マリンブルーの風

おかげさまで15周年!
2004年開設の千葉ロッテマリーンズ応援Blog! 
国内旅行記&海外旅行記やアメリカ、台湾、ヨーロッパ野球の観戦記も充実!

石川炎上。岡が2死満塁で牽制死。一発攻勢で楽天に逆転負け

イーグルス 10 - 5 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今シーズンの石川は失点が多く先発としての仕事を果たしていません。
特に楽天戦はひどく、過去の2試合では9回2/3を投げて9失点。大炎上です。
果たして今日はどうなるでしょうか。
スタメンは不振の中村が3番。手を痛めたという話の清田が外れ、岡がライトに入りました。

1回表。
茂木にツーベースヒットを打たれますが、島内、浅村、ウィーラーを抑えてチェンジ。
なんとかピンチをしのぎます。

1回裏。
荻野がヒットで出塁し、鈴木大地がライトスタンドぎりぎりに飛び込むツーランホームランを放ち0−2。
マリーンズが先制しました。

2回表。
銀次レフトフライ、ブラッシュ四球、今江ヒット、辰巳四球で1死満塁。
ここで堀内にセンターへのタイムリーヒットを打たれて2−2の同点に追いつかれます。
さらに茂木にセンターへの勝ち越しタイムリーツーベースヒットを打たれ4−2。
島内と浅村を三振に仕留めてようやくチェンジとなりますが、石川はこの回4点を失い逆転されてしまいました。
どうもこの回は球審川口のストライクゾーンがおかしかったですね。
ギリギリのコースがボール判定され、石川が不満をあらわにするシーンが何回かありました。
川口と言えばかつて山本終身名誉監督が「川口しっかり見ろよこのタコ!」と怒るほどのポンコツ審判。
もう20年近くたつのに、技量の向上が見られないようでは困ります。
まあ、堀内には外角低めのシンカーを狙い撃ちされましたから、審判云々ではなく吉田の攻め方が間違っていたということになるのでしょう。

2回裏。
角中、岡四球。続く藤岡は送りバント。この送りバントはもったいないですね。
福井が制球を乱しているのですから、じっくり攻めて四球を狙ってもよかった場面です。
案の定吉田はサードゴロで3塁ランナー還れず。送ったところで吉田なんですから無意味なバントなんですよ。
荻野は四球。1塁が空いているのですから好調荻野と勝負する必要はありません。
そして2死満塁で鈴木大地。打てば逆転の場面でしたが、なんと2塁ランナー岡が牽制球に戻れずタッチアウト。
チェンジになってしまいました。
井口監督はリクエストを要求しますが判定は変わらず。
なんということでしょう。2死満塁で牽制死する2塁ランナーがこの世に存在するとは。
岡はアホの極み。プロ野球選手としてやってはいけないミスです。
シーズン途中に日ハムがトレードするのですから、それなりの理由があるのですね。
同じアホなら加藤翔平の方がポテンシャルがあると思うので、岡よりも加藤を起用してほしい。
正直もう岡は見たくありません。
非常に残念なイニングでした。


3回裏。
2死1塁でレアードがツーランホームラン!4−4。
レアードサイコー!

4回裏。
岡に四球を与えたところでイーグルスは先発福井を降ろし、2番手に森原を起用します。
藤岡センターフライ、吉田送りバントで2死2塁。
荻野は勝負を避けられて2死1,2塁となり、鈴木がライトフライに倒れてチェンジ。
無得点に終わりました。

5回裏。
レアードがソロホームランを放ち4−5。
今日2本目のホームランで逆転です。
レアードサイコー!ナメロー!

6回表。
ウィーラーにツーベースヒットを打たれ、銀次四球、ブラッシュライトフライで1死1,3塁。
ここで今江に1,2塁間を破るライトへのタイムリーヒットを打たれて5−5。
マリーンズが同点に追いつかれます。

6回裏。
イーグルス3番手青山に捻られ一瞬で終了します。

7回表。
この回からマリーンズのピッチャーは松永。
左の茂木と島内は抑えますが、右の浅村とも勝負したことが裏目に出ます。
浅村にソロホームランを打たれて6−5。
さらにウィーラーにもソロホームランを打たれて7−5。
肝心なところで打たれる松永の悪い癖が出ました。

7回裏。
イーグルスのピッチャーはブセニッツ。
カットボールが効いていますね。いいピッチャーです。
鈴木がヒットで出塁するも、後が続かずチェンジとなりました。

8回表。
マリーンズのピッチャーは西野。
あっさり三者凡退でした。
7回表の浅村のところで代えておけば・・・。
ああ、スーパー結果論。ですけどねぇ・・・。

8回裏。
イーグルスのピッチャーは宋。
ビールを一口飲んだら攻撃が終わっていました。

9回表。
マリーンズのピッチャーはチェン。
ロッテキラー渡邉直人に四球を与え、茂木送りバント、島内ヒットで1死1,3塁。
全然大丈夫じゃありませんでした。
マリーンズはここでピッチャーを田中に交代。田中も全然ダメです。
浅村に2点タイムリーヒットを打たれて9−5。
ウィーラーに死球を与え、銀次にタイムリーヒットを打たれて10−5。
今年の銀次はどうでもいい場面でしっかりと打ちますね。楽天としては頭が痛いところでしょう。
結局今江が古巣に温情を見せたのか得意技のゲッツーをかまして長い9回表がようやくおわりました。

9回裏。
高梨に抑えられて試合終了。
10−5で楽天に連敗。貯金が無くなり5割に逆戻りです。
同じ選手に打たれ、攻撃がチグハグ。
レアードがどれだけ打っても、しょうもないミスをしていては勝てません。
しっかりしてほしいです。




マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

荻野と井上のホームランで4点リードも中村エラーと唐川炎上で逆転負け

イーグルス 6 - 4 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日はZOZOマリンで楽天イーグルスとのデーゲームです。
先発はマリーンズがボルシンガー、イーグルスが村上。
ボルシンガーは今シーズン不安定で、特にイーグルス相手には2試合投げて10失点、防御率8点台と打ち込まれています。
まず先手を取ることが大事です。

1回表。
2アウトから浅村を歩かせ、島内にはライトへのツーベースヒットを打たれますが、1塁ランナーの浅村は3塁ストップ。突入されたらセーフだったかもしれません。
続くウィーラーはセンターフライでチェンジ。なんとか初回のピンチをしのぎました。

1回裏。
なんと荻野が先頭打者ホームラン。最近の荻野はチームに勢いを与えてくれます。
頑張りすぎて怪我、なんてことにならないことを祈りましょう。
続く鈴木はレフトフライ、清田ライトへのヒット、井上三振、レアード死球で2死1,2塁。
チャンスでしたが角中は三振でチェンジ。思えば今日は初回から攻撃にチグハグ感がありました。

2回表。
銀次三球三振。今年の銀次は怖くありません。
ブラッシュライトフライ、嶋センターフライで三者凡退。今日のボルシンガーは行けそうです。

2回裏。
中村、藤岡がヒットで出塁し、吉田が送りバントを決めて1死2,3塁。
ここで荻野がライトに2点タイムリーツーベースヒットを放ち0−3。
荻野の活躍で点差を広げました。

3回表。
橋本三振、辰巳セカンドゴロ、ロッテキラー藤田をピッチャーゴロで三者凡退。
ボルシンガーは2イニング連続の三者凡退です。

3回裏。
井上が左中間にソロホームランを放ち0−4。
リードを4点に広げます。

4回表。
浅村ショートゴロも藤岡がファンブル。エラーで出塁させてしまいます。
島内セカンドゴロ、ウィーラーヒット、銀次四球で1死満塁のピンチ。
ですがここはボルシンガーが踏ん張りました。
ブラッシュを空振り三振。嶋ショートゴロでチェンジ。

ボルシンガーは5回表も三者凡退に仕留め、ここまで無失点。
4点リードだし、今日は勝てそうな気がしました。

しかし、中盤以降雲行きが怪しくなります。
5回裏。
井上ヒット、レアードツーベースヒットで無死2,3塁。
チャンスでしたが角中浅いセンターフライでタッチアップできず。
中村死球で1死満塁。
しかし藤岡ピッチャーゴロ、吉田ファーストフライでチェンジ。
ここで点を取れなかったのが、あとで響いてきました。

6回表。
ウィーラーにソロホームランを打たれて1−4。
楽天が反撃開始です。

6回裏。
この回からイーグルスのピッチャーは今野。
荻野がいきなり死球を食らい、鈴木送りバントで1死2塁。
しかし清田三振、井上セカンドフライでチェンジ。またチャンスを活かせません。

7回表。
この回からマリーンズのピッチャーは酒居。
ブラッシュ、嶋、橋本を三者凡退に仕留めました。

7回裏。
レアードサードゴロ、角中ファールフライ、中村センターフライ。
三者凡退で終わってしまいました。

8回表。
この回からマリーンズのピッチャーは唐川。
辰巳をセカンドゴロに打ち取りますが、なんと中村がファーストに悪送球。エラーで出塁を許します。
続くロッテキラー藤田がセンターにタイムリーツーベースヒットを放ち2−4。
そして浅村にツーランホームランを打たれて4−4。同点に追いつかれました。
さらに島内にもソロホームランを打たれて5−4。
この回4点を取られて逆転されてしまいました。
マリーンズは唐川に代えて松永を出しますが時すでに遅しでした。

8回裏。
2アウトから荻野がスリーベースヒットで出塁し、鈴木が四球を選んで2死1,3塁となりますが、清田が見逃し三振でチェンジ。
最近打撃好調の清田ですが、今日はいいところがありませんでした。

9回表。
マリーンズのピッチャーはチェン。
1死から辰巳のヒットとチェンのエラーと浅村のヒットで1死満塁とし、島内のセカンドゴロで1点取られて6−4。
2点差となってしまいました。

9回裏は松井に捻られて三者凡退。
6−4で負けてしまいました。

勝てると思ったのですが、まさに悪夢の8回表です。
中村のエラーから一気に崩れましたね。
中村は打撃も良くありませんし、毎試合スタメンで使うのはどうでしょう。
体のケアを優先したほうがいいのではないでしょうか。
シーズンは長いのですから、今無理をさせる必要はないと思います。

唐川も最近調子が下降気味でしたが、ついに炎上。
首脳陣としては今後も唐川を勝ちパターンの8回で使うつもりらしいですが、そもそも唐川に1年間フルで働けるスタミナがあるのかどうか。
いろいろと考えていかなければいけないでしょう。
とりあえず、明日勝ってカード勝ち越しです。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

快速好守荻野!そして二木好投レアードホームランで勝利。

イーグルス 1 - 6 マリーンズ
ダイジェスト動画https://tv.pacificleague.jp/vod/pc/topics/digest/34489
ニッカン式スコア

今日から楽天イーグルスとの3連戦です。
例年マリーンズは楽天戦を苦手としていますが、チームが好調な今なら勝てますよ。
先発はマリーンズが二木、イーグルスがロッテキラー美馬です。

1回裏。
荻野がツーベースヒットで出塁し、鈴木のセカンドゴロで3塁へ。
そして清田のセカンドゴロの間に荻野がホームインしマリーンズ先制。
荻野の足で1点をもぎ取りました。この先制点が非常に大きかったです。

2回裏。
レアードが久々のソロホームランを放ち0−2。
点差を広げます。

4回表。
序盤から好投してきた二木ですが、1アウトから島内とウィーラーにヒットを打たれて1死1,2塁。
ここで銀次はセンター前に打球を飛ばします。
誰もがタイムリーヒットになると思ったその瞬間、荻野がダイビングキャッチを決めてくれました。
飛び出していたランナー島内は2塁に戻れずダブルプレー。
荻野のファインプレーでピンチを脱し、無失点でチェンジとなりました。

4回裏。
2アウトから角中がツーベースヒットを放ち、中村はウィーラーの悪送球で出塁。2死1,3塁となります。
しかし、藤岡の打球はショートへの深いゴロでしたが、ショート茂木が1塁へ素晴らしい送球。ショートゴロでチェンジとなりました。

回は進み7回裏。
2アウトから藤岡がヒット、驚くべきことに江村もヒットを放ち、荻野四球で2死満塁。
ここで鈴木大地がやってくれました。
ライトスタンドに飛び込む満塁ホームラン!0−6。
鈴木大地は数字の上では大したことない成績なのに、大事な場面で活躍してくれますね。
鈴木大地の一振りで勝負を決めました。
美馬はここでKO。
2番手の西宮は制球が定まらず、清田、井上、レアード四球で再び2死満塁となります。
しかし、角中は空振り三振。チェンジとなりました。

8回表。
この回からマリーンズのピッチャーは西野。
茂木をファーストゴロに仕留めるも、辰巳にレフト前ヒットを打たれ、盗塁を決められ1死2塁。
浅村三振で2死2塁。島内を歩かせて2死1,2塁。
ここでロッテキラーウィーラーにセンターへのタイムリーヒットを打たれて1−6。
1点を返されます。
なおも2死1,3塁のピンチでしたが、銀次を三振でチェンジ。
今年の銀次はあまり怖くありません。

8回裏。
中村四球、藤岡セカンドゴロゲッツー。代打細谷も三振でチェンジ。
細谷は打てません。

9回表。
マリーンズのピッチャーは東條。
まずは好調ブラッシュを三振。代打橋本をセンターフライ。
代打山下にはヒットを打たれますが、茂木をセンターフライに仕留めて試合終了。
勝ちパターンを休ませたかっただけに、東條の好投がうれしいです。

試合は1−6でマリーンズが勝利。
二木の好投。レアードの好投もすばらしいですが、真のヒーローは荻野でしょう。
先制のホームをもぎ取った俊足はもちろんのこと、4回表のファインプレーがとても大きかったです。
あれを荻野が捕れずに抜けていたら同点になっていたかもしれず、試合の流れが変わっていました。

オリックス山本に続いてロッテキラー美馬も撃沈。
いい流れが来ています。今年のマリーンズは一味違いますよ。

さて、マリーンズを騒がす謎の魚が所属会社を解雇されたとの一報が入りました。
しかし、介護施設を展開する株式会社七夢への再就職が決まったそうです。
今年は比較的おとなしいですが、次の一手を考えているのでしょうか。

ロッテ解雇の『謎の魚』がまたしても解雇に!?次の所属先は・・・!(ニコニコニュース)
登場当時から、その独特な見た目やパフォーマンスで、世界中の反響を呼んだ千葉ロッテマリーンズの公式キャラクター『謎の魚』が所属会社から解雇されていた。

その解雇通知が面白すぎると話題に!

そのツイートがこちら。

株式会社拓匠開発(代表取締役 工藤英之)は、5月13日付で謎の魚に解雇通告を行ったことをお知らせいたします。#千葉ロッテマリーンズ #拓匠開発 #謎の魚 #解雇通知 #今までありがとう #元気にやれよ #愛してるぜ pic.twitter.com/v3ynBuOR1Z

— 拓匠開発 (@takusho_tw) 2019年5月13日

本日、謎の魚に対して解雇通告式を行いました。
本人は通告に対して抵抗を示しましたが話し合いの末、円満退社となりました。#千葉ロッテマリーンズ #拓匠開発 #謎の魚 #解雇通告式 #キャッチアンドリリース pic.twitter.com/xG8xQkSGe7

— 拓匠開発 (@takusho_tw) 2019年5月14日


解雇理由が“やんちゃすぎる”だとは・・・!

たしかに今までの“形態変化”や“ハワイ出張”など、数々のやらかしたことを考えると解雇されるのもわかるかも・・・?

退社自体は、円満だったそう。

しかし、そのあとの姿に哀愁が漂っていた。

次いってみよー pic.twitter.com/Gx1ceylsTY

— 謎の魚 (@Nazo_no_Sakana) 2019年5月14日


どこか悲しげである・・・。

謎の魚は球団を通して「私の座右の銘に『果報は寝て待て』というものがあります。関係者諸君はなかなか売れないと焦っており、叩き売りをする寸前でした。ただ、それを私がストップをかけました。やはり正解でしたね。私は絶対に勝つ戦以外、興味はないのです。グフフフ」とコメントしている。

しかし、実は次のスポンサーは介護施設などを展開している株式会社七夢に決定している。

2018年に“357(サカナ)万円”で売りに出されて以来、買い手がつかない状況だったのだ。

それが、今回、七夢の代表の目に留まり、叩き売り寸前に無事に次の所属会社が決まったということだ。

シーズン中はZOZOマリンスタジアム横のマリーンズショップにいるそうなので、気になる方は足を運んでみてはいかがだろうか。




マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

オリックスがエラー連発でまさかの自滅。種市3勝目。

バファローズ 2 - 9 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日のオリックス戦の先発はマリーンズが種市。オリックスが山本です。
山本は防御率1点台。厳しい展開になることが予想されました。

2回表。
種市は吉田、小島にヒットを打たれ無死1,3塁。
バッターマレーロの場面で種市が暴投。3塁ランナーがホームインし先制を許します。1−0。
ただ、キャッチャーの正面でバウンドしたボールですから、普通のキャッチャーなら捕れる球ですが、吉田は普通じゃありませんから・・・。
ついでに吉田はホーム悪送球。ランナーが3塁に進みます。ダメですね吉田は。
さらに続くT岡田は三振も、1死1,3塁でロッテキラー若月にレフトへのタイムリーヒットを打たれ2−0。
この回2失点となりました。

4回裏。
ここまで山本に抑えられていましたが、井上がライトスタンドにソロホームランを放ち2−1。
これは非常に大きなホームランです。試合の流れが変わりだしました。

種市は3回以降立ち直り、攻めのピッチングで三振を量産。
4回と5回で4三振を奪う好投を見せました。

5回裏。
中村のツーベースで2死2塁とし、打撃不振の藤岡がレフトへタイムリーヒットを放ち2−2。
マリーンズが同点に追いつきました。

6回裏。
まず鈴木はライトフライも、なんとライト小島が落球。風は強くありません。
まじめに走っていた鈴木は3塁へ進みます。
続く清田はセンター前にしぶとくはじき返すタイムリーヒットで2−3。マリーンズが逆転します。
さらに無死1塁で井上はセカンドゴロ。ゲッツーかと思いきや、ショート大城が2塁送球を捕れません。
マリーンズは清田に代走岡を起用。岡の代走起用は早すぎるのではないかと思います。
無死1,2塁となったところでレアードがセカンドの頭上を越すタイムリーヒットを放ち2−4。
角中はサードフライ。サードが落球しましたがインフィールドフライが宣告されていたのでアウトです。
続く中村も倒れて2死1,3塁。
ここで吉田がセンターへのタイムリーヒットを放ち2−5。
続く藤岡は四球を選び満塁となり、荻野はファーストゴロ。
チェンジかと思いきや、なんとファーストT岡田がトンネル。
これでランナーが還り2−6となりました。
オリックスはこの回3エラー。
山本は自責点2なのに、6失点でマウンドを降りました。

7回表。
マリーンズのピッチャーは酒居。
安定したピッチングで三者凡退に仕留めました。

8回表。
久々の登板の松永。ロッテキラー大城にヒットを打たれるも、しっかりと抑えてくれました。

8回裏。
オリックスのピッチャーは山崎福。
角中がヒットを放ち、代走に加藤が登場。
続く中村はレフトにタイムリーヒットを放ち2−7。
吉田サードゴロで1死3塁となり、藤岡がライトにタイムリーツーベースヒットを放ち2−8。
ここでオリックスのピッチャーが張に代わります。
荻野センターフライで2死2塁となり、鈴木がライトにタイムリーヒットを放ち2−9。
この回マリーンズは3点を追加しました。

