ジャイアンツ 2 - 3 マリーンズ

ニッカン式スコア
ダイジェスト動画

今日の先発は讀賣が高木勇、マリーンズが大嶺でした。

1回表。
大嶺は井端、坂本のヒットでピンチを招きますが、高橋を外角への変化球で見逃し三振。ピンチを脱します。
今日の審判は橋本ごしんじ氏なのですが、ストライクを取ってくれましたね。今日は橋本名審判なのでしょうか。

1回裏。
マリーンズは清田がツーベース、角中ヒットで1死1,3塁とするも、クルーズショートフライ。福浦空振り三振でチェンジ。チャンスを逃します。
マリーンズはその後高木勇に完璧に抑えられ、8回を終えるまでチャンスらしいチャンスはありませんでした。

そして問題の5回表。
大嶺はこれまでランナーを出しながらも讀賣打線を抑えていました。
しかし井端にツーベースを打たれると、亀井のライト前へのタイムリーで先制を許しました。
ファースト福浦が横っ飛びで捕りに行ったものの、直前でバウンドが変わりましたね。全盛期の福浦なら捕れたかもしれませんが・・・。

問題なのはここからです。またしても鈴木大地がやらかしました。
坂本のショートゴロを捕球した鈴木大地が2塁へ悪送球。送球が逸れたためクルーズが2塁ベースを踏めませんでした。
1死1塁のはずが無死1,2塁です。
続く高橋の打球はボテボテのショートゴロ。ショートが鈴木大地でなければ100%ゲッツーを取れる打球です。
しかし鈴木大地は何を思ったかゆっくりキャッチしてふんわり2塁にトス。クルーズが慎重に2塁ベースを踏んだのでさらに対処が遅れ1塁セーフになってしまいました。
ああまた鈴木がやらかした。
なぜ素早く捕ってベースを踏んで自分で投げないのか。
小坂だったら、いや普通のショートならここでチェンジになっています。
普通以下の守備だから1死1,3塁になってしまいました。

鈴木は記録に残らないミスが多すぎます。
仮にエラーが無くても、ダイジェスト動画でカットされる場面で色々やらかしています。
だからリアルタイムで試合を見ている人たちと、試合結果やダイジェストしか見ない人では鈴木大地に対する評価が異なるものになってしまっているのではないかと思います。

鈴木大地の2度にわたるミスで大嶺の集中力が切れました。
堂上四球で満塁となり、アンダーソンに押し出し死球で2−0。大嶺はここで交代となってしまいました。

試合崩壊を食い止めたのは2番手の香月良。
相川三振、大田ショートゴロでチェンジ。ここで追加点をやらなかったのは大きかったですね。
マリーンズに反撃の希望を与えてくれました。香月良は隠れたヒーローです。

6回から8回まではイデウンがパーフェクト。3回を無失点で抑えました。
今日のピッチングだと先発で見たくなりますね。伊東監督は「ロサが戻ってくればイデウンを先発にできるんだけどな」と言っていたそうです。

9回表は藤岡。
今日は良かったですね。完璧なピッチングで3者凡退です。

9回裏。
マウンドには高木勇。完封目前です。
しかし鈴木のサードゴロを井端がファンブル。エラーにより出塁します。
その後角中レフトフライも、クルーズがヒットを放ち1死1,2塁。
ここで福浦が全盛期を思わせるライトへの強い打球を放ち、鈴木が還り2−1。反撃の狼煙を上げます。

ここで讀賣はピッチャーをクローザーの澤村に交代。
しかし火がついたマリーンズ打線を止めることはできません。
今江が同点のタイムリーを放ち2−2。
根元敬遠の後、岡田の代打にサブローが登場。
うわゲッツーだと思ったら三振してくれました。ボールが全然見えていませんね。三振でよかったです。
今日も代打岡田という愚策をかましていたんですよ。困ったものですね。

そして最後。満塁で吉田。
ボールが2球続き、3球目の甘い球を見逃し。ベンチから待てのサインが出ていたそうです。
これに燃えた吉田は絶対に打ってやろうと次のインコースの球を強振。打球がレフトに抜け、見事サヨナラ勝ちとなりました。

今日もまた讀賣のミスからの得点です。勝たしてもらいましたね。讀賣に3連勝は嬉しい!
吉田と田村。これからも2人切磋琢磨してさらなる高みを目指してほしいですね。


ロッテ香月良が好救援 5回1死満塁で火消し (サンスポ)

ロッテ2番手の香月良仁投手(31)が好投した。

 0−2の5回1死満塁で登板。まずは相川を見逃し三振。続く大田は遊ゴロに打ち取り、巨人打線に追加点を与えなかった。

 これ以上、点差を広げたくない場面で、0で切り抜けた。香月良に続く救援陣も0でつなぎ、9回のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 香月良は「1点もやれなかった。2点差なら、なんとかなるだろうと。僕は負け試合だろうと、勝ち試合だろうと、結果を残すしかないですから」と胸を張った。

 伊東勤監督(52)は「ピンチでしのいでくれた。今日はブルペンから勝ちにつながった」と、ねぎらっていた。



ロッテ、Gに8連勝!吉田がプロ初劇打「期待されてないと思った」 (サンスポ)

無我夢中の一打だ。九回、土壇場で2点差を追いつき、なお二死満塁。ロッテ・吉田はカウント2−1から、巨人・沢村の149キロの直球をたたいた。バットを折りながら左前へ。プロ初のサヨナラ打。一塁を回ると、歓喜の輪ができた。

 「(カウントが初球から)2ボールになって『待て』のサインが出た。打つのは期待されていないなと思った」。ヒーローインタビューでは自虐ネタでスタンドを沸かせた吉田。観客2万5012人が集まったQVCマリンのボルテージは最高潮となった。

 昨年、ドラフト2位で立正大から入団した2年目の23歳。この日は九回からマスクをかぶった。前日13日は3年目捕手の21歳、田村がプロ初本塁打を放つなど攻守で活躍。吉田は「ポジションは1つ。僕よりも彼は試合に多く出ているし、倒さないと試合に出られない」と刺激を受けた。

 若手捕手が連日ヒーローとなり、伊東監督は「吉田は面白くなかったはず。それが乗り移ったヒットだった」と目を細めた。今季初の同一カード3連勝で対巨人は2012年から本拠地の交流戦で8連勝となった。敗色濃厚の試合を逆転。『ロッテは巨人より強い』を印象づける3連戦となった。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング