マリンブルーの風

おかげさまで12周年!
千葉ロッテマリーンズ応援Blog! 
国内旅行記&海外旅行記やアメリカ、台湾、ヨーロッパ野球の観戦記も充実!

唐川好投も惜敗。自力V消滅


マリーンズ 1 - 2 ホークス
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

今日のホークス戦でマリーンズが負けると自力優勝の可能性が消滅してしまいます。
唐川、岩崎という千葉県出身投手同士の対決となりましたが、なんとか勝たなければなりません。


1回表。
角中が四球を選び、デスパイネがタイムリーツーベースを放ちマリーンズが1点を先制します。
しかしマリーンズの得点はこの1点のみでした。

1回裏。
2アウトから


柳田に四球を与え、内川にタイムリーを打たれ1−1。先頭の今宮を三振に切って取り波に乗れるかと思われた矢先の失点でした。柳田への四球がもったいなかったですね。

3回表。
エラーで出塁した高濱を2塁に送り、角中四球で2死1,3塁。勝ち越しのチャンスでしたがデスパイネセンターフライでチェンジとなります。

3回裏。
今宮にヒットを打たれ2死2塁。ここでまた内川にタイムリーを打たれて1−2と逆転されてしまいます。

しかし今日の唐川はここから踏ん張りました。ストレートにキレがあり、7回2アウトまで失点はこの2点のみ。
次につながるいいピッチングでした。

しかしマリーンズ打線が岩崎の前に沈黙。

7回表には田村のヒットと高浜の四球で2死1,2塁のチャンスを作りますが、代打井口が2番手井口の前に見逃し三振。
井口は審判の判定に文句をつけていましたが覆りません。
ボールにも見えますが、今日は全体的にストライクゾーンが広かったんですよね。
唐川もだいぶそれに救われた面があると思います。

その後南がホークス打線を抑えるも、マリーンズ打線もスアレスとサファテの前に得点できず試合終了。
1−2で敗れ、自力優勝が消滅。気が付けばハムと1ゲーム差となりました。

試合後の伊東監督は報道陣の質問を制し、「ソフトバンクへの挑戦権を得るために、明日からまた頑張ります。以上」とだけコメントしました。口惜しさが現れています。

唐川が好投しただけに、勝ってほしい試合。
痛すぎる負けです。ですがまだ6月。きっと波乱はあるはずです。
まずは週末のオリックス戦に連勝し、反撃体制を整えましょう。


ロッテ連敗で自力V消滅 唐川力投も四球を悔やむ (ニッカン)

ロッテは連敗でソフトバンクとのゲーム差が8・5に広がり、自力での優勝が消えた。

 先発の唐川侑己投手(26)は6回2/3、6安打2失点と力投。ソフトバンク岩崎と投手戦を演じた。最後は足がつったため、回の途中で降板した。

 前回19日の巨人戦では、自己最短となる1回で降板していた。交流戦明けの最初の登板で「調子自体は、そんなによくなかった」と言いながらも、好投した。落合投手コーチからも「次につながる投球だった」と認められた。

 それだけに、1回の同点とされた場面を悔やんだ。1−0の1回、2死走者なしから柳田に四球を与え、続く内川に同点二塁打を打たれた。3回には、再び内川に決勝の右前適時打を打たれた。「せっかく1点、取ってくれたのに。(内川の)前の四球ですね」と反省していた。




にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


ナバーロ、デスパイネのホームランで6点を奪うも、守備の乱れで痛すぎる大逆転負け


マリーンズ 6 - 7 ホークス
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

今日から福岡でホークスと2連勝。1位ホークスを追いかけるためにはカード3連勝が不可欠です。
ここで負けてしまうとホークスのパリーグ離脱に一票を投じるようなもの。
パリーグの火を消さないためにも、チームの踏ん張りに期待しましょう。

先発はルーキー関谷、ホークスが千賀です。

関谷は決め球のチェンジアップが冴えに冴え、ホークス打線を5回まで0点に抑えます。
特に左打者に対する攻めは完璧でしたね。ストレートとチェンジアップのコンビネーションで打者を抑えていく素晴らしいピッチングでした。

マリーンズ打線は今日も関谷を強力援護。

4回表にナバーロがバックスクリーンへのツーランホームランを放ちマリーンズが2点を先制します。

「打ったのはスライダーだね。前の対戦から俺にはスライダーが多かったから、スライダーを一本狙いだよ。内側からのスライダー。
おい、これ以上は勘弁してくれ。試合に集中したいんだ。ただ狙い通りでいいスイングが出来た事は確かだね」

またナバーロが「試合に集中したいんだ」と言ってますよ。
しかし、サンスポの記事では伊東監督がこう言ってます。


「そういいながら、守備や走塁で集中していないことが多いよな」


こんな軽口が言えるのも、ナバーロと伊東監督が固い信頼感で結ばれているからです。
ここで千葉魂!

【千葉魂】 どんな場面でも全力疾走を デスパイネが見せた懺悔 (千葉日報)


 打撃練習を見守る指揮官のところに、おもむろに駆けつけた。帽子を取ると、頭を下げた。その瞬間、伊東勤監督は困惑した。巨体のデスパイネ外野手が体を小さくして、神妙な表情で自分の前で立ち尽くしている。通訳が終わると、やっと状況を理解した。そして笑顔で握手を求めた。

 「オレも長いこと、プロ野球の世界にいて、監督もやっているけど、初めての経験だったなあ。外国人選手があのプレーで自分から謝りに来るなんてね」

 デスパイネがどうしても謝罪をしたかった場面。それは浅いファウルフライを打ち、明らかにファウルゾーンで打球が処理され、アウトとなった状況。誰もが、ファウルフライアウトと思ったとはいえ、そこで諦めてしまい、全力疾走を怠った自分が許せなかった。何よりも指揮官が若手野手などにいつも全力プレーを求め、厳しく接していることを知っていた助っ人は、チームの主砲である自分が、模範となるべき姿を見せることができなかったことを悔やみ、責めた。だから、一夜明け、グラウンドに顔を出すや謝った。「二度とあのような態度はとらない。申し訳なく思う。たとえ、どんな打球であれ、諦めずに全力疾走をしなくてはいけない」と頭を下げ、自らに言い聞かせるように誓った。

