マリーンズ 6 - 5 ライオンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日からシーズン後半戦がスタート。
強いパ・リーグのチームと戦わなければなりません。
まずは西武ライオンズとの3連戦。7月のデーゲームなので暑さが心配されましたが、冷夏と雨のおかげで助かりました。
ただ、あまり涼しすぎると農作物に影響が出ますから、早く夏らしい暑さになってほしいものです。

先発はマリーンズが岩下、ライオンズが今井です。

1回表。
鈴木ライト前ヒット、角中内野安打、レアード死球で1死満塁。
ここで清田がセンターにタイムリーヒットを放ちマリーンズが先制します。
なおも1死満塁のチャンスが続いたものの、中村奨吾ショートフライ、井上サードゴロでチェンジ。
チャンスを生かしきれませんでした。

1回裏。
秋山ファースト頃、源田内野安打、外崎ツーベースヒット、山川四球で1死満塁。
ここで森をショートゴロに仕留めるも、セカンド中村が送球をお手玉して1塁に投げられません。
記録に残らないミスでゲッツーを取れず、3塁ランナーがホームイン。1−1の同点となります。
さらに中村にライトの頭上を越すタイムリーヒットを打たれて1−2と逆転を許します。
そして栗山にも左中間を破るタイムリーヒットを打たれて1−4。
点差が3点に広がりました。

2回表。
田村ヒット、藤岡ライトへのヒットで無死1,3塁。
ここで荻野がセンターに犠牲フライを打ちあげ2−4。2点差としました。
さらに鈴木ヒット、角中サードゴロ、レアード四球で2死満塁。
ここで今井がなんと暴投。
ボールが大きくバウンドしてキャッチャーが見失う間にランナーが2人帰ってきました。
今井のミスで2点を返し4−4の同点です。

6回裏。
1アウトから森にツーベースヒットを打たれ、中村サードゴロ、栗山敬遠で2死1,2塁。
ここで金子侑にレフトへのタイムリーヒットを打たれて4−5。
再び西武に勝ち越しを許しました。

7回表。
この回からライオンズのピッチャーはマーティン。
鈴木が四球を選び、角中三振で1死1塁。
ここでレアードが値千金のツーランホームランを放ち6−5。
マリーンズが逆転に成功しました。

7回裏。
この回からマリーンズのピッチャーは松永。
秋山三振も、源田と外崎にヒットを打たれて1死1,2塁のピンチとなります。
ですが今日の松永はここからがすごかった。
山川を落ちる球で空振り三振に仕留め、森も落ちる球で空振り三振。
なんと二者連続三振でピンチを脱しました。

8回裏は中継ぎ転向の石川。
金子のヒットとメヒア四球で2死1,2塁としますが、秋山を空振り三振に仕留めてピンチを脱しました。

9回裏は益田が登場。
例によって1死1,3塁のピンチを招くも、森を三振、中村ショートフライで試合終了。
危ない場面ばかりでしたが、何とか逃げ切って6−5で勝利しています。
相手のミスもありましたが、レアードの見事なホームランと松永の自作自演。
これで勝ちを手繰り寄せましたね。後半戦の初戦を買ったのは大きいです。
カード勝ち越しを狙い、Aクラスを目指しましょう。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング