マリーンズ 2 - 11 ライオンズ

昨日以上に酷い試合でした。
今日の先発は岸と大嶺。
大嶺は1回裏にいきなり先頭のヘルマンをストレートの四球で歩かせました。
嫌な予感がします。そしてその予感は2回に的中。
ヒットと四球2つで満塁とし、金子のタイムリー、栗山押し出し、秋山タイムリー、浅村タイムリーで一挙6失点。
大嶺は2回持たずに降板してしまいました。打者一巡の猛攻。長い2回裏でしたね。そして試合も決まってしまいました。

2番手も南も酷いもので、3回裏にヘルマンと浅村のタイムリーを浴びて0−8。大差がつきました。

一方のマリーンズ打線は岸の前に抑えられ、6回までヒットはわずかに2本。
7回に連打を浴びせて2点を返しますが、8点取られてますから焼け石に水です。
というよりこれはもはや帳尻。ロッテお得意の帳尻いただきましたー!

そして7回裏には藤岡が栗山にツーランホームランを打たれて2−10。その後も伊藤があろうことか貧打の永江にタイムリーツーベースを打たれて2−11。無様な大敗を喫しました。
せっかくライバル対決ということで盛り上げてもらったのに、ふたを開けてみれば無様な試合で3連敗。イベントを成功させようと頑張っていた人たちに対して恥ずかしいと思わないのでしょうか。情けない。
ライトスタンドのマリーンズファンからブーイングが沸き起こっていましたが、当然ですね。昨日だってブーイングものの敗戦で、今日はその上を行く今シーズンのキング・オブ・クソゲームです。

まあ今日はピッチャーが酷すぎる。1試合で10個も四球を与えていたらそりゃ勝てませんよ。勝負以前の問題です。
さすがの伊東監督も試合後に選手の入れ替えを名言。第一弾として大嶺の2軍落ちが決まりました。


大嶺乱調 6失点KOで2軍行き「申し訳ない。情けない」 (スポニチ)

ロッテの大嶺は2回を持たず6失点でKOされた。4安打5四球の乱調で2敗目を喫した右腕は「チーム、ファンに申し訳ない。情けない」と責任を痛感した。試合後には2軍降格が決まった。

 5連敗中はすべて先発が5失点以上と散々。今季初の同一カード3連戦3連敗も喫した伊東監督は「先発に頑張ってもらいたい」と祈るように話した。

 ▼井口(0―8の7回に適時打)「こういう展開だから自分も走者で出て、次につないで1点でも多く点を返していくしかなかった」



でも誰を上げるのでしょう。とにかくピッチャーが足りません。清田をピッチャーに転向させるぐらいの思い切った梃入れが必要ですね。打撃陣はブラゼルを上げるようですが、打撃好調のG.G.佐藤も面白そうです。


伊東監督 5連敗に「言うことがない」ブラゼル昇格で巻き返し (スポニチ)

ロッテは今季ワーストの5連敗を喫した。不調の要因となっている投手陣の崩壊はこの日も続き、最近5試合で計40失点。打線も苦手の岸に歯が立たず2010年途中から7連敗。伊東監督は「もう(言うことが)ないです。散々言ってきた」と自嘲気味に話した。

 試合後には1、2軍の入れ替えを決めた。この日先発で投げた大嶺、2番手の南、捕手の江村を降格させ、代わりに新加入のブラゼル、救援の香月、捕手の川本を昇格させる。指揮官は「2軍で頑張っている人たちを上げて、活を入れる」と話した。





ニッカン式スコア
マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング