ざまぁ!

俺もな・・・。


JR京葉線:7時間不通 13万8千人に影響 (毎日)

マリンスタジアムの最寄り駅海浜幕張を通る京葉線が昼からずっと運休。苦労してマリン行って観た試合がこれですか。
そういえば以前も京葉線が止まった日にひどい試合がありましたね。この試合です。

スコ

今日はやむを得ず幕張本郷駅からバスでマリンに向かったのですが、バス乗り場には長蛇の列が出来ていました。
2台やり過ごしてようやく乗れる順番が回ってきたと思ったら、海浜幕張からやってきたバスが7台連続で回送になってしまいました。
なんだこりゃ!京成バスの嫌がらせか、球場到着前から前途多難です。

やっとこさマリンに着いたら0−3でリードしています。
3回裏に西岡スリーベース、井口タイムリー、サブロー四球の後大松が2点タイムリーを放ったようですね。いい展開です。

そして4回表にはランビンがサードファールフライを落とすエラーをかますものの成瀬が無得点に抑えます。
4回裏にはポロリをやらかしたランビンがツーベースを放ち、続く西岡がレフト前タイムリー、さらに井口がライトにツーランホームランを放ち0-6と大量リードを奪ったのでした。

行ける!
今日こそは勝てる!
成瀬の調子が良い!今年のスウィーニーはロッテにやさしい!
西岡がいい!井口が2番で蘇った!右方向へのホームランなんていつ以来か・・・。
大松竹原のクリーンアップには夢がある!

嗚呼!
ロッテファンであるにも関わらず、俺はこの試合勝てると思ってしまいました。
その後の結末も知らずに!

7回表、途中から出てきた糸井にソロホームランを打たれ、ちょっと嫌な予感がしました。でもまだ5点差です。

そして8回表。
金子誠レフト前ヒット、田中賢レフトフライ、森本ライト前ヒット、稲葉三振で2死1,2塁。
次のバッターは悪魔神官高橋信二です。敬遠だ!
しかし悪魔神官高橋信二は初球を叩いてライト前へ、大松の好返球で本塁クロスプレーとなりますが、残念ながらキャッチャー橋本がランナーにタッチできていませんでした。バレンタイン監督の抗議も及ばず2-6、4点差です。

そして糸井を歩かせ満塁としたところでピッチャー交代。荻野です。
準備が間に合っていなかったのでしょうか。荻野は小谷野にレフト線への2点タイムリーを打たれ6-4、ついに2点差に詰め寄られます。

そして、ああそして。
続く二岡のサードゴロをランビンが弾き、しかも慌てたのか悪送球までかましてしまいます。
ランナー2人帰って6-6。これは夢か。同点です。

最後は鶴岡がレフトにタイムリーを放ち7-6。
何と言うことでしょうか。この回一挙6点を奪われ、楽勝のはずが逆転されてしまいました。

全身の力が抜けましたよ。一体何が起きたのだ?なんだこりゃ。何なのこのチーム?
俺はもう飲むしかありませんでした。
エビスを飲んでしまったんですよ。
コップが小さいと知りながら、エビスを飲んでしまったんですよ。
美味かったです。

8回裏。
なんとか追いつこうというマリーンズはベニーの代打にバーナムを送ります。歓声が沸きません。
バーナムはライト前ヒットを放ち早坂と交替。福浦が送り、ランビンセカンドゴロで2死3塁となります。
打席には今日当たっている西岡。気合の入った表情で打席に入りますが、4球目の投球前に突如バレンタイン監督がベンチを飛び出し、ピッチャーの建山がボークではないかとアピールしだします。しかし認められず試合再開。集中力を乱された西岡はファーストゴロに倒れ、同点のチャンスを逃しました。

前もありましたよね。バレンタイン監督の抗議に邪魔されたサブローが凡退したシーンが。

9回は内が好投したものの、9回裏はあっさり終わってまさかの逆転負け。
これで日ハムには9連敗。2勝15敗です。

今日はランビンのエラーで追いつかれる形となりました。
あれは捕らなければなりませんし、捕れなくてもしっかり投げなくてはなりません。
それができないようではプロとしてのレベルに達していないということです。

でも、責任はランビン本人だけでなく、起用したバレンタイン監督にもあります。
ランビンはサードが本職ではありませんし、6点勝っているのですから守備固めを出すと言う選択肢があったはず。
今日はすでにファールフライを落としているのです。今江がケガでも田中雅やHISAOを出した方が守備面で安心できたと思います。

そんなこんなで家に帰り、この記事を読んで怒りが爆発しました。

楽勝ムード暗転=プロ野球・ロッテ (時事通信)

 ロッテが連夜の逆転負け。不調だった井口が3安打3打点、先発の成瀬も好投して楽勝ムードだったが、八回に2点差とされた後、三塁手ランビンが平凡なゴロをお手玉した揚げ句に一塁へ悪送球。これで追い付かれると、連敗中のロッテに踏みとどまる力は残っていなかった。「今江を使おうと思ったが、ランビンがやる気を見せていたから」とバレンタイン監督。後の祭りだった。

「今江を使おうと思ったが、ランビンがやる気を見せていたから」

今江はケガじゃなかったのか?
外人がやる気を見せれば打率1割台でも使ってもらえるのか?
やる気なら田中雅彦の方がよっぽど出しているし、ついでに結果も出しているんじゃないのか?
今江は?塀内は?二軍の若手は?やる気を出しても使わないのか?
結果を出しても使わないのか?
なんだそのエコ贔屓は!ふざけんな!

ランビンは昨年秋にバレンタイン監督がテストを行い、入団を決めた選手です。だから起用するのでしょう。
もはや勝つための選手起用ができていません。データ重視の日替わり打線は遠い過去の話となりました。

限界。まさに今の状況を表す言葉です。
西岡の打席でバレンタイン監督が抗議に出た時の選手たちを見てくださいよ。
西岡は苦笑いを浮かべながら鶴岡と言葉を交わし、そしてベンチは誰も監督を見ていない。
バレンタイン監督がチーム内で求心力を失っている証拠でしょう。

チームは死に体となったまま戦っていくのでしょうか。
こんな状況でもバレンタイン監督が指揮を取り続けるんなら仕方ありません。優勝へと導いてくれた監督ですから、最後まで文句は言いつつも応援はしますよ。
でも、このままで良いんですか?なんとか浮上出来ないものなんですか?
一つの選択肢が思い浮かんでいますけど、それは俺の口から言いたくはないのです。

マリンで飲んだおかげで酔っています。
でも悔しくて全然眠れません。


ニッカン式スコア
人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

では今日の写真です。
DSC_9436
DSC_9462