9回表。
マリーンズのピッチャーは田中。
マレーロに死球を与え。伏見セカンド内野安打で2死1,2塁とします。
内野安打と言ってもワンバウンドの送球をファースト高浜が後ろに逸らしたもの。
普通のファーストなら捕らなければならない送球です。井口監督からの評価がまた下がりますね高浜は。
最後は西浦をセンターフライに仕留めて試合終了。
マリーンズが9−2で勝ちました。

山本は味方の守備に足を引っ張られてかわいそうでしたが、これも野球。
ありがたく勝たせていただきました。
昨日のキャッチャー江村がダメダメだったので今日は吉田となったのですが、吉田も一軍レベルではありませんね。
1軍レベルのキャッチャーをトレードで獲得できないものでしょうか。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

江村がチャンスで初球を投ゴロ併殺。オリックスに負け

バファローズ 3 - 2 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日からマリンでオリックスとの2連戦。
先発はマリーンズが涌井、オリックスが榊原です。

1回裏。
荻野がショート内野安打で出塁。盗塁と暴投で3塁に進みます。
続く鈴木はセカンドゴロも、3塁ランナー荻野がホームイン。0−1。
荻野の足で先制点をもぎ取りました。

2回裏。
レアードツーベース、清田四球で1死1,2塁。
ここで江村が初球をピッチャーゴロゲッツーでチェンジ。
お前は塀内久雄か。
江村、最悪です。


3回表。
佐野のヒットなどで1死3塁。
ここで福田をセカンドゴロに打ち取るも、中村のホーム送球が間に合わずセーフ。
フィルダースチョイスで1−1となりました。

6回表。
吉田のツーベースで2死3塁。
ここでマレーロにレフト線を破るタイムリーツーベースヒットを打たれ2−1。
勝ち越しを許しました。

7回裏。
井上ヒット。レアードもヒット。しかしレアードは2塁を欲張りタッチアウト。1死3塁となります。
マリーンズは井上に代走岡を起用。しかし中村はライトフライ。浅くてタッチアップできません。
2死3塁となり、打席には好調清田。
ここは清田がやってくれました。センター前にタイムリーヒットを放ち2−2.
マリーンズが同点に追いつきました。

8回表。
この回からマリーンズのピッチャーは唐川。
福田にツーベースヒットを打たれ、いきなりピンチとなります。
続くバッターは大城。大城は送りバントの構えですが、ストライクが入らず四球。
昨日まで対ロッテ戦6割打者の大城に送りバントさせる西村采配は謎ですが、それよりもバントで1アウトくれるというのにバントさせずに歩かせたのはもったいない。これが勝負を分けました。
結局吉田のセカンドゴロで1死1,3塁となり、小島セカンドゴロも中村の送球が高くゲッツーが取れず3塁ランナーホームイン。
これが決勝点となりました。3−2。

8回裏。
オリックスのピッチャーは沢田。
1死から荻野がツーベースヒットを放つも、鈴木セカンドゴロ、角中ショートフライでチェンジ。
チャンスを逃しました。

9回裏。
オリックスのピッチャーは増井。
1死からレアードがヒットを放つも、中村サードゴロ、清田ライトフライで試合終了。
3−2で負けました。

序盤の拙攻が響きましたね。中村の不調で打線がつながりません。
江村は残念ながら1軍失格レベル。柿沼と入れ替えたほうがいいと思います。
なぜホークスには勝てるのに、オリックスには勝てないのでしょう。





マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

2017年イタリア・シチリア島旅行記 第10回 パレルモ観光 クワトロ・カンティからサン・カタルド教会へ

0220

イタリア・シチリア島旅行記の第10回です。
シチリア島のパレルモを歩き回る2日間。
歴史の香り漂う十字路、クワトロ・カンティからイスラム人支配を今に伝えるサン・カタルド教会へと向かいました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む

ホークス自滅でマリーンズが逆転勝利


マリーンズ 5 - 4 ホークス
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日はヤフオクドームでホークスとのデーゲーム。先発はマリーンズが石川、ホークスがミランダです。
驚くべきことにルーキーの松田進がショートのスタメンでした。
オープン戦で見た限り松田の守備はプロレベルに達していなかったのですが、とにかく打ってアピールしてほしいです。

2回裏。
デスパイネにソロホームランを打たれて0−1。
ホークスに先制を許しました。

3回表。
ルーキー松田がセンター前ヒットを放ちました。プロ初安打です。
しかしその後盗塁を失敗しアウトになってしまいました。

3回裏。
甲斐にセンター前ヒットを打たれ、牧原送りバント、周東サード内野安打で1死1,2塁。
ここで今宮にスリーランホームランを打たれて0−4。
リードを4点に広げられました。

4回表。
井上が右中間にソロホームランを放ち1−4。
反撃開始です。

5回表。
2アウトから荻野がツーベースヒットを放つと、鈴木がライトにタイムリーヒットを放ち2−4。
点差を縮めます。

6回表。
この回からホークスのピッチャーは泉。
泉は全くストライクを投げられません。すべてボール球です。
井上四球、レアードレフトフライ、中村四球で1死1,2塁。
ホークスはたまらずピッチャーを加治屋に代えますが、加治屋も準備ができていなかったようで、制球が甘かったです。

こうなるとマリーンズにとってはチャンス。
清田はしっかりボールを見て四球を選び満塁。
しかし代打高濱はワンバウンドの球を振って三振。
少ないチャンスを活かせない高浜には歯がゆさを感じます。
続く松田にはなんと押し出し四球。3−4。
松田はルーキーなのですが、打席での雰囲気がいいですね。吉田よりも打てそうな気配が漂っています。

7回表。
ホークスのピッチャーは嘉弥真。
鈴木、角中がヒットで出塁し、ライトの悪送球もあって無死2,3塁。
ここでホークスはピッチャーを甲斐野に代えますが、井上はしっかりとタイムリーヒットを放ち4−4。
ついにマリーンズが同点に追いつきました。なおも無死1,3塁のチャンスです。
続くレアードはサードゴロ。3塁ランナーの角中が挟まれましたが、アウトにならずに粘ってくれたおかげで1塁ランナーが3塁に進みます。1死2,3塁。
ここで中村がセンターへのタイムリーヒットを放ち5−4。
ついにマリーンズが逆転に成功しました。
続く清田は四球を選び1死満塁。
突き放すチャンスでしたが、江村は三振、松田進も三振でチェンジ。追加点はなりませんでした。

