2016年05月25日

お肉。好きでしょ?お肉。

一番したの子が小学校に入ったので、妻はお弁当をあまり作らなくなりました。やっぱり僕だけのために作るのは面倒なのでしょう。

もしかしたら皆さん妻がどんなお弁当を作るのか興味があるかもしれません・・・。

最初のうちはまあまあ驚きのメニューだったりもしたのですが、最近は別段普通なものばかりなので特にご紹介するほどでもないかなあと思っていますので今回はスキップします。ご勘弁を。

(最初のときは梅干しの代わりにオリーブなんかが乗ってて可愛いかったのですよ!)

そういうわけで、今日のお昼は現場近くのお肉屋さんで昼食をしたのです。ローストビーフ丼¥1000。まあまあのお値段。

いつも会社にいるときは近所にある定食屋さんのお弁当で¥350という良心価格なのですが、外の仕事の場合は、なかなかそんなに安いお店が近くにあることも少ないので、しょうがないのです。

道を挟んだ向かいにはファミリーレストランなんかもあったのですが、¥790でお昼の定食とかいう看板がでていたので「¥200ほどしか変わらないし、ファミレスのつまらない定食(ファミレスの皆さんごめんなさい!)なんかより面白いものを食べよう・・・。」という考えが過ったのした。

しかし良いですね。お肉。すばらしい。大変おいしゅうございました。ローストビーフがもうちょっと乗っていたら100点満点でしたよ。

CA3K0442
えらいボリュームに見えるでしょ? でも中はご飯なのです。

でも、もし「すたみな○郎」なんてのがあったらそっちへ行ってたかなあ。あっちも¥1000だし。

「すたみな○郎なんてマズいじゃん」とか無粋なこと言ってはいけません。それはそれなりに楽しむモノなのですよ。まず安全であれば味はその次です。ってかおいしいし、値段のわりに。

あるニュースサイトでは「ああいう激安焼き肉は『形成肉』といって肉の破片を脂で固めたお肉を使っているのだ!!」と鬼の首を取ったかのように書いていましたが、形成肉なんて「すたみな」には高級品すぎて置いていませんよ。「すたみな」のお肉はそれになる前のもっと安い肉なのです。多分。

ただし、最近はどの「すたみな」に行っても中国からのツアー客でにぎわっていて12時ちょうどにいくと満席だったりします。あれは困ります。でも、よく聞く「マナーの悪い中国人」というのは「すたみな」ではまだ見ていませんね。結構ちゃんとみなさん並んでます。でもああいう場所なので、ガツガツ食べるのは許してあげましょう。僕だってあそこではナリフリ構わず食べているのですから。

でもまあ、僕にとっての¥1000は、大体3日分のお昼代でもあるわけですので、明日からお昼はカップ麺だろうなあ・・・。



2016年05月23日

ギャー!! わーん!!(泣) もうやめて~~!!

妻と色んな映画やドラマを観ていると、やっぱり「つまらない」ものもあったりします。

でも、それはそれで「あれはダメだったね。」とか「あの映画のココが良くない。」など、観た後で話し合ったりできるのでいいかなあなんて思っています。

もちろん好みの違いはあります。

僕はB級ホラーやアクションものが好きですし、彼女はドラマやロマンスものなんかを選ぶのですが、結局、二人で共感できる時間がほしいだけですので、作品は・・・まあまあなんでも良かったりするわけです。



