DSC_0203

今江がFA宣言しました。

ロッテ・今江、涙のFA宣言「人生で一番悩んだ」 移籍が決定的に (サンスポ)

ロッテの今江敏晃内野手(32)が10日、海外フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。球団はFA宣言後の残留を認めない方針のため、移籍が決定的となった。

 この日の朝、決断したといい「人生で一番悩んだ。野球人生も半分以上が過ぎ、もう一度、一から勝負したい」と話した。残留交渉が折り合わず、長年在籍したチームを離れることになり「たくさんの思い出がある。今はどちらかというと寂しい気持ちが強い」と涙ながらに語った。海外挑戦の意向はなく、国内で移籍先を探す方針で「自分を必要としてくれるところに行きたい」とした。

 今江は2002年に大阪・PL学園高からドラフト3巡目でロッテに入団。05、10年には日本シリーズの最高殊勲選手に選ばれている。通算成績は打率2割8分4厘、93本塁打、637打点。



ロッテ今江が海外FA権行使「決断に本当に悩んだ」 (ニッカン)

 ロッテ今江敏晃内野手(32)が10日、QVCマリンで会見し、保有する海外FA権を行使することを表明した。

 この日の朝、電話で球団に意思を伝えた。正午ごろ、球場を訪れ、権利行使の手続きも済ませた。

 会見の冒頭で「FA権を行使することを決めました。プロ野球の世界に導いていただいた球団。そして長年、苦労をともにしてきたチームメート球団スタッフ。そして千葉県民の皆さん。そして何より、いつも熱い応援をしてくれた千葉ロッテのファンに本当に感謝しています。この14年間は、本当に大切な時間でしたし、いろんな思いがありました。この決断に、本当に悩みました」と話した。

 最後は、目に涙を浮かべていた。ロッテは球団の方針として宣言残留を認めていないため、プロ入りから14年間在籍したロッテを退団することになる。



今江といえばゴリの愛称で親しまれ、ファンからの人気もあるマリーンズの主力選手です。
2005年にはマリーンズ優勝の原動力の1人となり、2005年と2010年の日本シリーズではMVPに選ばれるほどの活躍を見せてくれました。

しかし、ミスターマリーンズに相応しい成績を残してきたかとまでは言えないのが悲しいところ。
数年に1度3割を打つものの、長打があるわけでもなく、チャンスに強いわけでもなく、打席で粘ることもせず早打ちばかり。

ランナーが1塁にいればよくゲッツーを打ち「ゴリゲ」と言われ、そうかと思えばどうでもいい場面では良く打ち。
安定していたはずのサードの守備もここ数年は衰えが目立ち、今年はついにファーストで起用されました。終盤はルーキー中村にスタメンを奪われたこともありましたね。

歯がゆいですよ。
こんなはずじゃなかった。
今江はマリーンズのスター選手としてすばらしい成績を残すはずの選手でした。

2004年にはバレンタイン監督がその才能に惚れこみ、「今江はバッティングスタイルや打撃スタイルを変えてはいけない」と発言してコーチからの指導を禁じたほどです。
そしてマリーンズの主砲としてチームを支えた初芝神は、「お前がいるから俺は安心して引退できる」と今江に告げていたのです。

どうしてこんな中途半端な選手になってしまったのでしょう。
今年の成績は打率.287、38打点。ホームランはわずかに1本。
とても2億円の年俸に相応しい成績とは思えません。ダウン提示は当然で、ごねるのは無理筋と言うもの。
これではエネゴリならぬゴネゴリです。

今の厚遇はマリーンズだからこそ。マリーンズ以外でこの年俸はありえません。
今江本人はそれを分かっているのか。
マリーンズに残れば確実に球団幹部になれたでしょうに、それを捨てると言うのはもったいないです。

今江の奥さんはしっかり者と評判です。移籍先の当ても無いのにFA宣言をさせるようなことはしないでしょう。
阪神かオリックスか。横浜という選択肢もありそうですが、どこに行くにせよ2億という高年俸と人的補償の必要性がネックとなります。何せホークスの松田と2000万しか違わないのですから。

今後の今江がどうなるかは誰にも分かりません。
他球団に移籍して、マリーンズでの環境がいかに恵まれていたかを知るのも今後の野球人生を考えれば悪くないでしょう。もちろん、活躍できるのならそれにこしたことはありません。



なんとなく今江はFA宣言せず残留するのではないかと思っていたのですが・・・。
残念ですし、寂しい気分です。
今江で勝った試合はそれほど多くありませんが、それでも「マリーンズにいて当たり前」な選手でした。
来年は鈴木大地をサードに回し、ショート平沢、セカンド中村でしょうか。
数年は勝敗よりも若手の成長を楽しみに試合を観ることになりそうです。


にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング