2010年10月29日

『ヨスガノソラ』における断絶の描写についての雑感

 秋の新作アニメで「ヨスガノソラ」というのがあるのだが、これが思ったよりは面白いのかも知れない。
 下着をふつうに描いたりだとか、兄妹の間にいかにも何かありそうだったりだとか、わりと際どいシーンが(物理的にも精神的にも)早くからあったんだけど、4話がなかなか衝撃的だった。
 ああ、あそこまでアニメでやっちゃうんだ、と。実写の映画なら、特に洋画ならわりとありふれているとも言えるけれど、アニメではなかなか、少なくとも全年齢対象のアニメならない。原作がエロゲだと言ってもアニメ化する場合はいわゆる18禁のシーンは取り除くからね。AT-Xでの放送では全部描いたのかな?

 ただまあそれ自体は本稿の主旨ではない。
 簡単に言うと、断絶って物語化しやすいよね、ということだ。むしろ、断絶それ自体が物語であると言ってもいいかもしれない。日常的にも。
 物理的な断絶、たとえば母を訪ねて三千里じゃないが、それはもう断絶自体を物語としていると言っても過言じゃないだろう。もしくは遠距離恋愛なら断絶があるが故の普通の恋愛とは違った物語が生まれるはずである。幸か不幸か、それは分からないけれど。
 
 翻って、ヨスガノソラの場合は精神的な断絶がテーマになっているように思う。2話〜4話は主人公の春日野悠、神社の娘で巫女でもある瑛、地元代議士の娘で才色兼備の一葉との3人の関係(三角関係もどき)と、瑛と一葉の過去をめぐる物語である。過去というのも物語創作における断絶にはよく出てくる文法かもしれない。
 精神的な断絶、しかも10代の若い彼女たちの断絶を描こうとすると感情の吐露が避けられないし、その描写を惜しみなくヨスガノソラで演出することによって、3話と4話では言いようもない暗さが表れていた。物理的な描写における際どさを最終的に回避しなかったのも、それまでの重たすぎる暗さと対比する意味でもあったのかもしれない。
 あのふたりなら、あそこまで描かないのはむしろもったいないんじゃないか、というくらいにね。

 数年前のアニメで、これもeufoniusが主題歌を歌っている「true tears」というアニメがある。これも精神的な断絶(人間関係におけるもの、地縁的なものからくるものなど)を中心に据える部分があったし、それでいてタイトルにもなっている涙というのが核心になっていたわけだが、ヨスガノソラはtrue tearsにおける涙のように、何を核心に据えているのかがまだ少し分からない。まだ少し、どこかで見たような物語の域を抜けてない。まあ、今後の期待もこめて、だけど。
 true tearsとヨスガノソラの共通点はロケハンを熱心に行っていることによる風景の鮮やかさだろう。true tearsの街並みの描写や雪の描写、ヨスガノソラにおける田園や神社の描写、特に神社に至るまでの階段の長さと周りを囲む木々の静けさは妙にリアルに感じられた。
 エロゲ原作にありがちな、どっかにありそうな町におけるありえなさそうな学校生活というのではなく、確実に春日野兄妹や瑛、一葉の生活は近くて遠いどこかにありそうだな、と思わせるには十分なロケハンであるなあ、と見ていて思った。手違いで1話の録画を消去したのを若干後悔している。

 ヨスガノソラの原作をやっているわけではないので今後の展開は分からないが、2話から4話の流れはちょっと早すぎたかなあと思う。
 オチがついてしまうとあっけらかんだけど、それまでの過程であるとか、一葉や瑛の心情の内面をもっと掘り下げてもよかったんじゃないかな、と思う。ビオラの話であるとか、瑛の本音であるとかね。
 
 色々書いてきたけど、断絶とは別に濃密さも物語においては重要だ。「けいおん!」は濃密さそれ自体で勝負して成功したアニメと言えるだろう。
 Keyのアニメも「CLANNAD」における智代の家族や朋也と父親の断絶というのは、あくまで断絶をスパイスとしながら濃密な物語を描こうとしている。
 true tearsは断絶を描きつつ、濃密さにはこだわらなかったのが面白いと思っている。最後は大団円、とかいう形ではなかったし。事はそう単純じゃないよね、ということかもしれない。もちろんCLANNADは人生だと思うし、あくまで物語の方向性の違いの問題であったり、ひいては人生のとらえ方の違いに帰結するだけだろう。

 ヨスガノソラはどっちを向くのか、5話以降を楽しみにしていようと思う。そんな花金の夜。
 物語における断絶と濃密についてはもう少し広げられる気はするので、機会があればまたいつかにでも。

ヨスガノソラ(PCソフト/R-18)
ヨスガノソラ 通常版
ヨスガノソラ 通常版
クチコミを見る


eufonius「比翼の羽根」(アニメ版OP)
比翼の羽根
比翼の羽根
クチコミを見る


true tears vol.1(DVD)
true tears vol.1 [DVD]
true tears vol.1 [DVD]
クチコミを見る

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/burningday/51690360 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