       □       ■       □

 「打球としては完全なファウルゾーンでのファウルフライ。だから、責めるつもりは全くなかった。でも、そうやって、わざわざ自分から言ってきてくれた心意気がうれしかったね。彼は本当に真面目だし、チームのことを考えてくれている。いろいろな面で気を抜くことはないし、いつも全力でチームプレーに徹してくれている。心強い存在だよ」

 伊東監督はそう言って目を細めた。試合前のアップを一生懸命に取り組む背番号「54」の背中を頼もしそうに見つめた。交流戦明けの試合のない練習日に、こんなこともあった。「疲れもあると思うから、別メニューで調整してもいいよ」。そう声を掛けた指揮官に、デスパイネは首を横に振った。そして、ナバーロ内野手と二人、率先して全体練習に加わるとアップから最後のメニューまで全力で取り組んだ。

 それは、伊東野球が外国人選手を含めたチーム全体に浸透をしている証なのかもしれない。いつも助っ人選手たちとのコミュニケーションには人一倍、気を使っているからこそ、培われた土壌。それは韓国の斗山ベアーズのヘッドコーチ時代に自らが感じた体験があるからだ。

       □       ■       □

 「異国の地で仕事をするのは本当に大変だよ。みんなが思っている以上につらい。言葉は通じない。文化、考え方の違いも当然、ある。そうなると、ふとした時に寂しさを感じる時がある。その時の経験があるから、オレはちょっとした会話でいいから声を掛けるようにしているんだ。お互いの考え方を理解したいと思っている」

 だからこそ、ちょっとした会話を大事にする。食事はどうか?グラウンド外でどのように過ごしているか?家族は元気か?ストレッチなどをしている合間を見つけては、そっと声を掛ける。指揮官はそんな小さな時間を大切にしている。来日、まもなく日本の野球に戸惑うナバーロを監督室に呼んで、アドバイスをしたこともあった。

 「デスパイネもナバーロも本当によくやってくれている。打線を活性化させてくれている。これからも厳しい戦いは続くし、これからホークスを追い抜くためには、どうしても彼ら外国人選手たちの力は必要になってくる。チーム全員で一つになって、束になってぶつかっていきたい」

 ペナントレースは精神と肉体を消耗する夏場のヤマ場へと向かって進んでいる。その中でマリーンズは「逆転のロッテ」と呼ばれるように諦めない野球で攻め続け、数多くの逆転勝ちを手中に収めてきた。どんな場面でも全力疾走を怠らない。そのような小さなことが徹底され、積み重ねられていることこそが、今のマリーンズの強さの証でもある。

 (千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)


デスパイネが優良外人すぎて泣ける・・・。


そのデスパイネも5回表にツーランホームラン。両外人の1発攻勢で4点を奪いました。

6回裏。
今宮にツーベースヒットを打たれ、上林セカンドゴロで1死3塁。
ここで柳田にサードへのタイムリー内野安打を打たれて4−1とされます。
さらに内川にヒットを打たれて1死1,2塁とされますが、長谷川の打球はショートライナー。
ランナーが飛び出しておりダブルプレーでチェンジとなりました。危ない危ない。

7回表。
2番手飯田からナバーロが今日2本目となるレフトスタンドへのツーランホームランを放ち6−1。
これで勝ったとベンチが思ってしまったのでしょうか。油断以外の何物でもありませんでした。

しかし8回裏。
3番手の松永が大誤算でした。
1死から今宮を歩かせ、代打吉村は死球。当たってないですよ・・・。
で、柳田にタイムリーを打たれて6−2とされたところで降板しました。

前回登板は良かったのですが、どうもヒットを打たれてピンチを広げて降板することが多いです。
状態は良くないですね。緊迫した場面ではとても使えません。ですが、リードを広げてしまったばっかりに松永を出してこんなことになってしまいました。

4番手は益田。
内川にセンター前にヒットを打たれます。
信じられないことに、バウンドした打球が岡田の頭上を越える大エラーで走者一掃。
6−4になってしまいました。岡田が打球判断を誤ってしまいましたね。前に出て捕った方がランナーを進めずに済むのですが、裏目に出てしまいました。

そして長谷川、松田にもタイムリーを打たれて6−6。この回一挙5点を奪われ追いつかれてしまいました。

9回表はサファテに抑えられ、9回裏。
マウンドには西野が上がりました。
今宮にヒット、吉村送りバント、柳田敬遠で1死1,2塁。
ここで内川の打球は左中間へのフライだったのですが、捕球したレフト加藤とセンター岡田が激突。
その衝撃で加藤がボールを落としてしまいました。
これはいけません。声を掛け合わないと。岡田らしくないミスです。
幸いなんとかこの回は抑えましたが、岡田が・・・。
伊東監督は加藤を叱っていましたが、悪いのは岡田ですね。

10回表。
森から田村、清田がヒットを放ち2死1,3塁としますが、細谷が倒れてチェンジ。
今日の細谷は良くありませんでした。

10回裏。
2死1塁から今宮にセンターオーバーのサヨナラヒットを打たれてジ・エンド。
また岡田がクッションボールの処理を誤っていましたね。素早く処理すれば間に合ったというわけでもないのですが、岡田のミスがこうも連発すると悲しい気分になります。衰えなのか・・・。

打たれた今宮は打率.273なのに、対マリーンズ戦だと打率.346に跳ね上がります。
中村晃に続きスーパーロッテキラーが登場。困ったものです。

痛い。今日負けたのは痛い。
伊東監督は「今日はしょうがない。先発の関谷はいいテンポで投げていたし、結果的には負けたけどみんな一生懸命やってた。粘りも出てきた。しかし死球のシーンがいけない。相手はホークスだし最後まで油断できない。すんなり終わるとは思わなかった。最後まで気を抜かずにやらないといけない」とコメント。

明日は唐川。完封してもらいましょう。



にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング

2014年クロアチア・スロヴェニア旅行記 第26回 トロギールの街を歩く

6753



クロアチア・スロヴェニア旅行記の第26回です。
5日目はアドリア海沿岸の街スプリットを観光。
世界遺産の港町、古都トロギールの入り組んだ路地を歩き、砦から街の姿を眺めました。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


続きを読む

鷹の祭典を粉砕!ソフトバンクからMNP(マリーンズ・ナバーロ・パーフェクト)だ!!

マリーンズ 9 - 6 ホークス
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

今日は東京ドームで鷹の祭典。ソフトバンク社員を大量動員して行われる福利厚生の日です。
そんな試合に臨むのですからそれなりの準備が必要。
かく言う私も最近スマホをソフトバンクからAUにMNPしましたからぬかりありません。
MNPって何の略かご存知ですか?
マリーンズ・ナバーロ・パーフェクトですよ。

今日はまさにMNP。初回からホークス先発武田を攻めます。
2アウトランナー無しから角中ライト前ヒット、デスパイネレフト線へのヒットでチャンスを作ると、ナバーロが右中間を破るタイムリーツーベースヒットを放ちマリーンズが2点を先制します。

「ツーアウトから作ったチャンスだからね。おい、今日は大事な大事な試合だ。俺はいつも以上に集中しているんだ。コメントは試合後にしてくれるか! ただ、ベンチもいい雰囲気で盛り上がっていることは確かだね」

打ったナバーロのコメント。最近ナバーロは活躍しても「集中しているからコメントは試合後にしろ」と言うことが多いですね。しかしそうは言いつつも、しっかり「ベンチはいい雰囲気」と付け加えてくれるナバーロには好感が持てます。

1回裏。
マリーンズ先発は涌井。2アウトから柳田にヒットと盗塁を許しますが、内川をサードゴロに打ち取り事なきを得ます。

2回裏。
1死1塁からロッテキラーの中村をゲッツー。今日の涌井はまあまあよさそうです。

3回表。
ホークス先発武田が大乱調。
角中、デスパイネ、ナバーロが連続四球で満塁です。無死満塁で鈴木大地!
今日はやってくれました。しっかりライトにタイムリーヒットを放ち3−0。
さらに加藤はファーストゴロも内川がボールを弾き、キャッチャーの鶴岡も送球をこぼしてセーフ。4−0とします。
加藤がしっかり振り切ったおかげで強いゴロになりましたね。だからこそ内川がエラーしたのでしょう。
さらに打撃開眼の田村もライトにタイムリーヒット。5−0。
清田はダブルプレーでしたがその間に3塁ランナーがホームインして6−0。
なんとこの回一挙4点を追加。大量リードを奪いました。
武田が全然よくなかったですね。変化球でストライクが取れず、ストレートが甘かったです。

4回からはバリオス。
バリオスってマリーンズ相手に炎上している印象しかありません。
案の定。2死1塁からナバーロのバットが一閃。
カメラが見失うほどの特大ツーランホームランはドームの屋根に当たってレフトスタンドに突き刺さりました。
これで8−0。

「打ったのはインサイドのツーシーム。こういうゲーム展開でもしっかり集中して打席に入れている。だから、後のコメントは試合後だ。ただ、ツーシームが頭にあった事は間違いない」

打ったナバーロのコメント。コメントは試合後だと言いつつ、ツーシームを頭に入れていたことを付け加えてくれるナバーロは聖人です。

5回表には2死3塁から細谷がタイムリー。
なんとなんと9−0になってしまいました。
聞けば今日は観衆46776人。ソフトバンクホークス史上最高の観客数で満員御礼となったそうです。
それなのにこんな空気を読まない試合ですみません。
でも、2階席はかなり空席が目立ちましたよ。動員数じゃなくて社員にタダ券をばらまいた枚数が史上最高だっただけではないでしょうか。


その後涌井はすいすい投げて試合は終盤へ。

7回裏、ロッテキラー中村晃のタイムリーで1点を失い、さらに代打牧原のサードゴロでもう1失点。9−2となります。

そして9回裏。
普通なら東條あたりを出す場面ですが、中継ぎが疲れている現状を知っている涌井は完投を志願。9回のマウンドに登ります。
しかし涌井は疲れからか長谷川、松田、本多にヒットを打たれ2死満塁。
ここで今宮にライトフェンス直撃のタイムリーヒットを打たれてしまいます。ランナー全員生還で9−5。
記録上はスリーベースですが、ライト清田がクッションボールの処理を誤り、転がってきたボールを捕って落としたりと非常にモタモタしていました。
清田のあの守備はいけませんね。スマホゲームのやりすぎで集中力を欠いているのでは。

普通なら涌井はここで交代ですが、続投を志願。
上林にタイムリーを打たれて9−6とされますが、柳田をショートロゴに抑えて試合終了。
防御率を気にせず、疲れていてもチームのために最後まで投げてくれた涌井には脱帽です。

さあ、勝ちました。
ソフトバンク社員のみなさんすみません。

ですがソフトバンクよりNTT!
ナバーロ・田村・田原通訳!

ソフトバンクよりKDDI!
角中・デスパイネ・大地・伊東監督!

火曜はゲームが無く、水木と福岡で2連戦です。
名将伊東監督のもとホークス相手に3連勝して、パ・リーグを盛り上げて見せましょう。
ソフトバンクもソ・リーグではなくパ・リーグの一員なんだということを思い知らせてあげましょう。

ロッテ・涌井、期待に応える完投「まだ無理する時期じゃないから」 (サンスポ)

ロッテのエース涌井は6失点しながら九回を投げ抜いた。先発ローテーション再編で首位とのカードに起用した首脳陣の期待に応え「ソフトバンク戦は勝つことが大事。ここにぶつけられた意味を理解して、合わせてきた」と息をついた。

 26日までの西武3連戦では救援投手をつぎ込んだ。中でも勝ち試合を担う大谷、益田が3日連投。疲労がたまる救援陣を休ませる2試合連続完投に「1人で投げ切れたのはチームにとっても良かった。まだ無理する時期じゃないから」と貫禄を見せた。


鈴木(三回無死満塁で右前打)
「前の3人が見極めて四球を選んでくれたから。1ボールになって、取りに来たストライクを打つだけだった」


田村(三回に5−0と突き放す適時打)
「前の2球に全く合わなかったが、最後に甘い直球に合わせることができた


にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング



西武の守備が乱れ大量得点!カード勝ち越しを飾る

マリーンズ 10 - 4 ライオンズ
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

昨日は23時前までかかった長時間ゲームの末サヨナラ負けしたマリーンズ。
選手たちも疲れているでしょうけども、カード勝ち越しのためには今日こそ踏ん張らなければなりません。
高濱がバッティング練習後に腰に強い張りを訴えたため大事を取り中村選手と交代。最近調子を上げていただけに残念ですね。軽傷であることを祈りましょう。なお、昨日死球を受けた清田も今日は欠場。肘井がスタメンでした。
また、大嶺翔と二木が2軍落ちし、東條と荻野が昇格しています。
先発はマリーンズがスタンリッジ、ライオンズが多和田です。

1回表。
先頭細谷がセンター前にヒットを放ち、昨日良いところがなかった中村が絶妙なセーフティーバントを決めてオールセーフ。無死1,3塁のチャンスを作ります。さらに角中も四球で無死満塁。無死満塁だ!昨日は4連打で無得点!

しかし今日は違います。
デスパイネが犠牲フライを放ち1点を先制すると、ナバーロのショートゴロの間に1点追加。
昨日は4連打で0点だったのに、今日はタイムリーヒット無しで2点を先制しました。

2回表。
打撃開眼の田村がツーベースヒット、肘井死球で1,2塁。
細谷、中村倒れて2死1,3塁となるも、角中のサードゴロで金子が悪送球。
西武の守備の乱れに助けられて1点追加。3−0とします。

しかし2回裏。
スタンリッジは浅村と炭谷にヒットを打たれて2死1.2塁。
ここで守備の人永江にタイムリーヒットを打たれ3ー1。

3回表には田村が今シーズン初ホームランとなるツーランホームランをかっ飛ばし5ー1。

3回裏は無死1.3塁からメヒアの併殺打の間に1点を失い5ー2となります。

回は進んで6回裏。
スタンリッジは無死2.3のピンチを招くと、山川のショートゴロの間に1点を返され5ー3。
さらに代打上本のタイムリーヒットでもう1点返され5ー4。1点差に詰め寄られます。

しかし7回表には加藤のタイムリーヒットで6ー4。2点差とします。

さらに9回表。
鈴木と加藤のヒットで無死1.3塁のチャンスを作ると、田村がまたタイムリーヒットを放ち7ー4。
続く荻野四球で満塁とすると、細谷が犠牲フライを放ち8ー4。
そして岡田のタイムリー内野安打まで飛び出して10ー4。
大差のリードを奪いました。

最終回は東條が登場。
ヒットと四球でピンチを招きましたが、何とか無失点で抑え試合終了。
今日もまた大量点でマリーンズが勝利。カード勝ち越しを決めました。

田村の打撃開眼は嬉しい限り。甲子園を沸かせたスラッガーがついに目覚めました。
しかし投手人は藤岡の不在が厳しいですね。内の状態も気になります。
明日からのホークス戦も何とか勝ち越して欲しいです。

最後に、気になることがあります。
本日西武ドームのライトスタンドにて「応援観の自由」及び「freedom of expression」と書かれたゲーフラが掲出されました。
ouen

2009年の忌まわしい事件を想起させる、とても不気味なゲーフラです。

西武ドームのゲーフラ規制に対する反発なのか、マリーンズの応援団への不満なのかはわかりません。
ですが、上記ゲーフラは同球場における「チーム、選手を応援する以外のメッセージの使用は禁止」という規定に反しています。


応援ではなく政治的主張を述べるなら伝えるべき相手に直接言えばいいのです。
上記のゲーフラのせいで応援に対する規制が厳しくなったら彼らは責任取れるのでしょうか。
このような形で一般のファンを巻き込まないでほしいですね。
彼らに対しては球場側が必要な措置を講じることを望みます。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング




自滅合戦。荒れた試合は延長サヨナラ負けで終電ギリギリ


マリーンズ 9 - 10 ライオンズ
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

今日から西武ドームに場所を移して埼玉・千葉シリーズが行われます。
マリーンズのファンクラブ会員にタオルが配られていましたが、長蛇の列ができていましたね。
レオライナーの乗り場の前からC駐車場の中まで列が伸びていました。

そして球場に入ってびっくり。なんと巨大扇風機があるではありませんか。
ClyTUtEUYAAmftp


これはアレですね。フライが打ちあがったら強風を発生させてホームランにする装置ですね。

22


その昔、がんばれタブチ君というアニメで西武球場に設置されたものです。
時代がいしいひさいちに追いついた!

