マリーンズ 2 - 4 ライオンズ
ニッカン式スコア

オールスター休みが終わり、今日から後半戦スタートです。
前半戦は選手たち、特に投手陣のがんばりで首位をキープしたマリーンズですが、後半戦に向け嫌なニュースが入ってきました。

ペンが帰国 米国で右肘の検査 (スポニチ)

ロッテのペンが24日、痛みを訴えていた右肘の検査を受けるため、米国に帰国した。ペンは昨年に右肘の手術を受け、終盤に復帰していた。再来日は未定。今季は4試合に登板し1勝2敗、防御率3・98。

ペンが右ひじの検査で帰国。今シーズンは無理かもしれませんね。
むしろ退団コースに向け一直線に進んでいるような気がします。
藤岡の復帰の目処も立ちませんし、唐川もいませんし、苦しくなってきました。

さて、今日明日と西武ドームでライオンズ戦です。中継ぎが整備され調子を上げてきたライオンズにどのような戦いを見せるか注目でしたが、ふたを開けてみれば非常につまらない試合でした。

先発は牧田とグライシンガー。
マリーンズは初回にサブローのタイムリーで1点を先制しますが、よかったのはここまででした。
2回以降は調子がよくない牧田を攻略できず残塁の山。
毎回のようにランナーを出しながら得点することができません。
いつもの、いや、いつも以上の拙攻打線です。

グライシンガーは全体的に球が高め。
序盤こそ抑えるものの、3回に秋山の2点タイムリーや中島のタイムリーなど集中打を浴びて3失点。
今日もグライシンガーはマウンドでイライラしていました。
さらに6回にもピンチを招いてヘルマンにタイムリーを打たれ4失点。ヘルマンのタイムリーが決定打となりました。残念ながら負け投手です。

一方拙攻打線は中盤以降も変わらず、7回表に里崎、鈴木のヒットでチャンスを作るも、根元の内野ゴロで1点を取るのがやっと。
結局9回まで毎回ランナーを出したにもかかわらず、2点しか取れず2−4で敗戦となりました。

うーんこれは幸先が悪い。こんな調子じゃいつまで首位をキープできるか怪しいものです。
大谷のイニング跨ぎもよくわかりませんね。8回の1イニングだけなら来週の先発に向けて調整登板、という見方もできるのですが。
大谷の内容が素晴らしかっただけに非常にもったいない起用でした。三振を取りまくっていましたね・・・。
単に西村監督が投手を酷使したいだけなのかもしれません。大谷にとっては地獄ですが。

とにかくタイムリーが出ない。
ホームランも出ない。

あれだけチャンスを作ったんですから、どこかで一発が出ていれば試合の流れを変えられたはずです。
やはり大砲を!大砲を獲得しなくては。

今日は船橋市の花火大会がありました。

夏のマリンの夜空を彩るのは花火とパスクチのホームランですよ。
花火、夜空に咲く大輪の花。それは日本を代表するアートと言っても過言ではありません。

そしてホームラン。
パスクチのホームランはアーチではなく、アートなんです。
あれだけ人の心を揺さぶるホームランを見たことがありますか?

夏のホームランアーチスト、パスクチをマリーンズに!
パスクチの獲得が第一。

解説の大塚も「夏休みだから、子供のファンが多いので、ホームランを見せてあげたいな」と言ってましたよ。
子供たちのためにも、球団は今こそ動くべきです!


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング