DSC_8332



マリーンズ 6 − 7 ファイターズ

おととい、昨日とファイターズに連敗したマリーンズ。
厳しい戦いが続いていますが、同一カード3連敗だけはなんとか避けたいものです。
マリーンズは最近もっとも安定している小野晋吾を先発に立て、3タテ阻止を託します。

しかし、今日の晋吾はどうもピリッとせず、初回から毎回のように走者を出してしまいます。
一方のスウィーニーもピリッとせず、マリーンズも毎回走者だけは出していきます。
1回表は西岡のヒットや大松の四球で2死1,2塁となるも、サブロー三振で無得点。
1回裏は田中賢と稲葉の四球で1死1,2塁となるも、悪魔神官高橋信二をゲッツーに打ち取りチェンジ。
2回表は里崎が四球で出塁するも橋本がショートゴロ併殺。竹原も倒れて無得点。
2回表はロッテキラー糸井にレフトへのツーベースヒットを打たれるも、小野が後続を断ち無失点。
序盤から疲れる展開が続きます。

均衡が破れたのは3回。
3回表、マリーンズが三者凡退に倒れると、3回裏に金子誠に先制のソロホームランを打たれてしまいます。
マリーンズもすぐに反撃に転じ、4回表1死から大松がピッチャー強襲の内野安打で出塁すると、2死から里崎が外角低めの変化球を狙い打ってセンターオーバーのタイムリーツーベースヒット!マリーンズが1−1の同点に追いつきます。
さらに今日DHに入った橋本が右中間にタイムリーヒットを放ち、2−1とマリーンズが勝ち越しに成功。
今日はいけるんじゃないか、とその時は思いました。

しかし、小野は4回裏、高橋信二、スレッジ、糸井に連打を食らって無死満塁とすると、キャッチャー大野に満塁ホームランを打たれてしまいます。まさかルーキーに打たれるとは!2−5、これで3点差です。
さらに金子誠がレフト前ヒットで出塁し、田中賢のセカンドゴロで2塁へ。続く森本のライト前ヒットで金子がホームを突きますがタッチアウト。なんとか3点差で食い止めます。

かなり厳しい展開になってきましたが、今日のマリーンズは必死に食い下がります。
5回表。福浦がライト前ヒットで出塁すると、井口が不振脱出を予感させる左中間へのツーベースで続き無死2,3塁。ここで大松が犠牲フライを放ち、3−5と2点差に詰め寄ります。なおもチャンスが続きましたが、サブロー里崎が倒れて1点どまり、同点のチャンスを逃しました。

5回裏からは上野が登板。
高橋信二にツーベースヒットを打たれますが、落ち着いてピンチを切り抜け得点を与えません。
6回裏は東洋大時代にバッテリーを組んでいた大野をショートゴロ、金子誠をセンターフライ、田中賢をライトフライと三者凡退。7回裏は1死から稲葉にツーベースを打たれて降板したものの、日ハム打線相手にここまで投げられるのならかなりイケるのではないでしょうか。1軍で使える目途が立ったと言えそうです。

7回裏は3番手荻野が抑えたものの、マリーンズは6回以降ランナーを出しながら得点を奪えません。
逆に8回裏、荻野が金子誠に今日2本目となるソロホームランを打たれて3−6、重い重い追加点が入ってしまいます。
このまま負けてしまうのか。ついに9回表の攻撃が始まります。

ピッチャーは抑えの武田久。このまま負けるわけにはいかないマリーンズは、ハムの守護神に牙をむいて襲い掛かります。
今江センター前、西岡ライト前、福浦センター前で無死満塁。さあチャンスです。
続く井口の打球はサードゴロ、おあつらえ向きのゲッツーコースでしたが幸運にもサード飯山がボールを弾きます。ショート金子誠がカバーしてセカンドに送球、1塁ランナーがアウトになったものの、3塁ランナーホームインで4−6、まず1点を返します。
続く大松は三振で2アウトとなってしまいますが、ここでサブローがセンター前にタイムリーを放ち5−6、さらに里崎が内角のシュートをライト前に流して同点タイムリー!
橋本三振でチェンジとなりますが。なんとなんとマリーンズが意地を見せ、土壇場の9回表に3点を奪い6−6の同点に追いつきます。