一度、二人で映画を観ながら大声で「ギャー!! わーん!!(泣) もうやめて~~!!」と叫んだ事があります。

そのときに観ていたのが「127時間」という作品。

ご存知の方は「ああ、そうだろうなあ」なんて思うかもしれませんね。アノ映画は酷いですよ。

実話をもとにした映画だそうで、アーロンという青年が砂漠の中にある岩山で遭難するというお話。彼は洞窟の中で落ちてきた岩に腕が挟まり、127時間脱出を試みるのです。

持ってきていたおもちゃみたいな小さなナイフで岩を削ったりするのですが、終盤「もう死ぬくらいなら・・・」と彼は自分の腕を切り離すことを思いつくのです。

もうね。このシーンがね。酷いの。

骨は切れませんから、あらかじめ折っておく必要があるわけです。彼は体をゆすってボキボキっと自分の腕を折るのです。これが一つ目の「ギャー!」。

次に刃のこぼれた小さいナイフで徐々に腕を切るのです。これが二つ目の「わーん!!(泣)」

最後に切れなかった筋や腱なんかを、もうしょうがないから食いちぎるのですよ。そこで「もうやめて~~!!」となるわけです。

もう観ているほうが気絶しそうになります。

実話ですから、こうして彼は無事(?)に脱出して今は片腕で生活しているのですが、その後も、彼はまだ山登りなんかを楽しんだりしているそうです。

BG-127時間


しかしまあ、映画を観てふたりであんなに大声をだしたのは、この映画だけでしたが、一種の感動を夫婦で共感できたので良い経験ではありました。

当分はたのしいコメディでも観ようかな・・・。

2016年05月20日

「平たい顔の民族」

アメリカの高校に通っていた頃、ある黒人の友人が冗談まじりにこんなことを言ったのです。

「俺たち黒人なんてみーんな一緒の顔してんだ。鼻も口も髪の毛も、みーんな同じ。嫌になるよ。」

もちろんそんな冗談で笑えるほどの度胸は僕にはありませんでしたが、黒人の彼の口からそんなことを聞くとは思いませんでした。

僕も数年間アメリカに住んで、久しぶりに日本に帰ってきたときは「日本人の顔ってこんなに平べったかったっけ・・・?」と不思議に感じた覚えがあり、映画「テルマエ・ロマエ」で主人公が日本人を見て言った「平たい顔の民族」という言葉は僕にとって一番共感出来た部分であったのでした。

images


僕自身がそんな経験があるものですから、たまに妻に「日本人の顔なんて皆一緒に見えるでしょ?」なんて意地悪なことを聞いたりするのですが、彼女は「そんなことはありません、アジアの人たちは皆さん個性的な顔をしていますよ。」とえらく模範的な回答をするのです。

しかし彼女と映画やドラマを見ていると、よくこんな事があります。

僕「あ!この俳優さんって●●ってドラマの○○の役をやってた人じゃん!」

妻「えー?そうかなあ?違うんじゃない?」

僕「絶対そうだよ。」

そしてウィキペディアで調べてみると、だいたい僕が正解。

あと他にもこんなこと。

妻「あれ?この人さっき撃たれたんじゃないの?」

僕「それは違う人だよ。」

妻「よく似てるからわかんなくなっちゃた。」

・・・と、まあ映画を見ていてもキャラクターの顔を全然区別できていない上に、俳優さん(女優さん)も見分けられていないことが多いのです。

これが日本のドラマなら、まあ「平べったい顔の民族」ですから、わからないでもないのですが、アメリカのドラマだし、アメリカ人の俳優さんたちですので、なんでこんなに覚えられないのだろうと思ったりします。

日本のお爺ちゃんお婆ちゃんなら外国人の顔が区別つかないことはよくあるようですが、外国人の妻がそうなのはちょっと驚きですね。

でもPTAのお母さんたちや教会の人なんかは、僕よりもよく顔を覚えていたりするので、もしかしたら逆にアジア人の方が見分けがつくのかもしれません・・・。

メッセージ

名前
メール
本文
タグクラウド
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサーリンク
スポンサードリンク
ゆめみるうし
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
楽しい国際結婚ブログ
けちけちイタリア徒然日記
イタリアの日常と国際結婚の現実が感じられるブログですよ!

はちきんIzyのアメリカ丼
すごく楽しそうなアメリカ生活!

悩めるうさぎのブログ
超ド田舎だそうですがどんなトコ?

So Far, So Good*果てしなく愛しい日々
女子力高い!クマが歓迎してくれます。

アメリカンドリーム
面白い旦那さん!4コマです。

アクセスカウンター