マリンブルーの風

おかげさまで15周年!
2004年開設の千葉ロッテマリーンズ応援Blog! 
国内旅行記&海外旅行記やアメリカ、台湾、ヨーロッパ野球の観戦記も充実!

レアード満塁ホームランも、涌井が追いつかれ、最後は石川が打たれて負け


マリーンズ 4 - 5 ホークス
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日も福岡でホークスとの試合です。
先発はマリーンズが涌井、ホークスが松本でした。

マリーンズは1回表にレアードの満塁ホームランで4点を先制します。
しかし今日の仕事は終わったと言わんばかりに2回以降無得点。中盤までチャンスすら作れない状態でした。

涌井もピリッとしません。
2回裏に明石と江川のヒット、甲斐の送りバント、上林の四球で1死満塁のピンチを招きます。
ここで牧原にライトへのタイムリーヒットを打たれて4−1。
さらに今宮にもライトへのタイムリーヒットを打たれて4−3。
4点取ったのにすぐさま3点を取られてチームの勢いを止めてしまいました。

4回裏には今宮にタイムリーヒットを打たれて4−4。
同点に追いつかれます。
5回から7回は無安打無失点で抑えますが、味方の反撃が無く同点のまま試合が進みました。

8回表。
ホークスのピッチャーは甲斐野。
2アウトから田村のヒットと三木、荻野の四球で2死満塁となりますが、鈴木三振でチェンジ。
このチャンスは活かしたかったですが、残念でした。

8回裏。
マリーンズのピッチャーは石川。
1死2塁で栗原にタイムリースリーベースヒットを打たれて4−5。
ついに勝ち越しを許しました。

結局4−5でホークスに連敗。チームの高給取り2名が揃って打たれるという展開になりました。
涌井はこれで3勝6敗。今シーズン10試合連続勝ちがありません。
2016年を最後に2年連続2桁勝利できず、負け先行。
去年あたりから炎上することが増え、長いイニング投げられなくなってきました。
今日も点の取られ方が悪すぎます。味方が点を取った直後に失点してはチームに勢いがつきません。
これで年俸2億は高すぎますね。フロントとしては頭が痛い所でしょう。





マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

鷹の祭典はホームラン祭りに。追い上げるも及ばず

マリーンズ 7 - 11 ホークス
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日のヤフオクドームは鷹の祭典。ホークス側が変な色のユニフォームを着ています。
先発はマリーンズが岩下、ホークスが専大松戸高校出身の高橋礼。
今年甲子園出場最有力と言われた専松は八千代松陰に敗れてまさかのベスト32でしたが、高橋礼も良いとは言えないピッチングでした。
それ以上に悪かったのは岩下。
1回裏に今宮、松田、デスパイネに三者連続ホームランを食らって0−3となってしまいます。

2回表。
レアードヒットの後角中がツーランホームランを放ち2−3と追いかけます。

3回裏。
松田にソロホームランを打たれて2−4となります。

4回表。
レアードのソロホームランで3−4。
マリーンズもホークスに負けず、一発攻勢で点差を詰めます。

5回裏。
2番手の東條も炎上しました。
松田四球、デスパイネヒットで無死1,2塁。
ここで長谷川にセンターへのツーベースヒットを打たれ3−5。
内川セカンドゴロの間に3−6。
2死3塁で明石にセンターへのタイムリーヒットを打たれて3−7。
この回3点を失いました。

7回表。
甲斐野から井上がツーランホームランを放ち5−7。
再び追い上げます。

7回裏。
1死2塁で内川にセンターへのタイムリーヒットを打たれて5−8。
チェンが打たれました。

8回裏。
今日は田中も誤算。
1死2塁で西田にセンターへのタイムリーヒットを打たれると、栗原にプロ初ホームランのツーランホームランを打たれて5−11。
決定的な点差がつきました。

9回表。
井上が2打席連続となるツーランホームランを放ち7−11。
勝敗が決まったどうでもいい場面で2打席連続ホームランとは井上もやりますね。
初芝イズムを感じます。

試合は7−11で負け。
ホークスはこれだけ点を取ってもすっきり勝てないのは嫌でしょうね。
今年のホークスはマリーンズへの苦手意識が相当あるようです。
マリーンズとしては良く粘りましたが、中継ぎ陣に失点が増えてきたのが気になります。
特に田中は最近打たれてばかり。心配ですね。




マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

2017年イタリア・シチリア島旅行記 第21回 アグリジェント観光その3 ヘレニズム・ローマ時代の町の遺構を歩く

1610

イタリア・シチリア島旅行記の第21回です。
5日目はギリシャ・ローマ時代の遺跡が残るアグリジェントを観光します。
紀元前4世紀から7世紀ごろまで栄えたというヘレニズム・ローマ時代の町の遺構を歩きました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む

初回7得点で今季札幌で初勝利

マリーンズ 9 - 4 ファイターズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日の先発はマリーンズが種市、ファイターズが堀。
堀は33試合中先発は3試合だけ。主に中継ぎとしての登板です。
オープンリーチだかなんだか知りませんが、そんなしゃらくさい投手起用に負けるわけにはいきませんよ。
マリーンズも唐川がオープナーを務めたことがある?
それはボルシンガーが突発休暇を取ったからです。

試合は初回から大きく動きました。

1回表。
荻野がレフトへのヒットで出塁、三木が送りバントもキャッチャー宇佐美のフィルダースチョイスでオールセーフ。
続く鈴木も3塁線に送りバント。これもピッチャーがどこにも投げられずオールセーフで無死満塁。
ここでレアードがライト前にタイムリーヒットを放ちランナー2人ホームイン。2−0とマリーンズが先制します。
さらに中村見逃し三振も、清田がタイムリーヒットを放ち3−0。
井上四球で1死満塁。
田村犠牲フライで4−0。
さらに三家がレフトにスリーランホームランを放ち7−0。
初回から大量リードを奪いました。
三家はうれしいプロ初ホームランにプロ初打点。
独立リーグ経験者がホームランを打ったのは喜ばしいことです。意外とパンチ力があるバッターですね。外野の定位置争いに割って入るでしょうか。

2回裏。
渡邉三振、石井四球、宇佐美内野安打、横尾セカンドゴロで2死1,3塁。
ここで清宮にライトへのタイムリーヒットを打たれて7−1。
1点を返されます。

3回裏。
大田にツーベースヒットを打たれ、近藤三振の後中田ヒットで1死1,3塁。
ここで渡邉に犠牲フライを打たれて7−2。
じわじわと点差が縮まります。
ただ、種市は5回まで投げて2失点。
病み上がりにしては上々のピッチングでした。
次も期待しましょう。

4回表。
田村四球、三家三振、荻野四球で1死1,2塁。
ここでファイターズはピッチャーを堀から玉井に代えます。
その玉井から三木がヒットを放ち満塁とすると、鈴木が犠牲フライを放ち8−2。
マリーンズが追加点を取りました。

7回表。
ファイターズのピッチャーは斎藤佑樹。
中村三振、清田サードゴロで2アウトとなりますが、井上が四球を選び2死1塁。
ここで田村がライトオーバーのーツーベースヒット。
中継が乱れる間に井上が1塁からホームインし9−2とします。
ただ、この後は三家が三振してチェンジ。
齊藤には8回と9回を三者凡退に抑えられましたから、最初から斎藤が先発していたらこんなに点を取れなかったのではないかと思います。
札幌最後の試合ぐらい勝たせてあげようという栗山監督の男気かもしれませんね。

8回裏。
酒居がつかまります。
中田にソロホームランを打たれて9−3。
さらに渡邉と田中賢介のヒットで無死1,2塁となり、宇佐美のタイムリーで9−4。
5点差となりました。
なんとか石川が後続を断ちましたが、札幌はこれだから安心できません。

9回裏は東條が抑えて試合終了。
札幌ドーム9試合目で札幌1勝目です。
久しく勝ち試合を見ていないので喜びもひとしおですね。

火曜日からは福岡でソフトバンクとの3連戦。
そろそろホークスも本気で勝ちに来るのではないかと思います。


さて、今日は試合前に残念なことがありました。
本日7月21日はマリンスタジアム9月開催試合チケットのファンクラブ先行販売日でした。
しかし、発売開始と同時に球団公式サイトのサーバがダウン。アクセスできない状態となってしまったのです。
9月23日は福浦の引退セレモニーが行われますから、みんな9月23日の試合を狙い、アクセス過多となったと思われます。

今までこれほどひどいサーバダウンはなかったと思いますね。
今年からのシステム変更がマイナス要因になったのは間違いありません。

ファンクラブ有料会員のチケット先行販売は今年から球場での販売が無くなり、ネットのみとなりました。
さらにチケットやグッズの購入金額に応じて付与されるMポイントによるステージ制が設けられました。
球団にお金を落とせば落とすほど高いステージに行けるようになるというものです。
ゴールド会員はM3からスタート。球団にお布施した金額が高ければM4ステージにランクアップできます。
ランクアップすると何が違うのでしょうか。
それは、チケット先行販売の開始時間です。
M3ステージですと11時からですが、より多くのお金をお布施したM4ステージの会員は10時からになります。

しかし、肝心のチケット販売ページがサーバダウンによりアクセスできない状態が続き、M4ステージに到達した多くのファンが11時を過ぎてもアクセスできない状態が続きました。
これでは頑張って球団にお金を落とした意味がありません。

今回の混乱を受け、球団公式にお詫びなのかお詫びでないのかよくわからない声明文がアップされています。
今後マリンでCSを開催する可能性も無いわけではないのですから、しっかりと対策を立てていただきたいです。

TEAM26マイページログインおよびMチケットオンラインアクセスについて(球団公式)

本日7月21日(日)より開始しました9月試合チケットTEAM26先行販売において、想定以上のアクセスが集中してしまったため、TEAM26マイページログインおよびMチケットオンラインアクセスがしにくい状況となっておりました。ご利用される皆様には、ご不便をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

※システムの不具合の事象は確認されていませんが、想定以上のアクセス(自動プログラム含む)が短時間に集中したことが原因です
特に人気の集中した9月23日(月・祝)の試合観戦チケットは、今後以下方法で販売を予定しています。そちらをご利用ください。

各種プレイガイドでの若干数販売
Mチケット セブン-イレブン先行販売
7月22日(月) 10時00分〜

その他プレイガイド販売
7月23日(火)〜(プレイガイドによる)

8月以降のチケット販売
・8月1日(木)一般発売時にMチケットオンラインにて若干数の販売(先着順を予定)

・8月下旬〜9月上旬に若干数の最終販売(販売方法は未定)

なお、TEAM26で導入しているMポイントステージ制度については、必ずチケット購入ができる保証をしているものではございませんので、ご理解いただきますようお願いいたします。

また、今回の事象を踏まえ、今後のチケットTEAM26先行販売については、ステージ別の先行販売日時の間隔を今以上に空ける、人気が集中すると推測される試合については抽選対象席種・席数を増やす等の改善を行うよう検討いたします。

何卒ご理解とご了承の程、よろしくお願いいたします。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

ロッテキラー浦野を打てずに負け

マリーンズ 0 - 4 ファイターズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

藤岡裕大が登録抹消されました。
7月19日試合前の走塁練習中に右足を痛め、右大腿二頭筋損傷と診断されたそうです。
全治は4〜6週間の見込みですから長期離脱となりそうですね。
とりあえず代わりの選手は三木。アピールのチャンスです。
なお、バルガスがショートの練習をしているという話はいまのところないそうです。

今日のファイターズ戦の先発はマリーンズが佐々木、ファイターズが浦野。
浦野は防御率4点台のくせに、マリーンズ戦では3試合投げてわずか1失点。
昔からロッテキラーですが、今年は露骨です。今日もまたカモ相手に勝利を狙ってくるのでしょう。

試合は予定調和のごとくゼロ行進。
6回終了時点でマリーンズのヒットは三木の2本だけ。
浦野に6回を無失点に抑えられ、手も足も出ない状態でした。
主軸は何をしているのでしょうか。非常に情けない展開です。

こうなると佐々木も苦しいです。
3回まではなんとか抑えましたが、4回裏に捕まりました。
大田ヒット、近藤四球、中田レフトフライで1死1,2塁。
ここで渡邉にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて0−1。
続く石井は犠牲フライで0−2。2死3塁。
宇佐美がレフトへタイムリーヒットを放ち0−3。2死1塁。
横尾がレフトにヒットを放ち2死1,2塁。
清宮がセンターへのタイムリーヒットを放ち0−4。
清宮は久々のヒットです。ロッテを踏み台にして復活しやがりました。

今日はそのまま0−4で負けたわけですが、6回裏に面白いシーンがありました。
無死1塁で石井が送りバントを失敗して打ち上げますが、田村がバント小フライをわざと落としてから1塁送球。
1塁ベースカバーの中村奨吾が1塁ベースを「踏まずに」送球を捕って1塁走者渡邉にタッチ。その後ベースを踏んで打者走者アウト。
ゲッツー成立ですが、ランナーの渡辺は離塁していないとアピール。
審判からの説明が無く、球場は騒然となりました。

この場面。中村奨吾が1塁ベースを踏む前に1塁ランナーにタッチしてアウトにしたのがポイントですね。
フライアウトではないので、中村奨吾が1塁を踏んで打者走者をアウトにしないと1塁ランナーの渡邉に1塁の占有権は生まれません。つまり、ランナーの渡邊は2塁に走らないとアウトになる状態です。
だから打者走者がアウトになっていない時点では渡邊が離塁しても離塁していなくても関係ありません。1塁ベース上にいてもタッチされたらアウトなのです。
なので、中村奨吾が1塁ベースを踏んでから渡邉にタッチしてもセーフですが、1塁ベースを踏む前に渡邉にタッチすれば渡邉もアウトとなり、ゲッツー成立というわけですね。
審判がよく見ていました。ファインジャッジです。



まあ面白いことは合っても負けは負け。5安打無得点ではどうしようもありません。
札幌で0勝8敗。札幌で勝てない呪いにかかっているのか、普通に弱いだけなのか。
せめて1勝ぐらいはしましょう。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

ロッテキラー加藤に勝とうとするも打てず、2番手公文を打てずに苦悶するロッテ

マリーンズ 3 - 5 ファイターズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

最近気が滅入るニュースが多いので、せめてブログだけでも明るく行きたいですね。
ロッテも楽しくなるような試合をしてくれればいいのですが、札幌の日ハム戦でそれを望むのは酷でした。

先発はマリーンズが二木、ファイターズが加藤貴之。
去年は不調でしたが、ルーキーイヤーの2016には対マリーンズ戦6戦2勝、21イニングでわずか1失点。防御率0.43という驚異的な成績を残したロッテキラーです。
日本全国どこに行ってもロッテキラーがいる。我々マリーンズファンに安息の地はあるのでしょうか。

1回表。
荻野レフトフライ、鈴木死球、角中ショートゴロゲッツーでチェンジ。
あいさつ代わりのワンツースリーでマリーンズファンを凍り付かせます。

1回裏。
先頭の西川を歩かせ、大田、近藤凡退も中田の打席で二木が暴投。
そして中田を歩かせて2死1,2塁となります。
ここで渡邉にセンターへのタイムリーヒットを打たれて0−1。
早くも先制を許しました。

4回表。
2アウトから角中が死球を食らい、レアードヒットで2死1,2塁。
しかし清田がボール球を振って空振り三振。チャンスを生かせません。
結局今日の加藤からは1点も取れず、5回無得点に抑えられてしまいました。

4回裏。
中田にレフトスタンドへのソロホームランを打たれて0−2。
おかしいですね。今年の中田はロッテ相手に打ちまくっています。
通算打率.261ながら、対マリーンズ戦では.353、しかも5本塁打です。
マリーンズ戦での中田と言えばチャンスで凡退してくれる優しい男という印象だったのですが、ロッテキラーに目覚めたのでしょうか。
ソフトバンク相手にもっと活躍してほしいです。

5回裏。
清水ヒット、清宮ピッチャーゴロ、西川内野安打で1死1,3塁。
ここで大田にセンターへの2点タイムリーツーベースヒットを打たれて0-4。
やはり大田はロッテキラー。打ってほしくない場面で打つ男です。

6回表。
この回からファイターズのピッチャーは公文。
藤岡、荻野、鈴木があっさり凡退してチェンジとなります。
手も足も出ないとはまさにこのこと。
公文を打てずにに苦悶するロッテ打線です。

7回表。
ファイターズのピッチャーは村田。
角中が四球を選ぶと、レアードがレフトスタンドにツーランホームランを放ち2−4とします。
レアードは今シーズン札幌ドームでの初ホームラン。
今まで札幌で全く打てなかったレアードがついに打ってくれました。26号ホームランです。
好投手の村田ですが、ムラが多いのかもしれませんね。

しかし8回裏はお疲れモードの田中がヒットと四球で2死満塁のピンチを招き、代打田中賢介に痛恨の押し出し。
2−5となってしまいます。

最後は石川直に抑えられて試合終了。
清田が勝敗とはあまり関係のないタイムリーを放って3−5としますが、そのまま負けてしまいました。今シーズン札幌ではいまだ未勝利。札幌で全く勝てません。
明日は意地を見せてくれるのか。とにかく点を取らないと勝てませんから、打線に期待しましょう。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

