚骨+醤油+日替わり

立川⇒6種類の豚骨+醤油?(まだ未定)

そうですね、面を広げるという意味ではぶれていない様子。

一年の間にさらに磨きがかかり、「こだわり」も持つようになった気がします。

本店は、いつも同じ味の豚骨でがっしりと固め、日替わりでさらに新鮮さ感を出しつつ、現場での教育へとつながる。立川は施設らしく、いつ来ても新鮮で、どんなときでも安心される味で、皆で食べても楽しめる店、そんなコンセプトにのっとり、凪、太、黒、赤、魚、海老・・・などがあります。このスタイルは一昔前のダブルテイスト感を加えたものですが、より高い次元での品質向上へと進めています。よく油で簡単に味を変えて・・・とありますが。私は油もスープと同じような感覚で作るよう心がけます。また具材との調和から食べて満足なラーを目指します。これこそが「楽しめる」をキーにしたラーメンだと思います。なので今後もっと楽しめるような仕掛けや味の変化を出せればいいな。

というように、一年の間に大きく考えからに変化があったと思います。これも変わらないために変わり続ける精神なのかも知れません。←とらさんらじおでも読み上げた社訓は店でも毎朝叫ばれていますね。 来年はいったいどこまでの変化があるのでしょうか?自分が楽しみ、そんなへんちくりんブログでした。

写真は、先日渋谷にて行われた雑誌の取材の一部です。さてわかるかな?

 

 



burand1 at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
記事検索
Archives