油っぽいメロ 第1話

2018年09月24日

油っぽいメロ 第2話

結婚式の前日、見ず知らずの男二人から離婚するだの何だの言われ、結婚を止められるセウ。縁起でもない………(^^;)
彼らの前で思わず呟いたのは

「Trust in a fucking dog than a man.」(男を信じるくらいなら発情した犬を信じろ)

それは彼女が15歳のとき、サンフランシスコの中華料理店で食べたフォーチュンクッキーの中に入っていた言葉でした。
激怒した彼女は勢いで子分たちを含めたその場の男たち全員に結婚式の招待状を渡します。
「ご祝儀はいらないから絶対来て!」と言って立ち去るセウ。
残されたプンは、チルソンの子分たちから顔中にチュンジャンを塗りたくられ、「今度俺たちの前に現れたら体ごとチュンジャン漬けにしてやる」と脅されてホテルの前にポイ。
店に戻ったプンを待っていたのは、妻のダリでした。

夫に既に関心すら無いのか、顔を真っ黒にしたプンを見ても何も訊かないダリ。
「どうせ食ってないんだろ」と、ワンタン麺を作ってやるプンですが、ダリは「荷物はもう引き上げたわ。入籍してないから、離婚届も必要ないわね」と。

bandicam 2018-09-24 12-47-44-432

ダリはプンと別れるために、自分が浮気したことを話したようですね。それでもご飯作ってあげるプンって(TT)
いつからだ、相手は誰なんだ、とプンが聞いても、「聞いて何か変わるの?意味無いでしょう?私が別れたいって言ってるのに」とどこまでも冷たいダリ。
娘を頼むとプンに言い残して逝ったダリの父親もやはり料理人で、でもダリは父親の店がずっと恥ずかしかった、と告白します。
ジャージャー麺やチャンポンがあるような?大衆食堂的なお店だったのかな。プンの最初の師匠が、ダリの父親だったのね。
プンがその店を継がずに高級ホテルのシェフになったのも、ダリが原因か、となんとなく想像できます。

bandicam 2018-09-24 12-47-55-382
bandicam 2018-09-24 12-47-56-477

「チュンジャンの匂いなんてもううんざり」

そう言い捨てて出て行くダリを、プンは失意の眼差しで見送ることしかできません。哀れ(TT)

一方、タクシーを待つセウの前には、1台の車が。彼女を家まで送ろうと追ってきたチルソンでした。

「俺は人妻には興味ない。だから、俺を手に入れるのは今しかチャンスが無いぞ」
と、突然の告白をするチルソン。

bandicam 2018-09-24 12-52-04-011
bandicam 2018-09-24 12-52-09-861

このチルソン、ヤクザのボスって役柄のせいか、セリフ回しも演技もかなり抑えめのチャン・ヒョク氏ですが、たまに口にする言葉が突拍子もなくて、面白いキャラクターです。子分たちとの絡みも、毎回ほっこり。ヤクザなのに……(笑)

とはいえ明日結婚する身で、そんなこと言われてもな(^^ゞ
お口あんぐりなセウ、「まぁ、それは残念ね」と、頭ヤバめのヤクザさんはとっとと追っ払うしかないわけで。

プンと別れ、ホテルの部屋にやってきたダリを裸のヨン社長が迎えます。片はついたわ、と言ってヨン社長にキスするダリ。しかしこんなクソ女にどうしてあんなプライドの塊みたいなプンが惚れたのか謎。
とそのとき、部屋の外から不穏な物音が。廊下に出たヨン社長が見たのは、ドアに深々と突き刺さった中華包丁。誰がやったか一目瞭然ね(^^ゞ

プンには、さらに苦難が続きます。昇進するとばかり思っていたのに、同僚に裏切られ、不正をなすりつけられた挙げ句、社長の別荘の料理担当へ左遷。ヨン社長の指示のようですが、プンの不正をでっちあげ、根回しをしたのはプンを良く思っていないワン師匠でした。

さて、結婚式当日。まだ機上の人である新郎の代わりに、タキシードと靴を紳士服店に取りに来たセウ。偶然にもそこには、スーツを仕立てに来ていたチルソンとヨン社長がいました。
社長のSPの一人が、店の高価なカフスボタンをくすねるのを目ざとく見ていたチルソン。
泥棒騒ぎで店から出られなくなったセウのために、「3分で片付ける」と言ってセウを試着室に避難させるや、SPたちを相手に大暴れ。

bandicam 2018-09-24 13-07-18-886

いやもうこの格闘シーンはさすが元チュノ、じゃなくてジークンドーの達人、チャン・ヒョクssi。
カッコ良すぎて3回リピート見しました(笑)
ビハインド映像によると、このシーンの撮影ではチャン・ヒョクssiの素早い動きを捉えるために、特別なカメラが用意されたんだとか。

