マリンブルーの風

おかげさまで15周年!
2004年開設の千葉ロッテマリーンズ応援Blog! 
国内旅行記&海外旅行記やアメリカ、台湾、ヨーロッパ野球の観戦記も充実!

種市好投で日ハムに勝利

ファイターズ 0 − 4 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今シーズンもいよいよ大詰め。今日からのマリン3連戦でレギュラーシーズンは終了です。
なんとか3連勝してCS進出へ希望をつなぎたいところ。今日は絶対に負けられません。
今日はファイターズとの試合。16時と言う中途半端な開始時刻です。
先発はマリーンズが種市、ファイターズがルーキーの吉田となります。

1回表。
種市が西川、大田、近藤を三者凡退に片づけました。上々の立ち上がりです。

1回裏。
荻野が四球で出塁し、鈴木レフト前ヒット、マーティン四球で無死満塁。
井上は三振で1アウトとなるも、角中がレフトにタイムリーヒットを放ち0−1。
マリーンズが先制します。
続く清田は三振で2死満塁。
ここで中村は頭部に死球を食らってしまい、押し出し死球で2点目が入ります。
頭に当たっていますが、変化球なので危険球退場にはならないのですね。
中村は大丈夫でしょうか。ともあれ0−2です。
なおも2死満塁でしたが田村は空振り三振。ひどいスイングでした。チェンジです。

2回表。
渡邉と石井のヒットで2死1,2塁としますが、清水を空振り三振に仕留めてチェンジ。
ピンチを脱します。

2回裏。
藤岡がセンター前ヒットを放ったところでファイターズはピッチャーを交代。
ルーキー吉田は1イニングと0/3を投げて交代となりました。制球が悪すぎますね。
2番手は玉井。
荻野ヒット、鈴木送りバントで1死2,3塁のチャンスを作ると、マーティンがライトにタイムリーヒットを放ち0−4。
リードを4点に広げました。

3回以降はファイターズの継投策に抑えられて得点できなくなりましたが、種市が素晴らしいピッチングでファイターズ打線を抑えます。
8回裏には2死1塁から2連続四球で満塁としますが、渡邉をセンターフライに仕留めてチェンジ。
結局種市は8回を0点に抑えて交代となりました。

9回表は4点差ながら益田が登場。
危なげなく3人で抑えて試合終了。0−4でファイターズに勝利しました。
種市はチームトップの8勝目。今年一番の成長株ですね。今後が楽しみです。

残念ながら楽天が西武に勝ってしまったためCS進出の条件が厳しくなってしまいました。

マリーンズは残り2試合で2勝した場合、楽天1勝2敗以下でCS確定です。
2試合で1勝1敗の場合は楽天3連敗でCS進出です。
楽天が残り3試合で2勝するとマリーンズの4位が決まり、楽天がCS進出です。

つまり、明日マリーンズが負けて楽天が勝つとマリーンズの4位が決まり、楽天CS進出です。

福浦の引退試合ですが、勝つしかありませんね。
勝って福浦を送り出しましょう。


ロッテ・種市、登場曲ドッキリ大成功に仕掛け人もニンマリ
 ロッテの種市篤暉投手(21)が22日、日本ハム24回戦(ZOZOマリン)に先発。8回5安打無失点、9奪三振の好投でチームトップの8勝目を挙げた。

 連敗ストップを託され、種市が一回のマウンドへ向かうと、いつものおしゃれな洋楽「High Hopes(Panic At The Disco)」ではない登場曲が流れた。不思議なラップ調の音楽。同じ青森出身の歌手・吉幾三が9月12日に発表したばかりの津軽弁ラップ「TSUGARU」だった。

 仕掛け人は青森出身の大先輩、細川だった。「いたずらです」と変更を提案。予告なしの“ドッキリ”にも動じることなく好投した右腕に「打たれたら謝ろうと思ったけど、よかったです」と笑顔を見せた。連敗で暗くなりかけたチームに明るさが戻った。

 1・5ゲーム差で追う3位・楽天がデーゲームで西武に勝利。CS進出へ、これ以上負けられない一戦で、今季初勝利から一気にブレークした右腕が踏ん張った。自身の力投から始まった日本ハム戦の連勝も8まで伸びた。強心臓の21歳がチームの希望をつないだ。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

山岡を打てずオリックスに連敗。鬼門京セラドーム大阪で3勝10敗

マリーンズ 1 − 3 バファローズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

昨日は絶対に勝たなければいけない試合でした。
にもかかわらず投手を無駄に投入して負け。痛い、痛すぎます。
やはり京セラドーム大阪は鬼門なのでしょうか。
今日の先発はマリーンズが西野、オリックスが山岡です。
今年の山岡はマリーンズ相手に5試合投げて3勝0敗。
ロッテキラーというほどではありませんが、いつも抑えられている印象があります。

1回表。
荻野ヒット、鈴木送りバント、マーティン死球で1死1,2塁。
しかし井上はセカンドゴロゲッツーに倒れてチェンジ。
せっかくのチャンスを4番がゲッツーでつぶしてしまいました。
初回からこれでは「今日もダメか」と思わされてしまいます。
2回以降も得点の気配が無く、西野が踏ん張るしかない展開となりました。