7回裏
マリーンズのピッチャーは酒居。
牧原にヒットを打たれ、周東送りバント、今宮セカンドフライで2死2塁。
ここでデスパイネと松田に四球を与えて満塁としますが、グラシアルをセンターフライに仕留めてチェンジ。
ピンチを脱しました。

8回表。
荻野がセーフティバントを決めて出塁し、鈴木が送りバントを決め、角中四球で1死1,2塁。
続く井上の打席でなぜかダブルスチールを試みるも角中は2塁タッチアウト。2死3塁となります。
井上四球で2死1,3塁となり、レアードセンターフライでチェンジ。
ダブルスチールのアウトがもったいなかったです。

その後は8回裏を唐川、9回裏を益田が抑えて試合終了。
5−4と見事逆転勝利を飾り、ホークスにカード勝ち越しを決めました。

今年はどうしたことかホークスに強いですね。
コーチ陣をホークスOBで固めた効果がでているのかもしれません。
6回表はまさにホークスの自滅。苦手意識が出てきたようです。
いい傾向ですよ。今年のパ・リーグはもつれそうですね。最後まで目が離せません。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

角中1000本安打達成も、ボルシンガーが打たれて負け。田村も離脱へ

マリーンズ 2 - 4 ホークス
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日はヤフオクドームでホークスとのデーゲーム。先発はマリーンズがボルシンガー、ホークスが千賀です。

1回表。
荻野ヒット、鈴木ヒット、角中四球で無死満塁としますが、井上はサードゴロゲッツー。
この間に3塁ランナーが還り1点を先制します。
なおも2死2塁とチャンスでしたが、レアードは空振り三振でチェンジ。
初回に1点しか取れなかったことが後々響いてきます。サード松田の守備が良かったですね。

1回裏。
ロッテキラー今宮にソロホームランを打たれて1−1。
さらにデスパイネにもソロホームランを打たれて1−2。
あっという間に逆転されました。

2回表。
中村四球、清田ヒット、田村送りバントで1死2,3塁。
しかし三木は三振、荻野もセカンドライナーでチェンジ。
三木はこういう場面で打ってくれないと出番が減りますよ。

2回裏。
グラシアル四球、内川ツーベースヒットで無死2,3塁のピンチ。
ですが明石はライトフライ。浅すぎてタッチアップできず1死2,3塁。
甲斐もショートゴロ。3塁ランナーをホームタッチアウトで2死1,3塁。
牧原はナックルカーブで空振り三振。
この回はボルシンガーが踏ん張りました。

4回裏。
グラシアルがヒットで出塁後、ボルシンガーの暴投でグラシアルは一気に3塁へ。
続く内川はライトに犠牲フライを放ち1−3。
ホークスがリードを2点に広げます。

6回表。
清田四球、続く田村はショート内野安打で出塁。
しかし田村は1塁にスライディングした際に足を痛め、負傷交代となります。
なお、田村は試合後の検査で右ハムストリングスの筋損傷と判明。
治療に時間を要するため痛すぎる離脱となりました。代わりには江村が上がってくるとのことです。

続くバッターは代打高濱。残念ながら空振り三振で1アウト1,3塁。
荻野は犠牲フライを放ち2−3。
鈴木がレフトへのヒットを放ち2死1,2塁。
角中がライトへのヒットを放ち2死満塁。
なお、角中はこのヒットで独立リーグ出身者としては初となる通算1000本安打を達成しました。
ここで井上が打って逆転勝ちしてくれれば最高だったんですけどね。
井上はライトフライでチェンジ。そうそう上手くはいきません。

その後8回裏には酒居が松田にソロホームランを打たれて2−4。
マリーンズはチャンスを作るもタイムリーが出ず、2−4で敗れました。
千賀をあと一歩のところまで崩したのですが、もう一押し足りませんでした。
明日は勝って、カード勝ち越しを決めましょう。

ロッテ角中1000安打達成「まさかここまで…」(ニッカン)
ロッテ角中勝也外野手(31)が、独立リーグからドラフト指名された選手で初の1000安打を達成した。6回2死一、二塁、ソフトバンク先発千賀の追い込まれてからの速球を引っ張った。鋭い打球は右翼手の前へ。「独立リーグがなければNPBに入ってない可能性が大きい。『ありきたりですけど、入団した時はまさかここまで打てるとは思いませんでした』というコメントが一番似合う選手じゃないかと思います」と振り返った。

最後まで諦めず、コツコツと安打を積み重ねた。2ストライクからノーステップに変え、際どい球にくらいつく姿は、多くのファンをとりこにしてきた。「(粘るのは)前に飛ばないだけっす。自信はないっすよ。本当はやりたくないけど、やらないと1年間持たないんで。下半身がしんどいからしょうがない」というが、追い込まれてからの安打は479本。半数近くを2ストライクから放った。

この日もチームのバスとは別で球場に前乗りし、入念にストレッチをした後、ブルペンでバットを振った。そんな努力家は「あらためて思ったのが、2000本打つ人は普通じゃねーなと。そこまでは無理だと思うのであと500本を目指して頑張ります」。持ち前の粘り強さと勤勉さで、これからも安打を積み重ねていく。【久永壮真】

▼通算1000安打=角中(ロッテ)11日のソフトバンク8回戦(ヤフオクドーム)の6回、千賀から右前打を放って達成。プロ野球297人目。初安打は07年7月26日のソフトバンク16回戦(ヤフードーム)で西山から。




マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

連打を浴びせてホークスに大勝


マリーンズ 9 - 1 ホークス
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日は福岡でホークスとのナイトゲーム。
大宮からの移動ですから大変です。
以前は大宮と博多を結ぶライオンズエクスプレスという高速バスがあったのですが、2015年5月16日に運航休止されてしまいました。

先発はマリーンズが二木、ホークスが武田です。

1回表。
荻野四球、鈴木ライトへのヒットで無死1,3塁。
続く角中はファーストゴロに倒れますが、3塁ランナーがホームインしマリーンズが1点を先制します。

1回裏。
周東センターフライの後、釜元にヒットを打たれ、盗塁を決められて1死2塁となります。
今年の田村は盗塁を刺せませんね。オリックス若月の盗塁阻止率が4割を超えているにもかかわらず、マリーンズの田村は2割そこそこの阻止率です。
続く今宮はファーストファールフライ、デスパイネ四球で2死1,2塁。
松田はファーストファールフライ。ライナー気味の難しい飛球でしたが、井上が良く捕りました。