2017年イタリア・シチリア島旅行記 第20回 アグリジェント観光その2 コンコルディア神殿とヘラ神殿を見る

1392

イタリア・シチリア島旅行記の第20回です。
5日目はギリシャ・ローマ時代の遺跡が残るアグリジェントを観光します。
ギリシャ神殿の最高傑作と呼ばれるコンコルディア神殿、丘の上に立つヘラ神殿を前にして、タイムスリップした気分を味わいました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む

ロッテキラーケイスケホンダにやられる。小島好投も負け

マリーンズ 3 - 4 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア


今日はビール、チケット半額デーということでA〜C指定席が半額、そしてビールも350円でした。
試合展開が早いのであまり飲めませんでしたね。
ですが、3塁側のA〜C指定席が満席となる一方で、割引なしの外野指定席が空いていて平和でした。

しかし、試合はライオンズに抑えられる展開となりました。
榎田がいなくなっても、ロッテキラーがいなくなることはありません。
今年は本田がロッテ相手に3戦3勝。前回登板では7回無失点と立派なロッテキラーになりました。
ロッテ以外には打たれるくせに何なのでしょう一体。
今日もまた素晴らしいピッチング。ストレートとカーブのコンビネーションにやられっぱなしです。

マリーンズのルーキーは小島。
今日はカットボールが冴え、ライオンズ打線を抑えます。
しかしマリーンズ打線がまるでダメ。

2回表にはレアード、中村、井上のヒットで無死満塁のチャンスを作りますが、ここからが最悪。
藤岡ピッチャーゴロでホームアウト。
そして田村もピッチャーゴロでワンツースリーのダブルプレー。
無死満塁のチャンスが無得点で終わってしまいました。

なかなかありませんよ。
無死満塁で2連続ピッチャーゴロってのは。
全力でゲッツーを打ちに行ったとしか思えません。

3回表には荻野がソロホームランを放ち1点を先制しますが、小島が5回につかまります。
栗山ヒット、金子侑内野安打で無死1,2塁。
木村は送りバントも田村と小島が痛恨のお見合い。セーフになります。
ここで秋山にタイムリーヒットを打たれて1−2と逆転されてしまい、外崎タイムリースリーベースヒットで1−4。
3点差となってしまいました。

8回表。
ライオンズのピッチャーは平井。ファンからはあまりの登板過多に「どうして平井が投げているんですか」と心配される有様です。
荻野、鈴木のヒットで1死1,2塁とすると、角中と中村のタイムリーで3−4。
1点差に詰め寄ります。
平井は疲れから労災事故を起こしてしまいました。

しかし9回表。
増田の前に簡単に2アウトをとらえ、最後は香月がレフトに大飛球を放つも、レフト金子に好捕されて試合終了。
3−4でライオンズに敗戦。3時間ちょいで試合が終わってしまいました。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

涌井細川のバッテリーが西武ドームに復活。しかし十亀を打てず負け

マリーンズ 1 - 5 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日の先発はマリーンズが涌井、ライオンズがロッテキラー十亀。
そしてマリーンズのスタメンキャッチャーは細川です。
元ライオンズのエース涌井と、元ライオンズの正捕手細川がマリーンズのユニフォームを着て、西武ドームで先発出場する。
そんな光景を誰が想像したでしょう。
何が起こるかわからないですね。

今日の涌井は好投してくれたのですが、打線が全く援護できません。

2回裏。
山川ヒットと中村の死球で1死1,2塁。
栗山はセカンドゴロに倒れ、ゲッツーかと思いきや辻監督がリクエストを要求。
判定が覆って1塁セーフとなりゲッツーになりません。
2死1,3塁でバッターは金子侑。
なんとかショートフライに打ち取るも、嫌な感じです。

3回裏。
木村死球で盗塁を決めます。
秋山三振で1死2塁となり、源田がレフトにタイムリーヒットを放ち0−1。
ライオンズが先制しました。

4回表。
角中はファーストゴロも、山川が後逸して出塁。
しかしレアードはショートゴロゲッツー。
続く清田はサードゴロも、サード中村がファンブルするエラーで出塁。
しかし中村奨吾はレフトフライでチェンジ。
この回エラー2個でランナーを2人出したのに、4人で攻撃が終わっています。
どういうことなのかわかりません。