3回裏。
先頭の西浦がライトへのツーベースヒットで出塁。西浦は3塁を窺いますが、マーティンの好返球で足止めします。
続くバッターは安達。安達は送りバントの構えからバスターを敢行します。
打球は前進守備のファースト正面へのゴロ。ファースト井上が3塁に送球し余裕で3塁アウトかと思われましたが、井上の送球が良くありません。
ワンバウンドの上勢いが無く、サード鈴木がベースの後ろで捕球する羽目になってしまいました。
何ということでしょう。オールセーフで無死1,3塁となってしまいました。
ここでロッテキラー若月がセンター前に落ちるタイムリーヒットを放ち0−1。
オリックスに先制を許しました。荻野が打球判断を誤り一旦後ろに下がってしまいました。

そして無死2塁となったところで宗が送りバントを決めて1死2、3塁。
続く福田は左中間にライナー性の打球を放ちますが、荻野が俊足を飛ばしてスーパーキャッチを決めます。
ただ3塁ランナーはタッチアップでホームイン。犠牲フライで2点目を失いました。
吉田レフトフライで長かった3回裏がようやく終わりましたが、0−2と2点のビハインドです。

4回裏。
ロメロがツーベースヒットで出塁。
モヤのライトフライで3塁に進み、中川のタイムリーヒットで0−3。
今日の山岡の出来が良いだけに、3点差はきついです。
中盤以降もマリーンズは山岡を打てず、7回終了時点でわずか3安打と完全に抑えられました。

回は進み8回表。
2アウトから藤岡が粘って四球を選び、荻野レフト前ヒットで2死1,2塁。
ここでオリックスは好投する山岡を降ろし、抑えのディクソンを投入します。
バッターは鈴木。なんとかしてほしい!
鈴木はファンの期待に応えセンターへのタイムリーヒットを放ち1−3。
ようやく1点を返しました。
さらにチャンスが続いたものの、マーティンはショートゴロに倒れてチェンジ。
1点だけでは・・・。

9回表。
2アウトから代打清田ライト前ヒット、中村レフト前ヒットで2死1,2塁とチャンスを作ります。
しかしレアードが外角低めのストレートに空振り三振。
痛い、痛すぎる。1−3でオリックスに連敗。西野は良く投げてくれましたが、打線の援護がありませんでした。
チャンスを作っても2アウトなんですよね。2アウトだとヒットか相手のエラーでしか点が取れませんし、なかなか巡り合わせが悪いです。

それにしてもオリックスに勝てません。
京セラドーム大阪での対戦成績は3勝10敗となってしまいました。
トータルでも9勝15敗でオリックスに負け越し。ソフトバンクには17勝8敗と大きく勝ち越しているのに、なぜか勝てません。

これで楽天が負けてくれればよかったのですが、西武の中継ぎ陣が打ち込まれて6−0で楽天が勝利。
1.5ゲーム差となりました。
いよいよ崖っぷちです。もう1敗もできません。
マリーンズが残り3試合、イーグルスが残り4試合。
マリーンズ3勝0敗なら楽天は2勝2敗以下、マリーンズ2勝1敗なら楽天1勝3敗以下でマリーンズのCS進出が決まります。
逆に楽天が残り4試合で3勝した場合は楽天のCS進出が決まり、マリーンズは4位となります。

なお、勝率が同率となった場合は直接対決で勝ち越しているチームが上位となります。
今シーズンはマリーンズが13勝10敗2分で楽天に勝ち越しているので、同一勝率ならマリーンズが上になります。
明日マリーンズが負けて楽天が勝つとマリーンズの4位が確定というのは間違いですね。

いずれにせよ明日負ければほぼ望みが絶たれるのは事実。
状況は厳しいですが、勝てばいいのです。可能性はあります。
ファンの声援の後押しで、ホーム3連勝を決めましょう。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

ボルシンガーが炎上。オリックス打線に11点取られて負け

マリーンズ 8 − 11 バファローズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日と明日は京セラドーム大阪でオリックスとの2連戦です。
今年のマリーンズは京セラドーム大阪と相性が悪く、対戦成績は3勝8敗。大幅に負け越しています。
しかし、楽天とのし烈な3位争いを制すにはとにかく勝つしかありません。

先発はマリーンズがボルシンガー、オリックスがK−鈴木です。

1回表。
2アウトからマーティン、井上が四球を選ぶと、角中がライトスタンドにスリーランホームランを放ち3−0。
さらに中村もソロホームランを放ち4−0。
初回から4点のリードを奪いました。

1回裏。
宗を空振り三振に仕留めるも、福田に四球を与え、吉田正にヒットを打たれて1死1,3塁。
ここでロメロにサードへのタイムリー内野安打を打たれて4−1。まず1点を返されます。
モヤ三振で2アウトとなりますが、中川レフト前ヒットで2死満塁。
なんとか抑えたいところでしたが、西浦にレフト線にポトリと落ちるタイムリーヒットを打たれます。
レフト加藤翔平の緩慢な動きもありランナー3人ホームイン。4−4の同点に追いつかれてしまいました。
不運な当たりでした。しかし、なぜ加藤翔平がスタメンレフトなのでしょうか。

2回表。
藤岡がヒットを放ち、加藤送りバント、荻野センターフライで2死3塁。
鈴木四球で2死1,3塁。チャンスでしたがマーティンは三振。チャンスを逃しました。

2回裏。
なんとマリーンズはボルシンガーを1イニングで交代させ、2番手に大谷を起用します。
ヴェテラン大谷は長らく2軍暮らしで今日が2試合目。前回登板も良いとは言えませんでした。
今日の大谷も制球が悪く、いきなり若月に四球を与え、宗ファールフライも福田ヒット、吉田正四球で1死満塁のピンチを迎えます。
ここでロメロに犠牲フライを打たれて4−5とオリックスに勝ち越し点を与えてしまうと、続くモヤにライトへのタイムリーヒットを打たれて4−6。
なんと初回に4点取ったにもかかわらず、あっという間に6点取られ、逆転されてしまいました。

3回表。
井上、角中、中村があっさり内野ゴロに倒れてチェンジ。
主力選手がこんな情けないバッティングをしてはいけません。

3回裏。
ピッチャーはルーキーの中村稔。
西浦三振、太田三振、若月ライトフライと3人で片づけました。

4回表。
1死から藤岡がヒットを放つも、加藤がゲッツーに倒れてチェンジ。
正直なぜ加藤をスタメンで起用したのでしょうか。理解できません。

4回裏。
中村稔が続投。
宗にヒットを打たれ、福田送りバント、吉田センターフライ、ロメロ四球、中村稔の暴投で2死1,3塁となりまs。
ピンチでしたがモヤを外角のストレートで空振り三振。力強いピッチングで抑えました。

5回表。
2アウトからマーティン四球、井上ヒット、角中ヒットで2死満塁。
しかし中村はライトフライに倒れてチェンジ。チャンスを活かせません。

5回裏。
中村稔が中川、西村、太田を3人で片づけました。

6回表。
この回からオリックスのピッチャーは増井。
田村ショートゴロも、藤岡四球、加藤セカンドゴロ、荻野ヒットで2死1,3塁。
ここでオリックスはピッチャーを山田に代えました。
なんとか得点が欲しい場面ですが、鈴木はレフトフライに倒れてチェンジ。
またしてもチャンスを活かせません。

6回裏。
中村稔が続投しています。
ロッテキラー若月にツーベースヒットを打たれ、宗送りバントで1死3塁。
ここで福田にセンターへのタイムリーヒットを打たれて4−7となります。
中村稔は吉田正をセンターフライに仕留めたところで交代。
良く投げてくれました。

4番手は東條。
残念ながらロメロにツーランホームランを打たれて4−9となりました。
これまで抑えてくれていただけに、悪く言えませんね。

7回表。
オリックスのピッチャーは神戸。
1死から井上がツーベースヒットを放ち、角中がセンターへのタイムリーヒットを放ち5−9。
1点を返します。
続く中村は空振り三振。うーん。
田村の代打レアードはショートゴロですが内野安打。しかも太田の悪送球が飛び出して2死1,3塁となります。
ここで藤岡がセンターへのタイムリーヒットを放ち6−9。
遅ればせながらの反撃で3点差に詰め寄りました。
なおも2死1,2塁とチャンスが続きましたが、加藤の代打清田が空振り三振に倒れてチェンジ。
ここぞという場面で打ってくれません。

7回裏。
唐川が登場。2アウトからヒットとキャッチャー吉田の悪送球で2死3塁としますが、福田をショートゴロに打ち取りチェンジ。
たまの出番で悪送球してしまうとは情けない。吉田の印象が益々悪くなります。

8回表。
オリックスのピッチャーは海田。
2アウトからマーティンが四球を選び、井上ツーベースヒットで2死2,3塁。
ここで角中はセカンドゴロを放ちますが、角中が懸命に走ります。
セカンド福田の送球がファーストのはるか頭上を越える間にランナーが2人ホームイン。
記録は角中のタイムリー内野安打+エラーで2点を返し、8−9。
1点差に詰め寄りました。

しかし物事はうまくいきません。
8回裏。
小田のヒットと盗塁で2死2塁としたところで田中を投入しますが、これが完全に継投失敗。
中川にタイムリーツーベースヒットを打たれて8−10。
西浦にもタイムリーツーベースヒットを打たれて8−11。
希望を持ちかけたマリーンズファンを再び奈落の底へと落とします。

9回表はディクソンにあっさり3人で抑えられて試合終了。
8−11でオリックスに痛い負けを喫しました。

勝たなければいけない試合。
ボルシンガーは何をやっているのでしょう。
ただ、不運な打球での失点でしたから1回での降板は速すぎます。
大谷、田中の投入も完全に裏目。継投失敗です。
ルーキー中村稔の好投だけが収穫でしたね。

楽天が負けてくれたのでゲーム差は1のままですが、3位浮上が厳しくなってきました。
とにかく勝つしかありません。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

則本を打てずイーグルスに負け。4位転落。

イーグルス 2 − 0 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日は4位楽天との直接対決。楽天とは今季最終戦になるだけに負けられない一戦です。

なお、試合前には台風15号の被災地を支援するための募金活動が行われました。
嬉しいことに楽天の平石監督らも参加してくれています。



先発はマリーンズが小島、イーグルスが則本。

小島は1回表に2死1,2塁のピンチを招き、銀次にタイムリーヒットを打たれて1点を失います。
5回表には2死1,3塁のピンチを招きますが、銀次のセンター前への打球を荻野がダイビングキャッチ。
チェンジとなります。ここで捕れなければ試合が決まっていただけに、大きなプレーです。

今日の小島は5回1失点。全体としては制球が悪く5回までに6四球でした。
100球を超えてしまったために5回終了時点で降板となりました。
課題はありますが、それでも1点で抑えてくれたのは良かったです。

一方則本のピッチングはすばらしく、マリーンズ打線は手も足も出ません。
鈴木大地もバント失敗や飛び出し牽制死などいいところがありませんでしたね。
チャンスを全く作れず、2塁すら踏めずにゼロ行進。結局8回まで0点に抑えられました。

9回表は岩下が1点を失い2−0。
9回裏は松井に捻られて試合終了。
2−0で楽天に負け、4位転落となりました。
残念ながら攻撃の糸口がつかめませんでしたね。切り替えるしかありません。明日から5連勝しましょう。

ところで、今日はファンクラブ会員向けのタダ券が利用できる最後の試合でした。
多くのファンがタダ券をチケットに引き換えたようで、18時20分の時点で指定席は全席完売。そして内野自由席も完売していました。
そして18:20の時点で2階内野自由席もほぼ満席に近く、グループで座るのが難しい状態でした。
平日なのにここまで混むのは珍しいです。
普段よりも制服姿の中学生、高校生が多かったように思いますし、招待券で来場したお客さんも見かけました。
しかも8時を過ぎると空席が出て座れました。途中で帰った人がかなりいたようです。
今日の大事な試合なのに途中で帰るのはマリーンズファンではないでしょう。ひょっとしたら招待券をかなりばらまいたのではないかと思います。
事実確認はしていませんが、もし招待券をばらまいていたとしたら、ファンクラブ会員のタダ券消費を邪魔する行為ですから、球団運営としてはどうかとおもいます。
タダ券と言っても、ファンクラブ会費に対する対価ですからね。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

2017年イタリア・シチリア島旅行記 第27回 カニカッティから海沿いのローカル線でラグーザへ

2060

イタリア・シチリア島旅行記の第27回です。
6日目はアグリジェントからバロック様式の町並みが美しいラグーザへと移動します。
カニカッティからローカル線を乗り換え、海沿いをのんびり走ってラグーザへと向かいました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む

2017年イタリア・シチリア島旅行記 第26回 1日3本のローカル線でアグリジェントからカニカッティへ

2326

イタリア・シチリア島旅行記の第26回です。
6日目はアグリジェントからバロック様式の町並みが美しいラグーザへと移動します。
非電化のローカル線に乗ってまずはカニカッティという地方都市の駅を目指します。
ラグーザへはカニカッティ駅で2時間待ちの乗り換えです。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む

ロッテキラー本田を連打でKO。西武に勝利。

マリーンズ 9 − 3 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

西武ドーム4連戦で3連敗。最後の1試合ぐらいは勝ちたいものです。
西武とソフトバンクはし烈な首位争いを演じていますが、われらがマリーンズも4位イーグルスとし烈な3位争いの真っただ中なのです。
4位イーグルスとのゲーム差は1。連敗中はイーグルスもおつきあいして負けてくれましたが、そろそろあちらも勝つでしょう。

そんなマリーンズに立ちはだかるのはライオンズ先発の本田。
対ロッテ戦4戦4勝。トータル6勝のうち4勝がロッテと言う生粋のロッテキラーです。
マリーンズ打線は不調のレアードを外してマーティン、井上、角中のクリーンアップを組みました。
とにかく打つしかありません。勝ちましょう。

2回裏。
マリーンズ先発は石川。1回裏こそ三者凡退に抑えましたが、2回裏に捕まります。
中村、外崎のヒットで無死1,2塁とされると、山川にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて0−2。
序盤から2点のリードを許しました。

4回裏。
外崎にレフトへのツーベースヒットを打たれてしまいますが、ここから石川が踏ん張りました。
山川を落ちる球で空振り三振、今日スタメンのメヒアをシンカーで空振り三振。
そして昨日サヨナラ打を放ったロッテキラー木村をシンカーで空振り三振でチェンジ。
石川が三者連続三振でピンチを切り抜けました。

5回表。
1アウトランナーなしで藤岡がライトスタンドにソロホームランを放ち1−2。
藤岡が打つとは予想外です。ですがこれで1点差。
いつまでもケイスケホンダにやられっぱなしではありませんよ。

5回裏。
金子ピッチャーゴロ、秋山ライト前ヒット。
秋山は2塁を窺いますが、ライトのマーティンが2塁に矢のような返球をしたため1塁ストップ。
続く源田はショートゴロゲッツーでチェンジ。
3人で片づけました。
今日はマーティンの強肩がピンチを未然に防いだシーンが何回かありましたね。
誰かさんのような緩慢な守備であれば2塁に行かれてしまいますが、マーティンのように素早く処理して返球してくれれば1塁で止められるのです。

6回表。
マーティンがライト前ヒットで出塁し、井上がレフトへのツーベースヒットを放ち無死2,3塁。
角中四球で無死満塁の大チャンスです。ここで初球ピッチャーゴロゲッツーなんてやられると困るのですが、今日の清田はしっかりと打ってくれました。
レフトへのタイムリーヒットを放ち2−2の同点。甘い球を見逃しませんでした。
さらに9月の打率が3割5分と好調な田村が低めの球を救い上げてセンター前にタイムリーヒット。
ランナーが2人還って4−2。2塁ランナー清田は3塁に向かうも挟まれてアウトとなり1死2塁となります。
続く中村は四球を選んで1死1,2塁となったところでライオンズは本田を交代。ついにロッテキラー本田をKOしました。
ライオンズの2番手は野田。
藤岡セカンドゴロで2死1,3塁となり、続く荻野がレフトにタイムリーツーベースヒットを放ち5−2。
なおも2死2,3塁のチャンスが続き、鈴木がしっかり四球を選んで2死満塁。
ここでマーティンがセンターにタイムリーヒットを放ち2点追加。7−2とします。
野田はここで交代。3番手は國場が出てきました。
2死1,3塁と体調店のチャンスでしたが井上セカンドゴロでチェンジ。
この回打者一巡の猛攻で6点を挙げて一気に逆転しました。

5点のリードでも安心できないのが今の西武打線です。

6回裏。
森、中村を抑えて2アウトとするのですが、ここから石川が制球を乱して3者連続四球。2死満塁となります。
ここでロッテキラー木村を迎えますが、外角のストレートで空振り三振。
危ない所でした。

7回裏。
1アウトから秋山にツーベースヒットを打たれ、源田セカンドゴロで2死3塁。
ここで森にタイムリーヒットを打たれて7−3。4点差とされます。

8回裏。
石川は7回3失点で降板し、2番手は田中。
外崎とメヒアにヒットを打たれて1死1,2塁のピンチを招き、バッターに木村。
田中は木村に死球を与えたようにも見えましたが、判定はスイングを取りストライクで三振。
西武側がリクエストしましたが判定通りで空振り三振。2アウト。
これは助かりましたね。木村に達川レベルの演技力があったら死球になったかもしれません。
達川だったら痛がりつつも左手をつねりながら1塁に向かっていたでしょう。
そして金子の打席で暴投。キャッチャーがボールを弾く間にランナーが走ります。
しかし田村が素早く2塁に送球し1塁ランナーのメヒアを刺そうとします。
判定はセーフ。ここで今度は井口監督がリクエストを要求。これが成功しアウトとなりました。
チェンジです。

9回表。
鈴木のヒットと井上の四球で2死1,2塁。
ここで清田がタイムリーツーベースヒットを放ち9−3。
大きな追加点を挙げました。

9回裏はチェンが2死1,2塁のピンチを招くも、最後は中村をライトフライに打ち取り試合終了。
9−3でマリーンズが勝利し、ライオンズに意地を見せました。

とにかく勝ってよかったですよ。今日は早いカウントから打ちに行って本田を崩しました。
CSに進出できれば対戦する可能性が高いので、今日攻略できたのは非常に大きいです。

CSと言えば気になるのは4位楽天。今日は勝ちましたからゲーム差1のままです。
残り試合は


ロッテ 残り6試合
西武1試合 オリックス2試合 日本ハム2試合 楽天1試合

楽天 残り8試合
西武5試合 ソフトバンク2試合 ロッテ1試合

楽天とロッテによるパ・リーグの3位争い。
残り試合は楽天が8試合でロッテが6試合と楽天の方が多いです。
しかし楽天は西武が5試合、ソフトバンクが2試合。
対するロッテは残り6試合で西武1試合、オリックス2試合、日本ハム2試合、楽天1試合。
対戦相手を考えればロッテが圧倒的に有利です。

3勝3敗なら3位濃厚。もうひと踏ん張りですよ。

ところで、引退を表明した福浦が西武の動機入団である松井2軍監督から花束を贈呈されました。
西武第二球場で2軍の試合が予定されていたのですが、雨で中止になってしまったのですね。





ところで、先週はブログの更新が滞ってしまいました。

実は8月の終わりから9月8日までギリシャ旅行に行っておりまして、先週は溜まっていた仕事の処理で疲労がなかなか回復せずブログの更新ができなかったのです。
お読みいただいている方にはご心配をおかけし申し訳ありません。
まだちょっと時差ぼけが治っていないのですが、ブログの方は平常運転に戻していきますので、今後ともよろしくお願いします。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

加藤のまずい守備で西武に延長サヨナラ負け

マリーンズ 5 − 6 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

昨日延長サヨナラ負けを喫したマリーンズ。
4位の楽天が負けてくれたおかげでまだ3位ですが、なんとも情けない限りです。
今日は勝って意地を見せてほしい。先発はマリーンズが種市、ライオンズが昨年のロッテキラー榎田です。

2回表。
清田がソロホームランを放ち1−0。マリーンズが先制します。

5回裏。
2アウトから源田、森にヒットを打たれて2死1,2塁。
ここで中村にライトへのタイムリーヒットを打たれて1−1。
同点に追いつかれました。

6回表。
2アウトランナー無しから清田の打球はセンターへ。
センター秋山が前に突っ込むもボールを後ろに逸らしてしまいます。
清田は3塁を蹴ってホームに向かうも余裕でホームタッチアウト。ランニングホームラン未遂となりました。
これは明らかに大塚明コーチの判断ミスです。
清田自身は3塁で止まるつもりだったのに大塚は本塁突入を指示。
一度スピードを緩めていた清田が間に合うはずもなくホームタッチアウトです。
大塚明は判断ミスが多すぎますね。3塁ベースコーチは今年限りにしてほしいです。

6回裏。
外崎にツーベースヒットを打たれ、山川サードゴロも盗塁を決められ1死3塁。
木村四球で1死1,3塁となります。
ピンチ尾でしたが金子、秋山を三振に仕留めてチェンジ。
ここは種市が踏ん張りました。

7回表。
マーティンセンターフライも田村がセンターへのスリーベースヒット。
レアードサードファールフライ、三木死球、荻野四球で2死満塁となります。
ここで鈴木がセンターへのタイムリーヒットを放ち走者一掃。
4−1とマリーンズが3点のリードを奪いました。
榎田はここで交代。ロッテキラーをマウンドから引きずり降ろしました。
2番手は伊藤。
中村が四球を選び2死1,2塁としますが、井上ライトフライでチェンジ。
ここで勝ち越しておきたかったです。

7回裏。
マリーンズのピッチャーはこの回から岩下。
岩下は制球が良くありません。
源田四球、森三振、中村ツーベースヒットで1死2,3塁。
ここで栗山に犠牲フライを打たれて4−2。2点差とされます。
なおもピンチが続きましたが、外崎をセンターフライに打ち取りチェンジ。
あぶないところでした。

