マリーンズ 1 - 5 ファイターズ
ニッカン式スコア

今日から札幌で日本ハムとの3連戦です。
大事な大事な首位決戦。ゲーム差は5もありますが、仮にマリーンズが3連敗すれば一気に2まで縮まってしまいます。
そうならないためにも、まずは成瀬に勝ってもらわなければなりません。
なぜなら次に先発予定だった唐川が背筋の張りで先発回避するからです。困ったものですね。


対する日ハムの先発は武田勝。4月29日以来9試合連続で勝ちがありません。
先手を取ったのはマリーンズ。4回表に井口のツーベースとサブローのタイムリーで1点を先制します。

しかしその直後の4回裏。
杉谷のヒットと稲葉のヒットでピンチを招くと、陽のタイムリーツーベースで1−1の同点に追いつかれ、さらに鶴岡に三遊間を破られて1−2と逆転されてしまいます。
高橋信二といい鶴岡と言い、マリーンズは日ハムのキャッチャーにとことん弱いです。

なんとか追いつきたいマリーンズですがチャンスを活かせません。
6回表は2死ランナーなしからサブローがツーベースを放つも、角中三振でチェンジ。
8回表にはショート内野安打で出塁した岡田が2番手増井の牽制で戻れず牽制死するという痛恨のミスが起きてしまいます。
おそらく盗塁のサインが出ていたのでしょうが、結果としてはこれが今日の負けを決定付けるプレーになってしまったように思います。
岡田は守備だけではなく走塁でもスペシャリストになって欲しいですね。そのためにはこのようなミスをなくしていくことです。

そして8回裏。
多くのファンが自分の目を、もしくは監督の正気を疑ったことでしょう。
ピッチャー益田。
1点負けているのになぜ益田?
薮田や荻野をなぜ使わないのか?
素人が見ても疲労を隠せない益田をなぜ使い続けるのか?
どのような意図をもっているのかさっぱり分からない投手起用です。
西村監督にとって益田は使い捨ての便利屋ですか?ケガと無縁なサイボーグですか?
益田はまだルーキーなんですよ?去年までは大学生だったんですよ?

益田には長いシーズンを戦い抜くだけの経験も無ければ、逸れに耐えうるだけの体の準備もない。
ノウハウだって無いでしょう。経験豊富なヴェテランとは違うんです。
ただただ言われるままにマウンドに上がり、投手生命を削って投げているだけなのです。

なぜ伊藤やロサが今だ2軍でくすぶっているのか。去年までの酷使と無関係ではないでしょう。
プロとしての経験がある2人ですらこうなるのです。いわんやルーキーをや!

案の定益田は疲れていました。
ヒットと四球でピンチを招き、中田ゲッツーで2死3塁。稲葉敬遠で2死1,3塁。
そして陽にレフト線へのタイムリースリーベースを打たれてしまいます。
おまけに中継に入った根元の送球が思い切り逸れる間に打った陽もホームイン。
ランニングホームランのような形になってしまいました。これで1−5。万事休すです。

益田は悪くない!悪くないですよ!
使った西村監督が悪いのです。
解説の水上は「益田がかわいそうだ」とはっきり言ってました。
聞いてますか西村監督!

そんなわけで連戦の初戦を落としてしまいました。
益田のことを抜きにすれば、長らく勝ち星のない武田勝になんとしても勝ち星をつけようという日ハムの気迫が勝りました。
なんだかんだで武田勝には抑えられましたし、増井にもやられました。仮に益田が失点しなくても勝てたかどうかは怪しいです。

明日は小野晋吾が先発です。小野晋吾は前回中継ぎで登板して4回45球を投げています。
それから中4日での登板ですから、完投は難しいでしょう。おそらく6回か7回から中継ぎを投入する展開になるはずです。
で、やっぱり益田を使うんですかね。西村監督は。
今日の炎上で益田の疲労度はもちろんメンタル面が心配です。
どうするつもりなんでしようか。こうなったら打線の奮起に期待するしか・・・。


いらいらしますね。今日の負けは。釈然としません。
こんな気分をスカッとさせてくれる大砲が欲しいです。
そうなるとやはりこの男。パスクチが必要です。

そのパスクチは3Aのオールスターゲームで行われたホームラン競争に出場し、なんと優勝してしまいました。




これが1本目。とんでもない飛距離です。



これが優勝を決めたシーン。
現地の実況の盛り上がりぶりがすごい!
パスクチのホームランには人々を熱狂させる何かがあります。
その熱狂こそが、今のマリーンズに最も足りないものです。

今こそパスクチを獲得しましょう。パスクチの獲得が第一です。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加