ちなみに、正しい使い方はこうです。



先発はマリーンズが二木、ライオンズが野上。2人とも良くありませんでした。

1回表。
1死から高濱のヒットと角中のライト前ヒットで1死2,3塁。
ここでデスパイネはショートゴロでしたが高濱がホームに突っ込み挟まれます。
ところが挟殺プレー中にサード金子がボールをこぼしてしまい、その隙に高濱はホームに突進。金子が慌てて投げるもホームクロスプレーになりました。
判定はアウト。伊東監督が出てきてビデオ判定となりました。
個室ビデオの時間です。
SQVbN2yW

ずいぶん時間のかかるビデオ判定ののち、球審の橘高が判定を覆しセーフと宣言。
マリーンズに先制点が入りました。
ただ、リプレイを見るとタッチしているようにも見えます。キャッチャーの岡田かピッチャーの野上がランナーの走路をふさいだのでしょうか。
正直なところ、なぜセーフになったのかよくわからないビデオ判定でした。

さらにナバーロがレフトにタイムリーを放ち2点追加。マリーンズが初回から3点を先制しました。

2回裏。
二木がつかまります。
浅村にソロホームランを打たれると、栗山と鬼崎に連打を食らって1死1,3塁。
ここで山川に今季初ホームランとなる逆転スリーランホームランを打たれて3−4。
西武らしい一発攻勢で逆転を許してしまいました。

3回表。
デスパイネがレフトに超特大のソロホームランを放ち4−4。
ものすごい弾道でした。高く上がり、レフトスタンド上段から場外に転がっていきましたよ。
しかし2アウトから清田が足に死球を受け途中交代。裏の守りから岡田に代わるのですが、岡田じゃなくて清田なら・・・。というシーンが2回ほどありました。ここも西武の常套手段にやられたと言えます。

5回表。
角中、デスパイネがヒットを放ち無死1,2塁。
続くナバーロがセンター前にヒットを放つも、2塁ランナー角中はホームタッチアウト。
どう考えても無謀なタイミングでした。3塁の清水ベースコーチの判断ミスです。

その後鈴木がヒットを放ち1死満塁となり、打席には岡田。
どうも最近チャンスで岡田が打席に入って無得点というシーンが多いですね。嫌な予感がします。
岡田の打球は予感的中のレフトフライ。浅い外野フライなので3塁ランナーデスパイネの足ではタッチアップなど無理です。
ところが3塁ベースコーチの清水はホーム突入を指示。
誰がどう見てもアウトのタイミングで突っ込み、案の定アウトになりました。
これでスリーアウトチェンジです。

なんとびっくり4連続安打なのに無得点。
マリーンズ打線は3塁コーチによるホーム内ランナー立ち入りの影響により得点を見合わせております。
追加点の見込みは立っておりません。
なお、西武打線への振り替えを行っております。

事実こんなド拙攻をやっているとライオンズ打線が得点を入れるわけです。
5回裏。
山川死球、岡田送りバント、秋山四球、金子ヒットで1死満塁。
ここで森とメヒアにタイムリーを打たれて4−7。得点見合わせ中のどこかのチームとは違いますね。
3点のリードを許してしまいました。
二木は5回を投げて7失点で降板。コントロールの良さが仇になっているのでしょうか。
キメ球が必要ですね。シュートですよ。

7回表。
西武のピッチャーは十亀。かつてのロッテキラーですが、今年は調子最悪なのでチャンスです。
まず高濱のなんでもないショートゴロを鬼崎がポロリ。プロ失格レベルのエラーで出塁します。
さらに角中もライトへのヒットで1,3塁。
ここでデスパイネがレフトにタイムリーヒットを放ち5−7。2点差となります。
その後ナバーロショートゴロで1死1,3塁。
続く鈴木もファーストゴロでしたが、3塁からホームに突っ込んだ角中を刺そうとファースト山川がホームに送球。これを見た角中が3塁に戻り、キャッチャー岡田からの送球を交わしてセーフ。
普通ならホームタッチアウトとなるところでしたが、オールセーフで満塁となりました。ラッキーラッキー。
山川のホーム送球が早すぎましたね。もっと角中を釣りだして戻れないところまで走らせてからホームに投げて挟み込むべきでした。

続くバッターは岡田。
高いバウンドのセカンドゴロでしたが、浅村がホームに送球。角中のホームインが早くマリーンズが1点を追加。7−6と1点差にします。これは浅村の判断ミスですね。ホームは間に合わないタイミングでしたし、ファーストに投げていれば1アウト取れたはずです。

そして田村はセンターにタイムリーヒット。1人還って7−7。そして鈴木も還って7−8となりました。
おっと田辺監督が出てきてビデオ判定を要求。
今日2回目です。
SQVbN2yW

今度も長い時間を経て判定通りセーフ。リプレイを見る限りタッチより先に鈴木の足がホームについていますからセーフでしょう。これでマリーンズが逆転です。

しかし、3番手佐野から細谷四球で2死満塁となり、高濱の代打として井口が登場するも、甘い球を打ち損じてセカンドフライ。チェンジとなります。
ここで点が入っていたら・・・。後々悔やまれるミスショットでした。

8回表。
1死からまたデスパイネがレフトに特大ソロホームランを放ち9−7。
これは至宝ですわ。

しかしナバーロが四球を選ぶも、鈴木ゲッツーでチェンジ。今日の鈴木は良くありませんでした。

8回裏。大事なイニングです。ピッチャーは益田。
今日の益田はボールが高めに浮いて変化球が決まりません。

栗山四球、鬼崎ヒットで1,2塁。代打渡辺が送りバントを決めて1死2,3塁となり、代打上本がセンターにタイムリーヒットを放ちランナー2者生還。9−9の同点となってしまいました。
その後秋山ヒット、金子三振も秋山盗塁で2死2,3塁の大ピンチ。
危ないところでしたが森をレフトフライでチェンジ。なんとか逆転だけは避けました。

9回表。
ライオンズのピッチャーは増田。
1死から田村ヒット、加藤送りバント、細谷四球で2死1,2塁。
ここで打席には中村です。高濱に代打井口が出た関係で守備に就いていたのですが、打てる気配がありません。案の定三振でチェンジ。なぜ中村を2軍から1軍に上げたのでしょう。

9回裏。
西野が抑えてチェンジ。延長に突入です。
すでに22時半になろうとしており、終電が迫っています。
遅くとも23時10分ごろには西武球場前駅に出ないと総武線の最終に間に合いません。
選手は立川のホテルに帰れば良くても、ファンは千葉まで帰らないといけないのです。

10回表。
西武のピッチャーは昨日打たれた武隈です。
角中ツーベース、デスパイネ四球、ナバーロ四球で無死満塁。
絶対点が入る場面です。普通のチームなら。
しかしマリーンズは・・・。

鈴木が高めの真っすぐを詰まらせショートフライ。アホー!!!
岡田の代打大嶺も見逃し三振。最後の球はストライクじゃないようにも見えましたが、代打なのですから追い込まれる前に打たないといけません。
そして田村はショートライナー。打球は良かったのですが捕られました。
予感的中。
最悪の無死満塁で無得点です。

こんなことをしていては勝てませんね。
怒り心頭ですが、同時に「これならサヨナラ負けで終電に間に合いそうだな」と少し安心したのも事実です。

そして案の定。
10回裏。
ピッチャーには南が登場。今日はブルペンで何度も肩を作って大変でした。
鬼崎を空振り三振も、渡辺センター前、炭谷送りバント、秋山敬遠で2死1,2塁。
ここで金子はファーストゴロになりましたが、ピッチャー南のベースカバーが遅れ1塁セーフ。
このミスが響き、代打坂田にサヨナラヒットを打たれて試合終了。
4時間46分の長い試合がようやく終わりました。

やっと終わった!さあ帰るぞ。もう23時です。
幸い23時4分発の池袋行の臨時急行に乗れ、スムーズに変えることができましたが、とにかく疲れました。

14残塁。満塁のチャンスをことごとくつぶしたら勝てませんね。
特に10回表の無死満塁をつぶした時点で負け確定です。

益田や南は、まあしょうがないでしょう。内がブルペンで投げていなかったのが気になるものの、情報はありません。
今日はチャンスで打てない打線が問題。代打の層も薄すぎます。
三木、大嶺、中村はキャラが被っていますよ。そのわりに代打の切り札がいません。

明日はスタンリッジが先発。
なんとか勝って、カード勝ち越しを決めましょう。



ロッテ・伊東監督「前の攻撃で点を取れなかったところで負け」 (サンスポ)

ロッテは手痛いサヨナラ負けを喫した。延長十回に無死満塁としながら、鈴木が遊飛、代打大嶺翔は見逃し三振、最後は田村が遊直に倒れて無得点。直後に勝ち越しを許す展開で、伊東監督は「前の攻撃で点を取れなかったところで負け」と言葉少なだった。

 延長十回の守りでは記録に表れないミスも出た。2死一、二塁で金子侑を一塁ゴロに打ち取ったかに見えたが、投手の南のベースカバーが間に合わず内野安打とされた。続く代打坂田にサヨナラ打を浴びた南は「丁寧に行き過ぎた。走りながらベースを踏みに行けば良かった」と後悔を口にした。


二木(5回7失点)
「要所、要所で打たれてしまった。3点先制してもらったのに、こういう試合展開にしてしまい、チームに申し訳ない気持ちしかない」


ロッテ・落合投手コーチ(10失点でのサヨナラ負けに)
「あれだけ打ってくれてるから、投手が守らないと。ただ、引きずっても仕方ない。同じ失敗をしないように」


にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


今日は前橋で西武戦。石川炎上も大逆転勝利


マリーンズ 7 - 6 ライオンズ
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

今日からパリーグ再開。まずは前橋で西武戦です。
雨のため開催が危ぶまれましたが、なんとか最後まで試合できましたね。前売りが完売するなど地元での注目が高かっただけに、なによりも中止にならなかったのが良かったです。

ライオンズの先発は地元出身の高橋光。




無死1,2塁のチャンスをこれ以上ない拙攻でつぶしたマリーンズ。伊東監督も思わずベンチで苦笑いです。

1回裏。
石川はいきなり森にツーランホームランを打たれて2失点。
いつもの石川とは違います。

2回表。
先頭の鈴木大地が反撃のソロホームランを放ち1−2。
その後2アウトから加藤ヒット、細谷死球、高濱四球で満塁としますが、角中がライトフライに倒れチェンジ。チャンスを逃します。

3回表。
2アウトからメヒアのソロホームランが飛び出し1−3。
再び2点差となります。低めのボール球でしたね。あれをバックスクリーンに運ばれてはたまりません。

4回表。
清田四球、田村ヒットで無死1,2塁。
しかし加藤の送りバントはキャッチャーの目の前で止まってしまい、2塁ランナーが3塁でタッチアウト。送りバント失敗となります。
さらに細谷もサードゴロゲッツーでチェンジ。最悪の形でチャンスをつぶしました。
これには伊東監督もベンチで苦笑いです。

5回裏。
石川はピリッとしません。森にソロホームラン、さらには浅村にもソロホームランを打たれて1−5。
4点差となってしまいました。

序盤から続くマリーンズの拙攻。
そして先発石川の炎上。どう考えてもマリーンズの負け試合ですよ。
ところが、6回表に信じられないことが起きるのです。

6回表。
鈴木、清田があっさり倒れて2アウト。
しかし2死ランナー無しからドラマが始まります。
田村がツーベースヒットを放つと、加藤がバント失敗を取り返すタイムリーヒットを放ち2−5。
さらに加藤が高橋光の暴投で2塁に進み、細谷がレフトにタイムリーヒットを放ち3−5。
群馬のゴジラと呼ばれた細谷にとって今日は地元での晴れ舞台。いいところを見せることができて細谷もうれしいでしょう。