あかん。プンよりチルソン好きになりそう。今回どー見ても絶対二番手の人なのにっ!(^^ゞ

宣言どおり3分で犯人からカフスを取り返し、「できればもう会いたくないな。頼むよ」とセウに言い残して立ち去るチルソン。セウは、新郎の服と靴を手に急いで式場へ向かいます。


ホテルの厨房では、プンがヨン社長と対峙していました。いきなり殴りかかるプンですが、キックボクシングが趣味のヨン社長には全く歯が立ちません。

bandicam 2018-09-24 13-13-19-105

「ダリとは絶対に別れない。あんたは社長になって3ヶ月足らずだが、俺は10年このホテルの厨房で歯を食いしばって働いてきたんだ。出て行くべきなのはあんたの方だろ」
あんたはただ毎日俺の作った飯を食って身体を鍛えてるだけだ、と言ってヨン社長を激怒させ、殴られるプン。愛用の中華鍋とおたまを手にした彼は、外で待っていたワン師匠や同僚たちの視線を背に店を去るのでした。

一方、ウエディングドレスを身にまとい、式場で父と共に新郎の入場を待つセウ。
bandicam 2018-09-24 13-15-43-712
bandicam 2018-09-24 13-16-29-335

ところが新郎の代わりに入ってきたのは、地検の検事たちでした。横領、背任の疑いで逮捕されるセウ父。そのさなか、病院からセウに検診結果の知らせが入り、末期ガンと告げられます。立て続けに起こる災難に、呆然とするセウ。

夜、漢江の橋の上で、プンは亡き義父に向かい詫びます。
「全部俺が悪いんです。こんな風に生まれついたことも、ダリに出会ったことも、中華料理を作ってることも、今生きてることも。全部俺が……すみません」

bandicam 2018-09-24 13-19-00-257

そう叫びながら、泣き崩れるプン。

そして一週間後。
プンが投げた中華包丁は、2005号室のドアに突き刺さったままでした。
どうやらプンの恨みが深すぎて(笑)誰がどーやっても抜けない様子。

bandicam 2018-09-24 13-27-13-045

このワン師匠演じてる俳優さん、『力の強い女ト・ボンスン』ではこちらがヤクザのボスって役柄でしたが、なんっか悪役やってても憎めない人なんですよねぇ。画面に出てくるだけで妙に笑えるというか(笑)ダルマさんみたいな体型のせいかしら。

そのプンは、チルソンの経営するヤミ金に乗り込み、中華鍋とおたまを担保に借金を申し出ます。
ホテルの目の前で客を奪い、復讐してやる、と宣言するプン。

bandicam 2018-09-24 13-31-01-026
bandicam 2018-09-24 13-27-57-199

子分たちは鼻で笑いますが、チルソンは「子分たちを厨房で使い、料理を教えること」を条件に1階の店舗を貸そう、と提案するのでした。
素人を使うなら店を出す意味が無い、と、プンは再び『画竜点睛』に姿を現し、仲の良かった同僚のサムソンとボラ、レヨンらを引き抜こうとします。実は彼らもプンを追い落とすのに加担していたのですが、それを知らないプンは黙って目を逸らすばかりの彼らに失望します。

義父から受け継いだ麺打ち棒を店から取り返し、また漢江の橋の上に来たプン。
とそこへ、馬を引き連れ、フェンシングのマスクを被り、肩にはバーバリーのバッグという、とてもまともとは思えない女がふらふらとやってきました。

bandicam 2018-09-24 13-36-18-271

顔はマスクに隠れてわかりませんが、セウです。
結婚式を挙げるはずだった新郎には逃げられ、父は逮捕され、母はそのショックで倒れ、医師からは末期ガン宣告。失意のどん底で、愛馬インマを連れてあてもなく街をうろついていたのでした。
よっ、と片脚をおっぴろげて欄干にかけたセウに、プンが怪訝な表情で尋ねます。

bandicam 2018-09-24 13-36-46-261
bandicam 2018-09-24 13-36-43-304

「死ぬんですか?」
「さあ。とりあえず叫んでから考えようかと」
「どうしてマスクを?」
「世間が怖くて。被ってれば少しはマシだから」

俺もあなたに負けないくらい生きるのが怖い、と言って、店から取ってきていたフォーチュンクッキーを差し出すプン。

「死ぬ前に食べませんか?」

bandicam 2018-09-24 13-37-29-378
あ、ボカシかかってますがこんなトコロにエリー・キムのイラストが!(笑)
※ホントは『YOUKSHIMWON』って人気ブランドらしいです


橋の上、並んでフォーチュンクッキーを食べるプンとセウ。

bandicam 2018-09-24 13-38-14-793

揃ってため息の後、川面を覗き込み、互いの顔を見合わせます。

「なんて書いてありました?」
「そっちは?」

bandicam 2018-09-24 13-38-53-655

さて、二人の手にしたおみくじが告げるメッセージとは……?

視聴者に気を持たせたまま、次回に続く!(笑)


buruppi at 16:04│Comments(0)油っぽいメロ | 第2話

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
油っぽいメロ 第1話