4回裏。
森、中村、栗山を3人連続空振り三振。
涌井の孤軍奮闘が続きます。

5回表。
井上三振、藤岡四球、細川レフト前ヒットで1死1,2塁。
細川は久々のヒットとなりました。
しかし荻野は見逃し三振、鈴木ファースト頃でチェンジ。
ちぐはぐです。

5回裏。
金子侑がピッチャーゴロ内野安打で出塁。
盗塁はアウトの判定でしたがまたも辻監督がリクエストを要求。
判定が覆りセーフ。西武は2回目のリクエスト成功です。
無死2塁となりましたが、木村三振、秋山三振、源田ライトフライでチェンジ。
涌井が踏ん張りました。

6回裏。
外崎がライトへスリーベースヒットを放ち、山川死球で無死1,3塁。
ここで森にセンターへのタイムリーヒットを打たれて0−2。点差が開きまs。
涌井は続く中村、栗山を連続三振に仕留め、金子侑セカンドゴロでチェンジとしますが、十亀の好投で反撃ムードがさっぱり沸き起こりません。

7回裏。
この回からマリーンズのピッチャーは田中。
しかし木村ヒット、秋山三振で1死1塁。
源田の打席で木村盗塁。判定アウトもまた辻監督がリクエストを要求し、セーフに覆ります。
西武はこれで今日3回目のリクエスト成功。審判の目は節穴か。
これで動揺したのか田中はつるべ打ちを食らいます。
源田にタイムリースリーベースヒットを打たれて0−3。
外崎にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて0−4。
山川センターフライで2アウトとなるも、森にセンターへのタイムリーヒットを打たれて0−5。
田中3失点で勝負ありました。

8回表。
ライオンズのピッチャーは平井。連日の酷使です。
荻野がスリーベースヒットを放ち、角中ファーストゴロの間にホームイン。
マリーンズがようやく1点を返しますが、反撃はこれだけでした。
結局1−5でライオンズに敗戦。再び借金生活となってしまいました。

十亀を打てませんでしたね。
いつもは涌井が打たれて負けますが、涌井が抑えると打線が沈黙して負ける。
困ったものです。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

岩下炎上も、レアードの一発で西武に逆転勝ち

マリーンズ 6 - 5 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日からシーズン後半戦がスタート。
強いパ・リーグのチームと戦わなければなりません。
まずは西武ライオンズとの3連戦。7月のデーゲームなので暑さが心配されましたが、冷夏と雨のおかげで助かりました。
ただ、あまり涼しすぎると農作物に影響が出ますから、早く夏らしい暑さになってほしいものです。

先発はマリーンズが岩下、ライオンズが今井です。

1回表。
鈴木ライト前ヒット、角中内野安打、レアード死球で1死満塁。
ここで清田がセンターにタイムリーヒットを放ちマリーンズが先制します。
なおも1死満塁のチャンスが続いたものの、中村奨吾ショートフライ、井上サードゴロでチェンジ。
チャンスを生かしきれませんでした。

1回裏。
秋山ファースト頃、源田内野安打、外崎ツーベースヒット、山川四球で1死満塁。
ここで森をショートゴロに仕留めるも、セカンド中村が送球をお手玉して1塁に投げられません。
記録に残らないミスでゲッツーを取れず、3塁ランナーがホームイン。1−1の同点となります。
さらに中村にライトの頭上を越すタイムリーヒットを打たれて1−2と逆転を許します。
そして栗山にも左中間を破るタイムリーヒットを打たれて1−4。
点差が3点に広がりました。

2回表。
田村ヒット、藤岡ライトへのヒットで無死1,3塁。
ここで荻野がセンターに犠牲フライを打ちあげ2−4。2点差としました。
さらに鈴木ヒット、角中サードゴロ、レアード四球で2死満塁。
ここで今井がなんと暴投。
ボールが大きくバウンドしてキャッチャーが見失う間にランナーが2人帰ってきました。
今井のミスで2点を返し4−4の同点です。

6回裏。
1アウトから森にツーベースヒットを打たれ、中村サードゴロ、栗山敬遠で2死1,2塁。
ここで金子侑にレフトへのタイムリーヒットを打たれて4−5。
再び西武に勝ち越しを許しました。

7回表。
この回からライオンズのピッチャーはマーティン。
鈴木が四球を選び、角中三振で1死1塁。
ここでレアードが値千金のツーランホームランを放ち6−5。
マリーンズが逆転に成功しました。

7回裏。
この回からマリーンズのピッチャーは松永。
秋山三振も、源田と外崎にヒットを打たれて1死1,2塁のピンチとなります。
ですが今日の松永はここからがすごかった。
山川を落ちる球で空振り三振に仕留め、森も落ちる球で空振り三振。
なんと二者連続三振でピンチを脱しました。

8回裏は中継ぎ転向の石川。
金子のヒットとメヒア四球で2死1,2塁としますが、秋山を空振り三振に仕留めてピンチを脱しました。

9回裏は益田が登場。
例によって1死1,3塁のピンチを招くも、森を三振、中村ショートフライで試合終了。
危ない場面ばかりでしたが、何とか逃げ切って6−5で勝利しています。
相手のミスもありましたが、レアードの見事なホームランと松永の自作自演。
これで勝ちを手繰り寄せましたね。後半戦の初戦を買ったのは大きいです。
カード勝ち越しを狙い、Aクラスを目指しましょう。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

マリーンズが新外国人レオネス・マーティンの獲得を発表

D_Zgg9DUEAACfPA


6月の終わりから2軍の試合にすら出場しなくなったバルガス。
いったいどうなっているのかと不思議に思っていたら、まさかの新外国人の獲得です。
しかも、メジャーリーガーの外野手です。

ロッテ、メジャー58発男獲得!キューバ出身31歳、万能外野手マーティン(スポニチ)
 ロッテは14日、キューバ出身で今季途中までインディアンスに所属したレオネス・マーティン外野手(31)を獲得したと発表した。今季終了までの契約で年俸は30万ドル(約3240万円)。背番号や来日の日程は未定。
 メジャー8年間通算で58本塁打、228打点。マリナーズ時代の16年に15本塁打したほか、黒田博樹から2本塁打、上原浩治からも1本と日本投手を攻略した実績もある。また、13、14年は2年連続30盗塁以上など通算126盗塁。強肩も備え、走攻守で期待できる万能型、いわば「オールマーティン」だ。

 「パワーもあるが、足が速く、肩も強く、守備もうまい。後半戦へ野手の層を厚くした」と松本尚樹球団本部長。33歳の荻野、清田、32歳の角中とベテランが中心の外野手の負担軽減の狙いもある。井口監督は「クリーンアップというより足も使える」と説明し、中軸より1、2番などで起用し、得点力をアップさせたい考えだ。

 期待の助っ人は球団を通じ「このようなチャンスをいただき、感謝しています。最高の選手、最高のチームメートになれるよう、しっかりと準備をしたい。リーグ優勝だけを目指して頑張ります」とコメント。後半戦のキーマンになりそうだ。


ロッテ新外国人マーティンはパンチ力抜群、足も武器(ニッカン)
ロッテが14日、今年6月まで米大リーグのインディアンスでプレーしたレオネス・マーティン外野手(31)の獲得を発表した。

俊足巧打が持ち味の右投げ左打ちの外野手で、キューバ代表経験を持つ。チームは現在5位だが2位の日本ハムと1・5ゲーム差。井口監督は「選手層に厚みの増す補強をしてくれた。クリーンアップというより足も使えるし、守備もいける。オールマイティーな選手だと思う」と期待した。単年契約で推定年俸は30万ドル(約3300万円)。背番号、来日時期は未定。

メジャー通算126盗塁の足が最大の武器だ。13年、14年には2年連続30盗塁以上を記録した。チーム盗塁数は53でリーグ4位。半数以上を荻野と中村奨で稼いでいる。ロッテには同じキューバ出身の外野手で17年に「走り打ち」で注目されたサントスが在籍したが、パンチ力に差がある。

メジャー通算9年で58本塁打は、年数こそ違えど、今季大砲候補として獲得したバルガス(4年で35発)をも超える。今季も大リーグの65試合で9発。レアードの加入や荻野、鈴木らが自己最多を更新するなど、ここまでチーム本塁打数はリーグ2位の99本と申し分ない。それだけに、打てるだけではなく、守れて走れる選手を補強ポイントに挙げていた。

◆レオネス・マーティン 1988年3月6日、キューバ生まれ。マニュエル・ファハルド高からキューバリーグのナランハス・デ・ビジャ・クララに入団。11年にレンジャーズでMLBデビューを果たすとマリナーズ−カブス−タイガース−インディアンスに移籍。メジャー通算770試合で打率2割4分4厘、58本塁打、228打点。189センチ、91キロ。右投げ左打ち。










レオニス・マーティンの成績

マーティンはWBCキューバ代表になった選手ですが、現在はアメリカに亡命しアメリカ国籍です。
2013年はレンジャーズでレギュラーの座をつかみ打率.260、8本塁打、49打点、36盗塁。
2014年もレギュラーとして155試合に出場して打率.274、7本塁打、40打点、31盗塁。
しかし2015年は95試合に出場し打率.215と不調に陥りました。
2016年はマリナーズに移籍して143試合に出場。打率.247、15本塁打、47打点。
2017年は不振にあえぎ4月23日に戦力外、その後マイナー契約を結びました。
8月末にカブスとのトレードで移籍するも活躍できず、2017年冬にタイガースに移籍。
2018年7月31日にインディアンスにトレード移籍。この年にアメリカの市民権を獲得しました。
2018年はトータル84試合に出場して打率.255、11本塁打、33打点でしたが、インディアンス移籍直後の8月に細菌感染症を発症。一時は命の危険にさらされました。

病み上がりの2019年は65試合で打率.199と不調。6月22日に自由契約となりました。
メジャー通算は9シーズンで770試合に出場して打率.244、58本塁打、228打点、126盗塁。
マイナーリーグはAAA5シーズンで195試合出場ですから、キャリアの大半はメジャーリーガーです。
意外な大物が移籍してきましたね。

確かに外野手は補強ポイントです。角中が万全ではなく、岡は1軍のレギュラーとしては実力不足。
清田も来年はわかりませんし、荻野がケガをしないという保証もありません。
パンチ力のある中距離ヒッターで守備力があり足も速いので、守りの面では戦力になると思います。
ただ、ローボールヒッターで高めの速球と落ちる変化球がダメとなると、ズレータ病患者の疑いがあります。
日本のピッチャーの配球にどれだけ対応できるかがカギになると思います。
活躍を期待しましょう。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

2017年イタリア・シチリア島旅行記 第19回 アグリジェント観光その1 神殿の谷を歩く

1238

イタリア・シチリア島旅行記の第19回です。
5日目はギリシャ・ローマ時代の遺跡が残るアグリジェントを観光します。
古代ギリシャ神殿が点在する神殿の谷は広大な遺跡となっていました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む
カテゴリー別記事
月別記事
パリーグ順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
マリーンズ日程表
ニュース記事
最新コメント
このブログについて
■ このブログについて

管理人:薫友(くんゆう)

マリーンズファンのブログです。
千葉ロッテマリーンズや旅の話などを書いています。
趣味は鉄道旅行。日本国内のJR全線と私鉄全線に乗りました。


■ コメントについて

・当ブログにコメントされる場合は、下記の諸規定を承諾されたものとします。

・以下に該当するコメントを禁止し、削除対象とします。

 1.各エントリと関係のないコメント。
 2.誹謗中傷、荒しと認められるコメント。
 3.日本語の文章として意味を成さないと判断される文字列。
 4.試合中の実況コメント。
 5.日本国内の法律等に抵触するコメント。
 6.個人情報保護の観点から相応しくないと判断されるコメント。
 7.閲覧者に不快感を与えると判断されるコメント
 8.企業、団体、個人による営利もしくは宣伝等を主たる目的としたコメント。
 9.このブログおよびマリーンズの「和」を乱すと認められるコメント。

・当該コメントを削除する際は当該コメントに言及している他のコメントも同時に削除します。当ブログを快適に閲覧していただくため、当該削除対象コメントには返信されないようお願いします。

・同一人物による複数ハンドルの使用はご遠慮ください。IPアドレス等から同一人物と判断しうる場合はすべて削除対象となります。

・コメント投稿者同士による私信のやり取りはご遠慮ください。やむを得ず行う場合は必要最小限に留めていただくようお願いします。

・当ブログにコメントされる際は、敬語を使用する等、閲覧者に不快感を与えないよう文章、用語等に一定の配慮をお願いします。配慮を欠くと判断されるコメントは削除対象とします。


■ トラックバックについて

・参照のないトラックバックはお断りしています。


■ 連絡先

メールフォームはこちらです。


■ トリップアドバイザー

「マリンブルーの風」はトリップアドバイザーおすすめブログに認定されました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
記事検索
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