8回裏。
マリーンズのピッチャーは東妻。レフトには加藤が入りました。
東妻もまた制球が悪く、山川に四球を与えて先頭打者を出塁させます。
木村はライトフライで1アウトも、代打メヒアにストレートの四球を与え、秋山ライト前ヒットで1死満塁。
ここでなんとマリーンズはピッチャーを中村稔に代えます。
満塁の大ピンチでなぜ経験の浅いルーキー中村稔を出すのか。理由がわかりませんね。
案の定源田にタイムリーヒットを打たれて4−4の同点。
さらに森にタイムリーツーベースヒットを打たれて4−5。
中村稔への交代は完全に失敗です。逆転されてしまいました。
なんとか田中が抑えてくれましたが・・・。

9回表。
ライオンズのピッチャーは平井。
抑えの増田ではなく平井です。増田の疲労を考慮したそうですが、西武としては裏目に出ました。
角中が四球を選び、代走の岡が盗塁を決めます。
ここで荻野がライトにタイムリーヒットを放ち5−5。
土壇場で同点に追いつきました。
続く鈴木は送りバントを決めて1死2塁。
中村セカンドゴロで2死3塁。井上四球で2死1,3塁。
ここで逆転したかったのですが、途中出場の加藤があっさりショートゴロに倒れてチェンジ。
加藤はいろいろ足りていません。

9回裏。
マリーンズのピッチャーは東條。
外崎ファールフライも、山川ヒット、木村四球、熊代ヒットで1死満塁。
サヨナラ負けの大ピンチです。
ですが秋山をセカンドゴロ、源田をショートライナーに仕留めてチェンジ。
東條がピンチをしのぎ、延長に突入しました。

10回表は田村がヒットを放つも2死1塁で田村が牽制死。
あまりにも不用心かつもったいない牽制死でした。

10回裏は益田が抑え、11回表。
1死から荻野がヒットを放ち、続く鈴木もレフトにヒットを放ちます。
しかし3塁を狙った荻野をレフト外崎が素早すぎる送球で刺してしまうのです。
恐るべき守備。これで2死1塁となり、中村三振でチェンジ。
またしてもランナーを活かせませんでした。

11回裏。
マリーンズのピッチャーは今季初登板となった大谷。
外崎を空振り三振、水口をショートライナーに仕留めて2アウトを取ります。
しかし木村が打ち上げたレフトフライをレフト加藤が見失ってしまいます。
センター荻野がカバーに向かいますが、あろうことか加藤と荻野が激突してボールを落としてしまいます。
外野手の木村は知っていたのですね。
日没直前に外野フライが上がると屋根の色とボールの色が重なって非常に見えにくくなることを。
木村はレフトの加藤が打球を見失ったと判断して外野フライでも全力疾走。
加藤と荻野が激突した時点で3塁を蹴り、ホームに還ってきました。
ああ、情けない。
ランニングホームランではなくレフト加藤のエラーで打者走者が生還。
5−6でサヨナラ負けを喫しました。

昨日も今日も外野のまずい守備でサヨナラ負け
マリーンズとライオンズで外野守備の差がひどいですね。
昨日の岡はまだ擁護できますが、今日の加藤は擁護できません。
プロ失格。情けない限りです。

楽天が負けてくれたのでまだ3位にいますが、こんな試合をしていて3位を死守できるのか。
明日はロッテキラーケイスケホンダが先発です。
意地を見せたいですね。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

9回に追いつくも西武にサヨナラ負け

マリーンズ 3 − 4 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

昨日は手も足も出ずライオンズに敗戦。
今日はベテラン大谷をシーズン初昇格させ、不調の酒居を抹消しました。
なんとか4連戦を5分で終えたいマリーンズは西野が先発。ライオンズの先発は今井です。

1回裏。
いきなり森にツーランホームランを打たれて0−2。
前回のホークス戦で完封勝利を挙げた西野ですが、出鼻をくじかれる形となりました。

2回表。
角中がレフトオーバーのヒットを放ちますが、金子侑と源田の素早い中継プレーにやられて2塁タッチアウト。
もったいないプレーでした。
さらにレアードのショートへの深いゴロを源田がナイスキャッチ&ナイス送球。
普通なら内野安打ですが、源田の守備にやられました。

5回表。
田村がヒットで出塁も、レアードがゲッツーに倒れて2アウト。
藤岡も倒れてチェンジとなります。
レアードが良くありません。

6回表。
荻野、鈴木があっさり打ち取られて2アウトとなりますが、中村のピッチャーゴロを今井が捕れずエラーで出塁。さらに清田が四球を選んで2死1,2塁となります。
ここで角中がセンターにタイムリーヒットを放ち1−2。
角中もたまに打つので評価に困りますね。
ともあれマリーンズが1点を返しました。

6回裏。
栗山四球も外崎ゲッツーで2アウト。
しかし山川にソロホームランを浴びて1−3。
恐ろしい打線です。

9回表。
ライオンズのピッチャーはクローザーの増田です。
角中はショートゴロに倒れますが、マーティンがなんとサードにプッシュバント。
これぞチームプレーですよ。打ち気を抑えてのセーフティバント。そしてセーフ。内野安打です。
よくこんな優良外国人選手が獲れましたね。ここから試合が動き出しました。
続くバッターは田村ですが、代打に井上が登場。あっさりライトフライに倒れます。
もうダメかと思われましたが、レアードがライトにタイムリーツーベースヒットを放ち2−3。
1点差に詰め寄ります。
さらに代打の岡がセンターに同点タイムリーヒットを放ち3−3。
終盤戦での岡の活躍は無視できないものがあります。
私はあまり岡が好きではないのですが、それでも認めざるを得ません。岡は明らかに良くなっていますよ。
続く荻野は四球を選び、2死1,2塁となるのですが、鈴木ライトフライでチェンジ。
ここで勝ち越しておきたかったです。

9回裏。
マリーンズのピッチャーは益田。
2死3塁のピンチを招きますが、源田をセンターフライに仕留めてチェンジ。
試合は延長に突入します。

10回表。
國場の前に三者凡退に終わります。

10回裏。
マリーンズのピッチャーは東妻。
森をレフトフライに仕留めますが、中村を歩かせ四球。
ここで代打メヒアが登場。西武ドームが盛り上がります。
外野は長打警戒で後ろに下がりますが、これが裏目に出ました。
メヒアの打球はセンターにふらふらっと上がりました。
センターの岡が懸命に前進して飛び込みますが捕れません。
打球はセンターの後ろに転がり、1塁ランナーの中村がホームイン。
3−4でライオンズにサヨナラ負けを喫しました。

うーん。またしても岡のまずい守備。ですが岡は責められませんね。
岡が打っていなければ9回で負けていたわけですし、サヨナラの場面も判断が難しい打球でした。
無理せずワンバウンドで捕球しても高く弾む間にランナーは3塁に行っていたでしょうから、さよならを防ぐのは困難。
ならばアウトにできる可能性に賭けて突っ込む。判断としては間違っていません。
プロなら捕らなければ批判される、そういうことです。
もっと言えば、9回表に勝ち越すべきでした。あと1点。遠かったですね。
切り替えていきましょう。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

ボルシンガーが打たれ、打線沈黙で西武に負け

マリーンズ 1 − 6 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日から西武ドームでライオンズとの4連戦。
ここで4連勝できれば3位どころか2位が狙えます。
しかし今年の西武の勢いはすさまじく、そう簡単に勝てる相手ではありません。
3連休のチケットはほぼ完売。ライオンズファンの後押しを受けるライオンズは間違いなく難敵でしょう。
まずは1勝です。
なお、最近の選手の入れ替えでは10日に加藤が昇格し二木が抹消。
12日に阿部が抹消。13日怪我で離脱した荻野と岩下が昇格し、三家が抹消されています。
先発はマリーンズがボルシンガー、ライオンズがルーキー松本航です。
松本はルーキーながらすでに6勝を挙げています。マリーンズ相手にはまだ勝ち星がありません。

1回表。
荻野のヒットと盗塁、井上の四球で2死1,2塁としますが、角中はストレートに空振り三振。
チャンスを逃しました。
2回以降松本は素晴らしいピッチングでマリーンズ打線を抑え込み、7回終了時点でマリーンズのヒットはわずか2本。
ここまで打てないとは予想外です。

こうなると打撃力で圧倒的に勝るライオンズが有利。

1回裏。
秋山と森のヒットで1死1,3塁とし、中村がレフトにタイムリーツーベースヒットを放ち0−1。
早くも先制を許してしまいます。

3回裏。
秋山にツーベースヒットを打たれ、源田送りバントで1死3塁。
ここで森にライトへのタイムリーヒットを打たれて0−2。
さらに中村ライトフライ、栗山四球で2死1,2塁とピンチが続きます。
出てきたバッターは外崎。嫌な予感がします。
外崎はレフトへのタイムリーヒットを放ち2塁ランナーがホームイン。
そしてバッターの外崎が1,2塁間に挟まれる間に1塁ランナーの栗山が3塁を蹴ってホームを狙います。
慌ててファースト井上がホームに投げるも間に合わずセーフ。
挟殺プレーに失敗して本塁生還を許すなんてプロ失格ですよ。
情けない守備で2点を追加され0−4となりました。

4回表。
中村と角中が四球で出塁しますが、ヒットが出ません。無得点です。

6回裏。
この回からマリーンズのピッチャーは酒居。
ボルシンガーは5回4失点でマウンドを降りた形になります。
今年のボルシンガーは良くありませんね。
1年契約で年俸1億8700万円でしたか。来年どうしましょうか。

そして酒居もお疲れ気味で良くありません。
山川と木村を抑えて2アウトを取りますが、金子侑にヒットを打たれると、秋山にツーランホームランを打たれて0−6。
厳しい展開となりました。

8回表。
中村がソロホームランを放ち1−6。
いわゆる帳尻アーチと言うやつです。勝敗に影響はありません。
しあいはそのまま1−6で終了。ライオンズに力負けしました。

マリーンズ打線は4安打1得点。打たなければ勝てませんよ。
そして守備でミスをしていてはもっと勝てません。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

清田ポロリもマーティンの2発でオリに逆転勝利

バファローズ 4 − 6 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

シーズンも終盤。変則的な過密日程が続きます。
今日はマリンでオリックスとのナイトゲーム。CS進出のためには負けられません。
先発はマリーンズが小島、オリックスが張です。

2回表。
中川が打ち上げたレフトフライを清田がフェンス際でポロリ。捕球できません。
なぜか記録はツーベースヒットですが、実際にはエラーでしょう。
続く白崎にはセンターへのタイムリーヒットを打たれて1−0。先制を許します。
さらにはモヤにツーランホームランを打たれて3−0。
清田のまずい守備からの3失点にマリーンズファンのモヤモヤが止まりません。

2回裏。
清田がヒットで出塁すると、マーティンがツーランホームランを放ち3−2。
前日の試合の守備中に頭を打って交代したマーティンですが、体調面に問題はなさそうですね。安心しました。さらに田村ライト前ヒット、レアードキャッチャーファールフライ、藤岡ツーベースヒットで1死2,3塁。
ここで岡がタイムリーヒットを放ちランナー2人ホームイン。3−4と逆転に成功しました。

3回表。
宗見逃し三振、福田セカンドゴロ、吉田正セカンドゴロでチェンジ。
小島が立ち直りました。

3回裏。
マーティンが今日2本目となるソロホームランをライトスタンドに叩き込んで3−5。
リードを広げます。

回は進み7回表。
モヤセカンドゴロ、西村ツーベースヒット。
ここで山足を見逃し三振、鈴木昴も見逃し三振。
ここは小島が素晴らしいピッチングをしましたね。小島も思わずガッツポーズです。

7回裏。
2死2塁で吉田一が暴投。キャッチャーがボールを見失う間に2塁ランナーが一気にホームインしました。
これで3−6です。

8回表。
小島は7回3失点で降板し、この回から2番手東妻がマウンドに上がります。
宗をセカンドゴロに仕留めますが、福田にソロホームランを打たれて4−6。
2点差に迫られました。
その後四球と暴投で2死2塁としますが、白崎をショートゴロに仕留めてチェンジ。
ちょっと東妻は不安定なピッチングでした。

9回表は益田が抑えて試合終了。
4−6でマリーンズが勝利。CS進出に弾みを付けました。
とにかくマーティンの2発が素晴らしい。よくぞ打ってくれました。
小島も7回3失点なら先発の役目を十分に果たしていますよ。
どんどん良くなりますね。来年はローテーションを守ってくれるでしょう。






マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

東京ドームで大量得点。ファイターズに勝利

マリーンズ 10 − 2 ファイターズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日は東京ドームでファイターズとのナイトゲームです。
先発はマリーンズが石川、ファイターズがロドリゲスです。

2回表。
マーティンが12号ツーランホームランを右中間に叩き込んでマリーンズが2点を先制します。

4回表。
2アウトから清田センター前ヒット、マーティン内野安打で2死1,2塁。
ここで田村がライトにタイムリーヒットを放ち3−0。
さらにレアードもライトにタイムリーヒットを放ち4−0。
そして藤岡もレフトにタイムリーヒットを放ち5−0。
この回3点を追加し、ファイターズ先発のロドリゲスをノックアウトしました。

4回裏。
1死1塁で中田のライトフライをマーティンがフェンスに激突しながら好捕。
しかし頭をぶつけてしまったため大事を取って岡と交代しました。

5回表。
鈴木のツーベースと中村送りバントで1死3塁。
井上、清田連続四球で1死満塁となります。
ファイターズはピッチャーを井口から西村の交代。
その西村が暴投をかまして3塁ランナーがホームイン。6−0。
岡は三振も続く田村がセンターにタイムリーヒットを放ちランナー2人ホームイン。
打った田村は2塁タッチアウトでチェンジとなりますが、8−0と大量リードを奪いました。


6回裏。
1死1,2塁で中田にタイムリーツーベースヒットを打たれて8−2とされました。

9回表。
2死1,3塁で代打の三家がタイムリースリーベースヒットを放ち10−2。
三家はこれがプロ初のスリーベースヒットだそうです。

結局10−2で勝利。
石川は6回2失点で6勝目。中村稔、田中、阿部が7回以降を0点に抑えました。
日ハムも調子が上がりませんからね。勝っておきたい試合でした。
週末の西武戦にむけて勢いをつけましょう。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング
カテゴリー別記事
月別記事
パリーグ順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
マリーンズ日程表
ニュース記事
最新コメント
このブログについて
■ このブログについて

管理人:薫友(くんゆう)

マリーンズファンのブログです。
千葉ロッテマリーンズや旅の話などを書いています。
趣味は鉄道旅行。日本国内のJR全線と私鉄全線に乗りました。


■ コメントについて

・当ブログにコメントされる場合は、下記の諸規定を承諾されたものとします。

・以下に該当するコメントを禁止し、削除対象とします。

 1.各エントリと関係のないコメント。
 2.誹謗中傷、荒しと認められるコメント。
 3.日本語の文章として意味を成さないと判断される文字列。
 4.試合中の実況コメント。
 5.日本国内の法律等に抵触するコメント。
 6.個人情報保護の観点から相応しくないと判断されるコメント。
 7.閲覧者に不快感を与えると判断されるコメント
 8.企業、団体、個人による営利もしくは宣伝等を主たる目的としたコメント。
 9.このブログおよびマリーンズの「和」を乱すと認められるコメント。

・当該コメントを削除する際は当該コメントに言及している他のコメントも同時に削除します。当ブログを快適に閲覧していただくため、当該削除対象コメントには返信されないようお願いします。

・同一人物による複数ハンドルの使用はご遠慮ください。IPアドレス等から同一人物と判断しうる場合はすべて削除対象となります。

・コメント投稿者同士による私信のやり取りはご遠慮ください。やむを得ず行う場合は必要最小限に留めていただくようお願いします。

・当ブログにコメントされる際は、敬語を使用する等、閲覧者に不快感を与えないよう文章、用語等に一定の配慮をお願いします。配慮を欠くと判断されるコメントは削除対象とします。


■ トラックバックについて

・参照のないトラックバックはお断りしています。


■ 連絡先

メールフォームはこちらです。


■ トリップアドバイザー

「マリンブルーの風」はトリップアドバイザーおすすめブログに認定されました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
記事検索
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