2012年09月27日

勝負とはこの繰り返しなのではないだろうか?

主にお客様の声を聞く方法として、.優奪鉢▲▲鵐院璽鉢お店での声さ區推移そんなところかな。

インターネットが普及して劇的に増えたのではないだろうか?

それでも参考になるものとならないものもあるが。

△離▲鵐院璽箸農萋面白いものがあった。大宮店だがラーメンと欲しい一品ありますか?の質問に「さざえの壷焼き」というものが。 ぜひやりましょう!といってしまいそうでした。

あ、そういえば先日ツイッターで「パクチー欲しい」の声があったのですぐにやろうやろう!と返信したら食べに来てくださいました。こういうスピード感は過去にはない感じでワクワクしますね。

飲食店を流行らせるってむつかしい、ましてはつづけることが本当に難しい。

その答えを探そうと人頼りにするひともいるんだけれど、本当は文頭にあげたお客様の声に眠っていることが多いですよね。特に客数とは世の中に必要とされてない尺度として間違ないものだし。

僕6年間がんばってきたけれど、あるときを境にその事が本当に身に染みました。

今もすべてがぜんぜん夢や目標どおりじゃないですけど、それでもそのギャップを埋めれるようにがんばっていこうっと。


twitterでつぶやく
burand1 at 00:20│Comments(0)TrackBack(0)clip!経営 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
Archives