延長に突入したマリーンズはいつも通りの詰めの甘さを見せます。
10回表はランビンが死球で出塁するも、今江が送りバントを失敗、これが響いて無得点に終わります。
11回表は1死から大松がヒットで出塁するも、ハムの宮西の前にサブロー里崎が連続三振、得点を奪えません。
12回表は三者凡退に倒れ、マリーンズの勝ちがなくなってしまいます。

一方マリーンズも川崎、シコースキーが気迫のピッチングで踏ん張って得点を許さないまま12回裏を迎えるのですが、12回裏になぜか登板したお疲れぎみの伊藤が先頭小谷野にライト前ヒットを打たれると、きっちりと送られて1死2塁。そして金子内野安打、田中賢ライトフライで2死2,3塁。最後は代打の二岡に右中間へのサヨナラヒットを打たれ、おしくも負けてしまいました。

痛い!痛すぎる!
ファイターズ相手に屈辱の3連敗。
金曜の試合は試合に勝って勝負に勝ちました。
確かに9回2死までノーヒットノーランでしたが、大松に「打つなよ!絶対に打つなよ!」と言ったら絶対に打ちますよね。ダチョウ倶楽部的な意味で。
しかし土日の試合は力負けです。上位のチームと下位のチームの差がそのまま結果に表れています。とにかく野球が雑。今日も2塁ランナーの井口が大きな外野フライなのに3塁手前まで行ってしまいタッチアップできないシーンがありました。ついに井口もロッテ菌に感染したのでしょう。他のメンバーも細かいミスが目立ちます。これでは勝てません。

実は土日の試合を札幌ドームで観戦したのですが、チームとしての力の差は勿論、ファンサービスなど球団そのものの差を強く感じてしまいました。
例えば今回は「乙女の祭典2009」というイベントでしたが、告知ポスターにはおばちゃんの顔写真がたくさん使われていました。実際ボールボーイ役やグラウンド整備に出ていたのはおばさんが多く、決して若いファン向けのイベントではありません。婚活シートの話題ばかり目立ちますが、実際は乙女の祭典でおばさんファンをしっかりつかもうとしているのです。おばさんをつかめば次からおばさん軍団として友達を呼びますし、旦那や子供を連れてくることもあるでしょう。周りを見回せばマリンに比べ明らかにおばさんのファンが多いですし、日ハムの球団戦略が正しいことを証明しています。

また球場内のビジョンではマスコットや選手たちがファンクラブの新規加入やグッズの案内をしていました。
今のマリーンズ球団にこうした細かいファンサービスができているのでしょうか。
確かにマーくんは精力的に活動していますが、ファンサービス自体はフロントの仕事です。
そのフロントが新規ファン獲得をおろそかにし、古参ファンを「くだらないファン」呼ばわりして切り捨てにかかる有様。
これではチームの低迷も相まって、せっかく増やしたファンを大きく減らしてしまいかねません。
来年の監督がだれであっても、フロントが今の考えを改めない限り、チームとしての浮上は難しいのではないかと思います。

明後日からはオリックスとの3連戦。負けたとはいえ井口が右方向に長打を放ったり、福浦がヒットを打ったりと良い傾向も出てきています。まだシーズンは終わっていない!苦手オリックスになんとか意地を見せてほしいものです。


さて、こんな試合でしたが、幕張から来てくれたマーくんには大変癒されました。
試合は負けても、B・Bとのマスコット対決はマーくんが圧勝ですよ。その模様は写真でお伝えします。
土曜日の写真は土曜日のエントリーに追加しましたのでぜひご覧ください。

日刊式スコア
人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ


それでは写真です。

2日目のマスコット対決はジェスチャーゲームでした。
より多くの拍手をもらった方が勝ちなのですが、お題が妙に難しく・・・。


DSC_7954
DSC_7985
DSC_8004
DSC_8009
DSC_8016
DSC_8031
DSC_8053
DSC_8058
DSC_8061
DSC_8071
DSC_8080
DSC_8083
DSC_8086
DSC_8090
DSC_8094
DSC_8109
DSC_8111
DSC_8120
DSC_8125
DSC_8135
DSC_8142
DSC_8149
DSC_8226
DSC_8231
DSC_8240
DSC_8259
DSC_8304
DSC_8312
DSC_8319
DSC_8327