2回表。
岡がショート内野安打、田村送りバント、藤岡ライト前ヒットで1死1,3塁。
ここで荻野はピッチャーゴロも、ピッチャーがボールをこぼしてタイムリー内野安打となり3塁ランナーホームイン。2−0。
続く鈴木はライトへタイムリーヒットを放ち3−0。1死1,3塁。
角中はレフトに犠牲フライを放ち4−0。
3塁ランナー荻野によるホームへの走塁が見事でした。

4回表。
藤岡ヒット、荻野送りバント、鈴木四球、角中セカンドフライで2死1,2塁。
ここで井上がライトへのタイムリーヒットを放ち5−0。
さらにレアードもレフト線を破るタイムリーツーベースヒットを放ち6−0。
中村もセンターへのタイムリーヒットを放ち8−0。
ホークス先発の武田をKOしました。マリーンズはここまでホームランを打つことなく大量点を挙げています。

5回表。
1死2塁で鈴木がセンターにタイムリーヒットを放ち9−0。
リードをさらに広げます。

二木は7回裏にグラシアルのソロホームランを浴びて1点を失うも、7回を投げて被安打5、1失点という素晴らしい内容でした。

8回裏からは東條。
高谷、周東、釜元を三者凡退に抑えました。

9回裏も東条。
明石に四球を出しますが、後続を抑えて試合終了。
最近の東條はいいピッチングをしてくれていますね。2イニングをきっちり抑えてくれました。

というわけで9−1でホークスに大勝。貯金1となり2位浮上です。
ことしはどうしたわけかホークスに強いですね。まだ始まったばかりとはいえ、6勝1敗と大幅に勝ち越しています。
ここ数年全く勝てていなかっただけに、上位陣に強いマリーンズが頼もしく見えます。

明日も勝って、波に乗りましょう。




マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

代打高濱の決勝打で延長を制す

マリーンズ 5 - 4 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日は大宮でライオンズとのナイトゲーム。
先発はマリーンズが岩下、ライオンズが榎田です。
榎田は昨年マリーンズ相手に6試合投げて5勝0敗。無類のロッテキラーとして活躍しました。
井口監督は榎田攻略のためオーダーを大幅に変更。
2番鈴木、7番清田、8番吉田、9番三木という打線を組みました。
清田は昨年榎田に対して9打数0安打なのですが、データではわからない何かがあるのでしょう。
今年の清田は打撃が好調ですから、期待したいところです。

1回裏。
秋山ヒット、木村送りバントで1死2塁。
ここで今日3番に入った源田にタイムリーヒットを打たれて0−1。先制を許します。
続く山川レフトフライ、森ショートゴロでチェンジ。
岩下は動じることなく、後続を断ちました。

5回表。
マリーンズは榎田の前に4回までノーヒットでしたが、まずレアードがレフト線にツーベースヒットを放ち反撃の口火を切ります。
レアードは昨年榎田に対して7打数4安打と打っていますし、どうもこの回の榎田は甘い球が多かったです。
続く中村はライトフライに倒れるも、清田はレフトにヒットを放ち1死1,3塁。
そしてなんと吉田がライトへのタイムリーツーベースヒットを放ち1−1。
昨日のソロホームランと言い、吉田が別人のようにマッチョです。
さらに三木がレフトへのタイムリーヒットを放ち2−1。
井口監督の起用がズバリ的中し、マリーンズが逆転しました。

さらに追加点が欲しい所でしたが、上位打線が沈黙。
荻野が四球を選んで満塁となるも、鈴木レフトフライ、角中セカンドゴロでチェンジ。
この回の攻撃を終えました。

5回裏。
ルーキー山野辺にプロ初安打となるツーベースヒットを打たれると、秋山四球、木村送りバント、源田死球で1死満塁。
ここで山川にライトフェンス直撃のタイムリーツーベースヒットを打たれて2−3。
逆転を許します。
なおも1死2,3塁のピンチが続きましたが、森をレフトフライ、中村を三振に仕留めてチェンジ。
この回も岩下が踏ん張りました。

6回表。
井上がソロホームランを放ち3−3。
マリーンズが同点に追いつきました。
続くレアードがヒットを打ったところでライオンズは榎田を降板させ、2番手に平井を投入しました。
中村送りバント失敗で1死1塁。
清田がヒットを放ち1死1,2塁となるも、吉田はショートゴロゲッツーに倒れてチェンジ。
吉田もここで打てばレギュラーが近づいたのですが。


6回裏からマリーンズのピッチャーはチェン。
チェンは落ち着いたピッチングで6回と7回を抑えます。
最近のチェンはとてもいいですね。頼りになります。

8回表。
ライオンズのピッチャーはヒース。
1死からレアードがヒットで出塁し、ヒースの暴投で2塁へ。
続く中村はライトフライに倒れて2死3塁。
ここで清田がライトにタイムリーツーベースヒットを放ち4−3。
マリーンズが終盤に勝ち越しました。
続く吉田は四球を選ぶも、三木はレフトフライでチェンジ。ここは代打で良かったと思います。

8回裏。
マリーンズのピッチャーは酒居。
山川三振、森レフトフライ、中村三振でチェンジ。
完璧です。

9回裏。
マリーンズのピッチャーは益田。
金子三振も、メヒア四球、代走に熊代が出ます。
続く代打水口は三振。2死1塁。
そして秋山をショートゴロ。
試合終了!マリーンズ勝利!

と、思いきや。
なんとショート三木が握りなおしてボールをこぼしました。
試合終了のはずが三木のエラーでオールセーフ。2死1,2塁です。
そして代打の岡田にタイムリーヒットを打たれて4−4。追いつかれました。
源田三振でチェンジとなったものの、延長戦に突入です。

いやー三木のエラーは最低ですよこれは。
今日のタイムリーヒットを帳消しにする大チョンボです。
即刻2軍落ちしてもおかしくありません。埼京線で一本ですし。

10回裏は唐川が三者凡退に抑え、11回表。
ライオンズのピッチャーはマーティン。

岡四球、吉田送りバントで1死2塁。
ここで今日昇格したばかりの高濱が代打で登場します。
高浜は見事レフトにタイムリーツーベースヒットを放ち5−4。
マリーンズが勝ち越しに成功します。
その後荻野がショート内野安打を放ち、鈴木が四球を選んで1死満塁としますが、角中ショートゴロゲッツーでチェンジ。
今日の角中はノーヒットでいいところがありませんでした。

11回裏。
マリーンズのピッチャーは西野。
金子三振、熊代セカンドフライ、代打外崎は空振り三振で試合終了。
マリーンズが高濱の決勝打で見事逆転勝ち。
西野が安定したピッチングで久々のセーブを挙げました。

高浜は井口監督に干されているのかと思いましたが、大事な場面で打てて良かったですね。
2軍で福浦の指導を受けて打撃が向上したとのこと。名コーチ福浦です。
明日からはホークス戦。上位チームを潰し、パ・リーグを盛り上げましょう。

福浦の教えを胸に…代打・高浜がV打 3連勝で3位タイ浮上
https://hochi.news/articles/20190509-OHT1T50211.html
 ロッテの高浜卓也内野手(29)が延長11回の死闘に終止符を打った。9回に失策が絡み延長に持ち込まれたが、11回1死二塁、今季初打席となった代打・高浜が左越えに決勝二塁打。3連勝で勝率5割に復帰し、3位タイに浮上した。

 前日8日に今季初昇格を果たした男が試合を決めた。オープン戦後半で調子を落としたが、ファームで福浦兼任2軍打撃コーチと二人三脚でフォーム、タイミングの取り方を修正したという。

 「自分では早くタイミングをとっているつもりだったが、手と足が一緒に出ていた。福浦さんから『足が出た時にトップができるように』と言っていただいた。タメがなかったんだと思います」

 今季限りで現役を引退する福浦兼任コーチのアドバイスで復調。8日に今季初昇格を勝ち取った。ファームでは先発起用も多かったが、1軍での代打起用を見据え、「2軍でも1打席目を大切にしていました」という。

 井口監督は「左の代打で使おうと思っていた。いいところで打った」と称賛。近年の福浦は控えに回った際は代打で存在感を放ってきた。同じ左打者として、福浦の教えを胸に刻む高浜が、代打の切り札として定着するかもしれない。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

レアード爆発で西武に大勝

マリーンズ 12 - 1 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日は前橋でライオンズとの試合。
先発はマリーンズが涌井。ライオンズは地元出身の高橋光成です。

2回表。
レアードがソロホームランを放ち1点を先制します。

2回裏。
森四球、中村ヒット、栗山は涌井のフィルダースチョイスでセーフ。これで1死満塁。
外崎三振も、木村には押し出し四球を与えて1−1。同点に追いつかれます。

3回表。
荻野がヒット、鈴木もライトへのヒット。ライト木村がファンブルする間に進塁して無死2,3塁。
角中ピッチャーゴロで荻野はホームタッチアウト。1死1,3塁。
ここで井上がタイムリーヒットを放ち2−1。マリーンズが勝ち越します。

4回表。
1死2塁で藤岡がタイムリーツーベースヒットを放ち3−1。
荻野死球の後、鈴木が2点タイムリーヒットを放ち5−1。
森パスボールで1死3塁。
角中がライトへのツーランホームランを放ち7−1。
マリーンズがこの回一気にリードを広げました。

5回裏。
1死から木村にヒットを打たれ、源田ヒット、秋山四球で2死満塁。
絶体絶命のピンチで山川を空振り三振に仕留めてチェンジ。涌井が踏ん張りました。
れあ
6回表。
角中の四球と井上のツーベースで2死2,3塁とするも、レアードサードフライでチェンジ。
チャンスを活かせませんでした。

6回裏。
中村死球。栗山のショートフライを藤岡が落球。
藤岡がやらかしましたが、今日は5回表に中村も落球しています。どうも敷島球場上空には変な風が吹いているようですね。藤岡も落球も最初はサードフライに見えました。
続く外崎はレフト前ヒット。これで1死満塁。
またしても満塁のピンチですが、木村のキャッチャーファールフライ、金子をセカンドフライに仕留めてチェンジ。
涌井がまたもピンチをしのぎました。

8回表。
ライオンズのピッチャーは佐野。
ヒットと四球2つで2死満塁。
ここでレアードが今日2本目となるホームラン。しかも満塁ホームランを放ち11−1。

その後吉田のびっくりソロホームランもあり、マリーンズが12−1で勝利しました。
マリーンズはライオンズに今シーズン初勝利。ようやく勝ちました。
ライオンズに勝つと気分がいいですね。明日も勝ちましょう。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

まさかの有原暴投2連発。ホームランも飛び出し勝利

ファイターズ 3 - 5 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

こどもの日に予定調和のごとく負けたマリーンズ。
せめて連休最後の今日ぐらいは勝ちましょう。勝って気持ちよく日常に戻りましょう。
しかし今日のファイターズの先発は有原。防御率0.51、1点取れたら奇跡。すでにマリーンズは有原の前に手も足も出ず2敗しています。

難攻不落だからと言ってあきらめてはいけません。
突破口は必ずある。井口監督はスタメンを大胆に変えてきました。
左打者は有原を打ちにくいと見た井口監督は右打者を6人並べました。
中村を6番に下げ、ショートには三木、ライトには岡を入れました。
清田じゃなくて岡?
昨年の清田は有原を打っており、対戦成績は6打数2安打です。
清田は打撃も好調なのですが、それでも岡を使ったということは、すなわち足と小技で点を取りに行くという井口監督の決意の表れでしょう。
昨日清田がバーベイトのスプリットを見逃してばかりだったのも悪印象でしたね。
ともあれ、出場するからには岡にとってチャンス。足を使って有原を崩しましょう。
マリーンズの先発は先日平成最後の試合で初勝利を挙げた種市です。

1回表。
種市は今日も150キロを超えるストレートをズバズバ投げ込みます。
先頭の西川をセンターフライ。荻野が正面の難しいライナーをダイビングキャッチしました。
大田セカンド内野安打、近藤四球で1死1,2塁としますが、中田をサードゴロゲッツーに仕留めてチェンジ。
今年も中田はマリーンズにやさしいです。

1回裏。
先頭の荻野がセンター前ヒットで出塁し、盗塁を決めます。
続く鈴木は三振しますが、投球がワンバウンドしたのを見て荻野は素早く3塁へ。1死3塁となります。
ここで角中はきっちりレフトに犠牲フライ。荻野がホームインし1点を先制しました。
さきほどファインプレーでチームを救った荻野が、今度は足でチームに勢いをもたらしてくれましたね。
ワンヒットで1点。特に3塁への進塁は見事でした。

2回表。
渡邉三振、平沼ライトフライ、横尾空振り三振でチェンジ。種市が好投しています。

2回裏。
レアード三振、中村も三振。
しかし有原が暴投したため中村は振り逃げで1塁へ。1死1塁となります。
チャンスを広げたいところですが、岡はサードゴロゲッツー。チェンジとなりました。

