いよいよです。いよいよやってきました。
マリーンズ栄光への道が、そして初芝様胴上げへの道が今日この日から始まるのです。ファンの熱気がまた凄い。開場前のライト入場口は人、人、人。
ライト入場列

レフト側はこんな感じ。
レフト入場列

当初予定より15分早い11時45分に開場。ライト側は過剰な席取りもなくすぐ埋まったんですが、レフト側がいつまでたってもガラガラ。チケット完売のはずなのに何故?実は色々あったんです。とりあえずそれは置きます。
そして待ちに待ったスタメン発表です。スタジアムが白く染まる!

白く染まるスタンド

指定席も。


2階席も真っ白

2階も。


球場で配布された白い紙を掲げる外野のファン

ライト外野席も。

実は球場で白い紙を配っていたんです。これをみんなで掲げました。
そしていよいよ試合開始。ライトの盛り上がりも最高潮です。

盛り上がる外野

しかし、ビッグゲームの開始に盛り上がっていたらいきなり先頭栗山の打球がライトスタンドに飛び込んできました。「何が起こったんだ!?」と混乱するスタンドをよそに、スコアボードには無情な「1点」の文字。先頭打者ホームランで西武1点先制です。ボビーがフェンスに跳ね返ったのではと抗議しましたが今日は線審がいたため覆りませんでした。

この後2連打を食らいおかしくなりかけた俊介ですが、和田が打ち上げた難しいキャッチャーフライを橋本が好捕してようやく1アウト。これで落ち着いたか俊介はホセを併殺に仕留め1失点で切り抜けます。橋本の守備で流れが変わりました。今日の隠れた好プレーです。

試合はその後投手戦で進みます。2回以降立ち直った俊介は7回まで無失点。相手の拙攻とバックの好守に助けられました。圧巻は6回の西岡ですね。ダッシュキャッチ、下がりながらのキャッチ、横っ飛びキャッチ。まさに好守のフルコース。ワンバウンドの送球をきちんと処理したファースト福浦も見事でした。
一方の松坂は変化球が切れまくりランナーを出しながら得点を許しません。しかし今日のマリーンズは粘ります。いつもはあっさり三振のテレンコやスンヨプがファールで食らいつけば、西岡などがバントの構えで揺さぶりをかけます。そして5回。今江のショートゴロを中島がもたついてヒットにしてしまうと、橋本がヒットで続いて無死1、2塁。さらに西岡のバントを松坂がエラーして満塁となりました。ここでバッター堀。つい先日グランドスラムを放ったばかりです。その堀のバットが一閃、今日も行った!と思ったのですが風に押し戻されて犠牲フライ。何とか同点に追いつきました。結局松坂はこの回を1失点に抑えますが、マリーンズの粘りで7回終了時で143球。8回から投手交替となりました。

出てきたピッチャーはなぜか三井。これはラッキー。ライトスタンドは「三井なら行ける!」と逆転ムードが高まります。ファンの期待に応えるべくバッターは福浦。さすが帳尻四天王。秋の打棒は鬼です。今日2安打目となるヒットで出塁すると、サブローがバットを折りながらセンター前に運びチャンスを広げます。そして帳尻といえばこの人。青い目の帳尻戦士フランコ。やはりやってくれました。見事なセンター前ヒットで2点目。逆転に成功。やりました!
なおもチャンスが続いたんですが。残念ながら3点目は入らず。うーんこの大舞台で1点じゃあの人が出てきたときに困るんですよ。心臓に悪すぎる。

と思っていたら9回表にコバスコ降臨。きっちり中島、中村に連打を浴び1死1、2塁です。おいおい。しかしそこは劇場王。久保田に正しい劇場のやり方を教えるまで負けるわけには行きません。代打平尾を併殺というみごとなスコッぷりで劇的な勝利を飾りました。8回を何とか無失点に抑えた薮田に勝ちがついています。

いやあ今日かって本当に良かったですよ。あとはマリーンズが勝つか引き分けるかで勝ち抜け決定。明日は西口。粉砕です。それしかない!

人気blogのランキングを見てみよう。

さて、今日は残念なことがありました。
外野は前売りで完売のはずです。

ライトはすぐ埋まるも
ライト側は過剰な席取りもはくすぐ埋まります。しかし・・・。

レフトはガラガラ
レフト側はスカスカ。

応援団がセンター側を占領
重要な一戦ですからマリーンズファンがレフトまであふれてもおかしくないはずなのになぜ?
と思ったら西武側の応援団がまずセンターよりに陣取ってマリーンズファンのレフト入場を阻止していたのです。ライトからあふれたファンが通路で立ち往生。ライトスタンドからはレフトスタンドに向かい「つ・め・ろ!つ・め・ろ!」コール。おかしな雰囲気になってきました。


シミスポが西武ファンに向かい席を譲るよう要請
警備のシミスポの人が西武ファンに向かい席を移るよう要請しています。しかし誰も席を立たず。


警察の機動隊が到着
そうこうするうちに警察の機動隊がやってきます。

機動隊員が西武ファンに席の移動を要請
機動隊がファンに向かい席の移動を要請しています。

センター付近でこれ見よがしに旗を振る西武応援団
西武応援団は、センター側に陣取り続け、これ見よがしに旗を振り回しますが、その後レフト側に撤収していきました。

ついにセンターよりから撤収
ついにスペースが出来上がります。

マリーンズファンレフトに着席
開場から2時間近く経過し、試合開始直前になってようやくレフトの一部がマリーンズファンに開放されました。機動隊と警備員が境界線をがっちりガードしています。

自分はかつて西武ファンで、中学生の頃は授業中ジャージの袖にラジオのイヤホンを通して日本シリーズ聞いたこともありますから、非常に複雑な気分ですよ。
ただ今回の非はシミスポはじめ球団側にもあるでしょう。なぜなら今日の9時に点呼と称してレフト、ライト入場列の人数を数えていたんですから。つまりその時点で3列も折り返していたマリーンズファンがライトスタンドに収まりきらないことは分かっていたはずなのです。あらかじめ両ファンの比率が分かっていたのであれば、入場前にレフトを柵で区切るなどの対応をして欲しかったです。今日はチケットを持ちながら入場できなかったファンが1000人近くいるとか。明日はしかるべき措置を望みます。