阪神ファンの皆さんマリンへようこそ。
つながる打線と最強投手陣、そしてコバスコ劇場のお味はいかがでしたか?

今日は同僚を拝み倒して職場を脱出し、試合開始前に球場に乗り込んだんですが、海浜幕張駅を出て阪神ファンの多さにびっくり、歩道橋に虎グッズの露店が出ていてまたびっくり。なんか内野指定やバックネット裏にも阪神のメガホン叩いている人がいるし、やっぱり阪神は違うなぁ。これぞ交流戦の醍醐味ですね。

試合は効果的にヒットを重ねたマリーンズが3対0で勝利。相手の拙守にも助けられましたが何より投手がよかった。一人を除いて。
6回2/3を無失点に抑えた小野、満塁のピンチで町田を抑えた藤田はすばらしいピッチングでした。薮田は芯で捉えられていましたが大塚のファインプレーで何とか無安打できりぬけましたが、最終回にアレが来ました。

9回表に登板したコバスコが金本、今岡に連打を食らって無死1,2塁。コバスコ劇場が盛大に幕を開けてしまいます。そのコバスコはストレートしかストライクが入らない。スペンサーは何とか力で押さえ込みますが、次が浜中。心臓に悪すぎます。しかし最後の最後にスライダーが決まり見事ゲッツー、結果だけ見れば無失点でセーブ成功です。9回は生きた心地がしませんでしたよ。

ともかく、最後は阪神ファンへのサービスとして、全体的にはしまった試合になったと思います。負けてもおかしくない試合でしたが、藤田の好投と、サブロー、大塚の超ファインプレーがマリーンズを救いました。対する阪神も今岡が妙に打つし、久慈や赤星がファインプレーを披露するし、やはり侮れません。阪神ファンについては色々な噂もありますが、小阪の100試合出場セレモニーのときに拍手してもらったし、応援も迫力があるしすばらしいです。明日以降もすばらしい試合になりそうです。

人気blogのランキングを見てみよう。