ジャイアンツ 1 - 9 マリーンズ
ニッカン式スコア
ダイジェスト動画


好天に恵まれた三連休の初日。ZOZOマリンでは巨人を迎えてオープン戦が行われました。
先発はマリーンズが涌井、ジャイアンツが内海です。

2回表。四球で出た阿部を1塁において、続くマギーはショートライナー。しかしジャンピングキャッチを決めたショート大嶺翔がファーストに悪送球し、阿部は3塁に進みます。
ここで村田がライト前タイムリーヒットを放ち1−0。ジャイアンツが先制します。
ただ涌井の失点は5回までこの1点のみ。前回よりは調子を上げてきたようで、スピードはそれほどないものの、しっかりと抑えてくれました。開幕に向け不安はありません。

一方の打撃。
1回、2回と制球が定まらない内海からチャンスを作るも無得点。序盤は拙攻が続きます。
しかし3回裏に伊志嶺センター前ヒットを放ち、直後に盗塁を決めて1死2塁。
ここでパラデスショートが内野安打を放ち、2塁の伊志嶺が一気にホームに還ります。これで1−1の同点。
さらに鈴木死球で2死1,2塁とすると、ダフィーが逆らわずにセンター前にはじき返し1点追加し1−2。逆転に成功します。
ダフィーは予想よりも良いですね。落ちる変化球に手を出しませんし、無理に引っ張らずに右方向に打っています。
これはひょっとして当たり外人?
さらに2死2,3塁で大嶺のショートゴロを捕球した辻が3塁に投げるもセーフ。この間に3塁ランナーがホームインし1−3とリードを2点に広げます。
坂本の代役でショートに入っている辻ですが、守備はあまり良くありませんね。

4回裏は田村のツーベースヒットからチャンスを作り、荻野の犠牲フライと井口のタイムリーで2点を追加。1−5とします。

7回裏には3番手戸根の乱調に乗じて4点を追加。
パラデス、鈴木、高濱、大嶺の4連打と吉田の犠牲フライ。さらには中村のタイムリースリーベースと打線が爆発しました。
昨年42試合に登板した戸根ですが、今年はオープン戦の防御率が11.80と絶不調。
ジャイアンツにとっては頭が痛いでしょう。

対照的にマリーンズの中継ぎ陣は完璧。
6回から藤岡、有吉、松永、高野とつなぎ無失点で抑えました。
ルーキー有吉のピッチングはいいですね。制球が良く、変化球も切れる。
これは1軍間違いなしです。
最終回の高野は無失点ながら被安打2。制球が悪く、どうにも不安定です。
ただストレートは素晴らしいです。和製シコースキーとして力でねじ伏せるピッチングをしてほしいですね。


ロッテ涌井5回1失点「物足りなさはある」監督 (ニッカン)

ロッテ先発の涌井秀章投手(30)は、5回3安打1失点だった。

 2回に、先頭への四球に味方の失策が重なり1点を失ったが、全体的にはテンポが良かった。5回2死走者なしでは、フルカウントから捕手のサインに首を振り、自らフォークを選択。今季から解禁した決め球を低めに落とし込み、立岡から空振り三振を奪った。

 「ある程度、試すことは終わった。内容を求めて投げた。(フォークは)良いんじゃないですか」と納得の様子だった。

 伊東監督は「まだまだ球の質に物足りなさはあるが、前回よりは良くなっている」と話した。

ロッテ5位有吉優樹6戦連続無失点で1軍見えた (ニッカン)

ロッテの新人右腕が開幕1軍に近づいた。ドラフト5位有吉優樹投手(26=九州三菱自動車)が4点リードの7回に3番手で登板。初めての本拠地も「応援が後押しになりました」と動じなかった。巨人先頭マギーを落差のあるツーシームで空振り三振。村田は一ゴロ。2死から味方の失策で走者を背負ったが、続く岡本を3球で追い込み、外低めのスライダーで空を切らせた。「今日は球に力があったと思います。ブルペンでの投球が、そのまま出せました」と明るく話した。

 右の中継ぎとして、田中靖、東條らと枠を争うが、開幕1軍が見えつつある。実戦初登板だった2月の紅白戦こそ失点したが、その後の対外試合は6試合連続無失点。制球が良く、大崩れしないのが強みだ。伊東監督が「使い勝手が良い。ルーキーとして十分な働き」と評価すれば、英二投手コーチも「十分戦力。(開幕1軍は)このまま頑張れば」と期待した。

 有吉本人は「(開幕1軍は)まだまだ、考えられません。目の前のことだけ」。試行錯誤している。社会人までは先発が持ち場。プロで中継ぎとなり、先輩投手たちの助言も受けながら、自分に合ったブルペンでの準備方法を探っている。この日は1回肩をつくり、登板を告げられてから再びつくってみた。「いろいろ試してみます。毎日必死です」。千葉出身で、大学までは千葉でプレーした。古里に戻り、新たな道をつかもうとしている。





にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング