ファイターズ 4 - 2 マリーンズ

ニッカン式スコア


どんよりどよどよ。シーズンに向け暗雲が漂う試合でした。
4−2でハムに敗戦。清田や今江のタイムリーが出たものの、ハムに及びませんでした。

先発藤岡は中田にツーランホームランを食らうなど7回3失点。
しかし点を取られてもすぐに修正してくるあたり、並みのルーキーじゃありません。
藤岡に試合を作る力があることはこれではっきりしました。ケガさえなければきっちりとローテーションをまもってくれるでしょう。
2番手のロサは満塁のピンチを招くもなんとか無失点。今日も状態がよくありません。
3番手薮田は1失点ですが、こちらはまあ、大丈夫でしょう。問題はロサです。
これだけ悪いと2軍での再調整が必要かもしれません。そうなると野手一人、投手二人となります。

つまり、
外国人登録枠がひとつ空きます。
外国人登録枠がひとつ空きます。

大事なことなので2回言いました。
打つ方は相変わらずの貧打。大型扇風機のホワイトセルは早くもビミョーな雰囲気が漂っていますから、野手の外国人の緊急補強が急務です。

ホワイトセルだけではありません。打撃陣は他にも問題山積ですね。
極度の打撃不振に陥った伊志嶺は1番バッターの役目を果たせていません。ランナーがいる場面で打ち上げていてはダメです。2年目のジンクスでしょうか。
清田もどうも中途半端な立ち位置になっていますし、サブロー、里崎、岡田の数字も良くありません。
良いのは根元、井口だけ。これでは去年同様井口のガス欠と同時にシーズンが終わってしまいます。

この情けない状況をどのように変えていくのか。西村監督をはじめとする首脳陣の手腕に注目しましょう。


これでオープン戦が終了。戦績は6勝9敗1分でした。
果たしてシーズンはどうなるのでしょう。
いくらピッチャーが良くても、守りが堅くても、点を取れなければ勝てません。
去年よりも状況は悪いです。打撃不振がずらりと並ぶ固定オーダー。硬直した采配・・・。

ま、ロッテは何かが起こる球団です。良い方にも悪い方にも。
淡い期待を持って、開幕を待ちましょう。

【ロッテ】藤岡 初本拠「鳥肌立った」(ニッカン)

 ロッテのドラフト1位、藤岡貴裕投手(22=東洋大)が開幕前最後の実戦登板で7回8安打5奪三振で3失点した。雨の影響で2度もオープン戦登板が流れた「雨男」らしく、初回登板時にいきなり雨が降ってきた。それでも立ち上がりから好調日本ハム打線に安打を浴びながら、2回までは無失点。だが3回1死一塁から「同級生対決」となった4番中田にレフトスタンドへ痛烈な1発を食らった。4回にも陽の三塁打などで1失点。その後は変化球を効果的に配球して、追加点を許さなかった。本拠地初登板を振り返り「やっと本拠地で投げられて、マリーンズの一員になれた気がする。応援がすごくて鳥肌が立った」と感動していた。


【ロッテ】西村監督「根元、結果出てる」(ニッカン)

ロッテ西村徳文監督(52)が手応えを感じて開幕を迎える。オープン戦最終戦は敗れて、6勝9敗1分けで全日程を終了。キャンプを通じて総括し「勝てるチームは守備が大事。そこはもう少し、しっかり抑えないといけない。収穫はショートのポジションに根元が出てきたこと。結果はいいものが出ているし、シーズンを通して活躍してほしい。ルーキーも藤岡だけでなく、中後、益田も中継ぎで使えるメドが立った」と高評価していた。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング