Days

日常と読書日記。 受験生日記は閉幕です。

 気づいたらもう一ヶ月ほど大阪にいることに気づく。引っ越したのではなく、仕事の研修の一貫で、いわゆる集合研修という形で何十人かの新卒者が集められて(といっても10代から30代まで非常に、非常に様々なのだが)日々を過ごしている。  最初はわからないことだらけで非 …
続きを読む

見:Amazonビデオ  原作は2001年のものといまから見るとやや古いが、2012年に京アニによってアニメ化されたことで知名度が増したタイトルを実写映画化、という試みはいささか予想外ではあった。古典部シリーズは米澤穂信の代表作としても十分に数えられるほどのものと …
続きを読む

4月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:937ナイス数:8プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)読了日:04月19日 著者:早瀬 耕AYAごはん 美筋をつくる最後のひと押し!の感想よかった。ランチ用のサラダのバリエーションはちょっとずつマネしていきたい。読了日:0 …
続きを読む

 東京時代の知人であるせしもくん(@seshiapple)から地方暮らしについての往復書簡みたいなのをネット上でやりませんか、という企画を提案されている。  いまのところ決まっているのは、彼のnote上で彼と私の文章を交互に掲載していく、という形だ。長々と続けてもネタが …
続きを読む

これまでのあらすじ:法務省専門職員(人間科学)と自治体福祉職の試験を受けてきたので勉強法をまとめてみる(専門試験編)  かなり遅くなったけど続きを書きます。この間に某試験に合格のち採用されて4月から普通にどこかしらの庁舎で働いているので、前回よりは自信を持 …
続きを読む

    原作で久美子たちが二年生に進級したシリーズのうち、「リズと青い鳥」というタイトルで別立ての作品にするという発想はなかった。簡単に言えばスピンオフということなのだろうけれど、スピンオフと言うときには通常メインがあってのサブ、であるはずだ。しかしこの映 …
続きを読む

「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由(阿部 幸大)  上の記事がここ最近よくバズっている。これはまず間違いないタイトルがバズるようなものになっているというのもあるだろうし、こういう格差の話題は浸透しやすい。この記事から始まる田舎側の共感と批判 …
続きを読む

 レイズさんの以下のツイートに対する個人的な見解について。 Raise@Raise_4096介護、もしかすると今なら助かる人が助からなかったのでその分終わりも早くて、人手もたくさんあって、介護しなきゃならない状況になること自体が少なくて、それ故に整備が追い付いてなかった …
続きを読む