DSC_8624

今日負けたら自力優勝消滅の上、最下位オリックスとゲーム差無しという大変やばい状況。
にもかかわらず今日は2軍から誰も昇格させないばかりか、8番ファーストバーナム、9番センターランビンという打線を組んできました。
意図が分からないです。

マリーンズ先発はコバヒロ。序盤どうもピリッとしません。
1回表は川崎とオーティズに連打を食らい、松中のライト前タイムリーで1失点。
3回表には先頭田上を歩かせ、本多のバント処理をコバヒロが誤り内野安打とされ無死1,2塁。ここで川崎にきっちり送りバントを決められたあげく、オーティズにぶつけて1死満塁となります。
続く松中の打球はファーストゴロだったのですが、ゲッツーを狙ったバーナムが2塁に投げて2塁フォースアウトとなるも、井口の1塁への返球が遅く、1塁はセーフ。この間にランナー1人還ります。さらにファーストに入ったコバヒロがホームに返球するもこれが逸れてしまい2塁ランナーもホームイン。ファーストゴロなのに2点も入ってしまいました。これで0−3。ミスで点差を広げてしまい、この時点では負けモードです。

しかし今日は選手たちに気迫を感じました。
3回裏、1死から西岡、今江がヒットで出塁し、井口が四球を選んで1死満塁。ここで大松のファーストゴロとサブローのセンター前タイムリーヒットで3点を返し3−3の同点に追いつきます。

その後両チーム無得点のまま試合が進んでいきますが、6回裏にとんでもないことが起こりました。
なんとバーナムがライトにツーランホームランを打ったのです。
これは予想外。ホークス先発ジャマーノの失投でしょう。これで3−5と2点を勝ち越します。

追加点が欲しいマリーンズは7回裏、先頭井口がショート内野安打で出塁。ひさびさに内野ゴロで激走する井口を見ました。こういう姿勢を見せてくれるのは嬉しいです。
そして大松は1ストライクから送りバントを指示されますが失敗、結果三振で1死となります。続くサブローはフルカウントから四球を選びますが、2番手三瀬の投球が大きく逸れる間に井口は3塁へ。1死1,3塁のチャンスとなります。
ここで橋本に代わり代打里崎。里崎は外角の甘い球をフルスイングすると、打球はぐんぐん伸びていきました。惜しくもフェンス手前で捕られますが、犠牲フライには充分。3−6と大きな大きな追加点を入れました。

そして8回表から登板した荻野が久々に完璧なピッチングで抑えると、8回裏には3番手金からバーナムが四球で出塁。続くピンチバンターの早坂はバントを打ち上げてしまいアウトとなりますが、その直後に代走早川が盗塁を決めて早坂のミスをカバーします。そして西岡三振も今江が右中間にタイムリーを放ち3−7、試合を決めました。

今日のヒーローはバーナム。
フィアンセの前でホームランを打てたと喜んでいましたが、今後はどうなんでしょう。
今日のスタメンは最終テストだったはずで、そういう時に打つのはすなわち帳尻です。
憎めない選手なんですけどね。スタメンで起用し続けるには力が足りないと思います。

投げてはコバヒロ。3失点ですが、今日は崩れずに良く投げてくれました。7回までしっかりと投げたことが勝利を引き寄せる大きな要因となりました。最近失点ばかりだった荻野、シコースキーの好投も心強いです。

あとは井口でしょう。ショート内野安打に限らず、今日の井口は内野ゴロでも全力疾走していました。最近チンタラ走ってばかりだった井口にどういう心境の変化があったのかはわかりませんが、ああいった真摯な姿勢が他の選手にも広がっていけば、浮上の目はあります。

さあカード所詮は見事な首位いじめに成功。
首位いじめはロッテのお家芸ですよ。明日は大場を崩して連勝しないと。唐川に頑張ってもらいましょう。


ニッカン式スコア
人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ


今日の写真です。



DSC_8380
DSC_8387
DSC_8405
DSC_8414
DSC_8501
DSC_8504
DSC_8546
DSC_8560
DSC_8573
DSC_8579
DSC_8587
DSC_8598
DSC_8620