3回表。
中島三振、石川ショートゴロで2アウト。
しかし西川にレフトへのスリーベースヒットを打たれると、大田にライトへのタイムリーヒットを打たれて1−1。
同点に追いつかれました。

さらに大田の盗塁と種市の暴投で2死3塁となり、近藤にタイムリーツーベースヒットを打たれて2−1。
中田センターフライでチェンジとなったものの、この回逆転されてしまいました。

5回裏。
岡がレフトスタンドにソロホームラン。2−2。貴重な一発が出ました。
田村三振で1アウトとなり、続く三木はサードへの内野安打。
続く荻野は三振、鈴木はセンター前ヒット、角中四球で2死満塁。
打席には井上が入ります。
有原はギアチェンジして全力で投げ込んできますが、逆にこれが力みを生んだようです。
なんと有原の暴投で3塁ランナーホームイン。2−3。
そしてもうひとつ有原が暴投してランナーホームイン。2−4。
井上はセンターフライに倒れてチェンジになりますが、有原が2回も暴投してくれたおかげで2点をゲット。
逆転に成功しました。

6回表。
近藤四球、中田センターフライ、渡邉四球。
どうやら種市が疲れてきたようです。
マリーンズはここでピッチャーを松永に代えました。
松永は代打の谷内を空振り三振、横尾をセカンドゴロでチェンジ。
セカンドの中村が難しいゴロを体で止め、素早くショートにトスしました。
松永の好投と中村のファインプレーでファイターズの得点を見事阻止です。

6回裏。
レアードがソロホームランを放ち1点追加。2−5。
このホームランが大きかったですね。頼れる主砲です。

7回表。
中村が引っ込んで三木がショートからセカンドへ。そしてショートには藤岡が入りました。
マリーンズのピッチャーも交代し、この回から酒居。
中島、杉谷、西川を三者連続空振り三振という素晴らしいピッチングを見せてくれました。
ニュージーランドでの武者修行の効果ですね。昨年から大きく成長しています。

8回表。
この回からマリーンズのピッチャーは唐川。
しかし唐川が良くありません。
大田レフト前ヒット、近藤セカンドゴロ。右が横っ飛びでキャッチして2塁にグラブトスしました。
間一髪のアウトでしたが、チームを救う三木のビッグプレーです。
その後中田にヒットを打たれ、渡邉三振で2死1,3塁。
ここで代打の田中賢介にライトへのタイムリーヒットを打たれて3−5。
ファイターズが1点を返しました。
なんとか横尾をセンターフライに仕留めてチェンジになったものの、三木のファインプレーが無ければどうなっていたかわからないです。



8回裏。
ファイターズのピッチャーは玉井。
井上がセンター前ヒットで出塁し、代走に細谷が登場。
しかし細谷は牽制球に戻り切れずタッチアウトとなります。痛すぎるボーンヘッドです。
続くレアードは四球を選び1死1塁。
ここで藤岡はあろうことかピッチャー正面にバントしてしまい、ランナーレアードが2塁タッチアウト。
内野の控えがいない状況だったのでレアードに代走が出せませんでした。
だからバントするなら確実にやってほしかったのですが、藤岡のバントが下手なせいで2塁アウト。
岡はショートゴロでチェンジ。ランナーを2人出しながら、ミス連発で無得点に終わりました。

細谷は論外ですが、藤岡のバントミスもいただけません。
ただ、バントが成功して2アウト2塁になっても次は岡と田村ですから、送りバントさせるメリットはあまり無いのではないでしょうか。
井口監督の采配に疑問ですね。
この場面での藤岡は普通に打たせたほうが良い結果につながったと思います。

9回表。
マリーンズのピッチャーは益田。
今日は危なげないピッチングで中島、清水、西川をあっさり打ち取って試合終了。
5−3でマリーンズが勝利。有原の自滅もありましたが、ホームランと足でもぎ取った勝利ですね。
もちろん、先発の種市の好投も大きかったです。
この勝利を次につなげましょう。

なお、今日の試合で出番がなかったバルガスは2軍落ちが決定。
選球眼が良いだけに、ある程度の打席をこなせば調子が上がってくると思うのですが、井口監督は外国人選手を使おうとしません。ドミンゲスもそうでした。
井口監督の下で干されるよりは、2軍で福浦の指導の下で4打席立って日本にアジャストしていったほうがいいのかもしれません。
あのレアードも1年目の前半は散々でした。
バルガスも長い目で見ましょう。





マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング
カテゴリー別記事
月別記事
パリーグ順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
マリーンズ日程表
ニュース記事
最新コメント
このブログについて
■ このブログについて

管理人:薫友(くんゆう)

マリーンズファンのブログです。
千葉ロッテマリーンズや旅の話などを書いています。
趣味は鉄道旅行。日本国内のJR全線と私鉄全線に乗りました。


■ コメントについて

・当ブログにコメントされる場合は、下記の諸規定を承諾されたものとします。

・以下に該当するコメントを禁止し、削除対象とします。

 1.各エントリと関係のないコメント。
 2.誹謗中傷、荒しと認められるコメント。
 3.日本語の文章として意味を成さないと判断される文字列。
 4.試合中の実況コメント。
 5.日本国内の法律等に抵触するコメント。
 6.個人情報保護の観点から相応しくないと判断されるコメント。
 7.閲覧者に不快感を与えると判断されるコメント
 8.企業、団体、個人による営利もしくは宣伝等を主たる目的としたコメント。
 9.このブログおよびマリーンズの「和」を乱すと認められるコメント。

・当該コメントを削除する際は当該コメントに言及している他のコメントも同時に削除します。当ブログを快適に閲覧していただくため、当該削除対象コメントには返信されないようお願いします。

・同一人物による複数ハンドルの使用はご遠慮ください。IPアドレス等から同一人物と判断しうる場合はすべて削除対象となります。

・コメント投稿者同士による私信のやり取りはご遠慮ください。やむを得ず行う場合は必要最小限に留めていただくようお願いします。

・当ブログにコメントされる際は、敬語を使用する等、閲覧者に不快感を与えないよう文章、用語等に一定の配慮をお願いします。配慮を欠くと判断されるコメントは削除対象とします。


■ トラックバックについて

・参照のないトラックバックはお断りしています。


■ 連絡先

メールフォームはこちらです。


■ トリップアドバイザー

「マリンブルーの風」はトリップアドバイザーおすすめブログに認定されました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
記事検索
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