マリーンズの猛攻は止まりません。
高濱が四球を選んで2死1,2塁。誰の目にもライオンズ先発の高橋光は限界に見えました。
しかしライオンズベンチは高橋光を代えません。
続く角中はライトにタイムリーヒットを放ち4−5。
デスパイネに対しては完全に制球を乱した四球で満塁。
ここでようやくピッチャー交代。2番手に左の武隈が出てきました。
その武隈からナバーロがレフトへのタイムリーを放ち6−5。逆転!
さらに鈴木もライトにタイムリーを放ち7−5。
なんとこの回一挙6点を奪う猛攻で逆転してしまいました。
高橋光の交代時期を誤ったのではないかと思いますね。
左の角中の場面で左の武隈を出しても良かったのではないかと思います。
牧田を使いすぎて怪我をさせてしまったライオンズ。投手起用の下手さに救われる形となりました。

6回裏は南が抑え、7回裏は大谷。
大谷は無死1,2塁のピンチを招き、メヒアにタイムリーを打たれて7−6。1点差とされます。
逆転されてもおかしくない場面でしたが、続く浅村は送りバント失敗でダブルプレー。
これは助かりましたね。今日の浅村はホームランを打っているわけですし、普通に打たれた方が怖かったです。
最後は栗山ファーストゴロでチェンジ。逆転のピンチを脱しました。

その後は益田、西野とつないで逃げ切り完了。
マリーンズが7−6で大逆転勝利を飾りました。
実はマリーンズ、交流戦明けの初戦で勝ったことが無かったのです。
今日は非常に重要な勝利であるとともに、嫌なジンクスを断ち切る記念すべき日となりました。

明日は西武ドームに場所を移しての決戦。
西武は打撃が良くてもピッチャーがいませんよ。とにかく先発を引きずり降ろして3連勝を狙いましょう。


“逆転のロッテ”交流戦明け初戦の連敗「11」で止めた! (サンスポ)

“逆転のロッテ”がジンクスを吹き飛ばした!! ロッテは24日、西武9回戦(上毛敷島)に7−6で逆転勝ち。交流戦明け初戦に0勝11敗だったチームが、連敗に終止符を打った。

 立役者は地元、群馬県境町(現伊勢崎市)出身の細谷圭内野手(28)だ。六回、同じ群馬県の沼田市出身、西武・高橋光成投手(19)=前橋育英高=から左前適時打を放ち、この回一挙6得点。打者一巡の逆転劇を演出した。

 「群馬の先輩の意地。それだけです」

 太田商高出身の細谷にとっては思い出の球場だった。2005年、3年の夏。高校通算46本塁打を放ち「群馬のゴジラ」と呼ばれた細谷は、決勝で前橋商高に4−8で敗戦。あと一歩で甲子園出場を逃した。「あの悔しさは忘れません」。青春時代の苦い記憶を、新たな歴史で塗り替えた。

 この日は両親や中学、高校時代の監督、チームメートら100人以上が応援に駆けつけていた。「いいところを見せたいと思って、少し力が入ってしまいました」と笑いながら、「応援は励みになりました」と感謝した。

 今季41勝のうち逆転勝ちは21度目。この日も、勝負強さを発揮した。プロ11年目の遅咲きの男がチームの勝利に貢献し、故郷に錦を飾った。



ロッテ12度目挑戦で初!交流戦明け初戦に勝った (ニッカン)

 悪夢を振り払ったロッテ伊東勤監督(53)は少しおどけた。「途中、ちょっとよぎったよ!」。5回を終え4点ビハインド。交流戦明け初戦12年連続黒星が頭をかすめた。だが直後に打線がつながった。6回2死走者なしから2四球を挟む6連打で6得点。リーグトップ今季21度目の逆転勝ちだ。「逆転のロッテ」で、嫌なジンクスを破った。

 根拠があった。西武高橋光は、5月に6回6安打1得点に抑えられ白星を献上した相手。だが、ここ2試合は勝てていなかった。立花打撃コーチは「チャートを見ると変化球が入っていない。追い込まれても、粘れば甘い球が来る」と見ていた。伊東監督も同感だった。「球の走り、制球とも良くなかった。我慢すれば、いつかつながると思っていた」と打ち明けた。

 反撃の適時打は2ストライクからだ。2死から田村が二塁打。続く加藤はカウント3−1から「ボールと思った」低め直球を見逃したが、ストライクだった。それでも「何球もストライクが続く感じじゃなかった。粘れば四球もあるし、直球は振り遅れてもファウルでという気持ちだった」と、見極めを重視。次のスライダーが浮いたところを右前に運んだ。次の細谷に、角中と、この回高橋光から放った適時打3本は、いずれも2ストライクから。土俵際の粘り腰の勝利だ。

 貯金は今季最多タイ13。伊東監督は「勝つと負けるでは、えらい違い。いい形でつなげられた」と締めた。首位ソフトバンクも勝ち、ゲーム差7・5は変わらない。だからこそ、食らいついていく。







にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


2014年クロアチア・スロヴェニア旅行記 第25回 世界遺産の古都トロギールへ

6706



クロアチア・スロヴェニア旅行記の第25回です。
5日目はアドリア海沿岸の街スプリットを観光。
スプリットからバスで小旅行。世界遺産となっている古都トロギールへと向かいました。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


続きを読む

2014年クロアチア・スロヴェニア旅行記 第24回 スプリット観光その3 旧市街を歩き、市立博物館を見学

6598



クロアチア・スロヴェニア旅行記の第24回です。
5日目はアドリア海沿岸の街スプリットを観光。
古代ローマの城跡が街になっているスプリット旧市街。細い路地をぶらぶら歩き、街の歴史を展示する市立博物館を見学しました。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング

続きを読む

2014年クロアチア・スロヴェニア旅行記 第23回 スプリット観光その2 ローマ帝国の宮殿跡を見学

6450


クロアチア・スロヴェニア旅行記の第23回です。
5日目はアドリア海沿岸の街スプリットを観光。
古代ローマの城跡が街になっているスプリット旧市街。街の南側には今もローマ時代の城跡があり、見学することができます。。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


続きを読む

2014年クロアチア・スロヴェニア旅行記 第22回 スプリット観光その1 広場にローマ皇帝が登場。その後大聖堂の塔に上る

6315


クロアチア・スロヴェニア旅行記の第22回です。
5日目はアドリア海沿岸の街スプリットを観光。
古代ローマの城跡が街になっているスプリット旧市街を歩き、大聖堂の塔に登りました。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


続きを読む

唐川炎上も中継ぎが踏ん張り、巨人に惜敗

マリーンズ 5 - 1 ジャイアンツ
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

いよいよ交流戦も今日で最後。マリーンズが勝つか引き分け、ホークスが負ければ交流戦首位確定です。
しかし先発は不調の唐川。ジャイアンツの先発高木もあまり調子が良くないようですが・・・。

1回表。
細谷はセンターフライ、高濱はファースト阿部のエラーで出塁も、角中デスパイネ倒れてチェンジ。
先制はなりません。

1回裏。
唐川は予想以上にひどかったです。球が高く、とにかく打たれました。
山本にセンター前ヒットを打たれ、橋本に四球、坂本にタイムリー、長野もタイムリー、阿部もタイムリー。
あっという間に0−3です。
村田がゲッツーを打ってくれて2死3塁になりましたが、その後ギャレットと相川を歩かせ満塁。
なんとかピッチャーの高木をショートゴロに打ち取りチェンジとなりました。
1回で打者9人。いったい唐川は今日何点取られるのでしょうか。

2回表。
1死から鈴木がヒット、加藤三振も鈴木が盗塁を決め、田村四球で2死1,2塁。
ここで伊東監督は怒りの交代。なんと唐川に代打肘井を出しました。唐川はわずか1回で交代です。
まあ、あのピッチングでは当然でしょう。ひどすぎました。
残念ながら肘井は阿部が弾くも山本にカバーされてアウト。チャンスを生かせませんでした。

マリーンズは2回以降木村、南、益田、益田が2イニングずつ投げて無失点。壊れかけた試合を立て直します。しかし打撃陣が点を取れません。

3回表に細谷の死球と高浜のヒットで1,3塁とし、角中の犠牲フライで1点を返します。
その後デスパイネ、ナバーロ四球で満塁となるのですが、鈴木があっさりファールフライを打ち上げ2アウトとなると、加藤が追い込まれてからハーフスイングを取られて三振。1死満塁のチャンスをつぶしてしまいました。加藤はいけませんね。せめて振らなくちゃ。鈴木もダメダメです。せめて犠牲フライを打って欲しかった!チームの中心選手があんなバッティングじゃいけません。

4回からはジャイアンツも先発高木を降ろして中継ぎ陣による継投に入ります。
マリーンズはこの継投策にやられました。特にマシソンは160キロ出されて打てる気配なし。

8回裏には松永が坂本と鈴木にタイムリーを打たれて1−5。勝負ありました。

9回表は2死満塁としますが、高濱がセカンドゴロに倒れて試合終了。
マリーンズの連勝はここでストップです。

唐川の炎上で決まった試合でしたが、中継ぎ陣が良く踏ん張ったと思います。
それだけに3回表の満塁のチャンスを潰したのが痛かったです。
気持ちを切り替えて、パリーグに戻りましょう。








にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング


福浦和也栄光への道

2000本安打達成まで

あと 88 

現在 1912 安打


クロアチア・スロヴェニア旅行記連載中!
月別記事
パリーグ順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
マリーンズ日程表
ニュース記事
最新コメント
このブログについて
■ このブログについて

管理人:薫友(くんゆう)

マリーンズファンのブログです。
千葉ロッテマリーンズや旅の話などを書いています。
趣味は鉄道旅行。日本国内のJR全線と私鉄全線に乗りました。


■ コメントについて

・当ブログにコメントされる場合は、下記の諸規定を承諾されたものとします。

・以下に該当するコメントを禁止し、削除対象とします。

 1.各エントリと関係のないコメント。
 2.誹謗中傷、荒しと認められるコメント。
 3.日本語の文章として意味を成さないと判断される文字列。
 4.試合中の実況コメント。
 5.日本国内の法律等に抵触するコメント。
 6.個人情報保護の観点から相応しくないと判断されるコメント。
 7.閲覧者に不快感を与えると判断されるコメント
 8.企業、団体、個人による営利もしくは宣伝等を主たる目的としたコメント。
 9.このブログおよびマリーンズの「和」を乱すと認められるコメント。

・当該コメントを削除する際は当該コメントに言及している他のコメントも同時に削除します。当ブログを快適に閲覧していただくため、当該削除対象コメントには返信されないようお願いします。

・同一人物による複数ハンドルの使用はご遠慮ください。IPアドレス等から同一人物と判断しうる場合はすべて削除対象となります。

・コメント投稿者同士による私信のやり取りはご遠慮ください。やむを得ず行う場合は必要最小限に留めていただくようお願いします。

・当ブログにコメントされる際は、敬語を使用する等、閲覧者に不快感を与えないよう文章、用語等に一定の配慮をお願いします。配慮を欠くと判断されるコメントは削除対象とします。


■ トラックバックについて

・参照のないトラックバックはお断りしています。


■ 連絡先

メールフォームはこちらです。


■ トリップアドバイザー

「マリンブルーの風」はトリップアドバイザーおすすめブログに認定されました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