DSC_2296

今日は大嶺が3回表に森野にツーランホームランを打たれたものの、それ以降はストレートとチェンジアップのコンビネーションでドラゴンズ打線を抑えました。打たれた後崩れなかったのは成長の証ですね。7回2失点で試合を作ったのですからよく投げてくれたと思います。

とはいえ、今日の収穫はそれだけです。
他はもうアレですよ。金取って客に見せる野球をしてませんよね。
打線は吉見の前に終盤まで無得点。
チャンスを作っては潰し、作っては潰しの「賽の河原打線」です。
甘いファーストストライクを見逃して、進塁打を打とうなんて気はまったく無く、ホームラン狙いのぶん回し。
足を使おうという気も無く、西岡は走らず、チャンスではまるでピンチのような顔したバッターが凡退して終わり。
何でこんな打線になってしまったんでしょうね。

今日は2アウトからチャンスを作ることが多く、例によってタイムリー欠乏症に悩まされました。
ようやく点が入ったのは7回裏。吉見が乱れてヒットと四球2つで1死満塁。ここでバッターはサブローです。
満塁でサブローといったらセカンドゴロ併殺しか思い浮かびません。
案の定サブローはセカンドゴロを打ちましたが、2塁ベースカバーに入った井端がミスしてくれたおかげで併殺崩れとなり1点入りました。
でも今日はこの1点でおしまいでした。

8回はブランコのヒットと暴投暴投犠牲フライで1失点で3−1。せっかく1点差に詰め寄った直後だったのですが、点の取られ方が最悪です。
9回は橋本健が登場して1失点。橋本健は上半身しか使っていないようなフォームです。チェンジアップが決め球の軟投派なのでしょうか?もう少し様子を見たい所です。
結局4-1で中日に敗戦。チームとしての力の差が出ました。



しかしいいなぁブランコ。
足は速いし、守備は面白いし、打つし。
何よりもブランコのスイングには夢があります。
それに比べてマリーンズの外人には夢が無い。真面目にやっているのはわかりますが、なにかをやってくれるというワクワク感がありません。
特にバーナムは不振が続いて自分のバッティングを完全に見失っていますから、しばらく2軍で再調整した方がいいでしょう。
やっぱりマリーンズも夢のある外人を獲りたいですね。

あとはチームのテコ入れです。今江のスイングは何だありゃ?一時期良くなったと思いましたが勘違いでした。
やはりあの男の出番です。
世間では森田健作の剣道二段がウソだったことが話題になりましたが、そんなことはどうでもいい!
まずは暗黒道五十二段のHISAOを昇格させてマリーンズを覆う暗黒を相殺し、夏男四十三段のP様を呼び戻して8月攻勢!
それぐらいの劇薬を使わないと、チームとしての浮上は難しいかもしれませんね。

まあ今日は試合後のマー様とドアラのイベントに癒されました。
マー様がネズミの国仕様で登場したり、マー様がドアラに関節技をかけたり、最後はドアラの「終電乗り過ごすから早く帰れ帰れ!」というありがたいリアクションで締めだったりと、色々ネタが効いていました。試合のことは忘れましょう。


ニッカン式スコア人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ


今日の写真です。マー様とドアラのショーもあります。



DSC_1919
DSC_1963
DSC_1998
DSC_2079
DSC_2096
DSC_2120
DSC_2194
DSC_2290
DSC_2291
DSC_2292
DSC_2293
DSC_2294
DSC_2295
DSC_2420
DSC_2439
DSC_2484
DSC_2643
DSC_2651
DSC_2680
DSC_2692
DSC_2700
DSC_2712
DSC_2793
DSC_2825
DSC_2839
DSC_2903
DSC_2917
DSC_2925
DSC_2942